図面 (/)

技術 遠隔操作装置

出願人 日本精機株式会社
発明者 佐々木隆木内聡
出願日 2015年10月16日 (4年6ヶ月経過) 出願番号 2015-204229
公開日 2017年4月20日 (3年0ヶ月経過) 公開番号 2017-076917
状態 特許登録済
技術分野 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用) スイッチのケース,表示,鎖錠 押釦スイッチ
主要キーワード 電池収納空間 挿通用孔 押圧操作面 操作用スイッチ 赤外光線 現在温度 摺動操作 上述実施
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年4月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

容易に組み付けできる摺動操作部を有する遠隔操作装置を提供する。

解決手段

スイッチ素子12と、このスイッチ素子12の作動に基づいて無線信号を出力する発光ダイオード13などの出力回路実装する回路基板1と、この回路基板1を収納するケース2と、摺動操作をケース2内のスイッチ素子12に伝える摺動操作部5と、を備えた遠隔操作装置であって、摺動操作部5は、ケース2の外側に、利用者によって摺動操作可能なツマミ21と、ケース2の内側に、ツマミ2の摺動をスイッチ素子12に伝えるジョイント部材52とを設ける。

概要

背景

従来の遠隔操作装置は、例えば赤外線信号等の無線通信用出力回路や、操作用スイッチなどを実装する回路基板や、液晶表示パネルなどの表示器バッテリ等をケース内収納して構成されるものが一般的であり、例えば、特許文献1に開示されている。

概要

容易に組み付けできる摺動操作部を有する遠隔操作装置を提供する。スイッチ素子12と、このスイッチ素子12の作動に基づいて無線信号を出力する発光ダイオード13などの出力回路を実装する回路基板1と、この回路基板1を収納するケース2と、摺動操作をケース2内のスイッチ素子12に伝える摺動操作部5と、を備えた遠隔操作装置であって、摺動操作部5は、ケース2の外側に、利用者によって摺動操作可能なツマミ21と、ケース2の内側に、ツマミ2の摺動をスイッチ素子12に伝えるジョイント部材52とを設ける。

目的

本発明の目的は、上述した課題に着目し、容易に組み付けできる摺動操作部を有する遠隔操作装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

スイッチ素子と、このスイッチ素子の作動に基づいて無線信号を出力する出力回路実装する回路基板と、この回路基板を収納するケースと、摺動操作を前記ケース内の前記スイッチ素子に伝える摺動操作部と、を備えた遠隔操作装置であって、前記摺動操作部は、前記ケースの外側に、利用者によって摺動操作可能なツマミと、前記ケースの内側に、前記ツマミの摺動を前記スイッチ素子に伝えるジョイント部材とを設けることを特徴とする遠隔操作装置。

請求項2

前記ケースにおける前記ツマミの挿通用孔内壁には、前記ツマミの孔部を係合するための突起を有し、前記ツマミは、前記ケースの外側から組み付けられて摺動可能に係合保持されることを特徴とする請求項1に記載の遠隔操作装置。

請求項3

前記摺動操作部は、前記回路基板の実装面と略垂直な前記ケースの側壁に設けられることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の遠隔操作装置。

請求項4

前記ジョイント部材は、前記ケースと前記回路基板の実装面との間に位置規制されて設けられることを特徴とする請求項1乃至請求項3の何れかに記載の遠隔操作装置。

技術分野

0001

本発明は、機器遠隔操作するための無線式遠隔操作装置に関する。

背景技術

0002

従来の遠隔操作装置は、例えば赤外線信号等の無線通信用出力回路や、操作用スイッチなどを実装する回路基板や、液晶表示パネルなどの表示器バッテリ等をケース内収納して構成されるものが一般的であり、例えば、特許文献1に開示されている。

先行技術

0003

特開2005−252336号公報

発明が解決しようとする課題

0004

これら遠隔操作装置は、利用者の手に把持された状態で対象の機器を操作可能であることから、表示面だけでなく、側面側にも操作可能なスイッチを実装することが求められていた。特に、把持による誤操作を防止するために摺動操作用のツマミを有する、所謂スライドスイッチが好適であるが、回路基板に実装されるスイッチ素子に対して精度良く、かつ組み付け性を良好にする設計が求められていた。

0005

また、例えば、遠隔操作装置が落下するなどして衝撃が加わり、該ツマミが外れてしまった場合であっても、利用者が容易に組み付けできる構造が求められていた。

0006

そこで本発明の目的は、上述した課題に着目し、容易に組み付けできる摺動操作部を有する遠隔操作装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

本発明の遠隔操作装置は、
スイッチ素子と、このスイッチ素子の作動に基づいて無線信号を出力する出力回路を実装する回路基板と、
この回路基板を収納するケースと、
摺動操作を前記ケース内の前記スイッチ素子に伝える摺動操作部と、
を備えた遠隔操作装置であって、
前記摺動操作部は、
前記ケースの外側に、利用者によって摺動操作可能なツマミと、
前記ケースの内側に、前記ツマミの摺動を前記スイッチ素子に伝えるジョイント部材とを設けることを特徴とする。

0008

また、前記ケースにおける前記ツマミの挿通用孔内壁には、前記ツマミの孔部を係合するための突起を有し、
前記ツマミは、前記ケースの外側から組み付けられて摺動可能に係合保持されることを特徴とする。

0009

また、前記摺動操作部は、前記回路基板の実装面と略垂直な前記ケースの側壁に設けられることを特徴とする。

0010

また、前記ジョイント部材は、前記ケースと前記回路基板の実装面との間に位置規制されて設けられることを特徴とする。

発明の効果

0011

本発明は、容易に組み付けできる摺動操作部を有する遠隔操作装置となる。

図面の簡単な説明

0012

本発明の実施形態による遠隔操作装置の概略図。
同実施形態における遠隔操作装置に組み付けられた摺動操作部を示す断面図。
同実施形態における摺動操作部を示す斜視図。

実施例

0013

以下、本発明の遠隔操作装置の実施形態として、空気調和機用リモートコントローラ(以下、リモコンと記す)に適用したものを例に挙げて、図面を用いて説明する。

0014

図1は、リモコンAの構成を示す分解斜視図であって、リモコンAは、回路基板1と、ケース2と、表示パネル3と、押圧操作部4と、摺動操作部5と、を備えている。

0015

回路基板1は、ガラスエポキシ樹脂等を用いた基材に、銅箔パターンを形成した硬質プリント基板を適用でき、スイッチ素子11,12や発光ダイオード13、図示しないマイクロコンピュータ電池用端子等の電子部品を実装している。

0016

スイッチ素子11は、表示面に設けられる押圧操作部4の押圧を検出するためのタクトスイッチを適用できる。また、後述する摺動操作部5に対応して設けられるスイッチ素子12は、回路基板1の表示面(押圧操作面)側に実装され、図2の断面図に示すように、回路基板1の実装面と平行方向に伸び、該実装面と平行に直線移動するシャフト部12aを有し、このシャフト部12aの位置に基づいて信号を発するスライドスイッチを適用できる。

0017

発光ダイオード13は、押圧操作部4や摺動操作部5などの操作に基づいて、赤外光点滅信号(無線信号)を発するための出力である。

0018

ケース2は、上ケース21と下ケース22と図示しない電池蓋が設けられ、上ケース21と下ケース22とが嵌合することで、回路基板1等を収納する収納空間を設けることができ、また、下ケース22と該電池蓋とによって電池収納空間が設けられる。

0019

上ケース21は、合成樹脂材からなり、押圧操作部4や表示パネル3をケース2の外側から操作、または視認できるように保持している。下ケース22は、上ケース21と同様の合成樹脂材からなり、回路基板1を載せる載置部221と、この回路基板1の実装面と略垂直な側壁部222の孔223と、発光ダイオード13の出力光を透過する図示しない透過窓が設けられる切り欠き部224と、を設けている。なお、孔223は、後述する摺動操作部5を挿通するためのもので、内壁に摺動操作部5を係止するための突起223aが設けられる。

0020

表示パネル3は、上ケース21の開口から望むことができるように保持され、液晶表示素子とこれを駆動する駆動回路を備えた表示ユニットを適用できる。表示パネル3は、回路基板1に実装された制御回路からの制御信号によって、押圧操作部4や摺動操作部5の操作に基づく、操作状態や、通信対象被制御機器)となる空気調和機設定状態、室温や現在温度を表示できる。また、表示パネル3の表面にタッチパネルを積層することによって、入力手段とすることも考えられる。

0021

押圧操作部4は、上ケース21の開口に嵌め込まれて設けられる操作ボタンである。押圧操作部4は、利用者の押圧操作によって、回路基板1に実装されたスイッチ素子11を押圧して接点切り替えることができるように、回路基板1の実装面に対して垂直に移動できる。また、押圧操作部4の天面(露出面)には、何の操作ができるのかをケース2の外側から確認できるように、ボタンの名称、またはマークなどの表示意匠印刷されている。

0022

摺動操作部5は、下ケース22の側壁部222に設けられ、孔223から回路基板1に実装されたスイッチ素子12の接点切り替えを操作できるように、図3に示すように、ツマミ51とジョイント部材52とを設けている。

0023

ツマミ51は、摺動操作するために利用者が触れることができる操作部51aと、孔223に挿通してジョイント部材52に嵌まる板状の接続部51bと、この接続部51bにおいて孔223の内壁に形成された突起223aに係合するスリット状の係合孔51c(孔部)と、が形成される。なお、図2に示すように、下ケース22には、長方形の孔223のうち、摺動方向に直交して対向する内壁の二面に突起223aが設けられ、ツマミ51には、この二つの突起223aのそれぞれに対応する係合孔(孔部)51c,51dを有する接続部51b,51eが形成されている。また、二つの接続部51b,51e間には、隙間を有している。

0024

また、ツマミ51は、板状の接続部51b,51eの弾性変形を利用して、ケース2の外側から組み付けることができる。この場合、側壁部222から奥まって形成される非対称段差面222a,222bによって、誤った方向でツマミ51が組み付けできないようしている。

0025

ジョイント部材52は、上ケース21の内側に形成されたガイド溝21aに対向する端部52aと回路基板1に対向する端部52bとが形成された壁部52cと、ツマミ51の接続部51bに嵌まるコ字状の凹部52dと、この凹部52dの反対側の壁部52cにスイッチ素子12のシャフト部12aに嵌合する接続孔52eと、が設けられる。なお、ツマミ51の接続部51bは、接続部51eよりも長く、先端側には、傾斜面51fが形成されており、ツマミ51の組み付け時に、凹部52dの適正な位置に誘い込むようにして案内して嵌まるため、精度よく組み付けする必要がなく、容易に組み付けできる。

0026

また、ジョイント部材52は、上ケース21と回路基板1の実装面との間に設けられ、ガイド溝21aと端部52aを有する壁部52cをガイドする構造であるため、摺動操作に伴うジョイント部材52の移動方向を規制するとともに、シャフト部12aが接続孔52eから外れることを防止できる。

0027

斯かるリモコンAは、スイッチ素子12と、このスイッチ素子12の作動に基づいて無線信号を出力する発光ダイオード13などの出力回路を実装する回路基板1と、この回路基板1を収納するケース2と、摺動操作をケース2内のスイッチ素子12に伝える摺動操作部5と、を備えた遠隔操作装置であって、摺動操作部5は、ケース2の外側に、利用者によって摺動操作可能なツマミ51と、ケース2の内側に、ツマミ51の摺動をスイッチ素子12に伝えるジョイント部材52とを設ける。

0028

従って、容易に組み付けできる摺動操作部5を有するリモコンAとなる。例えば、リモコンAが落下するなどして衝撃が加わり、ツマミ51が外れてしまった場合であっても、利用者が容易に組み付けできる構造となる。

0029

また、ケース2におけるツマミ51の挿通用の孔223の内壁には、ツマミ51の係合孔51c,51dを係合するための突起223aを有し、ツマミ51は、ケース2の外側から組み付けられて摺動可能に係合保持されることによって、摺動操作部5のツマミ51を容易に組み付けできる。

0030

また、摺動操作部5は、表示面や回路基板1の実装面と略垂直なケース2の側壁部222に設けられることによって、薄型のリモコンAであっても、利用者が把持した状態で摺動操作可能な入力手段を設けることができる。

0031

また、ジョイント部材52は、ケース2と回路基板1の実装面との間に位置規制されて設けられることによって、スイッチ素子12のシャフト部12aに精度良く組み付けられた状態を保持できる。例えば、リモコンAに衝撃が加わり、ツマミ51が外れてしまった場合であっても、組み付け精度を有するジョイント部材52が組み付け状態を保持できているため、ツマミ51をケース2へ組み付ける作業にて容易に状態を復帰できる。

0032

なお、本発明の遠隔操作装置を上述した実施の形態の構成にて例に挙げて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、他の構成においても、本発明の要旨を逸脱しない範囲において種々の改良、並びに表示の変更が可能なことは勿論である。例えば、上述実施の形態にあっては、赤外光線の無線信号出力によって、対象の機器(被制御機器)を操作するものであったが、信号を受信する回路を設けて双方向で通信するものであってもよいし、無線信号として電波信号を用いて機器と無線通信する遠隔操作装置であってもよい。

0033

本発明は、利用者が把持しながら操作する遠隔操作装置に関して、例えば、空気調和機やテレビなどの装置を対象にした無線式の遠隔操作手段として好適である。

0034

Aリモコン(遠隔操作装置)
1回路基板
11スイッチ素子
12 スイッチ素子
12aシャフト部
13発光ダイオード
2ケース
21 上ケース
21aガイド溝
22 下ケース
221 載置部
222側壁部(側壁)
222a段差面
222b 段差面
223 孔(挿通用孔)
223a突起
224切り欠き部
3表示パネル
4押圧操作部
5摺動操作部
51ツマミ
51a 操作部
51b 接続部
51c係合孔(孔部)
51d 係合孔(孔部)
51e 接続部
51f 傾斜面
52ジョイント部材
52a 端部
52b 端部
52c 壁部
52d 凹部
52e 接続孔

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ