図面 (/)

技術 パワースライド装置

出願人 日本発條株式会社
発明者 中村武勝部健一有本翔太八重樫賢
出願日 2015年7月31日 (4年7ヶ月経過) 出願番号 2015-152200
公開日 2017年2月9日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2017-030527
状態 特許登録済
技術分野 車両用座席
主要キーワード アクチュエータブラケット リップブラケット フレキシブルワイヤ ピニオン径 固定支持部材 部品強度 金属製歯車 スライド状態
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年2月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

軽量かつ部品設定の合理性が高いパワースライド装置を提供する。

解決手段

パワースライド装置10は、車体床部に固定される左右一対ロアレール22、及び一対のロアレール22にそれぞれシート前後方向にスライド可能に取付けられると共に、シートクッション90に連結された左右一対のアッパレール24を有する左右一対のスライドレール20と、スライドレール20に設けられ、アッパレール24をスライドさせるスライド機構30と、スライド機構30作動させるモータ40と、スライド機構30と別にスライドレール20に設けられ、アッパレール24のスライドを規制するロック機構50と、ロック機構50を操作する駆動装置60と、を備える。

概要

背景

下記特許文献1に示された車両用シートスライド装置パワースライド装置)では、シート左右一対スライドレールロアレール及びアッパレール)を介して車体床部に支持される。左右一対のロアレールには、シート幅方向に延びる固定支持部材掛け渡されており、この固定支持部材の中央部分には駆動モータ取付けられている。この駆動モータの回転が、フレキシブルワイヤを介して駆動用ウォームギアに伝達される。この駆動用ウォームギアは、アッパレールに設けられると共に、ロアレール内に位置するラックの歯面と噛合されている。これにより、各アッパレールがシートと共に各ロアレールに対してスライドする構成になっている。

概要

軽量かつ部品設定の合理性が高いパワースライド装置を提供する。パワースライド装置10は、車体床部に固定される左右一対のロアレール22、及び一対のロアレール22にそれぞれシート前後方向にスライド可能に取付けられると共に、シートクッション90に連結された左右一対のアッパレール24を有する左右一対のスライドレール20と、スライドレール20に設けられ、アッパレール24をスライドさせるスライド機構30と、スライド機構30作動させるモータ40と、スライド機構30と別にスライドレール20に設けられ、アッパレール24のスライドを規制するロック機構50と、ロック機構50を操作する駆動装置60と、を備える。

目的

本発明は上記事実を考慮し、軽量で高強度を必要としないパワースライド装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車体床部に固定される左右一対ロアレール、及び前記一対のロアレールにそれぞれシート前後方向にスライド可能に取付けられると共に、シートクッションに連結された左右一対のアッパレールを有する左右一対のスライドレールと、前記スライドレールに設けられ、前記アッパレールをスライドさせるスライド機構と、前記スライド機構を作動させるモータと、前記スライド機構と別に前記スライドレールに設けられ、前記アッパレールのスライドを規制するロック機構と、前記ロック機構を操作する駆動装置と、を備えたパワースライド装置

請求項2

前記アッパレールに取付けられ、前記モータによりシート前後方向に回転される前記スライド機構の一部としてのピニオンと、前記アッパレールに取付けられ、前記駆動装置によりシート上下方向に駆動される前記ロック機構の一部としてのロック部材と、前記ロアレールに間隔をあけて設けられ、前記ピニオンの歯部が噛合し、かつ前記ロック部材の爪部が係合するロック孔と、を備えた請求項1に記載のパワースライド装置。

請求項3

前記ピニオンは、プレス成形された、請求項2に記載のパワースライド装置。

請求項4

前記ピニオンは、前記モータの回転軸の回転方向に回転し、シャフトを介して前記モータと直結される、請求項2又は請求項3に記載のパワースライド装置。

請求項5

前記駆動装置は、前記アッパレールが予め設定されたスライド量をスライドした際に、前記ロック機構をロック方向に操作する、請求項2〜請求項4の何れか1項に記載のパワースライド装置。

請求項6

前記駆動装置は、前記爪部が前記ロック孔と係合できる位置で前記アッパレールのスライドを停止させる、請求項2〜請求項5の何れか1項に記載のパワースライド装置。

技術分野

0001

本発明は、パワースライド装置に関する。

背景技術

0002

下記特許文献1に示された車両用シートスライド装置(パワースライド装置)では、シート左右一対スライドレールロアレール及びアッパレール)を介して車体床部に支持される。左右一対のロアレールには、シート幅方向に延びる固定支持部材掛け渡されており、この固定支持部材の中央部分には駆動モータ取付けられている。この駆動モータの回転が、フレキシブルワイヤを介して駆動用ウォームギアに伝達される。この駆動用ウォームギアは、アッパレールに設けられると共に、ロアレール内に位置するラックの歯面と噛合されている。これにより、各アッパレールがシートと共に各ロアレールに対してスライドする構成になっている。

先行技術

0003

特開平4−166429号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、上述の車両用シートスライド装置では、アッパレール側に支持された駆動用ウォームギアに、アッパレールのスライド機能と、スライドを規制するロック機能を担わせている。このため、駆動用ウォームギアに強度を持たせる必要があり、重量が大きくなる。

0005

本発明は上記事実を考慮し、軽量で高強度を必要としないパワースライド装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の第1態様のパワースライド装置は、車体床部に固定される左右一対のロアレール、及び前記一対のロアレールにそれぞれシート前後方向にスライド可能に取付けられると共に、シートクッションに連結された左右一対のアッパレールを有する左右一対のスライドレールと、前記スライドレールに設けられ、前記アッパレールをスライドさせるスライド機構と、前記スライド機構を作動させるモータと、前記スライド機構と別に前記スライドレールに設けられ、前記アッパレールのスライドを規制するロック機構と、前記ロック機構を操作する駆動装置と、を備える。

0007

本発明の第1態様のパワースライド装置によれば、スライド機構とロック機構とが別に設けられている。このため、スライド機構にロック機能を担わせる必要がなく、スライド機構にロック機能を発揮させるための強度を持たせる必要がない。したがって、駆動用ウォームギアにアッパレールのスライドを規制するロック機能を担わせている従来技術と比較して、スライド機構の重量を小さくすることができる。

0008

また、スライド機構とロック機構を、それぞれ特化した機能とすることができる。このため、駆動用ウォームギアにアッパレールのスライドを規制するロック機能を担わせている従来技術と比較して、軽量で、高強度を必要としない。

0009

本発明の第2態様のパワースライド装置は、第1態様のパワースライド装置において、前記アッパレールに取付けられ、前記モータによりシート前後方向に回転される前記スライド機構の一部としてのピニオンと、前記アッパレールに取付けられ、前記駆動装置によりシート上下方向に駆動される前記ロック機構の一部としてのロック部材と、前記ロアレールに間隔をあけて設けられ、前記ピニオンの歯部が噛合し、かつ前記ロック部材の爪部が係合するロック孔と、を備える。

0010

本発明の第2態様のパワースライド装置によれば、ロアレールにピニオンの歯部が噛合するロック孔が間隔をあけて設けられる。このため、ロアレール内に、ピニオンの歯部を噛合させるためのラックを別途設ける必要がない。したがって、スライド機構の重量を小さくすることができる。また、ロアレールにラックを設けないのでラックを固定するための構成を備える必要がなく、ラックを設ける構成と比較して、ロアレールの構造が単純化される。このため、例えばマニュアルスライド装置に使用されるロアレールなどの汎用品を流用することができる。

0011

また、ロアレールのロック孔には、シート上下方向に駆動するロック部材の爪部が係合する。このとき、ロック部材の爪部の形状や上下方向の駆動量を、ロック孔の形状に合わせて最適化することで、アッパレールのシート前後方向へのスライドを、確実に止めることができる。例えばロック部材の爪部を、シート上下方向上側から下側に向って幅が狭まる形状とし、ロック孔の孔幅と爪部のシート前後方向の幅とが合致する位置までロック部材を駆動させることで、爪部がシート前後方向へ移動することや爪部のがたつきが抑制される。

0012

本発明の第3態様のパワースライド装置は、第2態様のパワースライド装置において、前記ピニオンは、プレス成形される。

0013

本発明の第3態様のパワースライド装置によれば、ピニオンがプレス成形されるため、例えば射出成形される場合と比較して、ピニオンの厚みを薄くすることができる。したがって、スライド機構の一部であるピニオンの重量を小さくすることができる。また、ピニオンの厚みを薄くすることにより、ピニオンの歯部が噛合するロアレールのロック孔のシート幅方向の孔径を小さくすることができる。このため、ロアレールのシート幅方向の寸法を小さくすることができる。

0014

本発明の第4態様のパワースライド装置は、第2態様又は第3態様のパワースライド装置において、前記ピニオンは、前記モータの回転軸シャフトを介して前記モータと直結される。

0015

本発明の第4態様のパワースライド装置によれば、ピニオンが、減速機などを介さずモータの回転軸にシャフトを介して直結される。このため、例えばウォームギアや減速機を用いる場合と比較して構成が単純である。

0016

本発明の第5態様のパワースライド装置は、第2態様〜第4態様の何れか1態様のパワースライド装置において、前記駆動装置は、前記アッパレールが予め設定されたスライド量をスライドした際に、前記ロック機構をロック方向に操作する。

0017

本発明の第5態様のパワースライド装置によれば、アッパレールが予め設定されたスライド量をスライドすると、自動的にロック機能が働く。

0018

本発明の第6態様のパワースライド装置は、第2態様〜第5態様の何れか1態様のパワースライド装置において、前記駆動装置は、前記爪部が前記ロック孔と係合できる位置で前記アッパレールのスライドを停止させる。

0019

本発明の第6態様のパワースライド装置によれば、車体搭乗者が駆動装置を操作すると、駆動装置は、爪部がロック孔と係合できる位置までアッパレールをスライドさせてから、アッパレールのスライドを停止させる。

発明の効果

0020

以上説明したように、第1態様に係るパワースライド装置は、軽量かつ部品強度を小さくできるという優れた効果を有する。

0021

第2態様に係るパワースライド装置は、生産効率が高く、アッパレールのシート前後方向へのスライドを確実に止めることができるという優れた効果を有する。

0022

第3態様に係るパワースライド装置は、パワースライド機構を更に軽量化できるという優れた効果を有する。

0023

第4態様に係るパワースライド装置は、モータの回転力エネルギー損失が少ないという優れた効果を有する。

0024

第5態様に係るパワースライド装置は、アッパレールの過剰なスライドを抑制することができるという優れた効果を有する。

0025

第6態様に係るパワースライド装置は、ロック機構を確実に機能させることができるという優れた効果を有する。

図面の簡単な説明

0026

本発明の実施形態に係るパワースライド装置の構成を示す分解斜視図である。
本発明の実施形態に係るパワースライド装置のスライド状態を示す側断面図である。
本発明の実施形態に係るパワースライド装置のスライド機構を示す断面図であり、(A)は上アッパレールに取付けられるベアリングを示し、(B)は下アッパレールに取付けられるベアリングを示す。
本発明の実施形態に係るパワースライド装置のロック状態におけるロック機構を示す断面図である。
本発明の実施形態に係るパワースライド装置のロック解除状態におけるロック機構を示す断面図である。
本発明の実施形態に係るパワースライド装置の操作方法を示すフローチャートである。

実施例

0027

以下、図1図5を参照して、本発明の実施形態に係るパワースライド装置10について説明する。なお、各図中に適宜示される矢印FR、矢印UP、矢印LH、矢印RHは、パワースライド装置10の前方向、上方向、左方向、右方向を示している。また、パワースライド装置10の前後左右上下の方向性は、パワースライド装置10が搭載された車両の前後左右上下の方向性、及び車両に搭載されるシートクッション90の前後左右上下の方向性と一致している。さらに、以下の説明に記載する「シート幅方向」は、「シート左右方向」と同義である。

0028

[本実施形態の構成]
図1に示されるように、本実施形態のパワースライド装置10は、左右一対のスライドレール20と、スライドレール20に設けられるスライド機構30と、スライド機構30に回転力を伝達するモータ40と、スライドレール20に設けられるロック機構50と、ロック機構50を操作する駆動装置60と、を備えて構成される。

0029

なお、図1は、本実施形態のパワースライド装置10を説明するための分解斜視図であり、詳しくは後述するが、左右対称の構成となる部分についてはシート幅方向左側の構成のみを示し、右側の構成は省略されている。また、スライドレール20を構成するロアレール22のシート前後方向後ろ側の端部も省略されている。

0030

パワースライド装置10の車両上方向にはシートクッション90が設けられており、シートクッション90を構成するクッションフレーム92が、レッグブラケット94、96を介してスライドレール20を構成する上アッパレール24Aに取付けられている。

0031

(スライドレール)
まず、図1を参照して、本実施形態に係るスライドレール20の構成について説明する。

0032

スライドレール20は左右一対とされ、シートクッション90の下方にシート前後方向に配置されている。各スライドレール20は、シート前後方向に沿って長尺状に形成されたロアレール22とアッパレール24とを備えている。

0033

各ロアレール22(以下、単にロアレール22と称することがある)は、ロール成形された金属製のC型鋼材リップ付きチャンネル状)とされ、開口22Aを上方へ向けて配置されている。ロアレール22の少なくとも前後両端部は、リップブラケット26を介して、車体床部100の上面側に固定されている。ロアレール22は、開口22Aと対向するウェブ22Bに、シート前後方向に沿った長さがL、シート幅方向に沿った幅がWのロック孔22Cが、シート前後方向に一定の間隔Pで配置されている。ロック孔22Cは、ロアレール22のロール成形後、打ち抜き加工によって形成される。

0034

各アッパレール24(以下、単にアッパレール24と称することがある)は、後述するベアリング34が取付けられた上アッパレール24A、後述するピニオン32をシート幅方向に挟み込んで保持する一対の中アッパレール24B、及び後述するベアリング36が取付けられた下アッパレール24Cを含んで構成されている。上アッパレール24A、中アッパレール24B、及び下アッパレール24Cはそれぞれ金属製とされ、溶接、又は図示しないリベット、ねじ、若しくは係止爪などによって互いに固定され、上アッパレール24Aに備えられたベアリング34、及び下アッパレール24Cに備えられたベアリング36がそれぞれロアレール22と摺接して、アッパレール24がロアレール22に対してスライド可能とされている。

0035

(スライド機構)
次に、図1図3を参照して、本実施形態に係るスライド機構30の構成について説明する。

0036

図1に示されるように、スライド機構30は、中アッパレール24Bに取付けられたピニオン32、上アッパレール24Aに取付けられたベアリング34、下アッパレール24Cに取付けられたベアリング36を含んで構成されている。なお、図1には、スライド機構30はシートクッション90の左側のみに記載されているが、シートクッション90の右側にもシート中央に対して対称に同様の構成が設けられている。

0037

ピニオン32は、プレス成形された円盤状の金属製歯車で、モータシャフト42を介して後述するモータ40と接続されており、モータ40の回転動力により、中心Oを中心にしてシート前後方向に回転可能とされている。

0038

図2に示すように、ピニオン32の歯部32Aは、ピニオン32の外周に沿って等間隔に形成され、ピニオン32の中心Oを通る直線を基準として線対称ピニオン径方向外側に向って幅が狭まるテーパー形状とされている。ロアレール22、アッパレール24を含んだスライドレール20と、ピニオン32を含んだスライド機構30とが組み立てられた状態においては、ピニオン32は、下アッパレール24Cに形成されたピニオン貫通孔24Dを貫通し、ピニオン32の歯部32Aは、ロアレール22のロック孔22Cと噛合されている。

0039

ピニオン32の中心Oからロアレール22までの距離を半径とするピッチ円R上における、それぞれの歯部32Aの円周方向に沿った長さTは、ロック孔22Cのシート前後方向に沿った長さLと略同一とされ、ピッチ円R上における歯部32Aの間隔Sは、ロック孔22Cのシート前後方向に沿った間隔Pと略同一とされている。そして、ピッチ円Rの円周長さは、間隔Sの整数倍とされている。また、歯部32Aのシート幅方向に沿った厚みは、ロック孔22Cのシート幅方向に沿った幅Wよりも小さく形成されている。

0040

なお、本実施形態では歯部32Aの円周方向に沿った長さTは、ロック孔22Cのシート前後方向に沿った長さLと略同一とされているが、本発明の実施形態はこれに限られない。例えば、ピニオン32がスムーズに回転するためには、歯部32Aの長さTは、ロック孔22Cのシート前後方向に沿った長さLよりも若干小さいことが好ましい。このように、歯部32Aの長さTと、ロック孔22Cのシート前後方向に沿った長さLは、必ずしも同一である必要はない。

0041

図1に示すように、ベアリング34は、上アッパレール24Aの前後の両端部をそれぞれ左右から挟み込むように、合計4個取付けられている。図3(A)に示すように、ベアリング34の直径はロアレール22のシート上下方向の内径よりも小径とされ、ベアリング34がロアレール22と摺接することで、アッパレール24を構成する上アッパレール24Aとロアレール22とがシート上下方向に直接接触しないように距離を保ち、かつアッパレール24がスライドする際の上下方向のガタつきを抑制している。

0042

図1に示すように、ベアリング36は、下アッパレール24Cの前後の両端部左右に、合計4個取付けられている。図3(B)に示すように、左右に隣合うベアリング36の外側間距離はロアレール22のシート幅方向の内径よりも小幅とされ、ベアリング36がロアレール22と摺接することで、アッパレール24を構成する下アッパレール24Cとロアレール22とがシート幅方向に直接接触しないように距離を保ち、かつアッパレール24がスライドする際のシート幅方向のガタつきを抑制している。

0043

(モータ)
次に、図1を参照して、本実施形態に係るモータ40の構成について説明する。

0044

モータ40は、本体内部に収容された図示しない出力軸の回転軸の軸線方向がシート幅方向に沿う状態で左右の上アッパレール24Aに挟まれる位置に配置されており、モータブラケット44を介して、図示しないシート幅方向右側の上アッパレール24Aに固定されている。

0045

モータ40の本体部48からは、出力軸の回転軸と一体のモータシャフト42が本体部48の左右方向へ突出しており、先述したピニオン32が、同軸的かつ相対回転不能に連結されている。モータシャフト42は、上アッパレール24Aに設けられた切欠き、中アッパレール24Bに設けられた貫通孔をそれぞれ貫通し、中アッパレール24Bと軸受等を介して相対回転可能に固定されている。

0046

先述の通り、モータ40はモータブラケット44を介して上アッパレール24Aに固定され、上アッパレール24Aと中アッパレール24Bは互いに溶接などによって固定され、出力軸の回転軸と一体のモータシャフト42とピニオン32が、同軸的かつ相対回転不能に連結されている。このため、アッパレール24とピニオン32は互いに相対回転可能とされている。

0047

(ロック機構)
次に、図1図4を参照して、本実施形態に係るロック機構50の構成について説明する。

0048

図1に示されるように、ロック機構50は、上アッパレール24Aのシート幅方向外側に取付けられるロック部材52、ロック部材52のシート幅方向外側に取付けられるスプリングブラケット54、スプリングブラケット54のシート幅方向外側に取付けられるスプリング56、ロック部材52及びスプリングブラケット54のそれぞれに設けられた貫通孔を貫通するロックシャフト58を含んで構成されている。なお、図1には、ロック部材52、スプリングブラケット54、及びスプリング56はシートクッション90の左側のみに記載されているが、シートクッション90の右側にも同様の構成が設けられている。

0049

図4に示すように、ロック部材52は、平板状に形成された金属製部材で、上アッパレール24Aのシート幅方向外側側面に沿って上下方向に移動可能とされた本体部52Aと、本体部52Aのシート前後方向前側及び後側の両下端部からそれぞれシート上下方向下側に突出する爪部52Bと、本体部52Aのシート前後方向の中央部からシート上下方向上側に突出する角部52Cを含んで構成される。ロック部材52のシート幅方向に沿った厚みは、ロック孔22Cのシート幅方向に沿った幅Wよりも小さく形成されている。

0050

ロック部材52の角部52Cには貫通孔が設けられており(図1参照)、ロックシャフト58が貫通している。また、上アッパレール24Aにはシート上下方向に長い長孔状の貫通孔24Fが設けられており(図1参照)、ロックシャフト58が貫通している。ロックシャフト58をシート上下方向に動かすことで、上アッパレール24Aの貫通孔24Fに沿ってロック部材52が上下方向に移動する。

0051

なお、上アッパレール24Aのシート幅方向外側面には、ロック部材52のシート前後方向の幅と略同一幅の溝が設けてあり、該溝にロック部材52が嵌合することで、ロック部材52がシート上下方向に移動するためのガイドとなっている。さらに、ロック部材52は、上アッパレール24Aに設けられた図示しない係止爪などによって上アッパレール24Aに固定され、シート上下方向以外の方向への移動を規制されている。また、ロック部材52は下アッパレール24Cに形成されたロック部材貫通孔24Eを貫通し、シート上下方向に移動可能とされている。

0052

ロック部材52の爪部52Bは、シート上下方向上側の基端部から下側の先端部に向って幅が狭まる勾配を有する形状とされ、爪部52Bの先端部のシート前後方向の長さL1は、ロアレール22のロック孔22Cのシート前後方向の長さLよりも小さく、爪部52Bの基端部のシート前後方向の長さL2は、ロック孔22Cのシート前後方向の長さLよりも大きい。これにより、ロック部材52がシート上下方向下側に移動した際には、ロック部材52の爪部52Bがロアレール22のロック孔22Cに密着して係合し、アッパレール24のロアレール22に対する相対移動が規制される。

0053

スプリングブラケット54は、材軸方向が上アッパレール24Aの延設方向、すなわちシート前後方向に沿ってロック部材52のシート幅方向外側に設置される。スプリングブラケット54は、スプリングブラケット54のシート前後方向後ろ側の端部に設けられた固定部54Aによって、ロック部材52よりもシート前後方向後ろ側で上アッパレール24Aに対して回転可能に固定されている。また、スプリングブラケット54のシート前後方向前側の端部に設けられた、材軸方向に長孔とされた貫通孔54Bを、ロックシャフト58が貫通している。

0054

上アッパレール24Aのロック部材52よりもシート前後方向前側にはスプリングブラケット55が固定されており、スプリングブラケット55のシート上下方向上側に形成された引掛け部55Cと、スプリングブラケット54のシート上下方向上側に形成された引掛け部54Cとにそれぞれ、スプリング56の端部が引掛けられている。

0055

スプリング56は、通常、縮む方向に付勢されており、このため、スプリングブラケット54には固定部54Aを中心として、シート前後方向前側に回転する方向(図4では反時計回り)へ付勢力が働いている。これにより、スプリングブラケット54の貫通孔54Bにはシート上下方向下側かつシート前後方向後ろ側に移動する付勢力が働き、ロックシャフト58に、シート上下方向下側に向う力が作用する。このため、ロック部材52は、通常、シート上下方向下側に付勢されている。したがって、ロック部材52の爪部52Bは、ロアレール22のロック孔22Cに対して密着して係合している。

0056

(駆動装置)
次に、図1図5を参照して、本実施形態に係る駆動装置60の構成について説明する。

0057

図1に示されるように、駆動装置60は、図示しない操作スイッチ、及びモータ40のそれぞれと電気的に接続されたアクチュエータ62と、アクチュエータ62から延出されるケーブル64と、ロックシャフト58のシート上下方向上側に配置されたロックブラケット66と、を含んで構成されている。操作スイッチは、例えば車両の運転席の近傍に配設されている。

0058

アクチュエータ62は、アクチュエータブラケット62Aを介してクッションフレーム92に固定されている。

0059

ロックブラケット66は、金属平板曲げ加工した断面Z形状部材とされ、シート上下方向かつ前後方向に沿った垂直状部分の下側の側端面からシート幅方向右側に向って下フランジ66Aが立設され、また上側の側端面からシート幅方向左側に向って上フランジ66Bが立設されている。下フランジ66Aは、図示しないシート幅方向右側の上アッパレール24Aの上面に固定され、上フランジ66Bは、上フランジ66Bに形成された貫通孔66Cがロックシャフト58のシート上下方向上側に位置するように配置されている。

0060

アクチュエータ62からはケーブル64が延出され、ケーブル64はロックブラケット66の上フランジ66Bに形成された貫通孔66Cを貫通して、端部が固定部材を介してロックシャフト58の中央部に固定されている。また、ケーブル64は、アクチュエータ62からロックブラケット66までの範囲をフレキシブルチューブ68で被覆されている。フレキシブルチューブ68の先端は円筒状の固定部材68Aによってロックブラケット66の貫通孔66Cに対して垂直に固定され、ケーブル64がロックブラケット66の上フランジ66Bに対して垂直に貫通するように方向が規制されている。

0061

図5に示すように、アクチュエータ62が作動することで、アクチュエータ62から延出されたケーブル64が巻き取られ、ロックシャフト58をシート上下方向上側に引き上げる。これにより、ロック部材52がシート上下方向上側に引張られてロック解除される。なお、このときスプリングブラケット54は固定部54Aを中心としてシート前後方向後側(図5では時計回り)に回転し、スプリング56は、ロック状態よりも伸ばされている。

0062

アクチュエータ62は、操作スイッチからの電気信号を検知して、任意の位置でモータ40を停止し、ロック機構50を作動させることができる。また、図示しない検知手段を用いてアッパレール24のスライド量を検知して、あるいはピニオン32の回転量を検知して、予め設定されたスライド量あるいは回転量に達した際に、自動的にモータ40を停止し、ロック機構50を作動させることができる。

0063

さらにアクチュエータ62は、操作スイッチからアクチュエータ62に、スライドを停止する電気信号が送られたあともアッパレール24をスライドさせる。そして、上述の検知手段、あるいは別途設けた検知手段がロック孔22Cの位置を検知し、該検知手段からロック孔22Cのシート上下方向直上部にロック部材52の爪部52Bが位置したことを知らせる信号が送られた時点で、アクチュエータ62は、アッパレールのスライドを停止させる。

0064

作動方法
次に、図4図5、及び図6のフローチャートを用いて、本実施形態のパワースライド装置10の作動方法について説明する。

0065

図4に示すように、アクチュエータ62に接続された操作スイッチが操作されない状態では、ロック部材52の爪部52Bがロアレール22のロック孔22Cに係合し、スプリング56の付勢力によって、ロック状態が保持されている。

0066

まず、図6のステップ200で、操作スイッチからアクチュエータ62にスライド操作を開始する電気信号が送られる。

0067

次に、ステップ202で、アクチュエータ62がケーブル64を巻き取り、スプリング56の付勢力に抗してロック部材52がシート上下方向上側に引張られる。このため、ロック部材52の爪部52Bがロアレール22のロック孔22Cから離れてロックが解除される(図5参照)。

0068

次に、ステップ204で、アクチュエータ62からモータ40に電気信号が送られてモータ40が駆動し、モータシャフト42を介してピニオン32を回転させる。

0069

次に、ステップ206で、一対のアッパレール24が、車体床部100に固定された一対のロアレール22に対してシート前後方向にスライドされる。その結果、アッパレール24に連結されたシートクッション90が、一対のロアレール22すなわち車体床部100に対してシート前後方向にスライドされる。

0070

次に、ステップ208で、操作スイッチからアクチュエータ62にスライド操作を停止する電気信号が送られたか否かを判断する。スライド操作を停止する電気信号が送られた場合は、ステップ210に移行する。スライド操作を停止する電気信号が送られない場合は、ステップ212に移行する。

0071

ステップ210では、検知手段が、ロック孔22Cのシート上下方向直上部にロック部材52の爪部52Bが位置したことを、一例としてピニオンの回転量から検知して、アクチュエータ62に電気信号を送り、ステップ214に移行する。なお、検知手段が、ロック孔22Cのシート上下方向直上部にロック部材52の爪部52Bが位置したことを検知するまでは、モータ40は駆動を続ける。

0072

ステップ212では、検知手段が、アッパレール24のスライド量、あるいはピニオン32の回転量を検知して、予め設定されたスライド量あるいは回転量に達したか否かを判断する。アッパレール24のスライド量、あるいはピニオン32の回転量が予め設定されたスライド量あるいは回転量に達していると、アクチュエータ62に電気信号を送り、ステップ214に移行する。アッパレール24のスライド量、あるいはピニオン32の回転量が、予め設定されたスライド量あるいは回転量に達していない場合は、ステップ208に戻る。

0073

そしてステップ214で、アクチュエータ62からモータ40に電気信号が送られて、モータ40が停止してピニオン32の回転が停止する。

0074

次に、ステップ216では、アッパレール24のスライドが停止する。その結果、アッパレール24に連結されたシートクッション90が、一対のロアレール22すなわち車体床部100に対してスライドを停止する。

0075

次に、ステップ218で、アクチュエータ62のケーブル64の巻き取りが解除され、スプリング56の付勢力によってロック部材52がシート上下方向下側に引張られる。このため、ロック部材52の爪部52Bがロアレール22のロック孔22Cに係合して、ロック状態となる。その結果、アッパレール24に連結されたシートクッション90が、一対のロアレール22すなわち車体床部100に対して移動がロックされる。

0076

[作用及び効果]
次に、本実施形態の作用及び効果について説明する。

0077

本実施形態のパワースライド装置10によれば、スライド機構30と、ロック機構50とが、別体とされている。このため、スライド機構30にロック機能を担わせる必要がなく、スライド機構30にロック機能を発揮させるための強度を持たせる必要がない。このため、ピニオン32はプレス成形することができ、例えば射出成形される場合と比較して、厚みを薄くすることができる。したがって、スライド機構30の重量を小さくすることができる。

0078

また、ピニオン32の厚みを薄くすることにより、ピニオン32の歯部32Aが噛合するロアレール22のロック孔22Cのシート幅方向に沿った幅Wを小さくすることができる。このため、ロアレール22のシート幅方向の寸法を小さくすることができる。したがって、パワースライド機構10を更に軽量化することができる。また、ロアレール22の断面欠損が少なくなるので、ロアレール22に変形が生じにくくなる。したがって、ピニオン32が例えば射出成形される場合と比較して、スライド機構30の耐久性を高くすることができる。

0079

また、本実施形態のパワースライド装置10によれば、スライド機構30とロック機構50に対して、それぞれスライド機能とロック機能に最適化した部品を設定することができる。例えば先述したように、ピニオン32をスムーズに回転させるために、ピニオン32の歯部32Aの長さTを、ロック孔22Cのシート前後方向に沿った長さLよりも若干小さくすることができる。一方で、ロック部材52は、スプリング56の付勢力によりシート上下方向下側に付勢されているので、ロック部材52の爪部52Bをロアレール22のロック孔22Cと隙間なく係合させてロック部材52がアッパレール24のスライドを確実にロックすることができる。このように、本実施形態のパワースライド装置10によれば、ロック機能を損なうことなく、スライド機能を最適化することができるピニオン32の形状、ロック孔22Cの形状等を設定することができる。

0080

また、本実施形態のパワースライド装置10によれば、ロアレール22にピニオン32の歯部32Aが噛合するロック孔22Cが設けられるため、ロアレール22内に、ピニオン32の歯部32Aを噛合させるためのラック等を設ける必要がない。したがって、スライド機構30の重量を小さくすることができる。また、ロアレール22にラックを設けないので、ラックを固定するための構成を備える必要がなく、ラックを設ける構成と比較して、ロアレール22の構造が単純化される。このため、例えばマニュアルスライド装置に使用されるロアレールなどの汎用品を使用することができる。したがって、パワースライド装置10の生産効率が高くなる。

0081

また、本実施形態のパワースライド装置10によれば、モータ40の回転軸の回転方向とピニオン32の回転方向が一致し、モータ40とピニオン32が減速機などを介さず、モータシャフト42のみで連結される。換言すると、モータ40とピニオン32が直結される。このため、例えばウォームギアや減速機を用いる場合と比較して構成が単純である。したがって、パワースライド装置10の重量を軽くすることができ、またモータ40の回転力のエネルギー損失が少ない。

0082

また、本実施形態のパワースライド装置10によれば、アッパレール24が予め設定されたスライド量をスライドすると、自動的にロック機能が働く。したがって、アッパレール24の過剰なスライドを抑制することができる。

0083

[変形例]
次に、上記実施形態の変形例について説明する。

0084

上記実施形態では、アッパレール24はそれぞれ別部材の上アッパレール24A、中アッパレール24B、下アッパレール24Cを接合して構成されるものとしたが本発明の実施形態はこれに限られない。例えば上アッパレール24A、中アッパレール24B、下アッパレール24Cを一体的に形成するなど、アッパレールの構成は適宜変更することができる。

0085

また、上記実施形態では、アクチュエータ62がモータ40と電気的に接続し、アクチュエータ62からモータ40に電気信号が送られてモータ40が駆動するものとしたが本発明の実施形態はこれに限られない。例えばモータ40は操作スイッチと電気的に接続され、操作スイッチから送られる電気信号によって、ロック部材52及びモータ40を操作するものとしてもよい。

0086

また、上記実施形態では、ロアレール22はロール成形されるものとしたが本発明の実施形態はこれに限られない。例えば押出成形曲げ成形してもよい。

0087

また、上記実施形態では、モータ40はモータブラケット44を介してシート幅方向右側の上アッパレール24Aに固定されているものとしたが本発明の実施形態はこれに限られない。例えばブラケットを介してクッションフレーム92に固定されているものとしてもよい。同様に、アクチュエータ62はアクチュエータブラケット62Aを介してクッションフレーム92に固定されているものとしたが、例えば上アッパレール24Aに固定するものとしてもよい。このように、モータ40及びアクチュエータ62の取付構造取付位置)は適宜変更することができる。

0088

その他、本発明は、その要旨を逸脱しない範囲で種々変更して実施できる。また、本発明の権利範囲が上記各実施形態に限定されないことは言うまでもない。

0089

10パワースライド装置
20スライドレール
22ロアレール
22A 開口
22Bウェブ
22Cロック孔
24アッパレール
24A 上アッパレール
24B 中アッパレール
24C 下アッパレール
24Dピニオン用孔
24Eロック部材用孔
26リップブラケット
30スライド機構
32 ピニオン
34ベアリング
36 ベアリング
40モータ
42モータシャフト
44モータブラケット
48 本体部
50ロック機構
52 ロック部材
52A 本体部
52B 爪部
52C 角部
54スプリングブラケット
54A 固定部
54B貫通孔
54C引掛け部
55 スプリングブラケット
55C 引掛け部
56スプリング
58ロックシャフト
60駆動装置
62アクチュエータ
62Aアクチュエータブラケット
64ケーブル
66ロックブラケット
66A 下フランジ
66B 上フランジ
66C 貫通孔
68フレキシブルチューブ
68A固定部材
90シートクッション
92クッションフレーム
94レッグブラケット
96 レッグブラケット
100車体床部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ