図面 (/)

技術 銘板の取付方法及びそれに使用する取付具

出願人 モリト株式会社
発明者 熊谷修次辻井信也松居誠
出願日 2016年10月24日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2016-207604
公開日 2017年5月18日 (4年6ヶ月経過) 公開番号 2017-083834
状態 特許登録済
技術分野 乗客設備 挿入ピン・リベット 表札、パネル等 車両の防水・装飾、車両の衛生設備 板の接続 かしめ結合と拡管装置及び管端の縮径・拡径
主要キーワード 頭部周縁 中空突起 センターずれ 未熟練者 脚部内 取付対象物 仮固定状態 断面波形
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年5月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

簡単にしかも確実に座金が脚部にかしめられているかどうかを確認することのできる銘板取付方法およびそれに使用する取付具を提供する。

解決手段

銘板10の取付方法である。(A)銘板本体11から突起12が起立している状態の銘板10を用意する工程と、(B)中央に貫通孔25を有する頭部21と中空脚部22とを有する座金20を用意する工程と、(C)突起12で取付対象物40を突き通し、この取付対象物の裏側で座金20を仮止めする工程と、(D)押圧具30により、頭部21を介して、突起12の先端を押しつぶす工程と、(E)貫通孔25を介して、突起12の先端が正しく拡径膨大変形しているかどうか確認する工程を有する。

概要

背景

自動車カーペットマットに取り付ける従来の銘板は2〜4本の脚部を有する金属板アルミニウムであることが多い)からなる。この脚部をカーペット等に突き通し、カーペット等の裏に露出した部分を座金でかしめることにより、しっかりと固定させる。例えば、下記公報で紹介されているような取付方法及び取付具が公知である。

概要

簡単にしかも確実に座金が脚部にかしめられているかどうかを確認することのできる銘板取付方法およびそれに使用する取付具を提供する。銘板10の取付方法である。(A)銘板本体11から突起12が起立している状態の銘板10を用意する工程と、(B)中央に貫通孔25を有する頭部21と中空脚部22とを有する座金20を用意する工程と、(C)突起12で取付対象物40を突き通し、この取付対象物の裏側で座金20を仮止めする工程と、(D)押圧具30により、頭部21を介して、突起12の先端を押しつぶす工程と、(E)貫通孔25を介して、突起12の先端が正しく拡径膨大変形しているかどうか確認する工程を有する。

目的

本発明は、この問題点に鑑み行われたもので、簡単にしかも確実に座金が脚部に正確にかしめられているかどうかを確認することのできる銘板取付方法およびそれに使用する取付具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

銘板(10,10A,10B)の取付方法であって、銘板本体(11,11A,11B)から突起(12,12A,12B)が起立している状態の銘板(10,10A,10B)を用意する工程と、中央に貫通孔(25,25A,25B)を有する頭部(21,21A,21B)と中空脚部(22,22A,22B)とを有する座金(20,20A,20B)を用意する工程と、前記突起(12,12A,12B)で取付対象物(40,40A,40B)を突き通し、この取付対象物(40,40A,40B)の裏側で前記座金(20,20A,20B)を仮固定する工程と、押圧具(30,30A,30B)により、前記頭部(21,21A,21B)を介して、前記突起(12,12A,12B)の先端を押しつぶす工程と、前記貫通孔(25,25A,25B)を介して、前記突起(12,12A,12B)の先端が正しく拡径膨大変形しているかどうか確認する工程を有することを特徴とする銘板の取付方法。

請求項2

前記突起(12,12A,12B)の先端が断面V字の窪み(14,14A,14B)となっており、その窪み(14,14A,14B)の最も低い中央の中心点(17,17A,17B)の位置が前記貫通孔(25,25A,25B)の中央に位置するかどうかにより、前記突起(12,12A,12B)の先端が正しく拡径膨大変形しているかどうかを確認する請求項1記載の方法。

請求項3

前記突起(12,12A,12B)は、銘板を座金(20,20A,20B)に強固にかしめるため、前記突起(12,12A,12B)の先端部分のみが拡径しつつ膨大変形するものである請求項1又は2記載の方法。

請求項4

銘板(10,10A,10B)の取付具であって、銘板本体(11,11A,11B)から突起(12,12A,12B)が起立している状態の銘板(10,10A,10B)と、中央に貫通孔(25,25A,25B)を有する頭部(21,21A,21B)と中空脚部(22,22A,22B)とを有する座金(20,20A,20B)とを有し、取付対象物(40,40A,40B)を介して、前記銘板(10,10A,10B)と前記座金(20,20A,20B)とをかしめた状態で、前記貫通孔(25,25A,25B)から前記突起(12,12A,12B)の先端が視認できることを特徴とする取付具。

請求項5

中空脚部(22,22A,22B)の足長(H1)は、前記突起(12,12A,12B)の足長(H2)と等しいか、それよりも3mm以内で短い長さである請求項4記載の取付具。

請求項6

前記突起(12,12A,12B)の先端が断面V字の窪み(14,14A,14B)であり、その窪みの最も低い中央が中心点(17,17A,17B)となっている請求項4または5記載の取付具。

請求項7

かしめる前に突起(12A)と中空脚部(22A)の密着性を高めるために、突起(12A)の外壁隆起部(16A)を設けた請求項4〜6のいずれかに記載の取付具。

請求項8

かしめる前に突起(12B)と中空脚部(22B)の密着性を高めるために、中空脚部(22B)における脚部本体(26B)の内壁断面を波形とした請求項4〜7のいずれかに記載の取付具。

請求項9

前記頭部(21C)と前記中空脚部(22C)とを有する前記座金(20C)が一体の部品である請求項4〜8のいずれかに記載の取付具。

技術分野

0001

本発明は、銘板ネームプレート)の取付方法及びそれに使用する取付具に関するものであり、例えば、ネーム商標等を印刷刻印した銘板を取付対象の部材に固定するのに使用する。取付対象は、以下の説明では、自動車カーペットマットであるが、これに限らない。

背景技術

0002

自動車のカーペットやマットに取り付ける従来の銘板は2〜4本の脚部を有する金属板アルミニウムであることが多い)からなる。この脚部をカーペット等に突き通し、カーペット等の裏に露出した部分を座金でかしめることにより、しっかりと固定させる。例えば、下記公報で紹介されているような取付方法及び取付具が公知である。

先行技術

0003

実用新案登録第3060890号公報
実用新案登録第3107668号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上記従来技術(本願添付の図7参照)では、銘板の脚部を座金でかしめる作業は、仮固定されているとはいえ、カーペット等の上下から接合部分がよく見えない状態で行われる。さらに、かしめ作業が終わっても接合が正しく行われたのか確認する手段がない。そのため、同種の作業を多数回繰り返している間に、かしめ忘れなど基本的なミスを見逃してしまうことももちろん、接合不良(例えば、傾き接合やセンターずれ押圧力不足等)を見逃してしまうことが多々あった。

0005

銘板の突起は、中空脚部内垂直軸方向に加圧押圧され先端のみが拡径しつつ膨大変形するのが望ましい。しかし、図7に示すように、従来は先端がいびつな形で変形したり、銘板突起12Xの根元部12Yも変形したりすることが多かった。さらに、図8に示すように、突起が斜め方向に圧力を受けた場合、中空脚部12Xともども突起12Xが倒れ、突起の先端が拡径膨大変形しないため、かしめ不良につながることがあった。

0006

かしめ忘れや接合不良があれば、時間の経過や器物との接触によって銘板が浮かび上がったり、外れ落ちたりすることは避けられない。そのようなことがあっても大きな事故にはつながらないであろうが、見栄えが悪くなり、車の価値を落とすことになる。そうかといって、一般の使用者が車内側から再び銘板を取り付けるのは困難なことである。

0007

本発明は、この問題点に鑑み行われたもので、簡単にしかも確実に座金が脚部に正確にかしめられているかどうかを確認することのできる銘板取付方法およびそれに使用する取付具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明の銘板の取付方法は、銘板本体から突起が起立している状態の銘板を用意する工程と、中央に貫通孔を有する頭部と中空脚部とを有する座金を用意する工程と、前記突起で取付対象物を突き通し、この取付対象物の裏側で前記座金を仮止めする工程と、押圧具により、前記頭部を介して、前記突起の先端を押しつぶす工程と、前記貫通孔を介して、前記突起の先端が正しく拡径膨大変形しているかどうか確認する工程を有することを特徴とする(請求項1)。

0009

好ましくは、前記突起の先端が断面V字の窪みとなっており、その窪み中央の中心点の位置が前記貫通孔の中央に位置するかどうかにより、前記突起の先端が正しく拡径膨大変形しているかどうかを確認する(請求項2)。

0010

前記突起は、銘板を座金に強固にかしめるため、突起の先端部分のみが拡径膨大変形することが望ましい(請求項3)。

0011

本発明の銘板取付具は、銘板本体から突起が起立している状態の銘板と、中央に貫通孔を有する頭部と中空脚部とを有する座金とを有するものであって、取付対象物を介して、前記銘板と前記座金とをかしめた状態で、前記貫通孔から前記突起の先端の位置が視認できることを特徴とする(請求項4)。

0012

好ましくは、前記中空脚部の足長は、前記突起の足長と等しいか、それよりも3mm以内で短い長さに設定する(請求項5)。

0013

好ましくは、前記突起の先端が断面V字の窪みであり、その窪みの最も低い中央が中心点となっている(請求項6)。

0014

かしめる前に突起と中空脚部の密着性を高めるために、突起の外壁隆起部を設けてもよい(請求項7)し、中空脚部における脚部本体の内壁断面を波形としてもよい(請求項8)。前記頭部と前記中空脚部とを有する前記座金は一体の部品であることが好ましい(請求項9)。

発明の効果

0015

発明請求項1と4によれば、かしめ作業が正確に行われたことは、座金の中央孔目視することにより行われる。例えば、突起の先端中心点が中央孔の真ん中に位置するかどうかで確認できる。正しくかしめられていないときには中心点が中央孔の真ん中に位置しないし、かしめ忘れがあったときには中心点が遠く離れているように見えるからである。

0016

請求項5,7,8の発明によれば、銘板の突起を座金の中空突起がしっかりと包囲して補強する効果がある。その結果、かしめ工程で突起が斜めに倒れることがなくなるとともに、突起の先端部位のみが正しく拡径膨大するようになる。

0017

以下、添付の図面に基づいて、本発明の実施例を説明する。

図面の簡単な説明

0018

本発明第1実施例に係る銘板10を裏側から見た斜視図である。
本発明第1実施例において、(a)は仮止め状態の断面図、(b)はかしめ状態の断面図、(c)は銘板脚部と座金脚部の関係を表す概略図である。
本発明第2実施例に係る銘板10Aを裏側から見た斜視図である。
本発明第2実施例において、(a)は仮止め状態の断面図、(b)はかしめ状態の断面図、(c)は銘板脚部と座金脚部の関係を表す概略図である。
本発明第3実施例に係る銘板10Bを裏側から見た斜視図である。
本発明第3実施例において、(a)は仮止め状態の断面図、(b)はかしめ状態の断面図、(c)は銘板脚部と座金脚部の関係を表す概略図である。
従来の銘板取付方法を示す断面図である。
従来の銘板取付方法において、銘板の突起と座金の中空脚部が倒れている不良接合の一例を示す断面図である。
本発明の方法により、不良品を検出している状態を示す断面図である。
本発明第4実施例に係る銘板10Cを裏側から見た斜視図である。
本発明第4実施例において、(a)は仮止め状態の断面図、(b)はかしめ状態の断面図、(c)は銘板脚部と座金脚部の関係を表す概略図である。

0019

図1は銘板10を裏側から見たものであり、ネームや商標(図示せず)は銘板本体11の見えていない側に印刷・刻印等される。

0020

図1及び図2各図から分かるように、銘板本体11から高さ約1cmの突起12が2本起立している。この突起12は、銘板がアルミニウム製の場合、金型に挟んで圧力をかけることにより、起立させることができるので、本体11と突起12は一体成形される。突起12の先端部は最大深さ2mmのV字状の窪み14を有しているので、すり状である。突起12を真上から見れば窪み14の最も低いV字の中央は中心点17として見える。

0021

一方、座金20は頭部21と中空の脚部22からなり、末広がりの脚部先端23が頭部周縁部24によりかしめられて一体化している。頭部21の中央部には直径約2mmの孔25が開けられている。図2(c) に示すように、座金の中空の脚部本体26の直径L1は突起12の直径L2とほぼ同じである。そのため、座金20を突起12にはめることでかしめ前の仮固定ができる。

0022

中空脚部22の足長(図2(a)におけるH1)は、銘板突起12の足長(図2(a)におけるH2)とほぼ同じか、それよりも約3mm以内で短いものであり、従来のもの(図7におけるh)と比較すると長いものを使用する。それにより、座金の中空脚部22が銘板の突起12をほぼ完全に包囲するので、より安定的に仮固定される。その結果、突起の根元部が変形したり、突起や中空脚部が傾いて接合したりすることが少なくなった。

0023

図2(a)は銘板本体11と座金20の仮固定状態の断面図である。このあと、正式にかしめ固定することになる。かしめ作業は、図2(a)に示すように、押圧具30を使用して突起の先端窪み14を押しつぶすことによる。この押圧具30が頭部と衝突すると、窪み14先端は拡径膨大変形する。最終状態では、図2(b)に示すように、突起12の窪み14の先端のみが拡径し、座金20の内側中空部充てんするような形で膨大変形する。

0024

この作業により、銘板10はカーペット40などに対してしっかりと固定される。作業が正しく行われたことは、座金20の中央孔25を目視して、突起12の先端中心点17が中央孔25の真ん中に位置するかどうかで確認できる。正しくかしめられていないときには中心点17が中央孔25の真ん中に位置しないし、かしめ忘れがあったときには中心点17が遠く離れているように見えるからである。

0025

図9は、従来例を示す図8と似ているが、本発明の方法により、不良品を検出している状態を示している。図9では、突起12の先端中心点17が中央孔25の真ん中からずれているので、正しくかしめられていないことが目視により容易に確認できる。図8(従来例)では、座金20Xの傾きだけで不良かしめかどうかを判断していたので、慣れるまでに熟練を要した。それに比べると、図9(本発明)では、中心点17の位置が中央孔25の真ん中からずれているかどうかを判断の根拠とするので、未熟練者でも簡単に正確な判断をすることができる。

0026

実施例2が実施例1と異なる部分は、突起12Aの壁に複数の隆起部16Aを設けていることだけである。その他、実施例1と同様の部分は、実施例1で使用した符号の後に「A」をつけて、その説明を省略する。

0027

隆起部16Aを設けたのは、座金20Aと突起12Aとの密着性を高めてその摩擦力により仮固定し、安定してかしめられるようにするためである。

0028

座金20Aの中央孔25Aの効果は、実施例1と同様である。

0029

実施例3が実施例2と異なる部分は、座金20Bの脚部本体26Bの内面雌ねじのように断面が波形となっていることである。その他、実施例1と同様の部分は、実施例1で使用した符号の後に「B」をつけて、その説明を省略する。

0030

脚部本体26Bの内面を断面波形とすることにより、座金20Bと突起12Bとの密着性がさらに高まり、安定してかしめられるようになる。

0031

なお、脚部本体26Bの内面は、本来のねじの機能は有していないので、雌ねじのように正確な波形である必要はなく、脚部を上下方向から圧縮することにより、凸凹に変形させた程度のものであってもよい。

0032

座金20Bの中央孔25Bの効果は、実施例1、実施例2と同様である。

0033

実施例4を実施例1と比較すると、座金20Cが頭部21Cと中空の脚部22Cからなる点は同じである。実施例1では、別体の頭部21と脚部22をかしめて一体化していたが、実施例4では、これらは初めから一体化した状態の部品であることだけが異なる。その他、実施例1と同様の部分は、実施例1で使用した符号の後に「C」をつけて、その説明を省略する。

0034

本実施例の作用効果は実施例1〜実施例3と同様であることは言うまでもない。

0035

10,10A,10B,10C銘板
11,11A,11B,11C 銘板本体
12.12A,12B,12C突起
14,14A,14B,14C 窪み
16A隆起部
17,17A,17B,17C 窪みの中心点
20,20A,20B,20C座金
21,21A,21B,21C 頭部
22.22A,22B,22C中空脚部
23 脚部先端
24頭部周縁部
25.25A,25B,25C中央孔
26,226A,26B,26C 脚部本体
30,30A,30B,30C押圧具
40,40A,40B,40C カーペット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • フタバ産業株式会社の「 固定部材及び連結部品」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】位置決め部分が見えやすく固定対象部材に対して作業者が組み付けやすい固定部材、及び当該固定部材と固定対象部材とが連結された連結部品を提供する。【解決手段】固定対象部材への固定に用いられる固定部材... 詳細

  • テイ・エステック株式会社の「 乗物用シート及び家具」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】人体に装着可能なウェアラブル端末を簡易に固定することが可能な乗物用シートを提供する。【解決手段】本発明の乗物用シートSは、シート本体S0と、人体に装着可能なウェアラブル端末1と、ウェアラブル端... 詳細

  • 大林株式会社の「 塀構造及び塀材」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】道路幅や敷地が狭小な場合であっても労力や時間を低減して構築することができ、重厚感を与えると共に、防火性にも優れ機械的強度がより高い塀構造を提供する。【解決手段】アルミニウム製のハニカム構造体1... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ