図面 (/)

技術 ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物

出願人 株式会社日本触媒
発明者 坂元芳峰
出願日 2016年3月29日 (4年7ヶ月経過) 出願番号 2016-066442
公開日 2017年10月5日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2017-179067
状態 特許登録済
技術分野 シーリング材組成物 既存建築物への作業 塗料、除去剤
主要キーワード 成分系溶液 減水量 伸び強度 炭酸マグネシウム粒子 ヘアークラック 水系樹脂塗料 正則溶液 ナトリウムドデシルスルホネート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年10月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上で形成され、雨水の曝露などによって劣化した塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するひび割れ補修用シーラー、および当該ひび割れ補修用シーラーに好適に使用することができるひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を提供する。

解決手段

塗膜のひび割れの補修用シーラーに用いられるシーラー用樹脂組成物であって、エマルション粒子および無機充填材を含有し、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率が80〜95質量%であり、エマルション粒子の原料としてアセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分が用いられていることを特徴とする。

概要

背景

一般に、建築物外壁は、モルタルなどの外壁材で形成されており、当該外壁材の表面には、シーラーと称される下地材が塗布されている。耐凍害性塗膜耐透水性および塗膜強度に優れたシーラー用樹脂組成物として、単量体成分多段乳化重合させてなる複数の樹脂層を有し、ガラス転移温度が−70〜10℃であるエマルション粒子を含有する樹脂エマルション顔料を含有し、当該樹脂エマルションの不揮発分100重量部あたりの顔料の量が185〜900重量部であるシーラー用樹脂組成物(例えば、特許文献1参照)、ガラス転移温度が−70〜10℃であるエマルション粒子を含有する樹脂エマルション、顔料およびレオロジーコントロール剤を含有し、当該樹脂エマルションの不揮発分100重量部あたりの顔料の量が185〜900重量部であり、レオロジーコントロール剤の有効成分量が0.01〜5重量部であるシーラー用塗料組成物(例えば、特許文献2参照)などが提案されている。前記シーラー用塗料組成物は、いずれも耐凍害性、塗膜の耐透水性および塗膜強度に優れていることから、建築物の外壁のシーラーに好適に使用することができるものである。

しかし、建築物の外壁の表面上に形成されているトップコート、シーラーなどからなる塗膜は、長期間にわたって太陽光線照射され、昼夜間の気温変化および気候変動によって気温変化を受け、さらに雨水の曝露されることによって劣化し、表面に微細クラックヘアークラック)ないしひび割れが発生した塗膜(以下、旧塗膜という)となる。

したがって、近年、旧塗膜に発生しているひび割れなどを補修するために、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、密着させることが困難であると考えられているフッ素樹脂系塗料アクリル樹脂系塗料アクリルシリコン樹脂系塗料などの一般的な塗料からなる塗膜などの旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するひび割れ補修用シーラーの開発が望まれている。

概要

耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上で形成され、雨水の曝露などによって劣化した塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するひび割れ補修用シーラー、および当該ひび割れ補修用シーラーに好適に使用することができるひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を提供する。塗膜のひび割れの補修用シーラーに用いられるシーラー用樹脂組成物であって、エマルション粒子および無機充填材を含有し、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率が80〜95質量%であり、エマルション粒子の原料としてアセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分が用いられていることを特徴とする。なし

目的

したがって、近年、旧塗膜に発生しているひび割れなどを補修するために、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、密着させることが困難であると考えられているフッ素樹脂系塗料、アクリル樹脂系塗料、アクリルシリコン樹脂系塗料などの一般的な塗料からなる塗膜などの旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するひび割れ補修用シーラーの開発が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

塗膜ひび割れ補修用シーラーに用いられるシーラー用樹脂組成物であって、エマルション粒子および無機充填材を含有し、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率が80〜95質量%であり、エマルション粒子の原料としてアセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分が用いられていることを特徴とするひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物。

請求項2

塗膜のひび割れの補修用シーラーに用いられるシーラー用樹脂組成物を製造する方法であって、アセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分を乳化重合させ、得られたエマルション粒子を含有する樹脂エマルションおよび無機充填材を混合する際に、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率を80〜95質量%に調整することを特徴とするひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物の製造方法。

請求項3

請求項1に記載のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を含有することを特徴とするひび割れ補修用シーラー。

技術分野

0001

本発明は、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物に関する。さらに詳しくは、本発明は、例えば、建築物などの外壁の表面上に形成されているトップコートシーラーなどからなる塗膜経年劣化などによって生じたひび割れなどを補修する際に好適に使用することができるひび割れ補修用シーラー、当該ひび割れ補修用シーラーに好適に使用することができるひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物およびその製造方法に関する。

背景技術

0002

一般に、建築物の外壁は、モルタルなどの外壁材で形成されており、当該外壁材の表面には、シーラーと称される下地材が塗布されている。耐凍害性、塗膜の耐透水性および塗膜強度に優れたシーラー用樹脂組成物として、単量体成分多段乳化重合させてなる複数の樹脂層を有し、ガラス転移温度が−70〜10℃であるエマルション粒子を含有する樹脂エマルション顔料を含有し、当該樹脂エマルションの不揮発分100重量部あたりの顔料の量が185〜900重量部であるシーラー用樹脂組成物(例えば、特許文献1参照)、ガラス転移温度が−70〜10℃であるエマルション粒子を含有する樹脂エマルション、顔料およびレオロジーコントロール剤を含有し、当該樹脂エマルションの不揮発分100重量部あたりの顔料の量が185〜900重量部であり、レオロジーコントロール剤の有効成分量が0.01〜5重量部であるシーラー用塗料組成物(例えば、特許文献2参照)などが提案されている。前記シーラー用塗料組成物は、いずれも耐凍害性、塗膜の耐透水性および塗膜強度に優れていることから、建築物の外壁のシーラーに好適に使用することができるものである。

0003

しかし、建築物の外壁の表面上に形成されているトップコート、シーラーなどからなる塗膜は、長期間にわたって太陽光線照射され、昼夜間の気温変化および気候変動によって気温変化を受け、さらに雨水の曝露されることによって劣化し、表面に微細クラックヘアークラック)ないしひび割れが発生した塗膜(以下、旧塗膜という)となる。

0004

したがって、近年、旧塗膜に発生しているひび割れなどを補修するために、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、密着させることが困難であると考えられているフッ素樹脂系塗料アクリル樹脂系塗料アクリルシリコン樹脂系塗料などの一般的な塗料からなる塗膜などの旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するひび割れ補修用シーラーの開発が望まれている。

先行技術

0005

特開2011−111488号公報
特開2011−111492号公報

発明が解決しようとする課題

0006

本発明は、前記従来技術に鑑みてなされたものであり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するひび割れ補修用シーラー、および当該ひび割れ補修用シーラーに好適に使用することができるひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明は、
(1)塗膜のひび割れの補修用シーラーに用いられるシーラー用樹脂組成物であって、エマルション粒子および無機充填材を含有し、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率が80〜95質量%であり、エマルション粒子の原料としてアセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分が用いられていることを特徴とするひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物、
(2) 塗膜のひび割れの補修用シーラーに用いられるシーラー用樹脂組成物を製造する方法であって、アセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分を乳化重合させ、得られたエマルション粒子を含有する樹脂エマルションおよび無機充填材を混合する際に、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率を80〜95質量%に調整することを特徴とするひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物の製造方法、および
(3) 前記(1)に記載のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を含有することを特徴とするひび割れ補修用シーラー
に関する。

発明の効果

0008

本発明によれば、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するひび割れ補修用シーラー、および当該ひび割れ補修用シーラーに好適に使用することができるひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物が提供される。

0009

本発明のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物は、前記したように、塗膜のひび割れの補修用シーラーに用いられるシーラー用樹脂組成物であり、エマルション粒子および無機充填材を含有し、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率が80〜95質量%であり、エマルション粒子の原料としてアセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分が用いられていることを特徴とする。本発明のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物は、前記構成要件を有することから、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する。

0010

本発明のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物は、例えば、アセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分を乳化重合させ、得られたエマルション粒子を含有する樹脂エマルションおよび無機充填材を混合する際に、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率を80〜95質量%に調整することができる。

0011

単量体成分に含有されるアセトアセトキシ基含有単量体としては、例えば、式(I):

0012

0013

(式中、R1は炭素数1〜6のアルキル基、X1およびX3は、それぞれ独立して酸素原子硫黄原子または式:−N(R2)−で表わされる基(R2は水素原子または炭素数1〜6のアルキル基)、pは0または1、X2は炭素数1〜12のアルキレン基または炭素数3〜12のシクロアルキレン基、Yは置換基を有していてもよいビニル基含有基を示す)
で表わされるアセトアセトキシ基含有単量体などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0014

R1は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、炭素数1〜6のアルキル基、好ましくは炭素数1〜3のアルキル基である。

0015

X1およびX3は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、それぞれ独立して、酸素原子、硫黄原子または式:−N(R2)−で表わされる基(R2は水素原子または炭素数1〜6のアルキル基)であり、pは0または1である。なお、pが0のとき、X2とYとは直接結合する。

0016

X2は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、炭素数1〜12のアルキレン基または炭素数3〜12のシクロアルキレン基、好ましくは炭素数1〜8のアルキレン基、より好ましくは炭素数1〜4のアルキレン基である。

0017

Yは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、置換基を有していてもよいビニル基含有基である。置換基を有していてもよいビニル基含有基としては、例えば、式(II):

0018

0019

(式中、R3は水素原子、ハロゲン原子、炭素数1〜6のアルキル基または炭素数1〜6のアルキルチオ基、R4は水素原子またはハロゲン原子、qは0または1を示す)
で表わされる基などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0020

R3は、水素原子、ハロゲン原子、炭素数1〜6のアルキル基または炭素数1〜6のアルキルチオ基である。R4は、水素原子またはハロゲン原子である。ハロゲン原子としては、例えば、フッ素原子塩素原子臭素原子ヨウ素原子などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。なお、式(II)において、qが0のとき、−C(R3)基と(X3)p−基とは直接結合する。

0021

式(I)で表わされるアセトアセトキシ基含有単量体のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、式(III):

0022

0023

(式中、R5は水素原子またはメチル基、rは1〜4の整数を示す)
で表わされるアセトアセトキシ基含有単量体が好ましい。

0024

アセトアセトキシ基含有単量体の具体例としては、例えば、アセトアセトキシメチルメタアクリレート、アセトアセトキシエチル(メタ)アクリレート、アセトアセトキシプロピル(メタ)アクリレート、アセトアセトキシブチル(メタ)アクリレート、アリルアセトアセテートアセトアセトアミドエチル(メタ)アクリレート、アセト酢酸ビニルエーテルなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのアセトアセトキシ基含有単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0025

アセトアセトキシ基含有単量体のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、アセトアセトキシエチル(メタ)アクリレートおよびアリルアセトアセテートが好ましく、アセトアセトキシエチルメタクリレートおよびアリルアセトアセテートがより好ましく、伸び性をさらに向上させる観点から、アセトアセトキシエチルメタクリレートがさらに好ましい。

0026

なお、本明細書において、「(メタ)アクリレート」は「アクリレート」または「メタクリレート」を意味し、「(メタ)アクリル」は「アクリル」または「メタクリル」を意味し、「(メタ)アクリロイル」は「アクリロイル」または「メタクリロイル」を意味する。

0027

樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子は、1段の乳化重合によって調製された単層の樹脂層を有するものであってもよく、多段の乳化重合によって調製された複数の樹脂層を有するものであってもよい。これらのなかでは、エマルション粒子は、複数の樹脂層を有することが、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から好ましい。なお、エマルション粒子が複数の樹脂層を有する場合、各樹脂層境界は、必ずしも明確である必要がなく、隣接する樹脂層同士が互いに混ざり合っていてもよい。

0028

エマルション粒子を構成する樹脂層の数は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは1〜5層、より好ましくは1〜3層、さらに好ましくは2または3層、さらに一層好ましくは3層である。

0029

エマルション粒子が単層の樹脂層を有する場合、当該単層の樹脂層からなるエマルション粒子は、単量体成分Xを用い、単量体成分Xを乳化重合させることによって調製することができる。

0030

エマルション粒子が単層の樹脂層を有する場合、単量体成分Xにおけるアセトアセトキシ基含有単量体の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは0.1質量%以上、より好ましくは0.3質量%以上、さらに好ましくは0.5質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは10質量%以下、より好ましくは8質量%以下、さらに好ましくは5質量%以下である。

0031

前記単量体成分Xには、アセトアセトキシ基含有単量体以外の他の単量体(以下、単に「他の単量体」という)を用いることができる。

0032

他の単量体としては、例えば、窒素原子含有単量体、アルキル(メタ)アクリレート、カルボキシル基含有単量体芳香族系単量体水酸基含有(メタ)アクリレート、シラン基含有単量体、オキソ基含有単量体、フッ素原子含有単量体、エポキシ基含有単量体紫外線吸収性単量体紫外線安定性単量体などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。これらの他の単量体のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、窒素原子含有単量体、アルキル(メタ)アクリレート、カルボキシル基含有単量体および芳香族系単量体が好ましい。これらの単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0033

窒素原子含有単量体としては、例えば、(メタ)アクリルアミドダイアセトン(メタ)アクリルアミド、N−モノメチル(メタ)アクリルアミド、N−モノエチル(メタ)アクリルアミド、N,N−ジメチル(メタ)アクリルアミド、N−n−プロピル(メタ)アクリルアミド、N−イソプロピル(メタ)アクリルアミド、メチレンビス(メタ)アクリルアミド、N−メチロール(メタ)アクリルアミド、N−ブトキシメチル(メタ)アクリルアミド、ジメチルアミノエチル(メタ)アクリルアミド、N,N−ジメチルアミノプロピル(メタ)アクリルアミド、ジアセトン(メタ)アクリルアミドなどの(メタ)アクリルアミド化合物、ジメチルアミノエチル(メタ)アクリレート、ジエチルアミノエチル(メタ)アクリレートなどの窒素原子含有(メタ)アクリレート化合物、N−ビニルピロリドン、(メタ)アクリロニトリルなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの窒素原子含有単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。これらの窒素原子含有単量体のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、(メタ)アクリルアミド化合物および(メタ)アクリロニトリルが好ましく、(メタ)アクリルアミドおよびアクリロニトリルがより好ましく、アクリルアミドおよびアクリロニトリルがさらに好ましい。

0034

単量体成分Xにおける窒素原子含有単量体の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは0.1質量%以上、より好ましくは0.3質量%以上、さらに好ましくは0.5質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは10質量%以下、より好ましくは8質量%以下、さらに好ましくは5質量%以下である。

0035

本発明においては、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、アセトアセトキシ基含有単量体と窒素原子含有単量体とを併用することが好ましい。このように、アセトアセトキシ基含有単量体と窒素原子含有単量体とを併用した場合には、両者併用による相乗効果により、さらに伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成することができる。

0036

アセトアセトキシ基含有単量体と窒素原子含有単量体との質量比(アセトアセトキシ基含有単量体/窒素原子含有単量体)は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは10/90以上、より好ましくは15/85以上、さらに好ましくは20/80以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは95/5以下、より好ましくは90/10以下、さらに好ましくは85/15以下である。

0037

また、単量体成分Xにおけるアセトアセトキシ基含有単量体および窒素原子含有単量体の合計含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは0.2質量%以上、より好ましくは0.6質量%以上、さらに好ましくは1質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは16質量%以下、さらに好ましくは10質量%以下である。

0038

アルキル(メタ)アクリレートとしては、例えば、メチル(メタ)アクリレート、エチル(メタ)アクリレート、n−ブチル(メタ)アクリレート、イソブチル(メタ)アクリレート、tert−ブチル(メタ)アクリレート、sec−ブチル(メタ)アクリレート、2−エチルヘキシル(メタ)アクリレート、シクロヘキシル(メタ)アクリレート、n−オクチル(メタ)アクリレート、トリデシル(メタ)アクリレート、n−ラウリル(メタ)アクリレートなどのエステル基の炭素数が1〜18のアルキル(メタ)アクリレートなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのアルキル(メタ)アクリレートは、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。これらのアルキル(メタ)アクリレートのなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、アルキル基の炭素数が4〜8であるアルキル(メタ)アクリレートが好ましく、炭素数が6〜8であるアルキル(メタ)アクリレートがより好ましく、2−エチルヘキシル(メタ)アクリレートがさらに好ましく、2−エチルヘキシルアクリレートがさらに一層好ましい。

0039

単量体成分Xにおけるアルキル(メタ)アクリレートの含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは30質量%以上、より好ましくは35質量%以上、さらに好ましくは40質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは85質量%以下、より好ましくは80質量%以下、さらに好ましくは75質量%以下である。

0040

カルボキシル基含有単量体としては、例えば、(メタ)アクリル酸マレイン酸フマル酸クロトン酸イタコン酸無水マレイン酸などのカルボキシル基含有脂肪族系単量体などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのカルボキシル基含有単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。これらのカルボキシル基含有単量体のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、(メタ)アクリル酸が好ましく、アクリル酸がより好ましい。

0041

単量体成分Xにおけるカルボキシル基含有単量体の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは1質量%以上、より好ましくは2質量%以上、さらに好ましくは3質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは8質量%以下、より好ましくは5質量%以下、さらに好ましくは3質量%以下である。

0042

芳香族系単量体としては、例えば、スチレンα−メチルスチレン、p−メチルスチレン、tert−メチルスチレン、クロロスチレンビニルトルエンなどのスチレン系単量体アラルキル(メタ)アクリレートなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。アラルキル(メタ)アクリレートとしては、例えば、ベンジル(メタ)アクリレート、フェニルエチル(メタ)アクリレート、メチルベンジル(メタ)アクリレート、ナフチルメチル(メタ)アクリレートなどの炭素数が7〜18のアラルキル基を有するアラルキル(メタ)アクリレートなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの芳香族系単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。これらの芳香族系単量体のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、スチレン系単量体が好ましく、スチレンがより好ましい。

0043

単量体成分Xにおける芳香族系単量体の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは5質量%以上、より好ましくは10質量%以上、さらに好ましくは15質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは60質量%以下、より好ましくは55質量%以下、さらに好ましくは50質量%以下である。

0044

水酸基含有(メタ)アクリレートとしては、例えば、2−ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、3−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレート、4−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレートなどのエステル基の炭素数が1〜18の水酸基含有(メタ)アクリレートなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの水酸基含有(メタ)アクリレートは、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0045

シラン基含有単量体としては、例えば、ビニルトリメトキシシランビニルトリエトキシシランビニルトリメトキシエトキシシラン、γ−(メタ)アクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン、2−スチリルエチルトリメトキシシランビニルトリクロロシラン、γ−(メタ)アクリロイルオキシプロピルヒドロキシシラン、γ−(メタ)アクリロイルオキシプロピルメチルヒドロキシシランなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのシラン基含有単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0046

オキソ基含有単量体としては、例えば、エチレングリコール(メタ)アクリレート、エチレングリコールメトキシ(メタ)アクリレート、ジエチレングリコール(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールメトキシ(メタ)アクリレートなどの(ジ)エチレングリコール(メトキシ)(メタ)アクリレートなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのオキソ基含有単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0047

フッ素原子含有単量体としては、例えば、トリフルオロエチル(メタ)アクリレート、テトラフルオロプロピル(メタ)アクリレート、オクタフルオロペンチル(メタ)アクリレートなどのエステル基の炭素数が2〜6のフッ素原子含有アルキル(メタ)アクリレートなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのフッ素原子含有単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0048

エポキシ基含有単量体としては、例えば、グリシジル(メタ)アクリレートなどのエポキシ基含有(メタ)アクリレートなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのエポキシ基含有単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0049

紫外線吸収性単量体としては、例えば、ベンゾトリアゾール系紫外線吸収性単量体、ベンゾフェノン系紫外線吸収性単量体などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの紫外線吸収性単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0050

ベンゾトリアゾール系紫外線吸収性単量体としては、例えば、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシメチルフェニル〕−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシエチルフェニル〕−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシメチルフェニル〕−5−tert−ブチル−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルアミノメチル−5’−tert−オクチルフェニル〕−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシプロピルフェニル〕−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシヘキシルフェニル〕−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−3’−tert−ブチル−5’−(メタ)アクリロイルオキシエチルフェニル〕−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−3’−tert−ブチル−5’−(メタ)アクリロイルオキシエチルフェニル〕−5−クロロ−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−tert−ブチル−3’−(メタ)アクリロイルオキシエチルフェニル〕−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシエチルフェニル〕−5−クロロ−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシエチルフェニル〕−5−シアノ−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(メタ)アクリロイルオキシエチルフェニル〕−5−tert−ブチル−2H−ベンゾトリアゾール、2−〔2’−ヒドロキシ−5’−(β−(メタ)アクリロイルオキシエトキシ)−3’−tert−ブチルフェニル〕−4−tert−ブチル−2H−ベンゾトリアゾールなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのベンゾトリアゾール系紫外線吸収性単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0051

ベンゾフェノン系紫外線吸収性単量体としては、例えば、2−ヒドロキシ−4−(メタ)アクリロイルオキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−〔2−ヒドロキシ−3−(メタ)アクリロイルオキシ〕プロポキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−〔2−(メタ)アクリロイルオキシ〕エトキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−〔3−(メタ)アクリロイルオキシ−2−ヒドロキシプロポキシ〕ベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−3−tert−ブチル−4−〔2−(メタ)アクリロイルオキシ〕ブトキシベンゾフェノンなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのベンゾフェノン系紫外線吸収性単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0052

紫外線安定性単量体としては、例えば、4−(メタ)アクリロイルオキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、4−(メタ)アクリロイルアミノ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、4−(メタ)アクリロイルオキシ−1,2,2,6,6−ペンタメチルピペリジン、4−(メタ)アクリロイル−1−メトキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、4−シアノ−4−(メタ)アクリロイルオキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、1−(メタ)アクリロイル−4−(メタ)アクリロイルアミノ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、4−クロトノイルアミノ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、4−(メタ)アクリロイルアミノ−1,2,2,6,6−ペンタメチルピペリジン、4−シアノ−4−(メタ)アクリロイルアミノ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、4−クロトノイルオキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、1−(メタ)アクリロイル−4−シアノ−4−(メタ)アクリロイルアミノ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、1−クロトノイル−4−クロトノイルオキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジンなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの紫外線安定性単量体は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0053

単量体成分Xにおける他の単量体の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは90質量%以上、より好ましくは92質量%以上、さらに好ましくは95質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは99.9質量%以下、より好ましくは99.7質量%以下、さらに好ましくは99.5質量%以下である。

0054

エマルション粒子が複数の樹脂層を有する場合、当該エマルション粒子の最外層は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、単量体成分を乳化重合させた重合体で形成されていることが好ましい。この場合、最外層以外の層、例えば、エマルション粒子が2層の樹脂層で形成されている場合には内層、エマルション粒子が3層の樹脂層で形成されている場合には中間層および内層は、前記単量体成分に用いられる単量体と同様の種類の単量体を用いることができる。複数の樹脂層を有するエマルション粒子は、例えば、前記単量体成分を乳化重合させる場合と同様の重合方法および重合条件で単量体成分を多段乳化重合させることによって調製することができる。

0055

エマルション粒子が内層と外層との2層の樹脂層を有する場合、内層および外層を有するエマルション粒子は、内層を形成する単量体成分を乳化重合させ、得られたエマルション粒子の存在下で外層を形成する単量体成分を乳化重合させることによって調製することができる。この場合、内層を形成する単量体成分は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、芳香族系単量体で構成されていることが好ましく、スチレンで構成されていることが好ましい。また、外層を形成する単量体成分は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、単量体成分Xであることが好ましい。

0056

エマルション粒子が2層の樹脂層を有する場合、内層を構成している樹脂層と外層を構成している樹脂層との質量比(内層を構成している樹脂層/外層を構成している樹脂層)は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは5/95以上、より好ましくは10/90以上、さらに好ましくは15/85以上であり、造膜性および密着性を向上させる観点から、好ましくは30/70以下、より好ましくは25/75以下、さらに好ましくは20/80以下である。

0057

エマルション粒子が内層と中間層と外層との3層の樹脂層を有する場合、内層と中間層と外層との3層の樹脂層を有するエマルション粒子は、内層を形成する単量体成分を乳化重合させ、得られたエマルション粒子の存在下で中間層を形成する単量体成分を乳化重合させ、得られたエマルション粒子の存在下で外層を形成する単量体成分を乳化重合させることによって調製することができる。この場合、内層を形成する単量体成分は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、芳香族系単量体で構成されていることが好ましく、スチレンで構成されていることが好ましい。中間層を形成する単量体成分は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、アセトアセトキシ基含有単量体0〜10質量%、アルキル(メタ)アクリレート60〜90質量%、芳香族系単量体1〜25質量%、カルボキシル基含有単量体0〜5質量%および窒素原子含有単量体1〜15質量%を含有することが好ましい。また、外層を形成する単量体成分は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、単量体成分Xであることが好ましい。

0058

エマルション粒子が3層の樹脂層を有する場合、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、内層(第1層)を構成している樹脂層の含有率が10〜30質量%であり、内層と外層との間にある中間層(第2層)を構成している樹脂層の含有率が30〜50質量%であり、外層(第3層)を構成している樹脂層の含有率が30〜50質量%であることが好ましい。

0059

エマルション粒子は、単量体成分を乳化重合させることによって調製することができる。単量体成分を乳化重合させる方法としては、例えば、メタノールなどの低級アルコールなどの水溶性有機溶媒と水とを含む水性媒体、水などの媒体中に乳化剤を溶解させ、加熱撹拌下で単量体成分および重合開始剤滴下させる方法、乳化剤および水を用いてあらかじめ乳化させておいた単量体成分を水または水性媒体に滴下させる方法などが挙げられるが、本発明は、かかる方法のみに限定されるものではない。なお、媒体の量は、得られる樹脂エマルションに含まれる不揮発分量を考慮して適宜設定すればよい。

0060

乳化剤としては、アニオン性乳化剤ノニオン性乳化剤カチオン性乳化剤両性乳化剤高分子乳化剤などが挙げられ、これらの乳化剤は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0061

アニオン性乳化剤としては、例えば、アンモニウムドデシルサルフェートナトリウムドデシルサルフェートなどのアルキルサルフェート塩;アンモニウムドデシルスルホネートナトリウムドデシルスルホネートなどのアルキルスルホネート塩;アンモニウムドデシルベンゼンスルホネート、ナトリウムドデシルナフタレンスルホネートなどのアルキルアリールスルホネート塩;ポリオキシエチレンアルキルサルフェート塩;ポリオキシエチレンアルキルアリールサルフェート塩;ジアルキルスルホコハク酸塩アリールスルホン酸ホルマリン縮合物;アンモニウムラウリレート、ナトリウムステアリレートなどの脂肪酸塩などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0062

ノニオン性乳化剤としては、例えば、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルアリールエーテルポリエチレングリコールポリプロピレングリコールとの縮合体ソルビタン脂肪酸エステルポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル脂肪酸モノグリセライドエチレンオキサイド脂肪族アミンとの縮合体などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0063

カチオン性乳化剤としては、例えば、ドデシルアンモニウムクロライドなどのアルキルアンモニウム塩などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0064

両性乳化剤としては、例えば、ベタインエステル型乳化剤などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0065

高分子乳化剤としては、例えば、ポリアクリル酸ナトリウムなどのポリ(メタ)アクリル酸塩ポリビニルアルコールポリビニルピロリドンポリヒドロキシエチルアクリレートなどのポリヒドロキシアルキル(メタ)アクリレート;これらの重合体を構成する単量体のうちの1種類以上の単量体を共重合成分とする重合体などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0066

反応性乳化剤は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成するとともに、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物における無機充填材の含有率を高める観点から、好適に使用することができ、それらのなかでも環境保護の観点から、非ノニルフェニル型の乳化剤が好ましい。

0067

反応性乳化剤としては、例えば、プロペニル−アルキルスルホコハク酸エステル塩、(メタ)アクリル酸ポリオキシエチレンスルホネート塩、ポリオキシエチレンアルキルプロペニルフェニルエーテル硫酸アンモニウム〔例えば、第一工業製薬(株)製、商品名:アクアロンHS−10、アクアロンBC−10など〕、アリルオキシメチルアルキルオキシポリオキシエチレンのスルホネート塩〔例えば、第一工業製薬(株)製、商品名:アクアロンKH−10など〕、アリルオキシメチルノニルフェノキシエチルヒドロキシポリオキシエチレンのスルホネート塩〔例えば、(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSE−10など〕、アリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔例えば、(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10、SR−30など〕、ビス(ポリオキシエチレン多環フェニルエーテル)メタクリレート化スルホネート塩〔例えば、日本乳化剤(株)製、商品名:アントックスMS−60など〕、アリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン〔例えば、(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープER−20など〕、ポリオキシエチレンアルキルプロペニルフェニルエーテル〔例えば、第一工業製薬(株)製、商品名:アクアロンRN−20など〕、アリルオキシメチルノニルフェノキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン〔例えば、(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープNE−10など〕などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの反応性乳化剤は、いずれもそれぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0068

単量体成分100質量部あたりの乳化剤の量は、重合安定性を向上させる観点から、好ましくは1質量部以上、より好ましくは2質量部以上、さらに好ましくは3質量部以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは10質量部以下、より好ましくは8質量部以下、さらに好ましくは5質量部以下である。

0069

単量体成分を重合させる際には、重合開始剤を用いることができる。重合開始剤としては、例えば、アゾビスイソブチロニトリル、2,2−アゾビス(2−メチルブチロニトリル)、2,2−アゾビス(2,4−ジメチルバレロニトリル)、2,2−アゾビス(2—ジアミノプロパンハイドロクロライド、4,4−アゾビス(4−シアノ吉草酸)、2,2−アゾビス(2−メチルプロピオンアミジン)などのアゾ化合物過硫酸カリウム過硫酸アンモニウムなどの過硫酸塩過酸化水素ベンゾイルパーオキサイドパラクロロベンゾイルパーオキサイド、ラウロイルパーオキサイド、過酸化アンモニウムなどの過酸化物などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの重合開始剤は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0070

単量体成分100質量部あたりの重合開始剤の量は、重合速度を高め、未反応の単量体成分の残存量を低減させる観点から、好ましくは0.01質量部以上、より好ましくは0.03質量部以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは1質量部以下、より好ましくは0.5質量部以下である。

0071

重合開始剤の添加方法は、特に限定されない。その添加方法としては、例えば、一括仕込み分割仕込み、連続滴下などが挙げられる。また、重合反応終了時期を早める観点から、単量体成分を反応系内に添加する終了前またはその終了後に、重合開始剤の一部をフラスコ内に添加してもよい。

0072

なお、重合開始剤の分解を促進するために、例えば、亜硫酸水素ナトリウムなどの還元剤硫酸第一鉄などの遷移金属塩などの重合開始剤の分解剤を反応系内に適量で添加してもよい。

0073

また、反応系内には、必要により、例えば、tert−ドデシルメルカプタンなどのチオール基を有する化合物などの連鎖移動剤、pH緩衝剤キレート剤成膜助剤などの添加剤をフラスコ内に適量で添加してもよい。添加剤の量は、その種類によって異なるので一概には決定することができないが、通常、単量体成分100質量部あたり、好ましくは0.01〜5質量部、より好ましくは0.1〜3質量部である。

0074

単量体成分を乳化重合させる際の雰囲気は、特に限定されないが、重合開始剤の効率を高める観点から、窒素ガスなどの不活性ガスであることが好ましい。

0075

単量体成分を乳化重合させる際の重合温度は、特に限定がないが、通常、好ましくは50〜100℃、より好ましくは60〜95℃である。重合温度は、一定であってもよく、重合反応の途中で変化させてもよい。

0076

単量体成分を乳化重合させる重合時間は、特に限定がなく、重合反応の進行状況に応じて適宜設定すればよいが、通常、2〜9時間程度である。

0077

以上のようにして単量体成分を乳化重合させることにより、エマルション粒子が得られる。

0078

エマルション粒子を構成している重合体は、架橋構造を有していてもよい。重合体の重量平均分子量は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは10万以上、より好ましくは30万以上、さらに好ましくは55万以上、特に好ましくは60万以上である。重合体の重量平均分子量の上限値は、架橋構造を有する場合、その重量平均分子量を測定することが困難なため、特に限定されないが、架橋構造を有しない場合には、造膜性を向上させる観点から、500万以下であることが好ましい。

0079

なお、本明細書において、重合体の重量平均分子量は、ゲルパーミエイションクロマトグラフィー〔東ソー(株)製、品番:HLC−8120GPC、カラム:TSKgel G−5000HXLとTSKgelGMHXL−Lとを直列に使用〕を用いて測定された重量平均分子量(ポリスチレン換算)を意味する。

0080

単層の樹脂層を有するエマルション粒子において、当該樹脂層のガラス転移温度は、造膜性を向上させる観点から、好ましくは−70℃以上、より好ましくは−65℃以上、さらに好ましくは−60℃以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは−20℃以下、より好ましくは−25℃以下、さらに好ましくは−30℃以下である。

0081

内層と外層との2層の樹脂層を有するエマルション粒子において、内層の樹脂層のガラス転移温度は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは80℃以上、より好ましくは85℃以上、さらに好ましくは90℃以上であり、造膜性を向上させる観点から、好ましくは120℃以下、より好ましくは115℃以下、さらに好ましくは110℃以下である。また、外層の樹脂層のガラス転移温度は、造膜性を向上させる観点から、好ましくは−70℃以上、より好ましくは−65℃以上、さらに好ましくは−60℃以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは−20℃以下、より好ましくは−25℃以下、さらに好ましくは−30℃以下である。

0082

内層と中間層と最外層との3層の樹脂層を有するエマルション粒子において、内層の樹脂層のガラス転移温度は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは80℃以上、より好ましくは85℃以上、さらに好ましくは90℃以上であり、造膜性を向上させる観点から、好ましくは120℃以下、より好ましくは115℃以下、さらに好ましくは110℃以下である。中間層の樹脂層のガラス転移温度が、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは80℃以上、より好ましくは85℃以上、さらに好ましくは90℃以上であり、造膜性を向上させる観点から、好ましくは120℃以下、より好ましくは115℃以下、さらに好ましくは110℃以下である。また、外層の樹脂層のガラス転移温度は、造膜性を向上させる観点から、好ましくは−70℃以上、より好ましくは−65℃以上、さらに好ましくは−60℃以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは−20℃以下、より好ましくは−25℃以下、さらに好ましくは−30℃以下である。

0083

また、エマルション粒子全体のガラス転移温度は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは−70℃以上、より好ましくは−60℃以上、さらに好ましくは−50℃以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは10℃以下、より好ましくは5℃以下、さらに好ましくは0℃以下である。

0084

エマルション粒子を構成する樹脂層のエマルション粒子のガラス転移温度は、単量体成分に用いられる単量体の種類およびその量を調整することによって容易に調整することができる。

0085

なお、本明細書において、エマルション粒子を構成する樹脂層のガラス転移温度は、当該重合体を構成する単量体成分に使用されている単量体の単独重合体のガラス転移温度を用いて、式:
1/Tg=Σ(Wm/Tgm)/100
〔式中、Wmは重合体を構成する単量体成分における単量体mの含有率(質量%)、Tgmは単量体mの単独重合体のガラス転移温度(絶対温度:K)を示す〕
で表されるフォックス(Fox)の式に基づいて求められた温度を意味する。

0086

本明細書においては、エマルション粒子を構成する樹脂層のガラス転移温度は、特に断りがない限り、前記フォックス(Fox)に基づいて求められたガラス転移温度を意味する。例えば、複数の樹脂層を有するエマルション粒子を構成する樹脂層全体のガラス転移温度は、多段乳化重合の際に用いられたすべての単量体成分における各単量体の質量分率とこれに対応する単量体の単独重合体のガラス転移温度から求められたガラス転移温度を意味する。なお、特殊単量体、多官能単量体などのようにガラス転移温度が不明の単量体については、単量体成分における当該ガラス転移温度が不明の単量体の合計量が質量分率で10質量%以下である場合、ガラス転移温度が判明している単量体のみを用いてガラス転移温度が求められる。単量体成分におけるガラス転移温度が不明の単量体の合計量が質量分率で10質量%を超える場合には、重合体のガラス転移温度は、示差走査熱量分析(DSC)、示差熱量分析(DTA)、熱機械分析(TMA)などによって求められる。

0087

樹脂層のガラス転移温度は、単量体成分の組成を調整することにより、容易に調節することができる。エマルション粒子を構成する樹脂層のガラス転移温度を考慮して、当該エマルション粒子を構成する樹脂層の原料として用いられる単量体成分の組成を決定することができる。

0088

重合体のガラス転移温度は、例えば、2−エチルヘキシルアクリレートの単独重合体では−70℃、アセトアセトキシエチルメタクリレートの単独重合体では18℃、アリルアセトアセテートの単独重合体では28.3℃、スチレンの単独重合体では100℃、アクリル酸の単独重合体では95℃、アクリロニトリルの単独重合体体では96℃、アクリルアミドの単独重合体では165℃、n−ブチルアクリレートの単独重合体では−56℃、n−ブチルメタクリレートの単独重合体では20℃、メチルメタクリレートの単独重合体では105℃、γ−メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシランの単独重合体では70℃である。

0089

なお、エマルション粒子が複数の樹脂層で構成されている場合、外層を構成している樹脂層の溶解パラメーター(以下、SP値ともいう)は、内層を構成している樹脂層のSP値よりも高いことが、塗膜の可撓性および造膜性を向上させる観点から好ましい。また、内層を構成している樹脂層のSP値と外層を構成している樹脂層とのSP値の差(絶対値)は、エマルション粒子内で層分離構造を形成させる観点から、大きいことが好ましい。

0090

SP値は、ヒルブラント(Hildebrand)によって導入された正則溶液論により定義される値であり、2成分系溶液の溶解度の目安にもなっている。一般に、SP値が近い物質同士は互いに混ざりやすい傾向がある。したがって、SP値は、溶質溶媒との混ざりやすさを判断する目安にもなっている。

0091

エマルション粒子の平均粒子径は、エマルション粒子自体の機械的安定性を向上させる観点から、好ましくは100nm以上、より好ましくは150nm以上、さらに好ましくは200nm以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは400nm以下、より好ましくは350nm以下、さらに好ましくは300nm以下である。

0092

なお、本明細書において、エマルション粒子の平均粒子径は、動的光散乱法による粒度分布測定器パーティクルサイジング・システムズ(Particle Sizing Systems)社製、商品名:NICOMP Model 380)を用いて測定された体積平均粒子径を意味する。

0093

樹脂エマルションにおける不揮発分量は、生産性を向上させる観点から、好ましくは30質量%以上、より好ましくは40質量%以上であり、取り扱い性を向上させる観点から、好ましくは70質量%以下、より好ましくは60質量%以下である。

0094

樹脂エマルションにおける不揮発分量は、樹脂エマルション1gを量し、熱風乾燥機で110℃の温度で1時間乾燥させ、得られた残渣を不揮発分とし、式:
〔樹脂エマルションにおける不揮発分量(質量%)〕
=(〔残渣の質量〕÷〔樹脂エマルション1g〕)×100
に基づいて求められた値を意味する。

0095

また、前記樹脂エマルションの最低造膜温度は、造膜性を向上させる観点から、好ましくは−20〜50℃である。樹脂エマルションの最低造膜温度は、例えば、エマルション粒子全体のガラス転移温度や最外層の樹脂層のガラス転移温度を調節することによって調整することができる。

0096

なお、本明細書において、樹脂エマルションの最低造膜温度は、熱勾配試験機の上に置いたガラス板上に樹脂エマルションを厚さが0.2mmとなるようにアプリケーターで塗工し、クラックが生じたときの温度を意味する。

0097

本発明のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物には、無機充填材が含有される。本発明においては、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率が80〜95質量%であり、エマルション粒子の原料としてアセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分が用いられている点に1つの大きな特徴がある。

0098

本発明のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物は、エマルション粒子の原料としてアセトアセトキシ基含有単量体を含有する単量体成分が用いられていることから、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率が80〜95質量%であるにもかかわらず、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成することができる。

0099

無機充填材としては、例えば、炭酸ナトリウム炭酸水素ナトリウム炭酸カリウム炭酸水素カリウムなどのアルカリ金属炭酸塩炭酸マグネシウム炭酸カルシウム炭酸バリウムなどのアルカリ土類金属炭酸塩炭酸アンモニウム炭酸水素アンモニウムなどの炭酸アンモニウム塩などの炭酸塩酸化亜鉛粒子酸化アルミニウム粒子酸化マグネシウム粒子酸化ベリリウム粒子酸化カルシウム粒子酸化ジルコニウム粒子アルミナ粒子二酸化チタン粒子シリカ粒子水酸化マグネシウム粒子水酸化アルミニウム粒子珪酸カルシウム粒子、珪酸アルミニウム粒子炭化珪素粒子窒化硅素粒子、窒化硼素粒子硫酸カルシウム粒子硫酸バリウム粒子炭酸マグネシウム粒子ガラス粒子カオリンタルク雲母粉末金属粒子カーボンブラックなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらは、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。これらの無機充填材のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、炭酸塩が好ましく、アルカリ金属炭酸塩およびアルカリ土類金属炭酸塩がより好ましく、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムおよび炭酸カルシウムがさらに好ましく、炭酸カルシウムがさらに一層好ましい。

0100

無機充填材における炭酸塩の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは80質量%以上、より好ましくは85質量%以上、さらに好ましくは90質量%以上、さらに一層好ましくは95質量%以上であり、その上限値は100質量%である。

0101

無機充填材の形状としては、例えば、球状、繊維状、鱗片状、円錐状、破砕状、平面状、不定形状等が挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0102

無機充填材の平均粒子径は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは0.3μm以上、より好ましくは0.5μm以上、さらに好ましくは1μm以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは100μm以下、より好ましくは80μm以下、さらに好ましくは50μm以下である。

0103

なお、無機充填材の平均粒子径は、レーザー回折散乱法粒度分布測定装置ベックマンコールター社製、品番:LS13320〕を用いて測定された体積平均粒子径を意味する。

0104

樹脂エマルションの不揮発分100質量部あたりの無機充填材の量は、塗膜強度を向上させるとともに経済性を高める観点から、好ましくは400質量部以上、より好ましくは500質量部以上、さらに好ましくは600質量部以上、さらに一層好ましくは700質量部以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは1900質量部以下である。

0105

エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、80質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、95質量%以下、好ましくは94質量%以下、より好ましくは93質量%以下である。

0106

なお、本明細書において、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率は、式:
[エマルション粒子および無機充填材の合計固形分における無機充填材の含有率(質量%)]
=[(無機充填材)/(樹脂エマルションの固形分+無機充填材)]×100
に基づいて求められた値を意味する。

0107

また、エマルション粒子および無機充填材の合計固形分におけるエマルション粒子の含有率は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、5質量%以上、好ましくは6質量%以上、より好ましくは7質量%以上であり、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、20質量%以下である。

0108

本発明のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物は、例えば、前記エマルション粒子を含有する樹脂エマルション、前記無機充填材、必要により架橋剤などを混合することにより、容易に調製することができる。これらの成分を混合する順序は、任意であり、例えば、これらの成分を一括して混合してもよい。

0109

架橋剤としては、例えば、メラミン系架橋剤オキサゾリン系架橋剤、アクリルアミド系架橋剤、ポリアミド系架橋剤、エポキシ系架橋剤イソシアネート系架橋剤アジリジン系架橋剤、チタネート系架橋剤、尿素系架橋剤アルキルアルコール化尿素系架橋剤、ヒドラジン化合物カルボジイミド化合物ジルコニウム化合物亜鉛化合物チタニウム化合物アルミニウム化合物などの多価金属化合物などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの架橋剤は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。架橋剤の量は、当該架橋剤の種類、などに応じて適宜設定することが好ましい。

0110

これらの架橋剤のなかでは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、オキサゾリン系架橋剤およびヒドラジン化合物が好ましい。

0111

オキサゾリン系架橋剤としては、例えば、2,2’−ビス(2−オキサゾリン)、1,2−ビス(2−オキサゾリン−2−イルエタン、1,4−ビス(2−オキサゾリン−2−イル)ブタン、1,8−ビス(2−オキサゾリン−2−イル)ブタン、1,4−ビス(2−オキサゾリン−2−イル)シクロヘキサン、1,2−ビス(2−オキサゾリン−2−イル)ベンゼン、1,3−ビス(2−オキサゾリン−2−イル)ベンゼン、2−ビニル−2−オキサゾリン、2−ビニル−4−メチル−2−オキサゾリン、2−ビニル−5−メチル−2−オキサゾリン、2−イソプロペニル−2−オキサゾリン、2−イソプロペニル−4−メチル−2−オキサゾリン、2−イソプロペニル−5−エチル−2−オキサゾリンなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらのオキサゾリン系架橋剤は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。オキサゾリン系架橋剤は、商業的に容易に入手することができるものであり、例えば、(株)日本触媒製、商品名:エポクロスWS−500、エポクロスWS−700、エポクロスK−2010、エポクロスK−2020、エポクロスK−2030などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0112

ヒドラジン化合物としては、例えば、アジピン酸ジヒドラジド、ジドラジド基を有する重合体などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの化合物は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0113

なお、本発明のひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物における不揮発分の含有量は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは40質量%以上、より好ましくは50質量%以上であり、取り扱い性を向上させる観点から、好ましくは80質量%以下、より好ましくは70質量%以下である。

0114

本発明のシーラーは、前記ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を含有するものであり、当該ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物のみを含有するものであってもよく、さらに添加剤が配合されていてもよい。

0115

添加剤としては、例えば、顔料などの着色剤レベリング剤紫外線吸収剤紫外線安定剤抗酸化剤重合禁止剤充填剤カップリング剤防錆剤抗菌剤金属不活性化剤湿潤剤消泡剤界面活性剤補強剤可塑剤潤滑剤、防曇剤防食剤顔料分散剤流動調整剤過酸化物分解剤鋳型脱色剤蛍光性増白剤有機防炎剤無機防炎剤、滴下防止剤溶融流改質剤静電防止剤防藻剤防カビ剤難燃剤スリップ剤金属キレート剤アンチブロッキング剤耐熱安定剤、加工安定剤、分散剤増粘剤、レオロジーコントロール剤、発泡剤老化防止剤防腐剤帯電防止剤シランカップリング剤酸化防止剤、成膜助剤などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。これらの添加剤は、それぞれ単独で用いてもよく、2種類以上を併用してもよい。

0116

添加剤の量は、当該添加剤の種類によって異なるので一概には決定することができないことから、当該添加剤の種類に応じて適宜決定することが好ましい。

0117

なお、本発明のシーラーにおける不揮発分の含有量は、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、好ましくは40質量%以上、より好ましくは50質量%以上であり、取り扱い性を向上させる観点から、好ましくは80質量%以下、より好ましくは70質量%以下である。

0118

以上のようにして得られる本発明のひび割れ補修用シーラーは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成することから、例えば、建築物の外壁を構成する外装用建材などを補修する際に好適に使用することができる。

0119

前記外装用建材としては、例えば、金属製基材樹脂製基材無機質基材などが挙げられる。金属製基材としては、例えば、アルミニウム板鉄板アルミニウム亜鉛めっき鋼板ステンレス鋼板ブリキ板などが挙げられる。樹脂製基材としては、例えば、アクリル樹脂板塩化ビニル樹脂板ポリカーボネート板ABS樹脂板、ポリエステル板ポリエチレン板ポリプロピレン板などが挙げられる。無機質基材としては、例えば、JIS A5422、JIS A5430などに記載されている窯業建材ガラス基材などが挙げられる。窯業建材としては、例えば、、外壁材などが挙げられる。窯業建材は、無機質硬化体の原料となる水硬性膠着材に無機充填剤繊維質材料などを添加し、得られた混合物成形し、得られた成形体養生し、硬化させることによって得られる。建築物の外装を構成する無機質基材としては、例えば、モルタル板フレキシブルボード、珪酸カルシウム板石膏スラグパーライト板木片セメント板プレキャストコンクリート板ALC板石膏ボードなどが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0120

前記外層用基材の表面に形成されている旧塗膜の原料として用いられる塗料としては、例えば、フッ素樹脂系塗料、アクリル樹脂系塗料、アクリルシリコン樹脂系塗料などの一般的な溶剤系樹脂塗料、水系樹脂塗料などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0121

旧塗膜のなかでは、フッ素樹脂系塗料からなる旧塗膜は、表面極性が小さく、有機化合物との濡れ性相互作用などに劣るため、一般に当該旧塗膜上に新たな塗膜を形成させて密着させることが困難であると考えられている。このことから、旧塗膜上に新たに形成された塗膜がフッ素樹脂系塗料からなる旧塗膜に対する密着性に優れるということは、当該新たに形成された塗膜は、フッ素樹脂系塗料のみならず、アクリル樹脂系塗料、アクリルシリコン樹脂系塗料などの一般的な塗料から形成されている旧塗膜に対する密着性にも優れるものと考えられる。

0122

これに対して、本発明のひび割れ補修用シーラーは、密着させることが困難であると考えられているフッ素樹脂系塗料などの塗料からなる旧塗膜との密着性に優れており、さらに耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高いことから、フッ素樹脂系塗料のみならず、フッ素樹脂系塗料以外のアクリル樹脂系塗料、アクリルシリコン樹脂系塗料などの一般的な塗料から形成されている旧塗膜のひび割れなどを補修する際に好適に使用することができる。

0123

なお、本発明のひび割れ補修用シーラーを1層のみで塗工してもよく、2層以上の塗膜が形成されるように重ね塗りすることによって塗工してもよい。2層以上の塗膜が形成されるように重ね塗りをする場合、その一部の塗膜のみを本発明のひび割れ補修用シーラーによって形成させてもよく、すべての塗膜を本発明のひび割れ補修用シーラーで形成させてもよい。

0124

本発明のひび割れ補修用シーラーを用いて塗膜を形成させる方法としては、例えば、浸漬塗り刷毛塗りロール刷毛塗り、スプレーコート、ロールコート、スピンコートディップコート、バーコート、フローコート、静電塗装ダイコートこて塗りなどによる塗装法などが挙げられるが、本発明は、かかる例示のみに限定されるものではない。

0125

本発明のひび割れ補修用シーラーを用いて形成された塗膜は、例えば、常温で乾燥させてもよく、加熱することによって乾燥させてもよい。本発明のひび割れ補修用シーラーは、常温で乾燥させることができるので、旧塗膜に生じているひび割れなどを補修する現場における作業性を向上させることができる。

0126

また、本発明のひび割れ補修用シーラーを用いて形成された塗膜の厚さは、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、通常、10〜1000μm程度であることが好ましい。

0127

補修用下地塗料基材に対する塗布量は、当該基材の種類などによって異なるので一概には決定することができないが、耐水性に優れ、伸び性に優れるとともに伸び強度が高く、モルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜との密着性に優れた塗膜を形成する観点から、通常、不揮発分量で20〜1000g/m2程度であることが好ましい。

0128

以上のようにしてモルタルなどの外壁材の表面上の旧塗膜を補修することができる。

0129

次に本発明を実施例に基づいてさらに詳細に説明するが、本発明は、かかる実施例のみに限定されるものではない。なお、以下の実施例において、特に断りがない限り、「部」は「質量部」を意味し、「%」は「質量%」を意味する。

0130

製造例
脱イオン水367.9部、分散剤〔サンノプコ(株)製、商品名:ノプコスパース44C〕12.5部、炭酸カルシウム〔重質炭酸カルシウム、日東粉化工業(株)製、品番:NS#100〕500部、炭酸カルシウム〔重質炭酸カルシウム、日東粉化工業(株)製、品番:SS#80〕500部、消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:ノプコ8034L〕5.0部および3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕60.0部を3000min-1にて30分間撹拌することによって熟成を行ない、100メッシュ(JISメッシュ、以下同様)の金網濾過し、不揮発分量が70質量%である炭酸カルシウムペーストを得た。なお、炭酸カルシウムペーストにおける不揮発分量は、樹脂エマルションにおける不揮発分量と同様の方法で求めた。

0131

実施例1
滴下ロート攪拌機窒素導入管温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0132

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート72.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン20.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0133

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0134

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0135

その後、25%アンモニア水を添加し、pH〔(株)堀場製作所製、品番:F−23を用いて23℃で測定、以下同様〕を9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0136

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−40.8℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0137

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0138

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0139

実施例2
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0140

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート60.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン32.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0141

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0142

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0143

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0144

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−25.3℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0145

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0146

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0147

実施例3
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0148

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート46.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン46.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0149

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0150

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0151

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0152

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−4.4℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0153

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0154

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0155

実施例4
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0156

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート57.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート5.0部、スチレン31.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0157

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0158

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0159

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0160

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−23.1℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0161

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0162

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0163

実施例5
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0164

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート57.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート5.0部、スチレン34.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル1.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0165

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0166

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0167

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0168

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−23.0℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0169

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0170

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0171

実施例6
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0172

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート68.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート5.0部、スチレン20.0部、アクリル酸3.0部およびアクリルアミド4.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0173

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0174

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0175

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0176

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−36.6℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0177

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0178

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0179

実施例7
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0180

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート60.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン36.0部およびアクリル酸3.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0181

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0182

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0183

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0184

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−25.3℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0185

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0186

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0187

実施例8
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0188

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート60.0部、アリルアセトアセテート1.0部、スチレン32.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0189

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0190

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0191

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0192

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−25.3℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は220nmであった。

0193

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0194

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0195

実施例9
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0196

滴下ロートに脱イオン水6.9部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液4.0部およびスチレン20.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0197

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、重合を開始した。

0198

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持した。

0199

その後、脱イオン水30.1部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液12.0部、2−エチルヘキシルアクリレート70.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン2.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部からなる2段目プレエマルション、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下した。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持し、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0200

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−38.4℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0201

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0202

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が90質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0203

実施例10
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0204

滴下ロートに脱イオン水6.9部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液4.0部およびスチレン20.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0205

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、重合を開始した。

0206

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持した。

0207

その後、脱イオン水30.1部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液12.0部、2−エチルヘキシルアクリレート66.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート5.0部、スチレン2.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部からなる2段目のプレエマルション、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下した。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持し、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0208

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−35.1℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0209

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0210

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が90質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0211

実施例11
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0212

滴下ロートに脱イオン水6.9部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液4.0部およびスチレン20.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0213

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、重合を開始した。

0214

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持した。

0215

その後、脱イオン水30.1部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液12.0部、2−エチルヘキシルアクリレート60.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン12.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル4.0部からなる2段目のプレエマルション、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下した。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持し、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0216

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−25.3℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0217

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0218

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が90質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0219

実施例12
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0220

滴下ロートに脱イオン水6.9部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液4.0部およびスチレン15.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0221

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、重合を開始した。

0222

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持した。

0223

その後、脱イオン水30.1部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液12.0部、2−エチルヘキシルアクリレート65.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン12.0部、アクリル酸3.0部、アクリロニトリル2.0部およびアクリルアミド2.0部からなる2段目のプレエマルション、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下した。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持し、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0224

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−31.6℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0225

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0226

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が92質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0227

実施例13
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水39.0部を仕込んだ。

0228

滴下ロートに脱イオン水6.9部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液4.0部およびスチレン20.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0229

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、重合を開始した。

0230

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持した。

0231

その後、脱イオン水15.0部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液6.0部、2−エチルヘキシルアクリレート26.0部、スチレン11.5部、アクリル酸0.5部およびアクリロニトリル2.0部からなる2段目のプレエマルション、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下した。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持した。

0232

次に、脱イオン水15.0部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液6.0部、2−エチルヘキシルアクリレート26.0部、アセトアセトキシエチルメタクリレート1.0部、スチレン8.5部、アクリル酸2.5部およびアクリロニトリル2.0部からなる3段目のプレエマルション、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液2.9部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液2.0部を90分間かけてフラスコ内に滴下した。滴下終了後、80℃の温度で60分間維持し、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0233

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−13.8℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0234

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0235

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が92質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0236

比較例1
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0237

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート68.0部、スチレン27.0部、アクリル酸3.0部およびアクリロニトリル2.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0238

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0239

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0240

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0241

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−35.4℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0242

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0243

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0244

比較例2
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0245

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート68.0部、スチレン29.0部およびアクリル酸3.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0246

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0247

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0248

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0249

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−35.4℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0250

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0251

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が80質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0252

比較例3
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0253

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート68.0部、スチレン29.0部およびアクリル酸3.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0254

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0255

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0256

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0257

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−35.4℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0258

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0259

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子および炭酸カルシウムペーストの合計固形分における炭酸カルシウムペーストの固形分の含有率が50質量%となるように、製造例で得られた炭酸カルシウムペーストを前記で得られた混合物に添加し、さらに不揮発分量が60質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0260

比較例4
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

0261

滴下ロートに脱イオン水32.6部、乳化剤としてアリルオキシメチルアルコキシエチルヒドロキシポリオキシエチレン硫酸エステル塩〔(株)ADEKA製、商品名:アデカリアソープSR−10〕の25%水溶液16.0部、2−エチルヘキシルアクリレート68.0部、スチレン29.0部およびアクリル酸3.0部を仕込み、滴下用プレエマルションを調製した。

0262

得られた滴下用プレエマルションのうち、単量体成分の総量の1質量%を前記フラスコ内に添加し、ゆるやかに窒素ガスを吹き込みながら80℃まで昇温し、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液1.4部をフラスコ内に添加し、乳化重合を開始した。

0263

次に、滴下用プレエマルションの残部、3.5%過硫酸アンモニウム水溶液8.6部および2.5%亜硫酸水素ナトリウム水溶液6.0部を240分間かけてフラスコ内に滴下させた。滴下終了後、80℃の温度で120分間維持した。

0264

その後、25%アンモニア水を添加し、pHを9.0に調整して乳化重合反応を終了した。得られた反応混合物を室温まで冷却した後、300メッシュの金網で濾過することにより、不揮発分量が50質量%の樹脂エマルションを得た。

0265

前記で得られた樹脂エマルションに含まれるエマルション粒子全体のガラス転移温度は−35.4℃であった。エマルション粒子の平均粒子径は250nmであった。

0266

次に、前記で得られた樹脂エマルション100部をホモディスパーにより1000min-1で分散させながら、造膜助剤として2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタンジオールモノイソブチレート〔JNC(株)製、品番:CS−12〕をその造膜温度が0℃となるように前記樹脂エマルションに添加し、混合物を得た。

0267

前記で得られた混合物に、不揮発分量が45質量%となるように適量の希釈水および適量のシリコーン系消泡剤〔サンノプコ(株)製、商品名:SNデフォーマー777〕を添加した後、BM型粘度計〔東京計器(株)製〕で回転速度30min-1における25℃での粘度が15000mPa・sとなるように3%に希釈した増粘剤〔ダイセル化学工業(株)製、品番:SP−850〕を添加し、回転速度1000min-1で15分間攪拌することにより、ひび割れ補修用シーラー用樹脂組成物を得た。

0268

比較例5
滴下ロート、攪拌機、窒素導入管、温度計および還流冷却管を備えたフラスコ内に脱イオン水43.0部を仕込んだ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アイシン化工株式会社の「 水性塗料組成物」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】オゾン分解性能を有すること。【解決手段】水性塗料組成物は、酸化マンガン系触媒と、活性炭と、ポリアクリレート系分散剤と、水性樹脂と、pH調整剤と、溶媒としての水とを含有するものである。... 詳細

  • 日本製紙株式会社の「 変性ポリオレフィン樹脂組成物及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】付着性などのバインダーとしての性能に優れていながら、長時間保管しても溶液性状が良好に保たれる樹脂組成物を提供することを課題とし、変性ポリオレフィン樹脂(C)を含む、変性ポリオレフィン... 詳細

  • NOK株式会社の「 エチレンアクリレートゴム組成物とその成形品」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】成形・架橋後に、耐油性、耐熱性および耐加水分解性をいずれもバランスよく兼ね備えたエチレンアクリレートゴム組成物と、当該エチレンアクリレートゴム組成物の架橋物からなる成形品を提供する。... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ