図面 (/)

技術 クレープ焼成装置及びクレープ焼成方法

出願人 株式会社モリロボ
発明者 森啓史
出願日 2015年11月10日 (5年6ヶ月経過) 出願番号 2015-220154
公開日 2017年5月25日 (3年11ヶ月経過) 公開番号 2017-085967
状態 特許登録済
技術分野 ベイキング用装置 ベイカリー製品及びその製造方法
主要キーワード コンベア台 クレープ生地 ダクト状 連続焼 誘導板 回転方向側 凹凸感 注ぎ口
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年5月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

人の手でクレープ生地を薄く伸ばして焼き上げたような感じ再現可能に焼き上げることができるクレープ焼成装置及びクレープ焼成方法の提供。

解決手段

円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板12と、クレープ生地を鉄板12上に落とす生地ドロップ部30と、鉄板12上に落とされたクレープ生地を、鉄板12の全面に薄く伸ばす生地伸ばし部20とを備え、クレープ生地を、回転する鉄板12上で、生地伸ばし部20で薄い円盤状に伸ばしつつ焼成する方法。

概要

背景

従来より、小麦粉牛乳を加えて溶いた流動性のあるクレープ生地鉄板で薄く焼いたクレープ焼成するための装置や方法が、各種提案されている。例えば、特許文献1に示される菓子用焼皮のクレープ連続焼成機では、流動状のあるクレープ生地を投入するホッパーと、ホッパーのクレープ生地を送り込む生地タンクと、生地タンクの上方に設けられた回転ドラムと、回転ドラムの周囲に設けられた複数の加熱焼成板と、生地タンクの内部で回転して生地タンク内のクレープ生地をその表面に移し取り、回転ドラムの加熱焼成板に転写する転写ドラムと、加熱焼成板から焼成後の焼皮を剥離するスクレーパーとを備える装置である。

概要

人の手でクレープ生地を薄く伸ばして焼き上げたような感じ再現可能に焼き上げることができるクレープ焼成装置及びクレープ焼成方法の提供。円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板12と、クレープ生地を鉄板12上に落とす生地ドロップ部30と、鉄板12上に落とされたクレープ生地を、鉄板12の全面に薄く伸ばす生地伸ばし部20とを備え、クレープ生地を、回転する鉄板12上で、生地伸ばし部20で薄い円盤状に伸ばしつつ焼成する方法。

目的

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、人の手でクレープ生地を薄く伸ばして焼き上げたような感じを再現可能に焼き上げることができるクレープ焼成装置及びクレープ焼成方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

クレープを丸く薄焼きにするためのクレープ焼成装置において、円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板と、クレープ生地を該鉄板上に落とす生地ドロップ部と、該鉄板上に落とされた該クレープ生地を、該鉄板の全面に薄く伸ばす生地伸ばし部とを備え、該クレープ生地を、回転する該鉄板上で、該生地伸ばし部で薄い円盤状に伸ばしつつ焼成することを特徴とするクレープ焼成装置。

請求項2

前記生地伸ばし部が、軸に沿って回転自在な円筒又は円柱状で、前記鉄板の半径方向に該軸が位置し、該鉄板との間に所定間隔を空けた状態で横臥して設けられたことを特徴とする請求項1記載のクレープ焼成装置。

請求項3

前記生地伸ばし部が、前記鉄板の回転方向側に、揺動することを特徴とする請求項2記載のクレープ焼成装置。

請求項4

前記鉄板が、誘導加熱手段により加熱されることを特徴とする請求項1〜請求項3のいずれかに記載のクレープ焼成装置。

請求項5

前記生地ドロップ部が、前記クレープ生地を該鉄板上の所定位置に所定量だけ落とすものであることを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれかに記載のクレープ焼成装置。

請求項6

前記生地ドロップ部が、生地ドロップ口を前記鉄板の半径方向に複数設け、該生地ドロップ口毎に、前記クレープ生地を該鉄板上に落とす量が異なることを特徴とする請求項5記載のクレープ焼成装置。

請求項7

前記鉄板の外周に、該鉄板の上に落とされた前記クレープ生地と該鉄板との間に挿脱可能な端部剥がし片を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項6のいずれかに記載のクレープ焼成装置。

請求項8

前記鉄板の外周に、該鉄板の上に落とされた前記クレープ生地と該鉄板との間に位置する端部剥がし片を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項6のいずれかに記載のクレープ焼成装置。

請求項9

クレープを丸く薄焼きするためのクレープ焼成方法において、円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板に、クレープ生地を落とし、該鉄板上に落とされた該クレープ生地を、軸に沿って回転自在な円筒又は円柱状で該鉄板の半径方向に該軸が位置し、該鉄板との間に所定間隔を空けた状態で横臥して設けられた生地伸ばし部で、該鉄板の全面に薄く伸ばしつつ、回転する該鉄板上で、薄い円盤状に焼成することを特徴とするクレープ焼成方法。

技術分野

0001

本発明は、小麦粉牛乳を加えて溶いた流動性のあるクレープ生地鉄板で薄く焼くことによって作られるクレープのクレープ焼成装置及びクレープ焼成方法に関する。

背景技術

0002

従来より、小麦粉に牛乳や卵を加えて溶いた流動性のあるクレープ生地を鉄板で薄く焼いたクレープを焼成するための装置や方法が、各種提案されている。例えば、特許文献1に示される菓子用焼皮のクレープ連続焼成機では、流動状のあるクレープ生地を投入するホッパーと、ホッパーのクレープ生地を送り込む生地タンクと、生地タンクの上方に設けられた回転ドラムと、回転ドラムの周囲に設けられた複数の加熱焼成板と、生地タンクの内部で回転して生地タンク内のクレープ生地をその表面に移し取り、回転ドラムの加熱焼成板に転写する転写ドラムと、加熱焼成板から焼成後の焼皮を剥離するスクレーパーとを備える装置である。

先行技術

0003

特開2003−230353号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、従来のクレープ焼成装置では、回転ドラム状でクレープ生地を焼成する方法であって、人が焼き上げるとのは掛け離れた方法のため、手で焼き上げるような薄さや手で伸ばしたような凹凸感を実現させることができなかった。

0005

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、人の手でクレープ生地を薄く伸ばして焼き上げたような感じ再現可能に焼き上げることができるクレープ焼成装置及びクレープ焼成方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

請求項1記載のクレープ焼成装置は、円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板と、クレープ生地を鉄板上に落とす生地ドロップ部と、鉄板上に落とされたクレープ生地を、鉄板の全面に薄く伸ばす生地伸ばし部とを備え、クレープ生地を、回転する鉄板上で、生地伸ばし部で薄い円盤状に伸ばしつつ焼成することを特徴とする。

0007

請求項2記載のクレープ焼成装置は、生地伸ばし部が、軸に沿って回転自在な円筒又は円柱状で、鉄板の半径方向に軸が位置し、鉄板との間に所定間隔を空けた状態で横臥して設けられたことを特徴とする。

0008

請求項3記載のクレープ焼成装置は、生地伸ばし部が、鉄板の回転方向側に、揺動することを特徴とする。

0009

請求項4記載のクレープ焼成装置は、鉄板が、誘導加熱手段により加熱されることを特徴とする。

0010

請求項5記載のクレープ焼成装置は、生地ドロップ部が、クレープ生地を鉄板上の所定位置に所定量だけ落とすものであることを特徴とする。

0011

請求項6記載のクレープ焼成装置は、生地ドロップ部が、生地ドロップ口を鉄板の半径方向に複数設け、生地ドロップ口毎に、クレープ生地を鉄板上に落とす量が異なることを特徴とする。

0012

請求項7記載のクレープ焼成装置は、鉄板の外周に、鉄板の上に落とされたクレープ生地と鉄板との間に挿脱可能な端部剥がし片を備えたことを特徴とする。

0013

請求項8記載のクレープ焼成装置は、鉄板の外周に、鉄板の上に落とされたクレープ生地と鉄板との間に位置する端部剥がし片を備えたことを特徴とする。

0014

請求項9記載のクレープ焼成方法は、円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板に、クレープ生地を落とし、鉄板上に落とされたクレープ生地を、軸に沿って回転自在な円筒又は円柱状で鉄板の半径方向に軸が位置し、鉄板との間に所定間隔を空けた状態で横臥して設けられた生地伸ばし部で、鉄板の全面に薄く伸ばしつつ、回転する鉄板上で、薄い円盤状に焼成することを特徴とする。

発明の効果

0015

本願の発明によれば、円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板と、クレープ生地を鉄板上に落とす生地ドロップ部と、鉄板上に落とされたクレープ生地を、鉄板の全面に薄く伸ばす生地伸ばし部とを備え、クレープ生地を、回転する鉄板上で、生地伸ばし部で薄い円盤状に伸ばしつつ焼成することで、人の手でクレープ生地を薄く伸ばして焼き上げたような感じを再現可能に焼き上げることができる。

図面の簡単な説明

0016

本発明に係るクレープ焼成装置の一例を示す斜視図である。
同クレープ焼成装置の生地ドロップ部を示す説明図である。
同クレープ焼成装置の鉄板の周辺構造を示す説明図である。
同クレープ焼成装置の動作を示す説明図である。
同クレープ焼成装置の生地伸ばし部の動作を示す説明図である。
同クレープ焼成装置の生地伸ばし部の動作を示す説明図である。
同クレープ焼成装置の端部剥がし片を示す説明図である。

実施例

0017

以下、本発明の形態について図面を参照しながら具体的に説明する。図1は、本発明に係るクレープ焼成装置の一例を示す斜視図である。図2は、同クレープ焼成装置の生地ドロップ部を示す説明図である。図3は、同クレープ焼成装置の鉄板の周辺構造を示す説明図である。図4は、同クレープ焼成装置の動作を示す説明図である。図5及び図6は、同クレープ焼成装置の生地伸ばし部の動作を示す説明図である。図7は、同クレープ焼成装置の端部剥がし片を示す説明図である。

0018

本発明に係るクレープ焼成装置1は、小麦粉に牛乳や卵を加えて溶いた流動性のある生地を鉄板で薄く焼くことによって作られるクレープCの焼成装置である。クレープ焼成装置1は、本体部10、鉄板12、生地伸ばし部20、生地ドロップ部30、コンベア台54等から構成されている。

0019

本体部10の上面中央には、円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に鉄板12が設けられている。また、本体部10の上方の鉄板12の上側には、クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12上に落とす生地ドロップ部30と、鉄板12上に落とされたクレープ生地Ca,Cb,Ccを、鉄板の全面に薄く伸ばす生地伸ばし部20とを備えている。

0020

鉄板12は、図3に示すように、鉄板12の中心の下方に突出して設けられた回転軸14にモータ16が接続され、モータ16により回転軸14を介して回転させられる構造になっている。また、鉄板12は、加熱手段でクレープ生地Ca,Cb,Ccを焼き上げるのに十分な温度に加熱されるが、回転する鉄板12を効率的に加熱し且つ構造を容易にする観点から、図3に示すように、コイル通電して鉄板12を発熱させる誘導加熱手段18を、鉄板12の下方に設けるのが好ましい。

0021

生地ドロップ部30は、クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12上の所定位置に所定量だけ落とすものであり、生地ドロップ口34a,34b,34cを鉄板の半径方向に複数設けている。生地ドロップ部30の具体的な構造としては、図2に示すように、クレープ生地Ca,Cb,Ccを蓄える生地タンク48の下方に、生地タンク48に連通するダクト状生地流路32が、鉄板12の上方の半径方向に横臥され、その生地流路32の下面に、鉄板12の変形方向に生地ドロップ口34a,34b,34cが、設けられている。

0022

生地ドロップ口34a,34b,34cの内側には、生地ドロップ口34a,34b,34c毎に、筒体36a,36b,36cに覆われた状態で上下に可動するシャフト38a,38b,38cが設けられ、シャフト38a,38b,38cの下端が、生地ドロップ口34a,34b,34cの注ぎ口を塞ぐ量で、クレープ生地Ca,Cb,Ccを落とすのを止めたり、落とす量を変えたりすることができる。尚、シャフト38a,38b,38cの上端は、ステー42a,42b,42cを介してモータ40a,40b,40cに接続され、モータ40a,40b,40cによってステー42a,42b,42cが揺動することで、シャフト38a,38b,38cが上下動する構造である。

0023

尚、生地ドロップ部30は、本実施の形態で説明する構造に限られるものではなく、クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12上に落とすことが可能な構造であればよい。また、1つの生地ドロップ部30で、複数の箇所でクレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12上に落とすことができる構造にしているが、落とす箇所毎に、別々の生地ドロップ部30を設けることも可能である。さらに、本実施の形態の生地ドロップ部30では、生地ドロップ口34a,34b,34c毎に、クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12上に落とす量が異なるように調整可能であるが、必ずしも落とす量を鉄板12の半径方向で変えることができる必要はないが、好ましくは、生地ドロップ口34a,34b,34c毎に、クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12上に落とす量が異なるようにできるのが好ましい。

0024

生地伸ばし部20は、軸に沿って回転自在な円筒又は円柱状で、鉄板12の半径方向に軸が位置し、鉄板12との間に所定間隔を空けた状態で横臥して設けられている。具体的には、本体部10の上方であって、鉄板12の真上に、門状の基台24が立ち上がり、その基台24の下面の鉄板12の半径位置の両脇から垂下する支持部22に、生地伸ばし部20が、回動自在に軸支されている。生地伸ばし部20の表面は、クレープ生地Ca,Cb,Ccが貼り付かないような素材(例えば、フッ素樹脂)でコーティングすることが望ましい。また、鉄板12と生地伸ばし部20との距離は、焼成するクレープCの厚みにより、適宜定めるようにする。尚、本実施の形態の図面では、生地伸ばし部20と生地ドロップ30の位置は、本体部10の上の一直線上の位置(すなわち90度、鉄板12の中心から見ると180度ずれた位置)に配置されているが、互いの位置関係は、任意である。

0025

コンベア台54は、クレープ焼成装置1の本体部10の脇位置に設けられ、上面視略正方形の門状で、本体部10の両脇に設けられたレール54aに沿って、本体部10の上に重なるように摺動可能になっている。また、コンベア台54の上面の全面には、モータ56aで駆動可能に設けられたコンベアベルト56が設けられている。さらに、コンベア台54が、本体部10の上方から離れている状態の本体部10側には、コンベアベルト56の端から鉄板12方向に傾斜して垂れ下がる傾斜誘導板58が設けられている。

0026

また、クレープ焼成装置1は、鉄板12の外周に、鉄板12の上に落とされたクレープ生地Ca,Cb,Cc(クレープC)と鉄板12との間に位置する端部剥がし片50を備えている。この端部剥がし片50は、鉄板12の外周のどの位置に設けられていてもよい。また、端部剥がし片50を、剥がし片駆動手段52により、鉄板12の上に落とされたクレープ生地Ca,Cb,Cc(クレープC)と鉄板12との間に挿脱可能な構造にしてもよい。

0027

次に、以上のように構成されたクレープ焼成装置1の動作を説明する。まず、生地タンク48に、小麦粉に牛乳や卵を加えて溶いた流動性のあるクレープ生地Ca,Cb,Ccを投入し、生地ドロップ口34a,34b,34cの生地ドロップ口34a,34b,34cからクレープ生地Ca,Cb,Ccを、鉄板12の上に落とすことができる状態にする。また、鉄板12を、回転させながら、誘導加熱手段18により、クレープCを焼成するのに十分な温度まで加熱する。

0028

このように、暖まった鉄板12が回転する状態で、図4に示すように、生地ドロップ部30の生地ドロップ口34a,34b,34cから、クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12に落とす。クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12に落とす量は、鉄板12の回転中心に近い生地ドロップ口34cを一番多くし、鉄板12の回転中心から離れるほど少なくすると、均一な厚みでクレープCを焼き上げるのに好ましい。尚、鉄板12の回転スピードは、クレープ生地Ca,Cb,Ccの状態や、気温や、焼き上げたいクレープCの厚み等を考慮して、決める。

0029

鉄板12に落とされたクレープ生地Ca,Cb,Ccは、鉄板12が回転することで、図5に示されるように、生地伸ばし部20の下に至り、生地伸ばし部20自身も回転しつつ、クレープ生地Ca,Cb,Ccを、全体として1枚のクレープCになるように薄い円盤状に伸ばしていく。もちろん、加熱された鉄板12の上でクレープ生地Ca,Cb,Ccが、薄い円盤状に伸ばされるので、同時にクレープ生地Ca,Cb,Ccが焼かれることになる。

0030

尚、本実施の形態のクレープ焼成装置1では、図6に示すように、生地伸ばし部20が、鉄板12の回転方向側に、揺動することから、より均一にクレープ生地Ca,Cb,Ccを、一枚の薄い円盤状に伸ばすことが可能である。

0031

クレープ生地Ca,Cb,Ccが、一枚の薄い円盤状に伸ばされた後は、生地伸ばし部20を上方に遠ざけ、引き続き鉄板12を回転させながら、クレープCに焼き上げていく。そして、焼き上がった段階で、端部剥がし片50を、クレープCと鉄板12との間に差し込む(焼成後に差し込まず、最初からこの位置に端部剥がし片50がある状態であってもよい)。これにより、端部剥がし片50が、クレープCの外周部分を浮かせることになり、その後に、コンベア台54が、傾斜誘導板58を鉄板12とクレープCとの間に入りつつ、鉄板12の約8割の位置にまで移動すると、クレープCが傾斜誘導板58に乗り上げてモータ56aで回転されたコンベアベルト56に乗り上げると、クレープCがコンベア台54の上に引き上げられ、鉄板12の上から剥ぎ取られる。そして、クレープCが乗ったコンベア台54を元に位置に戻すことにより、クレープCの焼成が終了する。

0032

上記のようなクレープ焼成装置1によれば、円盤状で、加熱された状態で円の中心を回転中心として回転可能に設けられた鉄板12と、クレープ生地Ca,Cb,Ccを鉄板12上に落とす生地ドロップ部30と、鉄板12上に落とされたクレープ生地Ca,Cb,Ccを、鉄板12の全面に薄く伸ばす生地伸ばし部20とを備え、クレープ生地Ca,Cb,Ccを、回転する鉄板12上で、生地伸ばし部20で薄い円盤状に伸ばしつつ焼成することで、人の手でクレープ生地Ca,Cb,Ccを薄く伸ばして焼き上げたような感じを再現可能に焼き上げることができる。

0033

また、生地伸ばし部20が、軸に沿って回転自在な円筒又は円柱状で、鉄板12の半径方向に軸が位置し、鉄板12との間に所定間隔を空けた状態で横臥して設けられていることから、人がクレープ生地を半分づつ伸ばしつつ円盤状にしていくのと同様な手順になり、人の手でクレープ生地Ca,Cb,Ccを薄く伸ばして焼き上げたような感じを再現可能に焼き上げることができる。

0034

以上のように、本発明によれば、人の手でクレープ生地を薄く伸ばして焼き上げたような感じを再現可能に焼き上げることができるクレープ焼成装置及びクレープ焼成方法を提供することができる。

0035

1・・・・・クレープ焼成装置
10・・・・本体部
12・・・・鉄板
14・・・・回転軸
16・・・・モータ
18・・・・誘導加熱手段
20・・・・生地伸ばし部
20a・・・軸
22・・・・支持部
24・・・・基台
30・・・・生地ドロップ部
32・・・・生地流路
34a・・・生地ドロップ口
34b・・・生地ドロップ口
34c・・・生地ドロップ口
36a・・・筒体
36b・・・筒体
36c・・・筒体
38a・・・シャフト
38b・・・シャフト
38c・・・シャフト
40a・・・モータ
40b・・・モータ
40c・・・モータ
42a・・・ステー
42b・・・ステー
42c・・・ステー
48・・・・生地タンク
50・・・・端部剥がし片
52・・・・剥がし片駆動手段
54・・・・コンベア台
54a・・・レール
56・・・・コンベアベルト
56a・・・モータ
58・・・・傾斜誘導板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 味の素株式会社の「 酵素組成物」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題・解決手段】本発明の目的は、ベーカリー食品の老化を抑制するための方法を提供することにある。本発明は、(A)トランスグルタミナーゼ、(B)α−アミラーゼ及び(C)リパーゼを含む酵素組成物に関する。... 詳細

  • 日油株式会社の「 焼成後冷凍パン用油脂組成物および焼成後冷凍パン」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】冷凍保存中のパンの皮剥がれや縮みが抑制され、冷凍保存解凍後も十分なボリュームを有し、腰持ちが良いパンが得られる焼成後冷凍パン用油脂組成物を提供する。【解決手段】食用油脂中にL−シスチンを含有す... 詳細

  • 日油株式会社の「 製パン用油脂組成物、製パン用穀粉生地、製パン用穀粉生地の製造方法」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】製パンに使用することで、作業性及び歩留まりが向上し、さらに弾力性に優れ、小麦本来の美味しさを感じられるパンが得られる製パン用油脂組成物の提供。【解決手段】(A)食用油脂中に、(B)ブランチング... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ