図面 (/)

技術 弾球遊技機

出願人 株式会社高尾
発明者 安藤繁光
出願日 2016年6月15日 (4年11ヶ月経過) 出願番号 2016-118562
公開日 2017年1月26日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2017-018582
状態 特許登録済
技術分野 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 合成コマンド 切り替え時期 変更時期 変化動作 変化過程 変化内容 通常テーブル 左側上下
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

変動テーブル平均変動時間に合せて、好適な保留予告演出を行うことにより、演出力と出玉スピードの好適なバランスを取ることが可能な弾球遊技機を提供する。

解決手段

期待度が異なる複数種類表示態様で設けられた保留図柄変動中図柄を備え、対象となる保留図柄又は/及び変動中図柄の表示態様を異なる表示態様に変化させることで、段階的に期待度を示唆する期待度演出を行う期待度演出手段を更に備え、期待度演出手段は、保留図柄のみを対象範囲とする第1期待度演出と、保留図柄及び変動中図柄を対象範囲とする第2期待度演出とを少なくとも備え、変動パターンの選択において第1変動テーブルを参照するときは第1期待度演出を選択し、第1変動テーブルよりも短い平均変動時間で設定された第2変動テーブルを参照するときは第2期待度演出を選択する。

概要

背景

現在のパチンコ遊技機に代表される弾球遊技機には、始動口への遊技球の入球すなわち始動入賞が発生した時、入賞時判定の判定結果に基づいて、保留記憶に係る保留表示表示態様を変化させることにより、当該保留記憶に関する期待度予告演出するための保留予告演出を備えたもの(例えば、特許文献1)がある。

また、第1特別図柄及び第2特別図柄の変動パターンの決定に際し、特別図柄の種別遊技状態の種別、また変動回数に基づいて、用いる変動パターンテーブルを切り替えて、特別図柄の平均変動時間を変化させるもの(例えば、特許文献2)がある。

特に近年では、確変状態などの特定の遊技状態時において、平均変動時間を短時間に設定することで大当り発生のペースを早めた結果、短時間で賞球を獲得させることを、変動演出の充実よりも重視したものも多く見受けられるようになった。

概要

変動テーブルの平均変動時間に合せて、好適な保留予告演出を行うことにより、演出力と出玉スピードの好適なバランスを取ることが可能な弾球遊技機を提供する。期待度が異なる複数種類の表示態様で設けられた保留柄と変動中柄を備え、対象となる保留柄又は/及び変動中柄の表示態様を異なる表示態様に変化させることで、段階的に期待度を示唆する期待度演出を行う期待度演出手段を更に備え、期待度演出手段は、保留柄のみ対象範囲とする第1期待度演出と、保留柄及び変動中柄を対象範囲とする第2期待度演出とを少なくとも備え、変動パターンの選択において第1変動テーブルを参照するときは第1期待度演出を選択し、第1変動テーブルよりも短い平均変動時間で設定された第2変動テーブルを参照するときは第2期待度演出を選択する。

目的

本発明は、各変動テーブルの平均変動時間に合せて、好適な保留予告演出を行うことにより、演出力と出玉スピードの好適なバランスを取ることが可能な弾球遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

始動口への遊技球の入球に起因して抽出した数値データに基づいて、遊技者にとって有利な特別遊技状態を発生させるか否かの当否抽選を実施する主制御装置と、前記主制御装置から受信した前記当否抽選の結果に基づく情報に起因して表示演出を決定するサブ制御装置と、を備える弾球遊技機において、前記主制御装置は、前記当否抽選を未実施の数値データを保留記憶として所定の上限数まで記憶する保留記憶手段と、前記保留記憶手段に記憶された数値データが特定の値と合致するか否かを該数値データの前記当否抽選以前に確認する数値データ確認手段と、前記保留記憶手段が記憶する保留記憶の個数と、前記数値データ確認手段による確認結果を、個別の信号または1つの信号にて、前記サブ制御装置に送信する入球時信号送信手段と、前記当否抽選の結果に応じて該結果を報知する図柄の変動パターンを、平均変動時間が異なる複数種類変動テーブルの何れかを参照して選択する変動パターン選択手段と、前記変動パターン選択手段によって選択された前記変動パターンを変動パターン信号として前記サブ制御装置に送信する変動パターン信号送信手段と、を備え、前記変動テーブルは、所定の平均変動時間で設定された第1変動テーブルと、該第1変動テーブルよりも短い平均変動時間で設定された第2変動テーブルを少なくとも備え、前記サブ制御装置は、前記入球時信号送信手段からの信号を受信すると、前記保留記憶の個数に対応した数の保留図柄を表示する保留図柄表示手段と、前記変動パターン信号送信手段からの信号を受信すると、前記変動パターンにて指定された変動時間に基づいて変動演出を行う変動演出実行手段と、所定の前記変動演出が行われている場合は、変動中であることを示す変動中図柄を表示する変動中図柄表示手段と、を備え、前記保留図柄は、当該保留記憶に対する前記特別遊技状態への期待度が異なる複数種類の表示態様で設けられ、前記変動中図柄は、当該変動に対する前記特別遊技状態への期待度が異なる複数種類の表示態様で設けられ、対象となる前記保留図柄又は/及び前記変動中図柄の表示態様を異なる表示態様に変化させることで、段階的に前記期待度を示唆する期待度演出を行う期待度演出手段を更に備え、前記期待度演出手段は、前記保留図柄のみを対象範囲とする第1期待度演出と、前記保留図柄及び前記変動中図柄を対象範囲とする第2期待度演出とを少なくとも備え、前記変動パターン選択手段が前記第1変動テーブルを参照するときは第1期待度演出を選択し、前記第2変動テーブルを参照するときは前記第2期待度演出を選択すること、を特徴とする弾球遊技機。

請求項2

請求項1に記載の弾球遊技機において、前記期待度演出手段は、前記確認結果を受信したことに基づいて、前記複数種類の表示態様の内から最終段階となる前記表示態様を何れにするか決定する最終表示態様決定手段と、前記最終表示態様決定手段にて決定された前記表示態様に至るまでの変化内容が異なる複数種類のシナリオから何れかを選択するシナリオ選択手段とを備えることを特徴とする弾球遊技機。

請求項3

請求項1に記載の弾球遊技機において、少なくとも最古の保留図柄を表示する第1保留表示領域と、前記最古の保留図柄の次に発生した保留図柄を表示する第2保留表示領域とを備え、前記保留図柄表示手段は、前記第1保留表示領域および第2保留表示領域に保留図柄が表示されているとき、前記変動時間が終了すると、前記最古の保留図柄を消去すると共に、前記最古の保留図柄の次に発生した保留図柄を前記第1保留表示領域に変位するシフト表示処理を実行し、前記期待度演出手段は、前記シフト表示処理時に前記期待度演出を実行し、最終段階となる前記表示態様を決定すると共に、前記変動パターン信号を受信する度に前記表示態様を変化させるか否かの演出実行可否抽選を行うものであり、前記確認結果の受信時に前記第2期待度演出が選択されている場合は、前記確認結果に対応する前記変動中図柄が前記最終段階となる前記表示態様に達していなければ該最終段階となる表示態様に変化させ、前記第1期待度演出が選択されている場合は、前記確認結果に対応する前記保留図柄が前記シフト表示処理されて前記第1保留表示領域に変位し前記最終段階となる前記表示態様に達していなければ該最終段階となる表示態様に変化させることを特徴とする弾球遊技機。

請求項4

請求項1乃至請求項3に記載の弾球遊技機において、普通電動役物開放させるか否かを抽選する普電開放抽選手段を備え、前記普電開放抽選手段で当選すると、前記普通電動役物を入球困難な閉鎖状態から所定の開放時間だけ入球容易な開放状態に変位させる普電開放遊技を備え、前記始動口は、常時入球可能な第1始動口と、前記普通電動役物に設けられた第2始動口を備え、前記主制御装置は、前記特別遊技状態の終了後に、前記普通電動役物の前記所定の開放時間を延長する開放延長状態を少なくとも所定の前記当否抽選の回数まで継続する開放延長制御手段を備え、前記開放延長状態時は、前記当否抽選の回数によって前記変動パターン選択手段により参照される変動テーブルが、少なくとも前記第1変動テーブル、又は、第2変動テーブルの何れかに設定されること、を特徴とする弾球遊技機。

技術分野

0001

本発明は、弾球遊技機に関する。

背景技術

0002

現在のパチンコ遊技機に代表される弾球遊技機には、始動口への遊技球の入球すなわち始動入賞が発生した時、入賞時判定の判定結果に基づいて、保留記憶に係る保留表示表示態様を変化させることにより、当該保留記憶に関する期待度予告演出するための保留予告演出を備えたもの(例えば、特許文献1)がある。

0003

また、第1特別図柄及び第2特別図柄の変動パターンの決定に際し、特別図柄の種別遊技状態の種別、また変動回数に基づいて、用いる変動パターンテーブルを切り替えて、特別図柄の平均変動時間を変化させるもの(例えば、特許文献2)がある。

0004

特に近年では、確変状態などの特定の遊技状態時において、平均変動時間を短時間に設定することで大当り発生のペースを早めた結果、短時間で賞球を獲得させることを、変動演出の充実よりも重視したものも多く見受けられるようになった。

先行技術

0005

特開2015−061636号公報
特開2014−171594号公報

発明が解決しようとする課題

0006

このように、演出力と出玉スピードの何れか一方を重視すると、他方が犠牲になることがあり、バランスを取ることが難しかった。

0007

そこで本発明は、各変動テーブルの平均変動時間に合せて、好適な保留予告演出を行うことにより、演出力と出玉スピードの好適なバランスを取ることが可能な弾球遊技機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記課題に鑑みてなされた請求項1に記載の発明は、始動口への遊技球の入球に起因して抽出した数値データに基づいて、遊技者にとって有利な特別遊技状態を発生させるか否かの当否抽選を実施する主制御装置と、主制御装置から受信した当否抽選の結果に基づく情報に起因して表示演出を決定するサブ制御装置と、を備えた弾球遊技機に関するものである。

0009

この弾球遊技機では、主制御装置は、当否抽選を未実施の数値データを保留記憶として所定の上限数まで記憶する保留記憶手段と、保留記憶手段に記憶された数値データが特定の値と合致するか否かを該数値データの当否抽選以前に確認する数値データ確認手段と、保留記憶手段が記憶する保留記憶の個数と、数値データ確認手段による確認結果を、個別の信号または1つの信号にて、サブ制御装置に送信する入球時信号送信手段と、当否抽選の結果に応じて該結果を報知する図柄の変動パターンを、平均変動時間が異なる複数種類の変動テーブルの何れかを参照して選択する変動パターン選択手段と、変動パターン選択手段によって選択された変動パターンを変動パターン信号としてサブ制御装置に送信する変動パターン信号送信手段と、を備え、変動テーブルは、所定の平均変動時間で設定された第1変動テーブルと、該第1変動テーブルよりも短い平均変動時間で設定された第2変動テーブルを少なくとも備え、サブ制御装置は、入球時信号送信手段からの信号を受信すると、保留記憶の個数に対応した数の保留図柄を表示する保留図柄表示手段と、変動パターン信号送信手段からの信号を受信すると、変動パターンにて指定された変動時間に基づいて変動演出を行う変動演出実行手段と、所定の前記変動演出が行われている場合は、変動中であることを示す変動中図柄を表示する変動中図柄表示手段と、を備え、保留図柄は、当該保留記憶に対する特別遊技状態への期待度が異なる複数種類の表示態様で設けられ、変動中図柄は、当該変動に対する特別遊技状態への期待度が異なる複数種類の表示態様で設けられ、対象となる保留図柄又は/及び変動中図柄の表示態様を異なる表示態様に変化させることで、段階的に期待度を示唆する期待度演出を行う期待度演出手段を更に備え、期待度演出手段は、保留図柄のみを対象範囲とする第1期待度演出と、保留図柄及び変動中図柄を対象範囲とする第2期待度演出とを少なくとも備え、変動パターン選択手段が第1変動テーブルを参照するときは第1期待度演出を選択し、第2変動テーブルを参照するときは第2期待度演出を選択する。

0010

このように構成することにより、第1変動テーブルを参照する場合、保留図柄のみを対象範囲とする第1期待度演出が選択される。このため、長い変動時間中において、該変動中の保留記憶に関する期待度演出を変動中図柄によって行わないことで、キャラクタ等による表示演出が阻害されることなく、充分な演出を行うことができる。また、これに対して、第2変動テーブルを参照する場合は、保留図柄及び変動中図柄を対象範囲とする第2期待度演出が選択されるので、短い変動時間中において、つまり次々変動表示消化されていく状態で、未変動の保留記憶や現在変動中の保留記憶に対して期待度演出を行うことができ、時間的な余裕の無い変動表示の代わりに、数変動に亘って演出できる期待度演出を演出のメインに据えることで、演出力を補完することができる。また、期待度演出は変動中図柄でも表示態様が変化していくため、短時間で消化されていく保留図柄での期待度が低くても変動中図柄の段階で期待度が高くなる可能性があり、いずれの表示態様の時でも期待感を持って遊技を行うことができる。
このように、変動時間の長短に応じて、適宜演出の対象範囲を変更して、長時間余裕のあるときは充分な演出の提供に重点を置き、短時間で余裕の無いときは演出を抑制して出玉のスピード感を提供する点に重点を置きつつ、当該変動の期待度を変動中図柄によって報知することで補完して、柔軟な対応を実現することで、状況に応じた好適なバランスを取ることが可能となる。

0011

なお、請求項2に記載に記載されているように、弾球遊技機では、期待度演出手段は、確認結果を受信したことに基づいて、複数種類の表示態様の内から最終段階となる表示態様を何れにするか決定する最終表示態様決定手段と、最終表示態様決定手段にて決定された表示態様に至るまでの変化内容が異なる複数種類のシナリオから何れかを選択するシナリオ選択手段とを備える、ようにしても良い。

0012

このように構成することにより、最終段階の表示態様を予め決定するので、演出が無軌道にならず、制御上も最終段階が決定しているので大きなトラブルを起こす危険性が低下する。
また、シナリオによって最終段階までのプロセスが予め決定されるので、該プロセスにしたがって制御が進展することで、トラブルを防止できる。また、シナリオを予め設定することで、より効果的なプロセスを設計可能であり、成り行きに任せる不確定な演出ではなく、緻密に計算された演出効果を奏し得る。

0013

なお、請求項3に記載に記載されているように、弾球遊技機では、少なくとも最古の保留図柄を表示する第1保留表示領域と、最古の保留図柄の次に発生した保留図柄を表示する第2保留表示領域とを備え、保留図柄表示手段は、第1保留表示領域および第2保留表示領域に保留図柄が表示されているとき、変動時間が終了すると、最古の保留図柄を消去すると共に、最古の保留図柄の次に発生した保留図柄を第1保留表示領域に変位するシフト表示処理を実行し、期待度演出手段は、シフト表示処理時に期待度演出を実行し、最終段階となる表示態様を決定すると共に、変動パターン信号を受信する度に表示態様を変化させるか否かの演出実行可否抽選を行うものであり、確認結果の受信時に第2期待度演出が選択されている場合は、確認結果に対応する変動中図柄が最終段階となる表示態様に達していなければ該最終段階となる表示態様に変化させ、第1期待度演出が選択されている場合は、確認結果に対応する保留図柄がシフト表示処理されて第1保留表示領域に変位し最終段階となる表示態様に達していなければ該最終段階となる表示態様に変化させる、ようにしても良い。

0014

このような構成によれば、折角決定した最終段階となる表示態様を、実行することなく終えてしまうことを回避することができる。
つまり、第1期待度演出が選択されており、シフト処理によって第1保留表示領域に表示されている段階で、未だ最終段階の表示態様となっていないときには、最終段階となる表示態様にて表示する。また、第2期待度演出が選択されており、シフト処理によって対象の保留記憶が変動中図柄で表示されている段階で、未だ最終段階の表示態様となっていないときには、最終段階となる表示態様にて表示する。このため、最終段階となる表示態様に変化させる最後のチャンスを確実に利用することができる。

0015

なお、請求項4に記載に記載されているように、弾球遊技機では、普通電動役物開放させるか否かを抽選する普電開放抽選手段を備え、普電開放抽選手段で当選すると、普通電動役物を入球困難な閉鎖状態から所定の開放時間だけ入球容易な開放状態に変位させる普電開放遊技を備え、始動口は、常時入球可能な第1始動口と、普通電動役物に設けられた第2始動口を備え、主制御装置は、特別遊技状態の終了後に、普通電動役物の所定の開放時間を延長する開放延長状態を少なくとも所定の当否抽選の回数まで継続する開放延長制御手段を備え、開放延長状態時は、当否抽選の回数によって変動パターン選択手段により参照される変動テーブルが、少なくとも第1変動テーブル、又は、第2変動テーブルの何れかに設定される、ようにしても良い。

0016

このような構成によれば、少なくとも開放延長機能が作動している状態では、通常遊技状態と比較して、第2始動口への入賞頻度が高くなるため、変動テーブルに応じて期待度演出の演出範囲を異ならせておくことにより、好適な演出が可能となる。さらに、開放延長機能が作動している期間では、当否抽選の回数に応じて、参照される変動テーブルが、第1又は第2変動テーブルに設定されるので、遊技の進展に伴い、期待度演出の演出範囲に変化が生じ、退屈しない面白みのある演出を提供することができる。

0017

また、弾球遊技機は、始動口への遊技球の入球に起因して抽出した数値データに基づいて、遊技者にとって有利な特別遊技状態を発生させるか否かの当否抽選を実施する主制御装置と、主制御装置から受信した当否抽選の結果に基づく情報に起因して表示演出を決定するサブ制御装置と、を備えた弾球遊技機において、主制御装置は、当否抽選を未実施の数値データを保留記憶として所定の上限数まで記憶する保留記憶手段と、保留記憶手段に記憶された数値データが特定の値と合致するか否かを該数値データの当否抽選以前に確認する数値データ確認手段と、保留記憶手段が記憶する保留記憶の個数と、数値データ確認手段による確認結果を、個別の信号または1つの信号にて、サブ制御装置に送信する入球時信号送信手段と、当否抽選の結果に応じて該結果を報知する図柄の変動パターンを、平均変動時間が異なる複数種類の変動テーブルの何れかを参照して選択する変動パターン選択手段と、変動パターン選択手段によって選択された変動パターンを変動パターン信号としてサブ制御装置に送信する変動パターン信号送信手段と、を備え、変動テーブルは、所定の平均変動時間で設定された第1変動テーブルと、該第1変動テーブルよりも短い平均変動時間で設定された第2変動テーブルを少なくとも備え、サブ制御装置は、入球時信号送信手段からの信号を受信すると、保留記憶の個数に対応した数の保留図柄を表示する保留図柄表示手段と、変動パターン信号送信手段からの信号を受信すると、変動パターンにて指定された変動時間に基づいて変動演出を行う変動演出実行手段と、所定の前記変動演出が行われている場合は、変動中であることを示す変動中図柄を表示する変動中図柄表示手段と、を備え、保留図柄は、当該保留記憶に対する特別遊技状態への期待度が異なる複数種類の表示態様で設けられ、変動中図柄は、当該変動に対する特別遊技状態への期待度が異なる複数種類の表示態様で設けられ、対象となる保留図柄又は/及び変動中図柄の表示態様を異なる表示態様に変化させることで、段階的に期待度を示唆する期待度演出を行う期待度演出手段を更に備え、期待度演出手段は、保留図柄のみを対象範囲とする第1期待度演出と、保留図柄及び変動中図柄を対象範囲とする第2期待度演出とを少なくとも備え、変動パターン選択手段が第1変動テーブルを参照するときは第2期待度演出を選択し、第2変動テーブルを参照するときは第1期待度演出を選択する、ようにしても良い。

0018

このように構成することにより、第1変動テーブルを参照する場合、保留図柄及び変動中図柄を対象範囲とする第2期待度演出が選択されるので、長い変動時間中において該変動中の保留記憶に対してまで期待度演出を行うことができ、時間的な余裕のある状態で充分に演出を提供することができる。また、これに対して、第2変動テーブルを参照する場合は、保留図柄のみを対象範囲とする第1期待度演出が選択されるので、短い変動時間中において演出を最低限に抑制して変動をスピィーディーに消化して、より単位時間あたりの大当りとなる可能性を高めることができる。

0019

このように、変動時間の長短に応じて、適宜演出の対象範囲を変更して、長時間余裕のあるときは充分な演出の提供に重点を置き、短時間で余裕の無いときは演出を抑制して出玉のスピード感を提供する点に重点を置く、柔軟な対応を実現することで、状況に応じて好適な演出のバランスを取ることが可能となる。

図面の簡単な説明

0020

第一実施形態におけるパチンコ機の正面図である。
第一実施形態におけるパチンコ機の遊技盤の正面図である。
第一実施形態におけるパチンコ機の裏面図である。
第一実施形態におけるパチンコ機の電気的構成を示すブロック図である。
第一実施形態におけるメインルーチンについてのフローチャートである。
第一実施形態における始動入賞確認処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における先読み判定処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における当否判定処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における当否判定処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における当否判定処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における当否判定処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における大当り遊技処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における大当り遊技処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における大当り遊技処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における保留表示処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における保留表示更新処理についてのフローチャートである。
第一実施形態における保留図柄と変動中図柄の表示態様例である。
第一実施形態における保留図柄と変動中図柄の種別を説明する説明図である。
第一実施形態におけるシナリオ選択テーブルを説明する表図である。
第一実施形態におけるシナリオ選択テーブルを説明する表図である。
第一実施形態における期待度演出が行われる際に表示される画面についての説明図である。
第二実施形態における期待度演出が行われる際に表示される画面についての説明図である。
第三実施形態における期待度演出が行われる際に表示される画面についての説明図である。
第三実施形態の変形例における期待度演出が行われる際に表示される画面についての説明図である。
第三実施形態における変動テーブルの切り替え時期を説明する表図である。

実施例

0021

以下、本発明の実施形態について図面を用いて説明する。なお、本発明の実施の形態は、下記の実施形態に何ら限定されることはなく、本発明の技術的範囲に属する限り種々の形態を採りうる。

0022

[構成の説明]
(1)全体の構成について
図1に示すように、第一実施形態のパチンコ機50は、縦長の固定外郭保持枠をなす外枠51にて各構成を保持する構造を有している。外枠51の左側上下にはヒンジ53が設けられており、ヒンジ53により、板ガラス61が嵌め込まれた前枠ガラス枠)52及び後述の内枠が、外枠51に対し開閉可能に構成される。また、前枠52の板ガラス61の奥には、内枠に保持された遊技盤1(図2)が設けられている。

0023

前枠52の上部の左右両側にはスピーカ66が設置されており、これらにより遊技音が出力され、遊技の趣向性を向上させる。また前枠52には、遊技状態に応じて発光する枠側装飾ランプ65のほか、遊技の異常を報知するLEDが設けられている。

0024

前枠52の下部には、上皿55と下皿63とが一体に形成されている。また、下皿63の右側には発射ハンドル64が設けられており、該発射ハンドル64を時計回りに操作することにより発射装置が作動し、上皿55から供給された遊技球が遊技盤1に向けて発射される。

0025

下皿63は、上皿55から溢れた賞球を受けるよう構成されており、球抜きレバーを操作することで、下皿63に溜まった遊技球を遊技店に備えられたドル箱に移すことができる。また、上皿55の中央には、演出ボタン67及びジョグダイヤル68が設けられている。

0026

本パチンコ機50は、いわゆるCR機であり、プリペイドカードの読み書きを行うプリペイドカードユニットCRユニット)56が付属されていると共に、上皿55の右側には球貸ボタン57,精算ボタン58,残高表示器59が設けられている。

0027

なお、図1の39は、前枠52及び前記内枠を外枠51にロックするシリンダ錠であり、該シリンダ錠39に所定の鍵を挿入して鍵を時計回りに操作すると、内枠が開放され、反時計回りに操作すると、前枠52が開放される。

0028

また、図2に示すように、遊技盤1には、外レール2aと内レール2bとによって囲まれた略円形の遊技領域3が形成されている。遊技領域3には、その中央部にセンターケース5が装着され、センターケース5に向かって左横には、普通図柄作動ゲート17が設置されている。普通図柄作動ゲート17を遊技球が通過すると、普通図柄の当否抽選用の複数種類の乱数が抽出され、抽出された乱数に基づく当否判定(普通図柄抽選)が行なわれる。

0029

センターケース5の直下には、遊技球の入球に起因して、第1特別図柄(第1特図とも記載)の変動表示を伴う大当り抽選(当否抽選)が行われる第1始動口11と、該第1始動口11の直下にあって、遊技球の入球に起因して、第2特別図柄(第2特図とも記載)の変動表示を伴う大当り抽選(当否抽選)が行われる第2始動口12が、上下に並んで配設されている。
第1始動口11は、常時遊技球が入球可能に構成されている。対して、第2始動口12は、普通図柄抽選での当選により開放される普通電動役物に内蔵されると共に、普通電動役物が入球不能な閉鎖状態から、所定の開放時間に亘って入球可能な開放状態に移行して、該開放状態中に普通電動役物に入球することによって入球が可能となるように構成されており、普通電動役物を開放するか否かの普通図柄抽選で当選し、普電開放遊技時のみ入球可能となっている。

0030

第1始動口11又は、第2始動口12に遊技球が入球すると、複数種類の乱数(数値データ)が抽出され、保留記憶として記憶される。
普通電動役物として構成された第2始動口12は、上述したように、普通図柄抽選での当選時に、所定の回数にわたり、所定時間の開放が行われる。具体的には、通常モード(通常遊技状態)時であれば、1回の当選により約2.6秒の開放が2回行なわれる。

0031

第2始動口12の下方には、大当り抽選で当ると行われる大当り遊技の際に開放される特別電動役物からなる大入賞口14が配設されている。また、遊技領域3における向かって左下の領域には、複数の普通入賞口31〜34が配設されている。

0032

遊技盤1における向かって右下の領域には、7セグメントの第1特図表示装置9及び第2特図表示装置10と、4個のLEDからなる第1特図保留数表示装置18及び第2特図保留数表示装置19と、2個のLEDからなる普通図柄表示装置7と、4個のLEDからなる普図保留数表示装置8が設置されている。

0033

図2に示す遊技盤1のセンターケース5には、中央に演出図柄表示装置6(全体の図示は省略)のLCDパネルが配設され、LCDパネルの画面上では、演出図柄の変動表示等を行うことで大当り抽選の結果を報知する大当り演出が行われる。

0034

また、センターケース5には、周知のものと同様にワープ入口ワープ樋ステージ等が設けられている。
なお、遊技盤1の遊技領域3には多数の遊技釘4が植設されており、盤面最下部にはアウト口が設けられている。

0035

また、図3に示すように、パチンコ機50の裏側は、遊技盤1を脱着可能に取付ける内枠70が外枠51に収納された構成となっている。内枠70は、前枠52と同様、一方の側縁図3に向かって右側)の上下位置が外枠51に設けられたヒンジ53に結合され、開閉可能に設置されている。内枠70には、遊技球流下通路が形成されており、上方(上流)から球タンク71、タンクレール72、払出ユニット73が設けられ、払出ユニット73の中には払出装置が設けられている。この構成により、遊技盤1の入賞口に遊技球が入賞すると、球タンク71に貯留されている所定個数の遊技球(賞球)が払出装置から払い出され、流下通路を通り上皿55に払い出される。また、第一実施形態では、払出装置は、球貸ボタン57の操作に応じて遊技球(貸球)を払い出すよう構成されている。

0036

また、パチンコ機50の裏側には、主制御装置80、払出制御装置81、演出図柄制御装置82、サブ統合制御装置83、発射制御装置電源基板85が設けられている。主制御装置80,演出図柄制御装置82,サブ統合制御装置83は、遊技盤1に設けられ、払出制御装置81,発射制御装置,電源基板85は、内枠70に設けられている。なお、図3では発射制御装置が記載されていないが、発射制御装置は、払出制御装置81の奥側(遊技盤1側)に配されている。

0037

また、球タンク71の右側には、外部接続端子板78が設けられており、外部接続端子板78により、遊技状態や遊技結果を示す信号が図示しないホールコンピュータへ送られる。

0038

(2)電気的構成について
次に、パチンコ機50の電気的構成について説明する。このパチンコ機50は、図4のブロック図に示すとおり、主制御装置80を中心にして構成されている。なお、このブロック図には、単に信号を中継するいわゆる中継基板や電源基板等は記載されていない。また、詳細な図示は省略するが、主制御装置80、払出制御装置81、演出図柄制御装置82、サブ統合制御装置83のいずれもCPU、ROM、RAM、入力ポート出力ポート等を備えている。また、発射制御装置84、電源基板にはCPU、ROM、RAMは設けられていないが、これに限るわけではなく、発射制御装置84等にCPU、ROM、RAM等を設けてもよい。

0039

主制御装置80には、第1始動口11に入球した遊技球を検出する第1始動口SW11a、第2始動口12に入球した遊技球を検出する第2始動口SW12a、普通図柄作動ゲート17に進入した遊技球を検出する普通図柄作動SW17a、大入賞口14に入球した遊技球を計数するためのカウントSW14a、一般入賞口31〜34に入球した遊技球を検出する一般入賞口SW31a等からの検出信号が入力される。

0040

主制御装置80は搭載しているプログラムに従って動作して、上述の検出信号などに基づいて遊技の進行に関わる各種のコマンドを生成し、払出制御装置81及びサブ統合制御装置83に出力する。また、主制御装置80は上述した第1始動口SW11a及び第2始動口SW12aでの検出を契機として抽出した数値データに基づいて、大当り遊技状態(特別遊技状態)を発生させるか否かの、後述する当否判定処理を実行する。
これにより、主制御装置80は、当該パチンコ機50全体の制御を司るよう構成されている。

0041

また、主制御装置80は、図柄表示装置中継端子板90を介して接続されている第1特図表示装置9、第2特図表示装置10、第1特図保留数表示装置18、第2特図保留数表示装置19、普通図柄表示装置7、普図保留数表示装置8の表示を制御する。

0042

さらに、主制御装置80は、大入賞口ソレノイド14bを制御することで大入賞口14の開閉を制御し、普電役物ソレノイド12bを制御することで第2始動口12が内蔵された普通電動役物の開閉を制御する。

0043

主制御装置80からの出力信号試験信号端子にも出力されほか、図柄変動や大当り等の管理用の信号が外部接続端子板78に出力されてホールコンピュータ87に送られる。
主制御装置80と払出制御装置81とは双方向通信が可能である。

0044

払出制御装置81は、主制御装置80から送られてくるコマンドに応じて払出モータ20を稼働させて賞球を払い出させる。本実施例においては、賞球として払い出される遊技球を計数するための払出SW21の検出信号は払出制御装置81に入力され、払出制御装置81で賞球の計数が行われる構成を用いる。この他にも主制御装置80と払出制御装置81に払出SW21の検出信号が入力され、主制御装置80と払出制御装置81の双方で賞球の計数を行う構成を用いることも考えられる。

0045

なお、払出制御装置81は、ガラス枠開放SW35,内枠開放SW36,球切れSW23,払出SW21,満杯SW22からの信号が入力され、満杯SW22により下皿63が満タンであることを示す信号が入力された場合や、球切れSW23により球タンク71に遊技球が少ないあるいは無いことを示す信号が入力された場合には、払出モータ20を停止させ、賞球の払出動作を停止させる。また、満杯SW22,球切れSW23も、その状態が解消されるまで信号を出力し続ける構成になっており、払出制御装置81は、その信号が出力されなくなることに起因して払出モータ20の駆動を再開させる。

0046

また、払出制御装置81はCRユニット端子板24を介してCRユニット56と交信することで払出モータ20を作動させ、貸し球を排出する。払出された貸し球は払出SW21に検出され、検出信号は払出制御装置81に入力される。また、CRユニット端子板24は精算表示装置25とも双方向通信可能に接続されており、精算表示装置25には、遊技球の貸出しを要求するための球貸ボタン57、精算を要求するための精算ボタン58が設けられている。

0047

また、払出制御装置81は、外部接続端子板78を介して賞球に関する情報、枠(内枠70,前枠52)の開閉状態を示す情報などをホールコンピュータ87に送信するほか、発射制御装置84に対して発射停止信号を送信する。

0048

なお、本実施例では遊技球を払出す構成であるが、入賞等に応じて発生した賞球を払い出さずに記憶する封入式の構成にしても良い。
発射制御装置84は、発射モータ30を制御して、遊技領域3に遊技球を発射させる。

0049

なお、発射制御装置84には、払出制御装置81以外に、発射ハンドル64からの回動量信号、タッチSW28からのタッチ信号、発射停止SW29から発射停止信号が入力される。

0050

回動量信号は、遊技者が発射ハンドル64を操作することで出力され、タッチ信号は遊技者が発射ハンドル64を触ることで出力され、発射停止スイッチ信号は、遊技者が発射停止SW29を押すことで出力される。なお、タッチ信号が発射制御装置84に入力されていなければ、遊技球は発射できないほか、発射停止スイッチ信号が入力されているときには、遊技者が発射ハンドル64を触っていても遊技球は発射出来ないようになっている。

0051

サブ統合制御装置83は、主制御装置80から送信されてくるデータ及びコマンドを受信し、それらを演出表示制御用音制御用及びランプ制御用のデータに振り分けて、演出表示制御用のコマンド等は演出図柄制御装置82に送信し、音制御用及びランプ制御用は自身に含まれている各制御部位音声制御装置及びランプ制御装置としての機能部)に分配する。

0052

そして、音声制御装置としての機能部は、音声制御用のデータに基づいて音LSIを作動させることによってスピーカ66からの音声出力を制御し、ランプ制御装置としての機能部は、ランプ制御用のデータに基づいてランプドライバを作動させることによって各種LED、ランプ26を制御する。

0053

また、サブ統合制御装置83には、演出ボタン67,ジョグダイヤル68が接続されており、遊技者が演出ボタン67,ジョグダイヤル68を操作した際には、その信号がサブ統合制御装置83に入力される。

0054

サブ統合制御装置83と演出図柄制御装置82とは双方向通信が可能である。
演出図柄制御装置82は、サブ統合制御装置83から受信したデータ及びコマンド(共に主制御装置80から送信されてきたものとサブ統合制御装置83が生成したものとがある)に基づいて演出図柄表示装置6を制御して、演出図柄等の演出画像を表示させる。
このように、サブ統合制御装置83、演出図柄制御装置82、および演出図柄表示装置6は、主制御装置80からのデータ及びコマンド(信号、或いは通知)に基づいて、各種演出を実行するよう構成されている。

0055

[動作の説明]
[第一実施形態]
次に、第一実施形態におけるパチンコの動作について説明する。

0056

第一実施形態のパチンコ機50は、常時入賞が可能な第1始動口11と、上述した普通図柄抽選処理での当選により一定期間にわたり開放される普電開放遊技が行われることで入賞が可能となる第2始動口12が設けられており、第1始動口11又は第2始動口12への入賞に起因して抽出された乱数による大当り抽選が行われる。そして、大当り抽選の際には、第1特別図柄に関しては第1特図表示装置9にて、第2特別図柄に関しては第2特図表示装置10にて、各特別図柄の変動表示が行われると共に、これらを停止表示することで大当り抽選の結果が報知される。また、これと並行して、演出図柄表示装置6の画面上で、各特別図柄に対応した演出図柄を変動表示させた後にこれらを停止表示させ、大当り抽選の結果を報知する疑似演出が行われる。

0057

また、パチンコ機50では、第1始動口11又は第2始動口12への入賞により抽出された乱数(数値データ)が、最大4個まで保留記憶として記憶され、第1特図保留数表示装置18又は第2特図保留数表示装置19にて、各々の保留記憶の数が表示されると共に、各保留記憶に対応する保留図柄が表示される。
また、演出図柄表示装置6の画面上では、上記各特別図柄に対応した演出図柄を変動表示させる疑似演出に加えて、第1特図保留数表示装置18又は第2特図保留数表示装置19にて表示される保留図柄に対応した第1保留図柄や第2保留図柄(後述する図17参照)が表示される。さらに、本実施形態では、変動中の保留記憶に係る大当りの期待度を示す変動中図柄も表示されるように構成されている。これらの構成及び作用については、本発明の要部であるので、後で詳述するものとする。

0058

上記保留記憶に関して実行される大当り抽選で当たると、所定ラウンド数の大当り遊技が行われる。
そして、大当り遊技の終了後は、一定期間(所定数の大当り抽選が行われるまでの期間)にわたり、パチンコ機50の遊技状態が、大当り抽選で当る確率が上昇する確変モードとなり、また、これと同時に、普通図柄抽選処理での当選確率が上昇すると共に、普通図柄抽選処理での当選時の第2始動口12(普通電動役物)の開放時間が延長され、さらに普通図柄の変動時間が短縮される時短モードとなる。なお、確変モードと時短モードのどちらでもない遊技状態を、通常モードと記載する。

0059

また、パチンコ機50では、演出図柄表示装置6にて表示される保留図柄として複数の種類が設けられており、各種類の保留図柄は、対応する保留記憶が消化される直前に表示された場合における、該保留記憶の表示態様により大当りとなる確率である信頼度が異なっている。そして、各種類の保留図柄を表示することで、対応する保留記憶により大当りとなる可能性の有無や、該可能性の大きさを示唆する「保留予告演出」が行われる。また、この保留予告演出の一つとして、一旦表示された保留図柄としての一時保留図柄(一時保留表示とも呼称する)を、信頼度(大当りとなる確率)の異なる他の種類の保留図柄としての最終保留図柄(最終保留表示とも呼称する)に変化させる「保留変化演出」が行われる。なお、この保留変化演出では、対応する保留記憶が消化されるまで最終保留図柄(最終保留表示)が表示され、最終保留図柄の種類により、該保留記憶により大当りとなる可能性の有無や、該可能性の高さが示唆される。

0060

なお、保留変化演出が行われる際には、一時保留図柄の種類が変化することを示唆する前兆演出が行われるように構成しても良い。また、これと共に、保留変化演出が行われないいずれかの保留図柄に対しても、疑似的な「前兆演出」が行われるようにしても良い。このような場合、前兆演出には複数の態様が設けられていることが好適であり、抽選により、前兆演出が行われる保留図柄の種類や、該保留図柄に対応する保留記憶により大当りとなるか否か等に応じた確率でこの態様が選択されることが好ましい。これにより、遊技者には、保留変化演出が行われるか、或いは、保留図柄に対応する保留記憶が消化される直前になるまで、表示されている保留記憶が一時保留図柄であるのか最終保留図柄であるのかわからない状態を発生させることができ、このような演出を変動時間の長短に応じて適宜、実行することで、変動時間に即した好適な演出を可能とし、遊技の興趣を向上させる。
また、前兆演出を表示した後で、該表示された前兆演出とは異なる種別すなわち上記保留変化演出が実行される確率が異なる他の種別の前兆演出に変化させる「前兆変化演出」を、さらに備えるようにしても良い。

0061

なお、言うまでも無く、保留予告演出や保留変化演出は、大当り抽選の結果を常に正確に予告するというものではなく、予告が外れる場合もあり、無論、保留予告演出や保留変化演出が行われていない保留記憶による大当り抽選で当ることもある。すなわち、所謂ガセ演出も併せて備えている。
本実施形態では、上述した「保留予告演出」及び「保留変化演出」を、演出対象範囲を保留図柄又は、保留図柄及び変動中図柄に対して行うことで、保留記憶に係る大当り期待度報知演出する「期待度演出」を実行する。
なお、「変動中図柄」とは、特に第1特別図柄、第2特別図柄を備えた構成で、現在変動している対象がどちらであるかを示すものであり、そのため保留図柄と関連性のある態様で表示される傾向にある。無論、本実施形態のように期待度演出に用いることを主目的に表示してもよく、必ずしも第1特別図柄、第2特別図柄を識別可能にする必要はない。

0062

以下では、第一実施形態のパチンコ機50の動作について詳細に説明すると共に、本発明の「期待度演出」について説明する。
(1)メインルーチンについて
まず、パチンコ機50の主制御装置80におけるメインルーチンについて、図5に記載のフローチャートを用いて説明する。なお、このメインルーチンは、2ms周期タイマ割り込み処理として起動される。

0063

S10では、主制御装置80は、正常なタイマ割り込みによりメインルーチンが起動されたか否かを判定し、肯定判定が得られた場合には(S10:Yes)、S20に処理を移行すると共に、否定判定が得られた場合には(S10:No)、S15に処理を移行する。

0064

S15では、主制御装置80は、CPUやI/O等の初期設定を行い、S75に処理を移行する。
一方、S10で肯定判定が得られた場合には、主制御装置80は、初期値乱数更新(S20),大当り決定用乱数の更新(S25),大当り図柄決定用乱数の更新(S30),当り決定用乱数の更新(S35),リーチ判定用乱数の更新(S40),変動パターン決定用乱数1,2の更新(S45)を行うことで、各種乱数(数値データ)の更新を実行する。

0065

なお、初期値乱数は、0〜3899の範囲であり、乱数の大きさは3900である。
また、大当り判定用乱数は、0〜3899の範囲であり、乱数の大きさは3900である。なお、通常モードにおいて大当りとなる値の数は13(大当り確率は1/300)で、775〜778,1775〜1778,2775〜2779となる。また、確変モードにおいては、大当りとなる値の数は、13よりも大きい数となる。

0066

また、大当り図柄決定用乱数の値は、0〜59の範囲であり、乱数の大きさは60である。

0067

また、変動パターン決定用乱数1の値は、0〜1020の範囲であり、乱数の大きさは1021である。
また、変動パターン決定用乱数2の値は、0〜600の範囲であり、乱数の大きさは601である。

0068

そして、主制御装置80は、始動口等といった入賞口への遊技球の入賞を検出する入賞確認処理と(S50),始動口への入賞に起因して大当り抽選を行う当否判定処理と(S55)、大当り抽選で当った際に行われる大当り遊技を制御する大当り遊技処理と(S60)を行う。また、遊技者の不正行為を検出する不正監視処理と(S65)、ホールコンピュータ87等に各種情報を送信する各出力処理と(S70)を実行する。

0069

また、S75では、主制御装置80は、次のタイマ割込みが発生してメインルーチンが起動されるまで、初期値乱数の更新を繰り返し行う。
(2)始動入賞確認処理について
次に、第1始動口11又は第2始動口12への入賞を検出し、該入賞に応じて保留記憶の生成等を行う始動入賞確認処理について、図6に記載のフローチャートを用いて説明する。なお、本処理は、メインルーチンにて実行される入賞確認処理(S50)からコールされるサブルーチンとして構成されている。

0070

S100では、主制御装置80は、第1始動口SW11aの検出信号に基づき、第1始動口11への遊技球の入賞が発生したかを判定する。そして、肯定判定の場合は(S100:Yes)、S105に処理を移行し、否定判定の場合は(S100:No)、S120に処理を移行する。

0071

S105では、主制御装置80は、第1特別図柄に係る保留記憶の数が上限値(一例として4)か否かを判定する。そして、否定判定の場合は(S105:No)、S110に処理を移行し、肯定判定の場合は(S105:Yes)、S120に処理を移行する。

0072

S110では、主制御装置80は、第1特別図柄に係る、大当り抽選に用いられる大当り決定用乱数や、大当り抽選で当った際に停止表示される図柄(当り図柄)を決定するための大当り図柄決定用乱数や、疑似演出において、リーチ状態となった後に外れを示す演出図柄を停止表示させる演出(ノーマルリーチスーパーリーチ)を行うか否かを決定するためのリーチ判定用乱数や、特別図柄の変動時間等を決定するための変動パターン決定用乱数等を抽出し、これらの乱数(数値データ)を保留記憶として記憶する。
すなわち、S110では、第1始動口11に遊技球が入球したことに起因して、数値データとしての各種乱数を抽出すると共に、該抽出した数値データを第1特別図柄に係る保留記憶として記憶する。
そして、消化されていない第1特別図柄に係る保留記憶の数を示す保留数コマンドを、サブ統合制御装置83に送信し、S115に処理を移行する。

0073

S115では、主制御装置80は、新たに発生した第1特別図柄に係る保留記憶に対応する大当り決定用乱数等の値について判定する先読み判定処理を実行し、S120に処理を移行する
本実施形態の先読み判定処理(S115)は、後述する当否判定処理の実行前に、記憶された数値データが大当りとなる内容を備えているか否か、すなわち特定の数値と合致するか否かを、後述する当否判定処理の前に確認する処理である。
さらに、確認した結果に係る情報(信号)である各種先読みコマンドを、サブ統合制御装置83に送信する処理である。

0074

S115の処理後、S100の否定判定後、或いはS105の肯定判定後に移行する、S120では、主制御装置80は、第2始動口SW12aの検出信号に基づき、第2始動口12への遊技球の入賞が発生したかを判定する。そして、肯定判定の場合は(S120:Yes)、S125に処理を移行し、否定判定の場合は(S120:No)、本処理を終了する。

0075

S125では、主制御装置80は、第2特別図柄に係る保留記憶の数が上限値(一例として4)か否かを判定する。そして、否定判定の場合は(S125:No)、S130に処理を移行し、肯定判定の場合は(S125:Yes)、本処理を終了する。

0076

S130では、主制御装置80は、第2特別図柄に係る、大当り抽選に用いられる大当り決定用乱数や、大当り抽選で当った際に停止表示される図柄(当り図柄)を決定するための大当り図柄決定用乱数や、疑似演出において、リーチ状態となった後に外れを示す演出図柄を停止表示させる演出(ノーマルリーチやスーパーリーチ)を行うか否かを決定するためのリーチ判定用乱数や、特別図柄の変動時間等を決定するための変動パターン決定用乱数等を抽出し、これらの乱数(数値データ)を保留記憶として記憶する。
すなわち、S130では、第2始動口12に遊技球が入球したことに起因して、数値データとしての各種乱数を抽出すると共に、該抽出した数値データを第2特別図柄に係る保留記憶として記憶する。
そして、消化されていない第2特別図柄に係る保留記憶の数を示す保留数コマンドを、サブ統合制御装置83に送信し、S135に処理を移行する。

0077

S135では、主制御装置80は、新たに発生した第2特別図柄に係る保留記憶に対応する大当り決定用乱数等の値について判定する先読み判定処理を実行し、本処理を終了する
本実施形態の先読み判定処理(S135)は、後述する当否判定処理の実行前に、記憶された数値データが大当りとなる内容を備えているか否か、すなわち特定の数値と合致するか否かを、後述する当否判定処理の前に確認する処理である。
さらに、確認した結果に係る情報(信号)である各種先読みコマンドを、サブ統合制御装置83に送信する処理である。

0078

なお、本実施形態では上述したように、第1特別図柄と第2特別図柄で其々固有の先読み判定処理として、S115とS135を備えるようにしたが、本処理の最終にて共通の先読み判定処理を1回行うように構成しても良い。

0079

さらに、本実施形態では、S110及びS130にて保留数コマンドを、また、S115及びSS135にて各種先読みコマンドを、個別に送信する構成としたが、保留数コマンドと先読みコマンドを1つのコマンドとして生成し、1回の送信処理にて送信するような構成としても良い。つまり、S110とS115の異なるコマンド、S130とS135の異なるコマンドを、各々合成して1つの合成コマンドとして、S115又はS135にて送信するようにしても良い。
(3)先読み判定処理について
次に、新たに発生した第1特別図柄又は第2特別図柄に係る保留記憶に関し、これに対応する大当り決定用乱数等の値と合致するか否かを判定する先読み判定処理について、図7に記載のフローチャートを用いて説明する。なお、本処理は、始動入賞確認処理からコールされる。
なお、本実施形態では、図7に示す処理は、上記S115及びS135の何れにおいても実行される共通の処理である。

0080

S150では、主制御装置80は、新たに発生した保留記憶に係る大当り決定用乱数の値が特定値(大当り抽選で当りとなる値)か否かを判定し、肯定判定が得られた場合には(S150:Yes)、S155に処理を移行すると共に、否定判定が得られた場合には(S150:No)、S160に処理を移行する。

0081

S155では、主制御装置80は、新たに発生した保留記憶に係る大当り決定用乱数の値が上記特定値であることを示す先読みコマンド1を生成してサブ統合制御装置83に送信し、本処理を終了する。

0082

一方、S160では、主制御装置80は、新たに発生した保留記憶に係るリーチ判定用乱数と変動パターン決定用乱数1,2の値が特定値(疑似演出でスーパーリーチとなる値)か否かを判定し、肯定判定が得られた場合には(S160:Yes)、S165に処理を移行すると共に、否定判定が得られた場合には(S160:No)、S170に処理を移行する。

0083

S165では、主制御装置80は、新たに発生した保留記憶に係るリーチ判定用乱数と変動パターン決定用乱数1,2の値が上記特定値であることを示す先読みコマンド2を生成してサブ統合制御装置83に送信し、本処理を終了する。

0084

また、S170では、主制御装置80は、新たに発生した保留記憶に係るリーチ判定用乱数と変動パターン決定用乱数1,2の値が特定値(疑似演出でノーマルリーチとなる値)か否かを判定し、肯定判定が得られた場合には(S170:Yes)、S175に処理を移行すると共に、否定判定が得られた場合には(S170:No)、S180に処理を移行する。

0085

S175では、主制御装置80は、新たに発生した保留記憶に係るリーチ判定用乱数と変動パターン決定用乱数1,2の値が上記特定値であることを示す先読みコマンド3を生成してサブ統合制御装置83に送信し、本処理を終了する。

0086

一方、S180では、主制御装置80は、新たに発生した保留記憶に係る大当り決定用乱数やリーチ判定用乱数や変動パターン決定用乱数1,2が、上記特定値のうちのいずれでもないことを示す先読みコマンド4を生成してサブ統合制御装置83に送信し、本処理を終了する。
また、他の構成として、ハズレ図柄も複数備え、該ハズレ図柄には予め大まかな変動内容が指定されており、変動パターン決定用乱数を用いて変動パターンを選択する構成も考えられる。この場合は、大当り図柄決定用乱数ではなく、図柄決定用乱数となる。
大まかな変動内容とは、リーチを行わずにハズレる変動か、リーチを行った後にハズレる変動か、或いは、疑似連続変動一変動中に、あたかも複数回変動したかのように見せかける変動演出)を行なう変動か、といった情報である。そして、該大まかな変動内容が、ハズレ図柄によって指定されており(例えばリーチハズレの場合は変動パターン決定用乱数にて、複数あるリーチ演出の中から選択することになる。)、これにより、図柄情報を先読みコマンドで送るだけで、サブ統合制御装置83は当否結果、及び変動内容を把握することができ、その内容によって先読み演出を実行するか否かを決定することができる。
先読み判定処理で判断する内容は特に限定するものではなく、先読み演出で行ないたい内容に合致したデータを主制御装置80が送ればよい。

0087

本実施形態の主制御装置80は、上述した、S155、S165、S175、およびS180の各種先読みコマンドの送信設定処理では、何れにおいても、先読みコマンドと併せて、「変動テーブル種別コマンド(情報)」を生成してサブ統合制御装置83に送信する。
「変動テーブル種別コマンド」は、現状、後述する当否判定処理(図9参照)のS250及びS260にて変動パターンを決定する際に参照する変動テーブルが、平均変動時間の異なる第1変動テーブル又は第2変動テーブルの何れに設定されている状態であるかを判断し、参照することが設定されている変動テーブルの種別を示唆するコマンドである。
本実施形態では、通常遊技状態では第1変動テーブルが、ST期間に対応した時短遊技状態中には第2変動テーブルが参照されるように設定されているので、上記判定に際し、確変フラグ又は時短フラグの値を判定し、該フラグに1が設定されていれば第2変動テーブルを、0が設定されていれば第1変動テーブルを参照する状態にあると判断し、当該内容のコマンドを生成する。
なお、このような構成に限らず、参照する変動テーブル種別を示唆するフラグを個別に備えてこれを判定するようにしても良いし、参照する変動テーブル種別を示唆する情報を所定のバッファに格納して、該格納された情報を判定するようにしても良い。
本実施形態では、当該変動テーブルの種別に基づいて、後述する「期待度演出」の対象を決定するものである。

0088

(4)当否判定処理について
次に、保留記憶として記憶された大当り決定用乱数により大当り抽選を行う当否判定処理について、図8〜11のフローチャートを用いて説明する。なお、本処理は、メインルーチンから実行される処理である。

0089

まず、図8に関して、S200では、主制御装置80は、特別電動役物の作動中、すなわち、大当り遊技の実行中であるか否かを判定する。そして、肯定判定の場合には(S200:Yes)、本処理を終了し、否定判定の場合には(S200:No)、S205に処理を移行する。

0090

S205では、主制御装置80は、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の変動表示中か否かを判定する。そして、肯定判定の場合には(S205:Yes)、図10のS280に処理を移行し、否定判定の場合には(S205:No)、S210に処理を移行する。

0091

S210では、主制御装置80は、特図の確定表示中か否かを判定する。そして、肯定判定の場合には(S210:Yes)、図11のS290に処理を移行し、否定判定の場合には(S210:No)、図9のS215に処理を移行する。

0092

続いて図9に関して、S215では、主制御装置80は、第2特別図柄に係る保留記憶の有無について判定し、肯定判定の場合には(S215:Yes)、S220に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S215:No)、S380に処理を移行する。

0093

S220では、主制御装置80は、第2特別図柄に係る保留記憶の数をデクリメントすると共に、第2特別図柄に係る最も古い保留記憶を選択し、後述するS230、S235、S245、S250、S255、S260、及びS265等にて参照するために、該保留記憶に記憶された情報(乱数値等の数値データ)を大当り判定用の所定のバッファに移動処理して、S225に処理を移行する。

0094

S215にて否定判定の場合、S380では、主制御装置80は、第1特別図柄に係る保留記憶の有無について判定し、肯定判定の場合には(S380:Yes)、S385に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S380:No)、本処理を終了する。

0095

S385では、主制御装置80は、第1特別図柄に係る保留記憶の数をデクリメントすると共に、第1特別図柄に係る最も古い保留記憶を選択し、後述するS230、S235、S245、S250、S255、S260、及びS265等にて参照するために、該保留記憶に記憶された情報(乱数値等の数値データ)を大当り判定用の所定のバッファに移動処理して、S225に処理を移行する。

0096

このように本実施形態では、第2特別図柄に係る保留記憶が有る場合は、第1特別図柄に優先して処理を行うように構成されている。

0097

S225では、主制御装置80は、確変モードであることを示す確変フラグが1か否かを判定し、肯定判定の場合には(S225:Yes)、S230に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S225:No)、S235に処理を移行する。

0098

S230では、主制御装置80は、選択された保留記憶に係る大当り判定用乱数と、確変モードに対応する当否判定用テーブル(確変テーブル)に基づき、大当り抽選を実行し、該抽選に当るか否かを判定し、該保留記憶を消化する。そして、S240に処理を移行する。

0099

一方、S235では、主制御装置80は、選択された保留記憶に係る大当り判定用乱数と、通常モードに対応する当否判定用テーブル(通常テーブル)に基づき、大当り抽選を実行し、該抽選に当るか否かを判定し、該保留記憶を消化する。そして、S240に処理を移行する。
このように本実施形態のS230およびS235は、始動入賞確認処理のS110又はS130にて記憶された数値データに基づいて、大当り遊技を発生させるか否かの当否判定すなわち大当り判定を実行する処理である。

0100

S240では、主制御装置80は、S230又はS235の判定結果を参照して、大当り抽選で当ったか否かを判定し、肯定判定の場合には(S240:Yes)、S245に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S240:No)、S260に処理を移行する。
なお、上述したハズレ図柄を複数備える構成の場合には、S240で否定判定時に移行する上記S260において、ハズレ図柄決定処理が行なわれるように構成すれば良い。

0101

S245では、主制御装置80は、消化した保留記憶に係る大当り図柄決定用乱数に基づき大当り図柄を決定することで、当該大当り図柄に対応して予め定められた大当り遊技のラウンド数等を決定する。そして、S250に処理を移行する。

0102

S250では、主制御装置80は、消化した保留記憶に係る変動パターン決定用乱数等に基づき、特別図柄の変動時間等を決定し、S255に処理を移行する。

0103

ここで、S250の処理について詳述する。
S250では、上述したように、消化した保留記憶に係る変動パターン決定用乱数等に基づき、特別図柄の変動時間等を決定するものであるが、所定の変動テーブルを参照して該決定が行われる。
本実施形態において、変動テーブルには、変動パターン決定用乱数に対応した複数の変動パターンが設定されており、更にこれらの変動パターンには個々に変動時間が指定されている。
また、本実施形態の変動テーブルは、設定された変動パターンが指定する変動時間の平均である平均変動時間に関して、比較的長時間である平均変動時間(例えば、15秒間)に設定された第1変動テーブルと、該第1変動テーブルよりも比較的短時間である平均変動時間(例えば、5秒間)に設定された第2変動テーブルとを備える。
なお、平均変動時間の時間差は、リーチ演出の出現率による差であったり、リーチなしハズレでの変動時間の差であったりと、他のパラメータ差異度合を反映することで、色々考えられる。
そして、本実施形態では、変動パターン決定処理にて参照する変動テーブルとして、上記第1変動テーブル又は第2変動テーブルの何れかが選択されており、選択されている変動テーブルに基づいて上記決定処理が為されるようになっている。
第1変動テーブルが参照される場合には、変動時間が比較的長時間となる傾向にあり、大当りとなるか否かの「変動演出」に対して充分な演出時間を充当することができ、一変動単位の多彩で趣向性に溢れた演出を遊技者に提供し易くなる。また、第2変動テーブルが参照される場合には、変動時間が比較的短時間となる傾向にあり、変動がテンポよくスピィーディーに消化されて、単位時間あたりの大当りの期待度が増し、大当りによる出玉を遊技者に期待させ易くなる。

0104

更に詳述すると、本実施形態では、通常遊技状態(通常モード)では第1変動テーブルが参照され、確率変動状態(確変)且つ時短遊技状態(普電の開放延長状態)では第2変動テーブルが参照されるように構成されている。
よって、S250では、先ず、現在参照することになっている変動テーブルの種別を判断し、該判断の結果に基づいて第1変動テーブル又は第2変動テーブルの何れかを参照して、変動パターンの決定処理を行うものである。
すなわち、S250は、平均変動時間の異なる第1変動テーブル又は第2変動テーブルの何れかを参照して、変動パターンを選択する処理である。
なお、このようなS250の処理の内容は、後述するS260においても同様である。

0105

S255では、主制御装置80は、大当り遊技のラウンド数、大入賞口の開放パターン、大当り遊技に係る演出時間、インターバル時間、及び大当り遊技の演出態様等を設定し、S270に処理を移行する。

0106

一方、S240で否定判定が得られた場合に移行する(すなわち、大当り抽選で外れた際に移行する)S260では、主制御装置80は、消化した保留記憶に係る変動パターン決定用乱数等に基づき、特別図柄の変動時間等を決定し、S265に処理を移行する。
なお、本実施形態では、S260にて、ハズレ時の消化した保留記憶に係る変動パターン(変動時間)を決定すると共に、これに先立って、ハズレ図柄を決定する処理を行う。この構成に限定することなく、S260の実行前に、ハズレ図柄を決定する処理を備えるように構成しても良い。これにより、上述したハズレ図柄を複数備える構成であれば、好適な制御処理を行うことができる。
このようにS245及びS260は、大当りとなるか否かの判定結果に基づいて、該判定結果を示す特別図柄すなわち、大当り図柄又はハズレ図柄を、決定する処理である。

0107

S265では、主制御装置80は、確変モード(本実施形態ではST期間)中に実行可能な大当り抽選の残り回数を示すカウンタや、時短モード中に実行可能な大当り抽選の残り回数を示すカウンタの更新等を行い、S270に処理を移行する。

0108

S270では、主制御装置80は、上述したS220においてデクリメントした保留記憶の数を示す保留数コマンドをサブ統合制御装置83に送信し、S275に処理を移行する。

0109

S275では、主制御装置80は、特別図柄(第1特別図柄又は第2特別図柄)の変動時間や大当り抽選の結果等を示す変動開始コマンドをサブ統合制御装置83に送信すると共に、特別図柄の変動を開始させ、本処理を終了する。
すなわち、S275では、上記S250又はS260で決定した変動パターンの種別を示す変動パターン信号(コマンド)を、サブ統合制御装置83に送信する処理を行う。

0110

なお、変動開始コマンドを受信したサブ統合制御装置83は、大当り抽選の結果、特別図柄の変動時間をもとに、特別図柄の変動時間と同じ時間の演出の中から演出図柄表示装置6にて表示する疑似演出(変動演出)を選択し、選択した疑似演出を表示させる「変動演出実行処理」(図示しない)を備える。
また、変動開始コマンドは、さらに、大当り抽選により消化された保留記憶が、第1始動口11への入賞により生成されたものであるか、第2始動口12への入賞により生成されたものであるかを示しても良い。

0111

続いて図10に関して、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の変動表示中に移行するS280では、主制御装置80は、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の変動時間が経過したか否かを判定し、肯定判定の場合には(S280:Yes)、S285に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S280:No)、本処理を終了する。

0112

S285では、主制御装置80は、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の変動表示を終了し、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の確定図柄すなわち、上述したS245またはS260にて決定した大当り図柄又はハズレ図柄を表示させると共に、サブ統合制御装置83に対し演出図柄の確定表示を行わせる図柄確定コマンドを送信し、本処理を終了する。
このように、S285は、大当りとするか否かの当否判定結果に基づいて決定された特別図柄に係る大当り図柄またはハズレ図柄を表示させる処理である。

0113

続いて図11に関して、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の確定表示中に移行するS290では、主制御装置80は、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の確定表示の継続時間が終了したか否かを判定する。そして、肯定判定の場合には(S290:Yes)、S295に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S290:No)、本処理を終了する。

0114

S295では、主制御装置80は、特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)の確定表示を終了し、S300に処理を移行する。
S300では、主制御装置80は、確定表示されていた特図(第1特別図柄又は第2特別図柄)が大当り時のものであるか否か、すなわち大当り図柄であるか否かを判定し、肯定判定の場合には(S300:Yes)、S305に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S300:No)、S340に処理を移行する。

0115

S305では、主制御装置80は、確変モードであることを示す確変フラグを参照すると共に、確変フラグが1である場合には確変フラグをクリアし(S310)、その後、S315に処理を移行する。

0116

S315では、主制御装置80は、時短モードであることを示す時短フラグを参照すると共に、時短フラグが1である場合には時短フラグをクリアし(S320)、その後、S325に処理を移行する。

0117

そして、主制御装置80は、条件装置作動開始処理(S325),役物連続作動装置作動開始処理(S330),大当り開始演出処理(S335)を順次実行することで、大当り遊技の態様を示すコマンドや、大当り遊技の開始を指示するコマンドをサブ統合制御装置83に送信する等して大当り遊技を開始し、本処理を終了する。

0118

一方、S300にて否定判定が得られた場合に移行するS340では、主制御装置80は、確変フラグを参照し、該フラグが1である場合には(S340:Yes)、S345に処理を移行し、確変フラグが1ではない場合には(S340:No)、S355に処理を移行する。

0119

なお、本実施形態のパチンコ機50は、所謂ST機として構成されている。すなわち、確変フラグに1が設定されている状態は、ST期間中を意味しており、該ST期間は、確変図柄にて大当りとなった後、所定の変動回数(例えば、100回)が終了するまでの期間において、大当りとするか否かの当否抽選の確率を、通常遊技状態時の低確率よりも高い、高確率に変動(確率変動、確変)させた状態である。
また、パチンコ機50は、確変カウンタを備える。確変カウンタは、ST期間である所定の変動回数(例えば、100回)に対応したカウンタ値(例えば、100)がST期間開始時に設定され、変動終了毎にデクリメント処理されるカウンタである。該確変カウンタが0となることで、ST期間が終了する。

0120

S345で、主制御装置80は、確変カウンタのデクリメント処理を行い、併せて、確変カウンタが0となったか否か、つまり、確変モード中に実行可能な大当り抽選の残り回数(確変回数)が無くなったか否かの判定を行い、0となった場合には(S345:Yes)、S350に処理を移行し、0ではない場合には(S345:No)、S355に処理を移行する。
S350で、主制御装置80は、確変フラグに0を設定して、S355に処理を移行する。

0121

S355で、主制御装置80は、時短フラグを参照し、該フラグが1である場合には(S355:Yes)、S360に処理を移行し、時短フラグが1ではない場合には(S355:No)、S370に処理を移行する。

0122

なお、本実施形態のパチンコ機50は、上述したST期間に対応して、時短状態も発生するように構成されている。つまり確変状態中(ST期間中)は、時短状態中となる。また、上記確変フラグとは別に、時短フラグを備え、時短フラグに1が設定されている状態は、時短中であり且つST期間中を意味しており、該時短期間は、確変図柄にて大当りとなった後、所定の変動回数(例えば、100回)が終了するまでの期間において、普通図柄の変動時間を短縮し、普通電動役物の開放時間を通常時よりも延長する状態である。
また、パチンコ機50は、上記確変カウンタとは別に時短カウンタを備える。時短カウンタは、時短状態である所定の変動回数(例えば、100回)に対応したカウンタ値(例えば、100)が時短状態開始時に設定され、変動終了毎にデクリメント処理されるカウンタである。該時短カウンタが0となることで、時短状態が終了する。
図示しないが、主制御装置80は、時短フラグが1であることに基づいて、普通電動役物の開放時間を延長する「開放延長制御処理」を備える。

0123

S360で、主制御装置80は、時短カウンタのデクリメント処理を行い、併せて、時短カウンタが0となったか否かの判定を行い、0となった場合には(S360:Yes)、S365に処理を移行し、0ではない場合には(S360:No)、S370に処理を移行する。
S365で、主制御装置80は、時短フラグに0を設定して、S370に処理を移行する。

0124

S370では、主制御装置80は、状態指定コマンド送信処理を実行し、本処理を終了する。
(5)大当り遊技処理について
次に、大当り遊技の進行を制御する大当り遊技処理について、図12〜14のフローチャートを用いて説明する。本処理は、メインルーチンから実行される処理である。

0125

S400では、主制御装置80は、役物連続作動装置の作動中、すなわち、大当り遊技の実行中であるか否かを判定する。そして、肯定判定の場合には(S400:Yes)、S405に処理を移行し、否定判定の場合には(S400:No)、本処理を終了する。

0126

S405では、主制御装置80は、大入賞口14の開放中であるか否かを判定し、肯定判定の場合には(S405:Yes)、図13のS430に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S405:No)、S410に処理を移行する。

0127

S410では、主制御装置80は、大当り遊技における各ラウンドのインターバル中であるか否かを判定し、肯定判定の場合には(S410:Yes)、図13のS450に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S410:No)、S415に処理を移行する。

0128

S415では、主制御装置80は、大当り遊技の終了演出中であるか否かを判定し、肯定判定の場合には(S415:Yes)、図14のS470に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S415:No)、S420に処理を移行する。

0129

S420では、主制御装置80は、大当り遊技における開始演出時間が経過したか否かを判定し、肯定判定の場合には(S420:Yes)、S425に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S420:No)、本処理を終了する。

0130

S425では、主制御装置80は、大入賞口14を開放させる大入賞口開放処理を実行し、本処理を終了する。
続いて図13に関して、大入賞口14の開放中に移行するS430では、主制御装置80は、大入賞口14に入賞した遊技球の数が10個となったか否かを判定する。そして、肯定判定の場合には(S430:Yes)、S440に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S430:No)、S435に処理を移行する。

0131

S435では、主制御装置80は、大入賞口14の開放時間が終了したか否かを判定し、肯定判定の場合には(S435:Yes)、S440に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S435:No)、本処理を終了する。

0132

S440では、主制御装置80は、大入賞口14を閉鎖させる大入賞口閉鎖処理を実行し、S445に処理を移行する。
S445では、主制御装置80は、大当り遊技の各ラウンドのインターバルを設定する大当りインターバル処理を実行し、本処理を終了する。

0133

一方、各ラウンドのインターバル中に移行するS450では、主制御装置80は、大当り遊技のインターバル時間が経過したか否かを判定し、肯定判定の場合には(S450:Yes)、S455に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S450:No)、本処理を終了する。

0134

S455では、主制御装置80は、大当り遊技の最終ラウンドか否かを判定し、肯定判定の場合には(S455:Yes)、S460に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S455:No)、S465に処理を移行する。

0135

S460では、主制御装置80は、大当り遊技を終了させる際の演出を行う大当り終了演出処理を実行し、本処理を終了する。
一方、S465では、主制御装置80は、大入賞口14を開放させる大入賞口開放処理を実行し、本処理を終了する。

0136

続いて図14に関して、大当り遊技の終了演出中に移行するS470では、主制御装置80は、該終了演出の時間が終了したか否かを判定し、肯定判定の場合には(S470:Yes)、S475に処理を移行すると共に、否定判定の場合には(S470:No)、本処理を終了する。

0137

続くS475,S480では、主制御装置80は、役物連続作動装置と条件装置とを停止させ、S485に処理を移行する。
S485では、主制御装置80は、大当り遊技後に確変モードに移行するか否か、すなわちST期間に移行するか否か、を判定し、肯定判定の場合には(S485:Yes)、確変モード中に実行可能な大当り抽選の回数(確変回数、ST回数例えば、100回)に相当するカウンタ値を確変カウンタに設定すると共に(S490)、確変フラグに1をセットし(S495)、S500に処理を移行する。

0138

S500では、主制御装置80は、大当り遊技後に時短モードに移行するか否かを判定し、肯定判定の場合には(S500:Yes)、時短モード中に実行可能な大当り抽選の回数(時短回数、例えば100回)に相当するカウンタ値を時短カウンタに設定すると共に(S505)、時短フラグに1をセットし(S510)、S515に処理を移行する。

0139

S515,S520では、主制御装置80は、サブ統合制御装置83に対し、大当り遊技に関する演出を終了させる大当り終了コマンドを送信する処理と、状態指定コマンド送信処理とを実行し、本処理を終了する。

0140

(6)保留表示処理について
次に、保留記憶が生成された際に、該保留記憶に対応する保留図柄を演出図柄表示装置6に表示する保留表示処理について、図15に記載のフローチャートを用いて説明する。なお、本処理は、サブ統合制御装置83にて定期的(例えば、2ms周期のタイマ割り込み処理)に実行される処理である。
なお、図15の「保留表示処理」は、保留記憶が生成された際すなわち、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動表示中に、遊技球が第1始動口11又は第2始動口12に入球して新たな保留記憶が行われた際に実行される処理である。

0141

S600で、サブ統合制御装置83は、主制御装置80から上述した先読みコマンド1〜4及び、「変動テーブル種別コマンド」を受信したか否かを判定し、肯定判定が得られた場合には(S600:Yes)、S605に処理を移行すると共に、否定判定が得られた場合には(S600:No)、本処理を終了する。
上述したように、「先読みコマンド1〜4」は、「始動入賞確認処理」(図6)にて、遊技球が第1始動口11入球し(S100:Yes)、第1特別図柄に係る保留記憶が上限数(例えば4個)に達していない場合に(S105:No)、保留記憶が記憶される都度、先読み判定処理(S115)にて、主制御装置80からサブ統合制御装置83に送信されるコマンド(情報或いは信号とも呼称する)であり、且つ、遊技球が第2始動口12に入球し(S120:Yes)、第2特別図柄に係る保留記憶が上限数(例えば4個)に達していない場合に(S125:No)、保留記憶が記憶される都度、先読み判定処理(S135)にて、主制御装置80からサブ統合制御装置83に送信されるコマンド(情報或いは信号とも呼称する)である。
また、本実施形態では先読み信号保留記憶数を示す信号は1つのコマンドで送信する構成となっている。そのため、サブ統合制御装置83は先読み信号を受信すると、先読み判定内容と保留記憶数の情報を受け取ることができる。無論、先読み判定内容と保留記憶数を示す信号は別々のコマンドで送る構成としてもよい。

0142

S605で、サブ統合制御装置83は、先ず、先読みコマンド1〜4を受信したことに基づいて「保留表示決定用乱数」を抽出し、該抽出した乱数を、保留記憶毎に設けられた所定の「保留表示演出用バッファ」に格納する。該「保留表示演出用バッファ」には、前記抽出した乱数の他、受信した先読みコマンド1〜4、及び、「変動テーブル種別コマンド」が格納される。
次いで、該格納した乱数と、受信した先読みコマンドの種別毎の内容に基づいて、保留図柄又は変動中図柄の、最終的な表示態様の種別(最終保留図柄或いは、最終保留表示とも呼称する)を選択決定して、S610に処理を移行する。

0143

本実施形態のパチンコ機50では、「期待度演出」を実行可能に構成されている。「期待度演出」については、後で詳述するものとして、ここでは概略のみ説明する。
本実施形態の「期待度演出」は、上記先読みコマンドに基づいて、第1特別図柄又は第2特別図柄に係る、保留図柄或いは、保留図柄及び変動中図柄の表示態様を、選択されたシナリオに基づいて、異なる大当り期待度の表示態様に変化させることで、大当りの期待度を段階的に変化させて、遊技者に報知する演出である。
シナリオとは、保留図柄或いは、保留図柄及び変動中図柄に係る表示態様の変化過程が定められたプロセスである。本実施形態では、第1特別図柄と第2特別図柄に対応して、各々、複数種類のシナリオを備える。
そして、上記最終的な表示態様の種別とは、個々のシナリオに予め定められた変化過程における、最終段階の表示態様である。より詳しくは、「期待度演出」の対象を保留図柄とする場合は、当該保留記憶に係る変動表示の開始直前における表示態様であり、「期待度演出」の対象を変動中図柄とする場合は、変動中の特別図柄或いは該特別図柄に対応した演出図柄の確定表示直前における表示態様である。なお、対象を変動中図柄とする場合においても、以降の説明において、最終保留図柄或いは最終保留表示と呼称する場合がある。
なお、最終保留図柄については、「期待度演出」を実行するか否かに拘わらず、決定する。つまり、「期待度演出」を実行しない場合には、決定した最終保留図柄を保留記憶が行われれば即時、表示し、当該保留記憶が消化されるまで該表示態様を維持するため、前記決定の必要がある。
「期待度演出」は、概ね上述したような内容となるが、これを前提として「保留表示処理」に説明を戻す。

0144

S610で、サブ統合制御装置83は、保留図柄或いは変動中図柄の表示態様を変化させる「期待度演出」を実行するか否かの抽選判定を行い、実行する場合には(S610:Yes)、S615に処理を移行し、実行しない場合には(S610:No)、S625に処理を移行する。
なお、S610の抽選判定は、上記「保留表示演出用バッファ」に格納した「保留表示決定用乱数」に基づいて、抽選が行われる。

0145

S615で、サブ統合制御装置83は、今回の「期待度演出」にて参照するシナリオを決定し、S620に処理を移行する。
すなわち、後述する各種シナリオ選択テーブルを参照し、且つ上記S605にて決定した最終保留図柄が設定されてなるシナリオを選択決定する。
選択決定したシナリオは、上記「保留表示演出用バッファ」に格納され、適宜参照される。つまり、後述するS620、「保留表示更新処理」(図16)のS815の処理時等にて参照される。なお、「保留表示演出用バッファ」に格納された情報は、本実施形態では、当該保留記憶に係る変動表示が確定表示して終了するまで、記憶が維持され、確定表示終了後は消去されるよう構成されている。なお、これに限らず、当該保留記憶に関する「期待度演出」が終了したことに基づいて消去するようにしても良い。

0146

また、S615では、シナリオを決定する処理と併せて、S610にて実行することが決定した「期待度演出」の対象を、保留図柄とするか、或いは、保留図柄及び変動中図柄とするか、の判定処理及び決定処理も行われる。該判定処理では、S605で格納した「変動テーブル種別コマンド」を参照して、変動パターンを決定する際に参照する変動テーブルの種別を判断し、判断の結果、第1変動テーブルであれば保留図柄及び変動中図柄を対象とし、第2変動テーブルであれば保留図柄を対象として決定する。このとき、対象を変動中図柄と決定すれば、後述する特1又は特2シナリオ選択テーブルの、全てのプロセスを参照して「期待度演出」を行い、対象を保留図柄と決定すれば、後述する特1又は特2シナリオ選択テーブルの、「変動中」(図19、及び図20参照)の設定情報よりも前のプロセスを参照して「期待度演出」を行う。

0147

S620で、サブ統合制御装置83は、決定したシナリオを参照して、該シナリオの最初の表示態様(一次保留表示態様とも呼称する)を選択して、該表示態様にて、今回受信した先読みコマンドに基づく保留記憶に係る保留図柄を、演出図柄表示装置6に表示する処理を行い、本処理を終了する。
なお、S620では、当該新たに表示する保留図柄を含めた保留図柄の総数は、現在記憶されている保留記憶の総数に相当するように表示制御される。

0148

S625で、サブ統合制御装置83は、S610にて「期待度演出」を非実行と決定したことによって、最後まで維持される表示態様として、最終保留表示態様にて、今回受信した先読みコマンドに基づく保留記憶に係る保留図柄を、演出図柄表示装置6に表示する処理を行い、本処理を終了する。
なお、S625では、当該新たに表示する保留図柄を含めた保留図柄の総数は、現在記憶されている保留記憶の総数に相当するように表示制御される。

0149

(7)保留表示更新処理について
次に、保留記憶が消化された際に、演出図柄表示装置6に表示されている保留図柄の表示位置を更新すると共に、「期待度演出」を行う「保留表示更新処理」について、図16に記載のフローチャートを用いて説明する。なお、本処理は、サブ統合制御装置83にて定期的(例えば、2ms周期のタイマ割り込み処理)に実行される処理である。
また、「保留表示更新処理」は、保留記憶が有る状態において、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動表示が終了して確定表示された際、第2特別図柄の保留記憶があれば第2特別図柄の、無ければ第1特別図柄の、最古の保留記憶に基づく新たな変動表示を開始するために、前記最古の保留記憶の表示が消去され、同じ特別図柄の他の保留記憶が所謂シフト処理される際に、実行される処理である。よって、上述した「保留表示処理」とは異なるタイミングにて実行されるものである。

0150

S800で、サブ統合制御装置83は、主制御装置80から保留数コマンド(保留情報)を受信したか否かを判定し、肯定判定が得られた場合には(S800:Yes)、S805に処理を移行すると共に、否定判定が得られた場合には(S800:No)、本処理を終了する。
なお、保留数コマンドは、上述した当否判定処理(図9)の保留情報送信処理(S270)にて、主制御装置80から送信される情報(コマンド)である。

0151

S805で、サブ統合制御装置83は、上述した第2特別図柄を第1特別図柄よりも優先変動する構成を前提とした上で、演出図柄表示装置6に表示されている最も古い保留記憶に対応する保留図柄を消去すると共に、同じ特別図柄で、これ以外に保留図柄が表示されている場合には、残りの全ての保留図柄の表示位置を、演出図柄表示装置6の画面中央方向に向かって各々1個シフトし、S810に処理を移行する。
なお、本実施形態では上述したように、所謂シフト処理が行われると、例えば図17に示すように、第1特別図柄に係る保留図柄では、右方に1個シフトし、第2特別図柄に係る保留図柄では、左方に1個シフトするようになっている。具体的な表示については後で詳述する。

0152

S810で、サブ統合制御装置83は、上記シフト処理により変更された保留図柄の表示位置と、上述したS615にて決定したシナリオの内容を参照して、保留図柄の内の何れかが「期待度演出」の実行位置、すなわち保留図柄又は変動中図柄の表示態様の変更時期(位置)となったか否かの判定を行い、肯定判定が得られた場合には(S810:Yes)、S815に処理を移行すると共に、否定判定が得られた場合には(S810:No)、本処理を終了する。
シナリオの内容を確認する処理は、上述した「保留表示演出用バッファ」に格納されたシナリオに係る情報を参照することで実施される。

0153

S815で、サブ統合制御装置83は、「期待度演出」の実行位置(時期)となった保留図柄又は変動中図柄について、決定されたシナリオの内容に基づいて表示態様を変化して表示する処理を実行し、本処理を終了する。
以上が、本実施形態の、「保留表示更新処理」である。

0154

(8)変動中図柄及び保留図柄の表示位置について
図17を参照して、本実施形態の変動中図柄について、表示例を示しつつ説明する。なお、図17に示す表示例は、本実施形態における「期待度演出」が、保留図柄及び変動中図柄を対象とした場合を示すものである。
変動中図柄は、当該保留記憶が変動表示の開始に伴い消化されることで消去される保留図柄とは異なり、消去されて変動表示が開始され確定表示される前の保留記憶の保留図柄と関連させた図柄である。こうすることにより、保留図柄で期待度演出を行った場合、変動開始して保留図柄が消去されても、変動中図柄で期待度演出の期待度がどれ程であったかを確認することができる。また、後述するが変動中図柄でも引き続き期待度演出を行うことも可能となる。
図17(a)には、第1特別図柄に係る変動中図柄が表示される状態が、また、図17(b)には、第2特別図柄に係る変動中図柄が表示される状態が、そして、図17(c)には、特別図柄が確定表示されて変動表示が行われていない状態が、示されている。
図17(a)に示すように、演出図柄表示装置6の画面上には、中央に第1特別図柄に対応した演出図柄300が変動表示中であり、画面中央下部には、変動中図柄表示領域301に、第1変動中図柄150が表示されている。該第1変動中図柄150は、現在変動表示中の演出図柄300を、また、該演出図柄300の大当り期待度を示すものである。また、変動中図柄表示領域301の左側には、第1特別図柄に係る第1保留図柄100〜102が表示され、変動中図柄表示領域301の右側には、第2特別図柄に係る第2保留図柄200〜203が表示される。これにより、現在、第1特別図柄は3個の、第2特別図柄は4個の保留記憶が有ることを示している。
本実施形態では、第1保留図柄は、大当りの期待度を示さない通常保留図柄として、白丸の表示態様で示され、第2保留図柄は、大当りの期待度を示さない通常保留図柄として、白四角の表示態様で示される。図17に示される保留図柄は、全て通常保留図柄である。
また、本実施形態の変動中図柄は、第1及び第2特別図柄の何れの保留記憶が消化された結果としての変動中であるのかを視覚的に容易に知らしめるために、第1特別図柄に関しては、第1変動中図柄150のように、白丸の表示態様と連関した球体を象った表示態様にて、また、第2特別図柄に関しては、第2変動中図柄250(図17(b)参照)のように、白四角の表示態様と連関した立方体を象った表示態様にて、表示するようにしている。
また、保留図柄を2次元表示としたのに対して、変動中図柄を3次元表示とすることで、両者を視覚的に容易に峻別することができるようにしている。
なお、第1及び第2特別図柄の何れも変動表示が行われていない状態においては、変動中図柄表示領域301のみを表示し、変動中図柄は表示しないことで、特別図柄が現在は変動表示を行っていないことを示すようにしている。
このように、図示しないが、サブ統合制御装置83は、第1又は第2特別図柄に対応した演出図柄300が変動表示を行うことで実行される変動演出中において、当該変動表示中である旨を示唆する変動中図柄150又は250を、変動中表示領域301に表示する「変動中図柄表示処理」を実行するように構成されている。
なお、変動中図柄によって第1特別図柄か第2特別図柄かを判別可能に示す理由は、演出図柄300を第1特別図柄と第2特別図柄が共用しており、演出図柄だけを見てもどちらの変動か分らないという課題も前提としてある。無論、第1特別図柄と第2特別図柄で別々の演出図柄300を用いる構成であっても、変動中図柄を用いるのは何ら問題ない。

0155

ここで、図17を参照しつつ、第1保留図柄及び第2保留図柄の「表示位置」について説明する。
本実施形態では、第1及び第2特別図柄の各々が、4個を上限数として保留記憶を記憶可能としている。これらの保留記憶が記憶されると、以下に説明する「表示位置」に表示される。
図17(b)を参照すると、第1特別図柄に関して、最古の保留記憶は、最も中央寄りの、第1保留図柄100が表示されている特1第1表示位置に表示され、保留記憶が発生する都度、図示左方向に向かって、特1第2表示位置、特1第3表示位置、および特1第4表示位置、へと順次、追加して表示されていく。一方、シフト処理によって第1保留図柄100が消化されると、第1保留図柄101が特1第2表示位置から特1第1表示位置に移動するのに倣って、他の第1保留図柄も同様に変位する。第2特別図柄に関しては、変位の方向が逆である点においてのみ異なるので、説明は割愛する。
このように、個々の第1又は第2保留図柄が何れの表示位置に表示されているか、によって、本実施形態の「期待度演出」の実行時期、すなわち、表示態様を変化させるタイミングを判断するように構成されている。

0156

(9)期待度に応じた保留図柄及び変動中図柄の表示態様について
図18を参照して、「期待度演出」において実行される、保留図柄又は変動中図柄の大当り期待度に応じた表示態様の種別について、説明する。
図18(a)に示すように、保留図柄又は変動中図柄の表示態様は、大当りの期待度に応じて、特別図柄毎に以下の4種類の態様を備える。なお、図中の記載において、第1特別図柄は特1、第2特別図柄は特2、と記載した。また、期待度とは、当該先読み図柄に対応する保留記憶の大当りとなる期待度を意味する。さらに、大当りとなる期待度について、高、中、或いは低の何れかの報知が為される場合の保留図柄又は変動中図柄を、先読み図柄と呼称し、期待度を示唆しないものを通常保留図柄と呼称した。
先ず、第1特別図柄において、期待度を示さない通常保留図柄は、白丸の表示態様で、「期待度:低」の先読み図柄Aは、白丸に「エクスクラメーションマーク」を付記した表示態様で、「期待度:中」の先読み図柄Bは、黒丸の表示態様で、そして「期待度:高」の先読み図柄Cは、白丸に「星印」を付記した表示態様で、表示されるよう設定されている。
また、第2特別図柄において、期待度を示さない通常保留図柄は、白四角の表示態様で、「期待度:低」の先読み図柄Aは、白四角に「エクスクラメーション・マーク」を付記した表示態様で、「期待度:中」の先読み図柄Bは、黒四角の表示態様で、そして「期待度:高」の先読み図柄Cは、白四角に「星印」を付記した表示態様で、表示されるよう設定されている。

0157

なお、図示した表示態様は、便宜上、保留図柄を対象とした2次元の態様で示したが、変動中図柄を対象とした場合は、適宜、同様の期待度を示すことが容易に認識可能な3次元の態様で示されるものである。例えば、第1特別図柄が変動表示中で、先読み図柄Aの表示態様で第1変動中図柄(図17(a)参照)を表示する場合、球体の内部に「エクスクラメーション・マーク」を付記するようにすれば良い。

0158

本実施形態では、図18(a)に示したように、保留図柄及び変動中図柄に対して、共に同じ表示態様(デザイン)を用いるようにしているため、統合して図示している。しかし、保留図柄と変動中図柄で個々に異なるデザインとしたり、個々に異なる先読み図柄を備えるようにしても良い。例えば、保留図柄に関しては、図18(a)に示した態様とし、変動中図柄に関しては専用の期待度を示す図柄を備えるようにしても良い。

0159

そのような場合の一例として、例えば、図18(b)に示すような、キャラクタ「ヤス吉」の顔を象った第1変動中図柄151を表示するようにしても良い。この場合、キャラクタ「ヤス吉」の顔を、第1特別図柄を対象としていることが視覚的に容易に判断可能なように、略円形に近い意匠とすることが好ましい。逆に、第2特別図柄を対象とする場合は、同じキャラクタ「ヤス吉」の顔でも、略矩形に近い意匠とすることが好ましい。このように、図18(a)に示した表示態様とは、一見して明らかに趣の異なる態様の先読み図柄を備えて、これを表示することで、保留図柄と混同することなく、また極めて期待度の高い旨を示唆するようにすることができる。さらに、その場合は、図示キャラクタ「達吉」352を併せて表示することで、一層期待度の高い状態であることを示すことができる。

0160

このように、本実施形態では、第1及び第2特別図柄に係る、保留図柄又は変動中図柄の表示態様を、大当りの期待度に応じて異なる表示態様で各種備えている。そして、「期待度演出」が行われる場合には、これらの異なる表示態様を、シナリオに基づいて変化させるよう構成されている。次に、本実施形態の各種シナリオについて、図19及び図20を参照して説明することにする。

0161

(10)シナリオの内容について
図19及び図20には、サブ統合制御装置83が「期待度演出」を実行する上で、選択決定される各種シナリオとその内容の一例が示されている。詳しくは、第1特別図柄について「期待度演出」を行う場合に参照されるシナリオ選択テーブルの一部を示している。
なお、これらのシナリオ選択テーブルは、上述した「保留表示処理」(図15)の「シナリオ決定処理」S615において、受信した先読みコマンドの内容や「保留表示処理」(図15)の「最終保留表示選択処理」S605において決定した最終保留図柄の種別に基づき選択され、シナリオを決定する際に参照されるものである。
また、各シナリオ選択テーブルには、変動中図柄の表示態様(図示「変動中」と記載された欄)まで設定されているが、「期待度演出」の対象が保留図柄に限られる場合には、「変動中」欄より前のプロセスのみを使用し、「期待度演出」の対象が変動中図柄まで及ぶ場合には、「変動中」欄までのプロセスを使用するようになっている。
なお、上述した「期待度演出」の対象が保留図柄に限られる場合であって、且つ「変動4」の欄に最終保留図柄が設定されていない場合には、「変動4」の位置に、「変動中」で指定されている最終保留図柄が設定される。

0162

図19(a)は、第1特別図柄について、既に3個の保留記憶が有ることで4個目の保留記憶となる場合に、且つ、最終保留図柄が「先読み図柄C」(図18参照)となる場合に選択される、「特1シナリオ選択テーブル1」である。該「特1シナリオ選択テーブル1」には、シナリオ1−1〜シナリオ1−8までの複数のシナリオが設けられている。
一例として、シナリオ1−1につき説明する。該シナリオ1−1が選択されると、「入賞時」すなわち「保留表示処理」(図15)の「一次保留表示処理」S620において、即時、一次保留表示として通常保留図柄の態様で保留図柄が、特1第4表示位置(図17参照 第1保留図柄103が表示されている表示領域)に表示される。1回目のシフト処理が行われると、「保留表示更新処理」(図16)のS805及びS815によって、当該保留図柄は、特1第3表示位置に変位し且つ、先読み図柄Aの表示態様に変化して表示される。2回目のシフト処理が行われると、当該保留図柄は、特1第2表示位置に変位し且つ、先読み図柄Bの表示態様に変化して表示される。3回目のシフト処理が行われると、当該保留図柄は、特1第1表示位置に変位し且つ、先読み図柄Cの表示態様に変化して表示される。仮に、「期待度演出」の対象が保留図柄及び変動中図柄である場合には、4回目のシフト処理が行われて、特1第1表示位置に表示された保留図柄が消去されると、変動中図柄が先読み図柄Cの表示態様に変化して表示される。これが、シナリオ1−1が選択された場合の、保留図柄及び変動中図柄の変更プロセスである。

0163

このように、シナリオ1−1が選択された場合は、対象となる保留図柄が特1第1表示位置に表示されたタイミングで、最終保留図柄である先読み図柄Cの表示態様に変化する。しかし、最終保留図柄の表示態様に到達するタイミングは、シナリオによって異なる。また、一次保留図柄の表示態様もシナリオによって異なる。また、シフト処理の都度変化する場合もあれば、変化しない場合もある。さらに、シフト処理による変化で、期待度が昇格のみ発生するものだけでなく、例えばシナリオ1−7やシナリオ1−8のように、プロセス中に降格する場合も備えたシナリオも設けられている。
このように、予め保留図柄の表示態様の変化の過程を決めておけば、上記降格するシナリオ以外にも、シナリオ1−3のように変動中に突然期待度が最高度に達する展開、逆にシナリオ1−4のように入賞時にいきなり期待度が最高度で報知される展開など、劇的な展開で表示態様を変化させることにより、遊技者を飽きさせなくすることができる。

0164

上述した「特1シナリオ選択テーブル1」の他に、第1特別図柄について、既に2個の保留記憶が有ることで3個目の保留記憶となる場合に、且つ、最終保留図柄が「先読み図柄C」(図18参照)となる場合に選択される、「特1シナリオ選択テーブル2」(図19(b)参照)や、第1特別図柄について、既に1個の保留記憶が有ることで2個目の保留記憶となる場合に、且つ、最終保留図柄が「先読み図柄C」(図18参照)となる場合に選択される、「特1シナリオ選択テーブル3」(図20(a)参照)や、第1特別図柄について、既に3個の保留記憶が有ることで4個目の保留記憶となる場合に、且つ、最終保留図柄が「先読み図柄B」(図18参照)となる場合に選択される、「特1シナリオ選択テーブル4」(図20(b)参照)等の他、図示しない複数の特1シナリオ選択テーブルを備えている。更に、図示しないが、第2特別図柄に関しても、同様に多数種類の特2シナリオ選択テーブルを備えている。

0165

本実施形態では、上述したようなシナリオ選択テーブルを備えており、サブ統合制御装置83は、「保留表示処理」(図15)及び「保留表示更新処理」(図16)を実行することで、保留図柄又は保留図柄及び変動中図柄の表示態様をシナリオ選択テーブルによって選択したシナリオに基づき段階的に変化させる「期待度演出」を行うものである。

0166

また、本実施形態では、サブ統合制御装置83は、「保留表示処理」(図15)のS615を実行することで、変動パターンの決定にて参照する変動テーブルの種別に基づき、第1変動テーブルであれば保留図柄及び変動中図柄を対象とした「期待度演出」(第2期待度演出)を、また、第2変動テーブルであれば保留図柄を対象とした「期待度演出」(第1期待度演出)を行うものである。

0167

(11)「期待度演出」が行われた場合の表示の具体例について
図21は、本実施形態の「期待度演出」が実行された際の、表示例を示すものである。
図21(a)は、変動パターンの決定にて第1変動テーブルを参照する状態における表示例であり、図21(b)は、変動パターンの決定にて第2変動テーブルを参照する状態における表示例である。

0168

図21(a)に示す状態では、比較的長い平均変動時間が設定された第1変動テーブルが参照される。このため、演出図柄表示装置6の画面上では、キャラクタ350とキャラクタ351の比較的長時間に亘るバトル演出が展開されると共に、変動表示中の特別図柄に対応した演出図柄300が変動表示中の状態で表示される。
また、参照される変動テーブルの種別が第1変動テーブルであることから、サブ統合制御装置83は、「保留表示処理」(図15)のS615において、「期待度演出」の対象範囲を、保留図柄及び変動中図柄に設定することで、演出図柄表示装置6の画面下部には、第1保留図柄100〜102に加えて、変動中図柄表示領域301に第1変動中図柄150が表示される。第1変動中図柄150は、変動中の演出図柄300に対応した特別図柄の大当り期待度を表示態様によって示している。図示した第1変動中図柄150は、通常保留図柄の態様にて表示されたおり、期待度は不明である。
このように、比較的長時間に亘って実行される変動演出において、大当り期待度を示す「期待度演出」を、保留図柄のみならず、変動中図柄も含めて行うことによって、図示キャラクタ350とキャラクタ351のバトル演出を楽しませながら、しかも、第1保留図柄100〜102及び第1変動中図柄150の表示態様によって大当り期待度を報知演出するので、時間的余裕をもって、遊技者に充分な演出を堪能させることができる。
また、この場合、変動中図柄での期待度演出として、バトル演出の進行に合わせたタイミングで順々に期待度を上げていく事も考えられる。
例えば、主人公のキャラクタ350(背が低い方のキャラクタ)が攻撃ヒットさせたタイミングで、変動中図柄の表示態様が期待度の高いものに変化していく。図19(a)のシナリオ1−3ならば、変動中図柄でいきなり先読み図柄Cに変化させるのではなく、変動演出の進行に合わせて先読み図柄A、B、Cと変化させていけば、変動演出と期待度演出とで統合的に演出することができ、より演出力を向上させることができる。
なお、本実施形態では、当該状態は通常遊技状態において実行される。

0169

図21(b)に示す状態では、比較的短い平均変動時間が設定された第2変動テーブルが参照される。このため、演出図柄表示装置6の画面上では、上述したキャラクタのバトル演出等の一定の所要時間を必要とする演出は行わず、簡素に変動表示中の特別図柄に対応した演出図柄300と、第2変動テーブルが参照されていることを示唆するキャラクタ「熊の達吉」352が表示される。
また、参照される変動テーブルの種別が第2変動テーブルであることから、サブ統合制御装置83は、「保留表示処理」(図15)のS615において、「期待度演出」の対象範囲を、保留図柄に設定することで、演出図柄表示装置6の画面下部には、第1保留図柄100〜102のみが表示され、変動中図柄表示領域301及び第1変動中図柄150は表示されない。
このように、比較的短時間で実行完了する変動演出において、大当り期待度を示す「期待度演出」を、保留図柄のみに限定して行うことによって、淡々とスピィーディーに当該変動を終了させ、短時間でより多くの大当りとなる可能性を高めると共に出玉獲得に向けて遊技者の意欲を高めることができる。なお、本実施形態では、当該状態はST期間と併せて実行される時短遊技状態(開放延長状態)において実行される。
特にST期間などでは高い確率で大当りが発生することから、遊技者としては変動演出を楽しむというより、いかにST期間中に連続して当りを得て獲得出玉を増やせるかに集中しており、変動演出は大当りとなる場合以外はあまり必要とされない状態である。そのため、ハズレ時はリーチなども行わず、大当り時も比較的短時間で報知する演出とすることにより、
遊技者の感覚と合致した遊技内容遊技展開を提供することができる。期待度演出も、短時間で保留図柄が位置を移動していく際に、先読み図柄に変化したり、期待度の高い図柄に変化していくため、たとえ一変動の所要時間は短くても、数変動前から大当りの可能性が示唆されつつ、変動する度に、期待度が変化するか否かを楽しませることができ、変動演出よりも期待度演出の方で楽しむ期間とすることができる。

0170

[第二実施形態]
次に本発明の第二実施形態について説明する。第二実施形態は、サブ統合制御装置83が実行する「保留表示処理」(図15)のS615における設定条件と、これにより実行される「期待度演出」の表示態様において第一実施形態と相違するため、相違する制御処理および該処理によって実行される演出の具体例について説明する。
よって、上記相違点について、図15を参照して説明し、また、図21に対応する図22を示して詳細に説明し、図1乃至図14図16乃至図20については、第一実施形態での説明を援用して、ここでの説明を割愛するものとする。

0171

本実施形態の「保留表示処理」について、図15を参照して、特にS615に関して説明する。
本実施形態では、S615のシナリオ決定処理において、サブ統合制御装置83は、今回の「期待度演出」にて参照するシナリオを決定するのに加えて、S610にて実行することが決定した「期待度演出」の対象を、保留図柄とするか、或いは、保留図柄及び変動中図柄とするか、の判定処理及び決定処理も行われる。該判定処理では、S605で格納した「変動テーブル種別コマンド」を参照して、変動パターンを決定する際に参照する変動テーブルの種別を判断し、判断の結果、第2変動テーブルであれば保留図柄及び変動中図柄を対象とし、第1変動テーブルであれば保留図柄を対象として決定する。このとき、対象を保留図柄及び変動中図柄と決定すれば、後述する特1又は特2シナリオ選択テーブルの、全てのプロセスを参照して「期待度演出」を行い、対象を保留図柄と決定すれば、特1又は特2シナリオ選択テーブルの、「変動中」(図19、及び図20参照)の設定情報よりも前のプロセスを参照して「期待度演出」を行う。なお、上述した「期待度演出」の対象が保留図柄に限られる場合であって、且つ「変動4」の欄に最終保留図柄が設定されていない場合には、「変動4」の位置に、「変動中」で指定されている最終保留図柄が設定される。
要するに、変動テーブル種別に基づき決定される対象範囲が、第一実施形態とは逆の構成となっている。次に、このように構成される本実施形態での表示の具体例について、図22を参照して説明する。

0172

図22(a)に示す状態では、比較的長い平均変動時間が設定された第1変動テーブルが参照される。このため、演出図柄表示装置6の画面上では、キャラクタ350とキャラクタ351の比較的長時間に亘るバトル演出が展開されると共に、変動表示中の特別図柄に対応した演出図柄300が変動表示中の状態で表示される。
また、参照される変動テーブルの種別が第1変動テーブルであることから、サブ統合制御装置83は、「保留表示処理」(図15)のS615において、「期待度演出」の対象範囲を、保留図柄に設定することで、演出図柄表示装置6の画面下部には、第1保留図柄100〜102のみが表示され、変動中図柄表示領域301及び第1変動中図柄150は表示されない。
このように、比較的長時間に亘って実行される変動演出において、大当り期待度を示す「期待度演出」を、保留図柄のみを対象範囲として行うことによって、遊技者は当該変動の大当り期待度の推測を、図示キャラクタ350とキャラクタ351のバトル演出の展開にのみ頼るようにすることで、遊技者は混乱することがない。また、時間的余裕をもって、遊技者に充分な演出を堪能させることができる。
また、変動演出でどれだけ大当りの期待を煽っても、期待度演出が低い状態で表示されていると遊技者によっては興醒めしてしまうことがある。そのため本実施形態では、変動演出で十分遊技者を楽しませることが可能な状態では、期待度演出は変動開始前の演出に限定することにより、変動演出の演出力を阻害することなく共存させることができる。
なお、本実施形態では、当該状態は通常遊技状態において実行される。

0173

図22(b)に示す状態では、比較的短い平均変動時間が設定された第2変動テーブルが参照される。このため、演出図柄表示装置6の画面上では、上述したキャラクタのバトル演出等の一定の所要時間を必要とする演出は行わず、簡素に変動表示中の特別図柄に対応した演出図柄300と、第2変動テーブルが参照されていることを示唆するキャラクタ「熊の達吉」352が表示される。
また、参照される変動テーブルの種別が第2変動テーブルであることから、サブ統合制御装置83は、「保留表示処理」(図15)のS615において、「期待度演出」の対象範囲を、保留図柄及び変動中図柄に設定することで、演出図柄表示装置6の画面下部には、第1保留図柄100〜102に加えて、変動中図柄表示領域301に第1変動中図柄150が表示される。第1変動中図柄150は、変動中の演出図柄300に対応した特別図柄の大当り期待度を表示態様によって示している。図示した第1変動中図柄150は、通常保留図柄の態様にて表示されたおり、期待度は不明である。
このように、比較的短時間で実行完了する変動演出において、大当り期待度を示す「期待度演出」を、保留図柄に加えて変動中図柄も含めて行うことによって、淡々とシンプルに且つスピィーディーに当該変動を終了させ、短時間でより多くの大当りとなる可能性を高めた出玉のスピード感を重視した演出を行う。例えば変動演出は当否を示すだけの役割を担わせ、期待度演出が数変動に亘って期待度を変化させることで演出することにより、第2変動テーブル選択時は期待度演出がメインで演出を行う遊技状態とすることができる。
また、当該変動の期待度を第1変動中図柄150を表示することで報知することで、当該変動に対するシンプルな演出を効果的に補完して遊技者の当該変動への注意を著しく高めることができる。なお、本実施形態では、当該状態はST期間と併せて実行される時短遊技状態(開放延長状態)において実行される。期待度演出が数変動に亘って、当該変動まで演出するため、変動演出としてリーチ演出なども省くことができ、演出力を維持しながらより短時間変動を実施することができる。

0174

[第三実施形態]
次に本発明の第三実施形態について、図23乃至図25を参照して説明する。
なお、第三実施形態では、第一実施形態と異なり、ST期間中において、変動表示回数によって、参照する変動テーブルが変化する構成を備える。サブ統合制御装置83が実行する「保留表示処理」(図15)のS615では、ST期間中に変化した変動テーブルの種別に基づいて、実行される「期待度演出」の対象範囲を都度、変更する。

0175

図25(a)を参照して、本実施形態の、ST期間中に参照する変動テーブルの設定内容について説明する。本実施形態では、大当り遊技後に変動表示回数が100回に到達するまで確変状態を維持するST期間が設けられている。該ST期間中に、変動パターンを決定する上で参照する変動テーブルの種別は、変動回数が所定の回数となることで変化する。具体的には、ST期間の残り変動回数が100回すなわち大当り遊技終了直後から、残り変動回数が50回までは、第1変動テーブルよりも平均変動時間が短く設定された第2変動テーブルが参照される。残り変動回数が49回から5回までは、第1変動テーブルが参照される。そして、変動回数が4回から1回までは、設定されている平均変動時間が、第1変動テーブルよりも短く、且つ第2変動テーブルよりも長い、第3変動テーブルが参照される。
すなわち、ST期間は、最初は迅速に始まり、続いて緩慢な状態を介して、最後は中庸な展開で終了するよう設定されている。
なお、本実施形態のST期間中は、確変状態とともに普通電動役物の開放時間が通常遊技状態よりも長くなる開放延長状態が作動している期間であり、普通電動役物に設けられた第2特別図柄の始動口への入賞が多くなるため、この期間中は第2特別図柄での当否抽選がメインとした遊技性となる。

0176

次に本実施形態の表示の具体例を、図23を参照して説明する。
図23(a)は、ST期間の残り変動回数が98回、すなわち第2変動テーブルを参照する期間(変動回数が1回〜51回)における表示例である。第2変動テーブルを参照していることで、変動時間が比較的短く、「期待度演出」の対象範囲は保留図柄のみであることから、演出図柄表示装置6の画面上では、第2特別図柄に係る第2保留図柄200〜203が表示され、変動中図柄は表示されない。また、変動中の演出図柄300、第2変動テーブルを参照していることを示唆するキャラクタ「久吉」353、及び、状態報知表示360が併せて表示される。
このような表示によって、変動時間が短く出玉を重視した期間である「久吉RUSH高速ZONE」を実行中である旨を報知して、遊技者の興味を短時間にどれだけ多くの大当りを獲得できるかに集中させる。例えば、大当りする時にはリーチ演出を行わず、演出ボタンを操作することを促し、演出ボタンを操作することにより演出表示上、または演出用の可動役物を備えている時は可動役物が動作することにより大当りと報知する演出が考えられる。このようにすることで、リーチ演出を行う時間を必要とせず、しかし遊技者が能動的に当否報知の実行を決定することができるため、短時間でも楽しい遊技期間となる。

0177

図23(b)は、ST期間の残り変動回数が48回、すなわち第1変動テーブルを参照する期間(変動回数が52回〜96回)における表示例である。第1変動テーブルを参照していることで、変動時間が比較的長く、「期待度演出」の対象範囲は保留図柄及び変動中図柄であることから、演出図柄表示装置6の画面上では、第2特別図柄に係る第2保留図柄200〜203及び、第2変動中図柄250が表示される。また、キャラクタ350とキャラクタ351の比較的長時間に亘るバトル演出が展開されると共に、変動表示中の特別図柄に対応した演出図柄300が変動表示中の状態で表示される。併せて、状態報知表示360も表示される。
このような表示によって、多彩な変動演出を実行する上で充分に変動時間が長い期間である「達吉RUSHボクシングZONE」を実行中である旨を報知して、遊技者に当該変動演出の趣向性の高い演出の展開を充分に楽しませることができる。さらに、当該演出の展開と併せて、第2変動中図柄250を表示し、これを「期待度演出」の対象範囲とすることで、当該変動の進展及び大当り期待度の度合に対して、遊技者に強い興味を抱かせることができる。ここでもボクシングの試合内容に合わせて変動中図柄250の表示態様を変化させたりすれば、相乗効果で変動演出への興味を高めることができる。

0178

[変形例1]
本発明に係る変形例1を、図24を参照して説明する。
本変形例では、変動テーブル種別に基づき決定される対象範囲が、上述した第三実施形態とは逆の構成となっている。すなわち、「期待度演出」の対象範囲を、第1変動テーブルが参照されているときは、保留図柄とし、第2変動テーブルが参照されているときは、保留図柄及び変動中図柄とするように構成されている。このように構成される本実施形態での表示の具体例について、図24を参照して説明する。

0179

図24(a)は、ST期間の残り変動回数が98回、すなわち第2変動テーブルを参照する期間(変動回数が1回〜51回)における表示例である。第2変動テーブルを参照していることで、変動時間が比較的短い。「期待度演出」の対象範囲は保留図柄及び変動中図柄であることから、演出図柄表示装置6の画面上では、第2特別図柄に係る第2保留図柄200〜203及び、第2変動中図柄250が表示される。また、変動中の演出図柄300、第2変動テーブルを参照していることを示唆するキャラクタ「久吉」353、及び、状態報知表示360が併せて表示される。
このような表示によって、変動時間が短く出玉を重視した期間である「久吉RUSH高速ZONE」を実行中である旨を報知して、遊技者の興味を短時間にどれだけ多くの大当りを獲得できるかに集中させつつ、今回の変動表示によって大当りを獲得できるか否かの期待度を第2変動中図柄250によって示唆するので、遊技者の出玉に対する欲求を一層煽ることができる。
このように、比較的短時間で実行完了する変動演出において、大当り期待度を示す「期待度演出」を、保留図柄に加えて変動中図柄も含めて行うことによって、淡々とシンプルに且つスピィーディーに当該変動を終了させ、短時間でより多くの大当りとなる可能性を高めた出玉のスピード感を重視した演出を行う。また、当該変動の期待度を第2変動中図柄250を表示することで報知することで、当該変動に対するシンプルな演出を効果的に補完して遊技者の当該変動への注意を著しく高めることができる。
また、保留図柄だけで期待度演出を行うと、最大4段階の変化でしか演出することができないが、変動中図柄も対象とすることにより、最大5段階にすることができ、それだけ長期に亘って期待感を持続することができる。

0180

図24(b)は、ST期間の残り変動回数が48回、すなわち第1変動テーブルを参照する期間(変動回数が52回〜96回)における表示例である。第1変動テーブルを参照していることで、変動時間が比較的長い。「期待度演出」の対象範囲は保留図柄であることから、演出図柄表示装置6の画面上では、第2特別図柄に係る第2保留図柄200〜203のみが表示され、変動中図柄は表示されない。また、キャラクタ350とキャラクタ351の比較的長時間に亘るバトル演出が展開されると共に、変動表示中の特別図柄に対応した演出図柄300が変動表示中の状態で表示される。併せて、状態報知表示360も表示される。
このような表示によって、多彩な変動演出を実行する上で充分に変動時間が長い期間である「達吉RUSHボクシングZONE」を実行中である旨を報知して、遊技者に当該変動演出の趣向性の高い演出の展開を充分に楽しませることができる。さらに、第2変動中図柄250を表示せず、第2保留図柄200〜203のみを表示することで、当該変動の大当り期待度の度合を、遊技者はバトル演出の展開からのみ推測することになり、充分に時間の余裕のある興趣溢れる演出に対して、遊技者に一層強い興味を抱かせることができる。
このように、比較的長時間に亘って実行される変動演出において、大当り期待度を示す「期待度演出」を、保留図柄のみを対象範囲として行うことによって、遊技者は当該変動の大当り期待度の推測を、図示キャラクタ350とキャラクタ351のバトル演出の展開にのみ頼るようにすることで、より変動演出に集中することができる。また、変動演出と期待度演出が重ならないことにより、遊技者は混乱することがない。また、時間的余裕をもって、遊技者に充分な演出を堪能させることができる。

0181

[変形例2]
本発明に係る変形例2を、図25(b)を参照して説明する。
上述した第三実施形態では、ST期間中の変動回数に基づいて、参照する変動テーブルを変更する構成を示したが、本変形例では、ST期間ではなく、通常遊技状態における変動回数に基づいて、参照する変動テーブルを変更する構成となっている。
図25(b)に示すように、本変形例のパチンコ機50では、電源投入後の初回の変動から200回までは、第1変動テーブルを、201回から400回までは第2変動テーブルを、参照するようにして、以降、200回の変動表示が終了する毎に、第1及び第2変動テーブルを交互に変更する構成となっている。
このように構成することで、電源投入後の通常遊技状態においても、変動表示の回数が増加するに従い、参照する変動テーブルが第1と第2変動テーブルで変更され、変更された変動テーブルの種別に基づいて、「期待度演出」の対象範囲が、保留図柄とするか、又は保留図柄及び変動中図柄とするかが変化する。
これによって、大当り遊技が発生するまで変化の乏しい通常遊技状態においても、「期待度演出」の対象範囲が変動回数によって変化して、演出を充分に時間をかけて楽しませる期間と、出玉を重視した期間を交互に発生させることになり、バランスよく遊技の興趣を高めることができる。

0182

[変形例3]
上述した実施形態及び変形例では、「期待度演出」を実行するか否かの抽選処理を、始動入賞時のタイミングすなわち「保留表示処理」(図15)のS610にて行い、肯定判定となるとシナリオを決定し、該決定したシナリオに基づいて一次保留図柄が表示され、また、シフト処理時にシナリオのプロセスに従って表示態様の変更が行われるように構成された。しかし、これに限らず、以下のような構成も考えられる。
すなわち、サブ統合制御装置83は、「保留表示処理」にて先読み信号を受信すると、当該保留記憶について、「期待度演出」を行った場合の最終表示態様を決定する。また、参照している変動テーブル種別に基づいて、保留図柄のみを対象範囲とする「第1期待度演出」とするか、又は、保留図柄及び変動中図柄を対象範囲とする「第2期待度演出」とするかを決定する。
さらに、主制御装置80が当否判定処理(図9)のS275にて変動パターン信号を送信し、該信号をサブ統合制御装置83が受信すると、すなわち、シフト処理の都度、サブ統合制御装置83は「保留表示更新処理」において、「期待度演出」を実行するか否かの「演出実行可否抽選処理」を行う。
サブ統合制御装置83は、「演出実行可否抽選処理」により実行すると判定された場合、「期待度演出」を実行する。すなわち、先に決定した「第1期待度演出」または「第2期待度演出」を実行する。
この際、サブ統合制御装置83は、「第1期待度演出」を実行ことが決定されている場合、シフト処理によって対象となる保留図柄が特1第1表示位置又は特2第1表示位置に表示されているか否かを判定する。該判定にて当該位置に表示されていると判定されると、先に決定した最終表示態様であるか否かを判定する。該判定にて否定判定であれば、即時、最終表示態様にて表示を行う処理を実行するように構成される。
また、サブ統合制御装置83は、「第2期待度演出」を実行ことが決定されている場合、シフト処理によって対象となる保留記憶に係る変動表示が開始され、該保留記憶に係る変動中図柄が表示されているか否かを判定する。該判定にて表示されていると判定されると、先に決定した最終表示態様であるか否かを判定する。該判定にて否定判定であれば、即時、最終表示態様にて表示を行う処理を実行するように構成される。
このように構成することにより、「期待度演出」の実行可否をシフト処理時に毎回抽選するので、「期待度演出」の実行に関する希少性が高まる。また、抽選によって実行可否が不確実になっても、「期待度演出」における最終段階にて、確実に最終表示態様を表示することができる。

0183

以上、本発明に係る実施形態を説明してきたが、本発明の技術思想を逸脱しない限り、これに限定することはない。
例えば、「期待度演出」の対象範囲を保留図柄及び変動中図柄とした場合、変動中図柄に加えて保留図柄も表示するようにした例を示したが、保留図柄は表示せず、変動中図柄のみを表示してこれにより演出する構成としても良い。変動演出の内容に応じて、適宜表示、非表示を決定すれば良い。
これにより、演出内容が向上し、より興趣が向上する。
なお、変動中図柄のみで期待度演出する際にもシナリオを用いて、どのようなプロセスで最終段階の期待度を報知するかを決めても良い。変動中図柄のみでも多彩な展開で報知することができ、より興趣が向上する。

0184

また、「期待度演出」の対象範囲として、保留図柄と決定した場合、すなわち変動中図柄を対象範囲としないと決定した場合であっても、これを表示するように構成しても良い。この場合は、「期待度演出」の対象ではないので、表示態様の変化対象とはならないが、表示することに問題はない。
これにより、対象範囲の変化によって、変動中図柄が表示、または非表示となることによる違和感を遊技者に抱かせることがなくなる。また、変動中図柄で最終段階の期待度を表示しておくことにより、遊技者は期待度を把握した上で変動演出を楽しむことができるようになる。

0185

また、第1変動テーブルよりも平均変動時間の短い第2変動テーブルを、ST(確変)期間中であり且つ開放延長状態中に参照する構成を例示したが、これに限らず、単に開放延長状態中において第2変動テーブルを参照するようにしても良い。このような場合でも、本発明の効果を奏することができる。

0186

また、上述した実施形態では、特別図柄として、第1特別図柄と第2特別図柄を備えた構成を例示したが、1種類の特別図柄を備えるのみの構成としても良い。このように構成しても本発明の効果を奏することはできる。

0187

また、サブ統合制御装置83が実行する変動演出とは、特別図柄に対応した演出図柄の変動表示演出だけではなく、変動中の特別図柄の大当りとなる期待度を報知演出するための演出として、キャラクタ等を登場させた所定のストーリー展開結果によって報知したり、背景表示の態様を変化させることで報知するなど、変動パターンで指定された変動時間に亘って行われる当否判定結果の報知演出の全般を含めるものであって、例示した演出に限定するものではない。

0188

また、上述した実施形態では、第1変動テーブルと、該第1変動テーブルよりも平均変動時間の短い第2変動テーブルの2種類の変動テーブルを備えた構成を例示したが、3種類以上の変動テーブルを備えた構成としても良い。要するに設定されている平均変動時間の異なる変動テーブルを備えて、参照する変動テーブルの種別に応じて、「期待度演出」の対象範囲を、保留図柄とするか、又は保留図柄及び変動中図柄とするかを異ならせるように、構成されるのであれば良い。このように構成しても本発明の効果を奏することはできる。

0189

また、第3実施形態では、ST期間中の変動表示回数に基づいて、参照する変動テーブルの種別を変更する構成を例示したが、他の契機によって変更するようにする構成も考えられる。
例えば、主制御装置8は、変動テーブル変更可否抽選処理を実行して、当選した場合には、変更するようにしても良い。
これにより、変更時期を、抽選に因る不確定な契機により到来させる構成とすることで、遊技者はいつのタイミングで変更されるか、ひいては、「期待度演出」の対象範囲の変更がいつ行われるかを予想することができず、変化に富んだ興趣を提供することができる。

0190

また、主制御装置8は、当否抽選において大当りとなった場合に、大当り図柄の種別を参照して、該種別に基づいて、変更するようにしても良い。つまり、種別によって変更するものと、しないものを備えておき、変更を実施する場合と実施しない場合を設けるようにしても良い。
これにより、大当りが終了しても、「期待度演出」の対象範囲の変更が行われる場合と行われない場合が発生し、遊技の幅が広がる。また、変更を期待しない、又は期待する遊技者は、何れの大当り図柄で当選するかに興味を抱くことになり、興趣の向上を図ることができる。

0191

また、上述した実施系形態では、例えば図19(a)のシナリオ1−3を参照すると、変動中図柄についての表示態様の変更は、「通常保留図柄」の態様から、最終表示態様である「先読み図柄C」の態様に、一気に一度の変更によって切り替えられる構成を例示した。しかし、これに限らず、他の構成も考えられる。
例えば、変動中図柄の変更処理を、多段階に亘って実行するようにしても良い。つまり、変動時間中に、最初は、「通常保留図柄」の態様から「先読み図柄A」の表示態様に変化し、次に「先読み図柄A」の表示態様から「先読み図柄B」の態様に変化し、最後に「先読み図柄B」の表示態様から最終表示態様である「先読み図柄C」の態様に変化することで完了するようにしても良い。このような場合、シナリオの内容に、変動中図柄を変化させる時期を設定することで、実施することが好ましい。そうすれば保留図柄から変動中図柄の期間で、多様な期待度の変化、タイミングを設定することができ、より演出力を増すことができる。
また、変更から次の変更までの時間は一定であっても良い。こうすることで、遊技者は変更のタイミングの到来を期待して変動中図柄を注視する。例えば、ハズレのリーチ演出など変動時間の長い変動がないと変更の時間に達しないような構成にすれば、ガセのリーチ演出でも発生してくれれば期待度演出が報知する期待度の精度が上がっていくことになり、リーチ演出が発生するだけで遊技者は喜ぶことができる。
また、変動時間によっては一変動内で複数回変化したりなど、意外性のある変化動作を行なうことができる。
また、変更から次の変更までの時間を不定としても良い。予め不定な時間を設定していても良いし、抽選によって不定な時間を決定しても良い。こうすることで、遊技者は変更のタイミングの到来を予想することができないため、意表を突いた変更によって遊技者を一喜一憂させることができる。

0192

また、「期待度演出」による保留図柄又は変動中図柄の表示態様を変化するタイミングは、「保留表示更新処理」のS815の処理において即時行う構成が好適である。しかし、これに限る必要はない。例えば、該処理後に一定時間経過してから変化するようにしても良い。
このようにすることで、シフト処理から遅れて変化することで、遊技者は変化の様子を確実に視認することができる。
また、遅延する時間は予め定められた一定時間としても良い。
このようにすることで、遊技者はシフト処理から一定時間が経過するタイミングを期待して待ち、変化する状態を確実に見逃さずに視認することができる。
また、遅延する時間を不定な時間としても良い。
このようにすることで、変化のタイミングを遊技者が予想困難となり、変化しないのに期待して待ち続けてみたり、変化しないと予想しているところで唐突に変化して驚いてみたり、様々な興趣を遊技者に提供することができる。
また、抽選により遅延するか否かを判定して、遅延しないのであれば即時変化させて、遅延すると判定された場合に遅延するようにしても良い。
このようにすることで、変化の可否が抽選の結果に因ることになり不確実で、変化に富んだ遊技を実現できる。
さらに、遅延すると決定された場合には、遅延する時間を複数種類の中から選択決定して、選択された遅延時間だけ遅延して実行するようにしても良い。
このようにすることで、遅延時間が抽選の結果に因ることになり不定で、変化に富んだ遊技を実現できる。
また、シフト処理後の所定時間内に演出ボタンを操作することにより変化する構成も考えられる。所定時間内に演出ボタンを操作しなかったら変化しない構成でも良いし、時間経過後は自動で変化する構成でも良い。遊技者が期待度変化に能動的に携わることができるとともに、遊技者のタイミングで変化させることができる。
また、変動テーブルで期待度演出を切り替えてきたが、第1特別図柄か第2特別図柄かで切替えることも考えられる。どちらの抽選であるかによって、変動演出を中心とした演出とするのか、期待度演出が中心となる演出とするのか切替えることができ、異なる遊技感覚を与えることができる。
また、演出ボタンによって遊技者が任意で第1期待度演出、第2期待度演出を選ぶ構成も考えられる。例えば第一実施形態及び第二実施形態で述べた効果を遊技者がどちらかを選んで遊技することができるようになる。

0193

[特許請求の範囲との対応]
上記実施形態の説明で用いた用語と、特許請求の範囲の記載に用いた用語との対応を示す。

0194

第1始動口11および第2始動口12が、始動口の一例に、主制御装置80が主制御装置の一例に、サブ統合制御装置83及び演出図柄制御装置82がサブ制御装置の一例に、また、パチンコ機50が弾球遊技機の一例に相当する。
始動入賞確認処理(図6)のS110及びS130が、保留記憶手段の一例に、また、S115及びS135が、数値データ確認手段の一例に相当する。
始動入賞確認処理(図6)のS110及びS130、S115及びS135が、入球時信号送信手段の一例に相当する。
当否判定処理(図9)のS250及びS260が、変動パターン選択手段の一例に相当する。
当否判定処理(図9)のS275が、変動パターン信号送信手段の一例に相当する。
保留表示処理(図15)のS620及びS625が、保留図柄表示手段の一例に相当する。
サブ統合制御装置83が実行する変動演出実行処理が、変動演出実行手段の一例に相当する。
サブ統合制御装置83が実行する変動中図柄表示処理が、変動中図柄表示手段の一例に相当する。
サブ統合制御装置83が実行する「保留表示処理」(図15)及び「保留表示更新処理」(図16)が、期待度演出手段の一例に相当する。

0195

サブ統合制御装置83が実行する「保留表示処理」(図15)のS605が、最終表示態様決定手段の一例に相当し、S615が、シナリオ選択手段の一例に相当する。

0196

特1第1表示位置又は特2第1表示位置が、第1保留表示領域の一例に相当し、特1第2表示位置又は特2第2表示位置が、第2保留表示領域の一例に相当する。
サブ統合制御装置83が実行する「保留表示更新処理」(図16)のS805が、シフト表示処理の一例に相当する。

0197

普通図柄抽選処理が、普電開放抽選手段の一例に相当する。
開放延長制御処理が、開放延長制御手段の一例に相当する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】所定時間毎に特別演出を実行する機能を備えた遊技機の興趣低下を抑制する。【解決手段】RTC演出(特別演出)の実行条件(開始条件)が成立したときにメイン液晶で実行中の変動演出の演出場面が第1演出場... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】遊技の興趣を向上させること。【解決手段】遊技を行うことが可能な遊技機であって、演出を実行可能な演出実行手段を備え、前記演出実行手段は、第1の状況において所定表示の表示態様を変化させる変化演出と... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】興趣を向上することができる遊技機を提供すること。【解決手段】遊技者にとって有利度が異なる複数の設定値「1」〜「6」のうちいずれかの設定値に設定可能であり、第1態様〜第7態様の特定演出を実行可能... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ