図面 (/)

技術 撮影位置推薦方法、コンピュータプログラムおよび撮影位置推薦システム

出願人 スノーコーポレイション
発明者 アンドゥギョンジョンサンチョルキムヨンフン
出願日 2017年1月4日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2017-000099
公開日 2017年7月27日 (4年1ヶ月経過) 公開番号 2017-130920
状態 特許登録済
技術分野 写真撮影方法及び装置 スタジオ装置
主要キーワード 補助装備 ドライブメカニズム フィルタリング領域 サークル領域 移動型端末 角度比 フィルタリング効果 アウトフォーカス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年7月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

撮影位置推薦方法およびシステムを提供する。

解決手段

撮影位置推薦方法を電子機器コンピュータに実行させるコンピュータプログラムが提供される。撮影位置推薦方法は、電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御にしたがい、電子機器が備えるカメラを駆動および制御する段階、電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて電子機器の撮影角度を計算する段階、電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、計算された撮影角度を撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する段階、および電子機器で撮影アプリケーションの制御にしたがい、計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力する段階を含む。

概要

背景

スマートフォンのような電子機器に備えられたカメラを制御するための撮影アプリケーションを利用して撮影をするとき、ユーザが好む特定の角度および/または距離が存在する。例えば、ユーザが自分撮りをするとき、ユーザが好む角度(電子機器の角度)および/または距離(被写体(ユーザ)と電子機器との距離)で自分撮りを行うことを望むことがある。このとき、従来技術では、ユーザが自分撮りするたびに、電子機器の画面を見ながら、これと同時に電子機器の位置を移動させ、納得のいく角度と距離を合わせなければならないという不便がある。

また、ユーザは、特定の被写体を撮影する場合にも、好みとする角度および/または距離がある。例えば、食べ物写真を撮影しようとする場合、電子機器の角度を地面と水平になるように調節して撮影を行うユーザが多い。この場合、ユーザは、電子機器の画面を確認するのが困難である上に、電子機器の角度が地面と水平になっているかの確認も困難であるという不便がある。

撮影構図推薦する従来技術として、韓国公開特許第10−2015−0134960号(撮影構図推薦方法および装置)のように、ユーザの推薦位置ガイドする技術が存在する。しかし、このような従来技術は、適切な撮影構図を推薦するだけであって、撮影時にユーザが好む撮影位置に電子機器が正しく位置することを指示することはできないという問題点がある。

概要

撮影位置推薦方法およびシステムを提供する。 撮影位置推薦方法を電子機器のコンピュータに実行させるコンピュータプログラムが提供される。撮影位置推薦方法は、電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御にしたがい、電子機器が備えるカメラを駆動および制御する段階、電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて電子機器の撮影角度を計算する段階、電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、計算された撮影角度を撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する段階、および電子機器で撮影アプリケーションの制御にしたがい、計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力する段階を含む。

目的

国際公開第2015/065001号
米国特許出願公開第2014/0019540号
米国特許出願公開第2013/0332543号
米国特許出願公開第2013/0260893号






カメラを備える電子機器を利用して映像を撮影するにあたり、ユーザが好む電子機器の角度の範囲、および/またはユーザが好む電子機器と被写体との距離の範囲を予め格納して管理し、映像の撮影時に電子機器の角度と距離を計算して格納された角度範囲および/または距離範囲に属する場合にユーザに通知を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

撮影位置推薦方法電子機器コンピュータに実行させるために記憶媒体に格納されたコンピュータプログラムであって、前記撮影位置推薦方法は、前記電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器が備えるカメラを駆動および制御する段階、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器の撮影角度を計算する段階、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力する段階を含むことを特徴とする、コンピュータプログラム。

請求項2

前記撮影位置推薦方法は、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記駆動および制御されたカメラを通じて撮影が行われた場合に計算される前記電子機器の撮影角度に基づいて前記予め設定された角度範囲を更新する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項1に記載のコンピュータプログラム。

請求項3

前記撮影位置推薦方法は、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器と被写体との間の距離を計算する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された距離を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された距離範囲と比較する段階をさらに含み、前記アラームデータを出力する段階は、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれ、前記計算された距離が前記予め設定された距離範囲に含まれる場合にアラームデータを出力することを特徴とする、請求項1に記載のコンピュータプログラム。

請求項4

前記撮影位置推薦方法は、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、角度範囲と距離範囲に対する複数の範囲ペア情報を格納および管理する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記駆動および制御されるカメラを通じて撮影が行われた場合に計算される前記電子機器の撮影角度と前記電子機器および前記被写体の間の距離とに基づいて前記複数の範囲ペア情報のうち前記計算された撮影角度と前記計算された距離に対応する範囲ペア情報を更新する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項3に記載のコンピュータプログラム。

請求項5

前記撮影位置推薦方法は、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された角度および前記計算された距離のうちの少なくとも1つが変更されることに応答して前記カメラを通じて入力された映像フィルタリング効果を適用するための領域のサイズを変更する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記変更されたサイズの領域に基づいて前記カメラを通じて撮影された映像に前記フィルタリング効果を適用する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項3に記載のコンピュータプログラム。

請求項6

前記フィルタリング効果を適用するための領域は、アウトフォーカス効果を適用するための領域、ビネッティング効果を適用するための領域、およびモザイク処理効果を適用するための領域のうちの少なくとも1つの領域を含むことを特徴とする、請求項5に記載のコンピュータプログラム。

請求項7

前記カメラは、前記電子機器の前面に付いているフロントカメラおよび前記電子機器の後面に付いているバックカメラを含み、前記予め設定された角度範囲は、前記フロントカメラを利用した撮影と関連する第1角度範囲および前記バックカメラを利用した撮影と関連して前記電子機器の地面との水平の可否を決めるための第2角度範囲を含むことを特徴とする、請求項1に記載のコンピュータプログラム。

請求項8

前記アラームデータを出力する段階は、前記電子機器が備えるディスプレイのうちの少なくとも一部に対する表示カラーまたは表示形状を変更するための視覚的信号を出力する、前記電子機器が備えるスピーカを通じて聴覚的信号を出力する、或いは前記電子機器が備える振動器を駆動して触覚的信号を出力することを特徴とする、請求項1に記載のコンピュータプログラム。

請求項9

電子機器のコンピュータによって実行される撮影位置推薦方法であって、前記電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器が備えるカメラを駆動および制御する段階、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器の撮影角度を計算する段階、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力する段階を含むことを特徴とする、撮影位置推薦方法。

請求項10

前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記駆動および制御されたカメラを通じて撮影が行われた場合に計算される前記電子機器の撮影角度に基づいて前記予め設定された角度範囲を更新する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項9に記載の撮影位置推薦方法。

請求項11

前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器と被写体との間の距離を計算する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された距離を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された距離範囲と比較する段階をさらに含み、前記アラームデータを出力する段階は、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれ、前記計算された距離が前記予め設定された距離範囲に含まれる場合にアラームデータを出力することを特徴とする、請求項9に記載の撮影位置推薦方法。

請求項12

前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、角度範囲と距離範囲に関する複数の範囲ペア情報を格納および管理する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記駆動および制御されるカメラを通じて撮影が行われた場合に計算される前記電子機器の撮影角度と前記電子機器および前記被写体の間の距離とに基づいて前記複数の範囲ペア情報のうち前記計算された撮影角度と前記計算された距離に対応する範囲ペア情報を更新する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項11に記載の撮影位置推薦方法。

請求項13

前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された角度および前記計算された距離のうちの少なくとも1つが変更されることに応答して前記カメラを通じて入力された映像にフィルタリング効果を適用するための領域のサイズを変更する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記変更されたサイズの領域に基づいて前記カメラを通じて撮影された映像に前記フィルタリング効果を適用する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項11に記載の撮影位置推薦方法。

請求項14

前記カメラは、前記電子機器の前面に付いているフロントカメラおよび前記電子機器の後面に付いているバックカメラを含み、前記予め設定された角度範囲は、前記フロントカメラを利用した撮影と関連する第1角度範囲および前記バックカメラを利用した撮影と関連して前記電子機器の地面との水平の可否を決めるための第2角度範囲を含むことを特徴とする、請求項9に記載の撮影位置推薦方法。

請求項15

前記アラームデータを出力する段階は、前記電子機器が備えるディスプレイのうちの少なくとも一部に対する表示カラーまたは表示形状を変更するための視覚的信号を出力する、前記電子機器が備えるスピーカを通じて聴覚的信号を出力する、或いは前記電子機器が備える振動器を駆動して触覚的信号を出力することを特徴とする、請求項9に記載の撮影位置推薦方法。

請求項16

電子機器の撮影位置推薦システムであって、前記電子機器のコンピュータで読み取り可能な命令を実行するように実現される少なくとも1つのプロセッサを含み、前記少なくとも1つのプロセッサは、前記電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記電子機器が備えるカメラを駆動および制御するように前記電子機器を制御するカメラ制御部、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器の撮影角度を計算する撮影角度計算部、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記計算された撮影角度を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する角度比較部、および前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力するように前記電子機器を制御するアラームデータ出力制御部を含むことを特徴とする、撮影位置推薦システム。

請求項17

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記駆動および制御されたカメラを通じて撮影が行われた場合に計算される前記電子機器の撮影角度に基づいて前記予め設定された角度範囲を更新する角度範囲更新部をさらに含むことを特徴とする、請求項16に記載の撮影位置推薦システム。

請求項18

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器と被写体との間の距離を計算する距離計算部、および前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記計算された距離を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された距離範囲と比較する距離比較部をさらに含み、前記アラームデータ出力制御部は、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれ、前記計算された距離が前記予め設定された距離範囲に含まれる場合にアラームデータを出力するように前記電子機器を制御することを特徴とする、請求項16に記載の撮影位置推薦システム。

請求項19

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、角度範囲と距離範囲に対する複数の範囲ペア情報を格納および管理するように前記電子機器を制御する範囲ペア情報管理制御部、および前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記駆動するカメラを通じて撮影が行われた場合に計算される前記電子機器の撮影角度と前記電子機器および前記被写体の間の距離とに基づいて前記複数の範囲ペア情報のうち前記計算された撮影角度と前記計算された距離に対応する範囲ペア情報を更新する範囲ペア情報更新部をさらに含むことを特徴とする、請求項18に記載の撮影位置推薦システム。

請求項20

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記計算された角度および前記計算された距離のうちの少なくとも1つが変更されることに応答して前記カメラを通じて入力された映像にフィルタリング効果を適用するための領域のサイズを変更する領域サイズ変更部、および前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記変更されたサイズの領域に基づいて前記カメラを通じて撮影された映像に前記フィルタリング効果を適用するフィルタリング効果適用部をさらに含むことを特徴とする、請求項18に記載の撮影位置推薦システム。

技術分野

0001

下記の説明は、撮影位置推薦方法コンピュータプログラムおよび撮影位置推薦システム等に関する。

背景技術

0002

スマートフォンのような電子機器に備えられたカメラを制御するための撮影アプリケーションを利用して撮影をするとき、ユーザが好む特定の角度および/または距離が存在する。例えば、ユーザが自分撮りをするとき、ユーザが好む角度(電子機器の角度)および/または距離(被写体(ユーザ)と電子機器との距離)で自分撮りを行うことを望むことがある。このとき、従来技術では、ユーザが自分撮りするたびに、電子機器の画面を見ながら、これと同時に電子機器の位置を移動させ、納得のいく角度と距離を合わせなければならないという不便がある。

0003

また、ユーザは、特定の被写体を撮影する場合にも、好みとする角度および/または距離がある。例えば、食べ物写真を撮影しようとする場合、電子機器の角度を地面と水平になるように調節して撮影を行うユーザが多い。この場合、ユーザは、電子機器の画面を確認するのが困難である上に、電子機器の角度が地面と水平になっているかの確認も困難であるという不便がある。

0004

撮影構図推薦する従来技術として、韓国公開特許第10−2015−0134960号(撮影構図推薦方法および装置)のように、ユーザの推薦位置ガイドする技術が存在する。しかし、このような従来技術は、適切な撮影構図を推薦するだけであって、撮影時にユーザが好む撮影位置に電子機器が正しく位置することを指示することはできないという問題点がある。

先行技術

0005

国際公開第2015/065001号
米国特許出願公開第2014/0019540号
米国特許出願公開第2013/0332543号
米国特許出願公開第2013/0260893号

発明が解決しようとする課題

0006

カメラを備える電子機器を利用して映像を撮影するにあたり、ユーザが好む電子機器の角度の範囲、および/またはユーザが好む電子機器と被写体との距離の範囲を予め格納して管理し、映像の撮影時に電子機器の角度と距離を計算して格納された角度範囲および/または距離範囲に属する場合にユーザに通知を提供することにより、ユーザが撮影時のたびに電子機器の画面を確認しながら電子機器の角度と位置を合わせなければならないという不便を改善することができる、撮影位置推薦方法、コンピュータプログラムおよび撮影位置推薦システムを提供する。

0007

計算された角度および/または距離にしたがって撮影された映像にフィルタリング効果が適用される領域のサイズを変更および制御することができる機能を提供することで、ユーザがさらに便利にフィルタリング領域選定することができる、撮影位置推薦方法、コンピュータプログラムおよび撮影位置推薦システムを提供する。

課題を解決するための手段

0008

撮影位置推薦方法を電子機器のコンピュータに実行させるために記憶媒体に格納されたコンピュータプログラムであって、前記撮影位置推薦方法は、前記電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器が備えるカメラを駆動および制御する段階、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器の撮影角度を計算する段階、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力する段階を含むことを特徴とする、コンピュータプログラムを提供する。

0009

電子機器のコンピュータによって実行される撮影位置推薦方法であって、前記電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器が備えるカメラを駆動および制御する段階、前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器の撮影角度を計算する段階、 前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する段階、および前記電子機器で前記撮影アプリケーションの制御にしたがい、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力する段階を含むことを特徴とする、撮影位置推薦方法を提供する。

0010

電子機器の撮影位置推薦システムであって、前記電子機器のコンピュータで読み取り可能な命令を実行するように実現される少なくとも1つのプロセッサを含み、前記少なくとも1つのプロセッサは、前記電子機器で動作する撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記電子機器が備えるカメラを駆動および制御するように前記電子機器を制御するカメラ制御部、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記電子機器のセンサが提供するセンシング情報に基づいて前記電子機器の撮影角度を計算する撮影角度計算部、前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記計算された撮影角度を前記撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較する角度比較部、および前記撮影アプリケーションの制御命令にしたがい、前記計算された撮影角度が前記予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力するように前記電子機器を制御するアラームデータ出力制御部を含むことを特徴とする、撮影位置推薦システムを提供する。

発明の効果

0011

カメラを備える電子機器を利用して映像を撮影するにあたり、ユーザが好む電子機器の角度の範囲、および/またはユーザが好む電子機器と被写体との距離の範囲を予め格納して管理し、映像の撮影時に電子機器の角度と距離を計算して格納された角度範囲および/または距離範囲に属する場合にユーザに通知を提供することにより、ユーザが撮影時のたびに電子機器の画面を確認しながら電子機器の角度と位置を合わせなければならないという不便を改善することができる。

0012

計算された角度および/または距離にしたがって撮影された映像にフィルタリング効果が適用される領域のサイズを変更および制御することができる機能を提供することで、ユーザがさらに便利にフィルタリング領域を選定することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の一実施形態における、ネットワーク環境の例を示した図である。
本発明の一実施形態における、電子機器およびサーバの内部構成を説明するためのブロック図である。
本発明の一実施形態における、電子機器のプロセッサが含むことのできる構成要素の例を示した図である。
本発明の一実施形態における、電子機器が実行することのできる最適撮影位置推薦方法の例を示したフローチャートである。
本発明の一実施形態における、電子機器のプロセッサが含むことのできる構成要素の他の例を示した図である。
本発明の一実施形態における、電子機器が実行することのできる最適撮影位置推薦方法の他の例を示したフローチャートである。
本発明の一実施形態における、電子機器の撮影角度によってアラームデータを出力する例を示した図である。
本発明の一実施形態における、電子機器と被写体との距離によってアラームデータを出力する例を示した図である。
本発明の一実施形態における、撮影角度の変化によってアラームデータが出力された例を示した図である。
本発明の一実施形態における、撮影角度の変化によってフィルタリング効果が適用される領域のサイズが変更される例を示した図である。

実施例

0014

以下、実施形態について、添付の図面を参照しながら詳しく説明する。

0015

図1は、本発明の一実施形態における、ネットワーク環境の例を示した図である。図1のネットワーク環境は、複数の電子機器110、120、130、140、複数のサーバ150、160、およびネットワーク170を含む例を示している。このような図1は、発明の説明のための一例に過ぎず、電子機器の数やサーバの数が図1のように限定されることはない。

0016

複数の電子機器110、120、130、140は、コンピュータ装置によって実現される固定型端末移動型端末であってもよい。複数の電子機器110、120、130、140の例としては、スマートフォン(smart phone)、携帯電話ナビゲーション、コンピュータ、ノート型パンコンデジタル放送用端末、PDA(Personal Digital Assistants)、PMP(Portable Multimedia Player)、タブレットPCなどがある。一例として、電子機器1(110)は、無線または有線通信方式を利用し、ネットワーク170を介して他の電子機器120、130、140および/またはサーバ150、160と通信してもよい。

0017

通信方式が制限されることはなく、ネットワーク170が含むことのできる通信網(一例として、移動通信網有線インターネット無線インターネット放送網)を活用する通信方式だけではなく、機器間近距離無線通信が含まれてもよい。例えば、ネットワーク170は、PAN(personal area network)、LAN(local area network)、CAN(campus area network)、MAN(metropolitan area network)、WAN(wide area network)、BBN(broadband network)、インターネットなどのネットワークのうちの1つ以上の任意のネットワークを含んでもよい。さらに、ネットワーク170は、バスネットワークスターネットワーク、リングネットワークメッシュネットワーク、スター−バスネットワーク、ツリーまたは階層的(hierarchical)ネットワークなどを含むネットワークトポロジのうちの任意の1つ以上を含んでもよいが、これに制限されることはない。

0018

サーバ150、160それぞれは、複数の電子機器110、120、130、140とネットワーク170を介して通信して命令、コード、ファイルコンテンツサービスなどを提供するコンピュータ装置または複数のコンピュータ装置によって実現されてもよい。

0019

一例として、サーバ160は、ネットワーク170を介して接続した電子機器1(110)にアプリケーションインストールのためのファイルを提供してもよい。この場合、電子機器1(110)は、サーバ160から提供されたファイルを利用してアプリケーションをインストールしてもよい。また、電子機器1(110)が含むオペレーティングシステム(Operating System:OS)および少なくとも1つのプログラム(一例として、ブラウザや前記インストールされたアプリケーション)の制御にしたがってサーバ150に接続し、サーバ150が提供するサービスやコンテンツの提供を受けてもよい。例えば、電子機器1(110)がアプリケーションの制御にしたがってネットワーク170を介してサービス要請メッセージをサーバ150に送信すると、サーバ150はサービス要請メッセージに対応するコードを電子機器1(110)に送信してもよく、電子機器1(110)はアプリケーションの制御にしたがってコードに基づく画面を構成して表示することにより、ユーザにコンテンツを提供してもよい。他の例として、サーバ150は、メッセージングサービスのための通信セッションを設定し、設定された通信セッションを通じて複数の電子機器110、120、130、140間のメッセージ送受信ルーティングしてもよい。

0020

図2は、本発明の一実施形態における、電子機器およびサーバの内部構成を説明するためのブロック図である。図2では、1つの電子機器に対する例として電子機器1(110)の内部構成を、1つのサーバに対する例としてサーバ150の内部構成を説明する。他の電子機器120、130、140やサーバ160も、同一または類似の内部構成を有してもよい。

0021

電子機器(110)とサーバ150は、メモリ211、221、プロセッサ212、222、通信モジュール213、223、および入力/出力インタフェース214、224を含んでもよい。メモリ211、221は、コンピュータで読み取り可能な記録媒体であって、RAM(random access memory)、ROM(read only memory)、およびディスクドライブのような永久大容量記憶装置(permanent mass storage device)を含んでよい。また、メモリ211、221には、オペレーティングシステムと、少なくとも1つのプログラムコード(一例として、電気機器1(110)にインストールされ駆動するブラウザや映像通話のためのアプリケーションなどのためのコード)が格納されてよい。このようなソフトウェア構成要素は、ドライブメカニズム(drive mechanism)を利用してメモリ211、221とは別のコンピュータで読み取り可能な記録媒体からロードされてもよい。このような別のコンピュータで読み取り可能な記録媒体は、フロッピードライブディスクテープ、DVD/CD−ROMドライブメモリカードなどのコンピュータで読み取り可能な記録媒体を含んでよい。他の実施形態において、ソフトウェア構成要素は、コンピュータで読み取り可能な記録媒体ではない通信モジュール213、223を利用してメモリ211、221にロードされてもよい。例えば、少なくとも1つのプログラムは、開発者またはアプリケーションのインストールファイル配布するファイル配布システム(一例として、上述したサーバ160)がネットワーク170を介して提供するファイルによってインストールされるプログラム(一例として、上述したアプリケーション)に基づいてメモリ211、221にロードされてもよい。

0022

プロセッサ212、222は、基本的な算術、ロジック、および入出力演算を実行することにより、コンピュータプログラムの命令を処理するように構成されてよい。命令は、メモリ211、221または通信モジュール213、223によって、プロセッサ212、222に提供されてよい。プロセッサ212、222は、メモリ211、221のような記録装置に格納されたプログラムコードにしたがって受信される命令を実行するように構成されてもよい。

0023

通信モジュール213、223は、ネットワーク170を介して電子機器1(110)とサーバ150とが互いに通信するための機能を提供してもよいし、他の電子機器(一例として、電子機器2(120))または他のサーバ(一例として、サーバ160)と通信するための機能を提供してもよい。一例として、電子機器1(110)のプロセッサ212がメモリ211のような記録装置に格納されたプログラムコードにしたがって生成した要請(一例として、映像通話サービスのための要請)が、通信モジュール213の制御にしたがってネットワーク170を介してサーバ150に伝達されてもよい。これとは逆に、サーバ150のプロセッサ222の制御にしたがって提供される制御信号や命令、コンテンツ、ファイルなどが、通信モジュール223とネットワーク170を経て電子機器1(110)の通信モジュール213を通じて電子機器1(110)に受信されてもよい。例えば、通信モジュール213を通じて受信されたサーバ150の制御信号や命令などは、プロセッサ212やメモリ211に伝達されてもよく、コンテンツやファイルなどは、電子機器1(110)がさらに含むことのできる格納媒体に格納されてもよい。

0024

入力/出力インタフェース214、224は、入力/出力装置215とのインタフェースのための手段であってもよい。例えば、入力装置は、キーボードまたはマウスなどの装置を、また出力装置は、アプリケーションの通信セッションを表示するためのディスプレイのような装置を含んでもよい。他の例として、入力/出力インタフェース214、224は、タッチスクリーンのように入力と出力のための機能が1つに統合された装置とのインタフェースのための手段であってもよい。より具体的な例として、電子機器1(110)のプロセッサ212は、メモリ211にロードされたコンピュータプログラムの命令を処理するにあたり、サーバ150や電子機器2(120)が提供するデータを利用して構成されるサービス画面やコンテンツが入力/出力インタフェース214を通じてディスプレイに表示されてもよい。

0025

また、他の実施形態において、電子機器1(110)とサーバ150は、図2の構成要素よりもさらに多くの構成要素を含んでもよい。しかし、大部分の従来技術構成要素を明確に図に示す必要はない。例えば、電子機器1(110)は、上述した入力/出力装置215のうちの少なくとも一部を含むように実現されてもよいし、トランシーバ(transceiver)、GPS(Global Positioning System)モジュール、カメラ、各種センサデータベースなどのような他の構成要素をさらに含んでもよい。より具体的な例として、電子機器1(110)がスマートフォンである場合、一般的にスマートフォンが備えている加速度センサジャイロセンサ、カメラ、各種物理的なボタンタッチパネルを利用したボタン、入力/出力ポート振動のための振動器などの多様な構成要素が電子機器1(110)にさらに含まれるように実現されてもよことを知ることができる。

0026

本実施形態において、電子機器1(110)は、撮影アプリケーションがインストールされた装置であってもよく、撮影アプリケーションが提供する制御命令に基づいて電子機器1(110)に最適撮影位置推薦システムが実現されてもよい。撮影アプリケーションは、電子機器1(110)にインストールされて独立的に電子機器1(110)を制御するプログラムであってもよいし、サーバ150と通信してサーバ150からの命令を追加で活用して電子機器1(110)を制御するプログラムであってもよい。例えば、撮影アプリケーションが、チャットアプリケーションやSNS(Social Network Service)アプリケーションであるとしよう。この場合、電子機器1(110)は、サーバ150を通じて他の電子機器(一例として、電子機器2(120))と会話のためのメッセージをやり取りしたり、ウェブ上にコンテンツをアップロードしたりしてもよい。このとき、チャットアプリケーションまたはSNSアプリケーションがカメラを制御して撮影した映像を得るための機能を含んでもよく、電子機器1(110)は、このような機能にしたがって最適撮影位置推薦方法を実行してもよい。

0027

図3は、本発明の一実施形態における、電子機器のプロセッサが含むことのできる構成要素の例を示した図であり、図4は、本発明の一実施形態における、電子機器が実行することのできる最適撮影位置推薦方法の例を示したフローチャートである。

0028

図3に示すように、電子機器1(110)のプロセッサ212は、構成要素として、カメラ制御部310、撮影角度計算部320、角度比較部330、およびアラームデータ出力制御部340を含んでもよい。このようなプロセッサ212およびプロセッサ212の構成要素は、図4の最適撮影位置推薦方法が含む段階410〜450を実行するように電子機器1(110)を制御してもよい。ここで、プロセッサ212およびプロセッサ212の構成要素は、メモリ211が含むオペレーティングシステムのコードと少なくとも1つのプログラムのコードによる命令(instruction)を実行するように実現されてもよい。ここで、少なくとも1つのプログラムは、上述した撮影アプリケーションに対応してもよい。また、プロセッサ212の構成要素は、撮影アプリケーションが提供する制御命令にしたがってプロセッサ212によって実行される互いに異なる機能(different functions)の表現であってもよい。例えば、プロセッサ212が上述した制御命令にしたがってカメラを駆動および制御するために動作する機能的表現としてカメラ制御部310が使用されてもよい。

0029

段階410で、プロセッサ212は、最適撮影位置推薦方法のためのアプリケーションのファイルに格納されたプログラムコードをメモリ211にロードしてもよい。例えば、アプリケーションは、上述した撮影アプリケーションによって電子機器1(110)が最適撮影位置推薦方法を実行することができるように制御するための制御命令を含んでもよい。電子機器1(110)にインストールされたアプリケーションが実行される場合、プロセッサ212は、アプリケーションのファイルからプログラムコードをメモリ221にロードするように電子機器1(110)を制御してもよい。

0030

ここで、プロセッサ212およびプロセッサ212が含むカメラ制御部310、撮影角度計算部320、角度比較部330、およびアラームデータ出力制御部340それぞれは、メモリ211にロードされたプログラムコードのうちの対応する部分の命令を実行して以後の段階420〜450を実行するためのプロセッサ212の互いに異なる機能的表現であってもよい。段階420〜450実行のために、プロセッサ212およびプロセッサ212の構成要素は、電子機器1(110)を制御してもよい。例えば、プロセッサ212は、電子機器1(110)が備えるカメラを駆動し、撮影を行うように電子機器1(110)を制御してもよい。

0031

段階420で、カメラ制御部310は、電子機器1(110)が備えるカメラを駆動および制御するように電子機器1(110)を制御してもよい。カメラが駆動すると、カメラ制御部310またはプロセッサ212は、カメラを通じて入力される映像を電子機器1(110)のディスプレイに表示したり、特定の瞬間の映像を撮影するためにユーザから命令が入力されるためのユーザインタフェースを提供するように電子機器1(110)を制御してもよい。

0032

段階430で、撮影角度計算部320は、電子機器1(110)のセンサが提供するセンシング情報に基づいて電子機器1(110)の撮影角度を計算してもよい。撮影角度は、3次元空間上の3つの軸(一例として、x−軸、y−軸、およびz−軸)に対する角度を基盤として表現されてもよい。例えば、電子機器1(110)のオペレーティングシステムは、電子機器1(110)が備える加速度センサやジャイロセンサなどのセンシング情報を提供してもよく、撮影角度計算部320は、オペレーティングシステムが提供するセンシング情報を加工して電子機器1(110)の角度を計算してもよい。他の例として、オペレーティングシステムは、センシング情報を加工し、基準となる3次元空間上の電子機器1(110)に対する角度情報を提供することも可能である。この場合、撮影角度計算部320は、提供される角度を利用して最適撮影位置推薦方法に適する撮影角度を計算してもよい。より具体的な例として、最適撮影位置推薦方法において、撮影角度は、オペレーティングシステムが提供する角度情報をそのまま活用してもよいが、カメラを通じて入力される映像を分析し、被写体に対する電子機器1(110)の角度とオペレーティングシステムが提供する角度情報とをすべて利用して撮影角度を計算することも可能である。ここで、被写体に対する電子機器1(110)の角度に関する計算は、周知のイメージ分析方法を利用して処理されてもよい。

0033

段階440で、角度比較部330は、計算された撮影角度を撮影アプリケーションによって管理される予め設定された角度範囲と比較してもよい。角度範囲は、ユーザが好む角度の範囲として管理されてもよい。このような角度範囲は、ユーザの以前の撮影時に測定された角度の値を利用して予め設定されてもよい。例えば、電子機器1(110)で撮影アプリケーションの制御にしたがい、駆動および制御されたカメラを通じて以前に撮影が行われた瞬間に計算される電子機器1(110)の撮影角度を基盤として予め設定された角度範囲が更新されてもよい。言い換えれば、角度比較部330は、ユーザが好む撮影角度が反映された角度範囲と電子機器1(110)に対して現在計算された撮影角度とを互いに比較する。例えば、電子機器1(110)が、カメラとして、電子機器1(110)の前面に付いているフロントカメラと電子機器1(110)の後面に付いているバックカメラとを備えているとする。ここで、角度範囲は、フロントカメラを利用した撮影と関連する第1角度範囲、およびバックカメラを利用した撮影と関連して電子機器と地面とが水平(又は平行)であるか否かを決めるための第2角度範囲を含んでもよい。一例として、第1角度範囲は、自分撮りと関連して設定された角度範囲であってもよく、第2角度範囲は、食べ物のような被写体を水平に撮影することと関連して設定された角度範囲であってもよい。

0034

段階450で、アラームデータ出力制御部340は、計算された撮影角度が予め設定された角度範囲に含まれる場合にアラームデータを出力するように電子機器1(110)を制御してもよい。例えば、アラームデータ出力制御部340は、電子機器1(110)が備えるディスプレイの少なくとも一部に対する表示カラーまたは表示形状を変更するための視覚的信号を出力したり、電子機器1(110)が備えるスピーカを通じて聴覚的信号を出力したり、電子機器1(110)が備える振動器を駆動させて触覚的信号を出力したりすることにより、現在の電子機器1(110)の撮影角度がユーザの好む角度であることをユーザに通知してもよい。したがって、ユーザは、より簡単にユーザにとって最適な撮影位置を見つけることができるようになる。

0035

撮影角度だけではなく、電子機器1(110)と被写体との距離、そして予め設定された距離範囲が最適撮影位置を推薦するためにさらに利用されてもよい。また、上述した角度範囲と距離範囲は、学習されることも可能である。さらに、計算される電子機器1(110)の角度および/または計算される電子機器1(110)と被写体との距離を基盤として互いに異なる領域にフィルタリング効果を適用することも可能である。

0036

図5は、本発明の一実施形態における、電子機器のプロセッサが含むことのできる構成要素の他の例を示した図であり、図6は、本発明の一実施形態における、電子機器が実行することのできる最適撮影位置推薦方法の他の例を示したフローチャートである。

0037

図3を参照しながら上述したように、電子機器1(110)のプロセッサ212は、構成要素として、カメラ制御部310、撮影角度計算部320、角度比較部330、およびアラームデータ出力制御部340を含んでもよい。また、実施形態によっては、図5に示すように、角度範囲更新部510、距離計算部520、距離比較部530、範囲ペア情報管理制御部540、範囲ペア情報更新部550、領域サイズ変更部560、およびフィルタリング効果適用部570のうちの少なくとも1つを選択的にさらに含んでもよい。さらに、図3を参照しながら説明した最適撮影位置推薦方法は、段階410〜450の他にも、図6の段階610〜670のうちの少なくとも1つを選択的にさらに含んでもよい。プロセッサ212が選択的にさらに含むことのできる構成要素は、図6の段階610〜670のうちで最適撮影位置推薦方法が選択的にさらに含むことのできる段階を実行するように構成されたプロセッサ212の機能的表現であってもよい。

0038

段階610で、角度範囲更新部510は、駆動および制御されたカメラを通じて撮影が行われた瞬間に計算される電子機器1(110)の撮影角度を基盤として予め設定された角度範囲を更新してもよい。更新された角度範囲は、次の撮影時に電子機器1(110)の撮影角度との比較のために利用されてもよい。ここで、角度範囲は、複数の範囲が格納、管理、および更新されてもよい。例えば、ユーザが自分撮りを行うときの角度範囲と食べ物などの被写体を撮影するときの角度範囲とには大きな差が生じる場合がある。したがって、角度範囲は、類似する値の角度(一定の範囲以下(一例として、5度以下)の差値をもつ角度)に基づいて設定および更新されてもよく、予め設定された値以上(一例として、15度以上)の差がある角度は、互いに異なる角度範囲の設定および更新のために活用されてもよい。段階610は、映像の撮影が行われた後に進められてもよい。

0039

段階620で、距離計算部520は、電子機器1(110)のセンサが提供するセンシング情報に基づいて電子機器1(110)と被写体との距離を計算してもよい。例えば、電子機器1(110)は、超音波赤外線レーザなどの光学的手法を利用した距離センサを利用して電子機器1(110)と被写体との距離を計算してもよい。他の例として、電子機器1(110)は、カメラを通じて入力される映像を分析して電子機器1(110)と被写体との相対距離を計算して活用することも可能である。段階620は、図4の段階430の以前や以後に進められてもよいし、段階430と共に進められてもよい。

0040

段階630で、距離比較部530は、計算された距離を撮影アプリケーションによって管理される予め設定された距離範囲と比較してもよい。距離範囲も、ユーザが好む距離の範囲として管理されてもよい。例えば、ユーザが別途補助装備を活用せずに自分撮りを行う場合、電子機器1(110)と被写体との距離は大きな変化なく一定である可能性が高く、ユーザの顔の大きさなどの条件に応じて好む距離が存在することがある。したがって、距離範囲は、ユーザの以前の撮影時に測定された距離の値を利用して設定されてもよい。段階630は、図4の段階440の以前や以後に進められてもよいし、段階440と共に進められてもよい。

0041

この場合、図3を参照しながら説明したアラームデータ出力制御部340は、段階450で、計算された撮影角度が予め設定された角度範囲に含まれ、計算された距離が予め設定された距離範囲に含まれる場合にアラームデータを出力してもよい。

0042

段階640で、範囲ペア情報管理制御部540は、角度範囲と距離範囲に関する複数の範囲ペア情報を格納および管理するように電子機器1(110)を制御してもよい。上述したように、自分撮りのためにユーザが好む角度と距離、そして食べ物のような被写体を撮影するためにユーザが好む角度と距離は、同じユーザであっても互いに異なることがある。したがって、電子機器1(110)は、複数の範囲ペア情報を格納および管理してもよい。ここで、範囲ペア情報は、撮影アプリケーションによって管理されてもよい。段階640は、図4の段階410が最初に始まった後に実行されてもよい。言い換えれば、撮影アプリケーションが最初に駆動した後に、範囲ペア情報が格納および管理されるようになるのである。最初の角度範囲と最初の距離範囲は、ユーザの以前の撮影とは関係なく予め予め設定されてもよい。

0043

段階650で、範囲ペア情報更新部550は、駆動するカメラを通じて撮影が行われた瞬間に計算される電子機器1(110)の撮影角度および電子機器1(110)と被写体との距離を基盤として複数の範囲ペア情報のうちで計算された撮影角度と計算された距離に対応する範囲ペア情報を更新してもよい。電子機器1(110)で映像の撮影が行われれば、ユーザが好む撮影角度と距離を反映するために段階650が実行されてもよい。例えば、段階650は、撮影アプリケーションが駆動して撮影が行われるたびに実行されてもよい。

0044

段階660で、領域サイズ変更部560は、計算された角度および計算された距離のうちの少なくとも1つが変更されることに応答してカメラを通じて入力された映像にフィルタリング効果を適用するための領域のサイズを変更してもよい。例えば、フィルタリング効果を適用するための領域は、アウトフォーカス(out of focus)効果を適用するための領域、ビネッティング(vignetting)効果を適用するための領域、およびモザイク処理効果を適用するための領域のうちの少なくとも1つの領域を含んでもよい。従来には、このような領域のサイズを制御するために、ユーザが提示されるサークル領域四角形領域のサイズをタッチスクリーンなどでマルチタッチの利用やボタンの入力などによって直接調節しなければならないという不便があった。本発明の実施形態では、ユーザが電子機器1(110)の角度および/または被写体との距離を調節するだけで、直観的かつ簡単にフィルタリング効果を適用するための領域のサイズを調節することができる。

0045

段階670で、フィルタリング効果適用部570は、変更されたサイズの領域を基盤としてカメラを通じて撮影された映像にフィルタリング効果を適用してもよい。言い換えれば、撮影が行われると、撮影角度や距離にしたがって変更されたサイズの領域に自動的にフィルタリング効果が適用されるようになるのである。

0046

図7は、本発明の一実施形態における、電子機器の撮影角度にしたがってアラームデータを出力する例を示した図である。図7は、電子機器710で被写体720を撮影する過程において、電子機器710の物理的移動によって撮影角度が変更される例を示している。ここで、電子機器710は、計算される撮影角度と電子機器710にインストールされた撮影アプリケーションが提示する角度範囲とを比較してもよい。計算された撮影角度が提示された角度範囲に含まれる場合、電子機器710は、アラームデータを出力してユーザが好む撮影角度であることをユーザに通知してもよい。選択的に、電子機器710は、アラームデータを出力すると同時に、ユーザの明示上な命令なしで撮影による映像の生成を自動で行うことも可能である。

0047

図8は、本発明の一実施形態における、電子機器と被写体との距離にしたがってアラームデータを出力する例を示した図である。図8は、電子機器710で被写体720を撮影する過程において、電子機器710の物理的移動によって電子機器710と被写体720との距離が変更される例を示している。ここで、電子機器710は、計算される距離と電子機器710にインストールされた撮影アプリケーションが提示する距離範囲とを比較してもよい。計算された距離が提示された距離範囲に含まれる場合、電子機器710は、アラームデータを出力してユーザが好む距離であることをユーザに通知してもよい。この場合にも、電子機器710は、アラームデータを出力すると同時に、ユーザの明示上な命令なしで撮影による映像の生成を自動で行うことも可能である。

0048

図7および図8では、撮影角度と距離をそれぞれ利用してアラームデータを出力する実施形態について説明しているが、撮影角度と距離とをすべて利用し、計算された撮影角度が角度範囲に含まれると同時に、計算された距離が距離範囲に含まれる場合に電子機器710でアラームデータが出力されるように実現されることも可能である。

0049

図9は、本発明の一実施形態における、撮影角度の変化にしたがってアラームデータが出力された例を示した図である。図9の第1画面910は、カメラを通じて入力される映像が表示された電子機器1(110)のディスプレイ例を示している。ここで、図9の第2画面920は、電子機器1(110)の角度が変更されることにしたがってカメラを通じて入力される映像が表示された電子機器1(110)のディスプレイ例を示している。ここで、第1画面910における第1ユーザインタフェース911が、第2画面920では第2ユーザインタフェース912のようにカラーと形状などが変更された例を示している。言い換えれば、図9は、電子機器1(110)の角度が変更され、計算された電子機器1(110)の撮影角度が予め設定された角度範囲に含まれる場合に、ユーザインタフェースを第1ユーザインタフェース911から第2ユーザインタフェース912のように変更するために、視覚的信号としてアラームデータを出力した例を示している。

0050

このようなアラームデータが電子機器1(110)と被写体との距離を基盤として出力されることも可能であることは、既に詳しく説明したとおりである。また、アラームデータが撮影角度と距離とをすべて活用して出力されることが可能であることも、既に詳しく説明した。

0051

図10は、本発明の一実施形態における、撮影角度の変化にしたがってフィルタリング効果が適用される領域のサイズが変更される例を示した図である。図10の第3画面1010は、カメラを通じて入力される映像が表示された電子機器1(110)のディスプレイ例を示している。ここで、図10の第4画面1020は、電子機器1(110)の角度が変更されることにしたがってカメラを通じて入力される映像が表示された電子機器1(110)のディスプレイ例を示している。この場合にも、電子機器1(110)の角度が変更され、計算された電子機器1(110)の撮影角度が予め設定された角度範囲に含まれる場合に、ユーザインタフェースを第3ユーザインタフェース1011から第4ユーザインタフェース1012のように変更するために、視覚的信号としてアラームデータを出力した例を示している。

0052

また、このような撮影角度の変化は、フィルタリング領域(フィルタリング効果を適用するための領域)のサイズを第1領域1012から第2領域1022のように変更することも可能である。図10は、撮影角度が変更されることにしたがってフィルタリング領域のサイズを第1領域1012から第2領域1022のように大きくなる様子を示している。このようなフィルタリング領域のサイズは、電子機器1(110)と被写体との距離を基盤として変更されることも可能であることは、既に詳しく説明したとおりである。また、フィルタリング効果を適用するための領域のサイズが撮影角度と距離とをすべて活用して変更されることが可能であることも、既に詳しく説明した。

0053

このように、本発明の実施形態によると、カメラを備える電子機器を利用して映像を撮影するにあたり、ユーザが好む電子機器の角度の範囲、および/またはユーザが好む電子機器と被写体との距離の範囲を予め格納して管理し、映像の撮影時に電子機器の角度と距離を計算して格納された角度範囲および/または距離範囲に属する場合にユーザに通知を提供することにより、ユーザが撮影のたびに電子機器の画面を確認しながら電子機器の角度と位置を合わせなければならないという不便を改善することができる。また、計算された角度および/または距離にしたがって撮影された映像にフィルタリング効果が適用される領域のサイズを変更および制御することができる機能を提供することで、ユーザがさらに便利にフィルタリング領域を選定することができる。

0054

上述したシステムまたは装置は、ハードウェア構成要素、ソフトウェア構成要素、またはハードウェア構成要素とソフトウェア構成要素との組み合わせによって実現されてもよい。例えば、実施形態で説明された装置および構成要素は、例えば、プロセッサ、コントローラALU(arithmetic logic unit)、デジタル信号プロセッサ(digital signal processor)、マイクロコンピュータFPGA(field programmable gate array)、PLU(programmable logic unit)、マイクロプロセッサ、または命令を実行して応答することができる様々な装置のように、1つ以上の汎用コンピュータまたは特殊目的コンピュータを利用して実現されてもよい。処理装置は、オペレーティングシステム(OS)および前記OS上で実行される1つ以上のソフトウェアアプリケーションを実行してよい。また、処理装置は、ソフトウェアの実行に応答し、データにアクセスし、データを格納、操作、処理、および生成してもよい。理解の便宜のために、1つの処理装置が使用されるとして説明される場合もあるが、当業者は、処理装置が複数個処理要素(processing element)および/または複数種類の処理要素を含んでもよいことが理解できるであろう。例えば、処理装置は、複数個のプロセッサまたは1つのプロセッサおよび1つのコントローラを含んでもよい。また、並列プロセッサ(parallel processor)のような、他の処理構成(processing configuration)も可能である。

0055

ソフトウェアは、コンピュータプログラム、コード、命令、またはこれらのうちの1つ以上の組み合わせを含んでもよく、思うままに動作するように処理装置を構成したり、独立的または集合的に(collectively)処理装置に命令したりしてよい。ソフトウェアおよび/またはデータは、処理装置に基づいて解釈されたり、処理装置に命令またはデータを提供するために、いかなる種類の機械コンポーネント物理装置仮想装置(virtual equipment)、コンピュータ格納媒体または装置、または送信される信号波(signal wave)に永久的または一時的に具現化(embody)されてもよい。ソフトウェアは、ネットワークによって接続されたコンピュータシステム上に分散され、分散された状態で格納されても実行されてもよい。ソフトウェアおよびデータは、1つ以上のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に格納されてもよい。

0056

実施形態に係る方法は、多様なコンピュータ手段によって実行可能なプログラム命令の形態で実現されてコンピュータで読み取り可能な媒体に記録されてもよい。前記コンピュータで読み取り可能な媒体は、プログラム命令、データファイルデータ構造などを単独でまたは組み合わせて含んでもよい。前記媒体に記録されるプログラム命令は、実施形態のために特別に設計されて構成されたものであってもよいし、コンピュータソフトウェア当業者に公知な使用可能なものであってもよい。コンピュータで読み取り可能な記録媒体の例としては、ハードディスクフロッピディスク、および磁気テープのような磁気媒体、CD−ROM、DVDのような光媒体フロティカルディスク(floptical disk)のような光磁気媒体、およびROM、RAM、フラッシュメモリなどのようなプログラム命令を格納して実行するように特別に構成されたハードウェア装置が含まれる。プログラム命令の例は、コンパイラによって生成されるもののような機械語コードだけではなく、インタプリタなどを使用してコンピュータによって実行される高級言語コードを含む。上述したハードウェア装置は、実施形態の動作を実行するために1つ以上のソフトウェアモジュールとして動作するように構成されてもよく、その逆も同じである。

0057

以上のように、実施形態を限定された実施形態と図面に基づいて説明したが、当業者であれば、上述した記載から多様な修正および変形が可能である。例えば、説明された技術が、説明された方法とは異なる順序で実行されたり、および/あるいは、説明されたシステム、構造、装置、回路などの構成要素が、説明された方法とは異なる形態で結合されたりまたは組み合わされたり、他の構成要素または均等物によって対置されたり置換されたとしても、適切な結果を達成することができる。

0058

したがって、異なる実施形態であっても、特許請求の範囲と均等なものであれば、添付される特許請求の範囲に属する。

0059

110、120、130、140:電子機器
140、150:サーバ
170:ネットワーク

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ