図面 (/)

技術 シュレッダー

出願人 ナカバヤシ株式会社
発明者 藤森茂
出願日 2015年10月9日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-200802
公開日 2017年4月13日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2017-070926
状態 特許登録済
技術分野 破砕・粉砕(2)
主要キーワード 連結態様 縦切り 固定カッター 細断刃 細断屑 多板ディスク 回転カッター エンコーダディスク
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年4月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

何らかの原因によって横切り細断部が回転不能に陥った場合に、紙詰まりすることがないシュレッダーを提供する。

解決手段

一対の多板ディスク回転カッターが噛合して紙を縦方向に細断する縦切り細断部と、縦切り細断部から排出される縦切り固定カッタースパイラル状回転カッターとによってさらに横方向に細断する横切り細断部とを備えたシュレッダーであって、横切り細断部のスパイラル状回転カッターが回転していないことを検知する手段を備え、当該検知手段によってスパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば縦切り細断部の細断を停止する。具体的には、多板ディスク状回転カッターを回転する縦切り細断用駆動モータと、スパイラル状回転カッターを回転する横切り細断用駆動モータとを別々に備え、スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば縦切り細断用駆動モータの駆動を停止する。

概要

背景

従来、縦切り細断部と、その排出側に横切り細断部とを備えたシュレッダーが公知である(特許文献1等)。

図4は、従来のシュレッダーの主要部を示したものであり、多数のディスクカッター回転駆動軸上に配置した一対の多板ディスク回転カッター21・22を噛み合わせて、当該噛合部を通過する紙を所定幅の幾つもの細長ヌードル状の縦切りに縦切りする縦切り細断部20と、スパイラル状に細断刃を配したスパイラル状回転カッター31とこれと対向する平刃の横切り用固定カッター32とを有して、前記縦切り細断部20から排出される前記縦切り屑をさらに細かく横切り(みじん切り)する横切り細断部30とを備えており、横切り細断部30から排出される最終的な細断屑をさらに細かいものとして、その文書機密漏洩を防止している。

概要

何らかの原因によって横切り細断部が回転不能に陥った場合に、紙詰まりすることがないシュレッダーを提供する。一対の多板ディスク状回転カッターが噛合して紙を縦方向に細断する縦切り細断部と、縦切り細断部から排出される縦切り屑を固定カッターとスパイラル状回転カッターとによってさらに横方向に細断する横切り細断部とを備えたシュレッダーであって、横切り細断部のスパイラル状回転カッターが回転していないことを検知する手段を備え、当該検知手段によってスパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば縦切り細断部の細断を停止する。具体的には、多板ディスク状回転カッターを回転する縦切り細断用駆動モータと、スパイラル状回転カッターを回転する横切り細断用駆動モータとを別々に備え、スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば縦切り細断用駆動モータの駆動を停止する。

目的

本発明は、上述した課題に鑑みなされたもので、その目的とするところは、何らかの原因によって横切り細断部が回転不能に陥った場合に、紙詰まりすることがないシュレッダーを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一対の多板ディスク回転カッターが噛合して紙を縦方向細断する縦切り細断部と、前記縦切り細断部から排出される縦切り固定カッタースパイラル状回転カッターとによって横方向に細断する横切り細断部とを備えたシュレッダーであって、前記横切り細断部の前記スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知する手段を備え、当該検知手段によって前記スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば前記縦切り細断部の細断を停止することを特徴としたシュレッダー。

請求項2

多板ディスク状回転カッターを回転する縦切り細断用駆動モータと、スパイラル状回転カッターを回転する横切り細断用駆動モータとを別々に備え、前記スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば前記縦切り細断用駆動モータの駆動を停止して縦切り細断部の細断を行わないようにした請求項1記載のシュレッダー。

請求項3

スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知する手段は、スパイラル状回転カッターの回転軸に一体に設けたエンコーダディスクと、該エンコーダディスクに対応するエンコーダセンサの組み合わせからなる請求項1または2記載のシュレッダー。

請求項4

エンコーダディスクはディスク外周に凹部と凸部とを周方向に沿って交互に複数組形成した歯車状であり、エンコーダセンサは前記ディスク外周を挟み、前記凸部で光が遮断され、前記凹部で光が通過するように投光部と受光部とを配置した光センサである請求項3記載のシュレッダー。

請求項5

多板ディスク状回転カッター及びスパイラル状回転カッターの回転軸と、それぞれの駆動モータ駆動軸にはスプロケットを設け、該スプロケットに対応したチェーンによって前記駆動モータそれぞれを前記多板ディスク状回転カッター及び前記スパイラル状回転カッターそれぞれと連結した請求項2、3または4記載のシュレッダー。

技術分野

0001

この発明は、縦切り細断部と横切り細断部とを備えたシュレッダー係り、何らかの原因で横切り細断部が動作しない場合や動作を停止した場合、これを検知して、縦切り細断部を動作させないようにすることで、縦切り細断部と横切り細断部の間に細断屑詰まることを防止する構成に関するものである。

背景技術

0002

従来、縦切り細断部と、その排出側に横切り細断部とを備えたシュレッダーが公知である(特許文献1等)。

0003

図4は、従来のシュレッダーの主要部を示したものであり、多数のディスクカッター回転駆動軸上に配置した一対の多板ディスク回転カッター21・22を噛み合わせて、当該噛合部を通過する紙を所定幅の幾つもの細長ヌードル状の縦切りに縦切りする縦切り細断部20と、スパイラル状に細断刃を配したスパイラル状回転カッター31とこれと対向する平刃の横切り用固定カッター32とを有して、前記縦切り細断部20から排出される前記縦切り屑をさらに細かく横切り(みじん切り)する横切り細断部30とを備えており、横切り細断部30から排出される最終的な細断屑をさらに細かいものとして、その文書機密漏洩を防止している。

先行技術

0004

特許第4620840号公報

発明が解決しようとする課題

0005

上記構成では、縦切り細断部20と横切り細断部30は連動して動作するが、何らかの原因によって横切り細断部30が動作しなかったり、細断中に動作を停止して、縦切り細断部20だけが動作し続けると、縦切り細断部20から排出される縦切り屑が横切り細断部30との間に詰まってしまい、縦切り細断部20を逆回転させても詰まった縦切り屑を除去できないため、シュレッダーが使用できなくなる。

0006

この点、従来は、図4に示したように、一つの駆動モータ40の動力を縦切り細断部20に伝達する一方、縦切り細断部20と横切り細断部30とは歯車50等によって機械的に連結されいるため、縦切り細断部20のみが単独で動作する事態に陥りにくい。

0007

しかし、特許文献1の図2に示された構成では、二つの駆動モータを備え、それぞれを縦切り細断部20と横切り細断部30とに接続した構成が例示されており、この場合は、横切り細断部30に対応する駆動モータやその配線に不具合故障があったり、もう一方の駆動モータとの同期を図るための制御プログラム不備があれば、横切り細断部30が回転しないまま、縦切り細断部20が単独で回転することがあり得る。

0008

なお、特許文献1において、縦切り細断部20と横切り細断部30を別々の駆動モータで動作させるようにしたのは、縦切り細断部20が正回転と逆回転の何れにあっても、常に、横切り細断部30を正回転させることで、細断屑を確実に排出するためである。したがって、この技術では、横切り細断部30の回転が停止することや、その場合に、縦切り細断部20の回転を停止することは想定されておらず、縦切り細断部20の単独運転による上述した紙詰まりそのものを防止するものではなかった。

0009

本発明は、上述した課題に鑑みなされたもので、その目的とするところは、何らかの原因によって横切り細断部が回転不能に陥った場合に、紙詰まりすることがないシュレッダーを提供することである。

課題を解決するための手段

0010

上述した目的を達成するために本発明では、一対の多板ディスク状回転カッターが噛合して紙を縦方向に細断する縦切り細断部と、前記縦切り細断部から排出される縦切り屑を固定カッターとスパイラル状回転カッターとによってさらに横方向に細断する横切り細断部とを備えたシュレッダーであって、前記横切り細断部の前記スパイラル状回転カッターが回転してないことを検知する手段を備え、当該検知手段によって前記スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば前記縦切り細断部の細断を停止するという手段を用いた。

0011

この手段によれば、何らかの原因でスパイラル状回転カッターが回転していないことを検知したときには、縦切り細断部は細断を行わないため、縦切り細断部と横切り細断部の間で紙詰まりが発生しない。なお、縦切り細断部の細断を停止することには、細断途中の中断のみならず、当初から運転を開始しないことも含む。また、縦切り細断部を細断方向とは逆向きに回転(逆回転)させる動作も含むことであってもよい。

0012

具体的手段としては、多板ディスク状回転カッターを回転する縦切り細断用駆動モータと、スパイラル状回転カッターを回転する横切り細断用駆動モータとを別々に備え、前記スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知すれば前記縦切り細断用駆動モータの駆動を停止して縦切り細断部の細断を行わないようにすることが該当する。

0013

また、スパイラル状回転カッターが回転していないことを検知する手段は、スパイラル状回転カッターの回転軸に一体に設けたエンコーダディスクと、該エンコーダディスクに対応するエンコーダセンサの組み合わせによって構成することができる。

0014

さらに、エンコーダディスクはディスク外周に凹部と凸部とを周方向に沿って交互に複数組形成した歯車状とし、エンコーダセンサは光センサによって構成するという手段を用いる。光センサとしては、前記ディスク外周を挟み、前記凸部で光が遮断され、前記凹部で光が通過するように投光部と受光部とを配置した透過形フォトセンサ光電センサ)が典型的であるが、その他のフォトセンサであってもよい。光センサが透過形フォトセンサである場合は、投光部と受光部とが予め光軸を合わせた状態で一体化されている溝形あるいはコの字形といわれるものを採用することが好ましい。

0015

さらにまた、各細断部と各モータ連結態様は歯車であってよいが、多板ディスク状回転カッター及びスパイラル状回転カッターの回転軸と、それぞれの駆動モータの駆動軸にはスプロケットを設け、該スプロケットに対応したチェーンによって前記駆動モータそれぞれを前記多板ディスク状回転カッター及び前記スパイラル状回転カッターそれぞれと連結するという手段も採用し得る。

発明の効果

0016

本発明によれば、何らかの不具合により横切り細断部が機能しないときに、その回転(未回転)を検知して、上段にある縦切り細断部の動作を停止するため、不用意に縦切り細断部から縦切り屑が排出されることがなく、これによって紙詰まりが回避されると共に、速やかに不具合を点検修理することができる。

図面の簡単な説明

0017

本発明の一実施形態に係るシュレッダー主要部の平面視概略図
同、側面視概略図
同、検知部の概略図であって、(a)は側面視概略図、(b)は正面視概略図
従来のシュレッダー主要部の平面視概略図

実施例

0018

以下、本発明の好ましい実施の形態を添付した図面に従って説明する。図1は、本発明の一実施形態に係るシュレッダーの主要部を示したもので、1は縦切り細断部、2は横切り細断部、3は縦切り細断用駆動モータ、4は横切り細断用駆動モータ、5は検知部である。

0019

縦切り細断部1は、一対の多板ディスク状回転カッター1a・1bを、その刃が互いに噛合した状態で紙Pの送り出し方向に回転するように配列してなり、図2に示したように、当該噛合部を通過する紙Pを縦方向に細断してヌードル状の細長い縦切り屑Q1とする部分である。

0020

このような縦切り細断部1において、何れか一方の多板ディスク状回転カッター1aの回転軸1cと、縦切り細断用駆動モータ3の駆動軸3aとには、それぞれスプロケット6が設けられ、対応するチェーン7を架け渡すことで、モータ3の駆動力をチェーン7を介して多板ディスク状回転カッター1aに伝達して、これを回転可能としている。また、一対の多板ディスク状回転カッター1a・1bの回転軸1c・1dには歯車8が設けられ、これら歯車8が噛合することによって、これら多板ディスク状回転カッター1a・1bが同期して回転するようにしている。なお、多板ディスク状回転カッター1a・1bの回転方向は紙Pを細断する正回転の他、モータ3の回転方向を制御することによって、逆回転させることもできる。

0021

横切り細断部2は、複数の刃先を有するスパイラル状回転カッター2aと、図2に示すように、その回転軌道上に刃先を位置させた固定カッター2bとを備え、縦切り細断部1から排出される縦切り屑Q1を上記スパイラル状回転カッター2aと固定カッター2bとで、さらに横方向に細断(横切り)する部分である。

0022

このような横切り細断部2において、スパイラル状回転カッター2aの回転軸2cと、横切り細断用駆動モータ4の駆動軸4aとには、それぞれスプロケット9が設けられ、対応するチェーン10を架け渡すことで、モータ4の駆動力をチェーン10を介してスパイラル状回転カッター2aに伝達して、これを回転可能としている。このスパイラル状回転カッター2aの回転方向は、縦切り細断部1から排出される縦切り屑Q1を横切り細断する正回転に限られ、通常、逆回転させる必要はない。

0023

また、横切り細断部2には、スパイラル状回転カッター2aの回転の有無を検知する検知部5が設けられている。

0024

この検知部5は、スパイラル状回転カッター2aの回転軸2cに一体に設けたエンコーダディスク5aと、エンコーダセンサ5bとを組み合わせてなる。このうちエンコーダディスク5aは、図3に示したように、ディスク外周に凹部5cと凸部5dを周方向に沿って交互に複数組形成した歯車状である。一方、エンコーダセンサ5bは、エンコーダディスク5aを挟んで、投光部5eと受光部5fとを対向配置した透過形フォトセンサからなり、投光部5eと受光部5fの間に凹部5cが位置するときは光が通過し、凸部5dが位置するときは光が遮断される。

0025

したがって、この検知部5では、受光部5fに一定時間、光が間欠的に入力されればスパイラル状回転カッター2aが回転しているものと判定され、スパイラル状回転カッター2aが回転していること、即ち横切り細断部2が正常に動作中であることを検知することができる。逆に、一定時間以上、光が入力されないか、光が入力されっぱなしであれば、スパイラル状回転カッター2aは回転していないものと判定され、スパイラル状回転カッター2aが回転していないことを検知することができる。

0026

本実施形態に係るシュレッダーによれば、図示しない本体の電源投入すれば、検知部5が動作して、スパイラル状回転カッター2aの回転の有無について監視が開始される。そして、実際に、紙Pを細断すべく、図示しないスタートタンを押せば、通常であれば、縦切り細断用駆動モータ3と横切り細断用駆動モータ4が駆動して、多板ディスク状回転カッター1a・1bとスパイラル状回転カッター2aとが同時に回転して、縦切り細断と横切り細断が同時に行われる。

0027

このような通常運転に対して、スタートボタンを押したにもかかわらず、何らかの原因でスパイラル状回転カッター2aが回転していないことを検知部5が検知したならば、図示しない制御回路により縦切り細断用駆動モータ3への電力供給を停止するなどして多板ディスク状回転カッター1a・1bを回転させないようにして、縦切り細断に係る動作をキャンセルする。

0028

こうしたキャンセルは、細断スタート時に限らず、それまで通常運転にあったものが、その途中で、スパイラル状回転カッター2aの未回転を検知した場合にも同様に行う。

0029

したがって、多板ディスク状回転カッター1a・1bのみが回転する縦切り細断部1の単独運転によって、該縦切り細断部1から排出される縦切り屑Q1が横切り細断部2との間で詰まることを未然に防止することができる。よって、本実施形態のシュレッダーでは、横切り細断部2にモータ4の故障や配線の不具合等があって、正常に動作しない場合には、追い打ちをかけて紙詰まりが発生することを防止することができる。

0030

1縦切り細断部
1a・1b多板ディスク状回転カッター
1c・1d回転軸
2横切り細断部
2aスパイラル状回転カッター
2b固定カッター
2c 回転軸
3 縦切り細断用駆動モータ
3a駆動軸
4 横切り細断用駆動モータ
4a 駆動軸
5 検知部
5aエンコーダディスク
5bエンコーダセンサ(透過形フォトセンサ)
5c 凹部
5d 凸部
5e投光部
5f受光部
6・9スプロケット
7・10チェーン
8 歯車

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社白形傳四郎商店の「 茶の実油の製造方法並びにそれに用いる殻果状種子の殻取装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 茶の実から種子胚の取り出しを容易にする手法を開発すると共に、茶の実が含有する油成分を有効に搾り出すことのできる手法並びに装置の開発を技術課題とした。【解決手段】 原料準備工程1と、搾油準... 詳細

  • ナカバヤシ株式会社の「 シュレッダー」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】縦切り細断部と横切り細断部の軸間距離を拡大することなく、横切り細断部の回転速度を従来よりも増速する増速伝動機構を有して、細断屑をより細かくすることができるシュレッダーを提供する。【解決手段】縦... 詳細

  • 株式会社トーショーの「 錠剤粉砕機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】粉砕機構部への容器部の装着も刃状部材駆動の開始要件に含まれる錠剤粉砕機を本体部の送受光可否連携方式の利用にて簡便に実現する。【解決手段】錠剤5を収容した容器部20の開口部22を粉砕機構部30で... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ