図面 (/)

技術 キッチン

出願人 クリナップ株式会社
発明者 間辺慎一郎
出願日 2016年3月30日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2016-067934
公開日 2017年10月5日 (3年8ヶ月経過) 公開番号 2017-176439
状態 特許登録済
技術分野 家具の組合わせ、厨房家具家具の引き出し
主要キーワード 掛け面 囲炉裏 シンクユニット 側屈曲 ブックスタンド 整理整頓 ダイニングキッチン 対面式キッチン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年10月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

従来のボックス形状キッチンに比して、斬新且つより高いデザイン性を有するキッチンを提供することを目的とする。

解決手段

本発明にかかるキッチン100の構成は、上下方向に積層された複数枚板材からなることを特徴とする。複数枚の板材は輪郭をなす輪郭板110とスペーサ120が交互に配置されていて、スペーサ120の外形は輪郭板110よりも小さいとよい。

概要

背景

近年、キッチンには高いデザイン性が求められている。従来では、キッチンは室内の壁面に沿って配置されるものが主流であったが、近年では、例えば特許文献1に開示されているような対面式キッチンも普及が進んでいる。対面式キッチン(アイランドキッチンとも称される)は、キッチンとリビングの間に設置されたり、ダイニングキッチンの中央部に設置されたりする。このような対面式キッチンによれば、壁面に沿って配置される従来のキッチンよりもレイアウトの自由度が高いため、デザイン性をより高めることができる。

概要

従来のボックス形状のキッチンに比して、斬新且つより高いデザイン性を有するキッチンを提供することを目的とする。本発明にかかるキッチン100の構成は、上下方向に積層された複数枚板材からなることを特徴とする。複数枚の板材は輪郭をなす輪郭板110とスペーサ120が交互に配置されていて、スペーサ120の外形は輪郭板110よりも小さいとよい。

目的

本発明は、このような課題に鑑み、従来のボックス形状のキッチンに比して、斬新且つより高いデザイン性を有するキッチンを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

上下方向に積層された複数枚板材からなることを特徴とするキッチン

請求項2

前記複数枚の板材は輪郭をなす輪郭板スペーサが交互に配置されていて、前記スペーサの外形は前記輪郭板よりも小さいことを特徴とする請求項1に記載のキッチン。

請求項3

前記複数枚の板材は、上に行くほど外形が大きいことを特徴とする請求項1または2に記載のキッチン。

請求項4

前記複数枚の板材には、平面視で一致する位置に切り欠きが形成されていて、前記複数枚の板材を積層することにより、前記切り欠きが連続した空間が形成されていることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載のキッチン。

請求項5

当該キッチンの本体に対して着脱可能な拡張ユニットを更に備え、前記拡張ユニットは複数の前記輪郭板の上下方向の隙間に一端を差し込んで取り付け可能である請求項2に記載のキッチン。

技術分野

0001

本発明は、高いデザイン性を有するキッチンに関する。

背景技術

0002

近年、キッチンには高いデザイン性が求められている。従来では、キッチンは室内の壁面に沿って配置されるものが主流であったが、近年では、例えば特許文献1に開示されているような対面式キッチンも普及が進んでいる。対面式キッチン(アイランドキッチンとも称される)は、キッチンとリビングの間に設置されたり、ダイニングキッチンの中央部に設置されたりする。このような対面式キッチンによれば、壁面に沿って配置される従来のキッチンよりもレイアウトの自由度が高いため、デザイン性をより高めることができる。

先行技術

0003

特開2006−334240号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ここで、従来室内の壁面に沿って配置されるキッチンは、いわゆるボックス形状キャビネットを複数配置し、その上に天板を載置する構成が一般的である。また特許文献1を参照してわかるように、対面式キッチンにおいても、やはり従来のキッチンと同様に複数のキャビネットおよび天板を備える構成である。このため、従来のキッチンと特許文献1とのキッチンでは、レイアウトの違いはあるものの、見た目上の印象は大きく異ならない。このため、より斬新且つ高いデザイン性を有するキッチンの開発が望まれていた。

0005

本発明は、このような課題に鑑み、従来のボックス形状のキッチンに比して、斬新且つより高いデザイン性を有するキッチンを提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するために、本発明にかかるキッチンの代表的な構成は、上下方向に積層された複数枚板材からなることを特徴とする。上記構成によれば、キッチンは、側方視において複数枚の板材が積層された外観を有する。これにより、従来のキッチンの概念を覆す斬新さが得られる。特に、積層する板材の端面をずらすことにより、壁面(正面、側面、背面)を垂直壁ではなく、上に行くほど外側に向かってせり出すオーバーハング状にしたり、下に行くほど外側に広がる切株状(末広がり状)にしたり、中央部が膨らむ樽状にしたり、進退を繰り返す波状にしたりするなど、キッチンの形状の自由度を飛躍的に増すことができる。このため、従来のように上下面および側面が板材によって構成されたボックス形状の収納庫ユニット)を組み合わせたキッチンではまったく考えられなかった新しい形状を構成することができ、高いデザイン性を得ることが可能である。

0007

また上述したように複数枚の板材を積層する構成であれば、キッチンの高さを使用者の所望に応じて適宜調節することができる。更にキッチンの幅や奥行きにおいても、幅や奥行きが異なる板材に変更することにより使用者の希望に応じたものとすることができる。したがって、従来のキッチンよりも寸法の自由度を高めることができ、使用者のニーズにより柔軟に対応することが可能となる。

0008

上記複数枚の板材は輪郭をなす輪郭板スペーサが交互に配置されていて、スペーサの外形は輪郭板よりも小さいとよい。かかる構成によれば、輪郭板の外形によってキッチンの輪郭が形成される。そして、輪郭板の間に、それよりも外形が小さいスペーサが配置されることにより、側方視において輪郭板の端部が高さ方向で隙間(間隔)をあけて配置された外観となる。これにより、デザイン性を更に高めることができる。また積層する板材のすべてに輪郭板を用いるのではなく、一部をスペーサとすることにより、コストの削減を図ることが可能となる。

0009

上記複数枚の板材は、上に行くほど外形が大きいとよい。これにより、キッチンを側方から観察した際に、その輪郭は上方になるにしたがって緩やかに広がった形状となるため、より美観を高めることが可能となる。

0010

上記複数枚の板材には、平面視で一致する位置に切り欠きが形成されていて、複数枚の板材を積層することにより、切り欠きが連続した空間が形成されているとよい。これにより、複数枚の板材を積層させたキッチンにおいて、収納空間や、コンロユニットおよびシンクユニットを収容する空間を好適に確保することが可能となる。

0011

当該キッチンの本体に対して着脱可能な拡張ユニットを更に備え、拡張ユニットは複数の輪郭板の上下方向の隙間に一端を差し込んで取り付け可能であるとよい。拡張ユニットの高さをスペーサの高さ(厚み)に対応させることにより、拡張ユニットをキッチンの本体の任意の位置に自由に着脱可能となる。これにより、拡張ユニットとして例えばブックスタンドトレイ等をキッチンの本体に取り付けることにより、キッチンでの作業時や食事時等の利便性を向上させることができる。

発明の効果

0012

本発明によれば、従来のボックス形状のキッチンに比して、斬新且つより高いデザイン性を有するキッチンを提供することができる。

図面の簡単な説明

0013

本実施形態にかかるキッチンの全体斜視図である。
図1に示すキッチンを異なる方向から観察した斜視図である。
図1に示すキッチンの分解図である。
図1に示すキッチンの5面図である。
拡張ユニットについて説明する図である。
拡張ユニットの取り付け方法について説明する図である。

実施例

0014

以下に添付図面を参照しながら、本発明の好適な実施形態について詳細に説明する。かかる実施形態に示す寸法、材料、その他具体的な数値などは、発明の理解を容易とするための例示に過ぎず、特に断る場合を除き、本発明を限定するものではない。なお、本明細書及び図面において、実質的に同一の機能、構成を有する要素については、同一の符号を付することにより重複説明を省略し、また本発明に直接関係のない要素は図示を省略する。

0015

図1は、本実施形態にかかるキッチン100の全体斜視図である。図2は、図1に示すキッチン100を異なる方向から観察した斜視図であり、図1に示すキッチン100を右側から観察した状態を図示している。図3は、図1に示すキッチン100の分解図である。図4は、図1に示すキッチン100の5面図である。なお、図面では、角度上、図示されない部材については符号を省略している。

0016

図1図2図3および図4に示すように、本実施形態のキッチン100は、上下方向に積層された複数枚の板材から構成される。本実施形態のキッチン100では、土台102の上に、複数枚の板材として輪郭板110(110a〜110i)およびスペーサ120(120a〜120i)が交互に積層して配置されている。

0017

輪郭板110は、キッチン100の輪郭をなす板材であり、輪郭板110の間には、輪郭板110よりも外形小さいスペーサ120が配置されている。

0018

図3を用いて、キッチン100の構造およびその組立方法について説明する。図3に示すように、キッチン100の最も下層には土台102が配置されていて、かかる土台102には連結ボルト104が立設されている。一方、輪郭板110(下から110a〜110i)およびスペーサ120(下から120a〜120i)には、かかる連結ボルト104に対応する位置に孔(不図示)が形成されている。そして、連結ボルト104を孔に挿通しながら、土台102の上に1枚目の輪郭板110aを配置する。そして、その上に同様にしてスペーサ120aを配置する。その後、輪郭板110b〜110i、およびスペーサ120b〜120iを順番に土台102の上に積層する。

0019

最も上層のスペーサ120iを配置したら、その上にカウンター130を配置する。これにより、図1に示すように、キッチン100に、使用者が複数人並んで食事をすることが可能なカウンター130が設けられる。カウンター130としては、例えば人工大理石を用いることができる。

0020

次に、カウンター130の上にスペーサ120jを再度配置し、かかるスペーサ120jの上に調理カウンター140を配置する。これにより、図1に示すように、キッチン100に、調理作業用の調理カウンター140が設けられる。調理カウンター140としては、例えばステンレスを用いることができる。

0021

調理カウンター140を配置したら、その上に更にスペーサ(不図示)を配置し、作業用カウンター150を配置する。これにより、図1に示すように、キッチン100に、調理作業時や配膳時に食材食器、食事を載置する作業用カウンター150が設けられる。そして、更に囲炉裏カウンター160を配置することにより、図1に示すように、キッチンの、特に後述するコンロユニット180の周囲に囲炉裏カウンター160が設けられる。

0022

上記説明したように、本実施形態のキッチン100は、複数枚の板材である輪郭板110およびスペーサ120を積層して構成される。これにより、図4に示すように、本実施形態のキッチン100は、側方視において、従来のキッチンのように側面が1枚の板材の表面からなるのではなく、複数枚の板材が積層した外観となる。これにより、従来のキッチンの概念を覆す斬新なデザインにより、高いデザイン性が得られる。

0023

特に、積層する板材の端面をずらすことにより、壁面(正面、側面、背面)を垂直壁ではなく、さまざまな形状にすることができる。本実施形態では、複数枚の板材、特に輪郭板の外形は、上に行くほどすなわち上層に配置される板材ほど外形が大きくなっている。これにより、キッチンを側方から観察した際に、その輪郭は上に行くほど外側に向かってせり出すオーバーハング状となっている。他の形状としては、下に行くほど外側に広がる切株状(末広がり状)にしたり、中央部が膨らむ樽状にしたり、進退を繰り返す波状にしたりするなど、キッチンの形状の自由度を飛躍的に増すことができる。

0024

また本実施形態のように複数枚の板材を積層する構成とすることにより、積層する板材の枚数を変更することで使用者の所望に応じてキッチン100の高さを調整することができる。更に、キッチン100の幅や奥行きにおいても、幅や奥行きが異なる板材に変更することにより使用者の希望に応じたものとすることができる。したがって、従来のキッチンよりも寸法の自由度を高めることができ、使用者のニーズに柔軟に対応することが可能となる。

0025

特に本実施形態では、キッチン100の輪郭をなす輪郭板110と、それより外形の小さいスペーサ120とを交互に配置している。これにより、図4に示すように、側方視において、輪郭板110の端部が高さ方向で隙間(間隔)をあけて配置された外観となり、デザイン性を更に高めることができる。また輪郭板110とスペーサ120を交互に配置することにより、複数枚の板材の全てに輪郭板を用いた場合に比してコストの削減を図ることができる。

0026

なお、本実施形態では、複数枚の板材として輪郭板110およびスペーサ120を用いる構成を例示したが、これに限定するものではなく、全ての板材を輪郭板とすることも可能である。その場合には、例えば1枚おきに輪郭板の外形をその上下に配置される輪郭板よりも小さく設定してもよいし、輪郭板の端部が緩やかに連続するよう徐々に外形を変化させてもよい。

0027

ここで図1図4に示すように、本実施形態のキッチン100では、シンクユニット170およびコンロユニット180をキッチン100に一体に収容する。そこで、複数枚の板材には、平面視で一致する位置に切り欠きが形成されている。

0028

詳細には、図3に示すように、輪郭板110h・110iには切り欠き112が形成されていて、スペーサ120g〜120jにも切り欠き122が形成されている。またカウンター130および調理カウンター140にも、それらの切り欠き112・122と平面視で一致する位置に切り欠きが形成されている。これにより、上述したように板材を積層すると、それらの切り欠きが連続した空間が形成される。したがって、かかる空間にシンクユニット170を収容し、図1に示すようにシンクユニット170をキッチン100と一体に設置することが可能となる。

0029

またスペーサ120jには更に切り欠き124が形成されていて、その上に配置される調理カウンター140にも切り欠き140aが形成されている。これにより、上述したように板材を積層すると、それらの切り欠きが連続した空間が形成される。これにより、かかる空間にコンロユニット180を収容し、図1に示すようにコンロユニット180をキッチン100と一体に設置することが可能となる。

0030

更に本実施形態では、輪郭板110f・110gおよびスペーサ120e〜120gそれぞれに、平面視で一致する位置に切り欠き116・126が形成されている。これにより、板材を積層すると、図1および図2に示すように切り欠きが連続した空間からなる収納スペース190aが形成される。同様に、輪郭板110f・110gおよびスペーサ120e〜120gそれぞれに、平面視で一致する位置に切り欠き118・128が形成されていて、図1に示す収納スペース190bが形成される。この収納スペース190a・190bを用いてキッチン100で使用する物品を整理することが可能となる。

0031

また本実施形態では、輪郭板110f・110hおよびスペーサ120e〜120hのそれぞれの平面視で一致する位置に、さらに切り欠き119・129が形成されている。これにより、板材を積層すると、図1に示すように輪郭板110gの上下に収納スペース190c・収納スペース190dが形成される。これにより、輪郭板110gが仕切り板として機能し、小物等の小さい物品を整理整頓して収納することが可能となる。

0032

図5は、拡張ユニットについて説明する図である。本実施形態のキッチン100(キッチンの本体)は、図5(a)および(b)に示す拡張ユニット200a・200bを着脱可能である。

0033

拡張ユニット200a、200bは、キッチン100本体とは別体の部品であって、キッチン100に対して着脱可能である。図5(a)に示す拡張ユニット200aは、木材等からなる芯材202に対して、側方視での断面がコの字形状の板材210を嵌め合わせて形成されている。拡張ユニット200aの高さは、スペーサ120の高さ(厚み)とほぼ等しく設定されている。板材210の上面212には開口212aが形成されていて、底面214は開口がない板材である。これにより、開口212aの内側に調味料などの物品を入れて底面214上に載置することにより、拡張ユニット200aを小物入れやトレイとして利用することができる。

0034

図5(b)に示す拡張ユニットは、側方視において板材220の上面222よりも底面224の方が長くなっている。そして、上面222の芯材202と対向する辺には、そこから屈曲して下方に延びる上側屈曲面222aが形成されている。一方、底面224の芯材202と対向する辺には、そこから屈曲して上方に延びる下側屈曲面224aが形成されている。これにより、上側屈曲面222aと下側屈曲面224aとの間に本やタブレット等の物品を配置し、上側屈曲面222aを立て掛け面とし、下側屈曲面224aを滑り止めとして物品を立てておくことができる。すなわち拡張ユニット200bをブックスタンドやタブレットスタンドとして用いることができる。

0035

図6は、拡張ユニット200aの取り付け方法について説明する図である。拡張ユニット200aをキッチン100の本体に取り付ける際には、図6に示すように、拡張ユニット200aの一端すなわち基材側の端部を、複数の板材(図6では作業用カウンター150および囲炉裏カウンター160を例示)の上下方向の隙間に差し込むように挿入する。これにより、図2に示すように拡張ユニット200aの一端が支持され、拡張ユニット200aがキッチン100の本体に取り付けられる。

0036

なお、本実施形態では、キッチン100の本体に拡張ユニット200aを取り付けた場合を例示しているが、拡張ユニット200bも上述した方法によって取り付けることが可能である。また本実施形態では、作業用カウンター150と囲炉裏カウンター160との間の隙間に拡張ユニット200aを差し込む場合を例示したが、これに限定するものではなく、複数の輪郭板110の間の隙間に拡張ユニット200aを取り付けることも可能である。このように、拡張ユニット200a、200bの高さをスペーサ120の高さ(厚み)に対応させることにより、拡張ユニットをキッチン100の本体の任意の位置に自由に着脱可能となる。

0037

以上、添付図面を参照しながら本発明の好適な実施形態について説明したが、本発明は係る例に限定されないことは言うまでもない。当業者であれば、特許請求の範囲に記載された範疇内において、各種の変更例または修正例に想到し得ることは明らかであり、それらについても当然に本発明の技術的範囲に属するものと了解される。

0038

本発明は、高いデザイン性を有するキッチンとして利用することができる。

0039

100…キッチン、102…土台、104…連結ボルト、110…輪郭板、110a…輪郭板、110i…輪郭板、112…切り欠き、116…切り欠き、119…切り欠き、120…スペーサ、120a…スペーサ、120i…スペーサ、120j…スペーサ、122…切り欠き、124…切り欠き、126…切り欠き、129…切り欠き、130…カウンター、140…調理カウンター、140a…切り欠き、150…作業用カウンター、160…囲炉裏カウンター、170…シンクユニット、180…コンロユニット、190a…収納スペース、190b…収納スペース、190c…収納スペース、190d…収納スペース、200a…拡張ユニット、200b…拡張ユニット、202…芯材、210…板材、212、222…上面、212a…開口、214、224…底面、220…板材、222a…上側屈曲面、224a…下側屈曲面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社オカムラの「 什器ユニットおよび什器システム」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題】オフィスや公共施設、学校等の執務空間内において、利用者の要望に応じて様々な形態にアレンジできる什器ユニット、什器システムを提供する。【解決手段】一態様に係る什器ユニット10は、床面上に載置され... 詳細

  • 株式会社伸和の「 収納ケース」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題】前板、左右の側板、後板を折り畳むことにより底板、前板、左右の側板、後板の五部材を略平板状に折り畳むことができ、引出体の嵩張りを防いで収納保管スペースを軽減することができ、コンパクトに収納保管す... 詳細

  • クリナップ株式会社の「 キャビネット」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題】石製のサイド化粧板をキャビネットの側板により確実且つ強固に取り付けることが可能なキャビネットを提供する。【解決手段】キャビネット100の構成は、天然石または擬石製のサイド化粧板120を有するキ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ