図面 (/)

技術 線心束及び通信ケーブル

出願人 矢崎エナジーシステム株式会社
発明者 中村幸司鈴木高広
出願日 2015年9月15日 (3年10ヶ月経過) 出願番号 2015-182069
公開日 2017年3月23日 (2年3ヶ月経過) 公開番号 2017-059359
状態 特許登録済
技術分野 通信ケーブル
主要キーワード 台形孔 横断面形 導体心線 各絶縁線心 静摩擦力 四角筒 介在部材 等脚台形
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

線心束カッド形状の崩れを出来る限り単純な構造によって防止でき且つ伝送信号減衰量特性にも優れた線心束及び通信ケーブルを提供する。

解決手段

線心束20は、絶縁体24によって覆われた導体心線23である絶縁線心21がカッド撚りされて形成され、線心束の軸線に直交する断面において、内周25d及び外周25cを有する環形状であって外周25cの形状が正方形又は正方形の少なくとも1つの辺が環形状の径方向内側に湾曲した準正方形である環形状を有する。絶縁線心21の各々は、断面において、正方形又は準正方形の隣接する2つの頂点A,B、及び、内周上にある2つの頂点C,D、を含む複数の頂点を結んだ形状を有する。

概要

背景

従来から、種々のネットワーク(例えば、電話回線鉄道用信号保安装置ローカルエリアネットワーク(LAN)及び車載ネットワーク(CAN)等)に用いられる通信ケーブルとして、導体心線絶縁体によって被覆した絶縁線心撚り合わせた線心束撚り線)を有する通信ケーブルが用いられている。

例えば、従来の通信ケーブルの一つ(以下「従来ケーブル」という。)は、4本の絶縁線心を撚り合わせた線心束(カッド撚り線)を複数束ねた形状を有している。この従来ケーブルでは、線心束(カッド撚り線)の各々が、その軸線に垂直な断面において、円形の外周と、円形の内周と、を有する環形状(ドーナツ状の形状)を有している。更に、この線心束では、絶縁線心の各々が、くさび状の凸部と、その凸部に対応した凹部と、を有しており、凸部と凹部との係合によって隣接する絶縁線心同士が接合されるようになっている。従来ケーブルは、この係合によってカッド形状の崩れ(導体心線の相対変位)を防いで漏話減衰量特性を向上させると共に、線心束の内周に囲まれる領域(ドーナツ形状中空部分)の空気層によって導体心線間の静電容量を低下させて伝送信号減衰量特性を向上させるようになっている(例えば、特許文献1を参照。)。

概要

線心束のカッド形状の崩れを出来る限り単純な構造によって防止でき且つ伝送信号の減衰量特性にも優れた線心束及び通信ケーブルを提供する。 線心束20は、絶縁体24によって覆われた導体心線23である絶縁線心21がカッド撚りされて形成され、線心束の軸線に直交する断面において、内周25d及び外周25cを有する環形状であって外周25cの形状が正方形又は正方形の少なくとも1つの辺が環形状の径方向内側に湾曲した準正方形である環形状を有する。絶縁線心21の各々は、断面において、正方形又は準正方形の隣接する2つの頂点A,B、及び、内周上にある2つの頂点C,D、を含む複数の頂点を結んだ形状を有する。

目的

本発明の目的は、上記課題に鑑み、絶縁線心をカッド撚りした線心束のカッド形状の崩れを出来る限り単純な構造によって防止できると共に伝送信号の減衰量特性にも優れた線心束、及び、その線心束を用いた通信ケーブル、を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

絶縁体によって覆われた導体心線である絶縁線心カッド撚りされた線心束であって、該線心束は、該線心束の軸線に直交する断面において、内周及び外周を有する環形状であって、前記外周の形状が正方形又は正方形の少なくとも1つの辺が前記環形状の径方向内側に湾曲した準正方形である環形状を有し、前記絶縁線心の各々は、前記断面において、前記正方形又は前記準正方形の隣接する2つの頂点、及び、前記内周上にある2つの頂点、を含む複数の頂点を結んだ形状を有する、線心束。

請求項2

請求項1に記載の線心束において、前記内周によって囲まれる領域内に空気が存在している、線心束。

請求項3

一又は複数の線心束を有する通信ケーブルであって、前記線心束は、請求項1又は請求項2のいずれか一項に記載の線心束である、通信ケーブル。

技術分野

0001

本発明は、線心束、及び、一又は複数の線心束を有する通信ケーブルに関する。

背景技術

0002

従来から、種々のネットワーク(例えば、電話回線鉄道用信号保安装置ローカルエリアネットワーク(LAN)及び車載ネットワーク(CAN)等)に用いられる通信ケーブルとして、導体心線絶縁体によって被覆した絶縁線心撚り合わせた線心束(撚り線)を有する通信ケーブルが用いられている。

0003

例えば、従来の通信ケーブルの一つ(以下「従来ケーブル」という。)は、4本の絶縁線心を撚り合わせた線心束(カッド撚り線)を複数束ねた形状を有している。この従来ケーブルでは、線心束(カッド撚り線)の各々が、その軸線に垂直な断面において、円形の外周と、円形の内周と、を有する環形状(ドーナツ状の形状)を有している。更に、この線心束では、絶縁線心の各々が、くさび状の凸部と、その凸部に対応した凹部と、を有しており、凸部と凹部との係合によって隣接する絶縁線心同士が接合されるようになっている。従来ケーブルは、この係合によってカッド形状の崩れ(導体心線の相対変位)を防いで漏話減衰量特性を向上させると共に、線心束の内周に囲まれる領域(ドーナツ形状中空部分)の空気層によって導体心線間の静電容量を低下させて伝送信号減衰量特性を向上させるようになっている(例えば、特許文献1を参照。)。

先行技術

0004

特開2014−7018号公報

発明が解決しようとする課題

0005

従来ケーブルの線心束(カッド撚り線)は、個々の絶縁線心に設けられた凸部および凹部を互いに係合させることにより、カッド形状の崩れを防いでいる。ところが、このような凸部および凹部を有する絶縁線心を製造する工程は、通常の(凸部および凹部を有さない)絶縁線心を製造する工程に比べ、凸部および凹部を精度良く形成する必要がある分だけ煩雑となる。更に、個々の絶縁線心の製造工程の煩雑さに加え、凸部と凹部とを正確に係合させながら絶縁線心を撚り合わせる工程も、通常の絶縁線心を撚り合わせる工程に比べ、凸部と凹部との正確な位置合わせが必要な分だけ煩雑となる。このような煩雑さは、線心束の製造コスト(ひいては、通信ケーブルの製造コスト)を高める原因となり得る。

0006

一方、従来ケーブルの線心束の内周に囲まれた領域(中空部分)をなくせば、絶縁線心同士の接触面積増してカッド形状が崩れ難くなるため、上述した凸部および凹部を排除し得る。しかし、同領域(中空部分)をなくすことは、伝送信号の減衰量特性の低下を引き起こすため、好ましくない。このように、従来ケーブルの線心束(カッド撚り線)では、伝送信号の減衰量特性の向上と、カッド形状の崩れの防止(即ち、漏話減衰量特性の向上)の容易さと、の間に二律背反の関係がある。

0007

本発明の目的は、上記課題に鑑み、絶縁線心をカッド撚りした線心束のカッド形状の崩れを出来る限り単純な構造によって防止できると共に伝送信号の減衰量特性にも優れた線心束、及び、その線心束を用いた通信ケーブル、を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

上述した目的を達成するため、本発明に係る線心束は下記(1)及び(2)の特徴を有しており、本発明に係る通信ケーブルは下記(3)の特徴を有している。
(1)
絶縁体によって覆われた導体心線である絶縁線心がカッド撚りされた線心束であって、
該線心束は、
該線心束の軸線に直交する断面において、内周及び外周を有する環形状であって、前記外周の形状が正方形又は正方形の少なくとも1つの辺が前記環形状の径方向内側に湾曲した準正方形である環形状を有し、
前記絶縁線心の各々は、
前記断面において、前記正方形又は前記準正方形の隣接する2つの頂点、及び、前記内周上にある2つの頂点、を含む複数の頂点を結んだ形状を有する、
線心束であること。
(2)
上記(1)に記載の線心束において、
前記内周によって囲まれる領域内に空気が存在している、
線心束であること。
(3)
一又は複数の線心束を有する通信ケーブルであって、
前記線心束は、上記(1)又は上記(2)のいずれか1つに記載の線心束である、
通信ケーブルであること。

0009

上記(1)の構成によれば、線心束が外力(例えば、線心束の製造時および使用時などに生じる、線心束を径方向に押しつぶす向きの外力)を受けた場合、線心束の断面形状の外周が正方形等であり且つ絶縁線心の断面形状の頂点がその正方形等の頂点に位置するため、外力を絶縁線心同士の接触面だけでなく外周面によっても支えることができる(例えば、図4を参照。)。よって、従来ケーブルの線心束のような凸部および凹部を要することなく、線心束のカッド形状の崩れを防止できる。更に、線心束は、環形状を有しているため、内周によって囲まれる中空部分に絶縁体よりも誘電率が小さい材料(例えば、空気および発泡ポリエチレン等)を存在させることにより、中空部分が無い場合に比べ、導体心線間の静電容量が低下して伝送信号の減衰量特性が高まる。したがって、本発明の線心束は、線心束のカッド形状の崩れを従来ケーブルの線心束(凸部および凹部の係合構造)よりも単純な構造によって防止できる(換言すると、漏話減衰量特性を向上できる)と共に、伝送信号の減衰量特性にも優れている。

0010

上記(2)の構成によれば、安価に入手可能な空気を線心束の内周によって囲まれる領域(中空部分)に存在させることにより、他の材料(例えば、発泡ポリエチレン等)を同領域に存在させる場合に比べ、線心束の製造コスト(ひいては通信ケーブルの製造コスト)を低減できる。

0011

上記(3)の構成によれば、上記(1)と同様、本構成の通信ケーブルは、線心束のカッド形状の崩れを従来ケーブルの線心束(凸部および凹部の係合構造)よりも単純な構造によって防止できると共に、伝送信号の減衰量特性にも優れている。更に、上記(2)と同様、本構成の通信ケーブルは、通信ケーブルの製造コストを低減できる。

発明の効果

0012

本発明によれば、線心束が環形状を有すると共に、その外周形状が正方形または準正方形となるように各絶縁線心を構成することにより、線心束のカッド形状の崩れを出来る限り単純な構造によって防止できる(換言すると、漏話減衰量特性を向上できる)と共に伝送信号の減衰量特性を高めることができる。

0013

以上、本発明について簡潔に説明した。更に、以下に説明される発明を実施するための形態(以下、「実施形態」という。)を添付の図面を参照して通読することにより、本発明の詳細は更に明確化されるであろう。

図面の簡単な説明

0014

図1は、本発明に係る通信ケーブルの実施形態を示す断面図である。
図2は、図1の通信ケーブルが備える線心束を示す図であって、図2(a)は線心束の断面図であり、図2(b)は線心束から1つの絶縁線心が分離されている状態を示す斜視図であり、図2(c)は1つの絶縁線心の断面図である。
図3は、通信ケーブルの製造方法を説明する図であって、図3(a)は複数の絶縁線心を撚り合わせている様子を示す図であり、図3(b)は分線板の正面図である。
図4(a)〜(c)は従来の線心束が外力を受けた場合における線心束の形状を示す断面図であり、図4(d)〜(f)は本実施形態の線心束に外力を受けた場合における線心束の形状を示す断面図である。
図5は、従来の線心束が外力を受けた場合における線心束の形状を示す側面図である。
図6は、本実施形態の線心束が外力を受けた場合における線心束の形状を示す側面図である。
図7は、本発明の他の実施形態に係る線心束を示す断面図である。
図8は、本発明の他の実施形態に係る線心束を示す断面図である。

実施例

0015

<線心束および通信ケーブルの構成>
以下、図1図3を参照しながら、本発明の一実施形態に係る通信ケーブル10及び線心束20の構成について説明する。

0016

図1に示すように、通信ケーブル10は、複数の線心束(カッド撚り線)20と、介在部材30と、押え巻きテープ40と、シース50と、を備えている。通信ケーブル10は、例えば、自動車の車載ネットワーク(CAN)の配線材として用いられる。本実施形態において、通信ケーブル10は、3本の線心束20を備えている。なお、通信ケーブル10が備える線心束20の数は必ずしも3本に限られず、通信ケーブル10は、その用途等に応じて定まる任意の数の線心束20を備え得る。

0017

図2(a)に示すように、線心束20は、4本の同一形状の絶縁線心21と、押え巻きテープ22と、を備えている。線心束20は、線心束20の軸線に直交する断面(図2(a)に示す断面)において、内周および外周を有する環形状を有している。より具体的には、線心束20は、この断面において、内周および外周の形状が正方形である環形状(即ち、四角筒形状)を有している。

0018

絶縁線心21は、銅、銅合金、及び、アルミニウム合金などの導電性金属細径化した導体心線23と、導体心線23を被覆する絶縁体24と、から構成されている。絶縁体24は、ポリ塩化ビニル又はポリエチレン等の熱可塑性樹脂であり、押し出し成形等によって導体心線23の全長に亘ってその周囲を覆うように設けられる。絶縁線心21は、線心束20の軸線に直交する断面(図2(a)に示す断面)において、上述した正方形の隣接する2つの頂点、及び、内周上にある2つの頂点、を含む4つの頂点を結んだ形状(本例においては台形形状)を有する。

0019

より具体的には、図2(b)に示すように、絶縁体24の外周面25(以下「絶縁線心21の外周面25」ともいう。)は、第1平面部25a、第2平面部25b、第3平面部25c及び第4平面部25dを有している。第1平面部25aは、絶縁体24の外周面25の全長に亘り、導体心線23の長さ方向に導体心線23と平行に形成されている。第2平面部25bは、第1平面部25aと同一幅であり、絶縁体24の外周面25の全長に亘り、導体心線23の長さ方向に導体心線23と平行に形成されている。

0020

第3平面部25cは、第1平面部25aの幅方向の一端(図2(c)における点A)と、第2平面部25bの幅方向の一端(点B)と、を繋ぐように設けられている。一方、第4平面部25dは、第1平面部25aの幅方向の他端(点C)と、第2平面部25bの幅方向の他端(点D)と、を繋ぐように設けられている。別の言い方をすると、図2(c)に示すように、上述した断面において、線心束20の外周の一部である線分25c(第3平面部25c)は、正方形の頂点A,Bを結ぶ直線に相当する。

0021

絶縁体24は、図2(c)に示すように、その断面形状が等脚台形であるように形成されている。より具体的には、第1平面部25aと第2平面部25bとが台形の脚に相当し、第3平面部25cが台形の下底に相当し、第4平面部25dが台形の上底に相当する。第1平面部25aと第2平面部25bとがなす角度θは、90度である。第3平面部25cと第4平面部25dとは、互いに平行である。

0022

換言すると、4本の絶縁線心21は、それらが1つに束ねられる(カッド撚りされると)と1本の四角筒形状(断面の内周および外周が正方形である形状)を形成するように、絶縁体24の外周面25の形状が設計されている。より具体的には、絶縁線心21は、その断面形状が、上述した四角筒を4分割した台形形状であるように設計されている。これにより、絶縁線心21が束ねられたとき、絶縁線心21の第1平面部25a及び第2平面部25bが隣接する他の絶縁線心21の第1平面部25a又は第2平面部25bに密着すると共に、絶縁線心21の第3平面部25cが断面が正方形の外周面を形成し、絶縁線心21の第4平面部25dが断面が正方形の内周面を形成することになる。

0023

更に、第4平面部25dによって囲まれる領域(四角筒形状の中空部分)には、空気が存在している。換言すると、導体心線23の間に空気層が存在している。

0024

押え巻きテープ22は、例えば、ポリエステル等から構成された不織布テープである。押え巻きテープ22は、四角筒形状に束ねられた4本の絶縁線心21の外周面に螺旋状に巻き付けられ、これら絶縁線心21を束ねられた状態のまま固定する。

0025

再び図1を参照すると、介在部材30は、例えば、ポリプロピレン(PP)等から構成される解繊紙である。介在部材30として、通信ケーブル10の配索時などにおいて通信ケーブル10を自在に曲げることが可能なように、柔軟性(可撓性)を有する材料が用いられることが好ましい。介在部材30は、複数の線心束20の間の隙間を埋めるように、通信ケーブル10の全長に亘って設けられている。

0026

押え巻きテープ40は、例えば、上述した押え巻きテープ22と同様のポリエステル等から形成される不織布テープである。押え巻きテープ40は、介在部材30の周囲に隙間なく且つ横断面形状が円形状になるように、通信ケーブル10の全長に亘って通信ケーブル10に螺旋状に巻き付けられている。

0027

シース50は、例えば、ポリエチレン等の合成樹脂から形成される絶縁性の可撓性チューブである。シース50は、線心束20と同一の長さを有しており、複数の線心束20、介在部材30及び押え巻きテープ40をその内側に収容する。更に、シース50は、その内周面が押え巻きテープ40に密着するように配置されている。

0028

<線心束および通信ケーブルの製造方法>
以下、図3を参照しながら、通信ケーブル10及び線心束20の製造方法について説明する。

0029

まず、通信ケーブル10に用いる線心束20を製造する。線心束20に用いられる絶縁線心21は、例えば、押出ダイクロスヘッドダイ等)を備えた押出成形機を用い、予熱した導体心線23を引き出しながらその周囲に溶融した熱可塑性樹脂を重ねて絶縁体24を形成することによって製造する。このとき、絶縁体24(即ち、絶縁線心21)の断面形状が上述した台形形状になるように、ダイの形状が予め設定されている。

0030

次いで、上述したように製造した絶縁線心21を、図3(a)に示すように、分線板Pに設けられた4つの台形孔P1〜P4を貫通させた後、環状の部材Qを貫通させる。分線板Pは、図3(b)に示すように、円板状に形成されており、4つの台形孔P1〜P4が分線板Pの中心Oに対して対称に設けられている。4つの台形孔P1〜P4の各々は、絶縁線心21の断面形状に応じた台形形状に形成されており、それぞれの上底(図2(c)の25dを参照。)が分線板Pの中心Oを向くようにして配置されている。これにより、絶縁線心21が部材Qを貫通したとき、絶縁線心21の第4平面部25dが互いに向き合うように配置されることになる。

0031

次いで、部材Qを通過した絶縁線心21を、部材Qから離れる向きWに向けて引っ張りながら、絶縁線心21の各々の第1平面部25a及び第2平面部25bが、それぞれ隣接する他の絶縁線心21の第1平面部25a又は第2平面部25bに密着すると共に、各絶縁線心21における第3平面部25c及び第4平面部25dがそれぞれ互いに接するように、絶縁線心21を互いに束ねて撚り合わせていく。即ち、4本の絶縁線心21をカッド撚りする。このように撚り合わされた複数の絶縁線心21は、第3平面部25cが互いに連接され且つ第4平面部25dが互いに連接され、四角筒形状を有することになる。その後、押え巻きテープ40を、撚り合わせられた絶縁線心21の外周面に螺旋状に巻き付ける。

0032

以上の工程を経て、線心束20が製造される。

0033

次いで、線心束20を3本束ねると共に、それらの間に介在部材30を充填しながら線心束20を断面円形状になるように押え巻きテープ40を巻き付けて固定する。その後、押出成形などによって押え巻きテープ40の周囲にシース50を形成する。

0034

以上の工程を経て、通信ケーブル10が製造される。

0035

<線心束の外力に対する耐性
以下、図4及び図5を参照しながら、上述したように製造された線心束20の外力に対する耐性について説明する。

0036

線心束20は、種々の状況下にて、外力を受ける。例えば、線心束20は、上述した製造工程において通信ケーブル10を形成するために束ねられるとき、一般に、ローラを介して処理装置に向けて送出される。このとき、ローラの外周面に沿って線心束20の送出方向が変化する場合などにおいて、線心束20はローラの表面に押し付けられるような外力を受けることになる。また、通信ケーブル10が形成された後であっても、通信ケーブル10が自動車等に配索される場合において、通信ケーブル10が周辺の部材に押し付けられたとき、通信ケーブル10内の線心束20が外力を受けることになる。

0037

図4は、このような外力に対する線心束20の耐性を説明するべく、平板100上に置かれた線心束20に対し、平板100に垂直な方向から線心束20を押しつぶすような外力を線心束20に及ぼした場合における、線心束20の断面形状を示す模式図である。図4(a)〜(c)は従来の線心束90(断面における外周形状が円形)の外力に対する耐性を表し、図4(d)〜(f)は本実施形態の線心束20の外力に対する耐性を表す。なお、便宜上、図4においては、線心束20及び線心束90の双方において、押え巻きテープの図示を省略している。

0038

まず、図4(a)に示す従来の線心束90の場合、図4(b)に示すように、隣接する絶縁線心の接触面の近傍の位置F1に外力を受けた場合、その外力は、絶縁線心91aと絶縁線心91bとの接触面、及び、絶縁線心91cと絶縁線心91dとの接触面を介し、平板100に伝わる。その結果、平板100と線心束90との接点にて外力と逆向きの反力が生じ、その反力が絶縁線心91a,91bの接触面および絶縁線心91c,91dの接触面を介し、外力を受けた位置F1に伝わる。このとき、絶縁線心91a〜91dの各々において、外力と反力とが実質的に釣り合うことになる。そのため、この場合、絶縁線心91a〜91dの位置は実質的に変化せず、線心束90はカッド形状を維持できる。

0039

一方、図4(c)に示すように、絶縁線心の中央周辺の位置F2に外力を受けた場合、絶縁線心間静摩擦力を外力による摺動方向の力が上回ると、絶縁線心91a,91bの接触面、絶縁線心91a,91cの接触面、絶縁線心91b,91dの接触面、及び、絶縁線心91c,91dの接触面にて、絶縁線心間の滑りが生じる。その結果、カッド形状が崩れる。なお、このとき、外力が平板100に十分に伝わらないため、十分な反力が生じない。そのため、図4(c)に示す例の場合、カッド形状の崩れは、絶縁線心91b,91cが上下の平板100に接触するまで進行することになる。

0040

その結果、図5に示すように、従来の線心束90を側面から見た場合、外力に対してカッド形状を維持し難い部分(A)と、外力に対してカッド形状を維持し易い部分(B)と、が線心束20の撚りに対応して交互に生じることになる。線心束90の漏話減衰量特性を高める観点において、このようにカッド形状を維持できない部分(A)が生じることは望ましくない。

0041

これに対し、図4(d)に示す本実施形態に係る線心束20の場合、図4(e)に示すように、隣接する絶縁線心21の接触面の近傍F3に外力を受けた場合、その外力は、絶縁線心21aと絶縁線心21bとの接触面、及び、絶縁線心21cと絶縁線心21dとの接触面を介し、平板100に伝わる。その結果、平板100と線心束20との接点にて外力と逆向きの反力が生じ、その反力が絶縁線心21a,21bの接触面および絶縁線心21c,21dの接触面を介し、外力を受けた位置F1に伝わる。このとき、絶縁線心21a〜21dの各々において、外力と反力とが実質的に釣り合うことになる。そのため、この場合、図4(b)に示す例と同様、絶縁線心21a〜21dの位置は実質的に変化せず、線心束20はカッド形状を維持できる。

0042

更に、図4(f)に示すように、絶縁線心21の外周面全体(便宜上、位置F4及びF5)に外力を受けた場合、その外力は、絶縁線心21b,21cの外周面を介して直接に平板100に伝わる。その結果、平板100と絶縁線心21b,21cとの接点にて外力と逆向きの反力が生じ、その反力が絶縁線心21b,21cの外周面を介し、位置F4,F5に伝わる。このとき、絶縁線心21a〜21dの各々において、外力と反力とが実質的に釣り合うことになる。そのため、この場合、絶縁線心21a〜21dの位置は実質的に変化せず、線心束90はカッド形状を維持できる。

0043

その結果、図6に示すように、線心束20を側面から見た場合、従来の線心束90(図5)に比べ、外力に対してカッド形状を維持し難い部分が少ないことになる。よって、線心束20は、従来の線心束90(図5)に比べ、外力に対して高い耐性を有する(カッド形状を維持できる)ことになる。

0044

以上に説明したように、本実施形態によれば、線心束が外力(例えば、図4を参照。)を受けた場合、線心束の断面形状の外周が正方形であり且つ絶縁線心の断面形状の頂点がその正方形の頂点に位置するため、外力を絶縁線心同士の接触面だけでなく外周面によっても支えることができる。よって、線心束のカッド形状の崩れを防止でき、漏話減衰量特性を維持できる。更に、線心束は、内周によって囲まれる中空部分に空気を存在させることにより、伝送信号の減衰量特性を向上させられる。

0045

<他の実施形態>
本発明は上記実施形態に限定されることはなく、本発明の範囲内において種々の変形例を採用できる。

0046

例えば、上述した実施形態の線心束20は、線心束20の軸線に垂直な断面において、外周および内周が正方形である四角筒形状を有している。しかし、本発明の線心束の外周の断面形状は、必ずしも正方形に限定されない。例えば、図7に示すように、線心束20が、その軸線に直交する断面において、内周及び外周を有する環形状であって、外周の形状が正方形の少なくとも1つの辺が(図7においては全ての辺が)環形状の径方向内側に湾曲した形状(準正方形)である環形状を有してもよい。線心束20がこのような断面形状を有する場合であっても、上記説明から理解されるように、従来の線心束90に比べてより確実にカッド形状を維持できることになる。

0047

更に、例えば、本発明の線心束の内周の断面形状も、必ずしも正方形に限定されない。例えば、図8に示すように、線心束20が、その軸線に直交する断面において、内周及び外周を有する環形状であって、内周の形状が円形である環形状を有してもよい。線心束20の伝送信号の減衰量特性を高める観点からは、導体心線の間に存在する低誘電率物体の層(例えば、空気層)の厚さが大きいほど好ましい。よって、例えば、内周の断面形状を図2(a)に示す正方形よりも面積が大きい円形とすることにより、線心束20の伝送信号の減衰量特性を図2(a)に示す例よりも向上させられる。更に、同面積が大きいほど、伝送信号の減衰量特性が高まることになる。なお、円形は一つの例に過ぎず、線心束20の内周の断面形状がその他の形状であっても、導体心線の間に存在する低誘電率の物体の層を厚くできる形状であれば、伝送信号の減衰量特性を向上させられることになる。

0048

ここで、上述した本発明に係る線心束の実施形態の特徴を下記(1)〜(3)に簡潔に纏めて列記し、上述した本発明に係る通信ケーブルの実施形態の特徴を下記(4)簡潔に纏めて記載する。
(1)
絶縁体(24)によって覆われた導体心線(23)である絶縁線心(21)がカッド撚りされた線心束(20)であって、
該線心束は、
該線心束の軸線に直交する断面において、内周(25d)及び外周(25c)を有する環形状であって、前記外周(25c)の形状が正方形又は正方形の少なくとも1つの辺が前記環形状の径方向内側に湾曲した準正方形である環形状を有し、
前記絶縁線心(21)の各々は、
前記断面において、前記正方形又は前記準正方形の隣接する2つの頂点(A,B)、及び、前記内周上にある2つの頂点(C,D)、を含む複数の頂点を結んだ形状を有する、
線心束。
(2)
上記(1)に記載の線心束において、
前記内周(25d)によって囲まれる領域内に空気が存在している、
線心束。
(3)
一又は複数の線心束を有する通信ケーブル(10)であって、
前記線心束(20)は、上記(1)又は上記(2)のいずれか一項に記載の線心束である、
通信ケーブル。

0049

10通信ケーブル
20線心束
21絶縁線心
23導体心線
24絶縁体
25 絶縁線心の外周面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社オートネットワーク技術研究所の「 UTPケーブル、及びコネクタ」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】UTPケーブルの伝送特性の劣化を抑制しつつ、コネクタの大型化を抑制する。【解決手段】UTPケーブル10は、撚り合わされた2本のコア線11と、2本のコア線11の外側に配されたインナージャケット1... 詳細

  • 株式会社フジクラの「 漏洩同軸ケーブル」が 公開されました。( 2019/05/16)

    【課題】使用周波数以外の不要な電磁波の影響を低減し、安定した無線通信を実現することができる漏洩同軸ケーブルを提供することを目的とする。【解決手段】漏洩同軸ケーブルは、軸方向に延伸する中心導体と、中心導... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 通信用ハーネス及び中継コネクタ」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】電子機器間の通信でペアケーブルでのEMC耐性と電源重畳機能の実現を両立させることができる通信用ハーネス及び中継コネクタを提供する。【解決手段】少なくとも2つ以上の電子機器101、103との間で... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ