図面 (/)

技術

出願人 小田健太郎
発明者 小田健太郎
出願日 2015年9月23日 (4年1ヶ月経過) 出願番号 2015-201521
公開日 2017年3月30日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2017-060720
状態 特許登録済
技術分野 財布、旅行用鞄またはバスケット、スーツケース
主要キーワード 非弾性体 丈夫さ 被収納物 置き場所 フライト ヒンジ 開閉動作 使用者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

箱状の構造を持ち、直立した状態で上壁から前壁上部にわたって開口し、手で拡げたり抑えたりすることなく開口形状が維持され、把手を持ち替えることなく開閉できる鞄を提供すること。

解決手段

箱状の鞄において、直立時の重心直上に把手が位置し、把手基部が後壁または側壁に連結されており、上壁全体および前壁上部が前壁下部に寄り添う位置へ移動することにより開口を成し、その移動が把手を把持する手によって妨げられないようにすること。

概要

背景

鞄に望まれる機能として、被収納物を変形や破損から保護する丈夫さを有し、置き場所占有面積が少なく、被収納物の出し入れが容易であることが挙げられる。これらを満たすためには、箱状の構造を持ち、直立した状態で上壁から前壁上部にわたって開口し、手で拡げたり抑えたりすることなく開口形状が維持されることが望ましい。これに該当するものとして、フライトケースと呼ばれるものがある。

鞄に望まれる別の機能として、歩行している時や立ち止まっている時、素早く安定的な姿勢で、被収納物を容易に出し入れできることも挙げられる。これを満たすためには、把手を持ち替えることなく開閉できることが望ましい。しかし、フライトケースはこの条件を満たしていない。

概要

箱状の構造を持ち、直立した状態で上壁から前壁上部にわたって開口し、手で拡げたり抑えたりすることなく開口形状が維持され、把手を持ち替えることなく開閉できる鞄を提供すること。 箱状の鞄において、直立時の重心直上に把手が位置し、把手基部が後壁または側壁に連結されており、上壁全体および前壁上部が前壁下部に寄り添う位置へ移動することにより開口を成し、その移動が把手を把持する手によって妨げられないようにすること。

目的

本発明が解決しようとする課題は、箱状の構造を持ち、直立した状態で上壁から前壁上部にわたって開口し、手で拡げたり抑えたりすることなく開口形状が維持され、把手を持ち替えることなく開閉できる鞄を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

箱状の鞄において、直立時の重心直上に把手が位置し、把手基部が後壁または側壁に連結されており、上壁全体および前壁上部が前壁下部に寄り添う位置へ移動することにより開口を成し、その移動が把手を把持する手によって妨げられないことを特徴とするもの。

請求項2

上壁が移動する軌跡を定める部品を有する「請求項1」に記載の鞄。

請求項3

開口をより大きくする位置へ把手が移動可能である「請求項1」または「請求項2」に記載の鞄。

技術分野

0001

本発明は、把手を持ち替えることなく開閉できる鞄に関する。

背景技術

0002

鞄に望まれる機能として、被収納物を変形や破損から保護する丈夫さを有し、置き場所占有面積が少なく、被収納物の出し入れが容易であることが挙げられる。これらを満たすためには、箱状の構造を持ち、直立した状態で上壁から前壁上部にわたって開口し、手で拡げたり抑えたりすることなく開口形状が維持されることが望ましい。これに該当するものとして、フライトケースと呼ばれるものがある。

0003

鞄に望まれる別の機能として、歩行している時や立ち止まっている時、素早く安定的な姿勢で、被収納物を容易に出し入れできることも挙げられる。これを満たすためには、把手を持ち替えることなく開閉できることが望ましい。しかし、フライトケースはこの条件を満たしていない。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明が解決しようとする課題は、箱状の構造を持ち、直立した状態で上壁から前壁上部にわたって開口し、手で拡げたり抑えたりすることなく開口形状が維持され、把手を持ち替えることなく開閉できる鞄を提供することである。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、箱状の鞄において、直立時の重心直上に把手が位置し、把手基部が後壁または側壁に連結されており、上壁全体および前壁上部が前壁下部に寄り添う位置へ移動することにより開口を成し、その移動が把手を把持する手によって妨げられないことを特徴とする。

0006

また、追加的手段により、開閉動作がより安定的になる。その手段は、上壁が移動する軌跡を定める部品を設けることである。

0007

また、別の追加的手段により、把手を把持して吊り下げていない時には、より大きな開口が得られ、被収納物の出し入れがさらに容易になる。その手段は、開口をより大きくする位置へ把手が移動可能であるようにすることである。

発明の効果

0008

本発明により、箱状の構造を持ち、直立した状態で上壁から前壁上部にわたって開口し、手で拡げたり抑えたりすることなく開口形状が維持され、把手を持ち替えることなく開閉できる鞄が提供可能となる。

0009

また、追加的手段により、開閉動作がより安定的になる。

0010

また、別の追加的手段により、把手を把持して吊り下げていない時には、より大きな開口が得られ、被収納物の出し入れがさらに容易になる。

図面の簡単な説明

0011

本発明の最も主要な特徴を示す形態(実施例1)の説明図である。開閉途中の状態を示す。 本発明の最も主要な特徴を示す形態(実施例1)の説明図である。閉口時の状態を示す。 本発明の最も主要な特徴を示す形態(実施例1)の説明図である。開口時の状態を示す。上壁が移動する軌跡を定める部品を有する形態(実施例2)の説明図である。開閉途中の状態を示す。 上壁が移動する軌跡を定める部品を有する形態(実施例2)の説明図である。開口時の状態を示す。 開口をより大きくする位置へ把手が移動可能である形態(実施例3)の説明図である。把手を後壁側へ移動させた状態を示す。

0012

以下、本発明を実施するための形態について説明する。

0013

本発明の最も主要な特徴を示す形態の実施例を図1から図3に示す。図1は開閉途中、図2は閉口時、図3は開口時の状態を示す。

0014

閉口時は板状の壁に囲まれた箱状である。把手基部2は後壁4に連結されていて、把手基部2から斜め上へ伸び支え3により、鞄の直立時の重心直上に把手1が保持されている。上壁5はヒンジ9を介して前壁上部6に連結されている。前壁上部6はヒンジ10を介して前壁下部7に連結されている。これらのヒンジ9、10は、連結対象部品の対向する位置を中心とする回転動作を可能にするものであり、例えば弾性体の柔軟性を利用して屈曲させるものでもよいし、非弾性体が軸を中心に回転するものでもよい。ヒンジ9、10を介した回転動作により、上壁5および前壁上部6は図3に示すように前壁下部7に寄り添う位置へ移動可能であり、閉口時に上壁5、前壁上部6のあった位置が開口部となる。上壁5は単独では把手基部2を囲まない形状であり、上壁5、前壁上部6の移動が、把手1を把持する手により妨げられない。これにより、把手1を持ち替えることなく開閉できる。

0015

なお、使用者の意に反して開口することのないよう、上壁5、前壁上部6は留具(図示せず)により着脱自在に固定される。例えば、閉口時に上壁5、前壁上部6と側壁8とが接する位置に磁石を設けることができる。上壁5、前壁上部6の固定をより確実にするため、錠前として機能する要素を磁石の代わりに、または磁石に加えて設けてもよい。

0016

実施例1に示した特徴に加え、上壁5が移動する軌跡を定める部品を有する形態の実施例を図4図5に示す。図4は開閉途中、図5は開口時の状態を示す。アーム11は、側壁8に対して垂直な回転軸13を中心として回転可能であるように側壁8に連結されており、また、側壁8に対して垂直な別の回転軸14を有するヒンジ12を介して上壁5に連結されている。アーム11およびヒンジ12の形状、寸法、位置は、閉口時、開閉途中、開口時の上壁5の位置が適切に定まるように設定されている。これにより、上壁5が移動する軌跡が定まり、開閉動作がより安定的になる。なお、閉口時の外観は実施例1に示した図2と同じである。

実施例

0017

実施例2に示した特徴に加え、開口をより大きくする位置へ把手1が移動可能である形態の実施例を図6に示す。側壁8に対して垂直な回転軸15を中心として、把手1および支え3が後壁4側へ回転移動可能である。さらに、この回転移動の固定と解除とを自在にする要素(図示せず)を把手基部2および支え3に有する。これにより、把手1を鞄の重心直上に固定した状態で把持して吊り下げることができ、把手1を把持して吊り下げていない時には、より大きな開口が得られ、被収納物の出し入れがさらに容易になる。図6は把手1および支え3を後壁4側へ移動させた状態を示す。

0018

1把手
2 把手基部
3支え
4後壁
5上壁
6前壁上部
7 前壁下部
8側壁
9ヒンジ
10 ヒンジ
11アーム
12 ヒンジ
13回転軸
14 回転軸
15 回転軸

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 前野航輝の「 防災頭巾兼用ランドセルカバー」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】ランドセルカバーとして既存のランドセルに対してその機能を阻害することなく取付けでき、また、防災頭巾として頭部の周囲を広範囲で保護できること。【解決手段】防災頭巾兼用ランドセルカバー1は、緩衝性... 詳細

  • 株式会社カミオジャパンの「 筆箱」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】 本発明は、表示画面を横方向又は横方向の成分を含む斜め上方に向けた姿勢で携帯端末を配置することのできる筆箱を提供する。【解決手段】 本発明に係る筆箱は、筆記具を収容可能な収容空間及び該収容... 詳細

  • 株式会社ポータークラシックの「 ショルダーパッド」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】従来用いられてこなかった厚み、形状及び柔らかさを備えたクッション材を、その機能性を失うことなく備えたショルダーパッドを提供する。【解決手段】運搬具の肩掛けに用いるショルダーパッドであって、クッ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ