図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社ニューギン
発明者 長野雅隆
出願日 2015年11月20日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-228220
公開日 2017年6月1日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2017-093757
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 上下直線状 設置部品 分判定値 強弱変化 制御コマ 最下部位 左側部位 回転案内部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年6月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

稼働中に設定された遊技状態設定情報を外部へ報知可能とする。

解決手段

メイン制御CPUは、確変状態または入賞率向上状態が同一の条件において、図柄表示装置に表示される図柄変動演出の内容で遊技者遊技内容の違いを判断困難な複数種類遊技モードの内の何れかの遊技モードを選択可能である。メイン制御CPUは、特定の条件を満たした場合に、複数種類の遊技モードの内の何れかを選択する。複数種類の遊技モードに対応する複数種類の情報信号が設定されていて、メイン制御CPUは、選択した遊技モードに対応する情報信号をホールコンピュータへ出力する。

概要

背景

代表的な遊技機であるパチンコ機は、遊技店設置枠台に設置される固定枠としての外枠に、遊技盤制御装置等の各種部材が設置される本体枠としての中枠開閉および着脱可能に組み付けると共に、該遊技盤を透視保護するガラス板を備えた装飾枠としての前枠を中枠の前面側に開閉可能に組み付けて構成される。前記遊技盤には、パチンコ球(遊技球)が流下する遊技領域が画成されると共に、図柄を変動表示して図柄変動演出を行う液晶式やドラム式等の表示装置(表示手段)が備えられており、該遊技領域を流下するパチンコ球が遊技盤に配設された始動入賞装置(始動入賞手段)の入賞口へ入賞するのを契機として、図柄表示装置において図柄変動演出が開始するようになっている。そして、図柄表示装置に停止表示された図柄が特定の組み合わせ(例えば同一図柄の三つ揃等)となることで当り遊技が付与されて、遊技者賞球を獲得する機会が与えられる。このようなパチンコ機は、特許文献1に開示されている。

また、前記パチンコ機では、前記入賞口へパチンコ球が入賞した際に大当りが発生する確率(当り確率)が通常よりも高くなる「確変状態」と、該入賞口へのパチンコ球の入賞率が通常よりも高くなる「変短状態」(入賞率向上状態)とを付与可能に構成されている。これにより、確変状態と変短状態とを組み合わせた複数種類遊技状態(「低確/変短なし」、「低確/変短あり」、「高確/変短なし」、「高確/変短あり」)が設定されており、大当りに当選した際に、大当り後の遊技状態を決定するよう構成されている。そして、パチンコ機では、当該パチンコ機の前記遊技状態等の情報を情報信号として、外部(ホールコンピュータ)へ出力している。このようなパチンコ機は、特許文献1に開示されている。

概要

稼働中に設定された遊技状態の設定情報を外部へ報知可能とする。メイン制御CPUは、確変状態または入賞率向上状態が同一の条件において、柄表示装置に表示される柄変動演出の内容で遊技者が遊技内容の違いを判断困難な複数種類の遊技モードの内の何れかの遊技モードを選択可能である。メイン制御CPUは、特定の条件を満たした場合に、複数種類の遊技モードの内の何れかを選択する。複数種類の遊技モードに対応する複数種類の情報信号が設定されていて、メイン制御CPUは、選択した遊技モードに対応する情報信号をホールコンピュータへ出力する。

目的

本発明は、従来の遊技機に内在する前記課題に鑑み、これを好適に解決するべく提案されたものであって、遊技が行われる状況を遊技機外部へ正確に報知することを可能とした遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技球入賞可能な始動入賞手段と、開閉手段により開閉可能な可変始動入賞手段と、前記夫々の始動入賞手段への入賞を契機として当りか否かを判定する当り判定手段と、前記夫々の始動入賞手段への入賞を契機として演出を表示する表示手段と、遊技機外部へ情報信号を出力する情報信号出力手段とを備え、前記当り判定手段の判定により当りに当選することを契機として付与可能な遊技状態として、当該当りに当選し易い確変状態と、前記可変始動入賞手段へ遊技球が入賞し易い入賞率向上状態とが設定されて、前記確変状態の付与および前記入賞率向上状態の付与を識別可能な情報信号を前記情報信号出力手段が遊技機外部へ出力するよう構成された遊技機において、前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態であって、前記表示手段に表示される図柄変動演出の内容で遊技者遊技内容の違いを判断困難な複数種類遊技モードが設定されると共に、各遊技モードを区別可能な情報信号が設定され、成立する遊技モードの移行条件に応じて前記複数種類の遊技モードの内の異なる遊技モードに移行するよう構成され、前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態の場合に、前記遊技モードに応じた情報信号を、前記情報信号出力手段が遊技機外部へ出力するよう構成されたことを特徴とする遊技機。

請求項2

前記各始動入賞手段への入賞を契機として前記表示手段に表示する演出の時間を定めた変動パターンを決定する変動パターン決定手段を備え、前記遊技モードに応じて変動パターンテーブルが定められて、前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態の場合に、前記遊技モードに応じた前記変動パターンテーブルから前記変動パターン決定手段が変動パターンを決定するよう構成されて、前記遊技モードに応じた情報信号に基づいて、前記情報信号出力手段が遊技機外部へ出力するよう構成された請求項1記載の遊技機。

請求項3

前記可変始動入賞手段における前記開閉手段の開閉条件を定めた開閉動作パターンを決定する開閉動作パターン決定手段を備え、前記遊技モードに応じて前記開閉動作パターン決定手段が開閉動作パターンを決定可能な開閉動作パターンテーブルが定められて、前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態の場合に、前記遊技モードに応じた前記開閉動作パターンテーブルから前記開閉動作パターン決定手段が開閉動作パターンを決定することで、各遊技モードにおける賞球出球率を異ならせるよう構成された請求項1または2記載の遊技機。

請求項4

前記遊技モードは、前記入賞率向上状態における前記可変始動入賞手段への遊技球の入賞し易さが異なる複数種類が設定され、前記夫々の遊技モードを区別可能な前記情報信号が、前記情報信号出力手段が遊技機外部へ出力するよう構成された請求項1〜3の何れか一項に記載の遊技機。

技術分野

0001

この発明は、遊技状態の情報を示す情報信号を外部へ出力する遊技機に関するものである。

背景技術

0002

代表的な遊技機であるパチンコ機は、遊技店設置枠台に設置される固定枠としての外枠に、遊技盤制御装置等の各種部材が設置される本体枠としての中枠開閉および着脱可能に組み付けると共に、該遊技盤を透視保護するガラス板を備えた装飾枠としての前枠を中枠の前面側に開閉可能に組み付けて構成される。前記遊技盤には、パチンコ球(遊技球)が流下する遊技領域が画成されると共に、図柄を変動表示して図柄変動演出を行う液晶式やドラム式等の表示装置(表示手段)が備えられており、該遊技領域を流下するパチンコ球が遊技盤に配設された始動入賞装置(始動入賞手段)の入賞口へ入賞するのを契機として、図柄表示装置において図柄変動演出が開始するようになっている。そして、図柄表示装置に停止表示された図柄が特定の組み合わせ(例えば同一図柄の三つ揃等)となることで当り遊技が付与されて、遊技者賞球を獲得する機会が与えられる。このようなパチンコ機は、特許文献1に開示されている。

0003

また、前記パチンコ機では、前記入賞口へパチンコ球が入賞した際に大当りが発生する確率(当り確率)が通常よりも高くなる「確変状態」と、該入賞口へのパチンコ球の入賞率が通常よりも高くなる「変短状態」(入賞率向上状態)とを付与可能に構成されている。これにより、確変状態と変短状態とを組み合わせた複数種類の遊技状態(「低確/変短なし」、「低確/変短あり」、「高確/変短なし」、「高確/変短あり」)が設定されており、大当りに当選した際に、大当り後の遊技状態を決定するよう構成されている。そして、パチンコ機では、当該パチンコ機の前記遊技状態等の情報を情報信号として、外部(ホールコンピュータ)へ出力している。このようなパチンコ機は、特許文献1に開示されている。

先行技術

0004

特開2011−72520号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、従来のパチンコ機では、ホールコンピュータへ出力する前記情報信号として、「低確/変短なし」、「低確/変短あり」、「高確/変短なし」、「高確/変短あり」および「大当り」の各遊技状態に対応した合計5種類だけが設定されることが一般的である。しかし、近年のパチンコ機では、同じ遊技状態(例えば「変短状態」)であっても、前記入賞口へのパチンコ球の入賞率が異なる複数の状態が生起されるよう構成されたり、複数の遊技状態毎に異なる演出が行われるよう構成されることがある。しかし、前述したように、確変状態と変短状態とを組み合わせた遊技状態に応じた1種類の情報信号がホールコンピュータへ出力されるため、当該パチンコ機の稼働管理や出球管理等を適切に行うことができない問題がある。

0006

本発明は、従来の遊技機に内在する前記課題に鑑み、これを好適に解決するべく提案されたものであって、遊技が行われる状況を遊技機外部へ正確に報知することを可能とした遊技機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

前記課題を克服し、所期の目的を達成するため、本願の請求項1に係る発明は、
遊技球が入賞可能な始動入賞手段(31a)と、開閉手段(33)により開閉可能な可変始動入賞手段(31b)と、前記夫々の始動入賞手段(31a,31b)への入賞を契機として当りか否かを判定する当り判定手段(60a)と、前記夫々の始動入賞手段(31a,31b)への入賞を契機として演出を表示する表示手段(17)と、遊技機外部へ情報信号を出力する情報信号出力手段(60a)とを備え、前記当り判定手段(60a)の判定により当りに当選することを契機として付与可能な遊技状態として、当該当りに当選し易い確変状態と、前記可変始動入賞手段へ遊技球が入賞し易い入賞率向上状態とが設定されて、前記確変状態の付与および前記入賞率向上状態の付与を識別可能な情報信号を前記情報信号出力手段(60a)が遊技機外部へ出力するよう構成された遊技機において、
前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態であって、前記表示手段(17)に表示される図柄変動演出の内容で遊技者が遊技内容の違いを判断困難な複数種類の遊技モードが設定されると共に、各遊技モードを区別可能な情報信号が設定され、
成立する遊技モードの移行条件に応じて前記複数種類の遊技モードの内の異なる遊技モードに移行するよう構成され、
前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態の場合に、前記遊技モードに応じた情報信号を、前記情報信号出力手段(60a)が遊技機外部へ出力するよう構成されたことを要旨とする。

0008

請求項1に係る発明によれば、遊技者が遊技内容の違いを判断困難な複数種類の遊技モードを区別可能な情報信号が設定されて、遊技モードに応じた情報信号が情報信号出力手段により遊技機外部へ出力される。これにより、当該遊技機における遊技モードの付与状況を、遊技機外部において適切に管理することができる。従って、遊技機外部において、当該遊技機におけるスタート率ベース等の各種データを正確に得ることを可能とする。

0009

本願の請求項2に係る発明は、
前記各始動入賞手段(31a,31b)への入賞を契機として前記表示手段(17)に表示する演出の時間を定めた変動パターンを決定する変動パターン決定手段(60a)を備え、
前記遊技モードに応じて変動パターンテーブル(PT1〜PT6)が定められて、
前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態の場合に、前記遊技モードに応じた前記変動パターンテーブル(PT1〜PT6)から前記変動パターン決定手段(60a)が変動パターンを決定するよう構成されて、
前記遊技モードに応じた情報信号に基づいて、前記情報信号出力手段(60a)が遊技機外部へ出力するよう構成されたことを要旨とする。
請求項2に係る発明によれば、演出の時間を定めた変動パターンが設定された変動パターンテーブルから遊技モードに応じて変動パターンが定められるので、表示手段での図柄変動演出の変動時間が変わって、スタート率や賞球の出球率を異ならせることができる。また、遊技モードに応じた情報信号に基づいて、各遊技モードの平均変動時間(演出時間)を外部で管理することができる。

0010

本願の請求項3に係る発明は、
前記可変始動入賞手段(31b)における前記開閉手段(33)の開閉条件を定めた開閉動作パターン(MP1〜MP4)を決定する開閉動作パターン決定手段(60a)を備え、
前記遊技モードに応じて前記開閉動作パターン決定手段(60a)が開閉動作パターンを(MP1〜MP4)決定可能な開閉動作パターンテーブル(PT10)が定められて、
前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態の場合に、前記遊技モードに応じた前記開閉動作パターンテーブル(PT10)から前記開閉動作パターン決定手段(60a)が開閉動作パターンを決定することで、各遊技モードにおける賞球の出球率を異ならせるよう構成されたことを要旨とする。
請求項3に係る発明によれば、遊技モードに応じた開閉動作パターンテーブルから開閉動作パターン決定手段が開閉動作パターンを決定することで、開閉手段が該開閉動作パターンに対応した開閉動作を行うようになり、各遊技モードにおける賞球の出球率を異ならせることができる。

0011

本願の請求項4に係る発明は、
前記遊技モードは、前記入賞率向上状態における前記可変始動入賞手段(31b)への遊技球の入賞し易さが異なる複数種類が設定され、
前記夫々の遊技モードを区別可能な前記情報信号が、前記情報信号出力手段(60a)により遊技機外部へ出力されるよう構成されたことを要旨とする。
請求項4に係る発明によれば、可変始動入賞手段への遊技球の入賞し易さが異なる複数の遊技モードの種類を区別する情報信号が遊技機外部へ出力されるので、遊技機外部において把握することができる。

発明の効果

0012

本発明に係る遊技機によれば、複数種類の遊技モードに応じた情報信号を遊技機外部へ出力することが可能なので、遊技が行われる状況を遊技機外部へ正確に報知することが可能である。

図面の簡単な説明

0013

本発明の好適な実施例に係るパチンコ機を示す正面図である。
実施例に係る遊技盤を示す正面図であって、特図表示器特図保留表示部、普図表示器、普図保留表示部を拡大して示している。
大当り遊技の種類を示す説明図である。
特図入力処理を示すフローチャートである。
特図開始処理を示すフローチャートである。
図5のステップB15に続く通常遊技実行時の処理を示すフローチャートである。
図5のステップB19に続く通常遊技実行時の処理を示すフローチャートである。
実施例に係るパチンコ機の制御構成を示すブロック図である。
図柄表示装置の画像表示面における有効停止位置および有効ラインの構成を示す説明図である。
上中下の各図柄列図柄配列を示す説明図である。
上中下の各図柄列の飾図停止パターンを示す説明図であって、(a)は、上図柄列の飾図停止パターンを示し、(b)は、中図柄列の飾図停止パターンを示し、(c)は、下図柄列の飾図停止パターンを示している。
中図柄列の変動態様を示す説明図である。
変動パターンテーブルの概略を示す図面である。
各遊技状態の設定内容を示す説明図である。
開閉動作パターンテーブルに設定された各開閉動作パターンの動作態様を示す説明図である。
遊技モードと演出モードとの対応関係を示す図である。

0014

次に、本発明に係る遊技機につき、好適な実施例を挙げて、添付図面を参照しながら以下詳細に説明する。なお、遊技機としては、遊技球としてパチンコ球を用いて遊技が行われるパチンコ機を例にして説明する。また、以下の説明において、「前」、「後」、「左」、「右」とは、特に断りのない限り、図1に示すようにパチンコ機を前側(遊技者側)から見た状態で指称する。

0015

(パチンコ機10について)
実施例に係るパチンコ機10は、図1に示すように、前後に開口する矩形枠状に形成されて遊技店の図示しない設置枠台に縦置姿勢で設置される固定枠としての外枠11の開口前面側に、遊技盤20を着脱可能に保持する本体枠としての中枠12が開閉および着脱可能に組み付けられて、該遊技盤20の裏側に、所定条件の成立(後述する始動入賞装置30の始動入賞口31a,31bへのパチンコ球の入賞)を契機として演出用の図柄(以下飾図という)を変動表示させて図柄変動演出を行う演出実行手段としての図柄表示装置(表示手段)17が着脱可能に配設されている。また、前記中枠12の前面側には、前記遊技盤20を透視保護するガラス板や透明な合成樹脂材により形成された透視保護板(図示せず)で前後に開口する窓口13aを覆うよう構成された装飾枠としての前枠13が開閉可能に組み付けられると共に、該前枠13の下方にパチンコ球を貯留する下球受け皿15が開閉可能に組み付けられる。なお、実施例では、前記前枠13の下部位置に、パチンコ球を貯留する上球受け皿14が一体的に組み付けられており、前枠13の開閉に合わせて上球受け皿14も一体的に開閉するよう構成される。

0016

また、前枠13には、窓口13aの外周を囲繞するようランプ装置(発光手段)18が配設されると共に、中枠12の下部位置に、音声効果音出力可能スピーカ(音出力手段)19が配設されている。すなわち、前記ランプ装置18に設けられたLED等の発光体(図示せず)を点灯・点滅したり、前記スピーカ19から適宜の音声を出力することで、前記図柄表示装置17での図柄変動演出に合わせて発光演出音声演出を行い得るよう構成されている。すなわち、前記前枠13に配設された前記ランプ装置18や中枠12に配設されたスピーカ19も演出実行手段として機能している。

0017

また、前記中枠12の右下方位置には、該中枠12に配設された打球発射装置(図示せず)を作動する操作ハンドル16が設けられている。前記操作ハンドル16は、左回転方向に付勢された操作レバー16aを備えており、該操作レバー16aを右回転するよう遊技者が回動操作することで打球発射装置が作動されて、前記上球受け皿14に貯留されたパチンコ球が前記遊技盤20の遊技領域20aに向けて1球ずつ発射されるようになっている。ここで、前記操作レバー16aの回動量に応じて前記打球発射装置によるパチンコ球の打球力強弱変化するよう構成されており、遊技者が操作レバー16aの回動量を調節することで、前記遊技領域20aへのパチンコ球の発射位置を任意に変更し得るようになっている。なお、実施例では、前記図柄表示装置17としては、飾図の他に各種絵柄キャラクタ等を表示可能な液晶パネル収容ケースに収容した液晶表示装置が採用されているが、これに限られるものではなく、ドラム式の図柄表示装置やドットマトリックス式の図柄表示装置等の各種図柄を停止および変動表示可能な従来公知の各種の表示装置を採用し得る。また、前記上球受け皿14は、前記前枠13と別体に形成して中枠12に対して開閉可能に組み付けるようにしてもよい。

0018

(遊技盤20について)
前記遊技盤20は、図2に示すように、ベニヤ材や合成樹脂材により形成された略矩形状の板部材であって、遊技盤20の裏面側に前記図柄表示装置17が着脱可能に組み付けられている。前記遊技盤20の前面には、略円形状湾曲形成した案内レール21が配設されており、該案内レール21により画成される略円形の遊技領域20aに、前記中枠12に配設された図示しない打球発射装置から発射されたパチンコ球が打ち出されることで遊技が行われるようになっている。また、前記遊技盤20には、前後に貫通する装着口(図示せず)が適宜位置に開設されており、各装着口に対して各種の遊技盤設置部品(具体的には後述する枠状装飾体25、始動入賞装置30、特別入賞装置40、球通過ゲート47、普通入賞口部材等)が前側から取り付けられると共に、遊技領域20aの最下部位置には、該遊技領域20aに打ち出されたパチンコ球を排出するアウト口22が開設されている。なお、前記装着口の形成数は、遊技盤20に取り付けられる各種遊技盤設置部品の個数や配設位置等により必要に応じて適宜変更される。

0019

ここで、実施例の前記遊技盤20には、図2に示すように、前記案内レール21で囲まれた遊技領域20aの略中央で開口する装着口に、前後に開口する表示窓口25aが形成されたセンター役とも称される枠状装飾体25が取り付けられ、該枠状装飾体25の表示窓口25aを介して図柄表示装置17の画像表示面17aが遊技盤20の前面側に臨むよう構成されている。なお、前記遊技盤20には、前記遊技領域20a内に多数の遊技釘23が設けられると共に、前記枠状装飾体25の左側方に、遊技領域20aを流下するパチンコ球の接触に伴って回転する所謂「風車」とも称される回転案内部材24が回転自在に支持されており、遊技領域20aを流下するパチンコ球が遊技釘23や回転案内部材24に接触することで、流下方向が不規則に変化するよう構成されている。また、前記遊技盤20における枠状装飾体25の下方位置に開設された装着口に、遊技領域20aを流下するパチンコ球が入賞可能な始動入賞口31a,31bを有する始動入賞装置(始動入賞手段)30および特別入賞口を有する特別入賞装置(特別入賞手段)40が取り付けられている。

0020

(始動入賞装置30について)
図2に示すように、前記始動入賞装置30は、前記始動入賞口31a,31bが上下の位置関係で2つ設けられている。ここで、上側に位置する第1始動入賞口(第1始動入賞手段)31aは、遊技領域20a内で常に上方へ開口する常時開放タイプの入賞口とされている。下側に位置する第2始動入賞口(第2始動入賞手段、可変式の始動入賞手段)31bを挟む左右両側には、該第2始動入賞口31bを開閉可能に構成された開閉部材33が設けられており、駆動手段としての始動入賞ソレノイド32(図8参照)の駆動に伴って一対の開閉部材33,33が第2始動入賞口31bを閉鎖する閉鎖位置と開放する開放位置に変位するよう構成されている。なお、実施例では、前記第2始動入賞口31bを開閉する一対の開閉部材33,33が第2始動入賞口31bを挟む左右側部に配置されて、始動入賞ソレノイド32の駆動に伴い一対の開閉部材33,33が相互に近接および離間するよう揺動される。

0021

すなわち、実施例において前記第1始動入賞口31aは、前記遊技領域20aを流下するパチンコ球が常時一定の確率で入賞可能に構成され、第2始動入賞口31bは、始動入賞ソレノイド32を駆動することでパチンコ球の入賞確率を可変し得るよう構成されている。ここで、前記開閉部材33,33が閉鎖位置に変位した状態では、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞が阻止されて、第1始動入賞口31aへパチンコ球が入賞する確率よりも第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞する確率が低確率となるよう設定される一方、開閉部材33,33が開放位置に変位した状態では、開閉部材33,33で受止められたパチンコ球が第2始動入賞口31bに案内されて、第1始動入賞口31aへパチンコ球が入賞する確率よりも高確率となるよう設定されている。実施例では、前記開閉部材33,33が閉鎖位置に変位した状態では、前記第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞しないよう構成されている(入賞確率0%)。

0022

また、前記始動入賞装置30は、前記第1および第2始動入賞口31a,31bに入賞したパチンコ球を検出する始動入賞検出手段としての始動入賞検出センサ34a,34b(図8参照)が設けられている。前記始動入賞検出センサ34a,34bは、パチンコ機10の裏側に配設されたメイン制御基板60(図8参照)に配線接続されており、該始動入賞検出センサ34a,34bによるパチンコ球の検出(すなわち第1および第2始動入賞口31a,31bへのパチンコ球の入賞)を契機として所定数(実施例では3個)の賞球が払い出されるようになっている。また、始動入賞検出センサ34a,34bによるパチンコ球の検出(すなわち第1および第2始動入賞口31a,31bへのパチンコ球の入賞)に伴って各種情報(後述する各種乱数情報)が取得され、この取得した情報に基づいて後述する特図当り抽選(大当り判定)が行われるよう構成されている。そして、特図当り抽選の結果に基づいて前記図柄表示装置17において図柄変動演出が実行されると共に、後述する特図表示器50A,50Bにおいて特図変動が実行されるようになっている。そして、前記図柄表示装置17での図柄変動演出の結果、該図柄表示装置17に所定の当り表示(大当り表示)となる図柄組み合わせ(例えば同一飾図の3つ揃い等)で飾図が確定停止表示されることで、遊技者に有利な当り遊技(大当り遊技)が付与され、当り遊技の発生に伴って前記特別入賞装置40を所定の開放条件で開放する当り遊技が行われて、遊技者が賞球を獲得し得る機会が与えられるよう構成されている。ここで、実施例では、前記始動入賞検出センサ34a,34bが始動入賞口31a,31b毎が設けられており、以下の説明では、第1始動入賞口31aに対応するセンサを第1始動入賞検出センサ34aと指称し、第2始動入賞口31bに対応するセンサを第2始動入賞検出センサ34bと指称するものとする。

0023

(特別入賞装置40について)
前記特別入賞装置(特別入賞手段)40は、図2に示すように、遊技領域20aに開口する特別入賞手段としての特別入賞口(図示せず)を開閉自在に閉成する開閉扉(開閉部材,開閉手段)43を備えており、駆動手段としての特別入賞ソレノイド42(図8参照)の駆動に伴って開閉扉43が閉鎖する閉鎖位置と開放する開放位置に変位するよう構成されている。なお、実施例では、前記開閉扉43が前後方向へ揺動することで特別入賞口を開閉するよう構成されており、該開閉扉43により特別入賞口が閉鎖された状態を図2に示す。また、前記特別入賞装置40には、前記特別入賞口に入賞したパチンコ球を検出する特別入賞検出手段としての特別入賞検出センサ44(図8参照)が設けられている。前記特別入賞検出センサ44は、前記メイン制御基板60に配線接続されており、該特別入賞検出センサ44からメイン制御基板60への入賞検出信号の入力に伴って所定数(実施例では15個)の賞球が払い出されるようになっている。ここで、前記特別入賞ソレノイド42は、前記始動入賞装置30へのパチンコ球の入賞を契機として特別入賞装置40を開放する当り遊技(大当り遊技)が付与される場合に、当りの種類に応じた所定の開閉条件に従ってメイン制御基板60によって駆動制御される。

0024

(特図表示器50A,50Bについて)
図2に示すように、前記遊技盤20の所定位置(実施例では、遊技領域20a内の左側部位置)には、前記始動入賞装置30(第1および第2始動入賞口31a,31b)への入賞を契機として作動する特図表示器(特図表示手段)50A,50Bが設けられている。ここで、特図表示器50A,50Bは、前記第1始動入賞口31aへの入賞を契機として変動表示を開始する第1特図表示器50Aと、第2始動入賞口31bへの入賞を契機として変動表示を開始する第2特図表示器50Bとからなり、各特図表示器50A,50Bの何れも複数個(実施例では8個ずつ)の発光表示部により構成されている。そして、前記第1始動入賞口31aへのパチンコ球の入賞を契機として、第1特図表示器50Aの発光表示部が順次点灯・消灯する点滅変動する特図変動表示が行われ、最終的に発光表示部が確定的に点灯した点灯位置(点灯パターン)により複数種類の特別図柄(以下、特図という)を表示するようになっている。また、第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞を契機として、第2特図表示器50Bの発光表示部が点灯・消灯する点滅変動する変動表示が行われて、最終的に発光部が確定的に点灯した点灯位置(点灯パターン)により特図を表示するよう構成されている。なお、実施例の各発光表示部は小数点表示可能な7セグメント表示器により構成されているが、これに限らず点灯位置を適宜変更し得る形態であればよく、複数個のLEDにより構成された表示器であったり、ドットマトリックス表示器、小型の液晶表示器、その他特図を表示可能な表示手段を採用できる。

0025

ここで、前記特図は、大当りか否かなどの内部抽選の結果を示す報知用の図柄とされて、前記各特図表示器50A,50Bでは、発光表示部の点灯位置により複数種類の特図を表示し得るようになっている。具体的には、各特図表示器50A,50Bにおいて表示し得る特図としては、大当りを認識し得る当り表示(大当り表示)としての100種類の特図と、はずれを認識し得るはずれ表示結果としての1種類の特図とが設定されて、特図当り抽選の結果に応じて1つの特図が決定されて、特図変動表示の結果として、決定された特図が各特図表示器50A,50Bに確定停止表示される。そして、前記特図表示器50A,50Bに、当り表示としての特図が表示されることで、引き続いて遊技者に大当り遊技が付与されるようになっている。なお、以下の説明では、第1特図表示器50Aおよび第2特図表示器50Bを区別することなく、単に特図表示器50A,50Bと指称する場合がある。また、第1特図表示器50Aで行われる特図変動表示を「第1特図変動表示」と称し、該第1特図変動表示の結果、第1特図表示器50Aに確定停止表示される特図を特図1と称する場合がある。同様に、第2特図表示器50Bで行われる特図変動表示を「第2特図変動表示」と称し、該第2特図変動表示の結果、第2特図表示器50Bに確定停止表示される特図を特図2と称する場合がある。

0026

(特図保留について)
また、図2に示すように、前記第1始動入賞口31aにパチンコ球が入賞した際に取得される情報(各種乱数情報)が機内部の記憶手段(メイン制御RAM60c)に第1特図始動保留情報(第1始動保留球)として記憶されるようになっている。同様に、前記第2始動入賞口31bにパチンコ球が入賞した際に取得される情報(各種乱数情報)は機内部の記憶手段(メイン制御RAM60c)に第2特図始動保留情報(第2始動保留球)として記憶されるようになっている。そして、前記遊技盤20における遊技領域20aの左側部位置に、この第1特図始動保留情報の保留数を表示する複数のLED(実施例では2個)から発光表示部が構成された第1特図保留表示部52が設けられると共に、該第2特図始動保留情報の保留数を表示する複数のLED(実施例では2個)から発光表示部が構成された第2特図保留表示部53が設けられている。すなわち、前記第1および第2特図保留表示部52,53の表示内容によって、保留されている第1特図変動表示および第2特図変動表示の回数(図柄変動演出の回数)が報知される。

0027

ここで、前記第1特図保留表示部52で表示される第1特図始動保留情報の保留数は、第1始動入賞口31aへパチンコ球が入賞することで1加算されると共に、第1特図変動表示(図柄変動演出)が行われる毎に1減算される。同様に、前記第2特図保留表示部53で表示される第2特図始動保留情報の保留数は、第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞することで1加算されると共に、第2特図変動表示(図柄変動演出)が行われる毎に1減算される。なお、第1および第2特図始動保留情報の保留数には所定の上限数(実施例では「4」ずつ)が設定されており、該上限数まで第1および第2特図始動保留情報の保留数を夫々加算し得るよう設定されている。なお、前記第1および第2特図保留表示部52,53の夫々は、上下に並んだ複数(実施例では2つ)のLEDから構成されており、各始動保留記憶数が「1」〜「2」の場合には対応の特図保留表示部52,53が上から順に点灯し、各始動保留記憶数が「3」〜「4」の場合には対応の特図保留表示部52,53が上から順に点滅することで、保留情報の保留数を遊技者が把握し得るようになっている。

0028

(ラウンド報知について)
実施例のパチンコ機10では、大当り判定に当選した場合に、後述する複数種類の大当り遊技の中から1つの大当り遊技が決定される。この大当り遊技には、ラウンド回数が異なる複数種類のものが設定されており、当選した大当り遊技のラウンド数を報知するラウンド表示部57が、前記遊技盤20における遊技領域20aの左側部位置に設けられている。このラウンド表示部57は、複数のLED(実施例では3個)から発光表示部が構成される。実施例では、大当り遊技のラウンド数として、「15回」と「2回」の2種類が設定されており、ラウンド表示部57では、中側および下側の2つの発光表示部が点灯することで、ラウンド数が「15回」の大当り遊技であることが報知され、上側の1つの発光表示部が点灯することで、ラウンド数が「2回」の大当り遊技であることが報知されようになっている。

0029

(図柄表示装置17について)
前記図柄表示装置17には、図2図9に示すように、前記飾図を変動表示可能な図柄列81,82,83が複数列設定されており、前記第1始動入賞口31aまたは第2始動入賞口31bへの入賞を契機として、各図柄列81,82,83の飾図が変動開始されるようになっている。実施例の図柄表示装置17には、図柄変動演出の結果として1つの飾図を停止表示可能な複数の有効停止位置S1〜S9が各図柄列81,82,83毎に定められている。具体的には、図柄表示装置17には、上下に並んだ3列の各図柄列81,82,83が設定されると共に、該図柄列81,82,83の夫々に3箇所の有効停止位置が横並び状に定められており、3列・3段の飾図からなる図柄変動演出が行われるようになっている。以下の説明では、上側から順に上図柄列81、中図柄列82、下図柄列83と指称し、各図柄列81,82,83における右側の有効停止位置から順に、右有効停止位置S1,S4,S7、中有効停止位置S2,S5,S8、左有効停止位置S3,S6,S9と指称する場合がある。

0030

また、実施例のパチンコ機10では、各図柄列81,82,83の有効停止位置S1〜S9を1つずつ直線的に組み合わせて、図柄変動演出の結果として有効停止位置S1〜S9に確定停止表示される飾図の図柄組み合わせを導出する5つの有効ラインL1〜L5が設定されている(図9参照)。以下の説明では、各図柄列81,82,83の右有効停止位置S1,S4,S7を組み合わせた上下直線状の有効ラインを右有効ラインL1と指称し、各図柄列81,82,83の中有効停止位置S2,S5,S8を組み合わせた上下直線状の有効ラインを中有効ラインL2と指称し、各図柄列81,82,83の左有効停止位置S3,S6,S9を組み合わせた上下直線状の有効ラインを左有効ラインL3と指称する場合がある。また、上図柄列81の右有効停止位置S1、中図柄列82の中有効停止位置S5および下図柄列81の左有効停止位置S9を組み合わせた左下がり直線状の有効ラインを第1傾斜有効ラインL4と指称し、上図柄列81の左有効停止位置S3、中図柄列82の中有効停止位置S5および下図柄列81の右有効停止位置S7を組み合わせた右下がり直線状の有効ラインを第2傾斜有効ラインL5と指称する場合がある。ここで、前記各図柄列81,82,83における各有効停止位置S1〜S9の表示領域は、特図表示器50A,50Bに比較して大きな表示態様で飾図を表示可能な表示で構成されて、特図に比較して飾図が遥かに大きく表示されるようになっている。このため、遊技者は、図柄表示装置17の有効ラインL1〜L5に停止表示された図柄組み合わせから大当りまたははずれを認識できる。

0031

前記図柄表示装置17には、図柄変動演出の開始と共に予め定めた変動方向に沿って飾図が移動するよう変動表示されて、予め定められた停止順序で各図柄列81,82,83に変動表示されている飾図が有効停止位置S1〜S9に停止表示されるようになっている。ここで、実施例では、各図柄列81,82,83において飾図が右から左方向へ移動する変動態様を基本として、図柄表示装置17で実行される図柄変動演出の演出内容等に応じて各図柄列81,82,83において飾図が左から右方向となる逆方向へ移動するよう構成される。なお、以下の説明では、各図柄列81,82,83において飾図が右から左方向へ移動する変動態様を順変動と指称し、飾図が左から右方向へ移動する変動態様を逆変動と指称する場合もある。また、実施例では、図柄変動演出の開始時に、上図柄列81、中図柄列82、下図柄列83の順で飾図が変動開始し、上図柄列81、下図柄列83、中図柄列82の順で停止表示する飾図の変動タイミングを基本として、図柄表示装置17で実行される図柄変動演出の演出内容等に応じて各図柄列81,82,83の飾図の変動タイミングが適宜に変更されるよう構成されている。

0032

また、図柄表示装置17では、図柄変動演出が終了する前に各図柄列81,82,83の有効停止位置S1〜S9に飾図が一時的に仮停止表示されて、各図柄列81,82,83の飾図が確定停止表示されることで1回の図柄変動演出が終了するようになっている。すなわち、図柄変動演出(第1特図変動表示および第2特図変動表示)は、1つの始動保留情報に基づいて行われる飾図(特図1および特図2)の変動開始から確定停止までを1回として実行されるようになっている。なお、「変動表示」とは、前記各図柄列81,82,83において、有効停止位置S1〜S9に表示される飾図が所定の配列順序(後述)で変化している状態である。そして、飾図の「確定停止」とは、前記各図柄列81,82,83において有効停止位置S1〜S9に飾図が所定の特図変動インターバル時間(実施例では1000ms(ミリ秒以下で可変))に亘って継続して停止表示された状態である。また、飾図の「仮停止」とは、前記各図柄列81,82,83において有効停止位置S1〜S9に留まるよう表示された飾図が特図変動インターバル時間だけ継続して停止していない状態である。すなわち、飾図の仮停止には、有効停止位置S1〜S9において飾図がゆれ変動状態で表示されている状態や、特図変動インターバル時間より短い時間で停止表示されている状態を含んでいる。

0033

ここで、第1特図表示器50Aと図柄表示装置17では、第1特図変動表示と該第1特図変動表示に関する図柄変動演出が開始され、特図1と飾図とが確定停止表示される。同様に、第2特図表示器50Bと図柄表示装置17では、第2特図変動表示と該第2特図変動表示に関する図柄変動演出が開始され、特図2と飾図とが確定停止表示される。なお、特図表示器50A,50Bは、特図変動表示が同時に行われることはなく、一方の特図表示器50A,50Bで特図変動表示が行われている場合には、メイン制御RAM60cに対応する第1または第2特図始動保留情報として保留記憶されるようになっている。

0034

ここで、実施例の図柄表示装置17の各図柄列81,82,83に変動表示される飾図は当り表示やリーチ表示等として有効な図柄組み合わせを形成可能な複数の有効図柄と、当り表示やリーチ表示等として有効な図柄組み合わせを形成不能なブランク図柄とからなり、図柄列81,82,83毎に変動表示される飾図の順序を規定する図柄配列が設定されている(図10参照)。具体的には、各図柄列81,82,83毎に、前記有効図柄とブランク図柄とを交互に配置した図柄配列が定められており、該図柄配列に定められた順序で各図柄列81,83の有効停止位置S1〜S9に有効図柄およびブランク図柄が表示されるようになっている。以下、必要に応じて飾図を有効図柄またはブランク図柄として区別する場合がある。

0035

具体的に、上図柄列81用の図柄配列は、図10に示すように、前記有効図柄としての9個(「1」〜「9」)の数字と9個のブランク図柄とが交互に配置されると共に、図柄変動(順変動)に伴って上図柄列81の右有効停止位置S1に降順(すなわち「9」〜「1」)となる順序で飾図が表れるように設定されている。なお、上図柄列81の右有効停止位置S1に「1」の飾図が表示された後は、ブランク図柄を挟んで「9」の飾図が右有効停止位置S1に表示されることを繰り返すようになっている。また、下図柄列83用の図柄配列は、前記有効図柄としての9個(「1」〜「9」)の数字と9個のブランク図柄とが交互に配置されると共に、図柄変動(順変動)に伴って下図柄列83の右有効停止位置S7に昇順(すなわち「1」〜「9」)となる順序で飾図が表れるように設定されている。なお、下図柄列83の右有効停止位置S7に「9」の飾図が表示された後は、ブランク図柄を挟んで「1」の飾図が右有効停止位置S7に表示されることを繰り返すようになっている。このように、上下の図柄列81,83用の図柄配列は、18個の飾図により構成されている。

0036

中図柄列82用の図柄配列は、図10に示す如く、前記有効図柄としての10個(「1」〜「9」および2つ目の「4」)の数字と10個のブランク図柄とが交互に配置されると共に、図柄変動(順変動)に伴って下図柄列83の右有効停止位置S4に昇順(すなわち「1」〜「9」)となる順序で飾図が表れ、「9」の次にブランク図柄を挟んで2つ目の「4」が表れるように設定されている。なお、中図柄列82の右有効停止位置S4に2つ目の「4」の飾図が表示された後は、ブランク図柄を挟んで「1」の飾図が右有効停止位置S4に表示されることを繰り返すようになっている。すなわち、中図柄列82用の図柄配列は、20個の飾図により構成されている。このように、実施例の中図柄列82用の図柄配列は、上下の図柄列81,83用の図柄配列よりも構成する有効図柄が1つ多くなるよう設定されると共に、同一の有効図柄(実施例では「4」)を2つ含むよう設定されている。

0037

すなわち、各図柄列81,82,83の有効停止位置S1〜S9に飾図が停止表示された状態では、各図柄列81,82,83における飾図の表示態様は、2つの有効図柄としての数字と1つのブランク図柄からなる3つの飾図が一度に停止表示される表示態様か、1つの有効図柄と2つのブランク図柄からなる3つの飾図が一度に停止表示される表示態様の何れかの表示態様となる(図11参照)。ここで、前記上図柄列81の有効停止位置S1〜S3、中図柄列82の有効停止位置S4〜S6および下図柄列83の有効停止位置S7〜S9の夫々に一度に停止表示される飾図の組み合わせは、図柄停止パターンとして予め設定されており(図11(a)〜(c)参照)、各図柄列81,82,83毎に図柄停止パターンを決定することで、全ての有効停止位置S1〜S9に停止表示される飾図が定まるようになっている。

0038

また、以下の説明では、前記各図柄列81,82,83の有効停止位置S1〜S9に表示された飾図(有効図柄およびブランク図柄を含む)が各図柄列81,82,83の図柄配列に従って変動方向にN個(N:自然数)だけ移動する変動態様を「飾図がNコマ移動する」と表すものとする。具体的には、例えば図12に示すように中図柄列82の中有効停止位置S5に「2」の飾図が表示された状態を基準とした場合に、2コマ移動するよう中図柄列82を変動させると、中図柄列82の中有効停止位置S5に「3」が表示された状態となり、7コマ移動するよう変動させると、中図柄列82の中有効停止位置S5に「5」と「6」の間のブランク図柄が表示された状態となる。

0039

なお、各図柄列81,82,83に表示される飾図としては、これに限られるものではなく、任意の数字や文字、絵柄等のように、遊技者が各飾図を区別して識別し得る形態とされる。また前記飾図の有効図柄は、当り表示の組み合わせで停止表示された際に大当り遊技の終了後に確変状態(後述)が付与されることを確定的に遊技者が認識可能な第1の識別図柄(特定図柄)と、当り表示の組み合わせで停止表示された際に大当り遊技終了後に確変状態を付与される可能性のあることを非確定的に認識可能な第2の識別図柄(通常図柄)に分類されている。なお、実施例において大当り遊技終了後に付与可能な確変状態については後で詳細に説明する。ここで、第1の識別図柄としては、基本となる飾図(有効図柄)の中から適宜に設定しても、基本となる飾図(有効図柄)以外に定めた特別な飾図とすることもできる。なお、実施例においては、「1」、「3」、「5」、「7」、「9」の奇数図柄を第1の識別図柄とし、「2」、「4」、「6」、「8」の偶数図柄を第2の識別図柄とした例で説明する。

0040

そして、前記図柄表示装置17における各図柄列81,82,83の有効停止位置S1〜S9(有効ラインL1〜L5)に確定停止表示された各図柄列81,82,83の有効図柄が当りの図柄組み合わせであった場合に、当り遊技が付与されることを把握し得るようになっている。ここで、実施例では、当りの図柄組み合わせとして、各図柄列81,82,83の何れかの有効ラインL1〜L5上の有効停止位置S1〜S9に同じ有効図柄が確定停止表示される図柄組み合わせ(例えば、「222」、「777」等。但し「上図柄列81、中図柄列82、下図柄列83」の順で表記してある)が設定されている。この大当りを認識できる飾図の図柄組み合わせが、当り表示となり、図柄変動演出の終了後に遊技者に有利な大当り遊技が付与される。一方で、図柄表示装置17の各有効ラインL1〜L5上の有効停止位置S1〜S9に確定停止表示された図柄の組み合わせにおいて、1つでも異なる種類の飾図(有効図柄およびブランク図柄を含む)が含まれる場合には、その図柄組み合わせ(例えば「123」、「73・」「1・1」等)から、原則的には大当り遊技が付与されない「はずれ」であることを認識でき、このはずれを認識可能な飾図の図柄組み合わせが、はずれ表示となる。なお、「・」はブランク図柄であることを示す。

0041

また、図柄変動演出において、複数の図柄列81,82,83の内で、所定の2つの図柄列(実施例では、上図柄列81および下図柄列83)の何れかの有効ラインL1〜L5上に同じ有効図柄が停止表示され、かつ残りの図柄列(実施例では、中図柄列82)が変動表示された表示(リーチ表示)となることで、リーチ状態(リーチ)が生起されたことを遊技者が認識し得るようになっている。具体的なリーチ表示の例としては、上図柄列81および下図柄列83に有効図柄が停止表示され状態で、何れかの有効ラインL1〜L5上に同じ有効図柄が停止表示された図柄組み合わせ(「1↓1」、「4↓4」等)となる。なお、「↓」は変動中であることを表している。ここで、実施例では、上下直線状の右有効ラインL1,中有効ラインL2および左有効ラインL3の内の何れか1つの有効ラインで前記リーチ表示となるシングルリーチと、斜めに延在する2つの第1および第2傾斜有効ラインL4,L5上で同時にリーチ表示となるダブルリーチとを生起させることができる。また、リーチ表示を形成する図柄列(上図柄列81および下図柄列83)の飾図は、残りの図柄列(中図柄列82)に飾図が停止表示(仮停止表示)されるまでの間、仮停止表示の状態とされる。

0042

また、図柄表示装置17には、特図表示器50A,50Bでの特図変動表示の結果、表示される特図に応じた飾図の図柄組み合わせが表示される。すなわち、特図表示器50A,50Bに表示される特図と、図柄表示装置17に表示される飾図の図柄組み合わせとが夫々対応しており、図柄変動演出が終了すると、特図表示器50A,50Bに特図が確定停止されると共に、図柄表示装置17の各図柄列81,82,83に飾図が確定停止表示されるようになっている。なお、特別図柄に対する飾図の図柄組み合わせは一対一とは限らず、1つの特別図柄に対して複数の飾図による図柄組み合わせの中から1つの飾図による図柄組み合わせが選択されるようになっている。

0043

(球通過ゲート47について)
図1図2に示すように、前記枠状装飾体25の左側には、遊技領域20aを流下するパチンコ球が通過可能な球通過ゲート47が設けられている。前記球通過ゲート47には通過球検出センサ48(図8参照)が配設されており、該球通過ゲート47を通過するパチンコ球を通過球検出センサ48で検出するよう構成されている。前記通過球検出センサ48は、前記メイン制御基板60に配線接続されており、該通過球検出センサ48からメイン制御基板60への球検出信号の入力(すなわち通過球検出センサ48のパチンコ球の検出(球通過ゲート47のパチンコ球の通過))に伴って各種情報(後述する普図当り判定用乱数)が取得され、この取得した情報に基づいて後述する普図当り判定(普図当り抽選)が行われるよう構成されている。そして、この普図当り抽選の結果に応じて前記始動入賞装置30の始動入賞ソレノイド32が駆動制御されて開閉部材33,33が開閉動作するようになっている。

0044

(普図表示器55について)
また、図2に示すように、前記遊技盤20には、前記遊技領域20aの左側部位置に、複数のLED(実施例では2個)から発光表示部が構成された普図表示器55が配設されている。この普図表示器55では、通過球検出センサ48のパチンコ球の検出(球通過ゲート47のパチンコ球の通過)を契機として、複数種類の普通図柄(以下、「普図」と示す場合がある)を変動させて1つの普図を導出する普図変動表示が行われるようになっている。実施例では、2つのLEDの発光態様にて2種類の普図を示している。具体的には、上側LEDだけが点灯する発光態様、および下側LEDだけが点灯する発光態様により普図を示している。なお、以下では、上側LEDだけが点灯することにより示される普図を普図「0」とし、説明の都合上、下側LEDだけが点灯することにより示される普図を普図「1」とする。そして、前記普図表示器55の最終的な表示結果から普図当りまたははずれを認識できるようになっている。具体的には、普図当りの場合に普図表示器55に普図「1」が表示され、はずれの場合に普図「0」が表示される。すなわち、この普図当りを認識できる普図が普図当りの表示結果となり、はずれを認識できる普図が普図はずれの表示結果となる。

0045

(普図保留について)
また、図2に示すように、前記遊技盤20には、前記遊技領域20aの左側部位置に、前記球通過ゲート47をパチンコ球が通過した際に取得される情報(後述する各種乱数情報)が機内部の記憶手段(メイン制御RAM60c)で始動保留情報として記憶された際に、該普図保留情報の保留数を表示する複数のLED(実施例では2個)から発光表示部が構成された普図保留表示部56が配設されており、該普図保留表示部56の表示内容によって保留されている普図の変動回数が報知される。前記普図保留表示部56で表示される普図始動保留記憶数は、球通過ゲート47をパチンコ球が通過すると1加算され、普図変動表示が開始されることにより1減算される。なお、普図始動保留記憶数には所定の上限数(実施例では「4」)が設定されており、該上限数まで普図始動保留記憶数を加算し得るよう設定されている。なお、前記普図保留表示部56は、複数(実施例では2つ)のLEDから構成されており、普図始動保留記憶数が1〜2の場合には普図保留表示部56が上から順に点灯し、普図始動保留記憶数が3〜4の場合には普図保留表示部56が上から順に点滅することで、普図変動表示が行われる保留数を把握し得るようになっている。

0046

(確変について)
また、実施例のパチンコ機10は、大当り遊技終了後に遊技者に有利な遊技状態として第1特典遊技状態を付与する機能を備えている。ここで、第1特典遊技状態としては、前記特別入賞装置40の特別入賞口へのパチンコ球の入賞契機が、当該第1特典遊技状態が付与されていない状態に較べて増加する状態である。具体的には、第1特典遊技状態では、特図当り確率を低確率から高確率に変動することにより特別入賞口へのパチンコ球の入賞契機を増加することができる。以下の説明では、第1特典遊技状態を、便宜的に「確変状態」というものとする。

0047

確変機能は、確定停止表示された大当り図柄(特図1または特図2)の種類が予め定めた確変図柄(特定図柄)であることを条件として、大当り遊技の終了後に大当りの抽選確率(大当り確率)が低確率(実施例では、221/65536)から高確率(実施例では、2210/65536)に変動させる確変状態を付与する機能である。なお、確変状態が付与されていない状態を非確変状態というものとする。実施例では、大当り遊技終了後に確変状態が付与される大当りが確変大当りであり、確変状態が付与されない大当りが非確変大当りとなる。また、実施例では、確変状態が付与される大当りの場合には、大当り遊技終了後、実質的に次回の大当りが生起されるまでの間継続して確変状態が付与される。具体的には、確変状態が付与される大当りの場合には、大当り遊技終了後に10000回の図柄変動演出(特図変動表示)が行われるまで確変状態が付与されることで、確変状態において実質的に次回の大当りが生起されるようにしている。このように、確変状態が付与されると、大当りの抽選確率が高確率に変動して大当りが生起され易くなるため、確変状態は遊技者にとって有利であり、遊技者は確変大当りになることを期待しつつ遊技を行っている。なお、確変状態が付与される期間としては、上記のものに限られない。例えば、確変状態が付与されてから所定条件を満たすまでの間継続して確変状態を付与し、当該所定条件を満たすことを条件に非確変状態に移行させるようにすることもできる。ここで、所定条件としては、確変状態が付与されてから次回の大当りが生起されるまでとすることもできる。また、図柄変動演出(特図変動表示)毎に非確変状態に移行させるかを、始動入賞手段へのパチンコ球の入賞を契機に取得する乱数に基づいて判定(転落抽選)し、転落抽選に当選することを条件に非確変状態に移行させるようにすることもできる。

0048

(変短状態について)
また、実施例のパチンコ機10は、大当り遊技終了後に遊技者に有利な遊技状態として第2特典遊技状態を付与する機能を備えている。ここで、第2特典遊技状態としては、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞契機が、当該第2特典遊技状態が付与されていない状態(第1の遊技状態)と較べて増加する入賞率向上状態である。具体的には、第2特典遊技状態では、(1)普図変動表示の変動時間の短縮、(2)普図当り確率を低確率から高確率に変動、(3)普図当り1回についての第2始動入賞口31bを開放する開閉部材33,33の開放時間を増やすこと、により第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞契機を増加することができる。なお、第2特典遊技状態では、上記(1)〜(3)を単独または複数を組み合わせることができる。なお普図当り1回についての第2始動入賞口31bを開放する開閉部材33,33の開放時間を増やすに際しては、開閉部材33,33の開放時間を単純に延長することで実現してもよく、また開閉部材33,33の開放回数を増やすことで実現することもでき、またこれらを複合させてもよい。なお、実施例では、第2特典遊技状態として前記(1)〜(3)を組み合わせており、以下の説明では、これら(1)〜(3)を組み合わせた状態を便宜的に「変短状態」というものとする。すなわち、変短状態は、第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が向上した入賞率向上状態である。

0049

すなわち、実施例では、変短状態が付与されていない状態(非変短状態)は1種類のみが設定されており、変短状態が付与された状態(変短状態)は、前記(1)〜(3)の何れかが異なる複数種類(実施例では5種類)の変短状態(変短あり1〜変短あり5)が設定されている。そして、実施例では、各変短状態での普図当り確率が一定(同じ)で、普図変動時間または開閉部材33,33の開放時間が異なることで、単位時間当りのパチンコ球の入球数が異なっている。実施例の変短機能では、大当り遊技終了後の前記普図表示器55で行われる普図変動表示の変動時間を短縮すると共に、普図当り確率を低確率から高確率に変動させる機能である。実施例において普図変動表示の変動時間は、変短状態が付与されていない状態で、普図変動の開始から30000msに設定され、変短状態が付与されている状態で、普図変動の開始から5000〜15000msに設定されている(図14参照)。なお、普図が確定停止表示されてから次回の普図変動が行われるまでの時間(普図変動インターバル時間)は、600msに設定されている。

0050

また、変短状態が付与された状態では、変短状態が付与されていない状態とは異なる動作パターンで開閉部材33,33が開閉動作されるようになっている。すなわち、変短状態が付与されている状態では、変短状態が付与されていない状態と比較して、始動入賞装置30の開閉部材33,33の合計開放時間が長めに設定されており、遊技者にとって有利に動作するようになっている。具体的には、変短状態が付与されていない状態で、開閉部材33,33の合計開放時間が300msに設定され、変短状態が付与されている状態で、開閉部材33,33の合計開放時間が1000〜4500msに設定されている。すなわち、実施例では、後述するように、複数(実施例では5種類)の変短ありの状態(変短あり1、変短あり2、変短あり3、変短あり4、変短あり5)が設定されていると共に、1種類の変短なしの状態(変短なし)が設定されており、変短なしの状態および夫々の変短ありの状態で開閉部材33,33の開放時間が異なっている。また、変短状態が付与されていないと共に確変状態が付与されている場合は、変短状態が付与されていないと共に確変状態が付与されていない場合と較べて、始動入賞装置30(第2始動入賞口31b)の開閉部材33,33の合計開放時間が長く設定された状態があり、遊技者にとって有利に動作するようになっている。

0051

なお、1回の普図当りにおいて第2始動入賞口31bへの入賞を許容する入賞上限数(実施例では10個)が設定されており、前記開閉部材33,33を開放してからの入賞数が入賞上限個数に達した場合には、開放時間および開放回数を満たす前であっても開閉部材33,33を閉鎖させるようになっている。ここで、実施例では、大当りに当選した大当り図柄(特図1または特図2)の種類に応じて、変短状態が付与される期間(以下、変短回数という)が変化するよう構成されている。具体的には、大当り図柄(特図1または特図2)の種類が予め定めた確変図柄である場合には、実質的に次回の大当りが生起されるまでの間、変短状態が付与されるよう設定され、大当り図柄(特図1または特図2)の種類が予め定めた非確変図柄である場合には、所定回数(実施例では80回)の図柄変動演出(第1特図変動表示および第2特図変動表示の合計回数)が実行されるまでの間、変短状態が付与されるよう設定されている。

0052

(大当り遊技について)
次に、実施例のパチンコ機10で付与される大当り遊技について説明する。図3に示すように、大当り遊技は、特図変動表示の結果として特図表示器50A,50Bに大当り図柄が停止表示された後に開始されるよう設定されており、大当り遊技の開始を示すオープニング演出OPと、オープニング演出終了後に行われる規定ラウンド数(実施例では4ラウンド、8ラウンド、12ラウンドまたは16ラウンド)だけラウンド間インターバル時間を挟んで繰り返されるラウンド遊技と、大当り遊技の終了を示すエンディング演出EDとにより構成されている。前記ラウンド遊技では、発生した大当りの種類に応じた開放動作で特別入賞装置40の開閉扉43が開閉動作して、1回のラウンド遊技において特別入賞口に規定個数(例えば9個)のパチンコ球が入賞するか、あるいは各ラウンド遊技の開始から規定時間(ラウンド遊技時間)が経過することで1回のラウンド遊技が終了する。なお、大当り遊技における各ラウンド遊技の間は、所定時間だけ開閉扉43が閉鎖状態で保持されるラウンド間インターバル時間が設定されている。すなわち、大当り遊技では、前記開閉扉43が各大当り遊技の規定ラウンド数以上の開閉動作を行う。

0053

ここで、前記大当り遊技の各ラウンド遊技における特別入賞装置40の開閉扉43の開閉態様(開閉パターン)には、パチンコ球を所定間隔で連続的に発射した条件において、1回の開放動作(開放してから閉鎖するまでの動作)においてラウンド遊技に定められた規定個数のパチンコ球が入賞可能な時間だけ開放を継続する長時間開放動作と、該長時間開放動作よりも開閉扉43の開放時間が短く設定された短時間開放動作とを適宜に組み合わせて構成されている。

0054

(大当り遊技の種類について)
実施例のパチンコ機では、図3に示すように、大当り判定に当選した場合に、遊技者に与える価値が異なる複数種類(実施例では7種類)の大当り遊技の中から1つの大当り遊技が決定され、その決定された大当り遊技が付与される。ここで、7種類の大当り遊技の内で何れの大当り遊技が付与されるかは、大当り判定に当選した際に決定される大当り図柄(特図1および特図2)の種類に基づいて決定されるようになっている。実施例において第1特図表示器50Aに表示可能な100種類の大当り図柄としての特図1は、図柄A、図柄B、図柄C、図柄D、図柄E、図柄F、図柄Gの7つのグループに分類されており、第1特図表示器50Aに確定停止表示された特図1に応じて7種類の大当り遊技の何れかが付与されるようになっている。同様に、実施例において第2特図表示器50Bに表示可能な100種類の大当り図柄としての特図2は、図柄a、図柄b、図柄c、図柄d、図柄e、図柄f、図柄gの7つのグループに分類されており、第2特図表示器50Bに確定停止表示された特図2に応じて7種類の大当り遊技の何れかが付与される。

0055

ここで、大当り図柄としての特図1は、図柄Aおよび図柄Eに25種類振り分けられると共に、図柄B〜図柄D,図柄Fおよび図柄Gの夫々に10種類振り分けられている。また、大当り図柄としての特図2は、図柄aおよび図柄eに25種類振り分けられると共に、図柄b〜図柄d,図柄fおよび図柄gの夫々に10種類振り分けられている。

0056

(特別確変大当り遊技について)
ここで、図柄A〜Cに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄a〜cに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合には、大当り遊技として特別確変大当り遊技(特別当り遊技)が付与されるようになっている。特別確変大当り遊技では、大当り判定の当選時における遊技状態に関係なく、大当り遊技終了後に、次回の大当り遊技が生起されるまでの間、確変状態および変短状態が付与された遊技状態に移行するようになっている。そして、特別確変大当り遊技の各ラウンド遊技では、ラウンド遊技の開始から終了まで継続して特別入賞口を開放する長時間開放動作を開閉扉43に行わせるよう設定されている。すなわち、前記特別確変大当り遊技の全てのラウンド遊技は、ラウンド遊技開始から終了まで開放する長時間開放動作を開閉扉43に行わせる全開放ラウンド遊技で構成されている。従って、特別確変大当り遊技では、各ラウンド遊技において開閉扉43が1回だけ開放し、大当り遊技の全体で所定回数(規定ラウンド数)の開閉動作を開閉扉43が繰り返すようになっている。

0057

ここで、実施例のパチンコ機10では、規定ラウンド数が異なる複数(実施例では3種類)の特別確変大当り遊技が設定されている。具体的には、規定ラウンド数を「16回」とした第1の特別確変大当り遊技と、規定ラウンド数を「12回」とした第2の特別確変大当り遊技と、規定ラウンド数を「12回」とした第3の特別確変大当り遊技とが設定されており、第1特図表示器50Aおよび第2特図表示器50Bに表示される図柄の種類に応じて、何れかの特別確変大当り遊技が付与されるようになっている。なお、実施例では、図柄Aに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄aに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合に第1の特別確変大当り遊技が付与され、図柄Bに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄bに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合に第2の特別確変大当り遊技が付与され、図柄Cに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄cに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合に第3の特別確変大当り遊技が付与されるようになっている。また、各特別確変大当り遊技において、各ラウンド遊技の入賞上限個数(規定個数)は「9個」に設定されている。

0058

各特別確変大当り遊技では、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間として「25.0(秒)」が設定されており、各ラウンド遊技において前記開閉扉43が最大で「25.0(秒)」に亘って開放動作するようになっている。なお、特別確変大当り遊技では、オープニング演出時間として「10.0(秒)」が設定され、エンディング演出時間として「9.5(秒)」が夫々設定されている。各ラウンド遊技は、入賞上限個数分の遊技球が入賞することにより終了する場合もある。このため、各特別確変大当り遊技において、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間である「25.0(秒)」は最大時間となる。なお、特別確変大当り遊技におけるラウンド間インターバル時間は、「2.0(秒)」に設定されている。そして、第1の特別確変大当り遊技が決定された場合には、大当り遊技後の演出モードとして後述する確変モード(図16参照)に移行するよう設定され、第2の特別確変大当り遊技が決定された場合および第3特別確変大当り遊技が決定された場合は、大当り遊技後の演出モードとして後述する第1の潜伏モード(図16参照)に移行するよう設定されている。このように、第1の特別確変大当り遊技と、第2および第3の特別確変大当り遊技とは、大当り遊技の終了後に確変状態が付与されることで共通するものの、規定ラウンド数が異なることで1回の大当り遊技において獲得可能な賞球数が異なり、遊技者に与える価値(特典量)が異なる大当り遊技である。

0059

(短縮確変大当り遊技について)
図柄Dに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄dに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合には、大当り遊技として短縮確変大当り遊技(短縮当り遊技)が付与されるようになっている。前記短縮確変大当り遊技は、規定ラウンド数が「4回」に設定されたラウンド大当り遊技であって、各ラウンド遊技の入賞上限個数が「9個」に設定されている。そして、短縮確変大当り遊技では、大当り判定の当選時における遊技状態に関係なく、大当り遊技終了後に、次回の大当り遊技が生起されるまでの間、確変状態が付与されるようになっている。一方で、短縮確変大当り遊技では、大当り判定の当選時における遊技状態に関係なく、大当り遊技終了後に、変短状態が付与されないようになっている。短縮確変大当り遊技の各ラウンド遊技では、ラウンド遊技の開始から終了まで継続して特別入賞口を短時間開放する短時間開放動作を開閉扉43に行わせるよう設定されている。そして、短縮確変大当り遊技では、各ラウンド遊技において開閉扉43が1回だけ開放し、大当り遊技の全体で4回の開閉動作を開閉扉43が繰り返すようになっている。

0060

ここで、短縮確変大当り遊技では、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間として「0.04(秒)」が設定されている。なお、これらの大当り遊技では、オープニング演出時間として「0.004(秒)」が設定され、エンディング演出時間として「0.004(秒)」が夫々設定されている。また、これらの大当り遊技のラウンド間インターバル時間は「2.0(秒)」に設定されている。すなわち、短縮確変大当り遊技における各ラウンド遊技時間(2.04(秒))は、1回のラウンド遊技において、特別入賞装置40に入賞するパチンコ球の入賞個数が入賞上限個数(規定個数)を満たさないような時間に設定されている。そして、短縮確変大当り遊技が決定された場合には、大当り遊技後の演出モードとして後述する第2の潜伏モード(図16参照)に移行するよう設定されている。このように、短縮確変大当り遊技での入賞球は殆ど発生することはなく、短縮確変大当り遊技は、各ラウンド遊技において入賞上限個数のパチンコ球の入賞の可能性がある前記第1〜第3の特別確変大当り遊技と較べて、1回の大当り遊技において獲得可能な賞球数を基準にした場合に、遊技者に与える価値(特典量)が少ない大当り遊技として設定されている。また、短縮確変大当り遊技は、確変状態のみが付与されるよう設定されており、確変状態および変短状態が付与される第1〜第3の特別確変大当り遊技と較べて、当り遊技の終了後に付与される遊技状態を基準とした場合に、遊技者に与える価値(特典量)が少ない大当り遊技として設定されている。

0061

(通常非確変大当り遊技について)
図柄E〜Fに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄e〜fに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合には、大当り遊技として通常非確変大当り遊技が付与されるようになっている。通常非確変大当り遊技では、大当り判定の当選時における遊技状態に関係なく、大当り遊技終了後に確変状態が付与されない(非確変状態とされる)と共に、大当り遊技終了時から予め決められた変短回数(実施例では80回)の特図変動表示が行われるまでの間だけ変短状態が付与されるようになっている。なお、通常非確変大当り遊技における各ラウンド遊技での開閉扉43の開閉態様は、前述した特別確変大当り遊技と同じである。すなわち、通常非確変大当り遊技の各ラウンド遊技では、ラウンド遊技の開始から終了まで継続して特別入賞口41を開放する長時間開放動作を開閉扉43に行わせるよう設定されている。すなわち、前記通常非確変大当り遊技の全てのラウンド遊技は、ラウンド遊技開始から終了まで開放する長時間開放動作を開閉扉43に行わせる全開放ラウンド遊技で構成されている。従って、通常非確変大当り遊技では、各ラウンド遊技において開閉扉43が1回だけ開放し、大当り遊技の全体で所定回数(規定ラウンド数)の開閉動作を開閉扉43が繰り返すようになっている。

0062

ここで、実施例のパチンコ機10では、規定ラウンド数が異なる複数(実施例では2種類)の通常非確変大当り遊技が設定されている。具体的には、規定ラウンド数を「12回」とした第1の通常非確変大当り遊技と、規定ラウンド数を「8回」とした第2の通常非確変大当り遊技とが設定されており、第1特図表示器50Aおよび第2特図表示器50Bに表示される図柄の種類に応じて、何れかの通常非確変大当り遊技が付与されるようになっている。なお、実施例では、図柄Eに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄eに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合に第1の通常非確変大当り遊技が付与され、図柄Fに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄fに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合に第2の通常非確変大当り遊技が付与されるようになっている。また、各通常非確変大当り遊技において、各ラウンド遊技の入賞上限個数(規定個数)は「9個」に設定されている。

0063

また、通常非確変大当り遊技では、オープニング演出時間として「10.0(秒)」が、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間(規定時間)として「25.0(秒)」が、エンディング演出時間として「9.5(秒)」が夫々設定されている。各ラウンド遊技は、入賞上限個数分の遊技球が入賞することにより終了する場合もある。このため、通常非確変大当り遊技において、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間である「25.0(秒)」は最大時間となる。なお、通常非確変大当り遊技におけるラウンド間インターバル時間は、「2.0(秒)」に設定されている。そして、第1の通常非確変大当り遊技が決定された場合には、大当り遊技後の演出モードとして後述する第1の潜伏モード(図16参照)に移行するよう設定され、第2の通常非確変大当り遊技が決定された場合には、大当り遊技後の演出モードとして後述する変短モード(図16参照)に移行するよう設定されている。このように、各通常非確変大当り遊技は、大当り遊技の終了後に変短状態のみが付与されることで共通するものの、規定ラウンド数が異なることで1回の大当り遊技において獲得可能な賞球数が異なることで、遊技者に与える価値(特典量)が異なる大当り遊技である。すなわち、実施例の通常非確変大当り遊技は、第2の通常非確変大当り遊技<第1の通常非確変大当り遊技の順で、1回の大当り遊技により遊技者に与える価値(特典量)が高くなるよう設定されている。

0064

また、第1の通常非確変大当り遊技は、第2および第3の特別確変大当り遊技と比較して、1回の大当り遊技において獲得可能な賞球数を基準にした場合に遊技者に与える価値(特典量)は同等になるよう設定されている。更に、第1の通常非確変大当り遊技は、大当り遊技の終了後に確変状態が付与されず、付与される変短状態に図柄変動演出の上限回数が定められている点で、当該第2および第3の特別確変大当り遊技と較べて、当り遊技の終了後に付与される遊技状態を基準とした場合に、遊技者に与える価値(特典量)が少ない大当り遊技として設定されている。

0065

(短縮非確変大当り遊技について)
図柄Gに分類される特図1が第1特図表示器50Aに表示されるか、図柄gに分類される種類の特図2が第2特図表示器50Bに表示された場合には、大当り遊技として短縮非確変大当り遊技(短縮当り遊技)が付与されるようになっている。前記短縮非確変大当り遊技は、規定ラウンド数が「4回」に設定されたラウンド大当り遊技であって、各ラウンド遊技の入賞上限個数が「9個」に設定されている。そして、短縮確変大当り遊技では、大当り判定の当選時における遊技状態に関係なく、大当り遊技終了後に確変状態および変短状態が何れも付与されないようになっている。短縮非確変大当り遊技の各ラウンド遊技では、ラウンド遊技の開始から終了まで継続して特別入賞口を短時間開放する短時間開放動作を開閉扉43に行わせるよう設定されている。そして、短縮確変大当り遊技では、各ラウンド遊技において開閉扉43が1回だけ開放し、大当り遊技の全体で4回の開閉動作を開閉扉43が繰り返すようになっている。

0066

ここで、短縮非確変大当り遊技では、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間として「0.04(秒)」が設定されている。なお、これらの大当り遊技では、オープニング演出時間として「0.004(秒)」が設定され、エンディング演出時間として「0.004(秒)」が夫々設定されている。また、これらの大当り遊技のラウンド間インターバル時間は「2.0(秒)」に設定されている。すなわち、短縮非確変大当り遊技における各ラウンド遊技時間(2.04(秒))は、1回のラウンド遊技において、特別入賞装置40に入賞するパチンコ球の入賞個数が入賞上限個数(規定個数)を満たさないような時間に設定されている。そして、短縮非確変大当り遊技が決定された場合には、大当り遊技後の演出モードとして後述する第2の潜伏モードまたは通常モード(図16参照)に移行するよう設定されている。なお、第2の潜伏モードとするか通常モードとするかは、大当り毎に演出制御CPU65aが決めることができる。

0067

このように、短縮非確変大当り遊技での入賞球は殆ど発生することはなく、短縮非確変大当り遊技は、各ラウンド遊技において入賞上限個数のパチンコ球の入賞の可能性がある前記各特別確変大当り遊技や通常非確変大当り遊技と較べて、1回の大当り遊技において獲得可能な賞球数を基準にした場合に、遊技者に与える価値(特典量)が少ない大当り遊技として設定されている。また、大当り遊技終了後に確変状態および変短状態が何れも付与されない短縮非確変大当り遊技は、大当り遊技終了後に確変状態および変短状態の何れかが付与される前記各特別確変大当り遊技や通常非確変大当り遊技と較べて、当り遊技の終了後に付与される遊技状態を基準とした場合に、遊技者に与える価値(特典量)が少ない大当り遊技として設定されている。また、短縮非確変大当り遊技は、短縮確変大当り遊技と比較して、1回の大当り遊技において獲得可能な賞球数を基準にした場合に遊技者に与える価値(特典量)は同等になるよう設定されている。更に、短縮非確変大当り遊技は、大当り遊技の終了後に確変状態および変短状態が付与されない点で、当該短縮確変大当り遊技と較べて、当り遊技の終了後に付与される遊技状態を基準とした場合に、遊技者に与える価値(特典量)が少ない大当り遊技として設定されている。

0068

(演出モードについて)
実施例のパチンコ機10は、図16に示すように、前記図柄表示装置17で実行される図柄変動演出の演出内容(表示内容)が異なる複数(実施例では5つ)の演出モードを備えている。ここで、演出モードは、前記メイン制御CPU60aが付与した遊技状態が、確変状態であるか否かを遊技者に示唆する遊技状態示唆画像を、図柄表示装置17に表示させて遊技演出を行うようになっている。そして、実施例のパチンコ機10では、所定のモード移行条件が成立することで演出モードが変更され得るようになっている。ここで、実施例では、大当りの発生および大当り遊技後の図柄変動(第1または第2特図変動表示)の変動回数(実施例では80回)がモード移行条件とされている。

0069

実施例では、前記演出モードとして、通常モード、変短モード、第1の潜伏モード、第2の潜伏モードおよび確変モードが設定されている。通常モードは、メイン制御CPU60aにより確変状態および変短状態が何れも付与されていない遊技状態(低確/変短なし状態)に対応したモードである。変短モードは、確変状態が付与されていないと共に変短状態が付与されている遊技状態(低確/変短あり状態)に対応したモードである。また、潜伏モードは、図柄表示装置17で行われる演出内容から遊技状態を判別不能または困難なモードである。実施例では、確変状態および変短状態が付与された遊技状態(高確/変短あり)および確変状態が付与されていないと共に変短状態が付与されている遊技状態(低確/変短あり)に共通した第1の潜伏モードと、確変状態が付与されると共に変短状態が付与されていない遊技状態(高確/変短なし)および確変状態および変短状態の何れも付与されていない遊技状態(低確/変短なし)の遊技状態に共通した第2の潜伏モードとが設定されている。また、第1の潜伏モードは、同一の遊技状態(実施例では高確/変短あり)において、後述する遊技モードが異なる場合(遊技モード2,3)に対応するよう構成されており、当該図柄表示装置17で行われる演出内容から遊技モード(遊技モード2,3)を判別不能または困難とする潜伏モードとなっている。このように、実施例の潜伏モードは、確変状態が付与されていることを示唆する遊技状態(すなわち、確変状態が付与されている状態と付与されていない状態とがある)に対応したモードである。また、確変モードは、確変状態および変短状態が何れも付与されている遊技状態(高確/変短あり状態)に対応したモードである。このように、実施例のパチンコ機10では、特典量の異なる複数種類(実施例では5種類)の遊技状態が設定されている。

0070

実施例では、図柄表示装置17により実行される図柄変動演出の演出モードとして、図16に示すように、後述する遊技モード1(「高確/変短あり1」)に対応した確変モードと、遊技モード2(「高確/変短あり2」)、遊技モード3(「高確/変短あり3」)および遊技モード5(「低確/変短あり4」)に対応した第1の潜伏モードと、遊技モード4(「高確/変短なし」)および遊技モード7(「低確/変短なし」)に対応した第2の潜伏モードと、遊技モード6(「低確/変短あり5」)に対応した変短モードと、遊技モード7(「低確/変短なし」)に対応した通常モードとが設定されている。そして、前記確変モード、第1の潜伏モード、第2の潜伏モード、変短モードおよび通常モードは、前記図柄表示装置17において異なった図柄変動演出を表示するようになっている。すなわち、確変モードは、前記メイン制御CPU60aが付与した遊技状態が、確変状態であるか否かを遊技者に示唆する遊技状態示唆画像を、図柄表示装置17に表示させて遊技演出を行うようになっている。そして、確変モードと、第1の潜伏モードおよび第2の潜伏モードとは、図柄表示装置17の飾図の背面に映し出される背景画像が異なるように設定されており、背景画像の種類から確変モード、第1の潜伏モード、第2の潜伏モードを遊技者が認識し得るようになっている。また、確変モード、第1の潜伏モード、第2の潜伏モード、変短モードおよび通常モードは、図柄表示装置17で行われる図柄変動演出の演出内容の一部または全部が異なっており、これらの演出モード毎に特有の演出が実行され得るよう設定されている。

0071

また、実施例では、図柄表示装置17により実行される図柄変動演出の演出モードにおいて、図14に示す前記確変状態および変短状態の何れも付与されている後述の遊技状態(「高確/変短あり1」)に対応する確変モードと、確変状態および変短状態の何れも付与されている遊技状態(「高確/変短あり2」)および確変状態および変短状態の何れも付与されている遊技状態(「高確/変短あり3」)に対応する第1の潜伏モードとでは、図柄表示装置17において異なる背景画像が飾図の背面に映し出されるよう設定されている。また、遊技状態(「高確/変短あり2」)に対応する第1の潜伏モードおよび遊技状態(「高確/変短あり3」)に対応する第1の潜伏モードとでは、図柄変動演出の演出内容が同じに設定されている。従って、両第1の潜伏モードは、図柄表示装置17に表示される背景画像や図柄変動演出の演出内容からは遊技者が遊技内容(遊技モード)の違いを判断困難または判断不能に設定されている。更に、実施例では、図柄表示装置17により実行される図柄変動演出の演出モードにおいて、前記確変状態が付与されていると共に前記変短状態が付与されていない遊技状態(「高確/変短なし」)に対応する第2の潜伏モードと、確変状態および変短状態の何れも付与されていない遊技状態(「低確/変短なし」)に対応する通常モードとでは、図柄表示装置17において同じ背景画像が飾図の背面に映し出されるよう設定されている。また、第2の潜伏モードでは、図柄変動演出の演出内容が同じに設定されている。従って、第2の潜伏モードと通常モードとでは、図柄表示装置17に表示される背景画像や図柄変動演出の演出内容からは遊技者が遊技内容の違いを判断困難または判断不能に設定されている。

0072

(パチンコ機の制御構成について)
次に、パチンコ機10の制御構成について説明する。実施例のパチンコ機10には、図8に示す如く、パチンコ機10を全体的に制御するメイン制御基板(メイン制御手段)60と、該メイン制御基板60からの制御信号に基づいて各制御対象を制御するサブ制御基板65,70とが設けられている。すなわち、メイン制御基板60では、パチンコ機10に備えられた各種検出センサ(検出手段)からの検出信号に基づいて各種処理が実行され、その処理結果に応じた各種の制御信号(制御コマンド)がサブ制御基板65,70に出力されるようになっている。

0073

また、実施例のパチンコ機10には、サブ制御基板として、遊技演出を全体的に制御する演出制御基板65と、図柄表示装置17での表示内容を制御する表示制御基板70と、パチンコ機10が備える各種発光演出手段(ランプ装置18等)の発光制御を行うランプ制御基板72と、パチンコ機10が備えるスピーカ19の音出力制御を行う音制御基板73とを備えている。すなわち、メイン制御基板60が出力した制御信号(制御コマンド)に基づいて、前記演出制御基板65が表示制御基板70、ランプ制御基板72および音制御基板73を制御するよう構成されており、パチンコ機10で実行される各種遊技演出(図柄変動演出や発光演出、音声演出)を統括的にコントロールし得るようになっている。ここで、表示制御基板70は、演出制御基板65から出力された制御信号(制御コマンド)に基づいて、図柄表示装置17に表示される図柄(飾図)や背景画像等の図柄変動演出の表示内容を制御するよう構成される。また、ランプ制御基板72は、演出制御基板65から出力された制御信号(制御コマンド)に基づいて、パチンコ機10が備える各種発光演出手段の点灯・消灯のタイミングや、発光強度等を制御するものである。そして、音制御基板73は、演出制御基板65から出力された制御信号(制御コマンド)に基づき、パチンコ機10が備える各種スピーカ19からの音声出力のタイミングや大きさ等を制御するものである。

0074

(メイン制御基板60について)
前記メイン制御基板60は、図8に示に示す如く、制御処理を実行するメイン制御CPU60a、該メイン制御CPU60aが実行する制御プログラムを記憶するメイン制御ROM60b、当該メイン制御CPU60aの処理に必要なデータの書込み・読出しが可能なメイン制御RAM60c等が備えられている。そして、前記始動入賞検出センサ34a,34b、特別入賞検出センサ44、通過球検出センサ48等の各種センサが前記メイン制御CPU60aに接続されている。また、メイン制御CPU60aには、第1および第2特図表示器50A,50B、第1および第2特図保留表示部52,53、普図表示器55、普図保留表示部56等の各表示器が接続されて、各検出センサ34a,34b,44,48の検出を契機としてメイン制御CPU60aで実行された制御処理に基づいて、各表示器50A,50Bの表示制御が実行されるようになっている。また、メイン制御CPU60aには、前記始動入賞装置30および特別入賞装置40に設けられたソレノイド32,42が接続されており、該メイン制御CPU60aでの制御処理結果に基づいて各ソレノイド32,42の駆動制御が行われるようになっている。そして、メイン制御CPU60aは、当り遊技の種類に応じて前記特別入賞ソレノイド42を駆動制御し、開閉扉43を長時間開放動作させる長時間開放制御および開閉扉43を短時間開放動作させる短時間開放制御を実行するよう構成される。

0075

(判定用乱数について)
メイン制御CPU60aは、判定用乱数としての大当り判定用乱数、特図決定用乱数、演出実行判定用乱数(リーチ判定用乱数)、変動パターン振分用乱数、普図当り判定用乱数等の各種乱数の値を所定の周期(実施例では4ms)で更新し、更新後の値をメイン制御RAM60cに一時的に記憶して更新前の値を書き換えている。また、メイン制御CPU60aは、時間を計測するタイマ更新処理を実行する。メイン制御RAM60cには、パチンコ機10の動作中に適宜書き換えられる各種情報(乱数値タイマ値フラグなど)が記憶(設定)されるようになっている。

0076

大当り判定用乱数は、図柄変動演出の結果として大当りを発生するか否かの大当り判定(当り抽選)で用いる乱数である。実施例では、大当り判定用乱数として、「0」〜「65535」の全65536通りの整数値が設定されており、所定の周期(4ms)で1ずつ更新されるようになっている。また、特図決定用乱数は、大当り判定の結果に応じて第1特図表示器50Aに確定停止表示させる特図1または第2特図表示器50Bに確定停止表示させる特図2を決定する際に用いる乱数である。ここで、実施例では、特図決定用乱数として、「0」〜「100」の全101通りの整数値が設定されており、所定の周期(4ms)で1ずつ更新されるようになっている。特図決定用乱数の各値には、前述したはずれを示す1種類の特図表示に対応する乱数と、大当りを示す100種類の特図表示に対応する乱数とが設定されており、該特図決定用乱数の値により、第1特図表示器50Aに確定停止表示される特図1または第2特図表示器50Bに確定停止表示される特図2が特定されるようになっている。また、前述したように、前記大当り図柄としての特図1および特図2は、大当り遊技の種類毎に分類されており、特図1または特図2が特定されることで、図柄変動演出の終了後に付与される大当りの種類を特定し得るようになっている。また、前述したように、大当りの種類毎に大当り遊技後に確変状態および変短状態が付与されるか否かが一義的に定められており、特図決定用乱数が確変状態および変短状態を付与するか否かを決定する乱数としての機能も有している。

0077

また、前記演出実行判定用乱数は、前述した大当り判定における判定結果が否定となった場合に(大当りに当選しなかったはずれの場合に)、当り表示が表示される可能性を示唆する演出を行うか否かの演出実行判定(リーチ判定)で用いられる乱数である。実施例では、演出実行判定用乱数として、「0」〜「240」の全241通りの整数値が設定されており、所定の周期(4ms)で1ずつ更新されるようになっている。前記変動パターン振分用乱数は、図柄変動演出における図柄変動の変動パターンの決定に用いる乱数である。実施例では、変動パターン振分用乱数として、「0」〜「239」の全240通りの整数値が設定されており、所定の周期(4ms)で1ずつ更新されるようになっている。普図当り判定用乱数は、普図変動の結果として普図当りを発生するか否かの普図当り判定(普図当り抽選)で用いられる乱数である。実施例では、普図当り判定用乱数として、「0」〜「65535」の全65536通りの整数値が設定されており、所定の周期(4ms)で1ずつ更新されるようになっている。

0078

実施例のパチンコ機10では、大当り判定用乱数、特図決定用乱数、演出実行判定用乱数、および変動パターン振分用乱数は、第1始動入賞口31aまたは第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞したこと(より具体的には第1始動入賞検出センサ34aまたは第2始動入賞検出センサ34bがパチンコ球を検出したこと)を契機として、メイン制御RAM60cに一時的に記憶されている各乱数を同じタイミングで前記メイン制御CPU60aが取得するようになっている。また、第1始動入賞口31aへパチンコ球が入賞したことを契機に取得される各乱数は、第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞したことを契機に取得される各乱数と同一のものが共通で使用され、各始動入賞口31a,31bへの入賞タイミングに応じた乱数を前記メイン制御CPU60aが取得するようになっている。なお、前記普図当り判定用乱数は、球通過ゲート47をパチンコ球が通過したこと(より具体的には通過球検出センサ48がパチンコ球を検出したこと)を契機として、メイン制御RAM60cに一時的に記憶されている乱数を前記メイン制御CPU60aが取得するようになっている。

0079

(判定値について)
一方、メイン制御ROM60bには、図柄変動演出の結果、大当りを発生させることを示す大当り判定値が記憶されている。大当り判定値は、前記大当り判定用乱数を用いて大当りか否かの判定(大当り判定)で用いる判定値であり、大当り判定用乱数の取り得る「0」〜「65535」までの全65536通りの整数の中から所定数の判定値が定められている。ここで、大当り判定値は、大当り判定を行う時点で前述した確変状態が付与されているか否かで判定値の設定数が異なっている。具体的には、確変状態のときに設定される大当り判定値の数(実施例では2210個)は、非確変状態の場合に設定される大当り判定値の数(実施例では221個)よりも多く設定されている。すなわち、確変状態のときの大当り判定値の設定数を多くすることで、大当りが発生し易くなっている。

0080

また、メイン制御ROM60bには、特図決定用判定値が記憶されている。特図決定用判定値は、大当り判定の結果が肯定の場合に、第1特図表示器50Aに確定停止表示させる大当り図柄としての特図1または第2特図表示器50Bに確定停止表示させる大当り図柄としての特図2を、特図決定用乱数を用いて決定する判定値である。ここで、実施例では、特図決定用判定値には、前述した大当りを示す100種類の特図決定用乱数に対応した「1」〜「100」の整数値が設定されており、特図決定用判定値の夫々に個別に特図1および特図2対応付けられている。

0081

また、メイン制御ROM60bには、演出実行判定値(リーチ判定値)が記憶されている。演出実行判定値は、大当り判定の結果が否定の場合に、当り表示が図柄表示装置17に表示される可能性を示唆するリーチ演出等の演出を実行させるか否かの演出実行判定(リーチ抽選)で用いる判定値であり、演出実行判定用乱数の取り得る数値「0」〜「240」までの全241通りの整数の中から定められている。ここで、演出実行判定値は、演出実行判定を行う時点で前述した確変状態または変短状態が付与されているか否かで判定値の設定数が異なっている。

0082

すなわち、第1始動入賞口31aおよび第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合では、変短状態が付与されているときに設定される演出実行判定値の数よりも変短状態が付与されていない非変短状態のときに設定される演出実行判定値の数の方が多くなるよう設定されている。なお、実施例では、第1始動入賞口31aおよび第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合において、非確変状態かつ変短状態なし(低確率+変短なし)の場合に37個の演出実行判定値が設定され、非確変状態かつ変短状態あり(低確率+変短あり)の場合に6個の演出実行判定値が設定され、確変状態かつ変短状態あり(高確率+変短あり)の場合に3個の演出実行判定値が設定されている。また、第1始動入賞口31aおよび第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合では、メイン制御RAM60cに記憶されている第1特図始動保留情報の保留数および第2特図始動保留情報の保留数に応じて、演出実行判定値の設定数が変動するよう設定されている。具体的には、第1始動入賞口31aへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合において、第1特図始動保留情報の保留数が「0」〜「2」の場合に37個の演出実行判定値が設定され、該保留数が「3」〜「4」の場合に23個の演出実行判定値が設定されている。また第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合において、第1特図始動保留情報の保留数および第2特図始動保留情報の保留数を合算した保留数が「0」〜「2」の場合に37個の演出実行判定値が設定され、該合算した保留数が「3」〜「4」の場合に23個の演出実行判定値が設定されている。

0083

また、メイン制御ROM60bには、普図変動演出の結果、普図当りを発生させることを示す普図当り判定値が記憶されている。普図当り判定値は、前記普図当り判定用乱数を用いて普図当りか否かの判定(普図当り判定)で用いる判定値であり、普図当り判定用乱数の取り得る「0」〜「65535」までの全65536通りの整数の中から所定数の判定値が定められている。ここで、普図当り判定値は、普図当り判定を行う時点で前述した変短状態が付与されているか否かで判定値の設定数が異なっている。具体的には、変短状態あり時に設定される普図当り判定値の数(実施例では65535個)は、変短状態なしの場合に設定される普図当り判定値の数(実施例では1125個)よりも多く設定されている。すなわち、変短状態あり1〜5の時の普図当り判定値の設定数を多くすることで、変短なしの場合よりも普図当りが発生し易くなっている。

0084

更にまた、メイン制御ROM60bには、変動内容を特定する複数種類の変動パターンが記憶されており、各変動パターンに対応して変動パターン振分判定値が記憶されている。ここで、前記変動パターンは、第1特図変動表示または第2特図変動表示が開始してから確定停止表示されるまでの間に実行される演出内容(図柄変動演出の表示内容、発光演出態様、音声演出態様)の基本的なベースとなるパターンを特定するものであり、実施例では176種類の変動パターンが設定されている。そして、変動パターンは、第1特図変動表示または第2特図変動表示が開始してから特図1または特図2が確定停止表示されるまでの変動時間(図柄変動演出の演出時間)を特定している。変動パターン振分判定値は、前記変動パターン振分用乱数を用いて変動パターンの決定に用いる判定値であり、変動パターン振分用乱数の採り得る乱数値が各変動パターン毎に所定数の変動パターン判定値が割当てられている。

0085

そして、メイン制御ROM60bに記憶される変動パターンには、大当り演出用の変動パターンと、はずれ演出用の変動パターンとに分類されており、変動パターン毎に特定の変動パターン判定値が定められている。なお、大当り演出用の変動パターンは、大当り判定の結果が肯定の場合に選択可能な変動パターンである。また、はずれ演出用の変動パターンは、大当り判定の結果が否定の場合に選択される変動パターンである。そして、はずれ演出用の変動パターンには、リーチ演出が行われた後に最終的にはずれとするはずれリーチ演出用の変動パターンと、リーチを形成せずにはずれとするはずれ演出用の変動パターンとがある。

0086

なお、大当り演出用の変動パターンに基づき行われる図柄変動演出には、図柄変動演出の途中でリーチ演出を実行し、最終的に大当りとなる有効図柄の図柄組み合わせを確定停止表示させるように展開されるリーチあり大当り演出と、図柄変動演出の途中でリーチ演出を実行することなく、最終的に大当りとなる有効図柄の図柄組み合わせを確定停止表示させるように展開されるリーチなし大当り演出とが設けられている。はずれリーチ演出は、図柄変動演出の途中でリーチ演出を実行し、最終的にはずれとなる飾図(有効図柄およびブランク図柄を含む)の図柄組み合わせを確定停止表示させるように展開される演出である。はずれ演出は、図柄変動演出の途中でリーチ演出を行うことなく最終的にはずれとなる飾図(有効図柄およびブランク図柄を含む)の図柄組み合わせを確定停止表示させるように展開される演出である。なお、リーチ演出は、図柄変動演出においてリーチ表示となる有効図柄の図柄組み合わせが図柄表示装置17に表示されてから、大当り表示またははずれ表示となる飾図の図柄組み合わせが停止表示されるまでの間に行われる演出である。

0087

(演出制御基板について)
前記演出制御基板65には、演出制御CPU65aが備えられている。該演出制御CPU65aには、図8に示す如く、演出制御ROM65bおよび演出制御RAM65cが接続されている。また、演出制御CPU65aは、各種乱数の値を所定の周期毎に更新し、更新後の値を演出制御RAM65cの設定領域に記憶(設定)して更新前の値を書き換えている。

0088

また、演出制御ROM65bには、表示制御基板70、ランプ制御基板72および音制御基板73を統括的に制御するための演出制御プログラムが記憶されている。演出制御CPU65aは、各種制御コマンドを入力すると、当該演出制御プログラムに基づき各種制御を実行する。

0089

次に、図8に基づき表示制御基板70について説明する。表示制御基板70には、表示制御CPU70aが備えられている。該表示制御CPU70aには、表示制御ROM70bおよび表示制御RAM70cが接続されている。また、表示制御基板70(表示制御CPU70a)には、図柄表示装置17が接続されている。表示制御ROM70bには、図柄表示装置17の表示内容を制御するための表示制御プログラムが記憶されている。また、表示制御ROM70bには、各種の画像データ(図柄、各種背景画像、文字、キャラクタなどの画像データ)が記憶されている。更に、表示制御RAM70cには、パチンコ機10の動作中に適宜書き換えられる各種の情報が記憶(設定)されるようになっている。

0090

すなわち、始動入賞装置30への入賞を契機として当りか否かを判定すると共に、複数種類の当り遊技の中から付与する当り遊技の種類を決定する当り遊技付与手段(当り付与手段)および決定した種類の大当り遊技を特図変動表示終了後(図柄変動演出終了後)に付与する当り遊技付与手段としての機能を前記メイン制御CPU60aが備えている。メイン制御CPU60aは、前記始動入賞装置30への入賞に基づいて、前記メイン制御ROM60bが記憶する複数の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する変動パターン決定手段としての機能を備えている。また、前記メイン制御CPU60aは、大当りが発生する確率(大当り判定手段による判定結果が肯定となる確率)が通常よりも高確率となる確変状態を付与する確変付与手段として機能するよう構成されている。ここで、前記メイン制御CPU60aは、大当りが発生する場合(大当り判定手段の判定結果が肯定の場合)にのみ、確変状態を付与するようになっている。更に、前記メイン制御CPU60aは、大当りが発生する場合(大当り判定手段の判定結果が肯定の場合)に、第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞する確率が高確率となる変短状態(入賞率向上状態)を付与する入賞率向上状態付与手段として機能し、入賞率向上状態を付与する場合に、大当り遊技の終了後から予め決められた回数の特図変動表示(図柄変動演出)が実行されるまでの間、あるいは次回の大当り遊技が付与されるまでの間の何れかの期間を、入賞率向上状態である変短状態を付与する。このように、前記メイン制御CPU60aは、当り判定が肯定判定の場合に、始動入賞装置30への入賞に基づいて当り遊技後に遊技者に有利な特典状態(確変状態、変短状態)を付与するか否かを決定する特典状態付与手段としての機能を備えている。また、前記メイン制御RAM60cは、第1始動入賞口31aに入賞したパチンコ球を第1始動保留球として記憶する第1保留記憶手段および前記第2始動入賞口31bに入賞したパチンコ球を第2始動保留球として記憶する第2保留記憶手段として機能する。

0091

次に、メイン制御基板60のメイン制御CPU60aが制御プログラムに基づき実行する特図処理および特図開始処理について具体的に説明する。

0092

(特図処理について)
特図入力処理では、図4に示すように、始動入賞装置30の第1始動入賞口31aにパチンコ球が入賞したか否かをメイン制御CPU60aが判定する(ステップA11)。すなわち、ステップA11においてメイン制御CPU60aは、第1始動入賞口31aに対応する第1始動入賞検出センサ34aがパチンコ球を検出した時に出力する検出信号が入力されたか否かを判定する。そしてステップA11の判定結果が否定の場合には、ステップA15に移行する。ステップA11の判定結果が肯定の場合には、メイン制御CPU60aは、メイン制御RAM60cに記憶されている第1特図始動保留情報の保留数が上限数の4未満であるか否かを判定する(ステップA12)。ステップA12の判定結果が否定(すなわち第1特図始動保留情報の保留数が4)の場合には、メイン制御CPU60aは、ステップA15に移行する。

0093

ステップA12の判定結果が肯定(第1特図始動保留情報の保留数<4)の場合には、第1特図始動保留情報の保留数を1加算し、メイン制御RAM60cが記憶する第1特図始動保留情報の保留数を書き換える(ステップA13)。続いて、メイン制御RAM60cから大当り判定用乱数の値、特図振分用乱数の値、演出実行判定用乱数の値および変動パターン振分用乱数の値をメイン制御CPU60aが読み出して、当該乱数の値を第1特図始動保留情報の保留数に対応付けたメイン制御RAM60cの所定の記憶領域に設定する(ステップA14)。これにより、ステップA15に移行する。

0094

また、ステップA15では、始動入賞装置30の第2始動入賞口31bにパチンコ球が入賞したか否かをメイン制御CPU60aが判定する。すなわち、ステップA15においてメイン制御CPU60aは、第2始動入賞口31bに対応する第2始動入賞検出センサ34bがパチンコ球を検出した時に出力する検出信号が入力されたか否かを判定する。そしてステップA15の判定結果が否定の場合には、特図入力処理を終了する。ステップA15の判定結果が肯定の場合には、メイン制御CPU60aは、メイン制御RAM60cに記憶されている第2特図始動保留情報の保留数が上限数の4未満であるか否かを判定する(ステップA16)。ステップA16の判定結果が否定(すなわち第2特図始動保留情報の保留数が4)の場合には、メイン制御CPU60aは、特図入力処理を終了する。

0095

ステップA16の判定結果が肯定(第2特図始動保留情報の保留数<4)の場合には、第2特図始動保留情報の保留数を1加算し、メイン制御RAM60cが記憶する第2特図始動保留情報の保留数を書き換える(ステップA17)。続いて、メイン制御RAM60cから大当り判定用乱数の値、特図振分用乱数の値、演出実行判定用乱数の値および変動パターン振分用乱数の値をメイン制御CPU60aが読み出して、当該乱数の値を第2特図始動保留情報の保留数に対応付けたメイン制御RAM60cの所定の記憶領域に設定する(ステップA18)。これにより、特図入力処理が終了する。

0096

(特図開始処理について)
次に、特図開始処理について図5に基づき説明する。メイン制御CPU60aは、特図開始処理を所定の周期(実施例では4ms)毎に実行している。特図開始処理では、メイン用制御CPU60aは、特図表示器50A,50Bおよび図柄表示装置17において特図1または特図2が変動表示中であるか、または大当り遊技中であるか否かを判定する(ステップB11)。そして、ステップB11の判定結果が肯定の場合には、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。一方、ステップB11の判定結果が否定の場合には、第2特図始動保留情報の保留数を読み出し(ステップB12)、第2特図始動保留情報の保留数が「0」よりも大きいか否かを判定する(ステップB13)。ステップB13の判定結果が否定の場合には(第2特図始動保留情報の保留数=0の場合には)、メイン制御CPU60aは、ステップB16の処理に移行する。またメイン制御CPU60aは、ステップB13の判定結果が肯定の場合には(第2特図始動保留情報の保留数>0)の場合には、メイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶される特図変動処理フラグに第2特図変動演出を実行することを示す値「1」を設定する。次いで、メイン制御CPU60aが第2特図始動保留情報の保留数を1減算して(ステップB14)、当該第2特図始動保留情報の保留数に対応付けられたメイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶されている大当り判定用乱数の値、特図振分用乱数の値、演出実行判定用乱数の値、演出グループ振分用乱数および変動パターン振分用乱数の値をメイン制御CPU60aが取得する(ステップB15)。

0097

ここで、メイン制御CPU60aは、最も早く記憶した第2特図始動保留情報が記憶される第2特図記憶領域MB1から乱数を取得する。そして、メイン制御CPU60aは、第2特図始動保留情報に関連付けられた乱数を取得した後、2番目に早く記憶した第2特図始動保留情報が記憶されている第2特図記憶領域MB2の情報(乱数)を、前記第2特図記憶領域MB1に記憶させる。同様に、メイン制御CPU60aは、3番目に早く記憶した第2特図始動保留情報が記憶されている第3特図記憶領域MB3の情報(乱数)を前記第2特図記憶領域MB2に記憶させ、4番目に早く記憶した(すなわち最も新しい)第2特図始動保留情報が記憶されている第4特図記憶領域MB4の情報(乱数)を前記第3特図記憶領域MB3に記憶させる。すなわち、第2特図始動保留情報は、メイン制御RAM60cに記憶された順序でメイン制御CPU60aにより読み出されるようになっている。また、メイン制御CPU60aは、減算後の第2特図始動保留情報の保留数に対応するように第2特図表示器50Bの表示を変更させる。

0098

前記ステップB15の処理により各種乱数が取得されると、図6に示すように、メイン制御CPU60aは、取得した大当り判定用乱数の値がメイン制御ROM60bに記憶されている大当り判定値と一致するか否かを判定する大当り判定(当り抽選)を行う(ステップB22)。なお、前述したように、非確変の時(低確率の時)に大当り判定の判定結果が肯定となる確率(すなわち大当り確率)は、221/65536に設定され、確変状態の時(高確率の時)に判定結果が肯定となる確率(大当り確率)は、2210/65536に設定されている。そして、ステップB22における大当り判定の判定結果が肯定の場合には(大当りが発生する場合には)、大当りの変動であることを示す大当りフラグに「1」が設定される(ステップB23)。そして、メイン制御CPU60aは、取得した特図振分用乱数の値に基づき、第2特図表示器50Bに確定停止表示される大当り図柄となる最終停止図柄(特図2)を決定する(ステップB24)。ここで、特図振分用乱数の値は、特図2の大当り図柄が各別に対応付けられていることから、メイン制御CPU60aは、取得した特図振分用乱数の値に対応付けられた特図2を決定することで大当り図柄を決定することになる。大当り図柄(特図)が決定されると、メイン制御CPU60aは、変動パターン振分用乱数の値に基づいて大当り演出用の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する(ステップB25)。

0099

一方、ステップB22の大当り判定の判定結果が否定の場合には(大当りでない場合には)、メイン制御CPU60aは、リーチ演出を実行させるか否かを判定する演出実行判定(リーチ判定)を行う(ステップB27)。実施例では、メイン制御CPU60aは、ステップB15の処理時においてメイン制御RAM60cから取得した演出実行判定用乱数の値が、演出実行判定値と一致するか否かにより当選判定を行う。そして、ステップB27の判定結果が肯定の場合には(リーチ演出を行う場合には)、メイン制御CPU60aは、第2特図表示器50Bにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図2)として決定する(ステップB28)。次に、メイン制御CPU60aは、変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれリーチ演出用の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する(ステップB29)。

0100

また、ステップB27での演出実行判定の判定結果が否定の場合には(リーチ演出を行わない場合には)、メイン制御CPU60aは、第2特図表示器50Bにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図2)として決定する(ステップB30)。次に、メイン制御CPU60aは、変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれ通常演出用の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する(ステップB31)。

0101

ここで、ステップB28,B29,B30,B31において変動パターンおよび最終停止図柄(特図2)を決定したメイン制御CPUは、演出制御基板65に対し、所定の制御コマンドを所定のタイミングで出力する(ステップB26)。具体的には、メイン制御CPU60aは、変動パターンを指定すると共に図柄変動の開始を指示する変動パターン指定コマンドを出力すると共に、変動パターンで特定された演出時間の計測を開始する。これと同時に、メイン制御CPU60aは、第2特図変動表示が開始させるように第2特図表示器50Bを制御する。また、メイン制御CPU60aは、最終停止図柄となる特図2を指示するための特図2指定コマンドを出力する。そして、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。その後、特図開始処理とは別の処理で、メイン制御CPU60aは、前記指定した変動パターンに定められている演出時間に基づいて、決定した最終停止図柄を表示させるように第2特図表示器50Bの表示内容を制御する。また、メイン制御CPU60aは、前記指定した変動パターンに定められている演出時間に基づいて、飾図の変動停止を指示し、図柄組み合わせを確定停止表示させるための全図柄停止コマンドを出力する。

0102

一方、ステップB13の判定結果が否定の場合(第2特図始動保留情報の保留数=0の場合)には、第1特図始動保留情報の保留数を読み出し(ステップB16)、第1特図始動保留情報の保留数が「0」よりも大きいか否かを判定する(ステップB17)。メイン制御CPU60aは、ステップB17の判定結果が肯定の場合には(第1特図始動保留情報の保留数>0)の場合には、メイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶される特図変動処理フラグに第1特図変動演出を実行することを示す値「0」を設定する。次いで、メイン制御CPU60aが第1特図始動保留情報の保留数を1減算して(ステップB18)、当該第1特図始動保留情報に対応付けられたメイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶されている大当り判定用乱数の値、特図振分用乱数の値、演出実行判定用乱数の値および変動パターン振分用乱数の値をメイン制御CPU60aが取得して(ステップB19)、次いで当り判定処理を実行する。すなわち、実施例のパチンコ機10では、第2始動入賞口31bへの入賞を契機として取得される第2特図始動保留情報がメイン制御RAM60cに記憶されている場合には、第1始動入賞口31aへの入賞を契機として取得される第1特図始動保留情報がメイン制御RAM60cに記憶されていたとしても、該第2特図始動保留情報に基づく図柄変動演出が優先的に実行されるようになっている。

0103

ここで、メイン制御CPU60aは、最も早く記憶した第1特図始動保留情報が記憶される第1特図記憶領域M1から乱数を取得する。そして、メイン制御CPU60aは、第1特図始動保留情報に関連付けられた乱数を取得した後、2番目に早く記憶した第1特図始動保留情報が記憶されている第2特図記憶領域M2の情報(乱数)を、前記第1特図記憶領域M1に記憶させる。同様に、メイン制御CPU60aは、3番目に早く記憶した第1特図始動保留情報が記憶されている第3特図記憶領域M3の情報(乱数)を前記第2特図記憶領域M2に記憶させ、4番目に早く記憶した(すなわち最も新しい)第1特図始動保留情報が記憶されている第4特図記憶領域M4の情報(乱数)を前記第3特図記憶領域M3に記憶させる。すなわち、第1特図始動保留情報は、メイン制御RAM60cに記憶された順序でメイン制御CPU60aにより読み出されるようになっている。また、メイン制御CPU60aは、減算後の第1特図始動保留情報の保留数に対応するように第1特図保留表示部52の表示を変更させる。

0104

前記ステップB19の処理により各種乱数が取得されると、図7に示すように、メイン制御CPU60aは、取得した大当り判定用乱数の値がメイン制御ROM60bに記憶されている大当り判定値と一致するか否かを判定する大当り判定(当り抽選)を行う(ステップB32)。なお、前述したように、非確変の時(低確率の時)に大当り判定の判定結果が肯定となる確率(すなわち大当り確率)は、221/65536に設定され、確変状態の時(高確率の時)に判定結果が肯定となる確率(大当り確率)は、2210/65536に設定されている。そして、ステップB32における大当り判定の判定結果が肯定の場合には(大当りが発生する場合には)、大当りの変動であることを示す大当りフラグに「1」が設定される(ステップB33)。そして、メイン制御CPU60aは、取得した特図振分用乱数の値に基づき、第1特図表示器50Aに確定停止表示される大当り図柄となる最終停止図柄(特図1)を決定する(ステップB34)。ここで、特図振分用乱数の値は、特図1に大当り図柄が各別に対応付けられていることから、メイン制御CPU60aは、取得した特図振分用乱数の値に対応付けられた特図1を決定することで大当り図柄を決定することになる。大当り図柄(特図1)が決定されると、メイン制御CPU60aは、変動パターン振分用乱数の値に基づいて大当り演出用の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する(ステップB35)。

0105

一方、ステップB32の大当り判定の判定結果が否定の場合には(大当りでない場合には)、メイン制御CPU60aは、リーチ演出を実行させるか否かを判定する演出実行判定(リーチ判定)を行う(ステップB37)。実施例では、メイン制御CPU60aは、ステップB19の処理時においてメイン制御RAM60cから取得した演出実行判定用乱数の値が、演出実行判定値と一致するか否かにより当選判定を行う。そして、ステップB37の判定結果が肯定の場合には(リーチ演出を行う場合には)、メイン制御CPU60aは、第1特図表示器50Aにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図1)として決定する(ステップB38)。次に、メイン制御CPU60aは、変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれリーチ演出用の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する(ステップB39)。

0106

また、ステップB37での演出実行判定の判定結果が否定の場合には(リーチ演出を行わない場合には)、メイン制御CPU60aは、第1特図表示器50Aにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図1)として決定する(ステップB40)。次に、メイン制御CPU60aは、変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれ通常演出用の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する(ステップB41)。

0107

ここで、ステップB38,B39,B40,B41において変動パターンおよび最終停止図柄(特図1)を決定したメイン制御CPU60aは、演出制御基板65に対し、所定の制御コマンドを所定のタイミングで出力する(ステップB36)。具体的には、メイン制御CPU60aは、変動パターンを指定すると共に図柄変動の開始を指示する変動パターン指定コマンドを最初に出力すると共に、変動パターンで特定された演出時間の計測を開始する。これと同時に、メイン制御CPU60aは、第1特図変動表示を開始させるように第1特図表示器50Aを制御する。また、メイン制御CPU60aは、最終停止図柄となる特図1を指示するための特図1指定コマンドを出力する。そして、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。その後、特図開始処理とは別の処理で、メイン制御CPU60aは、前記指定した変動パターンに定められている演出時間に基づいて、決定した最終停止図柄を表示させるように第1特図表示器50Aの表示内容を制御する。また、メイン制御CPU60aは、前記指定した変動パターンに定められている演出時間に基づいて、飾図の変動停止を指示し、図柄組み合わせを確定停止表示させるための全図柄停止コマンドを出力する。

0108

一方、ステップB17の判定結果が否定の場合(第1特図始動保留情報の保留数=0の場合)には、メイン制御CPU60aは、デモ演出の実行を開始させるデモンストレーション指定コマンドを既に出力したか否かを判定し(ステップB20)、判定結果が否定の場合には、デモンストレーション指定コマンドを出力して特図開始処理を終了する(ステップB21)。また、ステップB20の判定結果が肯定の場合には(デモンストレーション指定コマンドを既に出力していた場合には)、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。

0109

(演出制御について)
次に、演出制御基板65で実行される処理について説明する。演出制御基板65の演出制御CPU65aは、前記メイン制御CPU60aから入力された変動パターン指定コマンドに基づいて、当該図柄変動演出において実行する演出パターンを決定し、決定した演出パターンを指定する演出パターン指定コマンド(制御コマンド)を表示制御基板70やランプ制御基板72、音制御基板73等に出力する。ここで、演出制御CPU65aが選択可能な演出パターンは、演出モード毎に分類されており、演出制御基板65に入力される演出モードフラグ設定値に基づいて選択可能な演出パターンから変動パターンに対応する演出パターンが選択される。また、演出制御CPU65aは、特図1指定コマンドまたは特図2指定コマンドが入力されると、該コマンドに対応する特図の停止図柄指定に応じて図柄表示装置17に最終停止表示させる各図柄列81,82,83の飾図(停止図柄)および各飾図(停止図柄)の停止予定位置を決定する。すなわち、演出制御CPU65aは、特図1指定コマンドまたは特図2指定コマンドで指定された図柄が大当り図柄の場合には、当り表示となる有効図柄の図柄組み合わせとなるよう各図柄列81,82,83の停止図柄が決定されると共に、当り表示となる有効図柄の図柄組み合わせが表示される有効ラインL1〜L5が決定される。そして、前記演出パターンで特定される各図柄列81,82,83の飾図の停止タイミングにおいて、各列の飾図指定コマンドを表示制御基板70やランプ制御基板72、音制御基板73等に出力する。具体的には、演出制御CPU60aは、変動パターン指定コマンドが入力されると同時にタイマ手段(図示せず)により時間の計測を開始し、上図柄列81の飾図の停止タイミングにおいて左飾図指定コマンドを出力し、下図柄列83の飾図の停止タイミングにおいて右飾図指定コマンドを出力し、中図柄列82の飾図の停止タイミングにおいて中飾図指定コマンドを出力する。

0110

また、演出制御CPU65aは、特図指定コマンドで指定された停止図柄が、はずれ図柄の場合、はずれを認識可能な図柄組み合わせを決定する。また、演出制御CPU65aは、はずれリーチ演出用の変動パターンが指示されている場合、リーチ形成図柄を含むはずれを認識可能な図柄組み合わせが有効ラインL1〜L5に表示されるよう決定する。一方、演出制御CPU65aは、はずれ演出用の変動パターンが指示されている場合、リーチ形成図柄を含まないはずれを認識可能な図柄組み合わせを決定する。また、演出制御CPU65aは、全図柄停止コマンドを入力すると、該コマンドを表示制御基板70やランプ制御基板72、音制御基板73等に出力する。

0111

また、演出制御CPU65aは、メイン制御CPU60aが出力する特図1指定コマンドまたは特図2指定コマンドで指示された大当り図柄の種類と、変短状態の作動/非作動(終了)に係る各指定コマンドと、演出モードフラグの設定値をもとに、演出モードの種類を決定し、当該決定した演出モードを示す値に演出モードフラグを更新する。演出モードフラグは、現在滞在している演出モードを識別可能な情報で構成されており、演出制御RAM65cに設定される。演出制御CPU65aは、演出モードフラグを更新すると、演出モードを指示するモード指定コマンドを表示制御基板70、ランプ制御基板72および音制御基板73等に出力する。

0112

(表示制御について)
前記表示制御基板70では、演出パターン指定コマンドが入力されると、該コマンドで特定される演出パターンに対応する演出内容を示す表示データを表示制御CPU70aが選択し、該演出パターンに対応した表示内容で図柄変動演出を実行させるように図柄表示装置17を制御する。そして、表示制御CPU70aは、図柄変動演出の開始に伴って演出開始からの経過時間を計時し、計測した時間毎に演出パターンに基づいた画像が表示されるよう図柄表示装置17に映し出す画像を所定の周期毎に切り替える。そして、表示制御CPU70aは、各図柄列81,82,83の図柄停止コマンドが入力されると、対応する図柄列81,82,83の有効停止位置S1〜S9に飾図指定コマンドで指定された飾図を仮停止させ、全図柄停止コマンドが入力されると、各図柄列81,82,83の有効停止位置S1〜S9に飾図指定コマンドで指示された飾図を図柄表示装置17に確定停止表示させるように図柄表示装置17の表示内容を制御し、図柄変動演出を終了させる。また、表示制御CPU70aは、モード指定コマンドが入力されると、指示された演出モードに対応する背景画像を表示させる。

0113

(大当り遊技終了後の遊技状態について)
実施例のパチンコ機10は、図3および図14に示すように、大当り遊技の終了後に付与される遊技状態として、特別確変大当り遊技の終了後に付与される3種類の遊技状態と、短縮確変大当り遊技の終了後に付与される1種類の遊技状態と、第1および第2の通常非確変大当り遊技の終了後に付与される2種類の遊技状態と、短縮非確変大当り遊技の終了後に付与される1種類の遊技状態とが設定されている。ここで、前記第1〜第3の特別確変大当りの遊技状態は、確変状態および変短状態が何れも付与されている「高確/変短あり」であって、同じ確変状態が付与されているが、付与されている変短状態の設定内容が異なっている。すなわち、第1の特別確変大当りの終了後に付与される遊技状態は「高確/変短あり1」であり、第2の特別確変大当りの終了後に付与される遊技状態は「高確/変短あり2」であり、第3の特別確変大当りの終了後に付与される遊技状態は「高確/変短あり3」である。また、前記第1および第2の通常非確変大当りの遊技状態は、何れも確変状態は付与されずに変短状態だけが付与されているが、該変短状態の設定内容が異なっている。すなわち、第1の通常非確変大当りの終了後に付与される遊技状態は「低確/変短あり4」であり、第2の通常非確変大当りの終了後に付与される遊技状態は「低確/変短あり5」である。従って、第1〜第3の特別確変大当りの終了後に付与される遊技状態における変短状態および第1、第2の通常非確変大当りの終了後に付与される遊技状態における変短状態は、夫々の設定内容が異なっている。なお、実施例では、大当り遊技の終了後に付与される遊技状態は、大当り時の図柄(特図の種類)のみに依存するものであり、大当り時の遊技状態には依存しないよう構成したが、特図の種類と大当りの遊技状態の夫々の組み合わせに応じて、大当り後の遊技状態(遊技モード)を定めてもよい。

0114

一方、短縮確変大当りの終了後に付与される遊技状態は、確変状態が付与されていると共に変短状態が付与されていない「高確/変短なし」である。また、短縮非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態は、確変状態および変短状態の何れも付与されていない「低確/変短なし」である。すなわち、短縮確変大当りの終了後に付与される遊技状態における非変短状態および短縮非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態における非変短状態は同じである。

0115

そして、実施例のパチンコ機10は、前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態であって、前記図柄表示装置17に表示される図柄変動演出の内容、若しくは賞球の出球率が異なる複数種類の遊技モードが設定されている。そして、成立する遊技モードの移行条件(実施例では、大当りの発生および大当り遊技後の図柄変動(第1または第2特図変動表示)の変動回数(実施例では80回))に応じて複数種類の遊技モードの内の異なる遊技モードに移行するよう構成されている。ここで、実施例では、確変状態か否かおよび変短状態か否かを組み合わせた4種類の遊技状態が設定されており、大当り遊技の終了を契機として何れかの遊技状態に移行するようになっている。また、確変状態の有無(確変・非確変)および変短状態の有無(変短・非変短)が同じ条件である場合に、複数の遊技モードが設定されている。すなわち、図14に示すように、前記第1〜第3の特別確変大当り遊技後に付与される遊技状態は、メイン制御CPU60aが実行する特図当り抽選(大当り判定)による当り判定確率が高確率である点が同じであるが、同じ変短状態であっても、図柄変動演出の変動時間および賞球の出球率が異なった複数の遊技モードが設定されている。また、前記第1および第2の通常非確変大当り遊技後に付与される遊技状態は、何れもメイン制御CPU60aが実行する特図当り抽選(大当り判定)による当り判定確率が低確率である点が同じであるが、同じ変短状態であっても、図柄変動演出の変動時間および賞球の出球率が異なった複数の遊技モードが設定されている。なお、実施例では、短縮確変大当り遊技後に付与される遊技状態は、1種類だけが設定されているが、メイン制御CPU60aが実行する特図当り抽選(大当り判定)による当り判定確率が高確率で、複数種類の遊技モードを設定することが可能である。また、短縮非確変大当り遊技後に付与される遊技状態は、1種類だけが設定されているが、メイン制御CPU60aが実行する特図当り抽選(大当り判定)による当り判定確率が低確率で、複数種類の遊技モードを設定することが可能である。

0116

(変動パターンテーブルPTについて)
前記メイン制御ROM60bには、図13に示すように、大当り遊技の終了後に付与された前記各遊技状態中に実行される図柄変動演出に使用される変動パターンが設定された変動パターンテーブルを備えている。実施例では、7種類の各遊技モードに対応した6種類の変動パターンテーブルPT(PT1〜PT6)が記憶されている。ここで、第1〜第3の各変動パターンテーブルPT1,PT2,PT3は、前記第1〜第3の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(「高確/変短あり1」、「高確/変短あり2」、「高確/変短あり3」)の各遊技モード1,2,3において選択されるテーブルである。また、第4の変動パターンテーブルPT4は、前記短縮確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(「高確/変短なし」)における遊技モード4および前記短縮非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(「低確/変短なし」)の遊技モード7において選択されるテーブルである。また、第5〜第6の各変動パターンテーブルPT5,PT6は、前記第1、第2の通常非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(「低確/変短あり4」、「低確/変短あり5」)の各遊技モード5,6において選択されるテーブルである。すなわち、第4の変動パターンテーブルPT4は、遊技状態(「高確/変短なし」)の遊技モード4および遊技状態(「低確/変短なし」)の遊技モード7において共通に選択されるテーブルである。

0117

前記第1〜第6の各変動パターンテーブルPT1〜PT6には、変動時間が異なる複数(実施例では176個)の内の所定数の変動パターンが設定されている。そして、各変動パターンテーブルPT1〜PT6に含まれる各変動パターンに対して、所定数の変動パターン振分判定値が割当てられている。

0118

(平均変動時間)
前記メイン制御ROM60bには、図13に示すように、前記第1〜第6の各変動パターンテーブルPT1〜PT6に設定されている各変動パターンの変動時間に基づいて算出された平均変動時間が記憶されている。この平均変動時間は、変動パターンテーブルPT〜PT6毎に設定されている各変動パターンの変動時間および各変動パターンに割当てられた変動パターン振分判定値の割当数を基に算出することで算出される。すなわち、変動パターンテーブルPT〜PT6に基づいて変動パターンを決定する際の変動時間の期待値として求められる値が平均変動時間である。ここで、第1変動パターンテーブルPT1は、設定されている各変動パターンの平均変動時間が4.0秒となっている。また、第2変動パターンテーブルPT2は、設定されている各変動パターンの平均変動時間が5.0秒となっており、第3変動パターンテーブルPT3は、設定されている各変動パターンの平均変動時間が7.0秒となっており、第4変動パターンテーブルPT4は、設定されている各変動パターンの平均変動時間が20秒となっている。また、第5変動パターンテーブルPT5は、設定されている各変動パターンの平均変動時間が8秒となっており、第6変動パターンテーブルPT6は、設定されている各変動パターンの平均変動時間が10秒となっている。すなわち、各変動パターンテーブルPT1〜PT6の平均変動時間の関係は、PT6>PT5>PT4>PT3>PT2>PT1となっている。

0119

従って、前記第1の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の前記遊技モード1は、第1変動パターンテーブルPT1の平均変動時間が最も短いため、1回の図柄変動演出における変動時間が最も短くなり、図柄変動演出のスタート率が最も高くなる。また、遊技モード4および遊技モード7は、第4変動パターンテーブルPT4の平均変動時間が最も長いため、1回の図柄変動演出における変動時間が最も長くなり、図柄変動演出のスタート率が最も低くなる。すなわち、遊技モード1〜7における図柄変動演出のスタート率は、遊技モード1>遊技モード2>遊技モード3>遊技モード5>遊技モード6>遊技モード4=遊技モード7の関係となる。換言すると、「高確/変短あり」の遊技状態が図柄変動演出のスタート率が高く、次いで「低確/変短あり」が図柄変動演出のスタート率が高く、「高確/変短なし」および「低確/変短なし」が図柄変動演出のスタート率が最も低くなっている。これは、「高確/変短あり」の遊技状態では、図柄変動演出の回数が増えて当り遊技が付与される機会が多くなり、「低確/変短なし」の遊技状態では、図柄変動演出の回数が少ないため当り遊技が付与される機会が少ないことを意味する。

0120

(普図変動時間について)
実施例では、大当り遊技の終了後に付与される前記7種類の遊技モード中において、前記普図表示器55で行われる普図変動表示の変動時間は、次のように設定されている。すなわち、図14に示すように、前記第1の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(高確/変短あり1)の遊技モード1では、普図変動時間が5.0秒に設定され、前記第2の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(高確/変短あり2)の遊技モード2では、普図変動時間が8.0秒に設定され、前記第3の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(高確/変短あり3)の遊技モード3では、普図変動時間が10秒に設定されている。また、前記短縮確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(高確/変短なし)の遊技モード4では、普図変動時間が30秒に設定されている。また、前記第1の通常非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(低確/変短あり4)の遊技モード5では、普図変動時間が12秒に設定され、前記第2の通常非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(低確/変短あり5)の遊技モード6では、普図変動時間が15秒に設定されている。また、前記短縮非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態(低確/変短なし)の遊技モード7では、普図変動時間が30秒に設定されている。

0121

従って、前記第1の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の前記遊技モード1は、1回の普図変動演出における変動時間が最も短く、普図変動演出のスタート率が最も高くなる。また、遊技モード4および遊技モード7は、普図変動時間が最も長いため、1回の普図変動演出における変動時間が最も長く、普図変動演出のスタート率が最も低くなる。すなわち、遊技モード1〜7における普図変動演出のスタート率は、遊技モード1>遊技モード2>遊技モード3>遊技モード5>遊技モード6>遊技モード4=遊技モード7の関係となる。換言すると、「高確/変短あり」の遊技状態が普図変動演出のスタート率が高く、次いで「低確/変短あり」が普図変動演出のスタート率が高く、「高確/変短なし」および「低確/変短なし」が普図変動演出のスタート率が最も低くなっている。これは、「変短あり1〜5」の遊技状態では、普図変動演出の回数が増えて、開閉部材33,33が開放する機会が多くなって第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞し易くなるので、出球率が高くなると共に図柄表示装置17での図柄変動演出のスタート率が高められることを意味する。また、「変短なし」の遊技状態では、普図当り確率が低いため、開閉部材33,33が開放する機会が少なくて第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞し難いので、出球率が低くなると共に図柄表示装置17での図柄変動演出のスタート率が低いことを意味する。

0122

(普図当り確率について)
実施例では、大当り遊技の終了後に付与される前記7種類の遊技状態中において、前記メイン制御CPU60aが実行する普図当り判定における普図当り確率は、次のように設定されている。すなわち、図14に示すように、「変短あり1〜5」の遊技状態における遊技モード1,2,3,5,6では、普図当り確率が25/30に設定され、「変短なし」の遊技状態における遊技モード4,7では、普図当り確率が1/30に設定されている。これは、「変短あり1〜5」の遊技状態では、普図当り確率が高いため、開閉部材33,33が開放する機会が多くなって第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞し易くなるので、出球率が高くなると共に図柄表示装置17での図柄変動演出のスタート率が高められることを意味する。また、「変短なし」の遊技状態では、普図当り確率が低いため、開閉部材33,33が開放する機会が少なくて第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞し難いので、出球率が低くなると共に図柄表示装置17での図柄変動演出のスタート率が低いことを意味する。

0123

(始動入賞装置における開閉部材の開閉制御について)
次に、前記球通過ゲート47をパチンコ球が通過することを契機として行われる前記始動入賞装置30(第2始動入賞口31b)における開閉部材33,33の開閉制御について説明する。この開閉部材33,33の開閉制御は、ベース(遊技盤へ打ち出されたパチンコと賞球として払い出されたパチンコとの割合であって、100個のパチンコ球を打ち出した場合に払い出されたパチンコ球の個数)を異ならせることを可能とする。但し、ベースの値の変化は、開閉部材33,33の開閉制御のみに依存するものではなく、前述した如く、普図変動表示の変動時間や、普図当り確率等によっても、ベースの値が変化する。

0124

(開閉部材33の開閉動作パターンの種類について)
実施例のパチンコ機10では、前述した普図当りに当選した場合に、遊技者に与える価値を異ならせる(前記ベースを異ならせる)複数種類(実施例では4種類)の開閉動作パターンMP1〜MP4(図15参照)の中から、1つの開閉動作パターンをメイン制御CPU60aが決定し、その決定された開閉動作パターンMP1〜MP4で前記始動入賞装置30(第2始動入賞口31b)の開閉部材33,33を開閉させるよう設定されている。すなわち、実施例におけるメイン制御CPU60aは、開閉部材33,33を開閉する開閉条件としての開閉動作パターンMP1〜MP4を決定可能な開閉条件決定手段として機能している。ここで、開閉動作パターンMP1〜MP4は、開閉動作パターンテーブルPT10(図15参照)に設定されており、普図当りの際に開閉部材33,33を開放する開放時間および開放回数を特定するものである。そして、4種類の開閉動作パターンMP1〜MP4は、設定された遊技状態の遊技モードに応じて、メイン制御CPU60aが決定するようになっている。

0125

ここで、実施例では、図15に示すように、開閉動作パターンMP1は、開閉部材33,33に「0.3秒」の開放動作を1回行わせるよう設定され、開閉動作パターンMP2は、開閉部材33,33に「1.0秒」の開放動作を1回行わせるよう設定されている。また、開閉動作パターンMP3は、開閉部材33,33に「1.3秒」の開放動作を1回行わせるよう設定され、開閉動作パターンMP4は、開閉部材33,33に「1.5秒」の開放動作を3回行わせるよう設定されている。なお、開閉動作パターンMP4では、開閉部材33,33が閉鎖してから次に開放するまでのインターバル時間が「0.98秒」に設定されている。このように、開閉動作パターンMP1は、開閉動作パターンMP2〜MP4に較べて開閉部材33,33の開放時間が極端に短く設定されると共に、開閉動作パターンMP4は、開閉動作パターンMP1〜MP3に較べて開閉部材33,33の開放時間が極端に長くなるよう設定されている。従って、開閉部材33,33を観察することで、開閉動作パターンMP1および開閉動作パターンMP4で開閉部材33,33が開閉動作したことを、遊技者が認識し得るよう設定されている。

0126

そして、前記メイン制御CPU60aが選択する開閉動作パターンMP1〜MP4は、大当り遊技の終了後に付与される遊技状態における前記7種類の遊技モードに応じて定められている。具体的には、図14に示すように、前記第1の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード1では、開放時間が4.5秒の開閉動作パターンMP4が対応づけられ、第2の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード2では、開放時間が4.5秒の開閉動作パターンMP4が対応づけられると共に、第3の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード3では、開放時間が1.3秒の開閉動作パターンMP3が対応づけられている。また、前記短縮確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード4では、開放時間が0.3秒の開閉動作パターンMP1が対応づけられている。また、第1の通常非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード5では、開放時間が1.3秒の開閉動作パターンMP3が対応づけられ、第2の通常確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード6では、開放時間が1.0秒の開閉動作パターンMP3が対応づけられている。更に、短縮非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード7では、開放時間が0.3秒の開閉動作パターンMP1が対応づけられている。従って、実施例のパチンコ機10では、7種類の遊技モード1〜7状態について、開閉部材33,33の開閉条件を異ならせてあり、該遊技状態毎に第2始動入賞口31bへパチンコ球が入賞する入賞率に差異が生じるようになっている、これにより、7種類の各遊技モード1〜7は、ベースが異なっており、出球率についても差異が生じるようになっている。

0127

また、実施例のパチンコ機10では、前記図柄表示装置17において同一演出内容の図柄変動演出が行われる複数の遊技状態では、前記メイン制御CPU60aが決定する開閉部材33,33の開閉条件が異なるよう構成されている。すなわち、実施例のパチンコ機10では、普図変動パターンを決定する際の遊技状態が確変状態および変短状態が何れも付与されていない遊技状態(低確/変短なし2)の遊技モード7の場合と、確変状態のみが付与された遊技状態(高確/変短なし)の遊技モード4の場合とにおいて、前記図柄表示装置17において同一演出内容の図柄変動演出が行われると共に、メイン制御CPU60aが選択する開閉動作パターンMPも同じ開閉動作パターン1が設定されている。このように、図柄表示装置17において同一演出内容の図柄変動演出が行われる遊技状態において、開閉部材33,33の開閉条件を同じくすることで、図柄表示装置17で行われる図柄変動演出の内容から遊技状態を直接的に認識できない状態では、開閉部材33,33の開閉態様からも遊技状態を認識することができない。

0128

(遊技モード1について)
図14に示すように、第1の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード1では、特図の平均変動時間が4.0秒に設定されている。そして、遊技モード1では、普図当り確率が25/30に設定されていると共に、普図の平均変動時間が5.0秒に設定されている。また、前記始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに配設された開閉部材33,33の合計の開放時間は、開閉動作パターンMP4の選択により4.5秒に設定されている。これにより、遊技モード1では、前記ベースが95となっている。ここで、遊技モード1は、遊技モード2〜7に比べて、特図の平均変動時間が最も短く設定されており、単位時間当りにおける特図の変動回数が最大となるようになっており、スタート率が最も高くなっている。また、遊技モード1は、普図当り確率が最も高く設定されていると共に普図の平均変動時間が最も短く設定されており、前記開閉部材33,33が開閉動作する機会が増加するようになっており、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が高く設定されている。これにより、遊技モード1では、賞球が増えて出球率が高くなり、前記ベースの数値も最も高くなっている。

0129

(遊技モード2について)
図14に示すように、第2の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード2では、特図の平均変動時間が5.0秒に設定されている。そして、遊技モード2では、普図当り確率が25/30に設定されていると共に、普図の平均変動時間が8.0秒に設定されている。また、前記始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに配設された開閉部材33,33の合計の開放時間は、開閉動作パターンMP4の選択により4.5秒に設定されている。これにより、遊技モード2では、ベースが85となっている。ここで、遊技モード2は、遊技モード1に対しては特図の平均変動時間が長く設定されているが、遊技モード3〜7に比べて、特図の平均変動時間が短く設定されており、単位時間当りにおける特図の変動回数は、遊技モード1に次いで発生可能となっている。また、遊技モード2は、前記開閉部材33,33が開閉動作する機会が遊技モード1に次いで多く発生し得るようになっており、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が遊技モード1に次いで高く設定されている。これにより、遊技モード2は、前記ベースの数値が遊技モード1に次いで高くなっている。

0130

(遊技モード3について)
図14に示すように、第3の特別確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード3では、特図の平均変動時間が7.0秒に設定されている。そして、遊技モード3では、普図当り確率が25/30に設定されていると共に、普図の平均変動時間が10秒に設定されている。また、前記始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに配設された開閉部材33,33の合計の開放時間は、開閉動作パターンMP3の選択により1.3秒に設定されている。これにより、遊技モード3では、前記ベースが70となっている。ここで、遊技モード3は、遊技モード2に対しては特図の平均変動時間が長く設定されているが、遊技モード4〜7に比べて、特図の平均図変動時間が短く設定されており、単位時間当りにおける特図の変動回数は、遊技モード2に次いで発生可能となっている。また、遊技モード3は、前記開閉部材33,33が開閉動作する機会が遊技モード2に次いで多く発生し得るようになっており、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が遊技モード2に次いで高く設定されている。これにより、遊技モード2は、前記ベースの数値が遊技モード2に次いで高くなっている。

0131

(遊技モード4について)
図14に示すように、短縮確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード4では、特図の平均変動時間が20秒に設定されている。そして、遊技モード4では、普図当り確率が1/30に設定されていると共に、普図の平均変動時間が30秒に設定されている。また、前記始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに配設された開閉部材33,33の合計の開放時間は、開閉動作パターンMP1の選択により0.3秒に設定されている。これにより、遊技モード4では、前記ベースが30となっている。ここで、遊技モード4は、遊技モード6に対しては特図の平均変動時間が長く設定されているが、遊技モード2に比べて、特図の平均変動時間が短く設定されており、単位時間当りにおける特図の変動回数は、遊技モード6に次いで発生可能となっている。また、遊技モード4は、前記開閉部材33,33が開閉動作する機会が遊技モード6に次いで多く発生し得るようになっており、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が遊技モード6に次いで高く設定されている。これにより、遊技モード4は、前記ベースの数値が遊技モード6に次いで高くなっている。

0132

(遊技モード5について)
図14に示すように、第1の通常非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード5では、特図の平均変動時間が8.0秒に設定されている。そして、遊技モード5では、普図当り確率が25/30に設定されていると共に、普図の平均変動時間が12秒に設定されている。また、前記始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに配設された開閉部材33,33の合計の開放時間は、開閉動作パターンMP3の選択により1.3秒に設定されている。これにより、遊技モード5では、前記ベースが60となっている。ここで、遊技モード5は、遊技モード3に対しては特図の平均変動時間が長く設定されているが、遊技モード4,6,7に比べて、特図の平均変動時間が短く設定されており、単位時間当りにおける特図の変動回数は、遊技モード3に次いで発生可能となっている。また、遊技モード5は、前記開閉部材33,33が開閉動作する機会が遊技モード3に次いで多く発生し得るようになっており、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が遊技モード3に次いで高く設定されている。これにより、遊技モード5は、前記ベースの数値が遊技モード3に次いで高くなっている。

0133

(遊技モード6について)
図14に示すように、第2の通常非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード6では、特図の平均変動時間が10秒に設定されている。そして、遊技モード6では、普図当り確率が25/30に設定されていると共に、普図の平均変動時間が15秒に設定されている。また、前記始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに配設された開閉部材33,33の合計の開放時間は、開閉動作パターンMP2の選択により1.0秒に設定されている。これにより、遊技モード6では、前記ベースが50となっている。ここで、遊技モード6は、遊技モード5に対しては特図の平均変動時間が長く設定されているが、遊技モード4,7に比べて、特図の平均変動時間が短く設定されており、単位時間当りにおける特図の変動回数は、遊技モード5に次いで発生可能となっている。また、遊技モード6は、前記開閉部材33,33が開閉動作する機会が遊技モード5に次いで多く発生し得るようになっており、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が遊技モード5に次いで高く設定されている。これにより、遊技モード6は、前記ベースの数値が遊技モード5に次いで高くなっている。

0134

(遊技モード7について)
図14に示すように、短縮非確変大当り遊技の終了後に付与される遊技状態の遊技モード7では、特図の平均変動時間が20秒に設定されている。そして、遊技モード7では、普図当り確率が1/30に設定されていると共に、普図の平均変動時間が30秒に設定されている。また、前記始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに配設された開閉部材33,33の合計の開放時間は、開閉動作パターンMP1の選択により0.3秒に設定されている。これにより、遊技モード7では、前記ベースが20となっている。ここで、遊技モード7は、遊技モード1〜3,5,6に比べて、特図の平均変動時間が最も長く設定されており、単位時間当りにおける特図の変動回数が最小となるようになっており、スタート率が最も低くなっている。また、遊技モード7は、普図当り確率が最も低く設定されていると共に普図の平均変動時間が最も長く設定されており、前記開閉部材33,33が開閉動作する機会が最も少なくなるようになっており、前記第2始動入賞口31bへのパチンコ球の入賞率が最も低く設定されている。これにより、遊技モード7は、賞球が増えるので出球率が低くなり、前記ベースの数値も最も低くなっている。

0135

(遊技モードと演出モードとの関係について)
図16は、前記遊技モード1〜7と、前記図柄表示装置17での演出表示の内容を特定する演出モードとの関係を示している。この演出モードは、メイン制御CPU60aが決定した変動パターンに基づいて演出制御CPU60aが決定可能な演出パターンが定められており、複数(実施例では、確変モード、第1の潜伏モード、第2の潜伏モード、変短モード、通常モードの5つ)の演出モードが設定されている。ここで、前記遊技モード1は、前記確変モードに対応しており、前記遊技モード2,3および5は、前記第1の潜伏モードに対応しており、前記遊技モード4および7は、前記第2の潜伏モードに対応している。また、前記遊技モード6は、前記変短モードに対応しており、前記遊技モード7は、前記通常モードに対応している。

0136

前記メイン制御CPU60aが、遊技状態として「高確/変短あり1」である前記遊技モード1を付与した場合に、該メイン制御CPU60aから前記演出制御CPU65aへ遊技モード1を示す制御信号を出力することで、該演出制御CPU65aは、前記変動パターン指定コマンドが入力された際に、確変モードに対応して定めた演出パターンを決定して、確変モードの付与を認識可能な図柄変動演出を図柄表示装置17で実行させるようになっている。また、前記メイン制御CPU60aが、遊技状態として「高確/変短あり2」である前記遊技モード2を付与した場合に、該メイン制御CPU60aから前記演出制御CPU65aへ遊技モード2を示す制御信号を出力することで、該演出制御CPU65aは、前記変動パターン指定コマンドが入力された際に、第1の潜伏モードに対応して定めた演出パターンを決定して、第1の潜伏モードが付与されていることを示唆する図柄変動演出を図柄表示装置17で実行させるようになっている。また、前記メイン制御CPU60aが、遊技状態として「高確/変短あり3」である前記遊技モード3を付与した場合に、該メイン制御CPU60aから前記演出制御CPU65aへ前記変動パターン指定コマンドを出力することで、該演出制御CPU65aは、当該変動パターン指定コマンドが入力された際に、第1の潜伏モードに対応して定めた演出パターンを決定して、第1の潜伏モードが付与されていることを示唆する図柄変動演出を図柄表示装置17で実行させるようになっている。

0137

そして、前記メイン制御CPU60aが、遊技状態として「高確/変短なし」である前記遊技モード4を付与した場合に、該メイン制御CPU60aから前記演出制御CPU65aへ前記変動パターン指定コマンドを出力することで、該演出制御CPU65aは、当該変動パターン指定コマンドが入力された際に、第2の潜伏モードに対応して定めた演出パターンを決定して、第2の潜伏モードが付与されていることを示唆する図柄変動演出を図柄表示装置17で実行させるようになっている。また、前記メイン制御CPU60aが、遊技状態として「低確/変短あり4」である前記遊技モード5を付与した場合に、該メイン制御CPU60aから前記演出制御CPU65aへ前記変動パターン指定コマンドを出力することで、該演出制御CPU65aは、当該変動パターン指定コマンドが入力された際に、第1の潜伏モードに対応して定めた演出パターンを決定して、第1の潜伏モードが付与されていることを示唆する図柄変動演出を図柄表示装置17で実行させるようになっている。また、前記メイン制御CPU60aが、遊技状態として「低確/変短あり5」である前記遊技モード6を付与した場合に、該メイン制御CPU60aから前記演出制御CPU65aへ前記変動パターン指定コマンドを出力することで、該演出制御CPU65aは、前記変動パターン指定コマンドが入力された際に、変短モードに対応して定めた演出パターンを決定して、確変状態を付与を認識可能な図柄変動演出を図柄表示装置17で実行させるようになっている。

0138

更に、前記メイン制御CPU60aが、遊技状態として「低確/変短なし」である前記遊技モード7を付与した場合に、該メイン制御CPU60aから前記演出制御CPU65aへ前記変動パターン指定コマンドを出力することで、該演出制御CPU65aは、前記変動パターン指定コマンドが入力された際に、第2潜伏モードまたは通常モードに対応して定めた演出パターンを決定する。そして、メイン制御CPU60aは、第2潜伏モードまたは通常モードが付与されていることを示唆する図柄変動演出を図柄表示装置17で実行させるようになっている。

0139

(遊技機外部への情報信号の出力について)
実施例のパチンコ機10では、前記確変状態および前記入賞率向上状態の付与の有無に関して同じ遊技状態の場合に、前記遊技モード1〜7に応じた情報信号1〜7を、情報信号出力手段としてのメイン制御CPU60aが、遊技機外部におけるホールコンピュータHCへ出力するよう構成されている。すなわち、前記各大当りの遊技終了後に付与される前記遊技状態の遊技モード1〜7に個別に対応する複数種類(実施例では7種類)の情報信号1〜7が設定されている。そして、7種類の遊技モード1〜7の何れかが選択された際に、メイン制御CPU60aは、前記演出制御CPU65aへの制御信号の出力とは別に、当該選択された遊技モード1〜7に対応する情報信号を、外部入力手段であるホールコンピュータHCへ出力するようになっている。この情報信号には、遊技状態の情報等が含まれており、ホールコンピュータHCは、入力された該情報信号により、当該パチンコ機10の遊技実行状態を把握することが可能になっている。各情報信号は、メイン制御基板60のメイン制御RAM60cに記憶されており、図8に示すように、該メイン制御基板60から、前記外部端子板75の出力端子を介して前記ホールコンピュータHCへ出力される。

0140

実施例では、前述したように、大当り遊技後に、付与される遊技状態として、「高確/変短あり1」(遊技モード1)、「高確/変短あり2」(遊技モード2)、「高確/変短あり3」(遊技モード3)、「低確/変短あり4」(遊技モード5)、「低確/変短あり5」(遊技モード6)、「高確/変短なし」(遊技モード4)、「低確/変短なし」(遊技モード7)が設定されている。従って、大当り遊技後に付与される7種類の遊技モード1〜7に対応して、7種類の情報信号(情報信号1〜7)が設定されている(図14参照)。すなわち、「高確/変短あり1」である遊技モード1に対応して情報信号1が設定され、「高確/変短あり2」である遊技モード2に対応して情報信号2が設定され、「高確/変短あり3」である遊技モード3に対応して情報信号3が設定されている。また、「低確/変短あり4」である遊技モード5に対応して情報信号5が設定され、「低確/変短あり5」である遊技モード6に対応して情報信号6が設定され、「高確/変短なし」である遊技モード4に対応して情報信号4が設定され、「低確/変短なし」である遊技モード7に対応して情報信号7が設定されている。なお、前記情報信号1〜7は、メイン制御基板60のメイン制御RAMに設定されている。また、前記遊技状態に対応した情報信号1〜7以外に、大当りに対応した情報信号や、これ以外の各種情報信号も設定されている。

0141

従って、メイン制御CPU60aは、第1の特別確変大当り遊技の終了後に「高確/変短あり1」である遊技モード1を付与する際に、メイン制御RAM60cから情報信号1を読み出し、該情報信号1をホールコンピュータHCへ出力する。そして、メイン制御CPU60aは、第2の特別確変大当り遊技の終了後に「高確/変短あり2」である遊技モード2を付与する際に、メイン制御RAM60cから情報信号2を読み出し、該情報信号2をホールコンピュータHCへ出力し、第3の特別確変大当り遊技の終了後に「高確/変短あり3」である遊技モード3を付与する際に、メイン制御RAM60cから情報信号3を読み出し、該情報信号3をホールコンピュータHCへ出力する。また、メイン制御CPU60aは、短縮確変大当り遊技の終了後に「高確/変短なし」である遊技モード4を付与する際に、メイン制御RAM60cから情報信号4を読み出し、該情報信号4をホールコンピュータHCへ出力する。また、メイン制御CPU60aは、第1の通常非確変大当り遊技の終了後に「低確/変短あり4」である遊技モード5を付与する際に、メイン制御RAM60cから情報信号5を読み出し、該情報信号5をホールコンピュータHCへ出力し、第2の通常非確変大当り遊技の終了後に「低確/変短あり5」である遊技モード6を付与する際に、メイン制御RAM60cから情報信号6を読み出し、該情報信号6をホールコンピュータHCへ出力する。そして、メイン制御CPU60aは、短縮非確変大当り遊技の終了後に「低確/変短なし」である遊技モード7を付与する際に、メイン制御RAM60cから情報信号7を読み出し、該情報信号7をホールコンピュータHCへ出力する。

0142

従って、前記ホールコンピュータHCは、実施例のパチンコ機10のメイン制御CPU60aから出力された前記情報信号1〜7が入力されることで、当該パチンコ機10における大当り遊技終了後における遊技状態の遊技モードを適切に把握することが可能となっている。これにより、ホールコンピュータHCでは、実施例のパチンコ機10におけるスタート率およびベースを含む各種情報を正確かつ適切に得ることができ、当該パチンコ機10を適切に管理することが可能である。

0143

(実施例の作用)
次に、前述のように構成された実施例のパチンコ機10の作用について説明する。

0144

実施例のパチンコ機10は、大当り遊技の付与前においては、前記始動入賞装置30の始動入賞ソレノイド32が開閉動作パターンMP1に基づいて駆動制御される。従って、球通過ゲート47に対するパチンコ球の通過を契機とした普図当り判定(普図当り抽選)が肯定の場合には、前記始動入賞装置30の始動入賞ソレノイド32が開閉動作パターンMP1に基づいて駆動制御されて、前記開閉部材33,33が0.3秒×1回の条件で開放動作する。また、始動入賞装置30の第1始動入賞口31aに対してパチンコ球の入賞した場合または第2始動入賞口31bに対してパチンコ球の入賞した場合に、メイン制御CPU60aは、これを契機として大当り判定処理を行うと共に、所定数(実施例では3個)の賞球を払い出すようにする。

0145

そして、実施例のパチンコ機10は、始動入賞装置30の第1始動入賞口31aに対するパチンコ球の入賞を契機とした大当り判定の判定結果が肯定の場合または始動入賞装置30の第2始動入賞口31bに対するパチンコ球の入賞を契機とした大当り判定の判定結果が肯定の場合には、前述した如く、メイン制御CPU60aは、大当りフラグに1を設定すると共に、取得した特図振分用乱数の値に基づいて決定された最終停止図柄(特図1または特図2)に基づき、「第1の特別確変大当り遊技」、「第2の特別確変大当り遊技」、「第3の特別確変大当り遊技」、「短縮確変大当り遊技」、「第1の通常非確変大当り遊技」、「第2の通常非確変大当り遊技」、または「短縮非確変大当り遊技」の何れかの付与を決定する。これにより、メイン制御CPU60aは、大当り用の情報信号をメイン制御RAM60cから読み出して、該大当り用の情報信号ををホールコンピュータHCへ出力する。

0146

そして、実施例のパチンコ機10は、大当り遊技として「第1の特別確変大当り遊技」が付与された場合には、該「第1の特別確変大当り遊技」が終了した際に、「高確/変短あり1」の遊技状態である遊技モード1に移行する。そして、メイン制御CPU60aから、演出制御CPU65aへ遊技モード1を示す制御信号が出力されると共に、前記ホールコンピュータHCに向けて情報信号1が出力される。これにより、ホールコンピュータHCが、実施例のパチンコ機10が「高確/変短あり1」の遊技状態である遊技モード1に移行したことを把握し得る。また、大当り遊技として「第2の特別確変大当り遊技」が付与された場合は、該「第2の特別確変大当り遊技」が終了した際に、「高確/変短あり2」の遊技状態である遊技モード2に移行する。そして、メイン制御CPU60aから、演出制御CPU65aへ遊技モード2を示す制御信号が出力されると共に、前記ホールコンピュータHCに向けて情報信号2が出力される。これにより、ホールコンピュータHCが、実施例のパチンコ機10が「高確/変短あり2」の遊技状態である遊技モード2に移行したことを把握し得る。また、大当り遊技として「第3の特別確変大当り遊技」が付与された場合は、該「第3の特別確変大当り遊技」が終了した際に、「高確/変短あり3」の遊技状態である遊技モード3に移行する。そして、メイン制御CPU60aから、演出制御CPU65aへ遊技モード3を示す制御信号が出力されると共に、前記ホールコンピュータHCに向けて情報信号3が出力される。これにより、ホールコンピュータHCが、実施例のパチンコ機10が「高確/変短あり3」の遊技状態である遊技モード3に移行したことを把握し得る。

0147

また、実施例のパチンコ機10は、大当り遊技として「短縮確変大当り遊技」が付与された場合は、該「短縮確変大当り遊技」が終了した際に、「高確/変短なし」の遊技状態である遊技モード4に移行する。そして、メイン制御CPU60aから、演出制御CPU65aへ遊技モード4を示す制御信号が出力されると共に、前記ホールコンピュータHCに向けて情報信号4が出力される。これにより、ホールコンピュータHCが、実施例のパチンコ機10が「高確/変短なし」の遊技状態である遊技モード4に移行したことを把握し得る。また、実施例のパチンコ機10は、大当り遊技として「第1の通常非確変大当り遊技」が付与された場合は、該「第1の通常非確変大当り遊技」が終了した際に、「低確/変短あり4」の遊技状態である遊技モード5に移行する。そして、メイン制御CPU60aから、演出制御CPU65aへ遊技モード5を示す制御信号が出力されると共に、前記ホールコンピュータHCに向けて情報信号5が出力される。これにより、ホールコンピュータHCが、実施例のパチンコ機10が「低確/変短あり4」の遊技状態である遊技モード5に移行したことを把握し得る。更に、大当り遊技として「第2の通常非確変大当り遊技」が付与された場合は、該「第2の通常非確変大当り遊技」が終了した際に、「低確/変短あり5」の遊技状態である遊技モード6に移行する。そして、メイン制御CPU60aから、演出制御CPU65aへ遊技モード6を示す制御信号が出力されると共に、前記ホールコンピュータHCに向けて情報信号6が出力される。これにより、ホールコンピュータHCが、実施例のパチンコ機10が「低確/変短あり5」の遊技状態である遊技モード6に移行したことを把握し得る。また更に、大当り遊技として「短縮非確変大当り遊技」が付与された場合は、該「短縮非確変大当り遊技」が終了した際に、「低確/変短なし」の遊技状態である遊技モード7に移行する。そして、メイン制御CPU60aから、演出制御CPU65aへ遊技モード7を示す制御信号が出力されると共に、前記ホールコンピュータHCに向けて情報信号7が出力される。これにより、ホールコンピュータHCが、実施例のパチンコ機10が「低確/変短なし」の遊技状態である遊技モード7に移行したことを把握し得る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 沖マイクロ技研株式会社の「 遊技機の可動役物の移動機構」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可動役物を上規定位置から落下させた際、下規定位置の落下点で確実に停止し、かつ静止させ、機構の耐久性の確保と共に遊技者の興趣を損なわせない遊技機の可動役物の移動機構を提供する。【解決手段】遊技機... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】部材個数を削減することができる遊技機を提供すること。【解決手段】被軸支手段760が電気配線DK2にかかる負荷を減らすよう変位することで、電気配線DK2の変位量自体を減らしたり、電気配線DK2の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ