図面 (/)

技術 耐火材料の連続施工装置

出願人 黒崎播磨株式会社日本製鉄株式会社
発明者 関和典佃淳一田辺敏陽佐藤正治梅本浩太朗
出願日 2016年3月18日 (4年11ヶ月経過) 出願番号 2016-055917
公開日 2017年9月28日 (3年4ヶ月経過) 公開番号 2017-172819
状態 特許登録済
技術分野 炉の外套、ライニング、壁、天井(炉一般1)
主要キーワード 突状部材 一般構造用圧延鋼 高温雰囲気炉 破壊じん性 一般構造用圧延鋼材 ポリカルボン酸ソーダ 鋳鋼品 被施工体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年9月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

回転軸回転力を利用して耐火材料と水とを連続的に混合する耐火材料の連続施工装置において、回転軸の摩耗を低減し、かつ回転軸の割れ等の損傷を防ぎ、耐用性を向上させる。

解決手段

耐火材料と水と混合物包含する容器と、容器の上流部に前記混合物を導入する導入部20と、容器10の下流部に前記混合物を排出する排出部60と、排出部60から排出された前記混合物を被施工体投射する投射部70と、導入部20から排出部60に至る容器10の中心軸方向に伸びる回転軸30とを備えた耐火材料の連続施工装置であって、回転軸30は、外表面に突状部材40,41を複数備え、導入部20に対向する位置に超硬合金層31と、当該超硬合金層の内側に金属層32とを備える。

概要

背景

従来、耐火材料連続施工装置として、回転力を利用して耐火材料と水とを連続的に混合し、その混合物被施工体へ連続的に投射する、例えば特許文献1の連続施工装置が知られている。

図3は、特許文献1に開示された連続施工装置を示す。同図において、耐火材料と水の混合物が、導入部3Bから外筒3Aの中に気流搬送により連続的に導入され、回転軸3Cの回転力によりさらに混合される。その混合物は、投射部4から被施工体へ連続的に投射される。

しかし、本発明者らが特許文献1に開示された連続施工装置を長期間にわたり使用したところ、特に導入部3B近傍の回転軸3Cに摩耗が生じることが明らかになった。このとき、回転軸3Cには機械構造用炭素鋼(S45C)を用いた。回転軸3Cの摩耗が進むと、その変形などが起こり、耐火材料の連続施工に支障を来たすことになり、連続施工装置の十分な耐用性が得られなくなる。

概要

回転軸の回転力を利用して耐火材料と水とを連続的に混合する耐火材料の連続施工装置において、回転軸の摩耗を低減し、かつ回転軸の割れ等の損傷を防ぎ、耐用性を向上させる。耐火材料と水と混合物を包含する容器と、容器の上流部に前記混合物を導入する導入部20と、容器10の下流部に前記混合物を排出する排出部60と、排出部60から排出された前記混合物を被施工体へ投射する投射部70と、導入部20から排出部60に至る容器10の中心軸方向に伸びる回転軸30とを備えた耐火材料の連続施工装置であって、回転軸30は、外表面に突状部材40,41を複数備え、導入部20に対向する位置に超硬合金層31と、当該超硬合金層の内側に金属層32とを備える。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

耐火材料と水とを連続的に供給し、前記耐火材料と前記水との混合物被施工体投射する耐火材料の連続施工装置であって、前記混合物を包含する容器と、前記容器の上流部に前記混合物を導入する導入部と、前記容器の下流部に前記混合物を排出する排出部と、前記排出部から排出された前記混合物を被施工体へ投射する投射部と、前記導入部から前記排出部に至る前記容器の中心軸方向に伸び回転軸を備え、前記回転軸は、外表面に突状部材を複数備え、前記導入部に対向する位置に超硬合金層と当該超硬合金層の内側に金属層とを備えることを特徴とする耐火材料の連続施工装置。

請求項2

前記複数の突状部材のうち、前記超硬合金層の外表面に配置される突状部材は、当該超硬合金層と同一材質として一体化されている請求項1に記載の耐火材料の連続施工装置。

請求項3

前記回転軸の上流側に位置する金属層は複数に分割されており、その分割された一の金属層の外側に前記超硬合金層として超硬合金製のスリーブが装着されている請求項1または2のいずれかに記載の連続施工装置。

技術分野

0001

本発明は、溶融金属容器溶融金属処理装置高温雰囲気炉内張り施工あるいは補修に用いられる耐火材料連続施工装置に関する。

背景技術

0002

従来、耐火材料の連続施工装置として、回転力を利用して耐火材料と水とを連続的に混合し、その混合物被施工体へ連続的に投射する、例えば特許文献1の連続施工装置が知られている。

0003

図3は、特許文献1に開示された連続施工装置を示す。同図において、耐火材料と水の混合物が、導入部3Bから外筒3Aの中に気流搬送により連続的に導入され、回転軸3Cの回転力によりさらに混合される。その混合物は、投射部4から被施工体へ連続的に投射される。

0004

しかし、本発明者らが特許文献1に開示された連続施工装置を長期間にわたり使用したところ、特に導入部3B近傍の回転軸3Cに摩耗が生じることが明らかになった。このとき、回転軸3Cには機械構造用炭素鋼(S45C)を用いた。回転軸3Cの摩耗が進むと、その変形などが起こり、耐火材料の連続施工に支障を来たすことになり、連続施工装置の十分な耐用性が得られなくなる。

先行技術

0005

特開2013−137167号公報

発明が解決しようとする課題

0006

本発明者らが、図3の特許文献1に開示された連続施工装置において導入部3B近傍の回転軸3Cに摩耗が生じる原因について検討したところ、導入部3Bから連続的に供給される耐火材料と水の混合物が回転軸3Cに衝突するためであることがわかった。衝突時、耐火材料と水の混合物の速度は数十m/sにも及び、その高速の耐火材料と水の混合物が回転軸3Cに連続的に衝突するため、導入部3B近傍の回転軸3Cに摩耗が生じていたのである。

0007

本発明者らは、上述の原因による摩耗を低減するため、回転軸の導入部に対向する位置に超硬合金層を設けることとした。ここで超硬合金とは、硬質金属炭化物バインダー等の粉末圧縮成形し、得られた成型体焼結して作られる合金であり、ロックウェル硬さ(HRA)が80以上のものである。しかし、回転軸の導入部に対向する位置に超硬合金層を単層で設けた場合、超硬合金層が割れてしまうことが課題となり、連続施工装置の十分な耐用性は得られなかった。

0008

そこで本発明が解決しようとする課題は、回転力を利用して耐火材料と水とを連続的に混合する耐火材料の連続施工装置において、回転軸の摩耗を低減し、かつ回転軸の割れ等の損傷を防ぎ、連続施工装置の耐用性を向上させることにある。

課題を解決するための手段

0009

回転軸の導入部に対向する位置に超硬合金層を単層で設けた場合に超硬合金層が割れた原因は耐火材料と水の混合物が超高合金層に衝突した時に生じる衝撃及び回転軸が高速に回転する際に生じるねじれ応力や回転に対する抵抗振動などが合わさって複合的に発生する衝撃力によるものと考えた。超硬合金が耐摩耗性には優れるものの、破壊じん性には劣るためと本発明者らは想到した。

0010

そこで超硬合金層の割れを防ぐ構造として、本発明者らは回転軸の外側に超高合金層を、その内側に金属層を配した複層構造考案に至った。超高合金層と金属層は有機接着剤等により接合される。金属層は超高合金より破壊じん性に優れ、回転軸に生じる衝撃を吸収、減衰することで回転軸の割れを防止できる。また性質違う2種の層が存在することから、振動を減衰する効果が得られる。

0011

すなわち本発明の耐火材料の連続施工装置は、耐火材料と水とを連続的に供給し、前記耐火材料と前記水との混合物を被施工体へ投射する耐火材料の連続施工装置であって、前記混合物を包含する容器と、前記容器の上流部に前記混合物を導入する導入部と、前記容器の下流部に前記混合物を排出する排出部と、前記排出部から排出された前記混合物を被施工体へ投射する投射部と、前記導入部から前記排出部に至る前記容器の中心軸方向に伸びる回転軸を備え、前記回転軸は、外表面に突状部材を複数備え、前記導入部に対向する位置に超硬合金層と当該超硬合金層の内側に金属層を備えることを特徴とするものである。

0012

金属層は少なくとも超高合金層より破壊じん性に優れる必要があり、また回転軸に生じる応力に耐える強度(引張強度200MPa以上)を有する必要がある。選択される材料としては、鉄鋼材料が好ましく、一般構造用圧延鋼SS400など)や機械構造用炭素鋼(S45Cなど)、炭素鋼鋳鋼品(SC410など)、工具鋼SK6など)、ステンレス鋼(SUS304など)が好適である。非鉄金属黄銅なども選択でき、例えばCu−Mn系の合金は振動を吸収する減衰能が高く、また少量のAlを添加することで強度を増すことができる。またジュラルミンなどのアルミニウム合金も本発明の金属層としての性能は十分に満たすものの、調達の容易さや経済性の点で鉄鋼材料に劣る。また一般的に機械構造用に用いられない純アルミニウム純マグネシウム、鉛、錫などの非鉄金属は、強度が低いため適さない。

0013

また本発明の好ましい形態では、前記複数の突状部材のうち、前記超硬合金層の外表面に配置される複数の突状部材は、当該超硬合金層と同一材質として一体化されている。

0014

また本発明の好ましい形態では、前記回転軸の上流側に位置する金属層は複数に分割されており、その分割された一の金属層に前記超硬合金層として超硬合金製のスリーブが装着されている。

発明の効果

0015

本発明の連続施工装置において回転軸は、耐火材料と水とを連続的に供給する導入部に対向する位置に超硬合金層を有する。したがって、導入部から供給される耐火材料が回転軸に衝突しても、超硬合金層は金属層よりも耐摩耗性に優れるので、回転軸の摩耗を低減することができる。また、超硬合金層の内側には金属層があり、超硬合金層と金属層とは接着剤ろう付けにより装着されている。金属層は超高合金より破壊じん性に優れ、回転軸に生じる衝撃を吸収、減衰することで回転軸の割れを防止できる。また性質の違う2種の層が存在することから、振動を減衰する効果が得られる。このため超硬合金層が割れてしまうのを防止することができる。これらにより、連続施工装置の耐用性を向上させることができる。

0016

また本発明の好ましい形態では、超硬合金層の外表面に配置される突状部材は、超硬合金層と同一材質として焼結により一体化されているので、超硬合金層の外表面に配置される突状部材の耐用性も向上させることができる。例えば、突状部材が回転軸に対して金属製のボルトナットで接合された場合、金属製のボルトナットに耐火材料と水の混合物が衝突し、金属製のボルトナットが磨耗してしまい突状部材が剥落してしまうことがある。これに対して、超硬合金層の外表面に配置される突状部材を超硬合金層と同一材質として焼結等により一体化すれば、接合部が磨耗することによって、突状部材が剥落するのを確実に防ぐことができる。

0017

また本発明の好ましい形態では、回転軸の上流側に位置する金属層は複数に分割されており、その分割された一の金属層に超硬合金層として超硬合金製のスリーブが装着されている。この構成により、超硬合金製のスリーブが磨耗して交換が必要な場合、超硬合金製のスリーブのみを取り外して交換することができる。このため、超硬合金製のスリーブの交換を容易に行うことができ、かつ、金属層及び超硬合金層の全てを交換する必要がないため経済性に優れた効果を奏する。

図面の簡単な説明

0018

本発明の一実施形態による連続施工装置の基本構成概念的に示す機構図である。
(a)は、図1の連続施工装置の導入部近傍の具体的構成を示す外観図である。(b)は、図1の連続施工装置の導入部近傍の具体的構成を示す断面図である。
特許文献1に開示された連続施工装置を示す機構図である。

0019

図1は、本発明の一実施形態による連続施工装置の基本構成を概念的に示す機構図である。

0020

まずその基本構成を説明すると、図1の連続施工装置は、容器(外筒)10と、導入部20と、回転軸30と、突状部材40(41)と、内筒50と、排出部60と、投射部70を備えて構成される。

0021

容器10は、導入部20から連続的に導入する耐火材料と水の混合物(以下、単に「混合物」という。)を包含する。また、容器10は、上下方向に内部が連通しており、その内部の中心には回転軸30が備えられている。なお、容器10は、その上流側は円筒形で構成され、下流側は下流方向に径が漸次拡大して構成されている。

0022

導入部20は、容器10の上流部に形成され、上述のとおり混合物を容器10内に連続的に導入する。

0023

回転軸30は、駆動モータ(図示省略)に連結されている。回転軸30の上流側には、後述する金属層と超硬合金層が備えられている。回転軸30の下流側には内筒50が固定されており、内筒50は容器10の下流側の形状に倣って、下流方向に径が漸次拡大して構成されている。回転軸30の外表面には、突状部材40(41)が複数設置されており、内筒50の外表面には突状部材40が設置されている。なお、容器10の内面と、突状部材40の先端との間には、混合物が通過するための空間を有している。

0024

以上の構成において、回転軸30が駆動モータ(図示省略)により回転すると、回転軸30と共に突状部材40(41)が回転し、混合物が導入部20から導入されると、混合物がさらに混合(混練)される。その混合物は、容器10の下流側へ順次移動し、排出部60から投射部70へ排出される。排出部60から排出された混合物は、投射部70から被施工体へ投射される。投射部70の構成は上記特許文献1に開示されたものと同じであり、回転による遠心力により混合物を被施工体へ投射する。

0025

なお、本発明の連続施工装置において使用する耐火材料の組成は、特に限定されず、例えば、アルミナ質シリカ質アルミナ−シリカ質、アルミナ−スピネル質、アルミナ−マグネシア質、アルミナ−カーボン質、アルミナ−炭化珪素質、アルミナ−炭化珪素−カーボン質、マグネシア質、マグネシア−カーボン質等、カーボン質、炭化珪素質、窒化珪素質ジルコニア質カルシア質、ドロマイト質、クロム質、クロム−マグネシア質、マグネシア−ライム質、マグネシア−アルミナ質及びこれらの組み合わせからなる。

0026

また、耐火材料には結合剤を添加し、さらに必要に応じて分散剤硬化調整剤急結剤等を添加してもよい。結合剤としては、例えば、アルミナセメント水硬性遷移アルミナマグネシアセメント燐酸塩ケイ酸塩等を用いることができる。分散剤としては、例えば、トリポリリン酸ソーダヘキサメタリン酸ソーダウルトラポリリン酸ソーダ等のアルカリ金属燐酸塩、ポリカルボン酸ソーダ等のポリカルボン酸塩アルキルスルホン酸塩芳香族スルホン酸塩ポリアクリル酸ソーダ、及びスルホン酸ソーダ等から選択される一種以上を用いることができる。硬化調整剤には、硬化促進剤硬化遅延剤とがあり、硬化促進剤として、例えば、消石灰塩化カルシウムアルミン酸ソーダ、及び炭酸リチウム等から選択される一種以上を用いることができ、硬化遅延剤として、例えば、硼酸クエン酸炭酸ソーダ、及び砂糖等から選択される一種以上を用いることができる。急結剤としては、例えば、消石灰や塩化カルシウム等のカルシウム塩珪酸塩アルミン酸塩炭酸塩、及び硫酸塩等から選択される一種以上の粉体又は液体を用いることができる。

0027

次に、本発明の特徴的構成について図2を参照して説明する。図2(a)は、図1の連続施工装置の導入部20近傍の具体的構成を示す外観図であり、図2(b)は、図1の連続施工装置の導入部20近傍の具体的構成を示す断面図である。

0028

回転軸30は、導入部20に対向する位置に超硬合金層31と、当該超硬合金層31の内側に金属層32とを備える。本実施形態において超硬合金層31は、超硬合金製のスリーブによって構成されており、この超硬合金スリーブ31が金属層32(金属製スリーブ32b)の外表面を覆うように接着やろう付けにより装着される。例えば、接着の場合、液性エポキシ樹脂接着剤が金属層32(金属製スリーブ32b)に塗布された後、超硬合金スリーブ31が装着され、接着剤が硬化する。また、ろう付けする場合は、例えば銀ろうが用いられる。

0029

また、金属層32は、金属製のスリーブによって構成されており、この金属スリーブが金属製の回転軸30に装着されている。

0030

図2に示すように、突状部材40が各金属製スリーブ32a〜32cとそれぞれボルトナットによって着脱可能に固定される。超硬合金スリーブ31に固定される突状部材41は超硬合金スリーブ31とボルトナットによって着脱可能に固定されても良いものの、焼結により一体成形されて構成されるほうが好ましい。突状部材41がボルトナットで固定される場合はボルトナットの摩耗が生じてしまい、突状部材が欠落してしまうことがある。突状部材41が超硬スリーブ31と一体成形された場合は、突状部材41の耐用性を向上させることができる。

0031

なお、突状部材40、41は、超硬合金スリーブ31と同じ超硬合金からなり、その下面は一方向に傾斜していることが好ましく10度〜45度の傾斜角度が例示され、より好ましくは25度が例示される。また、突状部材40、41は、回転軸30の外表面にらせん状に配置されることが好ましい。具体的に、突状部材40は回転軸30の外表面に2条のらせんに沿って配置され、突状部材41は回転軸30の外表面に1条のらせんに沿って配置される。これにより、突状部材40、41の回転に伴って、混合物が順次下流へ搬送され、容器10の下側への円滑な搬送を実現できる。

0032

図2に示すように、回転軸30の導入部20に対向する位置に超硬合金層31を有することで、導入部20から供給される混合物が回転軸30に衝突しても、回転軸30の摩耗を低減できる。また、超硬合金スリーブ31の内側には金属層32が接着剤やろう付けにより装着されているので、混合物が超硬合金スリーブ31に衝突した際、衝突により生じる振動が金属層32に分散されることで超硬合金スリーブ31に生じる応力が低減され、混合物の衝突によって超硬合金スリーブ31が割れてしまうのを防止できる。

0033

また、本実施形態では、超硬合金層31が超硬合金スリーブによって構成されているので、その装着や交換が容易である。例えば、超硬合金スリーブ31が磨耗した場合において、超硬合金スリーブ31と金属層32との装着部分を熱することにより、超硬合金スリーブ31を容易に取り外して交換することができる。装着については、上記の通り接着やろう付けにより容易に行うことができる。

0034

金属スリーブは、上段(32a)、中段(32b)及び下段(32c)の3段に分割され、中段の金属製スリーブ32bの一部が超硬合金層31の内側の金属層32を構成していることが好ましい。この構成により、超硬合金スリーブ31が磨耗して交換が必要な場合、超硬合金スリーブ31のみを交換することが可能である。具体的には、金属製スリーブ32aが外された後、金属製スリーブ32bから超硬合金スリーブ31が外されて交換される。そして、新品の超硬合金スリーブ31が金属製スリーブ32bに装着され、その後、金属製スリーブ32aが装着される。これにより、超硬合金スリーブ31が磨耗して交換が必要な場合、超硬合金スリーブ31の交換を容易に行うことができる。超硬合金スリーブ31は、上記の通り、接着やろう付けにより金属層32に対して装着されているが、図2(a)に示すように、回り止め部材33aによっても、中段の金属製スリーブ32b(金属層32)に対して装着されている。また、各金属製スリーブ32a〜32cは、図2(b)に示すように、回り止め部材33bによって、回転軸30に固定されている。したがって、回転軸30を駆動モータ(図示省略)により回転させると、回転軸30と各金属製スリーブ32a〜32cと超硬合金スリーブ31とが回転軸30と一体的に回転する。

0035

なお、図2は、金属層32が金属製スリーブ32a、32b、32cとして分割されている構造を示したが、金属層32は一体構造であってもよい。金属層32が一体構造の場合、超硬合金スリーブ31を交換するときは、金属層32及び超硬合金スリーブ31を全て交換する必要があり、コストアップにつながる。このため、金属層32は図2に示すような分割構造の方が経済性に優れた効果を奏するので好ましい。

0036

なお、本実施形態において超硬合金としては、炭化タングステンコバルトで結合したもの(炭化タングステン−コバルト系合金)を使用したが、他の超硬合金を使用してもよい。例えば、炭化タングステン−炭化チタン−コバルト系合金、炭化タングステン−炭化タンタル−コバルト系合金、炭化タングステン−炭化チタン−炭化タンタル−コバルト系合金などを使用してもよい。また、金属層(金属スリーブ)及び回転軸は一般構造用圧延鋼材(SS400)によって構成したが、他の機械構造用炭素鋼など(S45Cなど)を用いてもよい。

0037

図2に示した回転軸30の構成において、突状部材41をボルトナットで超硬合金スリーブ31に固定したものを実施例1とし、焼結により一体化したものを実施例2とし、実施例1および実施例2の連続施工装置をそれぞれ実施工に供した。具体的には、回転軸30の直径はφ130mmとし、超硬合金スリーブ31や突状部材40および41等の超硬合金の構成部は炭化タングステン-コバルトとし、その他の金属スリーブ32a〜32c等の金属の構成部は機械構造用鋼(S45C)とした。なお、突状部材41はらせん状に配置した。また実施工の条件は、回転軸30の回転速度を800rpm、導入部20への耐火材料と水の混合物の流入量を80kg/minとした。施工する耐火材料の組成はアルミナ—マグネシア質とした。

0038

併せて、図2において回転軸30の導入部20近傍の構成を機械構造用鋼(S45C)単層とした比較例1も実施工に供した。比較例1における実施工の条件は実施例と同様である。なお、実施工における耐用性は、回転軸30の肉厚が元厚の2分の1となるまでに施工した耐火物の施工量を耐用トン数とし、比較例1における耐用トン数を100として指数化して示した。突状部材41は一つ以上が欠落にいたるまでを耐用とし、比較例1における耐用トン数を100として指数化して示した。

0039

実施例

0040

本発明の実施例1および実施例2は、比較例1に比べて回転軸30の磨耗が低減され、かつ、回転軸30の割れも確認されなかった。具体的には、本発明の実施例1では突状部材41を固定するボルトナットが摩耗して突状部材41が途中で欠落し、その交換を要したものの、回転軸30の肉厚が元厚の2分の1となるまでの耐用性が従来の構成に相当する比較例1の8倍に向上した。実施例2は、従来の構成に相当する比較例1に比べ、8倍も耐用性が向上した。また実施例1では突状部材41を固定するボルトナットが摩耗して、突状部材41が途中で欠落し、その交換を要した。実施例2は突状部材41が途中で欠落することなく、比較例1に比べ8倍に耐用性が向上した。

0041

10容器
20導入部
30回転軸
31超硬合金層(超硬合金スリーブ)
32金属層
32a〜32c金属スリーブ
33a,33b回り止め部材
40,41突状部材
50内筒
60 排出部
70投射部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電極株式会社の「 高炉炉内のリングブロック積上構造」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】カーボンブロックを2箇所から同時にスパイラル状に積み上げて、築炉の簡易性、工期の短縮化及びカーボンブロックの長寿命化を図り、経済性及び生産性の向上に寄与する。基本ブロック13の積み始... 詳細

  • 東京窯業株式会社の「 スタンプ施工用振動工具」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】誘導炉等の円柱状の凹状部分の底部を、短時間の内に効率的に、かつ、手間を掛けることなく容易にスタンプ施工することが可能なスタンプ施工用振動工具を提供する。【解決手段】スタンプ施工用振動工具1は、... 詳細

  • 大同特殊鋼株式会社の「 台車式加熱炉およびそのシール構造」が 公開されました。( 2020/12/10)

    【課題】台車式加熱炉における台車の側面と、台車の上部を覆う炉壁の内面との間のシール性が高いシール構造の提供。【解決手段】レール上を往復する台車を奥壁へ接近させ、前記台車の上部を覆った炉壁の内部を加熱し... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ