図面 (/)

技術 エアバッグ、エアバッグ装置及び自動車

出願人 JoysonSafetySystemsJapan株式会社
発明者 宮田保人安部和宏早川真司
出願日 2016年2月29日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2016-037413
公開日 2017年9月7日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2017-154535
状態 特許登録済
技術分野 エアバッグ
主要キーワード 阻害部材 初期排気 自由膨張 フラップ状 両側一対 干渉物 センターパネル 樹脂プレート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年9月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

解決手段

エアバッグ1は、助手席7とインストルメントパネル5との間で膨張展開する助手席用のエアバッグであり、サイドベントホール19とフロントベントホール20とを有する。インストルメントパネル5への近接乗員が存在する状態でインフレータ2が作動すると、フロントベントホール20付近ウィンドシールド6から離隔した状態でバルブ布22fがフロントベントホール20を開放させる。

概要

背景

助手席用エアバッグ装置は、インストルメントパネル内に収容され、緊急時にエアバッグ膨張展開して、助手席乗員拘束する。

特許文献1,2には、インストルメントパネル近接した助手席乗員を考慮した助手席用エアバッグ装置が記載されている。

特許文献3には、エアバッグが膨張した状態においてエアバッグの前面であって、且つウィンドシールド及びインストルメントパネルのいずれにも接しない位置にベントホールが設けられているエアバッグが記載されている。

概要

インストルメントパネルへの近接乗員を考慮した新規構成のエアバッグ及びエアバッグ装置を提供する。エアバッグ1は、助手席7とインストルメントパネル5との間で膨張展開する助手席用のエアバッグであり、サイドベントホール19とフロントベントホール20とを有する。インストルメントパネル5への近接乗員が存在する状態でインフレータ2が作動すると、フロントベントホール20付近がウィンドシールド6から離隔した状態でバルブ布22fがフロントベントホール20を開放させる。

目的

本発明は、上記従来の実状に鑑みてなされたものであり、干渉物がインストルメントパネルに近接している状態で助手席用エアバッグが膨張開始した場合、エアバッグ内のガスを速やかに排出させ、干渉物に対する入力を低減する助手席用のエアバッグ及びエアバッグ装置と、このエアバッグ装置を備えた自動車を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車両の助手席前方のインストルメントパネルに設置される助手席用エアバッグであって、ウィンドシールドとの接触状態に応じてエアバッグ本体からのガス排出量可変となることを特徴とするエアバッグ。

請求項2

請求項1において、前記エアバッグ本体の前記ウィンドシールド側にガス排出孔が設けられていることを特徴とするエアバッグ。

請求項3

請求項2において、前記エアバッグ本体の外面側に、前記ガス排出孔からのガスの排出を阻害する阻害部材が設けられていることを特徴とするエアバッグ。

請求項4

請求項3において、前記阻害部材の少なくとも一部が前記エアバッグ本体と前記ウィンドシールドとの間に挟まれて前記ガス排出孔を閉鎖した状態とすることを特徴とするエアバッグ。

請求項5

請求項3又は4において、前記阻害部材はフラップ状であり、前縁側がエアバッグに縫合されていることを特徴とするエアバッグ。

請求項6

請求項5において、前記エアバッグ本体の上面部に上面パッチクロスが設けられ、該上面パッチクロスから前記阻害部材が延出していることを特徴とするエアバッグ。

請求項7

請求項3又は4において、前記阻害部材は、少なくとも一対の辺縁部がエアバッグに縫合されていることを特徴とするエアバッグ。

請求項8

請求項1乃至7のいずれか1項に記載のエアバッグと、該エアバッグにガスを供給するインフレータと、を備えることを特徴とするエアバッグ装置

請求項9

請求項8のエアバッグ装置を搭載した自動車

請求項10

請求項1において、前記エアバッグの前面部のうち、該エアバッグが最終展開形状膨張展開した状態において前記ウィンドシールド及び前記インストルメントパネルのいずれにも接しない部分にガス排出孔が設けられていることを特徴とするエアバッグ。

技術分野

0001

本発明は、自動車助手席乗員衝突時等に拘束するためのエアバッグ及びエアバッグ装置と、この助手席用エアバッグ装置を備えた自動車に関する。なお、本発明において、前後・上下・左右の方向は、特に断らない限り、車両の前後・上下・左右の方向に対応するものである。

背景技術

0002

助手席用エアバッグ装置は、インストルメントパネル内に収容され、緊急時にエアバッグを膨張展開して、助手席乗員を拘束する。

0003

特許文献1,2には、インストルメントパネル近接した助手席乗員を考慮した助手席用エアバッグ装置が記載されている。

0004

特許文献3には、エアバッグが膨張した状態においてエアバッグの前面であって、且つウィンドシールド及びインストルメントパネルのいずれにも接しない位置にベントホールが設けられているエアバッグが記載されている。

先行技術

0005

特開2003−200803号公報
特開2006−27374号公報
特開2001−260800号公報

発明が解決しようとする課題

0006

従来の助手席用エアバッグ装置は、インフレータが作動してエアバッグが膨張開始した後は、ほぼ膨張完了状態になるまでエアバッグ内のガスがベントホールから排出されなかった。そのため、膨張開始当初からエアバッグの内圧が高くなり、インストルメントパネルに干渉物が近接していると、干渉物への入力が大きくなっていた。

0007

本発明は、上記従来の実状に鑑みてなされたものであり、干渉物がインストルメントパネルに近接している状態で助手席用エアバッグが膨張開始した場合、エアバッグ内のガスを速やかに排出させ、干渉物に対する入力を低減する助手席用のエアバッグ及びエアバッグ装置と、このエアバッグ装置を備えた自動車を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明のエアバッグは、車両の助手席前方のインストルメントパネルに設置される助手席用のエアバッグであって、ウィンドシールドとの接触状態に応じてエアバッグ本体からのガス排出量可変となることを特徴とする。

0009

本発明の一態様では、前記エアバッグ本体の前記ウィンドシールド側にガス排出孔が設けられている。

0010

本発明の一態様では、前記エアバッグ本体の外面側に、前記ガス排出孔からのガスの排出を阻害する阻害部材が設けられている。

0011

本発明の一態様では、前記阻害部材の少なくとも一部が前記エアバッグ本体と前記ウィンドシールドとの間に挟まれて前記ガス排出孔を閉鎖した状態とする。

0012

本発明の一態様では、前記阻害部材はフラップ状であり、前縁側がエアバッグに縫合されている。

0013

本発明の一態様では、前記エアバッグ本体の上面部に上面パッチクロスが設けられ、該上面パッチクロスから前記阻害部材が延出している。

0014

本発明の一態様では、前記阻害部材は、少なくとも一対の辺縁部がエアバッグに縫合されている。

0015

本発明のエアバッグ装置は、本発明のエアバッグと、該エアバッグにガスを供給するインフレータとを備える。

0016

本発明の自動車は、かかるエアバッグ装置を搭載したものである。

0017

本発明の別態様のエアバッグは、前記エアバッグの前面部のうち、該エアバッグが最終展開形状に膨張展開した状態において前記ウィンドシールド及び前記インストルメントパネルのいずれにも接しない部分にガス排出孔が設けられている。

発明の効果

0018

本発明のエアバッグ装置にあっては、干渉物がインストルメントパネルに近接した状態にあるときにインフレータが作動すると、エアバッグが最終展開形状にまで膨張するよりも早い段階でエアバッグが干渉物と接触する。この場合、エアバッグ本体のウィンドシールド側に設けられたガス排出孔付近はウィンドシールドに接しておらず、ウィンドシールドから離反している。そのため、干渉物と接触したエアバッグ内のガスは、ガス排出孔から流出する。これにより、初期排気量が多くなる。このように、本発明のエアバッグ及びエアバッグ装置は、インストルメントパネルに近接した干渉物への入力を低減した構成となっている。

図面の簡単な説明

0019

実施の形態に係るエアバッグ装置の側面図である。
実施の形態に係るエアバッグの下面図、側面図、及び上面図である。
実施の形態に係るエアバッグの一部の斜視図である。
図2のIV−IV線断面図である。
別の実施の形態に係るエアバッグの一部の構成図である。

実施例

0020

以下、図1図4を参照して、第1の実施の形態に係るエアバッグ装置について説明する。図1は、実施の形態に係るエアバッグを膨張展開させた時のエアバッグ装置の側面図である。図2は、図1に示したエアバッグを示す図であり、(a)は下面図、(b)は側面図、(c)は上面図である。図3フロントベントホール付近の斜視図である。図4図2のIV−IV線断面図である。

0021

本実施の形態に係るエアバッグ装置は、通常時は折り畳まれており緊急時に膨張展開されるエアバッグ1と、エアバッグ1にガスを供給するインフレータ2と、エアバッグ1及びインフレータ2を固定するリテーナ3等を備える。このエアバッグ装置は、助手席用エアバッグ装置であり、助手席7の前方に配置されたインストルメントパネル5に収容される。エアバッグ1は、乗員P、インストルメントパネル5及びウィンドシールド6により囲まれた空間に膨張展開される。エアバッグ1の左右の両側面にサイドベントホール19が設けられ、前面にフロントベントホール20が設けられている。

0022

インフレータ2は、略円柱形状の外形をなし、エアバッグ1に内包された先端部の側周面にガス噴出口が形成されている。インフレータ2は、リテーナ3に形成された開口部に嵌め込まれてバッグリング等の固定手段によりリテーナ3に固定されている。ただし、インフレータ2の形状及び固定方式はこれに限定されない。

0023

エアバッグ1は、エアバッグ本体10と、エアバッグ本体10の下面部10bに配置された下面パッチクロス21と、エアバッグ本体10の上面部10cに配置された上面パッチクロス22と、エアバッグ本体10の側面部10dに配置された側面パッチクロス23と、を有し、下面パッチクロス21、上面パッチクロス22及び側面パッチクロス23によりエアバッグ本体10の前方部分の外表面が被覆されている。

0024

エアバッグ1は、乗員Pのほぼ正面に膨張展開される。エアバッグ本体10の正面部10aは、乗員Pに対向する。エアバッグ本体10の上面部10cは、乗員Pとは反対側の基端部10eから、ウィンドシールド6に沿って正面部10aの上方まで延びる。下面部10bは、基端部10eからインストルメントパネル5の上面部に沿って延び、さらに正面部10aの下方まで延びる。両側一対の側面部10dは、これら正面部10a、下面部10b、及び上面部10cで囲まれた部分の両側部を覆う。

0025

ここで、図2は、図1に示したエアバッグ装置からエアバッグ1を取り外して膨張展開させた状態を図示したものである。即ち、図2では、エアバッグ1はリテーナ3に固定されておらず、エアバッグ1の膨張展開形状は、ウィンドシールド6やインストルメントパネル5に当接しない自由膨張形状となっている。

0026

エアバッグ本体10は、例えば、正面部10a、下面部10b及び上面部10cを構成するセンターパネル11と、センターパネル11の両側に縫合され、側面部10dを構成する一対のサイドパネル12と、により構成されている。センターパネル11及びサイドパネル12を縫合部13によって縫合し、センターパネル11の両端部を縫合部14によって縫合することにより、エアバッグ本体10が構成される。

0027

図2(a)〜(c)の各図において、説明の便宜上、下面パッチクロス21、上面パッチクロス22及び側面パッチクロス23にドットを付してある。なお、エアバッグ本体10のパネル構成は図示したものに限定されない。

0028

図2(a)の通り、エアバッグ本体10の下面部10bには、センターパネル11に重なるように下面パッチクロス21が配置されている。下面パッチクロス21は、両側部が縫合部13によってエアバッグ本体10に縫合され、前端部が縫合部14によってエアバッグ本体10に縫合され、後端部が縫合部15によってセンターパネル11に縫合されている。また、センターパネル11の下面部10b及び下面パッチクロス21には、インフレータ2を挿通させるためのインフレータ用開口部18が形成されている。

0029

なお、センターパネル11の両端部には、位置合わせ用タブTが形成されていてもよい。このタブTを重ね合わせてピンで固定することによりエアバッグ本体10を固定し、所定の縫合を行うように構成されていてもよい。

0030

図2(b)の通り、サイドパネル12には、側面パッチクロス23が配置されている。側面パッチクロス23は、図2(a)及び(c)に示したように、縫合部13によってエアバッグ本体10に縫合されるとともに、図2(a)〜(c)に示したように、後端部側が縫合部16によってサイドパネル12に縫合されている。サイドパネル12の縫合部16より後方側に、サイドベントホール19が設けられている。

0031

図2(c)の通り、エアバッグ本体10の上面部10cには、センターパネル11に重なるように上面パッチクロス22が配置されている。上面パッチクロス22は、両側部が縫合部13によってエアバッグ本体10に縫合され、前端部が縫合部14によってエアバッグ本体10に縫合され、後端部が縫合部17によってセンターパネル11に縫合されている。

0032

この縫合部17は、フロントベントホール20の前縁近傍において左右方向に延在している。上面パッチクロス22の後縁からは、フロントベントホール20に被さるフラップ状のバルブ布22fが後方に延出している。バルブ布22fの左右の側縁及び後縁はセンターパネル11には縫合されておらず、バルブ布22fはフロントベントホール20に被さった閉鎖状態と、フロントベントホール20から離反した開放状態とをとりうるようになっている。

0033

下面パッチクロス21、上面パッチクロス22及び側面パッチクロス23は、例えば、エアバッグ本体10を構成する基布(センターパネル11及びサイドパネル12)と同じ素材により構成される。この基布は、例えば、ナイロン糸ポリエステル糸等からなる織布であり、一方の面がシリコン等のコーティング剤を塗布したコート面となっている。下面パッチクロス21、上面パッチクロス22及び側面パッチクロス23の外表面、すなわちエアバッグ本体10と対向する面とは反対側の面が、コート面となっている。

0034

このようなエアバッグ1のインフレータ用開口部18及びリテーナ3に形成された開口部にインフレータ2を嵌め込み、バッグリング等の固定手段によりインフレータ2をエアバッグ1と共にリテーナ3に固定する。エアバッグ1は折り畳まれ、折り畳み体がリテーナ3内に収容されて、エアバッグ装置が構成される。

0035

このエアバッグ装置を搭載した自動車が衝突した場合、インフレータ2が作動し、インフレータ2からエアバッグ1内にガスが供給され、エアバッグ1がインストルメントパネル5から膨出する。

0036

図1(a)のように、乗員Pが助手席7のシートバックに背を当てるようにして座っているなどして乗員Pがインストルメントパネル5から離隔している場合には、エアバッグ1はインストルメントパネル5、ウィンドシールド6及び乗員Pで囲まれた空間に膨張展開する。最終展開形状まで膨張展開したエアバッグ1のフロントベントホール20付近はウィンドシールド6に接しており、バルブ布22fはウィンドシールド6とエアバッグ本体10の上面部10cとの間に挟まれ、フロントベントホール20を閉鎖している。この状態でエアバッグ1が乗員Pと接触すると、エアバッグ1内のガスはサイドベントホール19から流出する。

0037

図1(b)のように、乗員Pがインストルメントパネル5に近接した状態にあるときにインフレータ2が作動すると、エアバッグ1が最終展開形状にまで膨張するよりも早い段階でエアバッグ1が乗員Pに接触する。

0038

この場合、エアバッグ1のフロントベントホール20付近はまだウィンドシールド6に接しておらず、ウィンドシールド6から離反している。そのため、乗員Pに接触したエアバッグ1内のガスは、サイドベントホール19から流出するだけでなく、バルブ布22fを押してエアバッグ上面部10cから離反させ、フロントベントホール20からも流出する。

0039

このように、このエアバッグ装置は、エアバッグ1とウィンドシールド6との接触状態によって、エアバッグ本体10のウィンドシールド側6に設けられたガス排出孔(フロントベントホール20)からのガス排出量が可変するようになっており、インストルメントパネル5に近接した乗員を考慮した構成となっている。

0040

図1(b)は乗員Pがインストルメントパネル5に近接した状態を示しているが、子供等の小柄乗員やチャイルドシート等の他の干渉物がインストルメントパネル5に近接している場合も、エアバッグ1内のガスはフロントベントホール20から流出し、干渉物への入力を低減できる。

0041

上記実施の形態では、バルブ布22fが上面パッチクロス22と一体に設けられているが、上面パッチクロスとは別体の布よりなるバルブ布を設けてもよい。この場合、バルブ布の他の部分がエアバッグに縫合されてもよい。

0042

図5は、その一例を示すものであり、(a)はフロントベントホール20及びバルブ布30付近の斜視図、(b)は(a)のVb−Vb線断面図、(c)は(b)のVc−Vc線断面図、(d)はバルブ布30がフロントベントホール20に被さった状態を示す(c)と同一部分の断面図である。

0043

このバルブ布30は、エアバッグ1Aの外面側に配置され、左側縁部30a、右側縁部30b、及び前縁部30cが縫合部31によってエアバッグ1Aのセンターパネル11に縫着されている。なお、前縁部30cは縫着されなくてもよい。

0044

センターパネル11に縫着した状態において、バルブ布30の左側縫合部31aから右側縫合部31bまでの長さは、センターパネル11の左側縫合部31aから右側縫合部31bまでの長さよりも大きい。そのため、エアバッグ1Aのフロントベントホール20付近がウィンドシールドと接していない状態でエアバッグ1A内のガス圧がバルブ布30に作用すると、図5(a)〜(c)の通り、バルブ布30はフロントベントホール20付近から離反し、フロントベントホール20を通ってガスGが流出する。

0045

フロントベントホール20付近がウィンドシールド6に接しているときには、図5(d)の通り、バルブ布30はセンターパネル11のフロントベントホール20付近に重なり、フロントベントホール20を閉鎖する。

0046

図5では、バルブ布30の左辺右辺がエアバッグに逢着されているが、前辺と後辺がエアバッグに逢着されてもよい。

0047

なお、この図5のバルブ布30を有したエアバッグ1Aにあっては、フロントベントホール20は、エアバッグ1Aが最終展開形状まで膨張展開した状態において、エアバッグ1Aの前面のうち、インストルメントパネル5及びウィンドシールド6のいずれにも接しない部分に配置されてもよい。例えば、フロントベントホールはエアバッグの最前面部に設けられてもよい。

0048

上記実施形態では、フロントベントホール20からのガスの排出を阻害する阻害部材として、エアバッグ本体10を構成する基布と同じ素材により構成されるバルブ布30を用いる例について説明したが、基布以外の素材、例えば樹脂フィルム樹脂プレートビニール等により構成されるものでもよい。

0049

本発明は上述した実施形態に限定されず、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々変更が可能であることは勿論である。

0050

1,1Aエアバッグ
2インフレータ
3リテーナ
5インストルメントパネル
6ウィンドシールド
7助手席
10 エアバッグ本体
11センターパネル
12サイドパネル
19サイドベントホール
20フロントベントホール
21 下面パッチクロス
22 上面パッチクロス
22fバルブ布
23 側面パッチクロス
30 バルブ布

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社SUBARUの「 乗員保護装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】衝突速度に応じた適切なエアバッグの展開を行い、状況に応じた乗員保護を行うことができる乗員保護装置を提供する。【解決手段】乗員保護装置101は、車両1の衝突予測の検知により衝突速度を算出し、上体... 詳細

  • 株式会社SUBARUの「 乗員保護装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】衝突速度に応じた適切なエアバッグの展開を行い、状況に応じた乗員保護を行うことができる乗員保護装置を提供する。【解決手段】乗員保護装置101は、車両1の衝突予測の検知により衝突速度を算出する。ま... 詳細

  • 株式会社SUBARUの「 乗員保護装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】衝突速度に応じた適切なエアバッグの展開を行い、状況に応じた乗員保護を行うことができる乗員保護装置を提供する。【解決手段】乗員保護装置101は、車両1の衝突予測の検知により衝突速度を算出する。ま... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ