図面 (/)

技術 セラミックス反射板製造方法

出願人 共立エレックス株式会社
発明者 馬場誉彦坂口雅彦
出願日 2015年8月7日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2015-156727
公開日 2017年2月16日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2017-036166
状態 特許登録済
技術分野 LED素子のパッケージ 酸化物セラミックスの組成1 セラミック製品3
主要キーワード 事後処理 硬質板 バリウム化合物 基本特性 基準温度 アルミナセラミックス 長寿命化 放熱特性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年2月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

セラミックス組成を変更することなくセラミックスを用いた反射板反射率を向上させることができるセラミックス反射板の製造方法の提供。

解決手段

所定の焼成温度焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成温度の低下と吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点の焼成温度以上となる範囲、又は/及び、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成する。

概要

背景

従来より、低消費電力で長寿命照明器具として発光ダイオードが多用されている。この発光ダイオードは、主に樹脂製の基材発光ダイオード素子実装した構造のものが使用されてきたが、近年では、放熱特性に優れたセラミックス製の基材に発光ダイオード素子を実装した発光ダイオードも使用されている。

このセラミックスを用いた発光ダイオードとしては、矩形板状のベース体の上部に矩形板状のカバー体を貼着しており、ベース体の上部中央に発光ダイオード素子を実装するとともに、カバー体の中央部にテーパー状の反射面を有する開口を形成し、カバー体の開口部分に発光ダイオード素子を位置させた構造となっている(たとえば、特許文献1参照。)。

この発光ダイオードでは、発光ダイオード素子に面するベース体の上部表面やカバー体の反射面において、発光ダイオード素子から放射された光を上方に向けて反射させており、セラミックスを反射板として機能させることで、良好な輝度を保持している。

概要

セラミックスの組成を変更することなくセラミックスを用いた反射板の反射率を向上させることができるセラミックス反射板の製造方法の提供。所定の焼成温度焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成温度の低下と吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点の焼成温度以上となる範囲、又は/及び、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成する。

目的

特に、一般的にはセラミックスの吸水率は0.01%以下(緻密体)であることが望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の焼成温度焼成したセラミックスからなる反射板反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成温度の低下と焼成後の吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点の焼成温度以上となる範囲で焼成温度を下げて焼成したことを特徴とするセラミックス反射板製造方法。

請求項2

所定の焼成温度で焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成したことを特徴とするセラミックス反射板製造方法。

請求項3

所定の焼成温度で焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成温度の低下と吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点の焼成温度以上であって、かつ、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成したことを特徴とするセラミックス反射板製造方法。

請求項4

所定の焼成温度で焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、アルミナを40%以上含有するセラミックスを用い、焼成後の密度が3.700g/cm3以下で、かつ、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成したことを特徴とするセラミックス反射板製造方法。

技術分野

0001

本発明は、所定の焼成温度焼成したセラミックスからなる反射板反射率を向上させるためのセラミックス反射板製造方法に関するものである。

背景技術

0002

従来より、低消費電力で長寿命照明器具として発光ダイオードが多用されている。この発光ダイオードは、主に樹脂製の基材発光ダイオード素子実装した構造のものが使用されてきたが、近年では、放熱特性に優れたセラミックス製の基材に発光ダイオード素子を実装した発光ダイオードも使用されている。

0003

このセラミックスを用いた発光ダイオードとしては、矩形板状のベース体の上部に矩形板状のカバー体を貼着しており、ベース体の上部中央に発光ダイオード素子を実装するとともに、カバー体の中央部にテーパー状の反射面を有する開口を形成し、カバー体の開口部分に発光ダイオード素子を位置させた構造となっている(たとえば、特許文献1参照。)。

0004

この発光ダイオードでは、発光ダイオード素子に面するベース体の上部表面やカバー体の反射面において、発光ダイオード素子から放射された光を上方に向けて反射させており、セラミックスを反射板として機能させることで、良好な輝度を保持している。

先行技術

0005

特開2003−37298号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上記従来の発光ダイオードにおいては、更なる小型化と高輝度化との両立要望されている。

0007

そのためには、発光ダイオード素子自体の高輝度化だけでなく、発光ダイオード素子から放射された光を反射する反射板として機能するセラミックスの反射率を向上させることで、発光ダイオードの小型化及び高輝度化を図ることが課題となっている。

課題を解決するための手段

0008

そこで、本発明では、所定の焼成温度で焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成温度の低下と焼成後の吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点の焼成温度以上となる範囲で焼成温度を下げて焼成することにした。

0009

また、本発明では、所定の焼成温度で焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成することにした。

0010

また、本発明では、所定の焼成温度で焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法において、焼成温度の低下と吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点の焼成温度以上であって、かつ、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成することにした。

発明の効果

0011

そして、本発明では、以下に記載する効果を奏する。

0012

すなわち、本発明では、セラミックスを用いた反射板の製造方法において、セラミックスの組成を変更することなく、反射率を向上させることができるので、製造コストの増大を防止することができる。また、本発明では、焼成温度を下げることができるので、製造に用いる装置や治具等の長寿命化を図ることができる。

図面の簡単な説明

0013

セラミックスの焼成温度と吸水率及び反射率との関係を示すグラフ

実施例

0014

以下に、本発明に係るセラミックス反射板製造方法の具体的な構成について図面を参照しながら説明する。

0015

セラミックスを用いた発光ダイオードにおいては、更なる小型化と高輝度化との両立を図るために、発光ダイオード素子自体の高輝度化だけでなく、発光ダイオード素子から放射された光を反射する反射板として機能するセラミックスの反射率を向上させることが重要となっている。

0016

これまで、本出願人は、従来の発光ダイオードのパッケージとして多用されているアルミナセラミックスよりも反射率を向上させるために、セラミックスの組成を鋭意研究し、アルミナジルコニアバリウム化合物からなるセラミックスを用いて製造した反射板などについて特許第4977770号を取得している。

0017

しかしながら、セラミックスを用いた反射板の製造において、セラミックスの組成を変更すると、意図しない原料混入防止の観点より製造工程を別途設ける等大幅に変更することが必要となり、製造コストが増大するおそれがある。

0018

そこで、本出願人は、セラミックスの組成を変更することなく反射率を向上させる方法を鋭意研究し、以下に説明する本発明を成すに至った。

0019

セラミックスは、その組成に応じた所定の焼成温度で焼成することで、硬質板状の反射板として使用される。通常は、焼成温度を変化させずに含有物の変更、比率等を微調整又は表面への塗布等の事後処理をして所望のセラミックス反射板を製造するが、本出願人は、セラミックスの焼成温度を変化させてセラミックスの特性を調べてみた。

0020

その結果、通常の焼成温度よりも低下させていくと、焼成後のセラミックス(反射板)の密度が焼成温度とともに線形状に低下するとともに、反射率が焼成温度とともに線形状に増加するのに対して、焼成後のセラミックス(反射板)の吸水率は、ある焼成温度において顕著に増加する現象を見出した。

0021

たとえば、アルミナを96%含有する一般的なアルミナセラミックスで厚みが0.8mmの場合、表1に示すように、通常の焼成温度(たとえば1530℃、以下「基準温度」とする。)では、密度が3.820g/cm3、吸水率が0.005%で、450nmの光の反射率が86.8%である。そして、焼成温度を10℃ずつ低下させていくと、基準温度−80℃までは、密度が徐々に低下し、反射率が徐々に増加するが、吸水率はほぼ一定のまま変化しない。さらに、焼成温度を10℃づつ低下させ、基準温度−90℃まで低下させると、密度や反射率がわずかに変化したのに対して、吸水率が0.011%に増大し、基準温度−100℃まで低下させると、密度や反射率がわずかに変化したのに対して、吸水率が0.071%に増大した。

0022

0023

そこで、同じアルミナを96%含有するアルミナセラミックス(厚み0.8mm)について、焼成温度を基準温度−80℃から基準温度−90℃まで1℃ずつ低下させたところ、表2に示すように、焼成温度が基準温度−89℃までは、密度が徐々に低下し、反射率が徐々に増加するのに対して、吸水率はほぼ一定のまま変化しないが、焼成温度を基準温度−90℃に低下させると、密度や反射率がわずかに変化したのに対して、吸水率が0.011%に急激に増大した。

0024

0025

以上の結果をグラフ化したものを図1に示す。なお、図1では、反射率として450nmの光の反射率を示している。表1及び表2からわかるように、焼成温度の低下による反射率の変化の傾向は光の波長には依存しないことがわかる。

0026

図1からわかるように、セラミックスを通常の焼成温度から低下させて焼成すると、反射率が増大する。そのため、セラミックスを通常の焼成温度よりも低い焼成温度で焼成することで反射率の高い反射板を製造することができる。しかしながら、セラミックスを通常の焼成温度から低下させて焼成すると、ある焼成温度(上記の場合には基準温度−89℃)を境に吸水率が急激に増大してしまうことがわかった。このように吸水率が増大したセラミックスでは、反射板としての強度や経年劣化による変色等の基本特性を保持できず、反射板としては好ましくない。特に、一般的にはセラミックスの吸水率は0.01%以下(緻密体)であることが望まれている。

0027

そこで、所定の焼成温度で焼成したセラミックスからなる反射板の反射率を向上させるセラミックス反射板製造方法として、図1に示すように、焼成温度の低下と焼成後の吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点を求め、その変曲点における焼成温度(図1では基準温度−89℃)以上となる範囲で焼成温度を下げて焼成することにした。特に、焼成後の吸水率が0.01%以下(図1では基準温度−89℃)となる範囲で焼成温度を下げて焼成することが好ましく、焼成温度の低下と吸水率の増加との関係から焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点の焼成温度以上であって、かつ、焼成後の吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げて焼成することが最も望ましい。

0028

たとえば、上記アルミナを96%含有する一般的なアルミナセラミックス(厚み0.8mm)場合、通常の焼成温度(基準温度)では、450nmの光の反射率が86.8%であるが、この反射率を90%以上に向上させるには、図1より焼成温度が基準温度−44℃以下で反射率が90%以上となることから、焼成温度を基準温度−89℃〜基準温度−44℃の範囲で焼成すればよく、反射率を92%以上に向上させるには、図1より焼成温度が基準温度−66℃以下で反射率が92%以上となることから、基準温度−89℃〜基準温度−66℃の範囲で焼成すればよい。このように、焼成温度の低下に伴って吸水率が急激に増加する変曲点となる焼成温度(基準温度−89℃)と所望の反射率となる焼成温度(90%の場合は基準温度−44℃、92%の場合は基準温度−66℃)との間の焼成温度でセラミックスを焼成することでセラミックスを通常の焼成温度(基準温度)で焼成するよりも反射率を向上させることができる。

0029

なお、上記説明では、セラミックスの代表例としてアルミナを96%含有するアルミナセラミックスについて実験データを示して説明したが、他のアルミナ、ジルコニア、ムライト窒化アルミニウム窒化珪素炭化珪素チタン酸バリウムなどを用いたもの、又はこれらの複合体においても焼成温度と吸水率と反射率との間で同様の傾向を示す実験データが得られる。特に、アルミナを40%以上含有するセラミックスの場合には密度が3.700g/cm3以下で吸水率が0.01%以下となる範囲で焼成温度を下げることで反射率を向上させることができる。

0030

以上に説明したように、本発明では、セラミックスを用いた反射板の製造方法において、セラミックスの組成を変更することなく、反射率を向上させることができるので、製造コストの増大を防止することができる。そして、本発明では、焼成温度を下げることができるので、製造に用いる装置や治具等の長寿命化を図ることができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ