図面 (/)

技術 締結具およびその製造方法

出願人 日東精工株式会社
発明者 上野美光村田知明大槻恭資辻井邦夫
出願日 2016年1月22日 (4年5ヶ月経過) 出願番号 2016-011085
公開日 2017年7月27日 (2年11ヶ月経過) 公開番号 2017-129258
状態 特許登録済
技術分野 回転塑性加工 ボルト・ナット・座金 鍛造
主要キーワード 可動工具 成形ねじ 受け駒 タッピン 逆傾斜 不完全ねじ部 十字穴 つば付
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年7月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

緩み難いつば付タッピンねじの提供。

解決手段

頭部2と、頭部2よりも大径のつば部4と、ねじ部成形した脚部3とを備え、つば部4を状に曲げたつば付タッピンねじ1である。つば部4には外側下部に配され被締結部材に対して緩傾斜の第1テーパ面5と、この第1テーパ面5よりも急傾斜に成形され頭部2に連設されている第2テーパ面6とが形成される。これにより、被締結部材に着座し所定の締付けトルクが付加される過程において、下方へ沈み込む頭部2に連動して第2テーパ面6が軸線側へ寄せられる。よって、第1テーパ面5は、その縁部4cのみ被締結部材に接触していなかった着座直後状態から被締結部材との接触面積を徐々に広げ密着する。したがって、本発明のつば付タッピンねじ1は締結後に緩み難い。

概要

背景

近年、家電製品を中心に製品の軽量化が進み、板厚が0.3mmから0.5mm程度と極めて薄い被締結部材および締結部材が多用され、これら被締結部材および締結部材を重ね合わせる締結が多くなっている。これらの締結に際しては、締結コストを低減するために、締結具の一例であるタッピンねじが使用されているが、このタッピンねじでは通常ねじ部転造により成形される。そのため、タッピンねじは頭部首付近に所定のねじ山高さに達しない不完全ねじ山と所定のねじ溝深さに達しない不完全ねじ溝とねじ山未成形部とからなる首下不完全ねじ部を有している。したがって、タッピンねじにより被締結部材および締結部材を締結すると、ねじ山未成形部が締結部材に塑性成形されためねじ部に達してこれを破壊したり、不完全ねじ山がめねじ部に位置してめねじ部との間で十分な引っ掛かり率が得られなかったりする等の問題が発生している。

この問題に対応するものとしては、特許文献1に記載のつば付タッピンねじが存在する。この従来のつば付タッピンねじは、ビット等の工具に嵌合する駆動穴を備えた頭部と、この頭部よりも大径のつば部と、前記首下不完全ねじ部を備えた脚部とから構成されている。また、前記つば部は、前記首下不完全ねじ部を覆うように曲げられており、斜め方向に下る傾斜面と前記被締結部材の上面に対して平行な平面とを備える。

また、従来のつば付タッピンねじの製造方法としては、特許文献2に記載されており、前記脚部に所定のねじ山高さに達している完全ねじ山などからなる完全ねじ部と、前記首下不完全ねじ部とが転造工具により成形される転造工程と、この転造工程により成形した後、前記つば部を軸方向へ曲げ状に成形する曲げ工程とを含んでいる。また、前記曲げ工程では、つば部を固定ダイス可動工具とによって挟み込み曲げ加工するとともに、前記つば部の外周を塑性変形させて前記平面を成形していることが開示されている。

概要

緩み難いつば付タッピンねじの提供。頭部2と、頭部2よりも大径のつば部4と、ねじ部を成形した脚部3とを備え、つば部4を傘状に曲げたつば付タッピンねじ1である。つば部4には外側下部に配され被締結部材に対して緩傾斜の第1テーパ面5と、この第1テーパ面5よりも急傾斜に成形され頭部2に連設されている第2テーパ面6とが形成される。これにより、被締結部材に着座し所定の締付けトルクが付加される過程において、下方へ沈み込む頭部2に連動して第2テーパ面6が軸線側へ寄せられる。よって、第1テーパ面5は、その縁部4cのみ被締結部材に接触していなかった着座直後状態から被締結部材との接触面積を徐々に広げ密着する。したがって、本発明のつば付タッピンねじ1は締結後に緩み難い。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

頭部と、これよりも大径のつば部と、首下不完全ねじ部および完全ねじ部成形した脚部とを備え、前記つば部が前記首下不完全ねじ部を覆う位置まで曲げられた状で構成された締結具において、前記つば部は、その外側下部に配置された第1テーパ面と、この第1テーパ面から角度を変え前記頭部へ連設された第2テーパ面とを備えて成り、前記第1テーパ面は、被締結部材の上面に対して緩やかな角度でかつ上方へ向かって延びるよう構成されており、前記第2テーパ面は、前記第1テーパ面の前記角度よりも急な角度でかつ被締結部材の上方へ向かって延びるよう構成されていることを特徴とする締結具。

請求項2

前記つば部は、所定の締付けトルクにより締結される過程で第1テーパ面の外側から徐々に被締結部材との接触面積を広くするように弾性変形するよう構成したことを特徴とする請求項1に記載の締結具。

請求項3

前記第1テーパ面は、締結前の角度が0.1°ないし5°に設定されており、締結後の角度がほぼ0°となり前記被締結部材の上面に密着するよう構成したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の締結具。

請求項4

前記第1テーパ面は、締結後の緩み防止を発揮する突起部を備えて成ることを特徴とする請求項1ないし請求項3の何れかに記載の締結具。

請求項5

棒状の線材押圧して頭部およびこの頭部よりも大径のつば部さらにこのつば部から延びる軸部を圧造成形する圧造工程と、前記軸部を転造し首下不完全ねじ部および完全ねじ部を備えた脚部へ仕上げる転造工程と、この転造工程後に前記つば部を傘状に曲げて前記首下不完全ねじ部を覆う位置まで曲げる曲げ工程とを含む締結具の製造方法において、前記圧造工程は、前記つば部の外側下部を内側から外側へ向かい上方へ傾斜する第1傾斜面と、この第1傾斜面とは角度を変えかつ外側から内側へ向かい上方へ傾斜するとともに前記頭部に連設された第2傾斜面とを圧造成形する工程とし、前記曲げ工程は、前記つば部および前記頭部の連接部を起点にして下方へ曲げて前記第1傾斜面を前記つば部の外側から内側へ向かい上方へ緩やかに傾斜する第1テーパ面を成形するとともに、前記第2傾斜面をさらに前記つば部の外側から内側へ向かい上方へ急な角度で傾斜した第2テーパ面を成形する工程としたことを特徴とする締結具の製造方法。

請求項6

前記曲げ工程は、前記つば部の上面に金具を押圧して前記つば部を曲げるプレス工程であることを特徴とする請求項5に記載の締結具の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、被締結部材および締結部材締結可能な締結具およびその製造方法に関する。

背景技術

0002

近年、家電製品を中心に製品の軽量化が進み、板厚が0.3mmから0.5mm程度と極めて薄い被締結部材および締結部材が多用され、これら被締結部材および締結部材を重ね合わせる締結が多くなっている。これらの締結に際しては、締結コストを低減するために、締結具の一例であるタッピンねじが使用されているが、このタッピンねじでは通常ねじ部転造により成形される。そのため、タッピンねじは頭部首付近に所定のねじ山高さに達しない不完全ねじ山と所定のねじ溝深さに達しない不完全ねじ溝とねじ山未成形部とからなる首下不完全ねじ部を有している。したがって、タッピンねじにより被締結部材および締結部材を締結すると、ねじ山未成形部が締結部材に塑性成形されためねじ部に達してこれを破壊したり、不完全ねじ山がめねじ部に位置してめねじ部との間で十分な引っ掛かり率が得られなかったりする等の問題が発生している。

0003

この問題に対応するものとしては、特許文献1に記載のつば付タッピンねじが存在する。この従来のつば付タッピンねじは、ビット等の工具に嵌合する駆動穴を備えた頭部と、この頭部よりも大径のつば部と、前記首下不完全ねじ部を備えた脚部とから構成されている。また、前記つば部は、前記首下不完全ねじ部を覆うように曲げられており、斜め方向に下る傾斜面と前記被締結部材の上面に対して平行な平面とを備える。

0004

また、従来のつば付タッピンねじの製造方法としては、特許文献2に記載されており、前記脚部に所定のねじ山高さに達している完全ねじ山などからなる完全ねじ部と、前記首下不完全ねじ部とが転造工具により成形される転造工程と、この転造工程により成形した後、前記つば部を軸方向へ曲げ状に成形する曲げ工程とを含んでいる。また、前記曲げ工程では、つば部を固定ダイス可動工具とによって挟み込み曲げ加工するとともに、前記つば部の外周を塑性変形させて前記平面を成形していることが開示されている。

先行技術

0005

特開2015−218780号公報
特公平2−31248号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、従来のつば付タッピンねじは、つば部の平面が面当たりした着座後においても、所定の締付けトルクに到達するまで回転して螺入されるため、前記頭部の沈み込みに連動して前記傾斜面が脚部の先端側へ押し寄せられる。これにより、面当たりしていた平面は、その外周側から徐々に被締結部材から浮き始めるので、締付けトルクに到達した時には平面の内周側の一部しか被締結部材に接触していない状態となる。よって、従来のつば付タッピンねじは、被締結部材との接触面積が小さい状態で締結されるので、締結後に緩み易いという問題があった。

0007

また、従来のつば付タッピンねじの製造方法は、前記曲げ工程において前記平面を塑性変形させて成形するとともにつば部を曲げているため、つば部のみを曲げるよりも高い押圧力が必要となる。このため、曲げ工程に使用する可動工具に大きな駆動力が必要となり、可動工具を昇降する装置が大型化するという問題があった。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、頭部と、これよりも大径のつば部と、首下不完全ねじ部および完全ねじ部を成形した脚部とを備え、前記つば部が前記首下不完全ねじ部を覆う位置まで曲げられた傘状で構成された締結具において、前記つば部は、その外側下部に配置された第1テーパ面と、この第1テーパ面から角度を変え前記頭部へ連設された第2テーパ面とを備えて成り、前記第1テーパ面は、被締結部材の上面に対して緩やかな角度でかつ上方へ向かって延びるよう構成されており、前記第2テーパ面は、前記第1テーパ面の前記角度よりも急な角度でかつ被締結部材の上方へ向かって延びるよう構成されていることを特徴とする。なお、前記つば部は、所定の締付けトルクにより締結される過程で第1テーパ面の外側から徐々に被締結部材との接触面積を広くするように弾性変形するよう構成することが好ましい。また、前記第1テーパ面は、締結前の角度が0.1°ないし5°に設定されており、締結後の角度がほぼ0°となり前記被締結部材の上面に密着するよう構成することが好ましい。さらに、前記第1テーパ面は、締結後の緩み防止を発揮する突起部を備えて成ることが好ましい。

0009

また、本発明は、棒状の線材押圧して頭部およびこの頭部よりも大径のつば部さらにこのつば部から延びる軸部を圧造成形する圧造工程と、前記軸部を転造し首下不完全ねじ部および完全ねじ部を備えた脚部へ仕上げる転造工程と、この転造工程後に前記つば部を傘状に曲げて前記首下不完全ねじ部を覆う位置まで曲げる曲げ工程とを含む締結具の製造方法において、前記圧造工程は、前記つば部の外側下部を内側から外側へ向かい上方へ傾斜する第1傾斜面と、この第1傾斜面とは角度を変えかつ外側から内側へ向かい上方へ傾斜するとともに前記頭部に連設された第2傾斜面とを圧造成形する工程とし、前記曲げ工程は、前記つば部および前記頭部の連接部を起点にして下方へ曲げて前記第1傾斜面を前記つば部の外側から内側へ向かい上方へ緩やかに傾斜する第1テーパ面を成形するとともに、前記第2傾斜面をさらに前記つば部の外側から内側へ向かい上方へ急な角度で傾斜した第2テーパ面を成形する工程としたことを特徴とする。なお、前記曲げ工程は、前記つば部の上面に金具を押圧して前記つば部を曲げるプレス工程であることが好ましい。

発明の効果

0010

以上説明した本発明の締結具は、つば部が被締結部材の上面に対して緩やかな角度から成る第1テーパ面を備えて成るため、着座から所定の締付けトルクに到達するまでの過程において、前記第1テーパ面の外周側から徐々に被締結部材へ面当たりして密着した状態となる。このように、本発明の締結具は、締結後には前記第1テーパ面が被締結部材の上面と面当たりした状態になるため、締結後に緩み難いという利点がある。加えて、本発明の締結具は、前述のように着座から所定の締付けトルクに到達する過程において、前記つば部が徐々に弾性変形するため、締結後の状態としては、前記第1テーパ面が被締結部材の上面へ押し付けられ続けている。よって、従来に比べて締結具に働く軸方向の力(以下、軸力という)を締結後も高く保つことができことから、従来に比べて緩み難いという利点もある。

0011

また、本発明に係る締結具の製造方法は、前記圧造工程において、頭部の駆動穴と最終的につば部の第1テーパ面となる第1傾斜面および第2テーパ面となる第2傾斜面とを塑性変形させ同時に圧造成形可能である。これにより、前記曲げ工程では、つば部の曲げのみを行えばよいのでつば部を曲げる可動工具の駆動力は従来に比べて低減できるという利点がある。さらに、前記曲げ工程により、第1傾斜面を第1テーパ面へ仕上げることができるので、前記曲げ工程後に第1テーパ面を切削加工等により仕上げる必要が無いという利点もある。

図面の簡単な説明

0012

本発明の実施形態に係る締結具の一例であるつば付タッピンねじの拡大断面図。
図1のつば付タッピンねじの使用状態を示す断面図である。(a)は着座直後の状態を示し、(b)は所定の締付けトルクに到達した状態を示す。
本発明に係る締結具の別の実施形態を示す説明図である。
本発明の締結具の製造方法を説明する説明図である。(a)は予備成形した予備成形品を押圧して第1傾斜面および第2傾斜面を成形する圧造工程であり、(b)は圧造工程後に脚部を転造して首下不完全ねじ部および完全ねじ部を成形する転造工程であり、(c)は転造工程後につば部を曲げて第1テーパ面および第2テーパ面を成形する曲げ工程である。

実施例

0013

以下、本発明の実施形態に係る締結具の一例のつば付タッピンねじおよびその製造方法について図1ないし図5に基づき説明する。まず、本発明のつば付タッピンねじ1は、駆動工具の一例であるドライバ(図示せず)と係合可能な駆動穴の一例である十字穴2aが成形された頭部2と、その軸線に沿って下方に延びる脚部3とを有している。

0014

前記頭部2は、その周縁から外方に延びかつ頭部2よりも大径のつば部4を有しており、このつば部4は、後記する首下不完全ねじ部3aの周囲を完全に覆う位置まで折り曲げられている。つば部4の断面は、図1に示すように外周4b側において頭部2側から径方向張り出す縁部4cへ向かいかつ斜め下方へ延びる直線を有するように構成されている。また、前記つば部4の外周4bに対応する内周側には、前記外周4bとほぼ平行な第2テーパ面6と、この第2テーパ面6から前記縁部4cに向かて延びる第1テーパ面5とが成形されている。さらに、図1に示すように締結前において、前記つば部4の第1テーパ面5と第2テーパ面6との境界4dは完全ねじ部3b側に位置しており、第2テーパ面6は首下不完全ねじ部3aを完全に覆っている。また、前記第1テーパ面5は、前記第2テーパ面6の傾斜角度よりも被締結部材20の上面に対して緩やかな傾斜角度に設定されており、具体的には0.1°ないし5°の範囲に設定されている。

0015

前記脚部3は、頭部2の首下付近に所定のねじ山高さに達しない不完全ねじ山および所定のねじ溝深さに達しない不完全ねじ溝でなる首下不完全ねじ部3aを有している。また、この脚部3は前記首下不完全ねじ部3aに順次連続する完全ねじ部3b、めねじ成形部3cおよび先絞り形状の先端案内部3dを有している。前記完全ねじ部3bは所定のねじ山高さを備えた完全ねじ山および所定の深さを備えた完全ねじ溝を有し、めねじ成形部3cは締結部材30にめねじを徐々に塑性成形する成形ねじ山を有している。

0016

上記つば付タッピンねじ1は、図2(a)、図2(b)に示すように薄い厚さの被締結部材20および締結部材30を2枚重ねて締結する際、締結部材30に予め穿設された下穴(図示せず)に先端案内部3d、めねじ成形部3cが順に挿入され、その下穴内周面にめねじが塑性成形される。

0017

このように、前記ドライバにより回転するつば付タッピンねじ1は、図2(a)に示すように、つば部4の縁部4cが被締結部材20に当接する位置に達して着座し、さらに、この後もドライバによって回転を付与される。これにより、つば付タッピンねじ1は、図2(a)の状態から図2(b)の状態となり、所定の締付けトルクに到達する。つまり、つば付タッピンねじ1は、つば部4の前記縁部4cが被締結部材20と着座してから所定の締付けトルクに到達するまでの過程において、つば部4が脚部3の軸線側へ向かって弾性変形するとともにつば部4の前記境界4dが僅かに下方へ移動し、前記第1テーパ面5が締結前の緩やかな傾斜角度から被締結部材20の上面に沿ってほぼ0°となるように密着する。このようにつば付タッピンねじ1は、第1テーパ面5が被締結部材20との接触面積を徐々に広げて密着状態になり、つば部4が弾性変形しているので、締結後においても、十分な摩擦力を得て十分な軸力を確保することができる。よって、つば付タッピンねじ1は、被締結部材20との摩擦力を十分に確保して頭部2の緩み方向の回転を防ぐことができる。

0018

しかも、前記つば部4の第1テーパ面5が被締結部材20と密着する過程において、前記首下不完全ねじ部3aは、締結前よりも締結部材30側へ沈み込む方向へ移動するものの、締結後においては被締結部材20の上面よりも上方に位置している。よって、つば付タッピンねじ1は、前記首下不完全ねじ部3aが被締結部材20および締結部材30の下穴に螺入されることが無いため、前記めねじの破断等も発生し難い。

0019

また、前記第1テーパ面5は、被締結部材20側へ突出した突起部8を備えてもよく、この場合、突起部8は被締結部材20に喰い込むことで締結後の緩み防止をさらに発揮することができる。具体的には、前記突起部8は、図3(a)に示すように第1テーパ面5の周面に放射状にかつ6等分に配列された所定の高さから成る山形状であったり、図3(b)に示すような4等分に配列された三角錐形状であったり、図3(c)に示すような3等分に配列された断面が台形でかつ、この台形の上底円周に沿って徐々に第1テーパ面5に接続される形状であったり、図3(d)に示すような第1テーパ面5の全面に複数の凸部を形成した形状で構成されている。

0020

次に、本発明のつば付タッピンねじ1の製造方法を図4に基づき説明する。このつば付タッピンねじ1の製造方法は、所定の径から成る棒状の線材の一端を押圧して膨らませた予備成形品51をさらに押圧し前記頭部2などを圧造成形する圧造工程と、この圧造工程により圧造成形した圧造品を2分割の転造ダイスに挟み込み前記首下不完全ねじ部3aおよび完全ねじ部3bなどを転造する転造工程と、この転造工程により転造した転造品61を下方から支持し、上方から下降する曲げ工具72により前記つば部4を曲げる曲げ工程とを含む。

0021

前記圧造工程では、図4(a)に示すように、前記頭部2および十字穴2aを成形するパンチ52と、前記予備成形品51を保持する受け駒55と、この受け駒55へ挿通され前記予備成形品51の下端に当接するノックアウトシャフト56とが使用される。また、前記受け駒55は、その一端を窪ませた凹部55aを備え、凹部55aの内周55bは、所定の角度で傾斜するすり状に形成されている。一方、前記パンチ52は、前記受け駒55の凹部55a側へ向かって下降可能に構成され、前記予備成形品51の膨らんだ部位を押圧可能に構成される。これにより、予備成形品51は、前記パンチ52および前記凹部55aの窪んだ形状を圧造され、前記頭部2とこの頭部2よりも大径に形成され傾斜した外周のフランジ部61aとが成形され、前記圧造品へ加工される。

0022

前記転造工程では、図4(b)に示すように、側面に傾斜する溝を複数形成した転写面を備えて成る固定ダイス62と、前記転写面に対向し所定の間隔を空けて配され固定ダイス62の転写面と同様の傾斜する溝を複数形成した可動ダイス63とを使用する。固定ダイス62は、常時転造装置フレームに固定されている一方、可動ダイス63は、固定ダイス62との前記間隔を保ちつつ前後に往復移動可能に構成されている。よって、前記圧造品の軸部は、固定ダイス62および可動ダイス63に挟み込まれ、可動ダイス63の往復移動によって前記首下不完全ねじ部3a、完全ねじ部3b、めねじ成形部3c、先端案内部3dを転造され、前記脚部3となる。

0023

前記曲げ工程では、図4(c)に示すように、前記転造工程によって転造した転造品61を支持可能な受け治具73と、この受け治具に支持した転造品61のフランジ部61aを脚部3側へ曲げる曲げ工具72とを使用する。前記受け治具73は、前記脚部3の外径よりも若干大径の挿通穴73aと、その一端側の外周に約45°で傾斜した面取り部73bとを備える一方、前記曲げ工具72は、前記頭部2の直径とほぼ同径の中空穴72aと、この中空穴72aに連設され前記フランジ部61aの外周の傾斜に対して逆傾斜かつ前記面取り部73bに平行なテーパ穴72bとを備えて成る。また、前記曲げ工具72は、前記受け治具73の面取り部73b側へ下降するように構成されている。よって、前記フランジ部61aは、テーパ穴72bと面取り部73bとに挟み込まれ、前記第2テーパ面6と前記第1テーパ面5とを備えたつば部4に成形される。つまり、曲げ工具72をフランジ部61aへ押し当て前記つば部4aを曲げ加工するこの曲げ工程は、プレス工程となっている。

0024

上述したように、本発明のつば付タッピンねじ1は、前記縁部4cから前記境界4dへ向かい被締結部材20の上面に対して上方へ傾斜する第1テーパ面5を備えるため、着座時には必ず縁部4c側から被締結部材20へ接触し所定の締付けトルクに到達する過程において境界4d側が被締結部材20へ移動し最終的に第1テーパ面5が被締結部材20に面当たりする。よって、従来のようにつば部が着座直後に面当たりしてさらに所定の締付けトルクに到達する過程で弾性変形して前記縁部4cに相当するつば部外側が浮き上がり、前記境界4dに相当するつば部内側のみが接触しているような接触状態にはなり難い。

0025

しかも、前記第1テーパ面5の傾斜角度が0.1°ないし5°の範囲となるように寸法公差を設定できる。このため、本発明のつば付タッピンねじ1の製造方法は、従来のような平面を仕上げるための寸法公差に比べて比較的ラフに第1テーパ面5の傾斜角度の寸法公差を設定できる。よって、本発明のつば付タッピンねじ1は、従来に比べて製造し易いという利点もある。

0026

なお、本発明の実施形態について説明したが、締結具はつば付タッピンねじに限定されるものでなく、つば付ボルトあるいはタッピン性能を持たないつば付タッピンねじであってもよい。また、本発明の実施形態において、前記駆動穴を十字穴2aとしたがこれに限定されるものではなく、例えば、ヘキサビュラ穴や三ツ矢穴であってもよい。さらに、各部の具体的な構成は、上述した実施形態のみに限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々変形が可能である。また、前記曲げ工程は、上述したプレス工程に限定されず、例えば、前記転造品61の脚部3を回転駆動可能なチャック装置(図示せず)で把持し、回転する前記フランジ部61aにへら等を押し当て曲げるへら絞り工程などであってもよい。

0027

1…つば付タッピンねじ
2…頭部
2a…十字穴
3…脚部
3a…首下不完全ねじ部
3b…完全ねじ部
4…つば部
4c…縁部
5…第1テーパ面
6…第2テーパ面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ