図面 (/)

技術 情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法及びプログラム

出願人 株式会社ぐるなび
発明者 山田篤史
出願日 2015年10月7日 (4年5ヶ月経過) 出願番号 2015-199584
公開日 2017年4月13日 (2年11ヶ月経過) 公開番号 2017-072992
状態 特許登録済
技術分野 教示用装置 航行(Navigation) 検索装置
主要キーワード 算出範囲 検索範囲外 スポットデータ スポット画像 ウェブサイト運営者 ウェブサイトデータ 住居表示 地図サイト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年4月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

地図上に画像が表示される際に高い利便性を実現することが可能な情報処理装置情報処理システム情報処理方法及びプログラムを提供すること。

解決手段

本発明に係る情報処理装置は、記憶手段と、通信手段と、制御手段とを具備する。記憶手段は、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する。通信手段は、検索条件ユーザ端末から受信する。制御手段は、検索条件に基づいて、地図上の所定範囲検索範囲として決定し、検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の検索範囲外に配置して検索範囲内に位置するスポットの所在地とスポット画像の関連を示した地図画像を生成し、地図画像をユーザ端末に送信するように通信手段を制御する。

概要

背景

従来から、地図上のスポット飲食店観光施設等)に画像が表示されるウェブサイトが提供されている。画像は、ウェブサイト運営者が予め準備した画像やユーザによって投稿された画像であり、典型的には、飲食店の外観料理、あるいは観光施設等を撮像した画像である。各画像は地図上のスポットに関連付けられており、ユーザはウェブブラウザや地図閲覧用アプリケーションを用いて地図と共に地図上の各スポットに配置された画像を参照することができる。

概要

地上に画像が表示される際に高い利便性を実現することが可能な情報処理装置情報処理システム情報処理方法及びプログラムを提供すること。本発明に係る情報処理装置は、記憶手段と、通信手段と、制御手段とを具備する。記憶手段は、地上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する。通信手段は、検索条件ユーザ端末から受信する。制御手段は、検索条件に基づいて、地上の所定範囲検索範囲として決定し、検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地上の検索範囲外に配置して検索範囲内に位置するスポットの所在地とスポット画像の関連を示した地画像を生成し、地画像をユーザ端末に送信するように通信手段を制御する。

目的

本発明の目的は、地図上に画像が表示される際に高い利便性を実現することが可能な情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法及びプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する記憶手段と、検索条件ユーザ端末から受信する通信手段と、前記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲検索範囲として決定し、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置して前記検索範囲内に位置するスポットの所在地と前記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、前記地図画像を前記ユーザ端末に送信するように前記通信手段を制御する制御手段とを具備する情報処理装置

請求項2

請求項1に記載の情報処理装置であって、前記制御手段は、前記検索条件に地域の名称が含まれている場合、前記地域を前記検索範囲とする情報処理装置。

請求項3

請求項1に記載の情報処理装置であって、前記制御手段は、前記検索条件に施設の名称が含まれている場合、前記施設を中心とする一定範囲を検索範囲とする情報処理装置。

請求項4

請求項1に記載の情報処理装置であって、前記制御手段は、前記検索条件に前記ユーザ端末の位置情報が含まれている場合、前記位置情報で特定される位置を中心とする一定範囲を検索範囲とする情報処理装置。

請求項5

請求項1から4のうちいずれか一つに記載の情報処理装置であって、前記制御手段は、所在地が前記検索範囲内であるスポットの数が一定以上の場合に、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置する情報処理装置。

請求項6

請求項1から4のうちいずれか一つに記載の情報処理装置であって、前記制御手段は、地図上において前記検索範囲の占める面積の割合が一定以下の場合に、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置する情報処理装置。

請求項7

請求項1から6のうちいずれか一つに記載の情報処理装置であって、前記制御手段は、所在地が前記検索範囲内であるスポットの数が一定以上の場合に、地図の縮尺を変更する情報処理装置。

請求項8

請求項1から7のうちいずれか一つに記載の情報処理装置であって、前記制御手段は、前記検検索範囲内に位置するスポットの所在地と前記スポットに関連付けられたスポット画像を結ぶ線を前記地図画像に配置し、前記スポットと前記スポット画像の関連を示す情報処理装置。

請求項9

第1の通信手段と、検索条件を第2の通信装置に送信するように前記第1の通信手段を制御する第1の制御手段とを備える第1の情報処理装置と、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する記憶手段と、前記検索条件を前記第1の情報処理装置から受信する第2の通信手段と、前記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置して前記検索範囲内に位置するスポットの所在地と前記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、前記地図画像を前記第1の情報処理装置に送信するように前記第2の通信手段を制御する第2の制御手段とを備える第2の情報処理装置とを具備する情報処理システム

請求項10

地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する記憶手段と、検索条件に基づいて地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置して前記検索範囲内に位置するスポットの所在地と前記スポット画像の関連を示した地図画像を生成する制御手段とを具備する情報処理装置。

請求項11

第1の通信手段と、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する記憶手段と、前記スポット画像を第2の情報処理措置に送信するように前記第1の通信手段を制御する第1の制御手段と、を備える第1の情報処理装置と、前記第1の通信手段から前記スポット画像を受信する第2の通信手段と、検索条件に基づいて地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置して前記検索範囲内に位置するスポットの所在地と前記スポット画像の関連を示した地図画像を生成する第2の制御手段とを具備する情報処理装置。

請求項12

地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶し、検索条件をユーザ端末から受信し、前記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置して前記検索範囲内に位置するスポットの所在地と前記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、前記地図画像を前記ユーザ端末に送信するように前記通信手段を制御する情報処理方法

請求項13

情報処理装置に、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶するステップと、検索条件をユーザ端末から受信するステップと、前記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、前記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の前記検索範囲外に配置して前記検索範囲内に位置するスポットの所在地と前記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、前記地図画像を前記ユーザ端末に送信するように前記通信手段を制御するステップとを実行させるプログラム

技術分野

0001

本発明は、地図上に画像を表示する情報処理装置情報処理システム情報処理方法及びプログラムに関する。

背景技術

0002

従来から、地図上のスポット飲食店観光施設等)に画像が表示されるウェブサイトが提供されている。画像は、ウェブサイト運営者が予め準備した画像やユーザによって投稿された画像であり、典型的には、飲食店の外観料理、あるいは観光施設等を撮像した画像である。各画像は地図上のスポットに関連付けられており、ユーザはウェブブラウザや地図閲覧用アプリケーションを用いて地図と共に地図上の各スポットに配置された画像を参照することができる。

先行技術

0003

特開2014−99011号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、地図上に配置された画像が密集している場合や地図の縮尺が小さい場合には地図上に配置された画像によって地図が被覆され、地図の視認が困難となる場合がある。

0005

以上のような事情に鑑み、本発明の目的は、地図上に画像が表示される際に高い利便性を実現することが可能な情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法及びプログラムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するため、本発明の一形態に係る情報処理装置は、記憶手段と、通信手段と、制御手段とを具備する。
上記記憶手段は、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する。
上記通信手段は、検索条件ユーザ端末から受信する。
上記制御手段は、上記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲検索範囲として決定し、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置して上記検索範囲内に位置するスポットの所在地と上記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、上記地図画像を上記ユーザ端末に送信するように上記通信手段を制御する。

0007

この構成によれば、検索範囲内に所在するスポット(以下、範囲内スポット)のスポット画像は検索範囲外に配置されるため、スポット画像によって検索範囲内の地図が被覆され、視認が妨げられることが防止される。

0008

上記制御手段は、上記検索条件に地域の名称が含まれている場合、上記地域を上記検索範囲としてもよい。

0009

上記制御手段は、上記検索条件に施設の名称が含まれている場合、上記施設を中心とする一定範囲を検索範囲としてもよい。

0010

上記制御手段は、上記検索条件に上記ユーザ端末の位置情報が含まれている場合、上記位置情報で特定される位置を中心とする一定範囲を検索範囲としてもよい。

0011

上記制御手段は、所在地が上記検索範囲内であるスポットの数が一定以上の場合に、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置してもよい。

0012

この構成によれば、範囲内スポットの数が多く、範囲内スポットのスポット画像を検索範囲内に配置すると検索範囲内の地図の被覆程度が大きくなる場合にのみ範囲内スポットのスポット画像が検索範囲外に配置される。

0013

上記制御手段は、地図上において上記検索範囲の占める面積の割合が一定以下の場合に、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置してもよい。

0014

この構成によれば、地図上における検索範囲外の面積が大きい場合にのみ、範囲内スポットのスポット画像を検索範囲外に配置することができる。

0015

上記制御手段は、所在地が上記検索範囲内であるスポットの数が一定以上の場合に、地図の縮尺を変更する

0016

この構成によれば、範囲内スポットの数が多い場合に地図の縮尺を小さくし、検索範囲外の地図に占める面積を大きくすることによって、検索範囲外に範囲内スポットのスポット画像を配置しやすくすることができる。

0017

上記制御手段は、上記検検索範囲内に位置するスポットの所在地と上記スポットに関連付けられたスポット画像を結ぶ線を上記地図画像に配置し、上記スポットと上記スポット画像の関連を示してもよい。
情報処理装置。

0018

上記目的を達成するため、本発明の一形態に係る情報処理システムは、第1の通信手段と、第1の制御手段とを備える第1の情報処理装置と、記憶手段と、第2の通信手段と、第2の制御手段とを備える第2の情報処理装置とを具備する。
上記第1の制御手段は、検索条件を第2の通信装置に送信するように上記第1の通信手段を制御する第1の制御手段とを備える。
上記記憶手段は、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する。
上記第2の通信手段は、上記検索条件を上記第1の情報処理装置から受信する。
上記第2の制御手段は、第2の通信手段と、上記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置して上記検索範囲内に位置するスポットの所在地と上記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、上記地図画像を上記第1の情報処理装置に送信するように上記第2の通信手段を制御する。

0019

上記目的を達成するため、本発明の一形態に係る情報処理装置は、記憶手段と、制御手段とを具備する。
上記記憶手段は、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する。
上記制御手段は、検索条件に基づいて地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置して上記検索範囲内に位置するスポットの所在地と上記スポット画像の関連を示した地図画像を生成する。

0020

上記目的を達成するため、本発明の一形態に係る情報処理システムは、第1の通信手段と、第1の制御手段とを備える第1の情報処理装置と、第2の通信手段と、第2の制御手段とを備える。
上記記憶手段は、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶する。
上記第1の制御手段は、上記スポット画像を第2の情報処理措置に送信するように上記第1の通信手段を制御する。
上記第2の通信手段は、上記第1の通信手段から上記スポット画像を受信する。
上記第2の制御手段は、検索条件に基づいて地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置して上記検索範囲内に位置するスポットの所在地と上記スポット画像の関連を示した地図画像を生成する。

0021

上記目的を達成するため、本発明の一形態に係る情報処理方法は、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶し、検索条件をユーザ端末から受信し、上記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置して上記検索範囲内に位置するスポットの所在地と上記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、上記地図画像を上記ユーザ端末に送信するように上記通信手段を制御する。

0022

上記目的を達成するため、本発明の一形態に係るプログラムは、情報処理装置に、地図上のスポットに関連付けられたスポット画像を記憶するステップと、検索条件をユーザ端末から受信するステップと、上記検索条件に基づいて、地図上の所定範囲を検索範囲として決定し、上記検索範囲内に位置するスポットに関連付けられたスポット画像を地図上の上記検索範囲外に配置して上記検索範囲内に位置するスポットの所在地と上記スポット画像の関連を示した地図画像を生成し、上記地図画像を上記ユーザ端末に送信するように上記通信手段を制御するステップとを実行させる。

0023

以上説明したように、本発明によれば、地図上に画像が表示される際に高い利便性を実現することが可能な情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法及びプログラムを提供することができる。しかし、当該効果は本発明を限定するものではない。

図面の簡単な説明

0024

本発明の実施形態に係る情報処理システムの模式図である。
同情報処理システム機能的構成を示すブロック図である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える記憶部に記憶されている店舗データの例である。
同情報処理システムの動作を示すフローチャートである。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって設定される検索範囲の例を示す模式図である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって設定される検索範囲とスポットの所在地の例を示す模式図である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって生成される地図画像の例である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって設定される検索範囲の例を示す模式図である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって生成される地図画像の例である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって生成される地図画像の例である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって設定される検索範囲とスポットの所在地の例を示す模式図である。
同情報処理システムのサーバ装置が備える制御部によって設定される検索範囲とスポットの所在地の例を示す模式図である。
同情報処理システムのサーバ装置のハードウェア構成を示すブロック図である。
同情報処理システムのユーザ端末のハードウェア構成を示すブロック図である。
同情報処理システムの動作を示すフローチャートである。
同情報処理システムの動作を示すフローチャートである。

実施例

0025

本発明の実施形態に係る情報処理システムについて説明する。

0026

[情報処理システムの構成]
図1は、本実施形態に係る情報処理システム10の構成を示す模式図である。同図に示すように、情報処理システム10はサーバ装置100とユーザ端末200を備える。サーバ装置100とユーザ端末200はインターネット300を介して互いに接続されている。

0027

サーバ装置100は、地図情報を含むウェブサイト(以下、地図サイト)を提供するウェブサーバであり、ユーザ端末200は、インターネット300を介して当該地図サイトにアクセス可能な情報処理装置である。ユーザ端末200は例えばスマートフォン携帯電話タブレットPC(Personal Computer)、ノートブックPC、デスクトップPC又はナビゲーション装置等である。

0028

図2は、サーバ装置100とユーザ端末200の機能的構成を示すブロック図である。同図に示すように、サーバ装置100は、記憶部101、通信部102及び制御部103を備え、ユーザ端末200は、通信部201、制御部202、記憶部203及び位置情報取得部204を備える。これらの機能的構成は、ハードウェアソフトウェア協働によって実現されている。

0029

記憶部101は、地図データ101a、スポットデータ101b及びウェブサイトデータ101cを記憶する。

0030

地図データ101aは、地図のデジタルデータである。地図データ101aは典型的にはGIS(geographic information system)データである。

0031

スポットデータ101bは、地図データ101a上のスポットに関連付けられたデータである。スポットの種類は特に限定されず、飲食店や観光施設等である。各スポットにはそれぞれ対応するスポットデータ101bが設けられている。スポットデータ101bの数は特に限定されない。

0032

図3は、スポットデータ101bの例を示す模式図である。同図に示すようにスポットデータ101bには、少なくとも各スポットの所在地及びスポット画像Gが含まれている。各スポットの所在地は住居表示座標緯度及び経度)等とすることができる。

0033

スポット画像Gは、各スポットに対して設定された画像であり、店舗の外観や内装、店舗で提供される料理又は観光施設等の写真イラストテキスト又はアイコン等である。各スポットに対して設定されたスポット画像は一つでも複数でもよい。

0034

スポットデータ101bに含まれる情報は上記の他、スポットの種別ラーメン屋レストランカレー屋等)やスポットの条件(貸切可能、ランチ向け等)等が含まれていてもよい。スポットデータ101bに含まれる情報は特に限定されず、少なくともスポットの所在地と一枚以上のスポット画像が含まれていればよい。

0035

スポットデータ101bは、地図サイト運営者が作成してもよく、地図サイト利用者が作成してもよい。典型的には、地図サイト運営者が所在地やスポット画像を入力してウェブサイトで公開し、地図サイト利用者が各スポットに対してスポット画像を投稿することによってスポットデータ101bが作成される。また、地図サイト利用者が新たなスポットデータ101bを作成してもよい。

0036

ウェブサイトデータ101cは、地図サイトを生成するための情報であり、地図サイトのレイアウトや地図サイトで表示される文字列及び画像のデータ、CGI(Common Gateway Interface)等が含まれる。

0037

通信部102は、制御部103による制御を受けて通信部201と通信する。具体的には通信部102は、通信部201から地図画像取得要求を受信する。また、通信部102は、他のユーザ端末と通信し、スポット画像等を受信してもよい。

0038

制御部103は、通信部102が地図画像取得要求を受信すると、記憶部101に記憶されている各データを読み出し、地図上にスポット画像を配置した画像(以下、地図画像)を生成する。制御部103は、生成した地図画像を通信部201に送信するように通信部102を制御する。詳細は後述するが、制御部103は、地図画像取得要求に含まれる検索条件に基づいてスポット画像の地図上の配置を決定する。

0039

通信部201は、制御部202による制御を受けて通信部102と通信する。具体的には通信部201は、地図画像取得要求を通信部102に送信し、通信部102から地図画像を受信することができる。

0040

制御部202は、地図画像取得要求を生成し、通信部102に送信するように通信部201を制御する。また、制御部202は、通信部201が地図画像を受信すると、地図画像をディスプレイに出力し、表示させる。

0041

記憶部203は、通信部201が受信した地図画像を記憶する。位置情報取得部204は、ユーザ端末200の位置情報を取得する。位置情報取得部204は、GPS(Global Positioning System)を利用してユーザ端末200の位置を取得することができる。

0042

[情報処理システムの動作]
情報処理システム10の動作について説明する。図4は、サーバ装置100及びユーザ端末200の動作を示すフローチャートである。なお、記憶部101には予め、地図データ101a、スポットデータ101b及びウェブサイトデータ101cが記憶されている。

0043

まず、制御部202は「検索条件」を含む地図画像取得要求を生成する(St201)。検索条件は、地図アプリケーションやウェブブラウザにおいてユーザによって入力又は選択された文字列とすることができ、例えば「区ラーメン屋」のように、地域名及び検索対象を含む文字列とすることができる。また、検索条件は、このような文字列に相当する内容を表す識別子であってもよい。

0044

制御部202は、ユーザが地図アプリケーションや地図サイト上で検索欄に文字列を入力した時や、所定のボタンを選択した時に地図画像取得要求を生成することができる。また、制御部202は、他のタイミングで地図画像取得要求を生成してもよい。地図画像取得要求には、検索条件の他、取得を要求する地図の中心座標や縮尺等が含まれているものとすることができる。

0045

続いて、制御部202は、地図画像取得要求を通信部102に送信するように通信部201を制御する(St202)。

0046

制御部103は、通信部102が地図画像取得要求を受信する(St101)と、記憶部101から地図データ101a、スポットデータ101b及びウェブサイトデータ101cを読み出す(St102)。

0047

制御部103は、地図画像取得要に含まれる地図の中心座標や縮尺から、必要なスポットデータ101bを読み出すことができる。例えば、制御部103は、同要求に含まれる地図の中心座標から所定距離内の位置を所在地とするスポットデータ101bを読み出すことができる。また、制御部103は、検索条件にスポットの種別やスポットの条件が含まれる場合、それらに合致するスポットデータ101bのみを読み出してもよい。

0048

続いて制御部103は、検索範囲を決定する(St103)。制御部103は、地図画像取得要求に含まれる検索条件から地域名を抽出する。地域名は、例えば都道府県、市区番地等、一定の地域を示すものであれば特に限定されない。

0049

制御部103は、検索条件から地域名を抽出すると、当該地域名に相当する範囲を検索範囲として設定する。図5は、検索範囲の例を示す模式図であり、地図M上に検索範囲Hが設定されている。

0050

続いて、制御部103は、地図画像を生成する(St104)。制御部103は、記憶部101から読み出したスポットデータ101bについて、各スポットの所在地が検索範囲Hに含まれるか否かを判定する。以下、所在地が検索範囲Hに含まれないスポットを範囲外スポットとし、所在地が検索範囲Hに含まれないスポットを範囲内スポットとする。

0051

図6は、範囲外スポットの所在地P1と、範囲内スポットの所在地P2を示す模式図であり、図7は、制御部103が生成する地図画像の例である。同図に示すように、制御部103は、範囲外スポットのスポット画像G1については、所在地P1の近傍に配置する。また、制御部103はスポット画像G1を所在地P1の直上に配置してもよい。

0052

また、制御部103は、範囲内スポットのスポット画像G2については、地図上の検索範囲Hの範囲外に配置する。スポット画像G2の位置は検索範囲Hの外であればよいが、スポット画像G1に重複しない位置が好適である。

0053

さらに制御部103は、地図画像においてスポット画像とそのスポットの所在地の関連を示す表示を配置する。具体的には制御部103は、図7に示すようにスポット画像G2と所在地P2の間を結ぶ線Lを配置することができる。

0054

また、制御部103は、他の方法でスポット画像とそのスポットの所在地の関連を示してもよい。例えば、制御部103はスポット画像と、そのスポットの所在地に同一の番号や記号を付すことができる。

0055

続いて制御部103は、生成した地図画像を通信部201に送信するように通信部102を制御する(St105)。制御部202は、通信部201が地図画像を受信する(St203)と、地図画像をディスプレイに出力し、表示させる(St204)。

0056

以上のようなサーバ装置100とユーザ端末200の動作によって、図7に示すような地図画像がユーザ端末200において表示される。検索範囲H内にはスポット画像が配置されないため、スポット画像による地図の被覆が防止され、ユーザによる地図の視認が妨げられない。一方で検索範囲Hの範囲外はユーザが検索対象としていない範囲とみなせるため、スポット画像の配置に利用することができる。

0057

なお、上記説明では範囲外スポットのスポット画像G1も地図上に配置するとしたが、スポット画像G1は地図上に配置せず、スポット画像G2のみを地図上に配置してもよい。また、スポット画像G1のサイズやコントラスト等をスポット画像G2より小さくし、スポット画像G2を強調してもよい。

0058

[検索条件について]
地図画像取得要求に含まれる検索条件は、必ずしも地域名を含むものでなくてもよく、例えば、「新宿レストラン」のように施設名を含むものであってもよい。制御部103は、検索条件から施設名を抽出すると、当該施設の所在地を中心とする一定範囲を検索範囲とすることができる。

0059

図8は、この場合の検索範囲を示す模式図である。同図に示すように、制御部103は、検索条件に含まれる施設Sを中心とする一定範囲を検索範囲Hとすることができる。施設Sを中心とする一定範囲は例えば、施設Sから数百メートルの範囲とすることができるが、特に限定されない。制御部103は、上記のように範囲内スポットのスポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置し、スポットの所在地とスポット画像G2の関連を示す地図画像を生成することができる。

0060

また、制御部103は、位置情報を利用して検索範囲を設定してもよい。制御部202は、位置情報取得部204が取得したユーザ端末200の位置情報を検索条件として地図画像取得要求に含めることができる。制御部103は、地図画像取得要求に位置情報が含まれている場合、当該位置情報で特定されている位置を中心とする一定範囲を検索範囲とすることができる。

0061

制御部103は、上記のように範囲内スポットのスポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置し、スポットの所在地とスポット画像G2の関連を示す地図画像を生成することができる。

0062

[制御部の他の動作について]
上記説明では、制御部103は範囲内スポットのスポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置するとしたが、特定の場合にのみスポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置してもよい。

0063

具体的には、制御部103は、範囲内スポットの数が一定数以上の場合にのみ、スポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置し、範囲内スポットの数が一定数未満の場合には、スポット画像G2を所在地P2の近傍または直上に配置してもよい。上記一定数は特に限定されず、制御部103はスポット画像G2のサイズや検索範囲Hの大きさ等に応じて決定することができる。

0064

図9は、範囲内スポットの数が一定数未満の場合の地図画像の例である。同図に示すように、検索範囲Hの範囲内には一つの範囲内スポットが位置し、スポット画像G2はその所在地P2の近傍に配置されている。範囲内スポットの数が一定数以上の場合には、図7に示すようにスポット画像G2は検索範囲Hの範囲外に配置される。

0065

範囲内スポットの数が少ない場合にはスポット画像G2によって被覆される検索範囲Hの面積が小さいため、スポット画像G2が本来の所在地P2の近傍に配置されても検索範囲Hの視認は大きく妨げられない。一方で、範囲内スポットの数が多い場合には、スポット画像G2は検索範囲Hの範囲外に配置されるため、検索範囲Hの視認がスポット画像G2によって妨げられることが防止される。

0066

また、制御部103は、地図M上において検索範囲Hが占める面積の割合が一定値以下の場合にのみ、スポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置し、同割合が一定値を超える場合には、スポット画像G2を所在地P2の近傍または直上に配置してもよい。上記一定値は特に限定されず、制御部103はスポット画像G2のサイズ等に応じて決定することができる。

0067

図10は、地図M上において検索範囲Hが占める面積の割合が一定値を超える場合の地図画像の例であり、スポット画像G2はその所在地P2の近傍に配置されている。同図に示すように、地図M上において検索範囲Hが占める面積が大きいと、検索範囲Hの範囲外の面積が小さくなり、スポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置することが困難となる。

0068

一方で、検索範囲Hが大きいと、検索範囲Hの範囲内にスポット画像G2を配置しても、検索範囲Hの視認が妨げられにくい。このため、制御部103は、地図M上において検索範囲Hが占める面積の割合が一定値以下の場合にのみ図7に示すように、スポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置することができる。

0069

さらに、制御部103は、検索範囲Hの範囲内に位置するスポットの数が一定数以上の場合に地図の縮尺を変更してもよい。図11及び図12は、制御部103による縮尺の変更を示す模式図である。制御部103は、図11に示すように範囲内スポットの数が一定数以上の場合、図12に示すように地図Mの縮尺を小さくすることができる。

0070

これにより、検索範囲Hの範囲外の面積が大きくなり、範囲内スポットの数が多い場合であってもスポット画像Gを検索範囲Hの範囲外に配置しやすくなる。縮尺の変更の程度は、範囲内スポットの数やスポット画像G2のサイズに応じて決定することができる。

0071

また、制御部103は、範囲内スポットの数が一定数以上の場合に地図Mの縮尺を大きくしてもよい。地図Mの縮尺を大きくすることにより、地図M上の範囲外スポットの数が減少し、範囲内スポットのスポット画像を検索範囲Hの範囲外に配置しやすくなる。

0072

さらに、制御部103は、地図Mの縮尺を変更する際、範囲内スポットの配置に応じて地図Mの中心となる位置を変更してもよい。制御部103は例えば、範囲内スポットの所在地P2を角とする多角形の重心を算出し、その重心を地図Mの中心とすることができる。また、制御部103は、算出範囲Hの重心を算出し、その重心を地図Mの中心としてもよい。

0073

[ハードウェア構成]
図13は、サーバ装置100のハードウェア構成を示すブロック図である。同図に示すようにサーバ装置100はハードウェア構成として、CPU(Central Processing Unit)121、メモリ122、ストレージ123及び入出力部(I/O)124を有する。これらはバス125によって互いに接続されている。

0074

CPU121は、メモリ122に格納されたプログラムに従って他の構成を制御すると共に、プログラムに従ってデータ処理を行い、処理結果をメモリ122に格納する。CPU121は、サーバ装置100の機能的構成において制御部103として機能する。

0075

メモリ122はCPU121によって実行されるプログラム及びデータを一時的に格納する。メモリ122はRAM(Random Access Memory)とすることができる。メモリ122は、ストレージ123と共にサーバ装置100の機能的構成において記憶部101として機能する。

0076

ストレージ123は、プログラムやデータを格納する。ストレージ123はHDD(hard disk drive)やSSD(solid state drive)等とすることができる。ストレージ123は、メモリ122と共にサーバ装置100の機能的構成において記憶部101として機能する。

0077

入出力部124はユーザ端末200に対する入力を受け付け、またサーバ装置100の出力を外部に供給する。入出力部124は、ネットワーク等の接続インターフェイスを含む。入出力部124は、サーバ装置100の機能的構成において通信部102として機能する。

0078

サーバ装置100のハードウェア構成はここに示すものに限られず、サーバ装置100の機能的構成を実現できるものであればよい。また、上記ハードウェア構成の一部又は全部はネットワーク上に存在していてもよい。

0079

図14は、ユーザ端末200のハードウェア構成を示すブロック図である。同図に示すようにユーザ端末200はハードウェア構成として、CPU221、GPU(Graphic Processing Unit)222、メモリ223、ストレージ224、入出力部(I/O)225及びGPSモジュール226を有する。これらはバス227によって互いに接続されている。

0080

CPU221は、メモリ223に格納されたプログラムに従って他の構成を制御すると共に、プログラムに従ってデータ処理を行い、処理結果をメモリ223に格納する。CPU221は、GPU222と共にユーザ端末200の機能的構成において制御部202として機能する。

0081

GPU222は、CPU221による制御を受けて、画像を生成する。GPU222はマイクロプロセッサとすることができる。GPU222はCPU221と共にユーザ端末200の機能的構成において制御部202として機能する。

0082

メモリ223はCPU221によって実行されるプログラム及びデータを格納する。メモリ223はRAMとすることができる。メモリ223は、ストレージ224と共にユーザ端末200の機能的構成において記憶部203として機能する。

0083

ストレージ224は、プログラムやデータを格納する。ストレージ224はHDDやSSD等とすることができる。ストレージ224は、メモリ223と共にユーザ端末200の機能的構成において記憶部203として機能する。

0084

入出力部225はユーザ端末200に対する入力を受け付け、またユーザ端末200の出力を外部に供給する。入出力部225は、キーボードマウス等の入力機器やディスプレイ等の出力機器、ネットワーク等の接続インターフェイスを含む。入出力部225は、ユーザ端末200の機能的構成において通信部201として機能する。

0085

GPSモジュール226は、GPS信号を受信し、ユーザ端末200の位置を特定する。GPSモジュール226はユーザ端末200の機能的構成において位置情報取得部204として機能する。

0086

ユーザ端末200のハードウェア構成はここに示すものに限られず、ユーザ端末200の機能的構成を実現できるものであればよい。また、上記ハードウェア構成の一部又は全部はネットワーク上に存在していてもよい。

0087

(ユーザ端末による地図画像の生成1)
上記実施形態においては、サーバ装置100の制御部103が地図画像を生成するとしたが、ユーザ端末200の制御部202が地図を含む画像(以下、地図画像)を生成してもよい。地図画像は、例えば、地図アプリケーションによって生成される画像である。図15は、この場合のユーザ端末200の動作を示すフローチャートである。なお、記憶部203には予め地図データ及びスポットデータが記憶されている。スポットデータは予めサーバ装置100からダウンロードされたものとすることができる。

0088

同図に示すように、制御部202は記憶部203から地図データ及びスポットデータを読み出し(St211)、上述した制御部103と同様に、検索条件に基づいて検索範囲Hを決定する(St212)。検索条件はユーザがユーザ端末200を操作して入力又は指定することができる。

0089

制御部202は、範囲内スポットのスポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置し、地図画像を生成する(St213)。この際、制御部202は、上記のように範囲内スポットの数や検索範囲Hの地図Mに占める面積の割合に応じてスポット画像G2を範囲外に配置するか否かを決定し、あるいは地図Mの縮尺を変更してもよい。制御部202は、地図画像をディスプレイに出力し、表示させる(St214)。

0090

(ユーザ端末による地図画像の生成2)
また、ユーザ端末200がサーバ装置100からスポットデータを受信し、制御部202が地図画像を生成してもよい。情報処理システム10はナビゲーションシステムであり、ユーザ端末200は、カーナビゲーション等に利用されるナビゲーション装置とすることができる。地図画像は、ナビゲーション装置によって生成される画像とすることができる。

0091

図16は、この場合のサーバ装置100及びユーザ端末200の動作を示すフローチャートである。なお記憶部101には予めスポットデータが記憶され、記憶部203には予め地図データが記憶されている。

0092

同図に示すように、制御部202はスポットデータ取得要求を通信部102に送信するように通信部201を制御する(St221)。制御部103は、記憶部101からスポットデータを読み出し(St121)、スポットデータを通信部201に送信するように通信部102を制御する(St122)。

0093

制御部202は、通信部201がスポットデータを受信すると、上述した制御部103と同様に、検索条件に基づいて検索範囲Hを決定する(St222)。検索条件はユーザがユーザ端末200を操作して入力又は指定することができる。

0094

制御部202は、範囲内スポットのスポット画像G2を検索範囲Hの範囲外に配置し、地図画像を生成する(St223)。この際、制御部202は、上記のように範囲内スポットの数や検索範囲Hの地図Mに占める面積の割合に応じてスポット画像G2を範囲外に配置するか否かを決定し、あるいは地図Mの縮尺を変更してもよい。制御部202は、地図画像をディスプレイに出力し、表示させる(St224)。

0095

10…情報処理システム
100…サーバ装置
200…ユーザ端末
101、203…記憶部
102、201…通信部
103、202…制御部
204…位置情報取得部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ソケッツの「 検索装置および方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】同一の感性ワードで加重的に絞り込み検索を行えるようにする。【解決手段】同一の感性ワードで加重的に絞り込み検索を行う場合、類似・関連ワード抽出部319が、感性ワードに類似・関連する別のワードを検... 詳細

  • 有限会社金鹿哲学承継塾の「 自律航行型海洋ブイとこれを用いた海洋情報システム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】自律航行型海洋ブイであり、遭難信号受信時には自律的に遭難者の救助に向かい、また海上の通信基地局として機能するとともに、海洋情報システムを提供する。【解決手段】GPS信号と内部センサーの情報と海... 詳細

  • ヤフー株式会社の「 情報処理装置、情報処理方法、及び情報処理プログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】ユーザの移動の妨害に応じた適切な対応を可能にする。【解決手段】本願に係る情報処理装置は、取得部と、決定部とを有する。取得部は、ユーザの位置情報と、ユーザが位置するエリアにおいて発生する事象のう... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ