図面 (/)

技術 情報処理装置及び情報処理システム

出願人 株式会社オートネットワーク技術研究所住友電装株式会社住友電気工業株式会社
発明者 水谷友洋
出願日 2016年3月24日 (3年11ヶ月経過) 出願番号 2016-060697
公開日 2017年9月28日 (2年5ヶ月経過) 公開番号 2017-174223
状態 特許登録済
技術分野 車両用電気・流体回路 記憶装置の機密保護
主要キーワード 書込プログラム 参照記憶 車両メーカ 要否情報 車載制御装置 書き込みプログラム 書込命令 中継用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年9月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

情報の不正な上書きを防止することができる情報処理装置及び情報処理システムを提供する。

解決手段

書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って、情報記憶部231に情報が書き込まれる。情報記憶部231に対する情報の書き込みが終了した場合に、無効化記憶部233が記憶している無効化プログラムに従って、情報記憶部231が記憶している情報の上書きが無効化される。故に、情報記憶部231が記憶している情報の不正な上書きを防止することができる。

概要

背景

従来、書込用記憶部、書込部、及び情報記憶部を備える情報処理装置が用いられている。
書込用記憶部は、情報記憶部に情報を書き込むための書込プログラムを記憶している。書込部は、書込プログラムに従って、情報記憶部に情報を書き込む。情報記憶部は、書き込まれた情報を記憶する。

ところで、特許文献1には、情報記憶部が記憶している情報(文中「不揮発性メモリ」が記憶している「制御用プログラム」)を、書込用記憶部が記憶している書込プログラム(文中「不揮発性メモリ」が記憶している「不揮発性メモリ書き換え実行プログラム」)に従って、新たな情報で上書き(文中「書き換え」)することが記載されている。

概要

情報の不正な上書きを防止することができる情報処理装置及び情報処理システムを提供する。書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って、情報記憶部231に情報が書き込まれる。情報記憶部231に対する情報の書き込みが終了した場合に、無効化記憶部233が記憶している無効化プログラムに従って、情報記憶部231が記憶している情報の上書きが無効化される。故に、情報記憶部231が記憶している情報の不正な上書きを防止することができる。

目的

本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、その主たる目的は、情報の不正な上書きを防止することができる情報処理装置及び情報処理システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

書き込まれた情報を記憶する情報記憶部と、該情報記憶部に情報を書き込むための書込プログラムを記憶している書込用記憶部と、該書込用記憶部が記憶している書込プログラムに従って、前記情報記憶部に情報を書き込む書込部と、前記情報記憶部が記憶している情報の上書きを無効化するための無効化プログラムを記憶している無効化記憶部と、前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記無効化記憶部が記憶している無効化プログラムに従って、前記記憶している情報の上書きを無効化する無効化部とを備えることを特徴とする情報処理装置

請求項2

前記無効化部は、前記書込プログラムを該書込プログラムとは無関係の情報で上書きすることを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。

請求項3

前記書込部による情報の書き込みを実行する場合に参照される参照情報を記憶している参照記憶部を更に備え、前記無効化部は、前記参照記憶部が記憶している参照情報を該参照情報とは無関係の情報で上書きすることを特徴とする請求項1又は2に記載の情報処理装置。

請求項4

前記無効化部は、前記書込部による情報の書き込み終了に伴って自動的に、前記記憶している情報の上書きを無効化することを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれか一つに記載の情報処理装置。

請求項5

前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記記憶している情報又は前記記憶している情報に基づいて生成される生成情報を外部へ送信する終了送信部と、該終了送信部による前記記憶している情報又は前記生成情報の送信後、前記記憶している情報の上書きの無効化を指示する無効化指示を受信する指示受信部とを更に備え、前記無効化部は、前記指示受信部が前記無効化指示を受信したとき、前記記憶している情報の上書きを無効化することを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれか一つに記載の情報処理装置。

請求項6

電気機器を制御する複数の制御装置間通信中継することを特徴とする請求項1から請求項5までのいずれか一つに記載の情報処理装置。

請求項7

受信した情報を処理する情報処理装置と、該情報処理装置へ情報を送信する情報通信装置とを含む情報処理システムにおいて、前記情報処理装置は、書き込まれた情報を記憶する情報記憶部と、該情報記憶部に前記受信した情報を書き込むための書込プログラムを記憶している書込用記憶部と、該書込用記憶部が記憶している書込プログラムに従って、前記情報記憶部に前記受信した情報を書き込む書込部と、前記情報記憶部が記憶している情報の上書きを無効化するための無効化プログラムを記憶している無効化記憶部と、前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記無効化記憶部が記憶している無効化プログラムに従って、前記記憶している情報の上書きを無効化する無効化部とを備えることを特徴とする情報処理システム。

請求項8

前記情報処理装置は、前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記記憶している情報又は前記記憶している情報に基づいて生成される生成情報を前記情報通信装置へ送信する終了送信部と、該終了送信部による前記記憶している情報又は前記生成情報の送信後、前記記憶している情報の上書きの無効化を命じる無効化指示を受信する指示受信部とを更に備え、前記情報通信装置は、前記記憶している情報又は前記生成情報を受信する情報受信部と、該情報受信部が前記記憶している情報又は前記生成情報を受信した場合、受信した前記記憶している情報又は前記生成情報に基づいて、前記記憶している情報の上書きを無効化するか否かを判定する無効化判定部と、該無効化判定部が無効化すると判定した場合、前記無効化指示を前記情報処理装置へ送信する無効化送信部とを備え、前記無効化部は、前記指示受信部が前記無効化指示を受信したとき、前記記憶している情報の上書きを無効化することを特徴とする請求項7に記載の情報処理システム。

技術分野

0001

本発明は、情報を処理する情報処理装置及び情報処理システムに関する。

背景技術

0002

従来、書込用記憶部、書込部、及び情報記憶部を備える情報処理装置が用いられている。
書込用記憶部は、情報記憶部に情報を書き込むための書込プログラムを記憶している。書込部は、書込プログラムに従って、情報記憶部に情報を書き込む。情報記憶部は、書き込まれた情報を記憶する。

0003

ところで、特許文献1には、情報記憶部が記憶している情報(文中「不揮発性メモリ」が記憶している「制御用プログラム」)を、書込用記憶部が記憶している書込プログラム(文中「不揮発性メモリ」が記憶している「不揮発性メモリ書き換え実行プログラム」)に従って、新たな情報で上書き(文中「書き換え」)することが記載されている。

先行技術

0004

特開2012−188027号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、情報記憶部に対する正規の情報の書き込みが終了した後で、情報が不正に上書きされることは問題である。

0006

本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、その主たる目的は、情報の不正な上書きを防止することができる情報処理装置及び情報処理システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

本実施の形態に係る情報処理装置は、書き込まれた情報を記憶する情報記憶部と、該情報記憶部に情報を書き込むための書込プログラムを記憶している書込用記憶部と、該書込用記憶部が記憶している書込プログラムに従って、前記情報記憶部に情報を書き込む書込部と、前記情報記憶部が記憶している情報の上書きを無効化するための無効化プログラムを記憶している無効化記憶部と、前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記無効化記憶部が記憶している無効化プログラムに従って、前記記憶している情報の上書きを無効化する無効化部とを備えることを特徴とする。

0008

本実施の形態に係る情報処理装置は、前記無効化部は、前記書込プログラムを該書込プログラムとは無関係の情報で上書きすることを特徴とする。

0009

本実施の形態に係る情報処理装置は、前記書込部による情報の書き込みを実行する場合に参照される参照情報を記憶している参照記憶部を更に備え、前記無効化部は、前記参照記憶部が記憶している参照情報を該参照情報とは無関係の情報で上書きすることを特徴とする。

0010

本実施の形態に係る情報処理装置は、前記無効化部は、前記書込部による情報の書き込み終了に伴って自動的に、前記記憶している情報の上書きを無効化することを特徴とする。

0011

本実施の形態に係る情報処理装置は、前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記記憶している情報又は前記記憶している情報に基づいて生成される生成情報を外部へ送信する終了送信部と、該終了送信部による前記記憶している情報又は前記生成情報の送信後、前記記憶している情報の上書きの無効化を指示する無効化指示を受信する指示受信部とを更に備え、前記無効化部は、前記指示受信部が前記無効化指示を受信したとき、前記記憶している情報の上書きを無効化することを特徴とする。

0012

本実施の形態に係る情報処理装置は、電気機器を制御する複数の制御装置間通信中継することを特徴とする。

0013

本実施の形態に係る情報処理システムは、受信した情報を処理する情報処理装置と、該情報処理装置へ情報を送信する情報通信装置とを含む情報処理システムにおいて、前記情報処理装置は、書き込まれた情報を記憶する情報記憶部と、該情報記憶部に前記受信した情報を書き込むための書込プログラムを記憶している書込用記憶部と、該書込用記憶部が記憶している書込プログラムに従って、前記情報記憶部に前記受信した情報を書き込む書込部と、前記情報記憶部が記憶している情報の上書きを無効化するための無効化プログラムを記憶している無効化記憶部と、前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記無効化記憶部が記憶している無効化プログラムに従って、前記記憶している情報の上書きを無効化する無効化部とを備えることを特徴とする。

0014

本実施の形態に係る情報処理システムは、前記情報処理装置は、前記書込部による情報の書き込みが終了した場合、前記記憶している情報又は前記記憶している情報に基づいて生成される生成情報を前記情報通信装置へ送信する終了送信部と、該終了送信部による前記記憶している情報又は前記生成情報の送信後、前記記憶している情報の上書きの無効化を命じる無効化指示を受信する指示受信部とを更に備え、前記情報通信装置は、前記記憶している情報又は前記生成情報を受信する情報受信部と、該情報受信部が前記記憶している情報又は前記生成情報を受信した場合、受信した前記記憶している情報又は前記生成情報に基づいて、前記記憶している情報の上書きを無効化するか否かを判定する無効化判定部と、該無効化判定部が無効化すると判定した場合、前記無効化指示を前記情報処理装置へ送信する無効化送信部とを備え、前記無効化部は、前記指示受信部が前記無効化指示を受信したとき、前記記憶している情報の上書きを無効化することを特徴とする。

0015

本実施の形態にあっては、情報記憶部に対する情報の書き込みが終了した場合に、無効化プログラムに従って、情報記憶部が記憶している情報の上書きが無効化される。無効化プログラムは、無効化記憶部に記憶してある。

0016

本実施の形態にあっては、情報記憶部に対する情報の書き込みが終了した場合に、書込プログラムそのものが、書込プログラムとは無関係の情報で上書きされる。
故に、情報を記憶している情報記憶部に、書込プログラムに従って不正な情報を書き込むことによる、情報の不正な上書きを防止することができる。

0017

本実施の形態にあっては、書込部が情報記憶部に情報を書き込む場合に、参照情報が参照される。情報記憶部に対する情報の書き込みが終了した場合に、参照情報が、参照情報とは無関係の情報で上書きされる。
故に、情報を記憶している情報記憶部に、参照情報を参照して不正な情報を書き込むことによる、情報の不正な上書きを防止することができる。

0018

本実施の形態にあっては、情報記憶部に対する情報の書き込み終了に伴って、情報記憶部が記憶している情報の上書きが自動的に無効化される。
故に、情報記憶部が記憶している情報の不正な上書きを確実に防止することができる。

0019

本実施の形態にあっては、情報記憶部に対する情報の書き込みが終了した場合に、情報記憶部が記憶している情報、又は生成情報が外部へ送信された後で、無効化指示を受信したときに、情報記憶部が記憶している情報の上書きが無効化される。
一方、無効化指示を受信していないとき、又は、情報記憶部が記憶している情報若しくは生成情報が外部へ送信されていないのに無効化指示を受信したときには、情報の上書きは無効化されない。

0020

故に、情報の不正な上書きを防止することと、情報の上書きの不必要な無効化を防止することとを両立させることができる。

0021

本実施の形態にあっては、情報処理装置を、例えば車載制御装置間の通信を中継する車載通信中継装置として用いることができる。

0022

本実施の形態にあっては、情報処理装置が受信した情報の情報記憶部に対する書き込みが終了した場合に、無効化プログラムに従って、情報記憶部が記憶している情報の上書きが無効化される。無効化プログラムは、無効化記憶部に記憶してある。

0023

本実施の形態にあっては、情報記憶部に対する情報の書き込みが終了した場合に、情報記憶部が記憶している情報、又は生成情報が情報処理装置から情報通信装置へ送信された後で、情報処理装置が無効化指示を受信したときに、情報記憶部が記憶している情報の上書きが無効化される。
一方、情報処理装置が無効化指示を受信していないとき、又は、情報記憶部が記憶している情報若しくは生成情報が情報処理装置から情報通信装置へ送信されていないのに無効化指示を受信したときには、情報の上書きは無効化されない。

0024

故に、情報の不正な上書きを防止することと、情報の上書きの不必要な無効化を防止することとを両立させることができる。

0025

ところで、情報通信装置においては、情報処理装置からの受信内容に基づいて、情報記憶部が記憶している情報の上書きを無効化するか否かが判断される。
上書きを無効化する場合、情報通信装置から情報処理装置へ無効化指示が送信される。一方、上書きを無効化しない場合、無効化指示は送信されない。
故に、情報の上書きが不要であれば、上書きを無効化することができる。一方、情報の上書きが必要であれば、上書きを有効にしておくことができる。

発明の効果

0026

本実施の形態の情報処理装置及び情報処理システムによる場合、無効化記憶部が記憶している無効化プログラムに従って、情報記憶部が記憶している情報の上書きが無効化される。故に、情報記憶部が記憶している情報の不正な上書きを防止することができる。

図面の簡単な説明

0027

実施の形態1に係る情報処理システムの構成を略示するブロック図である。
実施の形態1に係る情報処理装置として機能するCGW(セントラルゲートウェイ)の構成を略示するブロック図である。
CGWが備える記憶装置が記憶している情報の一例を示す模式図である。
CGWが備える記憶装置が記憶している情報の他の一例を示す模式図である。
CGWが備える記憶装置が記憶している情報の更に他の一例を示す模式図である。
CGWで実行される書込処理の手順を示すフローチャートである。
CGWで実行される無効化処理の手順を示すフローチャートである。
実施の形態2に係る情報処理装置として機能するCGWで実行される書込処理の手順を示すフローチャートである。
実施の形態2に係る情報処理システムが備える情報通信装置で実行される無効化判定処理の手順を示すフローチャートである。
実施の形態3に係る情報処理装置として機能するCGWが備える記憶装置が記憶している情報の一例を示す模式図である。
CGWが備える記憶装置が記憶している情報の更に他の一例を示す模式図である。
CGWで実行される書込処理の手順を示すフローチャートである。
CGWで実行される無効化処理手順の詳細を示すフローチャートである。
実施の形態4に係る情報処理システムの構成を略示するブロック図である。

実施例

0028

以下、本発明を、その実施の形態を示す図面に基づいて詳述する。

0029

実施の形態 1.
図1は、実施の形態1に係る情報処理システムの構成を略示するブロック図である。
図中1は情報処理システムであり、情報処理システム1は、実施の形態1に係る情報処理装置として機能するCGW(Central Gateway)2、及び情報通信装置3を備えている。
CGW2は車両4に搭載される通信中継装置である。

0030

車両4には、各複数台の電気機器41,41,…及びECU42,42,…が搭載されている。
電気機器41は、例えば照明装置、又はカーナビゲーション装置である。電気機器41は、何れかのECU42に接続されている。
各ECU42は、自身に接続されている電気機器41の動作を制御する機能と、通信機能とを有する制御装置である。ECU42はバス431に接続されている。バス431には複数台のECU42,42,…が接続されている。

0031

ECU42には、自身が受信すべき情報に付与されるID(以下、受信ID4という)が予め与えられている。他のECU42に情報を送信する場合、ECU42は、通信相手の受信ID4を付与した情報をバス431に出力する。
各ECU42は、バス431に入力された情報を受信する。次に、ECU42は、受信した情報に付与されている受信ID4が自身の受信ID4であるか否かを判定する。受信した情報に付与されている受信ID4が自身の受信ID4とは異なる場合、ECU42は、受信した情報を破棄する。この結果、EUC42は、自身の受信ID4が付与されている情報を選択的に受信することができる。

0032

CGW2には、複数本のバス431,431,…が接続されている。
また、CGW2には、バス432を介してコネクタ44が接続されている。コネクタ44には、通信ケーブル11が着脱可能に接続される。
更に、CGW2には、バス433を介して無線機45が接続されている。無線機45は、車両4の外部にある無線通信機と通信する。

0033

CGW2には、各バス431と、バス431に接続されているECU42,42,…夫々の受信ID4とを関連付けた中継用テーブルが与えられる。CGW2は、与えられた中継用テーブルを参照して、ECU42,42,…間の通信を中継する。具体的には、CGW2は、バス432に出力された情報を受信する。次に、CGW2は、受信した情報に付与されている受信ID4に基づいて中継用テーブルを参照する。そして、CGW2は、受信した情報を、受信ID4に関連付けられているバス431に出力する。
以上の結果、異なるバス431,431に接続されているECU42,42間で情報の送受信成立する。

0034

情報通信装置3は、制御部31、揮発性メモリを用いてなる一時記憶部32、不揮発性メモリを用いてなる記憶装置33、表示部34、操作部35、及び通信部36を備える。
制御部31はCPUを有している。制御部31は、バスを介して一時記憶部32、記憶装置33、表示部34、操作部35、及び通信部36に接続されている。

0035

記憶装置33は情報を記憶している。記憶装置33が記憶している情報には、コンピュータプログラムが含まれている。
記憶装置33の記憶領域の一部は第1記憶部331である。第1記憶部331は、情報通信装置3の動作を制御するためのコンピュータプログラムを記憶している。制御部31は、一時記憶部32を作業領域として用い、第1記憶部331が記憶しているコンピュータプログラムに従って、装置各部の動作を制御し、各種処理を実行する。
記憶装置33の記憶領域の他の一部は第2記憶部332である。第2記憶部332は、CGW2に与えるべき情報(以下、供与情報という)を記憶している。以下では、供与情報が中継用テーブルである場合を例示する。

0036

表示部34は、例えば液晶表示パネルである。
操作部35は、例えばキーボード又はタッチパネルである。
通信部36には、通信ケーブル11が着脱可能に接続される。

0037

図2は、CGW2の構成を略示するブロック図である。
CGW2は、制御部21、揮発性メモリを用いてなる一時記憶部22、不揮発性メモリを用いてなる記憶装置23、複数のI/F(インターフェイス)部24,24,…、有線通信部25、及び無線通信部26を備える。
制御部21はCPUを有している。制御部21は、バスを介して一時記憶部22、記憶装置23、I/F部24,24,…、有線通信部25、及び無線通信部26に接続されている。
記憶装置23は情報を記憶している。記憶装置23が記憶している情報には、コンピュータプログラムが含まれている。制御部21は、一時記憶部22を作業領域として用い、記憶装置23が記憶しているコンピュータプログラムに従って、装置各部の動作を制御し、各種処理を実行する。

0038

各I/F部24には、バス431が接続されている。
有線通信部25には、バス432を介してコネクタ44が接続されている。
無線通信部26には、バス433を介して無線機45が接続されている。
CGW2には、自身が受信すべき情報に付与されるID(以下、受信ID2という)が予め与えられている。

0039

図3は、記憶装置23が記憶している情報の一例を示す模式図である。
記憶装置23の記憶領域の一部は、情報記憶部231である。図3に示す情報記憶部231は、情報を記憶していない。図3以降の図では、情報を記憶していないことを、二点鎖線矩形で示している。
記憶装置23の記憶領域の他の一部は、書込用記憶部232である。書込用記憶部232は、情報記憶部231に制御プログラムを書き込むための書込プログラムを記憶している。
記憶装置23の記憶領域の更に他の一部は、無効化記憶部233である。無効化記憶部233は、情報記憶部231が記憶している情報の上書きを無効化するための無効化プログラムを記憶している。

0040

図4は、記憶装置23が記憶している情報の他の一例を示す模式図である。
情報記憶部231は、供与情報を記憶している。
書込用記憶部232は、書込プログラムを記憶している。
無効化記憶部233は、無効化プログラムを記憶している。

0041

図5は、記憶装置23が記憶している情報の更に他の一例を示す模式図である。
情報記憶部231は、供与情報を記憶している。
書込用記憶部232は、書込プログラムを記憶していない。
無効化記憶部233は、無効化プログラムを記憶している。

0042

CGW2は、情報記憶部231が供与情報を記憶していない状態で、CGWメーカから車両メーカへ出荷される(図3参照)。

0043

車両メーカにて、CGW2は車両4に組み込まれる。その後、CGW2に供与情報が与えられる。
CGW2に供与情報を与えるために、車両メーカの作業者は、情報通信装置3の通信部36と車両4のコネクタ44とを、通信ケーブル11を介して接続する(図1参照)。
次に、作業者は、情報通信装置3の操作部35を操作して、供与情報の書込命令と、供与情報を書き込むべきCGW2を識別するCGW識別情報(例えばCGW2の名称)とを情報通信装置3に入力する。

0044

記憶装置33の記憶領域の更に他の一部は、CGW2を識別するCGW識別情報と、CGW2の受信ID2とを関連付けて記憶している。第2記憶部332が記憶している供与情報には、この供与情報を与えるべきCGW2の受信ID2が対応している。
制御部31は、書込命令及びCGW識別情報が入力された場合、CGW識別情報に関連付けられている受信ID2に対応する供与情報を第2記憶部332から読み出して、読み出した供与情報を含む通信情報を生成し、生成した通信情報と受信ID2とを通信部36に出力する。
通信部36は、入力された通信情報に受信ID2を付与して、通信情報を送信する。

0045

通信部36が送信した通信情報は、通信ケーブル11を介してバス432に入力される。
CGW2の有線通信部25は、バス432に入力された通信情報を受信する。
受信した通信情報にCGW2の受信ID2が付与されている場合、有線通信部25は、受信した通信情報を一時記憶部22に書き込む。受信した通信情報に受信ID2が付与されていない場合、有線通信部25は、受信した通信情報を破棄する。

0046

図6は、CGW2で実行される書込処理の手順を示すフローチャートである。
供与情報を含む通信情報を有線通信部25が一時記憶部22に書き込んだ場合、制御部21は、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って、書込処理を実行する。
制御部21は、通信情報に含まれている供与情報を一時記憶部22から読み出し(S11)、読み出した供与情報を、情報記憶部231に書き込む(S12)。S12の処理を実行する制御部21は、実施の形態における書込部として機能する。
供与情報の書き込み終了後、制御部21は、供与情報を含む通信情報を一時記憶部22から削除する(S13)。

0047

S12の処理が実行された後の情報記憶部231は、供与情報を記憶している(図4参照)。
ところが、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムを利用すれば、情報記憶部231が記憶している供与情報を、供与情報以外の情報(例えば不正な供与情報、又は無意味な情報)で上書きすることが可能である。

0048

そこで、S12の処理終了後、制御部21は、無効化記憶部233が記憶している無効化プログラムに従って、情報記憶部231が記憶している供与情報の上書きを無効するための無効化処理を実行し(S14)、書込処理を終了する。

0049

図7は、CGW2で実行される無効化処理の手順を示すフローチャートである。
制御部21は、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムを、書込プログラムとは無関係な情報(例えば無意味な情報)で上書きし(S21)、無効化処理を終了する。S21の処理を実行する制御部21は、実施の形態における無効化部として機能する。
S21の処理では、例えば書込用記憶部232の全てのクラスタに、書込プログラムとは無関係な情報が書き込まれる。S21の処理が実行された後の書込用記憶部232は、書込プログラムを記憶していない(図5参照)。

0050

無効化処理の終了後、制御部21は、情報記憶部231が記憶している供与情報(即ち中継用テーブル)を参照しつつ、ECU42,42,…間の通信を中継する処理を行なう。また、有線通信部25が受信した通信情報にECU42の受信ID4が付与されている場合、制御部21は、有線通信部25が受信した通信情報を、受信ID4に対応するバス431に出力する処理を行なう。
作業者は、CGW2に供与情報を与えた後で、通信ケーブル11をコネクタ44から取り外すことによって、通信部36とコネクタ44との接続を解除する。

0051

なお、供与情報は、情報通信装置3から与えられる場合に限定されない。例えば、供与情報を含む通信情報が、無線通信機に接続されているサーバから与えられてもよい。
無線機45は、無線通信機から受信した通信情報を、バス433に出力する。CGW2の無線通信部26は、バス433に入力された通信情報を受信する。受信した通信情報にCGW2の受信ID2が付与されている場合、無線通信部26は、受信した通信情報を一時記憶部22に書き込む。供与情報を含む通信情報を無線通信部26が一時記憶部22に書き込んだ場合、制御部21は、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って、書込処理を実行する。一方、受信した通信情報に受信ID2が付与されていない場合、無線通信部26は、受信した通信情報を破棄する。
無効化処理の終了後、無線通信部26が受信した通信情報にECU42の受信ID4が付与されている場合、制御部21は、無線通信部26が受信した通信情報を、受信ID4に対応するバス431に出力する処理を行なう。

0052

以上のようなCGW2による場合、供与情報の不正な上書きを防止することができる。
書込プログラム及び無効化プログラムは、CGWメーカがCGW2の出荷前にCGW2に与える。故に、車両メーカが書込プログラム又は無効化プログラムを準備してCGW2に与える必要はない。
しかも、図6に示すS12の処理の実行終了に伴って、S14の処理において無効化処理が自動的に実行される。従って、例えば車両メーカの作業者が手動で書込プログラムを消去する必要がない。

0053

なお、無効化処理は、書込プログラムを管理する情報(例えばファイル名)の変更、又は書込プログラムの書込用記憶部232以外の記憶領域への移動、或いは情報記憶部231への書き込み禁止を示すフラグのセット等でもよい。しかしながら、本実施の形態のように書込プログラムを上書きする方が、安全性が高い。何故ならば、書込プログラムそのものがCGW2の内部に存在しなくなるからである。

0054

本実施の形態では、供与情報として中継用テーブルを例示したが、これに限定されるものではない。
例えば、供与情報は、通信機能を有する任意の装置とCGW2とが通信するときに用いられる暗号鍵でもよい。この場合、書込用記憶部232は、情報記憶部231に暗号鍵を書き込むための書込プログラムを記憶している。

0055

又は、供与情報は、通信中継用のコンピュータプログラムでもよい。この場合、無効化処理の終了後、制御部21は、情報記憶部231が記憶している通信中継用のコンピュータプログラムに従って、ECU42,42,…間の通信を中継する処理を行なう。
中継用テーブル、暗号鍵、及び通信中継用のコンピュータプログラムは、CGU2にて直接的に使用される情報であるが、供与情報は、これに限定されるものではない。例えば、供与情報は車両4の製造番号でもよい。

0056

次に、実施の形態2,3を説明する。実施の形態2,3の情報処理システム1は、実施の形態1の情報処理システム1と略同様の構成である。以下では、実施の形態1との差異について説明し、その他、実施の形態1に対応する部分には同一符号を付してそれらの説明を省略する。

0057

実施の形態 2.
情報通信装置3には、情報通信装置3が受信すべき情報に付与されるID(以下、受信ID3という)が予め与えられている。
制御部31は、書込命令及びCGW識別情報が入力された場合、CGW識別情報に関連付けられている受信ID2に対応する供与情報を第2記憶部332から読み出して、読み出した供与情報と受信ID3とを含む通信情報を生成し、生成した通信情報と受信ID2とを通信部36に出力する。
通信部36は、入力された通信情報に受信ID2を付与して、通信情報を送信する。

0058

有線通信部25は、受信した通信情報にCGW2の受信ID2が付与されている場合に、受信した通信情報を一時記憶部22に書き込む。この結果、有線通信部25は、供与情報及び受信ID3を含む通信情報を一時記憶部22に書き込む。
供与情報及び受信ID3を含む通信情報を有線通信部25が一時記憶部22に書き込んだ場合、制御部21は、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って、書込処理を実行する。

0059

図8は、実施の形態2に係るCGW2で実行される書込処理の手順を示すフローチャートである。
図8に示す書込処理は、図6に示す書込処理が有するS13及びS14を、次のS31〜S35で置き換えたものに相当する。

0060

図8に示すように、CGW2の制御部21は、S12の処理終了後、情報記憶部231が記憶している供与情報を構成している情報に基づいて、所定の手順で生成情報を生成する(S31)。S31の処理で生成される生成情報は、例えばハッシュ値である。
次いで、制御部21は、S31の処理で生成した生成情報及び受信ID2を含む通信情報を生成する(S32)。更に、制御部21は、通信情報に含まれている受信ID3を一時記憶部22から読み出す(S33)。次に、制御部21は、S32の処理で生成した通信情報、及びS33の処理で読み出した受信ID3を、有線通信部25に出力する(S34)。
S34の処理終了後、制御部21は、供与情報及び受信ID3を含む通信情報を一時記憶部22から削除して(S35)、書込処理を終了する。

0061

有線通信部25は、入力された通信情報に受信ID3を付与して、通信情報を送信する。このとき、有線通信部25は、実施の形態における終了送信部として機能する。

0062

S34の処理の結果として有線通信部25が送信した通信情報は、情報通信装置3の通信部36に受信される。
通信部36は、受信した通信情報に受信ID3が付与されている場合に、受信した通信情報を一時記憶部32に書き込む。このとき受信した通信情報には生成情報が含まれているので、通信部36は、実施の形態における情報受信部として機能する。受信した通信情報に受信ID3が付与されていない場合、通信部36は、受信した通信情報を破棄する。

0063

図9は、実施の形態2に係る情報処理システム1が備える情報通信装置3で実行される無効化判定処理の手順を示すフローチャートである。
生成情報を含む通信情報を通信部36が一時記憶部32に書き込んだ場合、制御部31は、第1記憶部331が記憶しているコンピュータプログラムに従って、無効化判定処理を実行する。
制御部31は、通信情報に含まれている生成情報を一時記憶部32から読み出し(S41)、読み出した生成情報に基づいて、CGW2の情報記憶部231が記憶している供与情報の上書きを無効化するか否かを判定する(S42)。S42の処理を実行する制御部31は、実施の形態における無効化判定部として機能する。

0064

S42の処理を実行するために、制御部31は、予め、第2記憶部332が記憶している供与情報を構成している情報に基づいて、所定の手順で生成情報を生成しておく。生成した生成情報は、受信ID2に対応している。S42の処理において、制御部31は、通信情報に含まれている受信ID2を一時記憶部32から読み出し、読み出したID2に対応している生成情報と、S41の処理で読み出した生成情報とを比較する。

0065

比較した生成情報同士が一致している場合、制御部31は、供与情報の上書きを無効化する、と判定する(S42でYES)。
S42でYESの場合、制御部31は、情報記憶部231が記憶している供与情報の上書きの無効化を命じる無効化指示を生成し(S43)、生成した無効化指示を含む通信情報を生成する(S44)。次に、制御部31は、生成した通信情報と受信ID2とを通信部36に出力する(S45)。
通信部36は、入力された通信情報に受信ID2を付与して、通信情報を送信する。このとき、通信部36は、実施の形態における無効化送信部として機能する。

0066

比較した生成情報同士が一致しない場合、制御部31は、供与情報の上書きを無効化しない、と判定する(S42でNO)。
S42でNOの場合、制御部31は、CGW2にて供与情報の書き込みエラーが起きたことを示すエラーメッセージを表示部34に表示させる(S46)。
S45又はS46の処理終了後、制御部31は、生成情報を含む通信情報を一時記憶部32から削除して(S47)、無効化判定処理を終了する。

0067

エラーメッセージを視認した作業者は、供与情報の書き込みエラーが起きた原因を取り除く。その後、作業者は、再び操作部35を操作して、書込命令とCGW識別情報とを情報通信装置3に入力する。

0068

S45の処理の結果として通信部36が送信した通信情報は、CGW2の有線通信部25に受信される。
有線通信部25は、受信した通信情報にCGW2の受信ID2が付与されている場合に、受信した通信情報を一時記憶部22に書き込む。このとき受信した通信情報には無効化指示が含まれているので、有線通信部25は、実施の形態における指示受信部として機能する。

0069

CGW2の制御部21は、無効化指示を含む通信情報を有線通信部25が一時記憶部22に書き込んだ場合に、図7に示す無効化処理を実行する。この結果、供与情報の不正な上書きを防止することができる。
無効化処理が実行されていない場合、供与情報及び受信ID3を含む通信情報を有線通信部25が一時記憶部22に書き込む都度、制御部21は、通信情報に含まれている供与情報を情報記憶部231に書き込む。故に、書き込みに失敗した供与情報を上書きすることができる。換言すれば、供与情報の上書きが必要な場合に、供与情報の上書きの無効化を防止することができる。

0070

なお、CGW2の制御部21は、S12の処理終了後、S31の処理を実行せずに、S32の処理において、情報記憶部231が記憶している供与情報及び受信ID2を含む通信情報を生成してもよい。
この場合、S41の処理における制御部31は、通信情報に含まれている供与情報を一時記憶部32から読み出す。また、S42の処理における制御部31は、S41の処理で読み出した生成情報に含まれている供与情報と、通信情報に含まれている受信ID2に対応する供与情報とが一致した場合に、供与情報の上書きを無効化する、と判定する。

0071

情報記憶部231に書き込まれる情報が暗号鍵である場合、S31の処理で生成される生成情報は、情報記憶部231が記憶している暗号鍵に基づいて、所定の情報(例えばCGW2の受信ID2)を暗号化したものであってもよい。
この場合、S42の処理における制御部31は、S41の処理で読み出した生成情報を復号したものと所定の情報とが一致した場合に、供与情報の上書きを無効化する、と判定する。

0072

実施の形態1,2のCGW2は、情報記憶部231に書き込まれた全ての供与情報の上書きを無効化する構成であるが、これに限定されるものではない。例えば、CGW2は、一の供与情報(例えば暗号鍵)の上書きの無効化と、他の供与情報の上書き(例えば通信中継用のコンピュータプログラムのアップデート)の許容とを両立させる構成でもよい。

0073

このために、書込用記憶部232は、情報記憶部231に一の供与情報を書き込むための一の書込プログラムと、情報記憶部231に他の供与情報を書き込むための他の書込プログラムとを記憶している。
一の供与情報を受信して情報記憶部231に書き込んだ場合、制御部21は、無効化処理を実行して、書込用記憶部232が記憶している一の書き込みプログラムを無効化する。
一方、他の供与情報を受信して情報記憶部231に書き込んだ場合、制御部21は、無効化処理を実行しない。このとき、書込用記憶部232が記憶している他の書き込みプログラムは無効化されない。
以上の結果、一の供与情報を再度受信しても、一の書き込みプログラムが無効化されているので、情報記憶部231への書き込みは実行されない。しかしながら、他の供与情報を受信したときには、情報記憶部231への書き込みが実行される。

0074

或いは、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムには、情報記憶部231に一の供与情報を書き込むための一のサブプログラムと、情報記憶部231に他の供与情報を書き込むための他のサブプログラムとが含まれている。
一の供与情報を受信して情報記憶部231に書き込んだ場合、制御部21は、無効化処理を実行して、書込用記憶部232が記憶している書き込みプログラムの内、一のサブプログラムを無効化する。
一方、他の供与情報を受信して情報記憶部231に書き込んだ場合、制御部21は、無効化処理を実行しない。このとき、書込用記憶部232が記憶している他のサブプログラムは無効化されない。
以上の結果、一の供与情報を再度受信しても、一のサブプログラムが無効化されているので、情報記憶部231への書き込みは実行されない。しかしながら、他の供与情報を受信したときには、情報記憶部231への書き込みが実行される。

0075

実施の形態 3.
以下では、第1供与情報(情報)の上書きの無効化と、第2供与情報の上書きの許容とを両立させる構成について説明する。第1供与情報は、例えば暗号鍵であり、第2供与情報は、例えば通信中継用のコンピュータプログラムである。以下では、第1供与情報及び第2供与情報を区別しない場合、単に供与情報という。

0076

図10は、実施の形態3に係るCGW2が備える記憶装置23が記憶している情報の一例を示す模式図である。
情報記憶部231は、第1供与情報及び第2供与情報を何れも記憶していない。
書込用記憶部232は、書込プログラムを記憶している。この書込プログラムは、情報記憶部231に供与情報を書き込むためのものである。
無効化記憶部233は、無効化プログラムを記憶している。

0077

記憶装置23の記憶領域の更に他の一部は参照記憶部234である。参照記憶部234は、第1参照情報及び第2参照情報を記憶している。以下では、第1参照情報及び第2参照情報を区別しない場合、単に参照情報という。参照情報は、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って情報記憶部231に供与情報を書き込む書込処理を制御部21が実行する場合に参照される。

0078

第1参照情報は、第1供与情報を書き込む場合に参照されるものである。換言すれば、第1参照情報を参照せずに第1供与情報を情報記憶部231に書き込むことはできない。具体的には、第1参照情報は、例えば関数サブルーチン係数、又は書込先アドレスである。第1参照情報には、第1供与情報の書き込み後に第1参照情報を無効化する必要があることを示す要否情報(図中「(要)」)と、第1参照情報を識別する参照ID1とが関連付けられている。
第2参照情報は、第1参照情報と略同様のものである。ただし、第2参照情報は第2供与情報を書き込む場合に参照されるものである。また、第2参照情報には、第2供与情報の書き込み後に第2参照情報を無効化する必要がないことを示す要否情報(図中「(否)」)と、第2参照情報を識別する参照ID2とが関連付けられている。
以下では、参照ID1及び参照ID2を区別しない場合、単に参照IDという。

0079

図11は、記憶装置23が記憶している情報の更に他の一例を示す模式図である。
情報記憶部231は、第1供与情報及び第2供与情報を記憶している。
書込用記憶部232は、書込プログラムを記憶している。
無効化記憶部233は、無効化プログラムを記憶している。
参照記憶部234は、第1参照情報を記憶していないが、第2参照情報を記憶している。

0080

CGW2は、情報記憶部231が第1供与情報及び第2供与情報を何れも記憶していない状態で、CGWメーカから車両メーカへ出荷される(図10参照)。
車両メーカにて、CGW2は車両4に組み込まれる。その後、CGW2に供与情報が与えられる。
このために、情報通信装置3の第2記憶部332は、供与情報を記憶している。第2記憶部332が記憶している供与情報には、供与情報を与えるべきCGW2の受信ID2と、供与情報の書き込み時に参照すべき参照情報の参照IDとが対応している。

0081

車両メーカの作業者は、情報通信装置3の通信部36と車両4のコネクタ44とを、通信ケーブル11を介して接続する(図1参照)。
次に、作業者は、情報通信装置3の操作部35を操作して、第1供与情報及び第2供与情報の書込命令と、第1供与情報及び第2供与情報を書き込むべきCGW2を識別するCGW識別情報とを情報通信装置3に入力する。

0082

制御部31は、書込命令及びCGW識別情報が入力された場合、CGW識別情報に関連付けられている受信ID2に対応する第1供与情報及び第2供与情報と、第1供与情報及び第2供与情報夫々に関連付けられている要否情報及び参照IDとを第2記憶部332から読み出し、読み出した供与情報、要否情報、及び参照IDを含む通信情報を生成し、生成した通信情報と受信ID2とを通信部36に出力する。
通信部36は、入力された通信情報に受信ID2を付与して、通信情報を送信する。

0083

通信部36が送信した通信情報は、CGW2の有線通信部25に受信される。
有線通信部25は、受信した通信情報にCGW2の受信ID2が付与されている場合に、受信した通信情報を一時記憶部22に書き込む。

0084

図12は、CGW2で実行される書込処理の手順を示すフローチャートである。
供与情報、要否情報、及び参照IDを含む通信情報を有線通信部25が一時記憶部22に書き込んだ場合、制御部21は、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って、書込処理を実行する。
制御部21は、通信情報に含まれている供与情報の内、まだ一時記憶部22から読み出していない供与情報と、これに関連付けられている参照ID及び要否情報とを一時記憶部22から読み出す(S51)。

0085

次に、制御部21は、S51で読み出した参照IDに対応する参照情報を参照記憶部234が記憶しているか否かを判定する(S52)。例えば、S51で読み出した参照IDが参照ID1である場合、制御部21は、参照ID1に対応する第1参照情報を参照記憶部234が記憶しているか否かを判定する。

0086

参照記憶部234が参照情報を記憶している場合(S52でYES)、制御部21は、参照記憶部234が記憶している参照情報を参照して、S51で読み出した供与情報を情報記憶部231に書き込む(S53)。S53の処理を実行する制御部21は、実施の形態における書込部として機能する。
次いで、制御部21は、S51で読み出した要否情報が、参照情報を無効化する必要があることを示すものであるか否かを判定する(S54)。例えば、S51で読み出した参照IDが参照ID1である場合、S51で読み出した要否情報は、第1供与情報の書き込み後に第1参照情報を無効化する必要があることを示すものである。
参照情報を無効化する必要がある場合(S54でYES)、制御部21は、無効化処理(次に示す図13参照)を実行する(S55)。

0087

図13は、CGW2で実行される無効化処理手順の詳細を示すフローチャートである。制御部21は、無効化記憶部233が記憶している無効化プログラムに従って、無効化処理を実行する。
制御部21は、参照記憶部234が記憶している参照情報を、参照情報とは無関係な情報で上書きする(S61)。S61の処理を実行する制御部21は、実施の形態における無効化部として機能する。
S61の処理終了後、制御部21は、無効化処理を終了して、図12に示す書込処理へ戻る。

0088

S55の処理終了後、制御部21は、通信情報に含まれている供与情報を全て一時記憶部22から読み出し終えたか否かを判定し(S56)、まだ一時記憶部22から読み出していない供与情報がある場合(S56でNO)、処理をS51へ戻す。
通信情報に含まれている供与情報を全て一時記憶部22から読み出し終えた場合(S56でYES)、制御部21は、供与情報を含む通信情報を一時記憶部22から削除して(S57)、書込処理を終了する。

0089

参照記憶部234が参照情報を記憶していない場合(S52でNO)、又は、参照情報を無効化する必要がない場合(S54でNO)、制御部21は、処理をS56へ移す。

0090

図10に示すように、情報記憶部231が第1供与情報及び第2供与情報を何れも記憶していない場合に、一時記憶部22に書き込まれた通信情報が第1供与情報及び第2供与情報を両方含んでいるとき、S53の処理は2回実行される。S53の処理が2回実行された後の情報記憶部231は、第1供与情報及び第2供与情報を記憶している。
S53の処理で情報記憶部231に第1供与情報が書き込まれた場合、S55の処理が実行される。一方、S53の処理で情報記憶部231に第2供与情報が書き込まれた場合、S55の処理は実行されない。この結果、参照記憶部234は、第1参照情報を記憶していないが、第2参照情報を記憶している状態になる(図11参照)。

0091

図11に示すように、情報記憶部231が第1供与情報及び第2供与情報を記憶している場合に、一時記憶部22に書き込まれた通信情報が第1供与情報を含んでいるとき、S52でNOと判定されるので、S53の処理は実行されない。従って、第1供与情報の不正な上書きを防止することができる。

0092

図11に示すように、情報記憶部231が第1供与情報及び第2供与情報を記憶している場合に、一時記憶部22に書き込まれた通信情報が第2供与情報を含んでいるとき、S52でYESと判定されるので、S55の処理が実行される。しかも、S54でNOと判定されるので、S55の処理は実行されない。従って、第2供与情報のアップデートを許容することができる。

0093

なお、無効化処理は、参照情報を管理する情報の変更、又は参照情報の参照記憶部234以外の記憶領域への移動、或いは参照情報の参照禁止を示すフラグのセット等でもよい。しかしながら、本実施の形態のように参照情報を上書きする方が、安全性が高い。
アップデートを許容すべき供与情報をCGW2に与える必要がない場合、情報記憶部231が全ての供与情報を記憶した後で、参照情報及び書込プログラムが両方とも上書きされてもよい。

0094

実施の形態1〜3では、情報処理装置がCGW2である場合を例示したが、これに限定されるものではない。例えば、情報処理装置はECU42でもよい。情報処理装置がECU42である場合、供与情報は、CGW2を通してECU42に送られる。
実施の形態1〜3では、書込プログラムと無効化プログラムとが別個である構成を例示したが、これに限定されるものではない。例えば、無効化プログラムは書込プログラムに含まれていてもよい。無効化プログラムを含む書込プログラムは一時記憶部22にコピーされてから実行される。一時記憶部22が記憶している書込プログラムは、無効化処理の実行終了後に一時記憶部22に書き込まれる情報によって上書きされる。

0095

実施の形態1〜3では、車両4に搭載されたCGW2に供与情報が与えられる場合を例示したが、これに限定されるものではない。以下では、車両4に搭載される前のECU42に供与情報が与えられる場合を例示する。ECU42に与えられる供与情報は、例えば電気機器41の動作を制御するための制御プログラムである。

0096

実施の形態 4.
図14は、実施の形態4に係る情報処理システムの構成を略示するブロック図である。
図中10は情報処理システムであり、情報処理システム10は、実施の形態4に係る情報処理装置として機能するECU42、及び情報通信装置3を備えている。
ECU42は、制御部421、揮発性メモリを用いてなる一時記憶部422、不揮発性メモリを用いてなる記憶装置423、I/F部424、通信部425、及びコネクタ426を備える。
制御部421はCPUを有している。制御部421は、バスを介して一時記憶部422、記憶装置423、I/F部424、通信部425、及びコネクタ426に接続されている。

0097

記憶装置423は情報を記憶している。記憶装置423が記憶している情報には、コンピュータプログラムが含まれている。制御部421は、一時記憶部422を作業領域として用い、記憶装置423が記憶しているコンピュータプログラムに従って、装置各部の動作を制御し、各種処理を実行する。
記憶装置423記憶領域の一部は、図3図5に示すような情報記憶部231、書込用記憶部232、及び無効化記憶部233である。
I/F部424には、ECU42を車両4に搭載する場合に電気機器41が接続される。
通信部425は、ECU42を車両4に搭載する場合にバス431に接続される。
コネクタ426には、通信ケーブル11が着脱可能に接続される。

0098

ECU42は、情報記憶部231が供与情報を記憶していない状態で、ECUメーカから車両メーカへ出荷される。
車両メーカにて、ECU42は、供与情報が与えられてから車両4に組み込まれる。
ECU42に供与情報を与えるために、車両メーカの作業者は、情報通信装置3の通信部36とECU42のコネクタ426とを、通信ケーブル11を介して接続する。
次に、作業者は、情報通信装置3の操作部35を操作して、供与情報の書込命令と、供与情報を書き込むべきECU42を識別するECU識別情報(例えばECU42の名称)とを情報通信装置3に入力する。

0099

記憶装置33の記憶領域の一部は、ECU42を識別するECU識別情報と、ECU42の受信ID4とを関連付けて記憶している。第2記憶部332が記憶している供与情報には、この供与情報を与えるべきECU42の受信ID4が対応している。
制御部31は、書込命令及びECU識別情報が入力された場合、ECU識別情報に関連付けられている受信ID4に対応する供与情報を第2記憶部332から読み出して、読み出した供与情報を含む通信情報を生成し、生成した通信情報と受信ID4とを通信部36に出力する。
通信部36は、入力された通信情報に受信ID4を付与して、通信情報を送信する。

0100

通信部36が送信した通信情報は、通信ケーブル11を介してECU42のコネクタ426に入力される。コネクタ426に入力された通信情報は、一時記憶部422に書き込まれる。
ECU42の制御部421は、一時記憶部422に書き込まれた通信情報にECU42の受信ID4が付与されているか否かを判定する。

0101

一時記憶部422に書き込まれた通信情報にECU42の受信ID4が付与されていない場合、通信部425は、一時記憶部422に書き込まれた通信情報を一時記憶部422から削除する。
一時記憶部422に書き込まれた通信情報にECU42の受信ID4が付与されている場合、制御部421は、書込用記憶部232が記憶している書込プログラムに従って、図6に示すような書込処理を実行する。

0102

無効化処理の終了後、車両4に組み込まれたECU42において、制御部421は、情報記憶部231が記憶している供与情報(即ち制御プログラム)に従って、I/F部424を介し、電気機器41の動作を制御する。

0103

実施の形態4では、情報処理装置がECU42である場合を例示したが、これに限定されるものではない。例えば、情報処理装置は、車両4に搭載される前のCGW2でもよい。

0104

実施の形態1〜4では、供与情報が情報通信装置3から情報処理装置に与えられる場合を例示したが、これに限定されるものではない。例えば、情報処理装置が情報入力部を備えており、作業者が情報入力部を用いて供与情報を情報処理装置に与えてもよい。

0105

今回開示された実施の形態は、全ての点で例示であって、制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は、上述した意味ではなく、特許請求の範囲と均等の意味及び特許請求の範囲内での全ての変更が含まれることが意図される。
また、本発明の効果がある限りにおいて、情報処理システム1又はCGW2に、実施の形態1〜3に開示されていない構成要素が含まれていてもよい。
各実施の形態に開示されている構成要件技術的特徴)はお互いに組み合わせ可能であり、組み合わせによって新しい技術的特徴を形成することができる。

0106

1情報処理システム
2CGW(情報処理装置)
21 制御部(書込部,無効化部)
231情報記憶部
232 書込用記憶部
233 無効化記憶部
234参照記憶部
25通信部(終了送信部,指示受信部)
3情報通信装置
31 制御部(無効化判定部)
36 通信部(情報受信部,無効化送信部)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ