図面 (/)

技術 かつら

出願人 株式会社アデランス
発明者 千藤伸一
出願日 2016年3月15日 (5年7ヶ月経過) 出願番号 2016-050999
公開日 2017年9月21日 (4年1ヶ月経過) 公開番号 2017-166083
状態 特許登録済
技術分野 造花、かつら、仮面、羽毛
主要キーワード 横端面 前端縁近傍 ネット素材 人工毛 部分かつら 取り付け強度 かつら ジグザグ形状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年9月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

装着していることが露見されにくいかつらを提供する。

解決手段

基布4と、基布4の表面4bに植設された表の擬毛8と、基布4の裏面4cに取り付けられた所定の厚みを有する裏毛用部材6と、裏毛用部材6に植設された裏の擬毛10と、を備え、表の擬毛8が、基布4の外周の少なくとも一部である外端縁4aの近傍領域に少なくとも植設され、裏毛用部材6の外側の端面6aが、基布4の外端縁4aから離間した位置に配置され、裏の擬毛10が基布4の外端縁4aから外側へ伸びているかつら2を提供する。

概要

背景

人の頭部に装着するかつらは、かつらベースを構成する基布の表面に擬毛植設することにより形成される。このようなかつらの中には、基布の前端縁が露見するのを防ぐため、基布の前端縁を波形の形状にしたものがある。しかし、この場合、基布の前端縁の耐久性に乏しく、ブラッシング時にかつらがめくり上がる問題が生じる。
これに対処するため、基布の前端縁を波形の形状にする代わりに、基布の裏面側に擬毛を植設して、その擬毛の先端部分がかつらの前端縁から外方へ突出するようにしたかつらが提案されている(例えば、特許文献1参照)。

概要

装着していることが露見されにくいかつらを提供する。基布4と、基布4の表面4bに植設された表の擬毛8と、基布4の裏面4cに取り付けられた所定の厚みを有する裏毛用部材6と、裏毛用部材6に植設された裏の擬毛10と、を備え、表の擬毛8が、基布4の外周の少なくとも一部である外端縁4aの近傍領域に少なくとも植設され、裏毛用部材6の外側の端面6aが、基布4の外端縁4aから離間した位置に配置され、裏の擬毛10が基布4の外端縁4aから外側へ伸びているかつら2を提供する。

目的

本発明は、上記の課題を解決するものであり、装着していることが露見されにくいかつらを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基布と、前記基布の表面に植設された表の擬毛と、前記基布の裏面に取り付けられた所定の厚みを有する裏毛用部材と、前記裏毛用部材に植設された裏の擬毛と、を備え、前記表の擬毛が、前記基布の外周の少なくとも一部である外端縁の近傍領域に少なくとも植設され、前記裏毛用部材の外側の端面が、前記基布の外端縁から離間した位置に配置され、前記裏の擬毛が前記基布の外端縁から外側へ伸びていることを特徴とするかつら

請求項2

前記基布の外端縁が前端縁であり、前記裏毛用部材の外側の端面が前端面であることを特徴とする請求項1に記載のかつら。

請求項3

前記基布の裏面において、前記基布の外端縁及び前記裏毛用部材の外側の端面の間の領域に擬毛が植設されていないことを特徴とする請求項1または2に記載のかつら。

請求項4

裏面側からの平面視において、前記裏毛用部材の外側の端面が波状の形状を有することを特徴とする請求項1から3の何れか1項に記載のかつら。

請求項5

前記基布の外端縁が、一様な凸の曲線形状を有することを特徴とする請求項1から4の何れか1項に記載のかつら。

請求項6

前記裏毛用部材が所定の幅の帯状部材から形成されていることを特徴とする請求項1から5の何れか1項に記載のかつら。

技術分野

0001

本発明は、かつらベース擬毛植設したかつらに関する。

背景技術

0002

人の頭部に装着するかつらは、かつらベースを構成する基布の表面に擬毛を植設することにより形成される。このようなかつらの中には、基布の前端縁が露見するのを防ぐため、基布の前端縁を波形の形状にしたものがある。しかし、この場合、基布の前端縁の耐久性に乏しく、ブラッシング時にかつらがめくり上がる問題が生じる。
これに対処するため、基布の前端縁を波形の形状にする代わりに、基布の裏面側に擬毛を植設して、その擬毛の先端部分がかつらの前端縁から外方へ突出するようにしたかつらが提案されている(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開平8−199412

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に記載のかつらでは、基布の前端縁の露見防止のため、基布の裏面であって、基布の前端縁から後端側に向かって約2cm程度の幅の領域に擬毛を植設し、それらの擬毛の先端部分がかつらの前端縁から外方へ突出するようにしている。
しかし、このようなかつらを装着したとき、基布の裏面及び使用者頭皮密着するので、基布の裏面側に植設された擬毛は、基布の裏面及び頭皮の間に挟み込まれて固定される。よって、擬毛の動きが制限されるために自然な外観を得るのが困難であり、擬毛どうしも重なり合いにくいので、基布の前端縁が露見し易くなる。更に、擬毛が直接基布に植設されるので、玉状の結び目が基布の表面から露見する問題も生じる。以上のように、特許文献1に記載の発明では、かつらを装着していることが露見されるのを充分に防ぐことができない。

0005

本発明は、上記の課題を解決するものであり、装着していることが露見されにくいかつらを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記の課題を解決するため、本発明の1つの実施態様に係るかつらは、
基布と、
前記基布の表面に植設された表の擬毛と、
前記基布の裏面に取り付けられた所定の厚みを有する裏毛用部材と、
前記裏毛用部材に植設された裏の擬毛と、
を備え、
前記表の擬毛が、前記基布の外周の少なくとも一部である外端縁の近傍領域に少なくとも植設され、
前記裏毛用部材の外側の端面が、前記基布の外端縁から離間した位置に配置され、
前記裏の擬毛が前記基布の外端縁から外側へ伸びている。

発明の効果

0007

本発明では、装着していることが露見されにくいかつらを提供することができる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の1つの実施形態に係るかつらを模式的に示す側面断面図である。
本発明に係るかつらの1つの平面形状を示すため、かつらを裏面側から見た模式的な平面図である。
本発明に係るかつらのその他の平面形状を示すため、かつらを裏面側から見た模式的な平面図である。
本発明に係るかつらの裏毛用部材に擬毛を植設する例を模式的に示す側面断面図である。
本発明に係るかつらの一実施例の外形を裏面側から示す図(写真)である。
図5に示す実施例において、基布の前端縁近傍を拡大して示す図(写真)である。
図6に示す基布の前端縁近傍について、裏面側の斜め上方から示す図(写真)である。

発明の詳細な説明

0009

本発明の実施態様1に係るかつらでは、
基布と、
前記基布の表面に植設された表の擬毛と、
前記基布の裏面に取り付けられた所定の厚みを有する裏毛用部材と、
前記裏毛用部材に植設された裏の擬毛と、
を備え、
前記表の擬毛が、前記基布の外周の少なくとも一部である外端縁の近傍領域に少なくとも植設され、
前記裏毛用部材の外側の端面が、前記基布の外端縁から離間した位置に配置され、
前記裏の擬毛が前記基布の外端縁から外側へ伸びている。

0010

ここで、裏面とは、かつら装着時に使用者の頭皮に面する側の面を意味し、表面とは、少なくとも一部の領域に擬毛が植設された外から見える側の面を意味する。
基布の外周の少なくとも一部である外端縁は、基布の全外周の場合もあり得るし、外周の一部、例えば、前頭部に対応する前端縁、後頭部に対応する後端縁側頭部に対応する横端縁の場合もあり得る。基布の外端縁の位置に対応して、裏毛用部材の外側の端面も、全周における外端面、前端面、後端面、横端面の場合があり得る。

0011

かつらを裏面側から見た平面形状において、裏毛用部材の外側の端面は、一様な曲線形状、波状の形状、ジグザグ形状をはじめとする任意の形状を有することができる。裏毛用部材は、その外側の端面及び基布の外端縁の間の領域を除いて、基布と全て重なり合ったシート状の部材の場合もあり得るし、後述するような帯状の部材の場合もあり得るし、それらの中間の基布及び裏毛用部材が重なっている領域と基布だけの領域とが混在する場合もあり得る。
裏毛用部材の外側の端面が基布の外端縁から離間している距離は、常に一定の離間距離の場合もあり得るし、領域によって離間距離が変化する場合もあり得る。また、裏の擬毛は、裏毛用部材の外側の端面に植設されるだけでなく、装着時に頭皮と対面する裏毛用部材の裏面にも植設される場合がある。

0012

本実施態様では、裏毛用部材が所定の厚みを有するので、使用者がかつらを装着したとき、基布の外端縁及び裏毛用部材の外側の端面の間の領域において、基布の裏面と使用者の頭皮との間に空間が形成される。これにより、裏毛用部材に植設された裏の擬毛は、基布と頭皮に挟まれて位置を固定されることがないので、裏の擬毛の動きの自由度が増し、自然な外観を得ることができる。また、裏の擬毛どうしが重なり易くなり、裏の擬毛及び表の擬毛が重なり易くなるので、基布の外縁部が露見しにくくなる。
更に、所定の厚みを有する裏毛用部材に裏の擬毛を植設するので、基布に直接擬毛を植設する場合のように、玉状の結び目が基布の表面から露見する問題も回避できる。
以上のような様々な効果により、本実施態様に係るかつらを用いれば、かつらを装着していることが露見しにくくなる。

0013

本発明の実施態様2に係るかつらは、上記の実施態様1において、
前記基布の外端縁が前端縁であり、
前記裏毛用部材の外側の端面が前端面である。

0014

本実施態様では、基布の外端縁が前端縁であり、裏毛用部材の外側の端面が前端面なので、最も脱毛毛髪生え際が気になる前頭部において、基布の前縁部の露見を防いで、かつら装着の露見を防ぐことができる。

0015

本発明の実施態様3に係るかつらは、上記の実施態様1または2において、
前記基布の裏面において、前記基布の外端縁及び前記裏毛用部材の外側の端面の間の領域に擬毛が植設されていない。

0016

本実施態様では、基布の外端縁及び裏毛用部材の外側の端面の間の領域に擬毛が植設されていないので、裏毛用部材に植設された裏の擬毛の移動を妨げることなく、より自然な外観を得ることができる。また、基布に直接擬毛を植設していないので、玉状の結び目がかつらの表面から露見する問題も回避できる。

0017

本発明の実施態様4に係るかつらは、上記の実施態様1から3の何れかにおいて、
裏面側からの平面視において、前記裏毛用部材の外側の端面が波状の形状を有する。

0018

本実施態様では、裏毛用部材の外側の端面が波状の形状を有するので、裏毛用部材に植設された裏の擬毛が、波状の形状に沿って様々な角度で基布の外側へ伸びる。よって、裏の擬毛どうしがより重なり易くなり、表の擬毛ともより重なり易くなる。これにより、より自然な外観を得ることができ、基布の外縁部がより露見しにくくなる。

0019

本発明の実施態様5に係るかつらは、上記の実施態様1から4の何れかにおいて、
前記基布の外端縁が、一様な凸の曲線形状を有する。

0020

ここで、一様な凸の曲線形状とは、凹凸形状が切り替わる変曲点を有さない曲線形状を意味する。
上記のように裏の擬毛によって基布の外縁部が露見しにくくするとともに、本実施態様では、基布の外端縁が一様な凸の曲線形状を有するので、充分な耐久性を有し、ブラッシング時にかつらがめくり上がる問題も抑制できる。

0021

本発明の実施態様6に係るかつらは、上記の実施態様1から5の何れかにおいて、
前記裏毛用部材が所定の幅の帯状部材から形成されている。

0022

本実施態様では、裏毛用部材が所定の幅の帯状部材から形成されているので、必要な領域にだけ、裏毛用部材を容易に低い製造コストで設けることができる。

0023

次に、本発明の具体的な実施形態に係るかつらについて、以下に図面を用いながら詳細に説明する。ここでは、前頭部に対応するかつらの前側に裏毛用部材が取り付けられた場合を例にとって、具体的な実施形態の説明を行う。
(1つの実施形態に係るかつらの説明)
(断面形状)
はじめに、図1を参照しながら、本発明の1つの実施形態に係るかつら2の主に断面形状及び構造を説明する。図1は、本発明の1つの実施形態に係るかつら2を模式的に示す側面断面図である。(a)は、かつら2を使用者が装着したところを示し、(b)は、かつら2の基布4の前端縁4a近傍及び裏毛用部材6の設置領域を拡大して示す。なお、図1(b)では、植設された擬毛の記載を省略して示してある。

0024

本実施形態に係るかつら2は、基布4と、基布4の裏面4cに取り付けられた裏毛用部材6を有するかつらベース20を備える。かつらベース20の基布4の表面4bに表の擬毛8が植設される。表の擬毛8は、少なくとも基布4の前端縁4aの近傍領域に植設されており、前頭側にだけ擬毛が植設された部分かつらの場合も、全領域に擬毛が植設された全頭かつらの場合もあり得る。

0025

かつらベース20の基布4の裏面4cに取り付けられた裏毛用部材6には、裏の擬毛10が植設される。表の擬毛8及び裏の擬毛10は、人毛や、合成繊維で作った人工毛から形成することができる。用途に応じて、表の擬毛8及び裏の擬毛10を同一の毛髪で形成することもできるし、異なる毛髪で形成することもできる。擬毛8、10を植設するのは、既知の任意の手段を用いることができる。

0026

かつらベース20の基布4は、例えば、合成樹脂材料天然材料からなるネット素材から形成することができ、ネットメッシュの開口に表の擬毛8を通して、メッシュの枠部材フィラメント)に結びつけて植設することができる。図1(a)には、結びつけたことによる結び目8aが示されている。この結び目は玉状の形状を有するので、結び玉と称することもできる。もし、擬毛を基布4の裏面4cから植設した場合には、反対側の表面4bから視認可能となる。
なお、基布4は、ネット素材に加えて、合成樹脂材料や天然材料からなる織物シート部材人工皮革等を重ねることもでききる。

0027

図1(b)に示すように、裏毛用部材6は厚みtを有する(つまり、厚み寸法がtであり)部材であり、例えば、裏面4cから見た平面図である図2または図3に示すように、裏毛用部材6として、所定の幅の帯状の部材を採用することができる。厚みとしては、0.2〜1mmを例示することができるが、これに限られるものではない。

0028

裏毛用部材6は、例えば、合成樹脂材料や天然材料からなるネット素材から形成することができる。この場合、基布4に用いるネット素材よりも目の細かいネット素材を用いることが考えられる。更に、ネット素材に加えて、成樹脂材料や天然材料からなる織物やシート部材等を重ねることもできる。これにより、裏毛用部材6の厚みを増やすこともできる。

0029

裏毛用部材6の基布4への取り付け方法は、縫製による場合が考えられる。特に、基布4及び裏毛用部材6がネット素材で形成されている場合には、容易に確実に両者を結合することができる。なお、用途によっては、接着剤を用いたり、熱溶着等で裏毛用部材6を基布4へ取り付けることもできる。

0030

本実施形態では、裏毛用部材6の前端面6aが、基布4の前端縁4aから距離Lだけ離間した位置に配置されている。距離Lは、常に一定の場合もあり得るし、領域によって異なる値となる場合もあり得る。
基布4及び裏毛用部材6を裏面側から見た平面形状は、例えば、図2に示すように、波形の形状を有する場合も、図3に示すように、基布4の前端縁4aに対して一様に凸な曲線形状を有する場合もあり得る。詳細は後述するが、図2に示すように波形の形状を有している場合には、Lの値は周期的に変化し、図3に示すように一様に凸な曲線の場合には、Lの値はほぼ一定になる。

0031

裏毛用部材6がネット素材から形成されている場合には、表の擬毛8を基布4に植設する場合と同様に、ネットのメッシュの開口に裏の擬毛10を通して、メッシュの枠部材(フィラメント)に結びつけて植設することができる。図1(a)には、結びつけたことによる結び目(結び玉)10aが示されている。

0032

次に、図4を参照しながら、裏毛用部材6に裏の擬毛10を植設する態様を説明する。図4は、本発明に係るかつら2の裏毛用部材6に裏の擬毛10を植設する例を模式的に示す側面断面図である。なお、図4では、植設された表の擬毛8の記載を省略して示してある。
図4(a)に示すように、裏の擬毛10が裏毛用部材6の前端面6aにだけ植設される場合もあり得るし、図4(b)に示すように、裏の擬毛10が裏毛用部材6の前端面6a及び装着時に頭皮と対面する裏面6bに植設される場合もあり得る。

0033

何れの場合においても、図1(a)、図4(a)、(b)に示すように、裏毛用部材6に植設された裏の擬毛10は、基布4の前端縁4aから外側へ伸びている。これにより、基布4の表面4bに植設された表の擬毛8と混在するようになっている。

0034

以上のように、本実施形態では、裏毛用部材6の前端面6aが基布4の前端縁4aから離間した位置に配置され、裏毛用部材6が厚みtを有するので、使用者がかつら2を装着したとき、基布4の前端縁4a及び裏毛用部材6の前端面6aの間の領域において、図1(a)、(b)の矢印Aで示すように、基布4の裏面4cと使用者の頭皮30との間に空間が形成される。これにより、裏毛用部材6に植設された裏の擬毛10は、基布4及び頭皮30に挟まれて位置を固定されることがないので、裏の擬毛10の動きの自由度が増し、自然な外観を得ることができる。また、裏の擬毛10どうしが重なり易くなり、裏の擬毛10及び表の擬毛8が重なり易くなるのでるので、基布4の前端縁4aが露見しにくくなる。
特に、髪の毛を後ろ側に流すヘアスタイルの場合には、裏の擬毛10どうしの重なり合いにより、基布4の前端縁4aの露見を効果的に防止できる。一方、髪の毛を前に垂らすヘアスタイルの場合には、裏の擬毛10及び表の擬毛8の重なり合いにより、基布4の前端縁4aの露見を効果的に防止できる。

0035

もし、裏の擬毛10を、基布4の裏面4cに植設した場合には、反対側の表面4bから、結び目(結び玉)10aが視認可能となる。
しかし、本実施形態では、厚みtを有する裏毛用部材6に裏の擬毛10を植設するので、基布4に直接擬毛を植設する場合のように、結び目(結び玉)10aが基布4の表面4bから露見する問題を回避できる。
以上のような様々な効果により、本実施形態に係るかつら2を用いれば、かつら2を装着していることが露見しにくくなる。

0036

図1(a)、図4(a)、(b)から明らかように、基布4の裏面4cにおいて、基布4の前端縁4a及び裏毛用部材6の前端面6aの間の領域には、擬毛が植設されていない。
これにより、裏毛用部材6に植設された裏の擬毛10の移動を妨げることなく、より自然な外観を得ることができる。また、基布4に直接擬毛を植設していないので、結び目(結び玉)がかつら2の表面から露見する問題も回避できる。

0037

ただし、領域によっては、実用上、裏毛用部材6に植設された裏の擬毛10の移動を妨げることがないという範囲において、基布4の前端縁4a及び裏毛用部材6の前端面6aの間の領域に、所定量の裏の擬毛10を植設する場合もあり得る。

0038

距離Lとしては、2〜20mmを例示することができるが、これに限られるものではない。距離Lが長い方が裏の擬毛10の動きの自由度が高まる。一方、裏毛用部材6の前端面6aから基布4の前端縁4a側に向かうにつれて、上方の表の擬毛8が植設された基布4は、その自重で下側(かつら装着時では頭皮側)に垂れる傾向が生じる。よって、距離Lが長くなりすぎると、自然な外観を得るのに最も重要な基布4の前端縁4a付近において、裏の擬毛10が、垂れた基布4の裏面4c及び頭皮30の間で拘束される可能性が生じる。更に、距離Lが長すぎると、裏の擬毛10が、望まない方向に伸びていく可能性も生じる。
これらを総合的に考慮すると、距離Lは、2〜12mmが好ましく、2〜8mmがより好ましい。

0039

(平面形状)
次に、図2を参照しながら、本発明の1つの実施形態に係るかつらの主に平面形状を説明する。図2は、本発明に係るかつらの1つの平面形状を示すため、かつらを裏面側から見た模式的な平面図である。

0040

<基布4の平面形状>
はじめに、基布4の平面形状について説明する。基布4の全体形状は、部分かつらであるか全頭かつらであるか、またその用途に応じて、任意の平面形状を有することができる。
本実施形態では、基布4の前端縁4aが、一様な凸の曲線形状を有している。ここで、一様な凸の曲線形状とは、凹凸形状が切り替わる変曲点を有さない曲線形状を意味する。

0041

本実施形態では、基布4の前端縁4aが一様な凸の曲線形状を有するので、基布4の前端縁4aが波形の場合に比べて、充分な耐久性を有し、ブラッシング時にかつらがめくり上がる問題も抑制できる。一方、基布4の前端縁4aが一様な凸の曲線形状の場合、波形の場合に比べて、基布4の前端縁4aが露見し易い傾向となるが、上述の裏の擬毛10及び表の擬毛8が重なり合い等により、基布4の前縁部4aの露見を充分に抑制することができる。これにより、充分な強度を有しながら、装着していることが露見しにくいかつら2を実現できる。

0042

ただし、基布4の前端縁4aが一様な凸の曲線形状を有する場合に限られるものではない。例えば、かつらの強度に問題の生じない範囲において、基布4の前端縁4aにゆるいまたはわずかな波形の形状を持たせることもできる。また、基布4の前端縁4aの近傍に、強度を増すための芯材補強部材を付加して、形状による強度低下を補うこともできる。

0043

<裏毛用部材6の1つの平面形状>
次に、裏毛用部材6の1つの平面形状を説明すると、図2に示すように、裏毛用部材6が幅B(幅寸法の値がB)の帯状部材から形成されている。図2に示す裏毛用部材6の幅寸法Bの値は概ね同一あるが、波形状の凹凸に応じて、若干値が増減する場合もあり得る。幅Bの値として、2〜20mmを例示できるが、これに限られるものではない。基布4への充分な取り付け強度が得られ、充分な量の裏の擬毛10を植設できる幅寸法であれば、その他の任意の値を採用することができる。
帯状の裏毛用部材6を配置する範囲は、かつらの前頭部に対応する領域の場合もあり得るし、かつらの全周であってもよい。

0044

本実施形態では、裏毛用部材6が幅Bの帯状部材から形成されているので、必要な領域にだけ、裏毛用部材6を容易に低い製造コストで設けることができる。

0045

図2に示す裏毛用部材6の平面形状を更に詳細に説明すると、裏面側からの平面視において、裏毛用部材6の前端面6aが波状の形状を有している。また、裏毛用部材6の前端面6aが、基布4の前端縁4aから距離Lだけ離間して配置されている。本実施形態における距離Lは周期的に変動し、波状の凸の頂点で最小となり、波状の凹の底で最大となる。基布4の前端縁4a(外形)及び裏毛用部材6の前端面6aの波状の形状の間の裏面4cには、擬毛が植設されていない。

0046

裏毛用部材6に植設された裏の擬毛10が、このような裏毛用部材6の前端面6aの波状の形状に沿って、様々な角度で基布4の外側へ伸びる。例えば、波形の基布4の前端縁4aに対して凸の領域では、裏の擬毛10が放射状に広がり、凹の領域では、裏の擬毛10が互いに交差するように伸びる。これにより、裏の擬毛10どうしがより重なり易くなり、表の擬毛8ともより重なり易くなる。これにより、より自然な外観を得ることができ、基布4の前縁部4aがより露見しにくくなる。

0047

仮に、裏の擬毛10が互いに平行に植設された場合、かつらの使用時に、一部の裏の擬毛10が互いに絡まった場合、一部が束のようになり、その周囲に擬毛が存在しない不自然が外観となる可能性がある。本実施形態では、予め裏の擬毛10が異なる角度で植設されている(ばらける)ので、そのような不自然が外観となるのを未然に防ぐことができる。

0048

裏毛用部材6の前端面6aの波状の形状に沿って、同一のピッチで裏の擬毛10を植設した場合、波状の凸の領域では擬毛どうしが放射状に広がり、波状の凹の領域では擬毛どうしが互い交差するので、裏の擬毛10の密度にばらつきが生じる。よって、毛髪が不規則にばらついて存在することにより、より自然な外観を得ることができる。

0049

<裏毛用部材6のその他の平面形状>
図1に示す断面図に対応する平面形状は、図2に示す形状に限られず、図3に示すようなその他の平面形状も考えられる。図3は、本発明に係るかつらのその他の平面形状を示すため、かつらを裏面側から見た模式的な平面図である。次に、図3を参照しながら、裏毛用部材6のその他の平面形状を説明する

0050

基布4の平面形状については、図2に示す場合と同様であり、更なる説明は省略する。また、図2に示す場合と同様に、裏毛用部材6が幅B(幅寸法の値がB)の帯状部材から形成されている。よって、図2に示す場合と同様に、必要な領域にだけ、裏毛用部材6を容易に低い製造コストで設けることができる。

0051

図2に示す場合と異なるのは、裏面側からの平面視において、基布4の前端縁4aに向かって凸の一様な曲線形状を有している点である。本実施形態では、波状の形状の場合のように、植設された裏の擬毛10の向きに変化を付けることはできないが、基布4の前端縁4a及び裏毛用部材6の前端面6aの間の領域において、裏の擬毛10が自由に移動できるので、かつら装着の露見を防止できる自然な外観を得ることができる。

0052

(その他の実施形態)
図2及び図3に示す平面形状では、裏毛用部材6が帯状部材から形成されているが、これに限られるものではない。基布4の前端縁4a及び裏毛用部材6の前端面6aの間の領域を除いて、基布4及び裏毛用部材6が全て重なり合っている場合もあり得るし、基布4及び裏毛用部材6が重なっている領域と基布4だけの領域とが混在する場合もあり得る。
上述の実施形態では、裏毛用部材6の前端面6aが基布4の前端縁4aから離間して配置されており、かつらの前頭部に対応する領域において、基布4の前端縁4aが露見するのを防いでいる。しかし、かつらの前頭部だけでなく、後頭部、側頭部をはじめとするその他の領域、または全周領域において、裏毛用部材の外側の端面が基布の外端縁から離間して配置されるようにすることもできる。

0053

(実施例)
次に、図1及び図2に示す実施形態に基づき、実際に製造したかつらの実施例について、図5から図7を参照しながら説明する。図5は、かつらの一実施例の外形を裏面側から示す図(写真)であり、図6は、図5に示す実施例において、基布の前端縁近傍を拡大して示す図(写真)であり、図7は、図6に示す基布の前端縁近傍について、裏面側の斜め上方から示す図(写真)である。

0054

図5では、紙面で上側が前頭部側に対応する。前頭部の領域において、帯状の裏毛用部材の波形の前端面が、基布の前端縁から離間した位置に配置され、その他の領域では、裏毛用部材の外側の端面及び基布の外端縁の位置が一致するように取り付けられている。
図6及び図7から、裏毛用部材の厚みにより、基布の前端縁及び裏毛用部材の前端面の間に、裏の擬毛が自由に移動できる空間が形成されるのが明らかである。

0055

以上のように、本発明の実施の形態を説明したが、開示内容は構成の細部において変化してもよく、実施の形態における要素の組合せや順序の変化等は請求された本発明の範囲および思想を逸脱することなく実現し得るものである。

0056

2かつら
4基布
4a前端縁
4b 表面
4c 裏面
6 裏毛用部材
6a前端面
6b 裏面
8 表の擬毛
8a結び目(結び玉)
10 裏の擬毛
10a 結び目(結び玉)
20 かつらベース
30頭皮
A 基布の裏面と使用者の頭皮との間の空間
t 裏毛用部材の厚み
L 基布の前端縁及び裏毛用部材の前端面の間の距離
B 裏毛用部材の幅

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社MOGUの「 ヘアエクステンション」が 公開されました。( 2021/08/12)

    【課題】自毛髪に容易かつ安全に装着することができると共に、自毛髪と見分けが付かないほど自然な仕上がりと違和感のない装着感を実現し得るヘアエクステンションを提供する。【解決手段】複数本の繊維20aを束ね... 詳細

  • 天白由香里の「 増毛セット及び増毛セットの製造方法」が 公開されました。( 2021/08/10)

    【課題】簡単に実施することができ、しかも、自毛に人工毛を確実に取り付けることが可能であって、家庭でも利用することのできる増毛セットの製造方法を提供する。【解決手段】人工毛部材11に第1の引き締め固定部... 詳細

  • ロレアルの「 つけまつげおよびそれを製造するための方法」が 公開されました。( 2021/08/10)

    【課題】低コストで効率よく、具体的には自動的に生産することができる、外観の良いつけまつげを提供する。【解決手段】本発明は、複数の別個のまつげ繊維(10)と、複数のまつげ繊維(10)にわたって延び、複数... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ