図面 (/)

技術 植木鉢

出願人 陣内金型工業株式会社
発明者 陣内克士
出願日 2015年11月17日 (4年4ヶ月経過) 出願番号 2015-224769
公開日 2017年5月25日 (2年9ヶ月経過) 公開番号 2017-086046
状態 特許登録済
技術分野 栽培用器(植木鉢),播種用鉢
主要キーワード 水はけ性 ガスベント 繊維強化プラスチック製 ポリエステル樹脂製 栽培用土 水はけ しみ込み アクリル樹脂製
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年5月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

簡易な構造により使いやすい植木鉢を提供しようとする。

解決手段

従来の植木鉢に替えて、上方が開放される筒状の部分である側部と、前記側部の下方の縁に周囲を繋がり中心部を下方に下げる底部と、を備え、下方から見て前記底部に中心部から四方にばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域が区画され、前記底部の前記領域での厚みである第一厚みが前記底部の前記領域を除く主な箇所での厚みである第二厚みより薄い、ものとした。

概要

背景

植物を栽培するのに植木鉢が用いられることがある。
植木鉢は、利用の態様に応じて、各種の特性を求められる。
例えば、植木鉢は、見栄えが良いことを求められる。
例えば、植木鉢は、適度な水はけを求められる。
例えば、植木鉢は、育った植物の植え替えが容易であることを求められる。
例えば、植木鉢は、周囲から害虫入り込まないことを求められる。
例えば、植木鉢は、通気性を求められる。
例えば、植木鉢は、栽培用土が出来るだけ流出しないことが求められる。

概要

簡易な構造により使いやすい植木鉢を提供しようとする。 従来の植木鉢に替えて、上方が開放される筒状の部分である側部と、前記側部の下方の縁に周囲を繋がり中心部を下方に下げる底部と、を備え、下方から見て前記底部に中心部から四方にばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域が区画され、前記底部の前記領域での厚みである第一厚みが前記底部の前記領域を除く主な箇所での厚みである第二厚みより薄い、ものとした。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

植木鉢であって、上方が開放される筒状の部分である側部と、前記側部の下方の縁に周囲を繋げ中心部を下方に下げる底部と、を備え、下方から見て前記底部に中心部から四方にばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域が区画され、前記底部の前記領域での厚みである第一厚みが前記底部の前記領域を除く主な箇所での厚みである第二厚みより薄い、ことを特徴とする植木鉢。

請求項2

前記底部に前記領域を埋める様に多数の貫通穴が形成される、ことを特徴とする請求項1に記載の植木鉢。

請求項3

前記第二厚みは前記底部の下面を平面状の支持面で支持したときに植木鉢が自立できるのに必要な厚みであり、前記第一厚みは前記底部の中心部を指で上方に押すと前記領域の内側が撓むことにより前記底部の中心部が上方に凹むのに必要な厚みである、ことを特徴とする請求項1又は2のうちの一つに記載の植木鉢。

技術分野

0001

本発明は、植木鉢に係る。

背景技術

0002

植物を栽培するのに植木鉢が用いられることがある。
植木鉢は、利用の態様に応じて、各種の特性を求められる。
例えば、植木鉢は、見栄えが良いことを求められる。
例えば、植木鉢は、適度な水はけを求められる。
例えば、植木鉢は、育った植物の植え替えが容易であることを求められる。
例えば、植木鉢は、周囲から害虫入り込まないことを求められる。
例えば、植木鉢は、通気性を求められる。
例えば、植木鉢は、栽培用土が出来るだけ流出しないことが求められる。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明は以上に述べた市場要望に鑑み案出されたもので、簡易な構造により使いやすい植木鉢を提供しようとする。

課題を解決するための手段

0004

上記目的を達成するため、本発明にかかる植木鉢を、上方が開放される筒状の部分である側部と、前記側部の下方の縁に周囲を繋がり中心部を下方に下げる底部と、を備え、下方から見て前記底部に中心部から四方にばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域が区画され、前記底部の前記領域での厚みである第一厚みが前記底部の前記領域を除く主な箇所での厚みである第二厚みより薄い、ものとした。

0005

上記本発明の構成により、側部が、上方が開放される筒状の部分である。底部が、前記側部の下方の縁に周囲を繋へ中心部を下方に下げる。下方から見て前記底部に中心部から四方にばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域が区画される。前記底部の前記領域での厚みである第一厚みが前記底部の前記領域を除く主な箇所での厚みである第二厚みより薄い。
その結果、前記第一厚みと前記第二厚みとを相対的に選択して、所望の剛性をもつ植木鉢を提供できる。

0006

以下に、本発明の実施形態に係る機械装置支持構造を説明する。本発明は、以下に記載した実施形態のいずれか、またはそれらの中の二つ以上が組み合わされた態様を含む。

0007

また、本発明の実施形態に係る植木鉢は、前記底部に前記領域を埋める様に多数の貫通穴が形成される。
上記本発明に係る実施形態の構成により、前記底部に前記領域を埋める様に多数の貫通穴が形成される。
その結果、前記貫通穴の大きさを前記第一厚みに対応して選択でき、所望の水はけ性能をもつ植木鉢を提供できる。

0008

また、本発明の実施形態に係る植木鉢は、前記第二厚みは前記底部の下面を平面状の支持面で支持したときに植木鉢が自立できるのに必要な厚みであり、前記第一厚みは前記底部の中心部を指で上方に押すと前記領域の内部に皺が寄って前記底部の中心部が上方に凹むのに必要な厚みである。
上記本発明に係る実施形態の構成により、前記第二厚みは前記底部の下面を平面状の支持面で支持したときに植木鉢が自立できるのに必要な厚みである。前記第一厚みは前記底部の中心部を指で上方に押すと前記領域の内部が撓むことにより前記底部の中心部が上方に凹むのに必要な厚みである。
その結果、通常は平面上の支持面に自立でき、必要なとき指で前記底部の中心部を上方に押して植木鉢から植物を押し上げることができる植木鉢を提供できる。

発明の効果

0009

以上説明したように、本発明に係る機械装置支持構造は、その構成により、以下の効果を有する。
上方が開放される筒状の側部の下方に縁に周囲を繋げ中心部を下方に下げる前記底部に中心部から周囲に向かって放射状に延びる少なくとも3つの領域が区画され、前記底部の前記領域での厚みである第一厚みが前記底部の前記領域を除く主な箇所での厚みである第二厚みより薄い様にしたので、前記第一厚みと前記第二厚みとを相対的に選択して、所望の剛性をもつ植木鉢を提供できる。
また、前記底部に前記領域を埋める様に多数の貫通穴が形成される様にしたので、前記貫通穴の大きさを前記第一厚みに対応して選択でき、所望の水はけ性能をもつ植木鉢を提供できる。
また、前記第二厚みは前記底部の下面を平面状の支持面で支持したときに植木鉢が自立できるのに必要な厚みであり、前記第一厚みは前記底部の中心部を指で上方に押すと前記領域の内側が撓むことにより前記底部の中心部が上方に凹むのに必要な厚みである様にしたので、通常は平面上の支持面に自立でき、必要なとき指で前記底部の中心部を上方に押して植木鉢から植物を押し上げることができる植木鉢を提供できる。

図面の簡単な説明

0010

本発明の実施形態に係る植木鉢の斜視図である。
本発明の実施形態に係る植木鉢に平面図である。
本発明の実施形態に係る植木鉢のA−A断面図である。
本発明の実施形態に係る植木鉢の底面図である。
本発明の実施形態に係る植木鉢の底面概念図である。
本発明の実施形態に係る植木鉢のB部拡大図である。
本発明の実施形態に係る植木鉢のC−C断面図である。
本発明の実施形態に係る植木鉢の作用説明図である。

実施例

0011

以下、本発明を実施するための最良の形態を、図面を参照して説明する。

0012

最初に、本発明の実施形態に係る植木鉢を、図を基に、説明する
図1は、本発明の実施形態に係る植木鉢の斜視図である。図2は、本発明の実施形態に係る植木鉢に平面図である。図3は、本発明の実施形態に係る植木鉢のA−A断面図である。図4は、本発明の実施形態に係る植木鉢の底面図である。図5は、本発明の実施形態に係る植木鉢の底面概念図である。図6は、本発明の実施形態に係る植木鉢のB部拡大図である。図7は、本発明の実施形態に係る植木鉢のC−C断面図である。図8は、本発明の実施形態に係る植木鉢の作用説明図である。

0013

植木鉢は、植物を栽培するための容器である。
植木鉢は、いわゆる植木鉢、プランター育苗用ポットを含む。

0014

植木鉢は、側部10と底部20とで構成される。
植木鉢は、側部10と底部20と脚部30とで構成されてもよい。
植木鉢は、側部10と底部20とリブ部40とで構成されてもよい。
植木鉢は、側部10と底部20と脚部40とリブ部40とで構成されてもよい。

0015

植木鉢は、一体成型されたものでもよい。
植木鉢は、樹脂製であってもよい。
植木鉢は、光透過性の高い樹脂製であってもよい。
例えば、植木鉢は、ポリププロピレン樹脂製、ポリエステル樹脂製アクリル樹脂製繊維強化プラスチック製のうちの一つであってもよい。

0016

側部10は、上方が開放される筒状の部分である。
側部10の下方の縁が、底部20の周囲に繋がる。
側部10の下方の縁が、底部20の周囲に滑らかに繋がってもよい。
側部10の下方の縁が、底部20の周囲に段差なく滑らかに繋がってもよい。
側部10の上方の縁が、フランジ状になっていてもよい。
側部10の主要な箇所での厚みが第三厚みT3である。

0017

側部10は、円形または多角形輪郭をもつ筒状であってもよい。
側部10は、上方から下方に移動するに従って輪郭の寸法が小さくなる筒状であってよい。

0018

底部20は、側部10の下方の縁に周囲を繋げ中心部Cを下方に下がる部分である。
底部20は、第一底部21と第二底部22とで構成されてもよい。
第一底部21は、上方から下方に移動するに従って直径が小さくなる円錐状の部分である。 第一底部21の上方の周囲が側部10の下方の縁に繋がる。
第二底部22は、平板状の板構造であって、外周を第一底部の下方の縁に繋がる。

0019

下方から見て、底部20に中心部Cから四方にばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域Kが区画される。
下方から見て、底部20に中心部Cから四方に別れて放射状に延びる少なくとも3つの領域Kが区画されてもよい。
下方から見て、底部20に中心部Cから四方に分離して放射状に延びる少なくとも3つの領域Kが区画されてもよい。
例えば、下方から見て、底部20に中心部Cから四方にばらけて放射状に延びるN(N=3、4、5、6・・・)この領域Kが区画される。
例えば、下方から見て、底部20に中心部Cから四方に360°を所定の間隔でばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域Kが区画される。
例えば、下方から見て、底部20に中心部Cから四方に360°を略等間隔にばらけて放射状に延びる少なくとも3つの領域Kが区画される。
例えば、下方から見て、底部20に中心部Cから四方にばらけて放射状に延びる6つの領域Kが区画される。
図5に、底部20に6つの領域Kが区画される様子を示す。
図5は、理解の容易のために領域Kの内側を省略している。
複数の領域Kは、中央部Cで分離していてもよい。
複数の領域Kは、中央部Cで繋がっていてもよい。
図5に、6つの領域Kが中央部Cで畝状の部分である部24により分離している様子を示す。
図5に、底部20に6つの領域Kが第一底部21と第二底部22とに跨がって区画される様子を示す。

0020

底部20の領域Kに区画される箇所は、領域Kを除く箇所と一体成型されてもよい。
底部20の領域Kに区画される箇所は、領域Kを除く箇所とは別個成型されて合体されたものでもよい。

0021

底部20に多数の貫通穴23が形成されてもよい。
底部20に領域Kを埋める様に多数の貫通穴が形成されてもよい。
貫通穴の短辺または短径が、0・2mm以上1.5mm以下であってもよい。、
図4に、底部20に領域Kを埋める様に多数の貫通穴23が形成される様子を示す。
図6、7は、貫通穴23の付近拡大表示したものである。
図6は、貫通穴23は、略矩形の輪郭をもつ穴である。
図6は、複数の平行線が互いに交差するメッシュ状の部分であるメッシュ部25により貫通穴23を形成する様子を示す。

0022

底部20の領域Kでの厚みが、第一厚みT1である。
図7は、メッシュ部25の厚みが第一厚みT1である様子を示す。
底部20の領域Kを除く主要な箇所での厚みが、第二厚みT2であある。
第二厚みT2と第三厚みT3とは、同寸法であってもよい。
第一厚みT1は、第二厚みT2より薄い。

0023

第二厚みT2は、底部20の下面を平面状の支持面で支持したときに植木鉢が自立できるのに必要な厚みであってもよい。
第一厚みT1は、底部20の中心部Cを指で上方に押すと領域Kの内側が撓むことにより底部20の中心部Cが上方に凹むのに必要な厚みである。
例えば、第一厚みT1は、底部20の中心部Cを指で上方に押すと領域Kの内側に皺が寄って底部20の中心部Cが上方に凹むのに必要な厚みである。

0024

植木鉢を射出成形により成形するときに、射出成形時に、領域Kの内側から金型の隙間に射入し金型の畝部を形成する隙間に流す。その結果、樹脂が領域Kの内側の貫通穴23を形成するメッシュ部25に隅々に行き渡り、成形不良の低減、生産性の向上を図ることができる。
金型のエジェクタピンガスベント機能を有しており、メッシュ部34を形成する箇所にエジェクタピンを設けてもよい。

0025

脚部30は、底部20の下面に形成され、植木鉢を支持面Sに置いたときに、支持面Sに接触する部分である。
脚部30は、底部20の第二厚みT2のある箇所に形成される。
図4、5には、脚部30が底部20の第二厚みT2のある箇所に形成される様子を示す。

0026

リブ部40は、底部20の内側に起立する様に形成される部分である。
リブ部40は、底部20の剛性が大きくなる様に、底部20を補強する。
図2は、領域Kを挟んで第一底部21と第二底部22との境を跨ぐ様に形成される様子を示す。

0027

以下に、本発明の実施形態にかかる植木鉢の作用を説明する。

0028

植木鉢に培養土を入れ、植物を植える。
水を植木鉢にまくと、土にしみ込み、余分な水が底部20に設けられた貫通孔23から通水する。
植木鉢を支持面Sに正置させる。
脚部30が、士地面Sに接し、植木鉢が自立する。

0029

植物が大きく育つと、植物をより大きい植木鉢に植え替えなければならなくなる。
植木鉢を持ち上げ、底部20の中心部Cを上方に押す。
底部20の中心部cが上り、植物の根を含む培養土が持ち上がる。
図8に、底部20の中心部Cを指で上方に押すと領域Kの内側に皺が寄って底部20の中心部Cが上方に凹む様子が示される。
植物を、より大きな植木鉢へ植え替える。

0030

以上説明したように、本発明の実施形態に係る植木鉢は、その構成により、以下の効果を有する。
上方が開放される筒状の側部10の下方に縁に周囲を繋げ中心部を下方に下げる底部20に中心部Cから四方に360°を等間隔にばらけて放射状に延びる6つの領域Kが区画され、底部20の領域Kでの厚みである第一厚みT1が底部20の領域を除く主な箇所での厚みである第二厚みT2より薄い様にしたので、第一厚みT1と第二厚みT2とを相対的に選択して、所望の剛性をもつ植木鉢を提供できる。
また、底部20に領域Kを埋める様に多数の貫通穴23が形成される様にしたので、貫通穴23の大きさを第一厚みT1に対応して選択でき、所望の水はけ性能をもつ植木鉢を提供できる。
また、第二厚みT2は底部20の下面を平面状の支持面で支持したときに植木鉢が自立できるのに必要な厚みであり、第一厚みT1は底部20の中心部を指で上方に押すと領域の内側が撓むことにより底部の中心部が上方に凹むのに必要な厚みである様にしたので、通常は平面上の支持面Sに自立でき、必要なとき指で底部20の中心部Cを上方に押して植木鉢から植物を押し上げることができる植木鉢を提供できる。
その結果、例えば見栄えが良い、例えば適度な水はけが可能な、例えば育った植物の植え替えが容易である、例えば周囲から害虫が入り込まない、例えば通気性をもつ、例えば栽培用土の漏れがすくない、植木鉢を提供できる。

0031

本発明は以上に述べた実施形態に限られるものではなく、発明の要旨を逸脱しない範囲で各種の変更が可能である。

0032

S支持面
C 中心部
K 領域
10 側部
11 縁
20 底部
21 第一底部
22 第二底部
23貫通穴
24畝部
25メッシュ部
30 脚部
40リブ部

先行技術

0033

実用新案登録第3165724号

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 西松建設株式会社の「 水耕栽培装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】栽培床を移動容易に培養液に浮かべて栽培し、栽培物の根が、培養液中に溶存する養分と酸素を摂取できさらに接触空気から酸素を直接摂取でき、栽培光の培養液への照射をカットし藻の繁殖を無くして栽培床の反... 詳細

  • 西松建設株式会社の「 水耕栽培装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】栽培床を移動容易に培養液に浮かべて栽培し、栽培物の根が、培養液中に溶存する養分と酸素を摂取できさらに接触空気から酸素を直接摂取でき、栽培光の培養液への照射をカットし藻の繁殖を無くして栽培床の反... 詳細

  • 山崎産業株式会社の「 植物栽培器及び植物栽培装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 根生育体を安定的に保持しつつ、地上部の生育と根の生育を効率的に行い得る植物栽培器及び植物栽培装置の提供。【解決手段】 根生育体保持部Bに保持された根生育体Faに根が生育する栽培対象植物の... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ