図面 (/)

技術 衣類処理装置

出願人 パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 三垣文彦有村敬三田上雅彦
出願日 2016年1月8日 (4年5ヶ月経過) 出願番号 2016-002216
公開日 2017年7月13日 (2年11ヶ月経過) 公開番号 2017-121398
状態 未査定
技術分野 洗濯一般
主要キーワード 残余スペース 設定入力情報 発生中心 行程内容 左右方向中心 回転軸心方向 本体サイズ 有底円筒
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年7月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を有し、両洗濯槽の使い易さ、単独性能、洗濯機本体サイズコンパクト性を向上する衣類処理装置を提供すること。

解決手段

第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152を有し、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152を上下に配置して、第一の洗濯槽112は第二の洗濯槽152より洗濯容量を小さくし、その中心を本体筐体110の略中央より左または右に配置したことにより、使い易さ、洗濯性能に優れ、コンパクトな無駄のない衣類処理装置を提供することが出来る。

概要

背景

第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を配備している衣類処理装置が開発されている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1には、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を配備しているドラム式洗濯機の一例が記載されている。

概要

第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を有し、両洗濯槽の使い易さ、単独性能、洗濯機本体サイズコンパクト性を向上する衣類処理装置を提供すること。第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152を有し、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152を上下に配置して、第一の洗濯槽112は第二の洗濯槽152より洗濯容量を小さくし、その中心を本体筐体110の略中央より左または右に配置したことにより、使い易さ、洗濯性能に優れ、コンパクトな無駄のない衣類処理装置を提供することが出来る。

目的

本発明は、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を配備した、コンパクトでユーザビリティの優れた衣類処理装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を有し、前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽を上下に配置して、前記第一の洗濯槽は前記第二の洗濯槽より洗濯容量を小さくし、その中心を製品の略中央より左または右に配置した衣類処理装置

請求項2

前記第二の洗濯槽より洗濯容量の小さい前記第一の洗濯槽を、前記第二の洗濯槽より上方に配置した請求項1記載の衣類処理装置。

請求項3

前記第一の洗濯槽を運転するための第一の操作パネルと前記第二の洗濯槽を運転するための第二の操作パネルを、共に前面の前記第一の洗濯槽の側方に配設した請求項1または2記載の衣類処理装置。

請求項4

前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽で、各々異なる洗濯コースもしくは動作シーケンスで双方同時に運転(洗い、すすぎ脱水)することを可能とした請求項1〜3のいずれか1項記載の衣類処理装置。

請求項5

前記第二の洗濯槽に乾燥手段を設けた請求項1〜4のいずれか1項記載の衣類処理装置。

技術分野

0001

本発明は、衣類洗濯脱水及び/又は乾燥するための衣類処理装置に関する。

背景技術

0002

第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を配備している衣類処理装置が開発されている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1には、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を配備しているドラム式洗濯機の一例が記載されている。

先行技術

0003

中国特許出願公開第103850085号明細書

発明が解決しようとする課題

0004

昨今では多種多様繊維素材を用いた衣類や色彩鮮やかな模様の施された衣類などが市場に多く提供されているが、それら衣類などを洗濯する場合には、デリケート(華奢)な繊維素材や色彩毎にそれぞれ分別し、複数回に分けて洗濯を行うために、洗濯に長時間を要するという課題があった。この課題を解決するため、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を備えた衣類処理装置が提供されることが求められてきたが、さらに、第一と第二の各洗濯槽のユーザビリティ(使い易さ)、単独性能の向上、洗濯機本体のコンパクト性が求められている。

0005

本発明は、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を配備した、コンパクトでユーザビリティの優れた衣類処理装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

前記従来の課題を解決するために本発明の衣類処理装置は、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を有し、前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽を上下に配置して、前記第一の洗濯槽は前記第二の洗濯槽より洗濯容量を小さくし、その中心を製品の略中央より左または右に配置したものである。これにより、両方の洗濯槽で、別々に、洗浄から脱水までの行程が可能となり、洗濯のユーザビリティおよびそれぞれの洗濯性能を向上させることができるとともに、洗濯機本体サイズもコンパクトになり、占有場所を小さくできる。

0007

また、前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽の洗濯容量に(第二の洗濯槽側をより大きくして)差を設けているので、洗濯容量に合せて、節水性と省エネルギー性の効率的な洗濯が可能になる。

0008

また、前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽とで大きさを異ならせ、かつ中心位置を左右方向でずらせたことにより、同時に運転した場合に、両洗濯槽間の共振を避け、衣類処理装置の移動や騒音の発生を抑制することができる。

発明の効果

0009

本発明に係る衣類処理装置は、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を有しながら、ユーザビリティ(使い易さ)、単独性能、洗濯機本体サイズのコンパクト性を向上することができる。

図面の簡単な説明

0010

本発明の実施の形態1における衣類処理装置の斜視図
同衣類処理装置の正面図
同衣類処理装置の図2に示されるX−X矢視側断面図

実施例

0011

第1の発明は、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を有し、前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽を上下に配置して、前記第一の洗濯槽は前記第二の洗濯槽より洗濯容量を小さくし、その中心を製品の略中央より左または右に配置したことにより、両方の洗濯槽で、別々に、洗浄から脱水までの行程が可能となり、洗濯のユーザビリティおよびそれぞれの洗濯性能を向上させることができるとともに、洗濯機本体サイズのコンパクト性をより向上させることができる。また、両洗濯槽の洗濯容量に差を設けているので、洗濯容量に合せて、節水性と省エネルギー性の効率的な洗濯が可能になる。さらに、前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽とで大きさを異ならせ、かつ中心位置を左右方向でずらせたことにより、同時に運転した場合に、両洗濯槽間の共振を避け、衣類処理装置の移動や騒音の発生を抑制することができる。

0012

第2の発明は、上記第1の発明において、前記第二の洗濯槽より洗濯容量の小さい前記第一の洗濯槽を、前記第二の洗濯槽より上方に配置したことにより、衣類処理装置の設置および運転時の安定性がよい。

0013

第3の発明は、上記第1または第2の発明において、前記第一の洗濯槽を運転するための第一の操作パネルと前記第二の洗濯槽を運転するための第二の操作パネルを、共に前面の前記第一の洗濯槽の側方に配設したことにより、第一の洗濯槽を運転するための第一の操作パネルと第二の洗濯槽を運転するための第二の操作パネルを、使用者の操作しやすい衣類処理装置の上部前面の1箇所に隣接させて配置させることができ、操作性を向上させることができる。また、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽とで、操作パネルをそれぞれ独立させて専用に設けたので、いずれの洗濯槽を運転(洗い、すすぎ、脱水)する場合でも、運転したい側の操作パネルに間違いなく入力でき、誤操作を防止でき、非常に使い勝手がよい。

0014

第4の発明は、上記第1〜第3のいずれかの発明において、前記第一の洗濯槽と前記第二の洗濯槽で、各々異なる洗濯コースもしくは動作シーケンスで双方同時に運転(洗い、すすぎ、脱水)することを可能としたことにより、繊維素材や色彩毎に分別した洗濯物をそれぞれに適した洗濯コースや洗濯条件で同時に運転でき、且つ、共振を防止できることから、衣類の素材や種類・容量に合せて、洗い、すすぎ、脱水の性能を向上することができる。また、節水や省エネルギー性を向上させることができる。また、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽とで、操作パネルをそれぞれ独立させて専用に設けたので、各々異なる洗濯コースもしくは動作シーケンスで双方同時に運転(洗い、すすぎ、脱水)する際に、非常に使い勝手がよい。

0015

第5の発明は、上記第1〜第4のいずれかの発明において、前記第二の洗濯槽に乾燥手段を設けたことにより、第一の洗濯槽の洗濯物も含めて洗濯物の全量を第二の洗濯槽で一度で無駄なく乾燥させることができ、使用性を向上させることができるとともに、省エネルギー性も向上させることができる。

0016

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。

0017

(実施の形態1)
図1は、本発明の実施の形態1における衣類処理装置の斜視図、図2は同衣類処理装置の正面図、図3は同衣類処理装置の図2に示されるX−X矢視側断面図を示すものである

0018

図1図3に示すように、衣類処理装置100の本体筐体110の上部には略水平方向の回転軸115を中心に回転自在な前方に開口部を有する有底円筒状の第一の回転ドラム111が内部に配設された揺動自在な第一の洗濯槽112が配備され、第一の回転ドラム111は第一の洗濯槽112の背面に外側より取り付けられた第一のモータ113により回転駆動される。第一の洗濯槽112も有底円筒状に形成され、その正面側の開口部116を閉鎖する開閉可能な扉体114が上部前面パネル117に配備される。この扉体114を開くことにより第一の回転ドラム111内に洗濯物を出し入れできるようにしている。第一の洗濯槽112は本体筐体110よりばね体とダンパー(いずれも図示せず)により揺動可能に吊り下げ防振支持されている。

0019

本体筐体110の下部には略水平方向の回転軸155を中心に回転自在な前方に開口部を有する有底円筒状の第二の回転ドラム151が内部に配設された揺動自在な第二の洗濯槽152が配備され、第二の回転ドラム151は第二の洗濯槽152の背面に外側より取り付けられた第二のモータ153により回転駆動される。第二の洗濯槽152も有底円筒状に形成され、その正面側の開口部156を閉鎖する開閉可能な扉体154が下部前面パネル157に配備される。この扉体154を開くことにより第二の回転ドラム151内に洗濯物を出し入れできるようにしている。第二の洗濯槽152も本体筐体110よりばね体158とダンパー159により揺動可能に吊り下げて防振支持されている。

0020

第二の洗濯槽152の上方に配設した第一の洗濯槽112は、内部の容積(洗濯容量)を第二の洗濯槽152の内部の容積(洗濯容量)より小さくし、有底円筒状の中心112cを本体筐体110の左右方向中心より左右いずれか(本実施の形態では正面から見て右側)にずらせてある。洗濯容量の大きい方の第二の洗濯槽152の有底円筒状の中心152cは、本体筐体110の左右方向中心とほぼ一致させてある。

0021

第一の洗濯槽112、第二の洗濯槽152には、それぞれ洗濯槽内部に水道水を給水する給水手段21、洗濯槽内の洗濯水機外に排水する排水手段20、および洗濯槽内の水位を検知する水位検知手段(図示せず)が連通させて設けてあるが、一般的な洗濯機と同様の構成のものであるので、説明は省略する。

0022

内部の容積(洗濯容量)の大きい第二の洗濯槽152の底部には乾燥系(乾燥手段)を構成するヒータ22が備えられている。乾燥系の構成としては、ヒータ22のみでもよいが、送風機送風経路を備えてヒータ22で加熱した温風を第二の洗濯槽152内に送り込み循環させる構成にすれば乾燥効率がよい。

0023

なお、本実施の形態では、第一の回転ドラム111および第二の回転ドラム151の回転軸心方向を略水平方向に配設しているが、回転軸心方向を正面側から背面側に向けて下向きに傾斜させて配設してもよい。

0024

本実施の形態の衣類処理装置は、洗い行程、すすぎ行程、脱水行程乾燥行程逐次制御する制御手段30を備え、上記各行程を行う機能を有したドラム式洗濯乾燥機を構成している。しかし、乾燥行程を行うための乾燥系は省略することができる。

0025

衣類処理装置100の上部前面に配備された上部前面パネル117には、第一の洗濯槽112を運転するための第一の操作パネル120が配置され、この第一の操作パネル120には、運転コース運転条件等の第一の洗濯槽112を運転操作するための設定入力を行う第一の操作ボタン122と、第一の洗濯槽112の運転状態や操作の確認を行うための第一の表示デバイス123とが備えられている。

0026

衣類処理装置100の上部前面に配備された上部前面パネル117の第一の操作パネル120のすぐ下方には、第二の洗濯槽152を運転するための第二の操作パネル160が配置され、この第二の操作パネル160には、運転コースや運転条件等の第二の洗濯槽152を運転操作するための設定入力を行う第二の操作ボタン162と、第二の洗濯槽152の運転状態や操作の確認を行うための第二の表示デバイス163とが備えられている。

0027

上記の互いに隣接させて上下に配設された第一の操作パネル120と第二の操作パネル160は、共に第一の洗濯槽112の側方で、第一の洗濯槽112を本体筐体110の左右方向中心より左右いずれか(本実施の形態では正面から見て右側)にずらせて配設したことにより上部前面パネル117上の左右いずれかに生じる残余スペース(本実施の形態では正面から見て左側)に配置されている。

0028

制御手段30は、第一の操作ボタン122および第二の操作ボタン162からの設定入力情報をもとに、第一のモータ113、第二のモータ153、給水手段21、排水手段20などの動作を制御し、洗い、すすぎ、脱水、乾燥等の運転を行う。また、制御手段30は、使用者によって第一の操作ボタン122および第二の操作ボタン162を操作して選択・入力された運転コースや運転条件等の設定入力情報や運転進行状況等の各種表示情報の第一の表示デバイス123および第二の表示デバイス163への出力も行っている。

0029

以上のように構成された衣類処理装置について、以下その動作、作用を説明する。

0030

第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152の各扉体114、154を開け、前方に設けた開口部116、156(洗濯物投入口)から繊維素材や色彩毎にそれぞれ分別した衣類等の洗濯物を各々第一の回転ドラム111、第二の回転ドラム151に投入し、扉体114、154を閉めた後、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152のそれぞれの入力設定操作部である第一の操作ボタン122および第二の操作ボタン162により各洗濯槽の行程内容を設定し、各々運転を開始する。

0031

制御手段30は、各回転ドラム111、151内の洗濯物の量に応じて最適な水位を設定し、給水手段21を制御して、各回転ドラム111、151内および各洗濯槽112、152内に給水を行う。そして、水位検知手段によって水位を検知し、設定された水位に達したら、給水を終了し、各々のモータ113、153を制御し、回転ドラム111、151を回転させ、各洗濯槽112、152で設定された洗い行程を行う。

0032

各洗い行程終了後、排水手段20を制御して各洗濯槽112、152から洗濯水を排水し、脱水した後、再び給水手段21を制御して、各回転ドラム111、151内および各洗濯槽112、152内に給水を行う。そして、水位検知手段によって水位を検知し、設定された水位に達したら、給水を終了し、各モータ113、153を制御し、回転ドラム111、151を回転させ、各洗濯槽112、152で設定されたすすぎ行程を行う。すすぎ行程終了後、排水手段20を制御して各洗濯槽112、152からすすぎ後の水を排水し、各回転ドラム111、151を高速回転させて洗濯物の最終脱水を行う。

0033

最後に、各回転ドラム111、151を低速で回転させながら乾燥系から暖気を送り込んで乾燥行程を行った後、運転を終了する。

0034

制御手段30は、二つの洗濯槽112、152を各々別のコースで双方同時に運転(洗い、すすぎ、脱水、乾燥)することを可能にし、繊維素材や色彩毎に分別した洗濯物をそれぞれに適した洗濯コースや洗濯条件で同時に運転することができ、時間の有効活用ができるよう構成してある。また、二つの洗濯槽112、152をそれぞれに適した洗濯コー
スや洗濯条件で同時に運転することにより、それぞれの同時刻における動作が異なる可能性が高く(例えば、第一の洗濯槽112が第一の回転ドラム111の高速回転による脱水行程を行っている時に、第二の洗濯槽152ではすすぎ行程を行っている)、二つの洗濯槽112、152による共振を防止することができる。

0035

なお、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152は、いずれか一方のみを運転することももちろん可能である。

0036

以上のように、本発明の実施の形態1における衣類処理装置は、両方の洗濯槽で別々に洗浄から乾燥までの行程を可能としつつ、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152を上下に配置したことにより、所謂従来の2槽式洗濯機に比べて、洗濯機本体サイズもコンパクトになり、占有場所を小さくできるとともに、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152の洗濯容量に差を設けているので、洗濯容量に合せて、節水性と省エネルギー性に優れた効率的な洗濯が可能になる。

0037

また、本発明の実施の形態1における衣類処理装置は、二つの洗濯槽112、152を双方同時に運転する場合に、実用上大なる効果を発揮する。すなわち、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152を上下に配置して、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152で洗濯容量に差を設け、第一の洗濯槽112は第二の洗濯槽152より洗濯容量を小さくし、その中心112cを本体筐体110(製品)の略中央より左または右にずらせて配置したことにより、繊維素材や色彩毎に分別した洗濯物をそれぞれに適した洗濯槽を選んで投入し、それぞれに適した洗濯コースや洗濯条件で同時に運転することができ、時間の有効活用ができるとともに、同時に運転した場合、各洗濯槽112、152に投入された洗濯物のアンバランスや脱水時の高速回転に起因する振動の大きさおよび振動の発生中心を異ならせることができ、両洗濯槽間の共振を避け、衣類処理装置100の移動や騒音の発生を抑制することができる。

0038

また、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152のうち、洗濯容量が大きい方の第二の洗濯槽152を衣類処理装置100の下方に、洗濯容量の小さい方の第一の洗濯槽112を上方に配置しているので、衣類処理装置100の設置および運転時の安定がよい。

0039

また、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152のうち、洗濯容量の小さい方の第一の洗濯槽112を上方に配置し、その中心112cを本体筐体110(製品)の略中央より左または右にずらせて配置することにより、第一の洗濯槽112を運転するための第一の操作パネル120と第二の洗濯槽152を運転するための第二の操作パネル160を、使用者の操作しやすい衣類処理装置100の上部の1箇所に隣接させて配置させることができ、操作性を向上させることができる。特に、繊維素材や色彩毎にそれぞれ衣類を分別し両洗濯槽を同時に運転する際に、第一の洗濯槽112の運転操作と第二の洗濯槽152の運転操作を、より近い範囲で運転操作することができることから、この操作性の向上効果はより大なるものがある。

0040

また、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152で、各々異なる洗濯コースもしくは動作シーケンスで双方同時に運転(洗い、すすぎ、脱水)することを可能としたので、第一の洗濯槽の運転操作と、第二の洗濯槽の運転操作を、繊維素材や色彩毎に分別した洗濯物をそれぞれに適した洗濯コースや洗濯条件で同時に運転でき、且つ、共振を防止できることから、衣類の素材や種類・容量に合せて、洗浄・脱水の性能を向上することができる。また、節水や省エネルギー性を向上させることができる。

0041

また、第一の洗濯槽112と第二の洗濯槽152とで、洗濯コースや洗濯条件を設定入力する各操作パネル120、160を、隣接させてはあるが、それぞれ独立させて専用に
設けたので、各々異なる洗濯コースもしくは動作シーケンスで双方同時に運転(洗い、すすぎ、脱水)する際に、非常に使い勝手がよい。

0042

さらに、内部の容積(洗濯容量)の大きい第二の洗濯槽152にヒータ22等の乾燥手段を設けたので、第一の洗濯槽112側の洗濯物も含めて洗濯物の全量を第二の洗濯槽152で一度で無駄なく乾燥させることができ、使用性を向上させることができるとともに、省エネルギー性も向上させることができる。

0043

以上のように、本発明にかかる衣類処理装置は、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を備え、繊維素材や色彩毎に分別した洗濯物をそれぞれに適した洗濯槽を選んで投入し、それぞれに適した洗濯コースや洗濯条件で同時に運転することができ、時間の有効活用ができるとともに、節水性と省エネルギー性および操作性に優れた衣類処理装置を提供することが可能になるので、第一の洗濯槽と第二の洗濯槽を備えた衣類処理装置等として有用である。

0044

20 排水手段
21 給水手段
22ヒータ(乾燥手段)
30 制御手段
100衣類処理装置
110本体筐体
111 第一の回転ドラム
112 第一の洗濯槽
113 第一のモータ
114扉体
115回転軸
116 開口部
117 上部前面パネル
120 第一の操作パネル
122 第一の操作ボタン
123 第一の表示デバイス
151 第二の回転ドラム
152 第二の洗濯槽
153 第二のモータ
154 扉体
155 回転軸
156 開口部
157 下部前面パネル
160 第二の操作パネル
162 第二の操作ボタン
163 第二の表示デバイス

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電産テクノモータ株式会社の「 洗濯機」が 公開されました。( 2019/10/31)

    【課題】洗濯槽の中心軸に対して重量のアンバランスが生じ難く、振動の発生を抑制することができる洗濯機を提供する。【解決手段】洗濯槽を有する洗濯機は、前記洗濯槽の中心軸CAを中心として回転する第1プーリ2... 詳細

  • 日本電産テクノモータ株式会社の「 洗濯機」が 公開されました。( 2018/12/20)

    【課題】振動及び騒音の発生を低減できる洗濯機を提供する。【解決手段】水槽内に軸線L周りに回転可能に配置される洗濯槽17と、洗濯槽17内の底部に洗濯槽17と同軸に配置される撹拌羽根18と、駆動機構19と... 詳細

  • 日本電産テクノモータ株式会社の「 洗濯機及び配管ユニット」が 公開されました。( 2018/11/22)

    【課題】フィルタを備え、水槽の水を再度水槽に戻して再利用する洗濯機について、フィルタを洗浄ために余分な水を使用しない洗濯機を提供する。【解決手段】洗濯機は、水槽12と、フィルタ部26と、第1のポンプ2... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ