図面 (/)

技術 物品探索システム

出願人 桜ネットジャパン株式会社
発明者 村田朝子
出願日 2015年11月20日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-227385
公開日 2017年6月1日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2017-097524
状態 特許登録済
技術分野 デジタルマーク記録担体 記録担体の読み取り 異常警報装置
主要キーワード 一般通信用 タグユニット Bluetoothアンテナ チャージポンプ昇圧回路 ペアリング動作 グラフィックプロセッシングユニット 探索側 標準プロファイル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

タグユニット側の回路構成を複雑化させることなく、タグの電池切れをお知らせ可能であり、タグユニットの電池の消耗を低減させることが可能な物品探索システムを提供する。

解決手段

物品探索システムは、携帯端末との間で無線通信可能であり、探索すべき物品内又は物品近傍に配置されるタグユニットを含み、前記携帯端末は前記タグユニットに対応する物品を登録する登録手段と、登録した物品を表示する表示手段と、表示した物品のうち選択された物品に対応する前記タグユニットとの間で通信確立し、前記タグユニットに報知信号発信する発信手段と、電池切れお知らせ手段とを備えている。前記タグユニットは、報知信号を受け取った際に報知音を発生する報知音発生手段を備え、前記携帯端末の電池切れお知らせ手段は、報知音の発生回数に応じて定まる期間が所定時期から経過した際に、前記タグユニットに関する電池切れの通知を行う。

概要

背景

特許文献1には、置き忘れた鍵や書類等の多数の物品の中から特定のものを探索する物品探索装置が記載されている。この物品探索装置においては、物品にタグが取り付けられ、このタグにはLED(発光ダイオード)、ランプ等の発光素子及び/又はブザー等の発音素子、及び電池等が取り付けられる。タグの内部には、外部信号に応じて発光素子、発音素子等を動作せしめるための受信装置が含まれ、アンテナによって受信された信号は受信回路により適宜選択、増幅され、復調回路により復号される。この復号信号は物品の所有者識別するコ−ド信号であり、識別回路はこの識別信号記憶装置が記憶する所有者情報と照合し、両者が一致する場合には発光素子及び/又は発音素子を駆動する。これにより、見失った物品を発見する。

特許文献2には、目的の物体見付けるための物体の存在位置探索システムが記載されている。この存在位置探索システムは、1台の特定小電力無線携帯無線機と、12個の通信タグで構成されている。携帯無線機には、物体と対応させた各通信タグの認識番号と物体名、キーワード登録されている。通信タグは、ダンボール箱衣装缶の中若しくは引き出しやバッグの中に入れるか、鍵のキーホルダーメガネ入れ等の各種物体に取り付ける。通信タグは、特定小電力無線の受信回路、受信した信号のデジタル変換回路、それら回路を作動させる電池電源、及び受信した信号が物品を代表する信号に一致したら作動する音、光及び/又は応答電波の発生手段を備えている。この通信タグには、予め物体と対応した認識番号を入力しておく。物体を探す時は、携帯無線機に探したい物体に取り付けた通信タグの認識番号を入力して、「探知タン」を押せば、1秒程度で、該当する通信タグがブザー音と光を発するので、「探知ボタン」を間欠的に押しながら家の中を一巡すれば、目的の物体を容易に見付けることができる。

概要

タグユニット側の回路構成を複雑化させることなく、タグの電池切れをお知らせ可能であり、タグユニットの電池の消耗を低減させることが可能な物品探索システムを提供する。物品探索システムは、携帯端末との間で無線通信可能であり、探索すべき物品内又は物品近傍に配置されるタグユニットを含み、前記携帯端末は前記タグユニットに対応する物品を登録する登録手段と、登録した物品を表示する表示手段と、表示した物品のうち選択された物品に対応する前記タグユニットとの間で通信確立し、前記タグユニットに報知信号発信する発信手段と、電池切れお知らせ手段とを備えている。前記タグユニットは、報知信号を受け取った際に報知音を発生する報知音発生手段を備え、前記携帯端末の電池切れお知らせ手段は、報知音の発生回数に応じて定まる期間が所定時期から経過した際に、前記タグユニットに関する電池切れの通知を行う。なし

目的

本発明の目的は、タグユニット側の構成を複雑化させることなく簡易な構成で、タグの電池切れの通知が可能な物品探索システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

携帯端末と、該携帯端末との間で無線通信可能であり、探索すべき少なくとも1つの物品内又は該少なくとも1つの物品近傍にそれぞれ配置される少なくとも1つのタグユニットとを含む物品探索システムであって、前記携帯端末は、前記少なくとも1つのタグユニットに対応する前記少なくとも1つの物品を登録する登録手段と、登録した前記少なくとも1つの物品を表示する表示手段と、表示した前記少なくとも1つの物品のうち選択された物品に対応するタグユニットとの間で通信確立し、該対応するタグユニットに報知信号発信する発信手段と、電池切れお知らせ手段とを備えており、前記少なくとも1つの物品のうち選択された物品に対応する前記タグユニットは、前記報知信号を受け取った際に報知音を発生する報知音発生手段を備えており、前記携帯端末の前記電池切れお知らせ手段は、登録した前記少なくとも1つの物品に対応する前記少なくとも1つのタグユニットに関して、前記報知音の発生回数に応じて定まる期間が、前記登録手段によって登録した時期から経過した際に、前記少なくとも1つのタグユニットに関する電池切れの通知を行うように構成されていることを特徴とする物品探索システム。

請求項2

前記電池切れお知らせ手段は、登録した前記少なくとも1つの物品に対応する前記少なくとも1つのタグユニットに関して、前記登録手段によって登録した時期からの経過時間が、所定期間を少なくとも前記報知音の発生回数で補正した閾値以上となった際に、前記少なくとも1つのタグユニットに関する電池切れの通知を行うように構成されていることを特徴とする請求項1に記載の物品探索システム。

請求項3

前記電池切れお知らせ手段は、登録した前記少なくとも1つの物品に対応する前記少なくとも1つのタグユニットに関して、前記登録手段によって登録した時期からの経過時間について所定期間を少なくとも前記報知音の発生回数で補正した経過時間が、所定の閾値以上となった際に、前記少なくとも1つのタグユニットに関する電池切れの通知を行うように構成されていることを特徴とする請求項1に記載の物品探索システム。

請求項4

前記電池切れお知らせ手段は、前記報知音の発生回数に応じて定まる期間が前記登録手段によって登録した時期から経過した際に、当該少なくとも1つのタグユニットに対応する前記少なくとも1つの物品の表示を変更する手段であることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の物品探索システム。

請求項5

前記携帯端末と、前記少なくとも1つのタグユニットとは、Bluetooth(登録商標)LowEnergy規格によって通信を確立するように構成されていることを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の物品探索システム。

請求項6

前記携帯端末は、前記報知信号としてBluetooth(登録商標)LowEnergy規格の標準サービスである所定のコマンドを前記少なくとも1つのタグユニットに送信し、該所定のコマンドを受信した前記少なくとも1つのタグユニットは前記報知音発生手段に所定信号を出力するように構成されていることを特徴とする請求項5に記載の物品探索システム。

請求項7

前記タグユニットが前記少なくとも1つの物品とは独立したハウジング内に設けられており、該ハウジングが前記少なくとも1つの物品に取り付けられていることを特徴とする請求項1から6のいずれか1項に記載の物品探索システム。

請求項8

前記タグユニットが前記少なくとも1つの物品の内部に設けられていることを特徴とする請求項1から6のいずれか1項に記載の物品探索システム。

技術分野

0001

本発明は、物品がどこにあるかを探すための物品探索システム係り、特に複数の物品について選択的に探索可能な物品探索システムに関する。

背景技術

0002

特許文献1には、置き忘れた鍵や書類等の多数の物品の中から特定のものを探索する物品探索装置が記載されている。この物品探索装置においては、物品にタグが取り付けられ、このタグにはLED(発光ダイオード)、ランプ等の発光素子及び/又はブザー等の発音素子、及び電池等が取り付けられる。タグの内部には、外部信号に応じて発光素子、発音素子等を動作せしめるための受信装置が含まれ、アンテナによって受信された信号は受信回路により適宜選択、増幅され、復調回路により復号される。この復号信号は物品の所有者識別するコ−ド信号であり、識別回路はこの識別信号記憶装置が記憶する所有者情報と照合し、両者が一致する場合には発光素子及び/又は発音素子を駆動する。これにより、見失った物品を発見する。

0003

特許文献2には、目的の物体見付けるための物体の存在位置探索システムが記載されている。この存在位置探索システムは、1台の特定小電力無線携帯無線機と、12個の通信タグで構成されている。携帯無線機には、物体と対応させた各通信タグの認識番号と物体名、キーワード登録されている。通信タグは、ダンボール箱衣装缶の中若しくは引き出しやバッグの中に入れるか、鍵のキーホルダーメガネ入れ等の各種物体に取り付ける。通信タグは、特定小電力無線の受信回路、受信した信号のデジタル変換回路、それら回路を作動させる電池電源、及び受信した信号が物品を代表する信号に一致したら作動する音、光及び/又は応答電波の発生手段を備えている。この通信タグには、予め物体と対応した認識番号を入力しておく。物体を探す時は、携帯無線機に探したい物体に取り付けた通信タグの認識番号を入力して、「探知タン」を押せば、1秒程度で、該当する通信タグがブザー音と光を発するので、「探知ボタン」を間欠的に押しながら家の中を一巡すれば、目的の物体を容易に見付けることができる。

先行技術

0004

特開2000−207657号公報
特開2003−023385号公報

発明が解決しようとする課題

0005

上述したごとき従来の物品探索技術によれば、見失った物品をタグユニットの発する音によって探索することは可能であるが、タグユニットに設けられた電池の消耗により電池切れが生じて探索ができなくなる不都合が発生していた。

0006

このような不都合を解消するため、タグユニットの電池電圧を検知して探索側の装置(携帯無線機側)に通知する技術も存在するが、これはタグユニット側の回路構成が複雑となり、このような電圧検知及び送信機構を設けることによって電池の消耗がより促進されてしまうおそれもあった。

0007

従って本発明の目的は、タグユニット側の構成を複雑化させることなく簡易な構成で、タグの電池切れの通知が可能な物品探索システムを提供することにある。

0008

本発明の他の目的は、タグユニットの電池の消耗を低減させることが可能な物品探索システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

本発明によれば、物品探索システムは、携帯端末と、この携帯端末との間で無線通信可能であり、探索すべき少なくとも1つの物品内又は少なくとも1つの物品近傍にそれぞれ配置される少なくとも1つのタグユニットとを含んでいる。携帯端末は、少なくとも1つのタグユニットに対応する少なくとも1つの物品を登録する登録手段と、登録した少なくとも1つの物品を表示する表示手段と、表示した少なくとも1つの物品のうち選択された物品に対応するタグユニットとの間で通信確立し、この対応するタグユニットに報知信号発信する発信手段と、電池切れお知らせ手段とを備えている。少なくとも1つの物品のうち選択された物品に対応するタグユニットは、報知信号を受け取った際に報知音を発生する報知音発生手段を備えている。携帯端末の電池切れお知らせ手段は、登録した少なくとも1つの物品に対応する少なくとも1つのタグユニットに関して、報知音の発生回数に応じて定まる期間が、登録手段によって登録した時期から経過した際に、少なくとも1つのタグユニットに関する電池切れの通知を行うように構成されている。

0010

電池切れお知らせ手段は携帯端末に設けられており、携帯端末内のみで電池切れの通知処理を行うように構成されており、タグユニットとは一切通信を行わない。従って、タグユニットには、電池切れを検知する機能もその電池切れを携帯端末に通知する通信機能も設ける必要がないため、タグユニット側の構成が非常に簡易となり、また、タグユニットの電池の消耗を低減化することができる。

0011

電池切れお知らせ手段は、登録した少なくとも1つの物品に対応する少なくとも1つのタグユニットに関して、登録手段によって登録した時期からの経過時間が、所定期間を少なくとも報知音の発生回数で補正した閾値以上となった際に、少なくとも1つのタグユニットに関する電池切れの通知を行うように構成されていることも好ましい。

0012

電池切れお知らせ手段は、登録した少なくとも1つの物品に対応する少なくとも1つのタグユニットに関して、登録手段によって登録した時期からの経過時間について所定期間を少なくとも報知音の発生回数で補正した経過時間が、所定の閾値以上となった際に、少なくとも1つのタグユニットに関する電池切れの通知を行うように構成されていることも好ましい。

0013

電池切れお知らせ手段は、報知音の発生回数に応じて定まる期間が登録手段によって登録した時期から経過した際に、この少なくとも1つのタグユニットに対応する少なくとも1つの物品の表示を変更する手段であることが好ましい。

0014

携帯端末と、少なくとも1つのタグユニットとは、Bluetooth(登録商標) Low Energy(BLE)規格によって通信を確立するように構成されていることも好ましい。

0015

この場合、携帯端末は、報知信号としてBLE規格の標準サービスである所定のコマンドを少なくとも1つのタグユニットに送信し、所定のコマンドを受信した少なくとも1つのタグユニットは報知音発生手段に所定信号を出力するように構成されていることがより好ましい。

0016

タグユニットが少なくとも1つの物品とは独立したハウジング内に設けられており、このハウジングが少なくとも1つの物品に取り付けられているか、又はタグユニットが少なくとも1つの物品の内部に設けられていることも好ましい。

発明の効果

0017

本発明によれば、タグユニットには電池切れを検知する機能もその電池切れを携帯端末に通知する通信機能も設ける必要がないため、タグユニット側の構成が非常に簡易となり、また、タグユニットの電池の消耗を低減化することができる。

図面の簡単な説明

0018

本発明の一実施形態における物品探索システム全体の構成を概略的に示すブロック図である。
図1の物品探索システムにおける携帯端末の構成を概略的に示すブロック図である。
図1の物品探索システムにおけるタグユニットの構成を概略的に示すブロック図である。
図1の物品探索システムにおけるタグユニットの登録処理の内容を概略的に示すフローチャートである。
登録処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
登録処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
登録処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
登録処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
図1の物品探索システムにおけるタグユニット探索処理の内容を概略的に示すフローチャートである。
探索処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
探索処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
探索処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
探索処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。
図1の物品探索システムにおけるタグユニットの電池切れお知らせ処理の内容を概略的に示すフローチャートである。
電池切れお知らせ処理における携帯端末の画面表示例を示す図である。

実施例

0019

図1は本発明の一実施形態における物品探索システム全体の構成を概略的に示している。

0020

同図に示すように、携帯タブレットスマートフォンモービルフォン、PDA(携帯情報端末)、携帯パソコン、その他小型の携帯可能なコンピュータ移動端末、及び携帯電話機等の携帯端末10は、例えば鍵11、リモコン12、カバン13及びノート14等の物品に、ワイヤ、鎖若しくはリング等を用いて取り付けるか又は接着して取り付けられたタグ11a、12a、13a及び14aと、Bluetooth(登録商標) Low Energy(BLE)によって、双方向通信が可能となっている。

0021

図2はこの物品探索システムにおける携帯端末10の構成を概略的に示している。

0022

携帯端末10は、ハードウェア上は、マルチコア及びキャッシュを含むCPU(セントラルプロセッシングユニット)、GPU(グラフィックプロセッシングユニット)、メモリコントローラ周辺デバイスコントローラ、及びディスプレイコントローラを一般的に有するアプリケーションプロセッサ10aと、アプリケーションプロセッサ10aに接続されており、メインメモリを構成しているDRAMダイナミックランダムアクセスメモリ)10bと、アプリケーションプロセッサ10aに接続されており、OS(オペレーションシステム)やアプリケーションプログラム(以下、アプリ)が格納されているフラッシュメモリ10cと、アプリケーションプロセッサ10aに接続されているベースバンドプロセッサ10dと、ベースバンドプロセッサ10dに接続されている電話及び一般通信用無線部10eと、無線部10eに接続されているアンテナ10fと、アプリケーションプロセッサ10a及びベースバンドプロセッサ10dに接続されている電源オーディオ用LSI半導体集積回路チップ10gと、電源・オーディオ用LSIチップ10gに接続されているバッテリ10hと、電源・オーディオ用LSIチップ10gに接続されているスピーカ10iと、アプリケーションプロセッサ10aに接続されているタッチパネル式ディスプレイ10jと、アプリケーションプロセッサ10aに接続されているBluetooth送受信部10kと、アプリケーションプロセッサ10aに接続されている、例えばカメラ無線LANローカルエリアネットワーク)、GPS(グローバルポジショニングシステム)及びセンサ類等からなる周辺デバイス10lとを備えている。

0023

アプリケーションプロセッサ10aに設けられているCPUは、OSやブートプログラム等の基本プログラムに従ってフラッシュメモリ10cに記憶されているアプリを実行して本実施形態の処理を行うように構成されている。また、CPUは、このアプリケーションプロセッサ10aの動作を制御するように構成されている。

0024

DRAM10bはメインメモリとして使用され、フラッシュメモリ10cから転送されたプログラムやデータを一時的に保存するように構成されている。また、このDRAM10bは、プログラム実行時の各種データが一時的に保存されるワークエリアとしても使用される。

0025

Bluetooth送受信部10kは、アプリケーションプロセッサ10aの指示によりBluetooth4.0(BLE)の双方向通信を行う送受信機構(図示なし)及びBluetoothアンテナ(図示なし)を備えている。

0026

このような構成の携帯端末10において、アプリケーションプロセッサ10aは、プログラム起動時は、まず、DRAM10d内にプログラム記憶領域データ記憶領域及びワークエリアを確保し、フラッシュメモリ10cからプログラム及びデータを取り込んで、プログラム記憶領域及びデータ記憶領域に格納する。次いで、このプログラム記憶領域に格納されたプログラムに基づいてアプリケーション処理を実行する。なお、アプリケーションプロセッサ10aがフラッシュメモリ10cからプログラム及びデータを直接的に取り込んで、このプログラムに基づいてアプリケーション処理を実行しても良い。

0027

図3はこの物品探索システムにおけるタグユニットの構成を概略的に示している。

0028

本実施形態においては、タグ11a、12a、13a及び14aの各々の内部に図3に示すごときタグユニット30が設けられている。なお、物品の種類によってはタグを設けることなく、タグユニット30を物品内に直接的に配置しても良い。

0029

タグユニット30内には、BluetoothICチップ30a、Bluetoothアンテナ30b、ボタン電池等の電池30c、チャージポンプ昇圧回路30d及び圧電ブザー30eが主に設けられており、携帯端末10からBluetoothを介して報知信号が送信された場合に、報知音であるブザー音を圧電ブザー30eから発生させる。

0030

このような構成の物品探索システムにおいて、携帯端末10の探索アプリには、各タグユニットの登録処理、各タグユニットの探索処理及び各タグユニットの電池切れ通知処理を行うプログラムが含まれている。以下、これらの処理について詳細に説明する。

0031

図4はこの探索アプリにおけるタグユニットの登録処理の内容を概略的に示している。

0032

携帯端末10において、探索アプリが起動されると、タグユニットの登録リストが画面上に表示される(ステップS1)。全てのタグユニットが未登録状態の場合、リスト50aを含む全てのリストが空白行となっている図5に示すような未登録リスト画面50が表示される。

0033

携帯端末10のアプリは、この未登録リストのうちの1つが長押しされたかどうか判別しており(ステップS2)、長押しされたと判別した場合(YESの場合)は、図6に示すタグユニット(ベルラツール)の登録の動作説明画面60を表示する(ステップS3)。これにより、ユーザがこのタグユニットに電池を入れて、画面60の接続開始ボタン60aを押すと、このタグユニットと携帯端末10との間でペアリング動作が開始される。携帯端末10のアプリは、接続開始ボタン60aが押されたかどうか判別し(ステップS4)、押されたと判別した場合(YESの場合)はペアリングを開始すると共に、図7に示すような処理中の画面70を表示する(ステップS5)。

0034

次いで、携帯端末10のアプリは、ペアリングが成功したか否かを判別し(ステップS6)、成功したと判別した場合(YESの場合)は、図8に示すように、画面80上にタグユニットに関する物品名及びアイコンの表示を行い、そのタグユニットに関して入力された物品名及び選択されたアイコン80aを登録し(ステップS7)、この登録処理を終了する。この登録は、各タグユニットについて行われ、そのタグユニットの物理アドレスであるMAC ID、そのタグユニットが取り付けられた物品の名称、そのアイコンID、登録時刻、及びリスト上の表示位置等が紐付けされてDRAM10bの所定の位置に記憶される。

0035

図9はこの探索アプリにおけるタグユニット探索処理の内容を概略的に示している。

0036

携帯端末10において、探索アプリが起動されると、図10に示すように、登録されたタグユニットのアイコン及び物品名のリスト100aを示す画面100を表示する(ステップS11)。

0037

次いで、携帯端末10のアプリは、この登録リストのうちの1つの物品が押されたかどうか判別する(ステップS12)。押されたと判別した場合(YESの場合)は、その物品に関するタグユニットの物理アドレスであるMAC IDをDRAM10bから読み出し、このMAC IDに基づいてそのタグユニットに応答要求を行ってBluetooth通信を確立する(ステップS13)。図11はこの場合に表示される画面110を示している。なお、同図において110aはこの動作のキャンセルボタンである。

0038

次いで、携帯端末10のアプリは、このタグユニットにコマンドを送りブザーを鳴らす(ステップS14)。具体的には、Bluetooth通信のBLE標準プロファイルであるGATT Immediate Alartコマンドを「Alart Level High」パラメータと共に発行し、そのタグユニットのBluetoothICチップ30aからチャージポンプ昇圧回路30dへ所定周波数の報知音信号を所定時間(例えば約5〜15秒間)出力し、圧電ブザー30eをその間駆動することによりブザー音(報知音)を発生する。図12はこの場合に表示される画面120を示している。

0039

次いで、携帯端末10のアプリは、このブザー音をもう一度鳴らすボタン130aが押されたかどうか判別する(ステップS15)。携帯端末10には、図12の画面120に続いて図13に示す画面130が表示される。この画面130は、タグユニットに取り付けられた物品が見つかったかどうかをユーザに聞くものである。物品が見つからず、ユーザがもう一度鳴らすボタン130aを押したと判別した場合(YESの場合)は、アプリはステップS14の処理を再度実行する。これにより、タグユニットの圧電ブザー30eからブザー音が所定時間(例えば約5〜15秒間)の間、再度発生する。もう一度鳴らすボタン130aが押されなかったと判別した場合(NOの場合)は、この探索処理を終了する。

0040

図14はこの探索アプリにおけるタグユニットの電池切れお知らせ処理の内容を概略的に示している。携帯端末10のアプリは、タグユニットが登録されると、この電池切れお知らせ処理を開始する。

0041

まず、各タグユニットについて、登録時から現在までの経過時間を計算する(ステップS21)。

0042

一方、そのタグユニットに関して、電池切れに関する閾値の補正を行う(ステップS22)。この補正は、環境や負荷等に応じた補正、及び登録時から現在までにブザーを鳴らした回数に応じた補正を行う。具体的には、例えば、基準時間TBから環境や負荷等に応じた補正値TEC及びブザーを鳴らした回数Nに応じた補正値TNCを減算する補正を行う。即ち、補正した閾値はTB−TEC−TNCとなる。単なる一例であるがTB=365(日)、TEC=60(日)、TNC=0.1(日)×Nとすると、補正した閾値は365−60−0.1×N(日)である。

0043

次いで、計算した経過時間が補正された閾値以上であるか否かを判別する(ステップS23)。閾値未満であると判別した場合(NOの場合)は、ステップS21へ戻り、ステップS21〜S23の処理を繰り返す。閾値以上であると判別した場合(YESの場合)は、そのタグユニットに関して電池切れの警告の通知を行う(ステップS24)。例えば、図15に示すように、そのタグユニットに関する物品(図示の例では仕事用サイフ)リスト150aの背景色を変化させたり点滅させ、さらにメッセージウィンドウにその旨の警告を行った画面150を携帯端末10に表示することにより通知する。

0044

次いで、登録された全てのタグユニットに関して電池切れの上述の処理を行ったか否かを判別する(ステップS25)。全タグユニットに関して処理を行っていないと判別した場合(NOの場合)は、ステップS21へ戻り、ステップS21〜S25の処理を繰り返す。全タグユニットに関して処理を行ったと判別した場合(YESの場合)は、この電池切れお知らせ処理を終了する。

0045

電池切れの通知を受けたユーザは、その物品リストを長押しして登録を解除し、対応するタグユニットの電池交換を行って、そのタグユニットを再登録する。

0046

なお、図14に基づく上述の電池切れお知らせ処理では、電池切れに関する閾値を環境や負荷等及びブザーを鳴らした回数に応じて補正しているが、閾値を補正することなく、計算した経過時間を環境や負荷等及びブザーを鳴らした回数に応じて補正しても良いことは明らかである。

0047

以上詳細に説明したように、本実施形態によれば、携帯端末10のアプリ側のみでタグユニットの電池切れの通知処理を行うように構成されており、その際にタグユニットとは一切通信を行わない。従って、タグユニットには、電池切れを検知する機能もその電池切れを携帯端末10に通知する通信機能も設ける必要がないため、タグユニット側の回路構成が非常に簡易となり、また、タグユニットの電池の消耗を低減化することができる。

0048

以上述べた実施形態は全て本発明を例示的に示すものであって限定的に示すものではなく、本発明は他の種々の変形態様及び変更態様で実施することができる。従って本発明の範囲は特許請求の範囲及びその均等範囲によってのみ規定されるものである。

0049

10携帯端末
10aアプリケーションプロセッサ
10bDRAM
10cフラッシュメモリ
10dベースバンドプロセッサ
10e無線部
10fアンテナ
10g電源・オーディオ用LSIチップ
10hバッテリ
10iスピーカ
10jタッチパネル式のディスプレイ
10k Bluetooth送受信部
10l周辺デバイス
11 鍵
11a、12a、13a、14a タグ
12リモコン
13カバン
14ノート
30タグユニット
30a BluetoothICチップ
30bBluetoothアンテナ
30cボタン電池等の電池
30dチャージポンプ昇圧回路
30e圧電ブザー
50 未登録リスト画面
50a、100a、150aリスト
60 動作説明画面
60a接続開始ボタン
70、80、100、110、120、130、150 画面
80aアイコン
110キャンセルボタン
130a もう一度鳴らすボタン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • コニカミノルタ株式会社の「 ガス検知システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】雨や雪から生じた水蒸気を監視対象のガスと区別することができるガス検知システムを提供する。ガス検知システム100は、赤外カメラ21と、赤外カメラ21によって撮影した画像がガスか否かを判... 詳細

  • コンチネンタルオートモーティブシステムズインコーポレイテッドの「 危険な状況下での交通弱者に対する警報」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】交通量の多い領域の検出領域内の1つ以上の物体を検出するように動作する少なくとも1つのセンサと、センサと電気的に通信する少なくとも1つの通信装置と、通信装置と電気的に通信する少なくとも... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 覚醒装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ドライバの覚醒を効果的に促す。【解決手段】覚醒装置1は、第1条件及び第2条件が充足されたときにはサッカード処理を実行し、そうでないときには刺激処理を実行する。サッカード処理では、ドライバの前方... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ