図面 (/)

技術 コンクリート打設用仕切材、その設置方法、及び生産方法

出願人 前田建設工業株式会社
発明者 宗永芳西條弘之福光哲郎吉羽仁
出願日 2016年7月14日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2016-139056
公開日 2017年2月9日 (4年6ヶ月経過) 公開番号 2017-031794
状態 特許登録済
技術分野 建築現場における取りはずす型枠、補助部材
主要キーワード セメント系接着剤 裏表両面 ノロ漏れ コンクリート枠体 仕切材 継ぎ位置 清掃処理 コンクリート枠
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年2月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

コンクリート打ち継ぎ面ノロ漏れ発生を防止して事後の清掃処理を不要とするコンクリート打設用仕切材を提供する。

解決手段

コンクリート打設する打ち継ぎ面に設置する仕切材1であって、打ち継ぎ面に沿って配置される網体11と、その網体11の表裏面に網目を塞いで形成される接着剤層13と、網体11の周囲に形成されるコンクリート枠体12と、を備える。具体的には、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成する。そして、網体11には、鉄筋通し穴11aが形成されていて、その鉄筋通し穴11aに鉄筋3を通した状態で打ち継ぎ面に沿って網体11を配置してから、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成した後、鉄筋3とともにコンクリート打設用仕切材1を型枠2内に設置する。

概要

背景

別日にコンクリート打設するコンクリート打ち継ぎ方法として、ラス網溶接エアフェンス設置、スポンジコン止設置などが一般的な工法として採用されている。
そして、本出願人は特許文献1において、柱と梁の強度の異なるコンクリートを打ち分けるコンクリート打ち分けに、PCaのコンクリート枠内にエキスパンドメタル(ラス網)を設置したコンクリート仕切板を提案した。

概要

コンクリート打ち継ぎ面ノロ漏れ発生を防止して事後の清掃処理を不要とするコンクリート打設用仕切材を提供する。コンクリートを打設する打ち継ぎ面に設置する仕切材1であって、打ち継ぎ面に沿って配置される網体11と、その網体11の表裏面に網目を塞いで形成される接着剤層13と、網体11の周囲に形成されるコンクリート枠体12と、を備える。具体的には、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成する。そして、網体11には、鉄筋通し穴11aが形成されていて、その鉄筋通し穴11aに鉄筋3を通した状態で打ち継ぎ面に沿って網体11を配置してから、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成した後、鉄筋3とともにコンクリート打設用仕切材1を型枠2内に設置する。

目的

本発明の課題は、コンクリート打ち継ぎ面や打ち分け面のノロ漏れ発生を防止して事後の清掃処理を不要とするコンクリート打設用仕切材を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンクリート打設する打ち継ぎ面または打ち分け面に設置する仕切材であって、前記打ち継ぎ面または打ち分け面に沿って配置される網体と、前記網体の表裏面に網目を塞いで形成される接着剤層と、を備えることを特徴とするコンクリート打設用仕切材。

請求項2

前記網体の周囲に形成されるコンクリート枠体を備えることを特徴とする請求項1に記載のコンクリート打設用仕切材。

請求項3

前記網体には、鉄筋通し穴が形成されていることを特徴とする請求項1または2に記載のコンクリート打設用仕切材。

請求項4

請求項3に記載のコンクリート打設用仕切材の設置方法であって、前記鉄筋通し穴に鉄筋を通した状態で前記打ち継ぎ面または打ち分け面に沿って前記網体を配置してから、前記網体の表裏面に前記接着剤を塗布または吹き付けて前記接着剤層を形成した後、前記鉄筋とともに前記コンクリート打設用仕切材を型枠内に設置することを特徴とするコンクリート打設用仕切材の設置方法。

請求項5

請求項1または2に記載のコンクリート打設用仕切材の生産方法であって、前記網体の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて前記接着剤層を形成することを特徴とするコンクリート打設用仕切材の生産方法。

請求項6

請求項5に記載の生産方法により生産されるコンクリート打設用仕切材の設置方法であって、前記網体に形成される鉄筋通し穴に鉄筋を通した状態で前記打ち継ぎ面または打ち分け面に沿って前記網体を配置してから、前記網体の表裏面に前記接着剤を塗布または吹き付けて前記接着剤層を形成した後、前記鉄筋とともに前記コンクリート打設用仕切材を型枠内に設置することを特徴とするコンクリート打設用仕切材の設置方法。

技術分野

0001

本発明は、コンクリート打設する際の打ち継ぎ用または打ち分け用の仕切材と、そのコンクリート打設用仕切材の設置方法と、生産方法に関する。

背景技術

0002

別日にコンクリートを打設するコンクリート打ち継ぎ方法として、ラス網溶接エアフェンス設置、スポンジコン止設置などが一般的な工法として採用されている。
そして、本出願人は特許文献1において、柱と梁の強度の異なるコンクリートを打ち分けるコンクリート打ち分けに、PCaのコンクリート枠内にエキスパンドメタル(ラス網)を設置したコンクリート仕切板を提案した。

先行技術

0003

特許第4398696(特開2005−120626)号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、従来のラス網溶接、エアフェンス設置、スポンジコン止設置や、特許文献1のコンクリート仕切板も、コンクリート打ち継ぎ面や打ち分け面には、コンクリートのノロ漏れが生じ、隣接部のコンクリート打設に先立ち型枠の一部に掃除口を設けて、配筋済みの鉄筋の間から漏れノロ撤去して清掃する必要がある。

0005

本発明の課題は、コンクリート打ち継ぎ面や打ち分け面のノロ漏れ発生を防止して事後の清掃処理を不要とするコンクリート打設用仕切材を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

以上の課題を解決するため、請求項1に記載の発明は、
コンクリートを打設する打ち継ぎ面または打ち分け面に設置する仕切材であって、
前記打ち継ぎ面または打ち分け面に沿って配置される網体と、
前記網体の表裏面に網目を塞いで形成される接着剤層と、を備えることを特徴とする。

0007

請求項2に記載の発明は、
請求項1に記載のコンクリート打設用仕切材であって、
前記網体の周囲に形成されるコンクリート枠体を備えることを特徴とする。

0008

請求項3に記載の発明は、
請求項1または2に記載のコンクリート打設用仕切材であって、
前記網体には、鉄筋通し穴が形成されていることを特徴とする。

0009

請求項4に記載の発明は、
請求項3に記載のコンクリート打設用仕切材の設置方法であって、
前記鉄筋通し穴に鉄筋を通した状態で前記打ち継ぎ面または打ち分け面に沿って前記網体を配置してから、
前記網体の表裏面に前記接着剤を塗布または吹き付けて前記接着剤層を形成した後、
前記鉄筋とともに前記コンクリート打設用仕切材を型枠内に設置することを特徴とする。

0010

請求項5に記載の発明は、
請求項1または2に記載のコンクリート打設用仕切材の生産方法であって、
前記網体の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて前記接着剤層を形成することを特徴とする。

0011

請求項6に記載の発明は、
請求項5に記載の生産方法により生産されるコンクリート打設用仕切材の設置方法であって、
前記網体に形成される鉄筋通し穴に鉄筋を通した状態で前記打ち継ぎ面または打ち分け面に沿って前記網体を配置してから、
前記網体の表裏面に前記接着剤を塗布または吹き付けて前記接着剤層を形成した後、
前記鉄筋とともに前記コンクリート打設用仕切材を型枠内に設置することを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明によれば、コンクリート打ち継ぎ面や打ち分け面のノロ漏れ発生を防止して事後の清掃処理を不要とするコンクリート打設用仕切材を提供することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明を適用したコンクリート打設用仕切材の設置の一実施形態の構成を示す概略側面図である。
図1のコンクリート打設用仕切材の形状例を示す斜視図である。
鉄筋地組み時のコンクリート打設用仕切材の設置状態を示す斜視図である。
鉄筋とともにコンクリート打設用仕切材を型枠内に設置した状態例を示すもので、網体への接着剤層の形成例を示した斜視図である。
図4のコンクリート打設用仕切材設置部分の拡大図である。
網体の脱脂処理を示す概略斜視図である。
網体のプライマー処理を示す概略斜視図である。

実施例

0014

以下、図を参照して本発明を実施するための形態を詳細に説明する。
(実施形態)
図1は本発明を適用したコンクリート打設用仕切材の設置の一実施形態の概略構成を示すもので、1はコンクリート打設用仕切材、2は型枠である。

0015

図示のように、コンクリート打設用仕切材1は、型枠2内において、コンクリート打ち継ぎ面に沿って配置される網体11と、その網体11の表裏面に網目を塞いで形成される接着剤層13と、を備える。

0016

図2はコンクリート打設用仕切材1の形状例を示すもので、コンクリート打設用仕切材1は、図示のように、エキスパンドメタル(ラス網)による網体11の周囲に形成されたコンクリート枠体12を一体に備えている。
なお、網体11には、必要な数の鉄筋通し穴11aを形成しておく。

0017

このようなコンクリート打設用仕切材1を、鉄筋地組み時において、図3に示すように、鉄筋通し穴11aに鉄筋3をそれぞれ通して、鉄筋3に組み付けてから、図4に示すように、地組みした鉄筋3とともに、例えば梁用の型枠2内のコンクリート打ち継ぎ位置に設置する。

0018

こうして、型枠2内のコンクリート打ち継ぎ位置に設置したコンクリート打設用仕切材1の網体11の裏表両面に、図5にも拡大して示すように、予めコンクリート打ち継ぎ専用の繊維補強ポリマーセメント系接着剤を各々塗布し(または吹き付け)、そのセメント系接着剤で網目を潰して硬化させてセメント系接着剤層13をそれぞれ形成する。
そして、型枠2内に先打ちコンクリートを打設する(図1参照)。

0019

このコンクリート打設用仕切材1により、表裏両面のセメント系接着剤層13で先打ちコンクリートとの接着強度を確保して一体化でき、かつ打ち継ぎ面の網体11の網目をほぼ完全に塞ぐことができて、ノロ漏れ発生を防止でき、事後の清掃処理を不要とすることができる。

0020

その後、別の日(または同日のうち)に、図1に示すように、型枠2内に後打ちコンクリートを打設する。
その後打ちコンクリートも、コンクリート打設用仕切材1の表裏両面のセメント系接着剤層13により先打ちコンクリートとの接着強度を確保して一体化できる。

0021

なお、セメント系接着剤層13は、コンクリート打継間隔が2週間程度まで有効である。

0022

以上、実施形態のコンクリート打設用仕切材1によれば、打ち継ぎ面に沿って配置される網体11と、網体11の周囲に形成されるコンクリート枠体12と、を備え、網体11の鉄筋通し穴11aに鉄筋3を通した状態で打ち継ぎ面に沿って網体11を配置してから、その網体11の表裏面に繊維補強ポリマーセメント系接着剤を塗布し(または吹き付け)てセメント系接着剤層13を形成する。
その後、鉄筋3とともにコンクリート打設用仕切材1を型枠2内に設置することで、コンクリート打ち継ぎ面のノロ漏れ発生を防止して事後の清掃処理を不要とすることができる。

0023

(変形例)
以上の実施形態においては、梁のコンクリート打ち継ぎに仕切材を用いたが、本発明の仕切材はこれに限定されるものではなく、あらゆる部位のコンクリート打ち継ぎに利用可能である。
また、実施形態では、仕切材をコンクリート打ち継ぎに用いたが、本発明の仕切材はこれに限定されるものではなく、強度の異なるコンクリートを打ち分けるコンクリート打ち分けに用いてもよい。
さらに、実施形態では、現場での鉄筋地組み時に仕切材を組み付けてから型枠内に設置したが、工場で予め鉄筋及び仕切材を組み立てた後、現場に運んで型枠内に設置したり、現場において、型枠内で鉄筋及び仕切材を組み立てるようにしてもよい。
また、接着剤の種類等も任意であり、その他、具体的な細部構造等についても適宜に変更可能であることは勿論である。

0024

(網体の脱脂処理)
図6は網体11の脱脂処理の概略を示すもので、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成する前に、網体11に付着した油脂を脱脂処理する。
すなわち、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成する前の工程において、図示のように、トレイ4に入れた網体11に脱脂材5として例えば中性洗剤をかけて、ブラシ6で網体11をブラシ掛けすることで、網体11を脱脂処理する。その後、網体11を乾燥させる。

0025

このように、網体11を予め脱脂処理しておくことで、次の工程において、脱脂処理後の網体11の表裏面に対する繊維補強ポリマーセメント系接着剤の塗布(または吹き付け)によるセメント系接着剤層13の接着力を高めることができる。

0026

なお、脱脂材5としては、中性洗剤の他に、アセトンなどの有機溶剤や、ガソリンなどであってもよい。

0027

(網体のプライマー処理)
図7は網体11のプライマー処理の概略を示すもので、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成する前に、網体11をプライマー処理する。
すなわち、網体11の表裏面に接着剤を塗布または吹き付けて接着剤層13を形成する前の工程において、図示のように、網体11に刷毛7でプライマー8として例えば不揮発分の少ない低粘度液体を塗布することで、網体11をプライマー処理する。その後、プライマー8を乾燥させる。

0028

このように、網体11を予めプライマー処理しておくことで、次の工程において、プライマー処理後の網体11の表裏面に対する繊維補強ポリマーセメント系接着の塗布(または吹き付け)によるセメント系接着剤層13の接着力を高めることができる。

0029

なお、プライマー8の塗布に代えて、網体11にプライマー8を吹き付けてもよい。

0030

また、網体11の脱脂処理後に、さらに網体11をプライマー処理してもよい。

0031

1コンクリート打設用仕切材
11網体
11a鉄筋通し穴
12コンクリート枠体
13接着剤層
2型枠
3 鉄筋
4トレイ
5脱脂材
6ブラシ
7刷毛
8 プライマー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 西松建設株式会社の「 型枠装置およびコンクリート打設システム」が 公開されました。( 2021/06/24)

    【課題】 手間をかけることなく、短期間かつ安価で連続的にコンクリートを打設することが可能となる装置、システムを提供する。【解決手段】 型枠装置10は、2つの支保工13に跨るように配置され、コンクリ... 詳細

  • 株式会社祥起の「 金属樹脂複合型接着補助器具」が 公開されました。( 2021/06/24)

    【課題】金属材料の剛性等と合成樹脂の引っ張り特性等との双方を有効に活用して、モルタル壁のコンクリート壁からの剥がれや落下を未然に防止するようにした金属樹脂複合型接着補助器具を提供する。【解決手段】金属... 詳細

  • 有限会社福島型枠研究所の「 型枠パネル連結具」が 公開されました。( 2021/06/17)

    【課題】従来の木製型枠パネルをそのまま利用して木製型枠を組みあげることができ、従来の締結方法に慣れている作業員もとまどうことなく作業でき、電動工具を使用してねじ込み作業を行っても桟木にめりこまない型枠... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ