図面 (/)

技術 果汁感が増強、調和された容器詰めアルコール飲料

出願人 麒麟麦酒株式会社キリン株式会社
発明者 日下部真理渡部健一貴志文昭
出願日 2016年1月26日 (3年7ヶ月経過) 出願番号 2016-012601
公開日 2017年8月3日 (2年1ヶ月経過) 公開番号 2017-131132
状態 未査定
技術分野 酒類
主要キーワード ペット容器 食品添加物グレード アルコール特有 パラサイメン 食塩無添加 パネラー評価 劣化成分 炭酸ガス圧
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年8月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料を提供すること。

解決手段

アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、飲料中に、パラサイメンを0.05〜1.0ppm含有させ、かつ塩化ナトリウムを0.003〜0.05w/v%添加、含有させることにより、柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料を製造し、提供する。

概要

背景

近年、消費者嗜好多様化にともない、容器詰めアルコール飲料についても、果汁などの香味成分原料アルコールを混合して製造する果汁入りアルコール飲料等、多種多様なものが製造販売されている。その中で、果汁などの原料とアルコールを混合して製造する、チューハイ或いはカクテル類のような容器詰アルコール飲料RTD飲料)は製造販売量が大きいアルコール飲料カテゴリーのひとつとなっている。特に、RTD飲料において、レモンなどの柑橘系香味を付与したものは、その爽やかな香味がアルコールと混和して、消費者の人気が高いアルコール飲料として提供されている。

果汁入りのアルコール飲料等においては、果汁等の添加によって、アルコール飲料に果汁等の持つ香味の付与と、アルコール感調和を行って、アルコール飲料の香味・味覚の調整が行われているが、該香味・味覚の調整に際しては、アルコール飲料の嗜好性を増すための、果汁感やアルコール感等の調和のための方法が検討されている。特に、アルコール濃度が12v/v%以下の比較的アルコール濃度が低いアルコール飲料の場合には、添加できる、果汁等の量も限定されるため、該添加の範囲で、果汁感を増す方法や、アルコール感等を調和する方法が検討されている。

例えば、特許文献1には、柑橘果実パルプセルと、柑橘果実果皮から得られるピールオイルとを混合した混合物に、アルコールを添加、混合し、不溶成分を除去したアルコール抽出液を用いて、アルコール飲料の柑橘果実由来の香味を向上させる方法が、特許文献2には、0.01〜10重量%のアルコールと有機酸を含む果汁等を含むアルコール飲料に、ポリ−γ−グルタミン酸又はその塩を添加することにより、低アルコール飲料のアルコール感を増強する方法が、特許文献3には、果汁含有アルコール飲料に、ラカンカ抽出物を配合することにより、果汁含有アルコール飲料の果汁感を増強する方法が、開示されている。

また、特許文献4には、果汁や、高甘味度甘味料等を配合したアルコール飲料において、リン酸又はその塩と、クエン酸リンゴ酸アスコルビン酸等の有機酸とからなる酸味料を配合することにより、アルコール飲料に良好な香味とスッキリ感を付与する方法が、特許文献5には、チュウハイのようなレモンフレーバー含有アルコール飲料等に、アスコルビン酸ナトリウムを添加して、飲料のpHを調整することにより、レモンフレーバーの香気劣化を抑制して、レモンフレーバーのフレッシュ香りを長期間保持する方法が、特許文献6には、アルコール飲料にスクラロースを添加して、アルコールに起因する苦みバーニング感を抑えて、アルコールの軽やかな風味生かす方法が開示されている。

上記のとおり、アルコール飲料において、アルコール飲料の果汁感の増強や、アルコール感の調和を図る各種の方法が開示されているが、該方法においては、果汁感やアルコール感等の香味の改善に用いられる添加物等の香味への影響を避けることができず、特に、爽やかな香味の付与が特徴の柑橘系アルコール飲料等においては、上記のような方法を適用して、柑橘系アルコール飲料の香味を生かした嗜好性のある香味・味覚の柑橘系アルコール飲料等を提供することは難しいという問題がある。

一方で、アルコール飲料の香味・味覚の改善において、塩類を用いる方法も開示されている。例えば、特許文献7には、麦由来成分を含み、プリン体含有量が1.1mg/100mL以下であるビールテイスト飲料において、飲用アルコールと、塩化カルシウム食塩リン酸二水素カリウムリン酸二水素アンモニウム硫酸マグネシウム硫酸カルシウム及び硫酸アンモニウムの中から選択される少なくとも1つの塩類を混合することにより、プリン体含有量を低くするために、麦芽使用比率の低下と、飲用アルコールの添加を行ったビールテイスト飲料の突出したアルコール感を改善する方法が開示されている。また、特許文献8には、アルコール濃度が0.1〜12v/v%であるアルコール飲料において、カフェインナリンジンニガヨモギ抽出物のような苦味物質と、塩化カリウム塩化ナトリウムのような塩類を含有させることにより、水のようにのどの渇きをいやし、なおかつボディ感や味の幅があり、爽快であるアルコール飲料を調製することが開示されている。これらの開示のものは、低アルコール飲料における味覚の調整を行ったものであるが、特に、果汁入りアルコール飲料のようなアルコール飲料の香味・味覚の改善に向けられたものではない。

他方で、柑橘系の飲料における主要な香気成分として、シトラールが知られており、該シトラールの劣化成分として、パラサイメンパラシメン)やジメチルスチレンなどが知られている。シトラールは、環化酸化反応が起こり易く、環化、酸化反応によりパラサイメン(パラシメン)やジメチルスチレンなど、香気上好ましくない物質に変化することが知られている。このうちパラサイメンは、樹脂様の香りがあり柑橘系の飲料においては好ましくない成分となる。パラサイメン(C10H14)はモノテルペンであり、ベンゼン環パラ位メチル基イソプロピル基置換した物質である。天然にはクミンタイム精油成分に含まれており、樹脂様の香りを持つ。特にアルコール飲料においては、パラサイメン特有の香りにより調和を損ない、特に好ましくない。上記特許文献5に記載されているように、レモンフレーバー含有飲料のような柑橘系の飲料においては、好ましくないフレーバーであり、飲料の製造に際して、該成分の生成を抑制する方法が採られている。

特許文献9には、温州みかん香料を添加した温州みかん風味飲食品において、β−イオノンサリチル酸メチル、1−p−メンテン−9−オール、1−p−メンテン−9−イルアセテート、サピネン、p−サイメンからなる1種以上を含有させることにより、温州みかん風味飲食品の果汁感の向上を図る例が開示されているが、パラサイメン自体は、柑橘系の飲料における主要な香気成分であるシトラールの劣化成分であり、柑橘系アルコール飲料の製造に際しては、利用されていない。

上記のとおり、近年、消費者の嗜好の多様化にともない、果汁などの香味成分原料とアルコールを混合して製造する果汁入りアルコール飲料等、多種多様なアルコール飲料が提供されている中で、柑橘系の香味を付与したものは、その爽やかな香味がアルコールと混和して、消費者の人気が高いアルコール飲料として提供されている。該アルコール飲料において、その爽やかな香味の保持とともに、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料を提供することは、該アルコール飲料の嗜好性を高めるために、更なる課題として挙げられるべきものである。

概要

アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料を提供すること。アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、飲料中に、パラサイメンを0.05〜1.0ppm含有させ、かつ塩化ナトリウムを0.003〜0.05w/v%添加、含有させることにより、柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料を製造し、提供する。なし

目的

上記のとおり、アルコール飲料において、アルコール飲料の果汁感の増強や、アルコール感の調和を図る各種の方法が開示されているが、該方法においては、果汁感やアルコール感等の香味の改善に用いられる添加物等の香味への影響を避けることができず、特に、爽やかな香味の付与が特徴の柑橘系アルコール飲料等においては、上記のような方法を適用して、柑橘系アルコール飲料の香味を生かした嗜好性のある香味・味覚の柑橘系アルコール飲料等を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、飲料中に、パラサイメンを0.05〜1.0ppm含有させ、かつ塩化ナトリウムを0.003〜0.05w/v%添加、含有させることを特徴とする、柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドアルコール感を付与した高香味アルコール飲料の製造方法。

請求項2

柑橘系香味成分として、柑橘系果汁を含有させたことを特徴とする請求項1に記載の高香味アルコール飲料の製造方法。

請求項3

請求項1又は2に記載のアルコール飲料の製造方法によって製造された果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料。

請求項4

アルコール飲料が、容器詰アルコール飲料であることを特徴とする請求項3に記載の高香味アルコール飲料。

技術分野

0001

本発明は、アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドアルコール感を付与した高香味アルコール飲料、及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

近年、消費者嗜好多様化にともない、容器詰めのアルコール飲料についても、果汁などの香味成分原料アルコールを混合して製造する果汁入りアルコール飲料等、多種多様なものが製造販売されている。その中で、果汁などの原料とアルコールを混合して製造する、チューハイ或いはカクテル類のような容器詰アルコール飲料RTD飲料)は製造販売量が大きいアルコール飲料カテゴリーのひとつとなっている。特に、RTD飲料において、レモンなどの柑橘系の香味を付与したものは、その爽やかな香味がアルコールと混和して、消費者の人気が高いアルコール飲料として提供されている。

0003

果汁入りのアルコール飲料等においては、果汁等の添加によって、アルコール飲料に果汁等の持つ香味の付与と、アルコール感の調和を行って、アルコール飲料の香味・味覚の調整が行われているが、該香味・味覚の調整に際しては、アルコール飲料の嗜好性を増すための、果汁感やアルコール感等の調和のための方法が検討されている。特に、アルコール濃度が12v/v%以下の比較的アルコール濃度が低いアルコール飲料の場合には、添加できる、果汁等の量も限定されるため、該添加の範囲で、果汁感を増す方法や、アルコール感等を調和する方法が検討されている。

0004

例えば、特許文献1には、柑橘果実パルプセルと、柑橘果実果皮から得られるピールオイルとを混合した混合物に、アルコールを添加、混合し、不溶成分を除去したアルコール抽出液を用いて、アルコール飲料の柑橘果実由来の香味を向上させる方法が、特許文献2には、0.01〜10重量%のアルコールと有機酸を含む果汁等を含むアルコール飲料に、ポリ−γ−グルタミン酸又はその塩を添加することにより、低アルコール飲料のアルコール感を増強する方法が、特許文献3には、果汁含有アルコール飲料に、ラカンカ抽出物を配合することにより、果汁含有アルコール飲料の果汁感を増強する方法が、開示されている。

0005

また、特許文献4には、果汁や、高甘味度甘味料等を配合したアルコール飲料において、リン酸又はその塩と、クエン酸リンゴ酸アスコルビン酸等の有機酸とからなる酸味料を配合することにより、アルコール飲料に良好な香味とスッキリ感を付与する方法が、特許文献5には、チュウハイのようなレモンフレーバー含有アルコール飲料等に、アスコルビン酸ナトリウムを添加して、飲料のpHを調整することにより、レモンフレーバーの香気劣化を抑制して、レモンフレーバーのフレッシュ香りを長期間保持する方法が、特許文献6には、アルコール飲料にスクラロースを添加して、アルコールに起因する苦みバーニング感を抑えて、アルコールの軽やかな風味生かす方法が開示されている。

0006

上記のとおり、アルコール飲料において、アルコール飲料の果汁感の増強や、アルコール感の調和を図る各種の方法が開示されているが、該方法においては、果汁感やアルコール感等の香味の改善に用いられる添加物等の香味への影響を避けることができず、特に、爽やかな香味の付与が特徴の柑橘系アルコール飲料等においては、上記のような方法を適用して、柑橘系アルコール飲料の香味を生かした嗜好性のある香味・味覚の柑橘系アルコール飲料等を提供することは難しいという問題がある。

0007

一方で、アルコール飲料の香味・味覚の改善において、塩類を用いる方法も開示されている。例えば、特許文献7には、麦由来成分を含み、プリン体含有量が1.1mg/100mL以下であるビールテイスト飲料において、飲用アルコールと、塩化カルシウム食塩リン酸二水素カリウムリン酸二水素アンモニウム硫酸マグネシウム硫酸カルシウム及び硫酸アンモニウムの中から選択される少なくとも1つの塩類を混合することにより、プリン体含有量を低くするために、麦芽使用比率の低下と、飲用アルコールの添加を行ったビールテイスト飲料の突出したアルコール感を改善する方法が開示されている。また、特許文献8には、アルコール濃度が0.1〜12v/v%であるアルコール飲料において、カフェインナリンジンニガヨモギ抽出物のような苦味物質と、塩化カリウム塩化ナトリウムのような塩類を含有させることにより、水のようにのどの渇きをいやし、なおかつボディ感や味の幅があり、爽快であるアルコール飲料を調製することが開示されている。これらの開示のものは、低アルコール飲料における味覚の調整を行ったものであるが、特に、果汁入りアルコール飲料のようなアルコール飲料の香味・味覚の改善に向けられたものではない。

0008

他方で、柑橘系の飲料における主要な香気成分として、シトラールが知られており、該シトラールの劣化成分として、パラサイメンパラシメン)やジメチルスチレンなどが知られている。シトラールは、環化酸化反応が起こり易く、環化、酸化反応によりパラサイメン(パラシメン)やジメチルスチレンなど、香気上好ましくない物質に変化することが知られている。このうちパラサイメンは、樹脂様の香りがあり柑橘系の飲料においては好ましくない成分となる。パラサイメン(C10H14)はモノテルペンであり、ベンゼン環パラ位メチル基イソプロピル基置換した物質である。天然にはクミンタイム精油成分に含まれており、樹脂様の香りを持つ。特にアルコール飲料においては、パラサイメン特有の香りにより調和を損ない、特に好ましくない。上記特許文献5に記載されているように、レモンフレーバー含有飲料のような柑橘系の飲料においては、好ましくないフレーバーであり、飲料の製造に際して、該成分の生成を抑制する方法が採られている。

0009

特許文献9には、温州みかん香料を添加した温州みかん風味飲食品において、β−イオノンサリチル酸メチル、1−p−メンテン−9−オール、1−p−メンテン−9−イルアセテート、サピネン、p−サイメンからなる1種以上を含有させることにより、温州みかん風味飲食品の果汁感の向上を図る例が開示されているが、パラサイメン自体は、柑橘系の飲料における主要な香気成分であるシトラールの劣化成分であり、柑橘系アルコール飲料の製造に際しては、利用されていない。

0010

上記のとおり、近年、消費者の嗜好の多様化にともない、果汁などの香味成分原料とアルコールを混合して製造する果汁入りアルコール飲料等、多種多様なアルコール飲料が提供されている中で、柑橘系の香味を付与したものは、その爽やかな香味がアルコールと混和して、消費者の人気が高いアルコール飲料として提供されている。該アルコール飲料において、その爽やかな香味の保持とともに、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料を提供することは、該アルコール飲料の嗜好性を高めるために、更なる課題として挙げられるべきものである。

先行技術

0011

特開2010−252640号公報。
特開2009−268400号公報。
特開2015−208246号公報。
特開2007−117063号公報。
特開2007−319050号公報。
特開平8−224075号公報。
特開2015−107100号公報。
特開平10−262642号公報。
特開2015−97513号公報。

発明が解決しようとする課題

0012

本発明の課題は、アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料を提供することにある。

課題を解決するための手段

0013

本発明者らは、上記課題を解決するべく、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料の提供について鋭意検討する中で、アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、飲料中に、パラサイメンを特定含有量に含有させ、かつ塩化ナトリウムを特定量添加、含有させることにより、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料を提供することができることを見出し、本発明を完成するに至った。

0014

すなわち、本発明は、アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、飲料中に、パラサイメンを0.05〜1.0ppm含有させ、かつ塩化ナトリウムを0.003〜0.05w/v%添加、含有させることを特徴とする、柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料の製造方法からなる。

0015

本発明の高香味アルコール飲料の製造方法において、含有させるパラサイメン自体は、柑橘系の飲料における主要な香気成分であるシトラールの劣化成分であり、柑橘系アルコール飲料の製造に際しては好ましくない成分として利用されない成分であるが、該成分をアルコール飲料中に特定量で含有させ、かつ、塩化ナトリウムを特定量で添加、含有させることにより、該成分の相互作用により、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料を製造することができる。

0016

本発明のアルコール飲料の製造方法において、アルコール飲料の柑橘系香味成分としては、各種柑橘系フレーバー柑橘系果汁を用いることができるが、果汁感の増強、調和の目的からは、柑橘系果汁を用いることが好ましい。

0017

本発明は、本発明のアルコール飲料の製造方法によって製造された果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料の発明を包含する。また、本発明は、アルコール飲料を容器詰アルコール飲料として調製した高香味アルコール飲料の発明を包含する。

0018

すなわち、具体的には本発明は、[1]アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、飲料中に、パラサイメンを0.05〜1.0ppm含有させ、かつ塩化ナトリウムを0.003〜0.05w/v%添加、含有させることを特徴とする、柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料の製造方法や、[2]柑橘系香味成分として、柑橘系果汁を含有させたことを特徴とする前記[1]に記載の高香味アルコール飲料の製造方法や、[3]前記[1]又は[2]に記載のアルコール飲料の製造方法によって製造された果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料や、[4]アルコール飲料が、容器詰アルコール飲料であることを特徴とする前記[3]に記載の高香味アルコール飲料からなる。

発明の効果

0019

本発明は、アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料を提供する。

0020

本発明は、アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、飲料中に、パラサイメンを0.05〜1.0ppm含有させ、かつ塩化ナトリウムを0.003〜0.05w/v%添加、含有させたことを特徴とする、柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味アルコール飲料、及びその製造方法からなる。ここで、増強、調和のとれた果汁感とは、果汁本来の持つ香味・味覚を意味する。また、ここでいうマイルドなアルコール感とは、突出したアルコール特有刺激が抑制され、添加成分による飲料自体の香味への影響も回避されたマイルドなアルコール感を意味する。

0021

本発明のアルコール飲料は、アルコール濃度が1〜12v/v%のアルコール飲料を対象とするが、好ましくは3〜12v/v%、より好ましくは4〜10v/v%、更に好ましくは5〜10v/v%、最も好ましくは7〜10v/v%のものが挙げられる。この範囲にあるとき、本発明の効果、すなわち調和のとれた果汁感が顕著に感じられる。使用するアルコールは、いわゆる原料用アルコールウオッカラム焼酎スピリッツ類などの蒸留酒などを使用することが香味設計上好ましい。

0022

柑橘系アルコール飲料の調製に用いられる柑橘系香味成分としては、柑橘系フレーバーや柑橘系果汁等、柑橘系アルコール飲料の調製に用いられる香味成分を用いることができるが、果汁感の増強、調和の目的からは、柑橘系果汁を用いることが好ましい。該柑橘系果汁の調製原料として用いられる柑橘類果実としては、例えば、レモン、グレーフルーツ、オレンジライムミカン及びユズカボス、イヨカンなどの柑橘類を挙げることができるが、特にグレープフルーツ、レモン、オレンジ、ユズなどの柑橘類を挙げることができる。該果汁は、濃縮果汁でもストレート果汁でもよく、使用量はストレート果汁換算で0.1〜50%、好ましくは0.1〜40%、より好ましくは0.1〜20%の範囲で調製される。

0023

本発明の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料には、パラサイメンを0.05〜1.0ppmの範囲で含有するように調整する。パラサイメンは香料成分として添加しても良いし、パラサイメンを多く含む食品素材を添加することでも良い。アルコール飲料中のパラサイメンの濃度の測定は、飲料をクロロホルムで抽出し、対象成分濃縮した後、ガスクロマトグラフィーGC/MS)により定量することができる。該GC/MSの分析条件としては、例えば特開2015−123008号公報に記載の(表2)分析条件を採用することができる。

0024

本発明の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料には、塩化ナトリウムを0.003〜0.050w/v%の範囲で、添加、配合する。この際、塩化ナトリウムを豊富に含む飲食品原料を使用してもよいが、香味設計の都合上、食品添加物グレードの塩化ナトリウム(食塩)を使用することが好ましい。

0025

本発明の柑橘系アルコール飲料の製造における添加成分や添加剤としては、本発明の効果を損なわない範囲で、通常、柑橘系アルコール飲料の製造において用いられる調味成分や添加剤等を用いることができる。例えば、糖類や高甘味度甘味料などの甘味料、果汁以外の各種エキス類、クエン酸やリンゴ酸をはじめとする各種酸味料、香料、着色料など通常のRTD飲料に使用される原料であればいずれも使用可能である。また、二酸化炭素を付与することで炭酸ガス入りのアルコール飲料とすることもできる。

0026

本発明のアルコール飲料は、容器詰アルコール飲料として製造することができる。該容器詰アルコール飲料の製造方法自体は、本発明の方法を採用する点を除いて、通常の容器詰アルコール飲料の製造方法と変わるところはない。例えば、具体的な製造方法は次の通りである。酸味料、甘味料、糖類、アルコール、食塩(塩化ナトリウム)、果汁、香料、及びそのほかの必要な原料を、イオン交換水投入し、攪拌溶解する。その調合液に必要に応じて炭酸ガスを付与した後、ビンなどの容器充填し、最後に所定の殺菌をおこなって容器詰めアルコール飲料とする。或いは、調合液に対してUHT殺菌などの殺菌をおこなった後、ペット容器紙容器などに充填してもよい。

0027

以下に、実施例によって本発明をより詳細に説明するが、本発明はこれら実施例に限定されるものではない。

0028

[実施例1-24、比較例1−16]
表1に示す基本配合成分に対して、アルコール濃度を4、5、7、10w/v%、塩化ナトリウム濃度を0、0.003、0.015、0.050、0.100w/v%、とそれぞれ組み合わせた試飲用サンプルを調製し、缶容器に充填した後、パストライザーで殺菌して、容器詰めアルコール飲料の試験飲料を調製した。なお、試験アルコール飲料には、パラサイメンを含む香料を添加して、最終濃度が0.32ppmとなる濃度で実施した。炭酸ガス圧は0.16〜0.24MPaであった。

0029

0030

<試験飲料の評価1:アルコール低感低減果>
調製した試験飲料は、熟練したパネラー4名による官能評価によって、アルコール感の抑制効果を評価した。評価にあたっては、アルコール感が強いものを15、少ないものを1として、15段階で評価し、食塩無添加で、それぞれのアルコール濃度に対応する試験飲料を「比較例」として、そのアルコール感を評価し、該食塩無添加の各アルコール濃度に対応する「アルコール感」を対照として、各試験飲料(実施例、比較例)における「アルコール感」を比較、評価した。評価点数が1以上ある場合を有意差があると判断した。表中の評価点数において、(−1)は、「アルコール感の緩和が感じられる」;(−2)は、「アルコール感の緩和が大いに感じられる」;(−3〜)は、「アルコール感の緩和が顕著に感じられる」ことを基準として数値で表示した。結果(各パネラー評価平均値)を表2に示す。表2に示されるように、食塩濃度0.003〜0.050w/v%の範囲で、アルコール感の低減効果が示された。なお、食塩を0.100w/v%添加した、比較例2、比較例4、比較例6及び比較例8の試験飲料は塩味が強くなりすぎて評価不能であった。

0031

0032

<試験飲料の評価2:果汁感の増強、改善効果
「試験飲料の評価1」で調製した試験飲料について、果汁感の改善効果の評価を実施した。試験飲料の評価は、熟練したパネラー4名による官能評価によって、果汁感の改善効果について評価した。評価にあたっては、各アルコール濃度において、食塩添加0(0w/v%)の果汁感を基準として、「1」とし、果汁感を5段階で評価し、2(+1)を果汁感の改善効果が感じられる;3(+2)を、果汁感の改善効果がより感じられる;4(+3)果汁感の改善効果が大いに感じられる;5(+4)果汁感の改善効果が顕著に感じられる、ものとして数値で表示した。各アルコール濃度における食塩無添加の対照飲料と比較し、評価点数が1以上ある場合を有意差があると判断した。結果(各パネラー評価の平均値)を表3に示す。表3に示されるように、食塩濃度0.003〜0.050w/v%の範囲で、果汁感の増強、改善効果が示された。なお、食塩を0.100w/v%添加した、比較例10、比較例12、比較例14及び比較例16の試験飲料は塩味が強くなりすぎて評価不能であった。

0033

0034

[実施例25-56、比較例17−32]
前記、表1に示す基本配合に対して、アルコールを7、10度(v/v%)、塩化ナトリウム濃度を0.003、0.050w/v%に調整し、パラサイメンを0.00、0.15、0.50、1.00、2.00と変化させた試飲用サンプルを調製し、缶容器に充填した後、パストライザーで殺菌して、容器詰めアルコール飲料の試験飲料を調製した。

0035

<試験飲料の評価3:アルコール低感低減果>
調製した試験飲料は、熟練したパネラー4名による官能評価によって、アルコール感の抑制効果を評価した。評価にあたっては、各アルコール濃度及び食塩濃度に対する、パラサイメン無添加(0.00ppm)のアルコール感を「5」とし(比較例)、該比較例を対照として、各パラサイメンの濃度に対応する試験飲料の「アルコール感」を比較、評価した。評価点数が1以上ある場合を有意差があると判断した。表中の評価点数において、(−1)は、「アルコール感の緩和が感じられる」;(−2)は、「アルコール感の緩和が大いに感じられる」;(−3)は、「アルコール感の緩和が顕著に感じられる」;(−4)は、「アルコール感の緩和が特に顕著に感じられる」ことを基準として数値で表示した。結果(各パネラー評価の平均値)を表4に示す。表4に示されるように、パラサイメン0.05〜1.000(ppm)の範囲で、アルコール感の低減効果が示された。なお、パラサイメン2.00(ppm)では、パラサイメンの望ましくない樹脂様の香りが付与されて、評価不能であった。

0036

0037

<試験飲料の評価4:果汁感の増強、改善効果>
調製した試験飲料は、熟練したパネラー4名による官能評価によって、果汁感の改善効果を評価した。評価にあたっては、各アルコール濃度及び食塩濃度に対する、パラサイメン無添加(0.00ppm)の果汁感を「1」とし(比較例)、該比較例を対照として、各パラサイメンの濃度に対応する試験飲料の「果汁感」を比較、評価した。果汁感を5段階で評価し、2(+1)を果汁感の改善効果が感じられる;3(+2)を、果汁感の改善効果がより感じられる;4(+3)果汁感の改善効果が大いに感じられる;5(+4)果汁感の改善効果が顕著に感じられる、ものとして数値で表示した。各アルコール濃度及び食塩濃度におけるパラサイメン無添加の対照飲料と比較し、評価点数が1以上ある場合を有意差があると判断した。結果(各パネラー評価の平均値)を表5に示す。表5に示されるように、パラサイメン0.05〜1.000(ppm)の範囲で、果汁感の増強、改善効果が示された。なお、パラサイメン2.00(ppm)では、パラサイメンの望ましくない樹脂様の香りが付与されて、評価不能であった。

実施例

0038

0039

本発明は、アルコール濃度が1〜12w/v%の柑橘系香味成分を含有するアルコール飲料において、柑橘系アルコール飲料の爽やかな香味を保持しつつ、アルコール飲料の果汁感の増強、調和がとれ、マイルドなアルコール感を付与した高香味のアルコール飲料を提供する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 合名会社崎元酒造所の「 長命草焼酎の製造方法」が 公開されました。( 2018/05/17)

    【課題】原料の風味を残しつつ、新たな風味が付与され、飲みやすい焼酎を提供する。【解決手段】焼酎醪に、長命草またはその抽出物を添加して発酵させた後、蒸留することを特徴とする焼酎の製造方法およびこの製造方... 詳細

  • 島根県の「 酒類およびその製造方法」が 公開されました。( 2018/05/17)

    【課題】簡便な処理で、風味に優れ、しかも保存安定性の良いお酒が得られることが望まれる。【解決手段】穀類を麹菌により糖化した後、酵母によりアルコール発酵させて得られたスラリーから固形分を除去し、50℃以... 詳細

  • 島根県の「 紫芋を原料とするアルコール飲料、飲食料品材料、飲食品、及びそれらの製造方法」が 公開されました。( 2018/05/17)

    【課題】紫芋の色と風味がより感じられる紫芋を原料としたアルコール飲料の製造方法を提供するとともに、該アルコール飲料の製造過程において排出される酒粕を有効に利用して廃棄物が極力出ないシステムを構築するこ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ