図面 (/)

技術 空気調和機の室外機

出願人 株式会社富士通ゼネラル
発明者 横井裕貴
出願日 2015年12月18日 (3年6ヶ月経過) 出願番号 2015-247086
公開日 2017年6月22日 (2年0ヶ月経過) 公開番号 2017-110881
状態 特許登録済
技術分野 その他の空気調和方式 多導体接続(端子取付、端子台、気密端子)
主要キーワード 組立側面図 配管セット 上取付板 斜面板 水平投影 上段端子 下段端子 左側面板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ケーブルの本数が増えて端子板の数が増えても端子台に要求される占有スペースを小さくできるようにした空気調和機室外機を提供する。

解決手段

端子台200は、斜め上前方を向く下段斜面板211を有しその下段斜面板211に下段端子板300A及び下段クランパ500Aが取り付けられる下段端子台210と、斜め上前方を向く上段斜面板221を有しその上段斜面板221に上段端子板300B及び上段クランパ500Bが取り付けられる上段端子台221とを有する。上段端子台220の上段斜面板221は、下段斜面板211の上方に所定の距離Dを介して下段斜面板211と平行に配置されるとともに、上段斜面板221の下端部221aの下段斜面板211への水平投影線Aが、下段斜面板211に取り付けた下段端子板300Aに重なるよう配置される。

概要

背景

室外機には、室内機と例えば通信を行うためのケーブルを接続する端子台が設けられている(例えば特許文献1参照)。そして、2台以上の室内機を備えたマルチ型空気調和機においては、室外機は2台以上の室内機との間の通信用に2本以上のケーブルを接続する必要がある。このため、室外機には2本以上のケーブルを区別して接続するために、端子台に2個以上の端子板が取り付けられている。

概要

ケーブルの本数が増えて端子板の数が増えても端子台に要求される占有スペースを小さくできるようにした空気調和機の室外機を提供する。 端子台200は、斜め上前方を向く下段斜面板211を有しその下段斜面板211に下段端子板300A及び下段クランパ500Aが取り付けられる下段端子台210と、斜め上前方を向く上段斜面板221を有しその上段斜面板221に上段端子板300B及び上段クランパ500Bが取り付けられる上段端子台221とを有する。上段端子台220の上段斜面板221は、下段斜面板211の上方に所定の距離Dを介して下段斜面板211と平行に配置されるとともに、上段斜面板221の下端部221aの下段斜面板211への水平投影線Aが、下段斜面板211に取り付けた下段端子板300Aに重なるよう配置される。

目的

本発明の目的は、ケーブルの本数が増えて端子板の数が増えても端子台に要求される占有スペースを小さくできるようにした空気調和機の室外機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ケーブルを接続する端子板及び前記ケーブルを固定するクランパが取り付けられる端子台を備える空気調和機室外機において、前記端子台は、斜め上前方を向く下段斜面板を有し該下段斜面板に前記端子板のうちの下段端子板及び前記クランパのうちの下段クランパが取り付けられる下段端子台と、斜め上前方を向く上段斜面板を有し該上段斜面板に前記端子板のうちの上段端子板及び前記クランパのうちの上段クランパが取り付けられる上段端子台とを有し、前記上段斜面板は、前記下段斜面板の上方に所定の距離を介して前記下段斜面板と平行に配置されるとともに、前記上段斜面板の下端部の前記下段斜面板への水平投影線が前記下段斜面板の前記下段端子板に重なるようにしたことを特徴とする空気調和機の室外機。

請求項2

請求項1に記載の空気調和機の室外機において、前記上段斜面板は、少なくとも前記下段端子板の端子を前方正面に露出させるよう前記下段斜面板の前方に配置されていることを特徴とする空気調和機の室外機。

請求項3

請求項1又は2に記載の空気調和機の室外機において、前記下段端子台は筐体に取り付けられ、前記上段端子台は前記下段端子台に取り付けられていることを特徴とする空気調和機の室外機。

技術分野

0001

本発明は、ケーブルが接続される空気調和機室外機にかかり、特にそのケーブルを接続する端子台を有する室外機に関する。

背景技術

0002

室外機には、室内機と例えば通信を行うためのケーブルを接続する端子台が設けられている(例えば特許文献1参照)。そして、2台以上の室内機を備えたマルチ型の空気調和機においては、室外機は2台以上の室内機との間の通信用に2本以上のケーブルを接続する必要がある。このため、室外機には2本以上のケーブルを区別して接続するために、端子台に2個以上の端子板が取り付けられている。

先行技術

0003

特開2007−278559号公報

発明が解決しようとする課題

0004

したがって、室内機の数が増えるとケーブルの本数が増え端子板の数も増えて、端子台が大きくなり、室外機における端子台の占有スペースが大きくなる問題がある。

0005

本発明の目的は、ケーブルの本数が増えて端子板の数が増えても端子台に要求される占有スペースを小さくできるようにした空気調和機の室外機を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するために、請求項1にかかる発明は、ケーブルを接続する端子板及び前記ケーブルを固定するクランパが取り付けられる端子台を備える空気調和機の室外機において、前記端子台は、斜め上前方を向く下段斜面板を有し該下段斜面板に前記端子板のうちの下段端子板及び前記クランパのうちの下段クランパが取り付けられる下段端子台と、斜め上前方を向く上段斜面板を有し該上段斜面板に前記端子板のうちの上段端子板及び前記クランパのうちの上段クランパが取り付けられる上段端子台とを有し、前記上段斜面板は、前記下段斜面板の上方に所定の距離を介して前記下段斜面板と平行に配置されるとともに、前記上段斜面板の下端部の前記下段斜面板への水平投影線が前記下段斜面板の前記下段端子板に重なるようにしたことを特徴とする。

0007

請求項2にかかる発明は、請求項1に記載の空気調和機の室外機において、前記上段斜面板は、少なくとも前記下段端子板の端子を前方正面に露出させるよう前記下段斜面板の前方に配置されていることを特徴とする。

0008

請求項3にかかる発明は、請求項1又は2に記載の空気調和機の室外機において、前記下段端子台は筐体に取り付けられ、前記上段端子台は前記下段端子台に取り付けられていることを特徴とする。

発明の効果

0009

本発明によれば、上段端子台の上段斜面板が、下段斜面板の上方に所定の距離を介して下段斜面板と平行に配置されるとともに、上段斜面板の下端部の下段斜面板への水平投影線が下段斜面板の下段端子板に重なるようにしたので、端子台全体の上下方向の大きさを小さくすることができ、端子台の占めるスペースを小さくすることができる。また、上段斜面板や下面斜面板を上方から視認し易くなり、ケーブル接続の作業性が向上する。

図面の簡単な説明

0010

マルチ型の室外機の正面図である。
本発明の実施例の端子台の部分を示す斜視図である。
本発明の実施例の端子台の分解側面図である。
本発明の実施例の端子台の組立側面図である。

実施例

0011

図1に1台の室外機に図示しない複数台の室内機が接続されるマルチ型の空気調和機における室外機100の正面の外観を示す。室外機100は、内部の空気を吹き出す吹出グリル110が設けられた前面パネル120の右側に、メンテナンス用の着脱自在のサービスパネル130が設けられ、このサービスパネル130の奥側の後記する端子板に、2台以上の室内機と通信を行うための2本以上の後記するケーブルが接続される。140は2台以上の室内機との間で接続される2組以上の配管セット接続端部を覆う配管カバーである。

0012

図2図1におけるサービスパネル130を取り外して、その奥に上下方向に配置された端子台200の部分を示す図、図3はその端子台200の分解側面図、図4はその端子台200の組立側面図である。この端子台200は、斜め上の前方(サービスパネル130の方向)を向く下段斜面板211を有し筐体に取り付けられる板金製の下段端子台210と、同様に斜め上の前方を向く上段斜面板221を有しその下段端子台210の前方に位置するように取り付けられる板金製の上段端子台220とで構成されている。

0013

下段端子台210は、上記した下段斜面板211と、下段斜面板211の左端を前方に折り曲げて形成した下段左側面取付板212と、下段斜面板211の右端下側を後方に折り曲げて形成した下段右側面板213と、下段右側面板213の奥端を右横方向に折り曲げて板面214aが下段右側面板213と垂直になるように形成した下段右下取付板214と、下段斜面板211の右端上側を板面215aが下段右下取付板214の板面214aと同一面で並ぶように折り曲げて形成した下段右上取付板215とを備える。

0014

上段端子台220は、上記した上段斜面板221と、上段斜面板221の右端を後方に折り曲げて形成した上段右側面板222と、上段右側面板222の奥端を右横方向に折り曲げて板面223aが上段右側面板222と垂直なるよう形成した上段右取付板223と、上段斜面板221の左端を後方に折り曲て形成した上段左側面板224と、上段左側面板224の奥端を左横方向に折り曲げて板面225aが下段斜面板211に平行になるように形成した上段左取付板225とを備える。

0015

さて、端子台200の組み立ては、まず、電装品箱600の下方において、段端子台210を室外機100の図示しない筐体に取り付ける。すなわち、下段端子台210の下段斜面板211をビスB1,B2で図示しない筐体に取り付け、下段右下取付板214と下段右上取付板215を図示しないビスで筐体に取り付ける。複数個の下段端子板300Aは、横方向に並べて、下段斜面板211に予め取り付けておき、あるいは下段端子台210を筐体に固定した後に下段斜面板211に取り付ける。そして、このとき、あるいは事後的に下段端子板300Aと電装品箱600との間を図示しない配線で接続する。

0016

次に、上段端子台220を下段端子台210に取り付ける。すなわち、上段端子台220の上段斜面板221の右側において、上段右取付板223をビスB3によって下段右上取付板215に取り付ける。また、上段斜面板211の左側において、上段左取付板225を下段斜面板211にビスB4によって取り付ける。複数個の上段端子板300Bは、横方向に並べて、上段斜面板221に予め取り付けておき、あるいは上段端子台220を下段端子台210に固定した後に上段斜面板221に取り付ける。そして、このとき、あるいは事後的に上段端子板300Bと電装品箱600との間を図示しない配線で接続する。

0017

以上のようにして、下段端子台210に対して上段端子台220を取り付けると、上段端子台220の上段斜面板221が、下段斜面板211の上方に所定の距離Dを介して下段斜面板211と平行に配置されるとともに、上段斜面板221の下端部221aの下段斜面板211への水平投影線Aが、下段斜面板211に取り付けた下段端子板300Aに重なり、その端子301Aよりも上方に位置する。これにより、その端子301Aは前方に対して露出する。

0018

次に、下段端子板300Aの端子301Aにケーブル400Aの外皮401Aを除去して露出させた信号線402Aを接続し、そのケーブル400Aの外被401Aを下段クランパ500Aによって、下段斜面板211に固定する。

0019

次に、上段端子板300Bの端子301Bにケーブル400Bの外皮401Bを除去して露出させた信号線402Bを接続し、そのケーブル400Bの外被401Bを上段クランパ500Bによって、上段斜面板221に固定する。

0020

以上によって、ケーブル400Aは下段端子台210の下段端子板300Aに接続されて下段クランパ500Aによって固定され、ケーブル400Bは上段端子台220の上段端子板300Bに接続されて上段クランパ500Bによって固定される。

0021

この状態において、下段端子台210に取り付けられた下段端子板300Aは、前方上側からみたとき、上段端子台220によって端子301A以外の部分が隠れた状態なるが、下段端子板300Aと上段端子板300Bや下段クランパ500Aと上段クランパ500Bを1枚の端子台に上下方向に並べて配置した場合と比べて、端子台200の上下方向の長さを短くすることができる。このように、本実施例の端子台200は、上下方向のサイズを小型化できる。

0022

また、ケーブル400A,400Bは、通常では、室外機100の裏側の下部から室内機の方向に引き出す関係から、端子台200は室内機100のサービスパネル13の奥側の下部分に取り付けられるが、本実施例では、下段端子板300Aの端子301Aが下段端子台210の下段斜面板211に上向きで取り付けられ、上段端子板300Bの端子391Bが上段端子台220の上段斜面板221に上向きで取り付けられるので、それら端子301A,301Bの目視確認が容易となり、ケーブル400A,400Bの信号線402A,402Bの接続作業が容易となる。なお、このケーブル400A,400Bとしては、通信用に限られず、電源用などであってもよい。

0023

100:マルチ型の室外機、110:吹出グリル、120:前面パネル、130:サービスパネル、140:配管カバー
200:端子台
210:下段端子台、211:下段斜面板、211a:下端部、212:下段左側面取付板、213:下段右側面板、214:下段右下取付板、215:下段右上取付板
220:上段端子台、221:上段斜面板、222:上段右側面板、223:上段右取付板、224:上段左側面板、225:上段左取付板
300A:下段端子板、300B:上段端子板、301A,301B:端子
400A,400B:ケーブル、401A,401B:外被、402A,402B:信号線
500A:下段クランパ、500B:上段クランパ
600:電装品箱
B1〜B4:ビス
A:水平投影線

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 有限会社庄司興業の「 床下空調装置」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】従前まで秀でた成果を上げてきた冬季の床暖房技術を活かした上、夏季の冷房をより経済的に実現化し、年間を通じて快適且つ経済性に優れた新たな空調システム技術を提供する。【解決手段】床組8の床下空間9... 詳細

  • 有限会社R&KJAPANの「 接続器」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題・解決手段】第2の端子から二次側端子を取り外す際のアークの発生を抑制することができ、交流経路内だけでなく、直流経路内にも設置可能な接続器を実現する。本発明の一形態に係る接続器(1)は、一次側端子... 詳細

  • 株式会社コロナの「 温調システム」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】熱源機の効率低下の抑制と強制対流式端末機による快適性とを両立する。【解決手段】温調システム100では、ファンコイルユニット53の運転要求が発せられると、メインリモコン装置RMにおいてユーザによ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ