図面 (/)

技術 ワイヤレス充電装置及びワイヤレス充電方法

出願人 台灣東電化股ふん有限公司
発明者 簡鳳龍陳茂軍林建宏許勝泰頼にに徐湘惠
出願日 2015年9月18日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2015-185013
公開日 2017年3月23日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2017-060347
状態 特許登録済
技術分野 電磁波による給配電方式 電池等の充放電回路 ロータリートランス及び誘導結合コネクタ
主要キーワード 非金属材質 充電ベース ウェアラブル装置 収容溝内 使用価値 ワイヤレス電力 誘導電力 伝送端
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

解決手段

ワイヤレス充電装置100及びその充電方法であり、伝送端鉄心110と伝送端コイルとを含む。伝送端鉄心は底板及び二つの立板を備えて凵状を形成し、その中に充電空間113が形成され、一台以上のワイヤレス電力受信装置200を載置可能である。ワイヤレス電力受信装置は受信端コイル受信端鉄心板とを含む。受信端鉄心板は伝送端鉄心の立板に垂直であり、電流が伝送端コイルを流れると充電空間内に電磁場を生成し、各受信端鉄心板の受信端コイルが電磁誘導により充電電力を生成する。それにより複数台の電力受信装置が同時にワイヤレス充電を行う。

概要

背景

公知のワイヤレス充電装置の概略図は図1に示され、電力伝送端10及び電力受信端20を含み、電力伝送端10は伝送端コイル11と伝送端鉄心板12とを備え、電力受信端20は同様に受信端コイル21と受信端鉄心板22とを備える。電力伝送端10と電力受信端20は平行で近接しており、伝送端コイル11が通電すると電磁場が生成され、それが伝送端鉄心板12を介して受信端鉄心板22に送られ、さらに電磁場は受信端コイル21を介して誘導電力を生成し、ワイヤレス充電の目的を達成する。

しかし、公知のワイヤレス充電装置はいずれも一対一で充電が行われ、電力受信端20の装置はいずれも電力伝送端10の充電プラットフォーム上に平らに置かれてワイヤレス充電が行われる。したがって、一台を超える電力受信端20の装置にワイヤレス充電を行う必要がある場合は、元の電力受信端20の装置の充電が終わってから、別の電力受信端20の装置に取り換えるしかなく、そのため非常に不便で、かつ多くの待ち時間を費やすことになる。その原因は、公知の電力伝送端10の充電プラットフォームの電磁場が上に向かって送られるためであり(図の矢印のように)、平らに置かれた電力受信端20の鉄心板が電磁場を吸収するため、電磁場がさらに外に向かって送られることがなく、電力伝送端10の充電プラットフォームが大きくなければ複数の平らに置かれた電力受信端20の装置を収容することができず、他方、充電プラットフォームが大きい場合は大きな空間を占めるため、商品化の可能性も高くない。

概要

複数台の電力受信端装置を同時にワイヤレス充電する。ワイヤレス充電装置100及びその充電方法であり、伝送端鉄心110と伝送端コイルとを含む。伝送端鉄心は底板及び二つの立板を備えて凵状を形成し、その中に充電空間113が形成され、一台以上のワイヤレス電力受信装置200を載置可能である。ワイヤレス電力受信装置は受信端コイルと受信端鉄心板とを含む。受信端鉄心板は伝送端鉄心の立板に垂直であり、電流が伝送端コイルを流れると充電空間内に電磁場を生成し、各受信端鉄心板の受信端コイルが電磁誘導により充電電力を生成する。それにより複数台の電力受信装置が同時にワイヤレス充電を行う。

目的

本発明の主な技術的特徴は、伝送端鉄心と伝送端コイルとを含み、該伝送端鉄心は底板及び二つの立板を備えて凵状を形成し、その中に充電空間が形成され、その中に複数台のワイヤレス電力受信装置を配列して載置可能であり、各該ワイヤレス電力受信装置は受信端コイルと受信端鉄心板とを含み、かつ該受信端鉄心板は該伝送端鉄心の立板に垂直であり、該伝送端コイルを電流が流れると該充電空間内に電磁場を生成し、伝送端鉄心の立板を介して各受信端鉄心板を通過し、電磁場回路を形成し、各該受信端コイルが該電磁場の誘導でいずれもが充電電力を生成するようにさせるワイヤレス充電装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数台ワイヤレス電力受信装置に対してワイヤレス充電を行えるワイヤレス充電装置であって、底板及び二つの立板を備えて凵状を形成し、その中に一台以上のワイヤレス電力受信装置を載置可能な充電空間が形成された少なくとも一つの伝送端鉄心と、少なくとも一つの伝送端コイルと、を含み、複数台の該ワイヤレス電力受信装置はいずれも受信端コイル受信端鉄心板とを含み、複数台の該ワイヤレス電力受信装置は該充電空間内に配列され、かつ該伝送端鉄心の該二つの立板に垂直であり、電流が該伝送端コイルを流れると、該充電空間内に電磁場を生成し、該二つの立板を介して各該受信端鉄心板を通過し、電磁場回路を形成し、各該受信端コイルが該電磁場の誘導でいずれもが充電電力を生成する、ワイヤレス充電装置。

請求項2

該伝送端コイルが少なくとも一組の同心螺旋平面コイルとして巻かれており、該底板及び/又は少なくとも一つの該立板の内側表面に配置されている、請求項1に記載のワイヤレス充電装置。

請求項3

複数台の該ワイヤレス電力受信装置が該底板に平行になるように該充電空間内に配列される、請求項1に記載のワイヤレス充電装置。

請求項4

複数台の該ワイヤレス電力受信装置が該底板に垂直となるように該充電空間内に配列される、請求項1に記載のワイヤレス充電装置。

請求項5

複数台の該ワイヤレス電力受信装置が長辺と短辺とを備え、かつ複数台の該ワイヤレス電力受信装置が、該長辺が該底板に垂直になるように該充電空間内に配列される、請求項4に記載のワイヤレス充電装置。

請求項6

複数台の該ワイヤレス電力受信装置が長辺と短辺とを備え、かつ複数台の該ワイヤレス電力受信装置が、該短辺が該底板に垂直になるように該充電空間内に配列される、請求項4に記載のワイヤレス充電装置。

請求項7

複数台の該ワイヤレス電力受信装置が、該底板と平行又は垂直ではない(傾斜状)方式で該充電空間内に配列される、請求項1に記載のワイヤレス充電装置。

請求項8

該伝送端鉄心は複数個であり、少なくとも一つの内層伝送端鉄心と一つの外層伝送端鉄心とを含み、かつ該内層伝送端鉄心が該外層伝送端鉄心内に重ねて配置され、該内層伝送端鉄心の二つの立板は該外層伝送端鉄心の二つの該立板より短く、かつ該外層伝送端鉄心の二つの該立板の上端は内側に折れ曲がってL状になっている、請求項1に記載のワイヤレス充電装置。

請求項9

該伝送端コイルは複数個であり、かつ各該伝送端コイルは該伝送端鉄心に対応している、請求項8に記載のワイヤレス充電装置。

請求項10

さらに非金属材質で少なくとも一端が開口した箱状で、底部と少なくとも二つの側壁部を備えた充電ベースを含み、該伝送端鉄心の該底板と二つの該立板は該充電ベースの底部及び該側壁部にそれぞれ配置されている、請求項1に記載のワイヤレス充電装置。

請求項11

該充電ベース内に、複数の互いに平行で、複数の収容溝を形成する仕切り板が設けられ、各該収容溝内に該ワイヤレス電力受信装置を入れることができる、請求項10に記載のワイヤレス充電装置。

請求項12

該充電ベースの二つの該側壁部の内側表面に、該開口から該底部に向かって延在する複数のスライド溝が設けられ、複数台の該ワイヤレス電力受信装置の側縁を複数の該スライド溝に沿って該充電ベース内に配列して入れることができる、請求項10に記載のワイヤレス充電装置。

請求項13

該充電ベースの該底部の内側表面に、複数台の該ワイヤレス電力受信装置を入れるための複数の取付溝を形成する複数の平行な低板が設けられ、該ワイヤレス電力受信装置の一側縁を該取付溝内に入れることで該充電ベース内に直立して配列する、請求項10に記載のワイヤレス充電装置。

請求項14

ワイヤレス充電方法であって、底板と少なくとも二つの立板を備えて凵状を形成しその中に充電空間が形成された少なくとも一つの伝送端鉄心と、少なくとも一つの伝送端コイルとを準備するステップと、一台以上のワイヤレス電力受信装置を該充電空間内に配列して載置するステップであって、各該ワイヤレス電力受信装置がいずれも受信端コイルと受信端鉄心板とを含み、かつ該受信端鉄心板が該伝送端鉄心の該立板に垂直である、ステップと、電流が該伝送端コイルを流れると該充電空間内に電磁場が生成され、該伝送端鉄心の該立板を介して各該受信端鉄心板を通過し、電磁場回路を形成し、各該受信端コイルが該電磁場の誘導で充電電力を生成するステップと、を含む、ワイヤレス充電方法。

請求項15

該伝送端コイルは一組の同心螺旋状平面コイルとして巻かれており、該底板及び/又は少なくとも一つの該立板の内側表面に配置されている、請求項14に記載のワイヤレス充電方法。

請求項16

複数台の該ワイヤレス電力受信装置は該底板に平行になるように該充電空間内に配列される、請求項14に記載のワイヤレス充電方法。

請求項17

複数台の該ワイヤレス電力受信装置は該底板に垂直になるように該充電空間内に配列される、請求項14に記載のワイヤレス充電方法。

請求項18

複数台の該ワイヤレス電力受信装置は長辺と短辺とを備え、かつ複数台の該ワイヤレス電力受信装置は該長辺が該底板に垂直になるように該充電空間内に配列される、請求項17に記載のワイヤレス充電方法。

請求項19

複数台の該ワイヤレス電力受信装置は長辺と短辺とを備え、かつ複数台の該ワイヤレス電力受信装置は該短辺が該底板に垂直になるように該充電空間内に配列される、請求項17に記載のワイヤレス充電方法。

請求項20

複数台の該ワイヤレス電力受信装置は該底板と平行又は垂直ではない(傾斜状)方式で該充電空間内に配列される、請求項14に記載のワイヤレス充電方法。

請求項21

該伝送端鉄心は複数個であり、少なくとも一つの内層伝送端鉄心と一つの外層伝送端鉄心とを含み、かつ該内層伝送端鉄心が該外層伝送端鉄心内に重ねて配置され、該内層伝送端鉄心の二つの該立板が該外層伝送端鉄心の二つの該立板より短く、かつ該外層伝送端鉄心の二つの該立板の上端が内側に折れ曲がってL状になっている、請求項14に記載のワイヤレス充電方法。

請求項22

該伝送端コイルは複数個であり、かつ各該伝送端コイルが該伝送端鉄心に対応している、請求項21に記載のワイヤレス充電方法。

請求項23

複数台のワイヤレス電力受信装置に対してワイヤレス充電を行えるワイヤレス充電装置であって、底板と該底板の側縁を取り囲む一つの立板とを備え、一端が開口した筒状であり、その中に一台以上の該ワイヤレス電力受信装置を入れられる充電空間が形成された伝送端鉄心と、該立板の内側表面を取り囲む第一の伝送端コイルと、を含み、各該ワイヤレス電力受信装置がいずれも受信端コイルと受信端鉄心板とを含み、複数台の該ワイヤレス電力受信装置が該充電空間内に載置され、電流が該第一の伝送端コイルを流れると該充電空間内に電磁場が生成され、各該受信端コイルのいずれもが該電磁場の誘導で充電電力を生成する、ワイヤレス充電装置。

請求項24

複数台の該ワイヤレス電力受信装置は形式に関わらず任意に該充電空間内に載置することができる、請求項23に記載のワイヤレス充電装置。

請求項25

さらに非金属材質で一端が開口した箱状の充電ベースを含み、該伝送端鉄心の該底板が該充電ベースの底部に配置され、かつ該立板が該充電ベースの側壁部に配置されている、請求項23に記載のワイヤレス充電装置。

請求項26

該伝送端鉄心が、いずれも一端が開口した矩形の筒状である該充電ベースに対応する、請求項25に記載のワイヤレス充電装置。

請求項27

該伝送端鉄心が、いずれも一端が開口した円形又は楕円形の筒状である該充電ベースに対応する、請求項25に記載のワイヤレス充電装置。

請求項28

該底板に配置された第二の伝送端コイルをさらに含み、該第二の伝送端コイルに通電すると該充電空間内に該電磁場を生成し、複数の該受信端コイルが該電磁場の誘導で該充電電力を生成する、請求項23に記載のワイヤレス充電装置。

請求項29

該底板は矩形状の鉄心板であり、該第二の伝送端コイルは該底板の外側表面を取り囲んでいる、請求項28に記載のワイヤレス充電装置。

請求項30

ワイヤレス充電方法であって、伝送端鉄心と第一の伝送端コイルとを準備するステップであって、該伝送端鉄心は底板と該底板の側縁を取り囲む立板とを備え、一端が開口した筒状であり、その中に充電空間が形成され、該第一の伝送端コイルが該立板の内側表面を取り囲んでいる、ステップと、一台以上のワイヤレス電力受信装置を該充電空間内に載置するステップであって、各該ワイヤレス電力受信装置はいずれも受信端コイルと受信端鉄心板とを含む、ステップと、電流が該第一の伝送端コイルを流れると、該充電空間内に電磁場が生成され、各該受信端コイルが該電磁場の誘導で充電電力を生成するステップと、を含む、ワイヤレス充電方法。

請求項31

複数台の該ワイヤレス電力受信装置は、形式に関わらず任意に該充電空間内に載置することができる、請求項30に記載のワイヤレス充電方法。

請求項32

該伝送端鉄心は一端が開口した矩形の筒状である、請求項30に記載のワイヤレス充電方法。

請求項33

該伝送端鉄心は一端が開口した円形又は楕円形の筒状である、請求項30に記載のワイヤレス充電方法。

請求項34

該底板に配置された第二の伝送端コイルを準備するステップと、該第二の伝送端コイルを電流が流れると、該充電空間内に該電磁場を生成し、複数の該受信端コイルが該電磁場の誘導で該充電電力を生成するステップと、をさらに含む、請求項30に記載のワイヤレス充電方法。

請求項35

該底板は矩形状の鉄心板であり、該第二の伝送端コイルは該底板の外側表面を取り囲んでいる、請求項34に記載のワイヤレス充電方法。

技術分野

0001

本発明はワイヤレス充電装置及びその充電方法に関し、特に複数の電力受信端に対してワイヤレス充電を行える装置及びその充電方法に関する。

背景技術

0002

公知のワイヤレス充電装置の概略図は図1に示され、電力伝送端10及び電力受信端20を含み、電力伝送端10は伝送端コイル11と伝送端鉄心板12とを備え、電力受信端20は同様に受信端コイル21と受信端鉄心板22とを備える。電力伝送端10と電力受信端20は平行で近接しており、伝送端コイル11が通電すると電磁場が生成され、それが伝送端鉄心板12を介して受信端鉄心板22に送られ、さらに電磁場は受信端コイル21を介して誘導電力を生成し、ワイヤレス充電の目的を達成する。

0003

しかし、公知のワイヤレス充電装置はいずれも一対一で充電が行われ、電力受信端20の装置はいずれも電力伝送端10の充電プラットフォーム上に平らに置かれてワイヤレス充電が行われる。したがって、一台を超える電力受信端20の装置にワイヤレス充電を行う必要がある場合は、元の電力受信端20の装置の充電が終わってから、別の電力受信端20の装置に取り換えるしかなく、そのため非常に不便で、かつ多くの待ち時間を費やすことになる。その原因は、公知の電力伝送端10の充電プラットフォームの電磁場が上に向かって送られるためであり(図の矢印のように)、平らに置かれた電力受信端20の鉄心板が電磁場を吸収するため、電磁場がさらに外に向かって送られることがなく、電力伝送端10の充電プラットフォームが大きくなければ複数の平らに置かれた電力受信端20の装置を収容することができず、他方、充電プラットフォームが大きい場合は大きな空間を占めるため、商品化の可能性も高くない。

先行技術

0004

台湾特許I472116号明細書
特許第5530491号明細書

発明が解決しようとする課題

0005

そのため、複数台の電力受信端装置に対してワイヤレス充電を行える方法を開発し、複数台の電力受信端装置を縦置き、横置き、平置き又は斜め置きにできる装置を設計することによって、複数台の電力受信端装置に対して同時にワイヤレス充電を行うという目的を達成し、かつ充電プラットフォームが占める空間を縮小できるようにすることが求められている。

0006

前記目的を達成するため、本発明の主な技術的特徴は、伝送端鉄心と伝送端コイルとを含み、該伝送端鉄心は底板及び二つの立板を備えて凵状を形成し、その中に充電空間が形成され、その中に複数台のワイヤレス電力受信装置を配列して載置可能であり、各該ワイヤレス電力受信装置は受信端コイルと受信端鉄心板とを含み、かつ該受信端鉄心板は該伝送端鉄心の立板に垂直であり、該伝送端コイルを電流が流れると該充電空間内に電磁場を生成し、伝送端鉄心の立板を介して各受信端鉄心板を通過し、電磁場回路を形成し、各該受信端コイルが該電磁場の誘導でいずれもが充電電力を生成するようにさせるワイヤレス充電装置を提供することにある。

0007

前記目的を達成するため、本発明のさらなる技術的特徴は、まず、底板及び二つの立板を備えて凵状を形成しその中に充電空間が形成された伝送端鉄心と少なくとも一つの伝送端コイルとを配置し、次に、いずれもが受信端コイルと該伝送端鉄心の立板に垂直な受信端鉄心板とを含む一台以上のワイヤレス電力受信装置を該充電空間内に配列し、最後に、該伝送端コイルを電流が流れると該充電空間内に電磁場を生成し、該伝送端鉄心の立板を介して各受信端鉄心板を通過し、電磁場回路を形成し、該複数の受信端コイルが該電磁場の誘導で充電電力を生成するようにさせる、ワイヤレス充電方法を提供することにある。

0008

前記目的を達成するため、本発明のさらなる技術的特徴は、伝送端コイルが少なくとも一組の同心螺旋状の平面コイルとして巻かれて該底板及び/又は少なくとも一つの立板の内側表面に配置された、前記ワイヤレス充電装置を提供することにある。

0009

前記目的を達成するため、本発明のさらなる技術的特徴は、該複数台のワイヤレス電力受信装置が該底板に平行に該充電空間内に配列されるか、又は該複数台のワイヤレス電力受信装置が該底板に垂直に該充電空間内に配列されるか、又は該複数台のワイヤレス電力受信装置が該底板に平行又は垂直ではなく(傾斜状で)該充電空間内に配列される、ワイヤレス充電方法を提供することにある。

0010

前記目的を達成するため、本発明のさらなる技術的特徴は、該伝送端鉄心が複数個であり、少なくとも一つの内層伝送端鉄心と一つの外層伝送端鉄心とを含み、かつ該内層伝送端鉄心は該外層伝送端鉄心内に重ねて配置され、該内層伝送端鉄心の二つの立板は該外層伝送端鉄心の二つの立板より短く、かつ該外層伝送端鉄心の二つの立板の上端は内側に折れ曲がってL状になっている、前記ワイヤレス充電装置を提供することにある。

0011

前記目的を達成するため、本発明のさらなる技術的特徴は、底板及び該底板の側縁を取り囲む少なくとも一つの立板を備え、一端が開口した筒状であり、その中に充電空間が形成され、一台以上の該ワイヤレス電力受信装置を配置可能な伝送端鉄心、及び、立板の内側表面を取り囲む第一の伝送端コイルを含み、各ワイヤレス電力受信装置がいずれも受信端コイルと受信端鉄心板とを含み、第一の伝送端コイルを電流が流れると該充電空間に電磁場が生成されて、各受信端コイルが該電磁場の誘導でいずれもが充電電力を生成するようにさせる、ワイヤレス充電装置を提供することにある。

0012

前記目的を達成するため、本発明のさらなる技術的特徴は、底板に巻かれ、第二の伝送端コイルに通電させ、充電空間に電磁場を生成し、該複数の受信端コイルが電磁場の誘導で充電電力を生成するようにさせる第二の伝送端コイルを含むワイヤレス充電装置を提供することにある。

図面の簡単な説明

0013

図1は公知のワイヤレス充電装置の充電概略図である。
図2は本発明のワイヤレス充電装置の好ましい実施例の概略図である。
図3図2の斜視概略図である。
図4は本発明のワイヤレス充電装置の第一の実施例の斜視概略図である。
図5は本発明のワイヤレス充電装置の第二の実施例の斜視概略図である。
図6は本発明のワイヤレス充電装置の第三の実施例の斜視概略図である。
図7は本発明のワイヤレス充電装置の第四の実施例の斜視概略図である。
図8は本発明のワイヤレス充電装置の別の好ましい実施例の概略図である。
図9は本発明のワイヤレス充電装置のさらに別の好ましい実施例の概略図である。
図10図9のワイヤレス充電装置を倒置したさらに別の好ましい実施例の概略図である。

実施例

0014

本発明のワイヤレス充電装置100は、複数台のワイヤレス電力受信装置200に対して同時にワイヤレス充電が行え、該複数台のワイヤレス電力受信装置200はスマートフォンタブレットPCなどのポータブル装置でもよく、又はスマートウォッチブルートゥースイヤホン又はスマートグラスなどのウェアラブル装置でもよい。該複数台のワイヤレス電力受信装置200はいずれも受信端鉄心板210と受信端コイル220とを含み、かつ略薄い長方形である。図2に示すのは、本発明のワイヤレス充電装置100の好ましい実施例の概略図であり、図3図2の斜視概略図である。該ワイヤレス充電装置100は伝送端鉄心110と伝送端コイル120とを含み、該伝送端鉄心110は底板111を備え二つの立板112が連結されて凵状を形成しており、二つの立板112の間に充電空間113が形成され、複数台の該ワイヤレス電力受信装置200を該充電空間113の中に配列して入れることができ、同時に充電することができる。本発明にはワイヤレス電力受信装置200を配列して載置する複数種の実施例があるが、それは後述する。

0015

本発明のワイヤレス充電装置100が、複数台のワイヤレス電力受信装置200に対して同時に充電が行える原理と方法は図2に示され、該ワイヤレス充電装置100の凵状の伝送端鉄心110を用いて、該受信端鉄心板210と該受信端コイル220とを該二つの立板112の間の充電空間113内に載置し、かつ該受信端鉄心板210が該二つの立板112に垂直になる。こうして、電流が該伝送端コイル120を流れると、該充電空間113内に電磁場が生成され、該二つの立板112を介して各該受信端鉄心板210を通過し、図2破線の矢印の方向に電磁場回路を形成し、各該受信端コイル220が該電磁場の誘導で充電電力を生成することができる。したがって複数台のワイヤレス電力受信装置200がいずれも該二つの立板112の間の充電空間113に配列されている場合、各受信端鉄心板210はいずれも独立して該伝送端鉄心110と共に電磁場回路を生成し、それによりいずれも同時に充電を行うことができ、かつ該ワイヤレス電力受信装置200は該二つの立板112の間の範囲内にありさえすれば、底板111との間隔がどんなに遠くても充電を行うことができる。

0016

図2及び図3に示すように、該ワイヤレス電力受信装置200は二つの立板112の間に横置きされ、かつ該底板111に垂直であるが、本発明の他の実施例では該ワイヤレス電力受信装置200を立板112の間に直立させることができ、もちろん該底板111に(平行に)平置きすることも、二つの立板112の間に(底板に平行または垂直ではなく)斜め置きすることもでき(図示せず)、該ワイヤレス電力受信装置200の受信端鉄心板210が該二つの立板112に垂直でありさえすればよい。本発明の実施例においては、該伝送端コイル120(図示せず)は一組の同心螺旋状平面コイルとして巻かれ、該底板111及び/又は該二つの立板112のいずれかの側の内側表面に配置されてもよい。本発明で該伝送端コイル120の配置の多寡は、何台のワイヤレス電力受信装置200に対してワイヤレス充電を行えるかによっており、実験によれば本発明のワイヤレス充電装置100は最多で50台のワイヤレス電力受信装置200に対して同時にワイヤレス充電を行うことができる。

0017

本発明は複数台のワイヤレス電力受信装置200を載置して同時に充電を行い、かつワイヤレス充電装置100の体積をできるだけ縮小する。図4を参照されたい。図4は本発明のワイヤレス充電装置の第一の実施例の斜視概略図であり、本発明のワイヤレス充電装置100はさらに非金属材質で製造された充電ベース300を含み、該充電ベース300は三つの端部が開口した凵状であり、底部310と二つの側壁部320とを含み、内側に該充電空間113が形成され、該伝送端鉄心110の底板111と二つの立板112は該充電ベース300の底部310と二つの側壁部320の内側にそれぞれ配置される。

0018

本実施例において、該二つの側壁部320の内側表面に上部から底部310に向かって延在する複数のスライド溝321が設けられ、該複数台のワイヤレス電力受信装置200は、その側縁をスライド溝321に沿わせて該充電空間113内に挿入されており、かつ該ワイヤレス電力受信装置200は該充電空間113内に直立し、該ワイヤレス電力受信装置200は該伝送端鉄心110の二つの立板112に垂直になる。公知のスマートフォンは長方形薄型で、長辺211と短辺212とを備えるので、本実施例では長辺211は該伝送端鉄心110の底板111に垂直であり、短辺212は該伝送端鉄心110の底板111に平行であり、言い換えれば、短辺212が下を向いて該充電ベース300内に挿入される。

0019

図5図2を併せて参照されたい。図5は本発明のワイヤレス充電装置の第二の実施例の斜視概略図であり、図2図5の側面断面概略図である。本実施例において、該充電ベース300は三つの端部が開口した凵状であり、該充電ベース300の底部310の内側表面には複数の平行な低板311が設けられ、複数の取付溝312を形成して、該複数台のワイヤレス電力受信装置200が該充電空間113内に入れられた時、該ワイヤレス電力受信装置200の一側縁が該取付溝312内に入るようにし、該ワイヤレス電力受信装置200が該充電ベース300内に直立するように配列でき、かつ該ワイヤレス電力受信装置200が該伝送端鉄心110の二つの立板112(図示せず)に垂直になるようにする。本実施例においては、短辺212は該伝送端鉄心110の底板111に垂直で、長辺211は該伝送端鉄心110の底板111に平行であり、言い換えれば、長辺211が下を向いて該充電ベース300内に挿入される。

0020

図6図2を参照されたい。図6は本発明のワイヤレス充電装置の第三の実施例の斜視概略図であり、図2図6の側面断面概略図とすることができる。本実施例において、該充電ベース300は一側辺が開口した箱状であり、該伝送端鉄心110の底板111(破線)は該開口の反対の側辺に設けられ、該二つの立板112(破線)は該二つの側壁部320に設けられ、本実施例において、該二つの側壁部320の内側には複数の互いに平行な仕切り板322が設けられ、複数の収容溝323が形成されている。各収容溝323内にはワイヤレス電力受信装置200を入れることができ、かつ該複数台のワイヤレス電力受信装置200は該底板111に平行となるように該充電空間113内に配列される。

0021

図7を参照されたい。図7は本発明のワイヤレス充電装置の第四の実施例の斜視概略図である。本実施例において、該充電ベース300は、一側辺が開口した箱状であり、該伝送端鉄心110の底板111は、該充電ベース300の底部310に設けられている。また、二つの立板112は、該二つの側壁部320に設けられている。本実施例において、該二つの側壁部320の内側表面には、いずれも複数の平行な傾斜遮蔽板324が設けられ、側辺の開口から該反対の側辺に向かって下に傾斜して延在する複数の傾斜状のスロット325が形成され、該複数台のワイヤレス電力受信装置200が該充電空間113内に置かれた時に、底板111と平行又は垂直ではない傾斜状に該充電空間内に配列されるが、該複数台のワイヤレス電力受信装置200の受信端鉄心板210はやはり該二つの立板112に垂直である。

0022

図8を参照されたい。図8は本発明のワイヤレス充電装置の別の好ましい実施例の概略図である。本実施例において、ワイヤレス充電装置400は複数の伝送端鉄心を備え、該複数の伝送端鉄心は少なくとも一つの内層伝送端鉄心410と一つの外層伝送端鉄心420とを含み、各内層伝送端鉄心410と外層伝送端鉄心420はいずれも底板411、421及び二つの立板412、422を備え、かつ内層伝送端鉄心410は外層伝送端鉄心420の充電空間113内に重ねて配置される。図8の実施例では二層の伝送端鉄心が重ねて配置され、該内層伝送端鉄心410の底板411と二つの立板412はいずれも該外層伝送端鉄心420の底板421と二つの立板422に平行である。しかし他の実施例においては、該内層伝送端鉄心の底板及び二つの立板は、該外層伝送端鉄心の底板及び二つの立板と平行でなくてもよく、かつ伝送端鉄心の重なる層の数及び内層と外層の伝送端鉄心の重なり方は、本発明で例として挙げた実施例に制限されない。

0023

図8の実施例において、該内層伝送端鉄心410の二つの立板412は該外層伝送端鉄心420の二つの立板422より短く、該外層伝送端鉄心420の二つの立板422の上端は内側に折れ曲がってL状になって、該外層伝送端鉄心420の二つの立板422が該複数台のワイヤレス電力受信装置200に近接できるようになっている。また本実施例において、該ワイヤレス充電装置400は複数の伝送端コイル430を備え、各伝送端コイル430はいずれも伝送端鉄心410、420に対応している。本発明の図8の実施例は、前述した図4図7の充電ベースに組み合わせて使用できるが、ここではこれ以上詳しく述べない。

0024

図9を参照されたい。図9は本発明のワイヤレス充電装置のさらに別の好ましい実施例の概略図である。本実施例において、該ワイヤレス充電装置500は伝送端鉄心510と第一の伝送端コイル520とを含み、該伝送端鉄心510は底板511と該底板511の側縁を取り囲む少なくとも一つの立板512とを備え、それにより該伝送端鉄心510は一端が開口した筒状になり、その中に充電空間113が形成される。図9が示す実施例において、該立板512は一つの矩形の筒状となっているが、他の実施例(図示せず)では該伝送端鉄心は一端が開口した円形の筒状、楕円形の筒状又はその他の多角形の筒状などであってもよい。

0025

本実施例において、該第一の伝送端コイル520は該立板512の内側表面を取り囲んでいるので、電流が該第一の伝送端コイル520を流れると、該立板512内の充電空間113内に電磁場を生成し、該複数台のワイヤレス電力受信装置200を該充電空間113内に載置すると、各受信端コイルがいずれも該電磁場の誘導で充電電力を生成する。本実施例では、該複数台のワイヤレス電力受信装置200を形式に関わらず任意に該充電空間113内に載置することができるため、該ワイヤレス電力受信装置200が該第一の伝送端コイル520と伝送端鉄心510とで取り囲む充電空間内にありさえすれば、該ワイヤレス電力受信装置200は電磁場の誘導で充電電力を生成できる。

0026

本実施例において、該ワイヤレス充電装置500はさらに該底板511に配置された第二の伝送端コイル530を含み、該第二の伝送端コイル530は一組の同心螺旋状平面コイルとして巻かれて底板511の内側表面に配置されるので、電流が該第二の伝送端コイル530を流れると、該充電空間113内に電磁場を生成でき、それにより第一の伝送端コイル520が生成した電磁場と合わせられて充電空間113内の電磁場のエネルギー強化することができ、該複数台のワイヤレス電力受信装置200を該充電空間113内に入れた時、同様に該複数の受信端コイルがエネルギーを強化された電磁場の誘導で充電電力を生成するようにさせ、該複数台のワイヤレス電力受信装置200の充電速度を速めることができる。

0027

図10を参照されたい。これは、図9のワイヤレス充電装置を倒置したさらに別の好ましい実施例の概略図である。伝送端鉄心510の底板511は矩形状の鉄心板であり、立板512の内側表面は同様に該第一の伝送端コイル520が巻かれており、該第二の伝送端コイル530は該底板511の外側表面を取り囲んでおり、該伝送端鉄心510の底板511と立板512がいずれもコイルで巻かれるようにし、充電空間113内の電磁場のエネルギーを強化することができる。

0028

図9及び図10の実施例において、ワイヤレス充電装置500は充電ベース内(図示せず)に配置することができ、該充電ベースは非金属材質で、該伝送端鉄心510の形状に適合し、該充電ベースは一端が開口した矩形の筒状、円形の筒状、楕円形の筒状又は多角形の筒状などにすることができ、該伝送端鉄心510の底板511が該充電ベースの底部に配置され、該伝送端鉄心510の立板512が該充電ベースの側壁部に配置される。同様に、該充電ベースの充電空間内には図4のように複数のスライド溝321が設けられるか、又は図5のように複数の平行な低板311が設けられるか、又は図6、7のように複数の仕切り板322または傾斜遮蔽板324が設けられて、該複数台のワイヤレス電力受信装置200を該充電ベース内に整然と横置き、縦置き、平置きまたは斜め置きなどに配列できる。

0029

上記を総合すると、本発明の提供するワイヤレス充電装置及びその充電方法は、複数台のワイヤレス電力受信装置に対して同時にワイヤレス充電を行え、かつワイヤレス充電装置の占める空間を大幅に縮小でき、公知のワイヤレス充電装置が達成できなかった多くの機能と長所とを備えるので、本発明は公知の設計とはまったく異なり、全体的な使用価値を高めることができ、さらにその出願はこれまでの刊行物には見られず、開示されて使用されてもおらず、特許の要件合致しているので、ここに法に基づいて特許を出願するものである。

0030

100ワイヤレス充電装置
110伝送端鉄心
111底板
112立板
113充電空間
200ワイヤレス電力受信装置
210受信端鉄心板
211 長辺
212 短辺
220受信端コイル
300充電ベース
310 底部
311低板
312取付溝
320側壁部
321スライド溝
322仕切り板
323収容溝
324傾斜遮蔽板
325スロット
400 ワイヤレス充電装置
410内層伝送端鉄心
411 底板
412 立板
420外層伝送端鉄心
421 底板
422 立板
430 伝送端コイル
500 ワイヤレス充電装置
510 伝送端鉄心
511 底板
512 立板
520 第一の伝送端コイル
530 第二の伝送端コイル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱ロジスネクスト株式会社の「 無人飛行体用給電システムおよび制御装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】無人飛行体の稼働時間を向上できる無人飛行体用給電システムおよび制御装置を提供する。【解決手段】無人飛行体用給電システムは、荷役を行う複数の荷役車両と、荷役の支援を行う無人飛行体としてのドローン... 詳細

  • 旭ファイバーグラス株式会社の「 真空断熱材」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】センサ等を用いて内部の物性が測定可能な真空断熱材の従来例では、その内部に搭載しれたセンサシステムへの継続的な電力の供給をバッテリーで行うには限界があり、センサからのデータを長期間受信するために... 詳細

  • アモグリーンテックカンパニーリミテッドの「 車両用無線電力送信装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】車両用無線電力送信装置が提供される。本発明の例示的な実施例による車両用無線電力送信装置は、無線電力を送出するための少なくとも1つの無線電力送信用アンテナと前記無線電力送信用アンテナの... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ