図面 (/)

技術 景品払出装置

出願人 株式会社マースエンジニアリング
発明者 桑原浄宏大川戸惇
出願日 2015年8月31日 (4年2ヶ月経過) 出願番号 2015-171581
公開日 2017年3月9日 (2年8ヶ月経過) 公開番号 2017-046861
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 連結分離 計数演算 双方向クラッチ 位置検出用突起 開扉検知 直方体空間 収納列 上昇スピード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

景品計数する時間を短縮することが可能な景品払出装置を提供すること。

解決手段

実施形態の景品払出装置は、景品を積層して収納する景品収納部と、前記景品を検知する第1の検知手段、及び前記第1の検知手段と前記景品の積層方向に離間して配置され前記景品を検知する第2の検知手段を備え、前記積層方向に移動可能な計数部と、前記第1の検知手段よりも前記第2の検知手段が進行方向側に位置する第1の方向、または、前記第2の検知手段よりも前記第1の検知手段が進行方向側に位置する第2の方向に前記計数部を移動させ、かつ前記第1の検知手段または前記第2の検知手段のうちの進行方向側に位置する検知手段が出力する検知信号に基づいて特定される前記景品の有無に対応して、前記計数部を異なる速度で移動させる駆動部とを具備する。

概要

背景

例えばパチンコ店などの遊技店では、遊技客パチンコ機で獲得したパチンコ玉数スロットマシンで獲得したメダル数に応じて特殊景品を払い出す景品払出装置を設置している。

景品払出装置は、収納箱内昇降台上に複数の特殊景品を重積収納しており、獲得したパチンコ玉数やメダル数に応じてその昇降台を上昇させることで所定数の特殊景品を払い出している。

この特殊景品の円滑な払い出しや不正防止の観点から、特殊景品は厳重に在庫が管理されており、定期的に在庫数計数される。
特殊景品を計数するためのセンサ部を備える計数装置を備える景品払出装置が知られている。この景品払出装置は、特殊景品の計数を行う際、まず計数装置が景品払出装置の上方の待機位置から下降しながらローラによって特殊景品を整列させる。そして特殊景品の整列が終わると待機位置に向かって上昇しながら特殊景品を計数していく。

概要

景品を計数する時間を短縮することが可能な景品払出装置を提供すること。実施形態の景品払出装置は、景品を積層して収納する景品収納部と、前記景品を検知する第1の検知手段、及び前記第1の検知手段と前記景品の積層方向に離間して配置され前記景品を検知する第2の検知手段を備え、前記積層方向に移動可能な計数部と、前記第1の検知手段よりも前記第2の検知手段が進行方向側に位置する第1の方向、または、前記第2の検知手段よりも前記第1の検知手段が進行方向側に位置する第2の方向に前記計数部を移動させ、かつ前記第1の検知手段または前記第2の検知手段のうちの進行方向側に位置する検知手段が出力する検知信号に基づいて特定される前記景品の有無に対応して、前記計数部を異なる速度で移動させる駆動部とを具備する。

目的

本発明は、かかる課題を解決するためになされたもので、景品を計数する時間を短縮することが可能な景品払出装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

景品を積層して収納する景品収納部と、前記景品を検知する第1の検知手段、及び前記第1の検知手段と前記景品の積層方向に離間して配置され前記景品を検知する第2の検知手段を備え、前記積層方向に移動可能な計数部と、前記第1の検知手段よりも前記第2の検知手段が進行方向側に位置する第1の方向、または、前記第2の検知手段よりも前記第1の検知手段が進行方向側に位置する第2の方向に前記計数部を移動させ、かつ前記第1の検知手段または前記第2の検知手段のうちの進行方向側に位置する検知手段が出力する検知信号に基づいて特定される前記景品の有無に対応して、前記計数部を異なる速度で移動させる駆動部とを具備することを特徴とする景品払出装置

請求項2

前記第1の検知手段または前記第2の検知手段のうちの進行方向側に位置する検知手段が出力する検知信号に基づいて前記景品が有ることが特定された場合、前記計数部を第1の速度で移動させ、前記第1の検知手段または前記第2の検知手段のうちの進行方向側に位置する検知手段が出力する検知信号に基づいて前記景品が無いことが特定された場合、前記計数部を前記第1の速度よりも速い第2の速度で移動させるように前記駆動部を制御する移動制御部をさらに具備することを特徴とする請求項1に記載の景品払出装置。

請求項3

前記第1の検知手段及び前記第2の検知手段は、前記景品を個別に検知し、前記第1の方向に前記計数部が移動した場合、前記第1の検知手段が出力した前記検知信号に基づいて前記景品の枚数を算出する第1の計数制御部と、前記第2の方向に前記計数部が移動した場合、前記第2の検知手段が出力した前記検知信号に基づいて前記景品の枚数を算出する第2の計数制御部とをさらに具備することを特徴とする請求項1または2に記載の景品払出装置。

請求項4

景品を積層して収納する景品収納部と、前記景品を検知する第1の有無検知手段、前記第1の有無検知手段と前記景品の積層方向に離間して配置され前記景品を検知する第2の有無検知手段、及び、前記第1の有無検知手段と前記第2の有無検知手段に挟まれて配置され前記景品を個別に検知する計数手段を備え、前記積層方向に移動可能な計数部と、前記第1の有無検知手段よりも前記第2の有無検知手段が進行方向側に位置する第1の方向、または、前記第2の有無検知手段よりも前記第1の有無検知手段が進行方向側に位置する第2の方向に前記計数部を移動させ、かつ前記第1の有無検知手段または前記第2の有無検知手段のうちの進行方向側に位置する有無検知手段が出力する前記景品の検知信号に基づいて特定される前記景品の有無に対応して前記計数部を異なる速度で移動させる駆動部とを具備することを特徴とする景品払出装置。

請求項5

前記第1の有無検知手段または前記第2の有無検知手段のうちの進行方向側に位置する有無検知手段が出力する前記景品の検知信号に基づいて前記景品が有ることが特定された場合、前記計数部を第1の速度で移動させ、前記第1の有無検知手段または前記第2の有無検知手段のうちの進行方向側に位置する有無検知手段が出力する検知信号に基づいて前記景品が無いことが特定された場合、前記計数部を前記第1の速度よりも速い第2の速度で移動させるように前記駆動部を制御する移動制御部をさらに具備することを特徴とする請求項4に記載の景品払出装置。

請求項6

前記計数手段は、前記景品を個別に検知し、前記計数手段が出力した前記景品の検知信号に基づいて、前記景品の枚数を算出する計数制御部をさらに具備することを特徴とする請求項4または5に記載の景品払出装置。

請求項7

前記景品収納部を出入自在に収容する筐体部と、前記景品収納部に収納された前記景品を保持して移動可能な保持部と、をさらに具備し、前記計数部は、前記保持部と着脱可能に設けられ、前記駆動部は、前記計数部、または前記計数部に連結された前記保持部を移動させることを特徴とする請求項1ないし6のいずれか一項に記載の景品払出装置。

請求項8

景品を積層して収納する景品収納部と、前記景品収納部を出入自在に収容する筐体部と、前記景品収納部に収納された前記景品を保持して移動可能な保持部と、前記保持部によって移動された前記景品を検知する有無検知手段、及び前記有無検知手段と前記景品の積層方向に離間して配置され前記景品を個別に検知する計数手段を備える計数部と、前記有無検知手段が出力する前記景品の検知信号に基づいて特定される前記景品の有無に対応して、前記保持部を異なる速度で移動させる駆動部とを具備することを特徴とする景品払出装置。

請求項9

前記有無検知手段が出力する検知信号に基づいて前記景品が有ることが特定された場合、前記保持部を第1の速度で移動させ、前記有無検知手段が出力する検知信号に基づいて前記景品が無いことが特定された場合、前記保持部を前記第1の速度よりも速い第2の速度で移動させるように前記駆動部を制御する移動制御部をさらに具備することを特徴とする請求項8に記載の景品払出装置。

技術分野

0001

本発明は、パチンコ機などの遊技機器が設置される遊技店などに設置され特殊景品などの景品を払い出す景品払出装置に関する。

背景技術

0002

例えばパチンコ店などの遊技店では、遊技客がパチンコ機で獲得したパチンコ玉数スロットマシンで獲得したメダル数に応じて特殊景品を払い出す景品払出装置を設置している。

0003

景品払出装置は、収納箱内昇降台上に複数の特殊景品を重積収納しており、獲得したパチンコ玉数やメダル数に応じてその昇降台を上昇させることで所定数の特殊景品を払い出している。

0004

この特殊景品の円滑な払い出しや不正防止の観点から、特殊景品は厳重に在庫が管理されており、定期的に在庫数計数される。
特殊景品を計数するためのセンサ部を備える計数装置を備える景品払出装置が知られている。この景品払出装置は、特殊景品の計数を行う際、まず計数装置が景品払出装置の上方の待機位置から下降しながらローラによって特殊景品を整列させる。そして特殊景品の整列が終わると待機位置に向かって上昇しながら特殊景品を計数していく。

先行技術

0005

特許第5426118号

発明が解決しようとする課題

0006

景品の計数にかかる時間を短縮したいという要望がある。本発明は、かかる課題を解決するためになされたもので、景品を計数する時間を短縮することが可能な景品払出装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

実施形態の景品払出装置は、景品を積層して収納する景品収納部と、前記景品を検知する第1の検知手段、及び前記第1の検知手段と前記景品の積層方向に離間して配置され前記景品を検知する第2の検知手段を備え、前記積層方向に移動可能な計数部と、前記第1の検知手段よりも前記第2の検知手段が進行方向側に位置する第1の方向、または、前記第2の検知手段よりも前記第1の検知手段が進行方向側に位置する第2の方向に前記計数部を移動させ、かつ前記第1の検知手段または前記第2の検知手段のうちの進行方向側に位置する検知手段が出力する検知信号に基づいて特定される前記景品の有無に対応して、前記計数部を異なる速度で移動させる駆動部とを具備する。

発明の効果

0008

実施形態の景品払出装置によれば、景品の有無に対応して、景品の側面を読み取るセンサの上昇または下降の速度を可変させることができる。この結果、景品の計数に掛かる時間の短縮を図ることができる。また、景品の検知の確実性を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0009

実施形態に係る景品払出システム1全体の構成を示す図である。
景品払出装置17を示す斜視図である。
図2に示した景品払出装置17の裏側を示す斜視図である。
図3に示した景品払出装置17の背面扉109を開いた状態を示す斜視図である。
景品カートリッジ112を示す斜視図である。
部ユニット113の外側部を説明するための一部拡大斜視図である。
下部ユニット113の内部を示す概略図である。
下部ユニット113内に挿入された景品カートリッジ112の検知について説明するための一部拡大斜視図である。
分離した状態の計数部170及び景品搬送部180を示す斜視図である。
計数部170が景品搬送部180を保持した状態を示す斜視図である。
主制御手段104の機能を示す機能ブロック図である。
レーン制御手段105の機能を示す機能ブロック図である。
昇降制御部105cによる計数部170の上昇速度の可変制御について説明する模式図である。
昇降制御部105cによる計数部170の下降速度の可変制御について説明する模式図である。
景品払出装置17の動作を示すフローチャートである。
景品払出装置17の景品Wの在庫計数の動作を示すフローチャートである。
景品払出装置17の景品Wの計数処理の動作を示すフローチャートである。
第2の実施形態に係る計数部270及び景品搬送部180を示す斜視図である。
第2の実施形態に係るレーン制御手段205の機能を示す機能ブロック図である。
変形例に係る計数部370及び景品搬送部180を示す斜視図である。
第3の実施形態に係る景品払出装置17の一部断面図である。

実施例

0010

(第1の実施形態)
以下、図面を参照して、本発明の一つの実施形態に係る景品払出システム及び景品払出装置を説明する。

0011

(景品払出システム1について)
まず、図1を参照して、景品払出システム1について説明する。図1は、実施形態に係る景品払出システム1全体の構成を示す図である。
景品払出システム1は、図1に示すように、ネットワーク3を介して複数の機器通信可能に接続されてなる遊技店システムの中で、獲得した遊技媒体数(例えば、パチンコ玉数やメダル数)に応じて払い出される景品W(景品)の払い出しに関するシステムである。

0012

景品払出システム1では、複数のパチンコ機5(遊技機)、このパチンコ機5の間に配置されパチンコ機5とそれぞれ接続される複数の台間機7、複数のスロットマシン9(遊技機)、メダル払い出し用の台間機11がいわゆる「島」を形成し、島コンピュータ13を介してそれぞれネットワーク3に接続されている。
景品払出システム1では、現金や、会員用ICカード15aまたは非会員用ICカード15b(記録媒体)により特定可能な度数有価価値)によって遊技店と遊技客との間で、遊技媒体貸借が行われる。

0013

景品払出システム1は、景品Wを払い出すための景品払出装置17を備える。この実施形態では、景品払出装置17は、景品管理装置POS)19に専用のケーブルにより接続されており、POS19を介してネットワーク3に接続される。また、例えば、景品払出装置17とPOS19とを専用のケーブルではなく、ネットワーク3を介して接続してもよい。

0014

ネットワーク3は、例えば、Local Area Network(LAN)である。ネットワーク3は、有線LANでもよいし無線LANでもよい。
ネットワーク3には、さらに、遊技媒体の数を計数したり景品払い出し用のカードレシートなどを発券したりする計数機21が接続されている。計数した玉数またはメダル数に基づく情報を有価情報という。有価情報には、計数した玉数、またはメダル数が変換された貯玉数、または貯メダル数を示す情報も含まれる。計数機21は、カードやレシートにより有価情報を特定できるようにして発券を行う。
ネットワーク3には、受け入れた会員用ICカード15aまたは非会員用ICカード15bの度数残高を現金で返却する精算機23、管理装置25が接続されている。

0015

ネットワーク3には、さらに、再プレー受付機27、発券機29、データ表示機31、データ公開機33などが接続されている。
再プレー受付機27は、会員用ICカード15aに記憶されたIDに基づいて、管理装置25の記憶部に記憶された貯玉数または貯メダル数があれば再プレー用の貯玉数または再プレー用の貯メダル数の情報を書き換える旨の要求信号を管理装置25に送信する。この結果、再プレーが行える状態になる。

0016

発券機29は、紙幣を受け入れる。発券機29は、度数を購入するための「購入ボタン」を備え、選択された金額に対応する度数を、会員用ICカード15aにより特定可能にしたり、その金額に対応する度数が特定可能な非会員用ICカード15bを発行したりする。
データ表示機31は、各遊技機の上部に取り付けられ、各遊技機におけるスランプグラフスタート回数大当たり回数などの情報を表示する。

0017

データ公開機33は、各遊技機の、例えば、スランプグラフ、スタート回数、大当たり回数などの情報を検索可能な装置であり、その検索情報を表示部に表示して遊技客に提供する。
上記した各機器からの情報は、ネットワーク3を介して管理装置25に出力され、さらに、プロトコルコンバータ35、モデム37を介して外部の統括情報センタ39が備える統括管理装置39aに送信される。

0018

また、ネットワーク3を介して、管理装置25から各機器に種々の信号(情報)を出力することもできる。「種々の信号(情報)」とは、例えば、景品払出装置17への景品Wの払い出しを指示する払出指示信号、景品Wの在庫の計数を指示する在庫計数指示信号、景品Wを積層して保持する景品収納部(後述する景品カートリッジ112)を景品払出装置17から取り出すための取出指示信号である。

0019

これらの信号によって所定枚数の景品Wの払い出しが行われたり、景品Wの在庫が計数されたりする。この払出指示信号、在庫計数指示信号、取出指示信号は、POS19、パーソナルコンピュータ(PC)41などネットワーク3に接続される各機器から景品払出装置17に送信されることもある。

0020

統括管理装置39aには、例えば、他の遊技店からも種々情報が送信される。この結果、遊技店ごとの集計や遊技店全体の集計などを行うことができる。また、統括管理装置39aにおいて集計された各情報は、PC41などで見ることができる。
また、PC41によって、ネットワーク3を介して各機器を制御したり、各機器が管理する情報を利用(情報の表示、編集印刷)したりすることができる。

0021

(景品払出装置17について)
次に図2〜5を用いて景品払出装置17について詳細に説明する。図2は、景品払出装置17を示す斜視図である。図3は、図2に示した景品払出装置17の裏側を示す斜視図である。図4は、図3に示した景品払出装置17の背面扉109を開いた状態を示す斜視図である。図5は、景品カートリッジ(景品収納部)112を示す斜視図である。

0022

図2に示すように、景品払出装置17は、筐体100、点灯部103、主制御手段104、レーン制御手段105、表示ユニット106、操作表示パネル107を備える。図3及び図4に示すように、景品払出装置17は、背面扉109、景品払出ユニット110を備える。なお、表示ユニット106及び操作表示パネル107は、POS19に備えつけられることもある。この場合、景品払出装置17は、表示ユニット106及び操作表示パネル107を備えなくてもよい。また、景品払出装置17は、点灯部103を備えないこともある。

0023

景品払出装置17は、遊技の結果として得られる景品Wをレーンごとに払い出す。「レーン」とは、図2及び図4に示すように、それぞれ複数あるうちの1の点灯部103、1のレーン制御手段105、1の景品払出ユニット110、を一組とした単位であり、ここでは景品払出装置17は6つのレーンを備えている。

0024

図2に示すように、筐体100は、排出天板100a、正面部100b(遊技客側の面部)及び背面部100c(従業員側の面部)を備える。筐体100の内部には、景品Wが保管されている。
排出天板100aの上面の所定の箇所には、景品Wが排出される景品払出口100dが設けられている。ここでは、景品払出口100dは、6カ所に設けられている。このように景品払出口100dを設けることによって、最大で6箇所から景品Wを同時に排出することが可能となる。景品払出口100dは、6箇所に限られるものではなく、景品Wを一度に排出する量によって設置数増減させてもよい。

0025

点灯部103は、排出天板100a上の景品払出口100dの近傍に設けられている。点灯部103は、例えばLEDランプを備える。点灯部103は、景品払出口100dと対応する数が設置される。景品Wが排出される景品払出口100dに対応した点灯部103が点灯することによって、景品Wが排出される景品払出口100dの位置を遊技客や従業員に示すことができる。

0026

表示ユニット106は、払い出される景品Wの数などを表示するためのディスプレイ装置であり、例えば液晶モニタなどで構成される。表示ユニット106は、スピーカを備えることもある。この場合、遊技客に対して「いらっしゃいませ」、「景品が出るまでしばらく待ち下さい」などの音声による情報を発することができる。また、例えばスピーカは景品払出装置17に備えてもよい。

0027

図3に示すように、操作表示パネル107は、景品払出装置17の背面側を向いて設けられている。操作表示パネル107には、表示部107a、エラー発生時点灯部107bが設けられている。
表示部107aは、表示ユニット106と同様に、払い出される景品Wの数などを表示するためのディスプレイ装置であり、例えば液晶モニタなどで構成される。

0028

エラー発生時点灯部107bは、操作表示パネル107の左右の端部に設けられている。エラー発生時点灯部107bは、景品Wの補充要求や搬送不良などのエラー発生時に点灯する。また、エラー発生時の点灯は点灯部103で行っても良い。

0029

さらに操作表示パネル107には、接続されたPOS19の台数を示す点灯部107cが設けられている。この点灯部107cは、例えばLEDランプを備え、POS19が1台併設されている場合にはLEDランプが1つ点灯し、POS19が2台併設されている場合には、2つ点灯する。

0030

また、操作表示パネル107には、点灯部107cに近接して、景品払出装置17のレディ状態を示すレディ点灯部107dが設けられている。このレディ点灯部107dも、例えばLEDランプなどを備える。
操作表示パネル107には、さらにボタン群107eが設けられている。

0031

ボタン群107eは、種々のボタンから構成されている。ボタン群107eは、例えば「在庫確認ボタン」、「景品カートリッジ取り出しボタン」、「テンキー」、「払い出しボタン」などを備えることができる。
在庫確認ボタンが押されることによって景品Wの在庫計数を行うことができる。景品カートリッジ取り出しボタンが押されることによって、景品Wを積層して保持する景品カートリッジ112を景品払出装置17から取り出すことができる。
また、例えば操作表示パネル107をタッチパネル液晶にすれば、ボタン群107eや各点灯部103は不要となる。

0032

景品カートリッジ取り出しボタンがPOS19に備えられている場合がある。この場合、POS19の景品カートリッジ取り出しボタンが押されたことに対応して、POS19から景品払出装置17に対して、景品カートリッジ112の取り出しを指示する取出指示信号が送信される。結果として、景品カートリッジ112を景品払出装置17から取り出すことができる。なお、景品カートリッジ112については、図5を参照して後述する。

0033

テンキーによって、例えば、払い出す景品Wの枚数を入力することができる。
払い出しボタンによって、例えば、景品Wの種類を入力したり、景品Wの払い出しを開始することができる。このことにより、景品払出口100dから所定の枚数の景品Wを払い出すことができる。すなわち、テンキー及び払い出しボタンを備えることによって、POS19、管理装置25、PC41などから払出指示信号が送信されなくとも景品Wを払い出すことができる。

0034

図3に示すように背面扉109は、筐体100の背面部100cに設けられている。背面扉109は、把持部109a及び施錠機構109bを備える。
背面扉109は、両開きタイプの扉であり、遊技店の従業員は、把持部109aを握って左右の背面扉109を開閉できる。
施錠機構109bは、例えば、鍵孔に鍵を差し込むことで施錠または開錠が可能な構造を有する。但し、施錠機構109bは、この構成に限るものではなく、外部から入力された入力信号などで電気的に施錠または開錠が可能な電子錠タイプのものでもよい。
施錠機構109bは、図2に示した主制御手段104と回線を介して接続されることがある。この場合、主制御手段104は、施錠機構109bの施錠状態開錠状態判別することもできる。

0035

図4に示すように、一方の背面扉109の側面には、開扉検知手段109cが配置される。この開扉検知手段109cは、例えば、接点スイッチなどで構成される。開扉検知手段109cは、他方の背面扉109の側面が自身(開扉検知手段109c)に接触したことを検知する。開扉検知手段109cは、背面扉109の側面が接触したことを示す検知信号を主制御手段104に送信する。この検知信号によって主制御手段104は、背面扉109の開状態閉状態を判別することができる。

0036

景品払出ユニット110は、上部ユニット111、景品カートリッジ112、下部ユニット113を備える。景品払出ユニット110は、景品払出装置17の横方向にレーンごとに並列的に配置される。この実施例では、6レーン分の景品払出ユニット110を配置しているが、景品払出ユニット110の配置数は6レーン分に限られるものではなく、その数を増減してもよい。

0037

上部ユニット111は、景品Wを景品払出口100dから排出する装置である。この実施形態では、上部ユニット111は、景品Wを鉛直方向(排出天板100aの面方向に直交する方向)に持ち上げるようにして払い出す。上部ユニット111は、シャッター部111aを備える。シャッター部111aは、景品Wの排出時以外は、景品払出口100dを閉鎖する蓋である。また、例えばシャッター部111aは筐体100に備えてもよい。

0038

景品カートリッジ112は、景品Wを積層して保持する箱体である。図5に示すように、景品カートリッジ112は、全体として直方体からなり、複数の一列に並べられた直方体空間からなる景品収納列120から構成される。景品カートリッジ112は、下部ユニット113に出し入れ自在に挿入され、かつ下部ユニット113内を移動可能に配置される。

0039

景品カートリッジ112の一方の外側面には、従業員に把持される把持部121が設けられている。把持部121が設置された外側面とは反対側の景品カートリッジ112の外側面には、金属プレート122が配設されている。この実施形態では、2個の金属プレート122が景品カートリッジ112の外側面の下部に配設されているが、個数及び配置位置はこれに限るものではない。

0040

景品収納列120は、それぞれ景品Wを収納する。例えば、景品Wの厚さが3mmの場合、景品収納列120は、景品Wを150個収納することができる。したがって、3個の景品収納列120で、合計450個の景品Wを収納することができる。この実施形態では、景品カートリッジ112は、3個の景品収納列120から構成されているが、これに限られるものではなく、景品収納列120の数を増減してもよい。景品収納列120には、それぞれ異なる種類の景品Wを収納させてもよいし、同じ種類の景品Wを収納させてもよい。

0041

景品収納列120の背面及び両側面は壁面で形成されている。景品収納列120は、隣接する景品収納列120の間の側面120aをそれぞれ共有している。
景品収納列120の前面及び天井面は開口されている。景品収納列120の側面前部には、板状のガイド124が景品収納列120に沿って設けられている。
景品収納列120の底面には、中央部及び前面部の一部が切り欠きされ、ほぼC字型に形成された景品ストッパ125が固着されている。景品ストッパ125は、景品収納列120内に積層される景品Wを支持する。

0042

次に図6〜8を用いて下部ユニット113について詳細に説明する。図6は、下部ユニット113の外側部を説明するための一部拡大斜視図である。図7は、下部ユニット113の内部を示す概略図である。図8は、下部ユニット113内に挿入された景品カートリッジ112の検知について説明するための一部拡大斜視図である。

0043

図6に示すように下部ユニット113(筐体部)は、筐体113a、カートリッジ挿入口扉113b、ロック機能部113c及び接点スイッチ113dを備える。
筐体113aは、中空の箱体であり、景品カートリッジ112を出入自在に収容する。筐体113aには、筐体113aの外部に開口する景品カートリッジ挿入口113eが形成され、この景品カートリッジ挿入口113eから景品カートリッジ112が出し入れされる。

0044

カートリッジ挿入口扉113b、ロック機能部113c及び接点スイッチ113dは、それぞれ景品カートリッジ挿入口113eの近傍に配置される。接点スイッチ113dは、カートリッジ挿入口扉113bの開閉を検知するために設けられている。
ロック機能部113c及び接点スイッチ113dは、レーン制御手段105と回線を介して接続されることがある。この場合、レーン制御手段105は、カートリッジ挿入口扉113bの開状態や閉状態や施錠状態、開錠状態を判別することができる。

0045

カートリッジ挿入口扉113bは、景品カートリッジ挿入口113eを閉鎖可能な開閉扉として機能する。カートリッジ挿入口扉113bの一端側は、例えば、蝶番などの回動支持部材113fによって筐体113aに固定されている。この回動支持部材113fを設けることによって、回動支持部材113fを軸としてカートリッジ挿入口扉113bを開閉することができる。

0046

また、カートリッジ挿入口扉113bの固定側とは反対側の縁部には、係止開口部113gが設けられている。係止開口部113gは、ロック機能部113cと対応する位置に設置される。係止開口部113gは、カートリッジ挿入口扉113bが閉められたときに、ロック機能部113cによって係止される。結果として、カートリッジ挿入口扉113bは、ロック機能部113cによってロックされる。
カートリッジ挿入口扉113bには、図4に示すように、扉把持部113hが設置されている。

0047

下部ユニット113の筐体113aの上部には、図7に示すように、上部ユニット111及び排出天板100aが配置される。筐体113aの天井面には、上部ユニット111と連通する開口部113jが設けられている。
開口部113jを介して、景品Wが上部ユニット111内に搬送され、最終的に景品払出口100dから払い出される。

0048

図7に示すように下部ユニット113は、ガイド部130、リフト機構140(駆動部)、計数部初期位置センサ151、景品搬送部初期位置センサ152、上限センサ153、支持ピン160、支持台161、計数部170、景品搬送部180を収容する。

0049

ガイド部130は、ガイドレール131、ガイドローラ132、カートリッジ設置板133、キャッチ手段134、マグネット135、位置検出用突起136、位置検知センサ137、カートリッジ移動機構138を備える。

0050

ガイドレール131は、景品カートリッジ挿入口113eの下端位置の両側に、かつ景品カートリッジ挿入口113eから景品カートリッジ挿入口113eの反対側である筐体113aの奥に渡って帯状に設置されている。ガイドレール131の一部は、景品搬送部180の一部が、上下方向(ガイドレール131の配設方向に直交する方向)に通り抜けることが可能なように切り欠きされている。ガイドレール131は、挿入された景品カートリッジ112の移動方向をガイドする。

0051

ガイドローラ132は、ガイドレール131の一方の壁面から他方の壁面間に渡って複数本設置される。ガイドローラ132が回転することによって、カートリッジ設置板133が、ガイドレール131に沿ってガイドローラ132上を移動する。
カートリッジ設置板133は、ガイドローラ132上に配置される。カートリッジ設置板133は、景品カートリッジ挿入口113eから挿入された景品カートリッジ112を受けて景品カートリッジ112を支持する。カートリッジ設置板133は、景品カートリッジ112と一体的にガイドレール131の配設方向に移動する。

0052

図8に示すように、カートリッジ設置板133には、景品カートリッジ112の景品ストッパ125の切り欠きに対応する切欠部133aが設けられている。切欠部133aは、ガイドレール131と同様に、景品搬送部180の一部が、上下方向に通り抜けることが可能な形状に切り欠きされている。

0053

キャッチ手段134は、カートリッジ設置板133において、景品カートリッジ挿入口113eの奥側の端部に設けられ、カートリッジ設置板133と一体的に移動する。キャッチ手段134は、マグネット135及び位置検出用突起136を保持する。
キャッチ手段134は、後述する主制御手段104の制御部104aとともに下部ユニット113に景品カートリッジ112が入れられたことを検知する検知部として機能する。

0054

キャッチ手段134は、主制御手段104またはレーン制御手段105と電気的に接続される磁気センサ(例えば、ホール素子)を備えることができる。磁気センサが、マグネット135の磁界の変化を検知することによって、主制御手段104またはレーン制御手段105は、景品カートリッジ挿入口113eに挿入された景品カートリッジ112が適切なものであるか否かを判定することができる。景品カートリッジ挿入口113eに挿入された景品カートリッジ112が適切でない場合には、例えば、ブザーをならすことで、従業員に知らせることができる。

0055

景品カートリッジ挿入口113eからカートリッジ設置板133上の所定の位置(例えば、キャッチ手段134と接触する位置)まで景品カートリッジ112が挿入されことでカートリッジ設置板133上への景品カートリッジ112の挿入及び載置が完了する。
このとき、マグネット135と、景品カートリッジ112の外側面に配設された金属プレート122とが磁気的に接続する。そしてこのとき、カートリッジ設置板133の切欠部133aと、景品カートリッジ112の景品ストッパ125の切り欠きは、その位置が対応する。

0056

位置検出用突起136は、キャッチ手段134において、マグネット135が取り付けられた面とは反対側の面に設けられている。位置検出用突起136は、位置検知センサ137によって検知される。

0057

図7に示すように、位置検知センサ137は、筐体113aの内壁面の所定の位置に配設される。ここでは、3個の位置検知センサ137が所定の間隔を空けて配設されている。位置検知センサ137は、例えば、発光部と受光部が対向配置されたフォトセンサであり、発光部の光が遮断されることにより位置検出用突起136を検知する。位置検知センサ137は、検知結果をレーン制御手段105に出力する。このことによって、カートリッジ設置板133の筐体113a内での位置がレーン制御手段105によって検知できる。

0058

カートリッジ移動機構138は、それぞれ筐体113aの底部に設置されたステッピングモータ138a及びタイミングベルト138bを備える。カートリッジ移動機構138は、ステッピングモータ138aとタイミングベルト138bを接続する所定のギア比ギア部を備えることもできる。

0059

ステッピングモータ138aは、レーン制御手段105によって正逆回転される。ステッピングモータ138aの回転軸には、カートリッジ設置板133上に設置された景品カートリッジ112の移動位置を検知するために回転の有無を検出する為のエンコーダを設けることもできる。

0060

タイミングベルト138bは、ステッピングモータ138aからの動力をカートリッジ設置板133に伝達するための伝達手段である。ステッピングモータ138aが駆動することによって、タイミングベルト138bが駆動する。結果的にカートリッジ設置板133が、ガイドローラ132上を移動する。

0061

(リフト機構140について)
リフト機構140は、ステッピングモータ141、ギア群142、スパイラルシャフト143、リニアシャフト144、クラッチ145を備える。
リフト機構140は、ステッピングモータ141が正常に回転しているかを検知するためのエンコーダを備えることもある。リフト機構140は、計数部170単体または、計数部170とこの計数部170に保持(連結)された景品搬送部180を昇降させる。なお、図7では計数部170と景品搬送部180は分離状態である。

0062

ステッピングモータ141、ギア群142、スパイラルシャフト143、リニアシャフト144、クラッチ145は、筐体113aの底面部に配置されている。
ステッピングモータ141は計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180を昇降させるための駆動源であり、レーン制御手段105によって正逆回転される。

0063

ギア群142は、ステッピングモータ141の動力をスパイラルシャフト143に伝達する。なお、タイミングベルト138bのようなベルト機構やこの他にもチェーン機構によって、ステッピングモータ141の動力をスパイラルシャフト143に伝達させてもよい。

0064

スパイラルシャフト143及びリニアシャフト144は、互いに所定の間隔を空けて並行に配置されている。スパイラルシャフト143及びリニアシャフト144は、筐体113aの底面部から開口部113jが開口する天井面に渡って設置されている。
スパイラルシャフト143は、ステッピングモータ141に対してギア群142及びクラッチ145を介して接続されており、ステッピングモータ141から動力を供給されて回転する。スパイラルシャフト143の回転によって計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180が昇降する。
リニアシャフト144は、計数部170及び景品搬送部180の昇降をガイドする。

0065

クラッチ145は、例えば双方向クラッチである。クラッチ145の入力軸は、ステッピングモータ141側のギア群142と接続され、クラッチ145の出力軸は、スパイラルシャフト143側のギア群142に接続される。クラッチ145では、ステッピングモータ141が正転または逆転した場合のどちらの場合においても入力軸と出力軸が回転する。つまり、正転または逆転のどちらの場合であってもステッピングモータ141の動力は、ギア群142とともにスパイラルシャフト143に伝わる。

0066

ただしクラッチ145は、ステッピングモータ141にとっては外乱となるスパイラルシャフト143側からの力(例えば、回転力)を受けると、出力軸がロックする。この結果、この力は、ステッピングモータ141側には伝わらない。
例えば、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180がスパイラルシャフト143によって昇降しているときに、ステッピングモータ141の駆動が止まった場合、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180の重量によって、スパイラルシャフト143には、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180が下降する方向に働く不要な回転力が生じる。

0067

このとき、クラッチ145の出力軸がロックすることでスパイラルシャフト143は回転せず、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180は、スパイラルシャフト143上で停止し、待機状態となる。
このことを利用して、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180をスパイラルシャフト143上の任意の位置で停止させたい場合には、ステッピングモータ141の駆動を停止させればよい。結果として、電力消費を抑制できる。

0068

また、仮に計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180の昇降中にステッピングモータ141への電力の供給が絶たれてしまった場合、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180は、電源の供給が絶たれる直前の位置で待機状態となるため、電力供給復旧した後の動作の影響を低減できる。例えば、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180の上昇中であった場合には、待機位置から上昇を再開することになるので、上昇が完了するまでの時間を短縮することができる。

0069

クラッチ145を備えない場合には、電源の供給が絶たれると、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180は、筐体113aの底部まで自然に下降してしまうので、上昇が完了するまでに時間がかかってしまったり、下降の衝撃で故障してしまう怖れがある。クラッチ145を備えることによってこのようなことを防止することができる。

0070

計数部初期位置センサ151、景品搬送部初期位置センサ152、上限センサ153は、例えば、発光部と受光部が対向配置されたフォトセンサである。発光部の光が遮断されることにより物体の有無を検知できる。計数部初期位置センサ151、景品搬送部初期位置センサ152、上限センサ153として超音波センサ、磁気センサ、赤外線センサなど種々のセンサを用いることもできる。

0071

計数部初期位置センサ151は、筐体113aにおいて景品搬送部初期位置センサ152よりも上の方に位置する。計数部初期位置センサ151は、計数部170の初期位置である筐体113aの下部に配置され、計数部170がこの初期位置に位置したことを検知する。

0072

景品搬送部初期位置センサ152は、筐体113aにおいて計数部初期位置センサ151よりも下の方に位置する。景品搬送部初期位置センサ152は、景品搬送部180の初期位置である筐体113aの下部に配置され、景品搬送部180がこの初期位置に位置したことを検知する。

0073

上限センサ153は、計数部170の上昇の上限位置に配置され、計数部170がこの上限位置に位置したことを検知する。ここでは、上限センサ153は、筐体113aの天井面に配置されている。上限センサ153の位置まで計数部170が上昇することによって、景品収納列120に景品Wが満載されていても、最上部の景品Wまで計数することができる。

0074

計数部初期位置センサ151、景品搬送部初期位置センサ152、上限センサ153は、それぞれ検知結果をレーン制御手段105に出力する。このことによりレーン制御手段105は、計数部170または景品搬送部180がそれぞれ初期位置または上限位置にあるか否かを判別できる。

0075

支持ピン160は、先端部が先細ったほぼ円柱形状を有する。この形状により、嵌合性が向上する。支持ピン160は、景品搬送部180が初期位置にセットされたとき、景品搬送部180に設けられた貫通孔181eに先端部が挿入される。支持ピン160が景品搬送部180の貫通孔181eに挿入されることで、景品搬送部180が計数部170に保持される際に、リニアシャフト144を回転軸として景品搬送部180が計数部170から逃げることを防止することができる。

0076

支持ピン160の先端部以外の部位の直径は、貫通孔181eの直径よりも大きく(長く)形成されることが望ましい。このことによって、初期位置にある景品搬送部180は支持ピン160に乗っかる形になり、安定性が増す。

0077

支持台161は、ほぼ円柱形状を有する。支持台161は、景品搬送部180が初期位置にあるとき、景品搬送部180が乗っかる。このことによって支持ピン160とともに景品搬送部180を安定させる。なお、支持台161を景品搬送部180に設けてもよいし、形状を円筒状ではなく薄板状としてもよい。

0078

(計数部170について)
次に図9及び図10を参照して計数部170及び景品搬送部180について詳細に説明する。図9は、分離した状態の計数部170及び景品搬送部180を示す斜視図である。図10は、計数部170が景品搬送部180を保持した状態を示す斜視図である。

0079

図9及び図10に示すように、計数部170は、本体部171、センサ部172、ソレノイド収容部173、ソレノイド174、ロックレバー175、ばね体176、連結分離検知センサ177、ガイドピン178、シャフト接続部179a、179bを備える。
計数部170は、景品搬送部180の上方に位置する。計数部170は、ステッピングモータ141の駆動によって、スパイラルシャフト143及びリニアシャフト144に沿って昇降し、景品カートリッジ112に積層された景品W(例えば、図6参照)の在庫計数を行うための装置である。

0080

計数部170は、ロックレバー175によって景品搬送部180を下方向から持ち上げて景品搬送部180と一体的に昇降する。すなわち、計数部170は景品搬送部180を保持する。この状態を計数部170と景品搬送部180が連結した状態という。
本体部171は、薄板を数カ所に折り曲げた形状を有し、上面部171a、底面部171b、第1側面部171c、第2側面部171d、孔部171eを備える。

0081

上面部171a、底面部171b、第1側面部171c、第2側面部171dは、長さは異なるがそれぞれ略長方形状に形成されている。
上面部171aの両端部には、シャフト接続部179a,179bがそれぞれ設けられており、スパイラルシャフト143及びリニアシャフト144が貫通している。
上面部171aと底面部171bは互いに所定の間隔を空けて対向配置されており、第1側面部171cは、上面部171aと底面部171bを接続している。

0082

上面部171aにおける、上面部171aのシャフト接続部179bと第2側面部171dの間の部位は、その一部がスリット状に切り欠かれている。このスリット状に切り欠かれた上面部171aの一部及び第2側面部171dは、計数部170が、初期位置または上昇の上限に位置されたことを図7に示した計数部初期位置センサ151または上限センサ153が検知するための検知板171fとして機能する。

0083

検知板171fは、計数部170が初期位置に位置された際に、図7に示した計数部初期位置センサ151の発光部と受光部との間に介在し、発光部から受光部への光を遮断する。この結果として、計数部170が初期位置に位置されたことをレーン制御手段105が検知できる。

0084

同様に、検知板171fは、計数部170が上昇の上限に位置された際に、図7に示した上限センサ153の発光部と受光部との間に介在し、発光部から受光部への光を遮断する。この結果として、計数部170が上昇の上限に位置されたことをレーン制御手段105が検知できる。
孔部171eは、底面部171bの一端側に配置され、底面部171bの表面(上面部171aと対向する面)から裏面(景品搬送部180と対向する面)を貫通する。

0085

センサ部172は、景品有無センサ172a、172b、計数センサ172c、これらを保持する保持板172dを有する。
(景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cについて)
景品有無センサ172a(第2の有無検知手段)、172b(第1の有無検知手段)、計数センサ172c(計数手段)は、スパイラルシャフト143の長手方向に沿って一直線状に配置されている。景品有無センサ172a、172bは、計数センサ172cを挟むよう配置されている。

0086

景品有無センサ172aは、下方から上方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合に、進行方向に景品Wが有るか無いか検知するために設けられている。進行方向に景品Wが有る場合、景品有無センサ172aは、景品Wが有ることを示す検知信号をレーン制御手段105に出力し、進行方向に景品Wが無い場合、景品Wが無いことを示す検知信号をレーン制御手段105に出力する。また、例えば、景品有無センサ172aは、景品Wが有ることを示す検知信号のみをレーン制御手段105に出力し、景品Wが無い場合は検知信号を出力しなくてもよい。その場合、レーン制御手段105は検知信号が入力されないことにより景品Wが無いことを特定することができる。

0087

景品有無センサ172bは、景品有無センサ172aと同様の機能を有し、上方から下方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合に、進行方向に景品Wが有るか無いか検知するために設けられている。

0088

計数センサ172cは、景品Wを個別に検知するために設けられている。計数センサ172cは、下方から上方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合でも、上方から下方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合でも、景品Wを個別に検知するための検知信号をレーン制御手段105に出力する。

0089

景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cは、例えば、発光部と受光部が並列に並んで配置されたフォトセンサであり、所定の物体に当たって反射した発光部の光が受光部に入光することによりその物体を検知する。
景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cは、景品Wの側面と対向するように配置され、光の照射先に景品Wがある場合、景品Wの側面で反射した光が受光部に入光する。

0090

詳述すると、景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cは、受光部が受けた光量に対応した所定のレベル(強さ)の検知信号をレーン制御手段105に出力する。

0091

景品Wの側面は外側に凸となるように丸みを帯びていて、この側面の中央部では光の反射量が多くなり、景品有無センサ172a、172bが出力する検知信号は最もレベルが上昇する。また、景品Wが存在しない場所や隣接する景品Wとの境界部では、光の反射量が少なくなるので、景品有無センサ172a、172bが出力する検知信号のレベルは下降する。
なお、検知信号のレベルは、景品Wが存在しない場所で最も下降し(景品Wがないことを示す検知信号)、隣接する景品Wとの境界部では、景品Wが存在しない場所での検知信号よりも高い検知信号が出力される。

0092

景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cから出力される検知信号は交流波形状(矩形波状、スパイク状サイン波状など)を有する。なお景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cから出力される検知信号はアナログ値でもよいしデジタル値でもよい。

0093

景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cのうち少なくとも計数センサ172cは、景品有無センサ172a、172bと異なる波長の光を照射することが望ましい。異なる波長の光を用いることで、センサ同士の相互干渉を防止することができ、結果として、景品Wの誤検知を防止することができる。
景品有無センサ172a、172bは、赤外線センサであることが望ましく、計数センサ172cは、可視光センサであることが望ましい。
可視光を用いると、景品Wの検知性がよい。「検知性がよい」とは、景品Wを誤検知する確率が低下することを指す。

0094

景品有無センサ172a、172bまたは計数センサ172cがそれぞれ出力した検知信号は、レーン制御手段105によって該検知信号のレベルにより判定が行われる。レーン制御手段105は、検知信号のレベルを判定して景品Wの有無を判別したり、景品Wを一枚一枚個別に判別したりすることができる。なお、例えば閾値を設け、検知信号のレベルを閾値と比較し、閾値以上か否かを判定して、景品Wの有無を判別してもよい。

0095

保持板172dは、ほぼ直方体形状の板材であり、上面部171aからほぼ垂直に立ち上がるように、かつ上面部171aの景品Wに近い位置に設けられている。
ソレノイド収容部173は、センサ部172が設けられた面とは反対側の上面部171aの面に取り付けられ、上面部171aと底面部171bとの間に配置される。
ソレノイド収容部173は、ソレノイド174及びばね体176を保持する。

0096

ソレノイド174、ロックレバー175及びばね体176は、計数部170が、景品搬送部180を着脱可能に連結するための連結機構である。
ソレノイド174は、本体部174aと、この本体部174aに出し入れされる可動鉄心174bを備える。可動鉄心174bの出し入れは、ここでは図示を省略したコイル電流を流すことで行われる。

0097

ロックレバー175は、ばね体176によって、矢印A2の方向に付勢される。計数部170が景品搬送部180に向かって下降していくと、ロックレバー175は、先端部の爪部175aが景品搬送部180の一部と接触する。さらに計数部170が下降していくと、ばね体176の押圧力に逆らってロックレバー175は、図中の支点fを軸として矢印A1方向に回動する。

0098

爪部175aが景品搬送部180を通り過ぎるとばねの復元力により、ロックレバー175は図中の矢印A2方向に回動する。爪部175aは、景品搬送部180の端部に引っかかる。この状態(連結状態)のときに計数部170を上昇させると、爪部175aが景品搬送部180に引っかかり景品搬送部180も一体的に上昇する。
可動鉄心174bを本体部174aに入れるためにコイルに電流を流すと、ロックレバー175は矢印A1の方向に回動する。このとき、爪部175aは景品搬送部180の端部から離れる。この状態のときに計数部170を上昇させると、計数部170のみが上昇する。

0099

連結分離検知センサ177は、例えば、発光部と受光部が、孔部171eを挟んで対向配置されたフォトセンサであり、受光部への光の照射が遮られることにより物体の有無を検知する。連結分離検知センサ177は、検知結果をレーン制御手段105に出力する。この結果、レーン制御手段105は、計数部170と景品搬送部180とが連結された状態か否かを判別することができる。

0100

ガイドピン178は、支持ピン160と同様に、計数部170がロックレバー175によって景品搬送部180を保持する際に、リニアシャフト144を回転軸として景品搬送部180が計数部170から逃げることを防止する。
ガイドピン178は、先端部が先細ったほぼ円柱形状を有しており、先端部が景品搬送部180に向かうように、底面部171bの景品搬送部180との対向面に設けられている。

0101

シャフト接続部179aは、スクリューナットである。シャフト接続部179aは、スパイラルシャフト143が貫通する貫通孔を有する筒体であり、この貫通孔には、スパイラルシャフト143と螺合する溝が螺刻されている。スパイラルシャフト143が回転することによって、シャフト接続部179aが、スパイラルシャフト143と相対的に移動する。この結果として、計数部170が筐体113a内を昇降する。

0102

シャフト接続部179bは、リニアシャフト144が貫通する貫通孔を有する筒体である。この貫通孔は、リニアシャフト144よりも径が大きく形成されており、スパイラルシャフト143の回転によって計数部170が筐体113a内を昇降する際、シャフト接続部179bは、リニアシャフト144とわずかに接触しながら、このリニアシャフト144上を移動する(摺動する)。

0103

(景品搬送部180について)
景品搬送部180(保持部)は、本体部181、支柱部182、景品支持台183、分離連結検知板184、下限センサ検知板185、シャフト接続部186を備える。景品搬送部180は、計数部170の下方に位置する。景品搬送部180は、計数部170のロックレバー175に保持されて、ステッピングモータ141の駆動によって、リニアシャフト144に沿って昇降し、景品払出ユニット110に積層された景品W(図4参照)を上部ユニット111まで搬送する装置である。景品搬送部180は、スパイラルシャフト143には接続されない。

0104

本体部181は、薄板形状を有する。本体部181は、ほぼ直方体形状の第1の部位181aと、この第1の部位181aの一端部に、第1の部位181aとほぼ直角をなして形成された第2の部位181bと、この第2の部位181bに接続し、第2の部位181bよりも幅広の第3の部位181cを有する。

0105

第1の部位181aにおける第2の部位181bとは反対側の端部にはシャフト接続部186が設けられており、リニアシャフト144が貫通している。第1の部位181aにおける第2の部位181b側は、計数部170のロックレバー175により下側から持ち上げられる。第1の部位181aの第2の部位181b側には、計数部170のガイドピン178が出し入れ自在に挿入される貫通孔181dが設けられている。

0106

第2の部位181b及び第3の部位181cは、図7に示した筐体113aのガイドレール131及びカートリッジ設置板133の切欠部133aを通り抜ける。第3の部位181cのほぼ中央部には、支持ピン160の先端部が、出し入れ自在に挿入される貫通孔181eが設けられている。

0107

貫通孔181eは、支持ピン160の先端部よりも径が大きいが、先端部以外の部分よりも径が小さい。この結果、貫通孔181eに支持ピン160の先端部が挿入された場合、計数部170は、支持ピン160の径が大きい部分によって安定して支持される。

0108

支柱部182は、第3の部位181cに、貫通孔181dを挟んで並列に設けられている。支柱部182は、景品カートリッジ112に積層されたうちの最下部の景品Wが、上部ユニット111内に確実に搬送されるように所定の高さ(リニアシャフト144に沿う方向の長さ)を有している。支柱部182は、景品支持台183を保持する。
景品支持台183は、平板で構成され、ガイドレール131及びカートリッジ設置板133の切欠部133aを通り抜けることが可能な位置に配設され、かつ通り抜けることが可能な大きさに形成される。景品支持台183は、景品カートリッジ112に積層された景品Wを下方向から持ち上げる。

0109

分離連結検知板184は、平板で構成され、第1の部位181aにおいて、計数部170の孔部171eに出し入れ自在に挿入可能な位置に配設される。分離連結検知板184は、第1の部位181aがロックレバー175に保持されているとき、孔部171eに挿入されて計数部170の連結分離検知センサ177の発光部及び受光部の間に介在し、発光部から受光部への光を遮断する。

0110

下限センサ検知板185は、平板で構成され、第1の部位181aにおける、図7に示した景品搬送部初期位置センサ152の発光部から受光部への光を遮断可能な位置に配設される。下限センサ検知板185は、景品搬送部180が、初期位置に移動された際に、景品搬送部初期位置センサ152の発光部及び受光部の間に介在し、受光部への光を遮断する。下限センサ検知板185の配設位置は、景品搬送部初期位置センサ152の発光部から受光部への光を遮断可能な位置であればどこでもよく、例えば、検知板171fのように第1の部位181aを切り欠くことよって下限センサ検知板185を形成することもできる。

0111

シャフト接続部186は、計数部170のシャフト接続部179bと同様にリニアシャフト144が貫通する貫通孔を有する筒体である。この貫通孔は、リニアシャフト144よりも径が大きく形成されており、第1の部位181aを保持した計数部170が筐体113a内を昇降する際、シャフト接続部186は、リニアシャフト144とわずかに接触しながら、このリニアシャフト144上を移動する(摺動)。

0112

(主制御手段104について)
次に図11を参照して主制御手段104の機能について説明する。図11は、主制御手段104の機能を示す機能ブロック図である。

0113

図11に示すように、主制御手段104は、制御部104a、タイマ部104b、ボタン検知部104c、指示信号生成部104d、払出指示部104e、在庫計数指示部104f、通信部104gを備える。なお、制御部104a、タイマ部104b、ボタン検知部104c、指示信号生成部104d、払出指示部104e、在庫計数指示部104f、通信部104gのうちの少なくとも一部をPOS19、管理装置25、PC41が有してもよい。

0114

主制御手段104は、レーン制御手段105よりも上流制御装置であり、レーン制御手段105に対して制御信号を送信して、景品Wの払い出しや在庫の計数などの種々の制御を行わせる。主制御手段104は、点灯部103、表示ユニット106及び操作表示パネル107なども制御できる。
主制御手段104は、通信部104gを介して管理装置25、POS19、PC41などから種々の信号を送受信する。例えば、払出指示信号、在庫計数指示信号などを受信する。主制御手段104は、取出指示信号を受信することもある。
主制御手段104は、計数した景品Wの枚数を示す情報を管理装置25、POS19、PC41などに出力することもできる。

0115

主制御手段104は、演算装置(CPU)、読み出し専用メモリ(ROM)、ランダムアクセスメモリ(RAM)から主に構成され、CPUでは、ROMやRAMに格納されたプログラムやデータなどを用いて各種の演算処理を実行する。
制御部104aは、タイマ部104b、ボタン検知部104c、指示信号生成部104d、払出指示部104e、在庫計数指示部104f、通信部104gを制御する。

0116

制御部104aは、図7に示したキャッチ手段134と接続されており、各レーンにおいて、景品カートリッジ112が景品カートリッジ挿入口113eに適切に挿入されているかを判定することができる。景品カートリッジ112が景品カートリッジ挿入口113eに適切に挿入されていなかった場合、制御部104aは、そのレーンの景品Wの払い出しや在庫計数を行わないようレーン制御手段105を制御する。なおこの判定を、レーン制御手段105が行ってもよい。

0117

タイマ部104bは、時間を計時する。タイマ部104bは、例えば、グリニッジ標準時に基づく時分秒を計時できる。タイマ部104bが計時する時間によって、毎日決まった時間に景品Wの在庫計数を行うことができる(定期計数)。定期計数を行う時間の情報(例えば、何時何分何秒に計数を行うかを示す情報)は、制御部104aを構成するメモリに保持される。

0118

ボタン検知部104c及び指示信号生成部104dは、下部ユニット113から景品カートリッジ112を出し入れするための操作を検知する操作検知部として機能する。この「出し入れするための操作」は、例えば、ボタン群107eのうちの景品カートリッジ取り出しボタンの押下操作、背面扉109の開閉操作、施錠機構109bの解錠操作である。
ボタン検知部104cは、ボタン群107eの各ボタンの操作を検知する。

0119

指示信号生成部104dは、図3図4に示した施錠機構109b、開扉検知手段109cなどと接続されており、施錠機構109bが解錠されているか否かや背面扉109の開閉状態を判別することができる。
指示信号生成部104dは、払出指示信号または在庫計数指示信号を制御部104aに出力する。指示信号生成部104dは、例えば、ボタン群107eのうちのテンキー及び払い出しボタンが押下操作されたことに対応して払出指示信号を出力する。

0120

指示信号生成部104dは、例えば、ボタン群107eのうちの在庫確認ボタンが押されたり、上記した景品カートリッジ112を取り出すための操作が行われたことに対応して在庫計数指示信号を出力する。指示信号生成部104dは、上記取り出すための操作のうちのいずれか1つを検知した時点で在庫計数指示信号を出力してもよいし、全ての操作を検知しないと在庫計数指示信号を出力しないようにしてもよい。

0121

指示信号生成部104dは、タイマ部104bが計時した時間とメモリに保持された設定時間を比較でき、これらが一致した場合に、在庫計数指示信号を出力する。
この他にも指示信号生成部104dは、図6に示したロック機能部113cによりカートリッジ挿入口扉113bがロックされた場合やカートリッジ挿入口扉113bが閉められたこと、キャッチ手段134において下部ユニット113に景品カートリッジ112が入れられたことを検知した場合などに在庫計数指示信号を出力することもできる。

0122

在庫計数指示部104fは、指示信号生成部104d、POS19、管理装置25、PC41などから出力された在庫計数指示信号を制御部104aが受信したことに対応してレーン制御手段105を制御して景品Wの在庫の計数を行わせる。
払出指示部104eは、指示信号生成部104d、POS19、管理装置25、PC41などから出力された払出指示信号を制御部104aが受信したことに対応してレーン制御手段105を制御して景品Wを遊技客に払い出させる。

0123

通信部104gには、LANケーブルやPOS19と接続される専用ケーブル、レーン制御手段105及び各種センサなどとの配線が接続される。このことによって、主制御手段104は、ネットワーク3、POS19、レーン制御手段105などと接続され、種々の信号が送受信できる。

0124

(レーン制御手段105について)
次に図12を参照してレーン制御手段105の機能について説明する。図12は、レーン制御手段105の機能を示す機能ブロック図である。

0125

図12に示すように、レーン制御手段105は、制御部105a、搬送制御部105b、昇降制御部105c、計数演算部105d、ソレノイド制御部105e、通信部105fを備える。なお、制御部105a、搬送制御部105b、昇降制御部105c、計数演算部105d、ソレノイド制御部105e、通信部105fのうちの少なくとも一部を主制御手段104、POS19、管理装置25、PC41などが有してもよい。
レーン制御手段105は、主制御手段104に制御されて、景品Wの払い出しや在庫の計数などを行う。

0126

レーン制御手段105は、演算装置(CPU)、読み出し専用メモリ(ROM)、ランダムアクセスメモリ(RAM)から主に構成され、CPUでは、ROMやRAMに格納されたプログラムやデータなどを用いて各種の演算処理を実行する。
制御部105aは、搬送制御部105b、昇降制御部105c、計数演算部105d、ソレノイド制御部105e、通信部105fを制御する。

0127

制御部105aは、図6に示したロック機能部113cや接点スイッチ113dと接続されており、カートリッジ挿入口扉113bが閉められているか否か、ロック機能部113cによりロックされているか否かを検知することができる。
制御部105aは、例えば、ロック機能部113cによりカートリッジ挿入口扉113bがロックされていない場合、景品Wの在庫計数や払い出しを行わない。なお、この制御は、主制御手段104の制御部104aが行ってもよい。

0128

搬送制御部105bは、図7に示したステッピングモータ138aや位置検知センサ137と接続される。搬送制御部105bは、ステッピングモータ138aに取り付けられたエンコーダと接続されることもある。
搬送制御部105bは、位置検知センサ137が出力した位置検出用突起136の検知結果を受信することによって、キャッチ手段134に最も近い景品収納列120の筐体113aでの位置を判別することができる。

0129

搬送制御部105bは、この景品収納列120の位置の判別に基づいて、ステッピングモータ138aを制御して、景品カートリッジ112を所定の位置に移動させる。「所定の位置」とは例えば、ガイドレール131の切り欠きと、1つの景品収納列120が一致する位置である。この位置に1つの景品収納列120が停止することで、この位置に停止した景品収納列120に積層された景品Wが景品搬送部180によって搬送され、景品払出口100dから払い出される。

0130

昇降制御部105cは、図7に示したステッピングモータ141、計数部初期位置センサ151、景品搬送部初期位置センサ152、上限センサ153、連結分離検知センサ177、景品有無センサ172a、172bと接続されている。昇降制御部105cは、ステッピングモータ141に取り付けられたエンコーダと接続され、それぞれ制御する。

0131

昇降制御部105cは、ステッピングモータ141を駆動させることによりスパイラルシャフト143を回転させて、計数部170単体、または連結された計数部170及び景品搬送部180を昇降させる。
昇降制御部105cは、連結分離検知センサ177が出力した検知結果に基づいて、計数部170と景品搬送部180が連結状態であるか否かを判定する。昇降制御部105cは、計数部170と景品搬送部180が連結する際に連結分離検知センサ177が分離連結検知板184を検知したことに基づいて計数部170の下降を停止させる。

0132

昇降制御部105cは、計数部初期位置センサ151、景品搬送部初期位置センサ152による位置検知に基づいて、計数部170及び景品搬送部180をそれぞれの初期位置にセットする。
昇降制御部105cは、上限センサ153による位置検知に基づいて、計数部170の上昇を停止させる。

0133

昇降制御部105cは、図9に示した景品有無センサ172a、172bと通信部105fを介して接続されている。
昇降制御部105cは、景品有無センサ172a、172bが出力した検知信号と閾値とを比較して、景品Wの有無を判定し、計数部170の昇降速度を可変させる。この一例を図13及び図14を用いて説明する。

0134

図13は、昇降制御部105cによる計数部170の上昇速度の可変制御について説明する模式図である。図14は、昇降制御部105cによる計数部170の下降速度の可変制御について説明する模式図である。なお、図13及び図14では、図を見やすくするために、計数部170のうち景品有無センサ172a、172b、計数センサ172c、保持板172d、景品W、筐体113aの一部のみを図示している。

0135

図13は、計数部170を上昇させて景品Wの在庫計数を行う場合を示している。筐体113aの上部から最上部の景品Wまでの間には、間隙hが空いている。
計数部170(例えば、図中の実線で表した計数部170参照)は、第1の速度で上昇している。このとき計数センサ172cが景品Wの側面を読み取っているとき景品有無センサ172aは、最もレベルの高い検知信号または景品Wの境界部での低い検知信号を出力している。

0136

昇降制御部105cは、景品有無センサ172aから出力された検知信号と閾値とを比較して景品Wの有無を判定している。この閾値は、景品Wが存在しない場所での最も低い検知信号と、隣接する景品Wの境界部での検知信号を区別できるように設定されており、ここでの検知信号は閾値を超えていることになる。したがって昇降制御部105cは、景品Wを有るものと判定している。このことによって昇降制御部105cは、計数部170を第1の速度で上昇させている。

0137

景品有無センサ172aが、最上部の景品Wを通り過ぎると(図中の破線で表した計数部170参照)、景品有無センサ172aは、最も低い検知信号を出力する。この場合、検知信号が閾値を下回ることになるので、昇降制御部105cは、景品Wが無いものと判定する。この結果、昇降制御部105cは、計数部170を第1の速度よりも速い第2の速度で上昇させる。この第1の速度と第2の速度比は、例えば第1の速度:第2の速度=1:2である。

0138

なお、このとき昇降制御部105cは、計数センサ172cが最上部の景品Wを正確に検知できるように、景品有無センサ172aから最も低い検知信号を受信してから一定時間後または一定数スパイラルシャフト143が回転してから計数部170の上昇速度を変更する。

0139

図14は、計数部170を下降させて景品Wの在庫計数を行う場合を示している。筐体113aの上部から最上部の景品Wまでの間には、間隙hが空いているので、景品有無センサ172b(図中の実線で表した計数部170参照)は、最上部の景品Wを検知するまで最も低い検知信号を出力している。この場合、検知信号が閾値を下回ることになるので、昇降制御部105cは、景品Wが無いものと判定しており、計数部170を速い第2の速度で下降させている。

0140

景品有無センサ172bが、最上部の景品Wの位置まで来ると(図中の破線で表した計数部170参照)、景品有無センサ172bは、最も高い検知信号を出力する。この場合、検知信号が閾値以上になるので、昇降制御部105cは、景品Wが有るものと判定して、計数部170を第1の速度で下降させる。
なお、このとき昇降制御部105cは、計数センサ172cが最上部の景品Wを正確に検知できるように直ちに計数部170の下降速度を変更する。

0141

以上が、昇降制御部105cによる昇降速度の可変制御の説明である。なお、昇降制御部105cは、タイマ回路を備えることができ、例えば、計数部170を上昇または下降させた瞬間を0秒として上昇または下降の間中、時間を計時する。昇降制御部105cは、景品Wが有るまたは無いと判定したことを示す情報と時間情報とを対応付けてメモリに保持させることができる。この時間情報は、メモリ部に予め記憶された変換テーブルを用いて、計数部170のスパイラルシャフト上の位置を示す情報に変換することもできる。

0142

計数演算部105d(図12参照)は、図9に示した計数センサ172cと通信部105fを介して接続されている。
計数演算部105dは、計数センサ172cから出力された景品W側面の反射光に対応する検知信号に基づいて景品Wの枚数を算出する。
計数演算部105dは、計数センサ172cから出力された検知信号に対応する値を時系列順にメモリに一時的に保持させることができる。

0143

既に述べたように景品Wの側面の中央部では光の反射量が多くなり、計数センサ172cが出力する検知信号のレベルは最も高くなる。また、景品Wが存在しない場所や隣接する景品Wとの境界部では、光の反射量が少なくなるので、計数センサ172cが出力する検知信号のレベルは低くなる。計数演算部105dは、検知信号と閾値とを比較して検知信号が閾値を超えた回数を、景品Wの枚数としてカウントすることができる。この閾値は、隣接する景品Wの境界部での検知信号と、景品Wの側面の中央部側の検知信号とを区別できるように設定される。また、例えば閾値を設けず、積層する景品Wの、1の景品W毎に繰り返し発生するレベルの上昇、及び低下を検知することにより景品Wの枚数としてカウントしてもよい。

0144

計数演算部105dは、計数部170が出力した検知信号が、閾値を超えるものであってもその検知信号が出力された地点が景品Wが存在しない部分であった場合、景品Wの枚数としてはカウントしない(誤検知防止)。このような場合、例えば、検知信号にノイズが乗ってしまったことが考えられる。「景品Wが存在しない部分」で有るか否かは、昇降制御部105cがメモリに保持させた「景品Wが有ることまたは無いと判定したことを示す情報と時間情報」と、計数演算部105dがメモリに保持させた検知信号の時間軸とを対応付けることで判定できる。

0145

計数演算部105dは、検知信号のうちの1のレベルの最低値、この1の最低値の次にくる1のレベルの最高値、この1の最低値から1の最高値に達するまでの時間に基づいて、1の最低値から1の最高値に達するまで一定時間以上の時間がかかっていた場合に、景品立ちなどのイレギュラーが起きていると判定する。景品立ちとは、景品収納列120内で景品Wが斜めになったり反ったりして正常に積層されていない状態を指す。

0146

ソレノイド制御部105eは、図9に示したソレノイド174と接続される。ソレノイド制御部105eは、ソレノイド174が有するコイルへの電流をONまたはOFF制御し、可動鉄心174bを本体部174aに出し入れさせる。
通信部105fには、LANケーブルや制御用信号線を接続することができ、このことによって、レーン制御手段105及び計数部初期位置センサ151、景品有無センサ172a、172b、計数センサ172cなどの各センサ、ステッピング駆動モータ136aなどの各モータ、エンコーダなどがそれぞれ接続されて、種々の制御信号や検知信号が送受信される。

0147

(動作説明)
次に図15を参照して、景品払出装置17の動作について説明する。図15は、景品払出装置17の動作を示すフローチャートである。

0148

(1)判定処理(ステップS101〜S105)
主制御手段104は、POS19、管理装置25、PC41などから在庫計数指示信号または払出指示信号を受信したか否か(ステップS101及びS102)、景品カートリッジ112(図15中の「カートリッジ」)の出し入れ操作がされたか否か(ステップS103)、ボタン群107eの在庫確認ボタンが操作されたか否か(ステップS104)、タイマ部104bによる計時時間が、定期計数を行う時間か否か(ステップS105)を判定している。
ここで、ステップS103の「景品カートリッジ112の出し入れ操作」とは、指示信号生成部104dが在庫計数指示信号を出力する所定の操作である。

0149

(2)景品払い出し処理(ステップS106及びS107)
POS19、管理装置25、PC41から払出指示信号を受信した場合(ステップS102のYes)、主制御手段104は、払出指示信号に含まれる景品Wの種類と数の情報に対応させて、該当する景品Wを払い出し可能なレーンを選定し、このレーンに該当するレーン制御手段105を制御して景品Wを払い出しさせる(ステップS106)。ここでは図示を省略したが、ボタン群107eの払い出しボタンが押下されることでもステップS106が実行される。
景品払出装置17では、景品Wの払い出しが終わるまで、ステップS102のYes,ステップS106を繰り返す。

0150

(3)景品払い出しの優先処理(ステップS101のYes〜S105のYes,ステップS107のYes)
例えば、景品Wの払い出しが完了する前に、POS19、管理装置25、PC41から在庫計数指示信号を受信したり(ステップS101のYes)、景品カートリッジ112の出し入れ操作がされたり(ステップS103のYes)、ボタン群107eの在庫確認ボタンが操作されたり(ステップS104Yes)、タイマ部104bによる計時時間が、定期計数を行う時間であった場合(ステップS105のYes)、主制御手段104は、景品Wの払い出しが完了しているか否かを判定する(ステップS107)。主制御手段104は、景品Wの払い出しが完了していなかった場合(ステップS107のYes)景品Wの払い出しを続行させる。

0151

(4)在庫計数処理(ステップS107のNo、ステップS108)
主制御手段104は、ステップS101、S103〜S105のいずれかがYesで、かつ景品Wの払い出しが完了している場合またはそもそも景品Wの払い出しは行われておらず、景品払出装置17が次に景品Wの払い出しを行うために待機状態だった場合(ステップS107のNo)、各レーンのレーン制御手段105を制御して景品Wの在庫計数を行わせる(ステップS108)。

0152

(在庫計数の動作)
次に図16を参照してステップS108の景品払出装置17の景品Wの在庫計数の動作について詳細に説明する。図16は、景品払出装置17の景品Wの在庫計数の動作を示すフローチャートである。

0153

(1)正常性の確認(ステップS201)
レーン制御手段105は、連結分離検知センサ177の出力に基づいて、計数部170と景品搬送部180が連結しているか否かを判定する。この実施形態の景品払出装置17では、計数部170と景品搬送部180は、在庫計数中以外は常に連結しているので、レーン制御手段105は、連結分離検知センサ177が景品搬送部180の分離連結検知板184を検知していない場合、故障と判定し、景品Wの在庫計数の動作を終了する(ステップS201のNo)。このとき、例えば、表示ユニット106などに故障を示す旨の情報を表示させたり、ブザーを鳴らしたりしてもよい。

0154

(2)計数部170及び景品搬送部180の分離(ステップS202〜S204)
ステップS201において、Yesと判定した場合、レーン制御手段105は、ステッピングモータ141を制御して、連結された計数部170及び景品搬送部180を景品搬送部初期位置センサ152の位置まで下降させる(ステップS202及びS203)。そして、レーン制御手段105は、ソレノイド174を制御してロックレバー175を景品搬送部180から離し、ステッピングモータ141を制御して、計数部170だけを計数部初期位置センサ151の位置まで上昇させる(ステップS204)。

0155

(3)カートリッジ移動制御(ステップS205)
レーン制御手段105は、図7に示したステッピングモータ138aを制御して、在庫計数を行う景品カートリッジ112の景品収納列120がガイドレール131の切り欠きと対応するようにカートリッジ設置板133を移動させる。この結果として、カートリッジ設置板133とともに景品カートリッジ112(ステップS205中の「カートリッジ」)が移動する。

0156

この実施形態では、景品Wの有無にかかわらず、3列全ての景品収納列120に対して在庫計数処理を行うので、レーン制御手段105は、まずキャッチ手段134に一番近い景品収納列120(図5に示した3列の景品収納列120の内の金属プレート122に一番近い景品収納列120)をガイドレール131の切り欠きに対応させる。

0157

(4)計数処理(ステップS206)
レーン制御手段105は、ステッピングモータ141を制御して、計数部170を昇降させて、景品Wを計数する。この計数処理の詳細な説明は、図17を参照して後述する。

0158

(5)繰り返し処理(ステップS207のNo及びステップS205,S206)
全ての景品収納列120に対して在庫計数処理が行われていない場合、レーン制御手段105は、上記したステップS205及びS206を繰り返す。例えば、レーン制御手段105は、ステップS205において、図5に示した3列の景品収納列120の内の残りの景品収納列120をガイドレール131の切り欠きに対応させる。
そして、レーン制御手段105は、ステップS206において、新たにガイドレール131の切り欠きに対応させた景品収納列120について景品Wの在庫計数を行う。

0159

(6)在庫計数終了処理(ステップS207のYes〜S210)
全ての景品収納列120について景品Wの在庫計数が終了した場合(ステップS207のYes)、レーン制御手段105は、計数部170と景品搬送部180を再度連結させるために、ステッピングモータ141を制御して計数部170を景品搬送部180の位置まで下降させる(ステップS208)。

0160

計数部170が、上限センサ153の位置で停止している場合、この上限センサ153の位置から景品搬送部180まで下降する。このとき、下降する速度は速くてよい。レーン制御手段105は、計数部170に景品搬送部180を保持させて、計数部170及び景品搬送部180を待機させる(ステップS209及びS210)。

0161

例えば、遊技店の開店中に景品Wの在庫計数が行われた場合、ステップS210において、景品カートリッジ112は、在庫計数が行われる前の位置に移動される。そして、連結された計数部170及び景品搬送部180は、在庫計数が行われる前に挿入されていた景品収納列120に再度挿入され、即座に景品Wの払い出しを行える位置で待機状態となる。 例えば、遊技店の閉店処理中または開店処理中に景品Wの在庫計数が行われた場合、計数部170及び景品搬送部180は、連結した位置で待機状態となる。但し、計数部170及び景品搬送部180は、計数部初期位置センサ151の位置で待機してもよい。

0162

次に図17を参照して、上記した計数処理(ステップS206)について詳細に説明する。図17は、景品払出装置17の景品Wの計数処理の動作を示すフローチャートである。

0163

(1)上昇時の在庫計数(ステップS301のYes及びS302)
この実施形態では、3列あるうちの両側の景品収納列120について在庫計数を行う場合、レーン制御手段105は、ステッピングモータ141を制御して、計数部初期位置センサ151の位置から上限センサ153の位置まで計数部170を上昇させる。
上昇の初期段階では、計数部170は、ガイド部130(図7参照)よりも下に位置しており、景品有無センサ172aは、まだ景品Wが有ることを検知しない。景品有無センサ172aは、景品Wが無いことを示す検知信号を出力する。したがって、レーン制御手段105は、計数部170をまず第2の速度で上昇させる。

0164

(2)速度変更制御1(ステップS303及びS305)
景品有無センサ172a(ステップS303の「センサ172a」)が、最下部の景品Wを検知するまでレーン制御手段105は、引き続き第2の速度で計数部170を上昇させる(ステップS303のNo)。
景品有無センサ172aが、最下部の景品Wを検知した場合(ステップS303のYes)、景品有無センサ172aは、景品Wが有ることを示す検知信号を出力する。

0165

レーン制御手段105は、景品有無センサ172aから出力された検知信号を受信したことに対応して、計数部170の上昇速度を第2の速度から第1の速度に変更する(ステップS304)。上昇速度が第2の速度から第1の速度に変更されたことで、上昇速度が遅くなるので、計数センサ172cによる景品Wの読み取りミスを抑制することができる。

0166

(3)計数開始(ステップS305)
次にレーン制御手段105は、計数センサ172cから出力された検知信号に対応する値をメモリに保持させながら、第1の速度のまま計数部170を引き続き上昇させる。
る。

0167

(4)速度変更制御2(ステップS306及びS307)
景品有無センサ172aが、最上部の景品Wを通過して景品Wが無いことを示す検知信号を出力するまで、レーン制御手段105は、第1の速度のまま計数部170を引き続き上昇させる(ステップS306のNo)。
景品有無センサ172aが、最上部の景品Wを通過した場合、景品有無センサ172aは、景品Wが無いことを示す検知信号を出力する(ステップS306のYes)。

0168

レーン制御手段105は、景品有無センサ172aから出力された検知信号を受信したことに対応して、計数部170の上昇速度を第1の速度から第2の速度に変更する(ステップS307)。この結果、計数部170は、速い速度で上昇する。
このとき、計数センサ172cが最上部の景品Wまで正確に検知できるように、レーン制御手段105は、景品Wが無いことを示す検知信号を受信してから一定時間または一定数スパイラルシャフト143が回転してから計数部170の上昇速度を変更する。なお、景品有無センサ172aだけでなく景品有無センサ172bも景品Wが無いことを示す検知信号を出力したことに基づいて計数部170の上昇速度を変更するようにしてもよい。

0169

(5)移動停止制御(ステップS308及びS309)
レーン制御手段105は、上限センサ153(ステップS308の「センサ153」)が計数部170を検知するまで、第2の速度のまま計数部170を引き続き上昇させる(ステップS308のNo)。

0170

上限センサ153が計数部170を検知した場合(ステップ308のYes)、レーン制御手段105は、ステッピングモータ141の回転を停止させ、計数部170を上限センサ153の位置で停止させる(ステップS309)。

0171

(6)景品枚数演算処理(ステップS310)
計数部170が上限センサ153の位置で停止したということは、一つの列の景品収納列120(例えば、キャッチ手段134に一番近い景品収納列120)内の景品Wの側面を計数センサ172cが全て読み取ったことを意味する。レーン制御手段105は、メモリ内に保持された検知信号に対応する値に基づいてこの景品収納列120内の景品Wの枚数を算出する。

0172

ここで、レーン制御手段105は、算出した景品Wの枚数を示す情報をメモリに保持させたり、POS19、管理装置25、PC41などに出力したりする。このとき、レーン制御手段105は、自分のレーン番号や3列のうちのどの景品収納列120内の景品Wの枚数であるかを示す情報を景品Wの枚数を示す情報に対応付けて保持または出力することもできる。

0173

ここで、レーン制御手段105またはPOS19、管理装置25、PC41は、在庫計数にエラーが有るか否かを照合することができる。「照合」は、前回の在庫計数の結果と実際に払いだされた景品Wの枚数から算出される景品Wの予測在庫数と、今回実際に在庫計数した枚数とを比較することで行う。「前回」とは、図16のステップS201を実行する前に行われた景品Wの在庫計数のことを指す。在庫計数にエラーがあった場合、レーン制御手段105は、在庫計数をやり直すように構成してもよい。
ステップS310での処理の後は、図16に示したステップS207が実行される。

0174

(7)下降時の在庫計数(ステップS301のNo及びS311)
この実施形態では3列あるうちの中央の景品収納列120について在庫計数を行う場合、レーン制御手段105は、ステッピングモータ141を制御して、上限センサ153の位置から計数部初期位置センサ151の位置まで計数部170を下降させて景品Wの在庫計数を行う。
ステップS309の移動停止制御によって計数部170は、上限センサ153の位置で待機状態となっているからである。

0175

下降の初期段階では、計数部170は、最上部の景品Wよりも上に位置しており、景品有無センサ172bは、まだ景品Wが有ることを検知しない。景品有無センサ172bは、景品Wが無いことを示す検知信号を出力する。したがって、レーン制御手段105は、計数部170をまず第2の速度で下降させる。

0176

(8)速度変更制御3(ステップS312及びS313)
景品有無センサ172b(ステップS312の「センサ172b」)が、最上部の景品Wを検知するまでレーン制御手段105は、引き続き第2の速度で計数部170を下降させる(ステップS312のNo)。

0177

景品有無センサ172bが、最上部の景品Wを検知した場合(ステップS312のYes)、景品有無センサ172bは、景品Wが有ることを示す検知信号を出力する。レーン制御手段105は、景品有無センサ172bから出力された検知信号を受信したことに対応して、計数部170の下降速度を第2の速度から第1の速度に変更する(ステップS313)。下降速度が第2の速度から第1の速度に変更されたことで、下降速度が遅くなるので、計数センサ172cによる景品Wの読み取りミスを抑制することができる。

0178

(9)計数開始(ステップS314)
次にレーン制御手段105は、計数センサ172cから出力された検知信号に対応する値をメモリに保持させながら、第1の速度のまま計数部170を引き続き下降させる。
る。

0179

(10)速度変更制御2(ステップS315及びS316)
景品有無センサ172bが、最下部の景品Wを通過して景品Wが無いことを示す検知信号を出力するまで、レーン制御手段105は、第1の速度のまま計数部170を引き続き下降させる(ステップS315のNo)。
景品有無センサ172bが、最下部の景品Wを通過した場合、景品有無センサ172bは、景品Wが無いことを示す検知信号を出力する(ステップS315のYes)。

0180

レーン制御手段105は、景品有無センサ172bから出力された検知信号を受信したことに対応して、計数部170の下降速度を第1の速度から第2の速度に変更する(ステップS316)。
このとき、計数センサ172cが最下部の景品Wまで正確に検知できるように、レーン制御手段105は、景品Wが無いことを示す検知信号を受信してから一定時間または一定数スパイラルシャフト143が回転してから計数部170の下降速度を変更する。なお、景品有無センサ172bだけでなく景品有無センサ172aも景品Wが無いことを示す検知信号を出力したことに基づいて計数部170の下降速度を変更するようにしてもよい。

0181

(11)移動停止制御(ステップS317及びS318)
レーン制御手段105は、計数部初期位置センサ151(ステップS317の「センサ151」)が、計数部170を検知するまで、第2の速度のまま計数部170を引き続き下降させる(ステップS317のNo)。

0182

計数部初期位置センサ151が計数部170を検知したことに対応して、レーン制御手段105は、ステッピングモータ141の回転を停止させ、計数部170を計数部初期位置センサ151の位置で停止させる(ステップS318)。

0183

(12)景品枚数演算処理(ステップS319)
計数部170が計数部初期位置センサ151の位置で停止したということは、中央の景品収納列120の景品Wの側面を計数センサ172cが全て読み取ったことを意味するので、レーン制御手段105は、ステップS310と同様にメモリ内に保持された検知信号に対応する値に基づいてこの景品収納列120内の景品Wの枚数を算出する。この後の動作もステップS310と同様であり、ステップS207が実行される。

0184

この実施形態の景品払出装置17によれば、計数にかかる時間を短縮することができる。ここで「計数にかかる時間」とは計数部170が筐体113a内を昇降するのにかかる時間及び景品Wの側面をセンサで読み取り枚数を算出するのにかかる時間を指す。

0185

景品払出装置17によれば、景品有無センサ172aまたは172bによる景品Wの有無の検知に基づいて、計数部170の速度を可変させることができる。景品Wが存在しない部分では、計数部170の昇降速度を速くするので、計数部170の昇降にかかる時間を短縮させることができる。結果的に、計数にかかる時間を短縮することができる。

0186

また、景品Wが存在する部分では、計数部170の昇降速度を遅くすることで、景品Wの検知の確実性が向上する。
さらに景品払出装置17によれば計数部170が上昇下降のどちらでも景品Wを計数することができるので在庫計数を効率的に行うことができる。
なお、景品払出装置17の在庫計数方法は上記に限定されず、種々の変更が可能である。

0187

(変更例1)
例えば、最下部の景品Wと計数部初期位置センサ151の間の距離がわずかだった場合、図17に示したステップS302において、初めから計数部170を第2の速度ではなく第1の速度で上昇させてもよい。この場合、ステップS303及びS304の処理は行われない。
同様に、ステップS316において、計数部170を第1の速度から第2の速度に変更せず、第1の速度を維持させてもよい。この場合、ステップS315及びS316の処理は行われない。

0188

(変更例2)
例えば、上記の説明では3列全ての景品収納列120に対して在庫計数処理を行ったが既に空になっている景品収納列120に対する在庫計数は行わなくともよい。このことによって、在庫計数にかかる時間を短縮することができる。

0189

この場合、景品収納列120が空になっているか否かは、例えば主制御手段104、レーン制御手段105、POS19、管理装置25、PC41のいずれかが判定する。景品収納列120ごとの景品Wの在庫数から、景品収納列120ごとの実際に払い出した景品Wの枚数を減算することにより各景品収納列120が空か否かを判定することができる。

0190

(変更例3)
上記の説明では、上限センサ153が計数部170を検知するまで計数部170を上昇させたが、景品有無センサ172aまたは景品有無センサ172bによる景品Wの有無の検知に基づいて、これらのセンサにより景品Wが無と検知された場合に計数部170をその場所(但し、計数センサ172cが最上部または最下部の景品Wの側面を読み取り終わった後の場所)で停止させ、そのままの位置で、次回の景品Wの在庫計数まで待機させてもよい。

0191

この場合、前回の在庫計数の結果と実際に払いだされた景品Wの枚数から算出される景品Wの予測在庫数と、今回実際に在庫計数した枚数とが異なっていた場合の再在庫計数において、停止した位置から再度在庫計数を始めればよいので、再度在庫計数を行うのにかかる時間を短縮することができる。

0192

同様に、最後の景品収納列120の在庫計数を行った後の照合作業(前回の在庫計数の結果と実際に払いだされた景品Wの枚数から算出される景品Wの予測在庫数と、今回実際に在庫計数した枚数との照合)が終わるまで上限センサ153の位置で停止させておいてもよい。この場合にも今回実際に在庫計数した枚数とが異なっていた場合、上限センサ153の位置から再在庫計数を始めることができるので、再度在庫計数を行うのにかかる時間を短縮することができる。

0193

(変更例4)
また、特に最後の景品収納列120の在庫計数を行う場合において、景品有無センサ172aまたは景品有無センサ172bによる景品Wの有無の検知に基づいて、これらのセンサにより景品Wが無と検知された場合に、計数部170をその位置(但し、計数センサ172cが最上部または最下部の景品Wの側面を読み取り終わった後の場所)から、計数部170と景品搬送部180との連結位置または計数部初期位置センサ151の位置まで下降させてもよい。この場合、上限センサ153の位置までの上昇にかかる時間をカットできるので、結果として在庫計数にかかる時間を短縮することができる。

0194

(変更例5)
また、景品有無センサ172aおよび計数センサ172cのみを備え、上昇時のみ計数を行うことが可能な計数部170と、景品有無センサ172bおよび計数センサ172cのみを備え、下降時のみ計数を行うことが可能な計数部170の少なくとも2の計数部170を景品払出装置17に備えてもよい。

0195

(第2の実施形態)
次に、図18及び図19を参照して本願の第2の実施形態について説明する。図18は、第2の実施形態に係る計数部270及び景品搬送部180を示す斜視図である。図19は、第2の実施形態に係るレーン制御手段205の機能を示す機能ブロック図である。なお、図18及び図19中において、図1図17に示した第1の実施形態中の構成要素と同一の構成要素については、同一の符号を付与し、その説明を省略する。

0196

第2の実施形態の景品払出装置17は、図18及び図19に示すように、第1の実施形態の計数部170が備えていた景品有無センサ172a、172b、計数センサ172c及びレーン制御手段105に代えて、兼用センサ271a、271b(図18参照)及びレーン制御手段205(図19参照)を備えたものである。

0197

(兼用センサ271a、271bについて)
図18に示す兼用センサ271a(第2の検知手段)は、第1の実施形態の景品有無センサ172a及び計数センサ172cと機能的に対応する。
兼用センサ271aは、下方から上方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合に、進行方向に景品Wが有るか無いか検知するために設けられている。
兼用センサ271aは、上方から下方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合に、景品Wを個別に検知するための計数センサとしても機能する。
兼用センサ271aは、景品Wを個別に識別可能な検知信号をレーン制御手段105に出力する。

0198

兼用センサ271b(第1の検知手段)は、第1の実施形態の景品有無センサ172b及び計数センサ172cと機能的に対応する。
兼用センサ271bは、上方から下方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合に、進行方向に景品Wが有るか無いか検知するために設けられている。
兼用センサ271bは、下方から上方に向かって景品Wの在庫計数を行う場合に、景品Wを個別に検知するための計数センサとしても機能する。
兼用センサ271bは、景品Wを個別に識別可能な検知信号をレーン制御手段205に出力する。
なお、兼用センサ271a、172bは、互いに異なる波長の光を照射することが望ましい。

0199

(レーン制御手段205について)
図19に示すように、レーン制御手段205は、制御部205a、センサ機能切替部205b、搬送制御部105b、昇降制御部105c、計数演算部105d、ソレノイド制御部105e、通信部105fを備える。

0200

レーン制御手段205は、兼用センサ271a、271bから入力されたそれぞれの検知信号が閾値以上か否かを判定することで景品Wの有無を判別したり、景品Wを一枚一枚個別に判別することができる。
制御部205aは、第1の実施形態の制御部105aに対応し、センサ機能切替部205b、搬送制御部105b、昇降制御部105c、計数演算部105d、ソレノイド制御部105e、通信部105fを制御する。

0201

センサ機能切替部205bは、兼用センサ271a、271bを「景品Wの有無の検知用のセンサ」または「景品Wの計数用のセンサ」のどちらか一方として機能させる制御を行う。詳述すると、センサ機能切替部205bは、通信部105fを介して兼用センサ271a、271bが出力した検知信号を受信する。センサ機能切替部205bは、計数部270の昇降の方向に応じて、受信した検知信号を計数演算部105dまたは昇降制御部105cに出力する。

0202

計数部270が上昇しながら在庫計数を行う場合、センサ機能切替部205bは、兼用センサ271aが出力した検知信号を昇降制御部105cに出力し、兼用センサ271bが出力した検知信号を計数演算部105dに出力する。
この結果、昇降制御部105cは、兼用センサ271aが出力した検知信号に対応して、景品Wの有無を判定し、計数部270の上昇スピードを可変させる。そして、計数演算部105dは、兼用センサ271bが出力した検知信号に対応して、景品Wの在庫計数を行う。

0203

計数部270が下降しながら在庫計数を行う場合、センサ機能切替部205bは、兼用センサ271aが出力した検知信号を計数演算部105dに出力し、兼用センサ271bが出力した検知信号を昇降制御部105cに出力する。
この結果、昇降制御部105cは、兼用センサ271bが出力した検知信号に対応して、景品Wの有無を判定し、計数部270の上昇スピードを可変させる。そして、計数演算部105dは、兼用センサ271aが出力した検知信号に対応して、景品Wの在庫計数を行う。

0204

以上説明したように、この実施形態の景品払出装置17によれば、センサ機能切替部205bを備えることで、兼用センサ271a、271bをそれぞれ第1の実施形態の景品有無センサ172a及び計数センサ172c、景品有無センサ172b及び計数センサ172cと対応するセンサとして機能させることができる。したがって、計数センサ172cを備える必要が無い。この結果、計数部270を構成する部品数を削減でき、コストの低減や小型化を図ることができる。

0205

(変形例1)
以上のように第2の実施形態では、計数部270が兼用センサ271a、271bの2つのセンサを備え、これらのセンサによって、上昇時においても下降時においても景品Wの有無を検知して昇降速度を可変させ、かつ景品Wの在庫を計数できるようにした。
このように、2つのセンサを備えることで、上昇時においても下降時においても景品Wの有無を検知して昇降速度を可変させ、かつ景品Wの在庫を計数できる構成は、第2の実施形態に限定されず、種々の変形例が考えられる。

0206

この第2の実施形態の変形例を図20を用いて説明する。図20は、変形例1に係る計数部370及び景品搬送部180を示す斜視図である。
なお、図20中において、図1図17に示した第1の実施形態中の構成要素と同一の構成要素については、同一の符号を付与し、その説明を省略する。
変形例1の景品払出装置17は、図20に示すように、保持板172dに回転可能に設けられた回転盤371を備える。回転盤371には景品有無センサ172a及び計数センサ172cが配設される。

0207

回転盤371は、ここでは図示を省略したモータによって回転する。このモータは、例えば制御部105a(図12参照)によって制御される。モータとして、サーボモータ、ステッピングモータ、エンコーダが接続されたDCモータなど種々の物を適用できる。制御部105aは、これらのモータを制御して回転盤371の回転角度を適宜制御することができる。

0208

景品Wの在庫計数を行う場合、制御部105aは、景品有無センサ172aが計数センサ172cよりも進行方向側に位置するように回転盤371を回転させる。
この結果上昇または下降のどちらの場合であっても景品有無センサ172aが計数センサ172cよりも進行方向側に位置するので、景品有無センサ172aの検知信号に対応して計数部370の昇降速度を可変させることができる。

0209

(第3の実施形態)
次に図21を用いて本願の第3の実施形態について説明する。図21は、第3の実施形態に係る景品払出装置17の一部断面図である。なお、図21中において、図1図17に示した第1の実施形態中の構成要素と同一の構成要素については、同一の符号を付与し、その説明を省略する。

0210

図21に示すように、この実施形態に係る景品払出装置17は、筐体113aの壁面に景品有無センサ380及び計数センサ381を備える。
景品有無センサ380は、景品有無センサ172aと対応し、計数センサ381は、計数センサ172cと対応する。

0211

景品有無センサ380は、筐体113a内の開口部113j近傍に設けられ、計数センサ381は、上部ユニット111内の開口部113j近傍に設けられる。計数センサ381は、景品払出口100dから払い出される景品Wの枚数を計数する。
上部ユニット111は、シャッター部111a、可動床111b、プッシャー111c、昇降台111d、モータ111eを備える。

0212

可動床111bは、払い出される景品Wと、景品カートリッジ112に戻される景品Wとを分離する。可動床111bは、景品有無センサ380によって景品Wの計数が行われると、例えば、筐体113aの壁面からせり出して、払い出される最下部の景品Wと、景品カートリッジ112に戻される最上部の景品Wの間に介在する。この結果、払い出される景品Wが可動床111bの上に乗っかる。

0213

プッシャー111cは、可動床111bの上に乗っかった景品Wを昇降台111dに押し出す。この結果、払い出される景品Wが可動床111bの上に乗っかる。
昇降床111dは、モータ111eに昇降を制御されて、景品Wを景品払出口100dまで搬送する。昇降床111dが景品Wを搬送するとき、モータ111eにベルトやラックなどの連結機構と連結されたシャッター部111aは開く。なお、この一連の制御は、例えばレーン制御手段105(図12参照)の制御部105aが行う。

0214

以上のような構成を有する第3の実施形態の景品払出装置17では、景品払出口100dから景品Wを払い出すときに、景品有無センサ380が出力する景品Wの有無を示す検知信号に対応して、連結された計数部170及び景品搬送部180の上昇速度が可変される。

0215

すなわち、景品有無センサ380が景品Wが有ることを示す検知信号を出力するまでは、昇降制御部105c(図12参照)は、連結された計数部170及び景品搬送部180を第2の速度で上昇させる。連結された計数部170及び景品搬送部180の上昇に伴って、積層された景品Wが、景品カートリッジ112から上部ユニット111に向けて搬送される。

0216

昇降制御部105cは、景品有無センサ380が景品Wが有ることを示す検知信号を出力したことに対応して、上昇速度を第2の速度から第1の速度に可変させる。計数センサ381は、第1の速度で搬送された景品Wの枚数を計数する。払い出し予定の枚数分だけ景品Wが計数されると昇降制御部105cは、連結された計数部170及び景品搬送部180の上昇を停止させる。そして、制御部105aが可動床111bなどを制御して、品払出口100dから景品Wを払い出す。

0217

以上説明したように、この実施形態の景品払出装置17によれば、計数にかかる時間を短縮できる。ここで「計数にかかる時間」とは、連結された計数部170及び景品搬送部180が筐体113a内を上昇するのにかかる時間及び景品Wの側面をセンサで読み取り、その枚数を算出するのにかかる時間を指す。

0218

この実施形態の景品払出装置17によれば、景品有無センサ380による景品Wの有無の検知に基づいて、連結された計数部170及び景品搬送部180の上昇速度を可変させることができる。景品Wが検知されない場合、連結された計数部170及び景品搬送部180の上昇速度を速くするので、連結された計数部170及び景品搬送部180の上昇にかかる時間を短縮させることができる。結果的に、計数にかかる時間を短縮することができる。また、景品Wが検知された場合、計数部170の昇降速度を遅くすることで、計数センサ381による景品Wの検知の確実性が向上する。

0219

(変形例2)
以上、第3の実施形態について説明したが、第3の実施形態はこれに限定されず、種々の変形例が考えられる。
例えば、計数センサ381として光センサを用いたが、これに限定されず景品Wと機械的に接触することで景品Wを個別に検知するようにしてもよい。
この場合、計数センサ381の代わりに、景品Wの側面の形状に対応して変位する爪部を備えることが考えられる。計数演算部105dは、この爪部の変位を検知して景品Wの枚数を算出する。

0220

爪部は、例えばばねによって筐体113aの壁面に直交する方向に突き出るように付勢される。爪部は、上部ユニット111まで搬送された景品Wの側面から筐体113aの壁面までの長さよりもわずかに長く形成される。爪部は、先端部に下方から上方向への押圧力が加えられると筐体113a方向に退く(変位する)ように設けられている。筐体113a方向に退いた爪部は、ばねの復元力によって、再び元の位置に復帰するように付勢される。

0221

爪部の先端部は、景品Wの厚さに対して薄く形成される。このとき少なくとも隣接する景品W間に介在可能な薄さで形成されることが望ましい。爪部には、変位量電気信号に変換するためのエンコーダを取り付けることができる。計数演算部105d(図19参照)は、このエンコーダと接続されて、爪部の退く動作や復帰する動作を景品Wの枚数としてカウントすることができる。

0222

詳細に説明すると、景品Wが、上部ユニット111に搬送された場合、まず爪部の先端部と最上部の景品Wが接触する。このとき景品Wの辺部によって爪部は下方から上方向へ押される。爪部は、筐体113a方向に退く。既に述べたように、景品Wの側面は、外側に凸となるように丸みを帯びているため、この側面の中央部と接触した時、爪部は一番深く退くことになる。

0223

さらに景品Wの搬送が続くと、ばねの復元力によって爪部は景品Wの側面に接触しつつ、元の位置に復帰しようとする。この結果、例えば、最上部の景品Wとその直下の景品Wの側面間に爪部の先端が介在する状態になる。計数演算部105dは、この爪部の退く動作及び復帰動作を1セットとして、景品Wの枚数を1枚として認識する。払い出し予定枚数の景品Wが計数されるまで、景品Wの搬送が継続され、この一連の動作が繰り返される。

0224

爪部が、ばねによって上記のように付勢されることから、計数中の景品Wは、爪部が設けられた壁面の対面方向に押圧される。このため、壁などで景品Wを支持しないと、景品Wの積層状態乱れたり、装置内に脱落してしまったりする。したがって、爪部が設けられた壁面とは対面側に景品Wを支持するための壁を設けることが望ましい。爪部が、景品Wをこの壁に押しつけることによって景品Wの積層状態が乱れたり、脱落してしまったりすることを防止することができ、景品Wの計数を安定して行うことができる。

0225

(その他の実施形態)
以上、第1〜3の実施形態やその変更例・変形例などを具体的に説明したが、本発明は、上記実施形態などに限定されるものではなく、実施段階ではその要旨を逸脱しない範囲で構成要素をさらに変形して具現化できる。また、上記実施形態などに開示されている複数の構成要素の適宜な組み合わせにより、種々の発明を形成できる。例えば、実施形態などに示される全構成要素から幾つかの構成要素を削除してもよい。さらに異なる実施形態にわたる構成要素を適宜組み合わせてもよい。

0226

1…景品払出システム、3…ネットワーク、5…パチンコ機、7…台間機、9…スロットマシン、11…台間機、13…島コンピュータ、15a…会員用ICカード、15b…非会員用ICカード、17…景品払出装置、19…POS、21…計数機、23…精算機、25…管理装置、27…再プレー受付機、29…発券機、31…データ表示機、33…データ公開機、35…プロトコルコンバータ、37…モデム、39…統括情報センタ、100…筐体、103…点灯部、104…主制御手段、105,205…レーン制御手段、106…表示ユニット、107…操作表示パネル、109…背面扉、110…景品払出ユニット、111…上部ユニット、112…景品カートリッジ、113…下部ユニット、120…景品収納、121…把持部、122…金属プレート、124…ガイド、125…景品ストッパ、130…ガイド部、131…ガイドレール、132…ガイドローラ、133…カートリッジ設置板、134…キャッチ手段、135…マグネット、136…位置検出用突起、137…位置検知センサ、138…カートリッジ移動機構、140…リフト機構、141…ステッピングモータ、142…ギア群、143…スパイラルシャフト、144…リニアシャフト、145…クラッチ、151…計数部初期位置センサ、152…景品搬送部初期位置センサ、153…上限センサ、160…支持ピン、161…支持台、170,270,370…計数部、171…本体部、172…センサ部、173…ソレノイド収容部、174…ソレノイド、175…ロックレバー、176…ばね体、177…連結分離検知センサ、178…ガイドピン、179a,179b…シャフト接続部、180…景品搬送部、181…本体部、182…支柱部、183…景品支持台、184…分離連結検知板、185…下限センサ検知板、186…シャフト接続部、271a,271b…兼用センサ、371…回転盤、380…景品有無センサ、381…計数センサ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 従来に比べて不具合の発生を抑制することができる遊技機を提供する。【解決手段】 枠本体の後側に設けられると共に、遊技機外部から遊技球を受け入れて下流側に誘導する遊技球供給部を備える遊技機で... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 従来に比べて不具合の発生を抑制することができる遊技機を提供する。【解決手段】 枠本体の後側に設けられると共に、遊技機外部から遊技球を受け入れて下流側に誘導する遊技球供給部を備える遊技機で... 詳細

  • 株式会社ニューギンの「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】設定値を有するパチンコ機において遊技の意欲を高めることができる遊技機を提供する。【解決手段】遊技機10は、演出制御手段と、図柄変動を実行可能なモードを管理するモード管理手段を備え、そのモードに... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ