図面 (/)

技術 基礎構造

出願人 株式会社竹中工務店
発明者 石山達士浅野三男水谷考治大西直宏
出願日 2015年10月1日 (5年7ヶ月経過) 出願番号 2015-195794
公開日 2017年4月6日 (4年1ヶ月経過) 公開番号 2017-066808
状態 特許登録済
技術分野 建築構造一般 基礎
主要キーワード 工事車両 単純梁 地下ピット 連続梁 曲げモーメント図 プレート材 土工事 ユーティリティー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年4月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

基礎大梁小梁架設する場合の施工性を向上させる。

解決手段

基礎大梁50の上に連続梁構造の鉄骨小梁70を架設した構造とすることで、基礎大梁50に架設する小梁が鉄筋コンクリート造の場合と比較し、配筋型枠の施工が不要となるので、施工性が向上する。また、鉄骨小梁70をゲルバー梁とすることで、鉄骨小梁70が単純梁構造の場合と比較し、支点が多いので変形量が少なく応力が小さくなるので、鉄骨小梁70の第二小梁90の梁成を低くすることができる。よって、鉄骨小梁70のコストが削減する。

概要

背景

特許文献1には、対向する基礎梁間に基礎小梁架設され、これら基礎梁および基礎小梁上に最下階(1階)の床スラブが支持されている基礎構造が開示されている。

概要

基礎大梁小梁を架設する場合の施工性を向上させる。基礎大梁50の上に連続梁構造の鉄骨小梁70を架設した構造とすることで、基礎大梁50に架設する小梁が鉄筋コンクリート造の場合と比較し、配筋型枠の施工が不要となるので、施工性が向上する。また、鉄骨小梁70をゲルバー梁とすることで、鉄骨小梁70が単純梁構造の場合と比較し、支点が多いので変形量が少なく応力が小さくなるので、鉄骨小梁70の第二小梁90の梁成を低くすることができる。よって、鉄骨小梁70のコストが削減する。

目的

本発明は上記事実を鑑み、基礎大梁に小梁を架設する場合の施工性を向上することが目的である

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

地盤上に設けられた基礎大梁と、前記基礎大梁の上に架設された連続梁構造の鉄骨小梁と、を備える基礎構造

請求項2

前記鉄骨小梁は、ゲルバー梁とされている、請求項1の基礎構造。

請求項3

前記基礎大梁は前記地盤上に並列に設けられ、前記鉄骨小梁は、両端部を構成し前記基礎大梁に接合された第一小梁と、前記第一小梁の間を構成する一又は複数の第二小梁と、を有している、請求項1又は請求項2に記載の基礎構造。

技術分野

0001

本発明は、基礎構造に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、対向する基礎梁間に基礎小梁架設され、これら基礎梁および基礎小梁上に最下階(1階)の床スラブが支持されている基礎構造が開示されている。

先行技術

0003

特開2006−104740号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1の基礎構造は、地盤に支持された基礎小梁が基礎梁間に並列配置された構造であり、基礎梁の上に小梁が架設された構造は開示されていない。

0005

ここで、基礎大梁の上に鉄筋コンクリート造の小梁を架設した基礎構造は、コンクリート造の小梁の配筋型枠施工が必要であり、施工性の向上の観点から改善の余地があった。

0006

本発明は上記事実を鑑み、基礎大梁に小梁を架設する場合の施工性を向上することが目的である。

課題を解決するための手段

0007

請求項1の基礎構造は、地盤上に設けられた基礎大梁と、前記基礎大梁の上に架設された連続梁構造の鉄骨小梁と、を備えている。

0008

請求項1に記載の発明では、基礎大梁の上に連続梁構造の鉄骨小梁を架設した構造とすることで、基礎大梁に架設する小梁が鉄筋コンクリート造の場合と比較し、配筋や型枠の施工が不要となるので、施工性が向上する。

0009

また、鉄骨小梁を連続梁構造とすることで、鉄骨小梁が単純梁構造の場合と比較し、梁中央部の応力を小さくできるので、鉄骨小梁の梁成を低くすることができる。よって、鉄骨小梁のコストが削減する。

0010

請求項2の基礎構造は、前記鉄骨小梁は、ゲルバー梁とされている。

0011

請求項2に記載の発明では、鉄骨小梁をゲルバー梁とすることで、曲げモーメントが伝達されないので、中央部の梁成を低くでき、この結果、鉄骨小梁のコストが削減する。

0012

請求項3の基礎構造は、前記基礎大梁は前記地盤上に並列に設けられ、前記鉄骨小梁は、両端部を構成し前記基礎大梁に接合された第一小梁と、前記第一小梁の間を構成する一又は複数の第二小梁と、を有している。

0013

請求項3に記載の発明では、基礎大梁を並列に設けて鉄骨小梁の第一小梁を接合し、第二小梁を設ける前の状態の基礎大梁間を、例えば工事車両が移動できるので、施工性がよい。

発明の効果

0014

本発明によれば、基礎大梁に小梁を架設する場合の施工性を向上することができる。

図面の簡単な説明

0015

(A)は本発明の基礎構造が適用された建物最下層部のX方向に沿った縦断面図であり、(B)は曲げモーメント図である。
図1(A)の鉄骨小梁の第二小梁を接合する前の状態の縦断面図である。
下層部の一部の鉄骨小梁に第二小梁を接合する前の状態の平面図である。
本発明の基礎構造が適用された建物の最下層部のスラブ打設する前の平面図である。

実施例

0016

図1図4を用いて、本発明の一実施形態の基礎構造について説明する。なお、各図中の矢印Zは鉛直方向を示し、矢印Xは後述する小梁の梁方向を示し、矢印Yに後述する大梁の梁方向を示す。なお、X方向とY方向とは互いに直交している。

0017

<構造>
先ず、一実施形態の基礎構造10が適用された建物15の最下層部16の構造について説明する。

0018

図1(A)及び図4に示すように、本実施形態の基礎構造10が適用された建物15の最下層部16には、基礎大梁50と鉄骨小梁70とが設けられている。

0019

基礎大梁50は、本実施形態では、鉄筋コンクリート造とされ、図1(A)に示すように、地盤12上にY方向に沿って設けられている。なお、基礎大梁50内部には、図示されていないY方向に沿って配筋された梁主筋と、梁主筋の周りに配筋されたせん断補強筋とが埋設されている。また、図4に示すように、基礎大梁50は、X方向に間隔をあけて並列に設けられている。

0020

図1(A)に示すように、基礎大梁50の上端部52に、X方向に沿った鉄骨小梁70が載せ掛けられて接合されている。なお、基礎大梁50に埋設されたアンカー54を介して鉄骨小梁70が接合されている。また、図4に示すように、鉄骨小梁70は、Y方向に間隔をあけて並列に設けられている。

0021

図1(A)に示すように、鉄骨小梁70は、両端部を構成し基礎大梁50に接合された第一小梁80と、第一小梁80と第一小梁80との間に設けられた第二小梁90と、で構成された連続梁とされている。更に、本実施形態の連続梁構造の鉄骨小梁70は、第一小梁80と第二小梁90との接合部位が、計算上、曲げ応力が作用しない部位(図1(B)のG点)とされ、プレート材72を介してボルト接合ピン接合)したゲルバー梁である。また、鉄骨小梁70を構成する第二小梁90の梁成は、第一小梁80の梁成よりも低い。そして、この鉄骨小梁70の上にスラブ20が設けられている。

0022

なお、図1(A)に示すように、本実施形態では、基礎大梁50は、地盤12上に打設された施工地盤14の上に設けられている。また、本実施形態では、造成工事の施工地盤14(すきとり底)に基礎大梁底を合わせ、床下を地下ピットとすることで埋戻し土をなくし、土工事コストの削減及び工期短縮を図っている。また、地下ピットは、設備ユーティリティールートやクールピットに有効利用される。

0023

施工方法
次に、本実施形態の施工方法の一例について説明する。

0024

図2に示すように、基礎大梁50を地盤12上に並列に設置し、基礎大梁50の上端部52に、まず鉄骨小梁70の第一小梁80を接合する。図3に示すように、一部の鉄骨小梁70には第二小梁90を接合し、一部の鉄骨小梁70には第二小梁90を接合せずに後施工とする。

0025

そして、鉄骨小梁70の第二小梁90を接合していない基礎大梁50と基礎大梁50との間を工事車両100が移動する。

0026

<作用及び効果>
次に、本実施形態の作用及び効果について説明する。

0027

基礎大梁50の上に連続梁構造の鉄骨小梁70を架設した構造とすることで、基礎大梁50に架設する小梁が鉄筋コンクリート造の場合と比較し、配筋や型枠の施工が不要となるので、施工性が向上する。

0028

また、鉄骨小梁70を連続梁構造とすることで、単純梁構造の場合と比較し、梁中央部の応力を小さくできる。また、鉄骨小梁70の第二小梁90は支点間が短い。したがって、鉄骨小梁70の第二小梁90の梁成を低くすることができる。よって、鉄骨小梁70のコストが削減する。

0029

更に、鉄骨小梁70をゲルバー梁とすることで、曲げモーメントが伝達されないので、第二小梁90の梁成を更に低くでき、この結果、鉄骨小梁70のコストが更に削減する。

0030

また、基礎大梁50を並列に設けて鉄骨小梁70の第一小梁80を接合し、第二小梁90を設ける前の状態の基礎大梁50と基礎大梁50との間を、工事車両100が移動できるので、施工性がよい。

0031

<その他>
尚、本発明は上記実施形態に限定されない。

0032

例えば、上記実施形態では、鉄骨小梁70は、両端部を構成し基礎大梁50に接合された第一小梁80と、第一小梁80と第一小梁80との間に設けられた第二小梁90と、で構成された連続梁構造とされているが、これに限定されない。第二小梁90は複数であってもよいし、また、ゲルバー梁でなくてもよい。つまり、鉄骨小梁70は連続梁構造であればよい。

0033

また、例えば、上記実施形態では、基礎大梁50は、鉄筋コンクリート造とされていたが、これに限定されない。基礎大梁50は、鉄骨鉄筋コンクリート造であってもよいし、鉄骨造であってもよい、

0034

また、例えば、上記実施形態では、基礎大梁50は並列配置されているが、これに限定されない。基礎大梁50は格子状に配置されていてもよい。また、建物15の最下層部16の一部(例えば、工事車両100の動線となる)領域のみ、基礎大梁50が並列配置されていてもよい。

0035

更に、本発明の要旨を逸脱しない範囲において種々なる態様で実施し得ることは言うまでもない

0036

12地盤
50基礎大梁
70鉄骨小梁
80 第一小梁
90 第二小梁

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 黒沢建設株式会社の「 3軸圧縮柱梁接合部のプレストレス導入法」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】柱梁接合部において、XYZ軸3軸の圧縮状態を適切な割合とするプレストレス導入法を提供する。【解決手段】柱梁接合部において、平面2方向(X、Y軸)のPC梁と、鉛直方向(Z軸)のPC柱に配置された... 詳細

  • 株式会社エーバイシーの「 ファインバブル水置換工法」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】地盤改良工事において、効率よく地中にファインバブル水を注入する。【解決手段】井戸管1内を減圧しながら地下水流入孔1aから井戸管1内に流入する地下水Wを揚水ポンプ3で揚水する揚水工程と、井戸管1... 詳細

  • 長瀬 健一の「 鉄骨軸組構造建造物」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】プレハブ型の建築物の骨格用の部品の、工場生産性を高め、部品工場から施工場所までの輸送経費を節減し、しかも施工現場における建設工数を大幅に削減し、建築物の骨格の耐久強度を高めることができる新たな... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ