図面 (/)

技術 記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法

出願人 キヤノンファインテックニスカ株式会社
発明者 中西佑太坂本一樹
出願日 2016年4月28日 (3年10ヶ月経過) 出願番号 2016-092091
公開日 2017年11月2日 (2年4ヶ月経過) 公開番号 2017-196881
状態 特許登録済
技術分野 インクジェット(インク供給、その他)
主要キーワード 直前動作 ブレードモータ カウント閾値 使用量カウンタ 実施間隔 消耗度合い 寿命カウンタ 回復シーケンス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年11月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

クリーニング機構寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を提供する。

解決手段

あらかじめ決まった一連の動作であるクリーニング動作ごとに係数を設けて、その係数にワイピング動作直前に行った動作やその動作が終了してからの経過時間による重み付けを行い、ブレードフェイス面払拭した回数に、フェイス面に付着した液体の量に応じて異なる係数を乗じて回復ユニットの寿命の判定を行う。

概要

背景

記録ヘッドに設けられた複数のノズルから液体吐出して記録を行う所謂インクジェット記録装置が知られている。一般的にインクジェット記録装置は記録品位を安定させるためのクリーニング動作を行うクリーニング機構を備えている。クリーニング機構は、記録ヘッドのノズルが開口しているフェイス面を覆うキャップや、フェイス面を払拭するブレード、ブレードをクリーニングするグレードクリーナ等を備えている。

クリーニング機構によって、フェイス面をキャップで覆いノズルから吸引するノズル吸引動作や、キャップ内に記録にインクを吐出するパージ動作を行うことで記録品位を安定させることができる。また、これらの動作後には、記録ヘッドのフェイス面にインクが付着しており、記録不良の原因となり得るため、ブレードをフェイス面に沿って動かすことでインクを払拭するワイピング動作を実施している。

ワイピング動作で使用するブレードには、拭き取ってブレードに付着したインク残滴が蒸発することで固着し、ワイピング性能劣化するという問題がある。

そこで、特許文献1では、ワイピング動作後、ブレードをブレードクリーナに接触させ、拭き取ったインクをブレードクリーナに吸収させることで、ブレードを良好な状態に保ち、ワイピング性能の劣化を抑制する方法が開示されている。

概要

クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を提供する。あらかじめ決まった一連の動作であるクリーニング動作ごとに係数を設けて、その係数にワイピング動作直前に行った動作やその動作が終了してからの経過時間による重み付けを行い、ブレードがフェイス面を払拭した回数に、フェイス面に付着した液体の量に応じて異なる係数を乗じて回復ユニットの寿命の判定を行う。

目的

本発明は、クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

吐出口から液体を吐出する吐出手段と、前記吐出口の設けられた吐出口面払拭するブレードと、前記ブレードと当接して前記ブレードのクリーニングを行うクリーナと、を備える回復手段と、前記ブレードが前記吐出口面の払拭するときに前記吐出口面に付着している液体の量に基づいて前記回復手段の寿命の判定を行う判定手段と、を有することを特徴とする記録装置

請求項2

前記判定手段は、前記ブレードの寿命または前記クリーナの寿命の判定を行うことを特徴とする請求項1に記載の記録装置。

請求項3

前記判定手段は、前記ブレードの寿命または前記クリーナの寿命のいずれか早い方の寿命に基づいて、前記回復手段の寿命を判定することを特徴とする請求項2に記載の記録装置。

請求項4

前記判定手段は、前記ブレードが前記吐出口面を払拭する直前に行われた動作に基づいて前記回復手段の寿命の判定に重み付けを行うことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれか1項に記載の記録装置。

請求項5

前記クリーナによる前記ブレードのクリーニングが前回実施されてからの間隔に基づいて、前記判定手段の判定に重み付けを行うことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載の記録装置。

請求項6

前記ブレードが前記面を払拭する直前に行われた複数の一連の動作に応じて前記判定手段の判定に重み付けを行うことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載の記録装置。

請求項7

前記重み付けは前記ブレードによる前記吐出口面の払拭の回数係数を乗じて行い、前記判定手段は前記吐出口面の払拭の回数に係数を乗じた数値累積値に基づいて前記回復手段の寿命を判定することを特徴とする請求項4ないし請求項6のいずれか1項に記載の記録装置。

請求項8

前記判定手段の判定結果に応じて、ユーザに対する報知を行うことを特徴とする請求項1ないし請求項7のいずれか1項に記載の記録装置。

請求項9

前記判定手段の判定結果に応じて、装置の動作を変更することを特徴とする請求項1ないし請求項8のいずれか1項に記載の記録装置。

請求項10

前記回復手段は、前記吐出手段の前記面を覆うキャップを備えていることを特徴とする請求項1ないし請求項9のいずれか1項に記載の記録装置。

請求項11

液体が吐出される吐出口が設けられた吐出口面を払拭するブレードと、前記ブレードと当接するクリーナと、を備えた回復手段によって前記吐出口からの吐出状態を回復させる回復工程と、前記ブレードが前記吐出口面の払拭するときに前記吐出口面に付着している液体の量に基づいて前記回復手段の寿命を判定する判定工程と、を含むことを特徴とする寿命判定方法

技術分野

0001

本発明は、吐出口から液体を吐出して記録を行う記録装置で、複数の吐出口を備えた吐出口面クリーニングするクリーニング機構を備えた記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法に関する。

背景技術

0002

記録ヘッドに設けられた複数のノズルから液体を吐出して記録を行う所謂インクジェット記録装置が知られている。一般的にインクジェット記録装置は記録品位を安定させるためのクリーニング動作を行うクリーニング機構を備えている。クリーニング機構は、記録ヘッドのノズルが開口しているフェイス面を覆うキャップや、フェイス面を払拭するブレード、ブレードをクリーニングするグレードクリーナ等を備えている。

0003

クリーニング機構によって、フェイス面をキャップで覆いノズルから吸引するノズル吸引動作や、キャップ内に記録にインクを吐出するパージ動作を行うことで記録品位を安定させることができる。また、これらの動作後には、記録ヘッドのフェイス面にインクが付着しており、記録不良の原因となり得るため、ブレードをフェイス面に沿って動かすことでインクを払拭するワイピング動作を実施している。

0004

ワイピング動作で使用するブレードには、拭き取ってブレードに付着したインク残滴が蒸発することで固着し、ワイピング性能劣化するという問題がある。

0005

そこで、特許文献1では、ワイピング動作後、ブレードをブレードクリーナに接触させ、拭き取ったインクをブレードクリーナに吸収させることで、ブレードを良好な状態に保ち、ワイピング性能の劣化を抑制する方法が開示されている。

先行技術

0006

特開2006−95704号公報

発明が解決しようとする課題

0007

ブレードをクリーニングするブレードクリーナは、ワイピング動作を行うごとにブレードが払拭したインクを吸収する。ワイピングが繰り返されると、ブレードクリーナには吸収したインクが増えて、吸収できなくなりブレードクリーナの寿命となる。ブレードクリーナが寿命に達した後も継続してワイピングを行うと、ブレードのクリーニングを十分に行うことができず、ブレードにインクが残った状態となり、固着してワイピング性能が劣化する。

0008

特許文献1では、ブレードクリーナでブレードのインクを吸収しているが、ブレードクリーナの交換時期については言及されていない。従って、ブレードクリーナの交換時期を把握することができず、ワイピング性能が劣化する虞がある。またブレードは、ワイピング動作で記録ヘッドのフェイス面と摺接することから、ワイピングを繰り返すと徐々に磨り減り、フェイス面のインクを払拭できなくなる。

0009

このように、クリーニング機構の各部材の寿命を把握できない状態でクリーニング動作を継続すると、十分に記録ヘッドのクリーニングができなくなり、記録品位を低下させることになる。

0010

よって本発明は、クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0011

そのため本発明の記録装置は、吐出口から液体を吐出する吐出手段と、前記吐出口の設けられた吐出口面を払拭するブレードと、前記ブレードと当接して前記ブレードのクリーニングを行うクリーナと、を備える回復手段と、前記ブレードが前記吐出口面の払拭するときに前記吐出口面に付着している液体の量に基づいて前記回復手段の寿命の判定を行う判定手段と、を有することを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明によれば、クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を実現することができる。

図面の簡単な説明

0013

記録システムを示した図である。
記録装置の主要部分を示した図である。
記録装置の制御系ブロック図である。
記録装置の回復ユニットの詳細を示した構成図である。
(a)から(d)は記録装置におけるワイピング動作の流れを示す図である。
回収するインク量が異なる場合のワイピング動作を示す図である。
ワイピング動作直前に行った動作ごとの係数を示した表である。
ワイピング動作直前に行った動作からの経過時間毎の係数を示した表である。
記録装置のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。
クリーニング動作における動作の内訳と対応する係数を示した表である。
記録装置のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。
フェイス面に付着したインク量が多い場合と少ない場合とを示す図である。
ワイピング動作直前に行った動作ごとの係数を示した表である。
ワイピング直前動作からの経過時間毎の係数を示した表である。
記録装置のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。
ワイピング回数ごとの消耗度合いに対する係数の一例を示した表である。
記録装置のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。

実施例

0014

(第1の実施形態)
以下、図面を参照して本発明の第1の実施形態について説明する。なお、この明細書で「記録」とは、文字、図形等有意の情報を形成する場合のみならず、有意無意を問わず、人間が視覚知覚し得るように顕在化したものであるか否かを問わず、広く記録媒体上に画像、模様パターン等を形成又は媒体の加工を行う場合も表す。また、「記録媒体」(シートとも称する)とは、一般的な記録装置で用いられる紙のみならず、広く、布、プラスチックフィルム金属板ガラスセラミックス、木材、皮革等、インクを受容可能なものも表すものとする。さらに「インク」とは、「記録」の定義と同様広く解釈されるべきもので、記録媒体上に付与されることで、画像、模様、パターン等の形成または記録媒体の加工、或いはインクの処理(インク中の色剤凝固または不溶化)に供され得る液体を表すものとする。

0015

図1は、本実施形態を適用可能な記録装置を用いた記録システムを示した図である。インクジェット方式のフルライン記録ヘッドを用いたカラー記録装置(以下、記録装置ともいう)100とホストコンピュータ101(以下、ホストともいう)とは、プリンタケーブル102で接続されている。ホスト101で処理された各種データは、プリンタケーブル102を介して記録装置100に送信され、記録装置100で記録される。

0016

図2は、本実施形態を適用可能な記録装置100の主要部分を示した図である。記録装置100は記録媒体の幅全体に亘って複数の吐出口(以下ノズルともいう)を配列したブラック用記録ヘッド200K、シアン用記録ヘッド200C、マゼンタ用記録ヘッド200M、イエロー用記録ヘッド200Yを含むヘッドユニット201を備えている。更に記録装置100は、記録ヘッド200の吐出状態を良好に維持するクリーニング機構である回復ユニット202、記録媒体を搬送する搬送ユニット203と、吸引クリーニングに用いる圧力ポンプ204、廃インク貯留する廃インクタンク205を備えている。これらを備えることで、記録装置100は記録媒体に対してフルカラーの記録が可能である。4搬送ユニット203の上流に、複数のカット用紙206が給紙トレイ207上に積載されている給紙ユニット208が装着されており、給紙ユニット208から搬送ユニット203に記録媒体であるカット用紙206が給紙される。搬送ユニット203に搭載される複数の記録媒体のページ間を検知するセンサ(以下、TOFセンサともいう)209により記録媒体の先端を検知し、その検知結果をトリガにして、搬送される記録媒体に各記録ヘッドにより順次記録が行われる。記録完了したカット用紙206は、排紙口213まで搬送され、排紙トレイ210に積載さる。

0017

記録に用いるインクは、本体に対して着脱可能なブラックインクタンク211K、シアン用インクタンク211C、マゼンタ用インクタンク211M、イエロー用インクタンク211Yから、圧力ポンプ204により対応色の各記録ヘッドへと供給される。また、画像信頼性維持のために記録ヘッドのノズルから吸引したインクや、記録に寄与しない吐出である所謂予備吐出で吐出したインクは、圧力ポンプ204により回復ユニット202から廃インクタンク205に移され廃棄される。

0018

図3は、記録装置100の制御系ブロック図である。記録装置100は、ホスト101の記録データやコマンドを受信するUSBインターフェイスコントローラ300、記録装置における記録データの受信、記録動作等全般の制御を演算処理装置であるCPU301を備えている。CPU301は、記録媒体の検出に同期して、イメージRAM302から対応する色の記録データを順次に読み出し、この読み出したデータを各記録ヘッド310に転送する。またCPUは、プログラムROM315に記憶された処理プログラムを実行することで各制御を行う。また記録装置100は記録データのイメージデータ展開するイメージRAM302、各種モータ303(ヘッドモータ、ブレードモータポンプモータ搬送モータ)を駆動するモータードライバ304、弁305を制御するソレノイドドライバ306を備えている。更に記録装置100は各種センサ307(ヘッドダイオードセンサ、温度計湿度計)を入力するためのI/O308、該記録装置全体を制御するASIC309、イメージRAM302に展開されたイメージを記録媒体上に記録する記録ヘッド310を備えている。更に記録装置100は記録ヘッド毎に装着され固有データを保持するヘッドEEPROM311、記録ヘッド310にインクを供給するインクタンク312、インクタンク毎に装着され固有データを保持するインクタンクEEPROM313を備えている。記録装置100は、外部からの入力を受け付けオペレーションパネル314をユーザが操作することで制御が行われる。

0019

プログラムROM315には、制御フローに対応する処理プログラム及びテーブルなどが記憶されている。また、作業用メモリとしてワークRAM316を使用する。各記録ヘッド310のクリーニング動作時に、CPU301は、モータードライバ304を介して各種センサ307をモニタしながら、各種モータ303を駆動し、インクの加圧や吸引等の制御を行う。記録やクリーニングで使用するインクは、各インクタンク312から供給される。各インクタンク312には、インクタンクEEPROM313が搭載されており、インクの色や種類を示すIDやシリアルナンバー書込まれている他、残量検知用の使用量カウンタなどを保持することができる。記録装置とユーザ間のインターフェースとしては、オペレーションパネル314が用いられる。オペレーションパネル314にはプリンタからユーザへ状態を報知するためのLCD317やブザー318、ユーザからプリンタへ指示を行うためのキー319が備えられている。

0020

図4は、記録装置100の回復ユニット202の詳細を示した構成図である。回復ユニット202は、クリーニング目的で記録ヘッド200から吐出したインクを受けるためのキャップ部400と、記録ヘッド200のフェイス面に付着したインクを拭き取るためのブレード401とを備えている。また、回復ユニット202は、ブレード401が拭き取ったインクを回収するためのブレードクリーナ402を備えている。

0021

図5(a)から(d)は、記録装置100におけるワイピング動作の流れを示す図である。記録ヘッド200は、記録装置100が動作中でない場合、フェイス面500を保護するために、図5(a)のように回復ユニット202でフェイス面500を覆う。記録ヘッド200は、CPU301よりワイピング動作の指示があった場合、ヘッドモータ303aを駆動させ、図5(b)に示すようなワイピング位置へと移動する。記録ヘッド200がワイピング位置へ移動した後、ブレード401はブレードモータ303bにより図5(c)に示すように記録ヘッドフェイス面500に沿って移動することで記録ヘッド200のフェイス面500に付着しているインクを拭き取る。拭き取られてブレード401に付着したインクは、図5(d)で示すようにブレード401をブレードクリーナ402に当接させることでブレードクリーナ402に回収される。このようなワイピング動作により、記録ヘッド200およびブレード401を良好な状態に維持している。

0022

図6は、回収するインク量が異なる場合のワイピング動作を示す図である。図6(a)は、ワイピング動作直前に行った動作により、フェイス面500に付着したインク量が少ない場合を示している。ブレードクリーナ402は所定量のインクを回収すると、それ以上は回収不能となり、ブレードクリーナ402の寿命となる。図6(a)の状態でワイピング動作を行っても、ブレードクリーナ402が回収するインク量は少なため、ブレードクリーナの寿命に与える影響は小さい。図6(b)は、ワイピング動作直前に行った動作により、フェイス面500に付着したインク量が多い場合を示している。この状態でワイピング動作を行うと、ブレードクリーナ402が回収するインク量は多いため、ブレードクリーナの寿命に与える影響は大きい。

0023

このように、ワイピング動作直前に行った動作により、ブレードクリーナ402の寿命に与える影響は異なるものとなり、単にワイピング動作の回数だけをカウントしても、ブレードクリーナ402の正確な寿命を把握することはできない。そこで、本実施形態では、ワイピング動作直前に行った動作ごとに係数を設け、ブレードクリーナ402の寿命を判断するためのワイピング動作のカウント値重み付けをする。

0024

また、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間によっても、ブレードクリーナ402の寿命に与える影響は異なる。つまり、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間が短ければ、フェイス面500に付着したインクは溶剤成分の揮発が少ないためブレード401に回収され易くブレードクリーナの寿命に与える影響は大きい。しかし、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間が長い場合、フェイス面500に付着したインクは溶剤成分の揮発が進み、粘性が高くなっているためブレード401に回収され辛くブレードクリーナの寿命に与える影響は小さい。

0025

そこで、本実施形態では、ワイピング動作直前に行った動作ごとの係数に加え、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間ごとに係数を設けて、ワイピング動作のカウント値に重み付けをする。これによって、回復ユニット202の寿命判定を行う。

0026

図7は、本実施形態におけるワイピング動作直前に行った動作ごとの係数を示した表である。直前動作インク吐出動作だった場合を基準(1.0)とし、フェイス面500に付着しているインクが多いと想定されるノズル吸引動作やノズル加圧動作の後では係数を高くしてブレードクリーナ402の寿命カウンタへ重み付けする。反対にフェイス面500に付着しているインクが少ないと想定されるワイピング動作後やキャッピング動作後では係数を小さくしてブレードクリーナ402の寿命カウンタへ重み付けする。

0027

また、ワイピング動作の実施間隔によって、ブレードクリーナ402の寿命カウンタへ重み付けを変更してもよい。

0028

図8は、本実施形態におけるワイピング動作直前に行った動作からの経過時間ごとの係数を示した表である。ワイピング動作を行ってから次にワイピング動作までの経過時間が長くなるほどブレードクリーナ402が吸収したインクの水分が蒸発してブレードクリーナ内で占める体積が減少する。そのため、次にワイピング動作を行ったときに、その経過時間に基づいた係数でブレードクリーナ402の寿命カウンタへ重み付けする。

0029

図9は、本実施形態の記録装置100のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。以下、このフローチャートを用いて本実施形態におけるワイピング動作を説明する。記録装置100がワイピング動作を開始すると、ステップS801で、RAM316に記憶している直前動作を読み込む。そしてステップS802で、ステップS801で読み込んだ直前動作に対応する重み付け係数を抽出する。ステップS805で、寿命カウント値加算するカウント値を算出する。本実施形態では、
(加算するカウント値)=(ワイピング回数1回)×(直前動作の重み付け係数)
とする。これをワイピング動作ごとに行う。

0030

その後、ステップS806で、ステップS805の算出結果から、RAM316に記憶しているブレードクリーナ402の寿命カウント値に今回のカウント値を加算する。そして、ステップS807で、加算結果をブレードクリーナ402の寿命カウント閾値と比較して、ブレードクリーナ402の寿命カウント閾値以内だった場合は処理を終了する。加算結果がブレードクリーナ402の寿命カウント閾値を超えていた場合は、ステップS808に移行して、エラーを発生させる等の手段によりユーザへ報知し、ブレードクリーナ402の交換を促して処理を終了する。

0031

このように、ブレードがフェイス面を払拭した回数に、フェイス面に付着した液体の量に応じて異なる係数を乗じて回復ユニットの寿命の判定を行う。これによって、クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を実現することができた。

0032

なお、本実施形態では、ブレードクリーナ402が寿命であると判定した際に、ユーザへ報知して交換を促したが、これに限定するものではない。つまり、ブレードクリーナ402が寿命であると判手したら、その判定結果に応じて装置の動作を変更してもよい。例えば、ブレードクリーナ402が寿命であると判定したら、それ以降は、ブレードクリーナに当接させないワイピングを、回数を限定して行うようにしてもよい。または、ブレードクリーナが吸引したインクを除去する機構を設けて、ブレードクリーナからインクを除去する動作に移行してもよい。

0033

また、本実施形態では、直前動作に対応した重み付けだけを考慮して寿命判定を行ったが、これに加えて経過時間に対応する重み付けを行ってもよい。経過時間、つまりワイピング動作の実施間隔によって寿命カウンタへの重み付けの変更を行う場合は、ワイピング動作が行われたときに前回のワイピング動作からの経過時間を計測しておき、その経過時間に基づいて前回加算した寿命カウンタの値に補正を加えればよい。

0034

(第2の実施形態)
以下、図面を参照して本発明の第2の実施形態を説明する。なお、本実施形態の基本的な構成は第1の実施形態と同様であるため、以下では特徴的な構成についてのみ説明する。

0035

ワイピング動作を含んだクリーニング動作(ノズル吸引動作、ノズル加圧動作、ワイピング動作)は、複数種類の動作の一連の動作である場合が多い。また、それら一連の動作は、複数種類の動作の組み合わせからなるものであり、その組み合わせによってフェイス面500に付着するインク量も異なる。そこで、これら複数種類の動作を組み合わせたクリーニング動作ごとに係数を設けて、ブレードクリーナ402の寿命カウント値に重み付けすることでも、ブレードクリーナ402の寿命を知ることができる。なお、この方法は、第1の実施形態に比べて計算回数が少ないためCPUへの負荷軽減が見込める。

0036

ここでクリーニング動作とは、ノズル吸引動作、ノズル加圧動作、ワイピング動作、インク吐出動作、キャッピング動作を組み合わせたシーケンシャルな動作のことであり、記録装置の記録品位を保つために必要な動作である。

0037

図10は、各クリーニング動作における動作の内訳とそれに対応する係数を示した表である。この表に基づいて、ワイピング動作の直前に行ったクリーニング動作から係数を選択して寿命の算出における重み付けを行う。例えば、「クリーニング強」というのは、ノズル吸引動作、インク吐出動作、ワイピング動作、キャッピング動作という一連の動作を行うものである。

0038

図11は、本実施形態の記録装置100のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。以下、このフローチャートを用いて本実施形態におけるワイピング動作を説明する。記録装置100がワイピング動作を開始すると、ステップS1000で、記録装置100が実施予定のクリーニング動作から、寿命カウント計算に使用する重み付け係数を抽出し、ステップS1001で、寿命カウント値に加算するカウント値を算出する。そして、ステップS1002で、算出結果からブレードクリーナ402の寿命カウント値に今回のカウント値を加算する。その後、ステップS1003で、クリーニングを実施し、ステップS1004でクリーニング完了したのを確認すると、ステップS1005で、予め加算しておいた寿命カウント値とRAM316に記憶しているブレードクリーナ402の寿命カウント閾値と比較する。比較の結果、まだ寿命に達していなければワイピング動作を終了する。比較の結果、ブレードクリーナが寿命である場合には、ステップS1006に移行して、エラーを発生させる等の手段によりユーザへ報知し、ブレードクリーナ402の交換を促してワイピング動作を終了する。

0039

このように、一連の動作であるクリーニング動作ごとに係数を設けて、ブレードがフェイス面を払拭した回数に、フェイス面に付着した液体の量に応じて異なる係数を乗じて回復ユニットの寿命の判定を行う。これによって、クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を実現することができた。

0040

(第3の実施形態)
以下、図面を参照して本発明の第3の実施形態を説明する。なお、本実施形態の基本的な構成は第1の実施形態と同様であるため、以下では特徴的な構成についてのみ説明する。

0041

図12(a)、(b)は、記録装置100のフェイス面500に付着したインク量が多い場合と少ない場合とを示す図である。図12(a)が付着したインク量が多い場合であり、図12(b)が付着したインク量が少ない場合である。ブレード401によってフェイス面500のワイピングを行う場合、図12(a)のようにフェイス面に付着したインク量が多いと、インクにより摩擦抵抗が低くなり、ブレード401の消耗度合いは低くなる。これに対して、図12(b)のようにフェイス面500に付着したインク量が少ないと、摩擦抵抗が高くなり、ブレード401の消耗度合いは高くなる。フェイス面500に付着するインク量はワイピング動作の直前動作によって異なる。

0042

このように、フェイス面500に付着したインク量が異なることで、ワイピング時のブレード401の消耗度合いも異なり、ブレード401の寿命に与える影響も異なるものとなる。よって、単にワイピング動作の回数だけをカウントしても、ブレード401の正確な寿命を把握することはできない。そこで本実施形態では、ワイピング動作直前に行った動作ごとに係数を設け、ブレード401の寿命を判断するためのワイピング動作のカウント値に重み付けをする。

0043

また、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間によっても、ブレード401の寿命に与える影響は異なる。つまり、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間が短ければ、フェイス面500に付着したインクは溶剤成分の揮発が少ないため摩擦抵抗が低くなり、ブレード401の消耗度合いは低くなる。しかし、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間が長い場合、フェイス面500に付着したインクは溶剤成分の揮発が進み、粘性が高くなっているため摩擦抵抗が高くなり、ブレード401の消耗度合いは高くなる。

0044

そこで、本実施形態では、ワイピング動作直前に行った動作ごとの係数に加え、ワイピング動作直前に行った動作が終了してからの経過時間ごとに係数を設けて、ワイピング動作のカウント値に重み付けをする。これによって、回復ユニット202の寿命判定を行う。

0045

図13は、本実施形態におけるワイピング動作直前に行った動作ごとの係数を示した表である。直前動作がインク吐出動作だった場合を基準(1.0)とし、フェイス面500に付着しているインクが多いと想定されるノズル吸引動作やノズル加圧動作の後では係数を低くしてブレードクリーナ402の寿命カウンタへ重み付けする。反対にフェイス面500に付着しているインクが少ないと想定されるワイピング動作後やキャッピング動作後では係数を高くしてブレードクリーナ402の寿命カウンタへ重み付けする。

0046

図14は、本実施形態におけるワイピング動作直前に行った動作からの経過時間ごとの係数を示した表である。経過時間が短いほど重み付けが低くなるよう、係数を低くする。これはフェイス面5にインクが付着してからの経過時間が短いほど乾燥増粘による摩擦抵抗の増加が生じず、ワイピング動作によるブレード401の消耗度合いが低いことを考慮したものである。

0047

図15は、本実施形態の記録装置100のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。以下、このフローチャートを用いて本実施形態におけるワイピング動作を説明する。記録装置100がワイピング動作を開始すると、ステップS1501で、RAM316に記憶している直前動作を読み込む。そしてステップS1502で、ステップS1501で読み込んだ直前動作に対応する重み付け係数を抽出する。ステップS1503で、直前動作からの経過時間を読み込んで、ステップS1504で、読み込んだ経過時間に対応する重み付け係数を抽出する。ステップS1505で、寿命カウント値に加算するカウント値を算出する。その後、ステップS1506で、ステップS1505の算出結果から、RAM316に記憶しているブレード401の寿命カウント値に今回のカウント値を加算する。そして、ステップS1507で、加算結果をブレード401の寿命カウント閾値と比較して、ブレード401の寿命カウント閾値以内だった場合は処理を終了する。加算結果がブレード401の寿命カウント閾値を超えていた場合は、ステップS1508に移行して、エラーを発生させる等の手段によりユーザへ報知し、ブレード401の交換を促して処理を終了する。

0048

このように、ブレードがフェイス面を払拭した回数に、フェイス面に付着した液体の量に応じて異なる係数を乗じて回復ユニットの寿命の判定を行う。これによって、クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を実現することができた。

0049

(第4の実施形態)
以下、図面を参照して本発明の第4の実施形態を説明する。なお、本実施形態の基本的な構成は第1の実施形態と同様であるため、以下では特徴的な構成についてのみ説明する。

0050

回復動作の種類によってはワイピング動作前のフェイス面500の状態がほぼ決まっていることがある。たとえばユーザが実施するマニュアル回復中に行うワイピング動作がそれに当たる。そのような場合は直前の動作ではなく、マニュアル回復内のどのタイミングのワイピング動作かを読み込んで係数を決めておいてもよい。

0051

図16は、本実施形態におけるワイピング回数ごとの消耗度合いに対する係数の一例を示した表である。回復動作における1回目のワイピングは、吐出後のワイピング動作になるため、1回目のワイピング動作が基準(1.0)となる。2回目のワイピング動作は、1回目のワイピング動作直後に実施するので、フェイス面500にはインクが少量しかついていないため係数を大きくしている。3回目と4回目のワイピング動作は、一連の処理においてワイピング動作以前の回復制御でフェイス面500にインクが多量に付着するような動作(本実施形態では吸引動作)を行っているため係数を小さくしている。

0052

図17は、本実施形態の記録装置100のワイピング動作における処理を示したフローチャートである。以下、このフローチャートを用いて本実施形態におけるワイピング動作を説明する。記録装置100がワイピング動作を開始すると、ステップS1701で、回復シーケンスにおける何回目のワイピング動作であるかを読み込む。そして、ステップS1702で、何回目のワイピング動作であるかに応じた重み付け係数を抽出し、ステップS1703で、寿命カウント値に加算するカウント数を算出する。その後、ステップS1704で、算出結果からRAM316に記憶しているブレード401の寿命カウント値に今回のカウント値を加算する。ステップS1705で、加算結果をブレード寿命の閾値と比較し、ブレード寿命の閾値以内だった場合はそのまま処理を終了する。加算結果がブレード寿命の閾値を超えていた場合は、ステップS1706に移行して、エラーを発生させ、ユーザに交換を促してワイピング動作を終了する。

0053

このように、あらかじめ決まった一連の動作であるクリーニング動作ごとに係数を設けて、ブレードがフェイス面を払拭した回数に、フェイス面に付着した液体の量に応じて異なる係数を乗じて回復ユニットの寿命の判定を行う。これによって、クリーニング機構の寿命をより正確に判定することができる記録装置およびクリーニング機構寿命判定方法を実現することができた。

0054

100記録装置
200記録ヘッド
202回復ユニット
401ブレード
402ブレードクリーナ
500 フェイス面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • キヤノン株式会社の「 インクジェット記録装置および制御方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 記録媒体の幅方向に沿って吐出口が配列されたラインヘッドの温度上昇を抑制しつつ、良好な記録を行う。【解決手段】 記録媒体を搬送する搬送手段と、搬送手段によって搬送される記録媒体に対してイン... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 インクジェット用記録媒体」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 優れた色再現性、インク吸収性、及びインク受容層の強度を有するインクジェット用記録媒体を提供する。【解決手段】 本発明のインクジェット用記録媒体は、基材と、第一のインク受容層と、第二のイン... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 記録装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 簡易な構成により、使用者に不快感を与えることなく、効率的に排気を行うことができる技術を提供する。【解決手段】 本発明に係る記録装置は、記録媒体に画像を記録する記録手段と、記録手段により画... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ