図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2017年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

簡単な構成で、最低限のコストで暗記シートとして機能する印刷物を提供できる画像形成装置を実現することを目的とする。

解決手段

入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成部(13)を備える画像形成装置(100)において、入力された画像データから特定の要件を有する重要文章を判定する判定部(171)と、判定部(171)による判定結果に基づいて、入力された画像データから重要文章を抽出する抽出部(172)と、重要文章の画像データを除いた画像データを編集する機能と重要文章の画像データのみを編集する機能とを備える画像データ編集部(173)と、重要文章の画像データを除いた画像データに基づく出力画像と重要文章の画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する出力方式設定部(174)と、を有する暗記シート作成部(17)を備えることを特徴とする。

概要

背景

従来、画像形成装置において、カラー情報モノクロ情報とが混在する原稿コピーする場合に、例えば、カラー情報が重要な事項であっても、通常のモノクロコピーを行うとカラー情報がグレースケールプリントされるため、カラー情報が目立たなかった。

また、学生暗記学習を行うために参考書やノートのコピーを取る際には、重要な事項がカラーで記載されている場合、従来の画像形成装置により出力されたモノクロ画像では、重要な事項を覚えるためにカラーシート等を被せることで文字を消す暗記シートの様な扱いができなかった。

そこで、従来技術として、赤色シート暗記用シートを用いた学習用具であって、暗記シートにおいて重要な事項や暗記したい文字を赤色にして、暗記シートに赤色シートを重ねて透して見ると赤色の文字が見えなくなる作用を利用して暗記学習を行うようにしたものが知られている。(特許文献1を参照)。

概要

簡単な構成で、最低限のコストで暗記シートとして機能する印刷物を提供できる画像形成装置を実現することを目的とする。入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成部(13)を備える画像形成装置(100)において、入力された画像データから特定の要件を有する重要文章を判定する判定部(171)と、判定部(171)による判定結果に基づいて、入力された画像データから重要文章を抽出する抽出部(172)と、重要文章の画像データを除いた画像データを編集する機能と重要文章の画像データのみを編集する機能とを備える画像データ編集部(173)と、重要文章の画像データを除いた画像データに基づく出力画像と重要文章の画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する出力方式設定部(174)と、を有する暗記シート作成部(17)を備えることを特徴とする。

目的

本発明は、上記従来の問題点に鑑みてなされたものであって、簡単な構成で、最低限のコストで暗記シートとして機能する印刷物を提供できる画像形成装置を実現することを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成部を備える画像形成装置において、前記入力された画像データから特定の要件を有する特定画像データを判定する判定部と、前記判定部による判定結果に基づいて、前記入力された画像データから前記特定画像データを抽出する抽出部と、前記入力された画像データから前記特定画像データを除いた第1の画像データを編集する機能と前記特定画像データのみの第2の画像データを編集する機能とを備える画像データ編集部と、前記画像データ編集部により編集された前記第1の画像データに基づく出力画像と前記第2の画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する出力方式設定部と、を有する暗記シート作成部を備え、前記出力方式設定部は、前記第1の画像データに基づく出力画像と前記第2の画像データに基づく出力画像とを記録媒体の異なる画像形成領域に出力することを設定することを特徴とする画像形成装置。

請求項2

前記特定の要件は、少なくとも、カラー文字括弧付き文章下線付き、太文字、特定のフォントカラーマーキング領域のうちの何れか1つの要件を含むことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。

請求項3

前記特定の要件は、選択的に設定可能であることを特徴とする請求項2に記載の画像形成装置。

請求項4

前記出力方式設定部は、両面印刷により、記録媒体の表面には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、前記記録媒体の裏面には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置を左右反転させた位置に、前記第2の画像データを左右反転させた画像データに基づく出力画像を配置して出力することを特徴とする請求項1から3のうちの何れか一項に記載の画像形成装置。

請求項5

前記出力方式設定部は、1枚目の記録媒体には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、2枚目の記録媒体には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第2の画像データに基づく出力画像を配置して出力することを特徴とする請求項1から3のうちの何れか一項に記載の画像形成装置。

請求項6

前記出力方式設定部は、集約印刷により、同一の記録媒体上に、前記第1の画像データに基づく出力画像と、前記第2の画像データに基づく出力画像とを並べて配置して出力することを特徴とする請求項1から3のうちの何れか一項に記載の画像形成装置。

請求項7

前記集約印刷は、前記記録媒体の画像形成領域を左右に分割した2区画の画像形成領域として、一方の画像形成領域には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、他方の画像形成領域には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第2の画像データに基づく出力画像を配置して出力することを特徴とする請求項6に記載の画像形成装置。

請求項8

前記集約印刷は、前記記録媒体の画像形成領域を左右に分割した2区画の画像形成領域として、一方の画像形成領域には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、他方の画像形成領域には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置を左右反転させた位置に、前記第2の画像データを左右反転させた画像データに基づく出力画像を配置して出力することを特徴とする請求項6に記載の画像形成装置。

請求項9

前記入力された画像データにおいて、図形データを有する場合は、前記図形データはモノクロの出力画像とすることを特徴とする請求項1から8のうちの何れか一項に記載の画像形成装置。

請求項10

前記画像形成部は、記録媒体の厚さ、色合いに応じて、前記第2の画像データに基づく出力画像の濃度、文字の太さを調整する機能を備えることを特徴とする請求項1から9のうちの何れか一項に記載の画像形成装置。

請求項11

前記画像データ編集部で編集された前記第1の画像データと前記第2の画像データを保存する記憶部を備え、前記記憶部には、前記出力方式設定部において設定された出力方式に対応した前記第1の画像データと前記第2の画像データとを保存することを特徴とする請求項1から10のうちの何れか一項に記載した画像形成装置。

技術分野

0001

本発明は、画像形成装置係り、特に、入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成装置に関する。

背景技術

0002

従来、画像形成装置において、カラー情報モノクロ情報とが混在する原稿コピーする場合に、例えば、カラー情報が重要な事項であっても、通常のモノクロコピーを行うとカラー情報がグレースケールプリントされるため、カラー情報が目立たなかった。

0003

また、学生暗記学習を行うために参考書やノートのコピーを取る際には、重要な事項がカラーで記載されている場合、従来の画像形成装置により出力されたモノクロ画像では、重要な事項を覚えるためにカラーシート等を被せることで文字を消す暗記シートの様な扱いができなかった。

0004

そこで、従来技術として、赤色シート暗記用シートを用いた学習用具であって、暗記シートにおいて重要な事項や暗記したい文字を赤色にして、暗記シートに赤色シートを重ねて透して見ると赤色の文字が見えなくなる作用を利用して暗記学習を行うようにしたものが知られている。(特許文献1を参照)。

先行技術

0005

特開2007−322943号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、画像形成装置を用いて従来技術のような暗記シートを作成するためには、カラー印刷が必要であり、しかも印刷されたカラー画像に対応したカラーシートを必要とするため、暗記シートを用いた学習用具を実現するためには、コストが増大するという問題があった。

0007

本発明は、上記従来の問題点に鑑みてなされたものであって、簡単な構成で、最低限のコストで暗記シートとして機能する印刷物を提供できる画像形成装置を実現することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上述した課題を解決するための本発明に係る画像形成装置は、次の通りである。

0009

本発明の画像形成装置は、入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成部を備える画像形成装置において、前記入力された画像データから特定の要件を有する特定画像データを判定する判定部と、前記判定部による判定結果に基づいて、前記入力された画像データから前記特定画像データを抽出する抽出部と、前記入力された画像データから前記特定画像データを除いた第1の画像データを編集する機能と、前記特定画像データのみの第2の画像データを編集する機能とを備える画像データ編集部と、前記画像データ編集部により編集された前記第1の画像データに基づく出力画像と前記第2の画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する出力方式設定部と、を有する暗記シート作成部を備え、前記出力方式設定部は、前記第1の画像データに基づく出力画像と前記第2の画像データに基づく出力画像とを記録媒体の異なる画像形成領域に出力することを設定することを特徴とするものである。

0010

また、本発明は、前記特定の要件として、少なくとも、カラー文字括弧付き文章下線付き、太文字、特定のフォントカラーマーキング領域のうちの何れか1つの要件を含むことが好ましい。

0011

また、本発明は、前記特定の要件を選択的に設定できることが好ましい。
例えば、画像形成装置の使用者が、カラー文字、括弧付き文章、下線付き、太文字、特定のフォント、カラーマーキング領域等を選択的に特定の要件として設定できるようにする。

0012

また、本発明は、前記出力方式設定部により、両面印刷を設定して、記録媒体の表面には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、前記記録媒体の裏面には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置を左右反転させた位置(表面の位置と一致する裏面の位置)に、前記第2の画像データを左右反転させた画像データに基づく出力画像(鏡文字変換による出力画像)を配置して出力することが好ましい。

0013

また、本発明は、前記出力方式設定部により、1枚目の記録媒体には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、2枚目の記録媒体には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第2の画像データに基づく出力画像を配置して出力することが好ましい。

0014

また、本発明は、前記出力方式設定部により、集約印刷を設定して、同一の記録媒体上に、前記第1の画像データに基づく出力画像と、前記第2の画像データに基づく出力画像とを並べて配置して出力することが好ましい。

0015

また、本発明は、前記集約印刷では、前記記録媒体の画像形成領域を左右に分割した2区画の画像形成領域として、一方の画像形成領域には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、他方の画像形成領域には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第2の画像データに基づく出力画像を配置して出力することが好ましい。

0016

また、本発明は、前記集約印刷では、前記記録媒体の画像形成領域を左右に分割した2区画の画像形成領域として、一方の画像形成領域には、入力時の前記第1の画像データの位置情報に基づく位置に、前記第1の画像データに基づく出力画像を配置し、他方の画像形成領域には、入力時の前記第2の画像データの位置情報に基づく位置を左右反転させた位置に、前記第2の画像データを左右反転させた画像データに基づく出力画像(鏡文字変換による出力画像)を配置して出力することが好ましい。

0017

本発明において、前記記録媒体の左右の画像形成領域を折り返して重ねることで、第1の画像データの出力画像の裏側に第2画像データの出力画像を重ね合わせることができる。

0018

また、本発明は、前記入力された画像データにおいて、図形データを有する場合は、前記図形データはモノクロの出力画像とすることが好ましい。

0019

また、本発明は、前記画像形成部の構成として、記録媒体の厚さ、色合いに応じて、前記第2の画像データに基づく出力画像の濃度、文字の太さを調整する機能を備えることが好ましい。

0020

また、本発明は、前記画像データ編集部で編集された前記第1の画像データと前記第2の画像データを保存する記憶部を備え、前記記憶部には、前記出力方式設定部において設定された出力方式に対応した前記第1の画像データと前記第2の画像データとを保存することが好ましい。

発明の効果

0021

本発明の画像形成装置によれば、入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成部を備える画像形成装置において、前記入力された画像データから特定の要件を有する特定画像データを判定する判定部と、前記判定部による判定結果に基づいて、前記入力された画像データから前記特定画像データを抽出する抽出部と、前記入力された画像データから前記特定画像データを除いた第1の画像データを編集する機能と、前記特定画像データのみの第2の画像データを編集する機能とを備える画像データ編集部と、前記画像データ編集部により編集された前記第1の画像データに基づく出力画像と前記第2の画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する出力方式設定部と、を有する暗記シート作成部を備え、前記出力方式設定部により、前記第1の画像データに基づく出力画像と前記第2の画像データに基づく出力画像とを記録媒体の異なる画像形成領域に出力することを設定することで、簡単な構成で、モノクロコピーだけで低コストで暗記シートとして機能する印刷物を提供できる。

図面の簡単な説明

0022

本発明の第1実施形態に係る画像形成装置の制御部の構成を説明するブロック図である。
第1実施形態の読み取り原稿の一例を示す説明図である。
前記制御部の暗記シート作成部を構成する出力設定部により設定されたモノクロ文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図である。
前記出力設定部により設定されたカラー文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図である。
前記画像形成装置により暗記シートを作成する処理工程を示すフローチャートである。
本発明の第2実施形態に係る画像形成装置の制御部の構成を説明するブロック図である。
前記制御部の暗記シート作成部を構成する出力設定部により設定されたモノクロ文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図である。
前記出力設定部により設定されたカラー文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図である。
本発明の第3実施形態に係る画像形成装置の制御部の構成を説明するブロック図である。
前記制御部の暗記シート作成部を構成する出力設定部により設定された集約印刷(2in1)で出力した状態(モノクロ)を示す説明図である。
前記画像形成装置により出力された印刷物の変形例の一例を示す説明図である。
本発明の第4実施形態に係る画像形成装置の構成を説明するブロック図である。
前記画像形成装置により暗記シートを作成する処理工程を示すフローチャートである。

実施例

0023

(第1実施形態)
以下、本発明の画像形成装置を実施するための形態について図面を参照して説明する。
図1は発明を実施する形態の一例であって、本発明の第1実施形態に係る画像形成装置の制御部の構成を説明するブロック図、図2は第1実施形態の読み取り原稿の一例を示す説明図、図3は前記制御部の暗記シート作成部を構成する出力設定部により設定されたモノクロ文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図、図4は前記出力設定部により設定されたカラー文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図である。

0024

第1実施形態に係る画像形成装置100は、図1に示すように、画像読み取り部11、画像形成部13、画像出力部15、各部の動作を制御する制御部16を備えて、入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成装置において、制御部16の構成として、入力された画像データから特定の要件を有する特定画像データを判定する判定部171と、判定部171による判定結果に基づいて、入力された画像データから特定画像データを抽出する抽出部172と、入力された画像データを編集する画像データ編集部173と、画像データ編集部173により編集された画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する出力方式設定部174と、を有する暗記シート作成部17を備えることを特徴としている。

0025

第1実施形態において、画像読み取り部11で読み取られる原稿G1は、図2に示すように、モノクロ文字(第1の画像データ)g01と破線部で囲まれたカラー文字(第2の画像データ)g02とが混在した原稿である。

0026

判定部171は、文字の色を特定要件として、入力された画像データからカラー文字g02を特定画像データとして判定する。

0027

抽出部172は、判定部171による判定結果に基づいて、読み込まれた原稿G1の画像データからカラー文字g02の画像データを抽出する。

0028

画像データ編集部173は、モノクロ文字g01の画像データ(第1の画像データ)を編集する機能とカラー文字g02の画像データ(第2の画像データ)を編集する機能を備えている。

0029

出力方式設定部174は、画像データ編集部173により編集されたモノクロ文字g01の画像データに基づく出力画像とカラー文字g02の画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する。

0030

第1実施形態では、出力方式設定部174は、両面印刷による出力方式により、記録シート(記録媒体)の表面には、入力時の第1の画像データの位置情報に基づく位置に、第1の画像データに基づく出力画像を配置し、記録シートの裏面には、入力時の第2の画像データの位置情報に基づく位置を左右反転させた位置(表面の位置と一致する裏面の位置)に、第2の画像データを左右反転させた画像データに基づく出力画像(鏡文字変換による出力画像)を配置して出力するように設定する機能(以下、「裏面反転機能」と称する。)741を備えている。

0031

そして、出力方式設定部174は、図3に示すように、記録シートP1の表面P1aには、入力時のモノクロ文字g01の画像データの位置情報に基づく位置に、モノクロ文字g01の画像データに基づく出力画像g11を配置し、図4に示すように、記録シートP1の裏面P1bには、入力時のカラー文字g02の画像データの位置情報に基づく位置を左右反転させた位置(表面の位置と一致する裏面の位置)に、カラー文字g02を左右反転させた画像データに基づく出力画像(鏡文字変換による出力画像)g12を配置して出力するように設定する。

0032

次に、第1実施形態の画像形成装置100により暗記シートを作成する工程についてフローチャートに沿って説明する。
図5は第1実施形態の画像形成装置により暗記シートを作成する処理工程を示すフローチャートである。

0033

図5に示すように、画像形成装置100により暗記シートを作成する場合は、まず、図示しない操作画面上で暗記シート作成機能を選択する(ステップS1)。そして、原稿のなかの重要文章として抽出する抽出条件(例えば、カラー、括弧付き、太文字、下線付き、特定のフォント等)を選択する(ステップS2)。

0034

そして、原稿を読み込み、抽出部172において抽出条件により特定される対象文章とそれ以外の文章とを分けて抽出されて、判定部171において抽出された文章が重要文章であるか否かが判定される(ステップS3)。

0035

ステップS3において、抽出された文章が重要文章ではないと判定された文章データは、記録シートの表面用のモノクロの画像データとしてデータ編集される(ステップS4)。

0036

一方、ステップS3において、抽出された文章が重要文章であると判定された文章データは、記録シートの裏面用の画像データとして、モノクロの鏡文字の画像データに編集される(ステップS5)。

0037

そして、出力方式設定部174により、両面印刷処理にて、表面には重要文章でない文章がモノクロ印刷で出力され、裏面には裏面反転機能741により重要文章がモノクロ印刷の鏡文字で出力される(ステップS6)。

0038

このようにして、暗記シート作成機能により暗記シートとして機能する印刷物が出力される。すなわち、両面印刷された印刷物は、表面から見ると表面に印刷された文章しか確認できないが、明かりに透かしてみることで裏面に印刷された重要文章を表面側より見ることができる。

0039

以上のように構成したので、第1実施形態の画像形成装置100によれば、入力された画像データに基づき出力画像を形成する画像形成装置において、読み込まれた原稿G1の画像データから特定の要件を有する重要文章を判定する判定部171と、判定部171による判定結果に基づいて、重要文章の画像データを抽出する抽出部172と、読み込まれた画像データから重要文章の画像データを除いた画像データを編集する機能と重要文章の画像データのみを編集する機能とを備える画像データ編集部173と、画像データ編集部173により編集された重要文章の画像データを除いた画像データに基づく出力画像と重要文章の画像データに基づく出力画像の出力方式を設定する出力方式設定部174と、を有する暗記シート作成部17を備え、出力方式設定部174により、両面印刷処理にて、表面には重要文章でない文章をモノクロ印刷で出力し、裏面には重要文章をモノクロ印刷の鏡文字で出力するように設定したので、簡単な構成で、モノクロコピーだけで低コストで暗記シートとして機能する印刷物を提供できる。

0040

(第2実施形態)
次に、本発明の第2実施形態について説明する。
図6は本発明の第2実施形態に係る画像形成装置の制御部の構成を説明するブロック図、図7は前記制御部の暗記シート作成部を構成する出力設定部により設定されたモノクロ文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図、図8は前記出力設定部により設定されたカラー文字の出力状態(モノクロ)を示す説明図である。

0041

第2実施形態に係る画像形成装置200は、図6に示すように、制御部26において、暗記シート作成部27を構成する出力方式設定部274の機能として、1枚目の記録シートには重要文章でない文章をモノクロ印刷で出力し、2枚目の記録シートには重要文章をモノクロ印刷で出力するように設定する機能(以下、「2枚重ね印刷機能」と称する。)742を備えることを特徴としている。

0042

なお、第2実施形態の画像形成装置200の構成は、第1実施形態の画像形成装置100と同様な構成を有するものは同様な符号を付することで、第1実施形態の説明を参照することで説明を省略する。

0043

出力方式設定部274は、図7に示すように、1枚目の記録シートP21の表面P21aには、入力時のモノクロ文字g01の画像データの位置情報に基づく位置に、モノクロ文字g01の画像データに基づく出力画像g21を配置し、図8に示すように、2枚目の記録シートP22の表面P22aには、入力時のカラー文字g02の画像データの位置情報に基づく位置に、カラー文字g02の画像データに基づく出力画像g22を配置して出力するように設定する。

0044

このようにして、第2実施形態では、1枚目の記録シートP21に原稿G1の画像データのモノクロ文字g01の画像データに基づく出力画像g21を形成して出力し、2枚目の記録シートP22に原稿G1の画像データのカラー文字g02の画像データに基づく出力画像g22を形成して出力して、1枚目の記録シートP21を2枚面の記録シートP22の上に重ねて配置することで、1枚目の記録シートP21の空白g23の位置に、1枚目の記録シートP21を透して2枚面の記録シートP22に印刷された重要文章の出力画像g22を見ることができる。

0045

以上のよう構成したので、第2実施形態の画像形成装置200によれば、出力方式設定部274に2枚重ね印刷機能742を備えることで、原稿G1の画像データを重要文章と重要文章以外の文章とを分けて2枚の記録シートP21,P22に印刷して重ね合わせて使用することで、簡単な構成で、暗記シートとして機能する印刷物を提供できる。

0046

(第3実施形態)
次に、本発明の第3実施形態について説明する。
図9は本発明の第3実施形態に係る画像形成装置の制御部の構成を説明するブロック図、図10は前記制御部の暗記シート作成部を構成する出力設定部により設定された集約印刷(2in1)で出力した状態(モノクロ)を示す説明図、図11は前記画像形成装置により出力された印刷物の変形例の一例を示す説明図である。

0047

第3実施形態に係る画像形成装置300は、図9に示すように、制御部36において、暗記シート作成部37を構成する出力方式設定部374の機能として、集約印刷により、記録シートの第1の画像形成領域に重要文章でない文章をモノクロ印刷で出力し、記録シートの第2の画像形成領域には重要文章をモノクロ印刷で出力するように設定する機能(以下、「集約印刷機能」と称する。)743を備えることを特徴としている。

0048

なお、第3実施形態の画像形成装置300の構成は、第1実施形態の画像形成装置100と同様な構成を有するものは同様な符号を付することで、第1実施形態の説明を参照することで説明を省略する。

0049

出力方式設定部374は、図10に示すように、記録シートP3の表面P3aを左右に分割した2区画の画像形成領域を構成し、第1の画像形成領域P31には、入力時のモノクロ文字g01の画像データの位置情報に基づく位置に、モノクロ文字g01の画像データに基づく出力画像g31を配置し、第2の画像形成領域P32には、入力時のカラー文字g02の画像データの位置情報に基づく位置に、カラー文字g02の画像データに基づく出力画像g32を配置して出力するように設定する。

0050

このようにして、第3実施形態では、1枚の記録シートP3の表面P3aを左右に分割した2区画の画像形成領域を構成して、第1の画像形成領域P31には、入力時のモノクロ文字g01の画像データの位置情報に基づく位置に、モノクロ文字g01の画像データに基づく出力画像g31を配置し、第2の画像形成領域P32には、入力時のカラー文字g02の画像データの位置情報に基づく位置に、カラー文字g02の画像データに基づく出力画像g32を配置して出力することで、1枚の記録シートP3の表面P3aにモノクロ文字g01の画像データに基づく出力画像g31とカラー文字g02の画像データに基づく出力画像g32を並べて出力することができる。これにより、記録シートP3の第1の画像形成領域P31の出力画像g31と第2の画像形成領域P32の出力画像g32とを見比べて使用することで、記録シートP3を暗記シートとして機能させることができる。

0051

以上のように構成したので、第3実施形態の画像形成装置300によれば、出力方式設定部374に集約印刷機能743を備えることで、1枚の記録シートP3に原稿G1の画像データを重要文章と重要文章以外の文章とを左右に分けて印刷することができる。これにより、重要文章と重要文章以外の文章とを交互に見ることで、簡単な構成で、暗記シートとして機能する印刷物を提供できる。

0052

なお、変形例として、出力方式設定部374の集約印刷機能743により、1枚の記録シートP3に原稿G1の画像データを重要文章と重要文章以外の文章とを第1の画像形成領域P31と第2の画像形成領域P32とに分けて印刷した印刷物を、図11に示すように、記録シートP3の中心から第1の画像形成領域P31と第2の画像形成領域P32とに2枚の記録シートP301,P302に断裁することで、第2実施形態のように、2枚の記録シートを重ね合わせて使用するようにしてもよい。

0053

(第4実施形態)
次に、本発明の第4実施形態について説明する。
図12は本発明の第4実施形態に係る画像形成装置の構成を説明するブロック図、図13は前記画像形成装置により暗記シートを作成する処理工程を示すフローチャートである。

0054

第4実施形態に係る画像形成装置400は、図12に示すように、画像形成部13に濃度調整機能131を備え、記録シートの厚さ、色合いに応じて、重要文章の画像データに基づく出力画像の濃度、文字の太さを調整可能とすることを特徴としている。

0055

なお、第4実施形態の画像形成装置400の構成は、第1実施形態の画像形成装置100と同様な構成を有するものは同様な符号を付することで、第1実施形態の説明を参照することで説明を省略する。

0056

画像形成装置400により暗記シートを作成する場合は、図13に示すように、まず、図示しない操作画面上で暗記シート作成機能を選択する(ステップS101)。そして、原稿のなかの重要文章として抽出する抽出条件(例えば、カラー、括弧付き、太文字、下線付き、特定のフォント等)を選択する(ステップS102)。

0057

そして、原稿を読み込み、抽出部172において抽出条件により特定される対象文章とそれ以外の文章とを分けて抽出されて、判定部171において抽出された文章が重要文章であるか否かが判定される(ステップS103)。

0058

ステップS103において、抽出された文章が重要文章ではないと判定された文章データは、記録シートの表面用のモノクロの画像データとしてデータ編集される(ステップS104)。

0059

一方、ステップS103において、抽出された文章が重要文章であると判定された文章データは、記録シートの裏面用の画像データとして、モノクロの鏡文字の画像データに編集される(ステップS105)。

0060

そして、画像形成部13において、濃度調整機能131により記録シートの設定(厚さ、色合い)に応じて裏面に形成される出力画像の濃度、文字、線の太さが自動調整される(ステップS106)。

0061

そして、出力方式設定部174により、両面印刷処理にて、表面には重要文章でない文章がモノクロ印刷で出力され、裏面には裏面反転機能741により重要文章がモノクロ印刷の鏡文字で出力される(ステップS107)。

0062

このようにして、第1実施形態と同様に、暗記シート作成機能により暗記シートとして機能する印刷物が出力される。

0063

以上のように構成したので、第4実施形態によれば、画像形成部13において、濃度調整機能131により記録シートの設定(厚さ、色合い)に応じて裏面に形成される出力画像の濃度、文字、線の太さが自動調整されるので、裏面に形成される重要文章の視認性を良好にすることができる。

0064

なお、上述した実施形態においては、画像読み取り部11により読み込まれた原稿G1の画像データのうちから特定の要件を有する特定画像データ(重要文章)を判定して抽出するようにしているが、例えば、既存の原稿に対してマーカー等により特定の要件を加えて重要文章等とを特定した場合でも、その原稿を読み込んだ際に、マーカー等の加筆部分を特定の要件として特定画像データを判定するようにしてもよい。

0065

また上述した実施形態では、画像形成装置における暗記シート作成機能は、画像データを出力して使用されているが、画像形成装置に備える記憶部に、画像データ編集部で編集された重要文章の画像データと重要文章以外の画像データを保存するとともに、出力方式設定部において設定された出力方式に対応した画像データを保存するようにしてもよい。

0066

以上のように、本発明は上述した実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能である。すなわち、請求項に示した範囲で適宜変更した技術的手段を組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。

0067

11画像読み取り部
13画像形成部
15画像出力部
16,26,36 制御部
17,27,37暗記シート作成部
100,200,300,400画像形成装置
131濃度調整機能
171 判定部
172 抽出部
173 画像データ編集部
174,274,374出力方式設定部
741 裏面反転機能
742 2枚重ね印刷機能
743集約印刷機能
g01モノクロ文字
g02カラー文字
G1原稿
g11,g21,g22,g31,g32出力画像
g23空白
P1,P21,P22,P3,P301,P302記録シート(記録媒体)
P1a,P21a,P22a,P3a 表面
P1b 裏面
P31 第1の画像形成領域
P32 第2の画像形成領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ