図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2017年6月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

変速ボタン故障診断の性能及び信頼性を向上させるボタン変速タイプの故障判断ステムを提供する。

解決手段

複数の変速ボタンのそれぞれに対して多数の接点ポイントを有するベースと、接点ポイントの接点信号受け取り、変速ボタンの押下時に多数の接点ポイントのいずれかが認識されないか、或いは固着されたと認識される場合、変速ボタンに異常が発生したと判断する制御部とを含み、複数の変速ボタンはP段、R段、N段、及びD段で構成され、接点ポイントは、変速ボタンの範囲内で少なくとも3つの地点分布され、制御部は、3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断し、変速ボタンの押下時に3つの接点ポイントのいずれかが認識されない場合、ミスカウントとしてチェックし、ミスカウントが累積して、保存されている故障判断設定値に達した場合、他の2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する。

概要

背景

一般に、自動車走行する場合に必要とする駆動力貨物積載有無や道路状況、走行速度などにより大きく変化するので、これに対応するために、エンジン駆動輪との間でトルクを変化させる変速機が備えられ、これにより、走行状態に応じて適切に駆動力を変化させることができる。変速機には自動車を後進させるためのギア装置が設けられる。
最近、変速機には自動変速機が適用されるが、このような自動変速機は、機械運転者に代わってギア変速を行ってくれるものであり、設定された走行速度とアクセルペダルを踏む程度に応じて最適なギアを選択する。このような自動変速機は、駐車用のP段、後進用のR段、中立用のN段、及び走行用のD段に区分されており、変速レバーを操作して特定の変速段を決定するように構成されている。

最近では、変速段を決定する変速レバーとしては、レバータイプ以外に、ボタン式タイプも使用されている。つまり、電子式変速システムを適用して、ボタンの操作有無に基づき変速操作信号を電気信号としてTCUなどの制御部に送るもので、運転者の変速意志を検知し、車両の状態に応じて変速機側アクチュエータを作動させて変速を行う。
しかし、従来の変速ボタンの場合は、ボタン作動接点が1つ使用され、1つの接点信号のみでボタンの状態を判断し、接点エラーの際に変速ボタンが作動不能状態であると認識することにより、車両の運行が不可能になるという問題点がある。

概要

変速ボタンの故障診断の性能及び信頼性を向上させるボタン式変速タイプの故障判断ステムを提供する。複数の変速ボタンのそれぞれに対して多数の接点ポイントを有するベースと、接点ポイントの接点信号を受け取り、変速ボタンの押下時に多数の接点ポイントのいずれかが認識されないか、或いは固着されたと認識される場合、変速ボタンに異常が発生したと判断する制御部とを含み、複数の変速ボタンはP段、R段、N段、及びD段で構成され、接点ポイントは、変速ボタンの範囲内で少なくとも3つの地点分布され、制御部は、3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断し、変速ボタンの押下時に3つの接点ポイントのいずれかが認識されない場合、ミスカウントとしてチェックし、ミスカウントが累積して、保存されている故障判断設定値に達した場合、他の2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する。

目的

本発明は、このような問題点を解決するためになされたものであって、その目的は、変速ボタンの故障を判断し、変速ボタンの作動を最大限保障するとともに、変速ボタンの故障診断の性能及び信頼性を向上させるボタン式変速タイプの故障判断システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車両の内部に設置され、押下可能に備えられる複数の変速ボタンが設けられ、変速ボタンのそれぞれに対して多数の接点ポイントを有するベースと、前記接点ポイントの接点信号受け取り、前記変速ボタンの押下時に多数の接点ポイントのいずれかが認識されないか、或いは固着されたと認識される場合、変速ボタンに異常が発生したと判断する制御部とを含んでなることを特徴とするボタン変速タイプの故障判断ステム

請求項2

前記複数の変速ボタンはP段、R段、N段、及びD段に分割されて構成されることを特徴とする請求項1に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項3

前記接点ポイントは変速ボタンの範囲内で少なくとも3つの地点分布されたことを特徴とする請求項1に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項4

前記制御部は、3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断し、変速ボタンの押下時に3つの接点ポイントのいずれかが認識されない場合、ミスカウントとしてチェックし、ミスカウントが累積して、保存されている故障判断設定値に達した場合、他の2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断することを特徴とする請求項3に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項5

前記制御部は、認識されていない接点ポイントが正常に認識される場合、累積したミスカウントを所定値だけ減少させることを特徴とする請求項4に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項6

前記制御部は、変速ボタンの押下時に3つの接点ポイントのいずれかが、保存されている故障判断時間の間に固着されたと認識される場合、他の2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断することを特徴とする請求項4に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項7

前記制御部は、2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する際に、2つの接点ポイントのいずれかが故障判断時間の間に固着されたと認識される場合、他の1つの接点ポイントに対して異常か否かを判断することを特徴とする請求項4に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項8

前記制御部は、2つの接点ポイントが両方とも故障判断時間の間に固着されていないと認識される場合、3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断するように指令することを特徴とする請求項7に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項9

前記制御部は、1つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する際に、1つの接点ポイントが故障判断時間の間に固着されるかをチェックし、1つの接点ポイントが故障判断時間の間に固着される場合、変速ボタンに異常が発生したと決定することを特徴とする請求項7に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項10

前記制御部は、1つの接点ポイントを除く2つの接点ポイントの認識状況をチェックし、1つの接点ポイントが固着されても、残りの2つの接点ポイントが正常に認識される場合、2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断するように指令することを特徴とする請求項9に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

請求項11

前記制御部は、3つの接点ポイントの固着状況および認識状況をチェックし、3つの接点ポイントがすべて固着されず且ついずれかの接点ポイントのみ認識されない場合、2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断するように指令することを特徴とする請求項9に記載のボタン式変速タイプの故障判断システム。

技術分野

0001

本発明は、ボタン変速タイプの故障判断ステム係り、より詳しくは、変速ボタンの作動不能状態を判断し、故障診断の性能及び信頼性を向上させるとともに、変速ボタンの作動を最大限保障することにより車両運行故障を防止するボタン式変速タイプの故障判断システムに関する。

背景技術

0002

一般に、自動車走行する場合に必要とする駆動力貨物積載有無や道路状況、走行速度などにより大きく変化するので、これに対応するために、エンジン駆動輪との間でトルクを変化させる変速機が備えられ、これにより、走行状態に応じて適切に駆動力を変化させることができる。変速機には自動車を後進させるためのギア装置が設けられる。
最近、変速機には自動変速機が適用されるが、このような自動変速機は、機械運転者に代わってギアの変速を行ってくれるものであり、設定された走行速度とアクセルペダルを踏む程度に応じて最適なギアを選択する。このような自動変速機は、駐車用のP段、後進用のR段、中立用のN段、及び走行用のD段に区分されており、変速レバーを操作して特定の変速段を決定するように構成されている。

0003

最近では、変速段を決定する変速レバーとしては、レバータイプ以外に、ボタン式タイプも使用されている。つまり、電子式変速システムを適用して、ボタンの操作有無に基づき変速操作信号を電気信号としてTCUなどの制御部に送るもので、運転者の変速意志を検知し、車両の状態に応じて変速機側アクチュエータを作動させて変速を行う。
しかし、従来の変速ボタンの場合は、ボタン作動接点が1つ使用され、1つの接点信号のみでボタンの状態を判断し、接点エラーの際に変速ボタンが作動不能状態であると認識することにより、車両の運行が不可能になるという問題点がある。

先行技術

0004

韓国公開特許第10−2015−0059440号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、このような問題点を解決するためになされたものであって、その目的は、変速ボタンの故障を判断し、変速ボタンの作動を最大限保障するとともに、変速ボタンの故障診断の性能及び信頼性を向上させるボタン式変速タイプの故障判断システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するために、本発明に係るボタン式変速タイプの故障判断システムは、車両の内部に設置され、押下可能に備えられる複数の変速ボタンが設けられ、変速ボタンのそれぞれに対して多数の接点ポイントを有するベースと、前記接点ポイントの接点信号を受け取り、前記変速ボタンの押下時に多数の接点ポイントのいずれかが認識されないか、或いは固着されたと認識される場合、変速ボタンに異常が発生したと判断する制御部とを含んでなることを特徴とする。

0007

前記複数の変速ボタンはP段、R段、N段、及びD段に分割されて構成されることを特徴とする。

0008

前記接点ポイントは、変速ボタンの範囲内で少なくとも3つの地点分布されることを特徴とする。

0009

前記制御部は、3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断し、変速ボタンの押下時に3つの接点ポイントのいずれかが認識されない場合、ミスカウントとしてチェックし、ミスカウントが累積して、保存されている故障判断設定値に達した場合、他の2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断することを特徴とする。

0010

前記制御部は、認識されていない接点ポイントが正常に認識される場合、累積したミスカウントを所定値だけ減少させることを特徴とする。

0011

前記制御部は、変速ボタンの押下時に3つの接点ポイントのいずれかが、保存されている故障判断時間の間に固着されたと認識される場合、他の2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断することを特徴とする。

0012

前記制御部は、2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する際に、2つの接点ポイントのいずれかが故障判断時間の間に固着されたと認識される場合、他の1つの接点ポイントに対して異常か否かを判断することを特徴とする。

0013

前記制御部は、2つの接点ポイントが両方とも故障判断時間の間に固着されていないと認識される場合、3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断するように指令することを特徴とする。

0014

前記制御部は、1つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する際に、1つの接点ポイントが故障判断時間の間に固着されるかをチェックし、1つの接点ポイントが故障判断時間の間に固着される場合、変速ボタンに異常が発生したと決定することを特徴とする。

0015

前記制御部は、1つの接点ポイントを除く2つの接点ポイントの認識状況をチェックし、1つの接点ポイントが固着されても、残りの2つの接点ポイントが正常に認識される場合、2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断するように指令することを特徴とする。

0016

前記制御部は、3つの接点ポイントの固着状況および認識状況をチェックし、3つの接点ポイントがすべて固着されず且ついずれかの接点ポイントのみ認識されない場合、2つの接点ポイントに対して異常か否かを判断するように指令することを特徴とする。

発明の効果

0017

上述したような構造を持つボタン式変速タイプの故障判断システムによれば、変速ボタンの故障判断の際に、変速ボタンの作動を最大限保障するとともに、変速ボタンの故障診断の性能及び信頼性を向上させる。

図面の簡単な説明

0018

本発明の一実施形態に係るボタン式変速タイプの故障判断システムを示す構成図である。
図1に示したボタン式変速タイプの故障判断システムを説明するための図である。
図1に示したボタン式変速タイプの故障判断システムを説明するための図である。
図1に示したボタン式変速タイプの故障判断システムを説明するための図である。
図1に示したボタン式変速タイプの故障判断システムを説明するための図である。
図1に示したボタン式変速タイプの故障判断システムの制御方法を示すフローチャートである。

実施例

0019

以下、添付図面を参照して、本発明の好適な実施例に係るボタン式変速タイプの故障判断システムについて説明する。
図1は本発明の一実施形態に係るボタン式変速タイプの故障判断システムを示す構成図、図2乃至図5図1に示したボタン式変速タイプの故障判断システムを説明するための図、図6図1に示したボタン式変速タイプの故障判断システムの制御方法を示すフローチャートである。
図1に示すように、本発明に係るボタン式変速タイプの故障判断システムは、車両の内部に設置され、押下可能に備えられる複数の変速ボタン12が設けられ、変速ボタン12のそれぞれに対して多数の接点ポイント20を有するベース10と、前記接点ポイントの接点信号を受け取り、変速ボタン12の押下時に多数の接点ポイント20のいずれかが認識されないか、或いは固着されたと認識される場合、変速ボタン12に異常が発生したと判断する制御部30と、を含んでなる。

0020

このように、変速ボタン12の押下時に複数の接点ポイント20に対して認識状況または固着状況をチェックして変速ボタン12の異常をチェックすることにより、当該変速ボタン12の故障か否かを正確に判断することができ、故障判断過程の間、変速ボタン12の作動が保障されて円滑な車両走行が行われるようにする。
ベース10は、既存の変速レバーが位置していた部分に設置されてもよく、ステアリングホイールに設置されてもよい。つまり、本発明では、変速段を変更するための手段としてレバーではなく、変速ボタンが適用されることにより、設計の自由度が高くなる。
このようなベース10には複数の変速ボタン12が設けられ、変速ボタン12には多数の接点ポイント20が備えられる。ここで、複数の変速ボタン12は、車両が前進するように変速機を制御するD段ボタン12a、車両が後進するように変速機を制御するR段ボタン12b、車両のエンジンEの出力が前記駆動輪に伝達されることを遮断するように変速機Tを制御するN段のボタン12c、及び車両が停止した状態を維持するように変速機Tを制御するP段ボタン12dから構成される。

0021

特に、図2に示すように、変速ボタンは、接点ポイント20が変速ボタン12の範囲内で少なくとも3つの地点22、24、26に分布できる。
もちろん、変速ボタン12に接点ポイント20を3つの地点よりもさらに多い地点から構成してもよいが、本発明では、接点ポイント20の数に応じて段階的に変速ボタン12の故障か否かを判断するので、接点ポイント20が過度に増加すると、変速ボタン12の作動が必要以上に保障される問題が発生するおそれがある。また、接点ポイント20を1つのみ適用する場合、1つの接点ポイント20が認識されない状況をすぐに作動不能と判断するため、円滑な車両運行が実現できず、2つの接点のみを使用する場合、2つの接点のどれに異常が発生したかを判断することができないため、認識信号の精度に劣る。
したがって、本発明では、変速ボタン20に適用される接点ポイントを3つの地点にして故障か否かを判断する。

0022

一方、制御部30は、接点ポイント20の3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断し、変速ボタン12の押下時に接点ポイント20の接点ポイント22が認識されない場合、ミスカウントとしてチェックし、ミスカウントが累積して、保存されている故障判断設定値に達した場合、他の2つの接点ポイント24、26に対して異常か否かを判断することができる。
本発明では、変速ボタン12の異常か否かを判断する際に、まず、制御部30を介して接点ポイント20の3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する。すなわち、図3に示すように、接点ポイント20の接点ポイント22が認識されない場合、これをミスカウントとしてチェックし、ミスカウントが累積して、制御部30に既に保存されている故障判断設定値に達した場合、次の段階である2つの接点ポイント24、26に対して異常か否かを判断する。このように、2つの接点ポイント24、26に対して異常か否かを判断することに指令された場合、接点ポイント20の3つの接点ポイントのうち、認識されていない接点ポイント22を除く残りの2つの接点ポイント24、26に対して異常か否かを判断する。

0023

ここで、制御部30は、認識されていない接点ポイント20が正常に認識される場合、累積したミスカウントを所定値だけ減少させることができる。このように、制御部30は、接点ポイント20の3つの接点ポイントで認識されなかった接点ポイント22が正常に認識される場合、累積したミスカウントを所定値だけ減少させることにより、一時的なエラー状況に反応しないようにして、安定的な制御が行われるようにできる。
これについて例を挙げて説明すると、3つの接点ポイント22、24、26のいずれかが認識されないことによりミスカウントが1ずつ増加し、ミスカウントが累積して、保存されている故障判断設定値、例えば10に到達した場合、変速ボタン12に異常が発生したと判断する。但し、変速ボタン12の一時的なエラーによりミスカウントが増加することがあるので、認識されなかった接点ポイント22がさらに正常に認識される場合、ミスカウントを5ずつ減少させる。

0024

一方、制御部30は、変速ボタン12の押下時に、接点ポイント20の3つの接点ポイントのいずれか、例えば接点ポイント22が、保存されている故障判断時間の間に固着されたと認識される場合、他の2つの接点ポイント24,26に対して異常か否かを判断するように指令できる。
つまり、累積するミスカウントだけでなく、特定の接点ポイント20が、保存されている故障判断時間の間に固着されると、これは明らかに変速ボタン12のエラーと判断して、すぐに接点ポイント22以外の残りの接点ポイント24、26に対して異常か否かを判断するように指令する。ここで、制御部30に既に保存されている故障判断時間は30秒であるが、故障判断時間を変更して設定することができる。前述したように、接点ポイント20の3つの接点ポイントのいずれか、例えば接点ポイント22が認識されないか、或いは固着されたと認識される場合、次の段階である2つの接点ポイント24、26に対して異常か否かを判断する。このときに変速ボタン12の作動が可能であり、変速ボタン12の作動を保障することができ、段階的に変速ボタン12の故障か否かを判断することにより、信頼性の向上を図ることができる。

0025

一方、図4に示すように、制御部30は、2つの接点ポイント24、26に対して異常か否かを判断するとき、2つの接点ポイント24、26のいずれか、例えば接点ポイント24が故障判断時間の間に固着されたと認識される場合、他の1つの接点ポイントに対して異常か否かを判断することができる。ここで、制御部30に既に保存されている故障判断時間は、3つの接点ポイント22、24、26に対して異常か否かを判断するときの時間と同一に設定することができる。このように、2つの接点ポイント24、26の少なくとも1つに異常が発生した場合、正確にどの接点ポイントに異常が発生するかを把握し難いので、接点ポイント20が固着される時間から接点ポイント20の異常か否かを判断するのである。
このように、2つの接点ポイント24、26のいずれかが固着されたと認識される場合、次の段階である1つの接点ポイント26に対して異常か否かを判断する。但し、この時にも変速ボタン12の作動は可能な状態であり、段階的に故障か否かを判断する過程であるので、その信頼性が向上する。

0026

ここで、制御部30は、2つの接点ポイント24、26が両方とも故障判断時間の間に固着されていないと認識される場合、接点ポイント20の内の3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断するように指令する。つまり、2つの接点ポイント24、26が両方とも故障判断時間の間に固着されない場合、これは正常に変速ボタン12が作動可能であると判断して、前の段階である接点ポイント20の3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する段階に指令するのである。
一方、図5に示すように、制御部は、1つの接点ポイント26について異常か否かを判断するとき、1つの接点ポイント26が故障判断時間の間に固着されるかをチェックし、1つの接点ポイント26が故障判断時間の間に固着される場合、変速ボタン12に異常が発生したと決定することができる。

0027

つまり、最終的に残った1つの接点ポイント26も故障判断時間の間に固着されたとチェックされる場合、これは変速ボタン12が明確に故障したと判断して、変速ボタン12に異常が発生することにより作動不能状態と決定する。このように、変速ボタン12が作動不能状態と決定される場合、後から変速ボタン12が操作されても、変速ボタン12に符合する変速機Tの制御が行われないようにする。
ここで、制御部30は、1つの接点ポイント26を除く2つの接点ポイント22、24の認識状況をチェックし、1つの接点ポイント26が固着されても残りの2つの接点ポイント22、24が正常に認識される場合、2つの接点ポイント22、24に対して異常か否かを判断するように指令できる。
または、制御部30は、3つの接点ポイント22、24、26の固着状況および認識状況をチェックし、3つの接点ポイント22、24、26のいずれも固着されず且つ接点ポイント26のみ認識されない場合、2つの接点ポイント22、24に対して異常か否かを判断するように指令できる。

0028

つまり、1つの接点ポイント26に対して異常か否かを判断した後、最終的に異常が発生したと判断されると、変速ボタン12の作動不能状態と決定するので、変速ボタン12の作動を最大限保障するために変速ボタンの異常を判断するのである。
このため、1つの接点ポイント26が固着されても、残りの2つの接点ポイント22、24が正常に認識される場合、さらに2つの接点ポイント22、24に対して異常か否かを判断し、或いは3つの接点ポイント22、24、26のいずれも固着されていない状態で1つの接点ポイント26のみが認識されない場合、さらに2つの接点ポイント22、24に対して異常か否かを判断することにより、変速ボタンの作動を最大限保障するとともに信頼性を向上させることができる。
このように、本発明では、変速ボタン12の故障を判断するとき、図6に示すように、3つの接点ポイントに対して異常か否かを判断し(S10)、接点ポイント20の3つの接点ポイントのいずれかが認識されない場合(S20)、ミスカウントを累積する(S30)。ここで、接点ポイント20の3つの接点ポイントのいずれかが認識されても、3つの接点ポイントのうちいずれかの接点ポイントの固着時間が故障判断時間に達したか否かをチェックし(S40)、故障か否かをさらにチェックするようにする。

0029

一方、ミスカウントを累積して、認識されていない接点ポイントが正常認識される場合(S50)、ミスカウントを所定値だけ減少し(S60)、一時的なエラーによる誤判断を防止する。
前記累積するミスカウントが故障判断設定値に達したか否かを判断し(S70)、累積するミスカウントが故障判断設定値に到達した場合、2つの接点ポイントの異常か否かを判断する(S80)。
このように、2つの接点ポイントのうちいずれかの接点ポイントの固着時間が故障判断時間に達したか否かを判断し(S90)、固着時間が故障判断時間に達した場合、1つの接点ポイントに対して異常か否かを判断する(S100)ようにする。
最後に、1つの接点ポイントの固着時間が故障判断時間に達したか否かを判断し(S110)、1つの接点ポイントの固着時間が故障判断時間に達した場合、変速ボタンの作動不能状態と決定する(S120)ことにより、変速ボタンが明確な故障であると判断し、後から当該変速ボタンが操作されても、当該変速ボタンに符合する変速機の制御が行われないようにする。上述したように、接点ポイント20の3つの接点ポイントを手始めに1つの接点ポイントまで段階的に異常か否かをチェックすることにより、チェック期間中に変速ボタンの作動を保障することができ、さらに正確な故障判断を実現することができる。これにより、本発明のボタン式変速タイプの故障判断システムによれば、変速ボタンの故障判断の際に変速ボタンの作動を最大限保障するとともに、変速ボタンの故障診断の性能及び信頼性を向上させることができる。

0030

以上、本発明に関する好ましい実施例を説明したが、本発明は前記実施形態に限定されるものではなく、本発明の属する技術分野を逸脱しない範囲での全ての変更が含まれる。

0031

10ベース
12変速ボタン
20接点ポイント
30 制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ