図面 (/)

技術 通信コネクタ及びシステム

出願人 パンドウィット・コーポレーション
発明者 スレンドラ・チッティ・バーブサティシュ・アイ・パテルロバート・イー・フランセン
出願日 2017年6月28日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2017-125963
公開日 2017年9月21日 (1年11ヶ月経過) 公開番号 2017-168461
状態 特許登録済
技術分野 雄雌型接触部材 雄雌嵌合接続装置細部 嵌合装置及び印刷回路との接合
主要キーワード 電気カップリング 誘導性カップリング 区画図 内部ポケット プラグ筐体 アクティブ機器 補正ゾーン 通信プラグ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年9月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

改善された設計を有する通信ジャックを提供する。

解決手段

本発明は、概して、通信コネクタ及びその内部構成要素に関する。一実施形態において、本発明は、可変断面幅を有する逆転プラグインターフェース接触子を備える通信ジャックである。別の実施形態において、本発明は、プラグインターフェース接触子のうちの少なくとも2つが異なるビーム長を有する、逆転プラグインターフェース接触子を有する通信ジャックである。また別の実施形態において、本発明は、プラグインターフェース接触子のうちの少なくとも2つが屈折ゾーンに対向する屈曲部を有する、逆転プラグインターフェース接触子を有する通信ジャックである。

概要

背景

RJ45ジャック等の通信コネクタは、通信業界において、これまで容易に採用されてきた上に、今後も容易に採用され続ける。これらのジャックは概して、一方の終端部に対応するプラグ受容するための開口部を有する筐体と、別の終端部に通信ケーブル終端処理するための手段と、プラグと通信ケーブルとの間で電気信号転送するための手段とを備える。

RJ45ジャックにおいて、電気信号を転送するための手段は、典型的に、8つのプラグインターフェース接触子(PIC)を含む。8つのPICは、それぞれ、8極のRJ45プラグ内に位置決めされた8つのプラグ接触子インターフェースするように設計される一方、6極のプラグ(例えば、RJ12、RJ25)、または4極のプラグ(例えば、RJ9)をRJ45ジャックに接続することも可能である。しかしながら、8極のプラグと比較すると、プラグ接触子1及び8は、6極のプラグには存在せず、プラグ接触子1、2、7、及び8は、4極のプラグには存在しない。したがって、プラグ接触子が存在しない場所では、ジャックのPICは、プラグ接触子が存在する場所と比較すると、ほぼ追加で0.027インチ屈折しなければならない。この追加の屈折は、外側のPICを塑性的に変形させ、変形が実質的に十分である場合はジャックに損傷を発生させる(またはその他、所定の仕様内の操作を妨害させる)可能性がある。加えて、いくつかの事例において、PICの位置決め/配置は、ジャック内で生成される所望されないクロストークの量、及び/または所望されないクロストークがどのように補正されるかに何らかの影響を及ぼす場合がある。

このため、改善された設計を有する通信ジャックに対する必要性が存在する。

概要

改善された設計を有する通信ジャックを提供する。本発明は、概して、通信コネクタ及びその内部構成要素に関する。一実施形態において、本発明は、可変断面幅を有する逆転プラグインターフェース接触子を備える通信ジャックである。別の実施形態において、本発明は、プラグインターフェース接触子のうちの少なくとも2つが異なるビーム長を有する、逆転プラグインターフェース接触子を有する通信ジャックである。また別の実施形態において、本発明は、プラグインターフェース接触子のうちの少なくとも2つが屈折ゾーンに対向する屈曲部を有する、逆転プラグインターフェース接触子を有する通信ジャックである。

目的

図8を参照すると、PIC441とPCB46との間の機械的保持ならびに電気的結合を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

プラグ受容するための開口部を備える筐体と、垂直に配置されたプリント回路基板(PCB)と、前記開口部に少なくとも部分的に受容される複数のプラグインターフェース接触子(PIC)であって、前記複数のプラグインターフェース接触子それぞれが前記開口部に近位する近位部分、前記開口部に遠位する遠位部分、及び、前記近位部分と前記遠位部分との間のプラグ接触ゾーンを有し、前記遠位部分は、第1の高さ、または、第2の高さの一方で前記プリント回路基板内に固定されており、前記第1の高さが、前記プリント回路基板の高さに対して前記第2の高さより高い、複数のプラグインインターフェース接触子と、を備え、少なくとも1つのプラグインターフェース接触子が、前記第1の高さの上で延在する、前記遠位部分それぞれの上部を有し、少なくとも1つの他のプラグインターフェース接触子が、前記第2の高さの下で延在する、前記遠位部分それぞれの下部を有る、RJ45対応通信コネクタ

請求項2

前記第1の高さの上で延在する前記遠位部分それぞれの前記上部を有する前記少なくとも1つのプラグインターフェース接触子が、前記プラグ接触ゾーンそれぞれの高さの下で延在する中間部をさらに有する、請求項1に記載のRJ45対応通信コネクタ。

請求項3

前記中間部の断面幅が、前記プラグ接触ゾーンそれぞれの断面幅より広く、かつ、前記中間部が、カットアウトを含む、請求項2に記載のRJ45対応通信コネクタ。

請求項4

前記中間部が円弧形状を備える、請求項2に記載のRJ45対応通信コネクタ。

請求項5

前記上部が、側面から見た際に逆さまのU字形状を備える、請求項1に記載のRJ45対応通信コネクタ。

請求項6

前記上部の断面幅が、前記プラグ接触ゾーンそれぞれの断面幅より広い、請求項1に記載のRJ45対応通信コネクタ。

請求項7

前記下部が円弧形状を備える、請求項1に記載のRJ45対応通信コネクタ。

請求項8

プリント基板(PCB)を有するRJ45対応通信ジャックのおける使用のためのプラグインターフェース接触子であって、前記プリント基板が:第1の端部;第2の端部;前記プリント基板に電気的かつ機械的に連結されている、前記第1の端部と前記第2の端部の少なくとも1つの少なくとも一部;及び、前記第1の端部と前記第2の端部との間に位置する中間領域であって、前記プリント基板に電気的かつ機械的に連結されている端部の厚みとは異なる厚みを有する中間領域;を備えることを特徴とするプラグインターフェース接触子。

請求項9

前記第1の端部と前記第2の端部の少なくとも1つがコンプライアントピンを備える、請求項8に記載のプラグインターフェース接触子。

請求項10

前記中間領域の厚みが、前記第1の端部と前記第2の端部の少なくとも1つの厚みの半分である、請求項8に記載のプラグインターフェース接触子。

請求項11

前記第1の端部と前記第2の端部の少なくとも1つにはヘムが作成されている、請求項8に記載のプラグインターフェース接触子。

請求項12

前記中間領域が、単層構造を含み、前記第1の端部と前記第2の端部の少なくとも1つが複層構造を含む、請求項8に記載のプラグインターフェース接触子。

請求項13

前記複層構造が2層構造である、請求項12に記載のプラグインターフェース接触子。

請求項14

前記中間領域が、通信プラグプラグ接触子と接触させるように構成された接触領域を含む、請求項8に記載のプラグインターフェース接触子。

請求項15

筐体;前記筐体内に少なくとも部分的に配置されるプリント基板(PCB);及び、複数のプラグインターフェース接触子(PCIs)であって、前記プラグインターフェース接触子それぞれが、前記プリント基板内に固定された固定端部;前記固定端部と対向する自由端部;及び、前記固定端部と前記自由端部との間に位置する中間領域;を含み、前記固定端部が、前記自由端部及び前記中間領域の少なくとも1つの厚みより大きい厚みを有する、複数のプラグインターフェース接触子(PCIs);を備えることを特徴とするRJ45対応通信ジャック。

請求項16

前記自由端部の厚みが、前記中間領域の厚みと同一である、請求項15に記載のRJ45対応通信ジャック。

請求項17

前記固定端部がコンプライアントピンを備える、請求項15に記載のRJ45対応通信ジャック。

請求項18

前記固定端部にはヘムが作成されている、請求項15に記載のRJ45対応通信ジャック。

請求項19

前記固定端部の厚みが、前記自由端部及び前記中間領域の少なくとも1つの厚みの2倍である、請求項15に記載のRJ45対応通信ジャック。

請求項20

前記自由端部及び前記中間領域の少なくとも1つが単層構造を含み、前記固定端部が複層構造を含む、請求項15に記載のRJ45対応通信ジャック。

請求項21

前記複層構造が、2層構造である、請求項20に記載のRJ45対応通信ジャック。

請求項22

前記中間領域が、通信プラグのプラグ接触子と接触させるように構成された接触領域を含む、請求項15に記載のRJ45対応通信ジャック。

請求項23

プリント基板(PCB)を有するRJ45対応通信ジャックに使用されるためのプラグインターフェース接触子(PCI)であって、前記プラグインターフェース接触子が:第1の端部;第2の端部;前記第1の端部と前記第2の端部との間に位置する中間領域であって、前記中間領域が、単層の材料を有し、前記第1の端部及び前記第2の端部の少なくとも1つが、複層の材料を有し、かつ、前記プリント基板内に固定されていることを特徴とするプラグインターフェース接触子(PCI)。

請求項24

前記複層が2層である、請求項23に記載のプラグインターフェース接触子(PCI)。

請求項25

前記第1の端部及び前記第2の端部の少なくとも1つが、コンプライアントピンを備える、請求項23に記載のプラグインターフェース接触子(PCI)。

請求項26

前記第1の端部及び前記第2の端部の少なくとも1つにはヘムが作成されている、請求項23に記載のプラグインターフェース接触子(PCI)。

請求項27

前記中間領域が、通信プラグのプラグ接触子と接触させるように構成された接触領域を含む、請求項23に記載のプラグインターフェース接触子(PCI)。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
本出願は、2013年3月1日出願の米国仮特許出願第61/771,600号の利益を主張し、参照によりその全体を本明細書に組み込む。

0002

本発明は、概して、通信コネクタの分野に関し、より具体的には、プラグインターフェース接触子配置、及びこのようなプラグインターフェース接触子配置を採用する通信ジャックに関する。

背景技術

0003

RJ45ジャック等の通信コネクタは、通信業界において、これまで容易に採用されてきた上に、今後も容易に採用され続ける。これらのジャックは概して、一方の終端部に対応するプラグ受容するための開口部を有する筐体と、別の終端部に通信ケーブル終端処理するための手段と、プラグと通信ケーブルとの間で電気信号転送するための手段とを備える。

0004

RJ45ジャックにおいて、電気信号を転送するための手段は、典型的に、8つのプラグインターフェース接触子(PIC)を含む。8つのPICは、それぞれ、8極のRJ45プラグ内に位置決めされた8つのプラグ接触子インターフェースするように設計される一方、6極のプラグ(例えば、RJ12、RJ25)、または4極のプラグ(例えば、RJ9)をRJ45ジャックに接続することも可能である。しかしながら、8極のプラグと比較すると、プラグ接触子1及び8は、6極のプラグには存在せず、プラグ接触子1、2、7、及び8は、4極のプラグには存在しない。したがって、プラグ接触子が存在しない場所では、ジャックのPICは、プラグ接触子が存在する場所と比較すると、ほぼ追加で0.027インチ屈折しなければならない。この追加の屈折は、外側のPICを塑性的に変形させ、変形が実質的に十分である場合はジャックに損傷を発生させる(またはその他、所定の仕様内の操作を妨害させる)可能性がある。加えて、いくつかの事例において、PICの位置決め/配置は、ジャック内で生成される所望されないクロストークの量、及び/または所望されないクロストークがどのように補正されるかに何らかの影響を及ぼす場合がある。

0005

このため、改善された設計を有する通信ジャックに対する必要性が存在する。

0006

したがって、本発明の実施形態は、通信コネクタ及び/またはその内部構成要素に関する。

0007

一実施形態において、本発明は、少なくとも1つのプラグインターフェース接触子が不均一の断面幅を有する、逆転プラグインターフェース接触子を有する通信ジャックである。

0008

別の実施形態において、本発明は、プラグインターフェース接触子のうちの少なくとも2つが異なるビーム長を有する、逆転プラグインターフェース接触子を有する通信ジャックである。

0009

また別の実施形態において、本発明は、プラグインターフェース接触子のうちの少なくとも2つが屈折ゾーン内に対向する屈曲部を有する、逆転プラグインターフェース接触子を有する通信ジャックである。

0010

さらにまた別の実施形態において、本発明は、プラグを受容するための開口部を有する筐体と、開口部内に少なくとも部分的に受容される複数のプラグインターフェース接触子(PIC)とを備える通信コネクタである。複数のプラグインターフェース接触子は、開口部に近位のそれぞれの終端部と、開口部に遠位の終端部とを含み、遠位終端部が、コネクタ内部に固定され、近位終端部が、遠位終端部に対して回転し、複数のプラグインターフェース接触子のうちの少なくともいくつかが、非均一の断面幅を有する。この実施形態の変形において、コネクタは通信システムに含まれる。

0011

さらにまた別の実施形態において、本発明は、プラグを受容するための開口部を有する筐体と、開口部内に少なくとも部分的に受容される複数のプラグインターフェース接触子(PIC)とを備える通信コネクタである。複数のプラグインターフェース接触子は、開口部に近位のそれぞれの終端部と、開口部に遠位のそれぞれの終端部とを含み、遠位終端部が、コネクタ内部に固定され、近位終端部が、遠位終端部に対して回転し、近位終端部は、コネクタがプラグに係合されているとき、近位終端部のうちのいくつかが、近位終端部のうちの他よりも多く屈折するように構成される。

0012

さらにまた別の実施形態において、本発明は、プラグを受容するための開口部を有する筐体と、開口部内に少なくとも部分的に受容される複数のプラグインターフェース接触子(PIC)とを備える通信コネクタである。複数のプラグインターフェース接触子は、開口部に近位のそれぞれの終端部と、開口部に遠位のそれぞれの終端部とを含み、遠位終端部が、コネクタ内部に固定され、近位終端部が、遠位終端部に対して回転し、遠位終端部にはヘムが作成される。

0013

本発明のこれら及び他の特徴、態様、及び利点は、以下の図面、説明、及び以下に続くことができる任意の請求項を参照すると理解が深まるであろう。

図面の簡単な説明

0014

本発明の実施形態に従う通信システムを示す。
本発明の実施形態に従うプラグ及びジャックの組み合わせを示す。
本発明の実施形態に従う通信ジャックの分解図を示す。
前面筐体を取り外した、図3のジャックを示す。
図4のジャックの側面図を示す。
図3のジャックのPICを示す。
図3のジャックのプリント回路基板に組み立てられたPICのうちのいくつかを示す。
前面筐体を取り外し、プラグと係合された図3のジャックの側面図を示す。
図3のジャックのプリント回路基板へのPICの組み立てを示す。
図3のジャックの前面筐体の背面等角図を示す。
図2の前面等角部分区画図を示す。
本発明の別の実施形態に従うPIC配置/形態を有するジャックを示す。
図11のジャックのPICを示す。
本発明のまた別の実施形態に従う通信ジャックの分解図を示す。
前面筐体を取り外し、PICを分解した、図13のジャックを示す。
前面筐体を取り外した、図13のジャックを示す。
図15の側面図を示す。

実施例

0015

本発明の例示的な実施形態は、通信システム30を示す図1に図示され、ジャック34及び対応するRJ45プラグ36を備えるパッチパネル32を含む。それぞれのケーブル38は、プラグ36で終端処理され、それぞれのケーブル40は、ジャック34で終端処理される。プラグ36がジャック34と係合すると、これらのコネクタを通じてデータを両方向に流すことができる。通信システム30は、図1ではパッチパネルを有するとして示されるが、代替の実施形態は、他のアクティブまたはパッシブ機器を含むことができる。パッシブ機器の例は、モジュラー式パッチパネル、パンチダウン式パッチパネル、カプラーパッチパネル、壁面ジャック等であり得るが、これらに限定されない。アクティブ機器の例は、イーサネット登録商標)スイッチ、ルーターサーバー物理層管理システム、及びデータセンター及びまたは電話通信室に見出すことができるようなパワーオーバーイーサネット(登録商標)機器;セキュリティデバイスカメラ及び他のセンサ等)及びドアアクセス機器;ならびに電話コンピュータファックスプリンタ、及びワークステーション領域に見出すことができるような他の周辺機器であり得るが、これらに限定されない。通信システム30は、キャビネット、ラック、ケーブル管理及びオーバーヘッドルーティングシステム、ならびに他のこのような機器をさらに含むことができる。

0016

図1のジャック及びプラグの組み合わせは、図2にも示され、RJ45プラグ36と係合されたネットワークジャック34を示す。この図面において、ネットワークジャック34及びRJ45プラグ36の配向は、図1の配向と比較すると、ケーブル40の中心軸周囲で180°回転している。

0017

図3は、ネットワークジャック34の分解図を示し、前面筐体42と、プラグインターフェース接触子(PIC)44と、プリント回路基板(PCB)46(いくつかの実施形態では、その上にクロストーク補正構成要素を有することができる)と、絶縁被覆除去接続(IDC)サポート48と、IDC50と、背面筐体52と、ワイヤキャップ54とを含む。現在説明されている実施形態において、PICは、「逆転」と呼ばれてもよく、これは、PICが(PCB)に固定され、各それぞれのPICがPCBに接続する場所の周囲で概して屈曲することを暗示する。図4は、明確性のために前面筐体42が取り外されたネットワークジャック34のPCB46にPIC44が組み立てられた状態を示す。各PIC44の下付き数字は、ANSI/TIA−568−C.2により定義されるRJ45ピンの位置に対応する。図4の側面図は図5に表され、PIC44は図6に個別に示される。

0018

前記のように、RJ45ジャックが、6極または4極のプラグと係合すると、外側のPIC(6極のプラグの場合はPIC441及び448、及び4極のプラグの場合はPIC441、442、447、及び448)は、PIC443、444、445、及び446よりも追加の0.027″屈折することが可能でなければならず、6極または4極のプラグが取り外されると、未負荷の状態に戻るための十分な弾性を有すことが必要である。これによって、RJ45プラグの全ての対応するプラグ接触子56と係合するために、十分な垂直効力が存在することを保証することによって、適切な将来の機能性の提供を助けることができる(図10を参照)。PICの可塑性変形の少なくともいくらかの量を削減するために、屈折ゾーンの少なくともかなりの部分にわたって機械的応力を分散するために有利であり、本実施形態において、図6及び7Aに示されるように、プラグ接触ゾーン58とPCB46との間に及ぶ。これは、局地的応力ピークを回避することができ、増加した原料歩留まりとなることができる。

0019

機械的応力の所望される分散を達成する1つの方式は、PICの幅を変動させることによる。この一例は、PIC444に示され、ポケット604を有し、これは、PIC444の断面幅を変動させることによって、応力分散支援するように作用する。断面は、プラグ接触ゾーン58からの距離が増加すると、PIC444へより多くの材料を追加することによって、変動する。これは、プラグ接触ゾーン58からの距離が増加すると、PIC444の剛性を有効に増加させ、屈折ゾーンの増加部分にわたって、応力の分散となる。PIC444は例として示されるが、この変動する断面は、残りのPIC441、442、443、445、446、447、及び448にも適用される。しかしながら、PIC442、443、及び447は、それぞれの外表面62を調整することによって、断面幅が変動するが、一方、PIC441、444、445、446、及び448は、内部ポケット60によってその断面幅が変動する。

0020

PIC44は、クロストークの相対的量を制御し、ならびに屈折の全範囲を占めるようにさまざまに断面幅を変動する。例えば、4極のプラグが挿入された場合、PIC441、442、447、及び448は、PIC443、444、445、及び446よりも多く屈折する。このような屈折の違いは、PIC442と443との間、及び446と447との間の距離が、電気短絡または高電(Hipot)障害リスクを生じるのに十分小さくなるようにすることができる。これらのリスクの潜在性を削減するために、PICの断面幅は、屈折のレベルが変動する場合であっても、隣接するPICの間に十分な距離が残るように変動させ得る。例えば、図6を参照すると、PIC442の外表面622及びPIC443の外表面623は、接触ゾーン58に向かってテーパー形状であることに気づくであろう。このようなテーパー形状は、これらのPICが異なって屈折するとき、それぞれのPICの間の最低距離を増加させることができる。

0021

変動する断面幅に加えて、PIC44は、異なる屈曲特性を採用する。これは、図5の側面図に見ることができる。PIC441及び447は、第1の屈曲特性を有し、PIC443及び445は、第2の屈曲特性を有し、PIC442、444、446、及び448は、第3の屈曲特性を有する。PIC441及び447は、4極のプラグと係合する場合、PIC443及び445より多く屈折する可能性があるため、PIC441及び447は、(PIC443及び445よりも)長い屈折ゾーンを有し、これによって、可塑性変形なく、追加の屈折を持続することを可能にすることができる。

0022

機械弾力性を有することに加えて、所定の事例において、PIC配置の電気性能に注目することが重要であり得る。例えば、異なる信号ペア4:5と3:6との間で発生するクロストークの補正は、プラグペア組み合わせ4:5−3:6が、プラグ内の全てのペア組み合わせのうち最大規模のクロストークを有するようにANSI/TIA−568−C.2基準によって要求されるため、達成することが一般的により困難である。この理由は、ペア4:5は、RJ45プラグ36内で開始し、ジャック34内の第1の補正ゾーンで終了する距離にわたって、スプリットペア3:6の間で走行するからである。したがって、次の検討は、特に、信号ペア4:5及び3:6のために所望される電気性能を取得する際のPIC44の支援能力重点を置く。

0023

RJ45プラグ36内の信号ライン3と信号ライン4との間で発生する容量性及び誘導性カップリングは、異なるペアの組み合わせ4:5と3:6の間のクロストークを付加する。同様に、信号ライン5と信号ライン6との間で発生する容量性及び誘導性カップリングも、異なるペアの組み合わせ4:5と3:6の間のクロストークを付加する。いくつかの方式で、クロストークのマイナス影響を削減することが可能である。第1に、3:4と5:6信号ラインの間で発生する容量性及び誘導性クロストークカップリング初期量を削減することが有利である。これは、プラグ接触ゾーン58とPCB46との間で、PIC443及び445を(図7Aに示される配向に対して)下方へ屈曲させ、かつPIC444及び446を上方へ屈曲させることで達成することができる。PIC443が下方に屈曲し、PIC444が上方に屈曲するため、2つのPICの間の距離57(図5を参照)が増加し、クロストークカップリングの量が減少する。同等の関係は、PIC445と446との間に存在する。

0024

クロストークの初期の量を削減する別の例は、図7Bに示され、ネットワークジャック34(前面筐体を取り外した状態)は、それぞれの近位終端部47及び遠位終端部43を有するPIC44とともに示される。プラグ36がジャック34と係合すると、いくつかの近位終端部47(例えば、PIC441、443、445、及び447に対応する)は、他の近位終端部47(例えば、PIC442、444、446、及び448に対応する)よりも多く屈曲する。このために、隣接するPIC44の間の電気カップリングは、近位終端部47の近辺で削減することができる。

0025

第2に、補正信号を提供することが有利である。3:4及び5:6ペアの間の問題のあるクロストークを補正するために、それぞれ、信号ライン3と5との間、及び信号ライン4と6との間で、補正容量性カップリングが必要である。補正容量性カップリングが問題のあるクロストーク(例えば、RJ45プラグ接触子56)に近ければ近いほど、補正がより効果的であり、したがって、より優れた性能を得ることができる。所望される補正容量性カップリングのうち少なくともいくつかは、それぞれ、PIC446及び443の近接近内にPIC444及び445を位置付けることによって達成することができる。屈折ゾーン内の断面幅の増加によって、PIC44が均一の幅であるよりも、PIC444の外表面624が、PIC446の外表面626(網掛けで示される)により近くなることが可能になる。この相対的近接性によって、信号ライン4と6との間の増加した補正容量性カップリングとなる。同様に、PIC443及び445の増加した幅は、信号ライン3と5との間の増加した補正容量性カップリングとなる。

0026

信号ライン3:4と5:6との間の問題のあるクロストークをさらに削減するために、追加の補正が必要となる場合があるが(この追加の補正は、PCB46上で発生することができる)、PIC44によって提供される補正は、PCB46上で必要とされる場合がある補正量を減少させる。また、有効な補正域をプラグ接触子56により近似させ、これによって、より高い電気的潜在性能となり得る。

0027

図8を参照すると、PIC441とPCB46との間の機械的保持ならびに電気的結合を提供するために、PIC441上でコンプライアントピン64が使用される。コンプライアントピン64は、細長楕円形スリットを有する「針の穴」形状を有し、図8の詳細図に示されるように、材料の厚さを効果的に二重にするために、その上に戻ってヘムが作成される。PIC441は、可塑性変形を発生させずに必要な屈折を得るために十分に薄い材料から製造される。コンプライアントピン64にヘムを作成することで、ヘム領域の強度を増加し、PCB46に対するより強固な界面を提供する。図8は、PIC441だけを示すが、同じコンプライアントピン64は、残りのPICの任意で使用されてもよい。

0028

PIC44の適切な縦方向の移動及び弾力性を確保することに加えて、横方向の移動を少なくとも部分的に抑制するためにも利点であり得る。図9は、前面筐体42の背面等角図を示す。前面くし状部66は、PIC44の間の相対的な離間を制御し、PIC44の交差、電気的短絡、及び/または高電障害が発生し得るに十分相互に近接することを防止するために、前面筐体42に統合される。前面くし状部66は、4または6極プラグが挿入された場合のソリッドプラグ挿入を含めて、屈折の全状態でPIC44がでとくように動かされることを確保するに十分大きい。図10は、図2の前面等角部分区画図を介する正常動作中のPIC44の屈折を示す。この図面において、例示的なRJ45プラグ筐体68は、明確性のために破線で示される。RJ45プラグ36がネットワークジャック34に挿入されると、プラグ接触子56は、示されるように、PIC44と接する。PIC44は、前面くし状部66内部で下方に屈折し、それぞれのプラグ接触子56とPIC44との間の界面で圧力を生じ、データが流れるに十分な電気的接合となる。

0029

ネットワークジャック34及びそのPICの説明中の実施形態の変形は、図11及び12に示される。図11は、PCB46に組み立てられた代替のPIC70を示し、図12は、代替のPIC70を個別に示す。これらの図面に見られるように、PIC70は、ポケット60を含まない。代わりに、少なくともいくつかの事例において、断面幅は、一方の側部から他方へ測定される、それぞれのPICの全体的な幅を調整することによって、異なる。ポケットの省略は、PIC70の製造を単純化することができるが、依然として、屈折ゾーン全体の屈曲応力を分散し、可塑性変形を削減する同様な効果を提供する。

0030

本発明の実施形態に従いPICを有するジャックの別の実施形態は、図13に示される。この図面は、ジャック134の分解図を示し、前面筐体142と、逆転PIC144と、PCB146(いくつかの実施形態では、その上にクロストーク補正構成要素を有することができる)と、IDCサポート148と、IDC150と、背面筐体152と、ワイヤキャップ154とを含む。

0031

図14及び15に示される斜視図、ならびに図16に示される側面図により明確に示されるように、PIC144は、4つの異なるタイプのPIC160、162、162、及び164からなる。これらのPIC144は、上部及び底部の列を介してPCB146に付設される。上部の列は、PIC162及び166を含み、底部の列はPIC160及び164を含む。

0032

図16に示されるように、PIC160及び162は、それぞれ、PCBへの付設点(該PICが係合中に屈折すると、ピボット点でもある)近辺に位置付けられる、下方に面する凹型ループ170及び172を含む。これらのループ170及び172は、ジャック134の機械的性能を増加することができる。具体的には、ジャック134が8極プラグと係合すると、PIC160は、プラグ接触子2及び8とインターフェースし、PIC162は、プラグ接触子1及び7とインターフェースし、PIC164は、プラグ接触子4及び6とインターフェースし、PIC166は、プラグ接触子3及び5とインターフェースする。しかしながら、ジャック134が4極のプラグと係合すると、PIC160及び162は、プラグ本体と接触し、プラグ接触子1、2、3及び4と係合するPIC164及び166よりも高程度の変形になる。ループ170及び172は、PIC160及び162に、増加したビーム長を提供し、追加の偏位に対応することを助け、少なくとも何らかの可塑性変形を潜在的に防止するために必要な垂直抗力を提供することを助ける。同様な利点は、最も外側のPICに最大程度の屈折を経験させる6極プラグの挿入中に実現することができる。

0033

PIC164及び166は、PIC160及び162と同程度の屈折に耐えることが予想されないため、これらのビーム長は、PIC160及び162のビーム長よりも短い可能性がある。より短いビーム長は、製造工程を簡素化することができ、PCB146上に存在するかもしれない任意のクロストーク補正構成要素を、何らかの問題のあるクロストークの発生源により近接させることを助ける場合があるため、ジャック134の電気的性能も改善することができる。

0034

本発明はいくつかの実施形態の面から説明されるが、これらの実施形態は(例示的として表記されている、されていないに関わらず)非限定であり、本発明の範囲内である、代替、変形、及び同等物が存在することに注意されたい。さらに、説明される実施形態は、相互に排他的として解釈されてはならず、そうではなく、このような組み合わせが許容される場合、潜在的に組み合わせ可能として理解されなければならない。また、本発明の方法及び装置を実装する多数の代替方式が存在することにも注意されたい。したがって、以下の請求項は、本発明の趣旨及び範囲内にあるとして、全てのこのような代替、変形、及び同等物を含むとして、解釈されなければならないことが意図される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 京セラ株式会社の「 コネクタ及び電子機器」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題】信号伝送における伝送特性が良好なコネクタを提供する。【解決手段】本発明に係るコネクタ10は、第1インシュレータ20と、接続対象物60と嵌合する第2インシュレータ30と、第1インシュレータ20に... 詳細

  • アルプスアルパイン株式会社の「 固定導電板と弾性導電板を有する電子装置」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題・解決手段】弾性導電板をケース内に、容易に着脱できないように装着でき、大きな応力集中を無くして片持ち梁である弾性腕部の作用長を決めることができる固定導電板と弾性導電板を有する電子装置を提供する。... 詳細

  • ヒロセ電機株式会社の「 回路基板用電気コネクタ」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】簡単な加工で製作でき、ハウジングへの取付けのための複数の取付部を均一で高い精度で加工でき、かつ長期使用においてもハウジングへの取付力を高い状態で維持できるシールド板が取り付けられた回路基板用電... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ