図面 (/)

技術 海老の旨み香りコクを出す調味料

出願人 尾林亨
発明者 尾林綾美
出願日 2016年1月21日 (1年11ヶ月経過) 出願番号 2016-022236
公開日 2017年7月27日 (4ヶ月経過) 公開番号 2017-127297
状態 未査定
技術分野 調味料 肉類、卵、魚製品
主要キーワード 天日干し 微粉末 口当たり 調味料

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2017年7月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

いかに現在捨てられ海老の頭、殻、足等を衛生的に口当たりを良くするため微粉末するまで熱を出来るだけ熱を加えずに乾燥させるかが課題である

解決手段

エビ頭皮足など、天日干しにすると殺菌効果と乾燥変色も無く粉末に出来る。

背景

従来海老料理をする時、皮や頭足を除いて料理をするのが通常であったそれはが硬く食感が悪く口に残るため取り除くが通常であった

概要

いかに現在捨てられ海老の頭、殻、足等を衛生的に口当たりを良くするため微粉末するまで熱を出来るだけ熱を加えずに乾燥させるかが課題であるエビ頭皮足など、天日干しにすると殺菌効果と乾燥変色も無く粉末に出来る。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

海老の頭や殻や足等を乾燥させ粉末にして調味料とする

技術分野

0001

本発明は海老香りコクを強調するための調味料である

背景技術

0002

従来海老の料理をする時、皮や頭足を除いて料理をするのが通常であったそれはが硬く食感が悪く口に残るため取り除くが通常であった

先行技術

0003

発明解決しょうとする課題

0004

従来海老を料理する場合硬い頭、皮、足を取り除いて中の身と尻尾だけを残し調理するのが一般であるが海老本来の美味しさは、頭の中の脳とか足が海老本来の香りコクがあり現状では殆ど捨てられている、またその頭や足の部分有る香りやコクを逃がさず口当たりのいい粉末にするのは面倒である

課題を解決するための手段

0005

考案はその捨てられている頭や殻を熱を加えた時香りコクを出す為、頭皮足を乾燥させそれを微粉末することで海老の料理の際熱を加える前の下処理の調味料として使用するものである

発明の効果

0006

本考案の粉末状の粉を、エビの調理の際、海老の皮を取り除き直ぐに適度に塗しそれを料理の下準備とし熱を加えて調理すると従来得られないエビの美味しさコクが得られた。またいろいろなエビ料理の際この粉末を使用し熱を加えることでエビの美味しさをより一層増す出すことが出来る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ