図面 (/)

技術 絵文字キャラクタを使用するためのポータブルタッチスクリーン装置、方法及びグラフィックユーザインターフェイス

出願人 アップルインコーポレイテッド
発明者 ムーアブラッドフォードアレンオルディングバスファーチェスエリザベスキャロラインチックスティーブンジェイコシェンダケニス
出願日 2017年1月26日 (4年11ヶ月経過) 出願番号 2017-012499
公開日 2017年6月1日 (4年6ヶ月経過) 公開番号 2017-097911
状態 特許登録済
技術分野 デジタル計算機のユーザインターフェイス 電話機の機能
主要キーワード ベースダイ アンロックモード マップモジュール 光放射ポリマー セルホン 記録アイコン 電力保存 ワイヤレスLAN
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

電力を保存すると共に、ポータブル電子装置の有効性及びのユーザの満足度を高める方法を提供する。

解決手段

方法は、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイ電力保存状態にある間に相手2210からのメッセージ2212を受け取るステップと、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、メッセージの一部分を表示するステップと、メッセージに対する複数の応答を表示するためのユーザアクション2213を検出するステップと、応答を選択するためのユーザアクションを検出するステップと選択された既定の応答9110−1の送信を開始するためのユーザアクションを検出するステップと、応答を送信するステップと、を有する。

概要

背景

ポータブル電子装置が益々コンパクトになり、所与の装置により遂行される機能の数が増加するにつれて、ユーザが多機能装置と容易に対話できるようにするユーザインターフェイスを設計することが意義深い挑戦となってきた。この挑戦は、スクリーンデスクトップ又はラップトップコンピュータより非常に小さいタッチ感知ディスプレイを伴うハンドヘルドポータブル装置に対して特に意義深いものである。この状況は、不都合なものである。というのは、ユーザインターフェイスは、それを通してユーザがコンテンツを受け取るだけでなく、装置の特徴、ツール及び機能にアクセスするユーザの試みを含むユーザアクション又は振る舞いに対する応答も受け取るゲートウェイだからである。あるポータブル通信装置(例えば、時々モバイルホンセルホンセルラー電話、等とも称される移動電話)は、ユーザがデータにアクセスし、データを記憶し、データを操作できるようにするために、より多くのプッシュタンを追加し、プッシュボタンの密度を高め、プッシュボタンの機能を過負荷にし、又は複雑なメニューシステムを使用することに依存している。これらの従来のユーザインターフェイスは、多くの場合に、複雑なキーシーケンス及びメニュハイアラーキーをユーザが覚えねばならないようにしている。

又、従来の多くのユーザインターフェイス、例えば、物理的なプッシュボタンを含むものは、融通性もない。これは、ポータブル装置で実行されるアプリケーション又はユーザによりユーザインターフェイスが構成され及び/又は適応されるのを妨げることがある。このように融通性のないことは、多数のキーシーケンス及びメニューハイアラーキーを覚えるための時間のかかる要求や、希望のプッシュボタンをアクチベートする困難さと結び付くと、ほとんどのユーザを苛立たせることになる。

最近、絵文字キャラクタの使用をサポートするポータブル電子装置が開発された。絵文字キャラクタは、ウェブフォーラム、e−メールメッセージインスタントメッセージ(例えば、SMテキストメッセージ)、ノート、及びオンラインゲームにしばしば使用される。多数のそして益々増加する数の絵文字キャラクタが存在する。しかし、小型ディスプレイスクリーンを伴う既存のポータブル電子装置において多数の絵文字キャラクタを表示し、編成し及び使用することは、かなり厄介である。

概要

電力を保存すると共に、ポータブル電子装置の有効性及びのユーザの満足度を高める方法を提供する。方法は、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイ電力保存状態にある間に相手2210からのメッセージ2212を受け取るステップと、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、メッセージの一部分を表示するステップと、メッセージに対する複数の応答を表示するためのユーザアクション2213を検出するステップと、応答を選択するためのユーザアクションを検出するステップと選択された既定の応答9110−1の送信を開始するためのユーザアクションを検出するステップと、応答を送信するステップと、を有する。E

目的

本発明は、タッチ感知ディスプレイを伴うポータブル電子装置に絵文字を使用するための簡単で、効率的で且つ使い易いインターフェイスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、次のもの、即ち、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリアキーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリに対応する複数の絵文字カテゴリアイコン、を同時に表示するステップと、前記複数の絵文字カテゴリアイコンにおける各絵文字カテゴリアイコン上でのジェスチャーを検出するステップと、各絵文字カテゴリアイコン上でのジェスチャーの検出に応答して、次のもの、即ち、前記キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットであって、各絵文字カテゴリは、前記キーボード表示エリアにおいて絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとして別々に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含むものである、絵文字キャラクタキーの第1サブセット、及び各絵文字カテゴリの複数のサブセットシーケンス印アイコンであって、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与えるものであるサブセットシーケンス印アイコン、を同時に表示するステップと、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの前記第1サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出するステップと、前記キーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの前記第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、前記サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる前記情報を、絵文字キャラクタキーの前記第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された前記第1サブセットとの置き換えを反映するように更新する、ことを行うステップと、を備えたコンピュータ実施方法

請求項2

前記複数の絵文字カテゴリアイコンは、ユーザにより最近及び頻繁に選択された複数の絵文字キャラクタに対応する最近及び頻繁に使用される絵文字カテゴリアイコンを含む、請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項3

少なくとも1つの絵文字カテゴリにおける絵文字キャラクタキーは、絵文字キャラクタ使用データに基づいて順序付けされる、請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項4

前記絵文字キャラクタ使用データは、前記ポータブル電子装置で実行されるソフトウェアアプリケーションからの絵文字キャラクタ使用データを含む、請求項3に記載のコンピュータ実施方法。

請求項5

前記絵文字キャラクタ使用データは、前記ポータブル電子装置のサービスプロバイダーから受け取った絵文字キャラクタ使用データを含む、請求項3に記載のコンピュータ実施方法。

請求項6

各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換えることは、絵文字キャラクタキーの第1サブセットがタッチスクリーンディスプレイから外れるように移動するアニメーションを表示することを含む、請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項7

各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換えることは、絵文字キャラクタキーの第2サブセットがタッチスクリーンディスプレイへと移動するアニメーションを表示することを含む、請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項8

各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換えることは、絵文字キャラクタキーの第1サブセットがタッチスクリーンディスプレイから外れるように移動するアニメーションを表示すると共に、絵文字キャラクタキーの第2サブセットがタッチスクリーンディスプレイへと移動するアニメーションを表示することを含む、請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項9

前記サブセットシーケンス印アイコンは、前記キーボード表示エリアに表示される、請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項10

前記複数の絵文字カテゴリアイコンは、前記キーボード表示エリアに表示される、請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項11

各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出するステップと、前記キーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第3サブセットの表示と置き換え、更に、前記サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる前記情報を、絵文字キャラクタキーの前記第3サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第2サブセットとの置き換えを反映するように更新する、ことを行うステップを更に備えた請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項12

前記絵文字キャラクタキーの第2サブセットを表示する間に検出されるジェスチャーは、第1方向のスワイプジェスチャーであり、更に、前記第1方向とは実質的に逆方向の、前記タッチスクリーンディスプレイ上のキーボード表示エリアにおける第2スワイプジェスチャーを検出するステップと、前記キーボード表示エリアにおける第2スワイプジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第3サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、前記サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる前記情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第3サブセットとの置き換えを反映するように更新する、ことを行うステップと、を更に備えた請求項11に記載のコンピュータ実施方法。

請求項13

キーボード選択アイコンを表示するステップと、キーボード選択アイコン上でのジェスチャーを検出するステップと、キーボード選択アイコン上でのジェスチャーを検出した後に、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示をキーボード表示エリアにおけるテキストキャラクタ入力キーボードの表示と置き換えるステップと、を更に備えた請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項14

前記テキストキャラクタ入力キーボードでユーザにより入力された1つ以上のワードを受け取るステップと、ユーザにより入力された1つ以上のワードをキャラクタ入力エリアに表示するステップと、前記テキストキャラクタ入力キーボードでユーザにより入力された1つ以上のワードを受け取るのに応答して、ユーザにより入力された1つ以上のワードに少なくとも一部分基づいて推奨される絵文字キャラクタを決定し、更に、その推奨される絵文字キャラクタをタッチスクリーンディスプレイに表示する、というステップと、を更に備えた請求項13に記載のコンピュータ実施方法。

請求項15

タッチスクリーンディスプレイ上でのジェスチャーを検出するステップと、前記ジェスチャーの検出に応答して、ユーザによりキャラクタ入力エリアに入力された1つ以上のワードの後に前記推奨される絵文字キャラクタを挿入し表示するステップと、を更に備えた請求項14に記載のコンピュータ実施方法。

請求項16

前記テキストキャラクタ入力キーボードがキーボード表示エリアに表示されている間にキーボード選択アイコンを表示するステップと、キーボード選択アイコン上でのジェスチャーを検出するステップと、キーボード選択アイコン上でのジェスチャーを検出した後に、テキストキャラクタ入力キーボードの表示を、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセット及びそれに対応するサブセットシーケンス印アイコンの同時表示に置き換えるステップと、を更に備えた請求項13に記載のコンピュータ実施方法。

請求項17

絵文字キャラクタキーの第2サブセットにおける各絵文字キャラクタキー上でのジェスチャーを検出するステップと、絵文字キャラクタキーの第2サブセットにおける各絵文字キャラクタキー上でのジェスチャーを検出するのに応答して、それに対応する絵文字キャラクタをキャラクタ入力エリアに挿入し表示するステップと、を更に備えた請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項18

既定ユーザインターフェイス再構成プロセスを開始するための既定のユーザアクションを検出するステップと、その規定のユーザアクションを検出するのに応答して、絵文字キャラクタキーの第2サブセットにおける2つ以上の絵文字キャラクタキーの位置を変化させるステップであって、前記変化させることは、2つ以上の絵文字キャラクタキーの各絵文字キャラクタキーの位置を、2つ以上の絵文字キャラクタキーの他の絵文字キャラクタキーの各平均位置とは異なる各平均位置の周りで変化させることを含むステップと、を備えた請求項1に記載のコンピュータ実施方法。

請求項19

前記2つ以上の絵文字キャラクタキーの各絵文字キャラクタキーは、各絵文字キャラクタキーの各平均位置を実質的に中心とする領域において振動する、請求項18に記載のコンピュータ実施方法。

請求項20

絵文字キャラクタキーの第2サブセットにおける第1絵文字キャラクタキーに対応する位置においてユーザがタッチスクリーンディスプレイとで接触点を形成するのを検出し、そして前記タッチスクリーンディスプレイ上の第2位置への前記接触点の移動を検出するステップと、前記接触点を検出しそして接触点の移動を検出するのに応答して、その接触点の検出された移動に基づき前記タッチスクリーンディスプレイ上の第2位置への前記第1絵文字キャラクタキーの移動を表示するステップと、を更に備えた請求項18に記載のコンピュータ実施方法。

請求項21

既定のユーザインターフェイス再構成プロセスを終了するための第2の既定のユーザアクションを検出するのに応答して前記第1の絵文字キャラクタキーの位置を前記第2位置に固定するステップを更に備えた、請求項20に記載のコンピュータ実施方法。

請求項22

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリに記憶され、そして前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、次のもの、即ち、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリに対応する複数の絵文字カテゴリアイコン、を同時に表示し、前記複数の絵文字カテゴリアイコンにおける各絵文字カテゴリアイコン上でのジェスチャーを検出し、各絵文字カテゴリアイコン上でのジェスチャーの検出に応答して、次のもの、即ち、前記キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットであって、各絵文字カテゴリは、前記キーボード表示エリアにおいて絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとして別々に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含むものである、絵文字キャラクタキーの第1サブセット、及び各絵文字カテゴリの複数のサブセットシーケンス印アイコンであって、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与えるものであるサブセットシーケンス印アイコン、を同時に表示し、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの前記第1サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出し、前記キーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの前記第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、前記サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる前記情報を、絵文字キャラクタキーの前記第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された前記第1サブセットとの置き換えを反映するように更新する、ためのインストラクションを含むものである、ポータブル電子装置。

請求項23

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、その装置が、次のもの、即ち、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリに対応する複数の絵文字カテゴリアイコン、を同時に表示し、前記複数の絵文字カテゴリアイコンにおける各絵文字カテゴリアイコン上でのジェスチャーを検出し、各絵文字カテゴリアイコン上でのジェスチャーの検出に応答して、次のもの、即ち、前記キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットであって、各絵文字カテゴリは、前記キーボード表示エリアにおいて絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとして別々に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含むものである、絵文字キャラクタキーの第1サブセット、及び各絵文字カテゴリの複数のサブセットシーケンス印アイコンであって、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与えるものであるサブセットシーケンス印アイコン、を同時に表示し、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの前記第1サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出し、前記キーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの前記第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、前記サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる前記情報を、絵文字キャラクタキーの前記第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された前記第1サブセットとの置き換えを反映するように更新する、ようにさせるインストラクションを記憶しているコンピュータ読み取り可能な記憶媒体

請求項24

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスにおいて、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリアと、キーボード表示エリアと、複数の絵文字カテゴリアイコンであって、この絵文字カテゴリアイコンは、複数の絵文字カテゴリに対応し、各絵文字カテゴリは、絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとしてキーボード表示エリアに個別に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含むものである絵文字カテゴリアイコンと、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットと、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットと、各絵文字カテゴリに対する複数のサブセットシーケンス印アイコンであって、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与えるサブセットシーケンス印アイコンと、を備え、前記キャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア及び複数の絵文字カテゴリアイコンは、同時に表示され、前記複数の絵文字カテゴリアイコンの各絵文字カテゴリアイコン上でのジェスチャーの検出に応答して、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットが各絵文字カテゴリの複数のサブセットシーケンス印アイコンと同時に表示され、前記キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットを表示する間にキーボード表示エリアでのジェスチャーを検出するのに応答して、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示が、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換えられ、更に、サブセットシーケンス印アイコンにより与えられる情報が、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセットとの置き換えを反映するように更新される、グラフィックユーザインターフェイス。

請求項25

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置においてそのポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取るステップと、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、更に、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示する、ことを行うステップと、絵文字キャラクタに対応する前記タッチスクリーンディスプレイ上での1つ以上の既定の指ジェスチャーを検出するステップと、前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するステップと、前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する応答を送信するステップであって、その応答は、前記タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含むものであるステップと、を備えたコンピュータ実施方法。

請求項26

前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すステップを更に備えた、請求項25に記載のコンピュータ実施方法。

請求項27

前記到来するメッセージに対する応答が送信された後に所定時間内に前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すステップを更に備えた、請求項25に記載のコンピュータ実施方法。

請求項28

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリに記憶されて、前記1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記1つ以上のプログラムは、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、更に、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示する、ことを行い、絵文字キャラクタに対応する前記タッチスクリーンディスプレイ上での1つ以上の既定の指ジェスチャーを検出し、前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する応答を送信する、ためのインストラクションを含むものであり、更に、前記応答は、前記タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含む、ポータブル電子装置。

請求項29

前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すためのインストラクションを更に含む、請求項28に記載のポータブル電子装置。

請求項30

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、それがユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、更に、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示する、ことを行い、絵文字キャラクタに対応する前記タッチスクリーンディスプレイ上での1つ以上の既定の指ジェスチャーを検出し、前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する応答を送信する、ようにさせるインストラクションを記憶しており、前記応答は、前記タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含むものである、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項31

前記到来するメッセージに対する応答が送信された後に所定時間以内に前記ポータブル電子装置がタッチスクリーンディスプレイを電力保存状態へ戻すようにさせるインストラクションを更に含む、請求項30に記載のコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項32

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、該ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取るステップと、前記到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示し、更に、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答であって、複数の絵文字キャラクタを含むような規定の応答を表示する、ことを行うステップと、前記複数の既定の応答の中のある既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出するステップと、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するステップと、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答を送信するステップであって、前記選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中のある絵文字キャラクタを含むものであるステップと、を備えたコンピュータ実施方法。

請求項33

前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すステップを更に備えた、請求項32に記載のコンピュータ実施方法。

請求項34

前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答が送信された後に所定時間以内に前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すステップを更に備えた、請求項32に記載のコンピュータ実施方法。

請求項35

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリに記憶されて、前記1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記1つ以上のプログラムは、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、前記到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示し、更に、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答であって、複数の絵文字キャラクタを含むような規定の応答を表示する、ことを行い、前記複数の既定の応答の中のある既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答を送信する、ためのインストラクションを含み、前記選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中のある絵文字キャラクタを含む、ポータブル電子装置。

請求項36

前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すためのインストラクションを更に含む、請求項35に記載のポータブル電子装置。

請求項37

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、それがユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、前記到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示し、更に、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答であって、複数の絵文字キャラクタを含むような規定の応答を表示する、ことを行い、前記複数の既定の応答の中のある既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答を送信する、ようにさせるインストラクションを記憶しており、前記選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中のある絵文字キャラクタを含む、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項38

前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答が送信された後に所定時間以内に前記ポータブル電子装置がタッチスクリーンディスプレイを電力保存状態へ戻すようにさせるインストラクションを更に含む、請求項37に記載のコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項39

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、該ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取るステップと、前記到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示する、ことを行うステップと、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するステップであって、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含むものであるステップと、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示するステップと、前記複数の既定の応答の中のある既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出するステップと、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するステップと、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答を送信するステップであって、前記選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中のある絵文字キャラクタを含むものであるステップと、を備えたコンピュータ実施方法。

請求項40

前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すステップを更に備えた、請求項39に記載のコンピュータ実施方法。

請求項41

前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答が送信された後に所定時間以内に前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すステップを更に備えた、請求項39に記載のコンピュータ実施方法。

請求項42

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリに記憶されて、前記1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記1つ以上のプログラムは、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、前記到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示する、ことを行い、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含むものであり、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示し、前記複数の既定の応答の中のある既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答を送信する、ためのインストラクションを含むものであり、前記選択された既定の応答は、前記複数の絵文字キャラクタの中のある絵文字キャラクタを含む、ポータブル電子装置。

請求項43

前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電力保存状態に戻すためのインストラクションを更に含む、請求項42に記載のポータブル電子装置。

請求項44

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、それがユーザインターフェイスロックモードにある間に、前記タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者から前記ポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、前記到来するメッセージを受け取るのに応答して、前記タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を前記タッチスクリーンディスプレイに表示する、ことを行い、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含むものであり、前記到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示し、前記複数の既定の応答の中のある既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、前記到来するメッセージに対する前記選択された既定の応答を送信する、ようにさせるインストラクションを記憶しており、前記選択された既定の応答は、前記複数の絵文字キャラクタの中のある絵文字キャラクタを含む、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項45

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、前記ポータブル電子装置がユーザ定義ジェスチャー記録モードにある間に前記タッチスクリーンディスプレイ上でのユーザ定義ジェスチャーを検出するステップと、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現を生成するステップと、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現を絵文字キャラクタに関連付けるステップと、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの前記関連付けを記憶するステップと、を備えたコンピュータ実施方法。

請求項46

前記ユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの前記関連付けを記憶した後に、前記タッチスクリーンディスプレイ上でのジェスチャーを検出するステップと、前記検出されたジェスチャーが前記ユーザ定義ジェスチャーの記憶された表現に対応するかどうか決定するステップと、前記検出されたジェスチャーが前記ユーザ定義ジェスチャーの記憶された表現に対応する場合に、絵文字キャラクタを電子ドキュメントに挿入するステップと、を更に備えた請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項47

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリに記憶されて、前記1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記1つ以上のプログラムは、前記ポータブル電子装置がユーザ定義ジェスチャー記録モードにある間に前記タッチスクリーンディスプレイ上でのユーザ定義ジェスチャーを検出し、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現を生成し、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現を絵文字キャラクタに関連付け、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの前記関連付けを記憶する、ためのインストラクションを含む、ポータブル電子装置。

請求項48

前記ユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの前記関連付けを記憶した後に、前記タッチスクリーンディスプレイ上でのジェスチャーを検出し、前記検出されたジェスチャーが前記ユーザ定義ジェスチャーの記憶された表現に対応するかどうか決定し、前記検出されたジェスチャーが前記ユーザ定義ジェスチャーの記憶された表現に対応する場合に、絵文字キャラクタを電子ドキュメントに挿入する、ためのインストラクションを更に含む、請求項47に記載のポータブル電子装置。

請求項49

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、前記ポータブル電子装置がユーザ定義ジェスチャー記録モードにある間に前記タッチスクリーンディスプレイ上でのユーザ定義ジェスチャーを検出し、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現を生成し、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現を絵文字キャラクタに関連付け、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの前記関連付けを記憶する、ようにさせるインストラクションを記憶しているコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項50

前記ポータブル電子装置が、前記ユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの前記関連付けを記憶した後に、前記タッチスクリーンディスプレイ上でのジェスチャーを検出し、前記検出されたジェスチャーが前記ユーザ定義ジェスチャーの記憶された表現に対応するかどうか決定し、前記検出されたジェスチャーが前記ユーザ定義ジェスチャーの記憶された表現に対応する場合に、絵文字キャラクタを電子ドキュメントに挿入する、ようにさせるインストラクションを更に備えた、請求項49に記載のコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項51

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、電子メッセージを受信するステップであって、この電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するためのインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含み、絵文字データは、位置データに関連付けられるステップと、前記タッチスクリーンディスプレイ上に電子メッセージを表示するステップと、前記地理マップアプリケーションを開始するためにその表示された電子メッセージ上での既定のユーザアクションを検出するステップと、前記地理マップアプリケーションを開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示し、更に、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタを表示する、ステップと、を備えたコンピュータ実施方法。

請求項52

前記電子メッセージは、前記地理マップアプリケーションをオープンするためのリンクを伴うテキストメッセージである、請求項51に記載のコンピュータ実施方法。

請求項53

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリに記憶されて、前記1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記1つ以上のプログラムは、電子メッセージを受信し、この電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するためのインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含み、絵文字データは、位置データに関連付けられ、前記タッチスクリーンディスプレイ上に電子メッセージを表示し、前記地理マップアプリケーションを開始するためにその表示された電子メッセージ上での既定のユーザアクションを検出し、前記地理マップアプリケーションを開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示し、更に、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタを表示する、ためのインストラクションを含む、ポータブル電子装置。

請求項54

前記電子メッセージは、前記地理マップアプリケーションをオープンするためのリンクを伴うテキストメッセージである、請求項53に記載のポータブル電子装置。

請求項55

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、電子メッセージを受信し、この電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するためのインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含み、絵文字データは、位置データに関連付けられ、前記タッチスクリーンディスプレイ上に電子メッセージを表示し、前記地理マップアプリケーションを開始するためにその表示された電子メッセージ上での既定のユーザアクションを検出し、前記地理マップアプリケーションを開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示し、更に、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタを表示する、ようにさせるインストラクションを記憶しているコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

請求項56

前記電子メッセージは、前記地理マップアプリケーションをオープンするためのリンクを伴うテキストメッセージである、請求項55に記載のコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。

技術分野

0001

本発明は、一般的に、電子メッセージ及びドキュメント用の絵文字キャラクタを発生するポータブル電子装置係り、より特定すれば、電子メッセージ及びドキュメント用の絵文字キャラクタを発生するタッチスクリーンディスプレイを備えたポータブル電子装置に係る。

背景技術

0002

ポータブル電子装置が益々コンパクトになり、所与の装置により遂行される機能の数が増加するにつれて、ユーザが多機能装置と容易に対話できるようにするユーザインターフェイスを設計することが意義深い挑戦となってきた。この挑戦は、スクリーンデスクトップ又はラップトップコンピュータより非常に小さいタッチ感知ディスプレイを伴うハンドヘルドポータブル装置に対して特に意義深いものである。この状況は、不都合なものである。というのは、ユーザインターフェイスは、それを通してユーザがコンテンツを受け取るだけでなく、装置の特徴、ツール及び機能にアクセスするユーザの試みを含むユーザアクション又は振る舞いに対する応答も受け取るゲートウェイだからである。あるポータブル通信装置(例えば、時々モバイルホンセルホンセルラー電話、等とも称される移動電話)は、ユーザがデータにアクセスし、データを記憶し、データを操作できるようにするために、より多くのプッシュタンを追加し、プッシュボタンの密度を高め、プッシュボタンの機能を過負荷にし、又は複雑なメニューシステムを使用することに依存している。これらの従来のユーザインターフェイスは、多くの場合に、複雑なキーシーケンス及びメニュハイアラーキーをユーザが覚えねばならないようにしている。

0003

又、従来の多くのユーザインターフェイス、例えば、物理的なプッシュボタンを含むものは、融通性もない。これは、ポータブル装置で実行されるアプリケーション又はユーザによりユーザインターフェイスが構成され及び/又は適応されるのを妨げることがある。このように融通性のないことは、多数のキーシーケンス及びメニューハイアラーキーを覚えるための時間のかかる要求や、希望のプッシュボタンをアクチベートする困難さと結び付くと、ほとんどのユーザを苛立たせることになる。

0004

最近、絵文字キャラクタの使用をサポートするポータブル電子装置が開発された。絵文字キャラクタは、ウェブフォーラム、e−メールメッセージインスタントメッセージ(例えば、SMテキストメッセージ)、ノート、及びオンラインゲームにしばしば使用される。多数のそして益々増加する数の絵文字キャラクタが存在する。しかし、小型ディスプレイスクリーンを伴う既存のポータブル電子装置において多数の絵文字キャラクタを表示し、編成し及び使用することは、かなり厄介である。

発明が解決しようとする課題

0005

従って、絵文字キャラクタを使用するためのより透過的で且つ効率のよいユーザインターフェイスを有するタッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置が要望される。このようなインターフェイスは、絵文字キャラクタを含むタスクをユーザにより迅速且つ効率的に遂行できるようにし、それにより、電力を保存すると共に、ポータブル電子装置のバッテリ充電間の時間を延長できるようにする。更に、このようなインターフェイスは、ポータブル電子装置の有効性及びそのような装置でのユーザの満足度を高めるものである。

課題を解決するための手段

0006

ポータブル装置に絵文字を発生し且つそれを使用するためのユーザインターフェイスに関連した前記欠点及び他の問題は、ここに開示するポータブル多機能装置によって緩和される。ある実施形態では、この装置は、グラフィックユーザインターフェイスGUI)を伴うタッチ感知ディスプレイ(「タッチスクリーン」としても知られた)と、1つ以上のプロセッサと、メモリと、複数の機能を遂行するためにメモリに記憶された1つ以上のモジュールプログラム又はインストラクションセットとを有する。ある実施形態では、ユーザは、主として、タッチ感知ディスプレイにおける指接触及びジェスチャーを通して
GUIと対話する。ある実施形態では、機能は、電話通話ビデオ会議、e−メール、インスタントメッセージングブログデジタル写真デジタルビデオ、ウェブブラウジングデジタル音楽再生、及び/又はデジタルビデオ再生を含む。これらの機能を遂行するためのインストラクションは、1つ以上のプロセッサにより実行するように構成されたコンピュータプログラム製品に含まれる(例えば、インストラクションが記憶されたコンピュータ読み取り可能な記憶媒体)。

0007

ある実施形態によれば、コンピュータ実施方法は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において遂行される。コンピュータ実施方法は、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するよう動作できるキャラクタ入力エリアキーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリアイコンを同時に表示することを含む。本明細書及び特許請求の範囲で使用する「テキストキャラクタ」とは、アルファニューメリックキャラクタ、サイノグラフ日本語漢字又は仮名記号、及び/又はその他、人間の書記言語キャラクタを指す。又、本明細書及び特許請求の範囲で使用する「絵文字キャラクタ」とは、人間の書記言語におけるテキストキャラクタではない静止及びアニメ化絵文字を指す。絵文字カテゴリアイコンは、複数の絵文字カテゴリに対応する。又、コンピュータ実施方法は、複数の絵文字カテゴリアイコンの各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーを検出し、そして各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーの検出に応答して、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットと、各絵文字カテゴリに対する複数のサブセットシーケンス印アイコンとを同時に表示することを含み、各絵文字カテゴリは、絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとしてキーボード表示エリアに個別に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含み、そしてサブセットシーケンス印アイコンは、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与える。又、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、このコンピュータ実施方法は、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出し、そしてキーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセットとの置き換えを反映するように更新することを含む。

0008

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備えている。1つ以上のプログラムは、メモリに記憶され、1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、ユーザによって選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリアイコンを同時に表示するためのインストラクションを含み、絵文字カテゴリアイコンは、複数の絵文字カテゴリに対応する。又、1つ以上のプログラムは、複数の絵文字カテゴリアイコンの各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーを検出し、そして各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーの検出に応答して、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットと、各絵文字カテゴリに対する複数のサブセットシーケンス印アイコンとを同時に表示するためのインストラクションも含み、各絵文字カテゴリは、絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとしてキーボード表示エリアに個別に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含み、そしてサブセットシーケンス印アイコンは、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与える。又、このプログラムは、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出し、そしてキーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセットとの置き換えを反映するように更新するためのインストラクションも含む。

0009

ある実施形態によれば、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置で実行されたときに、そのポータブル電子装置が、ユーザによって選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリアイコンを同時に表示し、絵文字カテゴリアイコンは、複数の絵文字カテゴリに対応するものであり、複数の絵文字カテゴリアイコンの各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーを検出し、そして各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーの検出に応答して、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットと、各絵文字カテゴリに対する複数のサブセットシーケンス印アイコンとを同時に表示し、各絵文字カテゴリは、絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとしてキーボード表示エリアに個別に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含み、そしてサブセットシーケンス印アイコンは、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与え、又、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出し、そしてキーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセットとの置き換えを反映するように更新するようにさせるインストラクションを記憶している。

0010

ある実施形態によれば、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスは、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリアイコンを備えている。絵文字カテゴリアイコンは、複数の絵文字カテゴリに対応する。各絵文字カテゴリは、絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとしてキーボード表示エリアに個別に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含む。又、グラフィックユーザインターフェイスは、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットと、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第2サブセットと、各絵文字カテゴリに対する複数のサブセットシーケンス印アイコンとを含む。このサブセットシーケンス印アイコンは、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与える。キャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア及び複数の絵文字カテゴリアイコンは、同時に表示される。複数の絵文字カテゴリアイコンの各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーの検出に応答して、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットが各絵文字カテゴリに対する複数のサブセットシーケンス印アイコンと同時に表示される。キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットを表示する間にキーボード表示エリアでジェスチャーを検出するのに応答して、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示が、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換えられ、更に、サブセットシーケンス印アイコンにより与えられる情報が、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセットとの置き換えを反映するように更新される。

0011

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示するように動作できるキャラクタ入力エリア、キーボード表示エリア、及び複数の絵文字カテゴリアイコンを同時に表示するための手段とを備え、絵文字カテゴリアイコンは、複数の絵文字カテゴリに対応する。又、この装置は、複数の絵文字カテゴリアイコンの各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーを検出するための手段と、各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーの検出に応答して、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットと、各絵文字カテゴリに対する複数のサブセットシーケンス印アイコンとを同時に表示するための手段とを備え、各絵文字カテゴリは、絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとしてキーボード表示エリアに個別に表示されるように構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含み、そしてサブセットシーケンス印アイコンは、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスの中の表示されるサブセットの位置とに関する情報を与える。又、この装置は、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットをキーボード表示エリアに表示する間に、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出するための手段と、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリに対する絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示と置き換え、更に、サブセットシーケンス印アイコンによって与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセットとの置き換えを反映するように更新
するための手段とを備えている。

0012

ある実施形態によれば、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置においてそのポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間にコンピュータ実施方法が遂行される。この方法は、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージ受け取り、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、そして当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示することを含む。又、この方法は、絵文字キャラクタに対応するタッチスクリーンディスプレイ上の1つ以上の既定指ジェスチャーを検出し、到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そしてその到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する応答を送信することも含む。その応答は、タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含む。

0013

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備えている。1つ以上のプログラムは、メモリに記憶されて、1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、そして当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、絵文字キャラクタに対応するタッチスクリーンディスプレイ上の1つ以上の既定の指ジェスチャーを検出し、到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そしてその到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する応答を送信するためのインストラクションを含む。その応答は、タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含む。

0014

ある実施形態によれば、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、それがユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取るようにさせるインストラクションを記憶している。又、このインストラクションは、そのポータブル電子装置が、それがユーザインターフェイスロックモードにある間に、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、そして当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、絵文字キャラクタに対応するタッチスクリーンディスプレイ上の1つ以上の既定の指ジェスチャーを検出し、到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そしてその到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する応答を送信するようにさせる。その応答は、タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含む。

0015

ある実施形態によれば、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスは、当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分を含む。ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、そして当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示する。ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、絵文字キャラクタに対応するタッチスクリーンディスプレイ上の1つ以上の既定の指ジェスチャーを検出する。ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する応答を送信する。その応答は、タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含む。

0016

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取る手段と、到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンする手段と、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示する手段と、絵文字キャラクタに対応するタッチスクリーンディスプレイ上の1つ以上の既定の指ジェスチャーを検出する手段と、到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出する手段と、到来するメッセージに対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する応答を送信する手段とを備えている。その応答は、タッチスクリーンディスプレイ上で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャーに対応する絵文字キャラクタを含む。

0017

ある実施形態によれば、コンピュータ実施方法は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答を表示し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含み、更に、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そして到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信することを含む。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0018

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備え、1つ以上のプログラムは、メモリに記憶されて、1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答を表示し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含み、更に、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そして到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信するためのインストラクションを含む。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0019

ある実施形態によれば、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、それがユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答を表示し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含み、更に、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そして到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションの検出に応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信するようにさせるインストラクションを記憶している。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0020

ある実施形態によれば、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスは、当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分と、その到来するメッセージに対する複数の既定の応答とを含む。その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含む。ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答を表示し、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信する。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0021

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取る手段と、到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンする手段と、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示する手段と、到来するメッセージに対する複数の既定の応答を表示する手段であって、その規定の応答が複数の絵文字キャラクタを含むような手段と、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出する手段と、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出する手段と、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信する手段とを備えている。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0022

ある実施形態によれば、コンピュータ実施方法は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含み、更に、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示し、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そして到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信することを含む。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0023

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備え、1つ以上のプログラは、メモリに記憶されて、1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含み、更に、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示し、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そして到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信するためのインストラクションを含む。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0024

ある実施形態によれば、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、それがユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取り、その到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出し、その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含み、更に、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示し、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出し、そして到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信するためのインストラクションを記憶している。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0025

ある実施形態によれば、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスは、当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分と、その到来するメッセージに対する複数の既定の応答とを含む。その規定の応答は、複数の絵文字キャラクタを含む。ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンし、当事者からユーザへ到来
するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示し、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示し、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出し、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信する。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0026

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、ポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に、タッチスクリーンディスプレイが電力保存状態にある間に当事者からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取る手段と、到来するメッセージを受け取るのに応答して、タッチスクリーンディスプレイを電源オンする手段と、当事者からユーザへ到来するメッセージの少なくとも一部分をタッチスクリーンディスプレイに表示する手段と、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出する手段であって、その規定の応答が複数の絵文字キャラクタを含むような手段と、到来するメッセージに対する複数の既定の応答の表示を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、複数の既定の応答を表示する手段と、複数の既定の応答の中の既定の応答を選択するための既定のユーザアクションを検出する手段と、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出する手段と、到来するメッセージに対する選択された既定の応答の送信を開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、到来するメッセージに対する選択された既定の応答を送信する手段と、を備えている。その選択された既定の応答は、複数の絵文字キャラクタの中の絵文字キャラクタを含む。

0027

ある実施形態によれば、コンピュータ実施方法は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、ポータブル電子装置がユーザ定義ジェスチャー記録モードにある間にタッチスクリーンディスプレイ上でのユーザ定義ジェスチャーを検出し、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を生成し、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を絵文字キャラクタに関連付け、そしてユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの関連付けを記憶することを含む。

0028

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備え、1つ以上のプログラムは、メモリに記憶されて、1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、ポータブル電子装置がユーザ定義ジェスチャー記録モードにある間にタッチスクリーンディスプレイ上でのユーザ定義ジェスチャーを検出し、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を生成し、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を絵文字キャラクタに関連付け、そしてユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの関連性を記憶するためのインストラクションを含む。

0029

ある実施形態によれば、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、そのポータブル電子装置が、それがユーザ定義ジェスチャー記録モードにある間にタッチスクリーンディスプレイ上でのユーザ定義ジェスチャーを検出し、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を生成し、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を絵文字キャラクタに関連付け、そしてユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの関連性を記憶するようにさせるインストラクションを記憶している。

0030

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、ポータブル電子装置がユーザ定義ジェスチャー記録モードにある間にタッチスクリーンディスプレイ上でのユーザ定義ジェスチャーを検出する手段と、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を生成する手段と、そのユーザ定義ジェスチャーの表現を絵文字キャラクタに関連付ける手段と、ユーザ定義ジェスチャーの表現、及びユーザ定義ジェスチャーの表現と絵文字キャラクタとの関連性を記憶する手段と、を備えている。

0031

ある実施形態によれば、コンピュータ実施方法は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、電子メッセージを受信することを含む。この電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するためのインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含む。絵文字データは、位置データに関連付けられる。又、この方法は、タッチスクリーンディスプレイ上に電子メッセージを表示し、地理マップアプリケーションを開始するためにその表示された電子メッセージに対する既定のユーザアクションを検出し、そして地理マップアプリケーションを開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示し、更に、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタを表示することも含む。

0032

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備え、1つ以上のプログラムは、メモリに記憶されて、1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、電子メッセージを受信するためのインストラクションを含み、電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含む。絵文字データは、位置データに関連付けられる。又、1つ以上のプログラムは、タッチスクリーンディスプレイ上に電子メッセージを表示し、地理マップアプリケーションを開始するためにその表示された電子メッセージに対する既定のユーザアクションを検出し、そして地理マップアプリケーションを開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示し、更に、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタを表示するためのインストラクションも含む。

0033

ある実施形態によれば、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置によって実行されたときに、その装置が、電子メッセージを受信するようにさせるインストラクションを記憶している。電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含む。絵文字データは、位置データに関連付けられる。又、インストラクションは、その装置が、タッチスクリーンディスプレイ上に電子メッセージを表示し、地理マップアプリケーションを開始するためにそ
の表示された電子メッセージに対する既定のユーザアクションを検出し、そして地理マップアプリケーションを開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示し、更に、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタを表示するようにもさせる。

0034

ある実施形態によれば、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスは、電子メッセージと、地理マップと、絵文字キャラクタとを含む。電子メッセージは、ポータブル電子装置により受信される。電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するためのインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含む。絵文字データは、位置データに関連付けられる。電子メッセージは、タッチスクリーンディスプレイ上に表示される。地理マップアプリケーションを開始するためにその表示された電子メッセージに対する既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示され、更に、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタが表示される。

0035

ある実施形態によれば、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンディスプレイと、電子メッセージを受信する手段とを備え、電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含み、絵文字データは、位置データに関連付けられる。又、この装置は、タッチスクリーンディスプレイ上に電子メッセージを表示する手段と、地理マップアプリケーションを開始するためにその表示された電子メッセージに対する既定のユーザアクションを検出する手段と、地理マップアプリケーションを開始するための既定のユーザアクションを検出するのに応答して、地理マップアプリケーションにおける地理マップを表示する手段と、位置データに対応する地理マップ上の位置に絵文字キャラクタを表示する手段と、を備えている。

発明の効果

0036

従って、本発明は、タッチ感知ディスプレイを伴うポータブル電子装置に絵文字を使用するための簡単で、効率的で且つ使い易いインターフェイスを提供する。このようなインターフェイスは、ユーザがタスクをより速く完了させて、バッテリ充電とバッテリ充電との間の時間を延長できることで、電力を保存する。又、このようなインターフェイスは、ポータブル電子装置でのユーザの満足度を高める。

0037

本発明の以上の実施形態及び付加的な実施形態を良く理解するため、全体を通して対応部分を同じ参照番号で示した添付図面を参照して実施形態の詳細な説明をする。

図面の簡単な説明

0038

ある実施形態によるタッチ感知ディスプレイを伴うポータブル多機能装置を示すブロック図である。
ある実施形態によるタッチ感知ディスプレイを伴うポータブル多機能装置を示すブロック図である。
ある実施形態によるタッチスクリーンを有するポータブル多機能装置を示す。
ある実施形態によりポータブル電子装置をアンロックするための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によるポータブル多機能装置におけるアプリケーションのメニューのための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によるポータブル多機能装置におけるアプリケーションのメニューのための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において特定の絵文字カテゴリの絵文字キャラクタサブセット間をナビゲートしそしてある絵文字キャラクタを入力するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において特定の絵文字カテゴリの絵文字キャラクタサブセット間をナビゲートしそしてある絵文字キャラクタを入力するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において特定の絵文字カテゴリの絵文字キャラクタサブセット間をナビゲートしそしてある絵文字キャラクタを入力するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において特定の絵文字カテゴリの絵文字キャラクタサブセット間をナビゲートしそしてある絵文字キャラクタを入力するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において特定の絵文字カテゴリの絵文字キャラクタサブセット間をナビゲートしそしてある絵文字キャラクタを入力するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタを入力しそして絵文字キャラクタを含む電子メッセージを送信するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタを入力しそして絵文字キャラクタを含む電子メッセージを送信するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタを入力しそして絵文字キャラクタを含む電子メッセージを送信するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタを入力しそして絵文字キャラクタを含む電子メッセージを送信するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタを入力しそして絵文字キャラクタを含む電子メッセージを送信するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置においてソフトウェアキーボードの絵文字キャラクタキーを再構成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置においてソフトウェアキーボードの絵文字キャラクタキーを再構成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置においてソフトウェアキーボードの絵文字キャラクタキーを再構成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタにユーザ定義ジェスチャーを指定するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタにユーザ定義ジェスチャーを指定するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタにユーザ定義ジェスチャーを指定するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタにユーザ定義ジェスチャーを指定するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタにユーザ定義ジェスチャーを指定するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態により電子メッセージを経て絵文字キャラクタをマップ上の位置指示子として使用するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態により電子メッセージを経て絵文字キャラクタをマップ上の位置指示子として使用するための規範的ユーザインターフェイスを示す。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーボードを操作する方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーボードを操作する方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーボードを操作する方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーボードを操作する方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーボードを操作する方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーボードを操作する方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための方法を示すフローチャートである。
ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字にユーザ定義ジェスチャーを指定する方法を示すフローチャートである。
ある実施形態により電子メッセージを経て絵文字をマップ上の位置指示子として使用する方法を示すフローチャートである。

実施例

0039

添付図面に示した実施形態を以下に詳細に説明する。以下の詳細な説明において本発明を完全に理解するために多数の特定の細部について述べる。しかしながら、当業者であれば、これらの特定の細部なしに本発明を実施できることが明らかであろう。その他の点については、実施形態の観点を不必要に不明瞭にしないために、良く知られた方法、手順、コンポーネント回路及びネットワークは、詳細に述べない。

0040

又、第1、第2、等の語は、ここでは、種々の要素を記述するのに使用されるが、これらの要素は、これらの語によって限定されないことも理解されたい。これらの語は、ある要素を別の要素と区別するためにだけ使用される。例えば、本発明の範囲から逸脱せずに、第1のジェスチャーを第2のジェスチャーと称してもよく、同様に、第2のジェスチャーを第1のジェスチャーと称してもよい。

0041

本発明の説明で使用される用語は、単に特定の実施形態を説明するためのものであり、本発明を何ら限定するものではない。本発明の説明及び特許請求の範囲で使用される単数形“a”“an”及び“the”は、特に明確な指示がない限り、複数形も含むものとする。又、ここで使用する「及び/又は」という語は、列挙された1つ以上の関連品目のいずれかの及び全ての考えられる組み合わせを指し及びそれらを包含するものと理解されたい。更に、本書で使用する「備える(comprises)」及び/又は「備えている(comprising)」という語は、記述された特徴、整数、ステップ、動作、エレメント、及び/又はコンポーネントの存在を特定するが、1つ以上の他の特徴、整数、ステップ、動作、エレメント、コンポーネント、及び/又はそのグループの存在又は追加を除外するものではない。

0042

ここで使用する「〜場合には(if)」という語は、状況に応じて、「〜ときには(when)」又は「〜際には(upon)」又は「決定に応答して」又は「検出に応答して」を意味するものと解釈される。同様に、「〜決定された場合には」又は「[記述された条件又は事象]が検出された場合には」というは、状況に応じて、「決定する際に」又は「決定するのに応答して」又は「[記述された条件又は事象]を検出する際に」又は「[記述された条件又は事象]を検出するのに応答して」を意味するものと解釈される。

0043

ポータブルの多機能装置、そのような装置のためのユーザインターフェイス、及びそのような装置を使用するための関連プロセスについて述べる。ある実施形態では、装置は、他の機能、例えば、PDA、及び/又は音楽プレーヤ機能も含む移動電話のようなポータブル通信装置である。ポータブルの多機能装置の規範的実施形態は、カリフォルニア州クパチーノのアップルコンピュータ社から入手できるiPhone(登録商標)及びiPod Touch(登録商標)装置を含むが、これに限定されない。

0044

ユーザインターフェイスは、タッチスクリーン又はタッチスクリーンに表示される仮想クリックホイールに加えて物理的なクリックホイールを含むことができる。クリックホイールは、ホイールの角度的変位、又は装置のユーザによるホイールとの接触点に基づいてナビゲーションコマンドを与えるユーザインターフェイス装置である。又、クリックホイールは、例えば、装置のユーザがホイールの少なくとも一部分又はホイールの中心を押圧したときに、1つ以上のアイテムの選択に対応するユーザコマンドを与えるのにも使用される。或いは又、タッチスクリーン表面上のクリックホイール映像との接触が遮断することは、選択に対応するユーザコマンドを指示する。簡単化のために、以下の説明では、タッチスクリーンを含むポータブル多機能装置が規範的実施形態として使用される。しかしながら、ユーザインターフェイス及び関連プロセスの幾つかを他のポータブル装置に適用できることを理解されたい。

0045

装置は、種々のアプリケーション、例えば、次のアプリケーション1つ以上をサポートすることができる。即ち、電話アプリケーション、ビデオ会議アプリケーション、e−メールアプリケーションインスタントメッセージングアプリケーション、ブログアプリケーション、写真マネージメントアプリケーション、デジタルカメラアプリケーションデジタルビデオカメラアプリケーション、ウェブブラウジングアプリケーション、デジタル音楽プレーヤアプリケーション、及び/又はデジタルビデオプレーヤアプリケーション。

0046

装置で実行できる種々のアプリケーションは、少なくとも1つの共通の物理的ユーザインターフェイス装置、例えば、タッチスクリーンを使用する。タッチスクリーンの1つ以上の機能、並びに装置に表示される対応する情報は、あるアプリケーションから次のアプリケーションへ及び/又は各アプリケーション内で調整され及び/又は変更される。このように、装置の共通の物理的アーキテクチャー(タッチスクリーンのような)は、直観的で且つ透過的なユーザインターフェイスで種々のアプリケーションをサポートすることができる。

0047

ユーザインターフェイスは、テキストキャラクタ及び絵文字キャラクタを入力し、又は入力するように動作できるソフトキーボード実施形態を含む。ソフトキーボード実施形態は、キーボード表示アイコン標準(QWERTY)構成及び/又は非標準構成の記号を含み、これは、例えば、2006年7月24日に出願された“KeyboardsFor Portable Electronic Devices”と題する米国特許出願第11/459,606号、及び2006年7月24日に出願された“Touch Screen Keyboards For Portable Electronic Devices”と題する米国特許出願第11/459,615号に説明されており、これら特許出願の内容を参考としてここにそのまま援用する。キーボード実施形態は、タイプライター用のもののような既存の物理的キーボードにおけるキーの数に対して少数のアイコン(又はソフトキー)を含む。これは、ユーザがキーボードにおいて1つ以上のアイコン、ひいては、1つ以上の対応する記号を選択し易くする。このキーボード実施形態は、適応性のものである。例えば、表示アイコンは、1つ以上のアイコン及び/又は1つ以上の対応する記号を選択するようなユーザアクションに基づいて変更することができる。ポータブル装置における1つ以上のアプリケーションは、共通の及び/又は異なるキーボード実施形態を使用することができる。従って、使用されるキーボード実施形態は、少なくとも幾つかのアプリケーションに対して調整することができる。ある実施形態では、各ユーザに対して1つ以上のキーボード実施形態を調整することができる。例えば、各ユーザのワード使用履歴辞書、俗語、個々の使用)に基づいて各ユーザに対して1つ以上のキーボード実施形態を調整することができる。1つ以上のアイコンを選択するとき、従って、ソフトキーボード実施形態を使用するときには1つ以上の記号を選択するときに、ユーザのエラーの確率を減少するために幾つかのキーボード実施形態を調整することができる。絵文字キャラクタを入力するか又は入力するように動作するソフトキーボードについて以下に詳細に述べる。

0048

装置の実施形態に注意を向けることにする。図1A及び1Bは、ある実施形態によるタッチ感知ディスプレイ112を伴うポータブル多機能装置100を示すブロック図である。タッチ感知ディスプレイ112は、便宜上「タッチスクリーン」とも称され、又、タッチ感知ディスプレイシステムとしても知られ又はそのように称される。装置100は、メモリ102(1つ以上のコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を含む)と、メモリコントローラ122と、1つ以上の処理ユニット(CPU)120と、周辺インターフェイス118と、RF回路108と、オーディオ回路110と、スピーカ111と、マイクロホン113と、入力/出力(I/O)サブシステム106と、他の入力又はコントロール装置116と、外部ポート124とを備えている。装置100は、1つ以上の光学的センサ164を含む。これらのコンポーネントは、1つ以上の通信バス又は信号ライン103を経て通信することができる。

0049

装置100は、ポータブル多機能装置100の一例に過ぎず、そして装置100は、図示された以上又は以下のコンポーネントを有してもよく、2つ以上のコンポーネントを結合してもよく、或いはコンポーネントの異なる構成又は配列を有してもよいことが明らかであろう。図1及び1Bに示す種々のコンポーネントは、1つ以上の信号処理回路及び/又は特定用途向け集積回路を含めて、ハードウェアソフトウェア、又はその両方の組み合わせで具現化されてもよい。

0050

メモリ102は、高速ランダムアクセスメモリを含んでもよく、又、不揮発性メモリ、例えば、1つ以上の磁気ディスク記憶装置フラッシュメモリ装置、又は他の不揮発性ソリッドステートメモリデバイスを含んでもよい。装置100の他のコンポーネント、例えば、CPU120及び周辺インターフェイス118によるメモリ102へのアクセスは、メモリコントローラ122によりコントロールすることができる。

0051

周辺インターフェイス118は、装置の入力及び出力周辺装置をCPU120及びメモリ102へ結合する。1つ以上のプロセッサ120は、メモリ102に記憶された種々のソフトウェアプログラム及び/又はインストラクションセットを走らせ又は実行し、装置100の種々の機能を遂行し、データを処理する。

0052

ある実施形態では、周辺インターフェイス118、CPU120、及びメモリコントローラ122は、チップ104のような単一チップにおいて具現化される。他の実施形態では、それらは、個別のチップにおいて具現化されてもよい。

0053

RF(高周波)回路108は、電磁信号とも称されるRF信号を受信し送信する。RF回路108は、電気信号を電磁信号へ及びその逆に変換し、そして電磁信号により通信ネットワーク及び他の通信装置と通信する。RF回路108は、これらの機能を遂行するための良く知られた回路を含み、これに限定されないが、アンテナシステムRFトランシーバ、1つ以上の増幅器チューナ、1つ以上の発振器、デジタル信号プロセッサCODECチップセット加入者アイデンティティモジュールSIMカード、メモリ、等を含む。RF回路108は、ワールドワイドウェブ(WWW)とも称されるインターネットのようなネットワーク、イントラネット及び/又はワイヤレスネットワーク、例えば、セルラー電話ネットワークワイヤレスローカルエリアネットワーク(LAN)、及び/又はメトロポリタンエリアネットワークMAN)、及び他の装置と、ワイヤレス通信により通信することができる。ワイヤレス通信は、複数の通信規格プロトコル、及び技術のいずれかを使用し、これは、移動通信用グローバルシステム(GSM)、エンハンストデータGSM環境(EDGE)、高速ダウンリンクパケットアクセス(HSDPA)、ワイドバンドコード分割多重アクセス(W−CDMA)、コード分割多重アクセス(CDMA)、時分割多重アクセス(TDMA)、ブルーツースワイヤレスフィデリティ(Wi−Fi)(例えば、IEEE802.11a、IEEE802.11b、IEEE802.11g及び/又はIEEE802.11n)、ボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)、Wi−MAX、e−メール用プロトコル(例えば、インターネットメッセージアクセスプロトコルIMAP)及び/又はポストオフィスプロトコル(POP))、インスタントメッセージング(例えば、エクステンシブルメッセージング及びプレゼンスプロトコル(XMPP)、インスタントメッセージング及びプレゼンスレバレッジエクステンションのためのセッションイニシエーションプロトコル(SIMPLE)、インスタントメッセージング及びプレゼンスサービス(IMPS))、及び/又はショートメッセージングサービス(SMS)、或いは本出願の出願日にまだ開発されていない通信プロトコルを含む他の適当な通信プロトコルを含むが、それらに限定されない。

0054

オーディオ回路110、スピーカ111、及びマイクロホン113は、ユーザと装置100との間のオーディオインターフェイスをなす。オーディオ回路110は、周辺インターフェイス118からオーディオデータを受信し、そのオーディオデータを電気的信号へ変換し、そしてその電気的信号をスピーカ111へ送信する。スピーカ111は、電気的信号を人間に聞こえる音波へ変換する。又、オーディオ回路110は、音波からマイクロホン113により変換された電気信号も受信する。オーディオ回路110は、電気信号をオーディオデータへ変換し、そのオーディオデータを処理のために周辺インターフェイス118へ送信する。オーディオデータは、周辺インターフェイス118によりメモリ102及び/又はRF回路108から検索され及び/又はそこへ送信される。ある実施形態では、オーディオ回路110は、ヘッドセットジャック(例えば、図2の212)も含む。ヘッドセットジャックは、オーディオ回路110と、取り外し可能なオーディオ入力/出力周辺装置、例えば、出力のみのヘッドホン、又は出力(例えば、片又は両耳用のヘッドホン)及び入力(例えば、マイクロホン)の両方を伴うヘッドセット、との間のインターフェイスをなす。

0055

I/Oサブシステム106は、装置100の入力/出力周辺装置、例えば、タッチスクリーン112及び他の入力/出力装置116を、周辺インターフェイス118へ結合する。I/Oサブシステム106は、ディスプレイコントローラ156と、他の入力又はコントロール装置のための1つ以上の入力コントローラ160とを含む。1つ以上の入力コントローラ160は、他の入力又はコントロール装置116から電気信号を受信し/そこへ電気信号を送信する。他の入力/コントロール装置116は、物理的なボタン(例えば、プッシュボタン、ロッカーボタン、等)、ダイヤルスライダースイッチジョイスティック、クリックホイール、等を含む。ある別の実施形態では、入力コントローラ160は、次のいずれかに結合される(又はいずれにも結合されない)。即ち、キーボード、赤外線ポートUSBポート、及びマウスのようなポインタ装置。1つ以上のボタン(例えば、図2の208)は、スピーカ111及び/又はマイクロホン113のボリュームコントロールのためのアップダウンボタンを含む。1つ以上のボタンは、プッシュボタン(例えば、図2の206)を含む。プッシュボタンを素早く押すと、タッチスクリーン112のロック解離するか、又はタッチスクリーンにジェスチャーを使用して装置をアンロックするプロセスが開始し、これは、参考としてここに援用する2005年12月23日に出願された“Unlocking a Device by Performing Gestures on an Unlock Image”と題する米国特許出願第11/322,549号に説明されている。プッシュボタン(例えば、206)を長押しすると、装置100への電力をターンオン又はオフすることができる。ユーザは、1つ以上のボタンの機能をカスタマイズすることができる。タッチスクリーン112は、仮想又はソフトボタン及び1つ以上のソフトキーボードを具現化するのに使用される。

0056

タッチ感知タッチスクリーン112は、装置とユーザとの間に入力インターフェイス及び出力インターフェイスを与える。ディスプレイコントローラ156は、タッチスクリーン112から電気信号を受信し/タッチスクリーン112へ電気信号を送信する。タッチスクリーン112は、ユーザに視覚出力を表示する。視覚出力は、グラフィックテキスト、アイコン、ビデオ、及びその組み合わせを含む(総体的に「グラフィック」と称される)。ある実施形態では、視覚出力の幾つか又は全部がユーザインターフェイスオブジェクトに対応する。

0057

タッチスクリーン112は、触覚及び/又は触感接触に基づいてユーザからの入力を受け入れタッチ感知面センサ、又はセンサのセットを有する。タッチスクリーン112及びディスプレイコントローラ156(並びに関連モジュール及び/又はメモリ102におけるインストラクションのセット)は、タッチスクリーン112上での接触(及び接触の移動又は切断)を検出し、そしてその検出された接触を、タッチスクリーンに表示されたユーザインターフェイスオブジェクト(例えば、1つ以上のソフトキー、アイコン、ウェブページ又は映像)との相互作用へと変換する。規範的実施形態では、タッチスクリーン112とユーザとの間の接触点は、ユーザの指に対応する。

0058

タッチスクリーン112は、LCD(液晶ディスプレイ)技術、又はLPD(光放射ポリマーディスプレイ)技術を使用するが、他の実施形態では、他の表示技術が使用されてもよい。タッチスクリーン112及びディスプレイコントローラ156は、現在知られている又は今後開発される複数のタッチ感知技術のいずれかを使用して接触及びその移動又は切断を検出することができ、それらの技術は、容量性抵抗性赤外線、及び表面音波技術、並びに他の接近センサアレイ、又はタッチスクリーン112との1つ以上の接触点を決定するための他の要素を含むが、それに限定されない。規範的実施形態では、カリフォルニア州クパチーノのアップルコンピュータ社から入手できるiPhone(登録商標)及びiPod Touch(登録商標)に見られるような投影相互キャパシタンス感知技術が使用される。

0059

タッチスクリーン112のある実施形態におけるタッチ感知ディスプレイは、各々参考としてここに援用する次の米国特許に説明されたマルチタッチ感知タブレットと同様である。第6,323,846号(ウェスターマン氏等)、第6,570,557号(ウェスターマン氏等)、及び/又は第6,677,932号(ウェスターマン氏)、及び/又は米国特許公告第2002/0015024A1号。しかしながら、タッチスクリーン112は、ポータブル装置100からの視覚出力を表示するが、タッチ感知タブレットは、視覚出力を与えない。

0060

タッチスクリーン112のある実施形態におけるタッチ感知ディスプレイは、次の特許出願に説明されている。(1)2006年5月2日に出願された“Multipoint Touch Surface Controller”と題する米国特許出願第11/381,313号;(2)2004年5月6日に出願された“Multipoint Touch screen”と題する米国特許出願第10/840,862号;(3)2004年7月30日に出願された“Gestures For Touch Sensitive Input Devices”と題する米国特許出願第10/903,964号;(4)2005年1月31日に出願された“Gestures For Touch Sensitive Input Devices”と題する米国特許出願第11/048,264号;(5)2005年1月18日に出願された“Mode-Based Graphical User Interfaces For Touch Sensitive Input Devices”と題する米国特許出願第11/038,590号;(6)2005年9月16日に出願された“Virtual Input Device Placement On A Touch Screen User Interface”と題する米国特許出願第11/228,758号;(7)2005年9月16日に出願された“Operation Of A Computer With A Touch Screen Interface”と題する米国特許出願第11/228,700号;(8)2005年9月16日に出願された“Activating Virtual Keys Of A Touch-Screen Virtual Keyboard”と題する米国特許出願第11/228,737号;及び(9)2006年3月3日に出願された“Multi-Functional Hand-Held Device”と題する米国特許出願第11/367,749号。これらの特許出願は、全て、参考としてここにそのまま援用する。

0061

タッチスクリーン112は、解像度が100dpi以上である。規範的実施形態では、タッチスクリーンは、解像度が約160dpiである。ユーザは、適当な物体又は付属物、例えば、スタイラス、指、等を使用して、タッチスクリーン112に接触することができる。ある実施形態では、ユーザインターフェイスは、主として、指に基づく接触及びジェスチャーで機能するように設計され、これは、タッチスクリーンに対する指の接触面積が大きいためにスタイラスに基づく入力よりかなり精度が低い。ある実施形態では、装置は、指に基づく粗い入力を、正確なポインタカーソル位置、又はユーザが希望するアクションを遂行するためのコマンドへと変換する。

0062

ある実施形態では、タッチスクリーンに加えて、装置100は、特定の機能をアクチベート又はデアクチベートするためのタッチパッド(図示せず)を備えている。ある実施形態では、タッチパッドは、タッチスクリーンとは異なり、視覚出力を表示しない装置のタッチ感知エリアである。タッチパッドは、タッチスクリーン112とは個別のタッチ感知面でもよいし、又はタッチスクリーンにより形成されたタッチ感知面の延長部でもよい。

0063

ある実施形態では、装置100は、物理的又は仮想クリックホイールを入力コントロール装置116として含む。ユーザは、クリックホイールを回転するか又はクリックホイールとの接触点を移動することにより(例えば、接触点の移動量がクリックホイールの中心点に対するその角度変位により測定される)、タッチスクリーン112に表示される1つ以上のグラフィックオブジェクト(以下、アイコンと称される)の間でナビゲートし及びそれと対話することができる。又、クリックホイールは、表示されたアイコンの1つ以上を選択するのに使用されてもよい。例えば、ユーザは、クリックホイール又は関連ボタンの少なくとも一部分を押圧することができる。ユーザによりクリックホイールを経て与えられるユーザコマンド及びナビゲーションコマンドは、入力コントローラ160、並びにメモリ102におけるモジュール及び/又はインストラクションセットの1つ以上によって処理することができる。仮想クリックホイールの場合には、クリックホイール及びクリックホイールコントローラは、各々、タッチスクリーン112及びディスプレイコントローラ156の一部分である。仮想クリックホイールの場合、クリックホイールは、ユーザと装置との対話に応答してタッチスクリーンディスプレイに現れたり消えたりする不透明又は半透明のいずれかのオブジェクトである。ある実施形態では、仮想クリックホイールは、ポータブル多機能装置のタッチスクリーンに表示されて、タッチスクリーンとのユーザ接触により操作される。

0064

又、装置100は、種々のコンポーネントに電力供給するための電源システム162も備えている。この電源システム162は、電源マネージメントシステム、1つ以上の電源(例えば、バッテリ交流(AC))、再充電システム停電検出回路電力コンバータ又はインバータ電力状態インジケータ(例えば、発光ダイオードLED))、並びにポータブル装置における電力の発生、管理及び配電に関連した他のコンポーネントを備えている。

0065

又、装置100は、1つ以上の光学的センサ164も備えている。図1A及び1Bは、I/Oサブシステム106における光学的センサコントローラ158に結合された光学的センサを示している。光学的センサ164は、電荷結合デバイス(CCD)又は相補的金属酸化物半導体(CMOS)ホトトランジスタを含む。光学的センサ164は、1つ以上のレンズを通して投影される環境からの光を受け取り、そしてその光を、映像を表すデータへと変換する。像形成モジュール143(カメラモジュールとも称される)に関連して、光学的センサ164は、静止映像又はビデオを捕獲することができる。ある実施形態で
は、光学的センサは、装置100の前方のタッチスクリーンディスプレイ112とは反対に、装置100の背面に配置され、タッチスクリーンディスプレイを静止映像及び/又はビデオ映像取得のためのビューファインダーとして使用できるようにしている。ある実施形態では、光学的センサが装置の前方に配置されて、ユーザの映像をビデオ会議のために得る一方、ユーザが他のビデオ会議参加者をタッチスクリーンディスプレイで見ることができるようにする。ある実施形態では、光学的センサ164の位置をユーザにより変更して(例えば、装置ハウジングにおいてレンズ及びセンサを回転することにより)、単一の光学的センサ164をビデオ会議と静止及び/又はビデオ映像取得の両方のためにタッチスクリーンディスプレイと共に使用できるようにする。

0066

又、装置100は、1つ以上の接近センサ166も備えている。図1A及び1Bは、周辺インターフェイス118に結合された接近センサ166を示している。或いは又、接近センサ166は、I/Oサブシステム106の入力コントローラ160に結合されてもよい。接近センサ166は、参考としてここにそのまま援用する“Proximity Detector In Handheld Device”と題する米国特許出願第11/241,839号;“Proximity Detector In Handheld Device”と題する第11/240,788号;“Using Ambient Light Sensor To Augment Proximity Sensor Output”と題する第11/620,702号;“Automated Response To And Sensing Of User Activity In Portable Devices”と題する第11/586,862号;及び“MethodsAnd Systems For Automatic Configuration Of Peripherals”と題する第11/638,251号に説明されたように機能する。ある実施形態では、接近センサは、多機能装置がユーザの耳の近くに置かれたとき(例えば、ユーザが電話コール発信するとき)タッチスクリーン112をターンオフし、ディスエイブルする。ある実施形態では、接近センサは、装置がロック状態であるときに不必要なバッテリ消費を防止するために、装置がユーザのポケットハンドバッグ、又は他の暗いエリアにあるときにスクリーンをオフに保持する。

0067

又、装置100は、1つ以上の加速度計168も備えている。図1A及び1Bは、周辺インターフェイス118に結合された加速度計168を示す。或いは又、加速度計168は、I/Oサブシステム106の入力コントローラ160に結合されてもよい。加速度計168は、参考としてここにそのまま援用する“Acceleration-based Theft Detection System for Portable Electronic Devices”と題する米国特許公告第20050190059号、及び“MethodsAnd Apparatuses For Operating A Portable Device Based On An Accelerometer”と題する米国特許公告第20060017692号に説明されたように機能する。ある実施形態では、情報は、1つ以上の加速度計から受け取ったデータの分析に基づいて肖像ビュー又は風景ビューでタッチスクリーンディスプレイに表示される。

0068

ある実施形態では、メモリ102に記憶されたソフトウェアコンポーネントは、オぺレーティングシステム126、通信モジュール(又はインストラクションセット)128、接触/運動モジュール(又はインストラクションセット)130、グラフィックモジュール(又はインストラクションセット)132、テキスト入力モジュール(又はインストラクションセット)134、グローバルポジショニングシステム(GPS)モジュール(又はインストラクションセット)135、及びアプリケーション(又はインストラクションセット)136を含む。

0069

オペレーティングシステム126(例えば、Darwin、RTXC、LINUX、OS X、WINDOWS、又は埋め込み型オペレーティングシステム、例えば、VxWorks)は、一般的なシステムタスク(例えば、メモリマネージメント、記憶装置コントロール、電力マネージメント、等)をコントロールし及び管理するための種々のソフトウェアコンポーネント及び/又はドライバを備え、そして種々のハードウェア及びソフトウェアコンポーネント間の通信を容易にする。通信モジュール128は、1つ以上の外部ポート124を経て行われる他の装置との通信を容易にし、そしてRF回路108及び/又は外部ポート124により受け取られるデータを取り扱うための種々のソフトウェアコンポーネントも含む。外部ポート124(例えば、ユニバーサルシリアルバス(USB)、FIREWIRE、等)は、他の装置に直結されるか、又はネットワーク(例えば、インターネット、ワイヤレスLAN、等)を経て間接的に結合される。ある実施形態では、外部ポートは、iPod(アップルコンピュータ社の商標)装置に使用される30ピンコネクタと同じであるか、同様であるか、及び/又はそれに適合するマルチピン(例えば、30ピン)コネクタである。

0070

接触/運動モジュール130は、タッチスクリーン112(ディスプレイコントローラ156に関連する)及び他のタッチ感知装置(例えば、タッチパッド又は物理的クリックホイール)との接触を検出することができる。接触/運動モジュール130は、接触が生じたかどうか決定し(例えば、指ダウン事象を検出し)、接触の移動があるかどうか決定しそしてタッチスクリーン112を横切る移動を追跡し(例えば、1つ以上の指ドラグ事象を検出し)、接触が止んだかどうか決定し(例えば、指アップ事象又は接触の切断を検出し)、等の、接触の検出に関連した種々のオペレーションを遂行するための種々のソフトウェアコンポーネントを含む。接触/運動モジュール130は、タッチスクリーン112から接触データを受け取る。一連の接触データにより表される接触点の移動を決定することは、接触点の速さ(大きさ)、速度(大きさと方向)、及び/又は加速度(大きさ及び/又は方向の変化)を決定することを含む。これらのオペレーションは、単一の接触(例えば、1つの指の接触)、又は複数の同時接触(例えば、「マルチタッチ」/複数の指の接触)に適用される。又、ある実施形態では、接触/運動モジュール130及びディスプレイコントローラ156がタッチパッド上の接触を検出する。ある実施形態では、接触/運動モジュール130及びコントローラ160がクリックホイール上の接触を検出する。

0071

接触/運動モジュール130は、ユーザにより入力されるジェスチャーを検出することができる。タッチスクリーン112上の異なるジェスチャーは、異なる接触パターンを有する。従って、特定の接触パターンを検出することによりジェスチャーを検出することができる。例えば、指タップジェスチャーを検出することは、指ダウン事象の検出に続いて、指ダウン事象と同じ位置(又は実質的に同じ位置)において(例えば、ソフトキーボードではテキストキャラクタキー又は絵文字キャラクタキーのようなボタン型ユーザインターフェイスオブジェクトの位置において)指アップ事象を検出することを含む。別の例として、タッチスクリーン上で指スワイプジェスチャーを検出することは、指ダウン事象の検出に続いて、1つ以上の指ドラグ事象を検出し、その後、指アップ事象を検出することを含む。ある実施形態では、接触/運動モジュール130は、ユーザ定義ジェスチャーを検出する。

0072

グラフィックモジュール132は、表示されるグラフィックの輝度を変化させるコンポーネントを含めて、タッチスクリーン112にグラフィックをレンダリングし表示するための種々の既知のソフトウェアコンポーネントを含む。ここで使用する「グラフィック」という語は、ユーザに表示できるオブジェクトを含み、テキスト、ウェブページ、アイコン(ソフトキーを含むユーザインターフェイスオブジェクトのような)、デジタル映像、ビデオ、アニメ、等を含むが、これに限定されない。

0073

ある実施形態では、グラフィックモジュール132は、使用されるグラフィックを表すデータを記憶する。各グラフィックには、対応するコードが指定される。グラフィックモジュール132は、表示されるグラフィックを特定する1つ以上のコードを、必要に応じて、座標データ及び他のグラフィックプロパティデータと共に、アプリケーション、等から受け取り、そしてスクリーン映像データを発生して、ディスプレイコントローラ156へ出力する。

0074

グラフィックモジュール132のコンポーネントであるテキスト入力モジュール134は、種々のアプリケーション(例えば、連絡先137、e−メール140、IM141、ブラウザ147、及びテキスト入力を必要とする他のアプリケーション)においてテキストを入力するためのソフトキーボードを与える。又、テキスト入力モジュール134は、種々のアプリケーション(例えば、e−メール140、IM141、及び絵文字キャラクタ入力を使用する他のアプリケーション)において絵文字キャラクタを入力するための絵文字ソフトキーボードを与えるようにも構成される。ある実施形態では、テキスト入力モジュール134は、テキストを入力するためのソフトキーボード及び絵文字ソフトキーボードを表すデータを記憶する。

0075

GPSモジュール135は、装置の位置を決定し、そしてこの情報を種々のアプリケーション(例えば、ローカルベースダイヤルに使用するための電話138、写真/ビデオメタデータとしてのカメラ143、並びに天気ウィジット、ローカルイエローページウィジット、及びマップ/ナビゲーションウィジットのような位置ベースサービスを提供するアプリケーション)に使用するために与える。

0076

アプリケーション136は、次のモジュール(又はインストラクションセット)、或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
・連絡先モジュール137(アドレス帳又は連絡先リストとも称される);
電話モジュール138;
・ビデオ会議モジュール139;
・e−メールクライアントモジュール140;
・インスタントメッセージング(IM)モジュール141;
トレーニングサポートモジュール142;
・静止及び/又はビデオ映像のためのカメラモジュール143;
・映像マネージメントモジュール144;
ビデオプレーヤモジュール145;
音楽プレーヤモジュール146;
ブラウザモジュール147;
カレンダーモジュール148;
・ウィジットモジュール149、これは、天気ウィジット149−1、株ウィジット149−2、計算器ウィジット149−3、アラームクロックウィジット149−4、辞書ウィジット149−5、及びユーザにより得られる他のウィジット、並びにユーザ生成ウィジット149−6を含む;
・ユーザ生成ウィジット149−6を作るためのウィジット生成モジュール150;
サーチモジュール151;
・ビデオ及び音楽プレーヤモジュール152、これは、ビデオプレーヤモジュール145及び音楽プレーヤモジュール146を合体したもの;
・ノートモジュール153;
マップモジュール154;及び/又は
オンラインビデオモジュール155。

0077

メモリ102に記憶される他のアプリケーション136は、例えば、他のワード処理アプリケーション、JAVAイネーブルアプリケーション、暗号化、デジタルライツマネージメント、音声認識、及び音声複写を含む。

0078

タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、連絡先モジュール137は、アドレス帳又は連絡先リストを管理するのに使用され、これは、アドレス帳に名前(1つ又は複数)を追加すること、アドレス帳から名前(1つ又は複数)を削除すること、電話番号(1つ又は複数)、e−メールアドレス(1つ又は複数)、物理的アドレス(1つ又は複数)又は他の情報を名前に関連付けること、映像を名前に関連付けること、名前を分類区分けすること、電話138、ビデオ会議139、e−メール140又はIM141による通信を開始し及び/又は容易にするために電話番号又はe−メールアドレスを与えること、等を含む。

0079

RF回路108、オーディオ回路110、スピーカ111、マイクロホン113、タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、電話モジュール138は、電話番号に対応するキャラクタのシーケンスを入力し、アドレス帳137の1つ以上の電話番号にアクセスし、入力された電話番号を変更し、各電話番号をダイヤルし、会話を行い、そして会話が完了したときに切断又はハングアップするのに使用される。上述したように、ワイヤレス通信は、複数の通信規格、プロトコル及び技術のいずれを使用してもよい。

0080

RF回路108、オーディオ回路110、スピーカ111、マイクロホン113、タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、光学的センサ164、光学的センサコントローラ158、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、テキスト入力モジュール134、連絡先リスト137、及び電話モジュール138に関連して、ビデオ会議モジュール139は、ユーザと1つ以上の他の参加者との間のビデオ会議を開始し、実行しそして終了するのに使用される。

0081

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、e−メールクライアントモジュール140は、e−メールを生成し、送信し、受信し及び管理するのに使用される。映像マネージメントモジュール144に関連して、e−メールモジュール140は、カメラモジュール143で撮影された静止又はビデオ映像と共にe−メールを生成して送信するのを非常に容易にする。更に、テキスト入力モジュール134は、e−メールクライアントモジュール140に関連して機能して、e−メールへの絵文字の挿入を容易にする。

0082

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、インスタントメッセージングモジュール141は、インスタントメッセージに対応するキャラクタのシーケンスを入力し、以前に入力されたキャラクタを変更し、各インスタントメッセージを送信し(例えば、電話ベースのインスタントメッセージについてはショートメッセージサービス(SMS)又はマルチメディアメッセージサービス(MMS)プロトコルプロトコルを使用して、或いはインターネットベースのインスタントメッセージについてはXMPP、SIMPLE、又はIMPSを使用して)、インスタントメッセージを受信し、そして受信したインスタントメッセージを見るのに使用される。ある実施形態では、送信及び/又は受信されるインスタントメッセージは、グラフィック、写真、オーディオファイルビデオファイルを含み、及び/又はMMS及び/又はエンハンスメッセージングサービスEMS)でサポートされる他のアタッチメントも含む。ここで使用する「インスタントメッセージング」とは、電話ベースのメッセージ(例えば、SMS又はMMSを使用して送信されるメッセージ)と、インターネットベースのメッセージ(例えば、XMPP、SIMPLE又はIMPSを使用して送信されるメッセージ)の両方を指す。更に、テキスト入力モジュール134は、インスタントメッセージングモジュール141に関連して機能して、各インスタントメッセージへの絵文字の挿入を容易にする。

0083

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、テキスト入力モジュール134、GPSモジュール135、マップモジュール154、及び音楽プレーヤモジュール146に関連して、トレーニングサポートモジュール142は、トレーニング(例えば、時間、距離及び/又はカロリー燃焼目標をもつ)を生成し、トレーニングセンサ(スポーツ器具)と通信し、トレーニングセンサデータを受信し、トレーニングを監視するのに使用されるセンサを校正し、トレーニング用の音楽を選択して再生し、そしてトレーニングデータを表示し、記憶し及び送信するのに使用される。

0084

タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、光学的センサ164、光学的センサコントローラ158、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及び映像マネージメントモジュール144に関連して、カメラモジュール143は、静止映像又はビデオ(ビデオストリームを含む)を捕獲してメモリ102へ記憶し、静止映像又はビデオの特性を変更し、又はメモリ102から静止映像又はビデオを削除するのに使用される。

0085

タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、テキスト入力モジュール134、及びカメラモジュール143に関連して、映像マネージメントモジュール144は、静止及び/又はビデオ映像をアレンジし、変更し、さもなければ、操作し、ラベル添付し、削除し、提示し(例えば、デジタルスライドショー又はアルバムで)、そして記憶するのに使用される。

0086

タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、オーディオ回路110及びスピーカ111に関連して、ビデオプレーヤモジュール145は、ビデオを(例えば、タッチスクリーンに、又は外部ポート124を経て接続された外部ディスプレイに)表示し、提示し、さもなければ、再生するのに使用される。

0087

タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、オーディオ回路110、スピーカ111、RF回路108、及びブラウザモジュール147に関連して、音楽プレーヤモジュール146は、録音された音楽及び1つ以上のファイルフォーマットで記憶された他のサウンドファイル、例えば、MP3又はAACファイルをユーザがダウンロードして再生できるようにする。ある実施形態では、装置100は、iPod(アップルコンピュータ社の商標)のような、MP3プレーヤの機能を含む。

0088

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、ブラウザモジュール147は、ウェブページ又はその一部分、並びにウェブページにリンクされたアタッチメント及び他のファイルをサーチし、それにリンクし、それを受信し及び表示することを含めて、インターネットをブラウズするのに使用される。

0089

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、テキスト入力モジュール134、e−メールモジュール140、及びブラウザモジュール147に関連して、カレンダーモジュール148は、カレンダー及びカレンダーに関連したデータ(例えば、カレンダーエントリー、ツードゥ(to do)リスト、等)を生成し、表示し、変更し、そして記憶するのに使用される。更に、テキスト入力モジュール134は、カレンダーモジュール148に関連して機能して、カレンダーエントリー、ツードゥリスト、等への絵文字の挿入を容易にする。

0090

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、テキスト入力モジュール134、及びブラウザモジュール147に関連して、ウィジットモジュール149は、ユーザによりダウンロードされて使用されるミニアプリケーション(例えば、天気ウィジット149−1、株ウィジット149−2、計算器ウィジット149−3、アラームクロックウィジット149−4、及び辞書ウィジット149−5)であるか、又はユーザにより生成されるミニアプリケーション(例えば、ユーザ生成ウィジット149−6)である。ある実施形態では、ウィジットは、HTML(ハイパーテキストマークアップ言語)ファイル、CSSカスケーディングスタイルシート)ファイル、及びJavaScriptファイルを含む。ある実施形態では、ウィジットは、XML(エクステンシブルマークアップ言語)ファイル、及びJavaScriptファイル(例えば、Yahoo!ウィジット)を含む。

0091

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、テキスト入力モジュール134、及びブラウザモジュール147に関連して、ウィジット生成モジュール150は、ユーザによりウィジットを生成するのに使用される(例えば、ウェブページのユーザ指定部分をウィジットへと転化させる)。

0092

タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、サーチモジュール151は、1つ以上のサーチ基準(例えば、1つ以上のユーザ指定サーチ用語)に一致するテキスト、音楽、サウンド、映像、ビデオ、及び又は他のファイルをメモリ102においてサーチするのに使用される。

0093

タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、ノートモジュール153は、ノート、ツードゥリスト、等を生成し管理するのに使用される。更に、テキスト入力モジュール134は、ノートモジュール153に関連して機能し、ノート、ツードゥリスト、等への絵文字の挿入を容易にする。

0094

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、テキスト入力モジュール134、GPSモジュール135、及びブラウザモジュール147に関連して、マップモジュール154は、マップ及びマップに関連したデータ(例えば、運転方向、特定の場所又はその付近店舗及び他の交差点に関するデータ、及び場所に基づく他のデータ)を受け取り、表示し、変更し及び記憶するのに使用される。更に、テキスト入力モジュール134は、マップモジュール154に関連して機能し、マップへの絵文字の挿入を容易にする。

0095

タッチスクリーン112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、オーディオ回路110、スピーカ111、RF回路108、テキスト入力モジュール134、e−メールクライアントモジュール140、及びブラウザモジュール147に関連して、オンラインビデオモジュール155は、ユーザが、アクセス、ブラウズ、受信(例えば、ストリーミング及び/又はダウンロードにより)、再生(例えば、タッチスクリーンに、又は外部ポート124を経て接続された外部ディスプレイに)を行えるようにし、更に、特定のオンラインビデオへのリンクと共にe−メールを送信し、その他、オンラインビデオをH.264のような1つ以上のファイルフォーマットで管理できるようにする。ある実施形態では、e−メールクライアントモジュール140ではなくインスタントメッセージングモジュール141を使用して、特定のオンラインビデオへのリンクを送信する。オンラインビデオアプリケーションの付加的な説明は、2007年6月20日に出願された“Portable Multifunction Device, Method, and Graphical User Interface for Playing Online Videos”と題する米国プロビジョナル特許出願第60/936,562号、及び2007年12月31日に出願された“Portable Multifunction Device, Method, and Graphical User Interface for Playing Online Videos”と題する米国特許出願第11/968,067号に見ることができ、それらの内容を参考としてここに援用する。

0096

上述したモジュール及びアプリケーションの各々は、上述した1つ以上の機能を遂行するためのインストラクションのセットに対応する。これらのモジュール(即ち、インストラクションのセット)は、個別のソフトウェアプログラム、手順又はモジュールとして具現化される必要がなく、従って、これらモジュールの種々のサブセットを種々の実施形態において結合し、さもなければ、再アレンジすることができる。例えば、ビデオプレーヤモジュール145は、音楽プレーヤモジュール146と共に単一のモジュール(例えば、図1Bのビデオ及び音楽プレーヤモジュール152)へと結合することができる。ある実施形態では、メモリ102は、上述したモジュール及びデータ構造体のサブセットを記憶することができる。更に、メモリ102は、上述しなかった付加的なモジュール及びデータ構造体を記憶することもできる。

0097

ある実施形態では、装置100は、その機能の既定セットの動作がタッチスクリーン112及び/又はタッチパッドを通して排他的に実行される装置である。タッチスクリーン及び/又はタッチパッドを装置100の動作のための一次入力/コントロール装置として使用することにより、装置100における物理的入力/コントロール装置(プッシュボタン、ダイヤル、等)の数を減少することができる。

0098

タッチスクリーン及び/又はタッチパッドを通して排他的に遂行される機能の既定セットは、ユーザインターフェイス間のナビゲーションを含む。ある実施形態では、タッチパッドは、ユーザがタッチすると、装置100を、装置100に表示されるユーザインターフェイスから、メインホーム又はルートメニューへとナビゲートする。このような実施形態では、タッチパッドは、「メニューボタン」と称される。他の実施形態では、メニューボタンは、タッチパッドではなく、物理的なプッシュボタン又は他の物理的な入力/コントロール装置である。

0099

図2は、ある実施形態によるタッチスクリーン112を有するポータブル多機能装置100を示す。タッチスクリーンは、ユーザインターフェイス(UI)200内に1つ以上のグラフィックを表示する。この実施形態及び他の実施形態では、ユーザは、例えば、1本以上の指202(図には適切な縮尺率で描かれていない)でグラフィックに接触又はタッチすることにより、1つ以上のグラフィックを選択することができる。ある実施形態では、1つ以上のグラフィックの選択は、ユーザが1つ以上のグラフィックとの接触を切断したときに生じる。ある実施形態では、接触は、装置100に接触する1つ以上のタップ、1つ以上のスワイプ(左から右、右から左、アップ方向及び/又はダウン方向)、及び/又は指の回転(右から左、左から右、アップ方向及び/又はダウン方向)のようなジェスチャーを含む。ある実施形態では、グラフィックとの偶発的な接触でグラフィックが選択されることはない。例えば、選択に対応するジェスチャーがタップであるときに、アプリケーションアイコンの上をスイープするスワイプジェスチャーでは、対応するアプリケーションが選択されることがない。

0100

又、装置100は、「ホーム」又はメニューボタン204のような1つ以上の物理的なボタンも含む。上述したように、メニューボタン204は、装置100で実行されるアプリケーションのセットにおいて任意のアプリケーション136へナビゲートするのに使用される。或いは又、ある実施形態では、メニューボタンは、タッチスクリーン112においてGUIのソフトキーとして具現化される。

0101

一実施形態において、装置100は、タッチスクリーン112と、メニューボタン204と、装置の電源をオン/オフし及び装置をロックするためのプッシュボタン206と、ボリューム調整ボタン208と、加入者アイデンティティモジュール(SIM)カードスロット210と、ヘッドセットジャック212と、ドッキング充電外部ポート124とを備えている。プッシュボタン206は、これを押して、所定時間インターバル中、押圧状態に保持することにより装置の電源をターンオン/オフし、又、このボタンを押して、所定時間インターバルが経過する前に放すことにより装置をロックし、及び/又は装置をアンロックするか又はアンロックプロセスを開始するのに使用される。又、別の実施形態では、装置100は、マイクロホン113を通してある機能をアクチベート又はデアクチベートするために口頭入力を受け入れることもできる。

0102

図3は、ある実施形態によりポータブル電子装置をアンロックするための規範的ユーザインターフェイスを示す。ある実施形態では、ユーザインターフェイス300は、次の要素、或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
・装置をアンロックするためにフィンガージェスチャーと共に移動するアンロック映像
302;
・アンロックジェスチャーに対して視覚キューを与える矢印304;
・アンロックジェスチャーに対して付加的なキューを与えるチャンネル306;
時刻308;
曜日310;
・日付312;及び
・壁紙映像314。

0103

ある実施形態では、装置は、それがユーザインターフェイスロック状態にある間にタッチ感知ディスプレイとの接触(例えば、ユーザの指がアンロック映像302又はその付近に接触する)を検出する。装置は、接触に基づいてアンロック映像302を移動させる。装置は、検出された接触が、チャンネル306にわたってアンロック映像を移動するような規定のジェスチャーに対応する場合には、ユーザインターフェイスアンロック状態へと移行する。逆に、装置は、検出された接触が既定のジェスチャーに対応しない場合には、ユーザインターフェイスをロック状態に保持する。上述したように、タッチスクリーンにおけるジェスチャーを使用して装置をアンロックするプロセスは、2005年12月23日に出願された“Unlocking A Device By Performing Gestures On An Unlock Image”と題する米国特許出願第11/322,549号;及び2005年12月23日に出願された“Indication Of Progress TowardsSatisfaction Of A User Input Condition”と題する第11/322,550号に説明されており、これらは、参考としてここにそのまま援用する。

0104

図4A及び4Bは、ある実施形態によるポータブル多機能装置におけるアプリケーションのメニューのための規範的ユーザインターフェイスを示す。ある実施形態では、ユーザインターフェイス400Aは、次の要素、或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
セルラー及びWi−Fi信号のような、ワイヤレス通信用の信号強度インジケータ402;
・時刻404;
バッテリ状態インジケータ406;
・次のような頻繁に使用するアプリケーションのためのアイコンを伴うトレイ408:
・逸したコール又はボイスメールメッセージの数のインジケータ414を含む電話138;
未読e−メールの数のインジケータ410を含むe−メールクライアント140;
・ブラウザ147;及び
・音楽プレーヤ146;並びに
・次のような他のアプリケーションのためのアイコン:
・IM141;
・映像マネージメント144;
・カメラ143;
・ビデオプレーヤ145;
・天気149−1;
・株149−2;
・トレーニングサポート142;
・カレンダー148;
・計算器149−3;
・アラームクロック149−4;
・辞書149−5;及び
・ユーザ生成ウィジット149−6。

0105

ある実施形態では、ユーザインターフェイス400Bは、次の要素、或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
・上述した402、404、406、141、148、144、143、149−3、149−2、149−1、149−4、410、414、138、140及び147;
・マップ154;
・ノート153;
・以下に述べるように、装置100の設定及びその種々のアプリケーション136へのアクセスを与える設定412;
・iPod(アップルコンピュータ社の商標)モジュール152とも称されるビデオ及び音楽プレーヤモジュール152;及び
・YouTube(グーグル社の商標)モジュール155とも称されるオンラインビデオモジュール155。

0106

ある実施形態では、UI400A又は400Bは、ウィジットベースアプリケーション及び非ウィジットベースアプリケーションの両方へ一体的アクセスを与える。ある実施形態では、ユーザ生成であるかどうかに関わらず、全てのウィジットがUI400A又は400Bに表示される。他の実施形態では、ユーザ生成ウィジット149−6のアイコンをアクチベートすると、ユーザ生成ウィジット又はユーザ生成ウィジットに対応するアイコンを含む別のUIを導く。

0107

ある実施形態では、ユーザは、例えば、参考としてここにそのまま援用する2006年7月24日に出願された“Portable Electronic Device With Interface Reconfiguration Mode”と題する米国特許出願第11/459,602号説明されたプロセスを使用して、UI400A又は400Bにおけるアイコンを再アレンジすることができる。例えば、ユーザは、指ジェスチャーを使用して、アプリケーションアイコンをトレイ408に入れたり出したりすることができる。

0108

図5A−5Gは、ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイ112を装備したポータブル電子装置100に絵文字キャラクタキーを設けて編成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。これらの図の概略をここに述べる。

0109

図5Aは、インスタントメッセージングアプリケーション141におけるユーザインターフェイス500Aを示す。この例で述べるように、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示し又は表示するよう動作できるキャラクタ入力エリア5000が設けられる。上述したように、明細書及び特許請求の範囲で使用されるテキストキャラクタとは、アルファニューメリックキャラクタ、サイノグラフ、日本語の漢字又は仮名記号、及び/又はその他、人間の書記言語キャラクタを指し、一方、絵文字キャラクタとは、人間の書記言語におけるテキストキャラクタではない静止及びアニメ化絵文字を指す。ユーザインターフェイス500Aには、複数の絵文字カテゴリアイコン5010を含むキーボードディスプレイエリア5005も設けられる。絵文字カテゴリアイコン5010は、複数の絵文字カテゴリ、例えば、最も最近及び頻繁に使用されるもの、人、自然、物体、旅行、記号、及び/又は季節的な絵文字カテゴリに対応する。UI500Aに表示される規範的な実施形態では、絵文字カテゴリアイコン5010−1は、最も最近及び頻繁に使用されるものに対応し、絵文字カテゴリアイコン5010−2は、人に対応し、絵文字カテゴリアイコン5010−3は、自然に対応し、絵文字カテゴリアイコン5010−4は、物体に対応し、絵文字カテゴリアイコン5010−5は、旅行に対応し、そして絵文字カテゴリアイコン5010−6は、記号に対応する。

0110

又、UI500Aは、表示される各絵文字カテゴリに対してキーボード表示エリア5005内に規範的な絵文字キャラクタキー5015も含む。規範的なUI500Aでは、表示される絵文字キャラクタキー(即ち、5015−1、5015−2及び5015−3)は、絵文字カテゴリ「最も最近及び頻繁に使用されるもの」に対応する。というのは、絵文字カテゴリアイコン5010−1、最も最近及び頻繁に使用されるもの、が現在選択されているからである。現在選択されている絵文字カテゴリアイコン5010は、典型的に、例えば、その背景カラーを未選択の絵文字カテゴリアイコンに対しハイライトにするか又は変更することにより、未選択の絵文字カテゴリアイコンとは視覚上区別される。

0111

ある実施形態では、絵文字カテゴリアイコン5010−1、最も最近及び頻繁に使用される絵文字キャラクタ、に対応する絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーが、使用された絵文字キャラクタの使用の最新性及び使用の頻度を分析するアルゴリズムに基づいて、表示のために選択される。このアルゴリズムは、絵文字キャラクタ使用の履歴リストを生成する。履歴リストの各エントリは、履歴リストにおけるエントリの位置に基づいて相対的な重みが与えられる。例えば、最も最近使用された絵文字キャラクタは、最も高い重みを得、2番目に最近使用された絵文字キャラクタは、最も最近使用された絵文字キャラクタより小さな重みを得、3番目に最近使用された絵文字キャラクタは、2番目に最近使用された絵文字キャラクタより小さい重みを得、等々となる。次いで、各々の個別の絵文字キャラクタに対して、その絵文字キャラクタの相対的な重みを合成(例えば、総計)することにより全体的なスコアが決定される。例えば、履歴リストにおいて2番目、10番目及び20番目の位置を占有する絵文字キャラクタの場合、その絵文字キャラクタの全体的スコアは、履歴リストの第2、第10及び第20番目の位置に与えられた相対的な重みの和となる。次いで、全体的スコアが最も高い絵文字キャラクタが、絵文字カテゴリ「最も最近及び頻繁に使用される」に表示される(例えば、スコアが小さくなる順序で)。

0112

又、この規範的実施形態において、UI500Aは、キーボード選択アイコン5020も含む。ある実施形態では、キーボード選択アイコン5020は、例えば、タッチスクリーンディスプレイの底部に沿った既定のエリア5009において、複数の絵文字カテゴリアイコン5010と同時に表示される。キーボード選択アイコン5020は、ある実施形態では、キーボード表示エリア5005において絵文字キャラクタキーの表示をテキストキャラクタ入力キーボードの表示(例えば、図5Gの5055)と置き換えるのに使用される。更に、UI500Aは、第2のアイコン5025も備え、これは、(例えば、指タップジェスチャーにより)アクチベートされたときに、エリア5000に入力された電子メッセージの送信を開始する。又、UI500Aは、削除アイコン5011も備え、これは、(例えば、指タップジェスチャーにより)アクチベートされたとき、入力エリア5000における1つ以上のキャラクタを削除する。

0113

UI500B(図5B)は、各絵文字カテゴリ、ここでは、絵文字カテゴリアイコン5010−2をハイライトにすることで選択されたときに目に見えるように指示される人、に対するサブセットシーケンス印アイコン5040を含むキーボード表示エリア5005を示す。サブセットシーケンス印アイコン5040は、現在表示されている絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリア5005内の絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスにおける表示されたサブセットの位置とに関する情報を与える。ここで、サブセットシーケンス印アイコン5040は、人絵文字カテゴリに絵文字キャラクタキーのサブセットが6つあり、且つ人絵文字カテゴリの第1サブセットが現在表示されていることを指示する。別の例としては、図6A−6Cのサブセットシーケンス印アイコン6000についての以下の説明を参照されたい。

0114

図5Cないし5Fに各々示されたUI500C、UI500D、UI500E及びUI500Fは、他の規範的絵文字カテゴリ及び絵文字キャラクタキーボードとのユーザインターフェイスを示す。

0115

UI500G(図5G)は、キーボード表示エリア5005におけるテキストキャラクタ入力キーボード5055を示す。ある実施形態では、キーボード5055は、テキストキャラクタ入力カテゴリアイコン5060を備え、これは、(例えば、アイコン上での指タップジェスチャーにより)アクチベートされたとき、数字キー及び他のテキストキャラクタ入力キーを伴う別のテキストキャラクタキーボードを表示させる。ある実施形態では、キーボード5055は、スペースキャラクタを入力するように動作すると共に、テキストキャラクタ入力時に自動完了及び/又は自動修正を確認するようにも動作するハイブリッド目的キー5062を備えている。例えば、日本語のテキストを入力するときには、ある実施形態では、音声テキストを使用することができる。装置が、ユーザにより入力されたテキストキャラクタを評価するときに、既に入力されたテキストに対して、1つ以上のワードの推奨完了候補が提示される。例えば、ユーザがキャラクタ“ra”をタイプした場合には、完了候補として“rain”が推奨される。その後、“rain”完了候補が表示されている間に(図示せず)、(例えば、キー5062上での指タップジェスチャーにより)ハイブリッド目的キー5062をアクチベートし、“rain”が入力を意図したテキストであることを確認し、装置は、キャラクタストリング“rain”をキャラクタ入力エリア5000へ挿入する。ある実施形態では、サイノグラフ又は日本語の仮名キャラクタを完了候補として提示してもよい。ある実施形態では、キーボード5055は、改行キャラクタを入力するよう動作すると共に、アクションに対して自動完了を確認するようにも動作できるハイブリッド目的キー5063を含む。例えば、ユーザがキャラクタ“goo”をタイプした場合に、装置は、アクション完了候補としてGoogleサーチエンジンへ進むことを推奨する。その後、(例えば、キー5063上での指タップジェスチャーにより)ハイブリッド目的キー5063をアクチベートし、装置が、ブラウジングモジュール147をオープンして、Googleサーチエンジンのウェブページを表示するようにさせる。又、キーボード5055は、キーボード選択アイコン5020も含む。更に、キーボード5055は、とりわけ、5065−1(Q)、5065−2(A)、及び5065−3(S)のようなテキストキャラクタ入力キー5065も含む。

0116

図6A−6Eは、ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイ112を装備したポータブル電子装置100において特定の絵文字カテゴリの絵文字キャラクタサブセット間をナビゲートしそしてある絵文字キャラクタを入力するための規範的ユーザインターフェイスを示す。これらの図の概略をここに述べる。

0117

UI600A(図6A)は、現在表示されている絵文字カテゴリ、ここでは、絵文字カテゴリアイコン5010−3をハイライトにすることで選択されたときに目に見えるように指示される自然、に対するサブセットシーケンス印アイコン6000−1、6000−2及び6000−3を示す。このサブセットシーケンス印アイコン6000−1、6000−2及び6000−3は、現在表示されている絵文字カテゴリにおけるサブセットの数と、キーボード表示エリア5005内の絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスにおける表示されたサブセットの位置とに関する情報を与える。例えば、UI600Aにおいて、印アイコン6000の数は、この絵文字カテゴリ(自然)に3つのサブセットがあることを指示する。更に、アイコン6000−2及び6000−3に対してアイコン6000−1を視覚上ハイライトにすることは、このカテゴリの第1サブセット6015が表示されることを指示する。

0118

ある実施形態では、キーボード表示エリア5005においてジェスチャー(例えば、ジェスチャー6010(図6A)、水平又は実質的に水平の指スワイプジェスチャー)を検出すると、絵文字キャラクタキーの第1サブセット6015が、キーボード表示エリア5005において絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020(図6B)に置き換えられる。更に、ある実施形態では、サブセットシーケンス印アイコンにより与えられる情報は、絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセット6015が絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020に置き換えられたことを反映するように更新される。この例では、サブセットシーケンス印アイコン6000−1がUI600Aにおいてハイライトにされる。というのは、自然カテゴリにおける絵文字キャラクタキーの第1サブセット6015が表示されるからである。絵文字キャラクタキーの第1サブセット6015が絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020(図6B)に置き換えられると、サブセットシーケンス印アイコン6000−2がハイライトにされる。ある実施形態では、現在表示されている絵文字キャラクタキーのサブセットに対応するサブセットシーケンス印アイコンがハイライトにされるか、さもなければ、視覚上区別される一方、表示されていた絵文字キャラクタキーのサブセットに対応する別のサブセットシーケンス印アイコンをハイライトにするか、さもなければ、視覚上区別することが停止される。

0119

既にある程度説明したUI600B(図6B)は、キーボード表示エリア5005における別のジェスチャー(例えば、ジェスチャー6025、水平又は実質的に水平の指スワイプジェスチャー)の検出を示す。ジェスチャー6025の検出に応答して、絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020が、キーボード表示エリア5005における絵文字キャラクタキーの第3サブセット6040(図6C)の表示に置き換えられる。対応的に、UI600C(図6C)に示すように、サブセットシーケンス印アイコン6000−2ではなく、サブセットシーケンス印アイコン6000−3がハイライトにされる。

0120

UI600C(図6C)は、キーボード表示エリア5005における別のジェスチャー(例えば、ジェスチャー6030、即ち、ジェスチャー6025の方向とは実質的に逆の水平又は実質的に水平の指スワイプジェスチャー)の検出を示す。ジェスチャー6030の検出に応答して、絵文字キャラクタキーの第3サブセット6040が、キーボード表示エリア5005における絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020(図6B)の表示に置き換えられる。対応的に、サブセットシーケンス印アイコン6000−3ではなく、サブセットシーケンス印アイコン6000−2がハイライトにされる(図6B)。

0121

UI600C(図6C)は、絵文字キー6050におけるユーザジェスチャー6045(例えば、指タップジェスチャー)も示す。UI600D(図6D)は、ユーザジェスチャー6045の指接触が、(図6Cに示した)絵文字キー6050上に依然ある間に表示されるキー選択アイコン6060を示す。このキー選択アイコン6060は、ユーザの指が、タッチスクリーンディスプレイ上の指接触の現在位置においてタッチスクリーンディスプレイから持ち上げられる(接触を中止する)場合に選択されるキーを示す。ある実施形態では、選択された絵文字キャラクタ、この場合は、絵文字キー6050に対応する絵文字キャラクタの映像6061が、キー選択アイコン6060内に表示される。

0122

UI600E(図6E)は、選択された絵文字キャラクタ、この場合は、ジェスチャー6045の検出に応答してキャラクタ入力エリア5000内に表示される、絵文字キー6050に対応する絵文字キャラクタキーの映像6070を示す。

0123

図7A−7Eは、ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイ112を装備したポータブル電子装置100において絵文字キャラクタを入力しそして絵文字キャラクタを含む電子メッセージを送信するための規範的ユーザインターフェイスを示す。これらの図の概略をここに述べる。

0124

UI700AないしUI700Cは、上述したのと同様の形態での絵文字キャラクタのユーザ選択を示す。UI700Aにおいて、絵文字キー7000が、ユーザジェスチャー7001(例えば、指タップジェスチャー)の検出に応答して選択される。UI700B(図7B)は、ジェスチャー7001に使用される指が、絵文字キー7000に対応するエリアにまだ接触している間に表示されるキー選択アイコン7010を示す。

0125

UI700C(図7C)は、ジェスチャー7001の検出に応答してキャラクタ入力エリア5000内に表示される選択された絵文字キャラクタの映像7025を示す。送信アイコン5025(図7D)におけるユーザジェスチャー(例えば、図7Dの指タップジェスチャー7026)の検出に応答して、エリア5000に入力されたテキストキャラクタ及び絵文字キャラクタが別の当事者(例えば、図7D及び7Eのjohn appleseed)へ電子メッセージとして送信される。

0126

この例では、絵文字キャラクタがインスタントメッセージで入力され送信される。しかし、当業者であれば、絵文字キャラクタは、e−メール140のような他の形式の電子メッセージ及びドキュメントで入力され送信されてもよいことが理解されよう。

0127

図8A−8Cは、ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイ112を装備したポータブル電子装置100においてソフトウェアキーボードの絵文字キャラクタキーを再構成するための規範的ユーザインターフェイスを示す。このプロセスは、ユーザが、ポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーを再アレンジするための(例えば、絵文字キャラクタキーの位置を、ユーザがより効率的に入力するように最適化するための)簡単で効率的なメカニズムを与える。

0128

UI800A(図8A)は、絵文字キー8001−1及び8001−2を含む複数の絵文字キャラクタキー8002を伴うキーボード表示エリア5005を示す。ユーザインターフェイスは、既定のユーザインターフェイス再構成プロセスを開始するために既定のユーザアクション(例えば、絵文字キャラクタキー8001を指で押して指接触8005を所定時間以上保持する)を検出するように構成される。

0129

UI800B(図8B)は、ある実施形態において、既定のユーザアクション8005を検出した際に、キーボード表示エリア5005内の絵文字キャラクタキー8001が、各絵文字キャラクタキーの各平均位置を実質的に中心とする領域において振動する(例えば、振動8020−1、8020−2、8020−3、等)ことを示している。これらの振動は、装置が現在インターフェイス再構成モードにあり且つ振動アイコンが再アレンジされるという簡単な視覚指示を与える。

0130

又、UI800Bに示すように、ある実施形態において、装置は、複数の絵文字キャラクタキー8002の第1絵文字キャラクタキー8001−2に対応する第1位置でユーザがタッチスクリーンディスプレイ112とで接触点8050を形成することを検出し、更に、その接触点8050がタッチスクリーンディスプレイ112上を第2位置8025へ移動することを検出する。ある実施形態において、ユーザインターフェイスは、接触点8050の検出された移動に基づき第1の絵文字キャラクタキー8001−2がタッチスクリーンディスプレイ112上を第2位置8025へ移動することを表示する。

0131

UI800C(図8C)において、ユーザインターフェイスは、既定のユーザインターフェイス再構成プロセスを終了するための第2の既定のユーザアクションを検出する(例えば、ホームボタン204のアクチベーションを検出する)のに応答して、第1の絵文字キャラクタキー8001−2の位置を第2位置に固定する。ここに示す例では、その正味の結果として、絵文字キャラクタキー8001−1及び8001−2は、UI800Aと比較したときにUI800Cにおいて位置が交換されている。

0132

図9A−9Hは、ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイ112を装備したポータブル電子装置100がユーザインターフェイスロックモードにある間に絵文字を伴うメッセージに応答するための規範的ユーザインターフェイスを示す。これらの図の概略をここに述べる。

0133

UI900(図9A)は、ユーザインターフェイスロックモードにある規範的ユーザインターフェイスを示す。上述した図3の説明も参照されたい。ユーザインターフェイスアンロックモードでは、装置100は、その通常の動作状態にあり、ユーザインターフェイスとの対話に対応するユーザ入力を検出しそしてそれに応答する。アンロックモードにある装置100は、アンロック状態装置100として説明する。アンロック状態装置100は、ユーザインターフェイスの間をナビゲートするユーザ入力、データのエントリ、及び機能のアクチベーション又はデアクチベーションを検出し、それに応答する。ユーザインターフェイスアンロックモードとは対照的に、ユーザインターフェイスロックモードでは、コントロールアイコンの限定されたサブセットだけが表示され、装置100は、指ジェスチャーの限定されたセットだけに応答する。例えば、アンロック映像302、矢印304、及びチャンネル306だけが、壁紙映像314と共に表示される(UI900A)。更に、以下に述べるように、絵文字キャラクタを含む少数の既定の応答が表示され、及び/又はユーザインターフェイスロックモードにある間に受信したメッセージに応答するために少数のジェスチャーが使用される。

0134

UI900(図9B)は、ユーザインターフェイスがユーザインターフェイスロックモードにある間にある当事者2210(ここでは、“Jane Doe”)からポータブル電子装置のユーザへ到来するメッセージを受け取ることを示し、当事者221から到来するメッセージ2212の少なくとも一部分は、タッチスクリーンディスプレイ112においてユーザに表示される。

0135

UI900C(図9C)は、タッチスクリーンディスプレイ112において絵文字キャラクタに対応する1つ以上の既定の指ジェスチャー(例えば、タップジェスチャー9100−1、9100−2、及びスワイプジェスチャー9100−3)をユーザインターフェイスが検出することを示している。ある実施形態では、図10A−10E及び図16を参照して以下に述べるように、1つ以上の既定の指ジェスチャーを絵文字キャラクタに指定することにより、これら1つ以上の既定の指ジェスチャーと絵文字キャラクタとの間の対応性が形成される。又、ある実施形態では、ユーザインターフェイスは、到来するメッセージ2212に対する応答の送信を開始するための既定のユーザアクション(例えば、スワイプジェスチャー2213)を検出し、次いで、到来するメッセージ2212に対する応答を送信し、この応答は、タッチスクリーンディスプレイ112で検出された1つ以上の既定の指ジェスチャー(例えば、9100−1、9100−2及び9100−3)に対応する絵文字キャラクタを含む。

0136

UI900D(図9D)は、ある実施形態において、ユーザインターフェイスが、到来するメッセージ2212に対する複数の既定の応答9110を表示することを示し、これら既定の応答(例えば、9110−1、9110−2及び9110−3)は、複数の絵文字キャラクタキー(例えば、9111−1、9111−2及び9111−3)を含む。UI900Dにおいて、各既定の応答9110は、単一の絵文字キャラクタ9111を含む。より詳細には、他の既定の応答9110は、2つ以上の絵文字キャラクタを含み、そしてある既定の応答9110は、絵文字キャラクタを含まなくてもよい(図示せず)。

0137

UI900E(図9E)は、既定の応答(例えば、応答9110−1)を選択するためのユーザアクション(例えば、タップジェスチャー9120)の検出を示す。ユーザは、絵文字キャラクタを含む既定の応答のリストから素早く選択を行い、そしてその選択された応答を、装置をアンロックせずに、送信することができる。ある実施形態では、既定の応答9110の選択を検出すると、ユーザによる更なるアクションを検出せずに、既定の応答の送信を開始する。ある実施形態では、既定の応答9110の選択を検出した後に、応答の送信を開始するための更なる既定のユーザアクションが検出され、例えば、ホームボタン204のアクチベーションが検出され、「送信」ボタン(図示せず)のアクチベーションが検出され、或いは見掛け上チャンネル306にわたってアンロック映像302を移動するスライド指ジェスチャー2213が検出される(この場合、チャンネル306におけるメッセージ「スライドして見る」は、図9Eのメッセージ「スライドして応答を送信する」又は同様のメッセージに切り換えられる)。

0138

UI900F(図9F)は、装置がその後にアンロックされた後のメッセージングアプリケーションにおいてユーザインターフェイスを示し、これは、装置がロック状態にあった間に送信された既定の応答9110−1を示している。

0139

UI900G及びUI900H(各々図9G及び9H)は、UI900E及びUI900F(各々図9E及び9F)と同様であるが、既定の応答9110−4、9110−5、及び9110−6は、テキストキャラクタ及び絵文字キャラクタの組み合わせではなく、絵文字キャラクタのみで構成される。同様に、図9Hの既定応答送信9110−4は、図9Gの既定応答9110−4に対応し、絵文字キャラクタ9225のみで構成される。

0140

図10A−10Eは、ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイ112を装備したポータブル電子装置100において絵文字キャラクタにユーザ定義ジェスチャーを指定するための規範的ユーザインターフェイスを示す。これらの図の概略をここに述べる。

0141

UI1000A(図10A)は、ユーザ定義ジェスチャーを記録するための規範的ユーザインターフェイスを示す。UI1000Aは、記録アイコン1001、関連付けアイコン1010、記憶アイコン1015、及びキャンセルアイコン1016を含む。記録アイコン1001におけるユーザジェスチャー1020を検出すると、ユーザインターフェイスは、ジェスチャー記録モードに入る。UI1000B(図10B)は、ジェスチャー記録モードにある間にタッチスクリーン112において検出されるユーザ定義ジェスチャー1030を示す。ある実施形態では、関連付けアイコン1010におけるジェスチャー(例えば、図10Cの指タップジェスチャー1040)の検出に応答して、ユーザ定義ジェスチャー1030の表現を絵文字キャラクタに関連付けるためのプロセスが開始され、これは、絵文字キャラクタキーを伴う1つ以上のユーザインターフェイス(例えば、図10DのUI1000D)を表示することを含む。ある実施形態では、絵文字キャラクタキーを伴うユーザインターフェイスは、UI500A−500F(図5A−F)と同様であるが、ユーザインターフェイスは、ここでは、電子メッセージ又はドキュメントに入力するために絵文字キャラクタを選択するのではなく、絵文字をユーザ定義ジェスチャー1030に関連付けるために使用される。絵文字キャラクタキーにおけるジェスチャー(例えば、図10Dの絵文字キー1060における指タップジェスチャー1070)を検出するのに応答して、ユーザ定義ジェスチャー1030の表現が、絵文字キャラクタキー1060に対応する絵文字キャラクタに関連付けられる(又はユーザ確認保留中は、仮に関連付けられる)。ある実施形態では、確認UI(例えば、図10EのUI1000E)は、記憶アイコン1015のアクチベーションが(例えば、図10Eの指タップジェスチャー1080により)検出された場合にユーザ定義ジェスチャー1030に関連付けられる絵文字キャラクタ1075を表示する。(例えば、指タップジェスチャーによる)キャンセルアイコン1016のアクチベーションに応答して、ユーザ定義ジェスチャーを絵文字キャラクタに指定するプロセスが終了される。

0142

図11A−11Bは、ある実施形態により電子メッセージを経て絵文字キャラクタをマップ上の位置指示子として使用するための規範的ユーザインターフェイスを示す。これらの図の概略をここに述べる。

0143

UI1100A(図11A)は、インスタントメッセージングアプリケーション141に表示される電子メッセージ2216を示す。電子メッセージは、地理マップアプリケーションを開始するためのインストラクション、地理マップ上の位置を表す位置データ、及び絵文字キャラクタを表す絵文字データを含む。絵文字データは、位置データに関連付けられる。メッセージに対する既定のユーザアクション(例えば、Lake Tahoeへのリンク2220上での指タップジェスチャー)を検出するのに応答して、装置は、地理マップアプリケーション154において地理マップ(例えば、図11Bのマップ1115)を表示し、そして装置は、位置データに対応する地理マップ1115上の位置に絵文字キャラクタ1120(図11B)を表示する。

0144

図5A−11Cにおけるユーザインターフェイスの幾つかを使用して、図12A−12F及び図13−17に示すプロセスを以下に説明する。

0145

図12A−12Fは、ある実施形態によりタッチ感知ディスプレイを装備したポータブル電子装置において絵文字キャラクタキーボードを操作する方法を示すフローチャートである。この方法1200は、タッチスクリーンディスプレイを有するポータブル電子装置(例えば、ポータブル多機能装置100)において遂行される。この方法は、ポータブル電子装置において絵文字キャラクタを編成し選択するためのより効率的な仕方を与え、それにより、電力を保存し、バッテリ充電と充電との間の時間を延長し、且つ装置でのユーザの満足度を高める。

0146

ポータブル電子装置は、キャラクタ入力エリア(例えば、図6Aのエリア5000)、キーボード表示エリア(例えば、図6Aのエリア5005)、及び複数の絵文字カテゴリアイコン(例えば、図6Aのアイコン5010)を同時に表示する(1202)。キャラクタ入力エリア5005は、ユーザにより選択されたテキストキャラクタ入力及び絵文字キャラクタ入力を表示し、又は表示するように動作できる。

0147

絵文字カテゴリアイコンは、複数の絵文字カテゴリ(例えば、図6Aの5010−1ないし5010−6)に対応する。ある実施形態では、複数の絵文字カテゴリアイコンは、ユーザにより最近及び頻繁に選択された複数の絵文字キャラクタに対応する最近及び頻繁に使用される絵文字カテゴリアイコン(例えば、図6Aの最近及び頻繁に使用される絵文字カテゴリアイコン5010−1)を含む(1204)。ある実施形態では、複数の絵文字カテゴリアイコンは、特定の季節(例えば、又は)に関連した複数の絵文字キャラクタに対応する季節絵文字キャラクタアイコンを含む(1206)。ある実施形態では、複数の絵文字カテゴリアイコンは、複数の休日(例えば、クリスマス又は新年)に関連した複数の絵文字キャラクタに対応する休日絵文字カテゴリアイコンを含む(1208)。

0148

ある実施形態では、複数の絵文字カテゴリアイコン5010が、キーボード表示エリア5005(図6A)に表示される(1210)。

0149

装置は、複数の絵文字カテゴリアイコンの各絵文字カテゴリアイコン5010においてジェスチャーを検出する(1212)。ある実施形態では、ジェスチャーは、指タップジェスチャー(例えば、図5Aのカテゴリアイコン5010−3におけるタップジェスチャー5007)である。

0150

各絵文字カテゴリアイコンにおけるジェスチャーの検出に応答して、装置は、キーボード表示エリア5005における各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセット(例えば、図6Aのサブセット6015)と、各絵文字カテゴリの複数のサブセットシーケンス印アイコン(例えば、図6Aのサブセットシーケンス印アイコン6000)とを同時に表示する(1214)。

0151

各絵文字カテゴリは、キーボード表示エリアにおける絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとして別々に表示されるよう構成された絵文字キャラクタキーの多数のサブセットを含む。例えば、図6A−6Cの自然絵文字カテゴリは、キーボード表示エリア5005における絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスとして別々に表示されるよう構成された絵文字キャラクタキーの3つのサブセット、即ち図6Aの第1サブセット6015、図6Bの第2サブセット6020、及び図6Cの第3サブセット6040を含む。

0152

サブセットシーケンス印アイコンは、各絵文字カテゴリにおけるサブセットの数、及びキーボード表示エリア内の絵文字キャラクタキーのサブセットのシーケンスにおける表示されたサブセットの位置に関する情報を与える。例えば、図6A−6Cでは、サブセットシーケンス印アイコン6000−1、6000−2及び6000−3は、自然絵文字カテゴリ5010−3に絵文字キャラクタキーの3つのサブセットがあることを指示する。更に、アイコン6000−1は、第1サブセット6015が表示されるときにハイライトにされ(図6A)、アイコン6000−2は、第2サブセット6020が表示されるときにハイライトにされ(図6B)、そしてアイコン6000−3は、第3サブセット6040が表示されるときにハイライトにされる(図6C)。ある実施形態では、サブセットシーケンス印アイコンは、円、正方形長方形又は星のような簡単な幾何学形状を有する。

0153

ある実施形態では、少なくとも1つの絵文字カテゴリにおける絵文字キャラクタキーが絵文字キャラクタ使用データに基づいて順序付けされる(1216)。ある実施形態では、絵文字キャラクタ使用データは、ポータブル電子装置で実行されるソフトウェアアプリケーションからの絵文字キャラクタ使用データを含む(1218)。ある実施形態では、絵文字キャラクタ使用データは、ポータブル電子装置のサービスプロバイダーから受け取られた(例えば、ダウンロードされた)絵文字キャラクタ使用データを含む(1220)。ある実施形態では、少なくとも1つの絵文字カテゴリにおける絵文字キャラクタキーは、絵文字キャラクタ人気データに基づいて順序付けされる(1222)。

0154

ある実施形態では、サブセットシーケンス印アイコンがキーボード表示エリアに表示される(1224)(例えば、サブセットシーケンス印アイコン6000がエリア5005に表示される、図6A)。

0155

キーボード表示エリアにおいて各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットを表示する間に、装置は、キーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出する(1226)。例えば、装置は、エリア5005(図6A)における水平又は実質的に水平の指スワイプジェスチャー6010を検出する。

0156

キーボード表示エリアにおけるジェスチャーの検出に応答して、装置は、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示に置き換え、そしてサブセットシーケンス印アイコンにより与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセットとの置き換えを反映するように更新する(1228)。例えば、キーボード表示エリア5005における水平の指スワイプジェスチャー6010の検出に応答して、装置は、自然絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキー(図6A)の第1サブセット6015の表示をキーボード表示エリア5005における自然絵文字カテゴリ(図6B)の絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020の表示に置き換え、そしてサブセットシーケンス印アイコン6000により与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020による絵文字キャラクタキーの表示された第1サブセット6015との置き換えを反映するように更新する。サブセットシーケンス印アイコンにより与えられる情報を更新することは、絵文字キャラクタキーの第2サブセットに対応するサブセットシーケンス印アイコンをハイライトにするか、又は視覚上区別する一方、絵文字キャラクタキーの第1サブセットに対応する別のサブセットシーケンス印アイコンのハイライト化又は視覚上の区別化を中止する(例えば、図6Bにおいて、アイコン6000−2をハイライトにする一方、アイコン6000−1のハイライト化を中止する)ことを含むが、これに限定されない。

0157

ある実施形態では、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示に置き換えることは、タッチスクリーンディスプレイから外れるように移動する絵文字キャラクタキーの第1サブセットのアニメーションを表示することを含む(1230)。例えば、図6Aと6Bとの間で、タッチスクリーンディスプレイ112から外れるサブセット6015のアニメーションが表示される。

0158

ある実施形態では、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示に置き換えることは、タッチスクリーンディスプレイへと移動する絵文字キャラクタキーの第2サブセットのアニメーションを表示することを含む(1232)。例えば、図6Aと6Bとの間で、タッチスクリーンディスプレイ112へと移動するサブセット6020のアニメーションが表示される。

0159

ある実施形態では、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第1サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示に置き換えることは、タッチスクリーンディスプレイから外れるように移動する絵文字キャラクタキーの第1サブセットのアニメーションを表示すると共に、タッチスクリーンディスプレイへと移動する絵文字キャラクタキーの第2サブセットのアニメーションを表示することを含む(1234)。例えば、図6Aと6Bとの間で、タッチスクリーンディスプレイ112から外れるよう移動するサブセット6015及びタッチスクリーンディスプレイ112へと移動するサブセット6020のアニメーションが表示される。

0160

ある実施形態では、装置は、キーボード表示エリアに各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットを表示する間にキーボード表示エリアにおけるジェスチャーを検出する。例えば、装置は、サブセット6020(図6B)を表示する間にエリア5005における水平又は実質的に水平の指スワイプジェスチャー6025を検出する。キーボード表示エリアにおけるジェスチャー(例えば、ジェスチャー6025)を検出するのに応答して、装置は、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第3サブセットの表示に置き換える(1236)。又、キーボード表示エリアにおけるジェスチャー(例えば、ジェスチャー6025)を検出するのに応答して、装置は、サブセットシーケンス印アイコンにより与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第3サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第2サブセットとの置き換えを反映するように更新する(1236)。例えば、キーボード表示エリア5000において水平の指スワイプジェスチャー6025を検出するのに応答して、装置は、自然絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキー(図6B)の第2サブセット6020の表示をキーボード表示エリア5005において自然絵文字カテゴリ(図6C)の絵文字キャラクタキーの第3サブセット6040の表示に置き換え、そしてサブセットシーケンス印アイコン6000により与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第3サブセット6040による絵文字キャラクタキーの表示された第2サブセット6020との置き換えを反映するように更新する。情報の更新は、絵文字キャラクタキーの第3サブセットに対応するサブセットシーケンス印アイコンをハイライトにするか、又は視覚上区別する一方、絵文字キャラクタキーの第2サブセットに対応する別のサブセットシーケンス印アイコンのハイライト化又は視覚上の区別化を中止する(例えば、図6Cにおいて、アイコン6000−3をハイライトにする一方、アイコン6000−2のハイライト化を中止する)ことを含むが、これに限定されない。

0161

ある実施形態では、絵文字キャラクタキーの第2サブセットを表示する間に検出されたジェスチャーは、第1方向のスワイプジェスチャーである(例えば、右から左へのスワイプジェスチャー6025、図6B)。第1方向とは実質的に逆の方向におけるキーボード表示エリアでのタッチスクリーンディスプレイに対する第2のスワイプジェスチャー(例えば、左から右へのスワイプジェスチャー6030、図6C)を装置が検出するのに応答して、装置は、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第3サブセットの表示をキーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示に置き換え、そしてサブセットシーケンス印アイコンにより与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第3サブセットとの置き換えを反映するように更新する(例えば、絵文字キャラクタキーの第2サブセットに対応するサブセットシーケンス印アイコンをハイライトにするか又は視覚上区別する一方、絵文字キャラクタキーの第3サブセットに対応する別のサブセットシーケンス印アイコンのハイライト化又は視覚上の区別化を中止する)(1238)。例えば、ジェスチャー6025(図6B)の方向とは実質的に逆の方向におけるキーボード表示エリア5005でのタッチスクリーンディスプレイに対するスワイプジェスチャー6030(図6C)を検出するのに応答して、装置は、自然絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキー6040の第3サブセットの表示をキーボード表示エリア5005における自然絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキー6020の第2サブセットの表示に置き換え、そしてサブセットシーケンス印アイコン6000により与えられる情報を、絵文字キャラクタキーの第2サブセットによる絵文字キャラクタキーの表示された第3サブセットとの置き換えを反映するように更新する(例えば、絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020に対応するサブセットシーケンス印アイコン6000−2をハイライトにするか又は視覚上区別する一方、絵文字キャラクタキーの第3サブセット6040に対応するサブセットシーケンス印アイコン6003のハイライト化又は視覚上の区別化を中止する)。

0162

ある実施形態では、装置は、キーボード選択アイコン(例えば、アイコン5020、図6B)を表示する。ある実施形態では、キーボード選択アイコン5020には、複数の絵文字カテゴリアイコン5010が同時に表示される(例えば、タッチスクリーンディスプレイの底部に沿った既定のエリア5009に)。装置は、キーボード選択アイコン上でのジェスチャー(例えば、図6Bの指タップジェスチャー6055)を検出する。キーボード選択アイコン上でのジェスチャーを検出した後に、装置は、各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキーの第2サブセットの表示をキーボード表示エリアにおけるテキストキャラクタ入力キーボードの表示に置き換える(1240)。例えば、キーボード選択アイコン5020上でのタップジェスチャー6055を検出した後に、装置は、自然絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキー(図6B)の第2サブセット6020の表示をキーボード表示エリア5055(図5G)におけるテキストキャラクタ入力キーボード5055の表示に置き換える。ある実施形態では、絵文字キャラクタキーの第2サブセット6020が、ジェスチャー6055の検出に応答してテキストキャラクタ入力キーボード5055に置き換えられる。ある実施形態では、特定のテキストキャラクタ入力キーボード(例えば、アルファニューメリックキーボード、仮名キーボード、又は漢字キーボード)が選択されてエリア5005に表示される前に、1つ以上の中間のテキストキャラクタ入力キーボード選択UIが示される。

0163

ある実施形態では、装置は、テキストキャラクタ入力キーボード(例えば、図5Gのキーボード5055)でユーザによって入力された1つ以上のワードを受け取る。装置は、ユーザによりキャラクタ入力エリア5000に入力された1つ以上のワードを表示する。テキストキャラクタ入力キーボードでユーザにより入力された1つ以上のワードを受け取るのに応答して、装置は、ユーザにより入力された1つ以上のワードに少なくとも一部分基づいて推奨絵文字キャラクタを決定し、そしてその推奨絵文字キャラクタをタッチスクリーンディスプレイに表示する(1242)。推奨絵文字キャラクタの決定は、ユーザにより入力される句読点ではなく、ユーザにより入力されるワードに基づく。例えば、ユーザがワード“rain”をタイプする場合には、及び/又は雨滴の絵文字キャラクタが推奨される。同様に、ユーザがワード“fly”をタイプする場合には、航空機の絵文字キャラクタが推奨される。ある実施形態では、単一の絵文字キャラクタが推奨される。又、他の実施形態では、複数の絵文字キャラクタが推奨される。ある実施形態では、装置は、タッチスクリーンディスプレイに対するジェスチャーを検出する(例えば、テキストキャラクタ入力キーボードのスペースバーに対するタップジェスチャー、又は推奨される絵文字キャラクタに対するタップジェスチャー)。そのジェスチャーの検出に応答して、装置は、ユーザによりキャラクタ入力エリアに入力された1つ以上のワードの後に推奨絵文字キャラクタを挿入し表示する(1244)。

0164

ある実施形態では、装置は、テキストキャラクタ入力キーボード5055がキーボード表示エリア5055(図5G)に表示される間にキーボード選択アイコン5020を表示する。次いで、キーボード選択アイコン5020上でのジェスチャー、例えば、指タップジェスチャーを検出した後に、装置は、テキストキャラクタ入力キーボード5055(図6B)の表示を、キーボード表示エリアにおける各絵文字カテゴリの絵文字キャラクタキー(図6B)の第2サブセット6020及びそれに対応するサブセットシーケンス印アイコン6000の同時表示に置き換える(1246)。ある実施形態では、テキストキャラ
クタ入力キーボード5055は、ジェスチャーの検出に応答して、絵文字キャラクタキーの第2サブセットに置き換えられる。ある実施形態では、絵文字キャラクタキーの特定のサブセットが選択されてエリア5005に表示される前に、1つ以上の中間絵文字キーボード選択UIが示される。ある実施形態では、キーボード選択アイコン5020上でのジェスチャーを検出するのに応答して、装置は、テキストキャラクタ入力キーボードの表示と、絵文字キャラクタキーの最も最近表示されたサブセットとの間をトグルする。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ