図面 (/)

技術 サービス提供システム、情報処理装置、プログラム及び情報処理システム

出願人 株式会社リコー
発明者 福田康治大崎博基近藤誠一小川みなみ
出願日 2015年10月5日 (4年4ヶ月経過) 出願番号 2015-197716
公開日 2017年4月13日 (2年10ヶ月経過) 公開番号 2017-072890
状態 特許登録済
技術分野 タイプライター等へのデジタル出力 計算機間の情報転送 オンライン・システムの機密保護 ファクシミリ一般
主要キーワード 分類形態 一時画像 連携アプリ IDトークン 参照コード テナント情報 サービスアプリ ワーカー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年4月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

画像形成装置からの操作により容易にサービスを利用できる状態にすることができるサービス提供システムを提供する。

解決手段

サービス提供システム1014は、外部サービス1015に認証されたユーザが操作する画像形成装置1013に対し、連携したアプリケーションによるサービスを提供する。サービス提供システムは、認証手段とサービス提供手段を備える。認証手段は、外部サービスにおけるユーザ情報とサービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けた情報を用いて認証を行うものであり、サービス提供システムにおけるユーザ情報が、外部サービスにおけるユーザ情報と対応付けられて設定されていなければ、発行した参照コード情報を、外部サービスにおけるユーザ情報と、サービス提供システムにおけるユーザ情報とに対応付けて設定する。サービス提供手段は、認証結果に基づき、アプリケーションによるサービスを提供する。

概要

背景

近年、クラウドサービスを導入する企業が増えている。クラウドサービスはクラウドコンピューティング技術により提供されるサービスを言う。例えばユーザは、多種多様なクラウドサービスを利用するために、複数の認証を行わなければならない場合があった。

異なるドメイン下に存在する複数のサーバ間で認証を連携させる技術として、Security Assertion Markup Language(SAML)によるシングルサインオンSSO)の仕組みが知られている(例えば特許文献1参照)。

また、多種多様なクラウドサービスを利用する際に、一つのIDで認証を実現できるようにするID連携の仕組みとして「OpenID Connect」も従来から知られている。

概要

画像形成装置からの操作により容易にサービスを利用できる状態にすることができるサービス提供システムを提供する。サービス提供システム1014は、外部サービス1015に認証されたユーザが操作する画像形成装置1013に対し、連携したアプリケーションによるサービスを提供する。サービス提供システムは、認証手段とサービス提供手段を備える。認証手段は、外部サービスにおけるユーザ情報とサービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けた情報を用いて認証を行うものであり、サービス提供システムにおけるユーザ情報が、外部サービスにおけるユーザ情報と対応付けられて設定されていなければ、発行した参照コード情報を、外部サービスにおけるユーザ情報と、サービス提供システムにおけるユーザ情報とに対応付けて設定する。サービス提供手段は、認証結果に基づき、アプリケーションによるサービスを提供する。

目的

本発明の実施の形態は、上記の点に鑑みなされたものであり、画像形成装置からの操作により容易にサービスを利用できる状態にすることができるサービス提供システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

外部サービス認証機能により認証されたユーザが操作する画像形成装置に対し、前記外部サービスと連携したアプリケーションによるサービスを提供するサービス提供システムであって、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けた外部サービスユーザ情報を用いて認証を行う認証手段と、前記認証手段による認証結果に基づき、前記アプリケーションによるサービスを提供するサービス提供手段と、を有し、前記認証手段は、前記アプリケーションによるサービスの利用を開始するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報が、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と対応付けられて前記外部サービスユーザ情報に設定されていなければ、前記サービス提供システムにおけるユーザ情報と対応させた参照コード情報を発行し、該参照コード情報を用いて、前記外部サービスユーザ情報に前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けて設定する処理を行うことを特徴とするサービス提供システム。

請求項2

前記認証手段は、前記外部サービスにアクセスするための情報と前記サービス提供システムにおけるユーザに関する情報とを前記参照コード情報と対応付けて保存し、前記参照コード情報を前記画像形成装置に提供して、該参照コード情報を用いた前記画像形成装置からの要求に基づき、前記外部サービスユーザ情報に前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けて設定することを特徴とする請求項1記載のサービス提供システム。

請求項3

前記認証手段は、前記外部サービスから前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報を取得し、取得した前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報から前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報を作成することを特徴とする請求項1記載のサービス提供システム。

請求項4

前記画像形成装置から、前記ユーザが所属する組織の開設、前記組織への前記画像形成装置の機器登録の要求を受け付けAPI(Application Programming Interface)手段を更に有することを特徴とする請求項1又は2記載のサービス提供システム。

請求項5

外部サービスの認証機能により認証されたユーザが操作する画像形成装置に対し、前記外部サービスと連携したアプリケーションによるサービスを提供する情報処理装置であって、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記情報処理装置におけるユーザ情報とを対応付けた外部サービスユーザ情報を用いて認証を行う認証手段と、前記認証手段による認証結果に基づき、前記アプリケーションによるサービスを提供するサービス提供手段と、を有し、前記認証手段は、前記アプリケーションによるサービスの利用を開始するユーザの前記情報処理装置におけるユーザ情報が、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と対応付けられて前記外部サービスユーザ情報に設定されていなければ、前記情報処理装置におけるユーザ情報と対応させた参照コード情報を発行し、該参照コード情報を用いて、前記外部サービスユーザ情報に前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記情報処理装置におけるユーザ情報とを対応付けて設定する処理を行うことを特徴とする情報処理装置。

請求項6

外部サービスの認証機能により認証されたユーザが操作する画像形成装置に対し、前記外部サービスと連携したアプリケーションによるサービスを提供する情報処理装置を、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記情報処理装置におけるユーザ情報とを対応付けた外部サービスユーザ情報を用いて認証を行う認証手段、前記認証手段による認証結果に基づき、前記アプリケーションによるサービスを提供するサービス提供手段、として機能させ、前記認証手段は、前記アプリケーションによるサービスの利用を開始するユーザの前記情報処理装置におけるユーザ情報が、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と対応付けられて前記外部サービスユーザ情報に設定されていなければ、前記情報処理装置におけるユーザ情報と対応させた参照コード情報を発行し、該参照コード情報を用いて、前記外部サービスユーザ情報に前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記情報処理装置におけるユーザ情報とを対応付けて設定する処理を行うことを特徴とするプログラム

請求項7

外部サービスの認証機能により認証されたユーザが操作する画像形成装置と、前記画像形成装置に対し、前記外部サービスと連携したアプリケーションによるサービスを提供するサービス提供システムとを有する情報処理システムであって、前記サービス提供システムは、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けた外部サービスユーザ情報を用いて認証を行う認証手段と、前記認証手段による認証結果に基づき、前記アプリケーションによるサービスを提供するサービス提供手段と、を有し、前記認証手段は、前記アプリケーションによるサービスの利用を開始するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報が、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と対応付けられて前記外部サービスユーザ情報に設定されていなければ、前記サービス提供システムにおけるユーザ情報と対応させた参照コード情報を発行し、該参照コード情報を用いて、前記外部サービスユーザ情報に前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けて設定する処理を行うことを特徴とする情報処理システム。

請求項8

前記画像形成装置は、ユーザから前記外部サービスと連携したアプリケーションの起動要求を受け付ける起動アイコン手段と、前記外部サービス及び前記サービス提供システムにログインする処理を行うログイン手段と、を有し、前記起動アイコン手段には、前記外部サービスを識別する識別情報と、前記外部サービスと連携したアプリケーションの識別情報と、が含まれることを特徴とする請求項7記載の情報処理システム。

技術分野

背景技術

0002

近年、クラウドサービスを導入する企業が増えている。クラウドサービスはクラウドコンピューティング技術により提供されるサービスを言う。例えばユーザは、多種多様なクラウドサービスを利用するために、複数の認証を行わなければならない場合があった。

0003

異なるドメイン下に存在する複数のサーバ間で認証を連携させる技術として、Security Assertion Markup Language(SAML)によるシングルサインオンSSO)の仕組みが知られている(例えば特許文献1参照)。

0004

また、多種多様なクラウドサービスを利用する際に、一つのIDで認証を実現できるようにするID連携の仕組みとして「OpenID Connect」も従来から知られている。

発明が解決しようとする課題

0005

例えばクラウドサービスを利用する画像形成装置がある。このような画像形成装置が複数のクラウドサービスを利用する場合は、それぞれのクラウドサービスを利用するための情報を登録しておき、それぞれのクラウドサービスを利用できる状態にしておかなければならない。したがって、画像形成装置において新しいクラウドサービスの利用を開始したい場合はPCなどのクライアント端末から新しいクラウドサービスを利用するための情報を登録し、新しいクラウドサービスを利用できる状態にしておく必要があった。

0006

本発明の実施の形態は、上記の点に鑑みなされたものであり、画像形成装置からの操作により容易にサービスを利用できる状態にすることができるサービス提供システムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記した課題を達成するために、本願請求項1は、外部サービス認証機能により認証されたユーザが操作する画像形成装置に対し、前記外部サービスと連携したアプリケーションによるサービスを提供するサービス提供システムであって、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けた外部サービスユーザ情報を用いて認証を行う認証手段と、前記認証手段による認証結果に基づき、前記アプリケーションによるサービスを提供するサービス提供手段と、を有し、前記認証手段は、前記アプリケーションによるサービスの利用を開始するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報が、前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と対応付けられて前記外部サービスユーザ情報に設定されていなければ、前記サービス提供システムにおけるユーザ情報と対応させた参照コード情報を発行し、該参照コード情報を用いて、前記外部サービスユーザ情報に前記画像形成装置を操作するユーザの前記外部サービスにおけるユーザ情報と、前記画像形成装置を操作するユーザの前記サービス提供システムにおけるユーザ情報とを対応付けて設定する処理を行うことを特徴とする。

発明の効果

0008

本発明の実施の形態によれば、画像形成装置からの操作により容易にサービスを利用できる状態にすることができる。

図面の簡単な説明

0009

第1の実施形態に係る情報処理システムの一例の構成図である。
第1の実施形態に係るコンピュータの一例のハードウェア構成図である。
第1の実施形態に係る画像形成装置の一例のハードウェア構成図である。
第1の実施形態に係るサービス提供システムの一例の処理ブロック図である。
第1の実施形態に係る画像形成装置の一例の処理ブロック図である。
画像形成装置の操作パネルに表示される画面遷移図である。
フリートライアルでの外部サービス連携サービス利用開始処理の一例のシーケンス図(1/6)である。
フリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(2/6)である。
フリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(3/6)である。
フリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(4/6)である。
フリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(5/6)である。
フリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(6/6)である。
ユーザ属性参照コードを使って外部サービスのユーザ情報を取得するAP仕様の一例である。
OIDCログインを継続するAPI仕様の一例である。
ユーザ属性参照コード情報の一例の構成図である。
サービス提供システムに作成される情報の一例について説明するための図である。
テナントのユーザによるフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(1/3)である。
テナントのユーザによるフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(2/3)である。
テナントのユーザによるフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(3/3)である。
画像形成装置の操作パネルに表示される画面遷移図である。
契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(1/3)である。
契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(2/3)である。
契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(3/3)である。
画像形成装置の操作パネルに表示される画面遷移図である。
回目以降の契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(1/3)である。
2回目以降の契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(2/3)である。
2回目以降の契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図(3/3)である。
画像形成装置の操作パネルに表示される全体画面遷移図である。

実施例

0010

以下、本発明の実施形態について図面を参照しながら説明する。
[第1の実施形態]
システム構成
図1は第1の実施形態に係る情報処理システムの一例の構成図である。図1の情報処理システム1000は、例えばオフィスネットワーク等のネットワークN1と、例えばインターネットなどのネットワークN2とを有する。

0011

ネットワークN1は、ファイヤウォールFWの内側にあるプライベートなネットワークである。ファイヤウォールFWはネットワークN1とネットワークN2との接点に設置され、不正なアクセスを検出及び遮断する。ネットワークN1にはクライアント端末1011、携帯端末1012、複合機などの画像形成装置1013が接続されている。

0012

クライアント端末1011は端末装置の一例である。クライアント端末1011は一般的なOSなどが搭載された情報処理装置によって実現できる。クライアント端末1011は無線による通信の手段または有線による通信の手段を有する。クライアント端末1011は、デスクトップPC、ノートPCなど、ユーザが操作可能な端末装置である。

0013

携帯端末1012は端末装置の一例である。携帯端末1012は、無線による通信の手段または有線による通信の手段を有している。携帯端末1012は、スマートフォン携帯電話タブレットPCなど、ユーザが携帯して操作可能な端末装置である。

0014

画像形成装置1013は複合機などの画像形成機能を有する装置である。画像形成装置1013は無線による通信の手段または有線による通信の手段を有する。画像形成装置1013は複合機、コピー機スキャナプリンタレーザプリンタプロジェクタ電子黒板など、画像形成に係る処理を行う装置である。図1では、一例としてクライアント端末1011、携帯端末1012、画像形成装置1013がそれぞれ一台である例を示しているが複数台であってもよい。

0015

また、ネットワークN2には、携帯端末1012、サービス提供システム1014及び外部サービス1015が接続されている。携帯端末1012は、オフィス内ネットワーク等のネットワークN1以外にあってもよく、ネットワークN1と、ネットワークN2とに接続されている例を図1に示している。

0016

サービス提供システム1014及び外部サービス1015は一台以上の情報処理装置により実現される。また、サービス提供システム1014及び外部サービス1015は画像形成装置1013に何らかのサービスを提供する情報処理システムの一例である。

0017

外部サービス1015は、例えばWebアプリケーションサービスのパッケージを提供する。外部サービス1015は企業、部門グループ(以下、テナントと呼ぶ)単位で申し込め、ユーザ一人ずつにアカウントが発行される。

0018

サービス提供システム1014はIdP(Identity Provider)が発行した認証・認可の情報に応じて画像形成装置1013にサービスを提供するSP(Service Provider)の一例である。外部サービス1015はIdPの一例である。

0019

図1に示した情報処理システム1000は画像形成装置1013に対し、外部サービス1015とシームレスに繋がるサービス提供システム1014を提供することで、新しい価値を実現するものである。

0020

このため、第1の実施形態に係る情報処理システム1000は画像形成装置1013からの操作により、後述のように外部サービス1015のアカウントを使って、サービス提供システム1014を利用するための情報を登録する。

0021

また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000は画像形成装置1013からの操作により、後述のように外部サービス1015のアカウントを使って、サービス提供システム1014を試用トライアル)で利用するための情報を登録する。

0022

したがって、第1の実施形態に係る情報処理システム1000は画像形成装置1013からの操作により、画像形成装置1013がサービス提供システム1014を利用可能な状態とすることができる。

0023

<ハードウェア構成>
《コンピュータ》
図1のクライアント端末1011、携帯端末1012は例えば図2に示すようなハードウェア構成のコンピュータにより実現される。また、サービス提供システム1014及び外部サービス1015を実現する一台以上の情報処理装置も図2に示すハードウェア構成のコンピュータにより実現される。

0024

図2は、第1の実施形態に係るコンピュータの一例のハードウェア構成図である。図2のコンピュータ500は入力装置501、表示装置502、外部I/F503、RAM504、ROM505、CPU506、通信I/F507及びHDD508等を備え、それぞれがバスBで相互に接続されている。なお、入力装置501及び表示装置502は必要なときに接続して利用する形態であってもよい。

0025

入力装置501はキーボードマウスタッチパネルなどを含み、ユーザが各操作信号を入力するのに用いられる。表示装置502はディスプレイ等を含み、コンピュータ500による処理結果を表示する。

0026

通信I/F507はコンピュータ500を各種ネットワークに接続するインタフェースである。これにより、コンピュータ500は通信I/F507を介してデータ通信を行うことができる。

0027

また、HDD508は、プログラムやデータを格納している不揮発性記憶装置の一例である。格納されるプログラムやデータには、コンピュータ500全体を制御する基本ソフトウェアであるOS、及びOS上において各種機能を提供するアプリケーションソフトウェア(以下、単にアプリケーションと呼ぶ)などがある。なお、コンピュータ500はHDD508に替え記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置(例えばソリッドステートドライブ:SSD)を利用するものであってもよい。

0028

外部I/F503は、外部装置とのインタフェースである。外部装置には、記録媒体503aなどがある。これにより、コンピュータ500は外部I/F503を介して記録媒体503aの読み取り及び/又は書き込みを行うことができる。記録媒体503aにはフレキシブルディスク、CD、DVD、SDメモリカードUSBメモリなどがある。

0029

ROM505は、電源を切ってもプログラムやデータを保持することができる不揮発性の半導体メモリ(記憶装置)の一例である。ROM505にはコンピュータ500の起動時に実行されるBIOS、OS設定、及びネットワーク設定などのプログラムやデータが格納されている。RAM504はプログラムやデータを一時保持する揮発性の半導体メモリ(記憶装置)の一例である。

0030

CPU506は、ROM505やHDD508などの記憶装置からプログラムやデータをRAM504上に読み出し、処理を実行することで、コンピュータ500全体の制御や機能を実現する演算装置である。

0031

図1のクライアント端末1011、携帯端末1012は、コンピュータ500のハードウェア構成により、後述するような各種処理を実現できる。また、サービス提供システム1014及び外部サービス1015を実現する一台以上の情報処理装置もコンピュータ500のハードウェア構成により、後述するような各種処理を実現できる。

0032

《画像形成装置》
図1の画像形成装置1013は、例えば図3に示すハードウェア構成のコンピュータにより実現される。図3は第1の実施形態に係る画像形成装置の一例のハードウェア構成図である。図3の画像形成装置1013は、コントローラ601、操作パネル602、外部I/F603、通信I/F604、プリンタ605及びスキャナ606などを備える。

0033

コントローラ601はCPU611、RAM612、ROM613、NVRAM614及びHDD615などを備える。ROM613は、各種プログラムやデータが格納されている。RAM612はプログラムやデータを一時保持する。NVRAM614は、例えば設定情報等が格納されている。また、HDD615は各種プログラムやデータが格納されている。

0034

CPU611は、ROM613やNVRAM614、HDD615などからプログラムやデータ、設定情報等をRAM612上に読み出し、処理を実行することで、画像形成装置1013全体の制御や機能を実現する。

0035

操作パネル602はユーザからの入力を受け付ける入力部と、表示を行う表示部とを備えている。外部I/F603は外部装置とのインタフェースである。外部装置には、記録媒体603aなどがある。これにより、画像形成装置1013は外部I/F603を介して記録媒体603aの読み取り及び/又は書き込みを行うことができる。記録媒体603aにはICカード、フレキシブルディスク、CD、DVD、SDメモリカード、USBメモリ等がある。

0036

通信I/F604は、画像形成装置1013をネットワークN1に接続させるためのインタフェースである。これにより、画像形成装置1013は通信I/F604を介してデータ通信を行うことができる。

0037

プリンタ605は印刷データを被搬送物に印刷するための印刷装置である。例えば被搬送物は紙、コート紙、厚紙、OHP、プラスチックフィルムプリプレグ銅箔など、紙に限定されない。また、スキャナ606は原稿から画像データ(電子データ)を読み取るための読取装置である。

0038

ソフトウェア構成
《サービス提供システム》
第1の実施形態に係るサービス提供システム1014は例えば図4に示す処理ブロックにより実現される。図4は、第1の実施形態に係るサービス提供システムの一例の処理ブロック図である。サービス提供システム1014はプログラムを実行することで、図4に示すような処理ブロックを実現する。

0039

図4のサービス提供システム1014はアプリケーション1101、共通サービス1102、データベース(DB)1103、管理1104、業務1105、プラットフォームAPI(Application Programming Interface)1106を実現している。

0040

図4のアプリケーション1101はポータルサービスアプリ1111、MFPポータルサービスアプリ1112、外部サービス連携サービスアプリ1113、スキャンサービスアプリ1114、プリントサービスアプリ1115を一例として有する。

0041

ポータルサービスアプリ1111は、ポータルサービスを提供するアプリケーションである。ポータルサービスは、サービス提供システム1014を利用するための入り口となるサービスを提供する。MFPポータルサービスアプリ1112は、画像形成装置1013にポータルサービスを提供するアプリケーションである。MFPポータルサービスアプリ1112は、画像形成装置1013がサービス提供システム1014を利用するための入り口となるサービスを提供する。

0042

外部サービス連携サービスアプリ1113は外部サービス1015と連携する外部サービス連携サービスを提供する。スキャンサービスアプリ1114はスキャンサービスを提供するアプリケーションである。プリントサービスアプリ1115はプリントサービスを提供するアプリケーションである。アプリケーション1101には、その他のサービスアプリが含まれていてもよい。

0043

プラットフォームAPI1106はポータルサービスアプリ1111、MFPポータルサービスアプリ1112、外部サービス連携サービスアプリ1113、スキャンサービスアプリ1114などが共通サービス1102を利用するためのインタフェースである。プラットフォームAPI1106はアプリケーション1101からの要求を共通サービス1102が受信するために設けられた予め定義されたインタフェースであり、例えば関数クラス等により構成される。

0044

プラットフォームAPI1106は、サービス提供システム1014が複数の情報処理装置で構成される場合、ネットワーク経由で利用可能な例えばWeb APIにより実現できる。

0045

共通サービス1102は、認証・認可部1121、テナント管理部1122、ユーザ管理部1123、ライセンス管理部1124、機器管理部1125、一時画像保存部1126、ログ収集部1127、外部サービス管理部1128、画像処理ワークフロー制御部1130を有する。

0046

また、画像処理ワークフロー制御部1130はメッセージキュー1131、1つ以上のワーカー(Worker)1132を有する。ワーカー1132は画像変換画像送信などの機能を実現する。

0047

認証・認可部1121は、クライアント端末1011や画像形成装置1013などのオフィス機器からのログイン要求に基づいて認証・認可を実行する。オフィス機器はクライアント端末1011、携帯端末1012、画像形成装置1013などの総称である。

0048

認証・認可部1121は、例えば後述するユーザ情報記憶部1143、ライセンス情報記憶部1144などにアクセスしてユーザを認証・認可する。また、認証・認可部1121は例えば後述するテナント情報記憶部1142、ライセンス情報記憶部1144、機器情報記憶部1150などにアクセスして画像形成装置1013などを認証する。

0049

テナント管理部1122は後述するテナント情報記憶部1142に記憶されているテナント情報を管理する。ユーザ管理部1123は後述するユーザ情報記憶部1143に記憶されているユーザ情報を管理する。

0050

ライセンス管理部1124は後述するライセンス情報記憶部1144に記憶されているライセンス情報を管理する。機器管理部1125は後述する機器情報記憶部1150に記憶されている機器情報を管理する。一時画像保存部1126は後述する一時画像記憶部1148への一時画像の保存、一時画像記憶部1148からの一時画像の取得を行う。

0051

ログ収集部1127は後述するログ情報記憶部1141に記憶されているログ情報を管理する。外部サービス管理部1128は外部サービス1015に関する後述の外部サービステナント情報及び外部サービスユーザ情報を管理する。

0052

画像処理ワークフロー制御部1130はアプリケーション1101からの要求に基づいて画像処理に関するワークフローを制御する。メッセージキュー1131は処理の種類に対応するキューを有する。画像処理ワークフロー制御部1130は処理(ジョブ)に係るリクエストのメッセージを、そのジョブの種類に対応するキューに投入する。

0053

ワーカー1132は対応するキューを監視している。キューにメッセージが投入されるとワーカー1132は、対応するジョブの種類に応じた画像変換や画像送信などの処理を行う。なお、キューに投入されたメッセージはワーカー1132が主体的に読み出す(Pull)ようにしてもよいし、キューからワーカー1132に提供する(Push)ようにしてもよい。

0054

図4のデータベース1103は、ログ情報記憶部1141、テナント情報記憶部1142、ユーザ情報記憶部1143、ライセンス情報記憶部1144、セッション情報記憶部1145、外部サービステナント情報記憶部1146、外部サービスユーザ情報記憶部1147、一時画像記憶部1148、ジョブ情報記憶部1149、機器情報記憶部1150及びアプリケーション固有の設定情報記憶部1151を有する。

0055

ログ情報記憶部1141はログ情報を記憶する。テナント情報記憶部1142はテナント情報を記憶する。ユーザ情報記憶部1143はユーザ情報を記憶する。ライセンス情報記憶部1144はライセンス情報を記憶している。また、セッション情報記憶部1145はセッション情報を記憶する。

0056

外部サービステナント情報記憶部1146は後述の外部サービステナント情報を記憶している。外部サービスユーザ情報記憶部1147は後述の外部サービスユーザ情報を記憶している。

0057

一時画像記憶部1148は一時画像を記憶する。一時画像は、例えばワーカー1132が処理するスキャン画像などのファイルやデータである。ジョブ情報記憶部1149は処理(ジョブ)に係るリクエストの情報(ジョブ情報)を記憶する。機器情報記憶部1150は機器情報を記憶する。また、アプリケーション固有の設定情報記憶部1151はアプリケーション1101に固有の設定情報を記憶する。

0058

図4の管理1104は監視部、デプロイ部、サーバアカウント管理部やサーバログイン管理部を一例として有している。また、図4の業務1105は顧客情報管理部、契約管理部、販売管理部、ライセンス管理部1160、開発環境部を一例として有する。ライセンス管理部1160は後述のテナントライセンスの発行やサービスライセンスの発行などを行う。

0059

サービス提供システム1014は、認証・認可や画像処理に関するワークフローなどの共通サービスを提供する統合基盤と、統合基盤の機能を利用してスキャンサービス、外部サービス連携サービスなどのアプリサービスを提供するサービス群として機能する。

0060

統合基盤は、例えば共通サービス1102、DB1103、管理1104、業務1105及びプラットフォームAPI1106によって構成される。サービス群は、例えばアプリケーション1101及びプラットフォームAPI1106によって構成される。

0061

図4に示したサービス提供システム1014はサービス群と統合基盤とを分離した構成により、プラットフォームAPI1106を利用するアプリケーション1101を容易に開発できる。

0062

なお、図4に示したサービス提供システム1014の処理ブロックの分類形態は一例であり、アプリケーション1101、共通サービス1102、DB1103、管理1104及び業務1105が図4に示されるような階層で分類されていることが必須ではない。第1の実施形態に係るサービス提供システム1014の処理を実施できるのであれば図4に示される階層関係などは特定のものに限定されない。

0063

《画像形成装置》
第1の実施形態に係る画像形成装置1013は例えば図5に示すような処理ブロックにより実現される。図5は、第1の実施形態に係る画像形成装置の一例の処理ブロック図である。画像形成装置1013はプログラムを実行することで、図5に示す処理ブロックを実現する。

0064

図5の画像形成装置1013は外部サービス起動アイコン部1201、MFPブラウザ部1202、ログインアプリ部1203、外部サービス連携アプリ部1204を実現している。

0065

外部サービス起動アイコン部1201は外部サービス1015毎に異なる外部サービス起動アイコンを操作パネル602に表示する。外部サービス起動アイコンがユーザにより押下されると、外部サービス起動アイコン部1201はMFPブラウザ部1202を起動させる。

0066

MFPブラウザ部1202はサービス提供システム1014から取得した画面データを表示する。ログインアプリ部1203は後述する例えばOpenID Connectによるログイン処理をサービス提供システム1014に要求する。外部サービス連携アプリ部1204はサービス提供システム1014の外部サービス連携サービスアプリ1113と連携して外部サービス連携サービスの処理を行う。

0067

<処理の詳細>
以下では、第1の実施形態に係る情報処理システム1000の処理の詳細について説明する。

0068

《フリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始》
図6は画像形成装置の操作パネルに表示される画面遷移図である。画像形成装置1013の操作パネル602にはMFPトップ画面5001が表示されている。MFPトップ画面5001は二つの外部サービス起動アイコンが表示された例を示している。外部サービス起動アイコンには、ログインに利用する外部サービス1015を示す識別子、利用する外部サービス連携サービスを示す識別子、外部サービス連携サービスのトライアルのための商品コード、などの情報が埋め込まれている。また、外部サービス起動アイコンにはログイン成功時のリダイレクト先、外部サービス1015の利用を許可する範囲、などの情報が埋め込まれている。

0069

なお、外部サービス連携サービスのトライアルのための商品コード、ログイン成功時のリダイレクト先、外部サービス1015の利用を許可する範囲は、外部サービス連携サービスアプリ1113から取得するようにしてもよい。

0070

MFPトップ画面5001から外部サービス起動アイコンがユーザに押下されると操作パネル602にはログイン・申込み画面5002が表示される。また、ログイン・申込み画面5002から「トライアル申込み」ボタンが押下されると、操作パネル602にはトライアル申込み画面5003が表示される。

0071

ユーザはトライアル申込み画面5003から利用規約同意する。その後、トライアル申込み画面5003から「外部サービスアカウントで申込む」ボタンが押下されると、操作パネル602には、ユーザにより押下された外部サービス起動アイコンに対応した外部サービス1015のログイン画面5004が表示される。

0072

ユーザは外部サービス1015のログイン画面5004からログインする。操作パネル602には認可画面5005が表示される。認可画面5005から「認可する」ボタンが押下されると、操作パネル602にはログイン失敗画面5006が表示される。ログイン失敗画面5006が表示されている間、情報処理システム1000ではトライアル申込み処理が行われる。

0073

トライアル申込み処理が完了すると、操作パネル602には申込み完了画面5007が表示される。申込み完了画面5007から「OK」ボタンが押下されると、操作パネル602には外部サービス連携サービス画面5008が表示される。

0074

第1の実施形態に係る情報処理システム1000では図7図12に示す手順によりフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用が開始される。図7図12はフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図である。

0075

テップS11において、ユーザは操作パネル602のMFPトップ画面5001に表示された外部サービス起動アイコンを選択する。ステップS12において、外部サービス起動アイコン部1201はユーザが外部サービス起動アイコンを選択したため、MFPブラウザ部1202を起動させる。

0076

ステップS13に進み、MFPブラウザ部1202はサービス提供システム1014の外部サービス連携サービスアプリ1113からアプリのトップ画面の画面データを取得する。ステップS14に進み、MFPブラウザ部1202はアプリのトップ画面の表示を外部サービス連携アプリ部1204に要求する。なお、ステップS14の処理は例えばAjax(Asynchronous JavaScript + XML)により自動で行うようにしてもよい。

0077

ステップS15に進み、外部サービス連携アプリ部1204は、サービス提供システム1014の外部サービス連携サービスアプリ1113に、テナント情報の取得を要求する。なお、ステップS15では認証チケットテナント認証キーが無いためにエラー応答として返される。

0078

エラーが返された外部サービス連携アプリ部1204はステップS16においてログインダイアログを作成する。ステップS17に進み、外部サービス連携アプリ部1204はログイン・申込み画面5002をMFPブラウザ部1202に表示させる。

0079

ログイン・申込み画面5002は、ログインに利用する外部サービス1015を示す識別子、利用する外部サービス連携サービスを示す識別子、外部サービス連携サービスのトライアルのための商品コード、などの情報が埋め込まれている。また、ログイン・申込み画面5002はログイン成功時のリダイレクト先、外部サービス1015の利用を許可する範囲、などの情報が埋め込まれている。

0080

以下では、図7のステップS11〜S17の処理を「共通1」の処理と呼ぶ。ステップS18に進み、ユーザはログイン・申込み画面5002から「トライアル申込み」ボタンを押下する。

0081

ログイン・申込み画面5002から「トライアル申込み」ボタンが押下されると、MFPブラウザ部1202はステップS19に進み、トライアル申込み画面5003の取得をサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に要求する。トライアル申込み画面5003の取得の要求には、ログインに利用する外部サービス1015を示す識別子、利用する外部サービス連携サービスを示す識別子、外部サービス連携サービスのトライアルのための商品コードが指定される。

0082

なお、第1の実施形態ではログインに利用する外部サービス1015を示す識別子をsp_idで表している。利用する外部サービス連携サービスを示す識別子はサービス種別で表している。

0083

ステップS20に進み、MFPポータルサービスアプリ1112はサービス種別を指定してサービス情報の取得を、認証・認可部1121に要求する。認証・認可部1121はサービス種別に対応するサービス名、利用規約URLをMFPポータルサービスアプリ1112に提供する。MFPポータルサービスアプリ1112はトライアル申込み画面5003をMFPブラウザ部1202に表示させる。

0084

なお、トライアル申込み画面5003にはログイン・申込み画面5002に埋め込まれている情報に加えて、サービス種別に対応するサービス名、利用規約URLが埋め込まれている。トライアル申込み画面5003は取得したサービス情報(サービス種別に対応するサービス名、利用規約URL)に応じて、サービス名や利用規約の内容を変化させることができる。また、トライアル申込み画面5003は、ログインに利用する外部サービス1015を示す識別子が複数埋め込まれていてもよい。

0085

以下では、図7のステップS18〜S20の処理を「共通2」の処理と呼ぶ。ステップS21に進み、ユーザはトライアル申込み画面5003のチェックボックスチェックを入れることで利用規約に同意する。

0086

ステップS22に進み、ユーザはトライアル申込み画面5003の「外部サービスアカウントで申込む」ボタンを押下する。ステップS23に進み、MFPブラウザ部1202はログインアプリ部1203にOpenID Connectログイン(以下、OIDCログインと呼ぶ)を要求する。ステップS23のOIDCログインでは、ログイン成功時のリダイレクト先、サービス種別、商品コード、外部サービス1015の利用を許可する範囲が指定されている。

0087

ステップS24に進み、ログインアプリ部1203はローカルストレージに、ログイン成功時のリダイレクト先、サービス種別、商品コード、外部サービス1015の利用を許可する範囲、申込みフラグを保存する。

0088

ステップS25に進み、ログインアプリ部1203はOIDCログインをサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に要求する。ステップS25のOIDCログインではログインに利用する外部サービス1015を示す識別子、ログイン成功時のリダイレクト先、ログイン失敗時のリダイレクト先、外部サービス1015の利用を許可する範囲(以下、scopeと呼ぶ)が指定される。

0089

ステップS26に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121にOIDCログインを要求する。ステップS26のOIDCログインではステップS25と同様な情報が指定される。ステップS27に進み、認証・認可部1121はリクエスト情報として、ログインに利用する外部サービス1015を示す識別子、ログイン成功時のリダイレクト先、ログイン失敗時のリダイレクト先を、stateと対応付けて保存しておく。

0090

ステップS28に進み、認証・認可部1121はstateを指定して外部サービス1015の認可画面へのリダイレクトを要求する。画像形成装置1013のMFPブラウザ部1202は外部サービス1015の認可画面へのリダイレクトを要求される。

0091

ステップS29に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015に認可画面5005の取得を要求し、外部サービス1015のログイン画面5004にリダイレクトされる。ステップS30に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015のログイン画面5004の画面データを取得し、ログイン画面5004を表示する。

0092

ステップS31に進み、ユーザはログイン画面5004からログインを要求する。外部サービス1015へのログインに成功すると、MFPブラウザ部1202は認可画面5005にリダイレクトされる。そして、ステップS33に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015の認可画面5005の画面データを取得し、認可画面5005を表示する。

0093

以下では、図8のステップS31〜S33の処理を「共通3」の処理と呼ぶ。ステップS34に進み、ユーザは認可画面5005の「認可する」ボタンを押下する。ステップS35に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015に認可を要求し、コールバック、state、外部サービス一時コードを取得する。ステップS36に進み、MFPブラウザ部1202はstate、外部サービス一時コードを指定して認証・認可部1121にコールバックする。

0094

ステップS37に進み、認証・認可部1121はステップS27でstateに対応付けて保存しておいたリクエスト情報を取得する。ステップS38に進み、認証・認可部1121は外部サービス一時コードを指定して外部サービス1015にトークン及びユーザ情報の取得を要求する。外部サービス1015は認証・認可部1121に対し、トークン及びユーザ情報を返す。

0095

外部サービス1015から認証・認可部1121に返されるトークンには、IDトークンアクセストークンリフレッシュトークンが含まれる。外部サービス1015から認証・認可部1121に返されるユーザ情報には姓、名、メールアドレスが含まれる。

0096

ステップS39に進み、認証・認可部1121はIDトークンに該当するユーザを検索するが、テナント未開設の例を説明しているため、IDトークンに該当するユーザを検索することはできない。

0097

ステップS40に進み、認証・認可部1121は認証チケットをチェックするが、認証チケットが無い。また、ステップS41に進み、認証・認可部1121はユーザをログインメールで検索するが、ログインメールに該当するユーザを検索することはできない。

0098

ステップS42に進み、認証・認可部1121は外部サービス1015のユーザ情報としてIDトークン、scope、アクセストークン、リフレッシュトークン、姓、名及びメールアドレスをユーザ属性参照コードと対応付けて保存する。

0099

ステップS43に進み、認証・認可部1121はユーザ属性参照コードを指定して画像形成装置1013のMFPブラウザ部1202にログイン失敗時のリダイレクト先へリダイレクトさせる。ステップS44に進み、MFPブラウザ部1202はログイン失敗画面5006の画面データをサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112から取得し、ログイン失敗画面5006を表示する。なお、図6に示したログイン失敗画面5006は空のHTMLであるが、JavaScript(登録商標)を使って進捗状況などを表示させることも可能である。

0100

ステップS45に進み、MFPブラウザ部1202はログインアプリ部1203にテナント開設を要求する。なお、MFPブラウザ部1202はAjaxにより自動的に処理を行う。ステップS46に進み、ログインアプリ部1203はテナント開設用の情報としてローカルストレージからサービス種別、商品コードを取得し、URLからユーザ属性参照コードを取得する。

0101

ステップS47に進み、ログインアプリ部1203はサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に対し、サービス種別、商品コード及びユーザ属性参照コードを指定してテナント開設を要求する。なお、MFPポータルサービスアプリ1112のAPIをテナント開設、機器登録利用権限設定などのように細かく分割しておくことで、ログインアプリ部1203はユーザに進捗状況を細かく通知することができるようになる。

0102

ステップS48に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121に対し、ユーザ属性参照コードを指定してユーザ情報を要求する。認証・認可部1121はユーザ属性参照コードに対応付いた姓、名、メールアドレスをMFPポータルサービスアプリ1112に返す。なお、MFPポータルサービスアプリ1112は、このタイミングでユーザに姓、名、メールアドレスを確認させて、ユーザから姓、名、メールアドレスの修正を受け付けることもできる。

0103

ステップS49に進み、MFPポータルサービスアプリ1112はメールアドレスを指定してテナントライセンスの作成を認証・認可部1121に要求する。ステップS50に進み、認証・認可部1121は販売極のデフォルト値、販売のデフォルト値を指定してテナントライセンスの作成をライセンス管理部1160に要求する。

0104

ライセンス管理部1160はテナントライセンスを作成し、そのテナントライセンスのテナントライセンス情報としてテナントIDを認証・認可部1121に返す。認証・認可部1121はテナントIDをMFPポータルサービスアプリ1112に返す。

0105

ステップS51に進み、MFPポータルサービスアプリ1112はテナントIDを指定してテナント情報の作成を認証・認可部1121に要求する。認証・認可部1121は作成したテナント情報をMFPポータルサービスアプリ1112に返す。

0106

ステップS52に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は、サービス種別、商品コード、テナントIDを指定して、認証・認可部1121にサービスライセンスの作成を要求する。ステップS53に進み、認証・認可部1121はサービスライセンスの作成をライセンス管理部1160に要求する。ライセンス管理部1160はサービスライセンスを作成し、そのサービスライセンスのサービスライセンス情報を認証・認可部1121に返す。認証・認可部1121はサービスライセンス情報をMFPポータルサービスアプリ1112に返す。

0107

ステップS54に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は例えばメールアドレスからユーザIDを生成する。メールアドレスからユーザIDを生成することでサービス提供システム1014はユーザにユーザIDを意識させる必要がない。

0108

ステップS55に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121に対し、ユーザ属性参照コード、テナントID、ユーザID及びロールを指定してOIDCログインの継続を要求する。なお、ロールはテナント管理者とする。MFPポータルサービスアプリ1112は姓、名、メールアドレスの指定が無い場合、外部サービス1015から取得したユーザ情報を指定してもよい。

0109

ステップS56に進み、認証・認可部1121はユーザ属性参照コードに対応付けられたユーザ情報を取得する。ステップS56で取得するユーザ情報には、IDトークン、scope、アクセストークン、リフレッシュトークン、姓、名、メールアドレスが含まれている。

0110

ステップS57に進み、認証・認可部1121は、指定されたテナントID、ユーザID、姓、名、メールアドレス、ロールからユーザを作成する。また、ステップS58に進み、認証・認可部1121は作成したユーザとIDトークンとを指定して外部サービス1015との連携設定を行う。

0111

ステップS59に進み、認証・認可部1121は作成したユーザと、ステップS56で取得したscope、アクセストークン、リフレッシュトークンとを指定して、OAuth設定情報を作成する。ステップS60に進み、認証・認可部1121は認証チケットを発行する。ステップS61において、認証・認可部1121はユーザ属性参照コードを破棄する。

0112

このように認証・認可部1121は、ユーザ作成に成功したタイミングでユーザ属性参照コードを破棄する。そして、認証・認可部1121はユーザ情報と認証チケットとをMFPポータルサービスアプリ1112に返す。また、MFPポータルサービスアプリ1112はユーザ情報と認証チケットとを、画像形成装置1013のログインアプリ部1203に返す。以下では、図11に示したステップS55〜S61の処理を「共通6」の処理と呼ぶ。

0113

ステップS62に進み、ログインアプリ部1203は画像形成装置1013のシリアルIDを取得する。ステップS63に進み、ログインアプリ部1203は認証チケット、シリアルID、サービス種別を指定して機器登録、利用権限設定をMFPポータルサービスアプリ1112に要求する。

0114

ステップS64に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121から本人情報を取得する。ステップS65に進み、MFPポータルサービスアプリ1112はテナントID、シリアルID、認証チケットを指定して、認証・認可部1121に機器登録を行う。

0115

ステップS66に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121からユーザ一覧を取得する。ステップS67に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証チケット、サービス種別、利用権限及び管理権限を指定して認証・認可部1121に権限設定を行う。

0116

MFPポータルサービスアプリ1112は取得したユーザ一覧から初期ユーザであるかを判定し、初期ユーザの場合に利用権限及び管理権限を指定し、初期ユーザ以外の場合に利用権限を指定する。

0117

ステップS68に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証チケットを指定して認証・認可部1121からテナント認証キーを取得する。ステップS69においてMFPポータルサービスアプリ1112はテナントIDとテナント認証キーとを画像形成装置1013のログインアプリ部1203に返す。

0118

ステップS70に進み、ログインアプリ部1203はテナント情報としてテナントIDとテナント認証キーとをローカルストレージに保存する。ステップS71に進み、ログインアプリ部1203は、ローカルストレージに申込みフラグが保存されていることを確認する。ステップS72に進み、ログインアプリ部1203は申込み完了画面5007を表示する。

0119

ステップS73に進み、ユーザは申込み完了画面5007に配置された「OK」ボタンを押下する。申込み完了画面5007に配置された「OK」ボタンが押下されると、MFPブラウザ部1202はステップS74に進み、ログインアプリ部1203に「OK」ボタンが押下されたことを通知する。

0120

ステップS75に進み、ログインアプリ部1203はローカルストレージからログイン成功時のリダイレクト先を取得する。ステップS76に進み、ログインアプリ部1203はローカルストレージからログイン成功時のリダイレクト先、サービス種別、商品コードなどの不要なデータを削除する。

0121

ステップS77に進み、ログインアプリ部1203は、MFPブラウザ部1202に外部サービス連携サービス画面5008へのリダイレクトを要求する。ステップS78に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス連携アプリ部1204にアクセスして外部サービス連携サービス画面5008を表示する。以下では、図12のステップS73〜S78の処理を「共通4」の処理と呼ぶ。

0122

図7図12に示したフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用は以下に示すようなポイントを有している。

0123

第1の実施形態に係る情報処理システム1000ではサービスライセンスを作成するために商品コードやサービス種別といった情報が必要となる。そこで、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では外部サービス起動アイコンに、サービスライセンスを作成するために必要な情報を埋め込んでおく。また、情報処理システム1000では画像形成装置1013がサービス提供システム1014の外部サービス連携サービスアプリ1113からAPI経由で取得するようにしてもよい。

0124

また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、ユーザ属性参照コードを使ってクラウドリソースを作成する。ステップS42に示すように、サービス提供システム1014は外部サービス1015のアカウントと連携設定済みのユーザが存在しない場合に、ユーザ属性参照コードを発行する。第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、発行したユーザ属性参照コードを使って、外部サービス1015のユーザ情報の確認、外部サービス1015のアカウントと連携したユーザが作成できる。

0125

また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、ユーザに通知を行いたい単位に、MFPポータルサービスアプリ1112のAPIを分割し、Ajaxにより自動で処理を行うようにすれば、ユーザに進捗状況を通知できるようになる。

0126

また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、ユーザ属性参照コードを使って、外部サービス1015のユーザ情報を取得できる。第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、テナントライセンス情報、テナント情報、サービスライセンス情報、ユーザ情報を生成するための情報を外部サービス1015から取得する。

0127

図13はユーザ属性参照コードを使って外部サービスのユーザ情報を取得するAPI仕様の一例である。MFPポータルサービスアプリ1112はユーザ属性参照コードを指定して認証・認可部1121にリクエストすることで、レスポンスとして姓、名、メールアドレスを取得できる。なお、MFPポータルサービスアプリ1112は姓、名、メールアドレス以外にもOpenID Connectで規定されている情報をレスポンスとして取得できる。

0128

また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、OIDCログインを継続できる。第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、OIDCログインに使用した外部サービス1015のアカウントと連携済みのユーザを作成し、サービス提供システム1014の認証チケットを作成する。なお、ユーザ属性参照コードを使ったOIDCログインを継続する要求は一度しか実施できないので、同一のユーザ属性参照コードを使用して複数ユーザが作成されることはない。

0129

図14はOIDCログインを継続するAPI仕様の一例である。MFPポータルサービスアプリ1112はユーザ属性参照コード、テナントID、ユーザID、ロール(ユーザ属性)を指定して認証・認可部1121にリクエストする。ユーザ属性は、オプションである。ユーザ属性が指定された場合、認証・認可部1121は、指定されたユーザ属性を持つユーザを作成する。

0130

ユーザ属性が指定されなかった場合、認証・認可部1121は外部サービス1015から取得したユーザ属性を設定する。認証・認可部1121はOIDCログインに使用した外部サービス1015のアカウントと連携済みのユーザを作成する。認証・認可部1121はレスポンスとして作成したユーザのユーザ情報、認証チケットをレスポンスとしてMFPポータルサービスアプリ1112に返す。以降は外部サービス1015で認可処理を行うことでOIDCログインが可能となる。また、作成したユーザのユーザ情報にはアクセストークン、リフレッシュトークンが対応付けられる。

0131

また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、機器登録を行うことによりテナントと画像形成装置1013とを対応付けて管理できる。また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、テナントと画像形成装置1013とを一元管理することで、OIDCログインできる画像形成装置1013の制限も行うことができる。第1の実施形態に係る情報処理システム1000はOIDCログインの一連フローの中でテナントと画像形成装置1013とを登録するため、ユーザに意識させる必要がない。

0132

また、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、フリートライアルで外部サービス連携サービスを利用するために必要な利用権限を付与できる。第1の実施形態に係る情報処理システム1000は初期ユーザの場合に利用権限の他、管理権限も付与している。第1の実施形態に係る情報処理システム1000は、OIDCログインの一連のフローの中で利用権限、管理権限を付与するため、ユーザに意識させる必要がない。

0133

図15は、ユーザ属性参照コード情報の一例の構成図である。図15に示すユーザ属性参照コード情報は、ユーザ属性参照コード、sp_id、姓、名、メールアドレス、IDトークン、アクセストークン、リフレッシュトークンが対応付けられている。

0134

図16は、サービス提供システムに作成される情報の一例について説明するための図である。なお、図16は複数の外部サービス1015のアカウントでOIDCログインが可能な場合のテーブル例を示している。

0135

図16に示したテナント情報はテナントIDと、テナント認証キーとが対応付けられている。外部サービステナント情報はテナントIDとsp_idとドメインとが対応付けられている。ユーザ情報はテナントIDとユーザIDと姓と名とメールアドレスとが対応付けられている。

0136

外部サービスユーザ情報は、テナントIDとユーザIDとsp_idと外部サービス1015のユーザ識別子「idp_user_id」とが対応付けられている。外部連携情報はID「id」とsp_idとテナントIDとユーザIDとscope(スコープ)とアクセストークンとリフレッシュトークンとが対応付けられている。

0137

《テナントのユーザによる外部サービス連携サービスのフリートライアル》
画像形成装置1013の操作パネル602に表示される画面遷移図は図6と同様であるため説明を省略する。第1の実施形態に係る情報処理システム1000では図17図19に示す手順により、テナントのユーザによるフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用が開始される。図17図19はテナントのユーザによるフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図である。

0138

ステップS101、S102において、ユーザは操作パネル602を操作し、今まで利用していた外部サービス連携サービス以外のサービスにログインし、サービス提供システム1014から認証チケットを取得する。認証チケットを取得したあと、図7の「共通1」の処理を行う。

0139

ステップS103に進み、ユーザはトライアル申込み画面5003のチェックボックスにチェックを入れることで利用規約に同意する。ステップS104に進み、ユーザはトライアル申込み画面5003の「外部サービスアカウントで申込む」ボタンを押下する。

0140

ステップS105に進み、MFPブラウザ部1202はログインアプリ部1203にOIDCログインを要求する。ステップS105のOIDCログインでは、ログイン成功時のリダイレクト先、サービス種別、商品コード、scope、認証チケットが指定されている。ステップS106に進み、ログインアプリ部1203はローカルストレージに、ログイン成功時のリダイレクト先、サービス種別、商品コード、scopeを保存する。

0141

ステップS107に進み、ログインアプリ部1203はOIDCログインをサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に要求する。ステップS107のOIDCログインではsp_id、ログイン成功時のリダイレクト先、ログイン失敗時のリダイレクト先、scope、認証チケットが指定される。

0142

ステップS108に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121にOIDCログインを要求する。ステップS108のOIDCログインではステップS107と同様な情報が指定される。ステップS109に進み、認証・認可部1121はリクエスト情報として、sp_id、ログイン成功時のリダイレクト先、ログイン失敗時のリダイレクト先、認証チケットを、stateと対応付けて保存する。認証・認可部1121は認証チケットに該当するユーザ情報もstateと対応付けて保存する。

0143

ステップS110に進み、認証・認可部1121はstateを指定して外部サービス1015の認可画面へのリダイレクトを要求する。画像形成装置1013のMFPブラウザ部1202は外部サービス1015の認可画面へのリダイレクトを要求される。

0144

ステップS111に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015に認可画面5005の取得を要求し、外部サービス1015のログイン画面5004にリダイレクトされる。ステップS112に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015のログイン画面5004の画面データを取得し、ログイン画面5004を表示する。

0145

ログイン画面5004を表示したあと、図8の「共通3」の処理を行う。ステップS113に進み、ユーザは認可画面5005の「認可する」ボタンを押下する。ステップS114に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015に認可を要求し、コールバック、state、外部サービス一時コードを取得する。ステップS115に進み、MFPブラウザ部1202はstate、外部サービス一時コード、認証チケットを指定して認証・認可部1121にコールバックする。

0146

ステップS116に進み、認証・認可部1121はstateに対応付けて保存しておいたリクエスト情報を取得する。ステップS117に進み、認証・認可部1121は外部サービス一時コードを指定して、外部サービス1015にトークン及びユーザ情報の取得を要求する。外部サービス1015は認証・認可部1121に対してトークン及びユーザ情報を返す。

0147

外部サービス1015から認証・認可部1121に返されるトークンには、IDトークン、アクセストークン、リフレッシュトークンが含まれる。外部サービス1015から認証・認可部1121に返されるユーザ情報には姓、名、メールアドレスが含まれる。

0148

ステップS118に進み、認証・認可部1121はIDトークンに該当するユーザを検索するが、フリートライアルの例を説明しているため、IDトークンに該当するユーザを検索することはできない。

0149

ステップS119に進み、認証・認可部1121は認証チケットをチェックし、認証チケットに該当するユーザを検索する。ステップS120に進み、認証・認可部1121は検索したユーザとIDトークンとを指定して外部サービス1015との連携設定を行う。

0150

ステップS121に進み、認証・認可部1121はOAuth設定情報を作成する。ステップS122に進み、認証・認可部1121は認証チケットを発行する。ステップS123に進み、認証・認可部1121はステップS122で発行した認証チケットを指定して画像形成装置1013のMFPブラウザ部1202にログイン成功時のリダイレクト先へリダイレクトさせる。ステップS124に進み、MFPブラウザ部1202はログイン成功画面の画面データをサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112から取得する。

0151

ステップS125に進み、MFPブラウザ部1202は認証チケットを指定し、ログインアプリ部1203にサービスライセンス発行を要求する。ステップS126に進み、ログインアプリ部1203はサービス情報としてローカルストレージからサービス種別を取得する。

0152

ステップS127に進み、ログインアプリ部1203はサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に対し、サービス種別及び認証チケットを指定してサービスライセンスのチェックを依頼する。

0153

ステップS128に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121に対し、サービス種別及び認証チケットを指定してサービスライセンスのチェックを要求する。認証・認可部1121はサービス種別及び認証チケットに対応付いたサービスライセンスなしを画像形成装置1013のログインアプリ部1203に返す。

0154

ステップS129に進み、ログインアプリ部1203はサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に対し、サービス種別、商品コード及び認証チケットを指定してサービスライセンス発行を要求する。

0155

ステップS130に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121に対し、認証チケットを指定してテナント情報を取得する。ステップS131においてMFPポータルサービスアプリ1112は、サービス種別、商品コード、テナントIDを指定して、認証・認可部1121にサービスライセンスの作成を要求する。ステップS132に進み、認証・認可部1121はサービスライセンスの作成をライセンス管理部1160に要求する。ライセンス管理部1160はサービスライセンスを作成し、サービスライセンスのサービスライセンス情報を認証・認可部1121に返す。

0156

ステップS133において、認証・認可部1121はサービスライセンス情報をMFPポータルサービスアプリ1112に返す。また、MFPポータルサービスアプリ1112はサービスライセンス情報をログインアプリ部1203に返す。

0157

ステップS134〜S141の処理は図12のステップS62〜S69の処理と同様であるため、説明を省略する。ステップS142に進み、ログインアプリ部1203はテナント情報としてテナントIDとテナント認証キーとをローカルストレージに保存する。

0158

ステップS143に進み、ログインアプリ部1203は申込み完了画面5007を表示する。申込み完了画面5007を表示したあと、図12の「共通4」の処理を行うことにより、MFPブラウザ部1202は外部サービス連携サービス画面5008を表示することができる。

0159

図17図19に示したテナントのユーザによるフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用は以下に示すようなポイントを有している。

0160

第1の実施形態に係る情報処理システム1000では翻訳サービスなど、既にサービス提供システム1014のサービスを利用しているユーザが、フリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用を行う。第1の実施形態に係る情報処理システム1000は既に利用しているサービスの認証チケットを使って外部サービス1015のアカウントと連携させる。

0161

このように、第1の実施形態に係る情報処理システム1000では、既に利用しているサービスのアカウントを使ってログインした状態で、新規に利用したい外部サービスの外部サービス起動アイコン部1201から利用開始できる。サービス提供システム1014のユーザと外部サービス1015のアカウントとの対応付けは認証チケットを使って行うことができる。

0162

第1の実施形態に係る情報処理システム1000はOIDCログイン要求時にサービス提供システム1014の認証チケットが含まれている場合、認証チケットとstateパラメータとを対応付けて保存する。コールバック(callback)時にOIDCログイン要求と同じ認証チケットが含まれていれば、第1の実施形態に係る情報処理システム1000は、認証チケットに該当するユーザと外部サービス1015のアカウントとの連携設定を行う。

0163

《契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用》
図20は画像形成装置の操作パネルに表示される画面遷移図である。なお、図20の画面遷移図は一部を除いて図6の画面遷移図と同様であるため、適宜説明を省略する。

0164

画像形成装置1013の操作パネル602にはMFPトップ画面5001が表示されている。MFPトップ画面5001から外部サービス起動アイコンがユーザに押下されると操作パネル602にはログイン・申込み画面5002が表示される。

0165

また、ログイン・申込み画面5002から「外部サービスでログイン」ボタンが押下されると、操作パネル602には空のHTMLの画面5012が表示される。空のHTMLの画面5012が表示されたあと、操作パネル602には、ユーザにより押下された外部サービス起動アイコンに対応する外部サービス1015のログイン画面5004が表示される。

0166

ユーザは外部サービス1015のログイン画面5004からログインする。操作パネル602には認可画面5005が表示される。認可画面5005から「認可する」ボタンが押下されると、操作パネル602にはログイン失敗画面5006が表示される。ログイン失敗画面5006が表示されている間、情報処理システム1000では外部サービス連携サービスアプリ1113にアクセスするための処理が行われる。

0167

外部サービス連携サービスアプリ1113へのアクセスが可能になると、操作パネル602には、ログイン完了画面5009が表示される。そして、ログイン完了画面5009から「OK」ボタンが押下されると、操作パネル602には外部サービス連携サービス画面5008が表示される。

0168

第1の実施形態に係る情報処理システム1000では図21図23に示す手順により契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用が開始される。図21図23は契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図である。

0169

まず、図7の「共通1」の処理を行う。ステップS151に進み、ログイン・申込み画面5002から「外部サービスでログイン」ボタンが押下されると、MFPブラウザ部1202はステップS152に進み、ログインアプリ部1203にOIDCログインを要求する。

0170

ステップS152のOIDCログインでは、ログイン成功時のリダイレクト先、サービス種別、scopeが指定されている。ステップS153に進み、ログインアプリ部1203はローカルストレージに、ログイン成功時のリダイレクト先、サービス種別、scope、ログインフラグを保存する。

0171

ステップS154に進み、ログインアプリ部1203はOIDCログインをサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に要求する。ステップS154のOIDCログインではsp_id、ログイン成功時のリダイレクト先、ログイン失敗時のリダイレクト先、scopeが指定される。

0172

ステップS155に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121にOIDCログインを要求する。ステップS155のOIDCログインではステップS154と同様な情報が指定される。ステップS156に進み、認証・認可部1121はリクエスト情報として、sp_id、ログイン成功時のリダイレクト先、ログイン失敗時のリダイレクト先を、stateと対応付けて保存する。

0173

ステップS157に進み、認証・認可部1121はstateを指定して外部サービス1015の認可画面へのリダイレクトを要求する。画像形成装置1013のMFPブラウザ部1202は外部サービス1015の認可画面へのリダイレクトを要求される。

0174

ステップS158に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015に認可画面5005の取得を要求し、外部サービス1015のログイン画面5004にリダイレクトされる。ステップS159に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015のログイン画面5004の画面データを取得し、ログイン画面5004を表示する。以下では、図21のステップS151〜S159の処理を「共通5」の処理と呼ぶ。

0175

ログイン画面5004を表示したあと、図8の「共通3」の処理を行う。ステップS160〜S170の処理は、図9のステップS34〜S44と同様であるため、説明を省略する。

0176

ステップS171に進み、MFPブラウザ部1202はユーザ属性参照コードを指定してログインアプリ部1203にサービスライセンス発行を要求する。ステップS172に進み、ログインアプリ部1203は画像形成装置1013のシリアルIDを取得する。ステップS173に進み、ログインアプリ部1203はサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に対し、OIDCログインの継続を要求する。

0177

OIDCログインの継続を要求したと、図11の「共通6」の処理を行う。ステップS174に進み、ログインアプリ部1203は「共通6」の処理で生成された認証チケットと、シリアルIDと、サービス種別とを指定して機器登録、利用権限設定をMFPポータルサービスアプリ1112に要求する。ステップS175〜S180の処理は図12のステップS64〜S70の処理と同様であるため、説明を省略する。

0178

ステップS181に進み、ログインアプリ部1203は、ローカルストレージにログインフラグが保存されていることを確認する。ステップS182に進み、ログインアプリ部1203はログイン完了画面5009を表示する。

0179

ログイン完了画面5009を表示したあと、図12の「共通4」の処理を行う。これにより、画像形成装置1013の操作パネル602には外部サービス連携サービス画面5008が表示される。

0180

図21図23に示した契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用ではフリートライアルでの外部サービス連携サービスの利用と同様に、ユーザ属性参照コードを使ってユーザを作成し、ログイン処理を行うことができる。

0181

契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用では、初回図21図23に示した処理を行う。2回目以降、契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用は、以下のように行われる。

0182

図24は画像形成装置の操作パネルに表示される画面遷移図である。なお、図24の画面遷移図は一部を除いて図20の画面遷移図と同様であるため、適宜説明を省略する。

0183

画像形成装置1013の操作パネル602にはMFPトップ画面5001が表示されている。MFPトップ画面5001から外部サービス起動アイコンがユーザに押下されると操作パネル602にはログイン・申込み画面5002が表示される。

0184

また、ログイン・申込み画面5002から「外部サービスでログイン」ボタンが押下されると、操作パネル602には空のHTMLの画面5012が表示される。空のHTMLの画面5012が表示されたあと、操作パネル602には、ユーザにより押下された外部サービス起動アイコンに対応する外部サービス1015のログイン画面5004が表示される。

0185

ユーザは外部サービス1015のログイン画面5004からログインする。操作パネル602には認可画面5005が表示される。認可画面5005から「認可する」ボタンが押下されると、操作パネル602にはログイン成功画面5010が表示される。ログイン成功画面5010が表示されている間、情報処理システム1000では外部サービス連携サービスアプリ1113にアクセスするための処理が行われる。

0186

外部サービス連携サービスアプリ1113へのアクセスが可能になると、操作パネル602には、ログイン完了画面5009が表示される。そして、ログイン完了画面5009から「OK」ボタンが押下されると、操作パネル602には外部サービス連携サービス画面5008が表示される。

0187

第1の実施形態に係る情報処理システム1000では図25図27に示す手順により2回目以降の契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用が開始される。図25図27は2回目以降の契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用開始処理の一例のシーケンス図である。

0188

図25の処理は図21の処理と同様であるため、説明を省略する。ステップS201に進み、ユーザは認可画面5005の「認可する」ボタンを押下する。ステップS202に進み、MFPブラウザ部1202は外部サービス1015に認可を要求することでコールバック、state、外部サービス一時コードを取得する。ステップS203に進み、MFPブラウザ部1202はstate、外部サービス一時コード、認証チケットを指定して認証・認可部1121にコールバックする。

0189

ステップS204に進み、認証・認可部1121はstateに対応付けて保存しておいたリクエスト情報を取得する。ステップS205に進み、認証・認可部1121は外部サービス一時コードを指定して、外部サービス1015にトークン及びユーザ情報の取得を要求する。外部サービス1015は認証・認可部1121に対してトークン及びユーザ情報を返す。

0190

外部サービス1015から認証・認可部1121に返されるトークンには、IDトークン、アクセストークン、リフレッシュトークンが含まれる。外部サービス1015から認証・認可部1121に返されるユーザ情報には姓、名、メールアドレスが含まれる。

0191

ステップS206に進み、認証・認可部1121はIDトークンに該当するユーザを検索する。ステップS207に進み、認証・認可部1121はOAuth設定情報を更新する。ステップS208に進み、認証・認可部1121は認証チケットを発行する。

0192

ステップS123に進み、認証・認可部1121はステップS208で発行した認証チケットを指定して画像形成装置1013のMFPブラウザ部1202にログイン成功時のリダイレクト先へリダイレクトさせる。ステップS210に進み、MFPブラウザ部1202はログイン成功画面の画面データをサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112から取得する。

0193

ステップS211に進み、MFPブラウザ部1202は認証チケットを指定し、ログインアプリ部1203にサービスライセンス発行を要求する。ステップS212に進み、ログインアプリ部1203はサービス情報としてローカルストレージからサービス種別を取得する。

0194

ステップS213に進み、ログインアプリ部1203はサービス提供システム1014のMFPポータルサービスアプリ1112に対し、サービス種別及び認証チケットを指定してサービスライセンスのチェックを依頼する。

0195

ステップS214に進み、MFPポータルサービスアプリ1112は認証・認可部1121に対し、サービス種別及び認証チケットを指定してサービスライセンスのチェックを要求する。認証・認可部1121はサービス種別及び認証チケットに対応付いたサービスライセンスを画像形成装置1013のログインアプリ部1203に返す。

0196

ステップS215〜S222の処理は図12のステップS62〜S69の処理と同様であるため、説明を省略する。ステップS223に進み、ログインアプリ部1203はテナント情報としてテナントIDとテナント認証キーとをローカルストレージに保存する。

0197

ステップS224に進み、ログインアプリ部1203は、ローカルストレージにログインフラグが保存されていることを確認する。ステップS225に進み、ログインアプリ部1203はログイン完了画面5009を表示する。

0198

ログイン完了画面5009を表示したあと、図12の「共通4」の処理を行う。これにより、画像形成装置1013の操作パネル602には外部サービス連携サービス画面5008が表示される。

0199

第1の実施形態に係る情報処理システム1000では図25図27に示す手順により2回目以降の契約済みのテナントのユーザによる外部サービス連携サービスの利用を開始できる。

0200

なお、図6図20及び図24に示した画面遷移図をまとめると例えば図28に示すような画面遷移図となる。図28は画像形成装置の操作パネルに表示される全体画面遷移図である。図28の画面遷移図ではログイン・申込み画面5002においてトライアル申込みをしていないユーザが「外部サービスでログイン」を押下した場合に表示するトライアル申込み画面5012が含まれる。また、ログイン失敗画面5006又はログイン成功画面5010においてエラーが発生した場合に表示するエラー画面5011が含まれる。

0201

本発明は、具体的に開示された上記の実施形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲から逸脱することなく、種々の変形や変更が可能である。認証・認可部1121は特許請求の範囲に記載した認証手段の一例である。外部サービス連携サービスアプリ1113はサービス提供手段の一例である。ユーザ属性参照コードは参照コード情報の一例である。外部サービス起動アイコン部1201は起動アイコン手段の一例である。ログインアプリ部1203はログイン手段の一例である。

0202

500コンピュータ
501入力装置
502表示装置
503 外部I/F
503a記録媒体
504 RAM
505 ROM
506 CPU
507通信I/F
508 HDD
601コントローラ
602操作パネル
603 外部I/F
603a 記録媒体
604 通信I/F
605プリンタ
606スキャナ
611 CPU
612 RAM
613 ROM
614 NVRAM
615 HDD
1000情報処理システム
1011クライアント端末
1012携帯端末
1013画像形成装置
1014サービス提供システム
1015外部サービス
1101アプリケーション
1102共通サービス
1103データベース
1104 管理
1105 業務
1106プラットフォームAPI(Application Programming Interface)
1111ポータルサービスアプリ
1112MFPポータルサービスアプリ
1113 外部サービス連携サービスアプリ
1114スキャンサービスアプリ
1115プリントサービスアプリ
1121 認証・認可部
1122テナント管理部
1123ユーザ管理部
1124ライセンス管理部
1125機器管理部
1126一時画像保存部
1127ログ収集部
1128 外部サービス管理部
1130画像処理ワークフロー制御部
1131メッセージキュー
1132ワーカー
1141ログ情報記憶部
1142テナント情報記憶部
1143ユーザ情報記憶部
1144ライセンス情報記憶部
1145セッション情報記憶部
1146 外部サービステナント情報記憶部
1147 外部サービスユーザ情報記憶部
1148 一時画像記憶部
1149ジョブ情報記憶部
1150機器情報記憶部
1151アプリケーション固有の設定情報記憶部
1160 ライセンス管理部
1201 外部サービス起動アイコン部
1202MFPブラウザ部
1203ログインアプリ部
1204 外部サービス連携アプリ
Bバス
FWファイヤウォール
N1〜N2 ネットワーク

先行技術

0203

特開2013−250894号公報

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ