図面 (/)

技術 ころ軸受

出願人 NTN株式会社
発明者 大橋いず美
出願日 2017年4月26日 (3年6ヶ月経過) 出願番号 2017-087056
公開日 2017年7月20日 (3年4ヶ月経過) 公開番号 2017-125617
状態 特許登録済
技術分野 ころがり軸受 軸受の密封
主要キーワード 面覆い 接シール部材 内部設計 形軸受 円筒形外 縁曲げ 内側側 輪部分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年7月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

シール機能の有無に関わらず、軸受幅寸法を一定にすることができる転がり軸受を提供すること。

解決手段

ラジアル方向の荷重を受けるための転がり軸受(10)は、軸方向一端に、曲げ加工された内向きフランジ部(22)を有するシェル形外輪(20)と、シェル形外輪の軌道面(21)上を転動する複数の転動体(12)と、シェル形外輪とは別体であり、かつ、内向きフランジ部と対をなすように、シェル形外輪の軸方向他方端の内径面(23a)に固定された後付けフランジ部材(31)とを備える。後付けフランジ部材は、内径部にシールリップ(41)を有する後付けフランジ部材(31A)であってもよい。

概要

背景

従来より、外輪を備えた転がり軸受において、シール部材が設けられたものがある。シール部材は、粉塵侵入防止グリース漏れ防止、防水対策等、用途に応じて設けられる。

シェル形外輪を有する軸受にシール部材を設けた文献として、特開2004−332856号公報(特許文献1)が存在する。当該文献には、ゴム状のシール部材が、シェル形外輪の両端に設けられた内向きフランジに直接貼り付けられることが開示されている。

概要

シール機能の有無に関わらず、軸受の幅寸法を一定にすることができる転がり軸受を提供すること。ラジアル方向の荷重を受けるための転がり軸受(10)は、軸方向一端に、曲げ加工された内向きフランジ部(22)を有するシェル形外輪(20)と、シェル形外輪の軌道面(21)上を転動する複数の転動体(12)と、シェル形外輪とは別体であり、かつ、内向きフランジ部と対をなすように、シェル形外輪の軸方向他方端の内径面(23a)に固定された後付けフランジ部材(31)とを備える。後付けフランジ部材は、内径部にシールリップ(41)を有する後付けフランジ部材(31A)であってもよい。

目的

本発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであって、その目的の一つは、シール機能の有無に関わらず、軸受の幅寸法を一定にすることができる転がり軸受を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ラジアル方向の荷重を受けるための転がり軸受であって、軸方向一端に、曲げ加工された内向きフランジ部を有するシェル形外輪と、前記シェル形外輪の軌道面上を転動する複数の転動体と、前記シェル形外輪とは別体であり、かつ、前記内向きフランジ部と対をなすように、前記シェル形外輪の軸方向他方端の内径面に固定された後付けフランジ部材とを備える、転がり軸受。

請求項2

前記後付けフランジ部材は、内径部にシールリップを有する、請求項1に記載の転がり軸受。

請求項3

前記シェル形外輪に前記後付けフランジ部材を固定する構造は、軸方向他方端縁薄肉にし、薄肉部分に前記後付けフランジ部材を嵌め入れた後に、前記薄肉部分を縁曲げ加工する構造を含む、請求項1または2に記載の転がり軸受。

請求項4

前記後付けフランジ部材の材質は、樹脂である、請求項1〜3のいずれかに記載の転がり軸受。

請求項5

ラジアル方向の荷重を受けるための転がり軸受であって、外輪と、前記外輪の軌道面上を転動する複数の転動体と、前記外輪とは別体であり、前記外輪の軸方向一端の内径面に固定された第1の後付けフランジ部材とを備え、前記第1の後付けフランジ部材は、内径部に第1のシールリップを有する、転がり軸受。

請求項6

前記外輪とは別体であり、前記外輪の軸方向他方端の内径面に固定された第2の後付けフランジ部材をさらに備える、請求項5に記載の転がり軸受。

請求項7

前記第2の後付けフランジ部材は、内径部に第2のシールリップを有する、請求項6に記載の転がり軸受。

技術分野

0001

本発明は、ラジアル方向の荷重を受けるための転がり軸受に関し、特に、外輪を備えた転がり軸受に関する。

背景技術

0002

従来より、外輪を備えた転がり軸受において、シール部材が設けられたものがある。シール部材は、粉塵侵入防止グリース漏れ防止、防水対策等、用途に応じて設けられる。

0003

シェル形外輪を有する軸受にシール部材を設けた文献として、特開2004−332856号公報(特許文献1)が存在する。当該文献には、ゴム状のシール部材が、シェル形外輪の両端に設けられた内向きフランジに直接貼り付けられることが開示されている。

先行技術

0004

特開2004−332856号公報

発明が解決しようとする課題

0005

上記特許文献1の軸受は、ゴム状シール部材フランジに直接貼り付けられているため、別体シールを設けた軸受よりもコンパクト化することができる。

0006

しかしながら、特許文献1において、ゴム状シール部材は、フランジの外側の側面を覆う膜状の外面覆い部を含んでいる。そのため、シール機能を有さない軸受と比べた場合、外面覆い部の軸方向の厚み分、軸受の幅寸法増してしまう。

0007

また、特許文献1の軸受は、シェル形外輪の両端の曲げ加工された内向きフランジに、ゴム状シール部材が直接貼り付けられる。そのため、シール部材を貼り付けた後に、シェル形外輪にころを組み入れる工程が行われることになり、シール機能の有無に応じて、軸受の製造工程を変える必要がある。

0008

本発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであって、その目的の一つは、シール機能の有無に関わらず、軸受の幅寸法を一定にすることができる転がり軸受を提供することである。

0009

また、シール機能の有無に関わらず、軸受の製造工程を共通化することのできる転がり軸受を提供することも、他の目的とする。

課題を解決するための手段

0010

この発明のある局面に従う転がり軸受は、ラジアル方向の荷重を受けるための転がり軸受であって、軸方向一端に、曲げ加工された内向きフランジ部を有するシェル形外輪と、シェル形外輪の軌道面上を転動する複数の転動体と、シェル形外輪とは別体であり、かつ、内向きフランジ部と対をなすように、シェル形外輪の軸方向他方端の内径面に固定された後付けフランジ部材とを備える。

0011

後付けフランジ部材は、内径部にシールリップを有していてもよい。

0012

好ましくは、シェル形外輪に後付けフランジ部材を固定する構造は、軸方向他方端縁薄肉にし、薄肉部分に後付けフランジ部材を嵌め入れた後に、薄肉部分を縁曲げ加工する構造を含む。

0013

また、後付けフランジ部材の材質は、樹脂であることが望ましい。

0014

この発明の他の局面に従う転がり軸受は、ラジアル方向の荷重を受けるための転がり軸受であって、外輪と、外輪の軌道面上を転動する複数の転動体と、外輪とは別体であり、外輪の軸方向一端の内径面に固定された第1の後付けフランジ部材とを備え、第1の後付けフランジ部材は、内径部に第1のシールリップを有する。

0015

好ましくは、外輪とは別体であり、外輪の軸方向他方端の内径面に固定された第2の後付けフランジ部材をさらに備える。

0016

第2の後付けフランジ部材は、内径部に第2のシールリップを有していてもよい。

発明の効果

0017

シェル形外輪を備えた転がり軸受によれば、シェル形外輪とは別体の後付けフランジ部材を備えるため、シール機能の有無に関わらず、軸受の幅寸法を一定にすることができる。したがって、シール機能を有する軸受においても、軸受の幅寸法をコンパクト化することができる。

0018

別の観点からすれば、シール機能の有無に関わらず、軸受の製造工程を共通化することができる。

0019

さらに別の観点からすれば、外輪とは別体の後付けフランジ部材の内径部にシールリップを有することで、後付けフランジ部材自体を、シール部材として機能させることができる。したがって、後付けフランジ部材を、ソリッド形外輪に適用することもできる。

図面の簡単な説明

0020

本発明の実施の形態1における転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態1における、片側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態1における、両側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図である。
シールリップの形状の変形例1を示す断面図である。
シールリップの形状の変形例2を示す断面図である。
(A)は、本発明の実施の形態1の比較例における転がり軸受を示す断面図であり、(B)は、本発明の実施の形態1の比較例における、片側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図、(C)は、本発明の実施の形態1の比較例における、両側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態2における転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態2における、片側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態2における、両側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態2の比較例における転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態2の比較例における、片側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図である。
本発明の実施の形態2の比較例における、両側にシール機能を設けた転がり軸受を示す断面図である。

実施例

0021

本発明の実施の形態について図面を参照しながら詳細に説明する。なお、図中同一または相当部分には同一符号を付してその説明は繰返さない。

0022

<実施の形態1>
本発明の実施の形態1に係る転がり軸受は、シェル形外輪を有する転がり軸受(以下「シェル形軸受」という)である。

0023

はじめに、シール機能を有さないシェル形軸受の構成例について説明する。

0024

図1は、本発明の実施の形態1におけるシェル形軸受10を示す断面図である。シェル形軸受10は、シール機能を有していない。図1に示される一点鎖線1は、シェル形軸受10の中心軸線に相当する。

0025

図1を参照して、本実施の形態におけるシェル形軸受10は、シェル形外輪20と、シェル形外輪20の軌道面21上を転動する複数の転動体としての針状ころ(以下「ころ」と略す)12と、複数のころ12を保持する保持器13とを含む。シェル形外輪20は、軸方向一端に、曲げ加工された内向きフランジ部22を有している。この内向きフランジ部22は、軸受の製造工程において、シェル形外輪20の素材である平板状の鋼板を、深絞り加工してカップ状に成形された後、カップの底部分を打ち抜くことにより形成される。

0026

ここで、本実施の形態におけるシェル形軸受10は、さらに、シェル形外輪20とは別体であり、かつ、内向きフランジ部22と対をなすように、シェル形外輪20の軸方向他方端の内径面23aに固定された後付けフランジ部材31を含んでいる。後付けフランジ部材31は、軸受の製造工程において、保持器13により保持された複数のころ12をシェル形外輪20内に挿入した後に、シェル形外輪20の軸方向他方端の内径面23aに固定される。

0027

後付けフランジ部材31の材質は、たとえば熱可塑性の樹脂である。

0028

外輪20に後付けフランジ部材31を固定する方法としては、次のような方法がある。シェル形外輪20の軸方向他方端縁を薄肉にし、薄肉部分23に後付けフランジ部材31を嵌め入れた後に、薄肉部分23を縁曲げ加工する方法である。

0029

また、このような縁曲げ加工による固定に加えて、シェル形外輪20の内径面23aと後付けフランジ部材31とを接着接合)させることにより両者を固定してもよい。たとえば、外輪20の材質である金属と後付けフランジ部材31の材質である樹脂との化学的結合力で、両者を接合してもよい。または、外輪20の薄肉部分23における内径面23aの凹凸に、樹脂である後付けフランジ部材31を押し込んで、物理的なアンカー効果で接合する方法により実現してもよい。

0030

また、縁曲げ加工による固定は行わずに、シェル形外輪20の内径面23aと後付けフランジ部材31とを接着(接合)させることによる固定だけを実施してもよい。

0031

シール機能を設けていないシェル形軸受10の場合、内向きフランジ部22の内径面22aと、図示しない回転軸外径面2との間の距離、および、後付けフランジ部材31の内径面31aと外径面2との間の距離は等しい。したがって、シール機能を設けていないシェル形軸受10によれば、後付けフランジ部材31は、曲げ加工により形成される内向きフランジ(後述の図6(A)の内向きフランジ123)と同様の機能を果たすことができる。すなわち、後付けフランジ部材31は、ころ12および保持器13の軸方向外側への離脱を防止することができる。

0032

次に、上記のようなシェル形軸受10に、シール機能を設けた場合の構成例について説明する。

0033

図2は、本発明の実施の形態1における、片側にシール機能を設けたシェル形軸受10Aの断面図である。

0034

図2を参照して、シェル形軸受10Aにおいて、後付けフランジ部材31Aは、内径部に環状のシールリップ41を有している。具体的には、シールリップ41は、後付けフランジ部材31Aの内径面31a(図1)に沿って付着されている。シールリップ41は、弾性体、たとえばゴムまたは樹脂で形成されており、図示しない回転軸の外径面2に弾性的に摺接する。

0035

シールリップ41は、接着剤により後付けフランジ部材31Aに付着されている。なお、接着剤による付着に限定されず、たとえば、加熱融着することによってシールリップ41を後付けフランジ部材31Aに付着させてもよい。また、後付けフランジ部材31Aとシールリップ41との接合は、たとえば、後付けフランジ部材31Aをゴム型インサートしてゴムをオーバーモールドする工法、あるいは、インサート工法により実現可能である。

0036

なお、後付けフランジ部材31Aとシールリップ41との接合力を高めるために、たとえば、後付けフランジ部材31Aの内径面31aに凹部、シールリップ41の外径側に凸部を設け、両者を嵌合させてもよい。

0037

このようなシェル形軸受10Aでは、内径側にシールリップ41を有する後付けフランジ部材31Aをシェル形外輪20の軸方向一端の内径面23aに固定することで、片側にシール機能を設けることができる。そのため、後付けフランジ部材31Aの内側側面や外側側面に、別体のシール部材を配置する必要がなくなる。その結果、シェル形軸受10Aの幅寸法L2を、図1に示したシール機能を設けていないシェル形軸受10の幅寸法L1と等しくすることができる。

0038

このように、本実施の形態では、シールリップ41無しの後付けフランジ部材31と、シールリップ41付きの後付けフランジ部材31Aを事前に準備しておくことで、後付けフランジ部材を単にフランジとして取付けることも、フランジ兼シール部材として取付けることも可能となる。

0039

なお、シェル形外輪20の内向きフランジ部22側にシール機能を設ける場合にも、後付けフランジ部材31Aの場合と同様に、シールリップを内向きフランジ部22の内径部に設けてもよい。

0040

図3は、本発明の実施の形態1における、両側にシール機能を設けたシェル形軸受10Bの断面図である。

0041

図3を参照して、シェル形軸受10Bにおいては、内向きフランジ部22の内径面22a(図1)に沿って、環状のシールリップ42が付着されている。シールリップ42の材質および機能は、図2に示したシールリップ41と同様である。また、内向きフランジ部22にシールリップ42を付着させる方法についても、後付けフランジ部材31Aにシールリップ41を付着させる方法と同様であってよい。

0042

このように、内向きフランジ部22の内径面22aにもシールリップ42のみを付着させることで、シェル形外輪20の両側にシール機能を持たせる場合でも、シェル形軸受10Bの幅寸法L3を、図1に示したシール機能を設けていないシェル形軸受10の幅寸法L1と等しくすることができる。

0043

なお、後付けフランジ部材31Aや内向きフランジ部22に付着させるシールリップ41、42の形状は、目的や用途に応じて選択すればよい。図2および図3に示したシールリップ41、42は、いわゆる外向き形状の一枚リップである。シールリップ41、42の形状の変形例を、図4および図5に示す。

0044

図4に示したシェル形軸受10Cでは、内向きフランジ部22および後付けフランジ部材31Bに、それぞれ、内向き形状の一枚リップであるシールリップ41A、42Aが付着されている。

0045

図5に示したシェル形軸受10Dでは、内向きフランジ部22および後付けフランジ部材31Cに、それぞれ、2枚リップであるシールリップ41B、42Bが付着されている。

0046

(比較例)
ここで、本実施の形態におけるシェル形軸受10、10A、10Bと、一般的なシェル形軸受とを比較する。

0047

図6(A)は、本発明の実施の形態1の比較例における、シール機能を有さないシェル形軸受110を示す断面図、図6(B)は、片側にシール機能を設けたシェル形軸受110Aを示す断面図、図6(C)は、両側にシール機能を設けたシェル形軸受110Bを示す断面図である。

0048

図6(A)を参照して、実施の形態1の比較例におけるシェル形軸受110は、軌道面121を有するシェル形外輪120を備えている。したがって、シェル形外輪120は、一般的な製造方法によって製造されているため、両端に内向きフランジ部122、123を含んでいる。このシェル形軸受110は、シール機能を有していないため、幅寸法L101は、図1に示したシェル形軸受10の幅寸法L1とほぼ等しい。

0049

これに対し、図6(B)に示されるシェル形軸受110Aは、図6(A)に示した一方の内向きフランジ部123の軸方向内側に、シール部材141が設けられている。そのため、図6(A)のシェル形外輪120よりも、図6(B)のシェル形外輪120Aの方が、軸方向の長さが長い。つまり、シェル形軸受110Aの幅寸法L102は、シール機能を有していないシェル形軸受110の幅寸法L101よりも大きい。

0050

また、図6(C)に示されるシェル形軸受110Bでは、図6(A)に示した他方の内向きフランジ部122の内側にも、シール部材142が設けられている。そのため、図6(B)のシェル形外輪120Aよりも、図6(C)のシェル形外輪120Bの方が、軸方向の長さがさらに長い。つまり、シェル形軸受110Bの幅寸法L103は、シール機能を片側に設けたシェル形軸受110Aの幅寸法L102よりもさらに大きい。

0051

このような一般的なシェル形軸受によれば、シール機能を設けるか否か、および、シール機能は片側のみか否か(以下「シール機能の数」という)により、シェル形外輪の軸方向の長さを変えなくてはならない。そのため、シール機能の有無およびシール機能の数に応じて、シェル形外輪を別工程で製造する必要がある。

0052

これに対し、本願の実施の形態1に係るシェル形軸受10、10A、10Bによれば、シール機能の有無およびシール機能の数に関わらず、シェル形外輪20の軸方向の長さを等しくすることができる。その結果、シール機能の有無およびシール機能の数に関わらず、軸受の内部設計を変更する必要がないので、シェル形外輪20を流用可能にできる。また、シェル形外輪20に組み込まれるころ12および保持器13も、流用可能とすることで、定格荷重を等しくすることができる。

0053

また、後付けフランジ部材31、31Aの材質を樹脂とすることで、後付けフランジ部材31、31Aに着色が可能となる。したがって、後付けフランジ部材31、31Aと内向きフランジ部22との識別が容易になる。その結果、軸受の取り付け方向の識別、および、異物混入防止や近似品との識別を容易にすることができる。なお、後付けフランジ部材31、31Aは、鉄などの金属製としてもよいため、使用条件によって材質を選別可能である。

0054

また、シールリップ41、42に着色することもできるため、後付けフランジ部材31、31Aを金属製とした場合でも、たとえば一方のシールリップのみを着色することにより、軸受の取り付け方向の識別、および、異物混入防止や近似品との識別を容易にすることができる。

0055

なお、本実施の形態では、複数のころ12の内径側には回転軸(図示せず)が配置されることとして説明したが、シェル形軸受10、10A、10Bは、内輪(図示せず)を有していてもよい。

0056

また、本実施の形態では、複数のころ12は、保持器13により保持されることとして説明したが、保持器13を有さない総ころタイプのシェル形軸受であってもよい。

0057

また、転動体は、針状ころとして説明したが、他の種類のものであってもよい。

0058

<実施の形態2>
本発明の実施の形態2に係る転がり軸受は、ソリッド形外輪を有する転がり軸受(以下「ソリッド形軸受」という)である。

0059

一般的に、ソリッド形外輪を有するソリッド形軸受(以下「ソリッド軸受」)において、シール機能を持たせる場合、外輪の軸方向一端または両端の内径面に、シール部材が接着される。したがって、上述の特許文献1(特開2004−332856号公報)では、シェル形外輪の両端の内向きフランジに、ゴム状シール部材を貼り付ける構成であるため、当該文献の構成をソリッド形軸受に適用することができない。

0060

これに対し、上記実施の形態1で説明した後付けフランジ部材は、ソリッド形軸受にも適用可能である。以下に、ソリッド形軸受に対する、後付けのフランジ部材の適用例について説明する。

0061

はじめに、シール機能を有さないソリッド形軸受の構成例について説明する。なお、以下の説明では、実施の形態1におけるシェル形外輪10、10A、10Bと異なる部分についてのみ詳細に説明する。

0062

図7は、本発明の実施の形態2におけるソリッド形軸受60を示す断面図である。このソリッド形軸受60は、シール機能を有していない。

0063

図7を参照して、本実施の形態におけるソリッド形軸受60は、ソリッド形外輪70と、ソリッド形外輪70の軌道面71上を転動する複数のころ(針状ころ)62と、複数のころ62を保持する保持器63とを含む。なお、図7においても、一点鎖線1は、ソリッド形軸受60の中心軸線を示しており、破線2は、図示しない回転軸の外径面を示している。

0064

本実施の形態では、ソリッド形外輪70は、軸方向両端側の内径面70a、70bにそれぞれ固定された後付けフランジ部材81、82を含んでいる。後付けフランジ部材81、82にはいずれもシールリップが付着されていないため、後付けフランジ部材81、82は、フランジとしての機能のみを果たす。

0065

なお、ソリッド形外輪70は、たとえば削り出し加工により形成されるため、実施の形態1で説明した接着(接合)等による方法で、後付けフランジ部材81、82とソリッド形外輪70とが固定される。

0066

次に、上記のようなソリッド形軸受60に、シール機能を設けた場合の構成例について説明する。

0067

図8は、本発明の実施の形態2における、片側にシール機能を設けたソリッド形軸受60Aを示す断面図である。

0068

図8を参照して、ソリッド形軸受60Aにおいて、一方の後付けフランジ部材81Aは、内径部にシールリップ91を有している。具体的には、後付けフランジ部材81Aの内径面81a(図7)に沿って、環状のシールリップ91が付着されている。

0069

図8に示されるように、片側にシール機能を持たせたい場合、ソリッド形外輪70の、シール機能を持たせる側の内径面70aに、予めシールリップ91が付着された後付けフランジ部材81Aを固定する。これにより、ソリッド形軸受60Aは、片側にシール機能を設けることができる。

0070

このように、本実施の形態では、シールリップ91無しの後付けフランジ部材82と、シールリップ91付きの後付けフランジ部材81Aとを事前に準備しておくことで、後付けフランジ部材を単にフランジとして取付けることも、フランジ兼シール部材として取付けることも可能となる。その結果、シール機能の有無に関わらず、ソリッド形軸受60、60Aの製造工程を共通化することが可能となる。

0071

図9は、本発明の実施の形態2における、両側にシール機能を設けたソリッド形軸受60Bを示す断面図である。

0072

図9を参照して、ソリッド形軸受60Bにおいては、シールリップ91、92をそれぞれ内径部に有する後付けフランジ部材81A、82Aが、ソリッド形外輪70の両端の内径面70a、70bに固定されている。

0073

このように、両側にシール機能を持たせたい場合は、ソリッド形外輪70の両側の内径面70a、70bに、予めシールリップ91、92が付着された後付けフランジ部材81A、82Aを固定する。これにより、後付けフランジ部材81A、82Aの両方を、フランジ兼シール部材として機能させることができる。

0074

(比較例)
ここで、本実施の形態におけるソリッド形軸受60、60A、60Bと、一般的なソリッド形軸受とを比較する。

0075

図10は、本発明の実施の形態2の比較例における、シール機能を有さないソリッド形軸受160を示す断面図である。図11は、片側にシール機能を設けたソリッド形軸受160Aを示す断面図である。図12は、両側にシール機能を設けたソリッド形軸受160Bを示す断面図である。

0076

図10を参照して、実施の形態2の比較例におけるソリッド形軸受160は、軌道面171を有するソリッド形外輪170を備えている。ソリッド形外輪170には、軸方向両端に、内径方向を向くフランジ172、173が含まれる。図10の例では、フランジ172、173は、ソリッド形外輪170とは別体であり、ソリッド形外輪170の両端側の内径面170a、170bに嵌め込まれた形態が示されている。

0077

図11を参照して、実施の形態2の比較例におけるソリッド形軸受160Aでは、シール機能を持たせる側の軸方向一端には、ソリッド形外輪170Aの内径面170aに、直接シール部材191が付着されている。つまり、図10に示したフランジ172は存在しない。そして、シール機能を必要としない側のフランジは、図11の例では、たとえば削り出し加工により形成されたフランジ173Aが示されている。

0078

図12を参照して、実施の形態2の比較例におけるソリッド形軸受160Bでは、両端にシール機能を持たせるため、ソリッド形外輪170Bの両端の内径面170a、170bに、直接シール部材191,192が付着されている。

0079

このように、一般的なソリッド形軸受では、ソリッド形外輪にシール機能を持たせる場合、フランジに代えて、シール部材が配置される。したがって、シール機能の有無に応じて、軸受の製造工程を変える必要がある。

0080

これに対し、本発明の実施の形態2におけるソリッド形軸受によれば、シールリップを有さない後付けフランジ部材81、82と、予めシールリップ91、92を付着させた後付けフランジ部材81A、82Aとを用意しておけば、シール機能の有無に関わらず、製造工程を共通化することができる。

0081

また、一般的なソリッド形外輪においては、フランジを円筒形外輪部分と一体に形成する場合と別体により形成する場合とがあるが、外輪の両端を必ず後付けフランジ部材とすることで、外輪の形状を統一させることもできる。その結果、シール機能の有無およびシール機能の数に関わらず、ソリッド形外輪70を流用可能にできる。また、ソリッド形外輪70に組み込まれるころ62および保持器63も、流用可能とすることで、定格荷重を等しくすることができる。

0082

今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。

0083

10,10A,10B,110,110A,110Bシェル形軸受、12,62針状ころ、13,63保持器、20,120,120A,120Bシェル形外輪、21,121,171軌道面、22,122,123内向きフランジ部、31,31A,31B,31C,81,81A,82,82A 後付けフランジ部材、41,41A,41B,42,42A,42B,91,92シールリップ、60,60A,60B,160,160A,160Bソリッド形軸受、70,170,170A ソリッド形外輪、141,142,191,192シール部材、172,173,173Aフランジ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • COC株式会社の「 軸受の取付構造」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】テーパースリーブを介して軸受内輪を回転軸に固定する軸受の取付構造において、回転軸に対する軸受の着脱を容易化させる。【解決手段】軸受2は、軸受側ナット5と、スリーブ側ナット7と、軸受側ナット5と... 詳細

  • NTN株式会社の「 転がり軸受」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】チタン合金を軌道輪等に用いた転がり軸受について、軌道輪の所定部位等の表面における耐荷重性を高め、軸受の受ける荷重による軌道輪表面の塑性変形量を少なくして圧痕等の形成を防止すると共に、耐摩耗性を... 詳細

  • NTN株式会社の「 転がり軸受用保持器および転がり軸受」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】転動体周辺にグリースを保持しつつ、転動体面へのグリースの過剰な付着を抑制できる転がり軸受用保持器、および、この保持器を備えた転がり軸受を提供する。【解決手段】保持器1は、環状の保持器本体2上に... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ