図面 (/)

技術 揚荷装置

出願人 宇部興産海運株式会社清和工業株式会社
発明者 増田勝美當銘勲
出願日 2016年11月11日 (2年10ヶ月経過) 出願番号 2016-220650
公開日 2017年2月2日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2017-024723
状態 特許登録済
技術分野 船体構造
主要キーワード 縦型スクリュー 手動制御装置 フローコンベヤ 斜面板 フローコンベア 分配タンク 空気供給弁 送り管
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年2月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

損傷時復原性を向上させ且つ船倉から粉粒体を安定的に揚荷する。

解決手段

荷装置100は、粉粒体運搬船1に設けられ、粉粒体等の貨物垂直方向移送するバケットエレベータ110と、バケットエレベータ110と接続され、粉粒体等をバケットエレベータ110の下端側に向かって水平方向に移送するフローコンベヤ120と、ホールド2内の粉粒体をフローコンベヤ120に向けて移送するエアスライダ141及び山型の粉粒体溜まり防止142とを備える。粉粒体溜まり防止の傾斜面の上面には、エアスライダ421が設けられている。

概要

背景

セメントフライアッシュタンカル、スラグクリンカー穀物等の粉粒体貨物運搬する貨物運搬船として、例えば下記特許文献1に開示されている粉体輸送船が知られている。この粉体輸送船は、船底構造として、複数に区画された船倉内の底部中央の粉体導入路に向けて布材を備えた傾斜部を有し、この布材の底部から圧縮空気を吹き出すことで流体流動性を確保し粉体導入路に搬送する構造を備えている。

圧縮空気によって粉体導入路に導かれた粉体は、粉体導入路に設けられた搬送コンベヤによって船体の前後方向に搬送され、垂直移送手段でセラーポンプまで搬送された上で揚荷される。これらのことから、この粉体輸送船は、区画された船倉、その船底構造や粉体導入路、搬送コンベヤなどにより構成された揚荷装置を有するといえる。

概要

損傷時復原性を向上させ且つ船倉から粉粒体を安定的に揚荷する。揚荷装置100は、粉粒体運搬船1に設けられ、粉粒体等の貨物を垂直方向に移送するバケットエレベータ110と、バケットエレベータ110と接続され、粉粒体等をバケットエレベータ110の下端側に向かって水平方向に移送するフローコンベヤ120と、ホールド2内の粉粒体をフローコンベヤ120に向けて移送するエアスライダ141及び山型の粉粒体溜まり防止142とを備える。粉粒体溜まり防止の傾斜面の上面には、エアスライダ421が設けられている。

目的

この発明は、上述した従来技術による問題点を解消し、損傷時復原性が良好で、且つ船倉から粉粒体を安定的に揚荷することができる揚荷装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

粉粒体を複数に区画された船倉内積載して運搬する粉粒体運搬船に設置され、前記船倉内から前記粉粒体を荷揚する揚荷装置であって、内部が水密となるように区画された前記船倉内から搬出された粉粒体を垂直方向移送する垂直移送手段と、前記船倉の底部に前記粉粒体運搬船の船体後方向に貫通するように配置されると共に前記垂直移送手段と接続され、前記船倉内の粉粒体を前記垂直移送手段の下端側に向けて水平方向に移送する水平移送手段と、前記船倉の底部に前記水平移送手段の両側に前記水平移送手段に沿って所定間隔で複数設けられると共に、堆積された粉粒体を前記水平移送手段に移送する船体幅方向に延びる第1のエアスライダと、前記第1のエアスライダに沿って前記第1のエアスライダの両側に設けられ前記第1のエアスライダに向かって傾斜する斜面板と、前記斜面板の傾斜面に堆積された粉粒体を払い落す第2のエアスライダと、前記第1のエアスライダ及び前記第2のエアスライダに空気を供給する空気配管及び複数の空気供給弁とを備え、前記第1のエアスライダ及び前記第2のエアスライダに空気を供給してエアレーションを行い、このエアレーションの制御によって前記第1のエアスライダから前記水平移送手段への前記粉粒体の流量を調整することを特徴とする揚荷装置。

請求項2

前記水平移送手段及び前記船倉内移送手段の接続部は、水密手段により閉塞可能に接続されていることを特徴とする請求項1記載の揚荷装置。

請求項3

前記第2のエアスライダは、前記斜面板の一部に形成された空気供給口と、この空気供給口に連通するように前記斜面板の上面に設けられた前記斜面板の長手方向に延び複数の空気供給孔を備えたエアチャンバと、前記エアチャンバ及び前記斜面板の上面を覆うキャンバスとを有することを特徴とする請求項1又は2記載の揚荷装置。

請求項4

前記垂直移送手段は、縦型バケットエレベータ又は縦型スクリューコンベヤからなり、前記水平移送手段は、フローコンベヤからなることを特徴とする請求項1〜3のいずれか一項記載の揚荷装置。

技術分野

0001

この発明は、セメントフライアッシュ炭酸カルシウムタンカル)、スラグクリンカー等の無機材の粉粒体貨物や、穀物等を含む有機材の粉粒体の貨物を搬送する粉粒体運搬船に適用可能な揚荷装置に関する。

背景技術

0002

セメント、フライアッシュ、タンカル、スラグ、クリンカーや穀物等の粉粒体の貨物を運搬する貨物運搬船として、例えば下記特許文献1に開示されている粉体輸送船が知られている。この粉体輸送船は、船底構造として、複数に区画された船倉内の底部中央の粉体導入路に向けて布材を備えた傾斜部を有し、この布材の底部から圧縮空気を吹き出すことで流体流動性を確保し粉体導入路に搬送する構造を備えている。

0003

圧縮空気によって粉体導入路に導かれた粉体は、粉体導入路に設けられた搬送コンベヤによって船体の前後方向に搬送され、垂直移送手段でセラーポンプまで搬送された上で揚荷される。これらのことから、この粉体輸送船は、区画された船倉、その船底構造や粉体導入路、搬送コンベヤなどにより構成された揚荷装置を有するといえる。

先行技術

0004

特開2002−356194号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記特許文献1に開示された従来技術の粉体輸送船では、揚荷装置を構成する粉体導入路が、複数の船倉を連通して船体の前後方向に延びる構造である。このため、損傷時復原性ダメージスタビティ:DS)が良好でないという問題がある。

0006

すなわち、例えば複数の船倉のうちの少なくとも1つに海水が浸入して浸水すると、粉体導入路を介して各船倉に海水が到達してしまい、全ての船倉が浸水してしまうので、船倉内に積み込んだ粉体が製品として扱えなくなると共に、損傷時復原性が良好でない。

0007

この発明は、上述した従来技術による問題点を解消し、損傷時復原性が良好で、且つ船倉から粉粒体を安定的に揚荷することができる揚荷装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明に係る揚荷装置は、粉粒体を複数に区画された船倉内に積載して運搬する粉粒体運搬船に設置され、船倉内から粉粒体を荷揚する揚荷装置であって、内部が水密となるように区画された船倉内から搬出された粉粒体を垂直方向に移送する垂直移送手段と、船倉の底部に粉粒体運搬船の船体前後方向に貫通するように配置されると共に垂直移送手段と接続され、船倉内の粉粒体を垂直移送手段の下端側に向けて水平方向に移送する水平移送手段と、船倉の底部に水平移送手段の両側に水平移送手段に沿って所定間隔で複数設けられると共に、堆積された粉粒体を水平移送手段に移送する船体幅方向に延びる第1のエアスライダと、第1のエアスライダに沿って第1のエアスライダの両側に設けられ第1のエアスライダに向かって傾斜する斜面板と、斜面板の傾斜面に堆積された粉粒体を払い落す第2のエアスライダと、第1のエアスライダ及び第2のエアスライダに空気を供給する空気配管及び複数の空気供給弁と、を備え、第1のエアスライダ及び第2のエアスライダに空気を供給してエアレーションを行い、このエアレーションの制御によって第1のエアスライダから水平移送手段への粉粒体の流量を調整することを特徴とする。

0009

また、水平移送手段及び船倉内移送手段の接続部は、水密手段により閉塞可能に接続されていても良い。また、第2のエアスライダは、斜面板の一部に形成された空気供給口と、この空気供給口に連通するように斜面板の上面に設けられた斜面板の長手方向に延び複数の空気供給口を備えたエアチャンバと、エアチャンバ及び斜面板の上面を覆うキャンバスとを有していても良い。また、垂直移送手段は、縦型バケットエレベータ又は縦型スクリューコンベヤ、水平移送手段は、フローコンベヤであっても良い。

発明の効果

0010

本発明によれば、損傷時復原性が良好で、且つ船倉から粉粒体を安定的に揚荷することができる。

図面の簡単な説明

0011

本発明の一実施形態に係る揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す側方断面図である。
同揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す上方平面図である。
同揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す幅方向断面図である。
同揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す幅方向拡大断面図である。
同揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の船底の構造を示す側断面図である。
図5のA−A´から見た拡大断面図である。
本発明の他の実施形態に係る揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す一部拡大断面図である。

実施例

0012

以下、添付の図面を参照して、この発明の実施の形態に係る揚荷装置を詳細に説明する。

0013

図1は、本発明の一実施形態に係る揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す側方断面図である。また、図2は、この揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す上方平面図である。図3は、この粉粒体運搬船の幅方向断面図、図4はその拡大断面図である。

0014

図1図4に示すように、揚荷装置100は、粉粒体運搬船1に設けられている。揚荷装置100は、例えば粉粒体運搬船1の船倉であるホールド2内に積載されたセメント、フライアッシュ、炭酸カルシウム(タンカル)、スラグ、クリンカー等の無機材の粉粒体や、穀物等を含む有機材の粉粒体等の貨物を垂直方向に移送する垂直移送手段のバケットエレベータ110を備える。

0015

また、揚荷装置100は、ホールド2の底部中央2cに粉粒体運搬船の船体前後方向に貫通するように配置されると共にバケットエレベータ110と接続され、粉粒体等の貨物をバケットエレベータ110の下端側に向かって水平方向に移送する水平移送手段のフローコンベヤ120を備える。

0016

更に、揚荷装置100は、ホールド2の底部2aに底部中央2cに向けて傾斜するように配置され、ホールド2内の粉粒体をフローコンベヤ120に向けて移送する船倉内移送手段140を備える。船倉内移送手段140は、船倉の底部のフローコンベア120の両側にフローコンベヤ120に沿って所定間隔で複数設けられると共に艙壁より一定の傾斜角度で船体の幅方向に延びて堆積された粉粒体をフローコンベヤ120に移送する払い落し移送手段であるエアスライダ141と、エアスライダ141の両側にエアスライダ141に沿って設けられた山型の粉粒体溜まり防止142とを備える。そして、これらフローコンベヤ120及びエアスライダ141の接続部には、接続部を水密に閉塞可能な水密抜出ゲート130がそれぞれ設けられている。

0017

山型の粉粒体溜まり防止142には、図5及び図6に示す通り、堆積された粉粒体をエアスライダ141に移送する払い落し手段として、エアスライダ141の両側の傾斜面のほぼ全面にエアスライダ421が設けられている。エアスライダ421は、圧縮空気を供給するための空気供給口211aを備えた斜面板211と、斜面板211の上面中央部に斜面板211の長手方向一杯に延びるように取り付けられ、空気供給口211aから供給された圧縮空気を分配するための空気供給孔212aを側面(又は側面と上面)に備えた矩形状のエアチャンバ212と、このエアチャンバ212と斜面板211の上面とを覆うように設けられ、圧縮空気を通し且つ粉粒体を通さない織布等から形成されたキャンバス213と、キャンバス213を斜面板211に固定する固定部214を備える。

0018

ここで、粉粒体運搬船1は、本例では船底を構成する船殻底板3の上に配置されたバラストタンク4と、このバラストタンク4の上板であるホールド2の底板4aとを備え、船首部6と船尾部7との間に、例えば船体前後方向に4つ、及び船体幅方向に2つずつ区画された8つのホールド2を備えている。これらホールド2は、隔壁2bにより船体の前後方向及び幅方向に水密状態で区画されている。

0019

粉粒体運搬船1の積込装置は、例えばホールド2内に積載する貨物(積荷)を上から粉粒体運搬船1に受け入れ受入エアスライド150を介して接続された中央分配タンク152と、この中央分配タンク152に接続された分配エアスライド153と、この分配エアスライド153から分岐するホールド積込部154などを備えて構成されている。

0020

中央分配タンク152は、船体の前後方向のほぼ中央に配置されている。分配エアスライド153は、中央分配タンク152から船首部7の方向及び船尾部8の方向に延び、且つ中央分配タンク152側からこれらの方向に傾斜して下がるように4つ設けられ、各ホールド2の上部に設けられたホールド積込部154と中央分配タンク152とを連結する。

0021

分配エアスライド153に連結されたホールド積込部154は、各ホールド2に対して設けられており、ホールド積込部154と分配エアスライド153との間に設けられたゲート155の開操作により、セメント等の粉粒体がホールド積込部154直下のホールド2内に落下し、積み込まれる。この際、粉粒体は流動化した状態でホールド2内に落下するので、積載表面はほぼ水平化される。

0022

なお、中央分配タンク152や分配エアスライド153等の構造は公知であるため、ここでは詳細な説明は省略するが、エアスライドは、例えばダクト内に傾斜したキャンバスを配置し、このキャンバスの下方から空気を供給して粉粒体を流動化させつつ移動させるものである。

0023

一方、図3に示すように、粉粒体運搬船1の揚荷装置100は、上述したようなホールド2の底板4aの上に設けられたエアスライダ取付底板5の上方に設けられた船倉内移送手段のホールド用のエアスライダ141と、各ホールド2の底部中央2cに設けられ、エアスライダ141によりホールド2内を船体の幅方向に水平方向に移送されてきた粉粒体を、船体の前後方向に移送するフローコンベヤ120と、例えばフローコンベヤ120の船首部6側の端部と接続され、その下端側からフローコンベヤ120により移送されてきた粉粒体を垂直方向に移送するバケットエレベータ110とを備える。

0024

また、揚荷装置100は、バケットエレベータ110の近傍において、例えば船体の幅方向に複数配置されたセラーポンプ160と、これらセラーポンプ160とバケットエレベータ110の上端側とを接続するセラーポンプ160への送り管161と、セラーポンプ160内の粉粒体を揚荷するための輸送管(揚荷管)162とを備えて構成されている。

0025

エアスライダ取付底板5は、ホールド2内からの粉粒体の漏れや底板4a側からの海水の浸入等がないように、水密構造でホールド2の底部2aの全面に設置されている。エアスライダ421及び141は、底板4aとエアスライダ取付底板5との間の空間部に配置された、空気配管149や図示しない複数の空気供給弁(エアスライダ弁)を備えて構成されている。

0026

空気配管149から供給される空気は、空気供給弁を介してエアスライダ421の、斜面板211及びキャンバス213によって形成される空間内と、エアスライダ141のエアスライダボックス411内とに供給され、エアスライダキャンバス213及び412を通してホールド2内に吹き出される。エアスライダ421に供給された圧縮空気は、キャンバス213を膨らませると共に、キャンバス213の全体から吹き出されるので、斜面板211に滞留された粉粒体の居付きがなくなり、粉粒体をエアスライダ141へ効率良く掻き出すことができる。また、空気は、空気供給弁の少なくとも一部に接続された複数のエアレーション弁を介してホールド2内に供給される。エアレーション弁は、ホールド2内のエアレーション圧力を調整するためのものである。

0027

なお、フローコンベヤ120とエアスライダ141との接続部には、エアスライダ141からの粉粒体をフローコンベヤ120に抜き出すための水密手段である水密抜出ゲート130が配置されている。水密抜出ゲート130は、電動式又は空動式のシリンダを有するナイフゲートバルブバタフライバルブ等により構成されている。

0028

エアスライダ141は、ホールド2の船体側面側の隔壁2b側から水密抜出ゲート130の方へ僅かに傾斜して下がるように配置されているので、流動化されたホールド2内の粉粒体を水密抜出ゲート130の方向へ移送させる。水密抜出ゲート130は、図示しない自動制御装置又は手動制御装置により閉操作されることで、ホールド2内のエアスライダ141とフローコンベヤ120との接続部を水密に閉塞する。これにより、各ホールド2はそれぞれ水密に区画される。

0029

このように構成された本実施形態に係る揚荷装置100は、フローコンベヤ120によって各ホールド2が船体の前後方向に連通されていても、水密抜出ゲート130によりフローコンベヤ120とエアスライダ141とを水密にすることができる。従って、ホールド2のいずれかに海水が浸入しても、水密抜出ゲート130を閉操作することにより他のホールド2内への浸水を防ぐことができる。これにより、損傷時復原性を向上させることができる。また、フローコンベヤ120、エアスライダ141及びバケットエレベータ110等は既存の構造のものを利用して、水密抜出ゲート130及び粉粒体溜まり防止142のみを新規に設置するだけで揚荷装置100を実現することができるので、安価に構成することができる。

0030

また、本実施形態に係る揚荷装置100は、傾斜面にエアスライダ421を備えた粉粒体溜まり防止142をホールド2内に設けており、従って払い出しが容易となるため、船倉から粉粒体を安定的に揚荷することが可能となる。しかも、このエアスライダ421は、既存の山型の鋼板製の斜面板211に、空気供給口211aを形成し、空気圧縮口211aを覆うように斜面板211の上にエアチャンバ212を設け、その上をキャンバス213で覆う構造となっており、斜面板211の下側には、圧縮空気導入用配管が少なくとも1箇所で接続するだけの構造となっている。このため、斜面板211の下側からの水密性を確保することができ、これによっても海水の進入を防止することができる。

0031

なお、バケットエレベータ110の代わりに、縦型スクリューコンベヤ等の垂直移送手段を採用したり、フローコンベヤ120としてチェーンコンベヤ横型スクリューコンベヤ等を採用することも可能である。また、水密抜出ゲート130をその開度に応じて粉粒体のフローコンベヤ120への流量を調整する流量調整弁として動作させたり、エアスライダ141のエアレーションを制御してこの流量を調整したりすることも可能である。

0032

また、本実施形態に係る揚荷装置100によれば、水密抜出ゲート130の構造をナイフゲートバルブ等の既存の水密手段により構成し、ゲートの開口形状を矩形状、円形状など種々の形状で構成することができるので、フローコンベヤ120とエアスライダ141との接続部分にこれらの接続のためのデッドスペースが不要となり、より簡単な構造で損傷時復原性を向上させる揚荷装置100を実現することができる。

0033

図7は、本発明の他の実施形態に係る揚荷装置を適用した粉粒体運搬船の構造を示す一部拡大断面図である。図7に示すように、本実施形態では、エアスライダ422を構成するエアチャンバ312が矩形ではなく、半円筒状になっている。このようなエアチャンバ312を用いた場合、先の実施形態と同様の効果を有する他、強度的にも強いという効果がある。

0034

このような構成により、少ない改変で、斜面板211の下側からの水密性を確保することができ、且つ、粉粒体の効率の良い掻き出しが可能になる。

0035

1粉粒体運搬船
2船倉(ホールド)
2a 底部
2b隔壁
3船殻底板
4バラストタンク
4a 底板
5エアスライダ取付底板
6船首部
7船尾部
100 揚荷装置
110バケットエレベータ
120フローコンベヤ
130抜出ゲート
140船倉内移送手段
141 エアスライダ
142粉粒体溜まり防止
211斜面板
212エアチャンバ
213キャンバス
214 固定部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社昭和冷凍プラントの「 漁獲物保冷容器」が 公開されました。( 2019/07/22)

    【課題】漁船の魚倉に収容された漁獲物の環境を保持したまま荷揚げを行い、さらにそのまま流通させることが可能な漁獲物保冷容器を提供する。【解決手段】漁船に設けられた魚倉に着脱可能に設置される漁獲物保冷容器... 詳細

  • 洋伸建設株式会社の「 作業用台船」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】遮水シートの海面からの引揚げ作業や、溶着後の遮水シートを海面、あるいは設置場所に戻す作業を容易にできる作業用台船を開発・提供するものである。【解決手段】沈下した状態で遮水シートを台船上に引揚げ... 詳細

  • 株式会社新来島どっくの「 船舶ブロック継手溶接不具合箇所マーキング方法」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】 船舶建造において高所に位置する継手溶接の不具合箇所の検査にドローンのごとき無人航空機を使用して不具合の程度と不具合位置を判別し、さらに、その不具合箇所に不具合の程度に応じたマーキングを可能... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ