図面 (/)

技術 毛髪化粧料

出願人 株式会社ダリヤ
発明者 恩田由美子
出願日 2015年9月10日 (4年5ヶ月経過) 出願番号 2015-178692
公開日 2017年3月16日 (2年11ヶ月経過) 公開番号 2017-052726
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード ビューラ ポリグリセリンモノアルキルエーテル シリコーンタイプ パーマネント剤 増粘性高分子 ヘアケア剤 きしみ 使用性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する、毛髪化粧料を提供する。

解決手段

概要

背景

従来より、皮膚や髪へ化粧料を塗布する際の感触を良くするため、高分子化合物によって増粘させることが知られている。しかし、高分子化合物を含む製剤は、独特きしみ感を与えることがある。この、きしみ感を低減させる為に様々な検討がなされている。

例えば、特許文献1では、ポリエチレングリコールカルボキシビニルポリマーヒドロキシエチルセルロースシリコーン誘導体アルカリ剤、水からなるゲル状毛髪化粧料が提供されている。また、特許文献2では、皮膜形成剤ポリグリセリンモノアルキルエーテル増粘性高分子を含有する頭髪化粧料が提供されている。

概要

高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する、毛髪化粧料を提供する。カルボキシビニルポリマー、ポリエチレングリコール、ブロック型非イオン性界面活性剤低級アルコールを含有する毛髪化粧料。なし

目的

本発明の目的は、高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する、毛髪化粧料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

(A)カルボキシビニルポリマーの含有量が、0.01〜3質量%である、請求項1に記載の毛髪化粧料。

請求項3

(B)ポリエチレングリコールが、25℃で液体である、請求項1または請求項2に記載の毛髪化粧料。

請求項4

(B)ポリエチレングリコールの含有量が、0.01〜10質量%である、請求項1から請求項3のいずれかに記載の毛髪化粧料。

請求項5

(C)ブロック型非イオン性界面活性剤の含有量が、0.1〜5質量%である、請求項1から請求項4のいずれかに記載の毛髪化粧料。

請求項6

(C)ブロック型非イオン性界面活性剤が、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテルである、請求項1から請求項5のいずれかに記載の毛髪化粧料。

請求項7

(D)低級アルコールの含有量が、0.1〜50質量%である、請求項1から請求項6のいずれかに記載の毛髪化粧料。

技術分野

0001

本発明は、化粧料に関するものであり、更に詳しくは、高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する、毛髪化粧料に関する。

背景技術

0002

従来より、皮膚や髪へ化粧料を塗布する際の感触を良くするため、高分子化合物によって増粘させることが知られている。しかし、高分子化合物を含む製剤は、独特のきしみ感を与えることがある。この、きしみ感を低減させる為に様々な検討がなされている。

0003

例えば、特許文献1では、ポリエチレングリコールカルボキシビニルポリマーヒドロキシエチルセルロースシリコーン誘導体アルカリ剤、水からなるゲル状毛髪化粧料が提供されている。また、特許文献2では、皮膜形成剤ポリグリセリンモノアルキルエーテル増粘性高分子を含有する頭髪化粧料が提供されている。

0004

特開2001−335436
特開2009−067735

0005

シリコーン油を配合したヘアケア剤は、シリコーン油の優れた使用感から多数上市されている。しかし、最近では、シリコーン油が高配合されたヘアケア剤を使用することで染毛剤またはパーマネント剤の効果が落ちる等の懸念から、需要者からはノンシリコーンタイプ商品を求める声も多く、ノンシリコーン商品でもシリコーン油を配合した商品と遜色ない使用感を実現する技術が求められている。その点、従来技術(例えば、特許文献1)では、当該課題を解決する事が困難であった。

先行技術

0006

また、最近の需要者は、いわゆる皮膜形成剤の効果を利用した整髪剤を好まない傾向にあり、ワックス等の皮膜形成剤の効果を利用しない整髪剤が市場主体となってきている。しかし、ワックス等は、その性状から頭髪へのなじみが非常に悪いため、皮膜形成剤の効果を利用せず、さらになじみの良い整髪料が求められている。その点、従来技術(例えば、特許文献2)では、当該課題を解決することが困難であった。

発明が解決しようとする課題

0007

すなわち本発明の目的は、高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する、毛髪化粧料を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明者は、このような状況に鑑み、鋭意研究した結果、カルボキシビニルポリマー、ポリエチレングリコール、ブロック型非イオン性界面活性剤低級アルコールを含有する化粧料が上記の課題を解決することを見出し、本発明を完成するに至った。

0009

すなわち、本発明は(A)カルボキシビニルポリマー、(B)ポリエチレングリコール、(C)ブロック型非イオン性界面活性剤、(D)低級アルコールを含有し、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する、毛髪化粧料を提供するものである。

発明の効果

0010

本発明の化粧料は、高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する。

0011

以下、本発明の構成について詳述する。

0012

本発明に用いられる、(A)カルボキシビニルポリマーの含有量は、特に限定されないが、0.01〜3質量%が好ましい。より好ましくは0.05〜1質量%である。さらに好ましくは、0.1〜0.5質量%である。0.01質量%より少ない場合、製剤の粘度が著しく低いことから塗布しにくく使用性が劣る恐れがあり、3質量%を超える場合、粘度が著しく高くなり、かえって塗布時のなじみが劣る恐れがある。

0013

以下、%表記は特に記載しない限り質量%を表わすものとする。

0014

本発明に用いられる、(B)ポリエチレングリコールは、特に限定されないが、毛髪になめらかさを付与する観点から、ポリエチレングリコール200、ポリエチレングリコール300、ポリエチレングリコール400、ポリエチレングリコール600等、25℃で液状のものが好ましい。25℃で液状とは、当該ポリエチレングリコールが25℃において特定の空間形状を短時間でも保持することができない流動体である事を言う。

0015

本発明に用いられる、(B)ポリエチレングリコールは、特に限定されないが、0.01〜10%が好ましい。より好ましくは0.1〜8%であり、更に好ましくは、0.5〜5%である。0.01%より少ない場合、なめらかさを得られない恐れがあり、10%を超える場合、べたつきが出てしまう恐れがある。

0016

本発明に用いられる、(C)ブロック型非イオン性界面活性剤としては、特に限定されないが、高級アルコール酸化プロピレン酸化エチレンとを付加重合することで得られたものが好ましい。

0017

上記ブロック型非イオン性界面活性剤の形成に用いられる高級アルコールとしては、セチルアルコールステアリルアルコールベヘニルアルコール、2−デシルテトラデシルアルコール等の、炭素数が12〜24のアルコールが挙げられる。これらの中でも、毛髪に柔らかさを付与する作用がより強い点で、セチルアルコールを用いて合成されたブロック型非イオン性界面活性剤が好ましい。

0018

本発明に用いられる、(C)ブロック型非イオン性界面活性剤としては、特に限定されないが、0.1〜5%が好ましい。より好ましくは0.3〜3%であり、更に好ましくは0.5〜2%である。0.1%より少ない場合、きしみ感や柔らかさを抑える効果が得られない恐れがあり、5%を超える場合、べたつきが出てしまう恐れがある。

0019

上記ブロック型非イオン性界面活性剤としては、上記の条件を満たせば特に限定されないが、例えば日光ケミカルズ社製の市販品を用いることができる。具体的には、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(1E.O.)(4P.O.)(商品名:NIKKOL PBC−31)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(10E.O.)(4P.O.)(商品名:NIKKOL PBC−33)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)(商品名:NIKKOL PBC−34)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(1E.O.)(8P.O.)(商品名:NIKKOL PBC−41)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(8P.O.)(商品名:NIKKOL PBC−44)、等が挙げられる。

0020

本発明に用いられる、(D)低級アルコールとしては、特に限定されないが、炭素数が5以下の例えばメタノールエタノールプロパノールブタノール等が挙げられる。

0021

本発明に用いられる、(D)低級アルコールとしては、特に限定されないが、0.1〜50%が好ましい。より好ましくは1〜30%であり、更に好ましくは3〜20%である。0.1%より少ない場合、使用性が悪くなる恐れがあり、50%を超える場合、きしみ感が出てしまう恐れがある。

0022

本発明の化粧料には、本発明の効果を損なわない範囲内であれば、上記成分の他に通常化粧品に用いられる成分として、アニオン性界面活性剤ノニオン性界面活性剤等の界面活性剤、高級アルコール、シリコーン油、炭化水素油エステル油植物油等の油性成分、紫外線吸収剤香料酸化防止剤保湿剤清涼剤ビタミン類植物抽出物pH調整剤着色剤等を目的に応じて適宜含有することができる。

0023

以下、実施例及び比較例を挙げて本発明を更に詳細に説明する。本発明は、これら実施例により限定されるものではない。なお、実施例及び比較例中における各成分の含有量を示す単位は、特に記載しない限り質量%とする。

0024

後述の表1〜4に示す実施例1〜27及び比較例1〜6に係る毛髪化粧料を、それぞれ常法により調製した。また、水酸化カリウムを用いて適宜pH調整を行った。

0025

<塗布時の使用性の良さ>
パネラー10名に、人毛黒髪(ビューラクス社製:BS−A)5g、20cmの毛束に対し、毛髪化粧料0.5gを塗布してもらい、塗布時の使用性の良さについて評価した。

0026

評価基準を次のように設定した。
◎…使用性が良好であると感じた人が8名以上。
○…使用性が良好であると感じた人が5〜7名。
△…使用性が良好であると感じた人が3〜4名。
×…使用性が良好であると感じた人が2名以下。

0027

<なじみの良さ>
パネラー10名に、人毛黒髪(ビューラックス社製:BS−A)5g、20cmの毛束に対し、毛髪化粧料0.5gを塗布してもらい、なじみの良さについて評価した。

0028

評価基準を次のように設定した。
◎…なじみが良好であると感じた人が8名以上。
○…なじみが良好であると感じた人が5〜7名。
△…なじみが良好であると感じた人が3〜4名。
×…なじみが良好であると感じた人が2名以下。

0029

<きしみ感の無さ>
人毛黒髪(ビューラックス社製:BS−A)5g、20cmの毛束に対し、毛髪化粧料0.5g塗布し、風乾した。この毛束のきしみ感の無さについてパネラー10名によって評価した。

0030

評価基準を次のように設定した。
◎…きしみ感が無いと感じた人が8名以上。
○…きしみ感が無いと感じた人が5〜7名。
△…きしみ感が無いと感じた人が3〜4名。
×…きしみ感が無いと感じた人が2名以下。

0031

<なめらかさの付与>
人毛黒髪(ビューラックス社製:BS−A)5g、20cmの毛束に対し、毛髪化粧料0.5g塗布し、風乾した。この毛束のなめらかさについてパネラー10名によって評価した。

0032

評価基準を次のように設定した。
◎…なめらかであると感じた人が8名以上。
○…なめらかであると感じた人が5〜7名。
△…なめらかであると感じた人が3〜4名。
×…なめらかであると感じた人が2名以下。

0033

<柔らかさの付与>
人毛黒髪(ビューラックス社製:BS−A)5g、20cmの毛束に対し、毛髪化粧料0.5g塗布し、風乾した。この毛束の柔らかさについてパネラー10名によって評価した。

0034

評価基準を次のように設定した。
◎…柔らかいと感じた人が8名以上。
○…柔らかいと感じた人が5〜7名。
△…柔らかいと感じた人が3〜4名。
×…柔らかいと感じた人が2名以下。

0035

0036

0037

0038

0039

実施例27
カルボキシビニルポリマー0.25%
ポリエチレングリコール200 1.50%
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル
(20E.O.)(4P.O.) 1.50%
エタノール10.00%
エデト酸二ナトリウム0.03%
パラオキシ安息香酸メチル0.10%
1,3−ブチレングリコール3.00%
グリセリン3.00%
ホホバ油0.01%
香料0.05%
水酸化カリウム0.10%
精製水80.46%

0040

実施例27において各種試験を行っても、塗布時の使用性の良さ、なじみの良さ、きしみ感の無さ、なめらかさ、柔らかさにおいて良好な結果を得られた。

実施例

0041

上記の実施例1〜27より、本発明の毛髪化粧料は高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与することが解明された。

0042

本発明は、高分子化合物によって粘度を付与することで塗布時の使用性を良くしながら、なじみが良く、きしみ感が無く、なめらかさと柔らかさを付与する、毛髪化粧料を提供できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 高級アルコール工業株式会社の「 固形化粧料」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】 本発明は、リーブオフ型またはリーブオン型の固形化粧料に関し、クレンジング性能またはスキンケア性能に優れた高い透過率を有する固形化粧料を提供する。【解決手段】 ジブチルラウロイルグルタミド... 詳細

  • 株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパンの「 頭皮、頭髪用ヘアケアセット及び育毛剤」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】頭皮の角質層の形成及び成熟化を健全な状態に保つことにより健康な頭髪とすることができる頭皮、頭髪のヘアケア方法の提供。【解決手段】頭皮、頭髪用石鹸を用いて頭皮、頭髪を洗浄する段階と、洗浄後の頭皮... 詳細

  • 株式会社コーセーの「 化粧料及び皮膚外用剤」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 成分(a)炭素数16〜22の多価不飽和脂肪酸及び成分(b)ビタミンE類を含む化粧料又は皮膚外用剤の経時的な変色を抑制すること。【解決手段】 次の成分(a)、成分(b)及び成分(c);(a... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ