図面 (/)

技術 米ペースト及び米ペーストの製造方法

出願人 株式会社クボタ株式会社中九州クボタ株式会社熊本玄米研究所
発明者 山下太郎瀧尾佳明西山忠彦
出願日 2016年1月18日 (5年10ヶ月経過) 出願番号 2016-007412
公開日 2017年7月27日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2017-127204
状態 特許登録済
技術分野 菓子 ベイカリー製品及びその製造方法 穀類誘導製品3(麺類) 穀類誘導製品
主要キーワード 食糧自給率 同時進行的 米粉砕物 工程実行 油脂添加 冷凍パン 代替原料 米原料
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年7月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

小麦代替原料としての米原料のさらなる改良。

解決手段

米粉砕物と、水とを含有し、米粉砕物が、微細粒子であり、水の米粉砕物に対する重量比が1未満である。

概要

背景

米は栄養価の高い非常に優れた食品である。また、食糧自給率の低い我が国において、実質的に100%の自給率である。その一方で、パン麺類等の小麦主原料とする食品の普及により、米余りの状況が生じている。そこで、米のさらなる用途拡大を目的として、小麦粉代替原料として、米粉等の米原料を主原料とするパンや麺類等を製造することが試みられている(例えば、特許文献1を参照)。

概要

小麦の代替原料としての米原料のさらなる改良。米粉砕物と、水とを含有し、米粉砕物が、微細粒子であり、水の米粉砕物に対する重量比が1未満である。

目的

上記問題点に鑑み、小麦粉の代替原料としての米原料のさらなる改良が望まれていた

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

米粉砕物と、水とを含有し、前記米粉砕物が、微細粒子であり、前記水の前記米粉砕物に対する重量比が1未満である米ペースト

請求項2

前記米粉砕物の平均粒子径が10μm以下である請求項1に記載の米ペースト。

請求項3

水に浸漬した米と浸漬前の米に対する重量比が1未満である水とを含む混合物回転刃により粉砕してペースト状にした米ペースト。

請求項4

米粉砕物と、水とを含有する米ペーストを冷凍した冷凍米ペースト。

請求項5

前記米粉砕物が、微細粒子である請求項3又は4に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項6

前記米粉砕物の平均粒子径が10μm以下である請求項3〜5のいずれか一項に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項7

前記水の浸漬前の前記米に対する重量比が1未満である請求項4〜6のいずれか一項に記載の冷凍米ペースト。

請求項8

前記水の浸漬前の前記米に対する重量比が0.8以下である請求項1〜7のいずれか一項に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項9

前記水の浸漬前の前記米に対する重量比が0.5以上である1〜8のいずれか一項に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項10

前記米粉砕物に由来しない油脂成分を含有する請求項1〜9のいずれか一項に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項11

前記油脂成分が米由来の油脂である請求項10に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項12

米ペーストを軟化させる軟化成分を含有する請求項1〜11のいずれか一項に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項13

前記軟化成分が、トレハロース水あめ、及び、オリゴ糖からなる群より選ばれた1以上の物質である請求項12に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項14

前記米粉砕物が玄米粉砕物である請求項1〜13のいずれか一項に記載の米ペースト又は冷凍米ペースト。

請求項15

請求項1〜14のいずれか一項に記載の米ペースト及び冷凍米ペーストの少なくともいずれかを主原料とするパン生地麺生地ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地

請求項16

請求項1〜14のいずれか一項に記載の米ペースト及び冷凍米ペーストの少なくともいずれかを主原料とするパン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地を冷凍した、冷凍パン生地冷凍麺生地、冷凍ピザ生地、冷凍まんじゅう生地、又は、冷凍ケーキ生地。

請求項17

請求項1〜14のいずれか一項に記載の米ペースト及び冷凍米ペーストの少なくともいずれかを主原料とする、パン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキ。

請求項18

請求項1〜14のいずれか一項に記載の米ペースト及び冷凍米ペーストの少なくともいずれかを主原料とするパン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキを冷凍した、冷凍パン、冷凍麺、冷凍ピザ、冷凍まんじゅう、又は、冷凍ケーキ。

請求項19

米を水に浸漬する浸水工程と、前記浸漬工程後の米と水とを含む混合物を回転刃により粉砕してペースト化するペースト化工程と、を備える米ペーストの製造方法。

請求項20

前記混合物に油脂成分を添加する油脂添加工程を備える請求項19に記載の米ペーストの製造方法。

請求項21

前記油脂添加工程が前記ペースト化工程の中途で行われる請求項20に記載の米ペーストの製造方法。

請求項22

前記油脂成分添加工程後の混合物を乳化させる乳化工程を備える請求項20又は21に記載の米ペーストの製造方法。

請求項23

請求項19〜22のいずれか一項に記載の米ペーストの製造方法により製造された米ペーストを冷凍する冷凍工程を備える冷凍米ペーストの製造方法。

請求項24

請求項19〜22のいずれか一項に記載の米ペーストの製造方法により製造された米ペースト及び請求項23に記載の冷凍米ペーストの製造方法により製造された冷凍米ペーストの少なくともいずれかを主原料としてパン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地を製造する生地製造工程を備える、パン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地の製造方法。

請求項25

請求項24に記載のパン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地の製造方法により製造されたパン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地を冷凍する冷凍工程を備える、冷凍パン生地、冷凍麺生地、冷凍ピザ生地、冷凍まんじゅう生地、又は、冷凍ケーキ生地の製造方法。

請求項26

請求項19〜22のいずれか一項に記載の米ペーストの製造方法により製造された米ペースト、請求項23に記載の冷凍米ペーストの製造方法、請求項24に記載のパン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地の製造方法、及び請求項25に記載の冷凍パン生地、冷凍麺生地、冷凍ピザ生地、冷凍まんじゅう生地、又は、冷凍ケーキ生地の製造方法のいずれかにより製造された冷凍パン生地、冷凍麺生地、冷凍ピザ生地、冷凍まんじゅう生地、又は、冷凍ケーキ生地を用いてパン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキを製造する、パン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキの製造方法。

請求項27

請求項26に記載のパン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキの製造方法により製造されたパン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキを冷凍する冷凍工程を備える、冷凍パン、冷凍麺、冷凍ピザ、冷凍まんじゅう、又は、冷凍ケーキの製造方法。

技術分野

0001

本発明は、米ペースト及び米ペーストの製造方法に関する。

背景技術

0002

米は栄養価の高い非常に優れた食品である。また、食糧自給率の低い我が国において、実質的に100%の自給率である。その一方で、パン麺類等の小麦主原料とする食品の普及により、米余りの状況が生じている。そこで、米のさらなる用途拡大を目的として、小麦粉代替原料として、米粉等の米原料を主原料とするパンや麺類等を製造することが試みられている(例えば、特許文献1を参照)。

先行技術

0003

特開2010−187663号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、米原料を用いたパンや麺類等においては、小麦と同等の食感を得るには至っていない。また、特に米原料を用いたパンの場合、小麦を主原料とした場合と比較して、成形性に乏しいことから、適用可能なパンの形状や種類に制限があるという問題があった。上記問題点に鑑み、小麦粉の代替原料としての米原料のさらなる改良が望まれていた。

課題を解決するための手段

0005

本発明者らは、鋭意研究の結果、米ペーストにおいて、特に、水分量の抑制とデンプンのα化(糊化)を抑制することにより、特に、食感及び成形性の面で、小麦と同等の米ペーストを得ることができるとの知見を得、本発明をするに至った。

0006

本発明の米ペーストは、米粉砕物と、水とを含有し、前記米粉砕物が、微細粒子であり、前記水の前記米粉砕物に対する重量比が1未満である。

0007

本構成により、比較的少ない水分量で、且つ、粒子径の小さな米の微細粒子を含む米ペーストを得ることができる。この結果、この米ペーストを、例えばパンや麺等の小麦を主原料とする食料品に、小麦の代替原料として適用する場合、小麦と同等の成形性及び食感を得ることができ、有力な小麦の代替原料とすることができる。

0008

上記構成において、平均粒子径が10μm以下であると好適である。

0009

本構成により、この米ペーストを、小麦の代替原料として適用する場合、特に好適に小麦と同等の成形性及び食感を得ることができる。

0010

本発明の米ペーストは、水に浸漬した米と浸漬前の米に対する重量比が1未満である水とを含む混合物回転刃により粉砕してペースト状にした。

0011

本構成により、回転刃により粉砕を行うことにより、例えば臼等を用いる場合と比較して、水分量を抑えつつデンプンのα化(糊化)を抑制することができる。この結果、この米ペーストを、例えばパンや麺等の小麦を主原料とする食料品に、小麦の代替原料として適用する場合、小麦と同等の成形性及び食感を得ることができ、有力な小麦の代替原料とすることができる。

0012

本発明の冷凍米ペーストは、米粉砕物と、水とを含有する米ペーストを冷凍した。

0013

上記構成のように米ペーストを冷凍して冷凍米ペーストとすることにより、保存性及び輸送性を向上させることができる。

0014

上記構成において、前記米粉砕物が、微細粒子であると好適である。

0015

本構成により、比較的少ない水分量で、且つ、粒子径の小さな米の微細粒子を含む米ペーストを得ることができる。この結果、この米ペーストを、例えばパンや麺等の小麦を主原料とする食料品に、小麦の代替原料として適用する場合、小麦と同等の成形性及び食感を得ることができ、有力な小麦の代替原料とすることができる。

0016

上記構成において、前記米粉砕物の平均粒子径が10μm以下であると好適である。

0017

本構成により、この米ペーストを、小麦の代替原料として適用する場合、特に好適に小麦と同等の成形性及び食感を得ることができる。

0018

上記構成において、前記水の前記米粉砕物に対する重量比が1未満であると好適である。

0019

本構成により、比較的少ない水分量で、且つ、粒子径の小さな米の微細粒子を含む米ペーストを得ることができる。この結果、この米ペーストを、例えばパンや麺等の小麦を主原料とする食料品に、小麦の代替原料として適用する場合、小麦と同等の成形性及び食感を得ることができ、有力な小麦の代替原料とすることができる。

0020

上記構成において、前記水の前記米粉砕物に対する重量比が0.8以下であると好適である。

0021

本構成により、水分量を特に少なくすることができ、この米ペーストを、小麦の代替原料として適用する場合、特に好適に小麦と同等の成形性及び食感を得ることができる。

0022

上記構成において、前記水の前記粉砕物に対する重量比が0.5以上であると好適である。

0023

上記のように、米ペースト中の水分量をある程度抑えることで、小麦と同等の成形性及び食感を得ることができる。その一方で、水分量が不足すると、米ペースト(米ペースト製造中の混合物)の粘度が高くなり(流動性が低下し)、摩擦熱等により発熱が大きくなり、米ペーストの温度が大きく上昇する。この結果、米ペースト中のデンプンがα化(糊化)する恐れがある。この場合、例えばパン等の最終製品において、小麦を主成分とする食品と同等の食感等が得られない恐れがある。そこで、本構成のように、水の米粉砕物に対する重量比を0.5以上とすることにより、水分量をある程度抑えつつも、米ペーストの温度上昇を抑制して、米ペースト中のデンプンがα化(糊化)することを防止することができる。

0024

上記構成において、前記米粉砕物に由来しない油脂成分を含有すると好適である。また、前記油脂成分が米由来の油脂であると好適である。

0025

上記構成のように、油脂成分を含むことにより、米を粉砕する際に、米粒子との間の摩擦を低減することができ、かつ、米ペースト全体の粘度を低くすることができ、米ペーストの温度上昇を緩和することができる。この結果、米ペースト中のデンプンのα化(糊化)を抑制することができる。また、油脂成分が乳化することにより、米粉砕物と水分とが均等に混合された米ペーストを得ることができる。

0026

上記構成において、米ペーストを軟化させる軟化成分を含有すると好適である。また、軟化成分が、トレハロース水あめ、及び、オリゴ糖からなる群より選ばれた1以上の物質であると好適である。

0027

本構成により、米ペースト(米ペースト製造中の混合物)の粘度を低下させることができる。この結果、米ペースト中の水分量を低下させつつ、摩擦熱の影響によるデンプンのα化(糊化)を抑制することができる。

0028

上記構成において、前記米粉砕物が玄米粉砕物であると好適である。

0029

玄米は特に栄養価の高い食品であり、栄養価の高い米ペーストを得ることができる。ところで、一般的に、玄米を粉砕する場合には、成分が粉砕にこびりついて適切に粉砕を行うことができないという問題が生じうる。しかしながら、本構成のように、水分量を適切に調整し、回転刃を用いて粉砕することにより、玄米の糠成分がこびりつくことを防止して適切に粉砕を行うことができる。

0030

上記の米ペースト及び冷凍米ペーストは、これらを主成分とするパン生地麺生地ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地に適用することができる。

0031

また、上記パン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地を冷凍した冷凍パン生地冷凍麺生地、冷凍ピザ生地、冷凍まんじゅう生地、又は、冷凍ケーキ生地とすることができる。

0032

上記の米ペースト及び冷凍米ペーストは、これらを主成分とするパン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキに適用することができる。

0033

また、上記のパン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキを冷凍した冷凍パン、冷凍麺、冷凍ピザ、冷凍まんじゅう、又は、冷凍ケーキとすることができる。

0034

本発明の米ペーストの製造方法は、米を水に浸漬する浸漬工程と、前記浸漬工程後の米と水とを含む混合物を回転刃により粉砕してペースト化するペースト化工程と、を備える。

0035

本構成により、回転刃により粉砕を行うことにより、例えば臼等を用いる場合と比較して、水分量を抑えつつデンプンのα化(糊化)を抑制することができる。この結果、この米ペーストを、例えばパンや麺等の小麦を主原料とする食料品に、小麦の代替原料として適用する場合、小麦と同等の成形性及び食感を得ることができ、有力な小麦の代替原料とすることができる。

0036

上記構成において、前記混合物に油脂成分を添加する油脂添加工程を備えると好適である。

0037

上記構成のように、油脂添加工程を含むことにより、米を粉砕する際に、米粒子との間の摩擦を低減することができ、米ペーストの温度上昇を防止することができる。この結果、米ペースト中のデンプンのα化(糊化)を抑制することができる。

0038

上記構成において、前記油脂添加工程が前記ペースト化工程の中途で行われると好適である。

0039

本構成により、油脂成分を効果的に分散させることができる。

0040

上記構成において、前記油脂成分添加工程後の混合物を乳化させる乳化工程を備えると好適である。

0041

上記構成のように、乳化工程を備えることにより、油脂成分が乳化して、米粉砕物と水分とが均等に混合された米ペーストを得ることができる。

0042

上記構成において、米ペーストを冷凍する冷凍工程を備えることができる。

0043

本構成により、保存性及び輸送性に優れた冷凍米ペーストを得ることができる。

0044

上記の米ペースト及び冷凍米ペーストの少なくともいずれかを主成分として、パン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地を製造する生地製造工程を備えることができる。

0045

また、上記パン生地、麺生地、ピザ生地、まんじゅう生地、又は、ケーキ生地を冷凍する冷凍工程を備えることができる。

0046

また、上記米ペースト、冷凍米ペースト、生地、及び、冷凍生地の少なくともいずれかを用いて、パン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキを製造することができる。

0047

また、上記のパン、麺、ピザ、まんじゅう、又は、ケーキを冷凍する冷凍工程を備えることができる。

図面の簡単な説明

0048

本発明による米ペーストの製造方法を示す図である。

実施例

0049

以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。
(米ペースト)
この米ペーストは、米を粉砕した米粉砕物と、水とを含有する。ここで、米ペーストとは、米粉砕物が水に均等に分散している状態をいう。この米ペーストは、特に限定はされないが、例えばパン等の小麦を主成分とした食料品において小麦の代替原料として用いることができる。米粉砕物としては、特に限定はされないが、微細粒子が好ましく、さらに好ましくは単粒でんぷん状態とされている。その平均粒子径は、でんぷんの平均粒子径と近似した平均粒子径であることが好ましく、その平均粒径(直径)は10μm以下であることが好ましい。

0050

米粉砕物としては、米を粉砕して得られた微粒子であれば特に限定はされないが、例えば、玄米、白米等の粉砕物を用いることができる。これらは、単独で用いてもよく、混合して用いてもよい。特に限定はされないが、玄米は栄養価が高く特に好適に用いることができる。なお、粟、稗、豆類等のグルテンを含まない穀物の粉砕物を混合してもよい。このような穀物を混合することにより、栄養価を高めることができる。

0051

以下、米として玄米(玄米粉砕物)を用いた場合を例に説明するが、白米等の玄米以外の米の場合も同様である。

0052

玄米粉砕物の乾燥重量に対する水の重量比は、1未満が好ましい。さらに好ましい、重量比はこの米ペーストが用いられる最終製品により異なるが、例えば、最終製品がパンである場合には、玄米粉砕物の乾燥重量に対する水の重量比は、さらに好ましくは0.85以下である。重量比をこのように設定することにより、小麦を主成分とするパンと同等のパンを製造可能な米ペーストを得ることができる。

0053

また、最終製品が麺の場合には、玄米粉砕物の乾燥重量に対する水の重量比は、さらに好ましく0.8以下であり、特に好ましくは0.65以下である。重量比をこのように設定することにより、小麦を主成分とする麺と同等の麺を製造可能な米ペーストを得ることができる。

0054

また、米ペーストにおける玄米粉砕物の乾燥重量に対する水の重量比は、パンの場合及び麺の場合の何れの場合においても、重量比は、0.5以上が好ましく、さらに好ましくは、0.59以上である。このように設定することにより、米ペースト製造時の温度の上昇を抑制して、米ペースト中のデンプンがα化(糊化)することを防止できる。

0055

また、水分量をこのように設定することや後述する浸水工程を経ることにより、水分を介さずに玄米を粉砕することに比べ、デンプン粒子が損傷することを防止することができる。デンプン粒子が損傷した場合、デンプン粒子の表面が凸凹になり、この凸凹部分で吸水することとなる。このため、米ペーストを製造する際に、各デンプン粒子間に均等に存在してペースト状にするのに必要な水に加え、デンプン粒子の表面の凸凹部分に吸水される水が必要になる。この結果、デンプン粒子が損傷している場合、デンプン粒子が損傷していない場合と同等の粘度を有する米ペーストを製造するために必要な水分量が増加し、このような米ペーストを用いたパン等の最終製品は、小麦を主成分とする最終製品と同等の食感等を得ることができない。また、デンプン粒子が損傷している場合、後述するペースト化工程において摩擦熱が発生しやすくなり、デンプンのα化(糊化)を促進する原因ともなる。一方、上記においては、デンプン粒子の損傷を防止することにより、比較的少ない水分量で好適な米ペーストを得ることができある。

0056

米ペーストは、特に限定はされないが、上記の主成分以外に、例えば、油脂成分や軟化成分を含むことができる。

0057

油脂成分は、特に限定はされないが、例えば、乾燥基準の米粉砕物(浸水前の玄米)の重量に対する重量比が、0.01〜0.2程度となるようにすればよく、好ましくは0.05〜0.1である。油脂成分を含むことにより、玄米を粉砕する際に(後述する粉砕工程)において、粉砕機の回転刃10と米粒子との間の摩擦を低減することができ、米ペーストの温度上昇を防止することができる。この結果、米ペースト中のデンプンのα化(糊化)を抑制することができる。また、回転刃10と米粒子との間の摩擦を低減することにより、デンプン粒子の損傷を防止することができる。また、油脂成分が乳化することにより、米粉砕物と水分とが均等に混合された米ペーストを得ることができる。油脂成分としては、特に限定はされないが、例えば、米抽出油等の植物由来油を用いることができる。

0058

軟化成分は、特に限定はされないが、例えば、乾燥基準の米粉砕物(浸水前の玄米)の重量に対する重量比が、0.03〜0.2程度となるようにすればよく、好ましくは0.03〜0.1である。軟化成分を含むことにより、米ペーストの粘度を低くする(流動性を高める)ことができ、より少ない水分量においても、米ペースト中のデンプンのα化(糊化)を抑制することができる。軟化成分としては、特に限定はされないが、トレハロース、水あめ、オリゴ糖、デキストリンマルトース類等を用いることができる。

0059

上記のようにこの米ペーストは、米粉砕物及び水以外の成分も含むことができる。つまり、米粉砕物及び水以外の成分を含むものであっても、米を主成分とするものであれば、本発明の米ペーストに含まれる。ここで、「米を主成分とする」とは、乾燥基準で(米ペースト中の水分を除去した状態で)、米粉砕物の重量百分率が50%以上のことであり、好ましくは70%以上であり、さらに好ましくは80%以上、特に好ましくは90%以上である。

0060

(米ペーストの製造方法)
本発明の米ペーストの製造方法を、図1に基づいて、以下に説明する。
次洗浄工程において、例えば、流水により玄米の洗浄を行う。この際、適宜、稿等の不純物の除去を行う。洗浄後の玄米を浸水する浸水工程を行う。浸水工程において、特に限定はされないが、常温で一昼夜程度浸水を行うことが好ましい。浸水工程後、浸漬水を除去する。浸漬水を除去後、流水により洗浄を行う。洗浄後の玄米及び水を粉砕機1に投入する。この際、必要に応じて軟化成分を添加する。その後、粉砕機1中の米を粉砕してペースト化するペースト化工程を実行する。

0061

ペースト化工程は、特に限定はされないが、混合工程、粉砕工程、乳化工程等を備える。乳化工程は、比較的低回転速度で粉砕機1の回転刃10を回転させることにより、主に粉砕機1中の内容物を混合する工程である。混合工程において、特に限定はされないが、例えば1000〜2000rpmで回転刃10を回転させることができ、1800rpm程度で回転刃10を回転させることが好ましい。

0062

粉砕工程は、回転刃10を混合工程における回転速度よりも高回転速度で回転させることにより、主に、玄米を粉砕する工程である。粉砕工程において、特に限定はされないが、例えば3000〜4000rpmで回転刃10を回転させることができ、3600rpm程度で回転刃10を回転させることが好ましい。

0063

ペースト化工程において、油脂成分添加工程が実施される場合、特に限定はされないが、例えば、上記の粉砕工程の後に行うことができる。

0064

乳化工程は、回転刃10を回転させることにより、油脂成分添加工程により添加された油脂10を乳化させる工程である。乳化工程において、特に限定はされないが、例えば3000〜4000rpmで回転刃10を回転させることができ、3600rpm程度で回転刃10を回転させることが好ましい。

0065

特に限定はされないが、ペースト化工程(混合工程、粉砕工程、乳化工程)において、米ペースト(粉砕機中の混合物)の温度が、好ましくは50℃を超えないように、さらに好ましくは45℃を超えないように、特に好ましくは40℃を超えないように、回転刃10の回転数を調整するとよい。このようにすることにより、米ペースト中のデンプンのα化を抑制することができる。

0066

上記工程を経て、玄米及び水の混合物がペースト状になる。なお、上記においては、混合工程、粉砕工程、乳化工程が順次実行される例を説明したが、実際には、ペースト化工程において、米及び水の混合物の撹拌、米の粉砕、及び油脂成分の乳化は同時進行的に起こり得る。したがって、混合工程、粉砕工程、乳化工程が同時並行的に実行される形態を排除するものではない。

0067

また、上記においては、ペースト化工程が、混合工程、粉砕工程、乳化工程を含む場合を例に説明したが、上記の混合工程に相当する工程において、若しくは、混合工程の後に、玄米を粗粉砕する粗粉砕工程を実行してもよい。粗粉砕工程は、特に限定はされないが、上記の混合工程と同程度の回転刃10の回転速度で実行し、その後粉砕工程と度同程度の回転刃10の回転速度で実行することができる。このように比較的高回転速度で回転刃10を回転させる粉砕工程に先立ち、比較的低回転速度で回転刃10を回転させる粗粉砕工程を実行することにより、粉砕前の玄米が高回転速度の回転刃10にはじかれて粉砕を行うことができないという事態が生じるのを防止することができる。この結果、適切に粉砕を行うことができる。

0068

ペースト化工程後の米ペーストの温度は、特に限定はされないが、45℃程度であり、ある程度流動性を有している。このペースト化工程後の米ペーストに対して冷却工程を実行する。冷却工程においては、特に限定はされないが、例えば、冷凍庫において、ペースト化工程後の米ペーストを急冷する。冷却工程を経て、米ペーストの流動性が低下してペースト状となる。この米ペーストは、例えば、冷蔵庫において、低温保存することができる。なお、米ペーストを冷凍庫に引き続き保管することにより(冷凍工程を実行すること

0069

(米ペーストのパンへの利用)
上記の米ペースト及び冷凍米ペーストは例えば、パン生地における小麦粉の代替原料として利用することができる。この米ペーストを主原料としてパン生地を製造する場合、イースト脱脂粉乳食塩砂糖などの糖類、バターなどの油脂類牛乳野菜ペースト、焙煎炊飯玄米などの水飯米、塩麹等の麹類大豆粉豆乳等の副原料を添加する副原料添加工程を実施する。添加するこれらの副原料は、小麦を用いた場合のパン生地と同様の副原料であり、上記に限らず、小麦を用いた場合のパン生地に添加するものであれば上記に限らず添加することができる。なお、必ずしも必須の成分ではないが、パン生地にグルテン等の小麦由来成分を加えてもよい。

0070

グルテンを加えることにより、生地の成形性が増し、小麦を主原料とするパン生地同様に種々のパンに用いることができる。また、食感をより一層、小麦を主原料とするパンに近づけることができる。上記のパン生地は、発酵工程、成形工程焼成工程等を経て、パンに加工される。なお、これらの工程は、小麦を主原料とするパンの場合と同様であるので詳細は省略する。なお、上記において、パン生地製造後、又は、成形工程実行後焼成工程実行前に冷凍工程を実行して冷凍パン生地を製造することができる。また、焼成工程実行後のパンを冷凍して冷凍パンとすることができる。

0071

ここで、「米ペーストを主原料とする」とは、乾燥基準で、パン生地中の米ペーストに含まれる米由来原料の重量と小麦由来原料の重量に対する米ペーストに含まれる米由来原料の重量の重量百分率が50%以上のことであり、好ましくは70%以上であり、さらに好ましくは80%以上、特に好ましくは90%以上である。

0072

(米ペーストのその他の利用)
米ペースト及び冷凍米ペーストは、パン以外の小麦を主原料とする食品にも適用可能である。例えば、ラーメンパスタ、うどん等の麺、ピザ、肉まんアンまん等のまんじゅう、ケーキ等に適用可能である。これらについても副原料を添加することで、それぞれの生地とすることができる。添加すべき副原料及び副原料手化後の工程については、小麦を主原料とする場合の公知の方法と同様であるので省略する。これらも、冷凍工程を実行することにより、冷凍生地、又は冷凍食品とすることができる。このように、パン以外の小麦を主原料とする食品についても、米ペースト及び冷凍米ペーストを用いて、米ペーストを主成分とする食品とすることができる。ここで、「米ペーストを主原料とする」とは、乾燥基準で、食品生地中の米ペーストに含まれる米由来原料の重量と小麦由来原料の重量に対する米ペーストに含まれる米由来原料の重量の重量百分率が50%以上のことであり、好ましくは70%以上であり、さらに好ましくは80%以上、特に好ましくは90%以上である。

0073

1粉砕機
10 回転刃

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本製粉株式会社の「 おからペーストおよびその製造方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】保存性が良く(離水がなく)、舌触りが滑らかで口溶けが良く、パンなどのベーカリー食品に用いた場合に作業性、外観や食感を改善するおからペーストの提供。【解決手段】目開き100μmの篩を通過するおか... 詳細

  • 日清食品ホールディングス株式会社の「 消泡剤」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】製品の風味や食感に影響を与えることなく、消泡効果の高い消泡剤を提供することを目的とする。また、喫食時における見た目を改善することを目的とする。【解決手段】アルギニンを有効成分として含有する、膨... 詳細

  • 日清食品ホールディングス株式会社の「 穀物風粒状物及びその製造方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】成分組成を自由に設定でき、しかも見た目が本物に近い穀物風粒状物を提供することを目的とする。【解決手段】穀物風粒状物の製造方法であって、麺帯を第一切り刃で切出す第一切出し工程と、前記第一切出し工... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ