図面 (/)

技術 ポリアリーレンスルフィド系組成物

出願人 東ソー株式会社
発明者 後藤博之山野直樹
出願日 2015年11月6日 (5年9ヶ月経過) 出願番号 2015-218183
公開日 2017年5月25日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2017-088690
状態 特許登録済
技術分野 高分子組成物
主要キーワード イーティ メガヘルツ帯 炭化珪素ウイスカー 中空ガラス繊維 窒化珪素ウイスカー 平ガラス OA機器部材 ギガヘルツ帯
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年5月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯電波透過性に優れ、さらには耐衝撃性にも優れることから、特に通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコンタブレット携帯電話など携帯端末機器筐体等の電子電気部品用途、又は自動車電装部品等の電気部品用途に有用なポリアリーレンスルフィド系組成物を提供する。

解決手段

ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、少なくともエチレン系重合体(B)15〜30重量部、ガラス繊維(C)15〜65重量部、白色着色剤(D)15〜40重量部、青着色剤(E)0.03〜2重量部、及び紫着色剤(F)0.1〜5重量部を含んでなることを特徴とするポリアリーレンスルフィド系組成物。

概要

背景

ポリ(p−フェニレンスルフィド)に代表されるポリアリーレンスルフィドは、優れた機械的特性熱的特性電気的特性耐薬品性を有することから、多くの電子電気機器部材や自動車機器部材、その他OA機器部材等に幅広く使用されている。このようなポリアリーレンスルフィドは、ガラス繊維等の繊維状充填材炭酸カルシウムタルク等の粉状又は粒状の無機充填材カーボンブラック酸化チタン赤顔料、青顔料等の着色材を配合することにより、機械的強度耐熱性剛性を大きく向上させ、また着色を行うことができる。

しかし、これら配合材、例えばガラス繊維、酸化チタン等は高い誘電率、誘電正接を有することから、これらを配合するポリアリーレンスルフィド系組成物は誘電率、誘電正接の高いものとなる。このような高誘電率、高誘電正接を有するポリアリーレンスルフィド系組成物は、例えば、通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯電波を利用するモバイルパソコンタブレット携帯電話などの筐体のような、低誘電率低誘電正接が要求される用途には適しておらず、誘電率、誘電正接を低くするために、ガラス繊維、酸化チタン等の配合量を下げることが求められた。しかし、酸化チタン等の配合量を下げると、外装部品として必要な白色調に劣るものとなり、また、ガラス繊維等の配合量を下げると耐衝撃性等の機械的強度が十分に得られないという課題が発生するものであった。

そこで、白色調に優れる成形品を提供しうる組成物として、ポリアリーレンサルファイド樹脂(A)、繊維状充填材(B)、及び硫化亜鉛(C)からなるポリアリーレンサルファイド樹脂組成物(例えば特許文献1参照。)や、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対して、細孔容積が1.00ml/g以下であり、平均細孔径が100オングストローム以下であるシリカ(B)を0.01〜15重量部を含むポリアリーレンスルフィド樹脂組成物(例えば特許文献2参照。)等が提案されている。

また、ポリアリーレンスルフィドの耐衝撃性を改良するための技術として、ポリアリーレンスルフィドにα,β−不飽和カルボン酸アルキルエステル無水マレイン酸からなるエチレン系共重合体を配合する樹脂組成物(例えば特許文献3参照。)、ポリアリーレンスルフィドにα−オレフィンとα,β−不飽和酸グリシジルエステルエチレンからなるエチレン系共重合体を配合する樹脂組成物(例えば特許文献4参照。)、特定のポリアリーレンスルフィドにエチレンおよびグリシジルエステルを含有するオレフィン系共重合体、特定の弾性体、カーボンブラックを配合する樹脂組成物(例えば特許文献5参照。)等が提案されている。

概要

外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率、低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波の透過性に優れ、さらには耐衝撃性にも優れることから、特に通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコン、タブレット、携帯電話など携帯端末機器の筐体等の電子・電気部品用途、又は自動車電装部品等の電気部品用途に有用なポリアリーレンスルフィド系組成物を提供する。ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、少なくともエチレン系重合体(B)15〜30重量部、ガラス繊維(C)15〜65重量部、白色着色剤(D)15〜40重量部、青着色剤(E)0.03〜2重量部、及び紫着色剤(F)0.1〜5重量部を含んでなることを特徴とするポリアリーレンスルフィド系組成物。 なし

目的

本発明は、外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率、低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波の透過性に優れ、かつ外装部品として必要な耐衝撃性を有するポリアリーレンスルフィド系組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、少なくともエチレン系重合体(B)15〜30重量部、ガラス繊維(C)15〜65重量部、白色着色剤(D)15〜40重量部、青着色剤(E)0.03〜2重量部、及び紫着色剤(F)0.1〜5重量部を含んでなることを特徴とするポリアリーレンスルフィド系組成物

請求項2

さらに、脂肪酸アミド系滑剤(G−1)、カルナバワックス(G−2)からなる群より選択される少なくとも1種以上の離型剤(G)を含んでなることを特徴とする請求項1に記載のポリアリーレンスルフィド系組成物。

請求項3

ポリアリーレンスルフィド(A)が、溶融温度310℃、加圧力100kgf/cm2で圧縮成形した成形体明度L値)が70以上を示すものであることを特徴とする請求項1又は2に記載のポリアリーレンスルフィド系組成物。

請求項4

エチレン系重合体(B)が、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル無水マレイン酸共重合体(B−1)、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル共重合体(B−2)、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−酢酸ビニル共重合体(B−3)、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル共重合体(B−4)及び無水マレイン酸グラフト変性エチレン系重合体(B−5)からなる群より選択される少なくとも1種以上の変性エチレン系重合体であることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のポリアリーレンスルフィド系組成物。

請求項5

ガラス繊維(C)が、繊維断面アスペクト比2〜4を有する扁平ガラス繊維であることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載のポリアリーレンスルフィド系組成物。

請求項6

白色着色剤(D)が、酸化チタン(D−1)、硫化亜鉛(D−2)及び酸化亜鉛(D−3)からなる群より選択される少なくとも1種以上の白色着色剤であることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載のポリアリーレンスルフィド系組成物。

請求項7

シリンダー温度310℃、金型温度135℃で射出成形した際の成形体が、W(白色度)値が82以上、YI(イエローインデックス)値が2以下、a(L、a、b色空間において赤と緑との補色の相対位置を表わす)値が−3〜1(ここでa値は−3及び1も含む。)、かつb(L、a、b色空間において黄と青との補色の相対位置を表わす)値が3以下を同時に示すものであることを特徴とする請求項1〜6のいずれかに記載のポリアリーレンスルフィド系組成物。

技術分野

0001

本発明は、外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯電波透過性に優れ、さらには耐衝撃性にも優れるポリアリーレンスルフィド系組成物に関するものであり、さらに詳しくは、特に通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコンタブレット携帯電話などの携帯端末機器筐体等の電子電気部品用途、又は自動車電装部品等の電気部品用途に有用なポリアリーレンスルフィド系組成物に関するものである。

背景技術

0002

ポリ(p−フェニレンスルフィド)に代表されるポリアリーレンスルフィドは、優れた機械的特性熱的特性電気的特性耐薬品性を有することから、多くの電子・電気機器部材や自動車機器部材、その他OA機器部材等に幅広く使用されている。このようなポリアリーレンスルフィドは、ガラス繊維等の繊維状充填材炭酸カルシウムタルク等の粉状又は粒状の無機充填材カーボンブラック酸化チタン赤顔料、青顔料等の着色材を配合することにより、機械的強度耐熱性剛性を大きく向上させ、また着色を行うことができる。

0003

しかし、これら配合材、例えばガラス繊維、酸化チタン等は高い誘電率、誘電正接を有することから、これらを配合するポリアリーレンスルフィド系組成物は誘電率、誘電正接の高いものとなる。このような高誘電率、高誘電正接を有するポリアリーレンスルフィド系組成物は、例えば、通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコン、タブレット、携帯電話などの筐体のような、低誘電率、低誘電正接が要求される用途には適しておらず、誘電率、誘電正接を低くするために、ガラス繊維、酸化チタン等の配合量を下げることが求められた。しかし、酸化チタン等の配合量を下げると、外装部品として必要な白色調に劣るものとなり、また、ガラス繊維等の配合量を下げると耐衝撃性等の機械的強度が十分に得られないという課題が発生するものであった。

0004

そこで、白色調に優れる成形品を提供しうる組成物として、ポリアリーレンサルファイド樹脂(A)、繊維状充填材(B)、及び硫化亜鉛(C)からなるポリアリーレンサルファイド樹脂組成物(例えば特許文献1参照。)や、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対して、細孔容積が1.00ml/g以下であり、平均細孔径が100オングストローム以下であるシリカ(B)を0.01〜15重量部を含むポリアリーレンスルフィド樹脂組成物(例えば特許文献2参照。)等が提案されている。

0005

また、ポリアリーレンスルフィドの耐衝撃性を改良するための技術として、ポリアリーレンスルフィドにα,β−不飽和カルボン酸アルキルエステル無水マレイン酸からなるエチレン系共重合体を配合する樹脂組成物(例えば特許文献3参照。)、ポリアリーレンスルフィドにα−オレフィンとα,β−不飽和酸グリシジルエステルエチレンからなるエチレン系共重合体を配合する樹脂組成物(例えば特許文献4参照。)、特定のポリアリーレンスルフィドにエチレンおよびグリシジルエステルを含有するオレフィン系共重合体、特定の弾性体、カーボンブラックを配合する樹脂組成物(例えば特許文献5参照。)等が提案されている。

先行技術

0006

特開平05−039417号公報(例えば特許請求の範囲参照。)
特公平09−071723号公報(例えば特許請求の範囲参照。)
特開昭62−151460号公報(例えば特許請求の範囲参照。)
特開昭58−154757号公報(例えば特許請求の範囲参照。)
特表2007−502894号公報(例えば特許請求の範囲参照。)

発明が解決しようとする課題

0007

しかし、特許文献1〜2に提案された樹脂組成物は、白色調として十分でない上に、誘電率、誘電正接も、通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコン、タブレット、携帯電話などの携帯端末機器の筐体等に使用するには十分に低いもではなく、さらには耐衝撃性等に課題を有していた。また、特許文献3〜5に提案された樹脂組成物は、耐衝撃性には優れるものの、外装部品として必要な白色調、低い誘電率、誘電正接については何ら述べられていないものであった。即ち、これらの提案はおしなべて、優れた白色調、低い誘電率、誘電正接、高い耐衝撃性を同時に満足することは難しいものであった。

0008

そこで、本発明は、外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率、低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波の透過性に優れ、かつ外装部品として必要な耐衝撃性を有するポリアリーレンスルフィド系組成物を提供することを目的とし、さらに詳しくは、特に通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコン、タブレット、携帯電話などの携帯端末機器の筐体等の電子・電気部品用途、又は自動車電装部品等の電気部品用途に有用なポリアリーレンスルフィド系組成物を提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

本発明者は、上記の課題を解決すべく鋭意検討した結果、ポリアリーレンスルフィド、エチレン系重合体、ガラス繊維、白色着色剤、青着色剤、及び紫着色剤から構成され、その配合割合を特定の範囲とし、更には、必要に応じて離型剤を配合するポリアリーレンスルフィド系組成物が、白色調に優れ、低誘電率、低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波の透過性に優れ、さらには耐衝撃性にも優れるものとなり得ることを見出し、本発明を完成させるに至った。

0010

すなわち、本発明は、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、少なくともエチレン系重合体(B)15〜30重量部、ガラス繊維(C)15〜65重量部、白色着色剤(D)15〜40重量部、青着色剤(E)0.03〜2重量部、及び紫着色剤(F)0.1〜5重量部を含んでなることを特徴とするポリアリーレンスルフィド系組成物に関するものである。

0011

以下に、本発明を詳細に説明する。

0012

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成するポリアリーレンスルフィド(A)としては、一般にポリアリーレンスルフィドと称される範疇に属するものであればよく、該ポリアリーレンスルフィドとしては、例えばp−フェニレンスルフィド単位、m−フェニレンスルフィド単位、o−フェニレンスルフィド単位、フェニレンスルフィドスルフォン単位、フェニレンスルフィドケトン単位、フェニレンスルフィドエーテル単位ビフェニレンスルフィド単位からなる単独重合体又は共重合体を挙げることができ、該ポリアリーレンスルフィドの具体的例示としては、ポリ(p−フェニレンスルフィド)、ポリフェニレンスルフィドスルフォン、ポリフェニレンスルフィドケトン、ポリフェニレンスルフィドエーテル等が挙げられ、その中でも、特に耐熱性、強度特性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、ポリ(p−フェニレンスルフィド)であることが好ましい。

0013

該ポリアリーレンスルフィド(A)は、特に白色調に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、溶融温度310℃、加圧力100kgf/cm2で圧縮成形した成形体明度L値)が70以上であるポリアリーレンスルフィドであることが好ましい。

0014

該ポリアリーレンスルフィド(A)は、特に機械的強度と成形流動性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物が得られることから、直径1mm、長さ2mmのダイスを装着した高化式フローテスターにて、測定温度315℃、荷重10kgの条件下で測定した溶融粘度が50〜1000ポイズのポリアリーレンスルフィドであることが好ましい。

0015

該ポリアリーレンスルフィド(A)の製造方法としては、ポリアリーレンスルフィドの製造方法として知られている方法により製造することが可能であり、例えば極性溶媒中硫化アルカリ金属塩ポリハロ芳香族化合物重合することにより得ることが可能である。その際の極性有機溶媒としては、例えばN−メチル−2−ピロリドン、N−エチル2−ピロリドンシクロヘキシルピロリドンジメチルホルムアミドジメチルアセトアミド等を挙げることができ、硫化アルカリ金属塩としては、例えば硫化ナトリウム硫化ルビジウム硫化リチウム無水物又は水和物を挙げることができる。また、硫化アルカリ金属塩としては、水硫化アルカリ金属塩アルカリ金属水酸化物を反応させたものであってもよい。ポリハロ芳香族化合物としては、例えばp−ジクロロベンゼン、p−ジブロモベンゼン、p−ジヨードベンゼン、m−ジクロロベンゼン、m−ジブロモベンゼン、m−ジヨードベンゼン、4,4’−ジクロロジフェニルスルホン、4,4’−ジクロロベンゾフェノン、4,4’−ジクロロジフェニルエーテル、4,4’−ジクロロビフェニル等を挙げることができる。

0016

また、該ポリアリーレンスルフィド(A)としては、直鎖状のものであっても、重合時にトリハロゲン以上のポリハロゲン化合物を少量添加して若干の架橋又は分岐構造を導入したものであっても、ポリアリーレンスルフィドの分子鎖の一部及び/又は末端を例えばカルボキシル基カルボキシ金属塩、アルキル基アルコキシ基アミノ基、ニトロ基等の官能基により変性されたものであっても、窒素などの非酸化性不活性ガス中で加熱処理を施したものであってもかまわないし、さらにこれらの構造の混合物であってもかまわない。また、該ポリアリーレンスルフィド(A)は、加熱硬化前又は後に脱イオン処理酸洗浄熱水洗浄など)、あるいはアセトンメチルアルコールなどの有機溶媒による洗浄処理を行うことによってイオンオリゴマーなどの不純物を低減させたものであってもよい。さらに、重合反応終了後に不活性ガス又は酸化性ガス中で加熱処理を行い、硬化を行ったものであってもよい。

0017

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成するエチレン系重合体(B)は、ポリアリーレンスルフィド系組成物の耐衝撃性を改良するものであり、エチレン単量体を重合してなるエチレン系重合体の範疇に属するものであればよく、中でも、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル−無水マレイン酸共重合体(B−1)、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル共重合体(B−2)、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−酢酸ビニル共重合体(B−3)、エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル共重合体(B−4)及び無水マレイン酸グラフト変性エチレン系重合体(B−5)からなる群より選択される少なくとも1種以上の変性エチレン系重合体であることが好ましい。

0018

該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル−無水マレイン酸共重合体(B−1)としては、この範疇に属するものであれば如何なるものを用いても良く、中でも得られるポリアリーレンスルフィド系組成物が耐衝撃性等に優れることから、エチレン残基単位:α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル残基単位:無水マレイン酸残基単位(重量比)=50〜98:40〜1:10〜1の範囲であることが好ましい。該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル−無水マレイン酸共重合体(B−1)の具体的例示としては、(商品名)ボンダインLX4110(アルケマ(株)製)、(商品名)ボンダインTX8030(アルケマ(株)製)、(商品名)ボンダインAX8390(アルケマ(株)製)等が挙げられる。

0019

該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル共重合体(B−2)としては、この範疇に属するものであれば如何なるものを用いても良く、中でも得られるポリアリーレンスルフィド系組成物が耐衝撃性等に優れることから、エチレン残基単位:α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル残基単位(重量比)=85〜99:15〜1の範囲であることが好ましい。該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル共重合体(B−2)の具体的例示としては、(商品名)ボンドファースト2C(住友化学(株)製)、(商品名)ボンドファーストE(住友化学(株)製)等が挙げられる。

0020

該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−酢酸ビニル共重合体(B−3)としては、この範疇に属するものであれば如何なるものを用いても良く、中でも得られるポリアリーレンスルフィド系組成物が耐衝撃性等に優れることから、エチレン残基単位:α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル残基単位:酢酸ビニル残基単位(重量比)=50〜98:15〜1:35〜1の範囲であることが好ましい。該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−酢酸ビニル共重合体(B−3)の具体的例示としては、(商品名)ボンドファースト2B(住友化学(株)製)、(商品名)ボンドファースト7B(住友化学(株)製)等が挙げられる。

0021

該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル共重合体(B−4)としては、この範疇に属するものであれば如何なるものを用いても良く、中でも得られるポリアリーレンスルフィド系組成物が耐衝撃性等に優れることから、エチレン残基単位:α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル残基単位:α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル残基単位(重量比)=50〜98:10〜1:40〜1の範囲であることが好ましい。該エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル共重合体(B−4)の具体的例示としては、(商品名)ボンドファースト7L(住友化学(株)製)、(商品名)ボンドファースト7M(住友化学(株)製)等が挙げられる。

0022

該無水マレイン酸グラフト変性エチレン系重合体(B−5)としては、この範疇に属するものであれば如何なるものを用いても良く、中でも得られるポリアリーレンスルフィド系組成物が耐衝撃性等に優れることから、エチレン残基単位:α−オレフィン残基単位:無水マレイン酸残基単位(重量比)=50〜98:45〜1:5〜1の範囲からなるものであることが好ましく、具体的には無水マレイン酸グラフト変性直鎖状低密度ポリエチレン、無水マレイン酸グラフト変性エチレンプロピレンゴム等が挙げられる。該無水マレイン酸グラフト変性エチレン−α−オレフィン共重合体は、例えばエチレン−α−オレフィン共重合体、過酸化物、無水マレイン酸を共存し、グラフト化反応を進行することにより入手することが可能である。

0023

そして、該エチレン系重合体(B)を構成するα−オレフィンとは、炭素数が3以上のα−オレフィンを言い、例えばプロピレンブテン−1、4−メチルペンテン−1、ヘキセン−1、オクテン−1等を例示できる。また、α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステルとしては、例えばアクリル酸メタクリル酸等のアルキルエステルが挙げられ、具体的には、アクリル酸メチルアクリル酸エチル、アクリル酸n−プロピル、アクリル酸イソプロピルアクリル酸n−ブチルアクリル酸イソブチル、アクリル酸t−ブチルメタクリル酸メチルメタクリル酸エチル、メタクリル酸n−プロピル、メタクリル酸イソプロピル、メタクリル酸n−ブチルメタクリル酸イソブチル、メタクリル酸t−ブチル等が挙げられる。α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステルとしては、例えばアクリル酸グリシジルエステルメタクリル酸グリシジルエステルが挙げられる。

0024

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する該エチレン系重合体(B)の配合量は、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、15〜30重量部である。該エチレン系重合体(B)の配合量が15重量部未満である場合、得られる組成物は耐衝撃性に劣るものとなる。一方、該エチレン系重合体(B)の配合量が30重量部を越える場合、得られる組成物は誘電率、誘電正接が高いものとなる。

0025

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成するガラス繊維(C)は、ポリアリーレンスルフィド系組成物の耐衝撃性、機械的強度を改良するものであり、該ガラス繊維(C)としては、一般にガラス繊維と称すものであれば如何なるものを用いてもよい。該ガラス繊維の具体的例示としては、平均繊維径が6〜14μmのチョップドストランド繊維断面アスペクト比が2〜4の扁平ガラス繊維からなるチョップドストランド、ミルドファイバーロービング等のガラス繊維;シラン繊維;アルミノ珪酸塩ガラス繊維;中空ガラス繊維;ノンホーローガラス繊維等が挙げられ、その中でもとりわけ耐衝撃性と成形流動性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、繊維断面のアスペクト比が2〜4である扁平ガラス繊維からなるチョップドストランドであることが好ましい。繊維断面のアスペクト比が4であるチョップドストランドとしては、例えば(商品名)CSG−3PA 830(日東紡(株)製)、繊維断面のアスペクト比が2であるチョップドストランドとしては、(商品名)CSG−3PL830(日東紡(株)製)等が挙げられる。これらのガラス繊維(C)は2種以上を併用することも可能であり、必要によりエポキシ系化合物イソシアネート系化合物シラン系化合物チタネート系化合物等の官能性化合物又はポリマーで、予め表面処理したものを用いてもよい。

0026

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する該ガラス繊維(C)の配合量は、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、15〜65重量部である。該ガラス繊維(C)の配合量が15重量部未満である場合、得られる組成物は耐衝撃性に劣るものとなる。一方、該ガラス繊維(C)の配合量が65重量部を越える場合、得られる組成物は誘電率、誘電正接が高いものとなる。

0027

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する白色着色剤(D)としては、有機系、無機系を問わず如何なるものをも用いることが可能である。中でも、特に白色調に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、酸化チタン(D−1)、硫化亜鉛(D−2)及び酸化亜鉛(D−3)からなる群より選択される少なくとも1種以上の白色着色剤であることが好ましい。

0028

該酸化チタン(D−1)としては、白着色剤として使用されている範疇のものであれば、特に制限はなく、中でも、白色調、耐衝撃性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、平均一次粒子径200〜400nm、比表面積5〜15m2/gである、ルチル結晶又はアナタース結晶の酸化チタンが好ましい。この様な酸化チタンの具体的な例示としては、例えば(商品名)タイペークCR−60(石原産業(株)製、平均一次粒子径:210nm、比表面積:10m2/g、ルチル結晶)等が挙げられる。

0029

該硫化亜鉛(D−2)としては、白着色剤として使用されている範疇のものであれば、形状等に制限はなく、例えば球状等の等方性を示すものであってもよく、繊維状、紡錘状、棒状、針状、筒状、柱状、板状などの異方性を示すものであってもよい。さらに、硫化亜鉛は、その表面が被覆処理されているもの、又はされていないもののいずれも用いることができ、表面が被覆処理される場合の表面被覆処理剤に制限はない。このような硫化亜鉛の具体的な例示としては、例えば(商品名)サクトリスHD(Sachtleben製)等が挙げられる。

0030

該酸化亜鉛(D−3)としては、白着色剤として使用されている範疇のものであれば、特に制限はなく、中でも、白色調、耐衝撃性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、平均粒子径300〜1500nm、比表面積2〜6m2/gである酸化亜鉛が好ましい。この様な酸化亜鉛の具体的な例示としては、例えば(商品名)銀A(東邦亜鉛(株)製、平均粒子径:600nm、比表面積:5m2/g)等が挙げられる。

0031

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する該白色着色剤(D)の配合量は、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、15〜40重量部である。該白色着色剤(D)の配合量が15重量部未満である場合、得られる組成物はW(白色度)が低く白色調に劣るものとなる。一方、該白色着色剤(D)の配合量が40重量部を越える場合、得られる組成物は耐衝撃性に劣り、誘電率、誘電正接が高いものとなる。

0032

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する青着色剤(E)は、ポリアリーレンスルフィドが本来有する黄味を消すために配合されるものである。ここで、さらに青色着色剤を配合する必要性を詳述する。色空間を表わす数値の1つとして、L値、a値、b値があり、L値は色の明度(L=0は黒体、L=100は完全な白色を表わす。)を、a値は赤と緑との補色の相対位置(負の値が大きいほど緑寄りで、正の値が大きいほど赤寄りを表わす。)を、b値は黄と青との補色の相対位置(負の値が大きいほど青寄りで、正の値が大きいほど黄寄りを表わす。)をそれぞれ表わすが、ポリアリーレンスルフィドに着色剤として該白色着色剤(D)を配合しただけでは、L値は100に近づくものの、ポリアリーレンスルフィドが本来有する黄味により、b値は正の値となり、その成形体は目視外観でも黄味を帯びた白色となってしまう。ここに該青着色剤(E)を配合することで、b値を負の方向に動かし、成形体の目視外観においても黄味の無い白色とすることが可能となる。

0033

該青着色剤(E)としては、有機系、無機系を問わず青着色剤として使用されている如何なるものも用いることが可能である。中でも、白色調、耐衝撃性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、例えばウルトラマリンブルー(Pigment Blue29)、フタロシアニンブルーピグメントブルー15−1、ピグメントブルー15−4)等の青着色剤が好ましい例として挙げられる。この様な青着色剤の具体的な例示としては、例えば、Pigment Blue29としては、(商品名)H04F583((株)ヘキサケミカル製)、(商品名)群青No.1900(第一化成工業(株)製)等が挙げられ、フタロシアニンブルーとしては、(商品名)シアニンブルー4940−SF(大日精化工業(株)製)、(商品名)シアニンブルー2045(山陽色素(株)製)等が挙げられる。

0034

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する該青着色剤(E)の配合量は、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、0.03〜2重量部である。該青着色剤(E)の配合量が0.02重量部未満である場合、得られる組成物は黄味を帯びた白色となり白色調に劣るものとなる。一方、該青着色剤(D)の配合量が2重量部を越える場合、得られる組成物はW(白色度)が低下し、白色調が劣るものとなる。

0035

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する紫着色剤(F)は、ポリアリーレンスルフィドに着色剤として該白色着色剤(D)と該青着色剤(E)とを配合するだけでは、a値、b値の色空間において、b値は負の方向(青味)になるものの、a値も負の方向(緑味)となることから、これを解消し、a値、b値ともにに近づけるために配合するものである。

0036

該紫着色剤(F)としては、有機系、無機系を問わず紫着色剤として使用されている如何なるものも用いることが可能である。中でも、白色調、耐衝撃性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、例えばウルトラマリンバイオレット(Pigment Violet15)、キナクリドン(Pigment Violet19)、ジオキサジン(Pigment Violet23)等の紫着色剤が好ましい例として挙げられる。この様な紫着色剤の具体的な例示としては、例えば、ウルトラマリンバイオレットとしては、(商品名)H03A120((株)ヘキサケミカル製)等が挙げられ、キナクリドンとしては、(商品名)キナクリドン(東京化成工業(株)製)等が挙げられ、ジオキサジンとしては、(商品名)FG−6140(トーヨーカラー(株)製)等が挙げられる。

0037

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を構成する該紫着色剤(F)の配合量は、ポリアリーレンスルフィド(A)100重量部に対し、0.1〜5重量部である。該紫着色剤(F)の配合量が0.1重量部未満である場合、得られる組成物は緑味を帯び、白色調に劣るものとなる。一方、該紫着色剤(F)の配合量が5重量部を越える場合、得られる組成物はW(白色度)が低下し、かつ赤味を帯び、白色調が劣るものとなる。

0038

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物は、特に成形加工性に優れるものとなることから、さらに、離型剤(G)を配合してなるものが好ましい。該離型剤(G)は、脂肪酸アミド系滑剤(G−1)、カルナバワックス(G−2)から選択される1種以上のものであることが好ましく、該脂肪酸アミド系滑剤(G−1)、カルナバワックス(G−2)は市販のものが使用できる。該脂肪酸アミド系滑剤(G−1)は、高級脂肪酸アミドエチレンビスステアロアミド、高級脂肪酸及びジアミンからなる重縮合物などが挙げられ、この範疇に属するものであれば如何なるものを用いることも可能であり、例えばステアリン酸セバシン酸エチレンジアミンからなる重縮合物である、(商品名)ライトアマイドWH−255(共栄社化学(株)製)等を挙げることができる。また、該カルナバワックス(G−2)としては、一般にカルナバワックスと称するものであれば如何なるものを用いる事が可能であり、例えば(商品名)精製カルナバ粉末1号(日興リカ(株)製)等を挙げることができる。該離型剤(G)の配合量としては、成形流動性に優れるポリアリーレンスルフィド系組成物となることから、ポリアリーレンスルフィド樹脂(A)100重量部に対して、0.1〜3重量部であることが好ましい。

0039

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物は、本発明の効果を損なわない範囲で、炭素繊維窒化珪素ウイスカー塩基性硫酸マグネシウムウイスカーチタン酸バリウムウイスカー、チタン酸カリウムウイスカー炭化珪素ウイスカーボロンウイスカー等のウイスカー;ロックウールジルコニア、チタン酸バリウム、炭化珪素、シリカ、高炉スラグ等の無機系繊維全芳香族ポリアミド繊維フェノール樹脂繊維全芳香族ポリエステル繊維等の有機系繊維ワラステナイトマグネシウムオキシサルフェート等の鉱物系繊維が添加されたものであってもよいし、本発明の効果を損なわない範囲で、炭酸カルシウム、炭酸リチウム炭酸マグネシウム炭酸亜鉛マイカ、シリカ、タルク、クレイ硫酸カルシウムカオリン、ワラステナイト、ゼオライト酸化珪素酸化マグネシウム酸化ジルコニウム酸化スズ珪酸マグネシウム珪酸カルシウムリン酸カルシウムリン酸マグネシウムハイドロタルサイトガラスパウダーガラスバルーンガラスフレークが添加されたものであっても構わない。

0040

また、本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物は、本発明の効果を損なわない範囲で、従来公知のタルク、カオリン、シリカなどの結晶核剤ポリアルキレンオキサイドオリゴマー化合物チオエーテル系化合物エステル系化合物有機リン化合物などの可塑剤滑剤発泡剤などの通常の添加剤を1種以上添加するものであってもよい。

0042

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物を製造する際の製造方法としては特に制限はなく、一般的な混合・混練方法として知られている方法を用いる事が可能であり、例えば全ての原材料を配合し溶融混練する方法;原材料の一部を配合した後で溶融混練し、さらに残りの原材料を配合し溶融混練する方法;あるいは原材料の一部を配合後単軸又は二軸押出機により溶融混練中にサイドフィーダーを用いて残りの原材料を混合する方法、など、いずれの方法を用いてもよい。また、小量の添加成分については、他の成分を上記の方法などで混練ペレット化した後、成形前に添加することで使用してもよい。そして、溶融混練を行う方法としては、従来から使用されている加熱溶融混練方法を用いることができ、例えば単軸又は二軸押出機ニーダーミルブラベンダーなどによる加熱溶融混練方法が挙げられ、特に混練能力に優れた二軸押出機による溶融混練方法が好ましい。また、この際の混練温度は特に限定されるものではなく、通常280〜320℃の中から任意に選ぶことができる。

0043

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物の成形方法としては、射出成形機押出成形機圧縮成形機などが挙げられ、これらの方法を用いて任意の形状に成形することができ、特に射出成形には好適な樹脂組成物である。

0044

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物は、外装部品としての白色調に優れたものとなることから、シリンダー温度310℃、金型温度135℃で射出成形した成形体のW値が82以上、YI値が2以下、a値が−3〜1(ここでa値は−3及び1も含む。)、かつb値が3以下であることを同時に満足することが好ましい。

0045

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物は、外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率、低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波の透過性に優れ、さらには耐衝撃性にも優れることから、特に通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコン、タブレット、携帯電話など携帯端末機器の筐体等の電子・電気部品用途、又は自動車電装部品等の電気部品用途に有用なものである。

発明の効果

0046

本発明は、外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率、低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波の透過性に優れ、さらには耐衝撃性にも優れるポリアリーレンスルフィド系組成物を提供するものであり、該ポリアリーレンスルフィド系組成物は、通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコン、タブレット、携帯電話など携帯端末機器の筐体等の電子・電気部品用途、又は自動車電装部品等の電気部品用途に有用なものである。

0047

以下に、本発明を実施例により具体的に説明するが、本発明はこれらによりなんら制限されるものではない。

0048

実施例及び比較例において用いた、ポリアリーレンスルフィド(A)、エチレン系重合体(B)、ガラス繊維(C)、白色着色剤(D)、青着色剤(E)、紫着色剤(F)、及び離型剤(G)を以下に示す。

0049

<ポリアリーレンスルフィド(A)>
ポリ(p−フェニレンスルフィド)(以下、PPS(A−1)と記す。):溶融粘度350ポイズ、明度(L値)82。
ポリ(p−フェニレンスルフィド)(以下、PPS(A−2)と記す。):溶融粘度470ポイズ、明度(L値)78。

0050

<エチレン系重合体(B)>
エチレン−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル−無水マレイン酸共重合体(B−1−1)(以下、エチレン系重合体(B−1−1)と記す。):アルケマ(株)製、(商品名)ボンダインAX8390。
エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル共重合体(B−2−1)(以下、エチレン系重合体(B−2−1)と記す。):住友化学(株)製、(商品名)ボンドファーストE。
エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル共重合体(B−4−1)(以下、エチレン系重合体(B−4−1)と記す。):住友化学(株)製、(商品名)ボンドファースト7M。

0051

<ガラス繊維(C)>
ガラス繊維(C−1);日東紡(株)製チョップドストランド、(商品名)CSG−3PA 830、繊維断面のアスペクト比4。
ガラス繊維(C−2);日東紡(株)製チョップドストランド、(商品名)CSG−3PL830、繊維断面のアスペクト比2。

0052

<白色着色剤(D)>
酸化チタン(E−1−1);(商品名)タイペークCR−60(石原産業(株)製、平均一次粒子径:210nm、比表面積:10m2/g、ルチル結晶)。
硫化亜鉛(E−2−1);(商品名)サクトリスHD(Sachtleben製)。
酸化亜鉛(E−3−1);(商品名)銀嶺A(東邦亜鉛(株)製、平均粒子径:600nm、比表面積:5m2/g)。

0053

<青着色剤(E)>
青着色剤(E−1);(商品名)H04F583((株)ヘキサケミカル製、Pigment Blue29が95%以上)
青着色剤(E−2);(商品名)シアニンブルー4940−SF(大日精化工業(株)製)。

0054

<紫着色剤(F)>
紫着色剤(F−1);(商品名)H03F120((株)ヘキサケミカル製、Pigment Violet15が90%以上)
紫着色剤(F−2):(商品名)キナクリドン(東京化成工業(株)製)。

0055

<離型剤(G)>
脂肪酸アミド系滑剤(G−1−1)(以下、離型剤(G−1−1)と記す。);共栄社化学(株)製、(商品名)ライトアマイドWH−255。
カルナバワックス(G−2−1)(以下、離型剤(G−2−1)と記す。);日興リカ(株)製、(商品名)精製カルナバ粉末1号。

0056

<合成例1(PPS(A−1)の合成)>
攪拌機装備する15リットルオートクレーブに、フレーク硫化ソーダ(Na2S・2.9H2O)1814g、粒状の苛性ソーダ(100%NaOH:和光純薬特級)8.7g及びN−メチル−2−ピロリドン3232gを仕込み窒素気流攪拌しながら徐々に200℃まで昇温して、339gの水を留去した。190℃まで冷却した後、p−ジクロロベンゼン2129g、N−メチル−2−ピロリドン1783gを添加し、窒素気流下に系を封入した。この系を2時間かけて225℃に昇温し、225℃にて1時間重合させた後、25分かけて250℃に昇温し、250℃にて2時間重合を行った。次いで、この系に250℃で蒸留水509gを圧入し、255℃まで昇温してさらに2時間重合反応を行った。重合終了後、室温まで冷却し、重合スラリー遠心濾過器固液分離した。ケーキを窒素気流下でN−メチル−2−ピロリドン、アセトンで順次3回繰り返し洗浄し、さらに、窒素気流下で0.2%塩酸、及び温水で順次洗浄した。得られたポリ(p−フェニレンスルフィド)を105℃で一昼夜乾燥することによって、溶融粘度が350ポイズのPPS(A−1)を得た。

0057

<合成例2(PPS(A−2)の合成)>
攪拌機を装備する15リットルオートクレーブに、フレーク状硫化ソーダ(Na2S・2.9H2O)1814g、粒状の苛性ソーダ(100%NaOH:和光純薬特級)8.7g及びN−メチル−2−ピロリドン3232gを仕込み、窒素気流下攪拌しながら徐々に200℃まで昇温して、340gの水を留去した。190℃まで冷却した後、p−ジクロロベンゼン2100g、N−メチル−2−ピロリドン1783gを添加し、窒素気流下に系を封入した。この系を2時間かけて225℃に昇温し、225℃にて1時間重合させた後、25分かけて250℃に昇温し、250℃にて2時間重合を行った。次いで、この系に250℃で蒸留水509gを圧入し、255℃まで昇温してさらに2時間重合反応を行った。重合終了後、室温まで冷却し、重合スラリーを遠心濾過器で固液分離した。ケーキを窒素気流下でN−メチル−2−ピロリドン、アセトンで順次2回繰り返し洗浄し、さらに、窒素気流下で0.2%塩酸、及び温水で順次洗浄した。得られたポリ(p−フェニレンスルフィド)を105℃で一昼夜乾燥することによって、溶融粘度が470ポイズのPPS(A−2)を得た。

0058

得られたポリアリーレンスルフィド、ポリアリーレンスルフィド系組成物の評価・測定方法を以下に示す。

0059

ポリアリーレンスルフィドの評価・測定方法
〜ポリアリーレンスルフィドの明度(L値)の測定〜
ポリアリーレンスルフィドを溶融温度310℃、加圧力100kgf/cm2の圧力で圧縮成形した後、冷却温度150℃で冷却し、50mm×50mm×1mm厚の成形体を作製し、この成形体を用い、色彩色差計(スガ試験機(株)製、(商品名)SMカラーコンピューター)にて、室温下で明度(L値)の測定を行った。

0060

〜ポリアリーレンスルフィドの溶融粘度測定〜
直径1mm、長さ2mmのダイスを装着した高化式フローテスター((株)島津製作所製、(商品名)CFT−500)にて、測定温度315℃、荷重10kgの条件下で溶融粘度の測定を行った。

0061

ポリアリーレンスルフィド系組成物の評価・測定方法
〜ポリアリーレンスルフィド系組成物のW値(白色度)、YI値(イエローインデックス)、L値(明度)、a値、b値の測定〜
ポリアリーレンスルフィド系組成物をシリンダー温度300℃、金型温度135℃とした射出成形機(住友重機械工業(株)製、(商品名)SE−75S)によって射出成形し、70mm×70mm×2mm厚の成形板を作製し、この成形板を用い、色彩色差計(スガ試験機(株)製、(商品名)SMカラーコンピューター)にて、室温下でW値(白色度)、YI値(イエローインデックス)、L値(明度)、a値、及びb値の測定を行った。

0062

W値が82以上、YI値が2以下、a値が−3〜1(ここでa値は−3及び1も含む。)、かつb値が3以下であるものを、白色調に優れると判断した。

0063

〜誘電率、誘電正接の測定〜
ポリアリーレンスルフィド系組成物をシリンダー温度300℃、金型温度135℃とした射出成形機(住友重機械工業(株)製、(商品名)SE−75S)によって射出成形し、70mm×70mm×1mm厚の成形板を作製し、この成形板から70mm×3mm×1mm厚の誘電率測定試験片切削加工にて作製した。この試験片にて、誘電率測定装置((株)エーイーティー製、(商品名)空洞共振器)を用い、JIS C−2565に準拠して、測定周波数GHzにて誘電率、誘電正接を測定した。誘電率が3.70以下で、かつ誘電正接が0.01以下であるものを実用上十分に低い誘電特性と判断した。

0064

〜耐衝撃性の測定〜
ポリアリーレンスルフィド系組成物を、シリンダー温度300℃、金型温度135℃とした射出成形機(住友重機械工業(株)製、(商品名)SE−75S)によってシャルピー衝撃強度測定用試験片を作製し、ノッチングマシーン((株)東洋精機製作所製、(商品名)A−3型)によりノッチを入れ、シャルピー衝撃試験機((株)東洋精機製作所製、(商品名)DG−CB型)を用いて、ISO179に準拠し測定を行った。シャルピー衝撃強度として12kJ/m2を超えるものを実用上十分な値を示すと判断した。

0065

実施例1
合成例1で得られたPPS(A−1)100重量部に対し、エチレン系重合体(B−1−1)20重量部、白色着色剤(D−1−1)16重量部、青着色剤(E−1)0.1重量部、及び紫着色剤(F−1)0.5重量部を予め均一に混合し、シリンダー温度300℃に加熱した二軸押出機(東機械製、(商品名)TEM−35−102B)のホッパー投入した。一方、ガラス繊維(C−1)をPPS(A−1)100重量部に対して20重量部となるように該二軸押出機のサイドフィーダーのホッパーから投入し、溶融混練してペレット化したポリアリーレンスルフィド系組成物を作製した。

0066

得られたポリアリーレンスルフィド系組成物から、W値、YI値、L値、a値、b値を評価するための70mm×70mm×2mm厚の成形板、誘電率、誘電正接を評価するための70mm×70mm×1mm厚の成形板、および耐衝撃性を評価するためのシャルピー衝撃強度測定用試験片を作製し、W値、YI値、L値、a値、b値、誘電率、誘電正接、及びシャルピー衝撃強度を評価した。評価結果を表1に示した。

0067

得られたポリアリーレンスルフィド系組成物は、実用上十分に大きいW値、実用上十分に小さいYI値、b値、適正な範囲のa値を有すると共に、実用上十分に低い誘電率、誘電正接であった。また、衝撃強度も良好であった。

0068

実施例2〜9
PPS(A−1、A−2)、エチレン系重合体(B−1−1、B−2−1、B−4−1)、白色着色剤(D−1−1、D−2−1、D−3−1)、青着色剤(E−1、E−2)、紫着色剤(F−1、F−2)、及び離型剤(G−1、G−2)を表1に示す構成割合で配合して、二軸押出機のホッパーに投入し、ガラス繊維(C−1、C−2)を、表1に示す構成割合になるように二軸押出機のサイドフィーダーのホッパーに投入し、実施例1と同様の方法によりポリアリーレンスルフィド系組成物を作製し、実施例1と同様の方法により評価した。評価結果を表1に示した。

0069

得られた全てのポリアリーレンスルフィド系組成物は、実用上十分に大きいW値、実用上十分に小さいYI値、b値、適正な範囲のa値を有すると共に、実用上十分に低い誘電率、誘電正接であった。また、衝撃強度も良好であった。

0070

比較例1〜10
PPS(A−1)、エチレン系重合体(B−2−1、B−4−1)、白色着色剤(D−1−1、D−2−1)、青着色剤(E−1)、紫着色剤(F−1)、及び離型剤(G−1)を表2に示す構成割合で配合して、二軸押出機のホッパーに投入し、ガラス繊維(C−1)を、表2に示す構成割合になるように、二軸押出機のサイドフィーダーのホッパーに投入し、実施例1と同様の方法によりポリアリーレンスルフィド系組成物を作製し、実施例1と同様の方法により評価した。評価結果を表2に示した。

0071

比較例1、3により得られた組成物は、衝撃強度に劣っていた。比較例2、4、6により得られた組成物は、誘電率、誘電正接において実用上十分な性能が得られなかった。また、比較例5、7、8、9、10により得られた組成物は、W値が小さい、YI値が大きい、a値が適正な範囲にない、或いはb値が大きい、の何れかにより、実用上十分な白色調が得られなかった。

0072

0073

本発明のポリアリーレンスルフィド系組成物は、外装部品として必要な白色調に優れ、かつ低誘電率、低誘電正接であることから、メガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波の透過性に優れ、さらには耐衝撃性にも優れることから、特に通信時にメガヘルツ帯からギガヘルツ帯の電波を利用するモバイルパソコン、タブレット、携帯電話など携帯端末機器の筐体等の電子・電気部品用途、又は自動車電装部品等の電気部品用途に有用なポリアリーレンスルフィド系組成物として期待されるものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ