図面 (/)

技術 冷風ユニット

出願人 株式会社デンソー
発明者 松本淳中馬崇宏松本文哉
出願日 2016年1月26日 (5年4ヶ月経過) 出願番号 2016-012574
公開日 2017年8月3日 (3年10ヶ月経過) 公開番号 2017-132315
状態 特許登録済
技術分野 空気流制御部材 車両用空気調和
主要キーワード ミニバス 上流寄り 乱流境界層 マイクロバス スクロール壁 流体機器 鉛直上方向 エバポレータユニット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年8月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

小型化を図りながらも、蒸発器に均等に空気を通過させることが可能な冷風ユニットを提供する。

解決手段

ケースは、遠心ファン301〜304がそれぞれ配置されるスクロール部421〜424と、X方向においてスクロール部421〜424と隣り合うとともにスクロール部421〜424を通過した空気を蒸発器2に導く流路を形成するガイド部431〜434を有する。ガイド部431〜434には、ガイド部431〜434を流れる空気の一部を、X方向に沿う方向であってガイド部431〜434から遠心ファン301〜304に向かう方向に方向付け整流部71〜74が設けられている。

概要

背景

車両に搭載され、車室内に空気を供給する車両用空調装置が広く普及している。このような車両用空調装置では、温度調整した空気を車室内に吹き出すことにより、車室内の温度を快適な値に調整することが可能になる。

下記特許文献1には、圧縮機、凝縮器蒸発器等からなる冷凍サイクルを備えた車両用空調装置が記載されている。冷凍サイクルは、冷媒循環させるとともに、当該冷媒の圧縮及び膨張を繰り返し行う。車室内に吹き出される空気は、この冷凍サイクルの冷媒と熱交換を行うことによってその温度が調整される。

下記特許文献1に記載の車両用空調装置は、車両の天井に設置されるエバポレータユニットを有している。当該エバポレータユニットの内部には、蒸発器及び複数のブロアが配置されている。複数のブロアは、車室内の空気を循環させるとともに、蒸発器に当該空気を通過させる。蒸発器を通過する空気は、蒸発器の内部を流れる冷媒と熱交換を行うことによって冷却される。下記特許文献1に記載の車両用空調装置は、このような熱交換によって温度を低下させた空気を車室内に供給することにより、車室内の冷房を行う。

概要

小型化をりながらも、蒸発器に均等に空気を通過させることが可能な冷風ユニットを提供する。ケースは、遠心ファン301〜304がそれぞれ配置されるスクロール部421〜424と、X方向においてスクロール部421〜424と隣り合うとともにスクロール部421〜424を通過した空気を蒸発器2に導く流路を形成するガイド部431〜434を有する。ガイド部431〜434には、ガイド部431〜434を流れる空気の一部を、X方向に沿う方向であってガイド部431〜434から遠心ファン301〜304に向かう方向に方向付け整流部71〜74が設けられている。

目的

本発明はこのような課題に鑑みてなされたものであり、その目的は、小型化を図りながらも、蒸発器に均等に空気を通過させることが可能な冷風ユニットを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車両(100)の天井(120)に設置され、冷却した空気を車室(110)内に供給する冷風ユニット(15)であって、内部に冷媒を流すとともに、通過する空気と該冷媒とで熱交換を行わせて該空気を冷却する蒸発器(2)と、車室内の空気を吸引し、該空気を吹き出す複数の遠心ファン(301〜304)と、前記複数の遠心ファンを収容し、前記複数の遠心ファンが吹き出した空気を前記熱交換に導くケース(4)と、を備え、前記蒸発器は、その長手方向が第1方向に沿うように配置され、前記複数の遠心ファンは、前記第1方向に沿って並ぶとともに、前記第1方向と交差する第2方向において前記蒸発器と隣り合い、それぞれの回転軸が前記第1方向及び前記第2方向と交差する第3方向に沿うように配置され、前記ケースは、前記複数の遠心ファンがそれぞれ配置される複数のスクロール部(421〜424)と、前記第1方向において前記スクロール部と隣り合うとともに前記スクロール部を通過した空気を前記蒸発器に導く流路を形成する複数のガイド部(431〜434)と、を有し、前記ガイド部には、前記ガイド部を流れる空気の一部を、前記第1方向に沿う方向であって前記ガイド部から前記遠心ファンに向かう方向に方向付け整流部(71〜74)が設けられている、冷風ユニット。

請求項2

前記整流部は、前記遠心ファンに向けて配置されるとともに前記遠心ファンの回転軸(312)から離間する方向に突出するように湾曲する第1湾曲面(721)を有している、請求項1に記載の冷風ユニット。

請求項3

前記複数のガイド部の下流端(441〜444)は、複数の仕切壁(631〜633)によって、前記第1方向に互いに仕切られている、請求項2に記載の冷風ユニット。

請求項4

前記ガイド部の少なくとも一部は、隣り合う前記スクロール部の外側面によって構成されている、請求項3に記載の冷風ユニット。

請求項5

前記整流部は、前記第1湾曲面の反対側に、前記遠心ファンの回転軸から離間する方向に突出するように湾曲する第2湾曲面(722)を有し、前記第2湾曲面は、複数の突起(723)が形成されている、請求項1乃至4のいずれか1項に記載の冷風ユニット。

技術分野

0001

本発明は、車両の天井に設置され、冷却した空気を車室内に供給する冷風ユニットに関する。

背景技術

0002

車両に搭載され、車室内に空気を供給する車両用空調装置が広く普及している。このような車両用空調装置では、温度調整した空気を車室内に吹き出すことにより、車室内の温度を快適な値に調整することが可能になる。

0003

下記特許文献1には、圧縮機、凝縮器蒸発器等からなる冷凍サイクルを備えた車両用空調装置が記載されている。冷凍サイクルは、冷媒循環させるとともに、当該冷媒の圧縮及び膨張を繰り返し行う。車室内に吹き出される空気は、この冷凍サイクルの冷媒と熱交換を行うことによってその温度が調整される。

0004

下記特許文献1に記載の車両用空調装置は、車両の天井に設置されるエバポレータユニットを有している。当該エバポレータユニットの内部には、蒸発器及び複数のブロアが配置されている。複数のブロアは、車室内の空気を循環させるとともに、蒸発器に当該空気を通過させる。蒸発器を通過する空気は、蒸発器の内部を流れる冷媒と熱交換を行うことによって冷却される。下記特許文献1に記載の車両用空調装置は、このような熱交換によって温度を低下させた空気を車室内に供給することにより、車室内の冷房を行う。

先行技術

0005

特開2010−274828号公報

発明が解決しようとする課題

0006

車室内に設置される機器には、その小型化が強く要求される。下記特許文献1に記載のエバポレータユニットを小型化するためには、蒸発器と複数のブロアとを近接配置する必要がある。

0007

しかしながら、蒸発器と複数のブロアとを近接配置すると、蒸発器に空気を均等に通過させることが困難になるという課題があった。蒸発器を通過する空気に偏りが生じると、蒸発器と空気との熱交換の効率低下を招いてしまう。

0008

また、蒸発器の表面には、通過する空気に含まれていた水分が結露し、凝縮水となって付着することがある。蒸発器を通過する空気に偏りが生じると、空気の流速が大きい部位において、この凝縮水が空気とともに車室内に吹き出してしまうという課題があった。

0009

本発明はこのような課題に鑑みてなされたものであり、その目的は、小型化を図りながらも、蒸発器に均等に空気を通過させることが可能な冷風ユニットを提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

上記課題を解決するために、本発明に係る冷風ユニットは、車両(100)の天井(120)に設置され、冷却した空気を車室(110)内に供給する冷風ユニット(15)であって、内部に冷媒を流すとともに、通過する空気と該冷媒とで熱交換を行わせて該空気を冷却する蒸発器(2)と、車室内の空気を吸引し、該空気を吹き出す複数の遠心ファン(301〜304)と、前記複数の遠心ファンを収容し、前記複数の遠心ファンが吹き出した空気を前記熱交換に導くケース(4)と、を備える。前記蒸発器は、その長手方向が第1方向に沿うように配置される。前記複数の遠心ファンは、前記第1方向に沿って並ぶとともに、前記第1方向と交差する第2方向において前記蒸発器と隣り合い、それぞれの回転軸が前記第1方向及び前記第2方向と交差する第3方向に沿うように配置される。前記ケースは、前記複数の遠心ファンがそれぞれ配置される複数のスクロール部(421〜424)と、前記第1方向において前記スクロール部と隣り合うとともに前記スクロール部を通過した空気を前記蒸発器に導く流路を形成する複数のガイド部(431〜434)と、を有する。前記ガイド部には、前記ガイド部を流れる空気の一部を、前記第1方向に沿う方向であって前記ガイド部から前記遠心ファンに向かう方向に方向付け整流部(71〜74)が設けられている。

0011

上記構成によれば、スクロール部に配置されている遠心ファンが吹き出した空気は、第1方向において当該スクロール部と隣り合うガイド部によって蒸発器に導かれる。スクロール部からガイド部に流入する空気は、第1方向に沿う方向であって遠心ファンからガイド部に向かう方向に方向付けられている。

0012

上記構成では、ガイド部に整流部が設けられている。当該整流部は、ガイド部を流れる空気の一部を、第1方向に沿う方向であってガイド部から遠心ファンに向かう方向に方向付けるように機能する。

0013

したがって、上記構成によれば、遠心ファンが吹き出した空気を、ガイド部において第1方向に亘って均等に流すことができる。この結果、蒸発器と複数の遠心ファンとを近接配置して小型化を図りながらも、蒸発器に均等に空気を通過させることが可能となる。

発明の効果

0014

本発明によれば、小型化を図りながらも、蒸発器に均等に空気を通過させることが可能な冷風ユニットを提供することができる。

図面の簡単な説明

0015

実施形態に係る冷風ユニットを搭載した車両を示す模式図である。
図1の車両が搭載する冷凍サイクルを示す説明図である。
図1の冷風ユニットを示す斜視図である。
図1の冷風ユニットの内部を示す模式図である。
図5の一部を拡大した模式図である。

実施例

0016

以下、添付図面を参照しながら本発明の実施形態について説明する。説明の理解を容易にするため、各図面において同一の構成要素に対しては可能な限り同一の符号を付して、重複する説明は省略する。

0017

まず、図1及び図2を参照しながら、実施形態に係る冷風ユニット15の概要について説明する。図1に示されるように、冷風ユニット15は車両100に搭載される。車両100は、マイクロバスミニバスと称され、不図示のエンジン原動機として走行する移動体である。冷風ユニット15は、この車室110内であって、その天井120に設置されている。

0018

後述するように、冷風ユニット15は、車室110内の空気を吸引し、当該空気を冷却した後に車室110内に供給する。車室110内の空気は、冷風ユニット15を介して循環することによって温度が低下し、この結果、車室110内の冷房が行われる。

0019

尚、理解を容易にするため、図1に示されるように、車両100の前進方向をY方向とし、乗員がY方向を向いた場合の右方向をX方向とし、鉛直上方向をZ方向とする直交座標を用いて説明する。図3以降においても、当該直交座標と対応するものを用いる。

0020

図2に示されるように、冷風ユニット15は、車両100に搭載された車両用空調装置10の一部を構成している。車両用空調装置10は、冷凍サイクル11を用いて空気を冷却し(以下、冷却された空気を「冷風」とも称する)、車室110内の冷房を行う装置である。

0021

冷凍サイクル11は、圧縮機12と、凝縮器13と、膨張弁14と、蒸発器2とを備えている。圧縮機12、凝縮器13、膨張弁14、及び蒸発器2は冷媒配管19を介して環状に接続されている。

0022

圧縮機12は、流体を圧縮する流体機器である。圧縮機12は、車両100のエンジンルーム内に配置されている。圧縮機12は、エンジン、もしくは不図示の電動モータの出力を受けることで駆動する。冷媒配管19の冷媒は、圧縮機12の駆動によって圧縮され、比較的高温且つ高圧の状態で凝縮器13に供給される。

0023

凝縮器13は、内部を流れる冷媒と空気との間で熱交換を行わせる熱交換器である。凝縮器13は、車両100のエンジンルーム内のうち、車両100の走行時に取り込まれる空気が供給され易い部位に配置されている。凝縮器13は、当該空気と、圧縮機12から供給される冷媒との間で熱交換を行わせることによって当該冷媒を冷却し、凝縮液化させる。

0024

膨張弁14は、凝縮器13から冷媒の供給を受けるとともに、当該冷媒を膨張させる機器である。この膨張弁14を通過する冷媒は、当該膨張によって温度が低下する。

0025

蒸発器2は、不図示の複数のチューブ及び複数のフィンを有する熱交換器である。各チューブは管状の部材であり、その内部に流路が形成されている。各フィンは所謂コルゲートフィンであり、金属製の薄板を折り曲げことによって形成されている。蒸発器2は、このような複数のチューブ及び複数のフィンを所定方向に交互に積層することによって構成されている。蒸発器2は、膨張弁14から冷媒の供給を受けるとともに、当該冷媒をチューブ内の流路に流すように構成されている。

0026

冷風ユニット15は、この蒸発器2を構成の一部として備えている。冷風ユニット15は、蒸発器2の他にも、遠心ファン301〜304と、ケース4と、を備えている。

0027

遠心ファン301〜304は、いずれも不図示の複数のを有する送風機である。遠心ファン301〜304は、不図示の電動モータの出力軸に接続されている。当該電動モータが回転駆動すると、遠心ファン301〜304は車室110内の空気の吸引及び吹き出しを行う。

0028

ケース4は、冷風ユニット15の筐体であり、その内部に空間が形成されている。ケース4は、その内部に遠心ファン301〜304及び蒸発器2を収容している。後述するように、ケース4の内部は、遠心ファン301〜304が吹き出した空気を蒸発器2に導くように構成されている。

0029

ケース4には、ダクト81〜84の一端が接続されている。ダクト81〜84は、いずれも管状の部材であり、その内部に流路が形成されている。ダクト81〜84の他端は、それぞれ車室110内の異なる位置に配置されている。

0030

遠心ファン301〜304が吹き出し、ケース4によって蒸発器2の一端部21に導かれた空気は、蒸発器2の隣り合うチューブ間に流入する。当該空気は、チューブ間を流れる際に、チューブ内の流路を流れる冷媒と、チューブの管壁を介した熱交換を行う。このとき、隣り合うチューブ間に配置されているフィンは、冷媒と空気とが熱交換を行う面積を増加させ、当該熱交換を促進させるように機能する。

0031

前述したように、膨張弁14を通過して蒸発器2に供給される冷媒は比較的低温である。このため、蒸発器2の隣り合うチューブ間を流れる空気は、冷媒との熱交換によって冷却され、その温度が低下する。一方、チューブ内の流路を流れる冷媒は、熱交換の際の受熱に伴って蒸発気化する。隣り合うチューブ間を流れた空気は、蒸発器2の他端部22から流出する。

0032

このようにして、遠心ファン301〜304が吹き出した空気は、一端部21から他端部22にかけて蒸発器2を通過することによって冷風となる。当該冷風は、ケース4から分配されて流出するとともに、ダクト81〜84内に流入する。さらに、当該冷風は、ダクト81〜84内の流路を流れ、ダクト81〜84の他端から車室110内の異なる位置に供給されることで、車室110内の冷房が行われる。

0033

次に、図3図5を参照しながら、冷風ユニット15の構成について詳述する。図3に示されるように、ケース4は、樹脂材料によって形成された上ケース5と下ケース6とに分割されている。上ケース5と下ケース6とは、それらの周縁がZ方向に接続されることによって、両者の間に空間を形成するように構成されている。図4は、このうち上ケース5を取り除いた状態の冷風ユニット15を上面視した図である。また、図5は、図4のうち遠心ファン302近傍の一部を拡大して示している。

0034

図3及び図4に示されるように、ケース4は、蒸発器収容部4A及びファン収容部4B及びを有している。

0035

蒸発器収容部4Aは、その内部に蒸発器2を収容する部分である。蒸発器2の外形略直方体形状を呈している。図4に示されるように、蒸発器2は、その長手方向がX方向に沿うとともに、その一端部21をY方向に向け、他端部22を−Y方向に向けるように、蒸発器収容部4Aに収容されている。すなわち、蒸発器2は、空気を−Y方向に通過させることができるように収容されている。

0036

また、−Y方向における蒸発器収容部4Aの端部には、吹出口411〜414が独立して形成されている。吹出口411〜414は、蒸発器収容部4Aの内外を連通する開口であり、蒸発器2と対向する位置に形成されている。吹出口411〜414には前述したダクト81〜84が接続されるが、図3乃至図5ではそれらの図示を省略している。

0037

ファン収容部4Bは、その内部に遠心ファン301〜304を収容する部分である。ファン収容部4Bにおいて、遠心ファン301〜304は、X方向に沿って直線状に並ぶとともに、Y方向において蒸発器2と隣り合うように配置されている。また、図4に示されるように、遠心ファン301〜304は、それぞれの回転軸311〜314が、Z方向に沿うように配置されている。図3に示されるように、上ケース5の外側面のうち遠心ファン301〜304の吸込口321〜324(図4参照)と対応する部位には、オリフィス51〜54が独立して形成されている。オリフィス51〜54は、ファン収容部4Bの内外を連通する開口である。

0038

図3に示されるように、冷風ユニット15は、ブラケット85〜87を有している。ブラケット85〜87は、金属材料によって形成された板状の部材である。また、ブラケット85〜87は、X方向に互いに間隔を空け、且つ、その長手方向がY方向に沿うように配置されており、蒸発器収容部4AのZ方向側の端面に固定されている。このブラケット85〜87を車室110内から天井120に固定することにより、冷風ユニット15が車室110内に設置される。

0039

続いて、ケース4内の構成について詳述する。図4に示されるように、ケース4は、スクロール部421〜424と、ガイド部431〜434と、を有している。

0040

スクロール部421〜424は、遠心ファン301〜304のそれぞれが配置される部分である。スクロール部421〜424は、それぞれ下ケース6のスクロール壁611〜614と、当該スクロール壁611〜614に接続される不図示の上ケース5の壁体と、によって区画形成されている。スクロール壁611〜614は、いずれも湾曲した薄板状の壁体であり、その内側面が遠心ファン301〜304の外周面との間に隙間を形成するように配置されている。また、遠心ファン301〜304とスクロール壁611〜614の内側面との間に形成される隙間は、遠心ファン301〜304の回転方向に沿って漸次大きくなる。

0041

ガイド部431〜434は、X方向においてスクロール部421〜424と隣り合うように設けられ、空気を導く流路を形成する部分である。ガイド部431〜434は、それぞれ下ケース6のガイド壁621〜624と、当該ガイド壁621〜624に接続される不図示の上ケース5の壁体と、によって区画形成されている。ガイド壁621〜624は、いずれも薄板状の壁体であり、スクロール壁611〜614の−X方向側の端部から、−X方向且つ−Y方向に向かって延びるように形成されている。

0042

ガイド部431〜434が形成する各流路は、その下流端441〜444が蒸発器2と対向している。また、各流路の断面積は、スクロール部421〜424側から下流端441〜444側にかけて大きくなるように形成されている。

0043

また、下ケース6のうち、ガイド部431〜434の下流端441〜444に対応する部位には、仕切壁631〜633が形成されている。仕切壁631〜633は、スクロール壁611〜613から−Y方向に突出するとともに、ガイド部431〜434をZ方向に跨ぐように形成された壁体である。下流端441〜444は、この仕切壁631〜633によってX方向に互いに仕切られている。

0044

また、ガイド部431〜434には、整流部71〜74が設けられている。整流部71〜74は、円弧状に湾曲した薄板形状を呈している。整流部71〜74は、ガイド部431〜434をZ方向に跨ぐように形成されている。また、整流部71〜74は、上ケース5や下ケース6とは別体として設けてもよいし、上ケース5や下ケース6の一部を突出形成させることによって設けてもよい。

0045

続いて、ケース4内の空気の流れについて説明する。ここでは、図5に示される遠心ファン302の近傍の空気の流れを例にとって説明するが、空気の流れは他の遠心ファン301,303,304の近傍においても同様となる。

0046

不図示の電動モータが回転駆動すると、その出力軸に接続されている遠心ファン302が回転軸312を中心として回転する。回転する遠心ファン302は、その径方向において外方に空気を吹き出す。これに伴い、遠心ファン302の吸込口322において負圧が発生し、車室110内の空気がオリフィス53(図3参照)を介してケース4内に吸引される。

0047

オリフィス53を介して吸込口322に流入した空気は、遠心ファン302の外周面とスクロール壁612の内側面との間に形成される隙間に吹き出される。当該空気は、スクロール壁612の内側面に沿って、遠心ファン302が回転する方向に流れる。すなわち、スクロール部422において空気が旋回する。

0048

スクロール部422を通過した空気は、次に、当該スクロール部422と隣り合うガイド部432に流入する。スクロール部422における旋回のため、ガイド部432を流れる空気は、ガイド壁622の近傍で流速が大きくなる傾向がある。したがって、ガイド部432では、矢印F1で示されるように、ガイド壁622の内側面に沿って−X方向且つ−Y方向に向かって空気が流れる。

0049

ここで、ガイド部432のガイド壁622は、ガイド部432と隣り合うスクロール部421を区画形成するスクロール壁611と接続されている。換言すれば、ガイド部432の下流端442近傍の一部は、隣り合うスクロール部421の外側面によって構成されている。このため、矢印F2で示されるように、ガイド部432を流れる空気の一部は、隣り合うスクロール壁611の外側面に沿って流れ、さらに−X方向に方向付けられる。

0050

前述したように、ガイド部432の下流端442と、ガイド部431の下流端441とは、仕切壁631によってX方向に仕切られ、互いに独立している。したがって、矢印F2で示されるように、スクロール壁611の外側面に沿って流れた空気が、下流端442から下流端441に流入することはない。

0051

また、ガイド部432に設けられた整流部72は、第1湾曲面721及び第2湾曲面722を有している。第1湾曲面721は、遠心ファン302に向けて配置されるとともに、遠心ファン302の回転軸312から離間する方向に突出するように湾曲している。第2湾曲面722は、第1湾曲面721の反対側で、遠心ファン302の回転軸312から離間する方向に突出するように湾曲している。第2湾曲面722のうち、ガイド部432の上流寄りの一部には、複数の突起723が形成されている。

0052

ガイド部432を流れる空気の他の一部は、整流部72の第1湾曲面721側に供給される。当該空気は、矢印F4で示されるように、第1湾曲面721に沿って、その進行方向を漸次X方向に変化させながら流れる。これにより、当該空気がX方向に方向付けられる。

0053

また、ガイド部432を流れる空気の他の一部は、整流部623の第2湾曲面722側に供給される。第2湾曲面722の突起723の近傍では、突起723によって流れを乱された空気によって渦流Vが発生する。第2湾曲面722上では、この渦流Vによって乱流境界層が形成されるため、空気の剥離が抑制される。この結果、ガイド部432を流れる空気の他の一部は、矢印F3で示されるように第2湾曲面722に沿って、その進行方向を漸次X方向に変化させる。当該空気がX方向に方向付けられる。

0054

また、ガイド部432を流れる空気の他の一部は、矢印F5で示されるように、矢印F4で示される空気の流れによって誘引される。これにより、矢印F5で示される空気は、矢印F4で示される空気とともに、その進行方向を漸次X方向に変化させながら流れる。これにより,当該空気がX方向に方向付けられる。

0055

これにより、ガイド部432の下流端442では、矢印F1〜F4で示されるように、X方向に亘って空気が均等に分配される。この結果、下流端442においてX方向に亘って空気を均等に流し、蒸発器2に通過させることができる。

0056

以上の説明のように、本実施形態に係る冷風ユニット15の構成によれば、スクロール部421〜424に配置されている遠心ファン301〜304が吹き出した空気は、X方向において当該スクロール部421〜424と隣り合うガイド部431〜434によって蒸発器2に導かれる。スクロール部421〜424からガイド部431〜434に流入する空気は、−X方向(すなわち、X方向に沿う方向であって遠心ファン301〜304からガイド部431〜434に向かう方向)に方向付けられている。

0057

冷風ユニット15の構成では、ガイド部431〜434に整流部71〜74が設けられている。当該整流部71〜74は、ガイド部431〜434を流れる空気の一部を、X方向(すなわち、ガイド部431〜434から遠心ファン301〜304に向かう方向)に方向付けるように機能する。

0058

したがって、冷風ユニット15の構成によれば、遠心ファン301〜304が吹き出した空気を、ガイド部431〜434においてX方向に亘って均等に流すことができる。この結果、蒸発器2と遠心ファン301〜304とを近接配置して小型化を図りながらも、蒸発器2に均等に空気を通過させることが可能となる。

0059

また、整流部72は、遠心ファン302に向けて配置されるとともに遠心ファン302の回転軸312から離間する方向に突出するように湾曲する第1湾曲面721を有している。この構成によれば、ガイド部432を流れる空気のうち、第1湾曲面721側に供給される一部を、第1湾曲面721に沿わせて、その進行方向を漸次X方向に変化させることができる。この結果,当該空気をX方向に方向付け、蒸発器2にさらに均等に空気を通過させることが可能となる。

0060

また、ガイド部431〜434の下流端441〜444は、仕切壁631〜633によって、X方向に互いに仕切られている。この構成によれば、一の下流端から他の下流端への空気の流入を仕切壁631〜633によって抑制することができる。この結果、蒸発器2にさらに均等に空気を通過させることが可能となる。

0061

また、ガイド部432〜434の少なくとも一部は、隣り合うスクロール部421〜423の外側面によって構成されている。この構成によれば、ガイド部432〜434を流れる空気を、スクロール部421〜423の外側面の湾曲を利用して方向付けることが可能となる。

0062

また、整流部72は、第1湾曲面721の反対側で、遠心ファン302の回転軸から離間する方向に突出するように湾曲する第2湾曲面722を有している。第2湾曲面722は、複数の突起723が形成されている。この構成によれば、突起723において渦流Vを発生させ、第2湾曲面722上における剥離を抑制し、ガイド部432を流れる空気の一部を第2湾曲面722に沿うように流し、進行方向を漸次X方向に変化させることができる。この結果,当該空気をX方向に方向付け、蒸発器2にさらに均等に空気を通過させることが可能となる。

0063

以上、具体例を参照しつつ本発明の実施の形態について説明した。しかし、本発明はこれらの具体例に限定されるものではない。すなわち、これら具体例に、当業者が適宜設計変更を加えたものも、本発明の特徴を備えている限り、本発明の範囲に包含される。前述した各具体例が備える各要素およびその配置、材料、条件、形状、サイズなどは、例示したものに限定されるわけではなく適宜変更することができる。

0064

301〜304:遠心ファン
311〜314:回転軸
421〜424:スクロール部
431〜434:ガイド部
441〜444:下流端
71〜74:整流部
631〜633:仕切壁
2:蒸発器
4:ケース
15:冷風ユニット
100:車両
110:車室
120:天井
721:第1湾曲面
722:第2湾曲面
723:突起

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ダイキン工業株式会社の「 送風機および空調室内機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】吹出気流が身体に局所的に当たることによる不快感を軽減する。【解決手段】ケーシング(11)には、吸込口(14)と吹出口(15)とが形成される。ファン(12)は、ケーシング(11)内に設けられる。... 詳細

  • 株式会社コロナの「 室外機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】室外機の移動を必要とせずに、室外機内部のメンテナンス性を向上する。【解決手段】筐体31のうち機械室36側の右側板31dが、背板部82、側板部81、前板部83、を備えた略コの字形状となっている。... 詳細

  • 東芝キヤリア株式会社の「 空気調和装置」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】騒音を抑制することができる空気調和装置を提供することである。【解決手段】実施形態の空気調和装置は、遠心ポンプと、制御部と、を持つ。制御部は、遠心ポンプの動作を制御する。遠心ポンプは、ケースと、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ