図面 (/)

技術 情報処理装置、撮像装置、情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラム

出願人 ソニー株式会社
発明者 菊池政吾
出願日 2015年12月22日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2015-249608
公開日 2017年6月29日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2017-118236
状態 特許登録済
技術分野 スタジオ装置 カメラの表示・駒の計数 通信制御 移動無線通信システム 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用)
主要キーワード 識別ランプ 停止ランプ 中央領 単独通信 接続アイコン 送信停止処理 モード遷移処理 リモコン操作者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

リモコンを利用してカメラ動作制御を行うシステムにおいて、消費電力の低減を実現する情報処理装置撮像装置情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラムを提供する。

解決手段

ビデオカメラ10と、ビデオカメラ10の制御を実行するリモコン20を有する情報処理システムにおいて、ビデオカメラ10およびリモコン20の各通信部は、Wi−Fi通信と、Bluetooth(登録商標)通信を選択適用して相互通信を実行する。ビデオカメラ10およびリモコン20の各制御部は、リモコン20の操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、Wi−Fi通信を停止し、Bluetooth通信のみを選択適用して相互通信を実行する。

概要

背景

近年、デジタルカメラデジタルビデオカメラ小型軽量化が進み、また、通信機能を備えたカメラの利用、開発が進んでいる。
例えば、カメラと相互通信可能なリモコン画像表示用ディスプレイを設け、リモコン操作によって、カメラによる画像撮影の開始や停止等の制御を行い、撮影画像をリモコンのディスプレイに表示可能としたシステムがある。

なお、リモコンを利用してカメラ動作を制御可能としたシステムを開示した従来技術して、例えば、特許文献1(特開2015−127920号公報)がある。

カメラ制御をリモコンによって行うシステムでは、例えばカメラによる撮影画像をリモコンに転送し、リモコン側の表示部(ディスプレイ)に表示し、リモコン操作者であるユーザが、画像の録画開始停止処理などの指示を実行することができる。

カメラやリモコンは、それぞれバッテリ電池)を搭載し、バッテリからの電源供給によって、画像撮影処理画像表示処理、さらに、リモコンとカメラ間通信処理など、様々なデータ処理を実行する。

しかし、画像転送や、画像表示処理、その他のデータ通信処理には、多くの電力消費される。一方、カメラやリモコンに装着されるバッテリの容量には限りがあり、できるだけ消費電力を低減することが要求される。

概要

リモコンを利用してカメラの動作制御を行うシステムにおいて、消費電力の低減を実現する情報処理装置撮像装置情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラムを提供する。ビデオカメラ10と、ビデオカメラ10の制御を実行するリモコン20を有する情報処理システムにおいて、ビデオカメラ10およびリモコン20の各通信部は、Wi−Fi通信と、Bluetooth(登録商標)通信を選択適用して相互通信を実行する。ビデオカメラ10およびリモコン20の各制御部は、リモコン20の操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、Wi−Fi通信を停止し、Bluetooth通信のみを選択適用して相互通信を実行する。

目的

特開2015−127920号公報






本開示は、例えば、上述の問題点に鑑みてなされたものであり、例えばリモコンを利用してカメラの動作制御を行うシステムにおいて、消費電力の低減を実現する情報処理装置、撮像装置、情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、操作部と、前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記制御部は、前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理装置

請求項2

前記制御部は、前記操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、第1の通信路による通信を停止し、前記第1の通信路よりも消費電力の小さい第2の通信路による通信のみを選択適用して外部装置との通信を実行する請求項1に記載の情報処理装置。

請求項3

前記外部装置は、画像撮影処理を実行するカメラであり、前記通信部は、前記第1の通信路を利用して、前記カメラの撮影画像を受信する構成であり、前記制御部は、前記操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、前記第1の通信路を利用した画像受信処理を停止する請求項2に記載の情報処理装置。

請求項4

前記情報処理装置は、前記カメラから、前記第1の通信路を介して受信する前記カメラの撮影画像を表示する表示部を有し、前記制御部は、前記操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、前記第1の通信路を利用した画像受信処理と、前記表示部に対する画像表示処理を停止する請求項3に記載の情報処理装置。

請求項5

前記制御部は、(a)前記カメラからの撮影画像の受信と表示処理を実行する画像表示モード、および、(b)前記カメラからの撮影画像の受信と表示処理を停止する画像非表示モード、上記(a),(b)の各装置モードの切り替え処理を、前記操作部に対する操作情報の入力、または無操作状態の継続期間に応じて実行する請求項3に記載の情報処理装置。

請求項6

前記制御部は、装置モードが、前記画像非表示モードに設定されている間において、さらに、無操作状態の継続期間が予め規定した時間に達した場合に、前記カメラとの前記第1の通信路による通信を停止し、前記第2の通信路による通信のみを選択適用して前記カメラとの通信を実行するモードである、(c)第2の通信路単独通信モード、に移行する請求項5に記載の情報処理装置。

請求項7

前記制御部は、装置モードが、前記(c)第2の通信路単独通信モードに移行する場合、前記カメラと第1の通信路を介して送受信していた通信情報を第2の通信路を介して送受信する設定とする通信路切り替え処理を実行する請求項6に記載の情報処理装置。

請求項8

画像撮影を実行する撮像部と、複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記制御部は、前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する撮像装置

請求項9

前記制御部は、前記リモコンの操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、第1の通信路による通信を停止し、前記第1の通信路よりも消費電力の小さい第2の通信路による通信のみを選択適用してリモコンとの通信を実行する請求項8に記載の撮像装置。

請求項10

前記通信部は、前記第1の通信路を利用して、前記撮像部による撮影画像を送信する構成であり、前記制御部は、前記リモコンの操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、前記第1の通信路を利用した画像送信処理を停止する請求項9に記載の撮像装置。

請求項11

前記制御部は、(a)前記撮像部の撮影画像の送信処理を実行する画像転送モード、および、(b)前記撮像部の撮影画像の送信処理を停止する画像非転送モード、上記(a),(b)の各装置モードの切り替え処理を、前記リモコンの操作部に対する操作情報の入力、または無操作状態の継続期間に応じて実行する請求項10に記載の撮像装置。

請求項12

前記制御部は、装置モードが、前記画像非転送モードに設定されている間において、さらに、前記リモコンの操作部に対する無操作状態の継続期間が予め規定した時間に達した場合に、前記リモコンとの前記第1の通信路による通信を停止し、前記第2の通信路による通信のみを選択適用して前記リモコンとの通信を実行するモードである、(c)第2の通信路単独通信モード、に移行する請求項11に記載の撮像装置。

請求項13

前記制御部は、装置モードが、前記(c)第2の通信路単独通信モードに移行する場合、前記リモコンと第1の通信路を介して送受信していた通信情報を第2の通信路を介して送受信する設定とする通信路切り替え処理を実行する請求項12に記載の撮像装置。

請求項14

撮像装置と、前記撮像装置の制御を実行するリモコン装置を有する情報処理システムであり、前記リモコン装置は、複数の異なる通信路を選択適用して撮像装置との通信を実行する通信部と、操作部と、前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記撮像装置は、複数の異なる通信路を選択適用してリモコン装置との通信を実行する通信部と、前記リモコン装置の操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記リモコン装置、および撮像装置の制御部は、前記装置モードの変更に応じて、各装置の通信部を介した通信形態を変更する情報処理システム。

請求項15

前記撮像装置およびリモコン装置の各制御部は、前記リモコン装置の操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、第1の通信路による通信を停止し、前記第1の通信路よりも消費電力の小さい第2の通信路による通信のみを選択適用して相互通信を実行する請求項14に記載の情報処理システム。

請求項16

情報処理装置において実行する情報処理方法であり、前記情報処理装置は、複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、操作部と、前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記制御部が、前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理方法。

請求項17

撮像装置において実行する情報処理方法であり、前記撮像装置は、画像撮影を実行する撮像部と、複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記制御部が、前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理方法。

請求項18

情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、前記情報処理装置は、複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、操作部と、前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記プログラムは、前記制御部に、前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更させるプログラム。

請求項19

撮像装置において情報処理を実行させるプログラムであり、前記撮像装置は、画像撮影を実行する撮像部と、複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、前記プログラムは、前記制御部に、前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更させるプログラム。

技術分野

0001

本開示は、情報処理装置撮像装置情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラムに関する。さらに詳細には、カメラ撮影処理画像表示処理の制御をリモコン操作によって実行する情報処理装置、撮像装置、情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラムに関する。

背景技術

0002

近年、デジタルカメラデジタルビデオカメラ小型軽量化が進み、また、通信機能を備えたカメラの利用、開発が進んでいる。
例えば、カメラと相互通信可能なリモコン画像表示用ディスプレイを設け、リモコン操作によって、カメラによる画像撮影の開始や停止等の制御を行い、撮影画像をリモコンのディスプレイに表示可能としたシステムがある。

0003

なお、リモコンを利用してカメラ動作を制御可能としたシステムを開示した従来技術して、例えば、特許文献1(特開2015−127920号公報)がある。

0004

カメラ制御をリモコンによって行うシステムでは、例えばカメラによる撮影画像をリモコンに転送し、リモコン側の表示部(ディスプレイ)に表示し、リモコン操作者であるユーザが、画像の録画開始停止処理などの指示を実行することができる。

0005

カメラやリモコンは、それぞれバッテリ電池)を搭載し、バッテリからの電源供給によって、画像撮影処理、画像表示処理、さらに、リモコンとカメラ間通信処理など、様々なデータ処理を実行する。

0006

しかし、画像転送や、画像表示処理、その他のデータ通信処理には、多くの電力消費される。一方、カメラやリモコンに装着されるバッテリの容量には限りがあり、できるだけ消費電力を低減することが要求される。

先行技術

0007

特開2015−127920号公報

発明が解決しようとする課題

0008

本開示は、例えば、上述の問題点に鑑みてなされたものであり、例えばリモコンを利用してカメラの動作制御を行うシステムにおいて、消費電力の低減を実現する情報処理装置、撮像装置、情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

本開示の第1の側面は、
複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部は、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理装置にある。

0010

さらに、本開示の第2の側面は、
画像撮影を実行する撮像部と、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、
前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部は、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する撮像装置にある。

0011

さらに、本開示の第3の側面は、
撮像装置と、
前記撮像装置の制御を実行するリモコン装置を有する情報処理システムであり、
前記リモコン装置は、
複数の異なる通信路を選択適用して撮像装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記撮像装置は、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコン装置との通信を実行する通信部と、
前記リモコン装置の操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記リモコン装置、および撮像装置の制御部は、
前記装置モードの変更に応じて、各装置の通信部を介した通信形態を変更する情報処理システムにある。

0012

さらに、本開示の第4の側面は、
情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、
複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部が、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理方法にある。

0013

さらに、本開示の第5の側面は、
撮像装置において実行する情報処理方法であり、
前記撮像装置は、
画像撮影を実行する撮像部と、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、
前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部が、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理方法にある。

0014

さらに、本開示の第6の側面は、
情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、
複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記プログラムは、前記制御部に、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更させるプログラムにある。

0015

さらに、本開示の第7の側面は、
撮像装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記撮像装置は、
画像撮影を実行する撮像部と、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、
前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記プログラムは、前記制御部に、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更させるプログラムにある。

0016

なお、本開示のプログラムは、例えば、様々なプログラム・コードを実行可能な情報処理装置やコンピュータ・システムに対して、コンピュータ可読な形式で提供する記憶媒体通信媒体によって提供可能なプログラムである。このようなプログラムをコンピュータ可読な形式で提供することにより、情報処理装置やコンピュータ・システム上でプログラムに応じた処理が実現される。

0017

本開示のさらに他の目的、特徴や利点は、後述する本開示の実施例や添付する図面に基づくより詳細な説明によって明らかになるであろう。なお、本明細書においてシステムとは、複数の装置の論理集合構成であり、各構成の装置が同一筐体内にあるものには限らない。

発明の効果

0018

本開示の一実施例の構成によれば、複数の異なる通信路を併用する通信装置間において、設定モードに応じて通信形態を変更することで消費電力の低減が実現される。
具体的には、例えば、撮像装置と、撮像装置の制御を実行するリモコン装置を有する情報処理システムにおいて、撮像装置およびリモコン装置の各通信部は、ワイファイ(Wi−Fi)通信と、ブルートゥースBT:Bluetooth(登録商標))通信を選択適用して相互通信を実行する構成であり、撮像装置およびリモコン装置の各制御部は、リモコン装置の操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、ワイファイ(Wi−Fi)通信を停止し、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信のみを選択適用して相互通信を実行する。
本構成により、複数の異なる通信路を併用する通信装置間において、設定モードに応じて通信形態を変更することで消費電力の低減が実現される。
なお、本明細書に記載された効果はあくまで例示であって限定されるものではなく、また付加的な効果があってもよい。

図面の簡単な説明

0019

ビデオカメラとリモコンの利用例について説明する図である。
リモコンの表示部の表示データの一例について説明する図である。
リモコンの表示部の表示データであるアイコンについて説明する図である。
リモコンの表示部の表示データの例について説明する図である。
リモコンの表示部の表示データの例について説明する図である。
ビデオカメラの表示部の表示データの例について説明する図である。
ビデオカメラとリモコン間の通信例について説明する図である。
Wi−Fi通信と、ブルートゥース(BT)通信の特徴について説明する図である。
モードに応じたビデオカメラとリモコン間の通信態様の設定例について説明する図である。
リモコンの状態遷移、およびモード遷移について説明する図である。
ビデオカメラの状態遷移、およびモード遷移について説明する図で
リモコンの状態遷移、およびモード遷移に応じた表示部の表示データの遷移シーケンスについて説明する図である。
本開示の構成を適用したその他の実施例について説明する図である。
本開示の構成を適用したその他の実施例におけるモード対応の通信態様変更例について説明する図である。
ビデオカメラとリモコンの構成例について説明する図である。
リモコンやPCのハードウェアの構成例について説明する図である。

実施例

0020

以下、図面を参照しながら本開示の情報処理装置、撮像装置、情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラムの詳細について説明する。なお、説明は以下の項目に従って行なう。
1.リモコン操作を可能としたカメラを有する情報処理システムの構成例について
2.ワイファイ(Wi−Fi)通信と、ブルートゥース(BT)通信について
3.ビデオカメラとリモコン間の通信処理とモード遷移について
4.リモコンにおける状態遷移、およびモード遷移について
5.ビデオカメラにおける状態遷移と、モード遷移について
6.リモコンの表示部の表示データの遷移シーケンスについて
7.その他の実施例について
8.情報処理装置の構成について
9.本開示の構成のまとめ

0021

[1.リモコン操作を可能としたカメラを有する情報処理システムの構成例について]
まず、リモコン操作を可能としたカメラを有する情報処理システムの構成例について説明する。
図1は、リモコン操作を可能としたカメラの利用例の一例を示す図である。

0022

昨今のカメラやビデオカメラは、小型化軽量化が進み、図1に示すように、例えばユーザ(撮影者)の頭部等、体に固定するように装着しても、さほど、重さを感じることなく撮影することができる。

0023

しかし、図1に示すように、ビデオカメラ10を、ユーザの頭部に装着すると、ビデオカメラ10本体の操作部を操作することができず、またビデオカメラ10本体の表示部の表示画像を見ることができない。
ビデオカメラ10の撮影開始や停止処理、撮影画像の確認処理は、図1に示すユーザの腕に装着した表示部(モニタ)付きのリモコン20を利用して実行することができる。

0024

ビデオカメラ10と、リモコン20は、例えば、ワイファイ(Wi−Fi)通信、あるいはブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信等を実行する通信部を備え、画像や、操作情報状態情報ステータス)等の様々な情報を相互に通信することが可能な構成を持つ。

0025

図2に、リモコン20の構成と、リモコン20の表示部21の表示例を示す。
図2に示すように、リモコン20は、表示部21、操作部22を有する。なお、表示部21は、タッチパネル型の操作部としても利用可能な構成である。
表示部21には、例えば図2(a)に示す表示データが表示される。

0026

図2(a)に示す表示部21の表示例は、ビデオカメラ10による撮影画像の表示状態を示す。
表示部の中央表示領域には、ビデオカメラ10の撮像部を介して撮影された画像が表示される。なお、表示部21には、録画処理の実行中、停止中に関わらず、ビデオカメラ10の撮像部を介して撮影された画像を表示することができる。

0027

ユーザ(撮影者)は、例えば、表示部21の表示画像を観察しながら、録画処理の開始、停止処理、あるいは静止画の撮影等、ビデオカメラ10に対する撮影制御を実行することができる。これらの処理は、操作部22の操作によって、実行可能である。
操作部22の操作情報が、リモコン20の通信部からビデオカメラ10の通信部に送信され、ビデオカメラ10の制御部が受信した操作情報に応じた処理を実行する。

0028

なお、リモコン20の表示部21にこれらの操作用の操作ボタン等からなるUI(ユーザインタフェース)を表示して、これらのUIに対する操作(タッチ)等によって、画像の撮影開始、停止等の指示を入力することも可能である。

0029

なお、図2(a)に示すように、表示部21には、撮影画像の他、上部および下部等の表示領域に、様々な情報が表示される。
例えば、表示部21の上部領域には、ビデオカメラ10との通信状態情報としてのワイファイ(Wi−Fi)通信、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信の各通信状態情報、時間情報バッテリ状態情報等が表示される。

0030

また、表示部21の下部領域には、録画処理の実行、停止状態情報、記録時間情報録画画像画質情報、その他の録画態様情報等が表示される。
図に示す例では、録画処理の実行、停止状態情報は、録画実行中は点灯(白マル)、録画停止中は消灯(黒マル)する設定の録画実行停止識別ランプを利用した例を示している。

0031

図2(a)に示す表示部21の表示例の上部に表示されるアイコンの一部の表示態様の例について、図3を参照して説明する。
図3には、以下のアイコンに関する説明を示している。
(1)ワイファイ(Wi−Fi)接続情報
(2)ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))接続情報
(3)カメラバッテリ残量情報
(4)リモコンバッテリ残量情報
これらは、図2に示すリモコン20の表示部21の上部に表示されるアイコンの一部である。

0032

(1)ワイファイ(Wi−Fi)接続情報は、図3に示すように、リモコン20とカメラ10間においてWi−Fi通信が可能なWi−Fi接続状態では、アイコンが表示状態に設定される。
一方、リモコン20とカメラ10間においてWi−Fi通信ができないWi−Fi非接続状態では、アイコンが非表示状態となる。

0033

(2)ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))接続情報も同様であり、図3に示すように、リモコン20とカメラ10間においてブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信が可能なブルートゥース(BT)接続状態では、アイコンが表示状態に設定される。
一方、リモコン20とカメラ10間においてブルートゥース(BT)通信ができないブルートゥース(BT)非接続状態では、アイコンが非表示状態となる。

0034

(3)カメラバッテリ残量情報は、ビデオカメラ10に装着されたバッテリのバッテリ残量を示す情報であり、図3に示すように、バッテリ残量に応じて、電池型のアイコンの表示態様が変化する設定である。

0035

(4)リモコンバッテリ残量情報は、リモコン20に装着されたバッテリのバッテリ残量を示す情報であり、図3に示すように、バッテリ残量に応じて、電池型のアイコンの表示態様が変化する設定である。

0036

リモコン20は、これらの状態表示に必要な情報を、リモコン関連情報については、リモコン20内部から取得し、ビデオカメラ関連情報については、ビデオカメラ10からの通信データに基づいて取得する。ビデオカメラ10の情報については、ワイファイ(Wi−Fi)通信、またはブルートゥース(BT)通信を介して、随時、受信し、受信情報に基づく表示を行う。

0037

リモコン20の表示部21の表示例について、図4図5を参照して説明する。
図4は、ビデオカメラ10において録画処理が実行されている場合のリモコン20の表示部21の複数の表示例を示している。
図4には、以下の4状態の表示例を示している。
(1a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)
(1b)撮影画像非表示状態(Wi−Fi接続状態)
(1c)Wi−Fi接続待機状態
(1d)Wi−Fi接続停止状態

0038

(1a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)は、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi接続がなされ、Wi−Fi通信によって、ビデオカメラ10の撮影画像(=録画処理画像)がリモコン20に送信され、リモコン20の表示部21の中央領域に画像が表示された状態である。
さらに、表示部21の下部には、録画実行ランプが点灯し、録画態様情報が表示される。
表示部の上部には、Wi−Fiアイコン、ブルートゥース(BT)アイコンが表示され、ビデオカメラ10とリモコン20間のWi−Fi接続、BT接続、何れも有効であり、Wi−Fi通信、BT通信が実行されていることを示している。

0039

(1b)撮影画像非表示状態(Wi−Fi接続状態)は、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi接続がなされているが、Wi−Fi通信によるビデオカメラ10の撮影画像(=録画処理画像)のリモコン20に対する送信が停止されている状態である。リモコン20の表示部21の中央領域に画像は表示されない。

0040

本開示の構成では、電力消費を抑制するため、ビデオカメラ10による録画処理が実行中でも、予め規定した条件、例えばユーザによるリモコン20に対する無操作状態が所定期間継続した場合、ビデオカメラ10からリモコン20に対する画像送信を停止し、リモコン20における画像表示処理を停止する。

0041

このような画像の送信停止処理、表示の停止処理を行なうことにより、ビデオカメラ10やリモコン20に搭載したバッテリの消費を抑制し、省電力化を実現している。
画像送信、表示処理停止条件等については、後段において詳細に説明する。

0042

なお、この撮影画像非表示状態においても、表示部21の下部には、録画実行ランプが点灯し、録画態様情報が表示される。
表示部の上部には、Wi−Fiアイコン、ブルートゥース(BT)アイコンが表示され、ビデオカメラ10とリモコン20間のWi−Fi接続、BT接続、何れも有効であり、Wi−Fi通信、BT通信が実行されていることを示している。
ユーザは、これらの情報に基づいて、録画が実行中であることや、通信が維持されていることなどを確認することができる。

0043

なお、ユーザは、「(1b)撮影画像非表示状態(Wi−Fi接続状態)」において、リモコン20の操作部の操作、あるいは、タッチパネルとして機能する表示部21をタッチ操作するなど、何らかの操作を行うと、リモコン20は、この操作情報を画像表示要求として解釈し、リモコン20からビデオカメラ10に画像送信要求が出力される。

0044

ビデオカメラ10は、リモコン20からの要求を受信すると、画像送信を開始する。
この処理によって、図4に示す「(1b)撮影画像非表示状態(Wi−Fi接続状態)」から、図4に示す「(1a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)」に遷移する処理が行われる。
これらの一連遷移処理については、後段で詳細に説明する。

0045

(1c)Wi−Fi接続待機状態は、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi接続が未接続状態であるが、接続状態に移行する段階の表示部21の表示例である。
Wi−Fi接続アイコンは非表示状態となる。
ただし、録画ランプ点灯状態であり、録画処理は継続している。
(1c)の状態で、Wi−Fi接続がなされた場合には、図4に示す「(1a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)」に遷移する。

0046

この(1c)の表示状態は、例えばビデオカメラ10における録画処理実行中に、Wi−Fi接続が一時的に中断した場合等の表示例である。
このような場合、ビデオカメラ10における録画処理は継続したまま、リモコン−ビデオカメラ間のWi−Fi接続が試行され、接続が回復すると、図4に示す「(1a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)」に遷移し、録画処理がそのまま継続する。

0047

(1d)Wi−Fi接続停止状態は、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi接続が未接続状態であり、接続の試行処理も行われていない状態の表示部21の表示例である。
Wi−Fi接続アイコンは非表示状態となる。
ただし、録画ランプは点灯状態であり、録画処理は継続している。

0048

本開示のシステムでは、省電力モードの1つとして、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi通信を意図的に停止し、ブルートゥース(BT)のみの通信を継続させるモード[ブルートゥース(BT)単独通信モード]を設定している。
この、ブルートゥース(BT)単独通信モードでは、ビデオカメラ10と、リモコン20間におけるWi−Fi通信を停止し、Wi−Fi通信を介した撮影画像の転送も停止する。

0049

本開示の構成では、電力消費を抑制するため、ビデオカメラ10による録画処理が実行中でも、予め規定した条件、例えばユーザによるリモコンに対する無操作状態が所定期間、継続した場合、ビデオカメラ10とリモコン20間のWi−Fi通信を停止し、撮影画像の転送も停止し、必要最小限の情報をブルートゥース(BT)通信を利用して送受信する。このモードをブルートゥース(BT)単独通信モードと呼ぶ。

0050

このブルートゥース(BT)単独通信モードを利用することによって、ビデオカメラ10やリモコン20に搭載したバッテリの消費をさらに抑制し、さらなる省電力化を実現することが可能となる。
このモード遷移処理等については、後段において詳細に説明する。

0051

なお、図4(1d)に示すWi−Fi接続停止状態においても、表示部21の下部には、録画実行ランプが点灯し、録画態様情報が表示され、ユーザは録画処理が継続していることを認識できる。
ただし、表示部の上部のWi−Fiアイコンは消灯し、ブルートゥース(BT)アイコンは表示状態とされる。
ビデオカメラ10とリモコン20間では、ブルートゥース(BT)通信のみ有効であり、Wi−Fi通信はできないが、BT通信が実行されていることを示している。
ユーザは、これらの情報に基づいて、録画が実行中であることや、通信状態を確認することができる。

0052

なお、ユーザは、「(1d)Wi−Fi接続停止状態」において、リモコン20の操作部の操作、あるいは、タッチパネルとして機能する表示部21をタッチ操作するなど、何らかの操作を行うと、リモコン20は、この操作情報を画像表示要求として解釈し、リモコン20とビデオカメラ10間のWi−Fi接続の回復処理を実行し、さらに、ビデオカメラ10に対して、画像送信要求を出力する。

0053

ビデオカメラ10は、リモコン20からの要求を受信すると、再接続されたWi−Fi通信路を介して画像送信を開始する。
この処理によって、図4に示す「(1d)Wi−Fi接続停止状態」から、図4に示す「(1a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)」に遷移する処理が行われる。
これらの一連の処理については、後段で詳細に説明する。

0054

次に、リモコン20の表示部21の表示例として、図5を参照して、ビデオカメラ10における録画処理が実行されていない場合の表示例について説明する。
図5には、ビデオカメラ10における録画処理が実行されていない場合のリモコン20の表示部21の複数の表示例を示している。

0055

図5には、以下の4状態の表示例を示している。
(2a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)
(2b)Wi−Fi接続待機状態
(2c)Wi−Fi接続停止状態

0056

なお、ビデオカメラ10において録画処理が実行されていない場合でも、ビデオカメラ10の電源がONである限り、ビデオカメラ10の撮像部を介して画像が撮り込まれており、この撮影画像が、ビデオカメラ10からリモコン20に送信される。

0057

(2a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)は、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi接続がなされ、Wi−Fi通信によって、ビデオカメラ10の撮影画像(=録画処理がなされていない撮影画像)がリモコン20に送信され、リモコン20の表示部21の中央領域に画像が表示される。

0058

しかし、この場合、表示部21の下部の録画実行ランプは消灯し、録画態様情報も表示されない。
ユーザは、これらの情報から、表示画像が録画されていないことを識別することができる。

0059

表示部の上部には、Wi−Fiアイコン、ブルートゥース(BT)アイコンが表示され、ビデオカメラ10とリモコン20間のWi−Fi接続、BT接続、何れも有効であり、Wi−Fi通信、BT通信が実行されていることを示している。

0060

(2b)Wi−Fi接続待機状態は、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi接続が未接続状態であるが、接続状態に移行する段階の表示部21の表示例である。
Wi−Fi接続アイコンは非表示状態となる。
録画ランプは消灯状態であり、録画処理は行われていない。
(2b)の状態で、Wi−Fi接続がなされた場合には、図5に示す「(2a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)」に遷移する。

0061

この(2b)の表示状態は、例えばビデオカメラ10において、図5(2a)の撮影画像表示中に、Wi−Fi接続が一時的に中断した場合等の表示例である。
このような場合、ビデオカメラ10における録画処理は停止したまま、リモコンビデオ間のWi−Fi接続が試行され、接続が回復すると、図5に示す「(2a)撮影画像表示状態(Wi−Fi接続状態)」に遷移し、撮影画像の表示が行われる。

0062

(2c)Wi−Fi接続停止状態は、ビデオカメラ10と、リモコン20間においてWi−Fi接続が未接続状態であり、接続の試行処理も行われていない状態の表示部21の表示例である。
Wi−Fi接続アイコンは非表示状態となる。
録画ランプも消灯灯状態であり、録画処理は行われていない。

0063

図4図5を参照して説明したように、リモコン20の表示部21は、状態に応じて様々な異なる表示態様に変更される。
これらの表示遷移処理については、後段で詳細に説明する。

0064

[2.ワイファイ(Wi−Fi)通信と、ブルートゥース(BT)通信について]
次に、ビデオカメラ10と、リモコン20との間で実行されるワイファイ(Wi−Fi)通信と、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信について説明する。

0065

図7に示すように、ビデオカメラ10と、リモコン20は、それぞれ通信部を有し、これら双方の通信部を介して、ワイファイ(Wi−Fi)通信と、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信が実行される。

0066

Wi−Fiの通信規格としては、IEEE802.11a/b/g/n等の複数の規格がある。
Wi−Fi通信では2.4GHz、5GHzの2種類の帯域のいずれかを選択して通信することが可能であり、利用帯域が広く、また通信速度が比較的早く、通信可能距離も比較的大きい(100m程度)という特徴があり、大容量のデータを安定して通信できるという特徴がある。

0067

一方、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信は、利用可能な帯域は2.4GHzの一種類であり、通信速度はWi−Fiより遅く、また通信可能距離もWi−Fiに比較して短い(10m程度)という特徴がある。
しかし、Wi−Fi通信に比較して消費電力が少ないというメリットがある。

0068

なお、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信にも複数の規格があり、従来のブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信より、消費電力を低減させたBTLE(Blutooth(登録商標) Low Energy)規格がある。なお、「BTLE」は、「BLE」と表記する場合もある。

0069

なお、本明細書において説明する「ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信」には、従来型のブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信のみならず、BTLE(Blutooth(登録商標) Low Energy)規格に従ったブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信も含むものである。

0070

図8は、Wi−Fi、BT(従来型)、BTLEの各通信における消費電力と、伝送速度を示した図である。
この図8に示すように、Wi−Fi通信は、伝送速度が速いが、消費電力が大きい。
一方、BT、BTLEは、伝送速度が遅いが、消費電力が小さいという特徴がある。

0071

本開示のシステムでは、ビデオカメラ10と、リモコン20との間で、ワイファイ(Wi−Fi)通信と、ブルートゥース(Bluetooth(登録商標))通信を併用して、かつ、これらの通信を制御することで省電力を実現している。

0072

[3.ビデオカメラとリモコン間の通信処理とモード遷移について]
次に、図9以下を参照して、本開示のビデオカメラ10とリモコン20との間で実行される通信処理とモード遷移について説明する。

0073

図9は、リモコン20において設定される複数の状態、およびモードと、各状態またはモードにおけるビデオカメラ10との通信態様について説明する図である。
図9に示すように、リモコン20は、
(X)電源オフ状態
(A)録画準備状態
(B)録画実行状態
これらの3状態を遷移する。

0074

さらに、リモコン20は、
(A)録画準備状態において、
(a1)録画準備画像表示モード
に設定される。
また、(B)録画実行状態では、
(b1)録画画像表示ノーマルモード、
(b2)録画画像非表示ノーマルモード
(b3)録画画像非表示スタミナモード、
(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら4つのモードのいずれかに設定される。

0075

リモコン20は、ユーザ操作、あるいは、予め設定されたモード遷移条件が発生した場合、異なるモード間の遷移を行う。

0076

図9に示すように、各モードに対応して、リモコン20と、ビデオカメラ10との間で実行される通信態様が規定されており、モード遷移の発生に応じて、通信態様が変更される場合がある。
リモコン20が、以下の2つのモード、すなわち、
(a1)録画準備画像表示モード、
(b1)録画画像表示ノーマルモード、
これら2つのモードのいずれかに設定されている場合、
ビデオカメラ10から画像と、ステータス情報がWi−Fi通信によって、リモコン20に送信され、
リモコン20の操作情報が、Wi−Fi通信と、BT通信を併用してビデオカメラ10に送信される。

0077

なお、ビデオカメラ10からWi−Fi通信によって送信される画像データは、
「(a1)録画準備画像表示モード」においては、録画されていない撮影画像である。
「(b1)録画画像表示ノーマルモード」においては、録画されている撮影画像(録画画像)である。

0078

ビデオカメラ10からWi−Fi通信によって送信されるステータス情報には、例えば、録画が実行されているか否かの情報、撮影画像の画質(HD、SD等)情報、録画時間情報、ビデオカメラ搭載のバッテリ残量情報等が含まれる。

0079

また、リモコン20の操作情報は、Wi−Fi通信と、BT通信を併用してビデオカメラ10に送信されるが、各操作情報は、操作種類に応じて、予めWi−Fi通信、BT通信、どちらの通信路を利用するかが規定されている。
例えばビデオカメラ10の電源ON/OFF情報等はBT通信路を利用して送信される。
録画開始、停止処理等の操作情報は、Wi−Fi通信路を利用してビデオカメラ10に送信される。

0080

その他の各操作情報についても、操作種類に応じて規定されたいずれかの通信路を介してビデオカメラ10に送信される。
なお、Wi−Fi通信、BT通信のいずれか一方のみの通信路が切断された場合には、接続されている他方の通信路を介した操作情報送信が行われる。

0081

次に、リモコン20が、図9中段に示す以下の2つのモードに設定されている場合の通信構成について説明する。
(b2)録画画像非表示ノーマルモード
(b3)録画画像非表示スタミナモード、

0082

リモコン20が、これらの2つのモードのいずれかのモードに設定されている場合、図9に示すように、
ビデオカメラ10からステータス情報がWi−Fi通信によって、リモコン20に送信され、
リモコン20の操作情報が、Wi−Fi通信と、BT通信を併用してビデオカメラ10に送信される。

0083

この「(b2)録画画像非表示ノーマルモード」、および「(b3)録画画像非表示スタミナモード」においては、ビデオカメラ10からリモコン20に対する画像の送信が行われない。

0084

これら2つのモードでは、ビデオカメラ10からリモコン20に対する画像の送信を停止し、リモコン20における画像表示も停止する。
画像の送信、表示処理の停止により、バッテリ消費を低減させて省電力化を図る構成としている。

0085

なお、ビデオカメラ10からWi−Fi通信によって送信されるステータス情報には、例えば、録画が実行されているか否かの情報、録画画像の画質(HD、SD等)情報、録画時間情報、ビデオカメラ搭載のバッテリ残量情報等が含まれる。

0086

また、リモコン20の操作情報は、Wi−Fi通信と、BT通信を併用してビデオカメラ10に送信されるが、各操作情報は、操作種類に応じて、予めWi−Fi通信、BT通信、どちらの通信路を利用するかが規定されている。
例えばビデオカメラ10の電源ON/OFF情報等はBT通信路を利用して送信される。
録画開始、停止処理等の操作情報は、Wi−Fi通信路を利用してビデオカメラ10に送信される。

0087

その他の各操作情報についても、操作種類に応じて規定されたいずれかの通信路を介してビデオカメラ10に送信される。
なお、Wi−Fi通信、BT通信のいずれか一方のみの通信路が切断された場合には、接続されている他方の通信路を介した操作情報送信が行われる。

0088

次に、リモコン20が、図9最下段に示す以下のモードに設定されている場合の通信構成について説明する。
(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、

0089

リモコン20が、このモードに設定されている場合、図9に示すように、
ビデオカメラ10からステータス情報がWi−Fi通信ではなく、BT通信によって、リモコン20に送信され、
リモコン20の操作情報も、BT通信のみを併用してビデオカメラ10に送信される。

0090

すなわち、この「(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード」においては、
ビデオカメラ10からリモコン20に対する画像の送信が行われないのみならず、
ビデオカメラ10とリモコン20間のWi−Fi接続が切断され、Wi−Fi通信路を介したデータ転送は全て停止される。

0091

ビデオカメラ10からリモコン20に対するステータス情報の送信、および、リモコン20からビデオカメラ10に対する操作情報の送信等、ビデオカメラ10とリモコン20間の全ての通信がBT通信路のみを利用して実行される。

0092

先に、図8を参照して説明したように、Wi−Fi通信に比較してBT通信は電力消費が少ない。
従って、この「(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード」において、BT通信のみを利用することで、さらなる省電力が実現される。
なお、本実施例において、BT通信は、図8を参照して説明した従来型のBT通信、または、BTLE(またはBLE)通信のいずれかの通信である。

0093

なお、ビデオカメラ10からBT通信によって送信されるステータス情報には、例えば、録画が実行されているか否かの情報、録画画像の画質(HD、SD等)情報、録画時間情報、ビデオカメラ搭載のバッテリ残量情報等が含まれる。
また、リモコン20の操作情報は、すべてBT通信路を利用して送信される。
例えばビデオカメラ10の電源ON/OFF情報、録画開始、停止処理等の操作情報、その他の操作情報のすべてが、BT通信路を利用してビデオカメラ10に送信される。

0094

[4.リモコンにおける状態遷移、およびモード遷移について]
次に、図10を参照して、リモコン20における状態遷移、およびモード遷移について説明する。
先に図9を参照して説明したように、リモコン20において設定される状態には以下の状態がある。
(X)電源オフ状態
(A)録画準備状態
(B)録画実行状態
これらの3状態がある。

0095

さらに、リモコン20は、
(A)録画準備状態において、
(a1)録画準備画像表示モード、
に設定される。
また、(B)録画実行状態では、
(b1)録画画像表示ノーマルモード、
(b2)録画画像非表示ノーマルモード
(b3)録画画像非表示スタミナモード、
(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら4つのモードのいずれかに設定される。

0096

リモコン20は、これらの複数の状態、またはモード間を、ユーザ操作、あるいは所定の遷移条件の発生に応じて遷移する。
これらの遷移処理は、リモコン20の制御部の制御に基づいて行われる。
リモコン20の制御部は、例えばリモコン20の操作部に対する操作情報の入力、または操作情報入力が無い無操作状態の継続期間に応じて装置モードを変更する制御を行う。さらに、制御部は、記装置モードの変更に応じて、通信部を介した通信形態を変更する処理を実行する。

0097

図10は、リモコン20における状態遷移、モード遷移を説明する図である。
図10には、状態遷移、モード遷移の発生ステップをステップS101〜S151として示している。
以下、各ステップの処理について、順次、説明する。

0098

(ステップS101)
ステップS101は、
(X)リモコン電源オフ状態と、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モード、
これらの状態遷移のステップである。
この状態遷移は、ユーザによるリモコン20の電源スイッチのオンオフ操作によって行われる。

0099

(X)リモコン電源オフ状態において、ユーザによるリモコン20の電源スイッチのオン操作が実行されると、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モード、
に移行する。
この状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20と、ビデオカメラ10の間のWi−Fi接続、およびBT接続の確立処理
(2)ビデオカメラ10の撮影画像のリモコン20に対する送信処理の開始、
(3)リモコン20の表示部21に対する撮影画像の表示処理の開始、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理は行われていない画像である。

0100

(ステップS102)
ステップS102は、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モードから、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードへの、
モード遷移ステップである。
このモード遷移は、ユーザによるリモコン20に対する記録開始操作によって実行される。

0101

(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モードにおいて、ユーザがリモコン20に対する録画開始操作を行うと、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモード、
に移行する。

0102

この状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画開始要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による録画処理の開始、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0103

(ステップS103)
ステップS103は、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードから、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモードへの、
モード遷移ステップである。

0104

このモード遷移は、(b1)録画画像表示ノーマルモードにおいて、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば10秒間)実行されなかった場合に発生する。
なお、このモード遷移は、リモコン20と、ビデオカメラ10間のBT接続がなされていない場合のモード遷移である。
例えば、ビデオカメラ10がBT通信機能を持たない旧機種である場合、あるいは、リモコン20とビデオカメラ10間のBT接続が途切れている場合に、このモード遷移が発生する。

0105

この状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画画像送信停止要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理の停止、
(3)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理の停止、
なお、このモード遷移が発生しても、ビデオカメラ10は、録画処理を継続する。

0106

この処理により、ビデオカメラ10からリモコン20に対する撮影画像の送信が停止され、リモコン20の表示部21に対する撮影画像の表示も停止される。
この処理により、ビデオカメラ10、リモコン20のバッテリ消費は低減し、省電力化が実現される。

0107

(ステップS104)
ステップS104は、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードから、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモードへの、
モード遷移ステップである。

0108

このモード遷移は、(b1)録画画像表示ノーマルモードにおいて、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば10秒間)実行されなかった場合に発生する。
なお、このモード遷移は、リモコン20と、ビデオカメラ10間のBT接続がなされている場合のモード遷移である。

0109

すなわち、リモコン20と、ビデオカメラ10間のBT接続がなされていない場合は、ステップS103のモード遷移が実行され、リモコン20と、ビデオカメラ10間のBT接続がなされている場合は、ステップS104のモード遷移が実行される。

0110

なお、ステップS103の処理の実行後に、リモコン20と、ビデオカメラ10間のBT接続が回復し、その後、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば10秒間)実行されなかった場合には、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモードから、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモードへの
モード遷移が実行される。

0111

(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードから、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモードへの、
モード遷移処理に際して実行される処理は、ステップS103のモード遷移の場合と同様であり、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画画像送信停止要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理の停止、
(3)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理の停止、
なお、このモード遷移が発生しても、ビデオカメラ10は、録画処理を継続する。

0112

この処理により、ビデオカメラ10からリモコン20に対する撮影画像の送信が停止され、リモコン20の表示部21に対する撮影画像の表示も停止される。
この処理により、ビデオカメラ10、リモコン20のバッテリ消費は低減し、省電力化が実現される。

0113

(ステップS105)
ステップS105は、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモードから、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モードへの、
モード遷移ステップである。

0114

このモード遷移は、(b3)録画画像非表示スタミナモードにおいて、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば60秒間)実行されなかった場合に発生する。
なお、このモード遷移は、リモコン20と、ビデオカメラ10間のBT接続がなされている場合のモード遷移である。

0115

この状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20とビデオカメラ10とのWi−Fi接続の停止、
(2)ビデオカメラ10からのステータス情報の送信経路をWi−FiからBTに切り替える処理、
(3)リモコン20からビデオカメラ10に対する操作情報をWi−Fiを使用せず、全てBT通信に切り替える処理、
なお、このモード遷移が発生しても、ビデオカメラ10は、録画処理を継続する。

0116

この処理により、ビデオカメラ10とリモコン20との間のWi−Fi接続は停止される。
この処理により、ビデオカメラ10、リモコン20のバッテリ消費は、さらに低減し、さらなる省電力化が実現される。

0117

(ステップS121)
ステップS121は、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモード、または、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら、いずれかのモードから、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードへの、
モード遷移ステップである。

0118

このモード遷移は、上記の(b2)〜(b4)のいずれかのモードにおいて、ユーザがリモコン20に対して、画像表示指示を入力した場合に発生する。
なお、(b2)〜(b4)のいずれかのモードにおいて、ユーザによるリモコン20に対して行われる入力操作のほとんど、例えば何らかのスイッチ操作、あるいはタッチパネルとして機能する表示部に対するタッチ操作等は、すべて画像表示指示入力として解釈され、このステップS121のモード遷移が発生する。

0119

このモード遷移により、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間のWi−Fi接続が停止中の場合は、Wi−Fi接続の回復処理、
(2)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する撮影画像(=録画画像)の送信要求
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0120

(ステップS122)
ステップS122は、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモード、または、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら、いずれかのモードから、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モードへの、
モード遷移ステップである。

0121

このモード遷移は、上記の(b1)〜(b4)のいずれかのモードにおいて、ユーザがリモコン20に対して、記録停止の入力操作を実行した場合に発生する。
例えば録画停止ボタンの操作である。

0122

このモード遷移により、以下の処理が実行される。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画処理の停止要求送信、
(2)ビデオカメラ10による録画処理の停止処理、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(≠録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(≠録画画像)の表示処理、
なお、このモード遷移後の送信表示画像は、録画処理が行われていない画像である。

0123

(ステップS131〜S133、およびS141,S142の接続断
これらのモード遷移は、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モード、および、
(B)録画実行状態の、
(b1)録画画像表示ノーマルモード、
(b2)録画画像非表示ノーマルモード
(b3)録画画像非表示スタミナモード、
(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら各モードのいずれかにおいて、リモコン20とビデオカメラ10間のWi−Fi接続、またはBT接続が停止した場合に発生する。
このモード遷移により、図10に示すように、
(Y)通信路非接続状態、
に遷移する。

0124

このモード遷移が発生すると、ビデオカメラ10と、リモコン20間において実行されていた通信が途絶えることになる。
ただし、ビデオカメラ10における録画処理状態は変更されない。すなわち、録画実行中の場合は、録画処理が継続して実行される。

0125

このモード遷移が発生すると、リモコン20は、ビデオカメラ10との通信路の回復処理を実行する。
すなわち、Wi−Fi接続、およびBT接続の回復処理を実行する。
この通信経路回復処理に成功すると、
「ステップS141の接続」、または、
「ステップS142の接続」、
これらのいずれかのモード遷移が行われる。

0126

(ステップS141の接続)
ステップS141の接続のモード遷移は、
(Y)通信路非接続状態から、
(b1)録画画像表示ノーマルモードへの、
モード遷移である。

0127

このモード遷移は、
(B)録画実行状態の、
(b1)録画画像表示ノーマルモード、
(b2)録画画像非表示ノーマルモード
(b3)録画画像非表示スタミナモード、
(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これらのいずれかのモードから、
(Y)通信路非接続状態、
に遷移し、その後、ビデオカメラ10と、リモコン20間の通信路(少なくともWi−Fi)が回復した場合に発生するモード遷移である。

0128

このモード遷移において、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間のWi−Fi接続が停止中の場合は、Wi−Fi接続の回復処理、
(2)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する撮影画像(=録画画像)の送信要求、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0129

(ステップS142の接続)
ステップS142の接続のモード遷移は、
(Y)通信路非接続状態から、
(a1)録画準備画像表示モードへの、
モード遷移である。

0130

このモード遷移は、
(A)録画準備状態の、
(a1)録画準備画像表示モード、
このモードから、
(Y)通信路非接続状態、
に遷移し、その後、ビデオカメラ10と、リモコン20間の通信路(少なくともWi−Fi)が回復した場合に発生するモード遷移である。

0131

このモード遷移において、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間のWi−Fi接続が停止中の場合は、Wi−Fi接続の回復処理、
(2)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する撮影画像(≠録画画像)の送信要求、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(≠録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(≠録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われていない画像である。

0132

(ステップS151)
ステップS151のモード遷移は、
(Y)通信路非接続状態から、
(X)電源オフ状態への、
状態遷移である。

0133

この状態遷移は、
(Y)通信路非接続状態において、ユーザがリモコン20の電源スイッチをオフに設定した場合に発生する。
このユーザ操作により、リモコン20はオフ状態となる。
この状態遷移が、発生した場合、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間の通信路回復処理の停止処理、
なお、この状態遷移が実行されても、ビデオカメラ10によって実行中の処理は継続するが、録画処理実行中に、予め規定した時間、(例えば1分)、ビデオカメラ10と、リモコン20間の通信路が回復しない場合、録画処理は自動停止される。

0134

[5.ビデオカメラにおける状態遷移と、モード遷移について]
次に、図11を参照して、ビデオカメラ10における状態遷移と、モード遷移について説明する。

0135

ビデオカメラ10は、リモコン20において設定される各状態、各モードに対応して、複数の状態、モードに設定される。
これらの状態、またはモード設定、および状態、モード遷移処理は、ビデオカメラ10の制御部の制御に基づいて行われる。
ビデオカメラ10の制御部は、例えばリモコン20の操作部に対する操作情報の入力、または操作情報入力が無い無操作状態の継続期間に応じて装置モードを変更する制御を行う。さらに、制御部は、装置モードの変更に応じて、通信部を介した通信形態を変更する処理を実行する。

0136

図11に示すように、ビデオカメラ10は、以下の各状態、モードに設定される。
(X)電源オフ状態
(P)録画準備画像転送モード
(Q)録画画像転送モード
(R)録画画像非転送モード
(S)録画画像非転送BT単独通信モード

0137

なお、ビデオカメラ10における、
(P)録画準備画像転送モード
は、リモコン20が、
(a1)録画準備画像表示モード、
のモード設定中に設定されるモードである。

0138

また、ビデオカメラ10における、
(Q)録画画像転送モード
は、リモコン20が、
(b1)録画画像表示ノーマルモード、
のモード設定中に設定されるモードである。

0139

また、ビデオカメラ10における、
(R)録画画像非転送モード
は、リモコン20が、
(b2)録画画像非表示ノーマルモード、または、
(b3)録画画像非表示スタミナモード、
のモード設定中に設定されるモードである。

0140

また、ビデオカメラ10における、
(S)録画画像非転送BT単独通信モード
は、リモコン20が、
(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
のモード設定中に設定されるモードである。

0141

ビデオカメラ10は、リモコン20の状態、モード設定に応じて、
(X)電源オフ状態
(P)録画準備画像転送モード
(Q)録画画像転送モード
(R)録画画像非転送モード
(S)録画画像非転送BT単独通信モード
これらの複数の状態、またはモード間を遷移する。遷移は、リモコン20に対するユーザ操作、あるいは所定の遷移条件の発生に応じて実行される。

0142

図11は、この状態遷移、モード遷移を説明する図である。
図11には、状態遷移、モード遷移の発生ステップをステップS201〜S242として示している。
以下、各ステップの処理について、順次、説明する。

0143

(ステップS201)
ステップS201は、
(X)電源オフ状態と、
(P)録画準備画像転送モード、
これらの状態遷移のステップである。
この状態遷移は、ユーザによるリモコン20のビデオカメラ電源スイッチのオンオフ操作によって行われる。

0144

(X)電源オフ状態において、ユーザによるリモコン20のビデオカメラ電源スイッチのオン操作が実行されると、リモコン20から、例えばBT通信路を介してビデオカメラ10の起動信号がビデオカメラ10に送信される。
ビデオカメラ10は、この起動信号に基づいて、
(P)録画準備画像転送モード、
に遷移する。
なお、ビデオカメラ10は、電源オフ状態であっても、リモコンからの信号を受信する待機モードに設定されている。

0145

このステップS201の状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20と、ビデオカメラ10の間のWi−Fi接続、およびBT接続の確立処理、
(2)ビデオカメラ10の撮影画像のリモコン20に対する送信処理の開始、
(3)リモコン20の表示部21に対する撮影画像の表示処理の開始、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理は行われていない画像である。

0146

(ステップS202)
ステップS202は、
(P)録画準備画像転送モードから、
(Q)録画画像転送モードへの、
モード遷移ステップである。

0147

このモード遷移は、リモコン20におけるステップS102のモード遷移、すなわち、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モードから、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードへの、
モード遷移に対応して、ビデオカメラ10において実行されるモード遷移である。
このモード遷移は、ユーザによるリモコン20に対する記録開始操作によって実行される。

0148

ビデオカメラ10が、(P)録画準備画像転送モードであり、リモコン20が(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モードである場合において、ユーザがリモコン20に対する録画開始操作を行うと、
ビデオカメラ10は、(Q)録画画像転送モードに移行する。
また、リモコン20は、(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモード、
に移行する。

0149

この状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画開始要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による録画処理の開始、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0150

(ステップS203)
ステップS203は、
(Q)録画画像転送モードから、
(R)録画画像非転送モードへの、
モード遷移ステップである。

0151

このモード遷移は、リモコン20におけるステップS103、またはステップS104のモード遷移、すなわち、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードから、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモードへの、
モード遷移、または、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードから、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモードへの、
モード遷移、
これら、いずれかのモード遷移に対応して、ビデオカメラ10において実行されるモード遷移である。

0152

このモード遷移は、ビデオカメラ10が、(Q)録画画像転送モードであり、リモコン20が(b1)録画画像表示ノーマルモードである場合において、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば10秒間)実行されなかった場合に発生する。

0153

この状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画画像送信停止要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理の停止、
(3)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理の停止、
なお、このモード遷移が発生しても、ビデオカメラ10は、録画処理を継続する。

0154

この処理により、ビデオカメラ10からリモコン20に対する撮影画像の送信が停止され、リモコン20の表示部21に対する撮影画像の表示も停止される。
この処理により、ビデオカメラ10、リモコン20のバッテリ消費は低減し、省電力化が実現される。

0155

(ステップS204)
ステップS204は、
(R)録画画像非転送モードから、
(S)録画画像非転送BT単独通信モードへの、
モード遷移ステップである。

0156

このモード遷移は、リモコン20のステップS105のモード遷移、すなわち、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモードから、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モードへの、
モード遷移に応じて、ビデオカメラ10において実行されるモード遷移である。

0157

このモード遷移は、ビデオカメラ10が、(R)録画画像非転送モードであり、リモコン20が、(b3)録画画像非表示スタミナモードである場合において、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば60秒間)実行されなかった場合に発生する。

0158

この状態遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20とビデオカメラ10とのWi−Fi接続の停止、
(2)ビデオカメラ10からのステータス情報の送信経路をWi−FiからBTに切り替える処理、
(3)リモコン20からビデオカメラ10に対する操作情報をWi−Fiを使用せず、全てBT通信に切り替える処理、
なお、このモード遷移が発生しても、ビデオカメラ10は、録画処理を継続する。

0159

この処理により、ビデオカメラ10とリモコン20との間のWi−Fi接続は停止される。
この処理により、ビデオカメラ10、リモコン20のバッテリ消費は、さらに低減し、さらなる省電力化が実現される。

0160

(ステップS211)
ステップS211は、
(R)録画画像非転送モード
(S)録画画像非転送BT単独通信モード
これら、いずれかのモードから、
(Q)録画画像転送モードへの、
モード遷移ステップである。

0161

このモード遷移は、リモコン20におけるステップS121のモード遷移に対応して実行される。すなわち、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモード、または、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら、いずれかのモードから、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモードへの、
モード遷移に応じて実行される。

0162

リモコン20側において、上記のモード遷移が発生すると、ビデオカメラ10も、
(R)録画画像非転送モード
(S)録画画像非転送BT単独通信モード
これら、いずれかのモードから、
(Q)録画画像転送モードへの、
モード遷移を実行する。

0163

このモード遷移により、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間のWi−Fi接続が停止中の場合は、Wi−Fi接続の回復処理、
(2)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する撮影画像(=録画画像)の送信要求、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0164

(ステップS221)
ステップS221は、
(Q)録画画像転送モード
(R)録画画像非転送モード
(S)録画画像非転送BT単独通信モード
これら、いずれかのモードから、
(P)録画準備画像転送モードへの、
モード遷移ステップである。

0165

このモード遷移は、リモコン20側のステップS122のモード遷移に応じて実行される。すなわち、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモード、または、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら、いずれかのモードから、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モードへの、
モード遷移に応じて、ビデオカメラ10は、
(Q)録画画像転送モード
(R)録画画像非転送モード
(S)録画画像非転送BT単独通信モード
これら、いずれかのモードから、
(P)録画準備画像転送モードへの、
モード遷移を実行する。

0166

このモード遷移は、ユーザがリモコン20に対して、記録停止の入力操作を実行した場合に発生する。
例えば録画停止ボタンの操作である。

0167

このモード遷移により、以下の処理が実行される。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画処理の停止要求送信、
(2)ビデオカメラ10による録画処理の停止処理、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(≠録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(≠録画画像)の表示処理、
なお、このモード遷移後の送信表示画像は、録画処理が行われていない画像である。

0168

(ステップS231〜S232、およびS241,S242の接続断)
これらのモード遷移は、
(P)録画準備画像転送モード
(Q)録画画像転送モード
(R)録画画像非転送モード
(S)録画画像非転送BT単独通信モード
これら各モードのいずれかにおいて、リモコン20とビデオカメラ10間のWi−Fi接続、またはBT接続が停止した場合に発生する。
このモード遷移により、図11に示すように、
(Y)通信路非接続状態、
に遷移する。

0169

このモード遷移は、リモコン20におけるステップS131〜S133、またはステップS141,S142の接続断時のモード遷移に対応して発生する。
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モード、および、
(B)録画実行状態の、
(b1)録画画像表示ノーマルモード、
(b2)録画画像非表示ノーマルモード
(b3)録画画像非表示スタミナモード、
(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
これら各モードのいずれかにおいて、リモコン20とビデオカメラ10間のWi−Fi接続、またはBT接続が停止した場合に発生する。

0170

このモード遷移が発生すると、ビデオカメラ10と、リモコン20間において実行されていた通信が途絶えることになる。
ただし、ビデオカメラ10における録画処理状態は変更されない。すなわち、録画実行中の場合は、録画処理が継続して実行される。

0171

このモード遷移が発生すると、リモコン20は、ビデオカメラ10との通信路の回復処理を実行する。
すなわち、Wi−Fi接続、およびBT接続の回復処理を実行する。
この通信経路回復処理に成功すると、
「ステップS241の接続」、または、
「ステップS242の接続」、
これらのいずれかのモード遷移が行われる。

0172

(ステップS241の接続)
ステップS241の接続のモード遷移は、
(Y)通信路非接続状態から、
(Q)録画画像転送モードへの、
モード遷移である。

0173

このモード遷移は、リモコン20のステップS141のモード遷移、すなわち、
(Y)通信路非接続状態から、
(b1)録画画像表示ノーマルモードへの、
モード遷移に対応して実行される。

0174

このモード遷移は、
(Q)録画画像転送モードから、
(Y)通信路非接続状態、
に遷移し、その後、ビデオカメラ10と、リモコン20間の通信路(少なくともWi−Fi)が回復した場合に発生するモード遷移である。

0175

このモード遷移において、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間のWi−Fi接続が停止中の場合は、Wi−Fi接続の回復処理、
(2)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する撮影画像(=録画画像)の送信要求、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0176

(ステップS242の接続)
ステップS242の接続のモード遷移は、
(Y)通信路非接続状態から、
(P)録画準備画像転送モードへの、
モード遷移である。

0177

このモード遷移は、リモコン20のステップS142のモード遷移、すなわち、
(Y)通信路非接続状態から、
(a1)録画準備画像表示モードへの、
モード遷移に対応して実行される。

0178

このモード遷移は、
(P)録画準備画像転送モードから、
(Y)通信路非接続状態、
に遷移し、その後、ビデオカメラ10と、リモコン20間の通信路(少なくともWi−Fi)が回復した場合に発生するモード遷移である。

0179

このモード遷移において、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間のWi−Fi接続が停止中の場合は、Wi−Fi接続の回復処理、
(2)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する撮影画像(≠録画画像)の送信要求、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(≠録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(≠録画画像)の表示処理、
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われていない画像である。

0180

[6.リモコンの表示部の表示データの遷移シーケンスについて]
次に、リモコン20の表示部21の表示データの遷移シーケンスについて説明する。
図12は、リモコン20の表示部21の表示データの遷移シーケンスを説明する図である。
図12に示す各ステップについて、順次、説明する。

0181

(ステップS301)
ステップS301に示す表示画像は、リモコン20が、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モード、
上記モードに設定されている場合の表示画像の例である。

0182

リモコン20の表示部21には、ビデオカメラ10から送信される撮影画像(≠録画画像)が表示され、さらに、上部には、Wi−Fi、BTの通信状況を示すアイコン等が表示される。
下部の録画実行/停止ランプは消灯しており、ユーザは、録画処理が実行されていないことを認識することができる。

0183

(ステップS302〜S303)
ステップS302は、ユーザによるリモコン20に対する操作ステップであり、リモコン20の操作部に対する録画開始操作実行ステップである。

0184

この操作を行うと、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画開始要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による録画処理の開始、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、

0185

ステップS302のユーザ操作によって、リモコン20は、ステップS303に示すように、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモード、
に移行して、ビデオカメラ10から送信される画像を表示部21に表示する。
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0186

図12のステップS303に示すように、リモコン20の表示部21には、ビデオカメラ10から送信される撮影画像(=録画画像)が表示され、さらに、上部には、Wi−Fi、BTの通信状況を示すアイコン等が表示される。
下部の録画実行/停止ランプは点灯しており、ユーザは、録画処理が実行されていることを認識することができる。

0187

(ステップS304)
ステップS304は、ユーザによるリモコン20に対する操作ステップであり、リモコン20の操作部に対する録画停止操作実行ステップである。

0188

この操作を行うと、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画停止要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による録画処理の停止、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(≠録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(≠録画画像)の表示処理、

0189

ステップS304のユーザ操作によって、リモコン20は、ステップS301に示すように、
(A)録画準備状態の(a1)録画準備画像表示モード、
に移行して、ビデオカメラ10から送信される画像を表示部21に表示する。
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われていない画像である。

0190

(ステップS305)
ステップS303において、録画処理実行中、すなわち、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモード、
このモードにおいて、リモコン20の制御部は、ユーザに対するリモコンの操作が無い状態の継続時間計測する。

0191

リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば10秒間)実行されなかった場合、ステップS305の判定がYesとなり、ステップS306に進む。
それ以外は、ステップS303のモード、すなわち、
(B)録画実行状態の(b1)録画画像表示ノーマルモード、
このモードを継続する。

0192

(ステップS306)
ステップS305において、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば10秒間)実行されなかった場合、ステップS305の判定がYesとなり、ステップS306に進む。
すなわち、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモード、
これらいずれかのモードに移行する。

0193

リモコン20とビデオカメラ10間のブルートゥース(BT)通信が確立されている場合は、(b3)録画画像非表示スタミナモードに移行し、確立されていない場合は、(b2)録画画像非表示ノーマルモードに移行する。
いずれのモードにおいても、リモコン20の表示部21の表示データは同様のデータとなる。

0194

このモード遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する録画画像送信停止要求の送信、
(2)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理の停止、
(3)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理の停止、
なお、このモード遷移が発生しても、ビデオカメラ10は、録画処理を継続する。

0195

このステップS306のモード、すなわち、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像非表示ノーマルモード、または、
(B)録画実行状態の(b3)録画画像非表示スタミナモード、
これらいずれかのモードにおけるリモコン20の表示部21の表示データには、図12のステップS306内に示すように、ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)は含まれない。

0196

ただし、表示部上部の通信状況情報や、下部の録画実行/停止情報は録画実行中であることを示し、さらに録画態様情報も表示が継続される。
ユーザはこれらの情報に基づいて。録画処理が実行されていることを認識することができる。

0197

このステップS306に示すように画像の送信、表示処理を停止することで、リモコン20とビデオカメラ10のバッテリ消費が低減され、省電力化が実現される。

0198

(ステップS307)
ステップS306において、録画処理実行中、すなわち、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像表示ノーマルモード、または、(b3)録画画像表示スタミナモード、
このモードにおいて、リモコン20の制御部は、ユーザに対するリモコンの操作が無い状態の継続時間を計測する。

0199

リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば60秒間)実行されなかった場合、ステップS307の判定がYesとなり、ステップS308に進む。
それ以外は、ステップS307のモード、すなわち、
(B)録画実行状態の(b2)録画画像表示ノーマルモード、または、(b3)録画画像表示スタミナモード、
このモードを継続する。

0200

(ステップS308)
ステップS307において、リモコン20に対するユーザ操作が規定時間(例えば60秒間)実行されなかった場合、ステップS307の判定がYesとなり、ステップS308に進む。
すなわち、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
このモードに移行する。

0201

このモード遷移処理に際して、以下の処理が行われる。
(1)リモコン20とビデオカメラ10とのWi−Fi接続の停止、
(2)ビデオカメラ10からのステータス情報の送信経路をWi−FiからBTに切り替える処理、
(3)リモコン20からビデオカメラ10に対する操作情報をWi−Fiを使用せず、全てBT通信に切り替える処理、
なお、このモード遷移が発生しても、ビデオカメラ10は、録画処理を継続する。

0202

このステップS308のモード、すなわち、
(B)録画実行状態の(b4)録画画像非表示ブルートゥース(BT)単独通信モード、
このモードにおけるリモコン20の表示部21の表示データには、図12のステップS308内に示すように、ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)は含まれない。

0203

ただし、表示部上部の通信状況情報や、下部の録画実行/停止情報は録画実行中であることを示し、さらに録画態様情報も表示が継続される。
なお、このモードでは、リモコン20とビデオカメラ10との間のWi−Fi通信は停止されるのでWi−Fi通信が有効であることわ示すWi−Fiアイコンは消灯されることになる。
ユーザはこれらの情報に基づいて。録画処理が実行されていること、Wi−Fi通信が停止されていることを認識することができる。

0204

このステップS308に示すように画像の送信、表示処理を停止し、さらに、リモコン20とビデオカメラ10との間のWi−Fi通信を停止することで、リモコン20とビデオカメラ10のバッテリ消費がさらに低減され、さらなる省電力化が実現される。

0205

(ステップS309)
ステップS309の処理は、
録画画像の非表示状態にあるステップS306、またはステップS308の状態において、ユーザがリモコン20を操作して画像表示を要求する処理である。

0206

前述したように、録画実行時で、かつ録画画像の非表示状態にある場合、ユーザによるリモコン20に対して行われる入力操作のほとんど、例えば何らかのスイッチ操作、あるいはタッチパネルとして機能する表示部に対するタッチ操作等は、すべて画像表示指示入力として解釈され、このステップS309の処理が実行される。

0207

このステップS309の処理に際して、以下の処理が実行される。
(1)ビデオカメラ10と、リモコン20間のWi−Fi接続が停止中の場合は、Wi−Fi接続の回復処理、
(2)リモコン20から、ビデオカメラ10に対する撮影画像(=録画画像)の送信要求、
(3)ビデオカメラ10による撮影画像(=録画画像)のリモコン20に対する送信処理、
(4)リモコン20の表示部21に対する撮影画像(=録画画像)の表示処理、

0208

これらの処理の結果、ステップS303に戻り、録画画像の表示が再開される。
なお、この時点の送信表示画像は、録画処理が行われている画像である。

0209

[7.その他の実施例について]
上述した実施例は、ビデオカメラ10とリモコン20を利用した実施例であるが、本開示のモード遷移に従った通信形態の変更構成は、その他の様々な通信装置間においても適用可能である。

0210

図13を参照して、本開示のモード遷移に従った通信形態の変更処理を適用可能な一構成例について説明する。
図13には、人が呑み込み可能なカプセルに画像撮影可能なカメラを格納したビデオカメラ内蔵カプセル50と、このビデオカメラ内蔵カプセル50と通信を実行するPC70を示している。

0211

PC70と、ビデオカメラ内蔵カプセル50は、Wi−Fi通信、およびブルートゥース(BT)通信を併用して様々な通信処理を実行する。
具体的には、以下の各処理を実行する。
(a)ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影した画像をWi−Fi通信を介してPC70に送信する。
(b)ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影画像情報や、位置情報等のステータス情報をWi−Fi通信、またはBT通信を介してPC70に送信する。
(c)PC70からのコマンド(画像撮影開始、停止、ズームフラッシュ撮影等のコマンド)をビデオカメラ内蔵カプセル50内のビデオカメラにWi−Fi通信、またはBT通信を介して送信する。

0212

ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラと、PC70間では、これらの様々なデータ通信が実行される。
このようなデータ通信において、先に説明したビデオカメラ10とリモコン20間のモード遷移に従った通信形態の変更を実行することで、バッテリ消費の低減による省電力を実現することができる。

0213

図14を参照して、具体的なモード遷移例について説明する。
図14には、ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラと、PC70間における3つのモード対応のデータ通信態様を示している。
以下の3つのモードである。
(1)画像転送実行モード
(2)画像転送停止モード
(3)画像転送停止&ブルートゥース(BT)単独通信モード

0214

上記3つのモードにおけるビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラと、PC70間におけるデータ通信態様を以下のように設定する。
(1)画像転送実行モード
この画像転送実行モードでは、以下のデータ通信を実行する。
(1a)ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影した画像をWi−Fi通信を介してPC70に送信する。
(1b)ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影画像情報や、位置情報等のステータス情報をWi−Fi通信、またはBT通信を介してPC70に送信する。
(1c)PC70からのコマンド(画像撮影開始、停止、ズーム、フラッシュ撮影等のコマンド)をビデオカメラ内蔵カプセル50内のビデオカメラにWi−Fi通信、またはBT通信を介して送信する。

0215

このモードでは、ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影した画像が、Wi−Fi通信を介してPC70に送信され、送信画像がPC70の表示部に表示される。

0216

(2)画像転送停止モード
この画像転送停止モードでは、以下のデータ通信を実行する。
(2a)ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影画像情報や、位置情報等のステータス情報をWi−Fi通信、またはBT通信を介してPC70に送信する。
(2b)PC70からのコマンド(画像撮影開始、停止、ズーム、フラッシュ撮影等のコマンド)をビデオカメラ内蔵カプセル50内のビデオカメラにWi−Fi通信、またはBT通信を介して送信する。

0217

このモードでは、
ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影した画像のWi−Fi通信を介したPC70への送信処理は行われず、PC70における撮影画像の表示処理も停止される。
この画像送信、表示処理の停止により、ビデオカメラ内蔵カプセル50内のビデオカメラのバッテリや、PC70のバッテリ消費が低減され、省電力が実現される。

0218

(3)画像転送停止&ブルートゥース(BT)単独通信モード
この画像転送停止&ブルートゥース(BT)単独通信モードでは、以下のデータ通信を実行する。
(3a)ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影画像情報や、位置情報等のステータス情報をBT通信のみを利用してPC70に送信する。
(3b)PC70からのコマンド(画像撮影開始、停止、ズーム、フラッシュ撮影等のコマンド)をビデオカメラ内蔵カプセル50内のビデオカメラにBT通信のみを利用して送信する。

0219

このモードでは、
ビデオカメラ内蔵カプセル50のビデオカメラの撮影した画像のWi−Fi通信を介したPC70への送信処理は行われず、PC70における撮影画像の表示処理も停止される。
さらに、その他のデータのWi−Fi通信も停止される。
この画像送信、表示処理の停止、およびWi−Fi通信の停止処理により、ビデオカメラ内蔵カプセル50内のビデオカメラのバッテリや、PC70のバッテリ消費がさらに低減され、さらなる省電力が実現される。

0220

図13図14を参照して説明した構成以外にも、Wi−Fi通信とブルートゥース(BT)通信を併用する様々な通信システムにおいて、本開示のモードに応じた通信態様の変更処理を実行することで、各装置のバッテリ消費を低減し、省電力を実現することができる。

0221

[8.情報処理装置の構成について]
次に、本開示の情報処理システムを構成する各情報処理装置ハードウェア構成例について、図15以下を参照して説明する。

0222

図15は、図1に示すビデオカメラ10と、リモコン20の構成例を示すブロック図である。
ビデオカメラ10は、制御部101、撮像部102、表示部103、入力部(操作部)104、出力部105、記憶部106、通信部107、計時部108を有する。

0223

制御部101は、画像の撮影制御、表示制御データ送受信制御、モード変更制御等、ビデオカメラ10において実行するデータ処理の制御を実行する。制御部101は、プログラム実行機能を有するCPUを有し、記憶部106に格納されたアプリケーション(プログラム)に従った処理等を実行する。
具体的には、例えば先に説明したシーケンスに従った処理等を行なう。

0224

撮像部102は、画像撮影用の撮像部であり、動画や静止画の撮影を行う。撮影処理に際しては、制御部101の制御下で撮影開始タイミング終了タイミングが制御される。

0225

表示部103は、例えば先に図6を参照して説明したように、リモコン20との通信状況の情報、バッテリ残量情報等の表示に利用される。さらに、撮影画像の表示や、撮影済みの画像を記憶部106から読み出して表示する処理などに利用することも可能である。

0226

入力部104は、ユーザ操作可能な入力部であり、様々な操作指示などを行うための入力部である。タッチパネル形式の表示部も入力部の一部である。
出力部105は、画像出力音声出力、その他、外部機器に対するデータ出力部等によって構成される。表示部103も出力部105の構成要素の1つである

0227

記憶部106は、RAM、ROM、その他の記録メディア等によって構成される。撮影画像の記憶領域として利用され、さらに、制御部101の実行するアプリケーションプログラムの格納領域としても利用される。さらに制御部101の実行するデータ処理に適用するパラメータ等の記憶領域、ワーク領域としても利用される。

0228

通信部107は、例えばリモコン20等の外部機器との通信処理に利用される通信部であり、Wi−Fi、ブルートゥース(BT)等の無線通信の他、通信ケーブル等を利用した有線通信等、各種の通信経路を介したデータ通信に利用される。
図15に示す例には、リモコン20の通信部206との通信経路を示している。

0229

先に説明した実施例のように、これらの2つの装置の通信部を介して、様々な通信が実行される。
例えば、リモコン20の操作情報等がビデオカメラ10に送信され、ビデオカメラ10による撮影開始、撮影停止等、の制御が行われる。さらに、撮影画像の送信開始、停止等のコマンドがリモコン20からビデオカメラ10に送信され、ビデオカメラ10から撮影画像がリモコン20に送信される。

0230

計時部108は、例えば、現在時間情報を示す時計機能の他、撮影開始からの経過時間を計測するタイマ機能等を含む。さらに、リモコン側からの操作情報の入力の無い期間の計測などにも利用される。

0231

リモコン20は、制御部201、表示部202、入力部(操作部)203、出力部204、記憶部205、通信部206、計時部207を有する。

0232

制御部201は、リモコン20において実行される画像の表示制御、データ送受信制御、操作情報の解析、モード変更制御等、リモコン20において実行するデータ処理の制御を実行する。制御部201は、プログラム実行機能を有するCPUを有し、記憶部205に格納されたアプリケーション(プログラム)に従った処理等を実行する。
具体的には、例えば先に説明したシーケンスに従った処理等を行なう。

0233

表示部202は、例えば先に図4を参照して説明したように、ビデオカメラ10による撮影画像、ビデオカメラ10との通信状況の情報、バッテリ残量情報等の表示に利用される。

0234

入力部203は、ユーザ操作可能な入力部であり、様々な操作指示などを行うための入力部である。タッチパネル形式の表示部も入力部の一部である。
出力部204は、画像出力、音声出力、その他、外部機器に対するデータ出力部等によって構成される。表示部202も出力部204の構成要素の1つである

0235

記憶部205は、RAM、ROM、その他の記録メディア等によって構成される。撮影画像の記憶領域として利用され、さらに、制御部201の実行するアプリケーションプログラムの格納領域としても利用される。さらに制御部201の実行するデータ処理に適用するパラメータ等の記憶領域、ワーク領域としても利用される。

0236

通信部206は、例えばビデオカメラ10等の外部機器との通信処理に利用される通信部であり、Wi−Fi、ブルートゥース(BT)等の無線通信の他、通信ケーブル等を利用した有線通信等、各種の通信経路を介したデータ通信に利用される。
図15に示す例には、ビデオカメラ10の通信部107との通信経路を示している。

0237

先に説明した実施例のように、これらの2つの装置の通信部を介して、様々な通信が実行される。
例えば、リモコン20の操作情報等がビデオカメラ10に送信され、ビデオカメラ10による撮影開始、撮影停止等、の制御が行われる。さらに、撮影画像の送信開始、停止等のコマンドがリモコン20からビデオカメラ10に送信され、ビデオカメラ10から撮影画像がリモコン20に送信される。

0238

計時部207は、例えば、現在時間情報を示す時計機能の他、撮影開始からの経過時間を計測するタイマ機能等を含む。さらに、リモコン20に対するユーザ操作の無い期間の計測などにも利用される。

0239

図16は、図1に示すリモコン20や、図13に示すPCとして適用可能な情報処理装置のハードウェア構成例を示す図である。

0240

CPU(Central Processing Unit)301は、ROM(Read Only Memory)302、または記憶部308に記憶されているプログラムに従って各種の処理を実行する制御部やデータ処理部として機能する。例えば、上述した実施例において説明したシーケンスに従った処理を実行する。RAM(Random Access Memory)303には、CPU301が実行するプログラムやデータなどが記憶される。これらのCPU301、ROM302、およびRAM303は、バス304により相互に接続されている。

0241

CPU301はバス304を介して入出力インタフェース305に接続され、入出力インタフェース305には、各種スイッチ、キーボードマウスマイクロホンなどよりなる入力部306、ディスプレイ、スピーカなどよりなる出力部307が接続されている。CPU301は、入力部306から入力される指令に対応して各種の処理を実行し、処理結果を例えば出力部307に出力する。

0242

入出力インタフェース305に接続されている記憶部308は、例えばハードディスク等からなり、CPU301が実行するプログラムや各種のデータを記憶する。通信部309は、Wi−Fi通信、ブルートゥース(BT)通信、その他インターネットローカルエリアネットワークなどのネットワークを介したデータ通信の送受信部として機能し、外部の装置と通信する。

0243

入出力インタフェース305に接続されているドライブ310は、磁気ディスク光ディスク光磁気ディスク、あるいはメモリカード等の半導体メモリなどのリムーバブルメディア311を駆動し、データの記録あるいは読み取りを実行する。

0244

[9.本開示の構成のまとめ]
以上、特定の実施例を参照しながら、本開示の実施例について詳解してきた。しかしながら、本開示の要旨を逸脱しない範囲で当業者が実施例の修正代用を成し得ることは自明である。すなわち、例示という形態で本発明を開示してきたのであり、限定的に解釈されるべきではない。本開示の要旨を判断するためには、特許請求の範囲の欄を参酌すべきである。

0245

なお、本明細書において開示した技術は、以下のような構成をとることができる。
(1) 複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部は、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理装置。

0246

(2) 前記制御部は、
前記操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、第1の通信路による通信を停止し、前記第1の通信路よりも消費電力の小さい第2の通信路による通信のみを選択適用して外部装置との通信を実行する(1)に記載の情報処理装置。

0247

(3) 前記外部装置は、画像撮影処理を実行するカメラであり、
前記通信部は、前記第1の通信路を利用して、前記カメラの撮影画像を受信する構成であり、
前記制御部は、
前記操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、前記第1の通信路を利用した画像受信処理を停止する(2)に記載の情報処理装置。

0248

(4) 前記情報処理装置は、
前記カメラから、前記第1の通信路を介して受信する前記カメラの撮影画像を表示する表示部を有し、
前記制御部は、
前記操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、前記第1の通信路を利用した画像受信処理と、前記表示部に対する画像表示処理を停止する(3)に記載の情報処理装置。

0249

(5) 前記制御部は、
(a)前記カメラからの撮影画像の受信と表示処理を実行する画像表示モード、および、
(b)前記カメラからの撮影画像の受信と表示処理を停止する画像非表示モード、
上記(a),(b)の各装置モードの切り替え処理を、前記操作部に対する操作情報の入力、または無操作状態の継続期間に応じて実行する(3)または(4)に記載の情報処理装置。

0250

(6) 前記制御部は、
装置モードが、前記画像非表示モードに設定されている間において、さらに、無操作状態の継続期間が予め規定した時間に達した場合に、
前記カメラとの前記第1の通信路による通信を停止し、前記第2の通信路による通信のみを選択適用して前記カメラとの通信を実行するモードである、
(c)第2の通信路単独通信モード、
に移行する(5)に記載の情報処理装置。

0251

)(7) 前記制御部は、
装置モードが、前記(c)ブルートゥース(BT:bluetooth(登録商標))単独通信モードに移行する場合、前記カメラとのワイファイ(Wi−Fi)通信路を介して送受信していた通信情報をブルートゥース(BT:bluetooth(登録商標))通信路を介して送受信する設定とする通信路切り替え処理を実行する(6)に記載の情報処理装置。

0252

(8)画像撮影を実行する撮像部と、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、
前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部は、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する撮像装置。

0253

(9) 前記制御部は、
前記リモコンの操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、第1の通信路による通信を停止し、前記第1の通信路よりも消費電力の小さい第2の通信路による通信のみを選択適用してリモコンとの通信を実行する(8)に記載の撮像装置。

0254

(10) 前記通信部は、前記第1の通信路を利用して、前記撮像部による撮影画像を送信する構成であり、
前記制御部は、
前記リモコンの操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、前記第1の通信路を利用した画像送信処理を停止する(9)に記載の撮像装置。

0255

(11) 前記制御部は、
(a)前記撮像部の撮影画像の送信処理を実行する画像転送モード、および、
(b)前記撮像部の撮影画像の送信処理を停止する画像非転送モード、
上記(a),(b)の各装置モードの切り替え処理を、前記リモコンの操作部に対する操作情報の入力、または無操作状態の継続期間に応じて実行する(10)に記載の撮像装置。

0256

(12) 前記制御部は、
装置モードが、前記画像非転送モードに設定されている間において、さらに、前記リモコンの操作部に対する無操作状態の継続期間が予め規定した時間に達した場合に、
前記リモコンとの前記第1の通信路による通信を停止し、前記第2の通信路による通信のみを選択適用して前記リモコンとの通信を実行するモードである、
(c)第2の通信路単独通信モード、
に移行する(11)に記載の撮像装置。

0257

(13) 前記制御部は、
装置モードが、前記(c)第2の通信路単独通信モードに移行する場合、前記リモコンと第1の通信路を介して送受信していた通信情報を第2の通信路を介して送受信する設定とする通信路切り替え処理を実行する(12)に記載の撮像装置。

0258

(14)撮像装置と、
前記撮像装置の制御を実行するリモコン装置を有する情報処理システムであり、
前記リモコン装置は、
複数の異なる通信路を選択適用して撮像装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記撮像装置は、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコン装置との通信を実行する通信部と、
前記リモコン装置の操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記リモコン装置、および撮像装置の制御部は、
前記装置モードの変更に応じて、各装置の通信部を介した通信形態を変更する情報処理システム。

0259

(15) 前記撮像装置およびリモコン装置の各制御部は、
前記リモコン装置の操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、第1の通信路による通信を停止し、前記第1の通信路よりも消費電力の小さい第2の通信路による通信のみを選択適用して相互通信を実行する請求項14に記載の情報処理システム。

0260

(16)情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、
複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部が、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理方法。

0261

(17)撮像装置において実行する情報処理方法であり、
前記撮像装置は、
画像撮影を実行する撮像部と、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、
前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記制御部が、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更する情報処理方法。

0262

(18)情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、
複数の異なる通信路を選択適用して外部装置との通信を実行する通信部と、
操作部と、
前記操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記プログラムは、前記制御部に、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更させるプログラム。

0263

(19)撮像装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記撮像装置は、
画像撮影を実行する撮像部と、
複数の異なる通信路を選択適用してリモコンとの通信を実行する通信部と、
前記リモコンの操作部に対する操作状態に応じて装置モードを変更する制御部を有し、
前記プログラムは、前記制御部に、
前記装置モードの変更に応じて、前記通信部を介した通信形態を変更させるプログラム。

0264

また、明細書中において説明した一連の処理はハードウェア、またはソフトウェア、あるいは両者の複合構成によって実行することが可能である。ソフトウェアによる処理を実行する場合は、処理シーケンスを記録したプログラムを、専用のハードウェアに組み込まれたコンピュータ内のメモリインストールして実行させるか、あるいは、各種処理が実行可能な汎用コンピュータにプログラムをインストールして実行させることが可能である。例えば、プログラムは記録媒体に予め記録しておくことができる。記録媒体からコンピュータにインストールする他、LAN(Local Area Network)、インターネットといったネットワークを介してプログラムを受信し、内蔵するハードディスク等の記録媒体にインストールすることができる。

0265

なお、明細書に記載された各種の処理は、記載に従って時系列に実行されるのみならず、処理を実行する装置の処理能力あるいは必要に応じて並列的にあるいは個別に実行されてもよい。また、本明細書においてシステムとは、複数の装置の論理的集合構成であり、各構成の装置が同一筐体内にあるものには限らない。

0266

以上、説明したように、本開示の一実施例の構成によれば、複数の異なる通信路を併用する通信装置間において、設定モードに応じて通信形態を変更することで消費電力の低減が実現される。
具体的には、例えば、撮像装置と、撮像装置の制御を実行するリモコン装置を有する情報処理システムにおいて、撮像装置およびリモコン装置の各通信部は、ワイファイ(Wi−Fi)通信と、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信を選択適用して相互通信を実行する構成であり、撮像装置およびリモコン装置の各制御部は、リモコン装置の操作部に対する無操作状態の継続期間が、予め規定した時間以上になった場合、ワイファイ(Wi−Fi)通信を停止し、ブルートゥース(BT:Bluetooth(登録商標))通信のみを選択適用して相互通信を実行する。
本構成により、複数の異なる通信路を併用する通信装置間において、設定モードに応じて通信形態を変更することで消費電力の低減が実現される。

0267

10ビデオカメラ
20リモコン
21 表示部
22 操作部
50 ビデオカメラ内蔵カプセル
70 PC
101 制御部
102撮像部
103 表示部
104 入力部(操作部)
105 出力部
106 記憶部
107通信部
108 計時部
201 制御部
202 表示部
203 入力部(操作部)
204 出力部
205 記憶部
206 通信部
207 計時部
301 CPU
302 ROM
303 RAM
304バス
305入出力インタフェース
306 入力部
307 出力部
308 記憶部
309 通信部
310ドライブ
311 リムーバブルメディア

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ビーム失敗回復手順に用いられる周波数リソースを適切に設定するために、ユーザ端末は、ビーム失敗を検出した場合にビーム失敗回復要求を送信する送信部と、前記ビーム失敗回復要求に対する応答を... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ユーザ装置であって、当該ユーザ装置の能力情報を格納する能力情報格納部と、前記能力情報を基地局に通知する能力情報通知部とを有し、前記能力情報通知部は、当該ユーザ装置によってサポートされ... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ装置、及び上り送信タイミング調整方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】基地局とユーザ装置とを備える無線通信システムにおける前記ユーザ装置において、前記基地局に上り信号を送信する信号送信部と、前記基地局から下り信号を受信する信号受信部と、前記信号送信部か... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ