図面 (/)

技術 ゲーミングマシン

出願人 株式会社ユニバーサルエンターテインメントアルゼゲーミング(ホンコン)リミテッド
発明者 稲村幸紀三尾將松村文吾板垣武久渡部文洋
出願日 2015年7月30日 (4年1ヶ月経過) 出願番号 2015-150623
公開日 2017年2月9日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2017-029287
状態 未査定
技術分野 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム
主要キーワード オールマイティー 設定仕様 リトリガー 非遮蔽状態 ストック領域 アイスキューブ 中間音量 メインイメージ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年2月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

ボーナスの付与に対する期待感を持続させることができるゲーミングマシンを提供する。

解決手段

ゲーミングマシンは、通常ゲームを実行し、フリーゲーム実行権が付与された場合フリーゲームを実行する。フリーゲームでは複数のシンボル表示装置再配置し、再配置された複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与するとともに、再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、ボーナス抽選テーブルに基づいて実行し、ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、記憶装置の実行権ストック領域累積記憶し、付与されたフリーゲームの回数分だけ繰り返す。そしてフリーゲーム終了後、実行権ストック領域に累積記憶されたボーナスゲームの実行権の回数分のボーナスゲームを、連続して実行する。

概要

背景

従来所定の条件が成立当選)した場合にボーナスを付与するゲーミングマシンがある。このようなボーナスには、固定配当支払われるタイプのボーナスや、ゲーミングマシンに投入された遊技媒体の一部がプールされ、所定の条件を満たしたゲーミングマシンに対して、そのプールされた遊技媒体が支払われるタイプのジャックポットタイプのボーナスが存在する。このようなゲーミングマシンにおいてゲームを行うプレイヤーは、ボーナス(ジャックポットなど)に係る利益を享受することも大きな目的としてゲームを行っており、近年、このようなゲームは、プレイヤーの人気を集めている。(例えば、特許文献1参照)。

概要

ボーナスの付与に対する期待感を持続させることができるゲーミングマシンを提供する。ゲーミングマシンは、通常ゲームを実行し、フリーゲーム実行権が付与された場合フリーゲームを実行する。フリーゲームでは複数のシンボル表示装置再配置し、再配置された複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与するとともに、再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、ボーナス抽選テーブルに基づいて実行し、ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、記憶装置の実行権ストック領域累積記憶し、付与されたフリーゲームの回数分だけ繰り返す。そしてフリーゲーム終了後、実行権ストック領域に累積記憶されたボーナスゲームの実行権の回数分のボーナスゲームを、連続して実行する。

目的

本発明では、ボーナスの付与に対する期待感を持続させることができるゲーミングマシンを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のシンボル再配置することによってゲーム結果を表示する表示装置と、ボーナスゲーム実行権を付与するか否かを決定するボーナス抽選テーブルと、前記ボーナスゲームの実行権を累積記憶する実行権ストック領域と、を有する記憶装置と、コントローラとを備え、前記コントローラを介して以下の処理が実行されるゲーミングマシン。(1A)前記通常ゲームとして、前記表示装置に再配置する前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、(1B)前記(1A)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与する処理、(1C)付与された特典が所定回数フリーゲームの実行権である場合、前記フリーゲームとして、前記表示装置に再配置する、前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、(1D)前記(1C)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与するとともに、再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、前記ボーナス抽選テーブルに基づいて実行する処理、(1E)前記ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶する処理、(1F)付与された前記所定回数のフリーゲームの実行権の回数分だけ、前記(1C)〜(1E)の処理を繰り返す処理、(1G)前記所定回数のフリーゲーム終了後、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶されたボーナスゲームの実行権の回数分の前記ボーナスゲームを、連続して実行する処理。

請求項2

請求項1に記載のゲーミングマシンであって、前記記憶装置は、前記通常ゲームを実行するためにベットされたベット量の一部を原資として累積記憶するボーナス記憶領域と、前記原資に基づいた配当額を決定するボーナスゲームの実行権を付与するか否かを決定するボーナス抽選テーブル、及び、前記ボーナスゲームにおける前記原資に基づいた配当額を決定するボーナス配当決定テーブルを記憶するテーブル記憶領域と、前記ボーナスゲームの実行権を累積記憶する実行権ストック領域と、を有し、前記コントローラは、以下の処理を実行する。(2A)前記記憶装置のボーナス記憶領域に、前記通常ゲームを実行するためにベットされたベット量の一部を原資として累積記憶する処理、(2B)前記通常ゲームとして、前記表示装置に再配置する前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、(2C)前記(2B)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与する処理、(2D)付与された特典が所定回数のフリーゲームの実行権である場合、前記フリーゲームとして、前記表示装置に再配置する、前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、(2E)前記(2D)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与するとともに、再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、前記ボーナス抽選テーブルに基づいて実行する処理、(2F)前記ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶する処理、(2G)付与された前記所定回数のフリーゲームの実行権の回数分だけ、前記(2D)〜(2F)の処理を繰り返す処理、(2H)前記所定回数のフリーゲーム終了後、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶されたボーナスゲームの実行権の回数分の前記ボーナスゲームを、前記ボーナス配当決定テーブルに基づいた抽選として、連続して実行する処理。

請求項3

請求項1に記載のゲーミングマシンであって、前記コントローラは、前記表示装置に再配置された前記特定シンボルが所定個数以上である場合に、前記所定回数のフリーゲームの実行権を付与し、更に、前記(1B)の処理において、前記再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、前記ボーナス抽選テーブルに基づいて実行し、前記ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶する処理を実行することを特徴とする。

請求項4

請求項1に記載のゲーミングマシンであって、前記コントローラは、前記ボーナス抽選の結果、少なくとも1回以上のボーナスゲームの実行権が付与された場合、前記ボーナスゲームの実行権が付与されたことを報知するメッセージを、前記ボーナスゲームの実行権が付与された時から、前記所定回数のフリーゲームが終了するまでの期間、前記表示装置に表示する処理を実行する。

請求項5

請求項1に記載のゲーミングマシンであって、前記コントローラは、前記表示装置に再配置された前記特定シンボルが、別の表示態様に変化する演出を実行する。

請求項6

請求項1に記載のゲーミングマシンであって、前記コントローラは、前記表示装置に前記特定シンボルが再配置された際に、ランダム抽選により当選した場合、前記表示装置に、小演出から大演出までの複数の演出映像が段階的に表示されるステップアップ演出を実行する。

請求項7

請求項1に記載のゲーミングマシンであって、前記コントローラは、前記(1G)の処理において、前記ボーナスゲームの結果付与される配当額は、前記表示装置に表示する処理を実行し、前記ボーナス抽選の結果、前記ボーナスゲームの実行権が付与された場合には、ボーナスゲーム確定演出を実行するか否かを決定する確定演出決定抽選を行い、前記確定演出決定抽選の結果、前記ボーナスゲーム確定演出を実行することに決定した場合、前記ボーナスゲームで付与される配当額が前記表示装置に表示されるより以前の期間の何れかのタイミングで、前記表示装置に前記ボーナスゲームの実行権が付与されたことをアピールするボーナスゲーム確定演出を行う処理を実行する。

請求項8

ボーナス抽選をトリガーする特定シンボルを含む複数種類のシンボルを再配置するシンボル表示部と、所定の条件がトリガーされた場合に、フリーゲームを、複数回数連続して実行するフリーゲーム制御処理部と、前記シンボル表示部に前記特定のシンボルが表示された場合に、表示された前記特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を実行する抽選処理部と、前記抽選処理部のボーナス抽選の結果を一つ以上記憶する記憶処理部と、前記フリーゲーム制御部での複数回のフリーゲームの終了後、前記記憶処理部によって記憶された一つ以上のボーナス抽選の結果と記憶数に基づいて、順次に賞を付与する処理部とを含む制御部と、を有することを特徴とするゲーミングマシン。

技術分野

0001

本発明は、ボーナスゲームを備えたゲーミングマシンに関するものである。

背景技術

0002

従来所定の条件が成立当選)した場合にボーナスを付与するゲーミングマシンがある。このようなボーナスには、固定配当支払われるタイプのボーナスや、ゲーミングマシンに投入された遊技媒体の一部がプールされ、所定の条件を満たしたゲーミングマシンに対して、そのプールされた遊技媒体が支払われるタイプのジャックポットタイプのボーナスが存在する。このようなゲーミングマシンにおいてゲームを行うプレイヤーは、ボーナス(ジャックポットなど)に係る利益を享受することも大きな目的としてゲームを行っており、近年、このようなゲームは、プレイヤーの人気を集めている。(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

米国特許出願公開第2011/0118003号明細書

発明が解決しようとする課題

0004

ボーナス(ジャックポットなど)を付与するゲーミングマシンでは、ボーナスの付与に対するプレイヤーの期待感をなるべく持続させることが、ゲーミングマシンに対する興味を引くことにつながる。

0005

そこで、本発明では、ボーナスの付与に対する期待感を持続させることができるゲーミングマシンを提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、複数のシンボル再配置することによってゲーム結果を表示する表示装置と、
ボーナスゲームの実行権を付与するか否かを決定するボーナス抽選テーブルと、前記ボーナスゲームの実行権を累積記憶する実行権ストック領域と、を有する記憶装置と、
コントローラ
を備え、
前記コントローラを介して以下の処理が実行されるゲーミングマシン。
(1A)前記通常ゲームとして、前記表示装置に再配置する前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、
(1B)前記(1A)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与する処理、
(1C)付与された特典が所定回数フリーゲームの実行権である場合、前記フリーゲームとして、前記表示装置に再配置する、前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、
(1D)前記(1C)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与するとともに、再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、前記ボーナス抽選テーブルに基づいて実行する処理、
(1E)前記ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶する処理、
(1F)付与された前記所定回数のフリーゲームの実行権の回数分だけ、前記(1C)〜(1E)の処理を繰り返す処理、
(1G)前記所定回数のフリーゲーム終了後、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶されたボーナスゲームの実行権の回数分の前記ボーナスゲームを、連続して実行する処理。

0007

上記構成によれば、通常ゲームで所定回数のフリーゲームの実行権が付与された場合、フリーゲーム毎に、表示装置に再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を行い、ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を実行権ストック領域に累積記憶(ストック)して行くことができる。そして、所定回数のフリーゲームが終了した後に、実行権ストック領域に累積記憶(ストック)した回数分のボーナスゲームを連続して実行することができる。
従って、プレイヤーは、所定回数のフリーゲームが実行されるフリーゲーム期間中に、表示装置に特定シンボルが表示される毎にボーナス抽選が行われていることは認識するが、ボーナス抽選の結果はフリーゲームが終了するまで不明の状態となる。その結果、フリーゲーム期間中に、表示装置に表示された特定シンボルの数に比例する回数分のボーナスゲームへの期待感を、プレイヤーに持続させることを誘因することができる。

0008

また、本発明は、上記に記載のゲーミングマシンであって、
前記記憶装置は、前記通常ゲームを実行するためにベットされたベット量の一部を原資として累積記憶するボーナス記憶領域と、前記原資に基づいた配当額を決定するボーナスゲームの実行権を付与するか否かを決定するボーナス抽選テーブル、及び、前記ボーナスゲームにおける前記原資に基づいた配当額を決定するボーナス配当決定テーブルを記憶するテーブル記憶領域と、前記ボーナスゲームの実行権を累積記憶する実行権ストック領域と、を有し、
前記コントローラは、以下の処理を実行する。
(2A)前記記憶装置のボーナス記憶領域に、前記通常ゲームを実行するためにベットされたベット量の一部を原資として累積記憶する処理、
(2B)前記通常ゲームとして、前記表示装置に再配置する前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、
(2C)前記(2B)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与する処理、
(2D)付与された特典が所定回数のフリーゲームの実行権である場合、前記フリーゲームとして、前記表示装置に再配置する、前記複数のシンボルを、抽籤により決定する処理、
(2E)前記(2D)の処理で決定した前記複数のシンボルを、前記表示装置に再配置し、再配置された前記複数のシンボルの組み合わせに応じて特典を付与するとともに、再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、前記ボーナス抽選テーブルに基づいて実行する処理、
(2F)前記ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶する処理、
(2G)付与された前記所定回数のフリーゲームの実行権の回数分だけ、前記(2D)〜(2F)の処理を繰り返す処理、
(2H)前記所定回数のフリーゲーム終了後、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶されたボーナスゲームの実行権の回数分の前記ボーナスゲームを、前記ボーナス配当決定テーブルに基づいた抽選として、連続して実行する処理。

0009

上記構成によれば、記憶装置のボーナス記憶領域に、通常ゲームを実行するためにベットされたベット量の一部を原資として累積記憶し、ボーナスゲームでは、累積記憶した原資に基づいた配当額を決定するボーナス配当決定テーブルに基づいた抽選を行う。
従って、プレイヤーは、フリーゲーム期間中に、表示装置に表示された特定シンボルの数に比例する回数分のボーナスゲーム、即ち、累積記憶した原資に基づいた配当が付与される可能性のあるボーナスゲームへの期待感を、プレイヤーに持続させることを誘因することができる。

0010

また、本発明は、上記に記載のゲーミングマシンであって、
前記コントローラは、
前記表示装置に再配置された前記特定シンボルが所定個数以上である場合に、前記所定回数のフリーゲームの実行権を付与し、
更に、前記(1B)の処理において、前記再配置された特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を、前記テーブルボーナス抽選テーブルに基づいて実行し、前記ボーナス抽選の結果得られたボーナスゲームの実行権を、前記記憶装置の実行権ストック領域に累積記憶する処理を実行することを特徴とする。

0011

上記構成によれば、特定シンボルは、表示装置に所定個数以上再配置された場合には、所定回数のフリーゲームの実行権が付与されるトリガー(フリーゲームではリトリガー)になるとともに、表示装置に再配置された数に応じた回数のボーナス抽選を実行するトリガーにもなる。これによれば、フリーゲームの実行権が付与された際にはボーナス抽選も実行されるが、ボーナス抽選の結果はフリーゲームが終了するまで不明の状態となる。その結果、フリーゲーム期間中、フリーゲームの実行権が付与された際に実行されるボーナス抽選の結果として付与されるボーナスゲームへの期待感を、プレイヤーに持続させることを誘因することができる。

0012

また、本発明は、上記に記載のゲーミングマシンであって、
前記コントローラは、
前記ボーナス抽選の結果、少なくとも1回以上のボーナスゲームの実行権が付与された場合、前記ボーナスゲームの実行権が付与されたことを報知するメッセージを、前記ボーナスゲームの実行権が付与された時から、前記所定回数のフリーゲームが終了するまでの期間、前記表示装置に表示する処理を実行する。

0013

上記構成によれば、フリーゲーム期間中に、ボーナスゲームの実行権が付与されたことを、プレイヤーに知らせることができる。

0014

また、本発明は上記に記載のゲーミングマシンであって、
前記コントローラは、
前記表示装置に再配置された前記特定シンボルが、別の表示態様に変化する演出を実行する。

0015

上記構成によれば、特定シンボルが表示装置に再配置される毎にボーナス抽選が行われていることを、特定シンボルが別の表示態様に変化する演出によってプレイヤーに知らせることができる。

0016

また、本発明は上記に記載のゲーミングマシンであって、
前記コントローラは、
前記表示装置に前記特定シンボルが再配置された際に、ランダム抽選により当選した場合、前記表示装置に、小演出から大演出までの複数の演出映像が段階的に表示されるステップアップ演出を実行する。

0017

上記構成によれば、表示装置に特定シンボルが再配置され、ボーナス抽選が行われる際に、小演出から大演出までの複数の演出映像が段階的に表示されるステップアップ演出が行われる場合がある。これにより、ボーナス抽選によるボーナスゲームの実行権が付与へのプレイヤーの期待感を高めることができる。

0018

また、本発明は上記に記載のゲーミングマシンであって、
前記コントローラは、
前記(1G)の処理において、前記ボーナスゲームの結果付与される配当額は、前記表示装置に表示する処理を実行し、
前記ボーナス抽選の結果、前記ボーナスゲームの実行権が付与された場合には、ボーナスゲーム確定演出を実行するか否かを決定する確定演出決定抽選を行い、
前記確定演出決定抽選の結果、前記ボーナスゲーム確定演出を実行することに決定した場合、前記ボーナスゲームで付与される配当額が前記表示装置に表示されるより以前の期間の何れかのタイミングで、前記表示装置に前記ボーナスゲームの実行権が付与されたことをアピールするボーナスゲーム確定演出を行う処理を実行する。

0019

上記構成によれば、ボーナスゲームの実行権が付与された際に実行される確定演出決定抽選の結果、ボーナスゲーム確定演出を実行することに決定してから、最終的にボーナスゲームで付与される配当額が表示装置に表示されて、プレイヤーが具体的な配当額を知るまでの期間の何れかのタイミングで、表示装置に前記ボーナスゲームの実行権が付与されたことをアピールするボーナスゲーム確定演出がなされる。
これによれば、プレイヤーは、最終的にボーナスゲームで付与される配当額を知るより前の段階で、ボーナスゲームの実行権が付与されていることを知ることができる。このため、ボーナスゲーム確定演出がなされた場合、ボーナスゲームの実行権が付与されるか否かに対する期待感から、ボーナスゲームで付与される具体的な配当額に対する期待感へとプレイヤーを誘因することができる。

0020

また、本発明は、ボーナス抽選をトリガーする特定シンボルを含む複数種類のシンボルを再配置するシンボル表示部と、
所定の条件がトリガーされた場合に、フリーゲームを、複数回数連続して実行するフリーゲーム制御処理部と、
前記シンボル表示部に前記特定のシンボルが表示された場合に、表示された前記特定シンボルの数に応じた回数分のボーナス抽選を実行する抽選処理部と、
前記抽選処理部のボーナス抽選の結果を一つ以上記憶する記憶処理部と、
前記フリーゲーム制御部での複数回のフリーゲームの終了後、前記記憶処理部によって記憶された一つ以上のボーナス抽選の結果と記憶数に基づいて、順次に賞を付与する処理部とを含む制御部と、
を有することを特徴とするゲーミングマシン。

0021

上記構成によれば、制御部のフリーゲーム制御処理部によって、複数回のフリーゲームが実行される際に、フリーゲーム毎に特定シンボルが表示される度にボーナス抽選が実行されるが、そのボーナス抽選結果はフリーゲームが複数行われて、その一つのフリーゲームに所定時間を要するので、その所定時間に実行されるフリーゲームの回数を乗じた時間(フリーゲーム期間)の経過後に、記憶されたボーナス抽選結果に応じて順次に賞を付与されることになる。したがって、プレイヤーは、複数のフリーゲームが実行されるフリーゲーム期間中に、特定シンボルが表示する毎に賞抽選が行われていることは認識するが、その結果がフリーゲーム終了後に判明するまで不明の状態となる結果、フリーゲーム期間中に継続した賞の付与の期待感を持続させることを誘因することができる。

発明の効果

0022

ボーナスの付与に対する期待感を持続させることができるゲーミングマシンを提供することができる。

図面の簡単な説明

0023

本発明の実施形態に係るスロットマシンゲーム内容の概略を表した図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの機能フローを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンを含むゲームシステムを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの全体構成を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのコントロールパネルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの「WAYS BET」の有効領域を説明する説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの「WAYS BET」における入賞判定例を説明する説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの通常ゲーム用ビデオリールシンボル配列を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(MAN選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(MAN選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(DRAGON選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(DRAGON選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(FISH選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(FISH選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(TURTLE選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(TURTLE選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(GOURD選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用ビデオリールのシンボル配列(GOURD選択)を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの内部構成を示すブロック図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのシンボル組合せテーブルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの通常ゲーム用ジャックポット抽選テーブルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用(MAN)ジャックポット抽選テーブルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用(DRAGON)ジャックポット抽選テーブルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用(FISH)ジャックポット抽選テーブルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用(TURTLE)ジャックポット抽選テーブルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム用(GOURD)ジャックポット抽選テーブルを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポット配当決定テーブルを示す図である。
本発明の実施形態においてベット額の一部をジャックポット配当の原資として累積させる際のインクリメント割合を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの下側画像表示パネルに表示される映像の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのメイン制御処理フローチャートを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのスタートチェック処理のフローチャートを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポット抽選処理のフローチャートを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム処理のフローチャートを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム処理のフローチャートを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの通常ゲーム時の画面表示仕様を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの通常時のHELP画面表示仕様を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム時の画面表示仕様を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのWIN演出の流れを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのWIN演出の流れを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのWIN演出の流れを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのWIN演出の流れを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのWIN演出の流れを示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの金看板を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの3個のフィーチャシンボル出現時の効果音を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの3個のフィーチャシンボル出現時の効果音を説明する図である。
本発明の実施形態に係るジャックポット配当を獲得した際の演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム導入演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム導入演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム導入演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム中の固定シンボルの固定演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム中の背景演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム終了時の演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム終了時の演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム終了時の演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのフリーゲーム終了時の演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのリトリガー演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのリトリガー演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのリトリガー演出を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの固定シンボルを伴う場合のWIN演出についての説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの固定シンボルを伴う場合のWIN演出についての説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの固定シンボルを伴う場合のWIN演出についての説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの固定シンボルを伴う場合のWIN演出についての説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポット抽選当選表示を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのジャックポットゲーム導入演出の説明図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのボタン先読み仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのボタン先読み仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのRESERVE画面を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのWINメータ情報表示を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのRESIDUAL GAMBLEを説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのRESIDUAL GAMBLEを説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのRESIDUAL GAMBLEを説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのシステムフォント表示領域を示す図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのHELP仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのHELP仕様を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの画面タッチボタン配置を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの画面タッチボタン配置を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの画面タッチボタン配置を説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの音量切り替えタッチボタンを説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのAUDIT国旗切り替え設定仕様について説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのAUDIT国旗切り替え設定仕様について説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのAUDIT国旗切り替え設定仕様について説明する図である。
本発明の実施形態に係るスロットマシンのAUDIT国旗切り替え設定仕様について説明する図である。

実施例

0024

(本実施形態の概要
以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。図1は、本発明の実施形態に係るスロットマシンで実行されるゲームの概要を説明した図である。

0025

本実施形態に係るゲーミングマシンとして、選択された入賞領域に再配置された複数のシンボルの組み合わせに基づき特典を付与するゲームを実行するスロットマシンを例にして説明する。
具体的には、複数のシンボルを再配置することによってゲーム結果を表示する表示装置(下側画像表示パネル141等)と、ジャックポットゲームの実行権(ボーナスゲームの実行権に相当)を付与するか否かを決定するジャックポット抽選テーブル(ボーナス抽選テーブル)、及び、ジャックポットゲームの実行権を累積記憶する実行権ストック領域を有する記憶装置(RAM73)と、コントローラ(メインCPU71、ROM72、RAM73等)とを備えたスロットマシン1である。

0026

処理内容としては、スロットマシン1により、表示装置に再配置された複数のシンボルの組み合わせに基づき特典を付与する通常ゲームを行う(S1)。表示装置に特定シンボル(FEATUREシンボル)が停止した場合(S2)、停止したFEATUREシンボル数に従いジャックポット抽選(ボーナス抽選に相当)を行い、ジャックポット抽選に当選したらジャックポットのストックをする(S3)。また、通常ゲームでフリーゲームにトリガーした場合(S4)、フリーゲームにおいて表示装置に固定する固定シンボル、及び、実行するフリーゲーム数(FG数)を選択する(S5)。そして、フリーゲームでは、表示装置に固定シンボルが停止した場合、当該固定シンボルを表示装置に累積的に固定していく(S6)。そして、フリーゲームの結果、リトリガーでフリーゲーム数の追加(3回分)(S7)、配当付与(S8)、配当なし(S9)の結果が出た後、表示装置に停止した特定シンボル(FEATUREシンボル)数に従いジャックポット抽選を行い、ジャックポット抽選に当選したらジャックポットのストックをする(S10)。その後、残りのフリーゲーム数があれば、再度フリーゲームを行い、残りのフリーゲーム数を全て消化したら、フリーゲームを終了させる(S11)。

0027

S11の処理後、又は、通常ゲームでフリーゲームにトリガーしない場合(S4)、ジャックポットのストックがあるか否かを判断する(S12)。ジャックポットのストックがある場合、ジャックポットゲーム(ボーナスゲーム)として、15択のピックゲームでシンボルを集めていき、最終的にシンボルが3つ揃ったレベルプログレッシブもしくはボーナスアワードを獲得する(S13)。その後、またジャックポットのストックがあるか否かを判断する(S14)。そして、ジャックポットのストックがある場合、ジャックポットゲームを再度実行する(S13)。ジャックポットのストックがない場合は、通常ゲーム(S1)に戻る。

0028

(定義等)
スロットマシンは、ゲーミングマシンの一種である。尚、本実施形態においては、スロットマシンをゲーミングマシンの一例として説明するが、これに限定されるものではなく、何らかの通常ゲームを独立して実行し、当該通常ゲームから発展するフリーゲームを実行可能な装置であればよい。

0029

本実施形態における通常ゲームは、スロットマシンにより実行される。通常ゲームは、複数のシンボルを再配置するスロットゲームである。

0030

シンボルは、「MAN」、「DRAGON」、「FISH」、「TURTLE」、「GOURD」、「ACE」、「KING」、「QUEEN」、「JACK」、「TEN」、「NINE」、「WILD」、「FEATURE」の総称を意味する。

0031

遊技価値とは、コイン紙幣又はこれらに相当する電子的な有価情報である。尚、本発明における遊技価値は、特に限定されるものではなく、例えば、メダルトークン電子マネーチケット等の遊技媒体であってもよい。チケットは、特に限定されるものではなく、例えば、後述のバーコード付きチケット等であってもよい。

0032

本実施形態におけるフリーゲームは、通常ゲームとは異なる遊技状態であれば、どのような種類のゲームであってもよい。フリーゲームは、通常ゲームよりも遊技価値のベットを少なく実行可能であるゲームのことである。『遊技価値のベットを少なく実行可能』は、ベットが“0”の場合を含む。従って、『フリーゲーム』は、遊技価値のベットを条件とすることなく実行され、再配置されたシンボルに応じた量の遊技価値を支払うゲームのことであってもよい。換言すれば、『フリーゲーム』とは、遊技価値の消費前提とせずに開始されるゲームであってもよい。これに対し、『通常ゲーム』は、遊技価値のベットを条件として実行され、再配置されたシンボルに応じた量の遊技価値を支払うゲームのことである。換言すれば、『通常ゲーム』とは、遊技価値の消費を前提として開始されるゲームのことである。また、『フリーゲーム』は、通常ゲームにおいて所定の条件(フリーゲームトリガー)を満たした場合に移行するゲームである。

0033

再配置とは、シンボルの配置が解除された後、再びシンボルが配置される状態を意味する。『配置』とは、シンボルが外部のプレイヤーに対して目視により確認可能な状態であることを意味する。

0034

[機能フロー図の説明]
図2を参照して、本発明の実施形態に係るスロットマシンの基本的な機能について説明する。図2は、本発明の実施形態に係るスロットマシンの機能フローを示す図である。

0035

〈スタートチェック
まず、スロットマシンは、BETボタンがプレイヤーにより押されたか否かをチェックし、続いて、スピンボタンがプレイヤーにより押されたか否かをチェックする。

0036

〈シンボル決定〉
次に、スロットマシンは、スピンボタンがプレイヤーにより押されると、シンボル決定用乱数値を抽出し、表示装置上に表示する複数のビデオリールのそれぞれに応じて、シンボル列スクロールを停止させたときにプレイヤーに表示するシンボルを決定する。

0037

〈シンボル表示〉
次に、スロットマシンは、各ビデオリールのシンボル列のスクロールを開始させ、決定されたシンボルがプレイヤーに表示されるようにスクロールを停止させる。

0038

〈入賞判定〉
次に、スロットマシンは、各ビデオリールのシンボル列のスクロールが停止されると、プレイヤーに表示されたシンボルの組合せが入賞に係るものであるか否かを判定する。

0039

〈特定シンボルの個数判定
表示されたシンボルの中に特定シンボルが幾つあるかを判定する。

0040

〈ジャックポット抽選〉
特定シンボルの数に応じた回数分のジャックポット抽選を行い、当選した場合にはジャックポット用トリガー信号発信し、ジャックポットをストックしていく。ジャックポットは、各スロットマシンにおいてプレイヤーが消費したコインの一部をジャックポット額として累積していき、ジャックポットに当選したスロットマシンがあったとき、そのスロットマシンに対して、累積したジャックポット額のコインを払い出す機能をいう。この場合、スロットマシンは、1回の遊技ごとに、ジャックポット額に蓄積する額(累積額)を算出し、外部制御装置へ送信する。外部制御装置は、各スロットマシンから送信されてきた累積額をジャックポット額に累積していく。

0041

〈フリーゲーム〉
入賞判定で、フリーゲームトリガーに係るシンボルの組合せが表示されたとき、フリーゲームを実行する。なお、本発明の実施形態では、フリーゲームとして、コインを消費することなく、前述の停止予定シンボル決定に係る抽選が所定回数にわたって行われるゲーム(フリーゲーム)が行われる。

0042

〈払い出し〉
次に、スロットマシンは、プレイヤーに表示されたシンボルの組合せが入賞に係るものであるとき、そのシンボルの組合せの種類に応じた特典をプレイヤーに与える。例えば、スロットマシンは、コインの払い出しに係るシンボルの組合せが表示されたとき、そのシンボルの組合せに応じた数のコインをプレイヤーに払い出す。

0043

また、ジャックポット抽選に当選し、ジャックポットがストックされている場合には、ストックされている回数分のジャックポットゲームを行う。ジャックポットゲームとして、15択のピックゲームでシンボルを集めていき、最終的にシンボルが3つ揃ったレベルのプログレッシブもしくはボーナスアワードを獲得する。

0044

なお、スロットマシンには、上記特典のほか、ミステリーボーナスやといった特典が設けられていてもよい。ミステリーボーナスは、専用の抽選に当籤することによって、予め定められた額のコインの払い出しが行われるものである。スロットマシンは、スピンボタンが押されると、ミステリーボーナス用乱数値を抽出し、ミステリーボーナストリガーを成立させるか否かを抽選により決定する。

0045

〈演出の決定〉
スロットマシンは、表示装置による画像の表示、ランプによる光の出力、及びスピーカによる音の出力によって演出を行う。スロットマシンは、演出用乱数値を抽出し、抽選により決定されたシンボルなどに基づいて、演出の内容を決定する。

0046

[ゲームシステムの全体]
スロットマシンの基本的な機能についての説明は以上である。次に、図3を参照して、スロットマシンを含むゲームシステムについて説明する。図3は、本発明の実施形態に係るスロットマシンを含むゲームシステムを示す図である。

0047

ゲームシステム300は、複数のスロットマシン1と、各スロットマシン1と通信回線301を介して接続された外部制御装置200とを備えている。

0048

外部制御装置200は、複数のスロットマシン1を制御するものである。実施形態において、外部制御装置200は、複数のスロットマシン1を有する遊技施設に設置されているいわゆるホールサーバである。各スロットマシン1にはそれぞれ固有識別番号が付されており、外部制御装置200は、識別番号により、各スロットマシン1から送られてくるデータの出所判別している。また、外部制御装置200からスロットマシン1にデータを送信する場合にも、識別番号を用いて送信先を指定している。

0049

なお、ゲームシステム300は、カジノ等の様々な遊技を行うことが可能な1つの遊技施設内に構築されてもよいし、複数の遊技施設間に構築されてもよい。また、1つの遊技施設内に構築される場合には、遊技施設のフロアセクションごとにゲームシステム300が構築されてもよい。通信回線301は、有線であっても無線であってもよく、専用回線又は交換回線等を採用することが可能である。

0050

[スロットマシンの全体構造
次に、図4を参照して、スロットマシン1の全体構造について説明する。図4は、本発明の実施形態に係るスロットマシンの全体構成を示す図である。

0051

スロットマシン1では、遊技媒体として、コイン、紙幣又はこれらに相当する電子的な有価情報が用いられる。また、本発明の実施形態では、後述するバーコード付きチケットも用いられる。なお、遊技媒体はこれらに限定されるものではなく、例えば、メダル、トークン、電子マネーなどを採用することもできる。

0052

スロットマシン1は、キャビネット11と、キャビネット11の上側に設置されたトップボックス12と、キャビネット11の前面に設けられたメインドア13とを備えている。

0053

メインドア13の中央には、下側画像表示パネル141が設けられている。下側画像表示パネル141は、液晶パネルからなり、ディスプレイを構成する。下側画像表示パネル141は、シンボル表示領域4を有する。シンボル表示領域4には、図6及び図7に示すように、一列が上段中段及び下段の3つの領域に分けられた列領域が5つ設定されている(第1列領域〜第5列領域)。そして、第1列領域〜第5列領域にそれぞれビデオリール3(3a,3b,3c,3d,3e)が表示される。本発明の実施形態において、ビデオリールとは、複数のシンボルがその周面に描かれた機械式リールの回転及び停止の動作を映像により表現するものである。ビデオリール3には、予め定められた複数のシンボルからなるシンボル列が割り当てられている(後述の図8図18参照)。

0054

シンボル表示領域4では、各ビデオリール3(3a,3b,3c,3d,3e)に割り当てられたシンボル列がそれぞれスクロールされ、所定時間の経過後、停止する。その結果、それぞれのシンボル列の一部(本発明の実施形態では連続する3個のシンボル)がプレイヤーに表示される。シンボル表示領域4の第1列領域〜第5列領域には、各ビデオリール3に応じて、上段、中段及び下段の3つの領域にそれぞれ1個のシンボルが表示される。つまり、シンボル表示領域4には、5列×3行の15個のシンボルが表示される。

0055

本発明の実施形態では、入賞の判定は「LEFT TORIGHT」タイプを採用している。これは、まず、5段階のWAYS BET(WAYS BET1、WAYS BET2、WAYS BET3、WAYS BET4、WAYS BET5)を選択することにより、シンボル表示領域4の5列×3行の15個の領域の中から、入賞判定の対象となる入賞領域を決定する。そして、入賞判定の対象となった入賞領域に停止したシンボルが、第1列領域から第5列領域に架けて、所定数繋がっていれば入賞となる(図7参照)。

0056

具体的には、図6に示すように、「WAYS BET1」を選択した場合には、シンボル表示領域4の第1列領域の上段・中段・下段、第2列領域の中段、第3列領域の中段、第4列領域の中段、第5列領域の中段が入賞判定の対象となる(有効になる)。また、「WAYS BET2」を選択した場合には、シンボル表示領域4の第1列領域の上段・中段・下段、第2列領域の上段・中段・下段、第3列領域の中段、第4列領域の中段、第5列領域の中段が入賞判定の対象となる(有効になる)。また、「WAYS BET3」を選択した場合には、シンボル表示領域4の第1列領域の上段・中段・下段、第2列領域の上段・中段・下段、第3列領域の上段・中段・下段、第4列領域の中段、第5列領域の中段が入賞判定の対象となる(有効になる)。また、「WAYS BET4」を選択した場合には、シンボル表示領域4の第1列領域の上段・中段・下段、第2列領域の上段・中段・下段、第3列領域の上段・中段・下段、第4列領域の上段・中段・下段、第5列領域の中段が入賞判定の対象となる(有効になる)。また、「WAYS BET5」を選択した場合には、シンボル表示領域4の第1列領域の上段・中段・下段、第2列領域の上段・中段・下段、第3列領域の上段・中段・下段、第4列領域の上段・中段・下段、第5列領域の上段・中段・下段が入賞判定の対象となる(有効になる)。

0057

例えば、図7に示すように、「WAYS BET5」を選択した場合には、シンボル表示領域4の全ての領域が入賞判定の対象となる(有効化される)。そして、図7に示すように、あるシンボル(PICT_A、WILDシンボル含む)が、第1列領域の下段、第2列領域の上段、第3列領域の上段、第4列領域の中段、第5列領域の上段・中段・下段にそれぞれ停止した場合、シンボル(PICT_A)が、第1列領域から第5列領域に架けて(「LEFT TORIGHT」)、5つ繋がった入賞が3つ成立していることになる。このように、「LEFT TO RIGHT」タイプでは、一見してシンボルがバラバラに停止していても、第1列領域から第5列領域に架けて繋がっていれば、入賞と判断される。なお、本実施形態では、「LEFT TO RIGHT」タイプを採用しているが、各ビデオリールのシンボル列の3つの領域の何れかを結んで形成されるラインを、入賞ラインとするラインタイプを採用してもよい。

0058

また、下側画像表示パネル141には、タッチパネル114が内蔵されている。プレイヤーは下側画像表示パネル141に触れることで各種の指示を入力することができる。

0059

図4及び図5に示すように、下側画像表示パネル141の下方には、コントロールパネル30(入力デバイス)に配された各種ボタンをはじめ、コインをキャビネット11内に受け入れるコインエントリー36と、ビルエントリー115と、が設けられている。

0060

図5に示すコントロールパネル30は、RESERVEボタン31、CASHOUT/TAKEWINボタン32、HELPボタン33を向かって左側領域の上段に配置し、1−BETボタン34、2−BETボタン35、3−BETボタン37、5−BETボタン39、10−BETボタン40、WAYS BET1ボタン43、WAYS BET2ボタン44、WAYS BET3ボタン45、WAYS BET4ボタン46、WAYS BET5ボタン47を左側領域の下段に配置している。また、コインエントリー36およびバーコード付きチケット・紙幣などを受け入れるビルエントリー115を向かって右側領域の上段に配置し、スピンボタン49とGAMBLEボタン48とを右側領域の下段に配置した態様で備えている。

0061

RESERVEボタン31は、席を離れたりする際にしばらくの間、スロットマシン1を待機状態にするボタンである。このRESERVEボタン31を押すと、下側画像表示パネル141に「RESERVED」というメッセージと残り時間が表示される(図74参照)。CASHOUT/TAKEWINボタン32は、スロットマシン10内部に預けられているコイン(クレジット)を清算する際に用いられる操作ボタンである。HELPボタン33は、ゲームの操作方法等が不明な場合に押されるボタンであり、HELPボタン33が押下されると、上側画像表示パネル131や下側画像表示パネル141に各種のヘルプ情報が表示される。

0062

WAYS BET1ボタン43、WAYS BET2ボタン44、WAYS BET3ボタン45、WAYS BET4ボタン46、WAYS BET5ボタン47は、上述したように、シンボル表示領域4の5列×3行の15個の領域の中から、入賞判定の対象(有効化)となる領域を決定するボタンである。また、WAYS BET1ボタン43により、入賞判定の対象となる領域を決定する場合には、1クレジットが必要になる。また、WAYS BET2ボタン44により、入賞判定の対象となる領域を決定する場合には、3クレジットが必要になる。また、WAYS BET3ボタン45により、入賞判定の対象となる領域を決定する場合には、7クレジットが必要になる。また、WAYS BET4ボタン46により、入賞判定の対象となる領域を決定する場合には、15クレジットが必要になる。また、WAYS BET5ボタン47により、入賞判定の対象となる領域を決定する場合には、30クレジットが必要になる。

0063

1−BETボタン34は、配当に対する倍率を1倍に決定するボタンである(1BET)。また、2−BETボタン35は、配当に対する倍率を2倍に決定するボタンである(2BET)。また、3−BETボタン37は、配当に対する倍率を3倍に決定するボタンである(3BET)。また、5−BETボタン39は、配当に対する倍率を5倍に決定するボタンである(5BET)。また、10−BETボタン40は、配当に対する倍率を10倍に決定するボタンである(10BET)。これにより5種類のクレジットタイプが選択可能である。

0064

本実施形態では、前述した5段階のWAYS BET(WAYS BET1、WAYS BET2、WAYS BET3、WAYS BET4、WAYS BET5)の選択、及び、5種類のBETボタン(1−BETボタン34、2−BETボタン35、3−BETボタン37、5−BETボタン39、10−BETボタン40)の選択により、ベットするクレジット数を決定し、単位ゲームが開始される。

0065

具体的には、WAYS BETに必要なクレジット(WAYS BET1であれば1クレジット、WAYS BET2であれば3クレジット、WAYS BET3であれば7クレジット、WAYS BET4であれば15クレジット、WAYS BET5であれば30クレジット)に対して、BETボタンに対応するクレジット値乗算した値が、単位ゲームを開始する際のベットしたクレジット数になる。例えば、WAYS BET1、及び、2−BETボタン35を選択した場合には、「1」×「2」=2クレジットがベットされることになる。また、WAYS BET3、及び、3−BETボタン37を選択した場合には、「7」×「3」=21クレジットがベットされることになる。また、WAYS BET5、及び、10−BETボタン40を選択した場合には、「30」×「10」=300クレジットがベットされることになる。

0066

スピンボタン49は、ビデオリール3(3a,3b,3c,3d,3e)のスクロールを開始する際に用いられるボタンである。また、スピンボタン49は、ゲーム進行に関わる選択を決定するボタンでもある。GAMBLEボタン48は、GAMBLEゲームに移行する際に使用するボタンである。

0067

コインエントリー36は、コインをキャビネット11内に受け入れるものである。ビルエントリー115は、紙幣の適否を識別すると共に正規の紙幣及びバーコード付チケット175をキャビネット11内に受け入れるものである。

0068

トップボックス12の前面には、上側画像表示パネル131が設けられている。上側画像表示パネル131は、液晶パネルからなり、ディスプレイを構成する。上側画像表示パネル131は、演出にかかる画像や、遊技の内容の紹介ルールの説明を示す画像が表示される。また、トップボックス12には、スピーカ112及びランプ111が設けられている。スロットマシン1では、画像の表示、音の出力及び光の出力によって演出が実行される。

0069

上側画像表示パネル131の下方には、チケットプリンタ171と、カードスロット176と、データ表示器174と、キーパッド173とが設けられている。

0070

チケットプリンタ171は、クレジット数や日時やスロットマシン1の識別番号等のデータがコード化されたバーコードをチケットに印刷し、バーコード付チケット175として出力するものである。プレイヤーは、バーコード付チケット175をスロットマシンに読み取らせて遊技を行ったり、バーコード付チケット175を遊技施設の所定箇所(例えばカジノ内のキャッシャ)で紙幣等に交換したりすることができる。

0071

カードスロット176は、所定のデータが記憶されているカードを挿入するためのものである。例えば、カードには、プレイヤーを識別するためのデータ、プレイヤーが行った遊技の履歴に関するデータが記憶されている。カードスロット176に挿入されたカードは、後述のカードリーダ172によってデータの読み取り及びデータの書き込みが行われる。なお、カードには、コイン、紙幣又はクレジットに相当するデータが記憶されることとしてもよい。

0072

データ表示器174は、蛍光ディスプレイやLED等からなり、例えば、カードリーダ172が読み取ったデータや、プレイヤーによってキーパッド173を介して入力されたデータを表示するものである。キーパッド173は、チケット発行等に関する指示やデータを入力するためのものである。

0073

[ビデオリールのシンボル配列]
次に、図8図18を参照して、スロットマシン1のビデオリール3が有するシンボル列の構成について説明する。

0074

図8に表されたように、通常ゲーム用のビデオリール3の第1ビデオリール(「Reel1」)3a、第2ビデオリール(「Reel2」)3b、第3ビデオリール(「Reel3」)3c、第4ビデオリール(「Reel4」)3d、第5ビデオリール(「Reel5」)3eには、コードナンバー「0」〜「33」に対応するシンボルから構成されるシンボル列がそれぞれ割り当てられている。

0075

図9図18に表されたように、フリーゲーム用(5種類:MAN用、DRAGON用、FISH用、TURTLE用、GOURD用)のビデオリール3の第1ビデオリール(「Reel1」)3a、第2ビデオリール(「Reel2」)3b、第3ビデオリール(「Reel3」)3c、第4ビデオリール(「Reel4」)3d、第5ビデオリール(「Reel5」)3eには、コードナンバー「0」〜「71」に対応するシンボルから構成されるシンボル列がそれぞれ割り当てられている。

0076

また、図8図18に表されたように、ビデオリール3に配列されたシンボルの種類には、「MAN」、「DRAGON」、「FISH」、「TURTLE」、「GOURD」、「ACE」、「KING」、「QUEEN」、「JACK」、「TEN」、「NINE」などの通常シンボル、他のシンボルの代わりになる万能なシンボル(オールマイティーのシンボル)である「WILD」シンボル、更に、ジャックポット抽選のトリガー、及び、フリーゲームの実行権を付与する入賞(FEATURE WIN)条件を構成する「FEATURE」シンボルなどがある。

0077

[スロットマシンが備える回路の構成]
次に、図19を参照して、スロットマシン1が備える回路の構成について説明する。図19は、本発明の実施形態に係るスロットマシンの内部構成を示すブロック図である。

0078

ゲーミングボード50は、内部バスによって互いに接続されたCPU51、ROM52及びブートROM53と、メモリカード54に対応したカードスロット55と、GAL(Generic Array Logic)56に対応したICソケット57とを備えている。

0079

メモリカード54は、不揮発性メモリからなり、ゲームプログラム及びゲームシステムプログラムを記憶している。ゲームプログラムには、遊技進行に係るプログラム、抽選プログラム、画像や音による演出を実行するためのプログラムが含まれている(例えば後述の図30図34を参照)。また、上記ゲームプログラムには、各ビデオリール3に割り当てられたシンボル列の構成を規定するデータ(図8図18参照)などが含まれている。

0080

抽選プログラムは、各ビデオリール3の停止予定シンボルを抽選により決定するためのプログラムである。停止予定シンボルは、シンボル列を構成する複数個のシンボルのうち、シンボル表示領域4により表示する3個のシンボルを決定するためのデータである。本発明の実施形態のスロットマシン1は、シンボル表示領域4の各ビデオリール3に応じた3つの領域のうち、所定の領域(例えば、中段の領域)に表示するシンボルを、停止予定シンボルとして決定する。これにより、シンボル表示領域4の各ビデオリール3に応じた3つの領域(上段の領域、中段の領域、下段の領域)に表示されるシンボルが決定される。

0081

上記抽選プログラムには、シンボル決定データが含まれている。シンボル決定データは、各ビデオリール3に応じて、シンボル列を構成する複数個のシンボルのそれぞれが均等の確率で決定されるように乱数値を規定するデータである。例えば、図8に示される通常ゲーム用のビデオリール3の第1ビデオリール(Reel1)3aでは、シンボル列を構成する30個のシンボル(コードナンバー「0」〜「29」)のそれぞれが均等の確率(つまり、1/30)で決定されるように乱数値を規定するデータである。ただし、30個のシンボルの中に含まれる各種シンボル個数が異なるので、各種シンボルが決定される確率は異なる(つまり、重みが生じる)。例えば、図8を参照すると、通常ゲーム用のビデオリール3の第1ビデオリール3a(Reel1)のシンボル列には、シンボル「ACE」は3個含まれているのに対して、シンボル「DRAGON」は1個しか含まれていない。したがって、前者は「3/30」の確率で決定されるのに対して、後者は「1/30」の確率で決定されることになる。

0082

なお、本発明の実施形態では、各ビデオリール3のシンボル列を構成するシンボルの個数が異なるようにデータが規定されている(ビデオリール3aは30個、ビデオリール3bは30個、ビデオリール3cは24個、ビデオリール3dは26個、ビデオリール3eは34個など)が、各ビデオリール3に応じてシンボル列を構成するシンボルの個数が同じになるようにしても良い。例えば、ビデオリール3のビデオリール3a〜3eのシンボル列がそれぞれ50個のシンボルから構成されるようにしても良い。これにより、ビデオリール3に応じて各種シンボルが決定される確率を設定する際の自由度が増す。

0083

また、カードスロット55は、メモリカード54を挿抜可能なように構成されており、IDEバスによってマザーボード70に接続されている。

0084

GAL56は、OR固定型アレイ構造を有するPLD(Programmable Logic Device)の一種である。GAL56は、複数の入力ポート出力ポートとを備えており、入力ポートに所定の入力があると、対応するデータを出力ポートから出力する。

0085

また、ICソケット57は、GAL56を着脱可能なように構成されており、PCIバスによってマザーボード70に接続されている。メモリカード54を別のプログラムが書き込まれたものに差し替えるか、又は、メモリカード54に書き込まれたプログラムを別のものに書き換えることによって、スロットマシン1で行われる遊技の内容を変更することができる。

0086

内部バスによって互いに接続されたCPU51、ROM52及びブートROM53は、PCIバスによってマザーボード70に接続されている。PCIバスは、マザーボード70とゲーミングボード50との間の信号伝達を行うとともに、マザーボード70からゲーミングボード50への電力供給を行う。

0087

ROM52には、認証プログラムが記憶される。ブートROM53には、予備認証プログラム及びCPU51が予備認証プログラムを起動するためのプログラム(ブートコード)等が記憶されている。認証プログラムは、ゲームプログラム及びゲームシステムプログラムを認証するためのプログラム(改竄チェックプログラム)である。予備認証プログラムは、上記認証プログラムを認証するためのプログラムである。認証プログラム及び予備認証プログラムは、対象となるプログラムが改竄されていないことの認証を行う手順(認証手順)に沿って記述されている。

0088

マザーボード70は、メインCPU71と、ROM72と、RAM73と、通信インターフェイス82とを備えている。ROM72と、RAM73は、記憶部に相当する。

0089

ROM72は、フラッシュメモリ等のメモリデバイスからなり、メインCPU71により実行されるBIOS等のプログラムと、恒久的なデータが記憶されている。メインCPU71によってBIOSが実行されると、所定の周辺装置初期化処理が行われる。また、ゲーミングボード50を介して、メモリカード54に記憶されているゲームプログラム及びゲームシステムプログラムの取込処理が開始される。

0090

そして、本発明におけるプロセッサは、上記メインCPU71とROM72とRAM73と、ゲームプログラムやゲームシステムプログラムを記憶した前記メモリカード54とを含み、前記ゲームプログラムやゲームシステムプログラムをCPU71で実行することによってスロットマシンを制御するように構成している。当該プロセッサは、このような構成に限らず、メモリカード54ではなくROM72に対してゲームプログラムやゲームシステムプログラムを記憶しておくような構成を採用することができるのは言うまでもない。

0091

RAM73には、メインCPU71が動作する際に用いられるデータやプログラムが記憶される。例えば、前述のゲームプログラム及びゲームシステムプログラムや認証プログラムの取込処理を行った際、これらを記憶することができる。また、RAM73には、上記プログラムを実行する際の作業用の領域が設けられている。例えば、遊技回数BET数払出数、クレジット数などを記憶する領域や、抽選により決定したシンボル(コードナンバー)を記憶する領域などが設けられている。

0092

通信インターフェイス82は、通信回線301を介して、サーバ等の外部制御装置200との通信を行うためのものである。また、マザーボード70には、後述するドアPCB(PrintedCircuit Board)90及び本体PCB110が、それぞれUSBによって接続されている。さらに、マザーボード70には、電源ユニット81が接続されている。電源ユニット81からマザーボード70に電力が供給されると、マザーボード70のメインCPU71が起動するとともに、PCIバスを介してゲーミングボード50に電力が供給されてCPU51が起動される。

0093

ドアPCB90及び本体PCB110には、スイッチやセンサなどの入力装置や、メインCPU71により動作が制御される周辺装置が接続されている。ドアPCB90には、コントロールパネル30、リバータ91、コインカウンタ92C及び冷陰極管93が接続されている。

0094

コントロールパネル30には、前述の各ボタンに対応して、RESERVEスイッチ31S、CASHOUTスイッチ32S、HELPスイッチ33S、1−BETスイッチ34S、2−BETスイッチ35S、3−BETスイッチ37S、5−BETスイッチ39S、10−BETスイッチ40S、WAYS BET1スイッチ43S、WAYS BET2スイッチ44S、WAYS BET3スイッチ45S、WAYS BET4スイッチ46S、WAYS BET5スイッチ47S、GAMBLEスイッチ48S、スピンスイッチ49Sが設けられている。各スイッチは、対応するボタンがプレイヤーによって押されたことを検出し、メインCPU71に対して信号を出力する。

0095

コインカウンタ92Cは、コイン受入口36に入れられたコインが材質や形状等が適正であるか否かを選別し、適正なコインを検出したとき、メインCPU71に対して信号を出力する。また、適正でないコインは、コイン払出口15Aから排出される。

0096

リバータ91は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて動作するものであり、コインカウンタ92Cによって選別された適正なコインを、ホッパー113又はキャッシュボックス(図示せず)に振り分ける。ホッパー113がコインで満たされていない場合はホッパー113に、ホッパー113がコインで満たされている場合はキャッシュボックスに振り分けられる。

0097

冷陰極管93は、上側画像表示パネル131及び下側画像表示パネル141の背面側に設置されるバックライトとして機能するものであり、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて点灯する。

0098

本体PCB110には、ランプ111、スピーカ112、ホッパー113、コイン検出部113S、タッチパネル114、ビルエントリー115、グラフィックボード130、チケットプリンタ171、カードリーダ172、キースイッチ173S及びデータ表示器174が接続されている。

0099

ランプ111は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて点灯する。スピーカ112は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいてBGM等の音を出力する。

0100

ホッパー113は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて動作し、指定された払出数のコインをコイン払出口15Aからコイントレイ15に払い出す。コイン検出部113Sは、ホッパー113により払い出されるコインを検出し、メインCPU71に対して信号を出力する。

0101

タッチパネル114は、下側画像表示パネル上でプレイヤーの指などが触れた位置を検出し、その検出した位置に対応した信号をメインCPU71に対して出力する。ビルエントリー115は、適正な紙幣を受け入れたとき、その紙幣の額に応じた信号をメインCPU71に対して出力する。

0102

グラフィックボード130は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて、上側画像表示パネル131及び下側画像表示パネル141のそれぞれにより行う画像の表示を制御する。下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4には、5つのビデオリール3が表示され、各ビデオリール3が有するシンボル列のスクロール及びその停止の動作が表示される。グラフィックボード130は、画像データを生成するVDPや、VDPによって生成される画像データを記憶するビデオRAM等を備えている。

0103

また、グラフィックボード130は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて、画像データを生成するVDP(Video Display Processor)や、VDPによって生成される画像データを一時的に記憶するビデオRAM等を備えている。なお、VDPによって画像データを生成する際に用いられる画像データは、メモリカード54から読み出されてRAM73に記憶されたゲームプログラム内に含まれている。

0104

チケットプリンタ171は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて、RAM73に記憶されたクレジット数、日時やスロットマシン1の識別番号等のデータがコード化されたバーコードをチケットに印刷し、バーコード付チケット175として出力する。

0105

カードリーダ172は、カードスロット176に入れられたカードについて、記憶されているデータを読み取ってメインCPU71へ送信したり、メインCPU71からの制御信号に基づいてデータの書き込みを行ったりする。

0106

キースイッチ173Sは、キーパッド173に設けられており、キーパッド173がプレイヤーによって操作されたとき、所定の信号をメインCPU71へ出力する。

0107

データ表示器174は、メインCPU71から出力される制御信号に基づいて、カードリーダ172が読み取ったデータや、プレイヤーによってキーパッド173を介して入力されたデータを表示する。

0108

(シンボル組合せテーブルの構成)
次に、図20を参照して、シンボル組合せテーブルについて説明する。図20は、本発明の実施形態に係るスロットマシンのシンボル組合せテーブルを示す図である。

0109

本実施形態におけるシンボル組合せテーブルは、入賞(WIN)に係るシンボルの図柄の組合せ(シンボル数)と払出数とを規定している。スロットマシン1では、ビデオリール3のシンボル列のスクロールが停止され、シンボル表示領域4に停止したシンボルが上述のWAYS BETにより入賞判定の対象となった入賞領域に、第1列領域から第5列領域に架けて、所定数繋がっている場合に、入賞が成立する。そして、入賞に応じて、コインの払い出しといった特典がプレイヤーに与えられる。

0110

基本的に、「MAN」、「DRAGON」、「FISH」、「TURTLE」、「GOURD」、「ACE」、「KING」、「QUEEN」、「JACK」、「TEN」、「NINE」の各種類のシンボルについては、一つの種類のシンボルが上述のWAYS BETにより入賞判定の対象となった入賞領域に、第1列領域から第5列領域に架けて、3つ(3Kind)、4つ(4Kind)、又は5つ(5Kind)の所定数繋がって配置された場合に、入賞が成立する。「WILD」のシンボルについては、「MAN」、「DRAGON」、「FISH」、「TURTLE」、「GOURD」、「ACE」、「KING」、「QUEEN」、「JACK」、「TEN」、「NINE」の各種類のシンボルを代用する。なお、「FEATURE」のシンボルに関しては、「FEATURE」のシンボルが、WAYS BETにより有効となった領域とは関係なく、第1列領域から第5列領域に架けて連続して3個以上停止された場合(「FEATURE」の3Kind以上が成立)に、配当及びフリーゲームの実行権が付与される。また、「FEATURE」のシンボルが、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4に表示された場合、ジャックポット抽選のトリガーとなる。

0111

例えば、「WAYS BET5」を選択した場合には、シンボル表示領域4の全ての領域が入賞判定の対象となる(有効化される)。そして、ビデオリール3のシンボル列のスクロールが停止され、「DRAGON」のシンボルが、第1列領域の下段、第2列領域の上段、第3列領域の上段、第4列領域の中段、第5列領域の下段にそれぞれ停止した場合、「DRAGON」のシンボルが、第1列領域から第5列領域に架けて(「LEFT TORIGHT」)、5つ繋がった入賞が成立していることになる(「DRAGON」の5Kindが成立)。この場合、図20のシンボル組合せテーブルが参照され、払出数として「120」が決定される。そして、決定された払出数に基づいてコインの払い出しが行われる。コインの払い出しは、コイン払出口15Aから実際にコインを排出するか、クレジット数に加算するか、又はバーコードチケット発行することによって行われる。

0112

また、「MAN」、「DRAGON」、「FISH」、「TURTLE」、「GOURD」、「ACE」、「KING」、「QUEEN」、「JACK」、「TEN」、「NINE」の入賞では、単位ゲームでのクレジットタイプをシンボル組合せテーブルに規定された払出数に乗算した値が支払われる。例えば、10−BETボタン40により10BETのベットが行われた状態で、「DRAGON」の3個に入賞した場合(「DRAGON」の3Kindが成立)には、30×10=300クレジットが支払われることになる。また、「FEATURE」に入賞した場合は、単位ゲームでの全てのベット数トータルベット)をシンボル組合せテーブルに規定された払出数に乗算した値が支払われる。例えば、WAYS BET5ボタン47(30クレジットが必要)により、入賞判定の対象となる入賞領域を決定し、10−BETボタン40により10クレジットのベットが行われた状態で、「FEATURE」の3個に入賞した場合は、30×10×5=1500クレジット、及び、フリーゲームの実行権が付与される。

0113

(ジャックポット抽選テーブル:通常ゲーム用)
図21を参照して、通常ゲーム時に参照される通常ゲーム用ジャックポット抽選テーブルについて説明する。通常ゲーム用ジャックポット抽選テーブル(ボーナス抽選テーブルに相当)は、後述するS20の処理で参照されるテーブルであり、RAM73(テーブル記憶領域に相当)に格納されている。通常ゲーム用ジャックポット抽選テーブルは、ジャックポットに当選する確率(当選確率)を、通常ゲームでの全てのベット数(トータルベット)に対応させて規定している。

0114

例えば、WAYS BET5ボタン47(30クレジットが必要)により、入賞判定の対象となる入賞領域を決定し、10−BETボタン40により10クレジットのベットが行われた状態では、トータルベットは「30×10=300」になる。そして、図21に示すように、トータルベット「300」では、ジャックポットに当選する確率(当選確率)が、「300/5000」に設定される。また、WAYS BET1ボタン43(1クレジットが必要)により、入賞判定の対象となる入賞領域を決定し、10−BETボタン40により10クレジットのベットが行われた状態では、トータルベットは「1×10=10」になる。そして、図21に示すように、トータルベット「10」では、ジャックポットに当選する確率(当選確率)が、「10/5000」に設定される。

0115

(ジャックポット抽選テーブル:フリーゲーム用)
図22〜26を参照して、フリーゲーム時に参照されるフリーゲーム用ジャックポット抽選テーブル(ボーナス抽選テーブルに相当)について説明する。フリーゲーム用ジャックポット抽選テーブルは、後述するS113の処理で参照されるテーブルであり、RAM73(テーブル記憶領域に相当)に格納されている。フリーゲーム用ジャックポット抽選テーブルは、S103の処理で選択されたシンボルの種類に対応して、5種類(MAN、DRAGON、FISH、TURTLE、GOURD)が用意されている。フリーゲーム用ジャックポット抽選テーブルでも、ジャックポットに当選する確率(当選確率)は、フリーゲームに移行する際の通常ゲームでの全てのベット数(トータルベット)に対応させて規定している。

0116

図22に示すように、例えば、のフリーゲーム用(MAN)ジャックポット抽選テーブルにおいて、フリーゲームに移行した際の通常ゲームでのトータルベットが「300」の場合、ジャックポットに当選する確率(当選確率)は、「64511316217800/100000000000000」に設定される。また、図23に示すように、例えば、のフリーゲーム用(DRAGON)ジャックポット抽選テーブルにおいて、フリーゲームに移行した際の通常ゲームでのトータルベットが「10」の場合、ジャックポットに当選する確率(当選確率)は、「1536095549260/100000000000000」に設定される。

0117

(ジャックポット配当決定テーブル)
図27を参照して、ジャックポット配当決定テーブルについて説明する。ジャックポット配当決定テーブル(ボーナス配当決定テーブルに相当)は、後述するS132のジャックポット配当決定抽選で参照されるテーブルであり、RAM73(テーブル記憶領域に相当)に格納されている。このジャックポット配当決定テーブルは、ジャックポット配当の5つのレベル(「GRAND」、「MAJOR」、「MINOR」、「MINI」、「CREDIT AWARD」)に対する抽選確率を規定している。

0118

図27に示すように、例えば、「GRAND」のジャックポット配当に対しては抽選確率1674/10000000が対応付けられ、「MAJOR」のジャックポット配当に対しては抽選確率6696/10000000が対応付けられ、「NINOR」のジャックポット配当に対しては抽選確率279012/10000000が対応付けられ、「MINI」のジャックポット配当に対しては抽選確率3016342/10000000が対応付けられ、「CREDIT AWARD」に対しては抽選確率6696276/10000000が対応付けられている。

0119

(ジャックポット:インクリメント)
図28を参照して、ベット額の一部をジャックポット配当(ボーナス配当)の原資として累積させる際のインクリメント割合について説明する。本実施形態のジャックポット配当は、初期値に、通常ゲーム毎にベットされる遊技媒体の所定割合累積値を、合算した値によって構成されている。なお、「CREDIT AWARD」では、固定配当として「500」クレジットが付与される。

0120

具体的には、初期値は、「GRAND」では、「200000」クレジット、「MAJOR」では、「25000」クレジット、「MINOR」では、「4000」クレジット、「MINI」では、「1000」クレジットが設定されている。

0121

そして、「GRAND」のジャックポット配当では、図28に示すように、プレイヤーが通常ゲームでベットした遊技媒体の0.12%の値が通常ゲーム毎にインクリメントされて累積的に蓄積される。また、「MAJOR」のジャックポット配当では、図28に示すように、プレイヤーが通常ゲームでベットした遊技媒体の0.12%の値が通常ゲーム毎にインクリメントされて累積的に蓄積される。また、「MINOR」のジャックポット配当では、図28に示すように、プレイヤーが通常ゲームでベットした遊技媒体の0.42%の値が通常ゲーム毎にインクリメントされて累積的に蓄積される。また、「MINI」のジャックポット配当では、図28に示すように、プレイヤーが通常ゲームでベットした遊技媒体の0.84%の値が通常ゲーム毎にインクリメントされて累積的に蓄積される。

0122

[プログラムの内容]
次に、図30図34を参照して、スロットマシン1により実行されるプログラムについて説明する。

0123

(メイン制御処理)
次に、図30を参照して、メイン制御処理について説明する。なおメイン制御処理では、通常ゲームが実行される。

0124

はじめに、スロットマシン1に電源が投入されると、メインCPU71は、ゲーミングボード50を介して、メモリカード54から認証したゲームプログラム及びゲームシステムプログラムを読み出し、RAM73に書き込む(S11)。

0125

次に、メインCPU71は、1ゲーム終了時初期化処理を行う(S12)。例えば、BET数や抽選により決定されたシンボルなど、RAM73の作業領域において1回の遊技ごとに不要となるデータがクリアされる。

0126

次に、メインCPU71は、後で図31を参照して説明するスタートチェック処理を行う(S13)。この処理では、1−BETスイッチ34S、2−BETスイッチ35S、3−BETスイッチ37S、5−BETスイッチ39S、10−BETスイッチ40S、WAYS BET1スイッチ43S、WAYS BET2スイッチ44S、WAYS BET3スイッチ45S、WAYS BET4スイッチ46S、WAYS BET5スイッチ47S、スピンスイッチ49Sなどの入力のチェックなどが行われる。

0127

次に、メインCPU71は、シンボル抽選処理を行う(S14)。この処理では、シンボル決定用乱数値に基づいて停止予定シンボルが決定される。

0128

具体的には、はじめに、メインCPU71は、シンボル決定用の乱数値を抽出する。次に、メインCPU71は、各ビデオリール3(3a,3b,3c,3d,3e)の停止予定シンボルを抽選により決定する。メインCPU71は、各ビデオリール3(3a,3b,3c,3d,3e)に応じて抽選を行い、複数個のシンボルの何れかを停止予定シンボルとして決定する。このとき、複数個のシンボルのそれぞれは均等の確率で決定される。そして、メインCPU71は、決定した各ビデオリール3の停止予定シンボルをRAM73に設けられているシンボル格納領域に格納する。

0129

次に、メインCPU71は、演出内容決定処理を行う(S15)。メインCPU71は、演出用乱数値を抽出し、予め定められた複数の演出内容の何れかを抽選により決定する。

0130

次に、メインCPU71は、シンボル表示制御処理を行う(S16)。この処理では、各ビデオリール3のシンボル列のスクロールが開始され、ステップS14のシンボル抽選処理において決定された停止予定シンボルが所定の位置(例えば、シンボル表示領域4における中段の領域)に停止される。つまり、停止予定シンボルを含む15個のシンボルがシンボル表示領域4内に表示される。例えば、停止予定シンボルがコードナンバー「10」のシンボルであり、これを中段の領域に表示する場合であれば、コードナンバー「9」、及び「11」の各シンボルがシンボル表示領域4内の上段、及び、下段のそれぞれに表示される。

0131

次に、メインCPU71は、払出数決定処理を行う(S17)。この処理では、RAM73に格納されたシンボル組合せテーブル(図20参照)を参照して、シンボル表示領域4に停止したシンボルが上述のWAYS BETにより入賞判定の対象となった入賞領域に、第1列領域から第5列領域に架けて、所定数繋がって、入賞が成立したか否かを判断する。そして、入賞及びベットしたクレジットタイプに応じて、配当やフリーゲームの実行権の付与といった特典がプレイヤーに与えられる。付与された配当は、RAM73に設けられた払出数記憶領域に格納される。

0132

次に、払出処理を行う(S18)。メインCPU71は、払出数記憶領域に格納されている値を、RAM73に設けられているクレジット数記憶領域に格納されているクレジット数カウンタの値に加算する。

0133

次に、メインCPU71は、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが表示されたか否かを判定する(S19)。

0134

シンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが表示された場合(S19:YES)、後述するジャックポット抽選処理を実行する(S20)。一方、シンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが表示されていない場合(S19:NO)、S12の処理に移行する。

0135

また、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが停止し、且つ、図51に示すように、ランダム抽選を実行し当選した場合、下側画像表示パネル141の枠141Aがでどんどん画面中央に向かって固まっていくステップアップ演出がなされる(小演出から大演出までの複数の演出映像が段階的に表示される)。

0136

S20の処理後、メインCPU71は、フリーゲームトリガーが成立したか否か(フリーゲームの実行権が付与されたか否か)を判別する(S21)。本実施形態におけるフリーゲームに移行する際のトリガーは、「FEATURE」のシンボルが、WAYS BETにより有効となった領域とは関係なく、第1列領域から第5列領域に架けて連続して3個以上停止されることである。メインCPU71は、フリーゲームトリガーが成立したと判別したときには(S21:YES)、後述するフリーゲーム処理を行う(S22)。

0137

S22の処理後、又は、S21の処理においてフリーゲームトリガーが成立していないと判別したとき(S21:NO)、メインCPU71は、RAM73の実行権ストック領域に格納されているジャックポットゲーム実行権ストックカウンタ(ボーナスゲーム実行権ストックカウンタ)の値が「1」以上か否かを判定する(S23)。ジャックポットゲーム実行権ストックカウンタの値が「1」以上の場合(S23:YES)、後述するジャックポットゲーム処理を実行する(S24)。

0138

S24の処理後、又は、S23の処理においてジャックポットゲーム実行権ストックカウンタの値が「1」以上ではない場合(S23:NO)、S12の処理に移行する。

0139

上記構成によれば、「FEATURE」シンボルは、シンボル表示領域4に3個以上再配置された場合には、フリーゲームの実行権が付与されるフリーゲームトリガーが成立するとともに、シンボル表示領域4に再配置された数に応じた回数分のジャックポット抽選を実行するトリガーにもなる。これによれば、フリーゲームトリガーが成立した際にはジャックポット抽選も実行されるが、ジャックポット抽選の結果はフリーゲーム期間が終了するまで不明の状態となる。その結果、フリーゲーム期間中、ジャックポット抽選の結果として付与されるジャックポットゲーム(ボーナスゲーム)への期待感を、プレイヤーに持続させることを誘因することができる。

0140

(スタートチェック処理)
次に、図31を参照して、スタートチェック処理について説明する。

0141

はじめに、メインCPU71は、バーコード付チケット175をビルエントリー115により読み取り、クレジットの加算があったか否かを判別する(S41)。メインCPU71は、クレジットの加算があったと判別したときには(S41:YES)、判別したクレジット数を、RAM73のクレジット数記憶領域に格納されているクレジット数カウンタの値に加算する(S42)。なお、ビルエントリー115で読み取る対象は、バーコード付チケット175の他に、紙幣、ICカードなどでもよい。

0142

メインCPU71は、S42の後、又は、S41においてクレジットの加算がなかったと判別したときには(S41:NO)、クレジット数記憶領域に格納されているクレジット数カウンタの値は0であるか否かを判別する(S43)。クレジット数記憶領域に格納されているクレジット数カウンタの値が0である場合(S43:YES)、S41に移行する。

0143

一方、メインCPU71は、クレジット数記憶領域に格納されているクレジット数カウンタの値は0ではないと判別したときには(S43:NO)、WAYSBETボタン(WAYS BET1ボタン43、WAYS BET2ボタン44、WAYS BET3ボタン45、WAYS BET4ボタン46、WAYS BET5ボタン47)、及び、BETボタン(1−BETボタン34、2−BETボタン35、3−BETボタン37、5−BETボタン39、10−BETボタン40)の操作受付許可する(S44)。5段階のWAYS BETボタンを選択することにより、シンボル表示領域4の5列×3行の15個の領域の中から、入賞判定の対象となる入賞領域を決定する(図6参照)。

0144

次に、メインCPU71は、WAYSBETボタン、及び、BETボタンの操作を検出したか否かを判別する(S45)。メインCPU71は、WAYS BETボタンがプレイヤーによって押されたことをWAYSBETスイッチ(WAYS BET1スイッチ43S、WAYS BET2スイッチ44S、WAYS BET3スイッチ45S、WAYS BET4スイッチ46S、WAYS BET5スイッチ47Sにより検出し、且つ、BETボタンがプレイヤーによって押されたことをBETスイッチ(1−BETスイッチ34S、2−BETスイッチ35S、3−BETスイッチ37S、5−BETスイッチ39S、10−BETスイッチ40S)により検出したときは、WAYS BETに必要なクレジット(WAYS BET1であれば1クレジット、WAYS BET2であれば3クレジット、WAYS BET3であれば7クレジット、WAYS BET4であれば15クレジット、WAYS BET5であれば30クレジット)に対して、BETボタンに対応するクレジットを乗算した値に基づき、RAM73に設けられているBET数記憶領域に格納されているBET数カウンタの値を更新する(S46)。

0145

S46の後、又は、S45において、WAYSBETボタン、及び、BETボタンの操作を検出しない場合(S45:NO)、メインCPU71は、スピンボタン49の操作受付を許可する(S47)。

0146

メインCPU71は、S47の後、スピンボタン49の操作を検出したか否かを判別する(S48)。メインCPU71は、スピンボタン49の操作を検出していないと判別したときには(S48:NO)、S44の処理に移行する。

0147

一方、メインCPU71は、スピンボタン49の操作を検出したと判別したときには(S48:YES)、メインCPU71は、クレジット数記憶領域に格納されているクレジット数カウンタの値から、S46において算出されたBET数カウンタの値を減算する(ステップS49)。

0148

次に、メインCPU71は、JPインクリメント処理を行う(S50)。JPインクリメント処理では、S46において算出されたBET数カウンタの値に、図28に示すジャックポット配当の各レベルのインクリメント割合を乗算した値を、各ジャックポット配当の原資としてRAM73のジャックポット記憶領域(ボーナス記憶領域)にインクリメントする。例えば、図28を参照して、S46において算出されたBET数カウンタの値が「100」である場合、「GRAND」のジャックポット配当の原資に、100×0.0012=0.12クレジットが加算され、「MAJOR」のジャックポット配当の原資に、100×0.0012=0.12クレジットが加算され、「MINOR」のジャックポット配当の原資に、100×0.0042=0.42クレジットが加算され、「MINI」のジャックポット配当の原資に、100×0.0084=0.84クレジットが加算される。そして、スタートチェック処理を終了する。

0149

(ジャックポット抽選処理)
次に、図32を参照して、ジャックポット抽選処理について説明する。ジャックポット抽選処理は、上述のメイン制御処理のS20において実行される処理である。

0150

まず、メインCPU71は、シンボル表示領域4に表示された「FEATURE」シンボルの数を判定する(S61)。

0151

次に、メインCPU71は、S61の処理で判定した「FEATURE」シンボルの数を、RAM73のJP抽選カウンタの値に加算する(S62)。

0152

次に、メインCPU71は、ジャックポット抽選(ボーナス抽選に相当)を実行する(S63)。ジャックポット抽選では、図21図26のジャックポット抽選テーブルの当選確率に基づき、当選(ON)かハズレ(OFF)かのランダム抽選を行う。ここで、通常ゲーム中(S20の処理)に行われるジャックポット抽選では、図21の通常ゲーム用ジャックポット抽選テーブルが参照される。また、後述するフリーゲーム処理中(S22の処理)に行われるジャックポット抽選(S113)では、図22図26のフリーゲーム用ジャックポット抽選テーブルが参照される。なお、フリーゲーム用ジャックポット抽選テーブルは、S103の処理で選択されたシンボルの種類に対応して、5種類(MAN、DRAGON、FISH、TURTLE、GOURD)の中から参照される。

0153

ここで、本実施形態では、メインCPU71は、ジャックポット抽選を実行する際に、図29に示すように、シンボル表示領域4に表示された「FEATURE」シンボル(特定シンボル)が氷結する映像演出(別の表示態様に変化することに相当)を実行する。これによれば、「FEATURE」シンボルがシンボル表示領域4に再配置される毎にジャックポット抽選が行われていることを、「FEATURE」シンボルが氷結する映像演出によってプレイヤーに知らせることができる。

0154

次に、メインCPU71は、ジャックポット抽選に当選したか否かを判定する(S64)。ジャックポット抽選に当選した場合(S64:YES)、メインCPU71は、RAM73の実行権ストック領域に格納されているジャックポットゲーム実行権ストックカウンタの値に「1」を加算する(S65)。

0155

次に、メインCPU71は、ジャックポット抽選当選表示処理を実行する(S66)。このジャックポット抽選当選表示処理では、図63に示すように、上側画像表示パネル131の左下に、ジャックポット抽選において当選したことを報知する「JACKPOTCHANCE FEATURE TRIGGERED」というメッセージを表示する。このメッセージは、通常ゲーム中であれば、通常ゲームが終了するまで表示され、フリーゲーム中であれば、全てのフリーゲームが終了するまで表示される。このような構成によれば、ジャックポットゲームの実行権(ボーナスゲームの実行権)が付与されたことを、プレイヤーに知らせることができる。

0156

また、ジャックポット抽選に当選した場合には、ジャックポット確定演出(ボーナスゲーム確定演出)を実行するか否かを決定する確定演出決定抽選を行い、確定演出決定抽選の結果、ジャックポット確定演出を実行することに決定した場合、図51に示すように、下側画像表示パネル141の枠141Aにレインボーを表示して、ジャックポット抽選に当選したことを示唆するジャックポット確定演出がなされる。

0157

S66の処理後、又は、S64の処理でジャックポット抽選に当選しなかった場合(S64:NO)、メインCPU71は、RAM73のJP抽選カウンタの値から「1」を減算する(S67)。

0158

次に、メインCPU71は、RAM73のJP抽選カウンタの値が「0」か否かを判定する(S68)。JP抽選カウンタの値が「0」ではない場合(S68:NO)、S63の処理に移行する。一方、JP抽選カウンタの値が「0」である場合、本ジャックポット抽選処理を終了する。

0159

(フリーゲーム処理)
次に、図33を参照して、フリーゲーム処理について説明する。フリーゲーム処理は、メイン制御処理のS22で実行される処理である。

0160

まず、メインCPU71は、固定シンボル及びフリーゲーム数選択処理を実行する(S101)。具体的に、固定シンボル及びフリーゲーム数選択処理では、図48に示すように、下側画像表示パネル141に、5種類のシンボル図柄に対応させた5つのアイコン310(「GOURD」アイコン311、「TURTLE」アイコン312、「FISH」アイコン313、「DRAGON」アイコン314、「MAN」アイコン315)を表示する。この5つのアイコン310には、フリーゲーム中にシンボル表示領域4に停止したシンボルをシンボル表示領域4に逐次固定していく対象となる固定シンボルの種類、及び、フリーゲームの実行回数が対応付けられている。

0161

図48に示すように、具体的には、「GOURD」アイコン311には、固定シンボルとして「GOURD」シンボル及びフリーゲーム回数として10回が対応付けられている。「TURTLE」アイコン312には、固定シンボルとして「TURTLE」シンボル及びフリーゲーム回数として9回が対応付けられている。「FISH」アイコン313には、固定シンボルとして「FISH」シンボル及びフリーゲーム回数として8回が対応付けられている。「DRAGON」アイコン314には、固定シンボルとして「DRAGON」シンボル及びフリーゲーム回数として7回が対応付けられている。「MAN」アイコン315には、固定シンボルとして「MAN」シンボル及びフリーゲーム回数として5回が対応付けられている。

0162

そして、図48に示すように、プレイヤーに対して、5つのアイコン310の中から1つのアイコンを選択するように促し、メインCPU71は、5つのアイコン310の中から1つのアイコンが選択されたか否かを判定する(S102)。選択されない場合(S102:NO)、選択待ちとなる。

0163

一方、選択された場合(S102:YES)、メインCPU71は、選択されたアイコン310に対応するシンボルを固定シンボルに決定し、選択したシンボルに対応するフリーゲーム用ビデオリール(5種類:MAN用、DRAGON用、FISH用、TURTLE用、GOURD用)(図9図18参照)を、フリーゲームで使用するビデオリール3に設定する(S103)。

0164

また、メインCPU71は、S102の処理で選択されたアイコン310に対応するフリーゲーム回数を、RAM73のフリーゲーム数カウンタの値に加算する(S104)。

0165

次に、メインCPU71は、スピンスイッチ49Sの入力があったか否かを判定する(S105)。入力がない場合(S105:NO)、入力待ちとなる。

0166

一方、スピンスイッチ49Sの入力があった場合(S105:YES)、メインCPU71は、ステップS12の処理と同様に、1ゲーム終了時初期化処理を行う(S106)。次に、メインCPU71は、S14と同様のシンボル抽選処理を行う(S107)。

0167

次に、メインCPU71は、S15の処理と同様に、演出内容決定処理を行う(S108)。次に、メインCPU71は、S16の処理同様にシンボル表示制御処理を行う(S109)。次に、メインCPU71は、S17の処理同様に払出数決定処理を行う(S110)。

0168

次に、メインCPU71は、払出処理を行う(S111)。この払出処理では、メインCPU71は、S110の払出数決定処理にて払出数カウンタに格納された値を、フリーゲーム用払出数カウンタに格納されている値に加算する。フリーゲーム用払出数カウンタは、フリーゲーム中に決定された払出数の合計を記憶する領域である。そして、フリーゲーム処理が終了すると、メインCPU71は、フリーゲーム用払出数カウンタに格納されている値をRAM73に設けられているクレジット数カウンタに格納されている値に加算する。つまり、フリーゲームにおいて決定された払出数の合計がまとめて払い出されることになる。なお、コイン払出口15Aからコインを排出するようにしても良いし、バーコード付チケットを発行するようにしても良い。

0169

なお、フリーゲームでは、WAYS BET、及び、クレジットタイプは、フリーゲームの実行権が付与された際の通常ゲームにおけるWAYS BET、及び、クレジットタイプが継承される。

0170

次に、メインCPU71は、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが表示されたか否かを判定する(S112)。

0171

シンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが表示された場合(S112:YES)、前述したジャックポット抽選処理を実行する(S113)。

0172

また、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが停止した場合、図51に示すように、ランダム抽選を行い当選した場合、下側画像表示パネル141の枠141Aが氷でどんどん画面中央に向かって固まっていくステップアップ演出がなされる(小演出から大演出までの複数の演出映像が段階的に表示される)。

0173

S113の処理後、又は、S112の処理でシンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが表示されていないと判断した場合(S112:NO)、メインCPU71は、リトリガーが成立したか否かを判別する(S114)。本実施形態におけるリトリガーの条件は、「FEATURE」のシンボルが、WAYS BETにより有効となった入賞領域とは関係なく、第1列領域から第5列領域に架けて連続して3個以上停止されることである。メインCPU71は、リトリガーが成立したと判別したときには(S114:YES)、RAM73のフリーゲーム数カウンタの値に「3」を加算する(S115)。即ち、フリーゲームが更に3回追加されることになる。

0174

次に、S115の処理後、又は、S114の処理でメインCPU71が、リトリガーは成立していないと判別したとき(S114:NO)、メインCPU71は、WAYS BETにより有効となった入賞領域に、S103の処理で決定した固定シンボルが停止しているか否かを判断する(S116)。

0175

固定シンボルが停止している場合(S116:YES)、固定シンボルが停止した入賞領域に、当該固定シンボルを固定する(S117)。例えば、図49に示すように、固定シンボル210をシンボル表示領域4の入賞領域に停止した状態のまま維持する。

0176

次に、S116の処理で固定シンボル210が停止しなかった場合(S116:NO)、又は、S117の処理後、メインCPU71は、RAM73のフリーゲーム数カウンタの値から「1」を減算する(S118)。

0177

次に、メインCPU71は、フリーゲーム数カウンタの値が「0」であるか否かを判別する(S119)。メインCPU71は、フリーゲーム数カウンタの値が「0」ではないと判別したときには(S119:NO)、ステップS105の処理に移る。

0178

一方で、フリーゲーム数カウンタの値が「0」であると判別したときには(S119:YES)、フリーゲーム処理を終了する。

0179

上記構成によれば、フリーゲームが複数回実行される過程で、固定シンボル210が入賞領域に累積的に固定されていくため、固定シンボル210を含む組み合わせが成立し易い状態にすることができる。なお、固定シンボル210が入賞領域に固定されたとしても、複数のビデオリール3に配列された複数の種類のシンボルをそれぞれ再配置して、固定シンボル210が固定された位置に、本来再配置されるシンボル重複配置されたとしても、配当が付与されるシンボルの組み合わせの対象にすることができる。

0180

また、選択されたWAYS BET(入賞領域)にのみ、固定シンボル選択抽選処理により選択した固定シンボル210が累積的に固定されていくため、選択されたWAYS BET(入賞領域)に応じて固定シンボル210を含む組み合わせを成立し易くすることができる。

0181

(ジャックポットゲーム処理)
次に、図34を参照して、ジャックポットゲーム処理について説明する。ジャックポットゲーム処理では、付与されたジャックポットゲームの実行権に伴うジャックポットゲーム(ボーナスゲームに相当)が行われる。

0182

まず、メインCPU71は、ジャックポットゲーム導入演出処理を実行する(S131)。このジャックポットゲーム導入演出処理では、図64に示すように、下側画像表示パネル141に、氷が割れる演出映像が表示され、氷の宮殿が現れるアニメーションが表示される。また、ジャックポットゲームに移行したことを知らせる看板を表示する。

0183

次に、メインCPU71は、ジャックポット配当決定抽選を実行する(S132)。このジャックポット配当決定抽選では、図27に示すジャックポット配当決定テーブルの当選確率に基づき、「GRAND」のジャックポット配当、「MAJOR」のジャックポット配当、「NINOR」のジャックポット配当、「MINI」のジャックポット配当、「CREDIT AWARD」の何れかを決定するランダム抽選を行う。

0184

続いて、メインCPU71は、アイスキューブ表示処理を実行する(S133)。このアイスキューブ表示処理では、図65図66に示すように、下側画像表示パネル141に15個のアイスキューブ221を表示します。また、図66に示すように、下側画像表示パネル141に、プレイヤーにアイスキューブ221を選択することを促す看板を表示する。

0185

次に、メインCPU71は、下側画像表示パネル141に表示された15個のアイスキューブ221の何れかが選択されたか否かを判断する(S134)。選択されない場合(S134:NO)、選択待ちとなる。

0186

一方、15個のアイスキューブ221の何れかが選択された場合(S134:YES)、選択演出処理を実行する(S135)。この選択演出処理では、15個のアイスキューブ221の中から選択されたアイスキューブ221に対応するジャックポット配当のレベルアイコンを表示する。例えば、図67に示すように、番号1のアイスキューブ221がプレイヤーによって選択された場合、番号1のアイスキューブ221に対応付けられた「GRAND」アイコン231を表示する。その後、図67に示すように、表示した「GRAND」アイコン231を「GRAND」インジケータ241に移動させる演出表示をする。なお、図68に示すように、同じ種類のジャックポット配当のレベルアイコンは、対応するインジケータ241〜245に合計3個になるまで格納されていく。

0187

次に、メインCPU71は、S132のジャックポット配当決定抽選で決定したジャックポット配当のレベル(「GRAND」のジャックポット配当、「MAJOR」のジャックポット配当、「NINOR」のジャックポット配当、「MINI」のジャックポット配当、「CREDIT AWARD」)に対応するジャックポット配当のレベルアイコンが、合計3個選択されたか否かを判定する(S136)。合計3個選択されていない場合(S136:NO)、S134の処理に戻る。

0188

なお、本実施形態では、ジャックポット配当決定抽選で決定したジャックポット配当のレベルに対応するジャックポット配当のレベルアイコンが、最初に3個揃うように設定されている。また、3個目のジャックポット配当のレベルアイコンが、何個目のアイスキューブ221の選択により出現するかは、ランダム抽選により決定される。例えば、ジャックポット配当決定抽選において、「GRAND」のジャックポット配当に決定した場合、ランダム抽選が行われ、仮に8回目のアイスキューブ221の選択により、「GRAND」アイコン231が最初に3個揃うように内部的に決定されると、プレイヤーは、どのアイスキューブ221を選択した場合でも、8回目のアイスキューブ221の選択により「GRAND」アイコン231を最初に3個揃えることができる。

0189

一方、合計3個選択された場合(S136:YES)、当選演出処理を実行する(S137)。この当選演出処理では、合計3個が選択されたジャックポット配当のレベルアイコンに対応するインジケータ241〜245の枠が点灯し、獲得したジャックポット配当のレベルをアピールする。例えば、図68に示すように、「GRAND」アイコン231が合計3個選択された場合、「GRAND」インジケータ241の枠が点灯し、「GRAND」のジャックポット配当を獲得したことをアピールする。そして、図69に示すように、下側画像表示パネル141にWIN看板251が表示される。

0190

次に、メインCPU71は、払出処理を実行する(S138)。この払出処理では、RAM73のジャックポット記憶領域(ボーナス記憶領域)に記憶された各ジャックポット配当の原資に基づき、S132の処理で決定したジャックポット配当を付与する。例えば、「GRAND」のジャックポット配当を獲得した場合には、「GRAND」のジャックポット配当の原資に蓄積されたクレジットが全て払い出される。即ち、RAM73の「GRAND」のジャックポット配当の原資に蓄積されたクレジットの値が、RAM73に設けられているクレジット数カウンタの値に加算される。

0191

次に、メインCPU71は、RAM73の実行権ストック領域に格納されているジャックポットゲーム実行権ストックカウンタの値から「1」を減算する(S139)。

0192

次に、メインCPU71は、RAM73の実行権ストック領域に格納されているジャックポットゲーム実行権ストックカウンタの値が「0」か否かを判定する(S140)。

0193

ジャックポットゲーム実行権ストックカウンタの値が「0」でない場合(S140:NO)、S131の処理に移行する。一方、ジャックポットゲーム実行権ストックカウンタの値が「0」である場合(S140:YES)、本処理は終了される。

0194

上記構成によれば、通常ゲームでフリーゲームトリガーが成立した場合、フリーゲーム毎に、シンボル表示領域4に再配置された「FEATURE」シンボルの数に応じた回数分のジャックポット抽選を行い、ジャックポット抽選の結果得られたジャックポットゲームの実行権を実行権ストック領域にストックして行くことができる。そして、付与された回数分のフリーゲームが終了した後に、実行権ストック領域にストックした回数分のジャックポットゲームを連続して実行することができる。
従って、プレイヤーは、付与された回数分のフリーゲームが実行されるフリーゲーム期間中に、シンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが表示される毎にジャックポット抽選が行われていることは認識するが、ジャックポット抽選の結果は付与された回数分のフリーゲームが終了するまで不明の状態となる。その結果、フリーゲーム期間中に、シンボル表示領域4に表示された「FEATURE」シンボルの数に比例する回数分のジャックポットゲームへの期待感を、プレイヤーに持続させることを誘因することができる。

0195

また、RAM73のジャックポット記憶領域に、通常ゲームを実行するためにベットされたクレジットの一部を原資として累積記憶し、ジャックポットゲームでは、累積記憶した原資に基づいた配当額を決定するジャックポット配当決定テーブルに基づいた抽選を行う。従って、プレイヤーは、フリーゲーム期間中に、シンボル表示領域4に表示された「FEATURE」シンボルの数に比例する回数分のジャックポットゲーム、即ち、累積記憶した原資に基づいた配当が付与される可能性のあるジャックポットゲームへの期待感を、プレイヤーに持続させることを誘因することができる。

0196

[画面表示仕様]
次に、図35図36を参照して、スロットマシン1の画面表示仕様について説明する。

0197

〈通常時の画面表示仕様〉
先ず、図35を参照して、通常ゲーム時の画面表示仕様について説明する。

0198

図35に表されたように、通常ゲーム時の上側画像表示パネル131には、ジャックポット配当表示エリア401、イメージ402、及びインフォメーションエリア403が設けられる。ジャックポット配当表示エリア401には、各レベルのジャックポット配当(「GRAND」のジャックポット配当、「MAJOR」のジャックポット配当、「NINOR」のジャックポット配当、「MINI」のジャックポット配当、「CREDIT AWARD」の配当)の現在額が表示される。イメージ402には、ゲームのメインイメージが表示される。インフォメーションエリア403には、ゲームルールの簡単な説明やシンボルに対する配当額等が表示される。

0199

通常ゲーム時の下側画像表示パネル141には、上述したシンボル表示領域4に加え、CREDITメータ404、BETメータ405、WINメータ406、WAYS BET情報・BET情報やゲーム状態の表示領域407、HELPタッチボタン409、言語切り替えタッチボタン410、音量切り替えタッチボタン411、デノミ表示領域412が設けられる。CREDITメータ404には、残クレジット数が表示される。初期値は「0」である。つまり、RAM73に記憶されているクレジット数が表示される。BETメータ405には、現在のゲーム(または最終ゲーム)の総BET数が表示される。WINメータ406には、WINのTOTALクレジット数とWINの内訳が表示される。

0200

WAYS BET情報・BET情報とゲーム状態の表示領域407には、現在のゲーム(または最終ゲーム)のWAYS BET情報・BET情報が表示される。具体的には、現在、5段階のWAYS BET(WAYS BET1、WAYS BET2、WAYS BET3、WAYS BET4、WAYS BET5)の何れが選択されているかを表示する。また、表示領域407には、現在のゲームの状態が表示される。現在のゲームの状態がゲーム中であれば非表示である。現在のゲームの状態がゲームオーバーであれば「GAME OVER」が表示される。現在のゲームの状態がGAMBLE待ちであれば、「PLAY ON,GAMBLE or TAKEWIN」が表示される。

0201

HELPタッチボタン409は、プレイヤーがタッチすると、下側画像表示パネル141にHELP画面の1ページ目が表示される。ビデオリール3の回転中等、無効な間は、HELPタッチボタン409は暗くなる。

0202

言語切り替えタッチボタン410は、プレイヤーがタッチすると、表示語が英語又は中国語に切り替わる。言語切り替えタッチボタン410は、アドバタイズ中のみ有効であり、ビデオリール3の回転中等、無効な間は暗くなる。さらに、言語切り替えタッチボタン410では、AUDITの設定により、表示国旗が「英/中」「米/中」と変化する。また、言語切り替えタッチボタン410は、言語切り替えが「DISABLE」になっている場合は、PAYTABLEボタンとなり、HELP画面に配当表を表示させるボタンに変化する。

0203

音量切り替えタッチボタン411は、ゲーム音量を3段階で切り替える。音量切り替えタッチボタン411にプレイヤーがタッチするたびに、小→中→大→小→中……と切り替わる。デノミ表示領域412には、現在のデノミが表示される。

0204

〈HELP画面表示仕様〉
次に、図36を参照して、HELP画面表示仕様を説明する。

0205

図36に表された下側画像表示パネル141のように、HELP画面表示仕様では、上述したCREDITメータ404、BETメータ405、WINメータ406、WAYS BET情報・BET情報やゲーム状態の表示領域407が表示される。さらに、下側画像表示パネル141には、HELP画面413が確保されると共に、EXITタッチボタン414、PREV.タッチボタン415、NEXTタッチボタン416、デノミ表示領域412が表示される。

0206

EXITタッチボタン414は、プレイヤーがタッチすると、下側画像表示パネル141がHELP画面413から抜けて通常ゲーム画面(図23参照)に戻る。PREV.タッチボタン415は、プレイヤーがタッチすると、HELP画面413での表示ページが1ページ戻る。NEXTタッチボタン416は、プレイヤーがタッチすると、HELP画面413での表示ページが1ページ進む。

0207

〈フリーゲーム時の画面表示仕様〉
次に、図37を参照して、フリーゲーム時の画面表示仕様について説明する。
図37に示すように、フリーゲームでは、下側画像表示パネル141の右下画面に、フリーゲームカウンター452を表示する。フリーゲームカウンター452は、付与された総フリーゲーム数に対する現在のフリーゲーム数が表示される。例えば、付与された総フリーゲーム数が「5回」で、現在の実行しているフリーゲームが2回目であれば、フリーゲームカウンター452に「2 OF 5」と表示される。また、フリーゲームカウンター452には、現在フリーゲームが実行されていることを報知する「FREE GAME」のメッセージが表示される。また、現在ボーナスリールのプレイ中であることを報知する「BONUS REELS INPLAY」のメッセージも表示される。

0208

[WIN演出]
次に、図38図42を参照して、スロットマシン1のWIN演出について説明する。

0209

WIN演出とは、通常ゲームやフリーゲーム中にWINが発生した場合(入賞した場合)の演出である。即ち、シンボル表示領域4において、WAYS BETにより入賞判定の対象となった入賞領域に停止したシンボルが、第1列領域から第5列領域に架けて、所定数繋がって、シンボル組合わせテーブル(図20参照)により規定されているシンボルの組合せと一致した場合になされる演出である。

0210

〈WIN演出の流れ〉
先ず、図38に表されたように、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4において、全ビデオリール3が停止する。全ビデオリール3が停止すると、図38に表されたように、上側画像表示パネル131のイメージ402に、金看板421が表示される。金看板421では、獲得クレジットがインクリメント表示される。尚、金看板421における獲得クレジットのインクリメント表示は、下側画像表示パネル141のWINメータ406における表示とリンクさせる。

0211

下側画像表示パネル141では、当選したWINについてWIN演出が行われる。WIN演出は、先ず、「FEATURE」のシンボルが、第1列領域から第5列領域に架けて連続して3個以上停止された場合に行われ、次に、その他のシンボルの入賞に伴うWIN演出が行われる。このとき、WINアニメーションが用意されているシンボルについては、アニメーションによる演出が行われる。なお、入賞に関係ないシンボルは暗くして目立たないように演出する。

0212

例えば、図38に示すように、まず、星印のシンボルについて、WIN演出がなされる(点灯)。次に、図39に表されたように、上側画像表示パネル131のイメージ402に表示された金看板421において、獲得クレジットのインクリメント表示が継続される。下側画像表示パネル141では、WIN演出の表示順番を進ませる。ここでは、星印から黒丸のシンボルについて、WIN演出(点灯)の表示順番が進む。また、星印のシンボルと黒丸のシンボルの双方について、WINアニメーションが用意されている場合には、アニメーションによる演出が行われる。これに対して、「J」のシンボルは、WIN演出の表示順番ではなく、WINアニメーションが用意されていないので、そのままの停止状態にある。更に、図39に示すように黒丸からJのシンボルについて、WIN演出(点灯)の表示順番が進む。

0213

次に、図40に表されたように、上側画像表示パネル131のイメージ402に表示された金看板421において、トータルのWIN額を表示させる。獲得クレジットのインクリメント表示は終了される。下側画像表示パネル141では、当選したシンボルの表示を一周し終えたので、図40に示すように、金看板421を消して、配当の高い入賞順ループ表示がなされる。

0214

また、図41及び図42に示すように、同じ種類のシンボルが連続して出現した場合は、全てのシンボルについてアニメーション演出が行われる。この際、入賞に絡まないシンボルは暗くして目立たないような演出がなされる。

0215

〈WIN看板〉
ここでは、図43を参照して、WIN看板について説明する。

0216

図43の上段に表された金看板421は、そのゲームのTOTAL WIN額が、BET額の30倍未満の場合に上側画像表示パネル131に表示される。

0217

これに対して、インクリメント額がBET額の30倍を超えたときは、上側画像表示パネル131では、図43の下段に示すようにコインが降る演出を伴った金看板421に変化する(図43の金看板2参照)。つまり、上側画像表示パネル131では、最初に金看板421が表示され、その後コインが降る演出がなされる。そして、WINメータ406のインクリメント表示に合わせて、獲得クレジットが金看板421でインクリメントされる。

0218

〈3個以上の「FEATURE」シンボル出現時の効果音〉
ここでは、図44及び図45を参照して、3個以上の「FEATURE」シンボル出現時の効果音について説明する。図44及び図45は、本発明の実施形態に係るスロットマシンの3個以上の「FEATURE」シンボル出現時の効果音を説明する図である。

0219

シンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが3個以上出現したときは、専用のジリリリリ音が再生される。その再生のタイミングは、全リール停止後、30フレーム経過してからインクリメント開始までの3秒間である。ジリリリリ音が再生中は、シンボルアニメーションとLINE WINの表示、インクリメント表示は止められる。

0220

本発明の実施形態では、図44に表されたように、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4において、全リール停止時に「FEATURE」のシンボルが、シンボル表示領域4に、3個以上出現したときは、そのときから30フレームの待ち時間が設定される。30フレームの待ち時間が経過すると、図45に表されるように、3個以上の「FEATURE」シンボル出現時の効果音として、「ジリリリリ」音が3秒間再生される。

0221

その3秒が経過すると、図45に表されたように、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4において、WINの演出が開始されるとともに、シンボルアニメーションが開始される。また、上側画像表示パネル131のイメージ402に金看板421が表示される。金看板421では、インクリメント表示が開始される。同時に、下側画像表示パネル141のWINメータ406でも、インクリメント表示が開始される。さらに、インクリメント音が開始される。その後は、上述したWIN演出の流れに移行する。

0222

[ジャックポット配当獲得演出]
次に、図46を参照して、ジャックポット配当を獲得した際の演出について説明する。
ジャックポットゲームにおいて、ジャックポット配当を得た場合、上側画像表示パネル131のジャックポット配当表示エリア401において、獲得したレベルのジャックポット配当欄が点滅する。例えば、「GRAND」のジャックポット配当を獲得した場合、図46に示すように、「GRAND」のジャックポット配当欄が点滅する。また、図46に示すように、下側画像表示パネル141には、付与されたジャックポット配当額が表示される。その後、付与されたジャックポット配当額が、CREDITメータ404に加算される。その後、ジャックポット配当表示エリア401の付与されたジャックポット配当欄の配当額は、初期値に戻って表示される。

0223

[フリーゲーム導入演出]
次に、図47図49を参照して、スロットマシン1のフリーゲームへ移行する際の演出について説明する。

0224

図47に示すように、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4において、3個以上の「FEATURE」シンボルが出現したときは、上述したように、効果音であるジリリリリ音が再生される。次に、図47に表されたように、上側画像表示パネル131のイメージ402に金看板421が表示される。

0225

次に、上述したS101の固定シンボル及びフリーゲーム数選択処理で実行される演出が下側画像表示パネル141に表示される。具体的には、図48に示すように、下側画像表示パネル141に、5種類のシンボル図柄に対応させた5つのアイコン310(「GOURD」アイコン311、「TURTLE」アイコン312、「FISH」アイコン313、「DRAGON」アイコン314、「MAN」アイコン315)を表示する。この5つのアイコン310には、フリーゲーム中にシンボル表示領域4に停止したシンボルをシンボル表示領域4に逐次固定していく対象となる固定シンボルの種類、及び、フリーゲームの実行回数が対応付けられている。そして、下側画像表示パネル141に、プレイヤーに対して、「アイコン310を1つ選択して下さい。」、「フリーゲーム中は、選ばれたシンボルが出現すると、フリーゲーム終了時まで固定されます。」との内容のメッセージを表示する。そして、図48に示すように、プレイヤーが、下側画像表示パネル141に表示されたアイコン310を、タッチパネル114を介して選択すると、選択したアイコン310に対応するシンボルを固定シンボル210として、目立つように発光して表示する。なお、選択されなかったアイコン310に対応するシンボルは、暗いグレー表示がされる。その後、図49に示すように、下側画像表示パネル141にフリーゲームの回数を表示(5 FREE GAMES)し、「PRESS THEBUTTON」のメッセージを表示し、スピンボタン49の入力待ちとなる。

0226

[フリーゲーム中の固定シンボルの固定演出]
次に、図49図50を参照して、スロットマシン1のフリーゲーム中の固定シンボル210の固定演出について説明する。

0227

図49に示すように、上述したS101の固定シンボル及びフリーゲーム数選択処理によって、固定シンボル210が選択され、フリーゲームが始まる。そして、フリーゲームでは、各ビデオリール3がスクロール表示され、スクロール中、固定シンボル210は視認しやすいようにエフェクト表示される(図49参照)。その後、図50に示すように、シンボル表示領域4にシンボルが再配置される。この際、WAYS BETにより有効となった入賞領域に、固定シンボル210が停止している場合には、固定シンボル210を停止した入賞領域に、フリーゲームが終了するまで固定表示する。そして、固定シンボル210を停止した入賞領域に固定した状態で、次のフリーゲームが実行され、シンボル表示領域4にシンボルが再配置される。この際、図50に示すように、固定シンボル210が停止している場合には、更に、固定シンボル210を停止した入賞領域に、フリーゲームが終了するまで固定表示する。このようにフリーゲームを繰り返す毎に(付与された総フリーゲームが終了するまで)、WAYS BETにより有効となった入賞領域に、固定シンボル210が停止している場合には、累積的に固定シンボル210が入賞領域に固定され、当該固定シンボル210を含む組み合わせによって構成される入賞(配当)が成立し易い状態になる。

0228

[フリーゲーム中の背景演出]
次に、図51を参照して、フリーゲーム中に実行される背景演出について説明する。
フリーゲーム中に、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4に「FEATURE」シンボルが停止し、且つ、図51に示すように、ランダム抽選に当選した場合、下側画像表示パネル141の枠141Aが氷でどんどん画面中央に向かって固まっていくステップアップ演出がなされる(小演出から大演出までの複数の演出映像が段階的に表示される)。この際は、更に、吹雪の演出を入れてジャックポットゲームへ移行する期待度を高める。なお、このステップアップ演出は、フリーゲーム中に停止した「FEATURE」シンボルの数に応じて小演出から大演出までの演出映像を段階的に表示する場合もあれば、フリーゲーム中に停止した「FEATURE」シンボルの数に関係なくステップアップ演出が実行される場合もあり、全体的な期待度の示唆となる。これにより、ジャックポット抽選によるジャックポットゲームの実行権が付与へのプレイヤーの期待感を高めることができる。より具体的には、ジャックポット抽選に伴い複数の演出映像が段階的に表示されるステップアンプ演出がなされる場合があることから、これを見たプレイヤーに対して、ジャックポット抽選が今まさに行われているという実感を与え、更には、ジャックポット抽選に当選(ジャックポットゲームの実行権が付与)しているかもしれないという期待感を付与することができる。
前述した下側画像表示パネル141の枠141Aから中央に向かって段階的に氷結させるステップアップ演出で表示される全体的な期待度の示唆とは、前述した図29で説明した「FEATURE」シンボルの氷結による示唆とは次のような点で異なる。すなわち、「FEATURE」シンボルの氷結は、シンボル表示領域4に表示された「FEATURE」シンボル(特定シンボル)が氷結されることで、ジャックポット抽選が、その「FEATURE」シンボルに基づいて、正に実行されたことを示すもので、抽選の実行を示唆するものである。一方、段階的に氷結させるステップアップ演出で表示される全体的な期待度の示唆とは、最終的にジャックポット当選の表示である、本実施例におけるレインボーの表示に近づいていることの経過を示す示唆である。本実施例では、図51に示すように、シンボル表示領域を覆わないように、枠部分のみの領域を利用して、RANK1〜RANK3を経て、RANK4でレインボー表示がなされるように表示されるが、「FEATURE」シンボルの氷結が表示される度に、枠部分での領域を用いて氷結領域ランクアップ、つまり、氷結領域の拡大がなされるかどうかの決定はランダムに決定されるもので、「FEATURE」シンボルの氷結が表示されたからといって、必ず氷結領域がラックアップされるものではない。このような演出にしているのは、ランクアップ演出がゲーム結果に関連する全体的な期待度の示唆を目的としているという理由による。
さらに、本実施形態では、氷結領域が漸次に拡大し、最終的にジャックポット当選を表示するゴールとなるようなレインボー表示が段階的に表示されるようにしているが、このような演出に限定されることなく、最終的にジャックポット当選に近づいているような継時的継続性のある演出表示であれば、どのような映像を用いた演出であっても適用可能である。例えば、ジャックボット当選が、配当の大きさの異なる複数ランクの当選種類が予め設定されていたとした場合、そのランクの当選種類の文字が漸次に視認可能なように遮蔽状態から非遮蔽状態への移行するようなランクアップ演出も想定できるし、特定のキャラクタがゴールに向かってランクアップの度に近づいているような表示演出に変更することも可能であるのは、勿論である。

0229

[確定演出]
ジャックポット抽選に当選した場合には、ジャックポット確定演出(ボーナスゲーム確定演出)を実行するか否かを決定する確定演出決定抽選を行い、確定演出決定抽選の結果、ジャックポット確定演出を実行することに決定した場合、図51に示すように、下側画像表示パネル141の枠141Aにレインボーを表示して、ジャックポット抽選に当選したことを示唆するジャックポット確定演出がなされる。なお、ジャックポットゲーム確定演出が実行されるタイミングとしては、ジャックポットゲーム確定演出を実行することに決定してから、後述するジャックポットゲーム処理の当選演出処理(S137)で、合計3個が選択されたジャックポット配当のレベルアイコンに対応するインジケータ241〜245の枠が点灯し、獲得したジャックポット配当のレベルがアピールされるまでの期間の何れかのタイミングであればよい。

0230

上記構成によれば、ジャックポットゲームの実行権が付与された際に実行される確定演出決定抽選の結果、ジャックポットゲーム確定演出を実行することに決定してから、最終的にジャックポットゲームで付与される配当額が下側画像表示パネル141に表示されて、プレイヤーが具体的な配当額を知るまでの期間の何れかのタイミングで、下側画像表示パネル141にジャックポットゲームの実行権が付与されたことをアピールするジャックポットゲーム確定演出がなされる。
これによれば、プレイヤーは、最終的にジャックポットゲームで付与される配当額を知るより前の段階で、ジャックポットゲームの実行権が付与されていることを知ることができる。このため、ジャックポットゲーム確定演出がなされた場合、ジャックポットゲームの実行権が付与されるか否かに対する期待感から、ジャックポットゲームで付与される具体的な配当額に対する期待感へプレイヤーを誘因することができる。

0231

[フリーゲーム終了時の演出]
次に、図52図55を参照して、スロットマシン1のフリーゲーム終了時の演出について説明する。

0232

図52に表されたように、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4において最終スピンが終了したら、下側画像表示パネル141のフリーゲームカウンター452では、フリーゲームが終了されたことを示す「5 of 5」が表示される。下側画像表示パネル141に金看板421が表示される。但し、獲得クレジットがゼロの場合には、金看板421が表示されない。

0233

その後、図53に示すように、下側画像表示パネル141において、氷に覆われる演出がなされる。そして、ジャックポット抽選に当選している場合には、図54に示すように、氷が中央から割れる演出がなされる。一方、ジャックポット抽選に当選していない場合は、図55に示すように、下側画像表示パネル141に、暗転映像を表示する。そして、下側画像表示パネル141のシンボル表示領域4上から金看板421が消えると、通常ゲームの画面に移行する。

0234

[リトリガー演出]
ここでは、図56図58を参照して、S114においてリトリガーが成立した場合に実行されるリトリガー演出について説明する。

0235

フリーゲーム中に、「FEATURE」のシンボルが、WAYS BETにより有効となった領域とは関係なく、第1列領域から第5列領域に架けて連続して3個以上停止された場合、図56に示すように、下側画像表示パネル141に、「RETRIGGER」のメッセージを表示する。そして、図57に示すように、下側画像表示パネル141のフリーゲームカウンター452の値に、リトリガー時に追加されるフリーゲーム数(本実施形態では3回分)を加算する。例えば、図57に示すように、フリーゲーム時にリトリガーした場合、フリーゲームカウンター452の値が「5 OF 5」であれば、追加されるフリーゲーム数の「3回分」が加算され、「5 OF 8」の値が表示される。

0236

なお、図58に示すように、固定シンボル210の下に「FEATURE」シンボルが停止してリトリガーした場合、演出効果音と同時に、固定シンボル210の下側に再配置された「FEATURE」シンボルが、固定シンボル210の上側に表示され、「FEATURE」シンボルが3個以上再配置されたことに伴うアニメーション演出がなされる。その後、固定シンボル210が、再度「FEATURE」シンボルの上側に表示される。この際、固定シンボル210を含む組み合わせが入賞している場合には、入賞演出を行う。その後、「FEATURE」シンボルが固定シンボル210の上側に表示される演出と、固定シンボル210が「FEATURE」シンボルの上側に表示される演出とが、所定時間繰り返される。

0237

[WIN演出:固定シンボルを伴う場合]
図59に示すように、フリーゲームにおいて、シンボル表示領域4に複数のシンボルが再配置された結果、固定シンボル210を含む組み合わせには配当(入賞)がなく、固定シンボル210の下に再配置されたシンボル211の組み合わせに配当(入賞)がある場合、入れ替えエフェクトとともに、固定シンボル210の下側に再配置されたシンボル211が、固定シンボル210の上側に表示され、WIN演出が実行される。なお、配当が付与されない固定シンボル210は、WIN演出終了までシンボル211の下側に配置されたままになる。

0238

図60に示すように、フリーゲームにおいて、シンボル表示領域4に複数のシンボルが再配置された結果、固定シンボル210を含む組み合わせに配当(入賞)があり、固定シンボル210の下に再配置されたシンボル211の組み合わせにも配当(入賞)がある場合、配当の高い入賞順にWIN演出がなされる。例えば、固定シンボル210の組み合わせに基づく入賞の方が、シンボル211の組み合わせに基づく入賞よりも配当が高い入賞である場合、固定シンボル210の組み合わせに基づくWIN演出がなされ、その後、入れ替えエフェクトとともに、固定シンボル210の下側に再配置されたシンボル211が、固定シンボル210の上側に表示され、シンボル211の組み合わせに基づくWIN演出が実行される。

0239

図61に示すように、フリーゲームにおいて、シンボル表示領域4に複数のシンボルが再配置された結果、固定シンボル210を含む組み合わせに配当(入賞)があり、固定シンボル210の下に再配置されたシンボル211の組み合わせにも配当(入賞)がある場合、配当の高い入賞順にWIN演出がなされる。例えば、固定シンボル210の組み合わせに基づく入賞の方が、シンボル211の組み合わせに基づく入賞よりも配当が低い入賞である場合、シンボル211の組み合わせに基づくWIN演出が実行され、その後、入れ替えエフェクトとともに、シンボル211の下側に再配置された固定シンボル210が、シンボル211の上側に表示され、固定シンボル210の組み合わせに基づくWIN演出が実行される。

0240

図62に示すように、フリーゲームにおいて、シンボル表示領域4に複数のシンボルが再配置された結果、固定シンボル210を含む組み合わせに配当(入賞)があり、固定シンボル210の下に再配置されたシンボル211の組み合わせにも配当(入賞)がある場合、配当の高い入賞順にWIN演出がなされる。例えば、固定シンボル210の組み合わせに基づく入賞の方が、シンボル211の組み合わせに基づく入賞よりも配当が低い入賞である場合、固定シンボル210の下側に再配置されたシンボル211が、固定シンボル210の上側に表示され、シンボル211の組み合わせに基づくWIN演出が実行される。その後、入れ替えエフェクトとともに、シンボル211の下側に再配置された固定シンボル210が、シンボル211の上側に表示され、固定シンボル210の組み合わせに基づくWIN演出が実行される。

0241

上記のように、固定シンボル210が固定されていたとしても、配当が付与されるシンボルの組み合わせを最優先して、シンボル表示領域4に表示することができる。

0242

また、固定シンボル210を含むシンボルの組み合わせが、配当が付与される組み合わせであって、且つ、固定シンボル210の位置に再配置されたシンボル211を含むシンボルの組み合わせが、配当が付与される組み合わせである場合、両方のシンボルの組み合わせを表示することができる。

0243

[ジャックポット抽選当選表示]
図63に示すように、通常ゲーム中、及び、フリーゲーム中に、ジャックポット抽選に当選した場合、上側画像表示パネル131の左下に、ジャックポット抽選において当選したことを報知する「JACKPOTCHANCE FEATURE TRIGGERED」というメッセージを表示する。このメッセージは、通常ゲーム中であれば、通常ゲームが終了するまで表示され、フリーゲーム中であれば、全てのフリーゲームが終了するまで表示される。このような構成によれば、ジャックポットゲームの実行権が付与されたことを、プレイヤーに知らせることができる。

0244

[ジャックポットゲーム導入演出]
次に、図64図71を参照して、ジャックポットゲーム処理の際の演出について説明する。

0245

まず、図64に示すように、下側画像表示パネル141において、氷が中央から割れる演出がなされ、氷の宮殿が現れるアニメーションが表示される。また、ジャックポットゲームに移行したことを知らせる看板を表示する。

0246

次に、図65に示すように、下側画像表示パネル141に15個のアイスキューブ221を表示します。

0247

次に、図66に示すように、下側画像表示パネル141に、プレイヤーにアイスキューブ221を選択することを促す看板を表示する。また、「GRAND」インジケータ241、「MAJOR」インジケータ242、「MINOR」インジケータ243、「MINI」インジケータ244、「CREDIT AWARD」インジケータ245には、各レベルのジャックポット配当の現在額が表示される。

0248

図66に示すように、コントロールパネル30の各ボタンを操作して、アイスキューブ221を選択する選択カーソルを表示し、アイスキューブ221の番号1〜15まで順番に選択カーソルを移動させることができる。

0249

図67に示すように、プレイヤーが一つのアイスキューブ221を選択したら、選択したアイスキューブ221に対応するレベルアイコンが表示される。例えば、図67に示すように、番号1のアイスキューブ221がプレイヤーによって選択された場合、番号1のアイスキューブ221に対応付けられた「GRAND」アイコン231を表示する。その後、図67に示すように、表示した「GRAND」アイコン231を「GRAND」インジケータ241に移動させる演出表示をする。

0250

図68に示すように、上記アイスキューブ221の選択を繰り返し、アイスキューブ221に対応するレベルアイコンを、当該レベルアイコンに対応するインジケータ241〜245に格納していく。そして、図68に示すように、同じ種類のジャックポット配当のレベルアイコンは、対応するインジケータ241〜245に合計3個になるまで格納されていく。

0251

図68に示すように、同じ種類のジャックポット配当のレベルアイコンが、対応するインジケータ241〜245に合計3個になるまで格納された場合、合計3個が選択されたジャックポット配当のレベルアイコンに対応するインジケータ241〜245の枠が点灯し、獲得したジャックポット配当のレベルをアピールする。例えば、図68に示すように、「GRAND」アイコン231が合計3個選択された場合、「GRAND」インジケータ241の枠が点灯し、「GRAND」のジャックポット配当を獲得したことをアピールする。そして、図69に示すように、下側画像表示パネル141にWIN看板251が表示される。

0252

その後、図69に示すように、暗転映像を表示する。そして、ジャックポット抽選に当選していない場合は、通常ゲームの画面に移行する。

0253

一方、更に、ジャックポット抽選に当選している場合は、図70に示すように、氷が中央から割れる演出がなされ、氷の宮殿が再度現れるアニメーションが表示される。この際、ジャックポットゲームが連続して実行されたことを報知する「ADDITIONALJACKPOTCHANCE」のメッセージが、下側画像表示パネル141に表示される。その後、下側画像表示パネル141に15個のアイスキューブ221を表示し、図66移行のジャックポットゲーム導入演出がなされる。この際、下側画像表示パネル141には、「ADDITIONAL JACKPOT CHANCE」のメッセージが表示され続ける(図71参照)。

0254

[ボタン先読み仕様]
次に、図72を参照して、スロットマシン1のボタン先読み仕様について説明する。ボタン先読み仕様とは、通常ゲーム中において、リール回転終了直前から次ゲームの開始入力を受付することでスムーズに次のゲームを開始する機能をいう。

0255

具体的に説明すると、図72に示すように、リール回転中から4リール目まで停止する。そして、5リール目が沈み込みきってから、バウンド終了の間に、スピンボタン49を押しておくと、5リール目が停止したときに、最速で次ゲームのスピンが始まる。尚、最速で次ゲームのスピンが開始されるだけであり、何かの処理や演出をスキップすることはない。

0256

先読み機能の有効/無効について、通常ゲーム中の、ウィンが発生しなかったゲームでのみボタン先読みが有効となる。ウィンが発生するゲームでは、先読み機能は無効である。オーディットの設定により、先読み機能の有効/無効が変化する。即ち、セッティングハードウエアセッティング>コントロールパネルタイプの優先順位で変化する。通常は、先読み機能が有効である。USAの場合は、先読み機能が無効である。

0257

残クレジットが次ゲームを開始するのに十分な額ある場合のみボタン先読み機能が有効となる。例えば、現在選択されているベットが50及び残クレジット額が25の場合は、スピン先読み機能が無効である。また、現在選択されているベットが50及び残クレジット額が100の場合は、スピン先読み機能が有効である。

0258

先読みが有効な間は、対応したボタンLEDが点灯する。スピンの先読みが有効な場合はスピンボタンが点灯する。

0259

(ボタン先読み処理:リールスキップ機能との共存
図73に示すように、先読み機能のボタンがリールスキップ用ボタンと被っているため、リールスキップ可能期間と先読み入力可能期間を分けている。リールスキップ可能期間は、リールスキップ機能として作動する。入力可能期間は、次ゲームの先読み機能として作動する。図60に示すように、同一ゲーム内でリールスキップが行われた場合、そのゲームでは先読み機能を無効にする。この理由は、スキップのためにボタン二度押しした場合、直ぐに次のゲームに進んでしまわないためである。

0260

表示画面:RESERVE画面)
図74に示すRESERVE画面は、席を離れたりする際にしばらくの間、スロットマシン1を待機状態にするボタンであるRESERVEボタン31が押された場合に表示される画面である。RESERVEボタン31が押されると、図74に示すように、下側画像表示パネル141に「RESERVED」というメッセージと残り時間が表示される。

0261

[WINメータ情報表示]
次に、図75を参照して、スロットマシン1のWINメータ情報表示について説明する。図75は、本発明の実施形態に係るスロットマシンのWINメータ情報表示を説明する図である。

0262

図75に表されたように、WINメータ406には、WIN総額表示領域406A、明細表示領域406B、及び合計表示領域406Cが設けられる。

0263

WIN総額表示領域406Aは、WINクレジットと金額を表示する。インクリメントが表示される時は、win increment speedシートの基準に従う。すなわち、WIN総額表示領域406Aでは、そのゲームサイクル中(または前のゲームサイクル)に獲得したクレジット数が表示される。1つのゲームサイクル中に複数回クレジットを獲得した場合、順次に加算される。例えば、通常ゲーム中にフリーゲームをトリガーし、通常のWIN 20とボーナスWIN 100をプレイヤーが獲得したら、「0」から「120」にインクリメント表示される。その後、フリーゲーム中に「200」の配当をプレイヤーが獲得したら、「120」から「320」にインクリメント表示される。次のゲームサイクルが始まるか、GAMBLEで敗したら、「0」が表示される。一方、GAMBLEで勝利したら、インクリメントは行われず、即座に2倍の表示額となる。

0264

明細表示領域406は、通常ゲーム中やフリーゲーム中のWINに関する。第5リールが停止後に、WINクレジットが表示される。配当が同時に複数発生した場合には、0.5秒単位に切り替えて表示される。配当は、配当額の小さい方から順番に表示され、一番大きな配当の入賞まで表示されたら、再度配当額の小さいものから表示される。すなわち、明細表示領域406では、今回のスピンで獲得したクレジットの明細が表示される。複数の要素(別ラインSCATTER)がある場合は、0.5秒で切り替え表示される。

0265

合計表示領域406Cでは、WIN総額表示領域406Aにおけるインクリメントが完了したら、明細表示領域406の合計が表示される。但し、WIN総額表示領域406Aにおけるインクリメントが完了するまでは非表示とされる。すなわち、合計表示領域406Cでは、今回のスピンで獲得したクレジットの合計が表示される。但し、WIN総額表示領域406Aにおけるインクリメントが終了してから合計値が表示される。

0266

[GAMBLE仕様]
次に、図76図82を参照して、スロットマシン1のGAMBLE仕様について説明する。図76図82は、本発明の実施形態に係るスロットマシンのGAMBLE仕様を説明する図である。

0267

先ず、図76に表された下側画像表示パネル141は、入賞(WIN)が成立すると、図77に表された下側画像表示パネル141となる。つまり、GAMBLE画面が表示されるとともに、「PLAY ON,GAMBLE or TAKEWIN」のメッセージが下側画像表示パネル141から消去される。その一方で、「SELECT RED OR BLACKOR TAKE WIN」のメッセージが下側画像表示パネル141に表示される。

0268

次に、図78に表された下側画像表示パネル141では、「GAMBLE AMOUNT」としての賭ける額が、下側画像表示パネル141に表示される。ここで、プレイヤーは、「RED」又は「BLACK」を選択する。この選択が成功の場合には、下側画像表示パネル141は、後述する図81に表された下側画像表示パネル141となる。これに対して、この選択が失敗の場合には、下側画像表示パネル141は、図79に表された下側画像表示パネル141となる。尚、プレイヤーが「TAKEWIN」を選択した場合には、下側画像表示パネル141では、WINの値がクレジットにすぐに加算され、アイドル状態に戻る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ジェッターの「 遊技機とメダル補給路との接続構造」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】 遊技場におけるメダルを用いた遊技機の交換作業において、遊技機の設置台上での前後移動操作のみで遊技機とメダル補給路との接続のON/OFFが自動的に行えるようにするとともに、所定位置に設置され... 詳細

  • サミー株式会社の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】有利区間表示器を利用して、遊技者が遊技を継続するか否かの判断材料を提供する。【解決手段】ストップスイッチの正解押し順を報知するATを実行可能な有利区間と、有利区間であることを示す有利区間表示L... 詳細

  • サミー株式会社の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】有利区間表示器を利用して、遊技者が遊技を継続するか否かの判断材料を提供する。【解決手段】ストップスイッチの有利な操作態様(正解押し順)を報知可能な有利区間と、有利区間であることを示す有利区間表... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ