図面 (/)

技術 剥離性シリコーン樹脂組成物及びこれを塗布した剥離フィルム

出願人 アイカ工業株式会社
発明者 伊藤大輔
出願日 2015年9月28日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-190057
公開日 2017年4月6日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2017-066194
状態 特許登録済
技術分野 他類に属さない組成物 高分子組成物 高分子成形体の被覆
主要キーワード 自己接着性シリコーンゴム シリコーン系感圧接着剤 タッキファイア 珪素原子結合 アルキンアルコール ppm超 付加反応抑制剤 粘弾性的
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年4月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

易接着処理フィルム易接着層と良好な接着性を有する剥離性シリコーン樹脂組成物を提供すると共に、該剥離性シリコーン樹脂組成物にて形成されたシリコーン層を有する剥離フィルムガラスに対して良好な剥離強度を有する剥離性シリコーン樹脂組成物及びこれを塗布した剥離フィルムを提供する。

解決手段

末端ビニル基を有し重量平均分子量が30〜100万ポリオルガノシロキサン(A)と、両末端にビニル基を有し重量平均分子量が1〜10万のポリオルガノシロキサン(B)と、一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなる特定のシリコーンレジン(C)と、粘度が10〜100cSt/25℃で側鎖にある珪素原子直接結合した水素原子を有するポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)と、硬化触媒(E)と、から成ることを特徴とする剥離性シリコーン樹脂組成物及びこれを塗布した剥離フィルムである。

概要

背景

従来、付加反応により硬化して、粘着性、および剥離性基材に対する剥離抵抗が良好であり、この剥離抵抗の経時的な変化が少ないシリコーン系感圧接着剤として、(A)(a)一分子中に平均して1個以上のケイ素原子結合アルケニル基を有する生ゴム状ジオルガノポリシロキサンと(b)R13SiO1/2単位(式中、R1は置換もしくは非置換の一価炭化水素基である。)とSiO4/2単位から本質的に成り、SiO4/2単位に対するR13SiO1/2単位のモル比が0.5〜1.0であるオルガノポリシロキサンレジンの混合物もしくは部分縮合物100重量部、(B)アルケニル基含有化合物白金錯体{(A)成分に対する本成分中の白金金属重量単位で0.1〜1000ppmとなる量}、(C)アルケニル基および/またはアルキニル基を有する付加反応抑制剤有効量、および(D)一分子中に平均して2個以上のケイ素原子結合水素原子を有するオルガノポリシロキサン{(A)成分中のアルケニル基、(B)成分中のアルケニル基、および(C)成分中のアルケニル基および/またはアルキニル基の合計に対する本成分中のケイ素原子結合水素原子のモル比が0.80〜3.0となる量}からなるシリコーン系感圧接着剤が提案されている(特許文献1)。

また、基材プライマー等を使用せずに接着することができ、表面に安定で永続的な粘着性を有するシリコーンゴムコーティング剤組成物として、(A)ケイ素原子に結合したアルケニル基を1分子中に平均2個以上有するオルガノポリシロキサン:100質量部、(B)下記平均単位式(1):(R13SiO1/2)x(SiO4/2)1.0(1)(式中、R1は独立に、置換または非置換の一価炭化水素基であり、xは0.5〜1.3の数である。)で表されるオルガノポリシロキサンレジン:1〜50質量部、(C)ケイ素原子に結合した水素原子を1分子中に少なくとも2個有するオルガノハイドロジェンポリシロキサン:(A)成分および(B)成分中のアルケニル基の合計1モルに対して本成分中のケイ素原子に結合した水素原子が0.5〜7モルとなる量、(D)付加反応触媒:有効量、ならびに(E)接着性付与剤:0.1〜10質量部を含有する自己接着性シリコーンゴムコーティング剤組成物が提案されている(特許文献2)。

概要

易接着処理フィルム易接着層と良好な接着性を有する剥離性シリコーン樹脂組成物を提供すると共に、該剥離性シリコーン樹脂組成物にて形成されたシリコーン層を有する剥離フィルムガラスに対して良好な剥離強度を有する剥離性シリコーン樹脂組成物及びこれを塗布した剥離フィルムを提供する。両末端ビニル基を有し重量平均分子量が30〜100万ポリオルガノシロキサン(A)と、両末端にビニル基を有し重量平均分子量が1〜10万のポリオルガノシロキサン(B)と、一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなる特定のシリコーンレジン(C)と、粘度が10〜100cSt/25℃で側鎖にある珪素原子直接結合した水素原子を有するポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)と、硬化触媒(E)と、から成ることを特徴とする剥離性シリコーン樹脂組成物及びこれを塗布した剥離フィルムである。なし

目的

本発明が解決しようとする課題は、易接着処理フィルムに形成されている該易接着層の水酸基価が3〜45mgKOH/gの場合に該易接着層と良好な接着性を有する剥離性シリコーン樹脂組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ベースフィルムの少なくとも片面に水酸基価が3〜45mgKOH/gのポリエステル系樹脂が塗布されて易接着層が形成された易接着処理フィルムの該易接着層に塗布する剥離性シリコーン樹脂組成物であって、両末端ビニル基を有し重量平均分子量が30〜100万であり直鎖状又は分岐状のポリオルガノシロキサン(A)と、両末端にビニル基を有し重量平均分子量が1〜10万であり直鎖状又は分岐状のポリオルガノシロキサン(B)と、一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなり、SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.7:1.0〜0.8:1.0からなるシリコーンレジン(C)と、粘度が10〜100cSt/25℃で側鎖にある珪素原子直接結合した水素原子を有するポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)と、付加反応に必要な硬化触媒(E)と、から成ることを特徴とする剥離性シリコーン樹脂組成物。

請求項2

シリコーンレジン(C)は、ポリオルガノシロキサン(A)とポリオルガノシロキサン(B)との合計配合部数100重量部に対して30〜100重量部から成ることを特徴とする請求項1記載の剥離性シリコーン樹脂組成物。

請求項3

ベースフィルムの少なくとも片面に水酸基価が3〜45mgKOH/gのポリエステル系樹脂を塗布して易接着層を形成し、該易接着層の上に請求項1又は請求項2に記載の剥離性シリコーン樹脂組成物を塗布してシリコーン層を形成したことを特徴とする剥離フィルム

技術分野

0001

本発明は、易接着処理フィルムに対して良好な接着性を有する剥離性シリコーン樹脂組成物に関し、詳しくは、該組成物を易接着処理フィルムの易接着層に塗布してシリコーン層を形成した剥離フィルムの該シリコーン層側を、ガラス粘着させ剥離フィルムごと剥離させた際に、良好な剥離強度を有する剥離性シリコーン樹脂組成物及びこれを塗布した剥離フィルムに関する。

背景技術

0002

従来、付加反応により硬化して、粘着性、および剥離性基材に対する剥離抵抗が良好であり、この剥離抵抗の経時的な変化が少ないシリコーン系感圧接着剤として、(A)(a)一分子中に平均して1個以上のケイ素原子結合アルケニル基を有する生ゴム状ジオルガノポリシロキサンと(b)R13SiO1/2単位(式中、R1は置換もしくは非置換の一価炭化水素基である。)とSiO4/2単位から本質的に成り、SiO4/2単位に対するR13SiO1/2単位のモル比が0.5〜1.0であるオルガノポリシロキサンレジンの混合物もしくは部分縮合物100重量部、(B)アルケニル基含有化合物白金錯体{(A)成分に対する本成分中の白金金属重量単位で0.1〜1000ppmとなる量}、(C)アルケニル基および/またはアルキニル基を有する付加反応抑制剤有効量、および(D)一分子中に平均して2個以上のケイ素原子結合水素原子を有するオルガノポリシロキサン{(A)成分中のアルケニル基、(B)成分中のアルケニル基、および(C)成分中のアルケニル基および/またはアルキニル基の合計に対する本成分中のケイ素原子結合水素原子のモル比が0.80〜3.0となる量}からなるシリコーン系感圧接着剤が提案されている(特許文献1)。

0003

また、基材プライマー等を使用せずに接着することができ、表面に安定で永続的な粘着性を有するシリコーンゴムコーティング剤組成物として、(A)ケイ素原子に結合したアルケニル基を1分子中に平均2個以上有するオルガノポリシロキサン:100質量部、(B)下記平均単位式(1):(R13SiO1/2)x(SiO4/2)1.0(1)(式中、R1は独立に、置換または非置換の一価炭化水素基であり、xは0.5〜1.3の数である。)で表されるオルガノポリシロキサンレジン:1〜50質量部、(C)ケイ素原子に結合した水素原子を1分子中に少なくとも2個有するオルガノハイドロジェンポリシロキサン:(A)成分および(B)成分中のアルケニル基の合計1モルに対して本成分中のケイ素原子に結合した水素原子が0.5〜7モルとなる量、(D)付加反応触媒:有効量、ならびに(E)接着性付与剤:0.1〜10質量部を含有する自己接着性シリコーンゴムコーティング剤組成物が提案されている(特許文献2)。

0004

特開平11−110156号公報
特開2007−191637号公報

先行技術

0005

しかしながら、これらのシリコーン系感圧接着剤又は自己接着性シリコーンゴムコーティング剤組成物は、いわゆる一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位から成るMQレジンの該M単位のQ単位に対するモル比が適正でない場合は、ガラスに対する粘着性が適正でなく、また易接着処理フィルムの易接着層との接着性が不良となる場合があるという課題がある。

発明が解決しようとする課題

0006

本発明が解決しようとする課題は、易接着処理フィルムに形成されている該易接着層の水酸基価が3〜45mgKOH/gの場合に該易接着層と良好な接着性を有する剥離性シリコーン樹脂組成物を提供すると共に、該易接着層上に本発明である剥離性シリコーン樹脂組成物を塗布して形成したシリコーン層を有する剥離フィルムの該シリコーン層側を、ガラスに粘着させて剥離フィルムごとガラスより剥離させた際、良好な剥離強度を有する剥離性シリコーン樹脂組成物及びこれを塗布した剥離フィルムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決するため、請求項1記載の発明は、ベースフィルムの少なくとも片面に水酸基価が3〜45mgKOH/gのポリエステル系樹脂が塗布されて易接着層が形成された易接着処理フィルムの該易接着層に塗布する剥離性シリコーン樹脂組成物であって、
末端ビニル基を有し重量平均分子量が30〜100万であり直鎖状又は分岐状のポリオルガノシロキサン(A)と、
両末端にビニル基を有し重量平均分子量が1〜10万であり直鎖状又は分岐状のポリオルガノシロキサン(B)と、
一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなり、SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.7:1.0〜0.8:1.0からなるシリコーンレジン(C)と、
粘度が10〜100cSt/25℃で側鎖にある珪素原子直接結合した水素原子を有するポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)と、
付加反応に必要な硬化触媒(E)と、、
から成ることを特徴とする剥離性シリコーン樹脂組成物を提供する。

0008

また、請求項2記載の発明は、シリコーンレジン(C)は、ポリオルガノシロキサン(A)とポリオルガノシロキサン(B)との合計配合部数100重量部に対して30〜100重量部から成ることを特徴とする請求項1記載の剥離性シリコーン樹脂組成物を提供する。

0009

また、請求項3記載の発明は、ベースフィルムの少なくとも片面に水酸基価が3〜45mgKOH/gのポリエステル系樹脂を塗布して易接着層を形成し、該易接着層の上に請求項1又は請求項2に記載の剥離性シリコーン樹脂組成物を塗布してシリコーン層を形成したことを特徴とする剥離フィルムを提供する。

発明の効果

0010

本発明の剥離性シリコーン樹脂組成物は、易接着処理フィルムの少なくとも片面に設けられている易接着層が、水酸基価が3〜45mgのポリエステル系樹脂で形成されていても、良好な接着性を有するという効果がある。また、本発明の剥離性シリコーン樹脂組成物によって易接着処理フィルムにシリコーン層を形成した剥離フィルムの該シリコーン層側を、ガラスに粘着させて剥離フィルムをガラスより剥離させた際、良好な剥離強度を有するという効果がある。

0011

また、特に請求項3記載の剥離フィルムは、シリコーン層が上記剥離性シリコーン樹脂組成物で形成されているため、同様に、該シリコーン層側を、ガラスに粘着させて剥離フィルムをガラスより剥離させた際、良好な剥離強度を有するという効果がある。

0012

以下、本発明に係る剥離性シリコーン樹脂組成物について具体的に説明する。

0013

[ポリオルガノシロキサン(A)]
本発明に使用されるポリオルガノシロキサン(A)は、両末端にビニル基を有し重量平均分子量が30〜100万であり直鎖状又は分岐状のポリオルガノシロキサンであり、以下に示すポリオルガノシロキサン(B)と併せて使用される。特にはポリオルガノシロキサン(A)は分子量が大きいため易接着処理フィルムに形成されている易接着層に対して粘弾性的な接着性を発現させるために使用される。また、ポリオルガノシロキサン(A)は以下に示すオルガノハイドロジェンシロキサン(D)と硬化触媒(E)によって付加反応で硬化し、ビニル基以外の珪素原子に結合する有機基は異種でも同種でも良い。具体的には、メチル基エチル基フェニル基などが例示され、具体例としては両末端ビニル基ポリジメチルシロキサンを挙げることが出来る。該ポリオルガノシロキサンの重量平均分子量はGPCによる測定で30〜100万が好ましく、30万未満では組成物の粘度が低くなりすぎ、100万超では組成物の粘度が高くなり塗工性が不十分と成る。組成物全体100重量部に対するポリオルガノシロキサン(A)の配合量は45〜65重量部が好ましく、45重量部未満では易接着処理フィルムの易接着層に対する接着性が不十分となり、65重量部超では粘度が高くなり塗工性が不十分となることがある。

0014

[ポリオルガノシロキサン(B)]
本発明に使用されるポリオルガノシロキサン(B)は、両末端にビニル基を有し重量平均分子量が1〜10万であり直鎖状又は分岐状のポリオルガノシロキサンであり、上記ポリオルガノシロキサン(A)と併せて使用される。特にはポリオルガノシロキサン(A)は分子量が小さいため易接着処理フィルムに形成されている易接着層に対して粘着性を発現させるために使用される。また、ポリオルガノシロキサン(B)は、ポリオルガノシロキサン(A)と同様に、以下に示すオルガノハイドロジェンシロキサン(D)と硬化触媒(E)によって付加反応で硬化し、ビニル基以外の珪素原子に結合する有機基は異種でも同種でも良い。具体的には、メチル基、エチル基、フェニル基などが例示され、具体例としては両末端ビニル基のポリジメチルシロキサンを挙げることが出来る。該ポリオルガノシロキサンの重量平均分子量はGPCによる測定で1〜10万が好ましく、1万未満では架橋密度が高くなりガラス等の基材への密着性が不十分となり、10万超では組成物の粘度が高くなり塗工性が不十分と成る。組成物全体100重量部に対するポリオルガノシロキサン(B)の配合量は5〜16重量部が好ましく、5重量部未満では粘度が高くなり塗工性が不十分となり、16重量部超では易接着処理フィルムの易接着層に対する接着性が不十分となることがある。

0015

[シリコーンレジン(C)]
本発明に使用されるシリコーンレジン(C)は、OH基含有量が1重量%未満で一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなり、SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.7:1.0〜0.8:1.0からなるシリコーンレジンであり、本発明である剥離性シリコーン樹脂組成物のガラスに対する粘着性を得るためのタッキファイアーとして使用される。一般式SiO1/2に結合するオルガノ基であるR13のR1は、置換もしくは非置換の一価炭化水素基であり、例えば、メチル基、エチル基、プロピル基ブチル基、ペンチル基ヘプチル基等のアルキル基;ビニル基、アリル基ブテニル基ペンテニル基等のアルケニル基;フェニル基、トリル基キシリル基等のアリール基ベンジル基フェネチル基等のアラルキル基クロロメチル基、3−クロロプロピル基、3,3,3−トリフロロプロピル基等のハロゲン化アルキル基等の一価炭化水素基が挙げられ、特に、メチル基、ビニル基、フェニル基であることが好ましい。OH基含有量が1重量%超となると組成物の硬化性が低下する。SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.7:1.0未満ではガラスに対する粘着性が不十分となり、0.8:1.0超ではベースフィルムに対する接着性が低下することがある。シリコーンレジン(C)の配合量は、ポリオルガノシロキサン(A)とポリオルガノシロキサン(B)の合計部数100重量部に対して30〜100重量部であり、30重量部未満では剥離強度が不十分となり、100重量部超では再剥離性が低下する。

0016

[ポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)]
本発明に使用されるポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)は、粘度が10〜100cSt/25℃で側鎖にある珪素原子に直接結合した水素原子を有するポリオルガノハイドロジェンシロキサンであり、上記ポリオルガノシロキサン(A)及びポリオルガノシロキサン(B)と硬化触媒(E)によって付加反応により架橋して硬化する。水素原子が直接結合している珪素原子は、粘着性を発現させるため側鎖にあることが好ましく、主鎖にある珪素原子に水素原子が結合していると硬化性が低下する。また粘度は10〜100cSt/25℃であることが好ましく、10cSt/25℃未満では架橋密度が低くなり硬化性が悪くなり、100cSt/25℃超では架橋密度が高くなり基材への密着性が低下する。ポリオルガノシロキサン(A)及びポリオルガノシロキサン(B)の全アルケニル基に対するポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)の珪素原子結合水素基のモル比は1.0〜10.0であることが好ましく、該モル比が1.0未満及び10.0超では、硬化物として良好なシリコーン層を形成することが出来ない。

0017

[硬化触媒(E)]
本発明に使用される硬化触媒(E)は、上記ポリオルガノシロキサン(A)及びポリオルガノシロキサン(B)とポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)との付加反応を起こさせるために使用され、付加反応であるヒドロシリル化反応触媒活性を有する公知の金属、金属化合物金属錯体などを用いることができる。特に白金白金化合物、それらの錯体を用いることが好ましい。これらの触媒は単独で使用してもよく、2種以上を併用してもよい。また、助触媒を併用してもよい。付加反応触媒(C)の配合量は組成物全体に対して1ppm〜50ppmとすることが好ましく、より好ましくは5〜20ppmである。1ppm未満では硬化性が低下し、50ppm超では硬化物の透明性が低下する要因となる。

0018

本組成物には、その他任意の成分として、3−メチル−1−ブチン−3−オール、3,5−ジメチル1−ヘキシン−3−オール、エチニルシクロヘキサノール等のアルキンアルコール;3−メチル−3−ペンテン−1−イン、3,5−ジメチル−3−ヘキセン−1−イン等のエンイン化合物;1,3,5,7−テトラメチル−1,3,5,7−テトラビニルシクロテトラシロキサン、1,3,5,7−テトラメチル−1,3,5,7−テトラヘキセニルシクロテトラシロキサン、1,3ジビニルテトラメチルジシロキサンベンゾトリアゾール等の反応抑制剤を含有してもよい。この反応抑制剤は付加反応による硬化性を抑制しない程度の含有量としてポリオルガノシロキサン(A)とポリオルガノシロキサン(B)とシリコーンレジン(C)とポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)との合計配合物数100重量部に対して0.0001〜1重量部の範囲内であることが好ましい。

0019

また本組成物には発明の目的を損なわない程度に、その他任意成分として粘度調整、硬さ調整のために炭酸カルシウム硅砂タルクカーボンブラック酸化チタン酸化亜鉛カオリン二酸化ケイ素メラミン等の無機充填材を含有してもよく、有機充填材硬化樹脂補強のためにガラス繊維等の補強材、軽量化及び粘度調整などのためにシラスバルーンガラスバルーン等の中空体を添加できる。その他、酸化防止剤有機顔料蛍光顔料腐食防止剤、酸化防止剤などを適宜使用することができる。

0020

本発明の請求項3に記載の剥離フィルムは、ポリエステルフィルム等のベースフィルムの少なくとも片面に水酸基価が3〜45mgKOH/gのポリエステル系樹脂を塗布して易接着層を形成して易接着処理フィルムとした後、該易接着層の上に、上記請求項1又は請求項2に記載の剥離性シリコーン樹脂組成物を塗布してシリコーン層を形成した剥離フィルムである。易接着層の厚みは0.05〜5.0μmの範囲が好ましく、0.05μm未満であると、易接着効果が十分に得られず、5.0μm超えると易接着層自身のベースフィルムに対する接着性が低下する。易接着層塗工液、シリコーン層塗工液の塗工方法としては、3本オフセットグラビアコーターや5本ロールコーターに代表される多段ロールコーター、ダイレクトグラビアコーターバーコーターエアナイフコーター等が適宜使用される。易接着層のポリエステル系樹脂の水酸基価が3mgKOH/g未満では、本組成物との接着性が不十分となり、45mgKOH/g超では本組成物の硬化が不良となる。水酸基価は易接着層の極性指標となり、水酸基が高いほど極性は高くなり、本組成物と易接着層との接着性は高くなる。

0021

シリコーン層を形成後は、該シリコーン層の表面の汚れ異物付着を防止すると共に、剥離フィルムのハンドリング性を向上させるためにさらに樹脂フィルムやコート紙等のセパレータをシリコーン層面に貼り合わせるとよい。

0022

次に、本発明である剥離性シリコーン樹脂組成物について、実施例及び比較例により詳細に説明する。

0023

[実施例1、実施例2及び比較例1乃至比較例7]
ポリオルガノシロキサン(A)として、重量平均分子量が30〜100万の両末端にビニル基を有する直鎖状のポリジメチルシロキサンを、ポリオルガノシロキサン(B)として重量平均分子量が1〜10万である直鎖状のポリジメチルシロキサンを、シリコーンレジン(C)として、OH基含有量が1重量%未満で一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなり、SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.75:1.0からなるMQレジンを、その他のシリコーンレジン(M)として、OH基含有量が3%以下で一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなり、SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.65:1.0からなるMQレジンを、同シリコーンレジン(N)として、OH基含有量が0.3%以下で一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなり、SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.67:1.0からなるMQレジンを、シリコーンレジン(P)として、一般式SiO1/2単位とSiO4/2単位からなり、SiO1/2単位とSiO4/2単位のモル比が0.65:1.0からなるMQレジンを、ポリオルガノハイドロジェンシロキサン(D)として粘度が10〜100cSt/25℃で側鎖にある珪素原子に直接結合した水素原子を有するポリオルガノハイドロジェンシロキサンを、硬化触媒(E)として白金—ビニルダイマー錯体(Pt:0.2%wt)を、溶剤としてトルエンを、反応抑制剤としてエチニルシクロヘキサノールをそれぞれ使用し、表1に示す配合にて十分に混合して均一な溶液を得て、実施例1、実施例2及び比較例1乃至比較例7の剥離性シリコーン樹脂組成物の塗工液とした。次に該塗工液を、水酸基価5mgKOH/gのポリエステル樹脂が片面に塗布され硬化した易接着層を有する厚さ75μmのポリエステル製の易接着処理フィルムの該易接着層上に、乾燥後の厚みが20μmと成るように塗布し130℃にて90秒間硬化させることによりシリコーン層を形成し、実施例1、実施例2及び比較例1乃至比較例7の剥離性シリコーン樹脂組成物が塗布された剥離フィルムを得た。

0024

0025

評価項目及び評価方法

0026

[易接着層との接着性]
実施例1、実施例2及び比較例1乃至比較例7の各剥離フィルムのシリコーン層を指先ラビングする。この際に易接着層よりシリコーン層が剥離するものを×と評価し、剥離しないものを○と評価した。

0027

[粘着性]
実施例1、実施例2及び比較例1乃至比較例7の各剥離フィルムを2.5cm×15cmの短冊状に成形し、該剥離フィルムのシリコーン層を5cm×20cm(厚み0.25cm)のソーダガラス表面に密着させ、JISZ0237に規定する2kgのハンドローラーにて剥離フィルム上を1往復し、該シリコーン層を圧着させる。圧着後、23℃下において、JISZ0237に準拠して180度剥離強度(mN/25mm)を測定する。剥離強度が75mN/25mm以上700mN/25mm以下を○と評価し、これ以外を×と評価した。

0028

[評価結果]
評価結果を表2に示す。

実施例

0029

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ