図面 (/)

技術 精米設備

出願人 井関農機株式会社
発明者 高橋努川端英臣越智輝久小野寺佑介村上修三
出願日 2015年9月18日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2015-185538
公開日 2017年3月23日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2017-056444
状態 特許登録済
技術分野 穀粒の調整加工処理
主要キーワード 出入り扉 着脱具 投入容量 投入高 横仕切壁 前仕切壁 ロープ掛け 受け体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

本発明は、投入室内に収容できる玄米量を確保しながら、投入高さを低くすることができる精米設備にすることを課題とする。

解決手段

建屋(T)内を仕切壁(1)で客室(2)と機械室(3)に仕切る精米設備において、玄米を搬送する搬送装置(7)を備える投入ホッパ(P)を仕切壁(1)より客室(2)に延長して設け、投入ホッパ(P)の左右一側の第一傾斜板(20)の上端位置を左右他側の第二傾斜板(22)の上端位置より低く形成したことを特徴とする。

概要

背景

特許文献1には、非精米運転時には投入ホッパの正面を覆い、精米運転時に上方にスライドして開放し、利用者が持参玄米を投入ホッパに投入する建屋T式の精米設備が記載されている。

特許文献2には、投入ホッパが客室3の左右一側に突出して設ける籾摺精米設備が記載されている。

概要

本発明は、投入室内に収容できる玄米量を確保しながら、投入高さを低くすることができる精米設備にすることを課題とする。建屋(T)内を仕切壁(1)で客室(2)と機械室(3)に仕切る精米設備において、玄米を搬送する搬送装置(7)を備える投入ホッパ(P)を仕切壁(1)より客室(2)に延長して設け、投入ホッパ(P)の左右一側の第一傾斜板(20)の上端位置を左右他側の第二傾斜板(22)の上端位置より低く形成したことを特徴とする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

建屋内仕切壁客室機械室仕切精米設備において、玄米を搬送する搬送装置を備える投入ホッパを仕切壁より客室に延長して設け、投入ホッパの左右一側の第一傾斜板上端位置を左右他側の第二傾斜板の上端位置より低く形成したことを特徴とする精米設備。

請求項2

投入ホッパは客室の左右一側に設け、左右外側の第二傾斜板の上端を建屋側壁と接続し、左右内側の第一傾斜板の上端部から客室の床面に向かって下がり傾斜姿勢の袋載置板を設けることを特徴とする請求項1記載の精米設備。

技術分野

0001

本発明は、建屋内利用者出入りする客室と、精米運転のための装置各部を配置する機械室を備える精米設備に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、非精米運転時には投入ホッパの正面を覆い、精米運転時に上方にスライドして開放し、利用者が持参玄米を投入ホッパに投入する建屋T式の精米設備が記載されている。

0003

特許文献2には、投入ホッパが客室3の左右一側に突出して設ける籾摺精米設備が記載されている。

先行技術

0004

特許第4393309号公報
特公平8−2421号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1及び特許文献2いずれの投入ホッパは、玄米の収容量を確保するために、設定高さが必要としていた。そのため、利用者は持参した玄米入りの袋を持ち上げて投入ホッパに投入する必要があった。料金式の精米設備においては、通常、20kgや30kgの玄米を処理することが多く、かなりの重量である。

課題を解決するための手段

0006

かかる課題を解決するために、請求項1記載の発明は、
建屋内を仕切壁で客室と機械室に仕切る精米設備において、
玄米を搬送する搬送装置を備える投入ホッパを仕切壁より客室に延長して設け、投入ホッパの左右一側の第一傾斜板上端位置を左右他側の第二傾斜板の上端位置より低く形成したことを特徴とする。

0007

請求項2記載の発明は、請求項1記載の発明において、
投入ホッパは客室の左右一側に設け、
左右外側の第二傾斜板の上端を建屋の側壁と接続し、
左右内側の第一傾斜板の上端部から客室の床面に向かって下がり傾斜姿勢の袋載置板を設けることを特徴とする。

発明の効果

0008

本発明により、投入室内に収容できる玄米量を確保しながら、投入高さを低くすることができる。また、第二傾斜板を建屋の側壁に接続することで、側壁を利用して玄米を収容できるので、投入ホッパの玄米収容量を確保できる。

0009

また、床面に向かって下がり傾斜姿勢の袋載置板を設けることで、袋を床面に置いて寝かせながら玄米を投入ホッパに投入することができる。

図面の簡単な説明

0010

平面から見た精米設備の内部を説明する図
正面から見た客室を説明する図
精米設備の作業工程
正面側から見た投入室内を説明する図
ブロック図
正面及び側面から見た建屋の外観図

実施例

0011

本発明の実施の形態の精米設備について以下、説明する。

0012

建屋Tを仕切壁1で利用者が出入りする客室3と、精米運転を行う装置各部を設ける機械室2とに仕切る。

0013

客室3の正面側には、利用者が客室3に出入りするための利用者用出入り扉4を設け、機械室2側の側壁34には、精米設備の管理者が出入りするための管理者用出入り扉5を設ける。

0014

客室3の左右一側に利用者が持参した玄米を投入する投入室6を設ける。投入室6内に設ける投入ホッパPに投入した玄米を機械室2側に搬送する搬送ラセン7を設ける。機械室2の左右一側に搬送ラセン7で搬送した玄米を揚穀する第一昇降機8を設ける。機械室2の左右中間部には、玄米に混じる石を除去する石抜機9を設ける。機械室2の左右他側には石抜機9で石抜き処理して第二昇降機10で揚穀した石を精米処理する精米機11を設ける。精米機11で処理した精白米を収容する精白米ホッパ12を客室3の左右他側に設ける。

0015

機械室2の後部には精米機11の精米処理で発生したを収容する糠収容部13を設ける。

0016

仕切壁1の客室3側には利用者が料金を投入する料金投入口14と、精白度を選択する精白度選択スイッチ15を設ける。

0017

図5に示すように、精米設備は制御部Sにより、制御されている。

0018

次に、投入室6について説明する。

0019

投入室6は客室3の左右一側に区画される。正面側には投入室前仕切壁16を設け、側面側には投入室横仕切壁17を設ける。投入室前仕切壁16は精米設備の管理者が開閉するメンテナンス開閉扉16aに構成し、投入室横仕切壁17は、上下方向に開閉する利用者の投入用開閉扉18を構成する。

0020

投入用開閉扉18が閉時にその下端部を受ける開閉扉受け体19を設け、開閉扉受け体19から搬送ラセン7に向かって傾斜面を備える第一傾斜板20を形成する。開閉扉受け体19から客室3側に向かって傾斜面を備える袋載置板21を設ける。

0021

搬送ラセン7を挟んで第一傾斜板20の反対側には第二傾斜板22を設け、第二傾斜板22の上端から上方は建屋Tの側壁34部内側面となっている。第一傾斜板20及び第二傾斜板22の前側には後下がり傾斜姿勢の第三傾斜板23を設ける。第三傾斜板23の上端から上方は、メンテナンス用開閉扉16aの内側面となっている。

0022

すなわち、第一傾斜板20と第二傾斜板22と第三傾斜板23は投入ホッパPを形成するものである。

0023

第一傾斜板20の上部から第二傾斜板22の上部にわたって異物選別網24を設ける。第二傾斜板22の内側面には、穀物有無検出センサ25及び籾・玄米判別センサ26を設ける。第二傾斜板22と建屋Tの側壁34との間と第三傾斜板23とメンテナンス用開閉扉16aとの間には空間部Kが形成されており、該空間部Kには穀物有無検出センサ25及び籾・玄米判別センサ26のハーネス25a、26aや搬送ラセン7の搬送駆動モータ27を設けている。また、異物選別網24の着脱具であるピン29等を設けている。

0024

仕切壁1を貫通する玄米戻し筒28を投入室6横仕切壁17に沿って前下がり姿勢に設け、その排出口28aを投入用開閉扉18と対向する位置に設ける。

0025

次に、利用者による精米運転について説明する。

0026

利用者は、料金を料金投入口14に投入すると、投入用開閉扉18が閉状態から開動作する。利用者は、持参した袋Hを建屋Tの床面Yに載置し、袋載置板21に沿って横倒しする。すると、袋H内の大半の玄米が投入室6内に流れ込み一部は側壁34で支持される玄米層Gの状態となる。そして、利用者は、袋H内の残りの玄米を投入室6に投入する。玄米の投入が終了し、精白度選択スイッチ15で所望の精白度を選択すると搬送ラセン7が駆動を開始し、玄米が第一昇降機8、石抜機9、第二昇降機10を経て精米機11で精米処理され、精白米ホッパ12に収容される。利用者は精白米ホッパ12から持参の袋Hに白米を収容する。投入室6に玄米を残したまま、料金切れにより精米運転が停止し、利用者が残留玄米を持ち帰る場合には、利用者は持ち帰りスイッチ30を操作する。すると、搬送ラセン7と第一昇降機8が駆動し、切換弁31が玄米戻し筒28側に切り換り、玄米が玄米戻し筒28から排出される。利用者は袋Hを玄米戻し筒28の排出口にセットし、玄米を受けて持ち帰る。

0027

精米運転の終了後に、所定の時間の経過、又は利用者が不在であることを人検知センサ43が検出すると投入用開閉扉18が自動的に閉じる構成である。

0028

次に、管理者による投入室6内のメンテナンスについて説明する。

0029

管理者はメンテナンス用開閉扉16aを開けると投入室6前側が開放状態となり、空間部Kが露出する。管理者は、穀物有無検出センサ25及び籾・玄米判別センサ26のハーネス25a、26aや搬送ラセン7の搬送駆動モータ27のメンテナンスが可能となる。

0030

また、異物選別網24を外すときにはピン29を外す。

0031

次に、本実施の形態の精米設備の効果について説明する。

0032

本実施の投入室6においては、前側を投入壁仕切壁1、側面を建屋Tの側壁34内側を投入室6の一部として利用することで、一定量の玄米を収容することができるため、第一傾斜板20、第二傾斜板22、第三傾斜板23の高さを低くすることができる。そのため、利用者は持参した袋Hを高く持ち上げなくても、客室3の床面Yに載置した状態で投入室6側に向かって横倒しにすることで持参玄米の大半の玄米を投入室6に投入できる。利用者は重量物である持参した袋Hを持ち上げる高さを低くすることができ、投入がし易い。

0033

また、袋載置板21に沿って、持参した袋Hを横倒しして載置できるので、載置し易い。

0034

また、穀物有無検出センサ25や籾・玄米判別センサ26のハーネス25a、26aや搬送ラセン7の搬送駆動モータ27は客室3から離れた場所に設けることで、故障がし難いと共に、管理者がメンテナンスをし易い。

0035

本実施の形態の投入室6は、客室3のスペースの一部に区画して設けることで、投入容量を確保しつつ、非精米運転時は、投入室6内を客室3と隔離する構成を特徴としている。そして、投入室6を客室3の左右一側に設け、建屋Tの側壁34を投入室6の一部として利用する点に特徴があるが、客室3の中央部に投入室6を区画して設け、その左右一側の投入用開閉扉18を設けることも可能である。また、投入室6前仕切壁16を投入用開閉扉18とする構成も可能である。

0036

また、本実施の形態の投入室6は、前後方向の長さを左右方向の長さよりも長く構成し、前後方向に沿う姿勢の投入用開閉扉18を設ける構成にするため、投入用開閉扉18を大きく構成することができ、利用者が玄米を投入し易いという点にも特徴がある。

0037

次に、建屋Tの外観について説明する。

0038

建屋Tの前側には屋根35から上方に突出する前看板36を取り付ける。建屋Tの屋根35は後側に向かって下がり傾斜に形成し、後壁37より後方に突出する。屋根35の後端部から設定距離離間した位置に後看板38を設ける。後看板38は後壁37側に取り付ける後看板取付部39に取り付ける。すなわち、後看板取付部39は平面視でコ型に構成することで、屋根35の後端部と離間する構成とすることで、屋根35の雨水が円滑に後側に流すことができる。また、屋根35柱の上面に精米設備をクレーン等で釣り上げる上フック40を設け、屋根35柱の前端部と後端部の下面にトラック等で精米設備を輸送する際のロープ掛け用の下フック41を設けている。なお、前看板36は夜間でも営業できるように電飾看板の構成である。

0039

次に、客室3内の照明44の点灯の制御について説明する。

0040

夜間において、利用者が客室3に近づいたこと、または、客室3に入ることを人検知センサ43が検出すると、客室3の照明44が点灯する。そして、利用者が客室3から離れたことを人検知センサ43が検出すると照明44が消灯する。しかしながら、精米運転中においては、利用者が客室3から離れたことを人検知センサ43が検出しても、照明44は点灯し続けるように制御部Sで制御する。これにより、精米運転中に利用者が一時的に所用で客室3から離れても、照明44が点灯し続けることで利用者が不審感を抱かない。また、建屋Tから離れた位置にいる利用者に精米運転中であることを示すことができる。また、夜間において、精米運転をしない時には客室3の照明44を消灯することで省エネとなり、管理者のランニングコストを低減することができる。また、客室3の照明44を消灯しても、前看板36を電飾看板として、夜間でも点灯を継続することで、周辺の人に営業中であることを示すことができる。なお、精米運転中とは、利用者が料金を投入してから、料金分の時間精米運転をして、精米運転が停止してから設定時間(例えば1分)が経過するまでの時間である。もちろん、精米運転の終了後、利用者が不在の際に客室3の照明44が消灯しても、利用者が客室3に戻ったことを検出すると、照明44が点灯するのは言うまでもない。

0041

一般的に人検知センサ43で人を検知すると照明44が点灯し、人検知センサ43が人を検知しなくなると消灯するのはトイレ等で公知であるが、本実施の形態の特徴は、精米運転中の場合には、人検知センサ43が利用者の不在を検出しても、客室3の照明44が消灯しないことにある。

0042

本実施の形態は、玄米専用の料金式の精米設備について記載しているが、籾を籾摺精米して精白米にする建屋式の籾摺精米設備についても実施できる。

0043

1仕切壁
2機械室
3客室
6投入室
7搬送装置(搬送ラセン)
16 投入室前仕切壁
16aメンテナンス用開閉扉
17 投入室横仕切壁
18投入用開閉扉
20 第一傾斜板
21 袋載置板
22 第二傾斜板
34 (建屋の)側壁
T 建屋
P 投入ホッパ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社山本製作所の「 自動精米装置用吊り下げ具及び自動精米装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】袋体の外れを抑制する自動精米装置用吊り下げ具及び自動精米装置を得る。【解決手段】自動精米装置用吊り下げ具12、86は、米粒が排出される排出部20Bが設けられる自動精米装置10に取り付けられ、袋... 詳細

  • 株式会社サタケの「 穀物調製機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】収穫後の穀物を処理する穀物調製機の正面以外の場所にいても、穀物調製機の稼働状態を認識することができる穀物調製機を提供することを技術的課題とする。【解決手段】収穫後の穀物を処理する穀物調製機にお... 詳細

  • 大和産業株式会社の「 無洗穀類の製造装置および製造方法」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】簡単な構造の装置と操作により、原料穀類に付着している肌ぬか等の異物が除去され、調理時の洗浄が省略可能で、優れた品質の無洗穀類を製造できる無洗穀類の製造装置、方法を提案する。【解決手段】傾斜状に... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ