図面 (/)

技術 車両リアフロア構造

出願人 スズキ株式会社
発明者 綿貫孝介三枝達彦
出願日 2015年8月24日 (5年4ヶ月経過) 出願番号 2015-164723
公開日 2017年3月2日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2017-043116
状態 特許登録済
技術分野 車両用車体構造 車両の推進装置の配置または取付け
主要キーワード 車載部材 シート取付部材 ボルト類 側部フランジ 車両リア ボルトヘッド 前部領域 取付パネル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年3月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

後端側に空間を確保しつつ、室内空間もより有効に利用可能な車両リアフロア構造を提供することを目的とする。

解決手段

車両リアフロア構造100は、リアフロアパネル102と、リアフロアパネル102に設置されるシートレール110と、シートレール110に設置されるリアシート104とを備える。リアフロアパネル102は、シートレール110が設置される前部領域108と、前部領域108の車両後方側にて下方へ窪み車載部材パワーパック106)を収容する収容部112と、収容部112の前壁114から車両後方側へ膨出していてシートレール110の後端部分120a、120bが設置される膨出部122a、122bを有する。車両リアフロア構造100はさらに、収容部112の内側であって膨出部122a、122bの車幅方向の脇に設けられて車載部品が取り付けられる取付部118a、118bを備える。

概要

背景

車両のリアフロアパネル車両後方側には、電気自動車用蓄電池パワーパック)やスペアタイヤ、さらには工具類などの様々な車載部材が収容される。それら車載部材は、リアフロアパネルに設けられた車両下方へ窪んだ収容部などに設置される。例えば特許文献1に記載の車両用蓄電装置では、車体後部のトランクルームフロアパネル11に凹部11aが設けられ、凹部11aにバッテリパック12が収納されている。

概要

後端側に空間を確保しつつ、室内空間もより有効に利用可能な車両リアフロア構造を提供することを目的とする。車両リアフロア構造100は、リアフロアパネル102と、リアフロアパネル102に設置されるシートレール110と、シートレール110に設置されるリアシート104とを備える。リアフロアパネル102は、シートレール110が設置される前部領域108と、前部領域108の車両後方側にて下方へ窪み車載部材(パワーパック106)を収容する収容部112と、収容部112の前壁114から車両後方側へ膨出していてシートレール110の後端部分120a、120bが設置される膨出部122a、122bを有する。車両リアフロア構造100はさらに、収容部112の内側であって膨出部122a、122bの車幅方向の脇に設けられて車載部品が取り付けられる取付部118a、118bを備える。

目的

本発明は、このような課題に鑑み、車体の後端側に空間を確保しつつ、室内空間をより有効に利用可能な車両リアフロア構造を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車両後部の床を形成するリアフロアパネルと、前記リアフロアパネルに設置されるシート取付部材と、前記シート取付部材に設置されるリアシートとを備えた車両リアフロア構造において、前記リアフロアパネルは、前記シート取付部材が設置される前部領域と、前記前部領域の車両後方側の領域であって下方へ窪み所定の車載部材を収容する収容部と、前記収容部の車両前方側の前壁から車両後方側へ膨出していて前記シート取付部材の後端部分が設置される膨出部とを有し、当該車両リアフロア構造はさらに、前記収容部の内側であって前記膨出部の車幅方向の脇に設けられて前記車載部品が取り付けられる取付部を備えることを特徴とする車両リアフロア構造。

請求項2

当該車両リアフロア構造はさらに、前記収容部の内側にて前記前壁および前記膨出部に車幅方向にわたって設置されて前記取付部が設けられるブラケットを備え、前記ブラケットは、前記膨出部の車幅方向の側部に接合される側部フランジを有することを特徴とする請求項1に記載の車両リアフロア構造。

請求項3

前記ブラケットは、前記前壁との間に車幅方向にわたって閉断面を形成することを特徴とする請求項2に記載の車両リアフロア構造。

請求項4

当該車両リアフロア構造はさらに、前記リアフロアパネルの前部領域および膨出部に敷設されるシート取付パネルと、前記前部領域を介して前記シート取付パネルに接続される車幅方向に延びたクロスメンバとを備えることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の車両リアフロア構造。

請求項5

当該車両リアフロア構造はさらに、前記車載部材として車両に電力を供給するパワーパックを備え、前記パワーパックは、前記前壁および前記膨出部に沿った形状になっていて前記取付部に取り付けられる取付フランジを有することを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の車両リアフロア構造。

技術分野

0001

本発明は、車両後部の床を形成するリアフロアパネルと、リアフロアパネルに設置されるシート取付部材と、シート取付部材に設置されるリアシートとを備えた車両リアフロア構造に関するものである。

背景技術

0002

車両のリアフロアパネルの車両後方側には、電気自動車用蓄電池パワーパック)やスペアタイヤ、さらには工具類などの様々な車載部材が収容される。それら車載部材は、リアフロアパネルに設けられた車両下方へ窪んだ収容部などに設置される。例えば特許文献1に記載の車両用蓄電装置では、車体後部のトランクルームフロアパネル11に凹部11aが設けられ、凹部11aにバッテリパック12が収納されている。

先行技術

0003

特開2014−222641号公報

発明が解決しようとする課題

0004

車体後部は、車両に後突が起きた場合に損傷を受けやすい。そのため、例えば特許文献1では、係止手段54によって後突時にバッテリパック12のカバー14に隙間が開くことを防いでいる。しかしながら、特許文献1の図1のようにバッテリパック12は車両のほぼ後端に配置されている。後突時に損傷を免れるためには、バッテリパック12のような車載部材は車両の後端から距離を空けて配置するほうが有効であるが、リアシート等の他の構造物も存在するために車載部材の配置位置を車両前方側へ移動することは簡単ではない。

0005

本発明は、このような課題に鑑み、車体の後端側に空間を確保しつつ、室内空間をより有効に利用可能な車両リアフロア構造を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するために、本発明にかかる車両リアフロア構造の代表的な構成は、車両後部の床を形成するリアフロアパネルと、リアフロアパネルに設置されるシート取付部材と、シート取付部材に設置されるリアシートとを備えた車両リアフロア構造において、リアフロアパネルは、シート取付部材が設置される前部領域と、前部領域の車両後方側の領域であって下方へ窪み所定の車載部材を収容する収容部と、収容部の車両前方側の前壁から車両後方側へ膨出していてシート取付部材の後端部分が設置される膨出部とを有し、当該車両リアフロア構造はさらに、収容部の内側であって膨出部の車幅方向の脇に設けられて車載部品が取り付けられる取付部を備えることを特徴とする。

0007

上記構成によれば、リアシートと車載部材とを接近させて配置することができ、空間がより有効に利用可能になる。したがって、所定の車載部材をよりリアシート側、すなわち車両前方側に配置可能になるため、車載部材の車両後方側にも空間を確保することで後突時における車載部材の損傷を事前に回避することができる。また、リアシートを車載部材側、すなわち車両後方側に配置することも可能になるため、リアシート付近の室内空間をより広く確保することが可能になる。

0008

当該車両リアフロア構造はさらに、収容部の内側にて前壁および膨出部に車幅方向にわたって設置されて取付部が設けられるブラケットを備え、ブラケットは、膨出部の車幅方向の側部に接合される側部フランジを有してもよい。この構成によれば、上述した車載部材の取付部が有効に実現可能になる。特に、ブラケットは、フランジが膨出部の側部に接合されることで、車両前後方向の荷重をフランジの接合のせん断方向に受ける。したがって、ブラケットは、車載部材に対して高い取付剛性を発揮できる。

0009

上記のブラケットは、前壁との間に車幅方向にわたって閉断面を形成してもよい。この構成によって、ブラケットの取付剛性をさらに高めることができる。

0010

当該車両リアフロア構造はさらに、リアフロアパネルの前部領域および膨出部に敷設されるシート取付パネルと、前部領域を介してシート取付パネルに接続される車幅方向に延びたクロスメンバとを備えてもよい。この構成によって、シート取付部材および車載部材の取付剛性をさらに高めることができる。

0011

当該車両リアフロア構造はさらに、車載部材として車両に電力を供給するパワーパックを備え、パワーパックは、前壁および膨出部に沿った形状になっていて取付部に取り付けられる取付フランジを有してもよい。このパワーパックであれば、上述した取付部に高い取付剛性で取り付けることが可能になる。

発明の効果

0012

本発明によれば、車体の後端側に空間を確保しつつ、室内空間をより有効に利用可能な車両リアフロア構造を提供することが可能になる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の実施形態にかかる車両リアフロア構造の概要を示した図である。
図1(b)の収容部の車両前方側の前壁の拡大図である。
図2の膨出部およびブラケットを車両上方から見た図である。
図1(a)のA−A断面図である。
図2のブラケットのB−B断面図である。
図5の矢視Cに対応する車両リアフロア構造の斜視図である。

実施例

0014

以下に添付図面を参照しながら、本発明の好適な実施形態について詳細に説明する。かかる実施形態に示す寸法、材料、その他具体的な数値などは、発明の理解を容易とするための例示に過ぎず、特に断る場合を除き、本発明を限定するものではない。なお、本明細書及び図面において、実質的に同一の機能、構成を有する要素については、同一の符号を付することにより重複説明を省略し、また本発明に直接関係のない要素は図示を省略する。

0015

図1は、本発明の実施形態にかかる車両リアフロア構造100の概要を示した図である。図1(a)に例示す車両リアフロア構造100は、床を構成しているリアフロアパネル102を中心にして、リアシート104や、車載部材であるパワーパック106などを備えている。特に車両リアフロア構造100は、後述するように、リアシート104とパワーパック106をより接近させて配置することを可能にしている。

0016

図1(b)は、図1(a)のリアシート104を省略した図である。図1(b)に例示するように、リアフロアパネル102は、車両後部の床を形成する比較的大型の部材である。リアフロアパネル102は、複数のパネルを組み合わせて構成されている。

0017

リアフロアパネル102のうち、車両前方側の前部領域108には、シート取付部材の例としてシートレール110が設置されている。シートレール110は、図1(a)のリアシート104が取り付けられるレールである。シートレール110は、車両前後方向に長尺な形状で、1つのシートにつき一対、計4本(シートレール110a〜110d)が設けられている。リアシート104は、シートレール110に取り付けられることで、車両前後方向にスライド可能に設置される。

0018

収容部112は、前部領域108の車両後方側の領域に設けられた、下方へ窪むよう形成された部分である。本実施形態では、収容部112は車両に電力を供給するパワーパック106を収容している。なお、収容部112のもつ技術的な思想は、パワーパック106以外の他の車載部材を収容する構成要素としても応用することができる。

0019

図2は、図1(b)の収容部112の車両前方側の前壁114の拡大図である。収容部112の前壁114付近には、シートレール110の設置部116a、116bと、パワーパック106の取付部118a、118bとが接近して配置されている。

0020

設置部116a、116bは、シートレール110a、110b(図1(b)参照)の後端部分120a、120bを設置する部位である。設置部116a、116bは、例えばボルト孔として具現化することができる。設置部116a、116bは、膨出部122a、122bの上面126a、126bに設けられている。

0021

膨出部122a、122bは、収容部112の車両前方側の前壁114から車両後方側へ膨出している部位である。膨出部122a、122bは、シートレール110a、110bの後端部分120a、120bに沿って設けられている。本実施形態では、膨出部122a、122bが車両後方側へ張り出していることで、シートレール110a、110bとパワーパック106との距離がより詰められている。換言すると、本実施形態では、設置部116a、116bが設けられた領域を膨出部122a、122bとして残し、収容部をより車両前方側へ配置している。

0022

膨出部122a、122bを含む収容部112の前壁114では、リアフロアパネル102の上に、リアフロアインナリンフォース130およびシートレールリンフォース132が設置されている。リアフロアインナリンフォース130は、収容部112の前壁114からパワーパック106の後端付近まで延び、収容部112を補強している。シートレールリンフォース132は、膨出部122a、122bを含んで収容部112の前壁114から底面115までを補強している。

0023

膨出部122a、122bの上面126a、126bは、シート取付パネル134によって形成されている。シート取付パネル134は、車幅方向に長いパネル状の部材であり、リアフロアパネル102の前部領域108および膨出部122a、122bにかけて敷設される。シート取付パネル134の車両後方側は、収容部112の前壁114に沿って屈曲し、前述したシートレールリンフォース132の下方に入っている。

0024

パワーパック106を取り付ける部位として、収容部112にはブラケット136が設置されている。ブラケット136は、収容部112の内側にて、前壁114および膨出部122a、122bに車幅方向にわたって設置されている。ブラケット136には、パワーパック106の取付箇所として、取付部118a、118bが設けられている。取付部118a、118bもまた、ボルト孔として具現化することができる。

0025

図3は、図2の膨出部122a、122bおよびブラケット136を車両上方から見た図である。取付部118a、118bは、収容部112の内側であって、膨出部122a、122bの車幅方向の脇に設けられている。そして、取付部118a、118bと、シートレール110を設置する設置部116a、116bとは、車幅方向にほぼ並んで配置されている。パワーパック106のハーネス138は膨出部122a、122bの間を通り、ハーネス連結部140に連結されている。これら構成によって、本実施形態では、リアシート104(図1(a)参照)とパワーパック106とを接近させて配置することが可能になっている。

0026

パワーパック106が有する取付フランジ142は、車両上方から見て、前壁114および膨出部122a、122bに沿って凹凸を描いた形状になっている。これによって、パワーパック106を取付部118a、118bに高い取付剛性で取り付けることができる。

0027

図4は、図1(a)のA−A断面図である。図4に例示するように、本実施形態では、設置部116a、116bおよび取付部118a、118bの車両前後方向の位置を近づけることができるため、パワーパック106をよりリアシート104側、すなわち車両前方側に配置可能になっている。そのため、パワーパック106の車両後方側に空間を確保し、車体の後端144から距離D1を空けてパワーパック106を配置可能になっている。これによって、後突時におけるパワーパック106の損傷を事前に回避できる。

0028

本実施形態によれば、リアシート104を車載部材側、すなわち車両後方側に配置することも可能である。例えば、リアシート104付近の室内空間をより広く確保することが可能である。このように、当該車両リアフロア構造100では、空間がより有効に利用可能になっている。

0029

再び図2を参照する。当該車両リアフロア構造100では、各所の剛性向上も図っている。取付部118a、118bを有するブラケット136には、側部フランジ146が設けられている。側部フランジ146は、膨出部122aの車幅方向の側部123に接合されている。側部フランジ146は、車両前後方向の荷重を、その接合のせん断方向に受ける。したがって、側部フランジ146を含んで設置されたブラケット136は、パワーパック106に対してより高い取付剛性を発揮できる。なお、側部フランジ146はさらに複数設けることができる。

0030

図5は、図2のブラケット136のB−B断面図である。B−B断面図は、車両前後方向および車両上下方向に切断した断面である。ブラケット136は、前壁114との間に車幅方向にわたって閉断面E1を形成して接合されている。この構成によっても、ブラケット136の取付剛性はさらに高められている。

0031

シート取付パネル134の車両下方であって、リアフロアパネル102の前部領域108の下面には、クロスメンバ148が設けられている。クロスメンバ148は、前部領域108との間に閉断面E2を形成し、さらに前部領域108を介してシート取付パネル134に接続されている。

0032

図6は、図5の矢視Cに対応する車両リアフロア構造100の斜視図である。クロスメンバ148は、収容部112の車両前側に沿って、車幅方向に延びている。このクロスメンバ148によって、シート取付パネル134の取付剛性、ひいてはシートレール110の取付剛性の向上が図られている。

0033

クロスメンバ148と、収容部112とには、リアフロアアウタリンフォース150がかけ渡されて設置されている。リアフロアアウタリンフォース150は、リアフロアパネル102(図4参照)、リアフロアインナリンフォース130、シートレールリンフォース132にボルト類によって共締めされていて、これら収容部112付近のさらなる剛性向上を図っている。その際のボルト類による共締めは、室内側では、ブラケット136の閉断面E1の内部によって行われていて、ボルトヘッド等が外部に露出しない構成となっている。

0034

以上、添付図面を参照しながら本発明の好適な実施形態について説明したが、本発明は係る例に限定されないことは言うまでもない。当業者であれば、特許請求の範囲に記載された範疇内において、各種の変更例または修正例に想到し得ることは明らかであり、それらについても当然に本発明の技術的範囲に属するものと了解される。

0035

本発明は、車両後部の床を形成するリアフロアパネルと、リアフロアパネルに設置されるシート取付部材と、シート取付部材に設置されるリアシートとを備えた車両リアフロア構造に利用することができる。

0036

D1…車体の後端からパワーパックまでの距離、E1…ブラケットの閉断面、E2…クロスメンバの閉断面、100…車両リアフロア構造、102…リアフロアパネル、104…リアシート、106…パワーパック、108…リアフロアパネルの前部領域、110、110a〜110b…シートレール、112…収容部、114…収容部の前壁、115…収容部の底面、116a、116b…設置部、118a、118b…取付部、120a、120b…シートレールの後端部分、122a、122b…膨出部、123…膨出部の側部、126a、126b…膨出部の上面、130…リアフロアインナリンフォース、132…シートレールリンフォース、134…シート取付パネル、136…ブラケット、138…ハーネス、140…ハーネス連結部、142…取付フランジ、144…車体の後端、146…側部フランジ、148…クロスメンバ、150…リアフロアアウタリンフォース

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • THK株式会社の「 回転電機及びこの回転電機を用いたインホイールモータ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】回転電機の小型化を図ると共に、応答性が良く、高エネルギー効率の固定子移動を可能とし、軸受などの構成部品の早期損傷を抑えることができる回転電機を提供する。【解決手段】電機子コイルを有する固定子と... 詳細

  • 日野自動車株式会社の「 パワーライン支持構造」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】パワーラインの車体側への搭載作業に要する作業時間を従来よりも短縮して作業労力の軽減化を図る。【解決手段】エンジン1両側を左右のサイドレール4に組み付ける一方、エンジン1の後部に連結したトランス... 詳細

  • 株式会社ブリヂストンの「 ストッパ部材」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】振動入力時に、被係止部に大きな負荷がかかるのを抑制する。【解決手段】振動発生部Mおよび振動受部Bのうちのいずれか一方に取付けられる外筒12、および他方に取付けられる内筒13、並びに、外筒の内周... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ