図面 (/)

技術 ローディング装置の軸合わせ構造

出願人 三重精機株式会社
発明者 三輪輝雄
出願日 2015年11月18日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-225730
公開日 2017年6月1日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2017-094405
状態 特許登録済
技術分野 工作物の供給 旋削加工 工作機械の機体
主要キーワード シャフトネジ 側壁プレート 内装管 旋盤加工機 楔状部材 脚部下端 角度変更機構 短尺状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

ローディング装置ロッド旋盤加工機内装管の左右方向および上下方向の軸合わせを簡単に行えるようにする。

解決手段

旋盤加工機のチャック奥方に設けられた内装管の軸と当該内装管に挿入されるロッドの軸との軸合わせを行う軸合わせ構造において、旋盤加工機の後面側のブラケット平面部材を取り付けるとともに、ロッドを有するローディング装置側に当該平面部材に載置される上側部材を設ける。そして、この上側部材を上下調整部を構成するボルトで上下方向に軸合わせするとともに、ブラケットの側面に取り付けられた側壁プレートにボルトを取り付け、当該ボルトで上側部材を左右方向から押圧して、左右方向の軸合わせを行う。また、この上側部材の左右両側に凹部を設けてボルトを入り込ませるようにし、これによって旋盤加工機との連結状態を固定する。

概要

背景

従来、旋盤加工機でワークを加工する場合、チャック奥方に設けられた内装管ロッドを挿入してチャックで保持させるようにしたものが用いられることがある。

図9にこのような構造について説明する。符号6はローディング装置であり、ロッド61の先端にワーク3を保持させるようにしたものである。このロッド61はスライド機構によって軸方向にスライドできるようになっており、先端に保持されたワーク3を前方の旋盤加工機7の挿入口72に挿入させるようにしている。このローディング装置6には、チャック73の奥方に内装管71を設け、その内装管71にロッド61で保持されたワーク3を通すとともに、そのロッド61によって通されたワーク3をチャック73で保持させるようにしたものである。

ところで、このような構造において、ロッド61を内装管71に挿入させる場合、ロッド61の軸と内装管71を軸合わせする必要がある。

このような軸合わせ方法として、下記の特許文献1に示される構造が提案されている。この特許文献1に示される構造は、旋盤加工機側に起立した基準ピンを有する平面部材を設けるとともに、ローディング装置側に、この基準ピンに係合可能な凹部を有する平面状の位置決め部材を設けるようにしたものであって、チャックの軸芯上に設けた基準ピンに位置決め部材の凹部を係合させることで、それぞれを軸合わせできるようにしたものである。

概要

ローディング装置のロッドと旋盤加工機の内装管の左右方向および上下方向の軸合わせを簡単に行えるようにする。旋盤加工機のチャック奥方に設けられた内装管の軸と当該内装管に挿入されるロッドの軸との軸合わせを行う軸合わせ構造において、旋盤加工機の後面側のブラケットに平面部材を取り付けるとともに、ロッドを有するローディング装置側に当該平面部材に載置される上側部材を設ける。そして、この上側部材を上下調整部を構成するボルトで上下方向に軸合わせするとともに、ブラケットの側面に取り付けられた側壁プレートにボルトを取り付け、当該ボルトで上側部材を左右方向から押圧して、左右方向の軸合わせを行う。また、この上側部材の左右両側に凹部を設けてボルトを入り込ませるようにし、これによって旋盤加工機との連結状態を固定する。

目的

本発明は上記課題に着目してなされたもので、ローディング装置のロッドと旋盤加工機の内装管の左右方向および上下方向の軸合わせを簡単に行えるようにした軸合わせ構造を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

旋盤加工機チャック奥方に設けられた内装管の軸と当該内装管に挿入されるロッドの軸との軸合わせを行う軸合わせ構造において、旋盤加工機側に設けられた平面状の平面部材と、ロッドを備えたローディング装置側に設けられ、前記平面部材上に載置される上側部材と、当該上側部材の上下方向の位置を調整する上下調整部と、当該上側部材の左右方向の位置を調整する左右調整部と、を設けるようにしたことを特徴とするローディング装置の軸合わせ構造。

請求項2

前記左右調整部が、上側部材の両側面に凹部を形成するとともに、当該左右の凹部にボルトの先端を位置させるように構成したものである請求項1に記載のローディング装置の軸合わせ構造。

請求項3

前記旋盤加工機側に左右の側壁プレートを設け、当該側壁プレートに前記上側部材の凹部に入り込むボルトを設けるとともに、当該側壁プレートを旋盤加工機に対して上下方向へスライド可能に固定するようにした請求項1に記載のローディング装置の軸合わせ構造。

請求項4

前記旋盤加工機側と反対側のロッドの後端部における構造体の真下に、床面に接地する高さ調整ネジを設けるようにした請求項1に記載のローディング装置の軸合わせ構造。

技術分野

0001

本発明は、ローディング装置ロッドの軸と旋盤加工機内装管との軸を合わせられるようにしたローディング装置の軸合わせ構造に関するものである。

背景技術

0002

従来、旋盤加工機でワークを加工する場合、チャック奥方に設けられた内装管にロッドを挿入してチャックで保持させるようにしたものが用いられることがある。

0003

図9にこのような構造について説明する。符号6はローディング装置であり、ロッド61の先端にワーク3を保持させるようにしたものである。このロッド61はスライド機構によって軸方向にスライドできるようになっており、先端に保持されたワーク3を前方の旋盤加工機7の挿入口72に挿入させるようにしている。このローディング装置6には、チャック73の奥方に内装管71を設け、その内装管71にロッド61で保持されたワーク3を通すとともに、そのロッド61によって通されたワーク3をチャック73で保持させるようにしたものである。

0004

ところで、このような構造において、ロッド61を内装管71に挿入させる場合、ロッド61の軸と内装管71を軸合わせする必要がある。

0005

このような軸合わせ方法として、下記の特許文献1に示される構造が提案されている。この特許文献1に示される構造は、旋盤加工機側に起立した基準ピンを有する平面部材を設けるとともに、ローディング装置側に、この基準ピンに係合可能な凹部を有する平面状の位置決め部材を設けるようにしたものであって、チャックの軸芯上に設けた基準ピンに位置決め部材の凹部を係合させることで、それぞれを軸合わせできるようにしたものである。

先行技術

0006

特開2004−202635号公報

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、このような構造で軸合わせを行う場合、水平面における左右方向の軸合わせを行うことができるものの、上下方向における軸合わせを行うことができない。このような上下方向の位置を調整する場合、通常は、ローディング装置の四隅に設けられた脚部の調整ネジを調整して床面からの高さ位置を調整するようにしているが、ローディング装置自体非常に重いものであり、また、一方の脚部に設けられた調整ネジを調整した後、反対側に回って他方の脚部の調整ネジを調整しなければならず、何度も装置の前後を行き来しなければならない。また、ロッドの位置と脚部下端部分の高さ調整ネジの位置が離れているため、ロッドの高さ位置を確認しながら脚部の高さ調整ネジを調整することが難しくなり、作業に時間がかかるといった問題もあった。

0008

さらには、凹部を基準ピンに係合させたとしても、ローディング装置に人間などが強く当たってしまった場合は、凹部と基準ピンの係合状態外れてしまい、軸がずれてしまうことになる。

0009

そこで、本発明は上記課題に着目してなされたもので、ローディング装置のロッドと旋盤加工機の内装管の左右方向および上下方向の軸合わせを簡単に行えるようにした軸合わせ構造を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

すなわち、本発明は上記課題を解決するために、旋盤加工機のチャック奥方に設けられた内装管の軸と当該内装管に挿入されるロッドの軸との軸合わせを行う軸合わせ構造において、旋盤加工機側に設けられた平面状の平面部材と、ロッドを備えたローディング装置側に設けられ、前記平面部材上に載置される上側部材と、当該上側部材の上下方向の位置を調整する上下調整部と、当該上側部材の左右方向の位置を調整する左右調整部とを備えるようにしたものである。

0011

このように構成すれば、平面部材に載置された上側部材の左右方向の位置や上下方向の位置を一カ所で集中的に調整することができ、脚部の高さ調整ネジを調整することなくロッドの高さ位置や左右方向の位置を見ながら調整することができるようになる。

0012

また、このような発明において、前記左右調整部を構成する場合、上側部材の両側面に凹部を形成し、当該左右の凹部にボルトを位置させるようにする。

0013

このように構成すれば、凹部にボルトを入り込ませることによって、ローディング装置と旋盤加工機との連結状態を固定することができるようになる。

0014

さらに、このように凹部を設ける場合、前記上側部材を囲むような側壁プレートを旋盤加工機側に設け、当該側壁プレートに前記上側部材の左右の凹部に入り込むボルトを設けるとともに、当該側壁プレートを旋盤加工機に対して上下方向へスライド可能に固定する。

0015

このように構成すれば、上下方向の位置合わせを行うことによって、上側部材の凹部の高さ位置が変わったとしても、側壁プレートをその高さ位置に合わせて上下方向にスライドさせて固定することができ、ボルトで凹部を押圧して左右方向の位置合わせをすることができるようになる。

0016

また、前記旋盤加工機側と反対側のロッドの後端部における構造体の真下に、床面に接地する高さ調整ネジを設けるようにする。

0017

このように構成すれば、旋盤加工機側では上下調整部で上下方向を調整するとともに、旋盤加工機と離れた側では、三点支持される頂点側の一カ所の高さ調整ネジで高さ調整を行うことができるようになる。そして、他の高さ調整ネジを調整して床面に設置させることで、ローディング装置を軸合わせした状態で安定させることができる。

発明の効果

0018

本発明によれば、旋盤加工機のチャック奥方に設けられた内装管の軸と当該内装管に挿入されるロッドの軸との軸合わせを行う軸合わせ構造において、旋盤加工機側に設けられた平面状の平面部材と、ロッドを備えたローディング装置側に設けられ、前記平面部材上に載置される上側部材と、当該上側部材の上下方向の位置を調整する上下調整部と、当該上側部材の左右方向の位置を調整する左右調整部とを備えるようにしたので、平面部材に載置された上側部材の左右方向の位置や上下方向の位置を一カ所で集中的に調整することができ、脚部の高さ調整ネジを調整することなくロッドの高さ位置や左右方向の位置を見ながら調整することができるようになる。

図面の簡単な説明

0019

本発明の一実施の形態を示すローディング装置と旋盤加工機を示す図
同形態におけるローディング装置の構造体を軸方向後方から見た概略図
同形態における移送部の動きを示す平面概略図
同形態におけるローディング装置の動きを示す図
同形態における軸合わせ構造を示す外観斜視図
同形態における軸合わせ構造を示す断面概略図
他の実施の形態を示す図
他の実施の形態を示す図
従来例を示す図

実施例

0020

以下、本発明の一実施の形態について図面を参照しながら説明する。

0021

図1に示すように、この実施の形態における軸合わせ構造4は、ワーク3を加工する旋盤加工機2と、この旋盤加工機2にワーク3を挿入するローディング装置1を備えるものであって、ローディング装置1と旋盤加工機2との連結部分の一カ所で、ローディング装置1を上下方向および左右方向に調整してロッド13と内装管21との軸合わせを行えるようにしたものである。なお、本実施の形態においては、旋盤加工機2にロッド13を挿入する方向を前方とし、その逆方向を後方として説明する。

0022

まず、ローディング装置1は、ワーク3を旋盤加工機2に供給できるようにしたものであって、シューター17の上部に設けられた図示しない収容部から短尺状のワーク3を一つずつ取り出し、図3に示すように、これを移送部11でロッド13の前方まで移動させてロッド13の先端で保持させるように構成されている。このローディング装置1は、床面に接地する四隅部分に高さ調整ネジ10cを設けた構造体10の上に設けられており、ワーク3をロッド13の前方まで移動させる移送部11と、この移送部11によって移送されてきたワーク3を保持させるロッド13と、このようにワーク3を保持したロッド13を軸方向にスライドさせるスライド機構16などを有するように構成されている。

0023

このうち移送部11は、図1図3に示すように、収容部からのシューター17に沿って斜め下方に落下してきたワーク3を、その傾斜方向に受け取り角度変更機構12を介して水平状態にした後(図4(a)の状態)、紙面手前側のロッド13の前方まで移動させるようにしている(図3の状態)。なお、このとき方向性を有するワーク3(例えば、図3に示すような小径部31と大径部32を有するようなワーク3)を供給する場合、その方向を揃えた状態でシューター17を介して落下させるか、あるいは、移送部11で180度方向転換させてワーク3の方向を揃えておくようにしている。

0024

ロッド13は、旋盤加工機2のチャック23の奥方に設けられた内装管21に挿入される長尺状の部材で構成されるものであって、図3に示すように、その先端部分にワーク3を保持する保持部13を設けている。この保持部13は、ワーク3の大径部32の内側に設けられた穴32aを内側から押圧できるような内側押圧部13aを設けており、内側からワーク3を保持できるようにしている。また、この内側押圧部13aは、漸次先端側へ向かって小径となるようなテーパー形状をなしており、しかも、ワーク3の穴32aに挿入された際には、弾性によって内側から押圧できるような溝14bを設けて内側からワーク3を内側から強く押圧できるようにしている。

0025

このロッド13は、軸方向にスライド機構16を介してスライドされる。このスライド機構16は、ロッド13を取り付けたホルダー15を軸方向にスライドさせるようにしたものであって、タイミングベルトサーボモーターなどを用いて、ホルダー15をスライドレールに沿ってスライドさせるように構成されている。

0026

一方、旋盤加工機2は、短尺状のワーク3を加工するもので、図1図4に示すように、中空の内装管21の端部に設けられたチャック23と、そのチャック23に保持されたワーク3を切削するバイトなどを備えて構成されている。そして、そのチャック23で保持されたワーク3を回転させることで、その前方に設けられたバイトでワーク3を加工させるようにしている。このチャック23の奥方は、ローディング装置1側に貫通する内装管21が設けられており、そのローディング装置1側の挿入口22からロッド13を挿入できるようになっている。

0027

このような構成において、ロッド13に保持されたワーク3を内装管21に挿入してチャック23に把持させる場合、あらかじめロッド13と内装管21の軸とを合わせしておく必要があるとともに、ローディング装置1に人間などが強く当たった場合であっても、その軸をズレないようにしておく必要がある。そこで、ここでは次に示すような軸合わせ構造4を用いて軸合わせするようにしている。

0028

この軸合わせ構造4は、図5および図6に示すように、旋盤加工機2側にブラケット41を介して取り付けられる平面部材42と、その平面部材42の上に載置されるローディング装置1側の上側部材46とを設け、この上側部材46を平面部材42に載置させた状態で上下調整部450や左右調整部480を用いて一カ所で上下方向および左右方向の位置を調整できるようにしている。

0029

この平面部材42は、旋盤加工機2の後面側に設けられた横長状のブラケット41の底面側に取り付けられており、ローディング装置1側に突出した載置面を形成できるようにしている。また、これに対応して、ローディング装置1の構造体10には、その平面部材42に載置されるような上側部材46を前面上部側に設けるようにしている。そして、上下調整部450として、その平面部材42に上下方向へ貫通したネジ孔48を設け、その下方からボルト49を挿入して上側部材46を上下方向に押し上げられるようにしている。この上側部材46を持ち上げるためのボルト49の位置としては、内装管21の軸に対して左右対称となるような位置としているが、内装管21の軸上にも設けるようにしてもよい。内装管21の軸に対して左右対称となる位置に設けるようにすれば、ローディング装置1が左右にガタつくことがなくなり、安定してローディング装置1を固定することができるようになる。一方、内装管21の軸上に設けた場合は、その軸上のボルトだけで高さ位置を調整することができるようになる。

0030

また、この旋盤加工機2側に設けられたブラケット41の左右側面には、側壁プレート43が設けられ、全体としてコの字形状をなすように上側部材46を囲めるようにしている。この側壁プレート43は、縦長方向長孔44を介してブラケット41にボルト44で固定されており、また、コの字状の突出した部分には、左右方向に貫通したネジ孔45(図6参照)を介してボルト45aが取り付けられるようになっている。そして、左右調整部450として、この側壁プレート43に取り付けられたボルト45を介して、上側部材46を側面方向から押圧し、これによって、ローディング装置1の左右方向の位置を調整できるようにしている。また、この実施の形態においては、上側部材46の側面にボルト45aの先端が入り込むような凹部47を両側に形成し、これらの凹部47にボルト45aを入り込ませることでローディング装置1と旋盤加工機2の連結状態が外れないようにしている。このようにして上下調整部480や左右調整部450を用いて上側部材46の上下方向の位置や左右方向の位置を調整し、また、連結された軸合わせ状態を固定できるようにしている。

0031

一方、この連結部分と反対側のロッド13の後端側では、図2に示すように、そのロッド13の軸芯の真下部分であって構造体10の下端部分に高さ調整ネジ10mを設けるようにしており、この高さ調整ネジ10mの一カ所でロッド13の後端部分における高さ調整を行えるようにしている。

0032

そして、このように旋盤加工機2との連結部分で上下方向や左右方向の軸合わせをするとともに、後端部分での高さ調整を行い、その後、構造体10の四隅に設けられた高さ調整ネジ10cを地面に接地させてガタつきを抑えるようにしている。

0033

次に、このように構成された軸合わせ構造4における軸合わせの方法について説明する。

0034

まず、旋盤加工機2とローディング装置1を連結させる際、旋盤加工機2側の平面部材42の上にローディング装置1側の上側部材46を載せるようにする。このとき、旋盤加工機2側のブラケット41の左右両側面に設けられた側壁プレート43は、長孔44を介してある程度自由に上下に動くように固定しておく。

0035

そして、この状態でロッド13を前進させて旋盤加工機2の内装管21の位置とロッド13の軸を接近させ、それぞれの軸が合うように上下調整部480のボルト49を回転させる。このとき上下調整部480のボルト49を回転させると、そのボルト49によって上側部材46が持ち上げられ、高さ位置を調整することができる。なお、このように高さ位置を調整する場合、平面部材42や上側部材46がローディング装置1の構造体10の上側に設けられているため、ロッド13の先端位置を見ながら高さ調整を行うことができるようになる。

0036

次に、このように高さ調整を行った後、上側部材46の側面に設けられた凹部47にボルト45aが入り込むように左右調整部450のボルト45aを位置合わせし、その状態で側壁プレート43の長孔44に設けられたボルト44aを強く締め付ける

0037

そして、その状態で左右調整部450のボルト45aを回転させ、左右方向に上側部材46を押圧して左右方向の位置を調整する。このときも同様に、ロッド13の先端位置を見ながらボルト45aを回転させて左右方向の位置の調整を行うことができるようになる。そして、左右方向の位置を調整した状態で左右に設けられたボルト45aを強く締めて固定する。このような作業により、ロッド13の先端側における軸合わせが行われるとともに、凹部47にボルト45aが入り込んでいるため、旋盤加工機2との連結状態を固定することができる。

0038

次に、このように先端側の軸合わせを行った後、ロッド13の後端側真下に設けられた構造体10の高さ調整ネジ10mを調整し、後端側における高さを調整する。この際、ローディング装置1の前方側では、平面部材42に上下調整部の二つのボルトで支持されており、後方側では構造体10の高さ調整ネジ10mで支持されることになるため、三点支持でローディング装置1を支えることができるようになる。

0039

そして、このように三点支持させた後、構造体10におけるガタつきを防止するために、四隅の脚部に設けられた高さ調整ネジ10cを調整して床面に接地させる。このとき、その高さ調整ネジ10は、床面に軽く接地させる程度としておく。そして、このように軸合わせとローディング装置1の連結状態を固定した後、ローディング装置1や旋盤加工機2を用いてワーク3を加工させるようにする。

0040

このように上記実施の形態によれば、旋盤加工機2のチャック23奥方に設けられた内装管21の軸と当該内装管21に挿入されるロッド13の軸との軸合わせを行う軸合わせ構造4において、旋盤加工機2側に設けられた平面状の平面部材42と、ロッド13を備えたローディング装置1側に設けられ、前記平面部材42上に載置される上側部材46と、当該上側部材46の上下方向の位置を調整する上下調整部480と、当該上側部材46の左右方向の位置を調整する左右調整部450とを備えるようにしたので、平面部材42に載置された上側部材46の左右方向の位置や上下方向の位置を一カ所で調整することができ、脚部4カ所の調整ネジ10cを調整することなくロッド13の高さ位置などを見ながら簡単に調整することができるようになる。

0041

また、左右調整部450を構成する場合、上側部材46の両側面に凹部47を形成し、当該左右の凹部47にボルトを位置させるようにしたので、凹部47にボルトを入り込ませることによって、ローディング装置1と旋盤加工機2との連結状態を固定することができるようになる。

0042

さらに、このように凹部47を設ける場合、前記上側部材46を囲むような側壁プレート43を旋盤加工機2側に設け、当該側壁プレート43に前記上側部材46の左右の凹部47に入り込むボルト45aを設けるとともに、当該側壁プレート43を旋盤加工機2に対して上下方向へスライド可能に固定するようにしたので、上下方向の位置合わせを行うことによって上側部材46の凹部47の高さ位置が変わったとしても、側壁プレート43をその高さ位置に合わせて上下方向にスライドさせて固定することができ、ボルト45aで凹部47を押圧して左右方向の位置合わせをすることができるようになる。

0043

また、前記旋盤加工機2側と反対側のロッド13の後端部における構造体10の真下に、床面に接地する高さ調整ネジ10mを設けるようにしたので、旋盤加工機2側では上下調整部480で上下方向を調整するとともに、旋盤加工機2と離れた側では、三点支持される頂点側の一カ所の高さ調整ネジ10mで高さ調整を行うことができるようになる。そして、他の高さ調整ネジ10cを調整して床面に設置させることで、ローディング装置1を軸合わせした状態で安定させることができる。

0044

なお、本発明は上記実施の形態に限定されることなく、種々の態様で実施することができる。

0045

例えば、上記実施の形態では、上下調整部480として平面部材42の上下方向に設けられたボルト49で高さ調整を行うようにしたが、下方からのボルト49の調整を行うことが困難な場合は、側面側から調整できるような機構を設けて高さ調整を行えるようにしてもよい。このような機構としては、例えば、図7に示すように、左右方向に沿った長尺状のシャフトネジ49aを設けるとともに、そのシャフトネジ49aに楔状部材49bを設け、その楔状部材49bを進退させることで、その上部材49bの傾斜面に沿って鉛直方向に突出する鉛直部材49cを設けて、上下方向に突出させるようにしてもよい。

0046

また、このように平面部材42の下方や側面からの作業で高さ調整を行うようにするのではなく、上側からボルトを回転させることで上側部材46を持ち上げるようにして平面部材42からの高さ調整を行えるようにしてもよい。

0047

さらに、上記実施の形態では、左右調整部450として、上側部材46の側面を押圧させるようにしたが、図8に示すように、左右の側壁プレート43と上側部材46に貫通するようなシャフトネジ45bを設け、そのシャフトネジ45bを上側部材46の内部に固定されたネジ孔45cに通すことで、上側部材46を左右方向に移動させるようにしてもよい。

0048

また、上記実施の形態では、上側部材46の側面に設けられた凹部47にボルト45aを押圧してローディング装置1と旋盤加工機2との連結状態を固定できるようにしたが、上下調整部480のボルト49が当たる上側部材46の底面側に凹部を形成して連結状態を固定できるようにしてもよい。

0049

1・・・ローディング装置
10・・・構造体
10c・・・高さ調整ネジ
10m・・・高さ調整ネジ
11・・・移送部
12・・・角度変更機構
13・・・ロッド
13a・・・内側押圧部
14b・・・溝
15・・・ホルダー
16・・・スライド機構
2・・・旋盤加工機
21・・・内装管
22・・・挿入口
23・・・チャック
3・・・ワーク
31・・・小径部
32・・・大径部
33・・・穴
4・・・軸合わせ構造
41・・・ブラケット
42・・・ネジ孔
42a・・・ボルト
43・・・側壁プレート
44・・・長孔
44a・・・ボルト
45・・・ネジ孔
45b・・・ボルト
46・・・上側部材
47・・・凹部
450・・・左右調整部
480・・・上下調整部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ