図面 (/)

技術 サイロ内壁面ライニング方法

出願人 株式会社宮富士工業
発明者 後藤春雄
出願日 2015年11月10日 (4年7ヶ月経過) 出願番号 2015-220117
公開日 2017年5月25日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2017-088206
状態 特許登録済
技術分野 収穫物の貯蔵 塔;農工業用築物;大型貯蓄容器の建設 大型容器 プラスチック等のライニング、接合
主要キーワード 三角ブラケット 穴あけ部材 天井シート レーザー照射器 防炎シート 目張り インレットカバー ライニング板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年5月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

補修の手間を削減することができるサイロ内壁面ライニング方法を提供する。

解決手段

まず、サイロ内に配設されたインレットカバーの交差部にレーザー照射器を設置し、内壁面レーザー光照射して水平ラインを印す(ステップS101)。次いで、インレットカバーの最上部の高さに内壁面に沿って一周する環状足場を組む(ステップS102)。続いて、水平ラインを基準ラインとし、又は、水平ラインから一定距離あけた位置に基準ラインを印し、この基準ラインにライニング板上端を合わせて、内周方向に複数枚のライニング板を配設することにより一段目を形成する(ステップS107)。次に、一段目の上に、基準ラインを基準として、内周方向に複数枚のライニング板を配設することにより二段目を形成する(ステップS108)。

概要

背景

穀物用のサイロとしては、例えば、直径が5m〜10m程度、高さが20m〜40m程度であり、略円筒状周壁部の下端に下方へ向けて内側に傾斜された略円錐状のホッパーが設けられ、ホッパーの内壁面に穀物の滑りをよくするための塗装がされたものが知られている。ところが、傾斜部の内壁面に施された塗装は使用していくうちにはがれてしまうので、穀物の滑りが悪くなってしまう。その結果、穀物が下に落ちずに詰まってしまい、場合によっては、上方で詰まった穀物が一気に下に落下して危険であるという問題があった。そのため、従来は、例えば、定期的に、塗装の塗り直しをする補修を行っていた。しかしながら、塗装の塗り直し作業には手間がかかり、しかも、定期的に補修していかなければならないので大変であった。そこで、補修作業を削減することができる新たな方法の開発が望まれていた。

概要

補修の手間を削減することができるサイロ内壁面ライニング方法を提供する。まず、サイロ内に配設されたインレットカバーの交差部にレーザー照射器を設置し、内壁面にレーザー光照射して水平ラインを印す(ステップS101)。次いで、インレットカバーの最上部の高さに内壁面に沿って一周する環状足場を組む(ステップS102)。続いて、水平ラインを基準ラインとし、又は、水平ラインから一定距離あけた位置に基準ラインを印し、この基準ラインにライニング板上端を合わせて、内周方向に複数枚のライニング板を配設することにより一段目を形成する(ステップS107)。次に、一段目の上に、基準ラインを基準として、内周方向に複数枚のライニング板を配設することにより二段目を形成する(ステップS108)。

目的

本発明は、このような問題に基づきなされたものであり、補修の手間を削減することができるサイロ内壁面ライニング方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

サイロ内壁面複数枚平板状のライニング板を配設するサイロ内壁面ライニング方法であって、サイロ内に配設されたインレットカバーの交差部にレーザー照射器を設置し、内壁面にレーザー光照射して水平ラインを印す水平ライン罫書き工程と、インレットカバーの最上部の高さにおいて、内壁面との間に隙間を開けて、内壁面に沿って一周する環状足場を組む環状足場組み工程と、前記水平ラインを基準ラインとし、又は、前記水平ラインから一定距離あけた位置に基準ラインを印し、この基準ラインに前記ライニング板の上端を合わせて、内周方向に複数枚の前記ライニング板を配設することにより一段目を形成する一段目配設工程と、前記一段目配設工程ののち、前記一段目の上に、前記基準ラインを基準として、内周方向に複数枚の前記ライニング板を配設することにより二段目を形成する二段目配設工程とを含むことを特徴とするサイロ内壁面ライニング方法。

請求項2

前記一段目配設工程では、インレットカバーと内壁面との接合部から前記ライニング板の配設を行い、前記接合部においては、前記接合部の位置を示すガイド板を用い、このガイド板を前記接合部に当てて、前記接合部と前記ガイド板との形状のずれを測定し、それに基づいて前記ライニング板を加工して配設することを特徴とする請求項1記載のサイロ内壁面ライニング方法。

請求項3

前記一段目配設工程では、前記ライニング板の上端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用い、前記二段目配設工程では、前記ライニング板の下端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用い、前記一段目の上端面に前記二段目の下端面を合わせて配設することを特徴とする請求項1又は請求項2記載のサイロ内壁面ライニング方法。

請求項4

前記一段目配設工程の前に、サイロ内においてライニングする領域の上にシート張りライニング領域とその上の領域とを分離する天井シート張り工程を含むことを特徴とする請求項1から請求項3のいずれか1に記載のサイロ内壁面ライニング方法。

技術分野

0001

本発明は、サイロ内壁面ライニング材を配設するサイロ内壁面ライニング方法に関するものである。

背景技術

0002

穀物用のサイロとしては、例えば、直径が5m〜10m程度、高さが20m〜40m程度であり、略円筒状周壁部の下端に下方へ向けて内側に傾斜された略円錐状のホッパーが設けられ、ホッパーの内壁面に穀物の滑りをよくするための塗装がされたものが知られている。ところが、傾斜部の内壁面に施された塗装は使用していくうちにはがれてしまうので、穀物の滑りが悪くなってしまう。その結果、穀物が下に落ちずに詰まってしまい、場合によっては、上方で詰まった穀物が一気に下に落下して危険であるという問題があった。そのため、従来は、例えば、定期的に、塗装の塗り直しをする補修を行っていた。しかしながら、塗装の塗り直し作業には手間がかかり、しかも、定期的に補修していかなければならないので大変であった。そこで、補修作業を削減することができる新たな方法の開発が望まれていた。

先行技術

0003

特開平9−99485号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、このような問題に基づきなされたものであり、補修の手間を削減することができるサイロ内壁面ライニング方法を提供することを目的とする。

0005

なお、特許文献1には、サイロの内壁面に沿った形状を有する成形板を、サイロの内壁面との間に隙間をおいて部分接着するとともに、隣接する成形板同士を接合し、次いで成形板と内壁面との間の隙間に注入剤充填するサイロの内面ライニング方法が記載されている。しかし、本願発明と特許文献1に記載の方法とは、具体的な構成が異なっている。

課題を解決するための手段

0006

本発明のサイロ内壁面ライニング方法は、サイロの内壁面に複数枚平板状のライニング板を配設するものであって、サイロ内に配設されたインレットカバーの交差部にレーザー照射器を設置し、内壁面にレーザー光照射して水平ラインを印す水平ライン罫書き工程と、インレットカバーの最上部の高さにおいて、内壁面との間に隙間を開けて、内壁面に沿って一周する環状足場を組む環状足場組み工程と、水平ラインを基準ラインとし、又は、水平ラインから一定距離あけた位置に基準ラインを印し、この基準ラインにライニング板の上端を合わせて、内周方向に複数枚のライニング板を配設することにより一段目を形成する一段目配設工程と、一段目配設工程ののち、一段目の上に、基準ラインを基準として、内周方向に複数枚のライニング板を配設することにより二段目を形成する二段目配設工程とを含むものである。

発明の効果

0007

本発明によれば、サイロの内壁面に水平ラインを罫書き、この水平ラインに基づき、複数枚の平板状のライニング板を配設するようにしたので、ライニング板を隙間なく配設することができる。よって、穀物等の被貯蔵物の滑りを良くすることができ、かつ、ライニング板を用いるので、塗装に比べて耐久性を向上させることができ、補修の手間を削減することができる。

0008

また、一段目配設工程では、インレットカバーと内壁面との接合部からライニング板の配設を行い、接合部では、ガイド板を接合部に当ててガイド板からの形状のずれを測定し、それに基づいてライニング板を加工するようにすれば、より容易に隙間なくライニング板を配設することができる。

0009

更に、一段目配設工程では、ライニング板の上端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用い、二段目配設工程では、ライニング板の下端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用い、一段目の上端面に二段目の下端面を合わせて配設するようにすれば、穀物等の被貯蔵物が一段目と二段目との境目で引っ掛かってしまうことを抑制することができる。

0010

加えて、一段目配設工程の前に、サイロ内においてライニングする領域の上にシート張りライニング領域とその上の領域とを分離するようにすれば、既に使用しているサイロの補修を行う場合に、上方から穀物等の被貯蔵物の固まりや粉塵が落下してくることを抑制することができる。

図面の簡単な説明

0011

本発明の一実施の形態に係るサイロ内壁面ライニング方法の工程を表す流れ図である。
サイロの概略構成を表す図である。
図1に示したサイロ内壁面ライニング方法の一工程を表す図である。
図3に続く工程を表す図である。
図4に続く工程を表す図である。
図5に続く工程を表す図である。
図6に続く工程を表す図である。
図7に続く工程を表す図である。
ライニング板に穴をあける穴あけ部材の構成を表す図である。
図8に続く工程を表す図である。

実施例

0012

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。

0013

図1は、本発明の一実施の形態に係るサイロ内壁面ライニング方法の工程を表す流れ図である。図2は、本実施の形態のサイロ内壁面ライニング方法により内壁面にライニング材を配設するサイロの概略構成を表すものである。図3から図8及び図10は、本実施の形態のサイロ内壁面ライニング方法における各工程を表すものである。本実施の形態に係るサイロ内壁面ライニング方法は、サイロ10の内壁面に複数枚の平板状のライニング板20を配設するものである。

0014

サイロ10は、例えば、穀物やその加工品等の被貯蔵物を貯蔵するサイロ本体11と、サイロ本体11に空調エアを供給する空調エア供給手段12とを備えている。サイロ本体11は、例えば、略円筒状の周壁部11Aと、周壁部11Aの下端に連なり下方へ向けて内側に傾斜された略円錐状のホッパー11Bと、周壁部11Aの上端部を閉鎖する略円板状の上壁部11Cとを有している。ホッパー11Bの下端部には被貯蔵物をサイロ本体11の外へ排出するための排出シュート13が形成されている。また、ホッパー11Bの途中部には、例えば、状のインレットカバー14が設けられ、このインレットカバー14を介して空調エア供給手段12からの空調エアがサイロ本体11に供給されるようになっている。インレットカバー14は二本のカバーが同一平面において十字に交差した形状となっている。

0015

本実施の形態では、使用されているサイロ10について、ホッパー11Bの内壁面を補修する場合について説明する。まず、例えば、図3に示したように、サイロ10内に配設されたインレットカバー14の交差部にレーザー照射器30を設置し、ホッパー11Bの内壁面にレーザー光Lを照射して水平ラインを印す(ステップS101;水平ライン罫書き工程)。具体的には、例えば、レーザー照射器30によりレーザー光Lを照射する方向を回転させながらレーザー光を内壁面に照射し、照射されたレーザー光Lに従って、作業員が内壁面にトレースする。

0016

次いで、例えば、図4に示したように、インレットカバー14の最上部の高さにおいて、内壁面との間に隙間を開けて、内壁面に沿って一周する環状足場32を組む(ステップS102;環状足場組み工程)。具体的には、例えば、予め作業するホッパー11Bの内径よりもやや小さい大きさで8分割した足場板32Aを作製し、足場板32Aをインレットカバー14に載せながらボルト繋ぎ環状に組んだのち、内壁面から均等に位置させながら、要所三角ブラケット支える。なお、図4は環状足場32を上から見た図である。

0017

続いて、例えば、図5に示したように、環状足場32に2本のアングル33Aを渡し、その間にピケ足場板33Bを並べて中央部作業床33を作製する(ステップS103;中央部作業床作成工程)。中央部作業床33の表面には、防炎シートを広げて固定することが好ましい。なお、図5は中央部作業床33を上から見た図である。次に、例えば、図6に示したように、サイロ10内においてライニングする領域の上にシート34を張り、ライニング領域とその上の領域とを分離する(ステップS104;天井シート張り工程)。具体的には、例えば、ホッパー11Bの中央部にポール35を立て、ポール35から内壁面に向かって複数の骨組み36を広げ、骨組み36の上にシート34を広げて張る。シート34には、防炎シートを用いることが好ましい。また、シート34の縁部を内壁面にテープで貼り、目張りすることが好ましい。

0018

その後、例えば、ホッパー11Bの内壁面を清掃し(ステップS105;内壁面清掃工程)、各種配線を行う(ステップS106;配線工程)。次いで、例えば、図7に示したように、水平ライン罫書き工程(ステップS101)で印した水平ラインを基準ラインSLとし、又は、この水平ラインから一定距離あけた位置に基準ラインSLを印し、この基準ラインSLにライニング板20の上端を合わせて、内周方向に複数枚のライニング板20を配設することにより一段目を形成する(ステップS107;一段目配設工程)。ライニング板20は、例えば、合成樹脂により構成することが好ましく、ポリエチレンポリプロピレン或いはフッ素樹脂等の熱可塑性合成樹脂、又は、繊維強化プラスチック等により構成すればより好ましい。ライニング板20は、予め、ホッパー11Bの形状に合わせて、例えば、上辺下辺よりも長い台形状に形成しておくことが好ましい。

0019

また、一段目配設工程(ステップS107)では、例えば、インレットカバー14と内壁面との接合部からライニング板20の配設を行うことが好ましい。インレットカバー14と内壁面との接合部においては、例えば、図8に示したように、接合部の位置を示すガイド板37を用い、このガイド板37を接合部に当てて、接合部とガイド板37との形状のずれを測定し、それに基づいてライニング板20を加工して配設することが好ましい。例えば、図8に示した場合であれば、ガイド板37のA点、C点、D点が接合部からどれだけ離れているか、又は、B点をどれだけ削ればよいか等を測定し、加工用のライニング板20にガイド板37を合わせ、測定した各点のずれを印して加工ラインを引き、加工ラインに沿って切断し配設する。

0020

インレットカバー14と内壁面との接合部に沿って加工したライニング板20を配設したのち、その隣に次のライニング板20を配設する。具体的には、例えば、次に配設するライニング板20の上端を基準ラインSLに合わせつつ、既に配設したライニング板20にぶつかるまで寄せて配設する。その際、例えば、2枚のライニング板20の下端側に隙間ができる時には、ライニング板20の上端を基準ラインSLに合わせた状態で隙間ができないように一部を切断して形状を合わせる。これを順に繰り返して一段目を形成する。なお、ライニング板20の配設は、例えば、サイロ10がスチール等の金属製である場合には、ライニング板20に穴をあけ、この穴にスタッドボルトを挿入して内壁面に溶接し、皿ナット締め付けて固定する。

0021

ライニング板20に穴をあける場合には、例えば、図9に示したような穴あけ部材38を用いることが好ましい。この穴あけ部材38は、例えば、本体38Aの先端に設けられた皿穴キリ部38Bと、皿穴キリ部38Bの先に設けられたねじ穴キリ部38Cと、本体38Aの周りに設けられた深さ制御部38Dとを備えている。皿穴キリ部38Bは皿穴21を形成するためのもの、ねじ穴キリ部38Cはねじ穴22を形成するためのものであり、これにより1回の作業で皿穴21とねじ穴22を開けることができるようになっている。深さ制御部38Dは皿穴21の深さを制限するものであり、例えば、ねじ穴キリ部38C及び皿穴キリ部38Bによりライニング板20に穴をあけていったときに、深さ制御部38Dの一端部がライニング板20に当接することにより、皿穴21の深さを一定とすることができるようになっている。

0022

このようにして一段目を配設したのち、一段目の上に、基準ラインSLを基準として、内周方向に複数枚のライニング板20を配設することにより二段目を形成する(ステップS108;二段目配設工程)。なお、図10に示したように、一段目配設工程(ステップS107)では、ライニング板20の上端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用い、二段目配設工程(ステップS108)では、ライニング板20の下端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用いて、一段目の上端面に二段目の下端面を合わせて配設することが好ましい。被貯蔵物が一段目と二段目との境目で引っ掛かってしまうことを抑制することができるからである。その他のライニング板20の配設方法は、一段目と同様である。二段目を配設したのち、必要に応じて、二段目の上に、三段目のライニング板20を配設する。これにより、ホッパー11Bの内壁面がライニングされる。

0023

このように本実施の形態によれば、サイロ10の内壁面に水平ラインを罫書き、この水平ラインに基づき、複数枚の平板状のライニング板20を配設するようにしたので、ライニング板20を隙間なく配設することができる。よって、穀物等の被貯蔵物の滑りを良くすることができ、かつ、ライニング板20を用いるので、塗装に比べて耐久性を向上させることができ、補修の手間を削減することができる。

0024

また、一段目配設工程(ステップS107)では、インレットカバー14と内壁面との接合部からライニング板20の配設を行い、接合部では、ガイド板37を接合部に当ててガイド板37からの形状のずれを測定し、それに基づいてライニング板20を加工するようにすれば、より容易に隙間なくライニング板20を配設することができる。

0025

更に、一段目配設工程(ステップS107)では、ライニング板20の上端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用い、二段目配設工程(ステップS108)では、ライニング板20の下端面を外周側から内周側に向かい下に傾斜するように加工したものを用い、一段目の上端面に二段目の下端面を合わせて配設するようにすれば、穀物等の被貯蔵物が一段目と二段目との境目で引っ掛かってしまうことを抑制することができる。

0026

加えて、一段目配設工程(ステップS107)の前に、サイロ10内においてライニングする領域の上にシート34を張り、ライニング領域とその上の領域とを分離するようにすれば、既に使用しているサイロ10の補修を行う場合に、上方から穀物等の被貯蔵物の固まりや粉塵が落下してくることを抑制することができる。

0027

以上、実施の形態を挙げて本発明を説明したが、本発明は上記実施の形態に限定されるものではなく、種々変形可能である。例えば、上記実施の形態では、既に使用されているサイロ10について、ホッパー11Bの内壁面を補修する場合について説明したが、新しくサイロ10を作る場合にも本発明のサイロ内壁面ライニング方法を用いることができる。また、上記実施の形態では、各構成要素について具体的に説明したが、全ての構成要素を備えていなくてもよく、また、他の構造を有するように構成してもよい。

0028

サイロの内壁面のライニングに用いることができる。

0029

10…サイロ、11…サイロ本体、11A…周壁部、11B…ホッパー、11C…上壁部、12…空調エア供給手段、13…排出シュート、14…インレットカバー、20…ライニング板、21…皿穴、22…ねじ穴、30…レーザー照射器、32…環状足場、32A…足場板、33…中央部作業床、33A…アングル、33B…ピケ足場板、34…シート、35…ポール、36…骨組み、37…ガイド板、38…穴あけ部材、38A…本体、38B…皿穴キリ部、38C…ねじ穴キリ部、38D…深さ制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本ゼオン株式会社の「 接合体の製造方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】アルコキシシリル基が導入されてなる変性ブロック共重合体水素化物を主成分とする成形体と、樹脂成形体とを安定して強固に接着させて、当該成形体と当該樹脂成形体の接合体を製造する方法の提供。【解決手段... 詳細

  • DIC株式会社の「 物品の製造方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】ポリオレフィン成形品と表皮材を接着する際に、簡便かつ省スペースで接着を完了させることができる自動車内装材の製造方法の提供。【解決手段】ポリオレフィン成形品1と表皮材3を有する自動車内装材の製造... 詳細

  • 株式会社前川製作所の「 貯蔵庫ユニット」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】大型の貯蔵庫において効率的にキュアリングを行うことができるとともに、貯蔵構内に貯蔵される農産物の量的な変化にフレキシブルに対応して、効率的にキュアリングを行うことのできる貯蔵庫ユニットを提供す... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ