図面 (/)

技術 小型滑走艇

出願人 川崎重工業株式会社
発明者 加藤広徳新城外志夫金森稔
出願日 2015年12月21日 (4年1ヶ月経過) 出願番号 2015-248326
公開日 2017年6月29日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2017-114141
状態 特許登録済
技術分野 船体構造
主要キーワード 左右方向振動 接線角度 メンテナンス開口 屈曲度 ウォータジェットポンプ 後側領域 前側領域 上下方向寸法
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

小型滑走艇旋回性能を向上させる。

解決手段

小型滑走艇は、デッキ及びハルを有する船体を備え、前記ハルは、下方に向いた底面と、左右方向外方に向いた側面とを有し、前記底面は、その左右方向の幅が前記底面の前後方向の中央部から後部に向けて狭くなる形状を有し、前記ハルの前後方向の中央部において、前記側面は、上側面と、前記上側面と前記底面との間に位置する下側面とを有し、前記下側面と前記底面とは、後方から見た断面視で鈍角を形成するように互いに接続され、かつ、前記下側面の鉛直線に対する傾斜角は、前記上側面の鉛直線に対する傾斜角よりも大きい。

概要

背景

ジェット推進型の小型滑走艇では、ハル及びデッキにより囲まれたエンジンルームエンジンが配置され、エンジンにより駆動されるウォータジェットポンプでハルの吸水口から吸い込んだ水を加圧し、ポンプノズルから後方噴射して船体推進させる(特許文献1参照)。

概要

小型滑走艇の旋回性能を向上させる。小型滑走艇は、デッキ及びハルを有する船体を備え、前記ハルは、下方に向いた底面と、左右方向外方に向いた側面とを有し、前記底面は、その左右方向の幅が前記底面の前後方向の中央部から後部に向けて狭くなる形状を有し、前記ハルの前後方向の中央部において、前記側面は、上側面と、前記上側面と前記底面との間に位置する下側面とを有し、前記下側面と前記底面とは、後方から見た断面視で鈍角を形成するように互いに接続され、かつ、前記下側面の鉛直線に対する傾斜角は、前記上側面の鉛直線に対する傾斜角よりも大きい。

目的

本発明は、小型滑走艇の旋回性能を向上させることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

デッキ及びハルを有する船体を備え、前記ハルは、下方に向いた底面と、左右方向外方に向いた側面とを有し、前記底面は、その左右方向の幅が前記底面の前後方向の中央部から後部に向けて狭くなる形状を有し、前記ハルの前後方向の中央部において、前記側面は、上側面と、前記上側面と前記底面との間に位置する下側面とを有し、前記下側面と前記底面とは、後方から見た断面視で鈍角を形成するように互いに接続され、かつ、前記下側面の鉛直線に対する傾斜角は、前記上側面の鉛直線に対する傾斜角よりも大きい、小型滑走艇

請求項2

前記下側面の鉛直方向長さは、前記上側面の鉛直方向長さより短い、請求項1に記載の小型滑走艇。

請求項3

前記上側面と前記下側面との間の境界線は、後方かつ上方に向けて斜めに延びている、請求項1又は2に記載の小型滑走艇。

請求項4

前記底面は、前記底面の中央部から後端に向けて延び且つ後方から見た断面視で上方に窪んだ案内溝面を有し、前記底面は、前記下側面と前記案内溝面との間に位置する横端底面を有する、請求項1乃至3のいずれか1項に記載の小型滑走艇。

請求項5

前記底面の前記後部の左右方向の幅は、前記底面の左右方向の幅の最大値の90%以下である、請求項1乃至4のいずれかに記載の小型滑走艇。

技術分野

0001

本発明は、換気ダクトを有する小型滑走艇に関する。

背景技術

0002

ジェット推進型の小型滑走艇では、ハル及びデッキにより囲まれたエンジンルームエンジンが配置され、エンジンにより駆動されるウォータジェットポンプでハルの吸水口から吸い込んだ水を加圧し、ポンプノズルから後方噴射して船体推進させる(特許文献1参照)。

先行技術

0003

米国特許第6779474号

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、小型滑走艇では、ハンドルの操作によるポンプノズルの方向変更と同時に、船体をロール方向に傾けて旋回すると円滑に旋回できる。しかし、船体を傾ける際に船体が水面から受ける圧力が高いと、ライダーが船体を円滑に傾けることができず、ライダーの意に反して旋回半径が大きくなってしまう。

0005

そこで本発明は、小型滑走艇の旋回性能を向上させることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の一態様に係る小型滑走艇は、デッキ及びハルを有する船体を備え、前記ハルは、下方に向いた底面と、左右方向外方に向いた側面とを有し、前記底面は、その左右方向の幅が前記底面の前後方向の中央部から後部に向けて狭くなる形状を有し、前記ハルの前後方向の中央部において、前記側面は、上側面と、前記上側面と前記底面との間に位置する下側面とを有し、前記下側面と前記底面とは、後方から見た断面視で鈍角を形成するように互いに接続され、かつ、前記下側の鉛直線に対する傾斜角は、前記上側面の鉛直線に対する傾斜角よりも大きい。

0007

一般的に、小型滑走艇の旋回時には、ハルの側面と底面との間の屈曲した接続部において水面から受ける圧力が局所的に高くなり、船体をロール方向に傾けにくくなる。しかし、前記構成によれば、ハルの前後方向の中央部においては、ハルの側面が上側面と下側面とを有し、下側面と底面とが鈍角を形成するように互いに接続され、かつ、ハルの側面において下側面の鉛直線に対する傾斜角が上側面の鉛直線に対する傾斜角より大きいので、小型滑走艇の旋回時にハルの側面と底面との接続部の屈曲度が緩やかになり、かつ、ハルの側面と水との接触面積が多くなる。よって、船体をロール方向に傾けながら旋回するときに、ハルの前後方向の中央部における側面と底面との接続部が水面から受ける局所的な圧力が分散され、船体をロール方向に傾けやすくなる。また、ハルの底面の左右方向の幅が後方にいくにつれて狭くなるので、船体をロール方向に傾けながら旋回するときに、船尾を沈ませた状態で船尾を左右方向にスライドさせやすくなる。以上のように、ハルの前後方向中央部の形状と後端部の形状との相互作用により、小型滑走艇の旋回性能を向上させることができる。

発明の効果

0008

本発明によれば、小型滑走艇の旋回性能を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0009

実施形態の小型滑走艇の概略側面図である。
図1に示す小型滑走艇のハルを斜め左下方から見た斜視図である。
図2に示すハルの底面図である。
図2に示すハルの側面図である。
図4のV−V線断面図である。
図4のVI−VI線断面図である。
図4のVII−VII線断面図である。

実施例

0010

以下、図面を参照して実施形態を説明する。なお、以下の説明で用いる方向の概念は、小型滑走艇1に搭乗したライダーから見た方向を基準とする。

0011

図1は、実施形態の小型滑走艇1の概略側面図である。図1に示すように、小型滑走艇1は、ライダーが立った状態で運転する立ち乗り式の小型滑走艇である。小型滑走艇1は、内部にエンジンルームRが形成された船体2を備える。船体2は、ハル3と、ハル3を上方から覆うデッキ4とを有する。ハル3とデッキ4との接続ラインガンネルライン5と呼ばれる。エンジンルームRには、エンジン6が配置される。エンジン6の出力軸には船体2内を後方に延びるプロペラシャフト7が接続される。プロペラシャフト7で駆動されたウォータージェットポンプ(図示せず)によりハル3の吸水口21(図2参照)から吸入した水を加圧及び加速し、船体2の後端部に取り付けられたジェットノズル8から水を噴射することで、推進力が発生する。

0012

デッキ4の後部には、エンジンルームRよりも後方において、ライダーが立つための平坦な床面を有するスタンディングデッキ4aが形成される。スタンディングデッキ4aはエンジンルームRの上端より低い位置に配置される。スタンディングデッキ4aの左右両側には上方に突出する側壁部であるデッキフィン4bが形成されている。デッキ4には、エンジンEの上方に配置されてエンジンルームRに連通するメンテナンス開口(図示せず)が形成される。デッキ4には、メンテナンス開口を上方から覆うエンジンフード9が着脱可能に取り付けられる。

0013

デッキ4の上面には、メンテナンス開口の前方にてヒンジ部材10が固定され、ヒンジ部材10にハンドルポール11の前端部が左右方向に延びる軸線回り回動自在に取り付けられる。ハンドルポール11の後端部には、バー式の操舵ハンドル12が設けられる。エンジンフード9の上面の左右方向中央には、前後方向に延びる溝部(図示せず)が形成され、ハンドルポール11は、ライダーが操舵ハンドル12を握っていない状態では当該溝部に設置される。ライダーは、スタンディングデッキ4aに立ち、操舵ハンドル12を握ってハンドルポール11を上方に持ち上げて艇1を操縦する。

0014

図2は、図1に示す小型滑走艇1のハル3を斜め左下方から見た斜視図である。図3は、図2に示すハル3の底面図である。図4は、図2に示すハル3の側面図である。図5は、図4のV−V線断面図である。図6は、図4のVI−VI線断面図である。図7は、図4のVII−VII線断面図である。図2乃至7に示すように、ハル3は、下方に向いた底面20と、左右方向外方に向いた側面30とを有する。本実施形態では、前後方向から見て、鉛直面よりも水平面に近い傾斜、即ち、水平面に対する角度が0°〜45°の面が底面20であり、水平面よりも鉛直面に近い傾斜、即ち、水平面に対する角度が45°〜90°の面が側面30である。また本実施形態では、面の角度は、前後方向から見た断面視で、一対の屈曲部で挟まれた領域の各点の接線角度の平均を意味する。

0015

底面20は、その後部中央に吸水口21が形成される。底面20は、後方から見た断面視で上方に向けて弧状に窪んだ一対の案内溝面22を有する。一対の案内溝面22は、吸水口21の左右両側において底面20の中央部20aから後端に向けて前後方向に延びる。底面20は、側面30と案内溝面22に連続した状態で側面30と案内溝面22との間に位置した前後方向に延びる横端底面23を有する。底面20は、その左右方向の幅が底面20の前後方向の中央部20aから前部20cに向けて狭くなる形状を有する。更に、底面20は、その左右方向の幅が底面20の前後方向の中央部20aから後部20bに向けて狭くなる形状を有する。具体的には、底面20の後部20bの左右方向の幅W2は、底面20の中央部20aにおける左右方向の幅の最大値W1の90%以下80%以上である。なお、本実施形態では、ハル3の前後方向の前端位置を0%位置とし且つハル3の前後方向の後端位置を100%位置として前後方向位置を定義したときに、中央部20aは、少なくともハル3の40%位置から55%位置までの範囲を含む。

0016

側面30は、ハル3の前後方向の中央部において、上側面31と、上側面31と底面20との間に位置する下側面32とを有する。下側面32の前側領域32aは、上側面31及び底面20に連続する。下側面32の前側領域32aと底面20とは、後方から見た断面視で鈍角を形成するように互いに接続される。下側面32の鉛直線に対する傾斜角は、上側面31の鉛直線に対する傾斜角よりも大きい。下側面32の鉛直方向長さL2は、上側面31の鉛直方向長さL1より短い。上側面31と下側面32との間の境界線B1は、後方かつ上方に向けて斜めに延びている。

0017

上側面31の後側領域31aは、後方かつ上方に向けて斜めに延びている。上側面31の後側領域31aは、後方にいくにつれて上下方向寸法が徐々に小さくなる形状を有する。下側面32の後側領域32bは、後方かつ上方に向けて斜めに延びている。下側面32の後側領域32bは、後方にいくにつれて上下方向寸法が徐々に小さくなる形状を有する。下側面32の後側領域32bは、左右方向外方、後方かつ下方に向いている。即ち、下側面32の後側領域32bは、その法線が左右方向外方、後方かつ下方に向くように上側面31に対して傾斜している。

0018

側面30は、ハル3の後部において後側面33を有する。後側面33の鉛直線に対する傾斜角は、下側面32の鉛直線に対する傾斜角よりも小さい。ハル3の後部における後側面33は、ハル3の中央部における上側面31及び下側面32よりも左右方向内側に位置する。後側面33の前側領域33aは、前方かつ下方に向けて斜めに延びている。後側面33の前側領域33aは、前方にいくにつれて上下方向寸法が徐々に小さくなる形状を有する。後側面33の前側領域33aは、下側面32の後側領域32bと前後方向位置が重なり、下側面32の後側領域32bの下側に位置する。下側面32と後側面33との間の境界線B2は、後方かつ上方に向けて斜めに延びている。

0019

以上に説明した構成によれば、ハル3の前後方向の中央部においては、ハル3の側面30が上側面31と下側面32とを有し、下側面32と底面20とが鈍角を形成するように互いに接続され、かつ、ハル3の側面30において下側面32の鉛直線に対する傾斜角が上側面31の鉛直線に対する傾斜角より大きい。よって、小型滑走艇1の旋回時にハル3の側面30と底面20との接続部の屈曲度が緩やかになり、かつ、ハル3の側面30と水との接触面積が多くなる。よって、船体2をロール方向(左右方向)に傾けながら旋回するときに、ハル3の前後方向の中央部における側面30と底面20との接続部が水面から受ける局所的な圧力が分散され、船体2をロール方向に傾けやすくなる。また、ハル3の底面20の左右方向の幅が後方にいくにつれて狭くなるので、船体2をロール方向に傾けながら旋回するときに、船尾を沈ませた状態で船尾を左右方向にスライドさせやすくなる。以上のように、ハル3の前後方向中央部の形状と後端部の形状との相互作用により、小型滑走艇1の旋回性能を向上させることができる。

0020

また、下側面32の後側領域32bは、後方かつ上方に向けて斜めに延びているので、船体2をロール方向に徐々に傾ける際の抵抗の変動を低減することができる。また、下側面32の後側領域32bは、左右方向外方、後方かつ下方に向いているので、船体2をロール方向に傾けながら走行するときに下側面32に押された水が円滑に流れ、小型滑走艇1の旋回性能を更に向上させることができる。また、下側面32の鉛直方向長さL2は、上側面31の鉛直方向長さL1より短いので、小型滑走艇1の直進時における左右方向振動を上側面31により十分に抑制することができる。

0021

1小型滑走艇
2船体
3ハル
4デッキ
20 底面
20a 中央部
20b 後部
22案内溝面
23横端底面
30 側面
31 上側面
32 下側面
33 後側面
B1,B2 境界線

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 有限会社鹿屋造船の「 防汚塗料」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】本発明の目的は、船底、海洋構造物、漁網等への海洋生物の付着の減少を図ると共に船舶などの燃費効率を高め、船底、水中構造物、養殖用網、漁網、浮標、工業用水系設備等に対する塗料接着期間の長期化が得ら... 詳細

  • 有限会社金鹿哲学承継塾の「 自律航行型海洋ブイとこれを用いた海洋情報システム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】自律航行型海洋ブイであり、遭難信号受信時には自律的に遭難者の救助に向かい、また海上の通信基地局として機能するとともに、海洋情報システムを提供する。【解決手段】GPS信号と内部センサーの情報と海... 詳細

  • 住友重機械マリンエンジニアリング株式会社の「 船舶における対象物の支持構造」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】補強部材を調整することなく補強部材に対して対象物を大きくずらす。【解決手段】補強部材17と第1部材14を壁部8を介し突き合わせ、補強部材17の厚みT1に対し、第1部材14の一主面14aを補強部... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ