図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2017年5月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

紫外線硬化型カチオン重合性樹脂が含まれている紫外線硬化型インクを用いて被装飾体装飾物接着して被装飾体を装飾する装飾方法において、装飾物に塗布された紫外線硬化型インクに紫外線照射する紫外線照射工程での紫外線の照射量を比較的容易に設定することが可能な装飾方法を提供する。

解決手段

この装飾方法は、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂と光重合開始剤有機溶剤とが含まれている紫外線硬化型インク5を装飾物2に塗布するインク塗布工程と、インク塗布工程で装飾物2に塗布された紫外線硬化型インク5に紫外線を照射する紫外線照射工程と、インク塗布工程で装飾物2に塗布された紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する溶剤除去工程と、紫外線照射工程および溶剤除去工程の後に、紫外線硬化型インク5の表面を被装飾体1に密着させて被装飾体1に装飾物2を貼り付ける装飾物貼付工程とを備えている。

概要

背景

従来、箔で装飾された基材製品の製造方法が知られている(たとえば、特許文献1参照)。特許文献1に記載の製造方法では、紫外線硬化型カチオン系樹脂接着剤を用いて紙やプラスチックシート等の基材に箔を接着している。紫外線硬化型カチオン系樹脂接着剤は、紫外線照射されてから完全硬化するまでの時間が長い。そのため、この製造方法では、まず、紫外線硬化型カチオン系樹脂接着剤を基材に印刷し、接着剤の層(接着層)に紫外線を照射する。紫外線が照射されると、接着層の粘性が増すため、接着層に箔を重ねると、接着層の粘着力で箔が基材に貼り付く。その後、時間の経過とともに接着層の接着力が増すため、接着層が完全硬化すると、接着層によって箔が基材に接着される。

概要

紫外線硬化型カチオン重合性樹脂が含まれている紫外線硬化型インクを用いて被装飾体装飾物を接着して被装飾体を装飾する装飾方法において、装飾物に塗布された紫外線硬化型インクに紫外線を照射する紫外線照射工程での紫外線の照射量を比較的容易に設定することが可能な装飾方法を提供する。この装飾方法は、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂と光重合開始剤有機溶剤とが含まれている紫外線硬化型インク5を装飾物2に塗布するインク塗布工程と、インク塗布工程で装飾物2に塗布された紫外線硬化型インク5に紫外線を照射する紫外線照射工程と、インク塗布工程で装飾物2に塗布された紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する溶剤除去工程と、紫外線照射工程および溶剤除去工程の後に、紫外線硬化型インク5の表面を被装飾体1に密着させて被装飾体1に装飾物2を貼り付ける装飾物貼付工程とを備えている。

目的

本発明の課題は、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂が含まれている紫外線硬化型インクを用いて被装飾体に装飾物を接着して被装飾体を装飾する装飾方法において、被装飾体または装飾物に塗布された紫外線硬化型インクに紫外線を照射する紫外線照射工程での紫外線の照射量を比較的容易に設定することが可能な装飾方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

紫外線硬化型カチオン重合性樹脂光重合開始剤有機溶剤とが含まれている紫外線硬化型インク装飾物に塗布するインク塗布工程と、前記インク塗布工程で前記装飾物に塗布された前記紫外線硬化型インクに紫外線照射する紫外線照射工程と、前記インク塗布工程で前記装飾物に塗布された前記紫外線硬化型インクの前記有機溶剤を蒸発させて除去する溶剤除去工程と、前記紫外線照射工程および前記溶剤除去工程の後に、前記紫外線硬化型インクの表面を被装飾体密着させて前記被装飾体に前記装飾物を貼り付ける装飾物貼付工程とを備えることを特徴とする装飾方法

請求項2

紫外線硬化型カチオン重合性樹脂と光重合開始剤と有機溶剤とが含まれている紫外線硬化型インクを被装飾体に塗布するインク塗布工程と、前記インク塗布工程で前記被装飾体に塗布された前記紫外線硬化型インクに紫外線を照射する紫外線照射工程と、前記インク塗布工程で前記被装飾体に塗布された前記紫外線硬化型インクの前記有機溶剤を蒸発させて除去する溶剤除去工程と、前記紫外線照射工程および前記溶剤除去工程の後に、前記紫外線硬化型インクの表面に装飾物を密着させて前記被装飾体に前記装飾物を貼り付ける装飾物貼付工程とを備えることを特徴とする装飾方法。

請求項3

前記紫外線硬化型インクの25℃における粘度は、3mPa・sec以上18mPa・sec以下であり、前記有機溶剤を除去したときの前記紫外線硬化型インクの25℃における粘度は、20mPa・sec以上であることを特徴とする請求項1または2記載の装飾方法。

請求項4

前記装飾物は、箔であることを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の装飾方法。

請求項5

前記紫外線照射工程は、前記溶剤除去工程の後に行われることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の装飾方法。

請求項6

前記紫外線照射工程と前記溶剤除去工程とは同時に行われることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の装飾方法。

技術分野

0001

本発明は、被装飾体装飾物を貼り付けて被装飾体を装飾するための装飾方法に関する。

背景技術

0002

従来、箔で装飾された基材製品の製造方法が知られている(たとえば、特許文献1参照)。特許文献1に記載の製造方法では、紫外線硬化型カチオン系樹脂接着剤を用いて紙やプラスチックシート等の基材に箔を接着している。紫外線硬化型カチオン系樹脂接着剤は、紫外線照射されてから完全硬化するまでの時間が長い。そのため、この製造方法では、まず、紫外線硬化型カチオン系樹脂接着剤を基材に印刷し、接着剤の層(接着層)に紫外線を照射する。紫外線が照射されると、接着層の粘性が増すため、接着層に箔を重ねると、接着層の粘着力で箔が基材に貼り付く。その後、時間の経過とともに接着層の接着力が増すため、接着層が完全硬化すると、接着層によって箔が基材に接着される。

先行技術

0003

特開2013−216013号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に記載の製造方法の場合、接着層に紫外線を照射する工程(紫外線照射工程)において、接着層を所定時間経過後に完全硬化させるのに必要な量の紫外線を接着層に照射する必要がある。また、この製造方法の場合、紫外線照射工程において、紫外線が照射された直後の接着層に箔を基材に貼り付けられるだけの粘着力が残るように(すなわち、紫外線が照射された直後の接着層が箔を基材に貼り付けられない程度まで硬化しないように)、紫外線の照射量を設定する必要がある。さらに、この製造方法において、たとえば、インクジェットプリンターを用いて紫外線硬化型カチオン系樹脂接着剤を基材に印刷する場合には、紫外線照射工程において、基材に印刷された接着層がにじまない程度まで接着層の粘性が増すように、紫外線の照射量を設定する必要がある。そのため、特許文献1に記載の製造方法では、紫外線照射工程における紫外線の照射量の設定が煩雑になる。

0005

そこで、本発明の課題は、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂が含まれている紫外線硬化型インクを用いて被装飾体に装飾物を接着して被装飾体を装飾する装飾方法において、被装飾体または装飾物に塗布された紫外線硬化型インクに紫外線を照射する紫外線照射工程での紫外線の照射量を比較的容易に設定することが可能な装飾方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記の課題を解決するため、本発明の装飾方法は、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂と光重合開始剤有機溶剤とが含まれている紫外線硬化型インクを装飾物に塗布するインク塗布工程と、インク塗布工程で装飾物に塗布された紫外線硬化型インクに紫外線を照射する紫外線照射工程と、インク塗布工程で装飾物に塗布された紫外線硬化型インクの有機溶剤を蒸発させて除去する溶剤除去工程と、紫外線照射工程および溶剤除去工程の後に、紫外線硬化型インクの表面を被装飾体に密着させて被装飾体に装飾物を貼り付ける装飾物貼付工程とを備えることを特徴とする。

0007

また、上記の課題を解決するため、本発明の装飾方法は、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂と光重合開始剤と有機溶剤とが含まれている紫外線硬化型インクを被装飾体に塗布するインク塗布工程と、インク塗布工程で被装飾体に塗布された紫外線硬化型インクに紫外線を照射する紫外線照射工程と、インク塗布工程で被装飾体に塗布された紫外線硬化型インクの有機溶剤を蒸発させて除去する溶剤除去工程と、紫外線照射工程および溶剤除去工程の後に、紫外線硬化型インクの表面に装飾物を密着させて被装飾体に装飾物を貼り付ける装飾物貼付工程とを備えることを特徴とする。

0008

本発明の装飾方法では、インク塗布工程で被装飾体または装飾物に塗布される紫外線硬化型インクに有機溶剤が含まれている。そのため、本発明では、溶剤除去工程において有機溶剤を蒸発させて除去することで、被装飾体や装飾物に塗布された紫外線硬化型インクの粘度を高めて、被装飾体や装飾物に塗布された紫外線硬化型インクのにじみを防止することが可能になる。したがって、本発明では、紫外線照射工程において、紫外線硬化型インクが装飾物貼付工程の後に完全硬化するのに必要な量の紫外線が照射されるように、かつ、被装飾体に装飾物を貼り付けられるだけの粘着力が、紫外線が照射された直後の紫外線硬化型インクに残るように紫外線の照射量を設定すれば良く、被装飾体や装飾物に塗布された紫外線硬化型インクのにじみが防止されるように紫外線の照射量を設定する必要がない。その結果、本発明では、紫外線照射工程における紫外線の照射量を比較的容易に設定することが可能になる。

0009

本発明において、紫外線硬化型インクの25℃における粘度は、3mPa・sec以上18mPa・sec以下であり、有機溶剤を除去したときの紫外線硬化型インクの25℃における粘度は、20mPa・sec以上であることが好ましい。このように構成すると、紫外線硬化型インクの25℃における粘度が18mPa・sec以下であるため、インク塗布工程において、インクジェットヘッドから紫外線硬化型インクを吐出させて被装飾体や装飾物に紫外線硬化型インクを塗布することが可能になる。また、このように構成すると、有機溶剤を除去したときの紫外線硬化型インクの25℃における粘度が20mPa・sec以上であるため、溶剤除去工程において有機溶剤を蒸発させて除去することで被装飾体や装飾物に塗布された紫外線硬化型インクのにじみを確実に防止することが可能になる。

0010

本発明において、装飾物は、たとえば、箔である。本発明では、インク塗布工程で被装飾体または装飾物に塗布される紫外線硬化型インクに有機溶剤が含まれているため、インク塗布工程で塗布される紫外線硬化型インクの厚さを薄くすることが可能になる。したがって、装飾物が箔であって、かつ、装飾物貼付工程後に箔の不要な部分を除去する場合には、不要な部分を除去することで形成される箔の端面をシャープな端面にすることが可能になる。

0011

本発明において、紫外線照射工程は、溶剤除去工程の後に行われることが好ましい。このように構成すると、紫外線照射工程の後に溶剤除去工程が行われる場合と比較して、被装飾体または装飾物に塗布された紫外線硬化型インクのにじみを効果的に防止することが可能になるとともに、紫外線硬化型インクに含まれる有機溶剤を確実に蒸発させて除去することが可能になる。

0012

本発明において、紫外線照射工程と溶剤除去工程とは同時に行われても良い。紫外線硬化型インクに紫外線が照射されると重合反応が始まって重合反応熱が発生するため、この場合には、紫外線硬化型インクに含まれている有機溶剤を蒸発させるのに重合反応熱を利用することが可能になる。したがって、溶剤除去工程において、短時間で有機溶剤を蒸発させて除去することが可能になる。

発明の効果

0013

以上のように、本発明では、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂が含まれている紫外線硬化型インクを用いて被装飾体に装飾物を接着して被装飾体を装飾する装飾方法において、被装飾体または装飾物に塗布された紫外線硬化型インクに紫外線を照射する紫外線照射工程での紫外線の照射量を比較的容易に設定することが可能になる。

図面の簡単な説明

0014

本発明の実施の形態にかかる装飾方法を説明するための模式図である。
本発明の他の実施の形態にかかる装飾方法を説明するための模式図である。
本発明の他の実施の形態にかかる装飾方法を説明するための模式図である。

実施例

0015

以下、図面を参照しながら、本発明の実施の形態を説明する。

0016

(装飾方法)
図1は、本発明の実施の形態にかかる装飾方法を説明するための模式図である。

0017

本形態の装飾方法は、被装飾体1に装飾物2を貼り付けて被装飾体1を装飾するための方法である。被装飾体1は、たとえば、プラスチックガラス、金属あるいは紙等によって形成されている。装飾物2は、紫外線を透過しない材料で形成されている。本形態の装飾物2は、箔である。具体的には、装飾物2は、金箔またはアルミニウム箔等の金属箔である。したがって、以下では、本形態の装飾物2を「箔2」とする。本形態では、被装飾体1に貼り付けられる前の箔2は、図1(A)に示すように、離型層3を介して基材(ベースフィルム)4に蒸着されている。なお、箔2は、ホログラム箔であっても良い。

0018

また、本形態では、紫外線硬化型カチオン重合性樹脂と光重合開始剤と有機溶剤とが含まれている紫外線硬化型インク(ソルベントUVインク)5を用いて、被装飾体1に箔2が貼り付けられる。紫外線硬化型カチオン重合性樹脂は、上述の特許文献1にも記載されているように、紫外線が照射されてから完全硬化するまでの時間が長く、紫外線が照射されてから完全硬化するまでの時間を制御することが可能であるといった特性を有している。本形態の紫外線硬化型インク5は、透明なクリアインクである。なお、紫外線硬化型インク5は、白色、黒色あるいはその他の色の色材を含んでいても良い。すなわち、紫外線硬化型インク5は、カラーインクであっても良い。

0019

紫外線硬化型インク5の25℃における粘度(すなわち、紫外線硬化型インク5の常温における粘度)は、3mPa・sec以上18mPa・sec以下となっている。また、有機溶剤を除去したときの紫外線硬化型インク5の25℃における粘度(すなわち、有機溶剤を除去したときの紫外線硬化型インク5の常温における粘度)は、20mPa・sec以上となっている。すなわち、紫外線硬化型インク5の粘度は、有機溶剤を除去したときの紫外線硬化型インク5がにじまないように設定されている。

0020

被装飾体1に箔2を貼り付けるときには、まず、図1(B)に示すように、紫外線硬化型インク5を箔2に塗布する(インク塗布工程)。本形態のインク塗布工程では、インクジェットプリンターのインクジェットヘッド11から、離型層3を介して基材4に蒸着された箔2に向かって紫外線硬化型インク5を吐出させて、箔2に紫外線硬化型インク5を塗布する。インクジェットヘッド11は、箔2の上方に配置されている。また、インクジェットヘッド11は、インクジェットプリンターのキャリッジ(図示省略)に搭載されており、箔2の上方を移動する。

0021

また、インク塗布工程で箔2に塗布された紫外線硬化型インク5に紫外線を照射するとともに(紫外線照射工程)、インク塗布工程で箔2に塗布された紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する(溶剤除去工程)。すなわち、本形態では、紫外線照射工程と溶剤除去工程とが同時に行われている。紫外線照射工程では、UV照射器12によって、紫外線硬化型インク5に紫外線を照射する。溶剤除去工程では、ヒータ13によって紫外線硬化型インク5を加熱することで、紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する。

0022

なお、溶剤除去工程において、紫外線硬化型インク5の有機溶剤が完全に除去されなくても良い。この場合には、後述の放置工程において、被装飾体1を加熱することで、紫外線硬化型インク5の有機溶剤が完全に除去される。また、溶剤除去工程におけるヒータ13の温度を制御することで、紫外線硬化型インク5が完全硬化するまでの時間を短くしたり長くしたりすることが可能である。

0023

UV照射器12は、たとえば、紫外線LEDであり、250nm〜400nmの波長の紫外線を照射する。このUV照射器12は、たとえば、インクジェットプリンターのキャリッジに搭載されてインクジェットヘッド11と一緒に箔2の上方を移動するようになっており、UV照射器12は、箔2に塗布された直後の紫外線硬化型インク5に紫外線を照射する。ヒータ13は、たとえば、基材4の下側に配置されており、ヒータ13には、基材4が載置されている。ヒータ13は、箔2に紫外線硬化型インク5が塗布された直後に基材4、離型層3および箔2を介して紫外線硬化型インク5を加熱し、紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する。

0024

なお、UV照射器12は、箔2に紫外線硬化型インク5が塗布されてから一定時間経過後に紫外線硬化型インク5に紫外線を照射しても良い。また、ヒータ13は、箔2に紫外線硬化型インク5が塗布されてから一定時間経過後に紫外線硬化型インク5を加熱しても良い。また、この場合には、UV照射器12による紫外線の照射とヒータ13による紫外線硬化型インク5の加熱とが同時に行われても良いし、UV照射器12による紫外線の照射の後にヒータ13による紫外線硬化型インク5の加熱が行われても良いし、ヒータ13による紫外線硬化型インク5の加熱の後にUV照射器12による紫外線の照射が行われても良い。すなわち、紫外線照射工程と溶剤除去工程とが同時に行われても良いし、紫外線照射工程の後に溶剤除去工程が行われても良いし、溶剤除去工程の後に紫外線照射工程が行われても良い。

0025

ただし、上述のように、有機溶剤を除去したときの紫外線硬化型インク5の常温における粘度は、20mPa・sec以上となっており、紫外線硬化型インク5の粘度は、箔2に塗布された紫外線硬化型インク5の有機溶剤を除去すれば、箔2に塗布された紫外線硬化型インク5がにじまないように設定されている。そのため、ヒータ13は、箔2に紫外線硬化型インク5が塗布された直後に紫外線硬化型インク5を加熱して、紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去することが好ましい。

0026

紫外線照射工程および溶剤除去工程が終わると、図1(C)に示すように、紫外線硬化型インク5の表面を被装飾体1に密着させて被装飾体1に箔2を貼り付ける(装飾物貼付工程)。装飾物貼付工程は、紫外線照射工程および溶剤除去工程の終了後、箔2が被装飾体1に貼り付くだけの粘着力が紫外線硬化型インク5に残っている間に行われる。すなわち、装飾物貼付工程は、紫外線照射工程および溶剤除去工程の終了後、箔2が被装飾体1に貼り付かなくなるまで紫外線硬化型インク5が硬化する前に行われる。紫外線照射工程および溶剤除去工程が終了してから装飾物貼付工程が開始されるまでの時間は、紫外線硬化型インク5に含まれる成分や紫外線照射工程での紫外線の照射量等によって変動するが、この時間は、たとえば、30秒であったり、3分であったりする。装飾物貼付工程では、たとえば、図1(C)に示すように、ゴム製のスキージ14等によって、被装飾体1に向かって基材4を加圧して紫外線硬化型インク5の表面を被装飾体1に密着させる。

0027

その後、図1(D)に示すように、基材4を取り除いて箔2を被装飾体1に転写するとともに(転写工程)、紫外線硬化型インク5が完全硬化するまで被装飾体1を放置する(放置工程)。放置工程では、被装飾体1を加熱しても良い。紫外線硬化型インク5の接着力は時間とともに増していき(すなわち、紫外線硬化型インク5の硬化が進むにしたがって増していき)、紫外線硬化型インク5が完全硬化すると、紫外線硬化型インク5によって箔2が被装飾体1に接着固定される。紫外線硬化型インク5が完全硬化して箔2が被装飾体1に接着固定されると、箔2の、被装飾体1に接着されていない部分を除去する(未接着部分除去工程)。箔2の未接着部分の除去が終わると、被装飾体1の装飾が終了する。

0028

(本形態の主な効果)
以上説明したように、本形態では、紫外線硬化型インク5に有機溶剤が含まれている。そのため、本形態では、溶剤除去工程において有機溶剤を蒸発させて除去することで、箔2に塗布された紫外線硬化型インク5の粘度を高めて、箔2に塗布された紫外線硬化型インク5のにじみを防止することが可能になる。したがって、本形態では、紫外線照射工程において、紫外線硬化型インク5が装飾物貼付工程の後に完全硬化するのに必要な量の紫外線が照射されるように、かつ、被装飾体1に箔2を貼り付けられるだけの粘着力が、紫外線が照射された後の紫外線硬化型インク5に残るように紫外線の照射量を設定すれば良く、箔2に塗布された紫外線硬化型インク5のにじみが防止されるように紫外線の照射量を設定する必要がない。その結果、本形態では、紫外線照射工程における紫外線の照射量を比較的容易に設定することが可能になる。

0029

なお、たとえば、紫外線硬化型インク5に有機溶剤が含まれていない場合であって、箔2に塗布された紫外線硬化型インク5のにじみを防止することができる紫外線の照射量の下限値が、紫外線硬化型インク5が装飾物貼付工程の後に完全硬化するのに必要な紫外線の照射量の下限値よりも高い場合には、紫外線照射工程における紫外線の照射量の許容範囲が、本形態の紫外線照射工程における紫外線の照射量の許容範囲よりも狭くなるおそれがある。すなわち、本形態では、このような場合の紫外線照射工程における紫外線の照射量の許容範囲よりも、紫外線照射工程における紫外線の照射量の許容範囲を広げることが可能になる。

0030

また、本形態では、紫外線硬化型インク5に有機溶剤が含まれているため、インク塗布工程で箔2に塗布される紫外線硬化型インク5の厚さを薄くすることが可能になる。したがって、本形態では、未接着部分除去工程において箔2の未接着部分を除去した後に形成される箔2の端面をシャープな端面にすることが可能になる。

0031

本形態では、紫外線硬化型インク5の常温における粘度は、3mPa・sec以上18mPa・sec以下となっている。そのため、本形態では、インク塗布工程において、インクジェットヘッド11から紫外線硬化型インク5を吐出させて箔2に紫外線硬化型インク5を塗布することが可能になる。また、本形態では、有機溶剤を除去したときの紫外線硬化型インクの常温における粘度が20mPa・sec以上となっているため、溶剤除去工程において有機溶剤を蒸発させて除去することで箔2に塗布された紫外線硬化型インク5のにじみを確実に防止することが可能になる。

0032

本形態では、紫外線照射工程と溶剤除去工程とが同時に行われている。紫外線硬化型インク5に紫外線が照射されると重合反応が始まって重合反応熱が発生するため、本形態では、紫外線硬化型インク5に含まれている有機溶剤を蒸発させるのにこの重合反応熱を利用することが可能になる。したがって、本形態では、溶剤除去工程において、短時間で有機溶剤を蒸発させて除去することが可能になる。

0033

なお、本形態において、溶剤除去工程の後に紫外線照射工程が行われる場合には、紫外線照射工程の後に溶剤除去工程が行われる場合と比較して、箔2に塗布された紫外線硬化型インク5のにじみを効果的に防止することが可能になるとともに、紫外線硬化型インク5に含まれる有機溶剤を確実に除去することが可能になる。

0034

(装飾方法の変形例1)
図2は、本発明の他の実施の形態にかかる装飾方法を説明するための模式図である。図2では、上述した形態と同一の構成には同一の符号を付している。

0035

上述した形態では、インク塗布工程において、箔2に紫外線硬化型インク5を塗布しているが、図2(A)に示すように、インク塗布工程において、被装飾体1に紫外線硬化型インク5を塗布しても良い。この場合には、上述した形態と同様に、インク塗布工程において、インクジェットヘッド11から被装飾体1に向かって紫外線硬化型インク5を吐出させて、被装飾体1に紫外線硬化型インク5を塗布する。

0036

また、この場合には、紫外線照射工程において、インク塗布工程で被装飾体1に塗布された紫外線硬化型インク5に紫外線を照射するとともに、溶剤除去工程において、インク塗布工程で被装飾体1に塗布された紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する。紫外線照射工程では、上述した形態と同様に、UV照射器12によって、紫外線硬化型インク5に紫外線を照射する。また、溶剤除去工程では、被装飾体1が載置されているヒータ13によって、被装飾体1を介して紫外線硬化型インク5を加熱し、紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する。

0037

その後、装飾物貼付工程において、図2(B)に示すように、紫外線硬化型インク5の表面に箔2を密着させて被装飾体1に箔2を貼り付ける。上述した形態と同様に、装飾物貼付工程は、紫外線照射工程および溶剤除去工程の終了後、箔2が被装飾体1に貼り付くだけの粘着力が紫外線硬化型インク5に残っている間に行われる。装飾物貼付工程では、たとえば、ローラ15等によって、箔2を加圧して紫外線硬化型インク5の表面に箔2を密着させる。

0038

その後、放置工程において、紫外線硬化型インク5が完全硬化するまで被装飾体1を放置する。また、紫外線硬化型インク5が完全硬化して箔2が被装飾体1に接着固定されると、未接着部分除去工程において、箔2の、被装飾体1に接着されていない部分を、たとえば、粘着テープ等を用いて除去する(図2(C)参照)。箔2の未接着部分の除去が終わると、被装飾体1の装飾が終了する。この変形例においても上述した形態と同様の効果を得ることができる。

0039

(装飾方法の変形例2)
図3は、本発明の他の実施の形態にかかる装飾方法を説明するための模式図である。図3では、上述した形態および変形例1と同一の構成には同一の符号を付している。

0040

上述した装飾方法の変形例1では、被装飾体1の、紫外線硬化型インク5が塗布される面である被塗布面1aは、2次元の平面となっているが、被装飾体1の被塗布面1aは、3次元の曲面となっていても良いし、3次元的に組み合わされた複数の平面や曲面によって構成されていても良い。たとえば、図3に示すように、被装飾体1の被塗布面1aは、3次元の凸曲面となっていても良い。

0041

この場合には、たとえば、図3(A)に示すように、有機溶剤を含まない紫外線硬化型インクをインクジェッドヘッド16から吐出させて基材7に塗布する工程と、UV照射器17からこの紫外線硬化型インクに紫外線を照射してこの紫外線硬化型インクを硬化させる工程とを順次行うことで、立体的な被装飾体1を形成する。その後、変形例1と同様に、インク塗布工程において、被装飾体1の被塗布面1aに紫外線硬化型インク5を塗布し、紫外線照射工程において、被塗布面1aに塗布された紫外線硬化型インク5に紫外線を照射するとともに、溶剤除去工程において、被塗布面1aに塗布された紫外線硬化型インク5の有機溶剤を蒸発させて除去する(図3(B)参照)。

0042

その後、装飾物貼付工程において、図3(C)に示すように、紫外線硬化型インク5の表面に、離型層3を介して基材4に蒸着された箔2を密着させて被装飾体1に箔2を貼り付ける。装飾物貼付工程では、たとえば、スキージ14やローラ15(図3(C)では図示省略)等によって、基材4、7を加圧して紫外線硬化型インク5の表面に箔2を密着させる。その後、基材4を取り除いて箔2を被装飾体1に転写するとともに、紫外線硬化型インク5が完全硬化するまで被装飾体1を放置する。また、紫外線硬化型インク5が完全硬化して箔2が被装飾体1に接着固定されると、箔2の、被装飾体1に接着されていない部分を除去する(図3(D)参照)。箔2の未接着部分の除去が終わると、被装飾体1の装飾が終了する。この変形例においても上述した形態と同様の効果を得ることができる。

0043

なお、図3に示す変形例では、立体的な被装飾体1を形成する際に使用されるインクジェッドヘッド16とインク塗布工程で使用されるインクジェットヘッド11とが別個に設けられているが、インクジェットヘッド11とインクジェットヘッド16とが共通のインクジェットヘッドであっても良い。また、この変形例では、立体的な被装飾体1を形成する際に使用されるUV照射器17とインク塗布工程で使用されるUV照射器12とが別個に設けられているが、UV照射器12とUV照射器17とが共通のUV照射器であっても良い。

0044

(他の実施の形態)
上述した形態では、被装飾体1に貼り付けられる装飾物2は箔であるが、装飾物2は、金属粉セラミック粉プラスチック粉無機顔料粉またはフロキー粉等の粉体であっても良いし、ブロック状に形成されたブロック体であっても良い。また、上述した形態では、インク塗布工程において、インクジェットヘッド11から紫外線硬化型インク5を吐出させているが、インク塗布工程において、ディスペンサから紫外線硬化型インク5を吐出させても良い。なお、インク塗布工程において、インクジェットヘッド方式およびディスペンサ方式以外の方式で、紫外線硬化型インク5を被装飾体1や箔2に塗布することも可能である。また、装飾物2を保護するために、あるいは、装飾物2を着色するために、クリアインク、カラーインクまたは白色インク等のいわゆる特色インクを用いて、インクジェット方式スプレー方式またはそれ以外の方式によって、オーバーコート層あるいは着色層等の最上位層を装飾物2の上に形成しても良い。

0045

1被装飾体
2 箔(装飾物)
5 紫外線硬化型インク

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ